ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

Kl 36 (航空機)

索引 Kl 36 (航空機)

レム Kl 36(Klem Kl 36)は、1930年代にドイツのクレム社で設計、製造されたツーリング、競技用の4座単葉機である。.

24 関係: 合板チャレンジ 1934ラリーパイロット (航空)ドイツドイツ空軍ドイツ航空省アエロ A.200カプロニ PS.1コードロン シムーンBf 108 (航空機)空冷エンジン第二次世界大戦高揚力装置連絡機降着装置Fi 97 (航空機)PZL 26V型8気筒星型エンジン1930年代1934年8月9月

合板

合板(ごうはん)とは、薄く切った単板(ベニヤ)を奇数層、繊維方向を90°、互い違いに重ねて熱圧接着した木質材料のことである。日本では、合板をベニヤ板(ベニヤいた)と呼ぶことが多いが、本来ベニヤ (突板、Veneer) とは、単板を意味する(合板の英語はPlywoodである)。これは、1912年に、範多商会がロシアから合板を輸入した際に、ベニア板と呼んだことが広まったためである。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と合板 · 続きを見る »

チャレンジ 1934

チャレンジ 1934(Challenge 1934)は、1934年8月28日から9月16日までポーランドのワルシャワで開催されたエアレース。国際航空連盟(FAI)の第4回及び最後の国際ツーリング機競技(Challenge International de Tourisme)である。1929年から1934年まで4回開催された同大会は第二次世界大戦前のヨーロッパでの主要な航空イベントであった。1934年大会では前回大会でも優勝したポーランド人パイロットが優勝した。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とチャレンジ 1934 · 続きを見る »

ラリー

ラリー (Rally) とは、運営に指定されたコース(主に公道)でタイムアタックをする、自動車競技の一種。運転手(ドライバー)と案内人(ナビゲーターもしくはコ・ドライバー)の2名1組が競技車両(ラリーカー)に同乗し、公道上を1台ずつ走行して、区間タイムの速さや運転の正確性を競う。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とラリー · 続きを見る »

パイロット (航空)

航空の領域におけるパイロット(pilot)とは、航空機に乗り込んでこれを操縦する人のことである。日本語では操縦者や航空機操縦士(あるいは単に操縦士)などと呼ぶ。 英語圏でも基本的に pilot と呼ぶが、一部の海軍航空隊では「水先人」の意味での pilot との混同を避けるため aviator アビエーター と呼び分けている。 世界全体では、2010年時点の国交省が採用した統計でおよそ46万3,000人のパイロットがいる、とされた。パイロット数というのは米国が特に多く、米国の2014年末の統計で男性パイロットが554,177人、女性パイロットが39,322人だった。(なお2010年の統計でアジア太平洋地域のパイロットはおよそ5万人であった。日本では2016~17年ごろで、主要航空会社におよそ五千数百名、格安航空会社(LCC)におよそ数百名、といった人数であった) ある飛行機の中で複数乗っている場合は、通常、最も階級が高い人物が機長(キャプテン)として全体の指揮を執る。 無人航空機の操縦者は、機体に乗り込まないので通常は「パイロット」と呼ばずオペレーターと呼ばれる。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とパイロット (航空) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とドイツ · 続きを見る »

ドイツ空軍

ドイツ空軍(ドイツくうぐん)は、ドイツにおける空軍の名称である。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とドイツ空軍 · 続きを見る »

ドイツ航空省

ドイツ航空省(ドイツこうくうしょう、Reichsluftfahrtministerium, 略称RLM)は、ナチス時代のドイツに存在した政府機関(1933年 - 1945年)で、主に航空機の開発と生産を統括していた。庁舎はベルリンのヴィルヘルム通りに置かれていた。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とドイツ航空省 · 続きを見る »

アエロ A.200

アエロ A.200(Aero A.200)は、ヨーロッパ・ツーリング機選手権大会のチャレンジ 1934向けに特別に設計製造されたチェコスロバキアの4座の低翼単葉スポーツ機である。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とアエロ A.200 · 続きを見る »

カプロニ PS.1

プロニ PS.1(Caproni PS.1)は、ヨーロッパ・ツーリング機選手権大会の1934年度大会向けに特別に設計、製造されたイタリアのスポーツ機である。本機は「パラヴィチーノ PS-1」(Pallavicino PS-1)という名称でも知られる4座低翼単葉機である。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とカプロニ PS.1 · 続きを見る »

コードロン シムーン

ードロン シムーン(Caudron Simoun)は、1930年代のフランスの4座単葉ツーリング機である。本機は「エール・ブルー」(Air Bleu)により郵便機として使用されて長距離飛行記録を樹立し、第二次世界大戦中はフランス空軍により連絡機として使用された。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とコードロン シムーン · 続きを見る »

Bf 108 (航空機)

Bf 108 B-2 メッサーシュミット Bf108は、1934年にバイエルン航空機製造(BFW)社(後のメッサーシュミット社)で開発された単発スポーツ機。愛称は「タイフン」(Taifun:台風)。もともとはヨーロッパ周回国際レースの参加機として設計されたもので、著名なメッサーシュミット Bf109戦闘機に通じる全金属製・引込脚の先進的なスタイルを持っている。その後ドイツ空軍にも採用され、輸送や後方連絡用に広く使用された。本機の「タイフン」というニックネームは、女流飛行士として世界で2番目に単独で世界一周を行ったドイツのエリー・バインホルンによって与えられたものである。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とBf 108 (航空機) · 続きを見る »

空冷エンジン

冷エンジン(くうれいエンジン)は、その冷却をもっぱら空冷によって行っているエンジン(発動機)。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と空冷エンジン · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と第二次世界大戦 · 続きを見る »

高揚力装置

トリプルスロッテッドフラップを展開し着陸するボーイング747 高揚力装置(こうようりょくそうち)とは、飛行機の揚力を増大させるための装置である。必要時に主翼から展開させるタイプのものが多い。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と高揚力装置 · 続きを見る »

連絡機

連絡機(れんらくき、Liaison Aircraft)とは部隊、司令部、その他の軍事施設相互、ないし軍事施設と非軍事施設との間で、要員の移動や少量の物資運搬に任ずる航空機のこと。また、文民機関であるNASAでも、宇宙飛行士の基地・施設間の移動にT-38 等を連絡機として用いている。 Liaison(リエゾン)とは連絡、連携などを意味するフランス語から来ており、軍事用語では「連絡将校 Liaison Officer」などがある。特異な例としては、アメリカ軍が世界中に基地・駐屯地を展開している事から、民間の旅客機・貨物機をチャーターして航空基地間で定期運航させている(パトリオット・エクスプレス。ただし、ここで用いられる航空機は一般的には連絡機の範疇には入らない)。 連絡任務に特に必要となる特殊装備は無いため、連絡任務に当たる機体には小は軽飛行機から、大は輸送機として分類されるべきものまで含まれる。旧式の多座機(練習機など)が使われることも多い。軽飛行機タイプの連絡機では武装できる機体もあり、これらはCOIN機や前線航空管制機として用いられる他、シュトルヒによるグラン・サッソ襲撃やライサンダーによる工作員運搬など特殊作戦に用いられる事もある。 第二次世界大戦終結以前は、前線や航空基地以外との連絡任務に当たる場合にはSTOL性能が必須となるため、高揚力装置などに特徴的な装備を持った機体が存在したが、その任務は現在ではヘリコプターに取って代わられている(ベル206など)。 今日、練習機等の他機種の流用でなく「連絡機」として分類されるのは、その高速性、一定数以上の乗客が搭乗可能などの理由からいわゆるビジネス機であることが多い。同一機から救難、飛行点検などを任務とするタイプが派生することも多く、その場合は全体を包括して「汎用機」「雑用機」と称されることもある。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と連絡機 · 続きを見る »

降着装置

ボーイング747の右胴体主脚 降着装置(こうちゃくそうち)とは、航空機の機体を地上で支持する機構で、そのうち特に着陸の際の衝撃などを受けられるものを指す水上機には地上では機体を支持するが、着陸には使えない降着装置もある。。着陸装置、ランディングギア (Landing gear)、アンダーキャリッジ (undercarriage)、着陸脚ともいう。 通常は車輪と緩衝装置から構成されるが、水上用にフロート、雪上用のスキー、艦載機ではアレスティング・フック、ヘリコプターではスキッド(後述)を備えることもある。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と降着装置 · 続きを見る »

Fi 97 (航空機)

フィーゼラー Fi 97(Fieseler Fi 97)は、フィーゼラー社で製造された1930年代のドイツの4座単葉のツーリング機、競技機である。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とFi 97 (航空機) · 続きを見る »

PZL 26

PZL 26は、1934年にポーランドのPZLで製造されたスポーツ機である。国防省からの発注により、来るヨーロッパ・ツーリング機選手権1934年度大会用に特別に設計された。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とPZL 26 · 続きを見る »

V型8気筒

V型8気筒(ブイがたはちきとう)は、レシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、直列4シリンダー2組がV字様に配置されている形式を指す。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V8(ブイはち)と略されることが多い。 多気筒レシプロエンジンとして広く用いられるエンジン形式の一つであり、自動車用としては特に大排気量車の多かったアメリカ合衆国で発達してきた。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン双方あるも、現代では大型乗用車用のエンジン形式として普及している。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)とV型8気筒 · 続きを見る »

星型エンジン

5気筒星型エンジンの動作 航空機の機首に装備された星型エンジン 星型エンジン(ほしがたエンジン)とは、シリンダーを放射状に配列したレシプロエンジン。20世紀半ばまで航空発動機はガソリンエンジンが中心で、その中で空冷星型の気筒配列が最も多く採用された。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と星型エンジン · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と1930年代 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: Kl 36 (航空機)と1934年 · 続きを見る »

8月

8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦で年の第8の月に当たり、31日ある。 日本では、旧暦8月を葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても用いる。葉月の由来は諸説ある。木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名である。他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」の別名もある。 英語名 August は、ローマ皇帝アウグストゥスに由来する。アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている(詳細はユリウス暦を参照)。.

新しい!!: Kl 36 (航空機)と8月 · 続きを見る »

9月

9月(くがつ)はグレゴリオ暦で年の第9の月にあたり、30日ある。 日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もある。 9月はその年の12月と同じ曜日で始まるのと同じである。 英語での月名 September は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しているのに不一致が生じているのは、紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていた慣例を1月に変更したにもかかわらず、名称を変えなかった為であり、7月と8月にローマ皇帝の名が入ってずれたというのは俗説である。これは7月がガイウス・ユリウス・カエサルによって「Julius」に改める以前は「Quintilis」といい、これがラテン語で「第5の」という意味の「quintus」の語に由来していて、既にずれが発生していたことからもわかる。 日本の学校年度や会計年度は大半が4月始まりであるが、世界に目を向けると9月を採用している国が多い。(アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ、中華人民共和国など).

新しい!!: Kl 36 (航空機)と9月 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »