ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

Association for Computing Machinery

索引 Association for Computing Machinery

Association for Computing Machinery (ACM) は、ニューヨークに本部のあるコンピュータ科学分野の国際学会。1947年設立。IEEEとともに、この分野で最も影響力の強い学会であり、IEEEがその名と由来や歴史からエレクトロニクスや通信分野の工学に強いのに対し、数学的な理論計算機科学のような分野もカバーする。日本語に訳して「計算機械学会」とされることもあるが、こんにちこの訳語が用いられることはほとんどなく、通常は単に"ACM"という略称で呼ばれるのがもっぱらである。ACMの「A」は Association (学会、団体) の頭文字であるが、アメリカ数学会 (AMS) と混同して「米国計算機学会」と誤訳されることがある。 数多くの国際会議を開催しており、人目を惹くデモ映像のSIGGRAPHやSIGMODなどはよく知られている。他の多くの学会と同様にすぐれた業績などへの表彰もおこなっているが、チューリング賞は、特にこの分野の最高の賞とみなされており、物理や化学といった分野におけるノーベル賞に匹敵するものと扱われることもある(他の賞についても時折「~のノーベル賞」といったような表現が使われることがあるが、この分野の全てを対象とした世界トップクラスの賞という位置づけにあるのはチューリング賞をおいて他にない)。.

34 関係: ACMソフトウェアシステム賞ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト学会人工知能ノーベル賞チューリング賞プログラミング言語データベースニューヨークアメリカ人工知能学会アメリカ数学会アレン・ニューウェルインフォシスエッカート・モークリー賞グレース・ホッパーグレース・ホッパー賞コンピュータ・アーキテクチャコンピュータグラフィックスゴードン・ベル賞ジョン・モークリージョン・エッカートソフトウェアCOBOL理論計算機科学ENIAC計算機科学高性能計算IEEEIEEE Computer SocietySIGGRAPHSpecial Interest GroupSpecial Interest Group on Management of Data数学1947年

ACMソフトウェアシステム賞

2005年のACMソフトウェアシステム賞のトロフィ ACMソフトウェアシステム賞()は、「概念面あるいは商業面、または両面における成功で長きに渡って影響を及ぼしたソフトウェアシステムを開発した」個人または団体を選定し毎年表彰する賞である。Association for Computing Machinery (ACM) が1983年に創設した。IBMがスポンサーとなっており、2011年時点で3万5千ドルの副賞も授与される。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとACMソフトウェアシステム賞 · 続きを見る »

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト (ACM International Collegiate Programming Contest、略称:ACM-ICPCまたは単にICPC) は、コンピュータープログラミングにおける勝ち抜き型のコンテストである。世界中の大学を対象として毎年開催されている。このコンテストはIBMにスポンサーとして協力を受けている。Executive DirectorのWilliam B. Poucher (大会本部であるベイラー大学に教授として在籍) のもと、ACMの後援によって六大州の各地で自律的に運営が行われている。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとACM国際大学対抗プログラミングコンテスト · 続きを見る »

学会

学会(がっかい)とは、学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと学会 · 続きを見る »

人工知能

250px 人工知能(じんこうちのう、artificial intelligence、AI)とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと人工知能 · 続きを見る »

ノーベル賞

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。 経済学賞だけはノーベルの遺言にはなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立されたものであり、ノーベル財団は「ノーベル賞ではない」としているが、一般にはノーベル賞の一部門として扱われることが多い。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとノーベル賞 · 続きを見る »

チューリング賞

ACMチューリング賞(ACM A.M. Turing Award)は、計算機科学分野で革新的な功績を残した人物に年に1度、ACMから贈られる賞であり世界最高の権威を持つ賞とされている。その功績は長く影響が続くもので、コンピュータ業界で技術的にも重要なものとされている。計算機科学におけるノーベル賞と広く認識されており、事実、受賞者にはハーバート・サイモンなどノーベル賞受賞者が存在している。 「チューリング」の名は、現代計算機科学の父の1人とされるアラン・チューリングの名にちなむ。2014年11月3日、Googleの後援により受賞者には100万ドルが贈られると発表された。 1966年の最初の受賞者はカーネギーメロン大学のアラン・パリスだった。初の女性受賞者は、2006年のフランシス・E・アレン(IBM)である。2008年には再び女性であるバーバラ・リスコフが受賞している。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとチューリング賞 · 続きを見る »

プログラミング言語

プログラミング言語(プログラミングげんご、programming language)とは、コンピュータプログラムを記述するための形式言語である。なお、コンピュータ以外にもプログラマブルなものがあることを考慮するならば、この記事で扱っている内容については、「コンピュータプログラミング言語」(computer programming language)に限定されている。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとプログラミング言語 · 続きを見る »

データベース

データベース(database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。コンピュータを使用したデータベース・システムでは、データベース管理用のソフトウェアであるデータベース管理システムを使用する場合も多い。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとデータベース · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: Association for Computing Machineryとニューヨーク · 続きを見る »

アメリカ人工知能学会

アメリカ人工知能学会(Association for the Advancement of Artificial Intelligence、AAAI)は、人工知能 (AI)技術を主題とする国際的な非営利の学術団体。「思考と知性の根底にある機構を科学的に解明し、機械でそれを実現する」ことを使命とする。アクロニムであるAAAIに決まった読み方はないが、コミュニティでは「トリプルAI」という読まれる場合が多い。 「アメリカ人工知能学会」というのは旧称 American Association for Artificial Intelligence の訳であり、現在の定訳はない。 その活動は、国際学会の開催や論文・書籍の発行など(主に研究者のための活動)にはとどまらず、AI研究コミュニティの広報役として、一般社会への普及活動も行い、例えばのような一般向けのニュースブログを運営する。また、研究募金を集め資金を分配する機能も担っており、若い研究者へのtravel grantの発行や、賞の贈呈なども行う。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとアメリカ人工知能学会 · 続きを見る »

アメリカ数学会

アメリカ数学会(アメリカすうがくかい、英語:American Mathematical Society、略称:AMS)は、アメリカ合衆国の数学の学会である。現会員数は、32000人。 イギリス滞在中にロンドン数学会の影響を受けたトーマス・フィスクによって1888年に設立された。1894年7月に、現在の名前で再編成された。 AMS は組版処理ソフトウェア TeX の主唱者であり、AmS-TeX や AmS-LaTeX の開発を支援した。また、との合弁事業で MathJax オープンソースプロジェクトを管理している。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとアメリカ数学会 · 続きを見る »

アレン・ニューウェル

アレン・ニューウェル(Allen Newell, 1927年3月19日 - 1992年7月19日)は、初期の人工知能研究の研究者。計算機科学および認知心理学の研究者であり、ランド研究所やカーネギーメロン大学の計算機科学科、テッパー・スクール・オブ・ビジネスに勤務した。ハーバート・サイモンと共に開発した Information Processing Language (1956) や2つの初期のAIプログラムである Logic Theory Machine (1956) と General Problem Solver (1957) で知られている。1975年、人工知能と認知心理学への基礎的貢献が認められ、ハーバート・サイモンと共にACMチューリング賞を受賞。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとアレン・ニューウェル · 続きを見る »

インフォシス

インフォシス リミテッド(英語:Infosys Limited)は、インドのカルナータカ州バンガロールに本社機能を置く世界有数のITコンサルティング・ビジネスコンサルティング・テクノロジー・エンジニアリング・アウトソーシング・ソフトウェア開発企業。大規模なシステム開発、ERPのグローバルロールアウトを得意としてきたが近年はデジタルトランスフォーメーションに特化しデジタルソリューションに注力している。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとインフォシス · 続きを見る »

エッカート・モークリー賞

ッカート・モークリー賞(Eckert–Mauchly Award) は、デジタルシステム、コンピュータ・アーキテクチャの貢献者に授与される賞である。 コンピュータ・アーキテクチャのコミュニティの最も権威のある賞として知られている。 1943年から1946年にかけて、最初の大規模な電子計算機ENIACの設計と作成に協力したジョン・エッカートとジョン・モークリーにちなみ、1979年に創設された。 コンピューターとデジタルシステムアーキテクチャの分野で顕著な貢献があった者へ、Association for Computing Machinery (ACM)とIEEE Computer Societyから、 賞金$5,000とともに贈られる。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとエッカート・モークリー賞 · 続きを見る »

グレース・ホッパー

レース・マレー・ホッパー (Grace Murray Hopper, 1906年12月9日 - 1992年1月1日) は、アメリカ海軍の軍人かつ計算機科学者。最終階級は准将。ハーバード マークIの最初のプログラマーの一人であり、プログラミング言語COBOLを開発した。愛称はアメージング・グレース。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとグレース・ホッパー · 続きを見る »

グレース・ホッパー賞

レース・ホッパー賞(英: )は、Association for Computing Machinery (ACM) が1971年から授与している賞。コンピュータの先駆者であるグレース・ホッパーの名を冠している。35歳以下のコンピュータの専門家を対象とし、技術的または業務的な重要な貢献をした者を表彰する。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとグレース・ホッパー賞 · 続きを見る »

コンピュータ・アーキテクチャ

ンピュータ・アーキテクチャ(computer architecture)は、コンピュータ(特にハードウェア)における基本設計や設計思想などを意味する。アーキテクチャ(建築)には、単に「建築物」以外に、設計や様式という意味があるが、それから転じて、コンピュータ分野においても使われるようになった。「設計思想」などと意訳されることもある。技術者や研究者の用語としては(企業ごとの用語の違いにもよるが)「方式」という語が使われることもある。 1964年のSystem/360で最初に使われた用語で、その際の意味としては、入出力インタフェースを含むコンピュータシステムのハードウェア全体(周辺機器自体は含まない)の、ユーザー(プログラマ、OSを設計するプログラマも含む)から見たインタフェースの定義であり、具体的には使用できるレジスタの構成、命令セット、入出力(チャネルコントロールワード)などであり、実装は含まない。このアーキテクチャが同一のコンピュータ間や、上位互換のアーキテクチャを持つコンピュータへの移行や、上位互換の周辺機器への移行などは、ソフトウェアの互換性が原則として保証される。またハードウェアの内部設計や実装は、定義されたアーキテクチャを守る限り、技術の進歩に応じて自由に更新できる。この結果、コンピュータ・ファミリー(シリーズ)が形成可能となる。現在で言えばレイヤー定義であり仮想化の一種でもある。 また、システムアーキテクチャ、エンタープライズアーキテクチャ、ソフトウェアアーキテクチャ、ARMアーキテクチャなどの用語も増えている。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとコンピュータ・アーキテクチャ · 続きを見る »

コンピュータグラフィックス

ンピュータグラフィックス(computer graphics、略称: CG)とは、コンピュータを用いて作成される画像である。日本では、和製英語の「コンピュータグラフィック」も使われる。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとコンピュータグラフィックス · 続きを見る »

ゴードン・ベル賞

ードン・ベル賞 (Gordon Bell Prizes) は、高性能計算(HPC)分野における、HPCアプリケーションの実性能と計算科学の成果に対し授与される賞で、ACMによる賞のひとつである。毎年秋に開催されているHPC分野のカンファレンスである、Supercomputing Conference (SC)にて発表・授与される。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとゴードン・ベル賞 · 続きを見る »

ジョン・モークリー

ジョン・モークリー(John William Mauchly、1907年8月30日 - 1980年1月8日)は、ENIACの主要開発者の一人。ジョンズ・ホプキンス大学卒。物理学博士。 1930年代からコンピュータを構想し、多くの試作機を製作していた。1941年、ペンシルベニア大学でジョン・エッカートと出会う。そして、1943年に二人はアメリカ陸軍とENIAC製作を契約する。当時、ペンシルベニア大学の助教授だった彼は、ENIACプロジェクトの最高顧問についた。 1944年頃からは、EDVACの製作にも関わり始める。 しかし、1946年のENIAC完成後、EDVACプロジェクトを離脱し、エッカートと共同でエッカート・モークリ社を設立する。資金難から1950年にレミントンランド社に買収されるものの、そこで世界初の商用コンピュータUNIVAC Iを完成させる。 Category:コンピュータ関連人物 Category:ペンシルベニア大学の教員 Category:ジョンズ・ホプキンズ大学出身の人物‎ Category:1907年生 Category:1980年没.

新しい!!: Association for Computing Machineryとジョン・モークリー · 続きを見る »

ジョン・エッカート

UNIVAC I をデモンストレーションするレミントンランド社時代のジョン・エッカート(中央) ジョン・エッカート(John Presper Eckert, 1919年4月9日 - 1995年6月3日)は、ENIACの主要開発者の一人。ペンシルベニア大学卒。 1941年、大学院生だった頃、ジョン・モークリーと出会い、1944年〜1946年にENIACプロジェクトに主任技師として参加。ENIACプロジェクトの終了後、モークリーと共にエッカート・モークリ社を設立する。資金難から1950年にレミントンランド社に買収されるものの、そこで世界初の商用コンピュータUNIVAC Iを完成させる。 Category:アメリカ合衆国の計算機科学者 Category:アメリカ国家科学賞受賞者 Category:ペンシルベニア大学出身の人物 Category:フィラデルフィア出身の人物 Category:1919年生 Category:1995年没.

新しい!!: Association for Computing Machineryとジョン・エッカート · 続きを見る »

ソフトウェア

フトウェア(software)は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す。ソフトウェアは、一般的にはワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア、アプリ)と、ハードウェアの管理や基本的な処理をアプリケーションソフトウェアやユーザーに提供するオペレーティングシステム (OS) などのシステムソフトウェアに分類される。.

新しい!!: Association for Computing Machineryとソフトウェア · 続きを見る »

COBOL

COBOL(コボル)は、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語である。名前は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)に由来する。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとCOBOL · 続きを見る »

理論計算機科学

論計算機科学(りろんけいさんきかがく、英語:theoretical computer science)は計算機を理論的に研究する学問で、計算機科学の一分野である。計算機を数理モデル化して数学的に研究することを特徴としている。「数学的」という言葉は広義には公理的に扱えるもの全てを指すので、理論計算機科学は広義の数学の一分野でもある。理論計算機科学では、現実のコンピュータを扱うことも多いが、チューリングマシンなどの計算モデルを扱うことも多い。 理論計算機科学の代表的な分野として以下のものがある。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと理論計算機科学 · 続きを見る »

ENIAC

プログラミングされるENIAC 2人のプログラマがENIACの制御パネルを操作しているところ ENIAC(エニアック、Electronic Numerical Integrator and Computer)は、アメリカで開発された黎明期の電子計算機。電子式でディジタル式だがプログラム内蔵方式とするにはプログラムのためのメモリはごくわずかで、パッチパネルによるプログラミングは煩雑ではあったものの、必ずしも専用計算機ではなく広範囲の計算問題を解くことができた。しかし、任意の計算可能な問題について計算できるという能力が当初の時点で基本的にはあったわけではなく(後述)、アナログ機械式計算機の一種類である微分解析機と同様に、微分方程式で表すことができるような多くの種類の問題について積分法によって数値的な解を得る(ただしこちらは数値的(ディジタル)に)、という機械である。後の改良により、ごく小規模だがプログラミング的な使い方も可能になり、円周率の桁数向上記録の歴史で有名な1949年の2037桁という記録は、そのような改良後の機能を活用したものである。 当初は、アメリカ陸軍の弾道研究室での砲撃射表の計算を第一の目的として設計されたが、その初期に行われた計算で射表の計算とは全く違うもののひとつに、マンハッタン計画についてのものがある。1946年に発表されたとき、報道には「巨大頭脳」(Giant Brain) といった呼称が見られる。なお、新技術に "Brain" という比喩を使うのは、戦時中から見られる。例えば、ライフ誌1937年8月16日の p.45 に Overseas Air Lines Rely on Magic Brain (RCA Radiocompass)、1942年3月9日の p.55 に the Magic Brain - is a development of RCA engineers (RCA Victrola)、1942年12月14日の p.8 に Blanket with a Brain does the rest! (GE Automatic Blanket)、1943年11月8日の p.8 に Mechanical brain sights gun (How to boss a BOFORS!) といった記事があり、また、各種の計算機械を扱った Edmund Berkeley(:en:Edmund Berkeley)の啓蒙書 "Giant Brains, or Machines That Think"(邦題『人工頭脳』)などといった例もあるように、これは何ら特記事項ではない。 第二次世界大戦中、ENIACの設計と製作の資金はアメリカ陸軍が支出した。その契約は1943年6月5日に結ばれ、ペンシルベニア大学電気工学科にて "Project PX" の名で秘密裏に設計が開始された。1946年2月14日の夕方に完成したマシンが公開され、翌日にはペンシルベニア大学で正式に使用が開始された。開発にかかった総額は50万ドル弱だった。アメリカ陸軍に正式に引き渡されたのは1946年7月のことである。1946年11月9日、改造と記憶装置のアップグレードのためにシャットダウンされ、1947年にはメリーランド州のアバディーン性能試験場に移送された。そこで1947年7月29日に電源を入れ、1955年10月2日の午後11時45分まで運用された。 ENIACを考案・設計したのはペンシルベニア大学のジョン・モークリーとジョン・エッカートである。設計開発に加わった技術者としては、Robert F. Shaw(ファンクションテーブル)、Jeffrey Chuan Chu(除算器/平方根計算器)、アーサー・バークス(乗算器)、(入出力)、Jack Davis(アキュムレータ)らがいる。1987年、ENIACはIEEEマイルストーンに選ばれた。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとENIAC · 続きを見る »

計算機科学

計算機科学(けいさんきかがく、computer science、コンピュータ科学)とは、情報と計算の理論的基礎、及びそのコンピュータ上への実装と応用に関する研究分野である。計算機科学には様々な下位領域がある。コンピュータグラフィックスのように特定の処理に集中する領域もあれば、計算理論のように数学的な理論に関する領域もある。またある領域は計算の実装を試みることに集中している。例えば、プログラミング言語理論は計算を記述する手法に関する学問領域であり、プログラミングは特定のプログラミング言語を使って問題を解決する領域である。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと計算機科学 · 続きを見る »

高性能計算

性能計算、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(high-performance computing、HPC)は、計算科学のために必要な数理からコンピュータシステム技術までに及ぶ総合的な学問分野である。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと高性能計算 · 続きを見る »

IEEE

IEEE(アイ・トリプル・イー、The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)は、アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会である。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとIEEE · 続きを見る »

IEEE Computer Society

IEEE Computer Society(IEEEコンピュータソサエティ)とはアメリカに本部を持つ電気・電子技術の学会であるIEEE内に設置されているテクニカルソサイエティのうちのひとつである。 計算機科学分野に関する多くの学会活動を担っており,2007年現在の会員数は10万人近い..

新しい!!: Association for Computing MachineryとIEEE Computer Society · 続きを見る »

SIGGRAPH

SIGGRAPH(シーグラフ、Special Interest Group on Computer GRAPHics)とは、アメリカコンピュータ学会におけるコンピュータグラフィックス (CG) を扱うSIG(分科会)であり,また同分科会が主催する国際会議・展覧会の一つである“International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques”の通称。分科会の創設は1967年。1974年に第1回会議が開催された。2008年からは、冬にアジア地域においてSIGGRAPH ASIAが開催されている。2015年からは、ACM SIGGRAPH Digital Arts Communityによるビデオ・アートのオンライン・エキジビション ENHANCED VISION – DIGITAL VIDEO が開催されている。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとSIGGRAPH · 続きを見る »

Special Interest Group

Special Interest Groupとは、「特定の興味ある事柄について、その道の専門家の考えを聞いたり、メンバー同士が互いに知識や情報を交換する場」のことである。略してSIG(シグ)とも呼ばれた。 「Special Interest Group」という言葉そのものは一般的な名称だが、日本国内ではパソコン通信の電子掲示板を中心とする同好の士の集う場の意味として使われた。中でもNECの運営する大手商用パソコン通信サービスPC-VANがテーマ別のコミュニティシステムの名称として使ったことから、特に「PC-VAN内のコミュニティシステム」のことを意味する場合が多い(同様に、一般的な言葉が特定のサービスの名称として使われたものに、ニフティサーブにおけるフォーラムがある)。PC-VANのSIGには、PC-VANの会員なら誰でもが参加できた。 SIGという名称はアスキーの運営するアスキーネットや草の根BBSでも使われていたが、ここでは、PC-VANのSIGを例にとって解説する。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとSpecial Interest Group · 続きを見る »

Special Interest Group on Management of Data

Special Interest Group on Management of Data (SIGMOD) は、Association for Computing Machinery (ACM) の大規模データ管理の問題およびデータベースを扱う分科会 (Special Interest Group, SIG) である。 日本では、ACM SIGMOD 日本支部 (SIGMOD-J) が、日本データベース学会と一体になって運営されている。 SIGMODカンファレンスを1975年から毎年開催している。 このカンファレンスは、大規模データ管理の問題およびデータベースにおいて、最も重要な会合の一つと位置づけられている。 これまではこのカンファレンスは北アメリカで開催されてきたが、近年では欧州 (2004年) 、アジア (2007年) でも開催されている。 SIGACT (Special Interest Group on Algorithms and Computation Theory, アルゴリズムと計算理論を扱うSIG) およびSIGART (Special Interest Group on Artificial Intelligence, 人工知能を扱うSIG) と協力して、ACM Symposium on Principles of Database Systems (PODS) という、データベースシステムの理論を扱うカンファレンスを主催し1982年から開催している。 PODSは、1991年からは、SIGMODカンファレンスと共同開催されている。 SIGMODは毎年、データ管理の領域に対して貢献した人々にいくつかの賞を授与して表彰している。 これらの賞のうち、最も重要で権威があると位置づけられているのは、SIGMOD Edgar F. Codd Innovations Award (SIGMODエドガー・F・コッド革新賞) である。 この賞は、関係モデルをはじめとする関係データベースの理論に多大な貢献をしたコンピュータ科学者であるエドガー・F・コッドから名前をとっている。 この賞は、「データベースシステムおよびデータベースについて、その開発・理解・利用において永続的に価値があり革新的でありかつ非常に重要な貢献」を表彰する。.

新しい!!: Association for Computing MachineryとSpecial Interest Group on Management of Data · 続きを見る »

数学

数学(すうがく、μαθηματικά, mathematica, math)は、量(数)、構造、空間、変化について研究する学問である。数学の範囲と定義については、数学者や哲学者の間で様々な見解がある。.

新しい!!: Association for Computing Machineryと数学 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: Association for Computing Machineryと1947年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »