ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

IEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)は、IEEEにより策定された、広く普及している無線LAN関連規格の一つである。無線局免許不要で使えるものも多い。.

65 関係: Advanced Encryption Standard多元接続変調方式媒体アクセス制御中心周波数帯域幅互換性伝送路チャネルボンディングパーソナルコンピュータビット毎秒データリンク層フレーム (ネットワーク)ファームウェアドングルホワイトスペース (電波)周波数アクセスポイント (無線LAN)アスキー・メディアワークスガードインターバルスペクトラム拡散スペクトル効率スループット免許Counter mode with Cipher-block chaining Message authentication code ProtocolCSMA/CA無線局無線アクセス無線LAN物理層直交周波数分割多重方式直角位相振幅変調ETC高度道路交通システム電子レンジ電波法IEEEIEEE 802IEEE 802.1XImpress WatchISMバンドITmediaMIMOQuality of ServiceTemporal Key Integrity ProtocolWi-FiWired Equivalent Privacy搬送波気象レーダー情報通信研究機構...情報格差日経BP日本日本無線日本語11月1月2002年2005年2007年2008年2011年2012年5月6月 インデックスを展開 (15 もっと) »

Advanced Encryption Standard

Advanced Encryption Standard (AES) は、DESに代わる新しい標準暗号となる共通鍵暗号アルゴリズムである。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の主導により公募され、Rijndael(ラインダール)がAESとして採用された岡本 暗号理論入門 第2版(2002:51-52)。.

新しい!!: IEEE 802.11とAdvanced Encryption Standard · 続きを見る »

多元接続

多元接続(たげんせつぞく: Multiple Access)は、 複数の無線局が、電波帯域を共有して情報を送ることである。 電波帯域の有効活用のため、組み合わせて使用されることが多い。.

新しい!!: IEEE 802.11と多元接続 · 続きを見る »

変調方式

変調方式(へんちょうほうしき)の記事では、電気通信などにおいて「搬送」と呼ばれる通信方式、すなわち、搬送波を媒体としてその振幅や周波数や位相などを変動させる(変調する)ことによる方式における、各種の方式について解説する。 歴史的に先に現れた有線の電信や電話では、当初は、信号電力の断続や、音波をそのまま電気信号としたものを通信していた。 それに対し無線通信では、「搬送波」と呼ばれる基本信号(素朴には正弦波であることを理想とする)の電波を発生し、それを変調することにより「情報を乗せる」必要がある。これは20世紀の始め頃、三極管に始まる各種の増幅作用を持つ真空管の発明により始まった、エレクトロニクスにより実用的に可能になったものである。有線においても同じ頃に、多重化による設備(電話ケーブル)の有効利用などを目的とし、無線と同様にして搬送波を変調する方式の通信が始まった。現代の、媒体として光ケーブルを用いる光通信でも、搬送波が電気信号でなく光になる以外は同様である。 通信以外にも、磁気記録などのような物理メディアの特性が非線形な場合などにも、高周波の変調によって記録する、といった手法は使われる。例えばビデオテープでは5MHz前後のキャリアに周波数変調でNTSCを記録している。 以上のような伝送方式に対して、音声などを原信号のまま(ベースバンドで)伝送する方法をベースバンド伝送と呼んでいる。 またベースバンド伝送の一種として、ディジタル通信では、0と1の列を、どのようなLとHの列による電気信号とするか、という方式が目的などに応じて各種あり、それらを伝送路符号(line code)という。さらにそれをディジタル変調に乗せることもある。.

新しい!!: IEEE 802.11と変調方式 · 続きを見る »

媒体アクセス制御

媒体アクセス制御(英: Medium Access Control、MAC)またはメディアアクセス制御(英: Media Access Control、MAC)とは、IEEE 802においてOSI参照モデルの第2層にあたるデータリンク層の一部(副層)を成す通信プロトコルである。.

新しい!!: IEEE 802.11と媒体アクセス制御 · 続きを見る »

中心周波数

中心周波数(ちゅうしんしゅうはすう、Center frequency) f_0 は、バンドパスフィルタにおいては下側の遮断周波数 f_1 と上側の遮断周波数 f_2 の相加平均または相乗平均として定義される周波数。Q値も参照のこと。スペクトラムアナライザにおける中心周波数は後述する。 数学的には、相乗平均は次のようになる。 また、相加平均は次の通り。 帯域幅 \ f_2 - f_1 が小さければ、これら2つの定義はほぼ等価となる。 一般に、相乗平均による定義はアナログ回路で用いられる。アナログ回路では周波数特性が周波数軸を対数で表したときに対称性が現れるためである。相乗平均による中心周波数はバンドパスフィルタの共振周波数に近くなる。 相加平均による定義はもっと幅広い状況で使われる。例えば、搬送波に変調を行う電気通信では、周波数軸を線形軸としたときに対称性が現れる。.

新しい!!: IEEE 802.11と中心周波数 · 続きを見る »

帯域幅

帯域幅(たいいきはば)または、帯域(たいいき)、周波数帯域(しゅうはすうたいいき)、バンド幅(英: Bandwidth)とは、周波数の範囲を指し、一般にヘルツで示される。帯域幅は、情報理論、電波通信、信号処理、分光法などの分野で重要な概念となっている。 帯域幅と情報伝達における通信路容量とは密接に関連しており、通信路容量のことを指す代名詞のように俗称的にしばしば「帯域幅」の語が使われる。特に何らかの媒体や機器を経由して情報(データ)を転送する際の転送レートを「帯域幅」あるいは「バンド幅」と呼ぶ。.

新しい!!: IEEE 802.11と帯域幅 · 続きを見る »

互換性

互換性(ごかんせい、)とは、ある部品やコンポーネント(構成要素)などを置き換えても同様に動作させることができる性質のこと。 特に工業製品では、互換性を確保することで新たなシステムを用意する必要がなくなり、設計や部品の再利用性が高まることでコストカットを見込めることや、過去の製品からの買い替えなどを進めることができたりする。ただし、古い基準に縛られてしまうために技術革新の妨げとなるという側面もある。互換性を確保するために余計なコストがかかる場合は軽視されることがあるほか、メーカー間の互換性はベンダーロックインを狙うため、あえて削ぐものもある。.

新しい!!: IEEE 802.11と互換性 · 続きを見る »

伝送路

伝送路(でんそうろ)は、情報や電力の伝送のために使用される媒体(メディア)である。配線の一部として用いる場合には伝送線路ともいう。高周波信号を通す伝送線路は導波路とも呼ばれ、特性インピーダンスが規定され厳しく管理される(→伝送線路参照)。通信路(つうしんろ)または伝送路(英: Channel)とは、情報源(送信者)から受信者への情報伝達用媒体を指す。.

新しい!!: IEEE 802.11と伝送路 · 続きを見る »

チャネルボンディング

チャネルボンディング(英: Channel Bonding)とは、一台のコンピュータの複数のネットワークインタフェースを組み合わせて、冗長化またはスループット増強を行うコンピュータネットワークの技法。 イーサネットでのチャネルボンディングでは、ホストコンピュータのオペレーティングシステムとイーサネットのスイッチングハブの両者がそれをサポートしている必要があり、ちょうど RAID のディスクアレイのI/Oが複数のディスク装置に分散されて行われるように、フレームの送受信を複数のインタフェースに分散させるようにしなければならない。このため、チャネルボンディングを RAIN (Redundant Array of Independent Network interfaces) とも呼ぶ。 チャネルボンディングは、POTS におけるダイヤルアップ接続でも行われ、負荷分散によってスループットを増強するのに使われる。 同様に、デジタル加入者線でも高速通信を実現するためにチャネルボンディングを使うことができる。イギリスではADSLのチャネルボンディングが行われる場合があり、単独なら2Mbit/sの地域で、下り4Mbit/sの転送速度(上りは512kbit/s)を実現する。 無線LANでもチャネルボンディングが行われつつある。IEEE 802.11n にはチャネルボンディングが規格として定義されている。.

新しい!!: IEEE 802.11とチャネルボンディング · 続きを見る »

パーソナルコンピュータ

パーソナルコンピュータ(personal computer)とは、個人によって占有されて使用されるコンピュータのことである。 略称はパソコン日本独自の略語である。(著書『インターネットの秘密』より)またはPC(ピーシー)ただし「PC」という略称は、特にPC/AT互換機を指す場合もある。「Mac対PC」のような用法。。.

新しい!!: IEEE 802.11とパーソナルコンピュータ · 続きを見る »

ビット毎秒

ビット毎秒(ビットまいびょう)は、データ転送レート(JISの情報処理用語としてはビット速度、bit rate)の単位である。1秒間にデータ転送路上の仮想の、または物理的な地点を通過した(すなわち転送された)ビット数と定義される。モデムやルータ、シリアルATAやLANケーブルなどのデジタル通信機器で用いられる。bps(ビーピーエス、bit per second、ビットパーセカンド)とも。.

新しい!!: IEEE 802.11とビット毎秒 · 続きを見る »

データリンク層

データリンク層(データリンクそう、あるいは、データリンクレイヤ=Data Link Layer)とは、コンピューターの通信プロトコルのひとつであるデータリンクプロトコルを、プロトコルスタックの階層モデルにおける層(レイヤ)に対応させたものである。.

新しい!!: IEEE 802.11とデータリンク層 · 続きを見る »

フレーム (ネットワーク)

フレーム(frame)とは、コンピュータネットワークや電気通信におけるデジタルデータ転送の構成単位。.

新しい!!: IEEE 802.11とフレーム (ネットワーク) · 続きを見る »

ファームウェア

ファームウェア (firmware) とは、電子機器に組み込まれたコンピュータシステム(ハードウェア)を制御するためのソフトウェアで、ソフトウェアをROM等の集積回路にあらかじめ書き込まれた状態で、機器に組み込んだもの。また、ソフトウェアではなく、プログラマブルロジックデバイスで利用する回路情報も広義のファームウェアと呼ぶことがある。.

新しい!!: IEEE 802.11とファームウェア · 続きを見る »

ドングル

ドングル()は、コンピュータに接続する小さな装置を指す俗語。主にプロプライエタリ・ソフトウェアが正規のライセンスの下に使用されているかをチェック(一種のコピーガードの目的)するために使用されるごく小さなハードウェア(プロテクトドングル)のことを指すが、PS/2コネクタにUSBマウスを接続するために使用される変換コネクタなど、インタフェースの変換を行う小型の装置のこともドングルと呼ぶ。モバイルブロードバンドで使用するUSBモデム端末もドングルと呼ばれる。.

新しい!!: IEEE 802.11とドングル · 続きを見る »

ホワイトスペース (電波)

ホワイトスペースとは、特定の電波利用サービスを目的に特定周波数帯の利用免許が与えられているにもかかわらず、チャンネル間の有害な混信を防ぐために設けられた、能動的に使用されていない周波数領域である。世界的な無線通信の利用増加に伴う帯域の不足から、帯域の有効利用が着目された。.

新しい!!: IEEE 802.11とホワイトスペース (電波) · 続きを見る »

周波数

周波数(しゅうはすう 英:frequency)とは、工学、特に電気工学・電波工学や音響工学などにおいて、電気振動(電磁波や振動電流)などの現象が、単位時間(ヘルツの場合は1秒)当たりに繰り返される回数のことである。.

新しい!!: IEEE 802.11と周波数 · 続きを見る »

アクセスポイント (無線LAN)

無線LANのアクセスポイント アクセスポイント(Wireless LAN access point)とは、ノートパソコン・スマートフォンなどの無線LANクライアント(無線端末)を、相互に接続したり、他のネットワーク(有線LAN等)に接続する無線機の一種。 公衆無線LANサービスをアクセスポイントと呼ぶ場合もあるが、これについては「公衆無線LAN」の記事を参照のこと。.

新しい!!: IEEE 802.11とアクセスポイント (無線LAN) · 続きを見る »

アスキー・メディアワークス

アスキー・メディアワークス(ASCII MEDIA WORKS)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。 2008年(平成20年)4月1日に、サブカルチャー系出版社・ゲームメーカーであるメディアワークスが、IT系出版社のアスキー(新社)を吸収合併し、株式会社アスキー・メディアワークス(ASCII MEDIA WORKS Inc.)として発足した。2013年(平成25年)10月1日にKADOKAWAへ吸収合併され、ブランドカンパニー(社内カンパニー)の一社となったのち、ブランドカンパニーを廃止した2015年4月以降は事業局となり、2018年(平成30年)4月1日に事業局を廃止。.

新しい!!: IEEE 802.11とアスキー・メディアワークス · 続きを見る »

ガードインターバル

電気通信において、ガードインターバル(、GI、ガード区間とも)とは別個の伝送データが前後の時間のデータとお互いに干渉しないことを目的とするために用いる、符号長の付加時間ここでいう「符号」とは、デジタルデータを電気的に伝送するときの電気信号の一状態を意味する。(0)や(1)、または(0010)や(0101)など、1つの符号は1つのデジタル状態をさす。「シンボル」とも呼ばれる。詳しくはデジタル変調を参照。。 例えば電気信号を無線通信など空間を伝搬させて送る場合には、アンテナからアンテナに直接届く信号のほか、建物などにより反射され時間的に遅れて届く信号が生じるマルチパスという現象が発生する。遅れて届いた信号は先に届いた信号と重なることにより、復調器は正確な復調が困難となる符号間干渉という現象を生じる。これを防ぐため、あらかじめマルチパスによる符号間干渉を想定して同じ符号状態を保つガードインターバル時間を付加し、復調は干渉の生じていない時間に行なう。 ガードインターバルとして加える符号の継続時間は、有効符号長時間からの比として示され、「ガードインターバル比」として表現する。ガードインターバルが長くなるほど、より遠くの反射に対応できるが、伝送路効率は悪くなる。たとえば、地上デジタル放送方式であるISDB-TやDVB-Tでは1/32、1/16、1/8、1/4の4種類のガードインターバル比(シンボル期間の分数として与えられる)を利用できる。1/32では伝送効率は最高になるが保護力は最も低い。逆に1/4では伝送効率は最も低いが、保護力は最も高くなる。.

新しい!!: IEEE 802.11とガードインターバル · 続きを見る »

スペクトラム拡散

無線LAN、Bluetoothのスペクトラム拡散 スペクトラム拡散(スペクトラムかくさん、spread spectrum、SS)は、通信の信号を本来よりも広い帯域に拡散して通信する技術。無線通信に多く用いられる。「スペクトル拡散」、「周波数拡散」とも言う。.

新しい!!: IEEE 802.11とスペクトラム拡散 · 続きを見る »

スペクトル効率

ペクトル効率(スペクトルこうりつ、Spectral efficiency、Spectrum efficiency)は、デジタル通信システムで与えられた帯域幅で転送可能な情報の総量を指す。有限の周波数スペクトルを物理層通信プロトコルがどれだけ効率的に使っているかの尺度である。.

新しい!!: IEEE 802.11とスペクトル効率 · 続きを見る »

スループット

ループット()は、一般に単位時間当たりの処理能力のこと。特に.

新しい!!: IEEE 802.11とスループット · 続きを見る »

免許

免許(めんきょ)とは、以下の2つを指す。.

新しい!!: IEEE 802.11と免許 · 続きを見る »

Counter mode with Cipher-block chaining Message authentication code Protocol

Counter mode with Cipher-block chaining Message authentication code Protocol、あるいはCounter mode with CBC-MAC Protocol、あるいはCCMP (CCM Protocol) は、IEEE 802.11で規定される無線LANのための暗号化プロトコルである。CCMPは、CCMモードによるAESに基づいて、データの暗号化を行う。CCMPは、脆弱性が発見され時代遅れとなったWEPの代替を目的として開発された。プロトコル名が長いため、無線LAN機器の設定インターフェイスではプロトコルの「CCMP(WPA2-PSK-CCMPなど)」ではなく暗号化アルゴリズムの「AES(WPA2-PSK-AES、WPA2-PSK (AES) など)」と表記されることも多い。.

新しい!!: IEEE 802.11とCounter mode with Cipher-block chaining Message authentication code Protocol · 続きを見る »

CSMA/CA

CSMA/CAは Carrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance(搬送波感知多重アクセス/衝突回避方式) の略称で、無線LANの通信規格であるIEEE 802.11において、データリンク層の通信プロトコルとして使われている。.

新しい!!: IEEE 802.11とCSMA/CA · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: IEEE 802.11と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: IEEE 802.11と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: IEEE 802.11とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: IEEE 802.11とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: IEEE 802.11と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: IEEE 802.11と新年 · 続きを見る »

無線局

無線局(むせんきょく)は、電波法第2条第5号に「無線設備及び無線設備の操作を行う者の総体をいう。但し、受信のみを目的とするものを含まない。」と定義している。 引用の促音、拗音、送り仮名の表記は原文ママ。「法」は電波法の、「設備規則」は無線設備規則の略。.

新しい!!: IEEE 802.11と無線局 · 続きを見る »

無線アクセス

無線アクセス(むせんアクセス)は信号を伝えるケーブルの代わりに無線(電波)を使うデータ通信サービスの総称。無線アクセスシステム。GHz帯を使うものが多い。 日本国内においては、無線LANとは異なり、無線局免許に基づく基地局からの、比較的高出力の空中線電力により、主に屋外等の比較的広い範囲をカバーするものである。制度的には無線LANの屋外等への利用開放(4.9 - 5.0GHz帯)に関係する物もある。 パソコンやPDA等のインターネット接続に利用されるものが多く、一部は、ブロードバンドインターネット接続が可能なものも出始めている(BWA:Broadband Wireless Access)。.

新しい!!: IEEE 802.11と無線アクセス · 続きを見る »

無線LAN

無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN(, )、もしくはそれを略してとも呼ばれる。著名な無線LANの規格としてIEEE 802.11がある。.

新しい!!: IEEE 802.11と無線LAN · 続きを見る »

物理層

物理層(ぶつりそう、physical layer)は、OSI参照モデルにおける第一層で、伝送媒体(電気信号や光)上にてビット転送を行うための物理コネクションを確立・維持・解放する電気・機械・機能・手続き的な手段を定義する。 具体的にはモデムやDSUの制御を行い、WANやLANなど通信回線を介しビット単位で信号を伝送している。TCP/IPにおけるリンク層に相当する。 この層は技術的な参照モデルの最下層であり、上位層から要求された仕様を満たすような物理現象の存在を要求する。実装可能な物理層の仕様は利用する物理現象により制約される。利用する物理現象の制約を超えた通信を行うことは不可能である。.

新しい!!: IEEE 802.11と物理層 · 続きを見る »

直交周波数分割多重方式

交周波数分割多重方式(ちょっこうしゅうはすうぶんかつたじゅうほうしき、orthogonal frequency-division multiplexing, OFDM)は、デジタル変調の一種である。coded OFDM (COFDM) とは実質的に同一である。フランスの (放送通信研究所、略称:)で、第3世代移動通信システム用に開発されたが、本格的に導入されたのは第3.9世代移動通信システムからである。.

新しい!!: IEEE 802.11と直交周波数分割多重方式 · 続きを見る »

直角位相振幅変調

角位相振幅変調(ちょっかくいそうしんぷくへんちょう、quadrature amplitude modulation: QAM)は、互いに独立な2つの搬送波(すなわち同相(in-phase)搬送波及び直角位相(quadrature)搬送波)の振幅を変更・調整することによってデータを伝達する変調方式である。 これらの2つの搬送波(通常はシヌソイド)は、90°により互いに直角位相関係にある。.

新しい!!: IEEE 802.11と直角位相振幅変調 · 続きを見る »

ETC

御殿場IC第一入口 ETCレーンを知らせる標識(通称「手形標識」) 電子料金収受システム(Electronic Toll Collection System:エレクトロニック・トール・コレクション・システム, 略称)とは、高度道路交通システムのひとつ。有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムである。.

新しい!!: IEEE 802.11とETC · 続きを見る »

高度道路交通システム

度道路交通システム(こうどどうろこうつうシステム、Intelligent Transport Systems、ITS)は、IT (Information Technology) を利用して交通の輸送効率や快適性の向上に寄与する一連のシステム群を指す総称名である。高度交通システム(こうどこうつうシステム)とも。道路交通、鉄道、海運、航空などの交通が対象となる。.

新しい!!: IEEE 802.11と高度道路交通システム · 続きを見る »

電子レンジ

電子レンジ 電子レンジ(でんしレンジ、microwave oven)とは、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを発熱させる調理機器である。 日本における「電子レンジ」という名称は、1961年(昭和36年)12月、急行電車のビュフェ(サハシ153形)で東芝の製品をテスト運用した際に、国鉄の担当者がネーミングしたのが最初とされる。その後市販品にも使われ、一般的な名称となっていった。 英語では microwave oven (マイクロウェーブ・オーブン、直訳すると「マイクロ波オーブン」)で、しばしば microwave と略される。electronic ovenとも呼ばれる。.

新しい!!: IEEE 802.11と電子レンジ · 続きを見る »

電波法

電波法(でんぱほう、昭和25年5月2日法律第131号)は、電波の公平かつ能率的な利用を確保することによって、公共の福祉を増進することを目的とする(第1条)、日本の法律である。.

新しい!!: IEEE 802.11と電波法 · 続きを見る »

IEEE

IEEE(アイ・トリプル・イー、The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)は、アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会である。.

新しい!!: IEEE 802.11とIEEE · 続きを見る »

IEEE 802

IEEE 802 とは、IEEE標準規格のうち、ローカル・エリア・ネットワークなどの規格を定めたものである。1980年2月に活動が開始されたことにより、802委員会と呼ばれるようになった。 より詳細には、IEEE 802標準が扱う範囲は、可変サイズのパケットを伝送するネットワークに限定される(対照的に、セルベース・ネットワークでは、セルと呼ばれる固定長で一様に伝送される。アイソクロナス(等時性)ネットワークは、オクテットやオクテット群を時刻基準通りに伝送する。これらは、IEEE 802規格の範囲にはない)。 IEEE 802のマップでは、OSI参照モデルにおける7層のうち、データリンク層と物理層の二つの下位レイヤに位置するサービス及びプロトコルが指定されている。そして、IEEE 802はOSIのデータリンク層を、二つのサブレイヤ(副層)、LLC (Logical link control)とMACに分割する。このため、構成は次のようになる。.

新しい!!: IEEE 802.11とIEEE 802 · 続きを見る »

IEEE 802.1X

IEEE 802.1Xとは、LAN接続時に使用する認証規格(認証VLAN)である。接続を認めた端末機器以外がコンピュータネットワークに参加しないように認証によって接続を規制する。有線と無線の接続に使用できる検疫ネットワークの中核技術である。 IEEE 802.1Xを使った認証システムは以下のものから構成される。.

新しい!!: IEEE 802.11とIEEE 802.1X · 続きを見る »

Impress Watch

Impress Watch(インプレス ウォッチ)は、株式会社インプレスが運営するIT系総合ニュースサイトである。.

新しい!!: IEEE 802.11とImpress Watch · 続きを見る »

ISMバンド

ISMバンド(アイエスエムバンド)とは、ISM (Industry Science Medical) 周波数帯のことで、そのまま産業科学医療用バンドと言うこともある。 国際電気通信連合 (ITU) により、電波をもっぱら無線通信以外の産業・科学・医療に高周波エネルギー源として利用するために割り当てられた周波数帯である。.

新しい!!: IEEE 802.11とISMバンド · 続きを見る »

ITmedia

ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社(英文名称:ITmedia Inc.)が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス株式会社」の傘下にある。.

新しい!!: IEEE 802.11とITmedia · 続きを見る »

MIMO

SISO, SIMO, MISO, MIMO MIMO (multiple-input and multiple-output、マイモ)とは、無線通信において、送信機と受信機の双方で複数のアンテナを使い、通信品質を向上させることをいう。スマートアンテナ技術の一つ。なお、"input" および "output" との言い方はアンテナを装備した機器を基準とするのではなく、信号を伝送する無線伝送路を基準としている(伝送路から見て入力となる送信側が "input"、伝送路から見て出力となる受信側が "output" となる)。 帯域幅や送信出力を強化しなくともデータのスループットやリンクできる距離を劇的に改善するということで、無線通信業界で注目されているテクノロジーである。周波数帯域の利用効率が高く(帯域幅1ヘルツ当たりのビットレートが高くなる)、リンクの信頼性または多様性を高めている(フェージングを低減)。以上からMIMOは、IEEE 802.11n (Wifi)、4G、3GPP Long Term Evolution、WiMAX、HSPA+といった最近の無線通信規格の重要な一部となっている。.

新しい!!: IEEE 802.11とMIMO · 続きを見る »

Quality of Service

QoS(Quality of Service、クオリティ・オブ・サービス)とは、制御工学やシステム工学の分野で広く使われる用語で、サービスがどれだけニーズに合っているか、ユーザを満足させられるかという尺度を表す。 QoSは一種の評価関数であるため、対象が同じであったとしても、その評価関数を設定した者ごとに値が異なる。 ここでは特に、コンピュータネットワークにおいて重要な通信の品質を確保するために、ルーターやレイヤー3スイッチに実装される技術のひとつとしてのQoSについて説明する。サービス品質とも呼ばれる日経NETWORK 2004年1月号 「特集2 QoS」p84-p85日経NETWORK 2007年8月号 「特集2 通信品質」p74-p75。LANスイッチ(レイヤー2スイッチ)も同様の機能を備えている。.

新しい!!: IEEE 802.11とQuality of Service · 続きを見る »

Temporal Key Integrity Protocol

Temporal Key Integrity Protocol、略称TKIP(ティーキップ)は、IEEE 802.11 無線ネットワーク規格で使われているセキュリティプロトコル。.

新しい!!: IEEE 802.11とTemporal Key Integrity Protocol · 続きを見る »

Wi-Fi

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Alliance(アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。.

新しい!!: IEEE 802.11とWi-Fi · 続きを見る »

Wired Equivalent Privacy

Wired Equivalent Privacy(直訳すると有線同等機密、通称WEP)は、IEEE 802.11無線ネットワークのセキュリティのためのアルゴリズム。1997年に登場したとき、WEPは従来からある有線LAN並みの機密性を提供するものと期待されていたが、後に容易に解読できることが判明したため廃れた。.

新しい!!: IEEE 802.11とWired Equivalent Privacy · 続きを見る »

搬送波

搬送波(はんそうは、carrier wave)とは、情報(信号)を搬送する(送る)ための波(波動)のこと。「wave」を略して「carrier キャリア」と呼ばれることもある。 電波、光(や音)といった波動に変調をかけることで信号(情報)を乗せる技術があり、その方式で通信する時に用いている波動のことを「carrier wave 搬送波」と呼ぶのである。 搬送波を変調することにより映像、音響、データ等の情報をのせる。あとは、無線であれ有線であれ、どんな経路でもよいからその搬送波を送れば、結果としてそこに含まれる信号(情報)も、一緒に送り届けることができる。 受信した側は、その波動を復調すれば、そこに含まれる信号(情報)を取り出すことができる。 情報を送る方法はいくつかあり、情報を加工せずにそのまま送るという方法(たとえば、2本の電線を引き、スイッチのOn/Offによる電圧の変化で 遠方に信号(情報)を伝えるようなモールス通信など)もあるが(そのほうが、原始的・単純であり、まず先にその方式が発明されたが)、その後、変調・復調を行う方式(=搬送波を用いる方式)が発明された。 それを、一般に「搬送通信」「多重搬送通信」という。 (搬送通信を行うための回路は若干複雑になりはするが) 搬送波を使ったほうが効率的に情報を送ることができることや、多重化(周波数分割多重)できるので、搬送波を利用することが一般的になった。.

新しい!!: IEEE 802.11と搬送波 · 続きを見る »

気象レーダー

気象レーダー。オーストラリア、ノーザンテリトリー・ダーウィンにあるオーストラリア気象局のベリマーレーダー 気象レーダー(きしょうレーダー)は、気象状況を観測するためのレーダーである。アンテナから電磁波を放射し、反射して返ってくる電磁波を分析することで、雨や雪の位置と密度、風速や風向などを観測している。レーダーの種類にはいくつかあり、それぞれ観測できるものが異なる。 気象学においては、気象現象の観測に重要な役割を果たす機器であり、1950年代から普及し始めた。工学においては、リモートセンシング技術の1つに位置づけられる。.

新しい!!: IEEE 802.11と気象レーダー · 続きを見る »

情報通信研究機構

国立研究開発法人情報通信研究機構(じょうほうつうしんけんきゅうきこう、National Institute of Information and Communications Technology; NICT)は、総務省所管の国立研究開発法人。本部は東京都小金井市(敷地は小平市にもまたがる)。 情報通信研究機構は、情報の電磁的流通及び電波の利用に関する技術の研究及び開発、高度通信・放送研究開発を行う者に対する支援、通信・放送事業分野に属する事業の振興等を総合的に行うことにより、情報の電磁的方式による適正かつ円滑な流通の確保及び増進並びに電波の公平かつ能率的な利用の確保及び増進に資することを目的とする。(国立研究開発法人情報通信研究機構法第4条) 情報通信技術の研究開発や、情報通信分野の事業支援等を総合的に行うことを目的とし、全国8か所の研究拠点、2か所の標準電波送信所をもつ。.

新しい!!: IEEE 802.11と情報通信研究機構 · 続きを見る »

情報格差

情報格差(じょうほうかくさ)またはデジタル・ディバイド(digital divide)とは、インターネット等の情報通信技術(ICT)を利用できる者と利用できない者との間にもたらされる格差のこと。国内の都市と地方などの地域間の格差を指す地域間デジタル・ディバイド、身体的・社会的条件から情報通信技術(ICT) を使いこなせる者と使いこなせない者の間に生じる格差を指す個人間・集団間デジタル・ディバイド、インターネット等の利用可能性から国際間に生じる国際間デジタル・ディバイドがある。特に情報技術を使えていない、あるいは取り入れられる情報量が少ない人々または放送・通信のサービスを(都市部と同水準で)受けられない地域・集団を指して情報弱者と呼ぶ場合もある。 本記事では、情報格差およびデジタル・ディバイドについて述べるものとする。実際の用例ではデジタル・デバイドと同義で使われる場合や、企業と消費者の情報量の差(情報の非対称性)として使われたりする。したがって、特に断り書きがない限りは両者を峻別せずに記載するものとする。.

新しい!!: IEEE 802.11と情報格差 · 続きを見る »

日経BP

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。.

新しい!!: IEEE 802.11と日経BP · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: IEEE 802.11と日本 · 続きを見る »

日本無線

日本無線株式会社(にほんむせん、、略称:JRC)は、東京都中野区に本社を置く老舗の大手通信メーカであり、日本最大手の無線通信メーカである。 日清紡ホールディングスの中核であるエレクトロニクス部門に属する。産業用および公共用無線通信システムを製造・販売しており、主要営業品目は、通信機器・海上機器・システム機器に大別される。.

新しい!!: IEEE 802.11と日本無線 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: IEEE 802.11と日本語 · 続きを見る »

11月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より11月 11月(じゅういちがつ)はグレゴリオ暦で年の第11の月に当たり、30日間ある。 日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。 英語での月名 November は、「9番目の月」の意味で、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来している。実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で、(そのため年末の2月は日数が少ない)3月から数えて9番目という意味である。.

新しい!!: IEEE 802.11と11月 · 続きを見る »

1月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より1月 1月(いちがつ)はグレゴリオ暦で年の第1の月に当たり、31日ある。 日本では旧暦1月を睦月(むつき)と呼び、現在では新暦1月の別名としても用いる。睦月という名前の由来には諸説ある。最も有力なのは、親族一同集って宴をする「睦び月(むつびつき)」の意であるとするものである。他に、「元つ月(もとつつき)」「萌月(もゆつき)」「生月(うむつき)」などの説がある。 1月はその年の10月と同じ曜日で始まるのと同じである。平年の場合。 英語の January は、ローマ神話の出入り口とドアの神ヤヌスにちなむ。年の入り口にあたることから、ヤヌスの月となった。.

新しい!!: IEEE 802.11と1月 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2002年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2005年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2008年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2012年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: IEEE 802.11と2019年 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。.

新しい!!: IEEE 802.11と5月 · 続きを見る »

6月

6月(ろくがつ)はグレゴリオ暦で年の第6の月に当たり、30日ある。 梅雨の季節である。.

新しい!!: IEEE 802.11と6月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

802.11IEEE 802.11aIEEE 802.11acIEEE 802.11adIEEE 802.11bIEEE 802.11b-1999IEEE 802.11gIEEE 802.11g-2003IEEE 802.11iIEEE 802.11jIEEE 802.11nIEEE 802.11n-2009IEEE 802.11pIEEE802.11IEEE802.11aIEEE802.11bIEEE802.11gIEEE802.11jIEEE802.11n

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »