ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

2A46 125mm滑腔砲

索引 2A46 125mm滑腔砲

2A26/2A46()は、ソビエト連邦で開発された後装式滑腔砲。東側諸国の第3世代主力戦車における戦車砲のデファクトスタンダードとなっている。なお、2A26/2A46とはロシア軍制式のGRAUコードであり、企業(現在は第9連邦国営単一企業)側の呼称はD-81T/D-81TM/D-81K(D-81Tは2A26/2A26M-2/2A46、D-81TMは2A46-1、D-81Kは2A46-2に対応)となっている。.

39 関係: APFSDS口径対戦車ミサイル対戦車砲尾栓中華人民共和国主力戦車弾薬後装式チョールヌイ・オリョールメートル毎秒ラインメタル 120 mm L44ロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局ロシア連邦軍デファクトスタンダードガンランチャーソビエト連邦火力 (軍事)砲弾西側諸国自動装填装置M-84PT-91T-62T-64T-72T-80T-80UT-90VT-4 (戦車)東側諸国榴弾滑腔砲戦車砲115mm滑腔砲96式戦車98式戦車99式戦車9M119 (ミサイル)

APFSDS

APFSDS(弾体+装弾筒) 125mm BM15 APFSDS(Armor-Piercing Fin-Stabilized Discarding Sabot)は、戦車の主砲などに使用される砲弾で、装甲を貫くのに特化した砲弾である。日本語では装弾筒付翼安定徹甲弾(そうだんとうつきよくあんていてっこうだん)などといわれる。開発当初はAPDSとの対比としてAPDS-FSと呼ばれていた。この呼称も一部の国で使われている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とAPFSDS · 続きを見る »

口径

口径(calibre)は、火器や砲において銃砲身のサイズを示す言葉である。現在では火器で使用される「口径」の語は、複数の意味で用いられる。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と口径 · 続きを見る »

対戦車ミサイル

トライカー装甲車(ストライカーATGM)から発射されるTOW。有線誘導方式のため、発射機とミサイルがケーブルでつながっている 対戦車ミサイル(たいせんしゃミサイル、anti-tank missile, ATM)は、戦車を攻撃するために用いられるミサイルである。対戦車誘導ミサイル(anti-tank guided missile, ATGM)、対戦車誘導兵器(anti-tank guided weapon, ATGW)とも呼ばれる。 日本の防衛省(自衛隊)においては対戦車誘導弾(たいせんしゃゆうどうだん)と呼称し、MAT(missile anti-tank)の略号を与えている。これはATMを「アトム」と読み得る(実際の「核」の意味で書かれるアトムは「ATOM」である)ため、核兵器を使用しているとの誤解を避けることを目的として、敢えて語順を変更したものである。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と対戦車ミサイル · 続きを見る »

対戦車砲

対戦車砲(たいせんしゃほう)とは、対戦車兵器として使用される火砲である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と対戦車砲 · 続きを見る »

尾栓

尾栓(びせん)は、砲や銃の筒状の部分の末端を密閉する構造のことである。火縄銃では銃身の後端にはめ込まれたボルト状の部品を指すが、後装式の大砲の場合には開け閉めが可能な機械装置となっており閉鎖機(ないし閉鎖器)と呼ばれている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と尾栓 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と中華人民共和国 · 続きを見る »

主力戦車

主力戦車(しゅりょくせんしゃ、英語:、略称:MBT)は、戦車の分類の1つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。 第二次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車など多様であった。戦後、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるように走攻守をバランス良く備えた主力戦車が登場し統合が進んでいった。その背景には戦術の確立と技術の発展があった。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と主力戦車 · 続きを見る »

弾薬

弾薬(だんやく)は、銃や砲などの火器を撃つときに必要な弾丸と火薬を組み合わせた物。近代の銃では一体化され、実包と呼ばれる。武器使用のために部隊に補給すべき消耗品全般を指す事もある。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と弾薬 · 続きを見る »

後装式

後装式(こうそうしき)は、銃砲の装填方式を2つに大別した1つで、銃砲身の尾部から砲弾と装薬を装填する方式を言う。銃砲口から装填する前装式の対義語。 後込め(あとごめ)、元込め(もとごめ)、砲尾装填式とも呼ばれる。後装式の銃砲を後装銃、後装砲、ブリーチローダー(breech loader)と言う。後装式では銃砲の尾栓(閉鎖機)に工夫が必要となる。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と後装式 · 続きを見る »

チョールヌイ・オリョール

チョールヌイ・オリョール(英:Chyornyh Oryol, 露:Чёрный орёл)は、ロシア連邦で開発された主力戦車である。名称はロシア語で"黒い鷲"の意で、「カザノワシ」のことである。対外的にブラック・イーグル(英:Black Eagle)という英名も使用される。 1990年代に開発され、ロシア連邦軍を始めとして多方面に売り込みが図られていたが、開発元の国営公社オムスク戦車工場(英:Omsk Transmash, 露:Омский завод транспортного машиностроения(ГУП «Омсктрансмаш»))の経営状況の悪化により開発中止となった。 なお、日本語では「チョールヌィイ・オリョール」「チョルヌィー・オリョール」などとも表記される。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とチョールヌイ・オリョール · 続きを見る »

メートル毎秒

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度の単位である国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。。1メートル毎秒は、「1秒間に1メートルの速さ」と定義される。なお、速さと速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。 単位記号は、m/s である。m/sec としてはならない。 日常会話では「秒速何メートル」とも表現する。また、風速は日本では通常メートル毎秒で測るが、「毎秒」を省略して「風速何メートル」と表現することが多い。 1メートル毎秒は、以下に等しい。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とメートル毎秒 · 続きを見る »

ラインメタル 120 mm L44

ラインメタル 120 mm L44(Rheinmetall 120 mm L/44)は、ドイツのラインメタル社が開発した44口径120mm滑腔戦車砲である。その規格はイギリスのチャレンジャー1/2を除き、ほとんどの西側諸国が主力戦車の戦車砲に採用するという実績をもつ。 アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズがM256の名称でライセンスを取得しており、日本でも日本製鋼所が90式戦車用にライセンス生産を行っている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とラインメタル 120 mm L44 · 続きを見る »

ロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局

ア連邦国防省ロケット・砲兵総局(ロシア語:Главное ракетно-артиллерийское управление МО РФ (ГРАУ、以下GRAUと呼称。)は、ロシア連邦国防省隷下のロシア連邦軍兵器部の一部署である。 GRAUの重要な役割として、ロシア軍の制式採用された兵器・装備類にGRAUインデックス(またはGRAUコードとも)という認識番号を付与するという事が挙げられる。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とロシア連邦国防省ロケット・砲兵総局 · 続きを見る »

ロシア連邦軍

ア連邦軍(ロシアれんぽうぐん、Вооруженные силы Российской Федерации、略称: ВС РФ、Armed Forces of the Russian Federation)は、ロシア連邦の軍隊である。 ソ連崩壊後の1992年に、旧ソ連の核兵器を含むソビエト連邦軍の主力を継承して成立した。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とロシア連邦軍 · 続きを見る »

デファクトスタンダード

デファクトスタンダード()とは、「事実上の標準」を指す用語である。de factoはラテン語で「事実上、実際には」を意味する。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とデファクトスタンダード · 続きを見る »

ガンランチャー

ンランチャーからMGM-51を発射するM551 ガンランチャー(Gun/Launcher.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とガンランチャー · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とソビエト連邦 · 続きを見る »

火力 (軍事)

軍事における火力(かりょく、fire power)は、戦闘時の主要な能力の1つであり、狭義には銃や大砲といった火器やロケット弾などの威力を指すが、広義には離れた場所から敵を加害する能力全般を指す。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と火力 (軍事) · 続きを見る »

砲弾

台北国軍歷史文物館に展示されている銃砲弾 砲弾(ほうだん、shell,cannonball)は、大砲に使用される弾丸のこと。複数の種類が存在し、目標・目的によって使い分けられる。陸上自衛隊の定義では「口径20mm以上の弾丸」のことで、それ未満のものを小火器弾薬とする。 日本語の「砲弾」の場合は、大砲用の弾丸を広く含めるが、英語の"shell"は、本来は炸薬が詰まった種類のもののみを指し、炸薬が詰まっていない弾丸については"shot"と呼び分けていた。現在では炸薬の入っていない徹甲弾のようなものも、"shell"と呼んでいる。なお、1868年のサンクトペテルブルク宣言は、小口径の弾丸には炸薬を詰めることを制限しており、「量目400g以下」かつ「爆発性または燃焼性の物質を充てたる発射物」の使用を締約国間のみの戦争では禁止している。 海上自衛隊の76ミリ砲弾と薬莢.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と砲弾 · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と西側諸国 · 続きを見る »

自動装填装置

自動装填装置(じどうそうてんそうち)は、物体を別の容器や装置に機械で自動的に装填する装置を指す。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と自動装填装置 · 続きを見る »

M-84

M-84(セルビア語:М-84;クロアチア語:M-84)は、ユーゴスラビアで1980年代に開発された第三世代主力戦車である。ソ連で開発されたT-72Mが元となっている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とM-84 · 続きを見る »

PT-91

PT-91 「トファルディ」()は、ポーランドで開発された主力戦車。T-72M1の発展型であり、1995年に配備された。開発は機械設備開発研究センター(OBRUM)、生産は社が行った。この会社はポーランドの軍事コンソーシアム「」グループの一部である。 T-72からの変更点は、射撃統制システム (FCS)、爆発反応装甲、エンジンの高出力化、トランスミッション、自動装填装置などである。他のT-72発展型と違い、ポーランド陸軍のPT-91はエンジン、FCS、通信装置などにほぼ自国製の製品を用いている。チェコの、グルジアのT-72SIM-1、インドのT-72 Ajeya Mk2などと同様に、これらの部品は既存のT-72を改修するのに用いられた。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とPT-91 · 続きを見る »

T-62

T-62(Т-62テー・シヂスャート・ドヴァー)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-62 · 続きを見る »

T-64

T-64(Т-64テー・シヂスャート・チトィーリェテー・シスッデスャート・チョトィールィ -->)は、1960年代にソビエト連邦が開発した第2世代主力戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-64 · 続きを見る »

T-72

T-72(ロシア語:Т-72テー・セーミヂェシャト・ドヴァー)は、1971年にソビエト連邦で開発された主力戦車である。ロシアでは「ウラル」(Урал)と言う愛称がある。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-72 · 続きを見る »

T-80

T-80(ロシア語:Т-80テー・ヴォースィェミヂスャト;ウクライナ語:Т-80テー・ヴォスィムデスャート)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-80 · 続きを見る »

T-80U

T-80U(ロシア語:Т-80Уテー・ヴォースィェミヂスャト・ウー)は、ソビエト連邦・ロシア連邦の戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-80U · 続きを見る »

T-90

T-90( テー・ヂヴィノースタ)は、ソビエト連邦、およびロシア連邦が開発した第三世代主力戦車である。T-72をベースに大幅に改良してより高価なT-80Uのレベルに近づけた戦車で、1992年にロシア連邦軍が制式採用した。ロシアでの愛称は「ヴラジーミル/ウラジーミル」(Владими́р)である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とT-90 · 続きを見る »

VT-4 (戦車)

VT-4()は中華人民共和国が開発した海外輸出向けの主力戦車である。本系列は90-II式戦車(MBT-2000/VT-1)の発展型である。また、パキスタンではアル=ハイダル戦車としてライセンス生産が計画されている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲とVT-4 (戦車) · 続きを見る »

東側諸国

東側諸国 東側諸国(ひがしがわしょこく、東側、社会主義陣営、共産主義陣営とも、Eastern Bloc、イースタンブロック)とは、冷戦の間、ソビエト連邦および中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの衛星国(ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ポーランド、1960年代前半まではアルバニアも含む)を指して使われた言葉である。対する陣営は西側諸国。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と東側諸国 · 続きを見る »

榴弾

榴弾(りゅうだん、High Explosive、HE)は、狭義には、砲弾の種類。爆発によって弾丸の破片が広範囲に飛散するように設計されている。 広義には、成形炸薬弾である対戦車榴弾や粘着榴弾など、着弾時に火薬の効果を用いる砲弾や、砲弾に限らず爆弾の内部に炸薬を詰めたものも指す。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と榴弾 · 続きを見る »

滑腔砲

滑腔砲(かっこうほう、英:smoothbore、スムーズボア)は、砲身内にライフリング(旋条)が無い砲のこと。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と滑腔砲 · 続きを見る »

戦車砲

戦車砲(せんしゃほう)は、戦車に搭載された主砲の総称。 最初から戦車への搭載用として設計された物もあるが、既成の野砲、高射砲、対戦車砲をもとに車載用に改造された物も多く、反動を軽減するためのマズルブレーキの追加や駐退機の強化、閉鎖器を螺旋式や水平鎖栓式から垂直鎖栓式に変更、排煙器の追加などの手が加えられている。 かつての戦車の任務が塹壕の突破・歩兵支援であり、また、戦車の砲塔も小型であったため、榴弾砲や小口径の対戦車砲が搭載されていたが、第二次世界大戦では戦車同士の戦闘が増え、また、装甲とともに強化されていったため、現代では戦車砲として搭載されるのは対装甲貫徹力のある高初速砲だけである。1960年代には榴弾砲と対戦車ミサイル発射管を兼ねたガンランチャーも登場したが廃れ、現在は9M119やLAHATの様に通常の戦車砲から発射できる対戦車ミサイルが登場している。 以前は弾丸に回転を与えて弾道を安定させるライフル砲が主流だったが、APFSDS弾や回転により威力の落ちるHEAT弾の登場と共にライフリングの無い滑腔砲が採用されている。21世紀初頭の現在では口径120mm前後のものが主流であり、140mm級も開発されているが、発射時の反動を抑えるのに必要な車輌重量や砲弾の重量が大きすぎる事から採用には至っていない。120mm砲でも砲弾の重さが人力で装填できる限界にきているため、自動装填装置導入に踏み切る戦車が増えている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と戦車砲 · 続きを見る »

115mm滑腔砲

本項では、ソビエト連邦で開発された115mm滑腔砲について述べる。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と115mm滑腔砲 · 続きを見る »

96式戦車

96式戦車(96しきせんしゃ、別名:88C式戦車(96式主战坦克、ZTZ-96/ZTZ-88C/WZ-122H)は、中国の戦車。世代としては第2世代に属し、事実上、中国における最後の第2世代戦車である。現在までに約1,500両近く生産されている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と96式戦車 · 続きを見る »

98式戦車

98式戦車(98しきせんしゃ 98式主战坦克・9910計画/ZTZ-99技術実証車/WZ-123)は、中華人民共和国の第3世代戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と98式戦車 · 続きを見る »

99式戦車

99式戦車(99しきせんしゃ 99式主战坦克、ZTZ-99/WZ-123B)は、中華人民共和国が開発した第3世代主力戦車である。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と99式戦車 · 続きを見る »

9M119 (ミサイル)

9M119 レフレークス(ロシア語:9М119 «Рефлекс»ヴェーヴャチ・エーム・ストー・ヂヴィナーッツァチ・リフリェークス)は、ソ連で開発された対戦車ミサイルである。改良型は、9M119M レフレークスMと呼ばれた。ミサイル本体は9M119であるが、ミサイル発射システムは9K119と呼ばれる。北大西洋条約機構(NATO)の用いたNATOコードネームでは、9M119はAT-11 スナイパー(Sniper)、9M119MはAT-11 スナイパーB(Sniper-B)と呼ばれた。なお、9M119はGRAUコードによる番号である。 なお、愛称に関しては、9M119に対してはロシアのスヴィーリ川に因んだ「スヴィーリ」という愛称が使われ、9M119Mに対して「レフレークス」が用いられたとする資料も少なくないが、ロシアではこのような区分は見られず、「スヴィーリ」は9M120の愛称とされている。.

新しい!!: 2A46 125mm滑腔砲と9M119 (ミサイル) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

2A46

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »