ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 
新しい! あなたのページを保存してください! » アカウントを作成する

Rは、ラテン文字(アルファベット)の18番目の文字。小文字は r。ギリシア文字のΡ(ロー)に由来し、キリル文字のР(エル)と同系の文字である。

164 関係: そり舌はじき音そり舌接近音口蓋口蓋垂ふるえ音名古屋高速都心環状線吸収線量太字子音実数小数点岩石左右巻き舌中国語作品番号得点 (野球)地域通貨化学式ノルウェー語チェコ語チェスネパールハンガリー語ハーチェクハーフパイプポルトガル語ポーランド語メルセデス・ベンツ・Rクラスモーリシャスラムスデン式接眼鏡ランキン度ラトビア語ラテン語ラテン文字リュードベリ定数リレー走リトアニア語リアル (通貨)リエゾンルーマニア語ルークルピーレントゲン (単位)レアルレオン語レシピレスリングロータシズムヴェネト語ボクシング...トランスミッショントルコ語ブラジルブラジルポルトガル語パリパキスタンピン音デンマーク語フランツ・リストフランス語フラクトゥールフィンランド語フェロー語ドット符号ドイツ語ダブルグレイヴベトナム語Řアメリカ英語アルバニア語アルファベットアルカンアルコールアースデイマネーアイスランド語アキュート・アクセントイランインドインドネシア語イエメンイギリス英語イタリア語ウェールズ語ウェード式エスペラントオマーンオランダ語カタルーニャ語カタールガリシア語キリル文字ギリシア文字シチリア語スペイン語スノーボードスリランカストローク符号スウェーデン語スコットランド語スコットランド英語セーシェルセディーユサウジアラビアら行Ŕ処方箋商標児化図面国道BAJI-RCD-R状態方程式 (化学)競馬無声口蓋垂摩擦音無声声門摩擦音白石涼子DVD-R音節道路非SI接頭辞複素数複雑性クラス角度計算複雑性理論自動車自然科学鉄道英語電子媒体電子部品電気抵抗集合通貨ΠΡJIS X 0213LPR (計算複雑性理論)R音Unicode抵抗器接眼レンズ標準数歯茎はじき音歯茎ふるえ音歯茎接近音気体定数江戸言葉温度朝鮮語有声そり舌摩擦音有声口蓋垂摩擦音映画のレイティングシステム昭和軽薄体海図文字参照日本語数学曲率普通話Р18 インデックスを展開 (114 もっと) »

そり舌はじき音(そりじた はじきおん)は、子音の種類の一つ。舌をそらせ舌端で歯茎後部を軽く弾くことによって生じる音。

新しい!!: Rとそり舌はじき音 · 続きを見る »

そり舌接近音(そりじた せっきんおん)は子音の種類の一つ。

新しい!!: Rとそり舌接近音 · 続きを見る »

口蓋(こうがい)とは、脊椎動物において口腔と鼻腔を分離している口腔上壁のことである。

新しい!!: Rと口蓋 · 続きを見る »

口蓋垂ふるえ音(こうがいすい・ふるえおん、uvular trill)は、子音の種類の一つで、後舌面を口蓋垂に近づけて呼気によってふるわせて出す音。特に有声のものを指し、有声口蓋垂ふるえ音を国際音声記号では と書く。

新しい!!: Rと口蓋垂ふるえ音 · 続きを見る »

名古屋高速都心環状線(なごやこうそくとしんかんじょうせん)は、愛知県名古屋市の、中区、東区、昭和区、中川区、中村区、西区を環状に回る名古屋高速道路の路線である。

新しい!!: Rと名古屋高速都心環状線 · 続きを見る »

吸収線量(きゅうしゅうせんりょう、absorbed dose)とは、放射線の照射によって単位質量あたりの物質が吸収するエネルギー量を言う。吸収線量の単位はグレイ(Gray、記号:Gy)が用いられる。

新しい!!: Rと吸収線量 · 続きを見る »

350px 太字(ふとじ)は、書式のひとつであり、文字のストロークを通常の書式より太くした書体のことを示す。ボールドとも呼ばれる。一般には文字の強調に使用されるほか、数学においては特別な意味を持つ。英語ではと呼び、さらに太い太字をと区別することがある。

新しい!!: Rと太字 · 続きを見る »

子音(しいん、consonant)は、音声、即ち人が発声器官を使って発する音の一。

新しい!!: Rと子音 · 続きを見る »

数学における実数(じっすう、 nombre réel、reelle Zahl、real number)は、様々な量の連続的な変化を表す数の体系である。実数全体の空間は、途切れのなさにあたる完備性とよばれる位相的性質を持ち、代数的には加減乗除ができるという体の構造を持っている。

新しい!!: Rと実数 · 続きを見る »

小数点とは、整数の位と小数の位との境を表す記号である。

新しい!!: Rと小数点 · 続きを見る »

岩石(がんせき、)は、石ころや岩盤を学術的に表現した堅い表現の用語である。一般的には、その大きさに範囲はないと思われがちだが、学術的にはあまりにも小さいものを砂や泥、大きいものを剛盤やプレートと言い、区別することが普通である。その成因は、岩石が溶けた液体であるマグマ(岩漿)が冷えたり、砂や泥が続成作用と呼ばれ、地下で固結作用をうけて岩石に戻ったり、あるいは誕生した岩石が変成作用とよばれる熱、圧力、溶液、気体との化学反応や物理現象を受け溶けてマグマにならないまでも、性質が変化し、二次的に岩石が誕生することもある。多くの地球型惑星は岩石でできている。どこからどこまでを「岩石」と呼び、「金属」と呼ぶのかは難しい問題である。

新しい!!: Rと岩石 · 続きを見る »

この写真の場合、1, 2, 3, 4, 5がある方向が右、7, 8, 9, 10, 11がある方向が左となり、6と12は左右の区別の内に含まれない。 左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位(六方)の名称の一つで、横・幅を指す方位の総。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に、そしてその時初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。

新しい!!: Rと左右 · 続きを見る »

巻き舌(まきじた)とは、舌を使った子音の調音の方法の一。通常歯茎ふるえ音を指し、国際音声記号ではと記述される。

新しい!!: Rと巻き舌 · 続きを見る »

記載なし。

新しい!!: Rと中国語 · 続きを見る »

作品番号(さくひんばんごう、opus number)は、(クラシック音楽の)作曲家の作曲した楽曲に付される番号。おおむね、作曲の若い順に付けられる。作曲家が自ら付ける場合もあるが、クラシック音楽の場合は、18世紀以降、出版された1冊の楽譜を単位として与えられることが一般的である。そのため、作曲順というよりも出版順となることも多く、後人の混乱の元になることも多い。交響曲など大曲は1曲で1冊の楽譜となるため、ひとつの作品番号を与えられるが、ピアノ小品(たとえばショパンの練習曲)などは1冊に複数の曲が収録されるため、個々の曲は「作品25第1番 Op.25 No.1」などと表記される。同じ理由などにより、最初の作品が出版されるより前に作曲された作品には付番されないこともある。没後に出版された曲には「遺作 opus postumus、opus posthumous」という表記が与えられることもある。

新しい!!: Rと作品番号 · 続きを見る »

野球やソフトボールにおける得点(とくてん、英:Run)とは、走者が正規に一塁、二塁、三塁、本塁の順に進塁し、本塁に触れるときに記録される点数のことである。また、個人記録としての「本塁へ生還した回数(アウトになることなく本塁に触れ、チームとしての得点が認められた回数)」も意味する。

新しい!!: Rと得点 (野球) · 続きを見る »

地域通貨(ちいきつうか、regional currency、community money、local money)は、法定通貨ではないが、ある目的や地域のコミュニティー内などで、法定貨幣と同等の価値あるいは全く異なる価値があるものとして発行され使用される貨幣である。

新しい!!: Rと地域通貨 · 続きを見る »

化学式(かがくしき、chemical formula)とは、化学物質を元素の構成で表現する表記法である。分子からなる物質を表す化学式を分子式(ぶんししき、molecular formula)、イオン物質を表す化学式をイオン式(イオンしき、ionic formula)と呼ぶことがある。化学式と呼ぶべき場面においても、分子式と言い回される場合は多い。

新しい!!: Rと化学式 · 続きを見る »

ノルウェー語(ノルウェーご、norsk)は、インド・ヨーロッパ語族 ゲルマン語派 北ゲルマン語群に属する。

新しい!!: Rとノルウェー語 · 続きを見る »

チェコ語 (český jazyk、čeština) は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。

新しい!!: Rとチェコ語 · 続きを見る »

チェスの駒 チェス(chess、شطرنج šaṭranj シャトランジ)は、2人で行うボードゲーム、マインドスポーツの一種である。先手・後手それぞれ6種類16個の駒を使って、敵のキングを追いつめるゲームである。その文化的背景などから、チェスプレイヤーの間では、チェスはゲームであると同時に「スポーツ」でも「芸術」でも「科学」でもあるとされ、ゲームに勝つためにはこれらのセンスを総合する能力が必要であると言われている。

新しい!!: Rとチェス · 続きを見る »

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの共和制国家。

新しい!!: Rとネパール · 続きを見る »

ハンガリー語/マジャル語(ハンガリーご/マジャルご、magyar nyelv)は、主にハンガリーで話されている言語。現在はハンガリーのみで公用語となっている。ハンガリーでは住民の93.6%(2002年)がハンガリー語を話し、国語化している。原語呼称である「マジャル語」の転訛からマジャール語と呼ばれることもある。旧来は洪語と略した(オーストリア=ハンガリー帝国は墺洪帝国と記載されることもあった)。

新しい!!: Rとハンガリー語 · 続きを見る »

ハーチェク(háček)、またはキャロン(caron)は、ダイアクリティカルマークのひとつである。

新しい!!: Rとハーチェク · 続きを見る »

ハーフパイプ(halfpipe)とはスケートボード、インラインスケート、BMXで使用される代表的なセクション(構造物)。雪上に設置した物をスノーボード、スキーでも使用し、そのまま競技種目名にもなっている。

新しい!!: Rとハーフパイプ · 続きを見る »

ポルトガル語(português, língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルで使われている言語である。

新しい!!: Rとポルトガル語 · 続きを見る »

ポーランド語(ポーランドご、język polski、polski、または polszczyzna)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。

新しい!!: Rとポーランド語 · 続きを見る »

メルセデス・ベンツ・Rクラス(Mercedes-Benz R-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開する、7人乗りクロスオーバーSUVである。

新しい!!: Rとメルセデス・ベンツ・Rクラス · 続きを見る »

モーリシャス共和国(モーリシャスきょうわこく)、通称モーリシャスは、アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はポートルイ。

新しい!!: Rとモーリシャス · 続きを見る »

構成図 ラムスデン式接眼鏡(ラムスデンしきせつがんきょう)は接眼レンズの一形式である。

新しい!!: Rとラムスデン式接眼鏡 · 続きを見る »

ランキン度(ランキンど、、記号: °R)は、温度の単位である。蘭氏温度(らんしおんど)ともいう。

新しい!!: Rとランキン度 · 続きを見る »

ラトビア語、レット語(Latviešu valoda)は、ラトビア共和国の公用語で、インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属する。

新しい!!: Rとラトビア語 · 続きを見る »

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングワ・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。

新しい!!: Rとラテン語 · 続きを見る »

ラテン文字(ラテンもじ、abecedarium Latinum、Latin alphabet、ラテンアルファベット)は、表音文字(音素文字・アルファベット)の一つである。ローマ文字、ローマ字(alfabeto Romano、Roman alphabet)とも。

新しい!!: Rとラテン文字 · 続きを見る »

リュードベリ定数(リュードベリていすう、Rydberg constant)は、原子の発光および吸収スペクトルを説明する際に用いられる物理定数である。記号は などで表される。名称はスウェーデンの物理学者ヨハネス・リュードベリに因む。

新しい!!: Rとリュードベリ定数 · 続きを見る »

リレー走とは、陸上競技のうちリレーしながら走る競技の総。継走とも称する。ただし、通常、駅伝は含めない。

新しい!!: Rとリレー走 · 続きを見る »

リトアニア語(リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。

新しい!!: Rとリトアニア語 · 続きを見る »

リアル、リヤル、リヤール (ريال riyāl; ریال riyāl; rial, riyal) は通貨単位。いくつかの中東諸国で使われている。

新しい!!: Rとリアル (通貨) · 続きを見る »

リエゾン()とは、フランス語における(外)連声の一種で、語を単独では読む場合には発音されない語末の子音字が、直後に母音が続く場合に発音される現象を言う。リエゾンはしばしば連音とも訳されるが、「連音」という用語はリエゾン以外の音現象をも指すことがありうるので注意を要する。

新しい!!: Rとリエゾン · 続きを見る »

ルーマニア語(limba română))は、ルーマニアの公用語であり、またその周辺地域でも使用されている言語である。

新しい!!: Rとルーマニア語 · 続きを見る »

ルーク (Rook、) はチェスの駒の一。

新しい!!: Rとルーク · 続きを見る »

ルピー(英語:Rupee、他 ドイツ語:Rupie など)は、インド・パキスタン・スリランカ・ネパール・セーシェル・モーリシャスで使用されている通貨の名。

新しい!!: Rとルピー · 続きを見る »

レントゲン(röntgen または roentgen)は、かつて使われていた照射線量(照射した放射線の総量)の単位である。記号はR。

新しい!!: Rとレントゲン (単位) · 続きを見る »

レアル は、ブラジル連邦共和国の現在の通貨である。国際通貨コード(ISO 4217)はBRLである。

新しい!!: Rとレアル · 続きを見る »

レオン語(または)は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州レオン県とサモーラ県の一部で話されている、ラテン語から派生したロマンス語の一つ。

新しい!!: Rとレオン語 · 続きを見る »

レシピ(recipe )とは、何かを準備する手順書である。特に料理の調理法を記述した文書を示し、本書で説明する。

新しい!!: Rとレシピ · 続きを見る »

レスリング()は、ヨーロッパが発祥の格闘技。

新しい!!: Rとレスリング · 続きを見る »

ータシズム (Rhotacism) とは言語学において、他の音素が/r/音に変化することをいう。rに相当するギリシア文字のρ(ロー)に由来する。

新しい!!: Rとロータシズム · 続きを見る »

ヴェネト語()またはベネト語は、伊ヴェネツィアなどで話されている言語。代表都市名でもあり、この地を長く治めていたヴェネツィア共和国の名からヴェネツィア語、ベネチア語とも呼ばれる。

新しい!!: Rとヴェネト語 · 続きを見る »

ボクシング(英語:boxing、pugilism、prize fighting、the sweet science)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。

新しい!!: Rとボクシング · 続きを見る »

後退ギア付き5速トランスミッション(2009年式フォルクスワーゲン・ゴルフ) 自動車におけるトランスミッション(transmission)とは、歯車や軸などからなり、動力源の動力をトルクや回転数、回転方向を変えて活軸へと伝達する組立部品 (ASSY) である。歯車の組合せによるものはギアボックス(gear box)とも呼ばれる。イギリス英語では「トランスミッション」はギアボックスやクラッチ、プロペラシャフト、デファレンシャル、ドライブシャフトといった駆動伝達経路全体を指す。一方、アメリカ英語では「ギアボックス」は速度とトルクを変換する歯車装置のすべてを指し、「トランスミッション」は自動車などの、減速比が変更できるギアボックスの一種として区別される。日本語では変速機または変速機構とも呼ばれる。

新しい!!: Rとトランスミッション · 続きを見る »

トルコ語(トルコご、)は、アゼルバイジャン語やトルクメン語と同じテュルク諸語の南西語群(オグズ語群)に属する言語。

新しい!!: Rとトルコ語 · 続きを見る »

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。

新しい!!: Rとブラジル · 続きを見る »

ブラジルポルトガル語(português brasileiro)とは、主にブラジルで話されているポルトガル語の一派であり、ポルトガルで話されるイベリアポルトガル語とは、若干異なる、英語におけるアメリカ英語とイギリス英語との差と違い、文法、発音、単語などおよそ同じ言語といっていいか分からないぐらい違いがある。日本では「ブラジル語」、俗に「ブラポル語」と略称されることもある。

新しい!!: Rとブラジルポルトガル語 · 続きを見る »

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。

新しい!!: Rとパリ · 続きを見る »

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。

新しい!!: Rとパキスタン · 続きを見る »

(ピンイン)は、中国語で音節を音素文字に分け、ラテン文字化して表記する発音表記体系を指す。一般には1958年に中華人民共和国が制定したという表記法、あるいはそれに基づくという文字を指す。

新しい!!: Rとピン音 · 続きを見る »

デンマーク語(デンマークご、dansk、dansk sprog)は、デンマーク本土などで話される言語で、デンマーク民族の母語である。

新しい!!: Rとデンマーク語 · 続きを見る »

フランツ・リスト(、、1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。

新しい!!: Rとフランツ・リスト · 続きを見る »

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。

新しい!!: Rとフランス語 · 続きを見る »

フラクトゥール(独:、フラクトゥーア)は、ドイツ文字、亀の子文字、亀甲文字、ひげ文字などとも呼ばれる書体である。

新しい!!: Rとフラクトゥール · 続きを見る »

フィンランド語(フィンランドご、suomi, suomen kieli)は、ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン・ペルム諸語に属すバルト・フィン諸語の一言語。主にフィン人が使用する。

新しい!!: Rとフィンランド語 · 続きを見る »

フェロー語(føroyskt mál)とは、フェロー諸島の唯一の公用語。使用人口はフェロー諸島内で50,000人弱で、デンマーク本土などにも話者がいる。

新しい!!: Rとフェロー語 · 続きを見る »

ドット符号は、ダイアクリティカルマークの一種で、ラテンアルファベットの上または下などに付される点である。用途は言語によってさまざまである。

新しい!!: Rとドット符号 · 続きを見る »

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。

新しい!!: Rとドイツ語 · 続きを見る »

ダブルグレイヴは、セルビア語、クロアチア語、スロベニア語の高低アクセントを区別するために学者が用いるダイアクリティカルマー。下降調短母音を表すのに用いる。正書法上はアクセント記号は加えられない。

新しい!!: Rとダブルグレイヴ · 続きを見る »

'''ベトナム語''' ベトナム語(ベトナムご、)は、ベトナム社会主義共和国の総人口のおよそ 87% を占めるキン族の母語であり、ベトナムの公用語である。キン語や安南語ともいい、ベトナムの少数民族の間でも共通語として話されるほか、中国と台湾など周辺諸国のキン族/ジン族、アメリカ合衆国、フランスなど在外ベトナム系移民によっても話される。

新しい!!: Rとベトナム語 · 続きを見る »

Ř, řは、Rにハーチェクを付した文字である。

新しい!!: RとŘ · 続きを見る »

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語の方言。米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。

新しい!!: Rとアメリカ英語 · 続きを見る »

アルバニア語 (Shqip) はインド・ヨーロッパ語族に属する言語で、この言語だけで独立した語派を形成しているが、ルーマニア語やブルガリア語と共通の特徴をもつバルカン言語連合をなす。

新しい!!: Rとアルバニア語 · 続きを見る »

アルファベット(alphabet)は、ひとつひとつの文字が原則としてひとつの子音または母音という音素をあらわす表音文字の一種であり、また、それを伝統的な配列で並べたものをいう。「アルファベット」という語は、ギリシア文字の最初の2文字 α, β の読み方である「アルファ」(ἄλφα)、「ベータ」(βήτα)に由来する。

新しい!!: Rとアルファベット · 続きを見る »

アルカン(、)とは、一般式 CnH2n+2 で表される鎖式飽和炭化水素である。メタン系炭化水素、パラフィン系炭化水素や脂肪族化合物McMurry(2004)、p.39。

新しい!!: Rとアルカン · 続きを見る »

アルコールの構造。炭素原子は他の炭素原子、または水素原子に結合する。 化学においてのアルコール(alcohol、、)とは、炭化水素の水素原子をヒドロキシ基 (-OH) で置き換えた物質の総称である。

新しい!!: Rとアルコール · 続きを見る »

アースデイマネーは、特定非営利活動法人アースデイマネーアソシエーションが発行する地域通貨である。単位はr。基本的には円と等価の貨幣として取引されている。

新しい!!: Rとアースデイマネー · 続きを見る »

アイスランド語はインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語。使用範囲はアイスランドのみで、使用人口は約30万人。

新しい!!: Rとアイスランド語 · 続きを見る »

アキュート・アクセント (´) は、鋭アクセントともいい、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、カタルーニャ語、イタリア語、ポーランド語、チェコ語、スロバキア語、セルビア・クロアチア語(セルビア語のラテン文字表記・クロアチア語・ボスニア語)、ギリシャ語、アイルランド語、ウェールズ語、アイスランド語、ベトナム語、ハンガリー語、トルクメン語など、おもにラテン文字を用いる言語の表記に用いられるアクセント符号で、ダイアクリティカルマークの一。

新しい!!: Rとアキュート・アクセント · 続きを見る »

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。

新しい!!: Rとイラン · 続きを見る »

インドは、南アジアに位置し、インド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。

新しい!!: Rとインド · 続きを見る »

インドネシア語(Bahasa Indonesia)は、インドネシア共和国の国語。この地域の交易語(リングワ・フランカ)であったマレー語のリアウ州の一方言を、国家の共通語としたもの。

新しい!!: Rとインドネシア語 · 続きを見る »

イエメン共和国(イエメンきょうわこく、الجمهورية اليمنية)、通称イエメンは、中東のアラビア半島にある共和制国家である。

新しい!!: Rとイエメン · 続きを見る »

イギリス英語(イギリスえいご、)は英語の中でもイギリスで使用されている本来の英語。英語ではBritish EnglishまたはUK Englishという。

新しい!!: Rとイギリス英語 · 続きを見る »

イタリア語(イタリアご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。

新しい!!: Rとイタリア語 · 続きを見る »

ウェールズ 各ウェールズの地方行政区画におけるウェールズ語話者の割合 ウェールズ語(Welsh, Cymraeg, y Gymraeg (定冠詞つき))は、ウェールズで話されている言語で、ケルト語派ブリソン諸語に属する。

新しい!!: Rとウェールズ語 · 続きを見る »

ウェード式(ウェードしき)は、中国語をローマ字によって表記する方法の一つ。

新しい!!: Rとウェード式 · 続きを見る »

ペラント(Esperanto)とは、ルドヴィコ・ザメンホフが考案した人工言語。母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする、いわゆる国際補助語としては最も世界的に認知され、普及の成果を収めた言語となっている。

新しい!!: Rとエスペラント · 続きを見る »

マーン国(オマーンこく)、通称オマーンは、中東および西アジアの絶対君主制国家。首都はマスカット。

新しい!!: Rとオマーン · 続きを見る »

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。

新しい!!: Rとオランダ語 · 続きを見る »

タルーニャ語(カタルーニャご、català )はスペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人の言語。カタラン語ともいう。よく見られるカタロニア語という表記は地方名の英語名に由来する。

新しい!!: Rとカタルーニャ語 · 続きを見る »

1966年から1976年までの国章 カタール国(カタールこく、)、通称カタールは、中東・西アジアの国家。

新しい!!: Rとカタール · 続きを見る »

リシア語(o galego、a lingua galega)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派の1言語。

新しい!!: Rとガリシア語 · 続きを見る »

リル文字(キリルもじ、Кириллица、Cyrillic alphabet、キリール文字とも)は、主にスラヴ諸語を表記するのに用いられる表音文字の体系の一種である。

新しい!!: Rとキリル文字 · 続きを見る »

リシア文字(ギリシアもじ)とは、ギリシア語を書き表すために用いられる文字である。

新しい!!: Rとギリシア文字 · 続きを見る »

チリア語()は、シチリア島とイタリア南部で使用されているロマンス語の一。

新しい!!: Rとシチリア語 · 続きを見る »

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。

新しい!!: Rとスペイン語 · 続きを見る »

ノーボードの風景 スノーボード (snowboard) とは、サーフィンやスケートボードのように横向きになって板に乗り、バインディング(ビンディング)と呼ばれる留め具で足を固定し、雪の斜面を滑る遊び、スポーツ。スノーボードをする人をスノーボーダーと言う。

新しい!!: Rとスノーボード · 続きを見る »

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。

新しい!!: Rとスリランカ · 続きを見る »

トローク(stroke)は、ダイアクリティカルマークの一種で、文字を横切る斜線ないし横棒である。

新しい!!: Rとストローク符号 · 続きを見る »

ウェーデン語(スウェーデンご、svenska )は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群東スカンジナビア諸語に属する言語である。主にスウェーデンで使用される。

新しい!!: Rとスウェーデン語 · 続きを見る »

ットランド語(スコットランドご、Scots)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属する言語で、スコットランドおよびアイルランドのアルスター地方で話されている言語の一つである。

新しい!!: Rとスコットランド語 · 続きを見る »

ットランド英語(スコットランドえいご、Scottish English)は、スコットランドで一般的に使われている英語の方言(英語スコットランド方言)である。スコットランドにおいては、公的な場における口頭言語および書記言語として一般的に使用されており、英語の標準語的な存在としても位置づけられているため、スコットランド標準英語(Scottish Standard English)とも呼ばれる。

新しい!!: Rとスコットランド英語 · 続きを見る »

ーシェル共和国(セーシェルきょうわこく)、通称セーシェルは、アフリカ大陸から1,300kmほど離れたインド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国である。

新しい!!: Rとセーシェル · 続きを見る »

ディーユ()は、ラテン文字を用いるいくつかの言語で c などの特定の文字の下部に付加される区分符号の一。

新しい!!: Rとセディーユ · 続きを見る »

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。

新しい!!: Rとサウジアラビア · 続きを見る »

ら行(らぎょう)とは、日本語の五十音図における9番目の行である。

新しい!!: Rとら行 · 続きを見る »

Ŕ, ŕはRにアキュート・アクセントを付した文字である。

新しい!!: RとŔ · 続きを見る »

養担当規則様式第二号で定められた処方箋様式 処方箋(しょほうせん、英・prescription、Rezept)とは、診療所や病院などの医療機関にて診察を受け、医師、歯科医師、獣医師が医薬品を処方するために、薬の種類とその服用量、投与方法などが記載された薬剤師が調剤に用いる文書である。一般に、処方箋医薬品はこの処方箋がなければ入手することはできない。

新しい!!: Rと処方箋 · 続きを見る »

商標(しょうひょう)とは、商品を購入し、あるいは役務(サービス)の提供を受ける需要者が、その商品や役務の出所(誰が提供しているか)を認識可能とするための標識(文字、図形、記号、立体的形状、色彩、音など)をいう。商品の販売者や役務の提供者は、商品の販売に際しては商品または商品の包装、役務の提供に際しては役務の提供に使用される物や電磁的方法により行う映像面などに、商標を付して使用する。需要者は、商標を知覚することによって商品や役務の出所を認識し、購入したい商品、または提供を受けたい役務を選択することができる。

新しい!!: Rと商標 · 続きを見る »

児化(アルか、、、)とは、中国語において「児(ピン音:-r)」という接尾語を付加することである。日本では通例「アル化」と呼ばれるが実際の発音はあまり「アル」には似ていない。

新しい!!: Rと児化 · 続きを見る »

図面(ずめん)とは、何かの機能や構造、配置を描いた図。

新しい!!: Rと図面 · 続きを見る »

国道(こくどう)とは、日本に於ける道路のうち、国が建設・管理するものの総称である。一般的には、国道が全国的な幹線道路網を構成し、下位の道路がそれを補完する。

新しい!!: Rと国道 · 続きを見る »

BAJI-R(バジアール)は、日本のバンド。

新しい!!: RとBAJI-R · 続きを見る »

CD-R(compact disc - recordable)は、データを書き込みできるコンパクトディスクの一つである。一度書き込まれたデータは書き換えも消去もできないが、容量の許す限り追記が可能であり、このことから「追記型」(WORMメディア)と呼ばれる。

新しい!!: RとCD-R · 続きを見る »

態方程式(じょうたいほうていしき、)とは、熱力学において、状態量の間の関係式のことをいう。

新しい!!: Rと状態方程式 (化学) · 続きを見る »

(平地競走) 競馬(けいば、)は、騎手の乗った馬により競われる競走競技、およびそれの着順を予想する賭博である。

新しい!!: Rと競馬 · 続きを見る »

無声口蓋垂摩擦音(むせい・こうがいすい・まさつおん)は子音の種類の一つ。後舌と軟口蓋の後端で隙間を作って起こる無声の摩擦の音。国際音声記号ではで表される。

新しい!!: Rと無声口蓋垂摩擦音 · 続きを見る »

無声声門摩擦音(むせい・せいもん・まさつおん)とは子音の類型の一つ。

新しい!!: Rと無声声門摩擦音 · 続きを見る »

白石 涼子(しらいし りょうこ、1982年9月7日 - )は、日本の女性声優、歌手。

新しい!!: Rと白石涼子 · 続きを見る »

DVD-R(ディーブイディー・アール)とは記録型DVDの規格の一つである。

新しい!!: RとDVD-R · 続きを見る »

音節(おんせつ)またはシラブル()は、連続する言語音を区切る分節単位の一種である。典型的には、1個の母音を中心に、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子音を伴って構成する音声(群)で、音声の聞こえの一種のまとまりをいう。

新しい!!: Rと音節 · 続きを見る »

日本の二車線の道路(新潟) 道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)について解説する。

新しい!!: Rと道路 · 続きを見る »

国際単位系 (SI) の正式な接頭辞ではないが、SI接頭辞のように扱われる(または扱われた)接頭辞がいくつかある。ここでは、便宜上それらを非SI接頭辞(ひエスアイせっとうじ)と総称する。

新しい!!: Rと非SI接頭辞 · 続きを見る »

数学における複素数(ふくそすう、complex number)は、実数の対 と と線型独立な(実数ではない)要素 の線型結合 の形に表される数(二元数: 実数体上の二次拡大環の元)で、基底元 はその平方が になるという特別な性質を持ち虚数単位と呼ばれる。

新しい!!: Rと複素数 · 続きを見る »

複雑性クラス(ふくざつせいクラス、Complexity class)は、計算複雑性理論において関連する複雑性の問題の集合を指す。典型的な複雑性クラスは以下のように定義される。

新しい!!: Rと複雑性クラス · 続きを見る »

角度(かくど、measure of angle, angle)とは、角(かく、angle)の大きさを表す量・測度のことである。なお、一般の角の大きさは、単位の角の大きさの実数倍で表しうる。角およびその角度を表す記号としては ∠ がある。これは角記号(かくきごう、angle symbol)と呼ばれる。

新しい!!: Rと角度 · 続きを見る »

計算複雑性理論(けいさんふくざつせいりろん、computational complexity theory)とは、計算機科学における計算理論の一分野であり、アルゴリズムのスケーラビリティや、特定の計算問題の解法の複雑性(計算問題の困難さ)などを数学的に扱う。計算量理論、計算の複雑さの理論、計算複雑度の理論ともいう。

新しい!!: Rと計算複雑性理論 · 続きを見る »

自動車(じどうしゃ、英:car、米英語:automobile、米国の口語:auto)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線を用いずに路上を走る車のことである。

新しい!!: Rと自動車 · 続きを見る »

自然科学(しぜんかがく、英語:natural science)とは、。

新しい!!: Rと自然科学 · 続きを見る »

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。

新しい!!: Rと鉄道 · 続きを見る »

英語(えいご、英語:)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。

新しい!!: Rと英語 · 続きを見る »

電子媒体(でんしばいたい)は、映像機器や音響機器での映像や音楽の記録再生や、電子計算機(コンピュータ)での情報処理に使用する記録媒体の総。

新しい!!: Rと電子媒体 · 続きを見る »

電子部品(でんしぶひん)とは、電子回路の部品のことである。

新しい!!: Rと電子部品 · 続きを見る »

電気抵抗(でんきていこう、レジスタンス、electrical resistance)は、電流の流れにくさのことである。電気抵抗の国際単位系 (SI) における単位はオーム(記号:Ω)である。また、その逆数はコンダクタンス と呼ばれ、電流の流れやすさを表す。コンダクタンスのSIにおける単位はジーメンス(記号:S)である。

新しい!!: Rと電気抵抗 · 続きを見る »

数学における集合 (しゅうごう、set, ensemble, Menge) とは、大雑把に言えばいくつかの「もの」からなる「集まり」である。集合を構成する個々の「もの」のことを元 (げん、; 要素) という。

新しい!!: Rと集合 · 続きを見る »

通貨(つうか、currency)とは、流通貨幣の略称で、国家などによって価値を保証された、決済のための価値交換媒体。

新しい!!: Rと通貨 · 続きを見る »

(パイ、ピ、ピー、希: /, 英: )はギリシア文字の一つで、伝統的な配列では、その第16番目に置かれる。古典ギリシア語ではピー、現代ギリシア語ではピと発音されるが、日本では英語式発音に倣ってパイと呼び習わされている。

新しい!!: RとΠ · 続きを見る »

(希: / 、英: 、ロー)はギリシア文字の一つで、伝統的な配列では、その第 17 番目に置かれる。音価は /r/。

新しい!!: RとΡ · 続きを見る »

JIS X 0213(ジス X 0213)はJIS X 0208:1997を拡張した、日本語用の符号化文字集合を規定する日本工業規格 (JIS) である。規格名称は「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合」である。

新しい!!: RとJIS X 0213 · 続きを見る »

Lは、ラテン文字(アルファベット)の12番目の文字。小文字は l。ギリシア文字のΛ(ラムダ)に由来し、キリル文字のЛに相当する。

新しい!!: RとL · 続きを見る »

Pは、ラテン文字(アルファベット)の 16 番目の文字。小文字は p。ギリシャ文字の(パイ)に由来し、キリル文字のに相当する。ギリシャ文字の、キリル文字のは別字であり、どちらもラテン文字のRに相当する文字である。また、アイスランド語における文字 "Þ"(小文字"þ")も別字であり、これは英語に於ける"th"(但し、無声子音の方)に相当する。

新しい!!: RとP · 続きを見る »

計算複雑性理論において、複雑性クラス R とは、チューリングマシンで解ける決定問題の集合であり、全ての帰納言語の集合に相当する。R はしばしば、「効率的に計算可能な」関数のクラスと言われる(チャーチ=チューリングのテーゼ)。

新しい!!: RとR (計算複雑性理論) · 続きを見る »

R音(アールおん)は、言語音のうち、おもに文字Rで表される音。調音位置も調音方法も多様な音を含み、音声学的に定義された用語ではない。

新しい!!: RとR音 · 続きを見る »

180px Unicode(ユニコード)とは、符号化文字集合や文字符号化方式などを定めた、文字コードの業界規格である。文字集合(文字セット)が単一の大規模文字セットであること(「Uni」という名はそれに由来する)などが特徴である。

新しい!!: RとUnicode · 続きを見る »

抵抗器(ていこうき、resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。

新しい!!: Rと抵抗器 · 続きを見る »

さまざまな接眼レンズ 接眼レンズ(せつがんレンズ,)、とは望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡などの光学機器で目に接する側に取り付けるレン。

新しい!!: Rと接眼レンズ · 続きを見る »

標準数。

新しい!!: Rと標準数 · 続きを見る »

歯茎はじき音(しけい・はじきおん)とは子音の種類の一つ。舌端で歯茎を軽く弾くことによって生じる音。

新しい!!: Rと歯茎はじき音 · 続きを見る »

歯茎ふるえ音(しけい・ふるえおん)とは子音の種類の一つ。舌端を歯茎付近で振るわせた音。

新しい!!: Rと歯茎ふるえ音 · 続きを見る »

歯茎接近音(しけい・せっきんおん)とは子音の種類の一つ。舌端が歯茎に接近することで作られた隙間から生じる音。

新しい!!: Rと歯茎接近音 · 続きを見る »

気体定数(きたいていすう、)は、理想気体の状態方程式における係数として導入される物理定数であるアトキンス『物理化学』 p.20。理想気体だけでなく、実在気体や液体における量を表すときにも用いられる。記号は通常は で表される。なお、 の由来は明確ではないが、「定数」を意味する Ratio が由来であるとする説もある。

新しい!!: Rと気体定数 · 続きを見る »

江戸言葉(えどことば)または江戸弁(えどべん)とは、東京都中心部(かつての江戸)で使われていた日本語の方言である。江戸なまりや江戸語などとも呼ばれるほか、下町言葉(したまちことば)と呼ばれることもある。

新しい!!: Rと江戸言葉 · 続きを見る »

温度(おんど)とは、温冷の度合いを表す指標である。二つの物体の温度の高低は熱的な接触により熱が移動する方向によって定義される。すなわち温度とは熱が自然に移動していく方向を示す指標であるといえる。標準的には、接触により熱が流出する側の温度が高く、熱が流入する側の温度が低いように定められる。接触させても熱の移動が起こらない場合は二つの物体の温度が等しい。

新しい!!: Rと温度 · 続きを見る »

朝鮮語(ちょうせんご)は、主に朝鮮民族が使う言語で、朝鮮半島の大韓民国(韓国)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)および中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州・長白朝鮮族自治県の公用語。

新しい!!: Rと朝鮮語 · 続きを見る »

有声そり舌摩擦音(ゆうせい・そりじた・まさつおん)は、子音の一。舌さきを硬口蓋に向けてそらせて調音(そり舌)される摩擦音である。

新しい!!: Rと有声そり舌摩擦音 · 続きを見る »

有声口蓋垂摩擦音(ゆうせい・こうがいすい・まさつおん)は、軟口蓋の端あるいは口蓋垂と後舌を密着または接近させて気流を妨げながら喉を摩擦させることによって作られる子音。

新しい!!: Rと有声口蓋垂摩擦音 · 続きを見る »

映画のレイティングシステム(えいがのレイティングシステム、film rating system)とは、映画鑑賞の際にその映画を見ることができる年齢制限の枠、およびその規定。

新しい!!: Rと映画のレイティングシステム · 続きを見る »

昭和軽薄体(しょうわけいはくたい)とは、椎名誠や嵐山光三郎らが1970年代末から1980年代前半にかけて築きあげた、くだけた喋り口調が持ち味の饒舌な文体のこと。

新しい!!: Rと昭和軽薄体 · 続きを見る »

海図(かいず、nautical chart)は、水路図誌の一種で航海のためにつくられた主題図 (Thematic Map)。航海のために必要な水路の状況、すなわち水深、底質、海岸地形、海底危険物、航路標識などが、正確に見やすく表現されている。一定規模以上の船舶には、備え付けることが義務づけられている。

新しい!!: Rと海図 · 続きを見る »

文字参照(もじさんしょう、character reference)とはHTMLなどのSGML文書においては、直接記述できない文字や記号(マークアップで使われる、半角の不等号「<」や「>」など)を表記する際に用いられる方法である。SGML構成素のひとつとして定義されており、文書文字集合中の文字を参照する為の手段を提供する。HTMLにおける文字参照には、表記方法により数値文字参照と文字実体参照の二種が存在する。

新しい!!: Rと文字参照 · 続きを見る »

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。

新しい!!: Rと日本語 · 続きを見る »

数学(すうがく、μαθηματικά, mathematica, math)は、量(数)、構造、空間、変化について研究する学問である。数学の範囲と定義については、数学者や哲学者の間で様々な見解がある。

新しい!!: Rと数学 · 続きを見る »

曲率(きょくりつ、英語:curvature)とは曲線や曲面の曲がり具合を表す量である。

新しい!!: Rと曲率 · 続きを見る »

普通話(ふつうわ/プゥトンフア)は、中華人民共和国において公用語として定められた中国語のことをいう。中国語の『普通』も、日本語の『普通』と同じく、「普(あまね)く通る」「広く通用する」「一般」を意味する語である。

新しい!!: Rと普通話 · 続きを見る »

は、キリル文字のひとつ。

新しい!!: RとР · 続きを見る »

18(十八、じゅうはち、とおあまりやつ)は自然数、また整数において、17 の次で 19 の前の数である。

新しい!!: Rと18 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »