ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

EB

索引 EB

EB.

25 関係: 半導体素子大船渡線乗車カード他社株転換社債バス・ラピッド・トランジットポーランドエルブルワリーエンターブレインエプスタイン・バール・ウイルスエクサバイトエクサビットエタンブトール国鉄7000形蒸気機関車国鉄EB10形電気機関車緊急列車停止装置E-B対応とE-H対応非常ブレーキ電子ブック (規格)電気機関車陰極線MOTHER2 ギーグの逆襲Odeca東日本旅客鉄道気仙沼線日本国有鉄道

半導体素子

ここでは半導体素子(はんどうたいそし)や半導体部品(-ぶひん)(英:semiconductor device) セミコンダクター・デバイスについて解説する。.

新しい!!: EBと半導体素子 · 続きを見る »

大船渡線

| 大船渡線(おおふなとせん)は、岩手県一関市の一ノ関駅から宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市を経由して岩手県大船渡市の盛駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。その線形を竜に見立てて「ドラゴンレール大船渡線」という愛称が付けられた。 気仙沼駅 - 盛駅間は、気仙沼線・三陸鉄道南リアス線・山田線・三陸鉄道北リアス線・八戸線と共に三陸海岸沿岸部を走行するが、2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災以降は不通となっており、2013年3月2日からBRT(バス高速輸送システム)が運行されている。なお、大船渡線および気仙沼線のBRTは2016年のグッドデザイン賞(グッドデザイン金賞)を受賞した。.

新しい!!: EBと大船渡線 · 続きを見る »

乗車カード

乗車カード(じょうしゃカード)とは、鉄道やバスなどの、公共交通機関を利用する際に運賃などとして利用できる、磁気ストライプカードやICカードなどによるプリペイドカードである(後払い式のカードもある)。.

新しい!!: EBと乗車カード · 続きを見る »

他社株転換社債

他社株転換社債(たしゃかぶてんかんしゃさい)は、株式関連仕組債のうち、償還金の代わりに株式で返還される可能性があるものの総称。英語ではExchangeable Bond(EB 他社株転換可能債)。特色として、償還時に指定された特定の株の価格によって償還条件が変わる債券である。日本ではEB債、個別株リンク債とも呼ばれている(「英語での呼称について」を参照)。.

新しい!!: EBと他社株転換社債 · 続きを見る »

バス・ラピッド・トランジット

バス・ラピッド・トランジット(bus rapid transit, BRT)とは、バスを基盤とした大量輸送システムである。日本語ではバス高速輸送システム(バスこうそくゆそうシステム)とも呼ばれる。 世界初のBRTシステムは、1974年開業のブラジル・クリティーバの統合輸送ネットワーク(RIT, Rede Integrada de Transporte)である。同システムは、2000年開業のコロンビア・ボゴタの(TransMilenio)を例として、ブラジル及び世界中の多くの類似システムに影響を与えた。2014年10月時点で世界186都市でBRTが運行され、路線の総延長距離は4,757kmに達する。世界の1日当たりのBRT推定乗降客数は約3,170万人とされ、ブラジルが33都市で運行と主導しているラテンアメリカでは、世界最多の60路線が存在し、推定乗降客数は約1,970万人である。 2011年及び2013年、BRTシステムには多くの差異及び明白な特徴が存在するため、はBRTとしての資格を有するシステムにはどのような特徴を備えるべきかという最低限の定義を設定し、既存のシステムを評価するを創設した。.

新しい!!: EBとバス・ラピッド・トランジット · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: EBとポーランド · 続きを見る »

エルブルワリー

ルブルワリー社 エルブルワリー(英文表記:Elbrewery Company)は、ポーランドで最も大きなビール製造会社。ジヴィェツ・グループ(Żywiec Group)に加盟しており、ザクワードィ・ピヴォヴァルスキー・ジヴィェツ社(Zakłady Piwowarskie Żywiec SA)とブリューポール・BV社(Brewpole B.V.)が合併した後の1998年に設立された。 グループはジヴィェツ、エルブルワリー、レジャイスク、ヴァルカの4つの醸造所で構成されており、現在はオランダのハイネケングループ(Heineken International Beheer)が発行株式の61%を所有している。 ポーランドの都市、エルブロンクにあるエルブルワリー社で製造されている「EB」という名のブランドは、ポーランドにおいて一般的である。まら、会社のロゴにはカンガルーとダチョウをあしらったデザインである。.

新しい!!: EBとエルブルワリー · 続きを見る »

エンターブレイン

ンターブレイン(ENTERBRAIN)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。エンターテインメント関連の雑誌・書籍の制作などを手掛けている。 本項では、前身である株式会社エンターブレインについても解説する。.

新しい!!: EBとエンターブレイン · 続きを見る »

エプスタイン・バール・ウイルス

プスタイン・バール・ウイルス(エプスタイン・バーウイルスとも、Epstein-Barr virus、EBウイルス)とは、ヘルペスウイルス科に属するウイルスの一種。学名はヒトヘルペスウイルス4型(Human herpesvirus 4、HHV-4)と変更されたが、今なお旧称が広く用いられている。.

新しい!!: EBとエプスタイン・バール・ウイルス · 続きを見る »

エクサバイト

バイト (exabyte) はデータの量やコンピュータの記憶装置の大きさを表す単位。EBと略記できる。 接頭辞エクサは主に下記の二通りの使い方で使う。.

新しい!!: EBとエクサバイト · 続きを見る »

エクサビット

ビット (exabit) は情報や記憶装置の単位であり、Ebit または Eb と略記される。.

新しい!!: EBとエクサビット · 続きを見る »

エタンブトール

タンブトール(Ethambutol)は結核の治療に処方される静菌性の抗抗酸菌薬の一つである。商品名エブトール。エタンブトールは一般にイソニアジド、ピラジナミド、リファンピシンのような他の結核治療薬と併用される。や 感染症の治療にも有効である。 体内の亜鉛とキレートを形成するので亜鉛欠乏症により神経系の副作用が引き起こされるほか、肝障害やアレルギー反応等の副作用が起こり得る。視覚障害のため、米国の胎児危険度分類はC動物実験では胎児への有害作用が証明されていて、適切で対照のある妊婦への研究が存在しないであるが、豪州の分類ではA多くの妊婦と妊娠可能年齢の女性が服用しているが、先天奇形の発症率の上昇や、間接・直接の胎児に対する有害作用が確認されていないである。日本では、“治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ”投与すべきとされている。また授乳婦については、米国では適切と認められる場合は可とされているが、日本では服用中は授乳を避けさせる事とされている。 WHO必須医薬品モデル・リストに収載されている。.

新しい!!: EBとエタンブトール · 続きを見る »

国鉄7000形蒸気機関車

7000形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院、鉄道省に在籍したテンダー式蒸気機関車である。 もとは北海道官設鉄道編入の際に引き継がれた機関車で、さらに北海道で2番目に開業した釧路鉄道の機関車を廃線後に譲受したものである。 北海道官設鉄道4号時代の7000号.

新しい!!: EBと国鉄7000形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄EB10形電気機関車

EB101 EB10形電気機関車(イービー10がたでんききかんしゃ)は1931年(昭和6年)に日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が改造により製作した直流電気機関車である。 1927年(昭和2年)に2両製造された国鉄唯一の蓄電池機関車であるAB10形を改造した。本記事ではAB10形についても記述する。.

新しい!!: EBと国鉄EB10形電気機関車 · 続きを見る »

緊急列車停止装置

緊急列車停止装置(きんきゅうれっしゃていしそうち、Emergency Brake)は、列車運転中に運転士が失神・居眠り・急病などの異常事態が発生した場合に、自動的に列車を停止させる運転保安装置である。EB装置とも呼ばれる。.

新しい!!: EBと緊急列車停止装置 · 続きを見る »

E-B対応とE-H対応

電場E は、電荷から発する場として自然に定義されるが、磁場に関しては歴史的経緯から二種類の流派があり、現在でも両方が使われている。それがE-B 対応とE-H 対応である。 E-B 対応は、全ての磁場は電流から発するとし、基本公式を とする。つまり、磁束密度Bを電流素片Id lがうける力として定義するわけである。このとき磁場Hは,磁性体が存在する場において磁化電流を考えずにアンペールの法則が成立するように便宜的に導入される。 一方のE-H 対応は、磁場にもその源になる磁荷が存在し、 q_\boldsymbol というクーロンの法則が成立するということを出発点とする。このとき、単位の大きさの磁荷が発する場が磁場Hとなり、以降の理論展開は電場と全く同じになる。これは、電流の磁場作用が発見される前から、「磁石」という磁場を発する物体が存在したために自然に現れた概念である。 この場合、静電気学で誘電体が存在する場にガウスの法則を成立させるために電束密度D を導入したのと同じ考えで、磁性体の存在する場にBが導入される。 現代の古典電磁気学では、単極磁荷は存在せず全ての磁場は電流から生じる、としている。磁石が発する磁場の正体は磁石を構成する原子の電子スピンで、すなわち古典的には電流と見なせる。そのため現代の電磁気学教育においては、物理的な描写が正しいE-B 対応が主流を占めている。しかし、現在でもE-H対応を前提とする電磁気学の教科書はあることから、いま読んでいる本がE-B 対応とE-H 対応のどちらで書かれているかを意識することは必要である。.

新しい!!: EBとE-B対応とE-H対応 · 続きを見る »

非常ブレーキ

非常ブレーキ(ひじょうブレーキ、Emergency Brake)は、航空機や鉄道車両において、事故回避など、緊急を要するときに使用するブレーキのことである。通常運転での減速や停車に用いる常用ブレーキとは扱いが区別されている。 運転士だけでなく車掌からも作動させることができる。走行中の列車を停止させることに最重点を置いているため、常用ブレーキ以上のブレーキ力が設定されており、、常用ブレーキの時と比べ乗り心地が悪くなる。また作動状況によってはブレーキの解除方法が常用ブレーキと異なる場合がある。日本の在来線では、非常ブレーキをかけてから600m以内で停車できるように法律で定められていた。 なお、日本においては、鉄道車両の非常ブレーキを作動させることを慣用的に「非常ブレーキを扱う」と表現する。 また、乗務員のヒューマンエラーや、乗務員自身に異常が発生した際のフェイルセーフとして、自動的に非常ブレーキを作動させる、自動列車保安装置、デッドマン装置、緊急列車停止装置などの保安装置がある。 人間が操作するほか、信号を冒進した場合と、列車分離でブレーキ管やジャンパ連結器(電気の引き通し線)が外れたり損傷を受けた際にも、非常ブレーキが自動的に作動する。.

新しい!!: EBと非常ブレーキ · 続きを見る »

電子ブック (規格)

電子ブック(でんしブック、Electronic Book)は、ソニーが開発した電子書籍で、8cm CD-ROMを専用キャディに収めた。.

新しい!!: EBと電子ブック (規格) · 続きを見る »

電気機関車

EF81形電気機関車 電気機関車(でんききかんしゃ)は、電気を動力源とする機関車のこと。 EL (Electric Locomotive) や、電関(でんかん)、電機(でんき。日本国有鉄道(国鉄)での電気機関車の略称)とも呼ばれる。.

新しい!!: EBと電気機関車 · 続きを見る »

陰極線

極線(いんきょくせん、Cathode ray)とは真空管の中で観察される電子の流れである。真空に排気されたガラス容器に一対の電極を封入して電圧をかけると、陰極(電源のマイナス端子に接続された電極)の逆側にある容器内壁が発光する。その原因は陰極表面から電子が垂直に撃ち出されることによる。この現象は1869年にドイツの物理学者ヴィルヘルム・ヒットルフによって初めて観察され、1876年にによってKathodenstrahlen(陰極線)と名付けられた。近年では電子線や電子ビームと呼ばれることが多い。 電子が初めて発見されたのは、陰極線を構成する粒子としてであった。1897年、英国の物理学者J・J・トムソンは、陰極線の正体が負電荷を持つ未知の粒子であることを示し、この粒子が後に「電子」と呼ばれるようになった。初期のテレビに用いられていたブラウン管(CRT、cathode ray tubeすなわち「陰極線管」)は、収束させた陰極線を電場や磁場で偏向させることによって像を作っている。.

新しい!!: EBと陰極線 · 続きを見る »

MOTHER2 ギーグの逆襲

『MOTHER2 ギーグの逆襲』(マザーツー ギーグのぎゃくしゅう、英題: EarthBound)は、1994年8月27日に任天堂より発売されたスーパーファミコン用のコンピュータRPG。.

新しい!!: EBとMOTHER2 ギーグの逆襲 · 続きを見る »

Odeca

互利用関係(クリックで拡大) odeca(オデカ)は、東日本旅客鉄道BRT区間専用乗車カード(交通系ICカード)である。2013年8月3日に導入された。.

新しい!!: EBとOdeca · 続きを見る »

東日本旅客鉄道

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。 日本国内では東北地方、関東地方、甲信越地方を中心とした地域に鉄道路線を有するほか、多様な関連事業を展開する(「関係会社」の節を参照)。英国ウェストミッドランズ鉄道の運行、バンコク・メトロへの車両供給など、国際業務部が他社やグループ企業と連携して、海外事業も展開している。鉄道を運営する会社としての輸送人数×距離で世界最大、運輸収入ではドイツ鉄道と比肩する規模である。 本社は東京都渋谷区。コーポレートカラーは緑色。東証一部上場企業。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。 2012年に発表した「グループ経営構想V 〜限りなき前進〜」で経営の方向性として定めたJR東日本グループのコンセプトワードは「地域に生きる。世界に伸びる。.

新しい!!: EBと東日本旅客鉄道 · 続きを見る »

気仙沼線

前谷地駅にある気仙沼線0キロポスト 気仙沼線(けせんぬません)は、宮城県石巻市の前谷地駅から気仙沼市の気仙沼駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。 陸前戸倉駅 - 気仙沼駅間では大船渡線・山田線のそれぞれ一部区間・八戸線・三陸鉄道とともに三陸海岸沿岸を走行する。2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災の影響で、沿岸部を走行する柳津駅 - 気仙沼駅間が不通となったが、同区間では2012年8月20日よりバス・ラピッド・トランジット (BRT) の暫定運行を開始し、同年12月22日から本格運行に移行した。 なお、気仙沼線および大船渡線のBRTは2016年のグッドデザイン賞(グッドデザイン金賞)を受賞した。.

新しい!!: EBと気仙沼線 · 続きを見る »

日本国有鉄道

鉄道博物館所蔵) 日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう鉄道総合技術研究所の提供する や、高橋政士『詳解 鉄道用語辞典』山海堂 2006年などでは「にほんこくゆうてつどう」で記載されているが、米国特許(US 3865202、US 3822375、US 4134342など)ではNippon Kokuyu Tetsudoで出願されている。、英称:、英略称: )は、日本国有鉄道法に基づき日本の国有鉄道を運営していた事業体である。 経営形態は政府が100%出資する公社(特殊法人)であり、いわゆる三公社五現業の一つ。通称は国鉄(こくてつ)。 鉄道開業以来、国営事業として政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国の事業体として1949年6月1日に発足した。すなわち、日本国有鉄道は当時の運輸省の外郭団体であった。 国鉄分割民営化によって発足した政府出資の株式会社(特殊会社)形態のJRグループ各社および関係法人に事業を承継させ、1987年4月1日に日本国有鉄道の清算業務を行なう日本国有鉄道清算事業団(1998年10月22日解散)に移行した。 鉄道事業の経営形態を示す広義の国有鉄道については国鉄を参照のこと。.

新しい!!: EBと日本国有鉄道 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Eb

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »