ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

S-99 (潜水艦)

索引 S-99 (潜水艦)

S-99 (Ĉ - 99)は、冷戦初期にソ連海軍が運用した潜水艦。617号計画によって開発された。実験的性格が強く、同型艦の建造は無い。 NATOコードネームは“ホエール型潜水艦(Whale class submarine)”であるが、この名称で呼ばれることは少ない。.

18 関係: メテオライト (潜水艦)ロモノソフロシア海軍ヴァルター機関ディーゼル・エレクトリック方式ドイツエクスプローラー級潜水艦ケベック型潜水艦ソ連・ロシア海軍艦艇一覧第三帝国第二次世界大戦過酸化水素非大気依存推進M-256 (潜水艦)UボートXVIIB型潜水艦1956年1959年

メテオライト (潜水艦)

メテオライト (HMS Meteorite) はイギリス海軍の潜水艦。第二次世界大戦中にドイツ海軍が建造した、UボートXVIIB型の1隻を引き揚げ、1946年に再就役させた艦である。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とメテオライト (潜水艦) · 続きを見る »

ロモノソフ

モノソフの位置 ロモノソフ(Ломоносов, Lomonosov, ロモノーソフとも)はロシア連邦サンクトペテルブルク市ペトロドヴォレツォヴヌイ区の町。サンクトペテルブルク市街から西に39km。フィンランド湾の南岸に位置し、沖合いにはコトリン島のクロンシュタットを望む。人口は42,000人(1992年)。 以前はオラニエンバウム(Ораниенбаум, Oranienbaum, ドイツ語で「オレンジの木」の意)と呼ばれていた。これは、もともと帝室の宮殿に付属していた植物園を呼んだ名前であった。 1948年、科学者ミハイル・ロモノーソフに因んで、ロモノソフに改称。ミハイル・ロモノーソフは、1754年、オラニエンバウム付近のウスチ・ルジツァ村にガラス工場を建設した。 1707年、ピョートル大帝は忠臣アレクサンドル・メンシコフに一帯の土地を与えた。メンシコフは、1710年から1727年にかけてここに大きな宮殿を建設した。メンシコフの死後、1743年にオラニエンバウムは皇太子ピョートル(後のピョートル3世)の避暑地となり、宮殿は建築家バルトロメオ・ラストレッリによって改修された。1762年には、エカチェリーナ2世が別荘を建設した。 オラニエンバウムは、作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーの生地である。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とロモノソフ · 続きを見る »

ロシア海軍

ア海軍(ロシアかいぐん、Военно-Морской Флот、略称:ВМФ)は、ロシア連邦が保有する海軍。旧ソ連海軍とは密接な関係があるので、ここでは一括して扱う。正式名称を直訳するとロシア連邦軍事海上艦隊となる。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とロシア海軍 · 続きを見る »

ヴァルター機関

かつて大阪 弁天町の交通科学博物館にて展示されていたHWK 109-509 ヴァルター蒸気発生器 ヴァルター・タービン ヴァルター機関(ワルター機関、)とは、1933年から第二次世界大戦末期にかけてドイツでヘルムート・ヴァルターにより主として軍事用に開発された、高濃度の過酸化水素が分解する時に発生する水蒸気や酸素を利用する熱機関の総称である。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とヴァルター機関 · 続きを見る »

ディーゼル・エレクトリック方式

ディーゼル・エレクトリック方式(ディーゼル・エレクトリックほうしき)とは、船舶や艦艇、鉄道車両における推進力伝達方式の一つ。ディーゼルエンジンで発電機を駆動し、その発生電力で電動機を回し推進する方式を指す。日本の鉄道では電気式気動車、電気式ディーゼル機関車と呼ばれる。 発電用の内燃機関がガソリンエンジンの場合は、ガス・エレクトリック方式と呼ぶ。 空気の供給を絶たれた状態での稼働を前提とした潜水艦以外では、通常、バッテリーなどの推進用エネルギーを蓄える装置を持たず、エンジンを停止した状態での運転が出来ない点がシリーズハイブリッド方式との相違となる。 自動車においては、鉱山などで稼働するホウルトラック (haul truck) などの建設機械に採用されているほか、少数ではあるが一般的な自動車にも採用例がある。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とディーゼル・エレクトリック方式 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とドイツ · 続きを見る »

エクスプローラー級潜水艦

プローラー級潜水艦(エクスプローラーきゅうせんすいかん Explorer class submarine)はイギリス海軍の潜水艦。高濃度過酸化水素を用いた閉サイクル蒸気タービンを搭載した非大気依存推進 (AIP) 潜水艦の実験艦。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とエクスプローラー級潜水艦 · 続きを見る »

ケベック型潜水艦

ベック型潜水艦(ケベックがたせんすいかん Quebec class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍の通常動力型潜水艦である。 ケベック型の名称はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は615型潜水艦(Подводные лодки проекта 615)である。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とケベック型潜水艦 · 続きを見る »

ソ連・ロシア海軍艦艇一覧

連・ロシア海軍艦艇一覧は、ロシア帝国海軍、南ロシア軍、ロシア軍、赤色海軍、ソビエト社会主義共和国連邦海軍並びにロシア連邦海軍などが過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。国境軍の所属艦艇についてはソ連・ロシア国境軍艦艇一覧参照のこと。 なお、ロシア語では「級」と「型」を区別なく「тип」(「タイプ」に相当する語)で表すため、場合によっては「級」と「型」の訳語は入れ替わる場合がある。この他、「класс」(「クラス」に相当する語)や「серия」(「シリーズ」に相当する語)についても日本語では訳し分けが難しく、結局区別せずに「級」と訳す場合が多い。一方、英語で付けられたNATOコードネームは通常は「級」と訳される「class」という単語を用いているが、。計画番号・名称については原語では「型」に相当する単語は含まれていないが、日本語としての便宜上「проект xxx "ABCDE"」については「xxx号計画「ABCDE」型」のように意訳する。 こうした翻訳に関する諸事情があるが、日本語においては日本以外の艦船については一般にネームシップを旨とする類別には「艦級」、計画名(プロジェクト名)やコードネームなどネームシップを旨としない類別には「艦型」を用いているので、この一覧ではその日本語側の基準に順ずることとする。ただし、潜水艦についてはページが統一的に「級」で立てられているため、そちらに順ずる。 '凡例.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とソ連・ロシア海軍艦艇一覧 · 続きを見る »

第三帝国

三帝国(だいさんていこく)は、古くからキリスト教神学で「来るべき理想の国家」を意味する概念として用いられた。第三の国とも。ナチスによる呼称が有名。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)と第三帝国 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)と第二次世界大戦 · 続きを見る »

過酸化水素

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、化学式 HO で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)と過酸化水素 · 続きを見る »

非大気依存推進

非大気依存推進(ひたいきいそんすいしん、Air-Independent Propulsion, AIP)は、内燃機関(ディーゼル機関)の作動に必要な大気中の酸素を取り込むために浮上もしくはシュノーケル航走をせずに潜水艦を潜航させることを可能にする技術の総称。ただし、通常は原子力潜水艦で利用される核動力を含まず、非核動力艦のディーゼル・エレクトリック機関を補助・補完する技術を指す。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)と非大気依存推進 · 続きを見る »

M-256 (潜水艦)

M-256はソ連海軍の潜水艦。615型(NATOコードネームはケベック級)。 M-256はバルチック艦隊に所属していた。 615型は、2基の通常型のディーゼル・エンジンのほかに、1基の閉サイクル・ディーゼル機関を搭載していた。この閉サイクル・ディーゼルは、液体酸素 (LOX) を気化させて得た酸素でディーゼル・エンジンを作動させる、非大気依存推進機関であった。このシステムは、注目すべき水中速力および水中航続力をもたらしたが、液体酸素を搭載することに伴う爆発や火災の危険も大きなものであった。 1957年9月26日、強風の中バルト海のタリン湾で活動中であったM-256のディーゼル・エンジンの一つが爆発した。炎はすぐにエンジン室中に広がり、隣の部屋へも広がった。M-256は浮上し、さらに爆発が起こる虞があったため乗員は露天甲板へ逃れた。そばにいた船は、強風のため4隻とも曳航も乗員の救助も行えなかった。火災の発生からおよそ4時間後、艦は突然安定を失い沈没した。甲板上にいた35人の内、救助されたのは7人のみであった。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とM-256 (潜水艦) · 続きを見る »

UボートXVIIB型

UボートXVIIB型 (U-Boot Klasse XVIIB) は、第二次世界大戦中のドイツ海軍の沿岸哨戒潜水艦。ヘルムート・ヴァルターが提唱した、高濃度過酸化水素を用いた非大気依存推進 (ヴァルター機関) により、水中高速力を実現することを目指した実験艦。1943年から1944年までの間に3隻が建造された。 第二次大戦後、建造された3隻のうち2隻は、アメリカおよびイギリスに接収された。アメリカに接収されたU1406は、実験に供された後、1948年5月18日に解体された。イギリスに接収されたU1407は、HMS メテオライトとして再就役した。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)とUボートXVIIB型 · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: S-99 (潜水艦)と潜水艦 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: S-99 (潜水艦)と1956年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: S-99 (潜水艦)と1959年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ホエール型潜水艦

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »