ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

IPhone X

索引 IPhone X

iPhone X(アイフォーン テン)は、アップルが開発・販売しているスマートフォンである。.

38 関係: AirPowerApple A11マルチコアマイナビ出版リチウムイオン二次電池ワイヤレス電力伝送アメリカ合衆国アップルアップル (企業)アニ文字カリフォルニア州ギガバイトクパチーノ (カリフォルニア州)CDMA2000CDMA2000 1xCPU顔認識システム電気機械器具の外郭による保護等級Face IDGSMHSPAIPhoneIPhone 6sIPhone 6s PlusIPhone 7IPhone 7 PlusIPhone 8IPhone 8 PlusLong Term EvolutionMac FanQIQi (ワイヤレス給電)Random Access MemoryTouch ID感圧タッチ10月27日2017年9月12日

AirPower

AirPower(エアーパワー)は、アップルが開発・2018年に発売予定のワイヤレス充電機器である。.

新しい!!: IPhone XとAirPower · 続きを見る »

Apple A11

Apple A11 Bionicはアップルが設計した64ビット SoCである 。 2017年9月12日 (現地時間) に発表されたiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xに搭載されている。 A11チップのCPUは、2つの高性能コアと4つの高効率コアで構成され、高性能コアはA10の最大1.3倍の速さで動作し、高効率コアはA10の1.7倍、独自設計によるGPUはA10の最大1.3倍の速さで動作するとしている。.

新しい!!: IPhone XとApple A11 · 続きを見る »

マルチコア

マルチコア (Multiple core, Multi-core) は、1つのプロセッサ・パッケージ内に複数のプロセッサ・コアを搭載する技術であり、マルチプロセッシングの一形態である。 外見的には1つのプロセッサでありながら論理的には複数のプロセッサとして認識されるため、同じコア数のマルチプロセッサと比較して実装面積としては省スペースであり、プロセッサコア間の通信を高速化することも可能である。主に並列処理を行わせる環境下では、プロセッサ・チップ全体での処理能力を上げ性能向上を果たすために行われる。このプロセッサ・パッケージ内のプロセッサ・コアが2つであればデュアルコア (Dual-core)、4つであればクアッドコア (Quad-core)、6つであればヘキサコア (Hexa-core)、8つは伝統的にインテルではオクタルコア (Octal-core) 、AMDではオクタコア (Octa-core)と呼ばれるほか、オクトコア (Octo-core) とも呼ばれる。さらに高性能な専用プロセッサの中には十個以上ものコアを持つものがあり、メニーコア (Many-core) と呼ばれる。 なお、従来の1つのコアを持つプロセッサはマルチコアに対してシングルコア (Single-core) とも呼ばれる。 レベル1キャッシュが2つあり、レベル2キャッシュは2つのコアと共有される。.

新しい!!: IPhone Xとマルチコア · 続きを見る »

マイナビ出版

株式会社マイナビ出版(マイナビしゅっぱん、Mynavi Publishing Corporation)は、日本の出版社。コンピュータゲームの製作・発売も行っている。2015年10月1日、マイナビの出版部門を分社して設立された。.

新しい!!: IPhone Xとマイナビ出版 · 続きを見る »

リチウムイオン二次電池

封口前の円筒形リチウムイオン電池 (18650) 東芝Dynabookのリチウムイオンポリマー二次電池パック リサイクル法による) リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、lithium-ion rechargeable battery)は、正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで充電や放電を行う二次電池である。正極、負極、電解質それぞれの材料は用途やメーカーによって様々であるが、代表的な構成は、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に炭素材料、電解質に有機溶媒などの非水電解質を用いる。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言う。リチウムイオン二次電池という命名はソニー・エナジー・デバイスによる。 なお、似た名前の電池には以下のようなものがある。.

新しい!!: IPhone Xとリチウムイオン二次電池 · 続きを見る »

ワイヤレス電力伝送

ワイヤレス電力伝送(わいやれすでんりょくでんそう、、)は、コードレス電話、電気シェーバー、電動歯ブラシなどに使用されており、金属接点やコネクタなどを介さずに電力を伝送すること、およびその技術である。ワイヤレス給電、ワイヤレス充電、非接触電力伝送などとも呼ばれる。二次電池を内蔵した機器に電力を送る場合、非接触充電(inductive charging)などと呼ばれる。 このうち電磁誘導を利用した技術は電磁気学の相互誘導作用を基本としながら、これに高度共振()の概念を導入している。.

新しい!!: IPhone Xとワイヤレス電力伝送 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: IPhone Xとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アップル

アップル (apple) は、英語でリンゴ(林檎)のこと。.

新しい!!: IPhone Xとアップル · 続きを見る »

アップル (企業)

アップル()は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。.

新しい!!: IPhone Xとアップル (企業) · 続きを見る »

アニ文字

アニ文字とは、Apple社の最新スマートフォンであるiPhon e Xで初めて搭載された機能である。 TrueDepthカメラの顔認識の技術を活用して、自分の表情と音声をブタ・パンダ・ネコ・イヌ・ロボットなど16種類に置き換えて表現することができる。 最長で10秒間録画でき、iMessageで使用可能である。2018年3月現在、アニ文字の作成はiPhone Xのみ可能だが、アニ文字の受信や再生、動画の保存はその他のiPhoneでも可能である。。.

新しい!!: IPhone Xとアニ文字 · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: IPhone Xとカリフォルニア州 · 続きを見る »

ギガバイト

バイト (gigabyte) は、情報の大きさを表す単位。GBと略記される。10億7374万1824バイト。 通常の接頭辞ギガは10倍を表すが、情報の分野においては二進接頭辞を用いて2の累乗倍として用いられるため、このギガは2を表す(ただし、明示的に10倍と区別するため、ギビバイト (GiB) も使用される)。また、1ギガバイト.

新しい!!: IPhone Xとギガバイト · 続きを見る »

クパチーノ (カリフォルニア州)

パチーノ (Cupertino) は、サンタクルーズ山地の麓の小丘の中へ広がる一部でサンタクララバレーの西端上にある、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ郡に位置する都市である。 クパチーノ市の東はサンノゼ市、北東はサンタクララ市、北はサニーベール市、北西はロスアルトス市、南はサラトガ市に取り囲まれている。州間高速道路280号線および幹線道路85号線が市内で交差している。 2010年現在の国勢調査で、この都市は総人口58,302人である。現在の市長 (2012年現在) はマーク・サントロ(Mark Santoro) (但し、市長は直接選挙ではなく、任期4年の市議会議員(5人)の中から選ばれ、毎年交代する)。市の名前はカトリックの聖人・クペルティーノのヨセフに由来する。ちなみにクパチーノを「クパティーノ」「キュパティーノ」「キュパーティノ」と表記する文献もある。.

新しい!!: IPhone Xとクパチーノ (カリフォルニア州) · 続きを見る »

CDMA2000

CDMA2000(しーでぃーえむえーにせん)は、Wideband cdmaOneとも呼ばれるFDD-CDMA技術を応用した第3世代移動通信システムの通信方式の一つ。.

新しい!!: IPhone XとCDMA2000 · 続きを見る »

CDMA2000 1x

CDMA2000 1x(シーディーエムエーにせん・ワンエックス)またはCDMA2000 1x RTT(シーディーエムエーにせん・ワンエックス・アールティーティー)は、3GPP2 (Third Generation Partnership Project 2)が制定した、CDMA2000の規格のひとつである。.

新しい!!: IPhone XとCDMA2000 1x · 続きを見る »

CPU

Intel Core 2 Duo E6600) CPU(シーピーユー、Central Processing Unit)、中央処理装置(ちゅうおうしょりそうち)は、コンピュータにおける中心的な処理装置(プロセッサ)。 「CPU」と「プロセッサ」と「マイクロプロセッサ」という語は、ほぼ同義語として使われる場合も多いが、厳密には以下に述べるように若干の範囲の違いがある。大規模集積回路(LSI)の発達により1個ないしごく少数のチップに全機能が集積されたマイクロプロセッサが誕生する以前は、多数の(小規模)集積回路(さらにそれ以前はディスクリート)から成る巨大な電子回路がプロセッサであり、CPUであった。大型汎用機を指す「メインフレーム」という語は、もともとは多数の架(フレーム)から成る大型汎用機システムにおいてCPUの収まる主要部(メイン)、という所から来ている。また、パーソナルコンピュータ全体をシステムとして見た時、例えば電源部が制御用に内蔵するワンチップマイコン(マイクロコントローラ)は、システム全体として見た場合には「CPU」ではない。.

新しい!!: IPhone XとCPU · 続きを見る »

顔認識システム

イスの監視カメラシステム。顔認識機能と自動車の型式、色、ナンバーなどを認識する機能がある。 顔認識システム(かおにんしきシステム、Facial Recognition System)とは、監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別するためのコンピュータ用アプリケーションである。ライブ画像内の顔と思われる部分を抜き出し、顔面画像データベースと照合することで識別を行う。.

新しい!!: IPhone Xと顔認識システム · 続きを見る »

電気機械器具の外郭による保護等級

電気機械器具の外郭による保護等級(JIS C 0920)とは、日本工業規格で規定された防水や防塵の程度についての等級。家電品のカタログや説明書などに「JIS保護等級」と記載される場合、この内の防水に関する等級を指す場合が多い。この等級を製品等に表記するには、規定に従った試験を通過しなければならない。 2003年に行われた改定によって、国際電気標準会議にて標準化されているエンクロージャによる保護等級(Degrees of protection provided by enclosures(IP Code)/IEC 60529)と統一化が図られ、それ以前まで使用されていた保護等級に関しての規定は削除された。ただし、旧規定もIEC規約にのっとって策定されているものであるため、検査手順など細かい点で差異はあるものの大枠では同一のものである。.

新しい!!: IPhone Xと電気機械器具の外郭による保護等級 · 続きを見る »

Face ID

Face ID はアップルが開発した顔認証システム。iPhone Xに初搭載される。2017年9月12日にThe Steve Jobs Theaterで開催されたアップルのスペシャルイベントでフィリップ・シラーとクレイグ・フェデリギにより発表された。.

新しい!!: IPhone XとFace ID · 続きを見る »

GSM

GSM(global system for mobile communications)は、FDD-TDMA方式で実現されている第2世代移動通信システム (2G) 規格である。.

新しい!!: IPhone XとGSM · 続きを見る »

HSPA

HSPA (High Speed Packet Access) は、W-CDMAを拡張した高速パケット通信規格である。第3世代移動通信システム (3G) に対して、第3.5世代移動通信システム (3.5G) と位置づけられている。 下りの高速化をHSDPA (High-Speed Downlink Packet Access)、上りの高速化はHSUPA (High-Speed Uplink Packet Access) または EUL と呼ぶ。また、3GPP (Third Generation Partnership Project) Release 7にて、HSPA Evolution としてさらなる高度化が行われた。.

新しい!!: IPhone XとHSPA · 続きを見る »

IPhone

iPhone(アイフォーン)は、アップル製のスマートフォンである。オリジナルのモデルは2007年1月に、最新モデルのiPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xは2017年9月12日に発表された。.

新しい!!: IPhone XとIPhone · 続きを見る »

IPhone 6s

iPhone 6s(アイフォーン シックスエス)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第9世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 6s · 続きを見る »

IPhone 6s Plus

iPhone 6s Plus(アイフォーン シックスエス プラス)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第9世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 6s Plus · 続きを見る »

IPhone 7

iPhone 7(アイフォーン セブン)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第10世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 7 · 続きを見る »

IPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus(アイフォーン セブンプラス)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第10世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 7 Plus · 続きを見る »

IPhone 8

iPhone 8(アイフォーン エイト)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第11世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 8 · 続きを見る »

IPhone 8 Plus

iPhone 8 Plus(アイフォーン エイト プラス)は、アップルが開発・販売するiPhoneの第11世代目のモデルである。.

新しい!!: IPhone XとIPhone 8 Plus · 続きを見る »

Long Term Evolution

Long Term Evolution (ロング・ターム・エヴォリューション)、略称LTE (エルティーイー) は、携帯電話の通信規格である。.

新しい!!: IPhone XとLong Term Evolution · 続きを見る »

Mac Fan

Mac Fan(マックファン)は、マイナビ出版(旧・毎日コミュニケーションズ→マイナビ)が発行するMacintosh専門誌。一時月2回刊だった時期もあるが、現在は月刊誌。.

新しい!!: IPhone XとMac Fan · 続きを見る »

QI

QI, Qi.

新しい!!: IPhone XとQI · 続きを見る »

Qi (ワイヤレス給電)

製品の例(スマートフォンとその充電台) Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている。名称の由来は中国語の「気」(、、)。 NTTドコモでは、Qi規格に準拠したワイヤレス充電機能をおくだけ充電と称しており、登録商標(第5477771号ほか)を保有している。.

新しい!!: IPhone XとQi (ワイヤレス給電) · 続きを見る »

Random Access Memory

RAMの種類。上からDIP、SIPP、SIMM 30ピン、SIMM 72ピン、DIMM (SDRAM)、DIMM(DDR-SDRAM) Random access memory(ランダムアクセスメモリ、RAM、ラム)とは、コンピュータで使用するメモリの一分類である。本来は、格納されたデータに任意の順序でアクセスできる(ランダムアクセス)メモリといった意味で、かなりの粗粒度で「端から順番に」からしかデータを読み書きできない「シーケンシャルアクセスメモリ」と対比した意味を持つ語であった。しかし本来の意味からズレて、ROM(読み出し専用メモリ)に対して、任意に書き込みできるメモリの意で使われていることが専らである。.

新しい!!: IPhone XとRandom Access Memory · 続きを見る »

Touch ID

iPhone 5sに搭載された、特徴的なホームボタン一体型Touch ID Touch ID(タッチアイディー)は、アップルが開発しリリースした指紋による生体認証機能である。2017年10月現在iPhone Xを除くiPhone 5s以降のiPhone、iPad Air 2およびMacBook Pro以降のアップル製品に標準装備されている。 2015年に、iPhone 6sからより速い第2世代のTouch IDを導入し、その後は2016年にMacBook Proに導入した。 Touch IDにより、ユーザーはデバイスのロックを解除したり、さまざまなアップルのオンラインストア(iTunes Store、App Store、およびiBooks Store)で購入したり、オンラインまたはアプリでApple Payを認証することができる。 この機能の発表時に、指紋情報がApple A7以降のチップ上の安全な領域にローカルに保存され、クラウドには格納されないため外部からのアクセスが非常に困難であるとアナウンスした。.

新しい!!: IPhone XとTouch ID · 続きを見る »

感圧タッチ

感圧タッチ(Force Touch)とは、アップルが販売しているMacBook、MacBook Pro、Magic Trackpad 2やiPhoneシリーズに搭載されている3D Touch(スリーディー タッチ) 、タッチの強さに反応する触覚フィードバックタッチパネルである。 操作する箇所をタッチし、そのまま強く押すと、通常のタッチとは違う動作をする。.

新しい!!: IPhone Xと感圧タッチ · 続きを見る »

10月27日

10月27日(じゅうがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から300日目(閏年では301日目)にあたり、年末まであと65日ある。.

新しい!!: IPhone Xと10月27日 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: IPhone Xと2017年 · 続きを見る »

9月12日

9月12日(くがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から255日目(閏年では256日目)にあたり、年末まであと110日ある。.

新しい!!: IPhone Xと9月12日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »