ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

A1W (原子炉)

索引 A1W (原子炉)

A1W はアメリカ海軍の艦艇向け発電・推進用原子炉のプロトタイプである。 型式の A1W は以下のような意味である。.

17 関係: A2W (原子炉)A4W (原子炉)原子力空母原子力発電原子力船原子炉プロトタイプニミッツ級航空母艦アメリカ海軍アメリカ海軍原子炉施設アルコ (アイダホ州)アイダホ州ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーエンタープライズ (CVN-65)航空母艦蒸気タービン艦載機

A2W (原子炉)

A2W はアメリカ海軍の原子力艦艇向け推進・発電用原子炉である。 型式のA2Wは以下のような意味である。.

新しい!!: A1W (原子炉)とA2W (原子炉) · 続きを見る »

A4W (原子炉)

A4W は、アメリカ海軍の原子力艦艇用原子炉であり、推進力の発生と艦内への電力供給に利用される。 型式名の A4W は以下のような意味である。.

新しい!!: A1W (原子炉)とA4W (原子炉) · 続きを見る »

原子力空母

原子力空母(げんしりょくくうぼ)は、原子力を動力源とする航空母艦(空母)。艦内に原子炉を搭載し、原子核反応による反応熱を熱源とする蒸気タービンを動力機関に備えた戦闘用の大型艦船で、長大な航続力を誇る。 原子力空母は、通常英語では という日本の英語辞書によく見られる「」(直訳:「核空母」)という表現はあまり用いられない。。またアメリカ海軍の原子力空母に用いられている記号の は、「汎用航空母艦(原子力推進)」を意味する「」という船体分類法船体分類記号については英語版「Hull classification symbol」項を参照。を略称化した に由来する。.

新しい!!: A1W (原子炉)と原子力空母 · 続きを見る »

原子力発電

浜岡原子力発電所 泊発電所 島根原子力発電所 チェルノブイリ原子力発電所 原子力発電(げんしりょくはつでん、nuclear electricity generation)とは、原子力を利用した発電のことである。現代の多くの原子力発電は、原子核分裂時に発生する熱エネルギーで高圧の水蒸気を作り、蒸気タービンおよびこれと同軸接続された発電機を回転させて発電する。ここでは主に軍事用以外の商業用の原子力発電の全般について説明する。.

新しい!!: A1W (原子炉)と原子力発電 · 続きを見る »

原子力船

原子力船(げんしりょくせん)とは、原子炉を動力源として使う船舶である。原子炉で発生させた熱で蒸気タービンを動かし、スクリューを駆動して航行する。軍艦の場合には「原子力艦」と呼ばれることもある。.

新しい!!: A1W (原子炉)と原子力船 · 続きを見る »

原子炉

建設中の沸騰水型原子炉(浜岡原子力発電所)国土航空写真 原子力工学における原子炉(げんしろ、nuclear reactor)とは、制御された核分裂連鎖反応を維持することができるよう核燃料などを配置した装置を言う。.

新しい!!: A1W (原子炉)と原子炉 · 続きを見る »

プロトタイプ

プロトタイプ(prototype)は、デモンストレーション目的や新技術・新機構の検証、試験、量産前での問題点の洗い出しのために設計・仮組み・製造された原型機・原型回路・コンピュータプログラムのことを指す。 「プロトタイプ」(原型)という言葉の原義的には、量産モデルに発展させることが前提、ないし少なくともそのつもりはあるという点が、実験機や試験機や試作機(車)などと異なるが、たとえば制式採用を決定するコンペで敗れるなどして結局量産されないこともままあり、厳密な区別は無い(難しい)。.

新しい!!: A1W (原子炉)とプロトタイプ · 続きを見る »

ニミッツ級航空母艦

ニミッツ級航空母艦(ニミッツきゅうこうくうぼかん、)は、アメリカ海軍の原子力空母の艦級。世界で初めて量産された原子力空母であり、1番艦の起工から10番艦の就役まで実に40年以上の期間に渡って順次に改正されつつ全10隻が建造された。世界最大級の軍艦としても知られる。 途中で工法や設計の変更が行われたことから、小分類として4~8番艦をセオドア・ルーズベルト級、9・10番艦をロナルド・レーガン級と呼ぶこともある。.

新しい!!: A1W (原子炉)とニミッツ級航空母艦 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: A1W (原子炉)とアメリカ海軍 · 続きを見る »

アメリカ海軍原子炉施設

アメリカ海軍原子炉施設(アメリカかいぐんげんしろしせつ、Naval Reactors Facility, NRF) は、アメリカ合衆国エネルギー省の一施設であり、アイダホフォールズの北西52マイルにある。NRFは海軍用原子炉の研究施設であり、過去には原型炉のA1W、S1W および S5G が設置されていた。政府との請負契約により、ベティス原子力研究所(英語版)やノルズ原子力研究所(英語版)とともにベクテル(Bechtel Marine Propulsion Corporation, BMPC)が運営している。 1950年代初めから1990年代中頃まで、NRFはアメリカ海軍の原子力艦隊を原子炉の試験や使用済み核燃料の処理・保管、水上艦および潜水艦の原子炉運転に携わる4万人近い海軍兵士の訓練などを行うことで支えてきた。 現在では、アメリカ海軍艦艇から出る使用済み核燃料を貯蔵する乾式保管施設と、廃炉作業中の原子炉施設のみが稼働している。.

新しい!!: A1W (原子炉)とアメリカ海軍原子炉施設 · 続きを見る »

アルコ (アイダホ州)

アルコ(Arco)は、アメリカ合衆国のアイダホ州にある都市。人口は2000年国勢調査時で1026人。ビュート郡の郡庁所在地である。 南西の国道20号線沿線にはクレーターズ・オブ・ザ・ムーン国定公園があり、東にはアイダホ州国立研究所 (INL) が位置する。ビッグ・ロスト川沿いの、ロスト川渓谷の玄関口である。.

新しい!!: A1W (原子炉)とアルコ (アイダホ州) · 続きを見る »

アイダホ州

アイダホ州(State of Idaho )は、アメリカ合衆国北西部のロッキー山脈にある州である。州の北はカナダ国境(ブリティッシュコロンビア州)に接し、東はモンタナ州とワイオミング州に、西はワシントン州とオレゴン州に、南はネバダ州とユタ州に接している内陸の州である。 州の大部分が山岳地帯の州であり、面積では全米50州の中で14位、ニューイングランドの面積よりも広い。農業と共に林業、鉱業が盛んである。近年は自然を活かした観光業なども州の大きな収入源になっている。コロンビア川とスネーク川のダムや閘門が整備されたことで、州東端にあるルイストン市は大陸アメリカ合衆国の太平洋岸から最も内陸にある海港になっている。 州都および最大都市はボイシである。 2010年国勢調査に拠れば、州人口は1,567,582人である。アイダホ州の愛称は「宝石の州」であり、ほとんどあらゆる種類の宝石が州内で見つかっている。さらに、スター・ガーネットが見つかった世界で2か所しかない場所の1つであり(もう1つはパキスタンとインドのヒマラヤ山脈)、六角スター・ガーネットが見つかったのはここだけである。また「ジャガイモの州(Potato State)」と呼ばれることもある。州のモットーはラテン語のEsto Perpetua (不滅ならんことを)である。.

新しい!!: A1W (原子炉)とアイダホ州 · 続きを見る »

ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー

ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー()は、アメリカ合衆国の原子力関連企業。略称はWEC。.

新しい!!: A1W (原子炉)とウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー · 続きを見る »

エンタープライズ (CVN-65)

ンタープライズ (USS Enterprise, CVAN/CVN-65) は、アメリカ海軍の航空母艦。世界初の原子力空母であり、アメリカ海軍の戦闘艦船として最長の就役年数を持ち、半世紀にわたって同海軍の象徴となっていた。バージニア州ノーフォークにあるノーフォーク海軍基地を母港とした。 エンタープライズの名を冠する艦としては8隻目であり、先代のエンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) と同じく「ビッグE」の愛称で呼ばれた。艦種分類番号は当初 CVA(N)-65 とされた('N' は原子力の意)が、その後 CVN-65に変更された。同型艦は無い。.

新しい!!: A1W (原子炉)とエンタープライズ (CVN-65) · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: A1W (原子炉)と航空母艦 · 続きを見る »

蒸気タービン

蒸気タービンの動翼 発電用蒸気タービン 蒸気タービン(じょうきタービン、steam turbine)は、蒸気のもつエネルギーを、タービン(羽根車)と軸を介して回転運動へと変換する外燃機関である。火力・原子力・地熱などによる発電や産業用途(発電・ポンプ駆動等)に利用される。蒸気としては一般に水蒸気が使われる。 蒸気を利用する原動機としては、蒸気タービンの他に、蒸気でシリンダ内のピストンを往復運動させるレシプロ型の蒸気エンジンが存在する。レシプロ型については蒸気機関を参照のこと。.

新しい!!: A1W (原子炉)と蒸気タービン · 続きを見る »

艦載機

ドニー」とスーパーマリンウォーラス(1940年) 艦載機(かんさいき)は、軍艦に搭載され、かつそこから運用可能な航空機のこと。広義には、艦船に搭載される全ての航空機(水上機を含めた飛行機、ヘリコプター)を指す。 大日本帝国海軍では、航空母艦に搭載される航空機を艦上機と呼び、他の艦船(戦艦、巡洋艦、水上機母艦、潜水艦など)に搭載される水上機を艦載機と称していた。ただし厳密な区別がなされていたわけではなく、本来は艦上機とすべきものを艦載機と表現している場合も多かった。.

新しい!!: A1W (原子炉)と艦載機 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »