ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 
新しい! あなたの興味を探る! » アカウントを作成する

CASA C-212 アヴィオカー(C-212 Aviocar)は、ターボプロップエンジン付きのSTOL(短距離離着陸)中型輸送機であり、民間、軍用に向けにスペインで設計、製造された。

72 関係: 対潜哨戒機ミャンマーマイルハネウェルハーツェル・プロペラハイチメキシコ湾ライセンス生産ロケットランチャーブラックウォーターUSAブラウン管プラット・アンド・ホイットニー・カナダプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6プロペラフィートドミニカ共和国ダウティ・ロートルアメリカ合衆国アメリカ国防総省アフガニスタンインドネシアインドネシアン・エアロスペースウィングレットエアバス・ディフェンス・アンド・スペースエアバス・グループオートパイロットカンペチェ州ギャレット TPE331グラスコックピットコミューター航空会社コンストルクシオネス・アエロナウティカス S.A.ジャカルタスペインスペイン空軍スウェーデン空軍スウェーデン沿岸警備隊スカイダイビングターボチャージャーターボプロップエンジン国際連合ハイチ安定化ミッションC-47 (航空機)飛行管理装置要人輸送機降着装置Ju 52 (航空機)機関銃海里10月26日10月9日...11月15日11月27日1960年代1971年1974年1975年1976年1979年1987年1997年1998年2004年2006年2007年2008年2009年2017年3月26日5月6月26日7月8月 インデックスを展開 (22 もっと) »

対潜哨戒機

対潜哨戒機(たいせんしょうかいき)は、対潜水艦戦を重視して設計・装備された航空機。

新しい!!: CASA C-212と対潜哨戒機 · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、英:Myanmar)、通称ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。

新しい!!: CASA C-212とミャンマー · 続きを見る »

マイル

マイル(、記号:mile、mi)は、ヤード・ポンド法等における長さ (length) の単位である。

新しい!!: CASA C-212とマイル · 続きを見る »

ハネウェル

記載なし。

新しい!!: CASA C-212とハネウェル · 続きを見る »

ハーツェル・プロペラ

ハーツェル・プロペラ(Hartzell Propeller)は1917年に設立された航空機の部品メーカー。主にプロペラとコントロール装置、スピナーキャップなどの駆動系と、除氷装置などを製造している。

新しい!!: CASA C-212とハーツェル・プロペラ · 続きを見る »

ハイチ

ハイチ共和国(ハイチきょうわこく、Repiblik d Ayiti、République d'Haïti)、通称ハイチは、中央アメリカの西インド諸島の大アンティル諸島内のイスパニョーラ島西部に位置する共和制国家である。東にドミニカ共和国と国境を接し、カリブ海のウィンドワード海峡を隔てて北西にキューバが、ジャマイカ海峡を隔てて西にジャマイカが存在する。

新しい!!: CASA C-212とハイチ · 続きを見る »

メキシコ湾

メキシコ湾 メキシコ湾(メキシコわん、英語:Gulf of Mexico、スペイン語:Golfo de México)は、北アメリカ大陸南東部とメキシコ北東部に挟まれた湾である。広くは大西洋、カリブ海(アメリカ地中海)の一部として分類される。

新しい!!: CASA C-212とメキシコ湾 · 続きを見る »

ライセンス生産

亜細亜自動車(現・起亜自動車)によって「アジア/キア・タウナー」としてライセンス生産された。(写真はピアッジオのもの) ライセンス生産(ライセンスせいさん)とは、他の企業が開発した製品の設計・製造技術を、別の企業が許可料(ライセンス料、ロイヤリティ)を支払ってそのまま使用し、その製品を生産する事である。

新しい!!: CASA C-212とライセンス生産 · 続きを見る »

ロケットランチャー

ットランチャー(Rocket Launcher、ロケット弾発射器あるいは発射機)は、ロケット弾を発射する兵器の総称である。特に、個人が携帯して使用するものを指して使われることが多い。

新しい!!: CASA C-212とロケットランチャー · 続きを見る »

ブラックウォーターUSA

Academi(アカデミ、旧XeサービシズLLC、旧ブラックウォーターUSA)は、アメリカ合衆国の民間軍事会社である。

新しい!!: CASA C-212とブラックウォーターUSA · 続きを見る »

ブラウン管

ラー受像管の断面図1.電子銃2.電子ビーム3.集束コイル(焦点調整)4.偏向コイル5.陽極端子6.シャドーマスク7.色蛍光体8.色蛍光体を内側から見た拡大図 ブラウン管(ブラウンかん)は、ドイツのカール・フェルディナント・ブラウンが発明した図像を表示する陰極線管を指す、日本語における通称である。

新しい!!: CASA C-212とブラウン管 · 続きを見る »

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ(Pratt & Whitney Canada; PWC、以下本項ではPWCと呼称)は、カナダにある航空機エンジンメーカーである。

新しい!!: CASA C-212とプラット・アンド・ホイットニー・カナダ · 続きを見る »

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6は歴史上最も普及したターボプロップ航空用エンジンの一つで、プラット・アンド・ホイットニー・カナダ社によって生産される。PT6系列は複数の型式において稼働時間(MTBO)が9,000時間を越える卓越した高信頼性で知られる。

新しい!!: CASA C-212とプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6 · 続きを見る »

プロペラ

プロペラ は、飛行機や船などに装備され、原動機から出力される回転力を推進力へと変換するための装置である。

新しい!!: CASA C-212とプロペラ · 続きを見る »

フィート

フィート、フート(計量法上の表記)またはフット(複: feet, 単: foot)は、ヤード・ポンド法における長さの単位である。様々な定義が存在したが、現在では、1958年に6カ国で統一された(ただし、後述の「測量フィート」は例外である。)「国際フィート」がその他の国々でも、最もよく用いられており、正確に 0.3048 メートルである 別表第7。漢字では呎と書くことがある。1フィートは12インチであり、3フィートが1ヤードである。

新しい!!: CASA C-212とフィート · 続きを見る »

ドミニカ共和国

ドミニカ共和国(ドミニカきょうわこく、República Dominicana)は、西インド諸島の大アンティル諸島のイスパニョーラ島東部に位置する共和制国家。大アンティル諸島で二番目に大きな島であり、同島西部にあるハイチと国境を接する。

新しい!!: CASA C-212とドミニカ共和国 · 続きを見る »

ダウティ・ロートル

ダウティ・ロートル(Dowty Rotol)は、グロスタシャー州のスタヴァートンに本拠地を置くプロペラとプロペラ関連機器の製造業者である。何度かの所有者の変遷を経て、スタヴァートンのダウティ・ロートル社の工場はゼネラル・エレクトリック社の所有となり、GEアヴィエーション・システムズの一部として操業している。国産初の旅客機であるYS-11のプロペラは同社の製品が採用された。

新しい!!: CASA C-212とダウティ・ロートル · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。

新しい!!: CASA C-212とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ国防総省

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防、軍事を統合する官庁である。

新しい!!: CASA C-212とアメリカ国防総省 · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。

新しい!!: CASA C-212とアフガニスタン · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。

新しい!!: CASA C-212とインドネシア · 続きを見る »

インドネシアン・エアロスペース

インドネシアン・エアロスペース Indonesian Aerospace (IAe) (PT. Dirgantara Indonesia (DI))はインドネシアの国策で設立された航空機製造会社である。

新しい!!: CASA C-212とインドネシアン・エアロスペース · 続きを見る »

ウィングレット

ウィングレット (winglet) とは、。

新しい!!: CASA C-212とウィングレット · 続きを見る »

エアバス・ディフェンス・アンド・スペース

アバス・ディフェンス・アンド・スペースは、ヨーロッパの航空宇宙産業EADSの子会。軍用輸送機であるエアバス A400Mを開発・製造するために作られた企業エアバス・ミリタリーを前身とする。

新しい!!: CASA C-212とエアバス・ディフェンス・アンド・スペース · 続きを見る »

エアバス・グループ

アバス・グループ(Airbus Group SE)は、ヨーロッパの大手航空・宇宙企業であり、エアバスの100%親会社である。法的所在地はオランダのライデンだが、メインオフィスはフランス南部のブラニャックにある。

新しい!!: CASA C-212とエアバス・グループ · 続きを見る »

オートパイロット

ートパイロット(Autopilot)とは、乗り物を、人の手によってではなく、機械装置により自動的に操縦する装置・システムを指す名称である。

新しい!!: CASA C-212とオートパイロット · 続きを見る »

カンペチェ州

ンペチェ州 (Estado de Campeche) は、メキシコ南東部の州。長い間ユカタン州の一部であったが、1857年8月7日に離脱し独立した州となった。

新しい!!: CASA C-212とカンペチェ州 · 続きを見る »

ギャレット TPE331

ャレット アイリサーチ TPE331 は元はによって設計、製造され、1999年以降、ハネウェル・エアロスペースがギャレット社を買収してからは同社で生産されるターボプロップエンジンである。TPE331シリーズには18型式と106の仕様が含まれ、エンジンは575から1650軸馬力である。軍用版はT76である。

新しい!!: CASA C-212とギャレット TPE331 · 続きを見る »

グラスコックピット

ラスコックピット(glass cockpit、「ガラスのコックピット」の意)は、乗り物の操縦、運転に必要となる各種情報をアナログ計器を用いず、ブラウン管ディスプレイ(CRT)や液晶ディスプレイ(LCD)に集約表示したコックピット(操縦席)である。もともとは航空機のコックピットについての表現であるが、鉄道車両の運転台や自動車の運転席についても同様の表現が用いられる。

新しい!!: CASA C-212とグラスコックピット · 続きを見る »

コミューター航空会社

ミューター航空会社(英語:Commuter airline)あるいはリージョナル航空会社(英語:Regional airline)または地域航空会社(ちいきこうくうがいしゃ)とは、航空会社の定義のひとつであり、小型航空機で近距離の2つの地点を中心に結ぶ航空会社のことである。

新しい!!: CASA C-212とコミューター航空会社 · 続きを見る »

コンストルクシオネス・アエロナウティカス S.A.

ンストルクシオネス・アエロナウティカス S.A.(Construcciones Aeronáuticas S.A.)は、スペインにかつて存在した航空機メーカーである。一般に、略称のCASA(頭文字を繋いだ casaという語にはスペイン語で「家」という意味もある)で知られる。

新しい!!: CASA C-212とコンストルクシオネス・アエロナウティカス S.A. · 続きを見る »

ジャカルタ

ャカルタ()は、インドネシアの首都であり同国最大の都市。古称はジャガタラ (Jacatra)。ひとつの市単独でジャカルタ首都特別州 を構成する特別市である。

新しい!!: CASA C-212とジャカルタ · 続きを見る »

スペイン

ペイン(España)、スペイン国(Estado Español)、正式国名スペイン王国(Reino de España)は、ヨーロッパ南西部のイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード(マドリッドと表記されることもある)。

新しい!!: CASA C-212とスペイン · 続きを見る »

スペイン空軍

ペイン空軍の紋章 スペイン空軍(スペイン語:Ejército del Aire)はスペインが保有する空軍である。

新しい!!: CASA C-212とスペイン空軍 · 続きを見る »

スウェーデン空軍

ウェーデンの国籍マーク スウェーデン空軍(スウェーデンくうぐん、スウェーデン語:Flygvapnet)は、スウェーデンにおける空軍。2009年時点で現役兵総員約3.600人、その内徴集兵約900人Military Balance 2009。

新しい!!: CASA C-212とスウェーデン空軍 · 続きを見る »

スウェーデン沿岸警備隊

ウェーデン沿岸警備隊(Kustbevakningen)はスウェーデンにおける沿岸警備隊組織。

新しい!!: CASA C-212とスウェーデン沿岸警備隊 · 続きを見る »

スカイダイビング

イダイビングの着地(アメリカ海軍によるデモンストレーション) スカイダイビング (skydiving、parachuting) は、航空機などで空へ昇り地上へ落下するスポーツ。

新しい!!: CASA C-212とスカイダイビング · 続きを見る »

ターボチャージャー

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。

新しい!!: CASA C-212とターボチャージャー · 続きを見る »

ターボプロップエンジン

ターボプロップエンジン(Turboprop Engine)とはガスタービンエンジンの1形態で、そのエネルギー出力の大部分をプロペラを回転させる力として取り出す機構を備えたエンジンである。ターボプロップエンジンは主に小型、あるいは低亜音速の航空機用動力として利用されるが、中には最大速度が500ノット (925 km/h) に達するような高速機においても適用例がある。

新しい!!: CASA C-212とターボプロップエンジン · 続きを見る »

国際連合ハイチ安定化ミッション

国際連合ハイチ安定化ミッション(こくさいれんごうハイチあんていかミッション、英:United Nations Stabilization Mission in Haiti, MINUSTAH)はハイチに展開している国際連合平和維持活動(PKO)。2004年4月30日の国際連合安全保障理事会決議を受けて設立された。ハイチの治安を回復し、選挙を含む民主的政治プロセスの回復支援、難民帰還をはじめとした人権擁護活動を任務とする。

新しい!!: CASA C-212と国際連合ハイチ安定化ミッション · 続きを見る »

C-47 (航空機)

ダグラス C-47(Douglas C-47)は、ダグラス・エアクラフト社が開発した輸送機である。愛称はスカイトレイン(Skytrain)DC-3の軍用輸送機型であり、第二次世界大戦で傑出した働きをみせた。

新しい!!: CASA C-212とC-47 (航空機) · 続きを見る »

飛行管理装置

飛行管理装置(ひこうかんりそうち、:FMS)とは、航空機(主に旅客機、軍用機等)の飛行等を統括するアビオニクスシステムの総称である。

新しい!!: CASA C-212と飛行管理装置 · 続きを見る »

要人

要人(ようじん)とは、社会に重大な影響が及ぶ立場や要職に就いている人物のことである。

新しい!!: CASA C-212と要人 · 続きを見る »

輸送機

輸送機(ゆそうき)は貨物等を輸送するための航空機全般を指す。以下のような種類に大別される。

新しい!!: CASA C-212と輸送機 · 続きを見る »

降着装置

ボーイング747の右胴体主脚 降着装置(こうちゃくそうち)とは、航空機の機体を地上で支持する機構である。着陸装置、ランディングギア (Landing gear)、アンダーキャリッジ (undercarriage)、着陸脚ともいう。

新しい!!: CASA C-212と降着装置 · 続きを見る »

Ju 52 (航空機)

Ju 52(独:Ju 52, ユー 52)は、ドイツのユンカース社が開発した航空機である。

新しい!!: CASA C-212とJu 52 (航空機) · 続きを見る »

機関銃

機関銃(きかんじゅう、)は、弾薬を自動的に装填しながら連続発射する銃である。略称は「機銃」、英語とドイツ語機関銃はドイツ語では「Maschinengewehr」と言うでは「MG。

新しい!!: CASA C-212と機関銃 · 続きを見る »

海里

海里(かいり、浬、nautical mile)は、長さの計量単位であり、国際海里 (international nautical mile) の場合、正確に 1852 m である。元々は、地球上の緯度1分に相当する長さなので、海面上の長さや航海・航空距離などを表すのに便利であるために使われている。英語では、sea mile とも呼ばれる。

新しい!!: CASA C-212と海里 · 続きを見る »

10月26日

10月26日(じゅうがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から299日目(閏年では300日目)にあたり、年末まであと66日ある。

新しい!!: CASA C-212と10月26日 · 続きを見る »

10月9日

10月9日(じゅうがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から282日目(閏年では283日目)にあたり、年末まであと83日ある。

新しい!!: CASA C-212と10月9日 · 続きを見る »

11月15日

11月15日(じゅういちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から319日目(閏年では320日目)にあたり、年末まであと46日ある。

新しい!!: CASA C-212と11月15日 · 続きを見る »

11月27日

11月27日(じゅういちがつにじゅうしちにち、じゅういちがつにじゅうななにち)はグレゴリオ暦で年始から331日目(閏年では332日目)にあたり、年末まであと34日ある。

新しい!!: CASA C-212と11月27日 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す10年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。

新しい!!: CASA C-212と1960年代 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: CASA C-212と1971年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: CASA C-212と1974年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: CASA C-212と1975年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: CASA C-212と1976年 · 続きを見る »

1979年

記載なし。

新しい!!: CASA C-212と1979年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と1987年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と1997年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と1998年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2004年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2009年 · 続きを見る »

2017年

この項目では、国際的な視点に基づいた2017年について記載する。

新しい!!: CASA C-212と2017年 · 続きを見る »

3月26日

3月26日(さんがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から85日目(閏年では86日目)にあたり、年末まであと280日ある。

新しい!!: CASA C-212と3月26日 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。

新しい!!: CASA C-212と5月 · 続きを見る »

6月26日

6月26日(ろくがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から177日目(閏年では178日目)にあたり、年末まであと188日ある。誕生花はザクロ、レッドクローバー。

新しい!!: CASA C-212と6月26日 · 続きを見る »

7月

7月(しちがつ)はグレゴリオ暦で年の第7の月に当たり、31日ある。

新しい!!: CASA C-212と7月 · 続きを見る »

8月

8月(はちがつ)は、グレゴリオ暦で年の第8の月に当たり、31日ある。

新しい!!: CASA C-212と8月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

C-212 (航空機)CASA C-212 アヴィオカー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »