ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局

索引 O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局

O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局(Харківське Конструкторське Бюро з Mашинобудування ім.;略称:ХКБМ;KhKBM)は、ウクライナのハルキウにある国営の会社であり、T-80、T-84を含む主力戦車と主発動機の設計を行った。単純に、モロゾフ設計局とも呼ばれ、略号でKMDBと記述される。BT戦車のシリーズや、T-34、T-55、T-64を含む重要なソ連のAFVの開発責任を負っていた。V・O・マールィシェウ記念工場と密接な関係がある。.

53 関係: 対戦車ミサイル主力戦車ミハイル・コーシュキンマレーシアハルキウバルバロッサ作戦レーニン勲章ロシアヴォルゴグラードトラクタートルコパキスタンフランスドルニジニ・タギルアレクサンドル・モロゾフウラル山脈ウクライナウクライナ・ソビエト社会主義共和国ウクライナ軍エンジンオプロートギリシャBT戦車火炎放射器第二次世界大戦疎開装甲兵員輸送車装甲戦闘車両T-34T-35重戦車T-44T-54T-55T-62T-64T-72T-80T-84T-90T24V・O・マールィシェウ記念工場1930年代1936年1937年1939年1940年1941年1957年1966年...1985年1996年1999年 インデックスを展開 (3 もっと) »

対戦車ミサイル

トライカー装甲車(ストライカーATGM)から発射されるTOW。有線誘導方式のため、発射機とミサイルがケーブルでつながっている 対戦車ミサイル(たいせんしゃミサイル、anti-tank missile, ATM)は、戦車を攻撃するために用いられるミサイルである。対戦車誘導ミサイル(anti-tank guided missile, ATGM)、対戦車誘導兵器(anti-tank guided weapon, ATGW)とも呼ばれる。 日本の防衛省(自衛隊)においては対戦車誘導弾(たいせんしゃゆうどうだん)と呼称し、MAT(missile anti-tank)の略号を与えている。これはATMを「アトム」と読み得る(実際の「核」の意味で書かれるアトムは「ATOM」である)ため、核兵器を使用しているとの誤解を避けることを目的として、敢えて語順を変更したものである。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と対戦車ミサイル · 続きを見る »

主力戦車

主力戦車(しゅりょくせんしゃ、英語:、略称:MBT)は、戦車の分類の1つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。 第二次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車など多様であった。戦後、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるように走攻守をバランス良く備えた主力戦車が登場し統合が進んでいった。その背景には戦術の確立と技術の発展があった。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と主力戦車 · 続きを見る »

ミハイル・コーシュキン

ミハイル・コーシュキン(Михаил Кошкин;1898年12月3日 - 1940年9月26日)は、ソ連の戦車設計師。第二次世界大戦時の赤軍の主力戦車T-34を設計した。 ヤロスラフ州ブルインチャギ村出身。父は7歳の時に亡くなり、母親は女手一つで3児を育てた。 1917年、赤軍に召集。ロシア内戦終結後、1921年~1924年、共産主義大学で学んだ。1929年、レニングラード工業大学に派遣され、「自動車・トラクター」講座に編入された。 1934年、コーシュキンは、技師となり、S.M.キーロフ記念レニングラード試験機械製造工場に送られた。当時、同工場では、T-43、T-46-1、T-29、T-46-5、T-100が開発・製造されていた。コーシュキンは、T-29とT-46-5の開発に参加し、既存戦車・新規試作車試験業務を指導した。 1937年11月、ウクライナのハリコフ機関車工場(第183工場、現・V・O・マールィシェウ記念工場)の戦車設計局局長に、粛清で追われたA.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とミハイル・コーシュキン · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とマレーシア · 続きを見る »

ハルキウ

ハルキウ( ハールキウ)は、ウクライナ北東部の都市である。ハルキウ州の州都。日本ではハリコフ( ハーリカフ)の名でも知られる。人口は約145万人。人口ではキエフに次いでウクライナで2番目に大きな都市である。ウクライナの工業の中心で、ソビエト連邦においても、モスクワ、レニングラードに次ぐ第3の工業都市であった。特に、機械工業、兵器製造(戦車等)、航空機生産、トラクター生産が盛んである。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とハルキウ · 続きを見る »

バルバロッサ作戦

バルバロッサ作戦(バルバロッサさくせん、Unternehmen Barbarossa (英語Operation Barbarossa))は、第二次世界大戦中の1941年6月22日に開始されたドイツ国によるソビエト連邦奇襲攻撃作戦の秘匿名称である。今日では独ソ戦序盤の戦闘の総称とされる場合もある。枢軸国以外にも、親枢軸のスペインやフランス国(ヴィシー政権)が派兵している。 作戦名は神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ1世のあだ名「Barbarossa」(「赤ひげ」、イタリア語のbarba「あごひげ」+rossa「赤い」 )に由来する。フリードリヒ1世は伝説的な人物で、民間伝承によると現在も眠り続けており、ドイツに危機が訪れた時に再び目覚めて帝国に繁栄と平和をもたらすとされた。それにあやかっての命名、また第3回十字軍総司令官として戦果を残し、ボヘミア王国とハンガリー王国に神聖ローマ帝国の影響を拡大した実績から、対ソ戦にふさわしいと判断されたと考えられている。 ドイツ陸軍はポーランド侵攻の「白作戦」、フランス侵攻の「黄作戦」「赤作戦」など、攻勢作戦名に色名を付ける伝統があり、それの発展形とも考えられる。バルバロッサ作戦が頓挫した影響か、翌年の攻勢作戦はまた「青作戦」と純粋な色名に戻された。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とバルバロッサ作戦 · 続きを見る »

レーニン勲章

レーニン勲章 (Орден Ленина)は、 十月革命の指導者のウラジーミル・レーニンにちなんで名付けられ、1930年4月6日に中央執行委員会によって設立された、ソビエト連邦によって授与される最高の勲章だった。以下の条件を満たした者に授与された:.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とレーニン勲章 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とロシア · 続きを見る »

ヴォルゴグラード

ヴォルゴグラード(、)は、ロシア連邦のヴォルガ川西岸に南北80kmにわたって広がる都市。ヴォルゴグラード州の州都。人口は101万人。 1925年まではツァリーツィン()、1925年から1961年まではスターリングラード()と呼ばれていた。現在は年に数日のみ市名がスターリングラードとなる(後述)。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とヴォルゴグラード · 続きを見る »

トラクター

代の一般的な農業用トラクター 日本製(ヤンマー)の農業用トラクター トラクター(tractor、ラテン語「引く」に由来)は、それ自体で推進できないものを牽引したり、しばしば動力を供給したりする装置である。 トラクターとは被牽引車を引っ張る牽引車の事を指す。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とトラクター · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とトルコ · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とパキスタン · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とフランス · 続きを見る »

ドル

ドル(dollar)は通貨単位のひとつであり、複数の国で使用されている。記号は$。漢字では、字体の似た「弗」を宛てる。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とドル · 続きを見る »

ニジニ・タギル

ニジニ・タギル(ニージュニイ・タギール、Ни́жний Таги́л;Nizhny Tagil)はロシア連邦のスヴェルドロフスク州にある鉱工業都市で、鉄鉱山や製鉄、戦車製造で知られる。人口は390,498人(2002年国勢調査、1989年国勢調査では439,521人)。ウラル山脈の東斜面に位置し、標高は200m。山脈の分水界に沿って走るヨーロッパとアジアの境界線上からは25kmほど東にあり、ロシアのアジア側に属する。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とニジニ・タギル · 続きを見る »

アレクサンドル・モロゾフ

アレクサンドル・モロゾフ(ロシア語:Алекса́ндр Алекса́ндрович Моро́зов;1904年10月29日 - 1979年6月14日)は、ソ連の戦車設計技師。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とアレクサンドル・モロゾフ · 続きを見る »

ウラル山脈

ウラル山脈(ウラルさんみゃく、Ура́льские го́ры, Uralskiye gory、Ural Mountains)は、ロシアを南北に縦断する山脈。ユーラシア大陸をヨーロッパとアジアに分ける境界線の北側を形成している。 ウラル山脈は石炭紀後期にできた古期造山帯で、現存する山脈でも最も古いものである。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とウラル山脈 · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とウクライナ · 続きを見る »

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(ウクライナ・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく)は、かつてウクライナに存在した社会主義国家である。1917年12月25日に成立したウクライナ人民共和国がその祖となっており、その後、いくつかのソビエト共和国を併合し、以後1991年8月24日まで存続した。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とウクライナ・ソビエト社会主義共和国 · 続きを見る »

ウクライナ軍

ウクライナ軍(ウクライナぐん、ウクライナ語:Збройні Сили України)は、ウクライナの国軍。旧ソ連軍のキエフ軍管区、オデッサ軍管区、沿カルパチア軍管区、黒海艦隊等の部隊を継承した。2005年末の時点で、総員24万5千人。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とウクライナ軍 · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とエンジン · 続きを見る »

オプロート

プロート(ウクライナ語:Оплотオプロート;ロシア語:Оплотアプロート)は、ウクライナで開発された戦車である。国産戦車T-84Uに西側仕様の砲塔を搭載した発展型。ウクライナ軍で主力戦車として運用されている。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とオプロート · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とギリシャ · 続きを見る »

BT戦車

BT戦車の最初の量産型、BT-2 BT戦車(ベーテーせんしゃ、ロシア語:Быстроходные танкиブィストラホードヌィイェ・ターンキ、略称:БТベテー)は、第二次世界大戦前にソ連が開発した一連の戦車である。 「BT」とはロシア語で「素早い戦車」を意味する「Быстрый танк」の頭文字をとったもので、「快速戦車」などと訳される。赤軍では「BT」の愛称形「ベテーシュカ」(бэтэ́шкаベテーシュカ)または「ベートゥシュカ」(бе́тушкаビェートゥシュカ)、卑称形「ベートカ」(Бе́ткаビェートカ)で呼んだ。ドイツ軍は、二枚のハッチを開いた1937年型以降の砲塔の見た目から「ミッキーマウス」というニックネームがつけられた。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とBT戦車 · 続きを見る »

火炎放射器

火炎放射器(かえんほうしゃき、flamethrower)は、「炎」を投射する、もしくは「火がついた液体」を投射する武器、兵器、ないしは道具。 道具としては、農業や一般家庭などにおける雑草の駆除などに使用されるものがある。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と火炎放射器 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と第二次世界大戦 · 続きを見る »

疎開

開(そかい)とは、.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と疎開 · 続きを見る »

装甲兵員輸送車

装甲兵員輸送車(そうこうへいいんゆそうしゃ、Armoured Personnel Carrier, APC)は、車内に人員を乗せて走行する軍用車両。歩兵を載せることが多いため装甲兵員輸送車と訳されるが、文民を乗せることもあることや原語のPersonnelから、装甲人員輸送車と訳されることもある。類似する歩兵戦闘車(IFV)が積極的な戦闘参加を想定している事に対し、装甲兵員輸送車(APC)はあくまで輸送が主任務である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と装甲兵員輸送車 · 続きを見る »

装甲戦闘車両

装甲戦闘車両(そうこうせんとうしゃりょう、Armoured Fighting Vehicle、AFV)は、装甲化され、攻撃兵器を備えた戦闘用の軍用車両のことであり、戦車や歩兵戦闘車などが含まれる。 武装を持つことで戦闘能力を備えた車輌である戦闘車両(せんとうしゃりょう、Combat Vehicle、CV、Fighting Vehicle、FV)は、その多くが装甲化されており、こういった車輌の呼称のために語頭に装甲(Armored)が付けられて装甲戦闘車両と呼ばれることになった。装甲車であっても固有の武装がなければ、装甲戦闘車両ではない。慣習的に「CV」は戦車のような重装甲戦闘車両を指し、「FV」は歩兵戦闘車のような比較的軽装の装甲を備えた戦闘車両を指す。 ジープやトラックのような無装甲車輌(Softskin)に分類される車輌は、たとえ火器を搭載しても装甲戦闘車両には含まれない。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と装甲戦闘車両 · 続きを見る »

T-34

T-34( )は、第二次世界大戦から冷戦時代にかけてソビエト連邦を中心に使用された中戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-34 · 続きを見る »

T-35重戦車

T-35重戦車(T-35じゅうせんしゃ、ロシア語:Тяжелый танк Т-35チジョールィイ・ターンク・テー・トリーッツァチ・ピャーチ)(ウクライナ語:Важкий танк Т-35 ヴァジュヌィーイ・ターンク・テー・トルィーツャチ・ピヤーチ) -->は、ソ連の赤軍が1933年に制式化した多砲塔戦車である。ハリコフ機関車工場で生産された。 本車は実際の戦闘に投入された戦車の中ではもっとも大きい車両であり、また史上唯一量産に至った5砲塔型の多砲塔戦車で、この形態の車輛としては最多の生産量である試作車2輛を含めた63輛が生産された。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-35重戦車 · 続きを見る »

T-44

T-44(ロシア語:Т-44テー・ソーラク・チトィーリェ)は、ソビエト連邦で第二次世界大戦末期に開発され、冷戦時代初期にかけてソビエト連邦軍で使用された中戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-44 · 続きを見る »

T-54

T-54(ロシア語:Т-54テー・ピヂスャート・チトィーリェ)は、ソビエト連邦で開発された中戦車である。1946年にソビエト連邦軍に「中戦車T-54」(«средний танк Т-54»)という制式名称で採用され、1947年に量産型が完成した。 時代の流れとともに主力戦車として運用されるようになった。東側諸国をはじめ世界各国で運用され、数多くの実戦に投入された。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-54 · 続きを見る »

T-55

T-55(ロシア語:Т-55)は、ソビエト連邦で開発された中戦車である。戦後第一世代の主力戦車とも分類される。 史上最も生産台数が多い戦車といわれており、ほぼ同じ形状のT-54も含めると、その数は10万輌を超えるといわれている。1958年に登場し、1970年代後半まで生産された。冷戦時代に他国へ供与・輸出された数も多く、未だに多くの国で使用されている。 T-54とひとまとめにされてT-54/55と表記されることも多い。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-55 · 続きを見る »

T-62

T-62(Т-62テー・シヂスャート・ドヴァー)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-62 · 続きを見る »

T-64

T-64(Т-64テー・シヂスャート・チトィーリェテー・シスッデスャート・チョトィールィ -->)は、1960年代にソビエト連邦が開発した第2世代主力戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-64 · 続きを見る »

T-72

T-72(ロシア語:Т-72テー・セーミヂェシャト・ドヴァー)は、1971年にソビエト連邦で開発された主力戦車である。ロシアでは「ウラル」(Урал)と言う愛称がある。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-72 · 続きを見る »

T-80

T-80(ロシア語:Т-80テー・ヴォースィェミヂスャト;ウクライナ語:Т-80テー・ヴォスィムデスャート)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-80 · 続きを見る »

T-84

T-84(ウクライナ語:Т-84テー・ヴォスィムデスャート)は、ウクライナで開発された第三世代主力戦車である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-84 · 続きを見る »

T-90

T-90( テー・ヂヴィノースタ)は、ソビエト連邦、およびロシア連邦が開発した第三世代主力戦車である。T-72をベースに大幅に改良してより高価なT-80Uのレベルに近づけた戦車で、1992年にロシア連邦軍が制式採用した。ロシアでの愛称は「ヴラジーミル/ウラジーミル」(Владими́р)である。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT-90 · 続きを見る »

T24

T24 ゴルフなどのスポーツのスコア・成績で“同点24位”を示す略号。; 駅番号.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とT24 · 続きを見る »

V・O・マールィシェウ記念工場

V・O・マールィシェウ記念工場(Завод імені В.О. Малишева)は、ハリコフ機関車工場(KhPZ)が前身となる、ウクライナのハルキウに存在する州立の重工業の製造所である。この名前は、ソ連の政治家ヴャチェスラフ・マルィシェフから名前が付けられている。この工場は、ディーゼルエンジン、農業機械、石炭採掘機械、砂糖精製機械、風力発電所の設備を作っているが、最も有名なのがソ連の戦車の製造である。これらの戦車には、高速戦車であるBT戦車や、第二次世界大戦で有名なT-34戦車、冷戦中のT-64やT-80、最近のウクライナの後継戦車のT-84がある。 工場は、モロゾフ設計局(KMDB)と非常に密接な関係が有り、KMBDは軍事向けの装甲戦闘車両(AFV)の設計を行なっている。 工場は何度か名称を変更しており、英語(及び英語を介した日本語)への翻訳では、ロシア語のzavodを、工場(factory)や、生産工場(plant)、製造所(works)等とかかれる場合がある。ウクライナの都市、ハルキウ(Kharkiv)は、ロシア語でハリコフ(Kharkov)と呼ばれる。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局とV・O・マールィシェウ記念工場 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1930年代 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1936年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1937年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1939年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1940年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1941年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1957年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1966年 · 続きを見る »

1985年

この項目では、国際的な視点に基づいた1985年について記載する。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1985年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1996年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: O・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局と1999年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ハルキウ・モロゾフ機械製造設計局モロゾフ設計局

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »