ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

J Sharp

索引 J Sharp

J#は、サンマイクロシステムズのJavaやマイクロソフトのJ++といった言語向けに開発された既存のアプリケーションやノウハウをマイクロソフトの.NET Framework上に移植するためのプログラミング言語である。J#ではJavaのバイトコードを処理の対象にすることができる。つまり、サードパーティ製ライブラリのソースコードが入手できなかったとしてもそれらを利用可能である。J#は、インドのHITEC市にあるマイクロソフトインド開発局で開発された。.

22 関係: 中間言語マイクロソフトバイトコードプログラミング言語アプレットインドサン・マイクロシステムズ商品ライフサイクルマネジメント共通中間言語共通言語ランタイムC SharpIKVM.NETJavaJava Native InterfaceJava Remote Method InvocationJavaバイトコードMicrosoft Visual Basic .NETMicrosoft Visual J++Microsoft Visual StudioMicrosoft WindowsP/Invoke.NET Framework

中間言語

中間言語(Pivot language)は、任意の言語を異なる任意の言語へ翻訳する際に利用する中間的な人工言語もしくは自然言語である。.

新しい!!: J Sharpと中間言語 · 続きを見る »

マイクロソフト

マイクロソフト()は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。.

新しい!!: J Sharpとマイクロソフト · 続きを見る »

バイトコード

バイトコード (bytecode) は、仮想マシンによる実行のために設計された、実行可能なプログラムのバイナリ表現である。ソフトウェアによって処理されるため、大抵は実機の機械語より抽象度の高い中間コードになっている。プログラミング言語の実装において、特定のハードウェアへの依存度を下げ、またインタプリタの実装を容易にするために用いられる。コンパイラの中間コードとして用いられることもある。 バイトコードという名前は命令の構成がバイト指向であること、すなわち命令長がバイト可変長であったり、命令中のフィールドの区切りがバイト区切りに合っているといったことから来ている。特にJavaの場合オペコードが1バイトである。しかし、仮想マシンの機械語をバイトコードと呼ぶことがJavaで広く一般的になったことから、前述のようなバイト指向でなくともバイトコードと呼んでいることも多い。バイト単位でなくビット単位の場合は、ビットコードとも呼ばれる。ワード指向のためにワードコードという語を使っている例も見られる。 バイトコードで記述されたプログラムは通常、バイトコードインタプリタによって解釈・実行される。バイトコードインタプリタは機械語を解釈・実行するCPUとの類似性からバーチャルマシンとも呼ばれる。.

新しい!!: J Sharpとバイトコード · 続きを見る »

プログラミング言語

プログラミング言語(プログラミングげんご、programming language)とは、コンピュータプログラムを記述するための形式言語である。なお、コンピュータ以外にもプログラマブルなものがあることを考慮するならば、この記事で扱っている内容については、「コンピュータプログラミング言語」(computer programming language)に限定されている。.

新しい!!: J Sharpとプログラミング言語 · 続きを見る »

アプレット

アプレット(applet)とは、他のアプリケーションの中に組み込まれて実行される小さなプログラムとのことである。多くの場合、アプレットを動作させるアプリケーションはWebブラウザである。アプレットという用語はJavaアプレットの略称として用いられることも多い。 他のアプリケーションの上で動くために、同じ機能を実現するのにも、単独のアプリケーションより必要なプログラミング量が減る特徴がある。 アプレット(applet)という言葉は、application (の略称 app ) に縮小辞を付加して造語されたものである。.

新しい!!: J Sharpとアプレット · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: J Sharpとインド · 続きを見る »

サン・マイクロシステムズ

ン・マイクロシステムズ本社 サン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララに本社を置いていたコンピュータの製造・ソフトウェア開発・ITサービス企業である。2010年1月27日にオラクルにより吸収合併され、独立企業・法人としては消滅した。.

新しい!!: J Sharpとサン・マイクロシステムズ · 続きを見る »

商品ライフサイクルマネジメント

プロダクトライフサイクルマネジメント(, PLM)とは、製品/商品のライフサイクルを考慮したマーケティング手法のこと。事業会社において、これを実行する部門が製品戦略部である。 製品のライフサイクルとは、次のように異なる2つの意味を持つ。.

新しい!!: J Sharpと商品ライフサイクルマネジメント · 続きを見る »

共通中間言語

共通中間言語(きょうつうちゅうかんげんご、Common Intermediate Language、略称: CIL("sil" や "kil" と発音される))は、共通言語基盤 (Common Language Infrastructure、CLI) で定義された最も低水準な人間が解読可能なプログラミング言語であり、.NET FrameworkやMonoにより使用される。CLI互換な実行環境をターゲットとしている言語はCILにコンパイルされる。そのCILはバイトコードスタイルフォーマットであるオブジェクトコードにより組み立てられている。CILはオブジェクト指向なアセンブリ言語であり、完全なスタックベースである。そのバイトコードはネイティブコードに翻訳されるか、仮想機械により実行される。.NET言語がベータリリースである間、CILはMicrosoft Intermediate Language (MSIL) と呼ばれていた。C#およびCLIの標準化により、現在ではバイトコードは公式にCILと呼ばれる。.

新しい!!: J Sharpと共通中間言語 · 続きを見る »

共通言語ランタイム

CLRの動作イメージ。バイトコードを機械語に変換、実行する。 共通言語ランタイム (Common Language Runtime, CLR) とは、.NET Frameworkアプリケーションを実行するための仮想機械で、共通言語基盤 (CLI) のマイクロソフト自身による実装。.NET Framework 4.x で使用されている CLR は Windows 上のみで動作する。.NET Core 5 はMITライセンスのオープンソースになり、CoreCLRはWindows、macOS、Linux、FreeBSD で動作する。 CLRは、共通中間言語 (CIL) と呼ばれる、プログラミング言語や環境に依存しない中間言語を解釈する。CILは実行時にJITコンパイラによって機械語に変換され、実行される。.NET Framework 4.6 では64ビット版は RyuJIT という名称のJITコンパイラが搭載された。 そのほかのCLRの役割・機能には、メモリ管理(ガベージコレクション)、型とアセンブリの管理、スレッド管理、例外処理、セキュリティがある。.

新しい!!: J Sharpと共通言語ランタイム · 続きを見る »

C Sharp

C#(シーシャープ)は、アンダース・ヘルスバーグが設計(デザイン)したプログラミング言語であり、構文(syntax)は(名前にもある通り)C言語や、C言語風に構文が設計されたC++やJavaなどの影響があるが、構文以外についてはヘルスバーグが以前の所属であるBorlandで設計したDelphiからの影響がある。 Microsoftによる謳い文句としては、マルチパラダイムプログラミング言語、強い型付け、命令型、宣言型、手続き型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向の要素を持つ、などといった点が強調されている。 CLIといった周辺も含め、Microsoftのフレームワーク「.NET Framework」の一部である他、VJ++で「非互換なJava」をJavaに持ち込もうとしたような以前のMicrosoftとは異なり、その多くの仕様を積極的に公開し標準化機構に託して自由な利用を許す(ECMA-334、ISO/IEC 23270:2003、JIS X 3015)など、同社の姿勢の変化があらわれている一面でもある(実際に「Mono」という、フリーソフトウェアの定義に合致したライセンスの、コミュニティによる実装がある)。.

新しい!!: J SharpとC Sharp · 続きを見る »

IKVM.NET

IKVM.NETとは、オープンソースにより開発が行われているMono及び.NET Framework上で実装された、Java仮想マシンを含むJavaの実装である。 また、Java仮想マシンの実装の他にも、独自のJavaクラスライブラリの実装や、JARファイルをDLLファイルに変換するツールなど、Javaと.NETの相互運用のための各種ツール群を含む。 過去にマイクロソフト社が提供していたJ#の様なJava類似言語ではなく、OpenJDKをベースとした純粋なJava仮想マシンが.NETの仮想マシンである共通言語ランタイム上で動作する。 他実装と比べ2重の仮想化が行われるため速度面では不利ではあるが、.NET上からJavaの各種ライブラリ等をプログラミング言語レベルで一切意識せずに利用できる。.

新しい!!: J SharpとIKVM.NET · 続きを見る »

Java

Java(ジャバ)は、狭義ではプログラミング言語Javaを指す。広義では言語仕様以外にも、仕様が与えられているJavaクラスライブラリやJava仮想マシン、さらにはJDKやJREなどの公式のものをはじめとする、場合によってはサードパーティのものなどを含め曖昧にJavaプラットフォームと総称されるようなものなどのエコシステムなどを指すこともある。構文についてはJavaの文法の記事を参照。.

新しい!!: J SharpとJava · 続きを見る »

Java Native Interface

Java Native Interface (JNI) は、Javaプラットフォームにおいて、Javaで記述されたプログラムと、他の言語(たとえばCやC++など)で書かれた、実際のCPUの上で動作するコード(ネイティブコード)とを連携するためのインタフェース仕様である。Java言語からネイティブコードを利用するためのABIと、逆にネイティブコードからJavaバイトコードを動作させるためのバーチャルマシンを利用するためのAPIの2つから成る。 JNIを使うことで、Java言語のバーチャルマシンで動作させるには処理速度の面で不利とされる計算量の多いプログラムを部分的にネイティブコードに置き換えて高速化したり、標準クラスライブラリからはアクセスできないオペレーティングシステムの機能を利用するプログラムを、あたかも通常のJavaクラスのように呼び出したりできるようになる。Java言語以外のJava VM上で動作する言語からも利用可能である。 JNIによる、Javaバーチャルマシンからネイティブコードの呼び出しは、バーチャルマシンの実行環境の一貫性を保つために、通常のJavaプログラムの実行時とは異なる例外的なメモリ管理や排他制御を必要とする場合があり、しばしばプログラムの実行速度の低下を招くことがある。そのため、単純にJNIを利用することでアプリケーション性能を改善できるというわけではない。.

新しい!!: J SharpとJava Native Interface · 続きを見る »

Java Remote Method Invocation

Java Remote Method Invocation API (Java RMI) は、Javaで書かれたプログラム間のORB(オブジェクトリクエストブローカー) であり、RPCのオブジェクトに相当する機能を果たすためのJavaアプリケーションプログラミングインタフェース。.

新しい!!: J SharpとJava Remote Method Invocation · 続きを見る »

Javaバイトコード

Javaバイトコードは、Java仮想マシンが実行する命令形式である。各バイトコードのオペコードは長さが1バイトであるが、引数を持つものもあるため、結果として複数バイトの命令となる。256個のオペコードの全てが使われているのではなく、51個が将来のために予約されている。その他について、Javaプラットフォームの開発元であるサン・マイクロシステムズは、3つのコードを永久に実装しないままにした。.

新しい!!: J SharpとJavaバイトコード · 続きを見る »

Microsoft Visual Basic .NET

Visual Basic.NET (ヴィジュアル ベーシック ドットネット)はマイクロソフトが開発したプログラミング言語およびその処理系。VB.NETと略されて呼ばれることが多い。.NETに対応していない旧来のMicrosoft Visual Basic(バージョン6.0まで、VB6)の後継である。 なおVisual Studio 2005以降では、「Visual Basic.NET」や「VB.NET」という呼称ではなく、従来のように「Visual Basic」という呼称が用いられるようになっているが、6.0以前との互換性はなく、また.NETベースであることには変わりない。.

新しい!!: J SharpとMicrosoft Visual Basic .NET · 続きを見る »

Microsoft Visual J++

Visual J++はマイクロソフトが販売していたJavaの統合開発環境。Visual Studio 6.0以前に含まれていた。Visual Studio.NET以降はMicrosoft Visual J#に移行した。.

新しい!!: J SharpとMicrosoft Visual J++ · 続きを見る »

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual Studio(マイクロソフト ビジュアル スタジオ)はマイクロソフトのソフトウェア開発製品群およびそれらを管理する統合開発環境である。.

新しい!!: J SharpとMicrosoft Visual Studio · 続きを見る »

Microsoft Windows

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群。グラフィカルユーザインタフェース (GUI)を採用している。.

新しい!!: J SharpとMicrosoft Windows · 続きを見る »

P/Invoke

P/Invoke(Platform Invoke、プラットフォーム呼び出し)とは、.NET Frameworkにおける共通言語基盤 (CLI) の機能の一つであり、マネージコードから動的ライブラリ内のネイティブコードを呼び出すことを可能にするものである。受け渡しされるデータ型は、必要であればCLIによって適切に変換されるが、メタデータによってプログラマーが変換方法を指定することもできる。こうしたデータの変換をマーシャリングという。.

新しい!!: J SharpとP/Invoke · 続きを見る »

.NET Framework

Microsoft.NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)は、マイクロソフトが開発したアプリケーション開発・実行環境である。 Windowsアプリケーションだけでなく、XML WebサービスやウェブアプリケーションなどWebベースのアプリケーションなども包括した環境となっている。一般に.NETという場合、.NET全体の環境を指す。.

新しい!!: J Sharpと.NET Framework · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

J#

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »