ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

Affero General Public License

索引 Affero General Public License

Affero General Public License(略称: Affero GPL、AGPL)とは、フリーソフトウェアのサーバソフトウェアに適したソフトウェアライセンスである。時折非公式にはAffero Licenseとも呼ばれる。 GPLv2のコピーレフト条項がASPでは適用されない課題を解決するため、2002年3月にAffero, Inc.がAGPLv1を策定し、2007年11月19日にフリーソフトウェア財団がAGPLv3を策定した。いずれもASPでもコピーレフト条項が適用される強いコピーレフトライセンスである。AGPLv3はフリーソフトウェア財団、オープンソース・イニシアティブ、Debianプロジェクトの承認している信頼性の高いソフトウェアライセンスである。.

55 関係: ASPマストドン (ミニブログ)ライセンスの互換性リチャード・ストールマンワークフローヘンリー・プール (技術者)ブラッドリー・M・クーンプッシュ型電子メールビジネスモデルビジネスプロセス管理フリーソフトウェアフリーソフトウェアライセンスフリーソフトウェア財団アムステルダムアプリケーションサービスプロバイダウェブアプリケーションエベン・モグレンオープンソースクラウドコンピューティングクワイン (プログラミング)コンピュータネットワークコピーレフトソースコードソフトウェアライセンスDebianDebianフリーソフトウェアガイドラインE-ビジネスEラーニングEyeOS著作物英語GNAT Modified General Public LicenseGNU Free Documentation LicenseGNU General Public LicenseGNU Lesser General Public LicenseGPLリンク例外Identi.caLaunchpadMongoDBOpen Source InitiativeOSDNOTRSSaaSSoftware Freedom Law CenterStet (ソフトウェア)法人11月11月19日2000年2001年...2002年2007年2008年2月3月 インデックスを展開 (5 もっと) »

ASP

ASP.

新しい!!: Affero General Public LicenseとASP · 続きを見る »

マストドン (ミニブログ)

マストドン (Mastodon) はミニブログサービスを提供するためのフリーソフトウェア、またはこれが提供する連合型のソーシャルネットワークサービスである。開発者はドイツのプログラマーであるオイゲン・ロチコ (Eugen Rochko)。「脱中央集権型」 (decentralized) のマストドンのサーバーはだれでも自由に運用する事が可能であり、利用者は通常このサーバーの一つを選んで所属するが、異なるサーバーに属する利用者間のコミュニケーションも容易である。名前について、 GitHub で公開されている FAQ において、ロチコは「私は同名のプログレッシブバンドのファンで、そこからマストドンという動物に興味を持つようになった。この動物とマストドンという名前は大変クールであると考えた」としている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとマストドン (ミニブログ) · 続きを見る »

ライセンスの互換性

ライセンスの互換性(ライセンスの共存可能性、License compatibility)とは、著作権に基づく著作物に適用されるライセンス、とりわけソフトウェアパッケージのライセンスについて、異なるライセンスを持つ著作物を組み合わせることが可能であるか否かの判断を指す。新しい著作物を作成する目的で複数のパッケージのソースコードや複数の著作物のコンテンツを組み合わせ、著作権法に則り合法的に頒布することができなくなるような、矛盾した要求を含むライセンスについての問題が、本稿の主題である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとライセンスの互換性 · 続きを見る »

リチャード・ストールマン

リチャード・マシュー・ストールマン(Richard Matthew Stallman、1953年3月16日 - )は、アメリカ合衆国のプログラマー、フリーソフトウェア活動家。コピーレフトの強力な推進者として知られ、現在にいたるまでフリーソフトウェア運動において中心的な役割を果たしている。また、プログラマーとしても著名な存在であり、開発者としてその名を連ねるソフトウェアにはEmacsやGCCなどがある。なお、名前の頭文字を取って RMS と表記されることもある。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとリチャード・ストールマン · 続きを見る »

ワークフロー

ワークフロー(workflow)は、リソース(資源)を体系的に組織化した反復可能な業務活動のパターンである。ワークフローは、物質の加工、サービスの提供、情報の処理など、何らかの具体的意図をもって設計される。ワークフローは、例えば、操作の列、個人またはグループの定まった作業、従業員の組織、複数の機械の機構などで表現しうる。 ワークフローは組織構造に関する各種概念(サイロ、機能、チーム、プロジェクト、階層)と密接な関係がある。ワークフローは組織の基本的構成要素と見ることもできる。これら概念の関係については後述する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとワークフロー · 続きを見る »

ヘンリー・プール (技術者)

ヘンリー・プール(Henry Poole, Henri Poole)は技術者である。CivicActionsならびにVirtual Artists双方の共同設立者であり、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation, FSF)ならびにAffero, Inc.

新しい!!: Affero General Public Licenseとヘンリー・プール (技術者) · 続きを見る »

ブラッドリー・M・クーン

ブラッドリー・M・クーン(Bradley M. Kuhn、1973年 -)はアメリカ合衆国のフリーソフトウェア運動における活動家である。 クーンは現在、Software Freedom Conservancyの代表取締役を務めている 。2010年まで彼は、Software Freedom Law Center (SFLC)のFLOSSコミュニティ折衝担当ならびに技術理事(FLOSS Community Liaison and Technology Director)を務めていた。それ以前、2001年から2005年3月まで彼はフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation; FSF)の執行役員(Executive director)を務めていた。彼は2010年3月までFSFの理事(Member of board directors)にも選出されていた。 彼はFSF、SFLC双方にて、GPLのライセンス施行に関する改善に尽力したことでもっとも有名であり、また、FSFのライセンスリストの作成、AGPLのAffero条項(Affero節)の元となった条文の作成などにも貢献している。彼はFLOSS開発における非営利的構造の側面を長らく支持し続けており、Software Freedom Conservancyでの活動を通じて、この方面への努力を傾けている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとブラッドリー・M・クーン · 続きを見る »

プッシュ型電子メール

プッシュ型電子メール(プッシュがたでんしメール)とは、メール配送エージェント (MDA、一般にメールサーバと呼ぶ)から電子メールクライアント (MUA) に対して、即時かつ能動的に電子メールを転送する方式を指す。プッシュメール、プッシュ型メールともいう。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとプッシュ型電子メール · 続きを見る »

ビジネスモデル

ビジネスモデル(business model)とは、利益を生み出す製品やサービスに関する事業戦略と収益構造を示す用語である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとビジネスモデル · 続きを見る »

ビジネスプロセス管理

ビジネスプロセス管理(Business Process Management, BPM)は、人間、組織、アプリケーション、文書といった知識に関するオペレーション的ビジネスプロセスを設計・制定・制御・分析するための手法・技術・ツールといったマネジメントと情報技術(IT)の交差する分野である。「オペレーション的ビジネスプロセス(Operational Business Process)」とは、組織が日々の業務で繰り返し行うビジネスプロセスであり、組織の責任者が行う戦略的意思決定プロセスとは正反対の概念である。1990年代に人気となったビジネスプロセス・リエンジニアリングと異なるのは、BPM では一回限りの革命的な変化ではなく、継続的なビジネスプロセスの発展を目指しているという点である。BPM は IT による管理技法を伴うことが多い。 BPM の適用範囲は、組織活動の管理対象全体であり、必要に応じてそのビジネスプロセスを改善する。そのような考え方は特に目新しくないが、ビジネスプロセス管理システム(BPMシステム)と呼ばれるソフトウェアツールの登場によって、ビジネスプロセス管理が迅速かつ安価に可能となった。BPMシステムはビジネスプロセスの実行を監視し、経営者が勘ではなくデータに基づいて分析したり変更を加えたりできるようにする。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとビジネスプロセス管理 · 続きを見る »

フリーソフトウェア

フリーソフトウェア (free software) とは、ソフトウェアのうち、フリーソフトウェア財団が提唱する自由ソフトウェアを指す。大半のフリーソフトウェアは無償(フリー)で配布されているが、定義に従えば、ここでいうフリーソフトウェアについて一次配布が無償である必要は必ずしもない。 フリーソフトウェア財団はフリーソフトウェアの定義を提示している。ソフトウェアライセンスについてはフリーソフトウェアライセンスを参照。 定義に照らして自由ではない、すなわち改造や再配布などに制限が掛かっていたり、ソースコードが開示されていない、無償で利用できるソフトウェアとは異なる概念であり、この場合はフリーウェアもしくは無料ソフトと呼ぶことが望ましいとフリーソフトウェア財団はしている。 逆に定義に従ったソフトウェアであれば、一次的な配布が有償であってもフリーソフトウェアと呼ぶことができる。ただし、前述したように配布が自由であるため、ほとんどのフリーソフトウェアは無償で配布されている。 また、現状強い影響力を持つ定義として、フリーソフトウェア財団の定義の他に、DebianフリーソフトウェアガイドラインとそれをベースにしたOpen Source Initiativeのオープンソースの定義がある。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとフリーソフトウェア · 続きを見る »

フリーソフトウェアライセンス

フリーソフトウェアライセンスとは、フリーソフトウェア財団(FSF)が提唱する自由なソフトウェア「フリーソフトウェア」のソフトウェアライセンスである。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとフリーソフトウェアライセンス · 続きを見る »

フリーソフトウェア財団

フリーソフトウェア財団(フリーソフトウェアざいだん、Free Software Foundation, Inc., 略称FSF)とは、1985年10月4日、リチャード・ストールマンにより創設された非営利団体である。当団体は、フリーソフトウェア運動、すなわち、コンピュータ・ソフトウェアを作成、頒布、改変する自由をユーザーに広く遍く推し進めることを狙い、コピーレフトを基本とする社会運動の支援を目標に掲げている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとフリーソフトウェア財団 · 続きを見る »

アムステルダム

アムステルダム(オランダ語: Amsterdam )は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとアムステルダム · 続きを見る »

アプリケーションサービスプロバイダ

アプリケーションサービスプロバイダ(Application Service Provider、ASP)とは、アプリケーションソフト等のサービス(機能)をネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと。広義にはこうした仕組みのソフトウェア提供形態やビジネスモデルまでも指す。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとアプリケーションサービスプロバイダ · 続きを見る »

ウェブアプリケーション

ウェブアプリケーション(Web application)は、インターネット(もしくはイントラネット)などのネットワークを介して使用するアプリケーションソフトウェアである。多くの場合、これらのアプリケーションは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語(たとえばJavaScript)によるプログラムとWebサーバ側のプログラムが協調することによって動作し、ユーザはそれをWebブラウザ上で使用する。 ウェブアプリケーションの一例としては、ウィキペディアなどで使われているウィキやブログ、電子掲示板、銀行のインターネットバンキング、証券会社のオンライントレード、電子商店街などネット販売のショッピングカートなどを挙げることができる。 ウェブアプリケーションに対して、ローカルのデスクトップ環境上で動作するアプリケーションは、デスクトップアプリケーションやスタンドアロンアプリケーションと呼ばれる。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとウェブアプリケーション · 続きを見る »

エベン・モグレン

ベン・モグレン(Eben Moglen, 1959年7月13日 - )は、アメリカ合衆国・コロンビア大学の教授である。専門は法・法制史。知的財産権を専門とする弁護士でもある。フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation, FSF)を初めとするフリーソフトウェア・オープンソースソフトウェアの開発を行う多くの非営利団体や個人をプロボノで援助する法的組織、Software Freedom Law Center(SFLC)を共同で設立し、2011年現在その理事・顧問(Director-Counsel)並びに議長(Chairman, 代表)を務めている。2007年までFSFの顧問弁護士(法律顧問)であった。 リチャード・ストールマンらとともに、FSFのGNU General Public Licenseバージョン3(GNU GPL v3)の起草者並びに著作者である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとエベン・モグレン · 続きを見る »

オープンソース

ープンソース (open source) とは、言葉通りのソースコードへのアクセスが開かれている(ソースコードが公開されている)ことを意味するのではなく、ソースコードを商用、非商用の目的を問わず利用、修正、頒布することを許し、それを利用する個人や団体の努力や利益を遮ることがないソフトウェア開発の手法を意味する。オープンソース・イニシアティブ は、「オープンソース」と名乗るための要件として「オープンソースの定義」を掲げている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとオープンソース · 続きを見る »

クラウドコンピューティング

ラウドコンピューティング(cloud computing)は、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態である。略してクラウドと呼ばれることも多い。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとクラウドコンピューティング · 続きを見る »

クワイン (プログラミング)

ワイン(Quine)は、コンピュータプログラムの一種で、自身のソースコードと完全に同じ文字列を出力するプログラムである。娯楽として、プログラマが任意のプログラミング言語での最短クワインを書くことがある。プログラムを出力するプログラムだと見れば、クワインのプログラミングはメタプログラミングの一種である。 入力を受け付けるプログラムは、クワインとは見なされない。入力が許容されるなら、単にキーボードからソースコードを入力するだけで実現してしまうし、そのプログラムのソースファイルを入力とするなどしても実現できる。実行コードを含まないクワインも自明であるとして除外される。多くのプログラミング言語では、実行コードのないプログラムはコードを明らかに出力可能(何もないので、何も出力しないでもクワインと主張できる)である。そのような空のプログラムがIOCCCで「規則のはなはだしい悪用」賞を受賞したことがある。 クワインという名称は、自己参照の研究について業績を残した哲学者ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン(1908-2000)に由来し、命名したのはダグラス・ホフスタッターでそれほど古いことではないため、古い文献では自己複製・自己再生成などといった表現で呼ばれていることがある。(プログラミング言語ではない)言語的には次の一文で表されるクワインのパラドックスと、同様の構造を持っている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとクワイン (プログラミング) · 続きを見る »

コンピュータネットワーク

ンピュータネットワーク(computer network)は、複数のコンピュータを接続する技術。または、接続されたシステム全体。コンピュータシステムにおける「通信インフラ」自体、あるいは通信インフラによって実現される接続や通信の総体が(コンピュータ)ネットワークである、とも言える。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとコンピュータネットワーク · 続きを見る »

コピーレフト

ピーレフトのシンボルとしてしばしば使われるアイコン。Cの文字が左右逆になっている。 コピーレフト(copyleft)とは、著作権(copyright)に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方である。リチャード・ストールマンがフリーソフトウェア運動の一貫として熱心に広めた考えである。コンピュータプログラムの特にバイナリに変換されることを前提としたソースコードについてのものであったが、その後、CC BY-SAなどを用いてソースコード以外の著作物にも適用しようという動きがある。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとコピーレフト · 続きを見る »

ソースコード

青で示されているのが有効なコードである。 ソースコード(source code)とは、コンピュータプログラミング言語で書かれた、コンピュータプログラムである文字列(テキストないしテキストファイル)のことである。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとソースコード · 続きを見る »

ソフトウェアライセンス

フトウェアライセンス は、コンピュータのソフトウェアについて、ソフトウェア利用者が遵守すべき事項を記載した文書(ライセンス)である。 ソフトウェアライセンスは、一般的には各国の著作権法や不正競争防止法、公務員法、国家機密などに基づくソフトウェア利用許諾契約の一部として取り扱われるものであり、ソフトウェアライセンスに反してソフトウェアを使用することは、ソフトウェア作者の著作権を侵害するものとして、著作権法に反する不法な行為とみなされる。仕様等が国家機密に指定されているソフトウェアを不正に利用する行為は、国益を著しく毀損するものとして、国家公務員法や地方公務員法、自衛隊法、特定秘密保護法などに基づき、より厳しい罰則が適用される。しかし、厳しいソフトウェアライセンスのひとつとして知られるGNU General Public Licenseに違反した者に対し、そのような厳しい罰則が適用されたという話はあまり聞かない。 ソフトウェアライセンスは「著作物の使用許諾契約の一部」であるという性質上、ソフトウェアの利用を開始する前に必ず利用者の同意が求められる。この「同意を求める行為」は、最も一般的な方法としては、ソフトウェアのインストール時にソフトウェアライセンスを表示し、利用者に「ソフトウェアライセンスの内容に同意する」旨の入力を行わせる(典型的には「同意する」ボタンのクリック)ことによって実施されている。もし利用者がソフトウェアライセンスの内容に同意しなかった場合は、その時点で使用許諾契約は不成立となり、ソフトウェアのインストールが中止されるようになっている。しかし、このような手法について一部の実務者が主張するような法的有効性を、法学者がそのまま認めている例はあまり見られないようである。.

新しい!!: Affero General Public Licenseとソフトウェアライセンス · 続きを見る »

Debian

Debian( デビアン)またはDebian ProjectはLinuxディストリビューションのひとつであるDebian GNU/Linuxを中心とするUnix系システムのディストリビューションを作成しているプロジェクトである。名前の通り、GNUプロジェクトの精神の尊重と(そのため、一般には単に「Linux」とされることが多いような場合にも、「GNU/Linuxシステム」という呼称を積極的に使っている)、同プロジェクトによるプロダクトの積極的な採用などが特徴である。Linuxディストリビューションの他、カーネルをLinuxカーネルからGNU HurdやFreeBSDのカーネルに置き換えた、Debian GNU/HurdやDebian GNU/kFreeBSDなどがある。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとDebian · 続きを見る »

Debianフリーソフトウェアガイドライン

Debianフリーソフトウェアガイドライン (Debian Free Software Guideline、DFSG) は、ソフトウェアライセンスが、Debianの一部として含めることが可能なフリーソフトウェアライセンスであるかどうか判定するためにDebianプロジェクトが使用しているガイドラインの集合である。DFSGはDebian社会契約の一部である。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとDebianフリーソフトウェアガイドライン · 続きを見る »

E-ビジネス

e-ビジネス(いーびじねす、e-business)は、インターネットの技術を企業の業務処理全般に活用したコンピュータの利用形態のこと。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとE-ビジネス · 続きを見る »

Eラーニング

eラーニング(イーラーニング、英語: e-learning, electronic learning)とは、情報技術を用いて行う学習(学び)のことである。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとEラーニング · 続きを見る »

EyeOS

eyeOSは、クラウドコンピューティングのコンセプトに従ったウェブデスクトップであり、主にPHP、XML、JavaScriptで開発されている。元々はオープンソースによる開発からスタートしたが、後にクローズド開発に転じた。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとEyeOS · 続きを見る »

著作物

著作物(ちょさくぶつ)とは、著作権の対象となる知的財産である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと著作物 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと英語 · 続きを見る »

GNAT Modified General Public License

GNUロゴ GNAT Modified General Public License(Modified GPL、GMGPL)は、Ada言語にあるジェネリック機能のために GNU General Public License から派生したライセンス。 変更点は以下の通り: 和訳は以下の通り: コンパイラディレクティブ pragma License (Modified_GPL); により、GNAT組み込みのライセンスチェック機能は Modified GPL を適用する。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとGNAT Modified General Public License · 続きを見る »

GNU Free Documentation License

GNU Free Documentation License (グニュー・フリー・ドキュメンテーション・ライセンス)は、GNUプロジェクトの一環としてフリーソフトウェア財団から配布されているコピーレフトなライセンスの一つである。 略称として GNU FDL(グニュー・エフディーエル)、GFDL(ジーエフディーエル)などと書かれることもある。GNUはグニューあるいはグヌーと発音する。 日本語訳では、「GNU フリー文書利用許諾契約書」という語が用いられることがあるが、一般的に「契約」と言えるか否かは、異論も存在する(ライセンス#著作物全般の利用許諾のライセンスを参照)。なお、GNUの公式サイトで使われる日本語訳はGNU自由文書ライセンスである。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとGNU Free Documentation License · 続きを見る »

GNU General Public License

GNU General Public License(GNU GPLもしくは単にGPLとも)とは、GNUプロジェクトのためにリチャード・ストールマンにより作成されたフリーソフトウェアライセンスである。八田真行の日本語訳ではGNU 一般公衆利用許諾書と呼んでいる。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとGNU General Public License · 続きを見る »

GNU Lesser General Public License

GNU Lesser General Public License(以前は、GNU Library General Public Licenseだった)または GNU LGPL、単にLGPLは、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation、以下FSFと略称)が公開しているコピーレフト型のフリーソフトウェアライセンスである。八田真行による日本語訳ではGNU 劣等一般公衆利用許諾書と呼称している。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとGNU Lesser General Public License · 続きを見る »

GPLリンク例外

GPLリンク例外(英:GPL linking exception)とは、GNU一般公有使用許諾 (GPL) を改変して作られる新しいライセンスの総称で、ライブラリコードを提供するソフトウェアのプロジェクトにGPLの全ての条項を適用せずに、他のプログラムがリンクすることを可能にするものである。リンクとは、実行可能なファイルを作成するためにライブラリのコードを使用するコードに接続する技術的な処理であり、コンパイル時ないし実行時に機械語コードを生成する際に行われる。リンク例外を適用しない場合、GPLコードとリンクするコードにも、自動的にGPLが適用される。 GNU 劣等一般公衆利用許諾契約(LGPL)のバージョン3は、同様なGPLの例外として作られたものである。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとGPLリンク例外 · 続きを見る »

Identi.ca

identi.caとは、140文字までのつぶやきを投稿できるオープンソースのソーシャル・ネットワーキング・サービス及びマイクロブログサービスである。 Twitterに似ているが、投票機能やグループなど、Twitterには実装されていないものも多い。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとIdenti.ca · 続きを見る »

Launchpad

Launchpad(ランチパッド、ローンチパッド)はソフトウェア開発、特にオープンソースソフトウェアの開発の為のウェブアプリケーション及びウェブサイトである。Launchpadはカノニカルにより開発・管理されている。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとLaunchpad · 続きを見る »

MongoDB

MongoDBは、オープンソースソフトウェアのである。C++言語で記述されており、開発とサポートはMongoDB Inc.によって行なわれている。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとMongoDB · 続きを見る »

Open Source Initiative

Open Source Initiative(オープンソース・イニシアティブ、略称: OSI)は、オープンソースを促進することを目的とする組織である。 1998年2月にブルース・ペレンズとエリック・レイモンドにより設立される。オープンソース・イニシアティブは「オープンソースの定義」や「ライセンスレビュー」を通してオープンソースの発展、促進の活動をしている。 オープンソース・イニシアティブはフリーソフトウェア財団と並んでオープンソースソフトウェア分野のハッカーコミュニティにおいて基本的な権利擁護団体である。 また、「オープンソース・イニシアティブ」というフレーズはOW2 Consortiumにより、オープンソースのプロジェクトから市場を意識した努力を区別するのにも使われている。2004年6月に当時のObjectWeb consortiumによって開始されたESB initiativeはその例である。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとOpen Source Initiative · 続きを見る »

OSDN

OSDN(オーエスディーエヌ)は、日本のオープンソースソフトウェアプロジェクト向けのホスティングサイト。SourceForge.netの姉妹サイトで、OSDN社が運営している。2015年5月11日にサイト名称がSourceForge.JPから変更された。。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとOSDN · 続きを見る »

OTRS

OTRS: ticket overview OTRS: answering a request OTRS: search in FAQs OTRSは、オープンソース・チケット・リクエスト・システム (Open-source Ticket Request System) の略で、会社や組織や団体が、受け取った個々の質問とそれに対して会社等が行なった対応の履歴を「チケット」と呼ばれる単位でまとめて管理できる、オープンソースのソフトウェアパッケージである。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとOTRS · 続きを見る »

SaaS

SaaS(サース、Software as a Service)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)もしくはその提供形態のこと。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、シングルシステム・マルチテナント方式になっているものを指す。以下、特に断りのない限り、上記定義でのSaaSについて記述する。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとSaaS · 続きを見る »

Software Freedom Law Center

Freedomの頭字を振っている。 Software Freedom Law Center (SFLC)は、フリーソフトウェア/オープンソースソフトウェアを非営利的に開発する開発者のために、プロボノで法的代理人や関連するサービス提供を行う組織である。2005年2月にエベン・モグレンを代表者(議長; Chairman)として発足した。発足当初Open Source Development Labs(OSDL; 現Linux Foundation)は400万米ドルもの資金援助を約束していた。 発足に関するニュース記事より引用すると: モグレンは、– 事実、計画として、– 当所所員を多く稼働させようと考えている。5年後には、当センターから20人、30人ほどの法曹関係者が生まれているのではないかと彼は予想している。本所からの移籍者が活動を開始する際には、モグレンは、そのようなメンバーがコミュニティそして企業も同様に支援するための専門知識を得ているだろうと期待している。また、それはメンバーが必要に応じてお互い協議を諮る緩やかな連帯を形成するとも考えられている。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとSoftware Freedom Law Center · 続きを見る »

Stet (ソフトウェア)

stet(stet; 校正の朱書き)はテキスト文書についてのコメントをウェブページ経由で集積するため利用されるフリーソフトウェアパッケージである。.

新しい!!: Affero General Public LicenseとStet (ソフトウェア) · 続きを見る »

法人

法人(ほうじん、juristische Person、personne morale、juridical person)とは、自然人以外で、法律によって「人」とされているものをいう。ここでいう「人」とは、権利義務の主体となることができる資格(権利能力)を認められたものをいう。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと法人 · 続きを見る »

11月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より11月 11月(じゅういちがつ)はグレゴリオ暦で年の第11の月に当たり、30日間ある。 日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。 英語での月名 November は、「9番目の月」の意味で、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来している。実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で、(そのため年末の2月は日数が少ない)3月から数えて9番目という意味である。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと11月 · 続きを見る »

11月19日

11月19日(じゅういちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から323日目(閏年では324日目)にあたり、年末まであと42日ある。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと11月19日 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2000年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2001年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2002年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2008年 · 続きを見る »

2月

2月(にがつ)はグレゴリオ暦で年の第2の月に当たり、通常は28日、閏年では29日となる。 他の月の日数が30または31日なのに対して、 英語の呼び名である February はローマ神話のフェブルウス (Februus) をまつる祭りから取ったと言われている。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと2月 · 続きを見る »

3月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より3月 3月(さんがつ)は、グレゴリオ暦で年の第3の月に当たり、31日間ある。 日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在でも新暦3月の別名としても用いる。弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力で、これに対する異論は特にない。 ヨーロッパ諸言語での呼び名であるmars,marzo,Marchなどはローマ神話のマルス (Mars) の月を意味するMartiusから取ったもの。 古代ローマの暦(ユリウス暦より前)においては、年の最初の月は現在の3月にあたる。閏年の日数調整を2月に行うのは、当時の暦での最後の月に日数調整を行っていたことの名残である。 3月はその年の11月と同じ曜日で始まり、平年には2月と同じとなる。.

新しい!!: Affero General Public Licenseと3月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

AGPLGNU Affero General Public License

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »