ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

A (ジェスロ・タルのアルバム)

+ コンセプトを保存する

『A』は、イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド、ジェスロ・タルが1980年に発表した13作目のスタジオ・アルバム。当初はバンドの中心人物であるイアン・アンダーソンのソロ・プロジェクトとして計画されていたが、最終的にはジェスロ・タル名義の作品としてリリースされた - Review by Bruce Eder。.

26 関係: バンド (音楽)ロキシー・ミュージックボーカルプログレッシブ・ロックフランク・ザッパフルートフェアポート・コンヴェンションドラムセットアコースティック・ギターイアン・アンダーソンイギリスエレクトリック・ヴァイオリンエレクトリックベースエディ・ジョブソンオールミュージックカーヴド・エアキーボード (楽器)ギタークリサリス・レコードジェスロ・タルスタジオ・アルバム器楽曲UK (バンド)1980年8月29日9月1日

バンド (音楽)

バンド(band)または楽団(がくだん)は、楽曲を演奏する集団のこと。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とバンド (音楽) · 続きを見る »

ロキシー・ミュージック

ExCel Exhibition Centre, July, 2006 ロキシー・ミュージック (Roxy Music)は1971年にデビューしたイギリスのロック・グループ。ブライアン・フェリーの個性的なヴォーカルを中心に、芸術志向のグラム・ロックなどを発表した。 バンド名の「ロキシー」は、1950年代のイギリスで事業展開していた映画館チェーン「ロキシー」に因む和久井光司「新しい時代を告げたロキシーの「リ・メイク/リ・モデル」」『ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p35中段)より。。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とロキシー・ミュージック · 続きを見る »

ボーカル

ボーカル.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とボーカル · 続きを見る »

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック()は、1960年代後半のイギリスに現れたロックのジャンルの1つ。実験的・前衛的なロックとして、それまでのシングル中心のロックから、より進歩的なアルバム志向のロックを目指した。誕生以降、スタイルの発展、拡散・細分化が進んだ。しかし、当初の進歩的・前衛的なロック志向から、一部のクラシック音楽寄りな音楽性が、復古的で古色蒼然としていると見られ、70年代半ばから後半にかけて衰退したとされている。後年、マリリオン、アネクドテンの登場により、復活してきている。日本に於ける一般的な略称は「プログレ」。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とプログレッシブ・ロック · 続きを見る »

フランク・ザッパ

フランク・ヴィンセント・ザッパ(Frank Vincent Zappa, 1940年12月21日 - 1993年12月4日)は、アメリカ合衆国出身の作曲家、編曲家、前衛ロック・ミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリスト。 フランク・ザッパは生涯を通じて、アメリカ政府・キリスト教右派(キリスト教原理主義者)・検閲・音楽産業などの批判をとおして、アメリカという国家の問題点をきびしく指摘し続けたミュージシャンである。52年の人生で非常に旺盛な活動を展開し、多彩なバンド形態でツアーもこなしながら、60枚以上のアルバムを発表した。またその複雑かつポップな音楽性の作曲家としてのみならず、独特なフレージングやスケールを多用するスタイルの“ギタリスト”としても評価を受けている。宗教は青年期までカトリック、後に無宗教。支持政党は民主党。大統領選挙出馬が実現した場合は、民主党、もしくは独立系無所属での立候補もあり得た。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第45位、2011年の改訂版では第22位。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第71位。 リトル・フィートのローウェル・ジョージ、ジョージ・デューク、テリー・ボジオ、エディ・ジョブソン、エイドリアン・ブリュー、ヴィニー・カリウタ、デュラン・デュランの ウォーレン・ククルロ、スティーヴ・ヴァイ、マイク・ケネリー、チャド・ワッカーマン他を輩出したバンドのリーダー。 妻ゲイルとの間にムーン・ユニット・ザッパ (Moon Zappa)、ドゥイージル・ザッパ (Dweezil Zappa)、アーメット・エミューカ・ロダン・ザッパ (Ahmet Zappa)、ディーヴァ・シン・マフィン・ピジーン・ザッパ (Diva Zappa) の二男二女を儲けており、いずれもアーティスト・俳優・ミュージシャン・作家など多彩な活動を行っている。なお、子供たちはザッパ・バンドとの共演経験があり、その中でもドゥイージルは80年代にヴァン・ヘイレンの影響下にあるテクニカルなハード・ロック・ギタリストとしてデビュー、現在は父のレパートリーを再演するプロジェクト「ザッパ・プレイズ・ザッパ」を主宰している。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とフランク・ザッパ · 続きを見る »

フルート

フルートは木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の横笛である下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年安藤由典『新版 楽器の音響学』音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とフルート · 続きを見る »

フェアポート・コンヴェンション

フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention、1967年 - 1979年、1985年 - )は、イギリスのフォークロックバンド。 1969年発表のアルバムリージ・アンド・リーフ(en)は、ロックの分野で民謡、古謡(トラッドバラッド)を電気楽器を用い現代的に解釈した作品で、ボブ・ディラン以降のフォークロックに一石を投じ、これ以降イギリスを代表するフォークロック・バンドとして認知され、世代や分野を越え多くのミュージシャンに影響を与えた。 代表曲はミート・オン・ザ・レッジ(en)、古謡のマティ・グローヴス(en)など。 元メンバーのが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において、2003年は第19位、2011年の改訂版では第69位に選ばれている。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とフェアポート・コンヴェンション · 続きを見る »

ドラムセット

ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたもの。特定の楽器の名称では無く概念である。通常椅子に腰掛けて演奏する。主にポピュラー音楽で使用される。ドラムキット、ドラムス、ドラムセットの楽器パートや演奏者(ドラマー)を表す言葉としてドラムスとも呼ぶ。略称はDr.、Ds.またはDrums.。 ドラムセットに組み込まれる打楽器類の種類や数は、奏者の好み・音楽的方向性・経済的事情等により多種多様である。ドラムセット(ドラムの組み合わせ)と言う名称であるが、シンバルなどのドラムで無い打楽器がセットの中に組み込まれている。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とドラムセット · 続きを見る »

アコースティック・ギター

アコースティックギター(acoustic guitar)とは、撥弦楽器であるギターのうち、より古典的な、楽器から直接音声を得るものを指す。ピックアップを備え電気信号を出力するエレクトリックギターに対して旧来のギターを区別するためのレトロニムである。狭義ではフォークギターのことを指し、こちらのほうが一般的な用法である。 標準で6本の弦をもち、指で爪弾くフィンガーピッキング、あるいはピックではじくピック奏法で演奏される。弦の振動および音波は楽器本体および本体内の空洞の共鳴を経て奏者や聴客の耳へ届く。 (チューニング等は、チューニングの項参照。) アコースティックギター.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とアコースティック・ギター · 続きを見る »

イアン・アンダーソン

イアン・アンダーソン(Ian Anderson, MBE、1947年8月10日 - )は、スコットランド出身のミュージシャン、フルート奏者。 ロック・ミュージックにフルートを持ち込んだ事でも知られ、ロックバンド「ジェスロ・タル」ではリーダーを務めた。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とイアン・アンダーソン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とイギリス · 続きを見る »

エレクトリック・ヴァイオリン

レクトリック・ヴァイオリン(Electric Violin)は、音響部に電子回路を用いた電気楽器である。「電子ヴァイオリン」とも呼ばれる。 「サイレント・バイオリン」はヤマハ製エレクトリック・ヴァイオリンの商標である。 本項ではヴァイオリンの項を踏まえて説明を行う。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とエレクトリック・ヴァイオリン · 続きを見る »

エレクトリックベース

レクトリックベース(electric bass、エレキベースとも)は低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリックベース」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、電気ベース、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。弦は基本的に4本。5本や6本以上のものは多弦ベースと呼ばれることもある。 21世紀ではポピュラーな楽器だが、登場初期は非常に高価な代物でヴァン・ヘイレンのベーシスト、マイケル・アンソニーはエレクトリックギターの1弦と2弦を外してエレキベースの練習をしていたという。また、Mr.Big、ナイアシンのベーシスト、ビリー・シーンは「当時ギターよりエレキベースが高価で買えなかったから、ギターでベースラインを弾いていたんだ」と語っている。ベース弦もギター弦にくらべると高価である。 目立たなかったベースをメジャーに押し上げたのはビートルズのポール・マッカートニーがスチュワート・サトクリフの脱退によりそれまで担当していたサイドギターからチェンジしベースに転向してからである。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とエレクトリックベース · 続きを見る »

エディ・ジョブソン

ディ・ジョブソン(Edwin "Eddie" Jobson、1955年4月28日 - )は、イギリス出身のキーボード・ヴァイオリン奏者。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とエディ・ジョブソン · 続きを見る »

オールミュージック

ールミュージック (allmusic) とは、オール・メディア・ガイド (All Media Guide) が運営する、音楽に関するメタデータのデータベースサイト。2005年に All Music Guide(オール・ミュージック・ガイド)から allmusic(オールミュージック)へサイト名を変更した:en:Talk:allmusic#AMG / All Music Guide / Allmusic。音楽情報サイトの権威である。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とオールミュージック · 続きを見る »

カーヴド・エア

ーヴド・エア(Curved Air)は、イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド。1970年代に活動し、その後再結成もしている。女性ボーカリストや、ヴァイオリニストを含む編成が特徴で、後にロキシー・ミュージックやUKで活動するエディ・ジョブソン、ポリスのドラマーとして知られるスチュワート・コープランドも一時在籍していた。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とカーヴド・エア · 続きを見る »

キーボード (楽器)

ーボード(keyboard)とはポピュラー音楽での鍵盤楽器の総称。特にクラシックなどで昔から使われているピアノやオルガン、鍵盤ハーモニカといった従来型の楽器ではないそれらに対して、新種の鍵盤楽器という意味で用いられることも多い。 キーボードを演奏する者はキーボーディストと呼ばれる。ただしキーボード自体厳密な定義がないので、上記同様にポピュラー音楽では、鍵盤楽器であればその奏者はまとめてこの呼称が使われる。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とキーボード (楽器) · 続きを見る »

ギター

ター(Guitar)は、リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。 クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。 ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist)という。 また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキ、もしくはギターと呼ぶ場合も多い。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とギター · 続きを見る »

クリサリス・レコード

リサリス・レコード (Chrysalis Records)は、イギリスのレコードレーベル。レーベル名は設立者の名前(と)から取られた。当初のレーベル名は「Ellis-Wright Agency」だった。 彼らは1968年にアイランド・レコードと契約を結び、程なくして、ライトの名とエリスの姓から名付けられたクリサリス・レコードが創設された。1968年9月18日とされている。なお、英語の「chrysalis」には「蝶の蛹」という意味がある。 1970年代はじめ、このレーベルは、ジェスロ・タル、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどのロック・グループによるヒット作をいくつも出した。その後は、レオ・セイヤーやロリー・ギャラガー等のSSWやジェネレーションXやブロンディなど、ニュー・ウェーヴやパンク・ロックのアーティストたちとも契約した。1980年代には、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなど、既に成功を収めていたバンドとも契約した。 1985年にテリー・エリスの持分を買収したクリス・ライトは、1991年にクリサリス・レコードをEMIに売却した.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とクリサリス・レコード · 続きを見る »

ジェスロ・タル

ェスロ・タル(Jethro Tull) は、イングランド出身のロック/プログレッシブ・ロック・バンド。 時代の変遷に合わせて様々な形態を取り込み進化していった、1960年代末以降におけるロック・ミュージックのルーツを持つバンドの一つ。また、ロックにフルートを持ち込んだ事でも知られ、デビュー当初から独自の存在感を放っていた。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とジェスロ・タル · 続きを見る »

スタジオ・アルバム

タジオ・アルバムは、録音スタジオで制作されたアルバムのこと。稀に録音機材を持ち込んで一般の建物を使用して録音する場合もある。リミックスなどは含まれない。オリジナル・アルバムと呼ばれることもある。この場合はライブ・アルバムが対義語になる。 レコードとしては最も一般的な形態で、現代のポピュラー・ミュージシャンにとって中心となる著作物である。そのためスタジオ・アルバム発表→プロモーション・ツアー(コンサートを含む)というサイクルが通例のルーチンとなっている。 音楽業界全体で見ても、累計で1000万枚以上の売上実績があるヒット・アルバムはそのほとんどがスタジオ・アルバムかサウンドトラックとなっている。 アルバムに対してシングルは、ほとんどスタジオ録音が基本であり、ライブ録音された楽曲があったとしてもそれはB面にライブ・バージョンとして収められ、A面になることは稀である。したがって、シングルをスタジオ・シングルという言い方はしない。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とスタジオ・アルバム · 続きを見る »

器楽曲

器楽曲(きがくきょく)とは、器楽のための楽曲である。対義語は声楽曲。ポピュラー音楽系では英語 (Instrumental)の日本語 (カタカナ)表記でインスツルメンタル、インストルメンタル、インストゥルメンタル、インストゥメンタル、またはこれらを略してインストなどとも言う(対義語はボーカル)。 人声を一切用いず、楽器のみで演奏されれば器楽曲と呼ばれる。狭義には、ピアノなどの独奏楽器のための独奏曲のことをいって、管弦楽、室内楽などと区別する。 またアニメやドラマなどの劇伴において、主題歌の歌声の部分を楽器で演奏した曲も器楽曲(インスト)、または旋律(メロディ)のみの管弦楽曲(オーケストラ)である事から「メロオケ」と呼ぶ。菊池俊輔は1970年代に劇伴を作る際、主題歌のインストを多用していた作曲家として知られる。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)と器楽曲 · 続きを見る »

UK (バンド)

U.K.(ユー・ケー)は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。 1970年代後期、当時の実力派プレイヤーが集結して結成。パンクムーブメントが勃興して既存の音楽が終息する中、ブリティッシュロックの最後を飾る大物として存在感を示した。解散後そのコンセプトは次代のスーパーグループ「エイジア」へと受け継がれた。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)とUK (バンド) · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)と1980年 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)と8月29日 · 続きを見る »

9月1日

9月1日(くがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から244日目(閏年では245日目)にあたり、年末まではあと121日ある。.

新しい!!: A (ジェスロ・タルのアルバム)と9月1日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »