ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

W型16気筒

索引 W型16気筒

W型16気筒(ダブリュがたじゅうろっきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W16と略される事もある。今日存在するW型16気筒エンジンは全て狭角V型エンジン技術の延長上で設計されており、8つのピストンを持つ2つのシリンダーバンクが組み合わされ、1本のクランクシャフトを回すレイアウトを採用している。 フォルクスワーゲンは現在W型16気筒を生産する唯一の自動車メーカーであり、フォルクスワーゲンのデザインはW型12気筒を延長して4気筒を追加する形を採っている。このデザインは元々はフォルクスワーゲン・VR6型エンジンで培われた技術でもある。この形式のエンジンは1999年に発表されたコンセプトカーの:en:Bentley Hunaudieresで初めて公開され、後にアウディのコンセプトカーである:en:Audi Rosemeyerにも採用された。.

22 関係: マルチバルブレシプロエンジンブガッティブガッティ・ヴェイロンピストンフォルクスワーゲンフォルクスワーゲン・VR6型エンジンアウディクランクシャフトグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードコンセプトカーシリンダースーパーカーターボチャージャー内燃機関狭角V型エンジン直列6気筒V型エンジンW型12気筒W型18気筒W型8気筒W型エンジン

マルチバルブ

マルチバルブ(Multi-valve)とは、4ストロークエンジンの動弁機構において、1気筒あたりに3個以上のポペットバルブを用いるものを指す。近年の自動車用エンジンでは、吸気および排気にバルブを2個ずつ設けた4バルブ形式が主流となっている。 2ストロークエンジンでは事情が異なり、ユニフロー掃気ディーゼルエンジンでは、マルチバルブでも頭上の4弁すべてが排気バルブである。.

新しい!!: W型16気筒とマルチバルブ · 続きを見る »

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: W型16気筒とレシプロエンジン · 続きを見る »

ブガッティ

ブガッティ・T43(1928年型) ブガッティ(Bugatti)は、.

新しい!!: W型16気筒とブガッティ · 続きを見る »

ブガッティ・ヴェイロン

ヴェイロン(Veyron 16.4 )は、ブガッティ・オトモビルが2005年から2015年にかけて製造していたスーパーカーである。 1998年、フォルクスワーゲングループによって設立された新生ブガッティブランド初の市販車であり、2005年から発売され同グループのフラグシップともなっている。 ヴェイロンの名は初代ブガッティのエンジニア、レーシングドライバーであり、1939年のル・マン24時間レースをジャン=ピエール・ウィミーユ(''Jean-Pierre Wimille'' )とともにブガッティ・タイプ57で制するなど活躍したピエール・ヴェイロン(''Pierre Veyron'' )から来ている。 2015年2月、ヴェイロンの完売が発表され、絶版となった。.

新しい!!: W型16気筒とブガッティ・ヴェイロン · 続きを見る »

ピストン

ピストン(Piston)とは、機械部品の一種。中空の円筒形の部品の内側にはまりこむ円筒形のものの一般的な名称。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関や、蒸気機関やスターリングエンジンなどの外燃機関に使われるほか、注射器の内筒や管楽器の音程を決めるバルブ部分にも使われているほか、身近な利用例に水洗便器用洗浄弁であるフラッシュバルブのピストンバルブがある。 以下、本稿ではレシプロエンジンのピストンについて述べる。.

新しい!!: W型16気筒とピストン · 続きを見る »

フォルクスワーゲン

ヴォルフスブルクの本社工場 フォルクスワーゲン(Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー。ルーツの一つであるポルシェをはじめ、傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 フォルクスワーゲンは1937年設立となっているが、旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組されたもので、工場と製品設計のみを継承したかたちとなっている。現在では世界119か所に工場を持つ。社名はドイツ語で「国民車」を意味する。 また、最近は高級SUVのトゥアレグや、Fセグメントに属する高級セダンであるフェートンなどを発売し、社名(車名)そのものの国民車メーカーから、高級車も手がけるブランドへと変貌を図っている。.

新しい!!: W型16気筒とフォルクスワーゲン · 続きを見る »

フォルクスワーゲン・VR6型エンジン

フォルクスワーゲン・VR6型エンジン(VR6)は、フォルクスワーゲングループによって開発された6気筒の狭角V型エンジンであり、1991年に登場した。VR6という名称は、VがV型エンジン、Rがドイツ語で直列エンジンを意味するReihenmotorの頭文字から付けられている。長らくVR6の名称で親しまれてきたが、現在におけるフォルクスワーゲン・VR型6型エンジンの正式名称はV6である。 特徴としては、通常のV型6気筒エンジンや直列6気筒エンジンと比べるとより緻密で高精度な設計が要求されるが、V型6気筒エンジンより全幅を細く設計でき、それでいて直列4気筒エンジンとさほど変わらない全長を保つことができるため、6気筒エンジンでありながら非常にコンパクトなエンジンが作れることにある。また、V型6気筒エンジンはシリンダーヘッドが二つ必要なところを、VR6型エンジンでは全幅が細い特徴を生かして直列型エンジンと同様にシリンダーヘッドを一つで済ませられる。これらはエンジン軽量化とともに原材料コストの低減化に貢献し、他にも、点火順序が直列6気筒エンジンと同一のため、直列6気筒エンジンに近いエンジン振動の静粛性が見込める。 現在発売されているVW車では、従来表記されてきたVR6からV6へ名称変更が行われたが、これはマーケティング上の知名度を優先したためであり、エンジンはフォルクスワーゲン・VR6型エンジンのままである。ちなみに、このエンジンの名称VR6のVRが今ではそのまま狭角V型の固有名詞になっている(V6がV型6気筒を表すように、VR6は狭角V型6気筒を表す。海外、特に欧州ではVR.

新しい!!: W型16気筒とフォルクスワーゲン・VR6型エンジン · 続きを見る »

アウディ

アウディ(ラテン語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。.

新しい!!: W型16気筒とアウディ · 続きを見る »

クランクシャフト

ランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。かつて日本語では曲軸と言われた。 クランクシャフトが文献に現れるのはアル=ジャザリの1206年の著作が最古である。.

新しい!!: W型16気筒とクランクシャフト · 続きを見る »

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

ッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(Goodwood Festival of Speed、略称・FoS。イギリスではFestival of Speedとしても知られる)は、イングランドのウェスト・サセックスにあるグッドウッドで開催されるモータースポーツのイベント。年に一度、6月下旬から7月初旬に開催される。 世界各国のレーシングカーやレーシングサイクルが集結し、多くのモータースポーツ愛好家達でにぎわう。日本の自動車メーカーも参加し、自動車雑誌に開催の様子が取り上げられる。.

新しい!!: W型16気筒とグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード · 続きを見る »

コンセプトカー

ンセプトカーは、自動車メーカーが展示目的で製作した自動車のこと。モーターショーや、各メーカーのショールームなどにおいて展示されることが多い。北米では1950年代から存在し、「ドリームカー」、「フューチャーカー」、「ハローモデル」などと呼ばれた。 コンセプトカーの一例(トヨタPM).

新しい!!: W型16気筒とコンセプトカー · 続きを見る »

シリンダー

リンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。 “シリンダー”と呼称されるものにはいくつかの種類があるが、本項では主にレシプロエンジンの構成部品の一つについて既述する。.

新しい!!: W型16気筒とシリンダー · 続きを見る »

スーパーカー

ランボルギーニ・カウンタック LP500。1970年代のスーパーカー この記事ではスーパーカー(w:supercar)について解説する。.

新しい!!: W型16気筒とスーパーカー · 続きを見る »

ターボチャージャー

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。.

新しい!!: W型16気筒とターボチャージャー · 続きを見る »

内燃機関

4ストロークエンジン) (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、燃焼ガスを直接作動流体として用いて、その熱エネルギーによって仕事をする原動機 特許庁。これに対して、燃焼ガスと作動流体が異なる原動機を外燃機関という。 インターナル・コンバッション・エンジン() の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。.

新しい!!: W型16気筒と内燃機関 · 続きを見る »

狭角V型エンジン

狭角V型エンジン(きょうかくブイがたエンジン)とは、著しく小さな(10度から15度程度)バンク角を持つV型エンジンのことである。 代表的な狭角V型エンジンにフォルクスワーゲン・VR6型エンジン(VR6)がある。このVR6型エンジンのVRの名称についてVはV型エンジン、Rはドイツ語で直列エンジンを意味するReihenmotorの頭文字から付けられており、今日ではVR自体がそのまま狭角V型エンジンにおける狭角V型の固有名詞として使用されている(海外では一般的にフォルクスワーゲン製であるかどうかに関わらず、狭角V型エンジンのことをVR型エンジンと呼ぶ)。.

新しい!!: W型16気筒と狭角V型エンジン · 続きを見る »

直列6気筒

列6気筒(ちょくれつ6きとう、Inline-six engine または Straight-six engine)とは、レシプロエンジン等のシリンダー(気筒)配列形式のひとつ。シリンダーが6つ直列に並んでいる。略して「I6」、日本では「直6」「L6」とも記載することがある。.

新しい!!: W型16気筒と直列6気筒 · 続きを見る »

V型エンジン

メルセデス・ベンツ製のV6エンジン V型エンジン(Vがたエンジン)は、レシプロエンジンの形式の一つで、シリンダーを左右交互にV字型に配置したエンジン。シリンダーを水平に配置した180°V型エンジンも存在する。.

新しい!!: W型16気筒とV型エンジン · 続きを見る »

W型12気筒

W型12気筒(ダブリュがたじゅうにきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W12と略されることもある。 現在までにW型12気筒は2種類の異なる構成の物が製造された。ひとつはネイピア ライオンエンジンに代表される4個のシリンダーが3つのシリンダーバンクに振り分けられて12気筒を構成する3バンク型であり、もうひとつが狭角V型エンジンの技術を応用して2つの狭角V型6気筒エンジンを組み合わせ、見かけ上4バンクのシリンダーバンクを構成するように設計されたものである。後者のものを前者のものと区別する為にWR12という略称を用いることもある。.

新しい!!: W型16気筒とW型12気筒 · 続きを見る »

W型18気筒

W型18気筒(ダブリュがたじゅうはちきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W18と略される事もある。.

新しい!!: W型16気筒とW型18気筒 · 続きを見る »

W型8気筒

W型8気筒(ダブリュがたはちきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W8と略されることもある。.

新しい!!: W型16気筒とW型8気筒 · 続きを見る »

W型エンジン

W型エンジン(ダブリューがたエンジン)とは、一本のクランクシャフトに対し、3バンクまたは4バンクのシリンダーをW字状(扇状)に配置したレシプロエンジン。4列で放射状に配列したものはX型エンジン、それ以上は星型エンジンとなる。3バンクのものは 英国政府支給品のマークに似ているためブロードアロー型とも呼ばれる。.

新しい!!: W型16気筒とW型エンジン · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »