ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

EBITDA

索引 EBITDA

EBITDAは、財務分析上の概念の一つ。税引前利益に、特別損益、支払利息、および減価償却費を加算した値である。損益計算書上に表示される会計上の利益ではない。2000年前後には財務指標として広く利用されていたが、2002年のワールドコム破綻の際に、指標としての欠点が問題となった。.

34 関係: のれん (会計)収益性分析売上高多国籍企業上場企業会計改革および投資家保護法会計基準企業価値リースワールドコム利子利益アメリカ合衆国インターネット・バブルエンロンキャッシュ・フローキャッシュ・フロー経営光ファイバー固定資産頭字語設備投資証券取引委員会財務分析販売費及び一般管理費電気通信事業通信事業者M&A損益計算書株価法人税減価償却減損会計新興国2002年2003年

のれん (会計)

のれん()とは、企業の買収・合併(M&A)の際に発生する、「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」との差額のことである。(連結会計にあっては投資価額と被投資企業時価評価純資産のうち持分相当の差額).

新しい!!: EBITDAとのれん (会計) · 続きを見る »

収益性分析

収益性分析(しゅうえきせいぶんせき)は、財務分析の分野の一つ。企業がどれほどの利益を獲得しているかを分析するものである。.

新しい!!: EBITDAと収益性分析 · 続きを見る »

売上高

本記事では売上(うりあげ)および売上高(うりあげだか)について解説する。.

新しい!!: EBITDAと売上高 · 続きを見る »

多国籍企業

多国籍企業(たこくせききぎょう、英語: multinational corporation, MNC)とは、活動拠点を一つの国家だけに限らず複数の国にわたって世界的に活動している大規模な企業のことである。.

新しい!!: EBITDAと多国籍企業 · 続きを見る »

上場企業会計改革および投資家保護法

上場企業会計改革および投資家保護法(Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002:サーベンス・オクスリー法、企業改革法、SOX法)は、2002年7月に第26代アメリカ証券取引委員会 (SEC) 委員長であるハーヴェイ・ピットのもとで成立したアメリカ合衆国の連邦法。エンロン事件やワールドコム事件などで問題になった粉飾決算に対処し、企業会計・財務諸表の信頼性を向上させるために制定された。法案を提出した上院議員ポール・サーベンス(Paul Sarbanes)と下院議員マイケル・G・オクスリー(Michael G. Oxley)の名前から、サーベンス・オクスリー法(略称SOX法)と呼ばれる。日本では企業改革法とも意訳されている。.

新しい!!: EBITDAと上場企業会計改革および投資家保護法 · 続きを見る »

会計基準

会計基準(かいけいきじゅん)とは、主に財務会計における財務諸表の作成に関するルールをいう。.

新しい!!: EBITDAと会計基準 · 続きを見る »

企業価値

企業価値(きぎょうかち、又は事業価値、エンタープライズ・バリュー)とは、企業が持つ有機的一体としての事業の価値を金額で表したものをいう。法人の事業実体がつかみにくく、かつ、営む事業の特性に応じた評価が必要となることから、企業価値を一義的に決めることは非常に難しい。なお、一般的に企業価値の計算アプローチ手法としては過年度の蓄積を基礎とするコスト・アプローチ(清算価値法、修正簿価純資産法など)、将来の収益性を基礎とするインカム・アプローチ(収益還元法、ディスカウント・キャッシュ・フロー法など)、実際の売買市場で成立している類似企業の株価を基礎とするマーケット・アプローチ(類似業種比準法、マルチプル法など)の3種類が挙げられる。 通常、企業価値の算定に際しては、これら3種類のアプローチに基づく評価のいずれか、または、複数の評価手法をブレンドして企業価値を算定することが一般的とされる。.

新しい!!: EBITDAと企業価値 · 続きを見る »

リース

リース(lease)とは、リース会社が、企業などが選択した機械設備等を購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引をいう。リース対象物件は中古・新品を問わないが、多くの場合新品物件をリース会社が借手企業の代わりに購入した後、貸し出す。物品の所有権はリース会社にあるが、企業は自社で購入した場合とほぼ同様にして物件を使用できる為、日本を含め世界中で設備投資の手段として広く普及している。.

新しい!!: EBITDAとリース · 続きを見る »

ワールドコム

ワールドコム(Worldcom)は、アメリカ合衆国にあった大手電気通信事業者である。2002年7月21日にニューヨーク連邦倒産裁判所に対して、連邦倒産法第11章(日本の会社更生法に相当する)適用を申請した。負債総額は410億ドル(約4兆7000億円)、資産総額は連結ベースで1070億ドル(約12兆4000億円)にのぼり、2001年12月2日に破綻したエンロンを大きく超え、2008年に経営破綻した投資銀行のリーマン・ブラザーズに抜かれるまで、アメリカ合衆国史上最大の経営破綻だった。.

新しい!!: EBITDAとワールドコム · 続きを見る »

利子

利子(りし、interest)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。 利息(りそく)と利子は通常同じ意味で使われるが、借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。また、銀行預金では利息と呼ぶ(ゆうちょ銀行では利子と呼ぶ)。法律用語としては利息を用いるのが通常である。 米の貸し借りの対価として支払われる「利子米(利米)」のように利子は金銭以外で支払われる場合もある。このような実物を対価とする利子を実物利子、金銭を対価とする利子を貨幣利子あるいは金利と呼ぶ。.

新しい!!: EBITDAと利子 · 続きを見る »

利益

利益(りえき)とは、以下の2つの意味がある。.

新しい!!: EBITDAと利益 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: EBITDAとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

インターネット・バブル

インターネット・バブル(Internet Bubble)とは、1990年代末期から2000年代初期にかけて、アメリカ合衆国の市場を中心に起った、インターネット関連企業の実需投資や株式投資の異常な高潮である。ITバブルとも呼ばれるが、英語では「(ドットコム・バブル)」と言う。 「ドットコム会社」と呼ばれる多くのIT関連ベンチャーが設立され、1999年から2000年までの足掛け2年間に亘って株価が異常に上昇したが、2001年にはバブルは弾けた。 日本では、1999年2月から2000年11月までの景気拡張期を、景気の名称(通称)で、「ITバブル」の他に、「IT景気」や「ITブーム」などと呼ばれる。また、2000年12月から2002年1月までの、ITバブル崩壊による景気後退期を景気の名称で、「IT不況」や、「第3次平成不況」、「デフレ不況」などと呼ばれる。.

新しい!!: EBITDAとインターネット・バブル · 続きを見る »

エンロン

ンロン(Enron Corp. 2007年3月に に改称)とは、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに存在した、総合エネルギー取引とITビジネスを行っていた企業である。 2000年度年間売上高1,110億ドル(全米第7位)、2001年の社員数21,000名という、全米でも有数の大企業であった。しかし、巨額の不正経理・不正取引による粉飾決算が明るみに出て、2001年12月に破綻に追い込まれた(エンロンショック)。破綻時の負債総額は諸説あるが少なくとも310億ドル、簿外債務を含めると400億ドルを超えていたのではないかとも言われている。2002年7月のワールドコム破綻まではアメリカ史上最大の企業破綻であった。.

新しい!!: EBITDAとエンロン · 続きを見る »

キャッシュ・フロー

ャッシュ・フロー(cash flow、現金流量)とは、現金の流れを意味し、主に、企業活動や財務活動によって実際に得られた収入から、外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことをいう。 損益計算書と異なり、現金収支を原則として把握するため、将来的に入る予定の利益に関してはキャッシュフロー計算書には含まれない。 キャッシュ・フロー会計(cash flow accounting)とは、企業の経営成績を現金・預金の増減をもとに明らかにするという会計手法のことである。欧米では古くからキャッシュ・フロー会計にもとづくキャッシュ・フロー計算書(Cash flow statement, C/F)の作成が企業に義務付けられている。 日本では、1999年度からは、上場企業は財務諸表の一つとしてキャッシュ・フロー計算書を作成することが法律上義務付けられている。.

新しい!!: EBITDAとキャッシュ・フロー · 続きを見る »

キャッシュ・フロー経営

ャッシュ・フロー経営(Cashflow Management)とは、キャッシュ(現金資金)の流れ(フロー)を重視した経営のこと。.

新しい!!: EBITDAとキャッシュ・フロー経営 · 続きを見る »

光ファイバー

光ファイバー アクリル棒に入射された光が内部を伝わる様子 光ファイバー(ひかりファイバー、Optical fiber)とは、離れた場所に光を伝える伝送路である。.

新しい!!: EBITDAと光ファイバー · 続きを見る »

固定資産

固定資産(こていしさん、fixed asset、Noncurrent assets)には、会計上の固定資産と、税法上の固定資産の2通りの意味がある。.

新しい!!: EBITDAと固定資産 · 続きを見る »

頭字語

頭字語(とうじご)とは、主にヨーロッパ言語のアルファベットにおける略語の一種で、複数の単語から構成された合成語の頭文字を繋げて作られた語のこと。.

新しい!!: EBITDAと頭字語 · 続きを見る »

設備投資

設備投資(せつびとうし)とは、企業が事業に用いる設備に対して行う投資のこと。国内総生産を構成する主要な要素の一つであり、景気に与える影響が大きい。.

新しい!!: EBITDAと設備投資 · 続きを見る »

証券取引委員会

アメリカ証券取引委員会(アメリカしょうけんとりひきいいんかい、U.S. Securities and Exchange Commission、略称: SEC)は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。.

新しい!!: EBITDAと証券取引委員会 · 続きを見る »

財務分析

財務分析(ざいむぶんせき、英語:financial analysis)は、企業の財務諸表という客観性を有しかつ信頼性の高いデータを基礎として、当該企業の経営状況に関する情報を入手する方法である。監査においては、分析的手続きの一環として行われる。.

新しい!!: EBITDAと財務分析 · 続きを見る »

販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費(はんばいひおよびいっぱんかんりひ、selling, general and administrative expenses SGA)は、企業会計における勘定科目の区分の一つ。費用の部に計上される。企業の営業活動(いわゆる本業の活動)に要した費用のうち、売上原価に算入されない額をいう。 販売管理費、販管費、営業費、営業経費とも呼ばれるが、"営業費用"といえば売上原価を含んだ概念となる。.

新しい!!: EBITDAと販売費及び一般管理費 · 続きを見る »

電気通信事業

電気通信事業(でんきつうしんじぎょう)は、電気通信事業法第2条に規定する電気通信役務を行う事業のことである。.

新しい!!: EBITDAと電気通信事業 · 続きを見る »

通信事業者

通信事業者(つうしんじぎょうしゃ).

新しい!!: EBITDAと通信事業者 · 続きを見る »

M&A

M&A(エムアンドエー)とは、merger and acquisition(合併と買収)の略であり、企業の合併や買収の総称である。.

新しい!!: EBITDAとM&A · 続きを見る »

損益計算書

損益計算書(そんえきけいさんしょ、income statement (US), profit and loss statement (UK)等)は、財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益(revenue)と費用(expense)の状態を表すために、複式簿記で記録されたデータを集計することによって、貸借対照表などと同時に作成される。企業内において経営判断のための情報として用いるほか、株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供する。.

新しい!!: EBITDAと損益計算書 · 続きを見る »

株価

株価(かぶか、米:stock prices 英:share prices)とは、当該の株式に関して、株式市場において実際に約定があった価格のこと。出来値。 なお、「売り注文」または「買い注文」として、売り手や買い手から希望の値段が一方的に提示されたものの、実際には約定に至らない値段のことは「気配値(けはいね)」と言い、一般に「株価」とは区別されている。 株価は一般に、株式市場が開いている間は、様々なものごとの影響を受けて変動する。基本的には、長期的にも短期的にも、また1日の内でも株価は変動しうる。 以前は基本的には、「株価は市場原理で決まる」(自由で一般的な市場参加者の売・買の希望値が折り合った場合に約定(売・買が成立)し株価が形成される)、と初心者向けの教科書などでは解説されたものであるが、実際には純粋な市場原理で株価が決まっていない場合もある。市場によっては国家が株式市場に介入し、株価に介入(操作)したり、しようと試みている場合がある。例えば、近年の中国や最近の(自民党政権下の)日本などにおける株式市場などがそうである。株価を意図的に操作することは「株価操作」や「株価操縦」と言う。特定の政権やそのコントロール下に入った中央銀行だけでなく、一組織や一個人が様々な手法を用いて株価を操作することがある。例えば、M&Aに着手したり、あるいはそうすると見せかけたり、競合他社を使って敵対的買収をしかけたり、あるいはそうするつもりだと公言したり、また、株式を実際に買う気はないのに(約定しないような価格で)大量に買い注文だけ出して市場参加者の印象を操作したり、あるいは当該企業に関して事実とは全然異なった噂を意図的に流す(風説の流布)など、適法/違法、様々な段階のものがある。 株価は一般に、長期的にも、短期的にも、また1日の内でも変動し、様々な値をとる。理論的には売買が成立したすべての価格の数値が株価であり、(現代では、市場のサーバのデータベースに残された記録の形で存在し)大量の数字の羅列となりうるもので、変動を続けるその株価を、数字の羅列を避けて視覚的に表す場合は一般に、複雑に波打ったグラフの形で表現されることになる。 ある一日の株価に焦点を当てた場合は、当該日に市場が開いてから最初に取引された株価は始値(はじめね、opening price)、最後に取引された株価は終値(おわりね、closing price)、立会時間中で最も高い株価は高値(たかね、high price)、最も安い株価は安値(やすね、low price)と呼ぶ。これら四つの値は(四本値(よんほんね))と呼ばれている。 なお、証券取引所内で売買取引をする際の株価を呼び値とも表現する。株価は、呼び値単位を最小単位として変動する。 もともとは株価は上方にも下方にも自由に変動しうるものだったが、株式市場の運営者によっては、「あまりにも急速な変動は好ましくない」「市場参加者にパニックが起きることは防止したほうが良い」などと考え、一日に変動できる株価が一定の範囲に制限している市場もある。この場合の制限が値幅制限で、株価が値幅制限の限界まで急騰・暴落することをそれぞれストップ高・ストップ安という(ただし、株式が上場された初日において、始値が決定されるまでの間には値幅制限がない)。 日本の株式市場における株価の決定方式は、大きく二つに分けることができる。一つはオークション方式といい、売買当事者が希望する価格と数量を証券取引所に告げることにより、証券取引所側で約定を行うもので、日本では一般に使用されている決定方式である。もう一つはマーケットメイク方式といい、マーケットメイカーとなった証券会社が、確実に成立する気配値を出して売り方と買い方を募るもので、日本ではごく一部の銘柄において採用されている方式である。 株価の変動を、視覚的に把握するための図のことを罫線表(:en:chart チャート)と呼ぶ。米国ではもともとは主としてスティックチャート(縦長の棒に小さな横線が入ったもの)ばかりが用いられていた。(が、後に日本のロウソク足の存在やその利便性がアメリカ人にも広く知られるようになり、米国ではそれも広まった。)日本では、四本値をローソク足(ある期間内で、始値に対して終値が相対的に上げたか下げたかが色で直感的に分かるもの)が最も普及しており、スティックチャートはほとんど用いられない。各国の投資家が株価を上手く予想しようと、ある期間内の四本値だけでなく、前後の値の影響も組み込んだ様々なチャートを開発した。例えば一目均衡表などである。 特定の市場全体の動向を把握するために、その市場で売買される複数の銘柄の株価を元に算出した値が株価指数である。特に著名なものとしては、米国のダウ平均株価、英国のFTSE100種総合株価指数、ドイツ株価指数等々が挙げられる。日本国内市場の指数としては東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価(225)などが有名である。 株価の予測に関しては、教科書的には、「個々の銘柄(企業)の株価については長期的に見れば企業の経営内容を反映したものになる傾向がある」「経営内容を反映することが多い」、などと説明されることがある。その意味では、基本的な方法としては、当該企業の事業の将来性やリスク、関わる市場(産業)での競合状態(コンペティター、競合他社の状況)、当該企業の経営に携わる経営者の 経営者としての力量、BS・PL、キャッシュフローなどの地道な把握、およびその将来の変化を予測することで、株価の長期の具体的な予想をしたり、あるいは変動域を想定しておく、というオーソドックな方法がある。様々なファンドの担当者やいわゆる「機関投資家」は、一般に、そうした基本的なことの把握には努めている。 だが、常に最新の情報を把握し各企業を再評価することに努めていることが多い機関投資家であっても値動きの予測を外す事が多々あることから、投資家の間では確実な値動きの予測は難しいとされている。 また昔から、多くの理論家が、理論だけで株価を予想できるような、そんな理論を構築したい、と夢を見て、もがいてきたが、実際にはあまりうまくいっていない歴史がある。 最近でも、確率微分方程式を用いて、株価の大まかな将来予測を行おうとする研究も進められている。が、実際には株価には、(理論で予想された株価とは異なった結果にしようと)現実の人間的、政治的な力が影響・介入したり、また現実世界での個々の事故・天災 等の影響も受けるので、結局のところ、株価は純理論だけでは予想できないものになっている。.

新しい!!: EBITDAと株価 · 続きを見る »

法人税

法人税(ほうじんぜい、英語:Corporate Tax)とは、法人の所得金額などを課税標準として課される税金。国税で直接税、広義の所得税の一種。.

新しい!!: EBITDAと法人税 · 続きを見る »

減価償却

減価償却(げんかしょうきゃく、Depreciation)とは、企業会計に関する購入費用の認識と計算の方法のひとつである。長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続きである。英語で有形固定資産にかかるものをdepreciation、無形固定資産にかかるものをamortization という。.

新しい!!: EBITDAと減価償却 · 続きを見る »

減損会計

減損会計(げんそんかいけい、impairment accounting)とは、資産の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合、当該資産の帳簿価額にその価値の下落を反映させる手続きをいう。減損処理ともいう。 広義には会計上のあらゆる資産について適用しうる考え方であるが、通常は、有形固定資産についての減損会計を指すことが多い。本項では有形固定資産についての減損会計について説明する。なお、のれんなどの無形固定資産も対象とする。.

新しい!!: EBITDAと減損会計 · 続きを見る »

新興国

新興国(しんこうこく)とは国際社会において政治、経済、軍事などの分野において急速な発展を遂げつつある国であること。.

新しい!!: EBITDAと新興国 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: EBITDAと2002年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: EBITDAと2003年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

イービットディーエーイービットダー利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益金利・税金・償却前利益

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »