ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

索引 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ地区予選は、2008年から行われたヨーロッパ地域の2010 FIFAワールドカップ・予選である。本大会出場枠13であり、欧州サッカー連盟加盟国・地域全53チームが9組に分かれ、ホーム・アンド・アウェー方式で行われた。.

45 関係: 延長戦マリボルモスクワリスボンルジニキ・スタジアムブライアン・カウエンパリビデオ判定ティエリ・アンリフットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドドネツィクドンバス・アリーナホーム・アンド・アウェーダブリンアルジェリアアテネアテネ・オリンピックスタジアムアウェーゴールエジプトエスタディオ・ダ・ルスクローク・パークジョバンニ・トラパットーニスタッド・ド・フランスゼップ・ブラッターゼニツァサンケイスポーツサン=ドニ再試合国際サッカー連盟産業経済新聞社賭博FIFAランキング欧州サッカー連盟時事通信社10月16日10月19日11月18日11月20日11月21日11月25日12月2日2007年2008年2009年2010 FIFAワールドカップ・予選

延長戦

延長戦(えんちょうせん)とは、スポーツやゲームなどで、規定の時間や攻撃回数を終えるまで競技を行っても決着がつかない場合に、勝負の決着を付けるために競技を継続すること。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と延長戦 · 続きを見る »

マリボル

マリボル(スロベニア語Maribor マーリボル、ドイツ語 Marburg an der Drau マールブルク・アン・デア・ドラウ)は、スロベニア北東部の市。スロベニアの中で2番目に大きい都市であり、11の特別市のうちの1つである。 マリボルは、ドラヴァ川とポホリェ山地が出会う場所、ドラヴァ川谷にある。シュタイエルスカ地方最大の都市で、オーストリアのグラーツとはおよそ60km程度の距離である。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とマリボル · 続きを見る »

モスクワ

モスクワ(ロシア語:Москва́ IPA: マスクヴァー、)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市」(Город Москва)となる。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。漢字による当て字は莫斯科。英語で発音した場合には、モスコーあるいはモスカウ(Moscow )のようになる。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とモスクワ · 続きを見る »

リスボン

リスボン(Lisboa 、 リジュボア、Lisbon )は、ポルトガルの首都で同国最大の都市である。市域人口は547,631人を擁し、市域面積はに過ぎないが、そのぶん高い人口密度を保持している。リスボンの都市的地域は行政区としての市域を越えて広がっており、人口は300万人を超え, March 2010、面積はを占めており、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏を形成している。約3,035,000人 の人々が、に暮らし、ポルトガルの全人口の約27%を占めている。リスボンはヨーロッパの大都市では最も西にある都市であると同時に、ヨーロッパの中で最も西側に位置する政府首都でもある。ヨーロッパ諸国の首都のなかで唯一の大西洋岸にあるリスボンは、イベリア半島の西側、テージョ川の河畔に位置している。 リスボンは金融や商業、出版、娯楽、芸術、貿易、教育、観光と言った様々な分野で重要な都市であることから、世界都市と見なされている。 ポルテラ空港は2012年に1,530万人の旅客を扱い、高速道路Auto-estradaや高速列車アルファ・ペンドゥラールによりポルトガルの他の主要都市と結ばれている。南ヨーロッパではイスタンブール、ローマ、バルセロナ、マドリード、アテネ、ミラノに次いで7番目に多くの観光客が訪れる都市で、2009年には1,740,000人の観光客が訪れた。リスボンの総所得は世界の都市で32番目に高い位置を占めている。 ポルトガルの多国籍企業の本社はほとんどがリスボン地域に置いており、世界では9番目に多くの国際会議が開かれる都市でもある。 また、ポルトガルの政治の中心での首府やポルトガルの大統領官邸が置かれている他、やリスボン県の中心でもある。 世界的にも古い歴史がある都市の一つで、西ヨーロッパでは最古の都市であり現代のヨーロッパの他の首都であるロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年遡る。ガイウス・ユリウス・カエサルはフェリキタス・ユリアFelicitas Juliaと呼ばれるムニキピウムを創建し、オリピソOlissipoの名に加えた。5世紀から一連のゲルマン人部族により支配され、8世紀にはムーア人により攻略された。1147年、ポルトガル王国の建国者アフォンソ1世下のレコンキスタでのリスボン攻防戦で、ポルトガルはムーア人からリスボンを奪回する。以来、リスボンはポルトガルの主要な政治、経済、文化の中心となっている。ほとんどの首都と異なり、リスボンのポルトガルの首都としての地位は法令や書面の形式では公式に認められたり確認されていない。首都としての地位は憲法制定会議を通じて事実上の首都としてに定められている。 リスボンには欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)と欧州海上保安機関(EMSA)の2つの欧州連合の専門機関が置かれている。「ルゾフォニアの世界の首都」と呼ばれポルトガル語諸国共同体の本部がに置かれている。ベレンの塔とジェロニモス修道院の2つはUNESCOの世界遺産に登録されている。さらに1994年、リスボンは欧州文化首都になり、1998年にはリスボン国際博覧会が開催された。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とリスボン · 続きを見る »

ルジニキ・スタジアム

ルジニキ・スタジアム (露:Стадион Лужники、英:Luzhniki Stadium) は、ロシアの首都・モスクワにあるスタジアム。ロシア語読みではスタディオーン・ルジニキー。正式名称はルジニキ・オリンピック・コンプレックス・グランド・スポーツ・アリーナ(露:Большая спортивная арена Олимпийский комплекс «Лужники»)、旧称はレーニン・スタジアムといった。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とルジニキ・スタジアム · 続きを見る »

ブライアン・カウエン

ブライアン・カウエン(,; 1960年1月10日 - )は、アイルランドの政治家。同国第18代首相 (Taoiseach)。2008年5月8日に自らが率いるフィアナ・フォイル(共和党)と、緑の党、進歩民主党で連立を組み、また無所属のドイル・エアラン(下院)議員から支持を受けて首班指名を受けた。 1984年にリーシュ=オファリー選挙区で当選して以来、ドイル・エアラン議員を務める。また閣僚として、労働相(1992年 - 1993年)、エネルギー相(1993年)、運輸・エネルギー・通信相(1993年 - 1994年)、保健・児童相(1997年 - 2000年)、外相(2000年 - 2004年)、財務相(2004年 - 2008年)を歴任し、また2007年から2008年にかけては副首相 (Tánaiste) も兼務した。また2008年4月9日にはバーティ・アハーンの後任としてフィアナ・フォイル党首に選出される アイルランド放送協会 2008年4月9日 。2008年5月7日、ドイル・エアランは前日にアハーンが首相を辞職したことを受けてカウエンを新首相に選出した。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とブライアン・カウエン · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とパリ · 続きを見る »

ビデオ判定

ビデオ判定(ビデオはんてい、Instant replay, Challenge)とは、スポーツ競技において審判員の肉眼での判定が難しいときや、審判員の判定に異議があるときに、撮影・録画されたビデオ映像(動画)を活用して判定を行う方式である。本来は人間(審判員)がリプレイ映像を確認する行為を指すが、ホークアイに代表されるような機械判定も広くビデオ判定と呼ばれ、混乱を生んでいる。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とビデオ判定 · 続きを見る »

ティエリ・アンリ

ティエリ・ダニエル・アンリ(Thierry Daniel Henry, 1977年8月17日 - )は、フランス・エソンヌ県レ・ジュリス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者(ベルギー代表コーチ)。元フランス代表で、フランス歴代最多の51得点を記録している。現役時代のポジションはフォワード。 プレミアリーグ歴代最多となる4度の得点王受賞をはじめ、FWA(Football Writers' Association、サッカーライター協会)の投票によるFWA年間最優秀選手賞を3度受賞、PFA年間最優秀選手賞を2度受賞、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを同賞最多の5度受賞と数々の個人タイトルを獲得。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とティエリ・アンリ · 続きを見る »

フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド

フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド(Football Association of Ireland)はアイルランド共和国のサッカーを統括する団体である。略称はFAI。 日本語では一般的に「アイルランドサッカー協会」として言及されることが多いが、フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドが創設される1921年以前は、現在北アイルランドのサッカーを統括しているアイリッシュ・フットボール・アソシエーションがアイルランド全域を統括するサッカー協会であり、「アイルランドサッカー協会」と言及できるものであった。このためこの項目名は、フットボール・アソシエーション・オブ・アイルランドとするものである。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とフットボール・アソシエーション・オブ・アイルランド · 続きを見る »

ドネツィク

ドネツィク (Донецьк, ラテン文字表記 Donets’k;;ドネツク IPA: )は河畔のウクライナの工業都市である。 1924年まではユゾフカ Yuzovka、1924年から1961年はスターリノStalinoなどの名称だったドネツィクはドネツィク州の行政的な中心で、歴史的にドンバスでは大きな経済や文化など非公式ながら主都である。 ドネツィクは隣接した他の大きな都市であるマキイフカや他の周辺部の都市と一緒に地域の大きな都市化したスプロールやコナベーションを形成している。ドネツィクはウクライナの主要な経済や工業、科学の中心で、企業や熟練した労働力が集中している。 ドネツィクはウェールズの実業家ジョン・ヒューズにより1869年に創設され、製鉄所やいくつかの炭鉱がこの地域に建設された。街の名称は創建に関わったジョン・ヒューズの役割を認め、ユゾフカYuzovka (Юзовка) と名付けられた。("Yuz"はロシア語やウクライナ語でヒューズに近似。)ソ連時代、ドネツィクでは製鉄業が拡大した。1924年に街の名称はスタリノStalino (Сталино) の改称され、1932年にはドネツィク地域の中心となった。1961年に街の名称はドネツィクに改称され、今日でもウクライナの炭鉱と重要な製鉄業の中心として残っている。 ドネツィクの人口は2010年現在で982,000人 で都市圏の人口は2011年現在で200万人を超える。2001年ウクライナ国勢調査によればドネツィクはウクライナでは5番目に大きな都市であった。 街には「100万の薔薇の街」と言う愛称が付いている。 2014年以降、市内の大半の地域はウクライナ政府の管轄が及んでおらず、ドネツク人民共和国の支配下に置かれている。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とドネツィク · 続きを見る »

ドンバス・アリーナ

ドンバス・アリーナ()は、ウクライナ・ドンバス地方ドネツィクに位置する球技場。2009-10シーズンからFCシャフタール・ドネツクの本拠スタジアムとなっていたが、2014年ウクライナ内戦の影響でアリーナ・リヴィウに本拠地を移した。その後2017年よりメタリスト・スタジアムに再移転した。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とドンバス・アリーナ · 続きを見る »

ホーム・アンド・アウェー

ホーム・アンド・アウェーは、主にサッカーなどのスポーツにおいて、2チームがそれぞれのホームタウンで1度ずつ計2回対戦する方式のこと。広義のラウンドロビントーナメントである。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とホーム・アンド・アウェー · 続きを見る »

ダブリン

ダブリン(Dublin 、アイルランド語:Baile Átha Cliath または Dubh linn)は、アイルランド島東部の都市で、アイルランドの首都である。リフィー川河口に位置し、その南北に町が広がる。 アイルランドの政治・経済・交通・文化の中心地であり、アイルランドの全人口の3分の1がダブリン首都圏に集中するアイルランド国内最大の都市である。欧州有数の世界都市であり、重要な金融センターの一つになっている。 市内にはアイルランド人の権利の拡大に尽力した人々やイギリスからの独立運動のために命を落とした活動家の名前が記念日や通りの名前に多く見られる。ダニエル・オコンネルに因む町の目抜き通りのオコンネル通りやパトリック・ピアースにちなむピアース通り、コノリー駅などが例に挙げられる。これらは本来は別の名前がつけられていたが、1921年の独立後に改名されたものである(オコンネル通りはかつてはサックビル通りと呼ばれていた)。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とダブリン · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とアルジェリア · 続きを見る »

アテネ

アテネ(現代ギリシア語: Αθήνα; Athína;; カサレヴサ: Ἀθῆναι, Athinai; 古代ギリシア語: Ἀθῆναι, Athēnai)は、ギリシャ共和国の首都で同国最大の都市である。 アテネはアッティカ地方にあり、世界でももっとも古い都市の一つで約3,400年の歴史がある。古代のアテネであるアテナイは強力な都市国家であったことで知られる。芸術や学問、哲学の中心で、プラトンが創建したアカデメイアやアリストテレスのリュケイオンがあり、西洋文明の揺籃や民主主義の発祥地として広く言及されており、その大部分は紀元前4-5世紀の文化的、政治的な功績により後の世紀にヨーロッパに大きな影響を与えたことは知られている。今日の現代的なアテネは世界都市としてギリシャの経済、金融、産業、政治、文化生活の中心である。2008年にアテネは世界で32番目に富める都市に位置し、UBSの調査では25番目に物価が高い都市に位置している。 アテネ市の人口は655,780人Hellenic Statistical Authority, Hellenic Statistical Authority (EL.STAT.), 22 July 2011.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とアテネ · 続きを見る »

アテネ・オリンピックスタジアム

アテネ・オリンピック・スタジアム (Ολυμπιακό Στάδιο、Olympic Stadium, Athens、または、Spiridon "Spiros" Louis) は、ギリシャのアテネのアテネオリンピックスポーツコンプレックス内にある多目的スタジアムである。サッカーギリシャ代表のホームとなっている他に、AEKアテネとパナシナイコスのホームスタジアムとなっている。収容人数は75,000人。設計者はサンティアゴ・カラトラバが手掛けている。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とアテネ・オリンピックスタジアム · 続きを見る »

アウェーゴール

アウェーゴールルール(Away Goals Rule)は、サッカーのホーム・アンド・アウェー方式による2チーム間での対戦において、その勝敗(勝ち上がるチーム)を決定する必要がある場合に多く採用されている勝敗決定方式の一つ。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とアウェーゴール · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とエジプト · 続きを見る »

エスタディオ・ダ・ルス

タディオ・ダ・ルス (正式名称: エシュタディウ・ド・スポルト・リスボン・エ・ベンフィカ (Estádio do Sport Lisboa e Benfica) は、ポルトガル共和国リスボンにあるサッカースタジアムである。「エスタディオ・ダ・ルス」は「光のスタジアム」の意。リーガ・ゾン・サグレス・SLベンフィカのホームスタジアムである。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とエスタディオ・ダ・ルス · 続きを見る »

クローク・パーク

ーク・パーク(Páirc an Chrócaigh, Croke Park)は、アイルランドのダブリンにあり、アイルランドで最大のスポーツ機構であるゲーリック体育協会 (GAA) の主要スタジアムの一つで、本部が置かれている。アイルランド最大のスタジアムで、ヨーロッパでは4番目の規模となる。 ゲーリック・ゲームズの専用スタジアムであったが、改修中のランズダウン・ロードに代わって、2007年からサッカーとラグビーの国際試合が行われるようになった。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とクローク・パーク · 続きを見る »

ジョバンニ・トラパットーニ

ョヴァンニ・トラパットーニ(Giovanni Trapattoni、1939年3月17日 - )は、イタリア・クザーノ・ミラニーノ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。 監督としてイタリア、ドイツ、ポルトガル、オーストリアの異なる4ヶ国でリーグ制覇を成し遂げ、ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)主催の3大タイトル(UEFAチャンピオンズカップ、UEFAカップ、UEFAカップウィナーズカップ)及びトヨタカップの両方を制覇した唯一の人物。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とジョバンニ・トラパットーニ · 続きを見る »

スタッド・ド・フランス

タッド・ドゥ・フランス(Stade de France、 スタード ド フラーンス)は、フランスのパリ北郊、イル=ド=フランス地域圏セーヌ=サン=ドニ県のサン=ドニにある多目的スタジアム。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とスタッド・ド・フランス · 続きを見る »

ゼップ・ブラッター

ヨーゼフ・“ゼップ”・ブラッター(Joseph "Sepp" Blatter, 1936年3月10日 - )は、第8代国際サッカー連盟(FIFA)会長。同職在任中の1998年から2015年までの間に、資金工作をはじめとする組織的不正や詐欺、汚職がFIFAの事務局内で横行してきたことが明るみになり、2015年末の時点で実質的な職務停止処分を受け、現在に至っている。また汚職については本人も2015年FIFA汚職事件における不正支出に関して捜査を受けている最中である。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とゼップ・ブラッター · 続きを見る »

ゼニツァ

ニツァ(Zenica, Zenica, Зеница, Senitza, زينيتسا, زنیتسا, זניצה‎)はボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦のゼニツァ=ドボイ県の都市および基礎自治体である。ゼニツァ=ドボイ県の県都でサラエヴォの北70kmに位置しボスナ川河畔の都市で周囲は山や丘陵地に囲まれている。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とゼニツァ · 続きを見る »

サンケイスポーツ

ンケイスポーツは、産業経済新聞社(産経新聞社)が発行するスポーツ新聞である。通称サンスポ。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とサンケイスポーツ · 続きを見る »

サン=ドニ

ン=ドニ(Saint-Denis)はフランス、セーヌ=サン=ドニ県のコミューン。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とサン=ドニ · 続きを見る »

再試合

再試合(さいしあい)とは、競技において何らかの事情により勝負が決しなかった場合、勝敗を決するために改めて行う試合のことである。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と再試合 · 続きを見る »

国際サッカー連盟

国際サッカー連盟(こくさいサッカーれんめい、Fédération Internationale de Football Association)は、サッカー(アソシエーション式フットボール)の国際統括団体であり、スイスの法律に基づいた自立法人である。略称はFIFA( フィファ、 フィーファ)。本部はスイスのチューリッヒに置かれている。 2018年時点で全211協会が加盟し、競技団体としては世界最大である。FIFAワールドカップ・FIFA女子ワールドカップの主催が、最も大きな任務となっている。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と国際サッカー連盟 · 続きを見る »

産業経済新聞社

株式会社産業経済新聞社(さんぎょうけいざいしんぶんしゃ、Sankei Shimbun Co., Ltd.)は、フジサンケイグループの新聞社、出版社である。フジ・メディア・ホールディングスの持分法適用会社である。通称は産経新聞社(さんけいしんぶんしゃ)。 産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジの発行元である。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と産業経済新聞社 · 続きを見る »

賭博

賭博(とばく、gambling、Glücksspiel、jeu d'argent)とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと広辞苑第六版「賭博」。 賭(け)事、博打(ばくち)、博奕(ばくえき)、勝負事とも。日本語では和製英語で「ギャンブル」とも言う。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と賭博 · 続きを見る »

FIFAランキング

FIFAランキング(正式名称:FIFA/Coca-Cola World Ranking)は、国際サッカー連盟 (FIFA) により発表されるランキング。1993年から発表が始まり、FIFAに加盟する各国・地域の男子Aナショナルチーム(A代表。年齢制限のない最強の代表)の国際Aマッチ(A代表同士の公式国際試合)の成績をもとにポイント化し、集計して毎月発表される。正式名称にもあるように、FIFAのオフィシャルパートナーであるコカ・コーラが協賛している。これまで、算出方法が、3度変更されており、2018 FIFAワールドカップ後の2018年7月19日発表のFIFAランキングから4度目の変更となる。4度目の変更でも、国際Aマッチの成績から算出してポイント化することには変わりはないが、過去4年間の縛りが無くなる他、加算方式に変更される。詳細は、下記の算出方法の2018年方式の算出方法の項を参照。 女子にもFIFAランキングがあるが、過去の女子Aナショナルチーム(女子A代表)の全試合の結果が対象となるなど男子とは異なる点がある。詳細はFIFA女子ランキングを参照のこと。以下の記述は男子のFIFAランキングについてである。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選とFIFAランキング · 続きを見る »

欧州サッカー連盟

欧州サッカー連盟(おうしゅうサッカーれんめい、Union of European Football Associations、Union des associations européennes de football)は、ヨーロッパの各国・地域サッカー協会を統括する、国際サッカー連盟(FIFA)傘下のサッカーの大陸連盟である。 頭字語(略称)のUEFA(日本語発音:ウエファ、 ユーエイファ)で呼ばれることが多い。 UEFAは、イタリア、フランス、ベルギー協会間での協議の後、1954年6月15日にバーゼルで設立された。当初は、25の協会からなっていたが、1990年代初めまでに加盟協会は倍に増加した。ヨーロッパの全ての主権国の協会がUEFAの会員となっているわけではないが、非会員の国家は全てミニ国家である。以前はアジアサッカー連盟(AFC)に加盟していたいくつかのアジアの国も、政治的理由などによりUEFAへの加盟が認められている(イスラエル(政治的理由)とカザフスタンはAFCから転籍した)。 1959年までは、本部はパリに位置し、後にベルンにあった。1995年から、UEFA本部はスイスのニヨンへ移転した。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と欧州サッカー連盟 · 続きを見る »

時事通信社

株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、Jiji Press Ltd.)は、1945年11月に創立された日本の通信社である国際地域研究センター『世界のメディア』p90。同盟通信社の法人サービス部門が母体。国内78カ所、海外28カ所の支社や支局を有する。 以前は略語に JP (JijiPress) を使用していたが、現在は Jiji を使用している。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と時事通信社 · 続きを見る »

10月16日

10月16日(じゅうがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から289日目(閏年では290日目)にあたり、年末まであと76日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と10月16日 · 続きを見る »

10月19日

10月19日(じゅうがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から292日目(閏年では293日目)にあたり、年末まであと73日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と10月19日 · 続きを見る »

11月18日

11月18日(じゅういちがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から322日目(閏年では323日目)にあたり、年末まであと43日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と11月18日 · 続きを見る »

11月20日

11月20日(じゅういちがつはつか、じゅういちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から324日目(閏年では325日目)にあたり、年末まであと41日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と11月20日 · 続きを見る »

11月21日

11月21日(じゅういちがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から325日目(閏年では326日目)にあたり、年末まであと40日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と11月21日 · 続きを見る »

11月25日

11月25日(じゅういちがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から329日目(閏年では330日目)にあたり、年末まであと36日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と11月25日 · 続きを見る »

12月2日

12月2日(じゅうにがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から336日目(閏年では337日目)にあたり、年末まであと29日ある。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と12月2日 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と2009年 · 続きを見る »

2010 FIFAワールドカップ・予選

2010 FIFAワールドカップの予選には、FIFAに加盟している208の国・地域のうち、パプアニューギニア、ブルネイ、ラオス、フィリピンを除く204の国・地域(開催国南アフリカを含む)がエントリーし、後に棄権したブータン、グアム、中央アフリカ、サントメ・プリンシペ、エリトリアを除いても過去最多となる199の国・地域が参加した。 なお、エチオピアは既に予選4試合を終えていた2008年10月にFIFAから予選除外処分を受けた。ワールドカップ予選は2007年8月25日にオセアニア地区の予備予選を兼ねる南太平洋大会のサッカー競技でスタート。各大陸予選の組み合わせ抽選は2007年11月25日にダーバンで行われた。 また、予選のグループリーグの順位決定方法は、前回ドイツ大会の予選では「勝ち点が並んだ場合は得失点差ではなく、当該チームの直接対決で上回ったほうが上位になる」方式であったが、今大会の予選ではドイツ本大会同様「勝ち点が並んだ場合は、グループリーグでの得失点差、グループリーグでの総得点、当該チームの直接対決の成績の順」という従来の順位決定方式に戻されている。.

新しい!!: 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選と2010 FIFAワールドカップ・予選 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

2010 FIFAワールドカップ ヨーロッパ地区予選

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »