ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

M-60 107mm野砲

索引 M-60 107mm野砲

M-60(M1940) 107mm野砲サンクトペテルブルクの軍事博物館 1940年型107mm師団砲(M-60)(ロシア語:107-мм дивизионная пушка образца 1940 года (М-60))とは、1940年にソビエト連邦が開発した師団砲兵向けカノン砲(野砲)である。.

15 関係: A-19 122mmカノン砲大祖国戦争カノン砲サンクトペテルブルクBS-3 100mm野砲第一次世界大戦独ソ戦鹵獲赤軍野砲M-10 152mm榴弾砲M1900 76mm野砲M1910 107mmカノン砲M1910/30 107mmカノン砲ML-20 152mm榴弾砲

A-19 122mmカノン砲

A-19(M1931/37) 122mm カノン砲 M1931/37 122mm カノン砲(A-19)(露:122-мм пушка образца 1931/37 годов (А-19))は、第二次世界大戦前の1937年にソビエト連邦が開発したカノン砲である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とA-19 122mmカノン砲 · 続きを見る »

大祖国戦争

大祖国戦争(だいそこくせんそう、Великая Отечественная война、Велика Вітчизняна війна)は、ロシアをはじめとする旧ソビエト連邦諸国のいくつかで使われる用語。第二次世界大戦のうち、ソビエト連邦がナチス・ドイツおよびその同盟国と戦った1941年6月22日から1945年5月9日までの戦いを指す。旧ソ連諸国の外では、この用語は一般的に使われることはなく、東部戦線(Eastern Front)、独ソ戦などの用語が使われている。この戦闘の詳細については「独ソ戦」を参照のこと。 「大祖国戦争」と「第二次世界大戦」とでは指す範囲が異なっている。「大祖国戦争」は、ドイツをはじめとするヨーロッパの枢軸国諸国軍とソビエト連邦との間の戦いであり、ソビエト連邦と日本との戦い(満洲侵攻)や、ドイツと西欧・英米諸国との戦い(西部戦線)は含まれない。 「大祖国戦争」という用語は、1941年6月22日のドイツの対ソ攻撃(バルバロッサ作戦)開始の直後に登場した。1812年にロシア帝国へ侵攻したフランス帝国のナポレオン1世をロシアが打ち破った戦いは、ロシアでは「祖国戦争」と称される。ソ連当局はこれをなぞらえた呼称でナチス・ドイツとの戦争を呼ぶことで、戦いにあたってロシア・ナショナリズムによって国民を鼓舞しようとした。ドイツ軍の侵攻直後の「プラウダ」紙には、「ソビエト人民の大祖国戦争」(Velikaya Otechestvennaya voyna sovetskogo naroda)と題された長い記事が掲載されている。1942年5月20日には、大祖国戦争において英雄的な行為を見せた兵士やパルチザンらに対して贈られる「祖国戦争勲章」(Орден Отечественной войны, Order of the Patriotic War)が制定された。 ソ連時代の辞書学においては、「大祖国戦争」とはソビエトの共産主義とドイツのナチズム(ファシズム)という二つのイデオロギーの間の闘争であり、最終的にソビエトの共産主義システムがファシズムに打ち勝ってその優位性を示したとされる。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と大祖国戦争 · 続きを見る »

カノン砲

ノン砲(カノンほう、加農砲)およびカノン(加農)は、火砲(大砲)の一種。キャノン砲とも呼ばれる。定義は同口径の榴弾砲に比べて砲口直径(口径)に対する砲身長(口径長)が長く、高初速・長射程であるが重量とサイズは大きく、やや低仰角の射撃を主用する(#定義)。しかしながら、概ね冷戦後の現代は火砲の進化(榴弾砲の長砲身化)による砲種の統廃合(榴弾砲の統一)により、榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっている(#歴史)。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とカノン砲 · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

BS-3 100mm野砲

BS-3(M1944) 100mm野砲 M1944 100mm野砲(BS-3)(100-мм полевая пушка обр.)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した対戦車砲兼用の野砲である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とBS-3 100mm野砲 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と第一次世界大戦 · 続きを見る »

独ソ戦

戦(どくソせん)(英語Eastern Front(World War II)) は、第二次世界大戦中の1941年から1945年にかけてドイツを中心とする枢軸各国とソビエト連邦との間で戦われた戦争を指す。 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、ナポレオン・ボナパルトに勝利した祖国戦争に擬えて大祖国戦争(Великая Отечественная война)と呼称。一方、ドイツ側では主に東部戦線(der Ostfeldzug)と表現される。 アドルフ・ヒトラーは、ソ連との戦争を「イデオロギーの戦争」「絶滅戦争」と位置づけ、西部戦線とは別の戦争であると認識していた。 1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲攻撃した。ヨーロッパにおけるドイツ占領地からは反共主義者の志願者や、武装親衛隊によって徴発された人々がドイツ軍に加わった。 開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かったバルト地方や、過酷な共産党の政策からウクライナの住民は、ドイツ軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。また反共主義者はロシア国民解放軍やロシア解放軍として共産主義者と戦った。しかし、スラブ人を劣等民族と認識していたヒトラーは、彼らの独立を認める考えはなく、こうした動きをほとんど利用しようとしなかった。親衛隊やはドイツ系民族を占領地に移住させて植民地にしようと計画し、一部実行された。 この戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1470万人、ドイツ兵が1075万人である。民間人の死者をいれるとソ連は2000〜3000万人が死亡し、ドイツは約600〜1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。両国の捕虜・民間人に対する扱いも苛酷を極め、占領地の住民や捕虜は強制労働に従事させられるなど極めて厳しい扱いを受けた。ドイツが戦争初期に捕らえたソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している()。またドイツ兵捕虜300万人の多くはそのままソ連によって強制労働に従事させられ、およそ100万人が死亡した()。 開戦から1943年7月のクルスクの戦いまでは主にドイツ軍の攻勢とソビエト軍の防御という展開であったが、クルスクの戦いの後は攻守が逆転し、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの占領地域となり、1945年5月8日にドイツ国防軍最高司令部総長ヴィルヘルム・カイテル元帥がベルリンで無条件降伏文書の批准手続きを行ったことにより、戦争は終結した。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と独ソ戦 · 続きを見る »

鹵獲

鹵獲(ろかく)は、戦地などで敵対勢力の装備品(兵器)や補給物資を奪うこと。接収(せっしゅう)とも。捕獲(ほかく)と称される場合もあるが、軍事用語としては鹵獲が適当な言葉である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と鹵獲 · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と赤軍 · 続きを見る »

野砲

野砲(やほう、Field gun)は、火砲の一種。定義は時代により異なるが、口径100mmクラス以下の軽カノン砲(加農)。.

新しい!!: M-60 107mm野砲と野砲 · 続きを見る »

M-10 152mm榴弾砲

M-10(M1938) 152mm榴弾砲フィンランドの軍事博物館にて 1938年型152mm榴弾砲(M-10)(ロシア語:152-мм гаубица образца 1938 года (М-10))とは、第二次世界大戦直前の1938年にソビエト連邦が開発した榴弾砲である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とM-10 152mm榴弾砲 · 続きを見る »

M1900 76mm野砲

M1900 76mm野砲 M1900 76mm野砲(ロシア語:76-мм пушка образца 1900 года)とは、1900年にロシア帝国が採用した野砲である。 M1900野砲はロシア帝国の火砲としては初めて口径76.2mmの砲弾を採用し、砲弾は改良されながらもZiS-3 76mm野砲のころまで使用され続けた。砲身に駐退復座機がないため、制式採用時点で旧式化してしまっていた。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とM1900 76mm野砲 · 続きを見る »

M1910 107mmカノン砲

M1910 107mmカノン砲 M1910 107mmカノン砲(ロシア語:107-мм пушка образца 1910 года)とは、ロシア帝国がM1877 107mmカノン砲の後継として1910年に制式採用したカノン砲である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とM1910 107mmカノン砲 · 続きを見る »

M1910/30 107mmカノン砲

M1910/30 107mmカノン砲 M1910/30 107mmカノン砲(ロシア語:107-мм пушка образца 1910/30 годов)とは、第一次世界大戦前に設計されたM1910 107mmカノン砲をソビエト連邦が独自に近代化改修したカノン砲である。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とM1910/30 107mmカノン砲 · 続きを見る »

ML-20 152mm榴弾砲

152mm榴弾砲M1937(ML-20)(152-мм гаубица-пушка образца 1937 года (МЛ-20))とは、ソビエト連邦が1937年に開発した榴弾砲であり、その長砲身と長射程、高仰角故にпушка-гаубица(曲射カノン砲、英語:Howitzer-gun)とも呼ばれる。.

新しい!!: M-60 107mm野砲とML-20 152mm榴弾砲 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

107 mm M-60

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »