ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

W・G・ゼーバルト

索引 W・G・ゼーバルト

W・G・ゼーバルト(W・G・Sebald、1944年5月18日 - 2001年12月14日)はドイツ出身の小説家。写真やイラストなどを組み合わせた、小説とも随筆とも言えるような独特の散文作品で知られる。若くしてイギリスに移住したが、創作は一貫して19世紀の古典を意識したドイツ語で行った。本名はヴィンフリート・ゲオルク・マクシミリアン・ゼーバルト(Winfried Georg Maximilian Sebald)だが、響きがドイツ的過ぎるとしてイギリスではマックス(Max)の通称を用い、筆名としてW・G・ゼーバルトを用いた。 ドイツのアルゴイ地方ベルダッハに生まれる。ドイツのフライブルク、フランス語圏スイス、イギリスのマンチェスターでドイツ文学を学んだ後、1966年にマンチェスター大学の講師に赴任。1年ほどドイツのザンクト・ガレンに戻り高校教師を務めたのち同大学に戻り、以後イギリスに定住。1970年よりノリッチにあるイースト・アングリア大学の文学部講師となり、1988年にドイツ文学正教授に着任した。また1975年にはドイツのミュンヘンでゲーテ・インスティテュートの講師を務めた。 散文作品としては『目眩まし』(1990年)、『移民たち』(1992年)、『土星の環』(1995年)、『アウステルリッツ』(2001年)の4編がある。ベルリン文学賞、ハイネ賞、ブレーメン文学賞、全米批評家協会賞などを受賞している。2001年の12月14日、ノリッチで車を運転中に心筋梗塞を起こし、交通事故により57歳で死去した。.

21 関係: 小説家ミュンヘンノリッチマンチェスターマンチェスター大学フライブルク・イム・ブライスガウドイツドイツ語アウステルリッツ (小説)イースト・アングリア大学ゲーテ・インスティトゥートザンクト・ガレンスイス全米批評家協会賞白水社鈴木仁子12月14日1944年19世紀2001年5月18日

小説家

小説家(しょうせつか)とは、継続的に小説作品の著述・発表を行っている者。 「小説家」と「小説の著者」とを明確に区別する基準は無い。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、兼業で、他の職業と両立して執筆している場合も「小説家」と呼ぶ場合が多い。小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされているケースも多いが、作品数が少ないか作品が広く出版されていない場合、小説家と見なされないのが普通である。 特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」・あるいは「プロの小説家」などと呼ぶこともある。一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。石原慎太郎など、小説が広く出版されて固定したファンもいる状況でありながら、正業として別に職業を持っている作家・いわゆる「兼業作家」もまた多く存在する。特に出版不況のもとでは、商業文芸雑誌に作品が掲載されても、それが単行本とならないケースも多く存在するため、有名人のゴーストライターを務めたり、兼業(文筆業とは限らない)を強いられるケースが少なくない。また、文学作家の中でも、大家・大作家のことを特に文豪と呼ぶこともある。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと小説家 · 続きを見る »

ミュンヘン

ミュンヘン(München,, バイエルン語: Minga)は、イーザル川河畔にありバイエルンアルプスの北側に位置する都市。ドイツの連邦州であるバイエルン州最大の都市であり、同州の州都でもある。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとミュンヘン · 続きを見る »

ノリッチ

ノリッチ(Norwich、; IPA, )は、イングランド東部、ノーフォークの州都。人口約13万人(2006年現在)。 慣用的にはノリッチまたはノリッジと表記され、またノーリッチ、ノーウィッチと表記されることもある。Norwich は古英語で「北の町」(north town)を意味し、英語圏の各地に同名の場所が存在する(:en:Norwich (disambiguation) を参照)。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとノリッチ · 続きを見る »

マンチェスター

マンチェスター (IPA) は、イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターに位置する都市。北部イングランドを代表する都市であり、イギリスで9番目の都市である。1853年にが布かれ、2011年の時点で、マンチェスター(都市と都市バラ)の人口は49万人である。2011年の近郊を含む都市圏人口は224万人であり、同国第3位である。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとマンチェスター · 続きを見る »

マンチェスター大学

マンチェスター大学(The University of Manchester)は、イギリス、マンチェスターにある国立大学で、イングランドで最初の都市大学の一つである。2004年10月、一般にマンチェスター大学と呼ばれたマンチェスター・ビクトリア大学(Victoria University of Manchester)にマンチェスター工科大学(UMIST:University of Manchester Institute of Science and Technology)が再統合され、現在のマンチェスター大学(The University of Manchester)が誕生した。ラッセル・グループ(イギリスの大規模研究型大学群)に加盟している。 20世紀の発明に数多く貢献し、現在までに25人もの卒業生、研究者、教授らがノーベル賞を受賞している、英国が誇る名門国立大学である。受賞者数はケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次いで英国第3位である。4名の受賞者が現役で教鞭をとっており、その数は英国最多である。 世界初のコンピューターは、1948年にマンチェスター大学で生まれた。 全国就職誌レポート(2012年)によると、英国ベスト100優良企業がイギリスで最も採用ターゲットとする名門大学となっている。また、英国GTI media社が全国7000以上の高等学校の受験生(2010年~2013年)に実施したアンケートでは、イギリスで最も行きたい大学として、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次いで英国第3位であった。 エレクトロニクスの分野で世界を牽引する働きをしており、特にウェアラブル端末やスマートテキスタイルズ等の新領域での研究が盛んである。また、これらを応用した産業界との提携も幅広く、多数の日本企業も含む多国籍企業との産業共同研究を推進している。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとマンチェスター大学 · 続きを見る »

フライブルク・イム・ブライスガウ

フライブルク・イム・ブライスガウ(標準ドイツ語:Freiburg im Breisgau, アレマン語:Friburg im Brisgau)は、ドイツ連邦共和国南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州の郡独立市である。単にフライブルクと呼ばれることも多く、以下ではこれを用いる。 環境保護で先進的な取り組みをしている都市であり、日本では「環境首都フライブルク」と紹介されることがある。大学都市でもあり、アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク(フライブルク大学)や教育大学・音楽大学が所在し、学生や教職員などが多く居住している。また、外国人へのドイツ語教育機関であるゲーテ・インスティトゥートがある。 「フライブルク」という名の都市はドイツ語圏の各地に存在し、スイスの都市フリブール(ドイツ語の正式名はフライブルク・イム・ユヒトラント (Freiburg im Üechtland))などが知られるが、単に「フライブルク」と呼ぶ場合、日本では主にフライブルク・イム・ブライスガウを指すことが多い。 フライブルク市街(北西から南東方向) シュロスベルクの展望台からの眺め.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとフライブルク・イム・ブライスガウ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとドイツ · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとドイツ語 · 続きを見る »

アウステルリッツ (小説)

アウステルリッツ(AUSTERLITZ)はW・G・ゼーバルトによる小説。 「私」が旅先で偶然出会った建築史家・アウステルリッツから、彼の波乱に満ちた生涯を聞く、という形式。他のゼーバルトの作品と同様、写真やイラストが文章の説明ではなく、しかし引き離すことの出来ないものとして文章に寄り添っている。 2001年刊行。日本語訳は2003年、鈴木仁子訳で白水社から刊行。ISBN 4560047677.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとアウステルリッツ (小説) · 続きを見る »

イースト・アングリア大学

イースト・アングリア大学(University of East Anglia)はイングランド:ノーフォーク、ノリッチに本部を置く1963年に創立されたイギリスの国立大学。1994グループに加盟している。約320エーカー(東京ドーム約28個分)のキャンパスには、2015年時点で約13,000名の学生が在籍している。研究面においては、2014年12月に英国政府機関により発表された研究評価(REF)において、大学による研究活動のうち8割以上が世界トップレベルであるか国際的に優れており、研究の質において全英10位と評価された。また、環境学、歴史、コミュニケーション学および映画学では、REFの前身である2008年発表の研究評価(RAE)において最高評価である5*を獲得している。。また、2009年には気候研究ユニット・メール流出事件で注目を集めた。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとイースト・アングリア大学 · 続きを見る »

ゲーテ・インスティトゥート

ーテ・インスティトゥート(Goethe-Institut)はドイツ政府が設立した公的な国際文化交流機関で、外国人にドイツ語教育を推進し、国際的な文化交流・文化協力をする非営利団体であり、本部はミュンヘンにある。団体名の由来はドイツの詩人であるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテである。ドイツ語コースには年間で234000名が受講している。 ゲーテ・インスティトゥートは現在世界に92カ国・158か所あり、日本では東京・大阪・京都にある。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとゲーテ・インスティトゥート · 続きを見る »

ザンクト・ガレン

ンクト・ガレン(標準独:、アレマン語:Sanggale、Saint-Gall、San Gallo)は、スイスのザンクト・ガレン州にある基礎自治体 (ポリティッシェ・ゲマインデ) で同州の州都。16万人の都市圏人口を抱えるスイス東部の中心都市である。 スイス北東部、アッペンツェル・アルプスとボーデン湖の間の谷に位置する。標高は700メートルほどで、スイスで最も標高が高い都市のひとつであり、冬にはかなりの積雪量がある。 612年頃にアイルランドの修道士である聖ガルスがシュタインナッハ川の川岸に建てた小屋に起源を持つ。聖ガルスの死から1世紀経った719年に、聖オトマールはその小屋を修道院へと改め、街と修道院を聖ガルスにちなんで「ザンクト・ガレン」と名付けた。1803年ナポレオンによりザンクト・ガレン州が制定され同名の都市、ザンクト・ガレンがその州都となる。ザンクト・ガレン修道院は1983年にユネスコの世界遺産へ登録されている。 ザンクト・ガレンをホームとするプロサッカークラブに、FCザンクト・ガレンがある。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとザンクト・ガレン · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトとスイス · 続きを見る »

全米批評家協会賞

全米批評家協会賞(National Book Critics Circle Awards)は、アメリカの文学賞の一つ。全米批評家協会(National Book Critics Circle)から、毎年優れた英語作品に対し、小説(Fiction)、ノンフィクション(General Non-Fiction)、伝記・自叙伝(Biography and Autobiograhy)・詩(Poetry)・批評(Criticism)の5つの部門ごとに表彰が行なわれる。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと全米批評家協会賞 · 続きを見る »

白水社

株式会社白水社(はくすいしゃ)は、日本の出版社。語学書や翻訳書の出版を多く手がける。新人劇作家の登竜門といわれる岸田國士戯曲賞を主催していることでも知られる。 社名は、屈原の長詩「離騒」の註の「淮南子に言ふ、白水は崑崙(こんろん)の山に出で、これを飲めば死せずと。神泉なり」に由来する。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと白水社 · 続きを見る »

鈴木仁子

鈴木 仁子(すずき ひとこ、1956年 - )は、ドイツ文学者、翻訳家、椙山女学園大学教授。 岐阜県生まれ。名古屋大学文学部独文科卒業、同大学院修士課程中退。2005年椙山女学園大学助教授、07年准教授、2011年教授。2003年、W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』でレッシング翻訳賞受賞。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと鈴木仁子 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと12月14日 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: W・G・ゼーバルトと1944年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと19世紀 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと2001年 · 続きを見る »

5月18日

5月18日(ごがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から138日目(閏年では139日目)にあたり、年末まではあと227日ある。誕生花はアヤメ。.

新しい!!: W・G・ゼーバルトと5月18日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ゼーバルト

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »