ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

19世紀

索引 19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

1734 関係: ABO式血液型功利主義劉坤一劉鶚劉永福力士原子原子物理学原子論厳復垂簾聴政おらが春たけくらべ偐紫田舎源氏にごりえ半島戦争博物学十返舎一九印象派千人隊南京市南京条約南北戦争南総里見八犬伝南部古典物理学台湾右大臣参謀本部同治帝合巻合成繊維吉田松陰坪内逍遥坂下門外の変坂本龍馬堀田正睦夏のない年夏季オリンピック夢判断大塩平八郎大塩平八郎の乱大不況 (1873年-1896年)大久保利通大御所時代大ブルガリア公国大コロンビア大相撲大隈重信大韓帝国...大阪大英博物館大老大陸封鎖令大陸国家大村益次郎大津事件大戦争大日本帝国憲法大政奉還天京攻防戦天体物理学天保の大飢饉天保の改革天保義民事件天皇天理教 (中国)天津条約 (1858年)天文学太平天国の乱太平洋戦争 (1879年-1884年)失権の原理外国奉行奢侈禁止令奥羽越列藩同盟女性参政権奴隷解放宣言好感情の時代奇兵隊威海衛の戦い孝明天皇学制学問のすゝめ学習院 (幕末維新期)学習院大学実存主義安藤信正安政の大獄安政の改革安政南海地震安政五カ国条約安政東海地震安政江戸地震富岡鉄斎富嶽三十六景寛政の改革小御所会議小説神髄小林一茶小栗忠順小泉八雲尾崎紅葉山内容堂山縣有朋山田美妙山陰地方山陽地方岡倉天心岩崎弥太郎岩倉使節団岩倉具視島津久光川上操六工業工業化左宗棠上知令上野戦争与力丁汝昌帝国主義帝国議会両シチリア王国中央アメリカ連邦共和国中岡慎太郎中江兆民中津藩七卿落ち世紀世紀末世紀末芸術世界大戦世界経済市川團十郎 (7代目)市町村の歴史市民革命万国平和会議万国郵便連合三帝同盟三人吉三廓初買三国同盟 (1882年)三国同盟戦争三国干渉三遊亭圓朝三菱三条実美三方領知替え下関条約下関戦争一会桑政権平田篤胤乳癌平戸藩年表幕藩体制幕末幕末の四賢侯久世広周京城帝国大学京都京都守護職京都御所康有為二宮尊徳二葉亭四迷二条城五国同盟五稜郭五箇条の御誓文五榜の掲示井上馨井伊直弼仁孝天皇令制国仮名垣魯文廃藩置県伊勢国伊豆国伊能忠敬伊藤博文会津藩式亭三馬張之洞佐久間象山佐倉藩佐藤一斎佐渡島彦根藩当世書生気質征夷大将軍征韓論復古神道微生物学徳川家定徳川家茂徳川家斉徳川家慶徳川斉昭徳川慶喜徴兵令得撫島修正主義志賀潔土佐藩地震医師化学化学反応化学合成化学量論北京市北京条約北碑南帖論北越雪譜北里柴三郎北陸道北洋艦隊北斎漫画ナポレオン3世ナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ペルーナヴァリノの海戦ナーナー・サーヒブナーセロッディーン・シャーペドロ1世 (ブラジル皇帝)ペドロ2世 (ブラジル皇帝)ナダールペシュトナショナリズムナショナル・ギャラリー (ロンドン)ナサニエル・ホーソーンミハイル・ペトラシェフスキーミハイル・バクーニンミハイル・クトゥーゾフミャンマーミロのヴィーナスミドハト・パシャミゲル・イダルゴミシェル・ネイミズーリ妥協マラーター同盟マラーター戦争マリー・フランソワ・サディ・カルノーマリア・ルイーザ (パルマ女公)ノルウェーマンチェスターマーク・トウェインマックス・ノルダウマックス・プランクマックス・シュティルナーマディーナマフムト2世マフディー戦争マドリード、1808年5月3日マニフェスト・デスティニーマイアー・グッゲンハイムマイケル・ファラデーマオリマクシミリアン (メキシコ皇帝)マシュー・ペリーマスメディアチャールズ・バベッジチャールズ・ラムチャールズ・ワーグマンチャールズ・テイズ・ラッセルチャールズ・ディケンズチャールズ・ダーウィンチャールズ・エリオット (海軍士官)チャールズ・カニング (初代カニング伯爵)チャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵)チャールズ・ゴードンチャールズ・サンダース・パースチャーティズムチャクリー改革チュノムチュニジアチリチェロキーチェーザレ・ロンブローゾネバダ州ネイサン・メイアー・ロスチャイルドハリー・パークスハリエット・ビーチャー・ストウハリエット・タブマンハルツームハレー彗星ハワイ州ハワイ王国ハンス・クリスチャン・アンデルセンハヴロック・エリスハーマン・メルヴィルハーバート・ジョージ・ウェルズハーバート・スペンサーハプスブルク家ハイチハインリヒ・ハイネハインリヒ・リッケルトハインリヒ・フリードリヒ・フォン・シュタインハインリヒ・シュリーマンバチカンバハー・ウッラーバハードゥル・シャー2世バンジャマン・コンスタンバーブ教バーブ教徒の乱バージー・ラーオ2世バーゼルバイエルン王国バジル・ザハロフバス (交通機関)ポルトガル内戦ポルトガル王国ポーランドポール・ラファルグポール・ヴェルレーヌポール・クリューガーポール・ゴーギャンポール・シニャックポール・ジュリアス・ロイターポール・セザンヌポスト印象派ムハンマド・アリームハンマド・アリー朝ムハンマド・アブドゥフムハンマド・アフマド・アル=マフディームンバイムガル帝国ムスタファ4世ムスタファ・レシト・パシャメネリク2世メッカメデューズ号の筏メアリー・シェリーメキシコメキシコ出兵メキシコ割譲地メソロンギモリソン号事件モルモン開拓者モルダヴィアモンロー主義モンテネグロモンテネグロ公国モーリタニアモーターモデスト・ムソルグスキーヤーコプ・ブルクハルトヤーコプ・グリムヤクブ・ベクユリウス・ロベルト・フォン・マイヤーユリシーズ・グラントユストゥス・フォン・リービッヒユタヨハネ・ボスコヨハネス・ブラームスヨハン・ヴィルヘルム・リッターヨハン・アウグスト・ストリンドベリヨハン・グスタフ・ドロイゼンヨハン・ゴットリープ・フィヒテヨハン・ゴットフリート・ガレヨハン・シュトラウス1世ヨハン・シュトラウス2世ヨーゼフ・ランナーヨーゼフ・ラデツキーヨーゼフ・シュトラウスラルフ・ワルド・エマーソンランジート・シングラヴィ・ヴァルマラーマ4世ラーマ5世ラーマクリシュナラーマクリシュナ僧院ラーム・モーハン・ローイラッダイト運動ラファエル・デル・リエゴラファエル前派ライマン・フランク・ボームライノタイプライン同盟ライプツィヒの戦いラクシュミー・バーイーラザフォード・オールコックラシード・リダーリチャード・トレビシックリチャード・フランシス・バートンリュミエール兄弟リリウオカラニリンカーン大統領暗殺事件リヴァプールリッチモンド (バージニア州)リヒャルト・ワーグナーリヒャルト・デーデキントリヒャルト・アヴェナリウスリベリアリオデジャネイロリジューのテレーズルーマニアルーマニア公国ルーヴル美術館ルー・アンドレアス・ザロメルートヴィッヒ・ボルツマンルートヴィヒ2世 (バイエルン王)ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハルドルフ (オーストリア皇太子)ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウルドルフ・クラウジウスルドヴィコ・ザメンホフルイ18世 (フランス王)ルイ・パスツールルイ・フィリップ (フランス王)ルイ・ガブリエル・ド・ボナールルイジ・ケルビーニルイス・カムフォート・ティファニールイス・キャロルルイス・サリヴァンルイ=ウジェーヌ・カヴェニャックルクセンブルクレールム・ノヴァールムレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホレフ・トルストイレオ13世 (ローマ教皇)レオポルト・フォン・ランケレオポルド1世 (ベルギー王)レオポルド2世 (ベルギー王)レオン・ロッシュレオン・ワルラスレオン・フーコーレオン・ガンベタロマン主義ロマン派音楽ロバート・ルイス・スティーヴンソンロバート・ブラウンロバート・ブラウニングロバート・ブルワー=リットン (初代リットン伯爵)ロバート・ピールロバート・オウエンロバート・スチーブンソンロバート・ステュアート (カスルリー子爵)ロバート・E・リーロンドンロンドン橋ローマローマ共和国 (19世紀)ローラ・モンテスロートレアモン伯爵ローデシアロベルト・コッホロベルト・シューマンロケット号ロシアロシア帝国ワラキアワルシャワ公国ワーテルローの戦いワイタンギ条約ヴァイオレット・ブラウンヴァグラムの戦いヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝)ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)ヴィルヘルム・レントゲンヴィルヘルム・ヴィンデルバントヴィルヘルム・ディルタイヴィルヘルム・フォン・フンボルトヴィルヘルム・グリムヴィンチェンツォ・ベッリーニヴィヴェーカーナンダヴィットーリオ・エマヌエーレ2世ヴィッサリオン・ベリンスキーヴィクトリア (イギリス女王)ヴィクトリア朝ヴィクトル・ユーゴーヴィクトル・ヴァスネツォフヴィクトール・オルタヴェルサイユ宮殿ヴェーダヴェストファーレン王国ボリビアボーア戦争トマス・ヤングトマス・ロバート・マルサストマス・ヘンリー・ハクスリートマス・ド・クインシートランスヴァール共和国トラファルガーの海戦トラクションエンジントラストトルコトルコマーンチャーイ条約トーマス・マコーリートーマス・ハーディトーマス・ラッフルズトーマス・エジソントーマス・カーライルトーマス・クックトーマス・ジェファーソントプカプ宮殿トゥーサン・ルーヴェルチュールヘルマン・フォン・ヘルムホルツヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケヘルゴランド=ザンジバル条約ヘレナ・P・ブラヴァツキーヘンリー・モートン・スタンリーヘンリー・デイヴィッド・ソローヘンリー・クレイ・ワークヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)ヘンリック・イプセンヘシェンブハラ・ハン国ブラム・ストーカーブラフモ・サマージブラガンサ王朝ブラジルブラジル帝国ブリュッセルブリガム・ヤングブルボン朝ブルシェンシャフトブロンテ姉妹ブーランジェ将軍事件ブダブダペストブエノスアイレス州プランクの法則プラグマティズムプロイセン王国プロスペル・メリメプエルトリコパナマ運河疑獄パラグアイパリパリ万国博覧会 (1889年)パリ・コミューンパリ条約 (1856年)パリ条約 (1898年)パリ改造パルプパルテノン神殿パンゼーの乱パールシーパーヴェル1世パブロ・デ・サラサーテパクス・ブリタニカヒヴァ・ハン国ヒオス島ビハール州ビッグ・ベンピョートル・チャイコフスキーピョートル・クロポトキンピータールーの虐殺ピウス9世 (ローマ教皇)ピエール・ルイスピエール・ロティピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌピエール・フランソワ・ラスネールピエール・ド・クーベルタンピエール・ジャネピエール・ジョゼフ・プルードンピエール=オーギュスト・ルノワールピエトロ・マスカーニテメレーア (戦列艦)テトゥアンティルジットの和約ティーボーテオフィル・ゴーティエテオドロス2世 (エチオピア皇帝)テオドール・モムゼンテオドール・ヘルツルテオドール・ジェリコーテキサス州テキサス共和国デンマークデン・ハーグデンプンデヴィッド・リカードデイヴィッド・リヴィングストンデイヴィッド・クロケットデカブリストの乱フョードル・ドストエフスキーフランチェスコ2世 (両シチリア王)フランツ2世フランツ・ヨーゼフ1世フランツ・リストフランツ・ブレンターノフランツ・グリルパルツァーフランツ・シューベルトフランティシェク・パラツキーフランクフルト国民議会フランクフルト講和条約フランシスコ・デ・ゴヤフランシスコ・ソラーノ・ロペスフランスフランス7月革命フランス皇帝フランス第三共和政フランス第一帝政フランス第二帝政フランス第二共和政フランス革命フランス領インドシナフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンフリードリッヒ・リストフリードリヒ・マックス・ミュラーフリードリヒ・フレーベルフリードリヒ・ニーチェフリードリヒ・エンゲルスフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーフリードリヒ・シュライアマハーフリードリヒ・シュレーゲルフリードリヒ・シェリングフレデリック・レイトンフレデリック・ダグラスフレデリック・ショパンフレデリック・タウンゼント・ウォードフレデリク・バルトルディフロリダ州フロンティアフローレンス・ナイチンゲールフンボルト大学ベルリンファショダ事件フアン・マヌエル・デ・ロサスフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトフィリピンフィリピン第一共和国フィンセント・ファン・ゴッホフェリーチェ・オルシーニフェリックス・メンデルスゾーンフェリシテ・ド・ラムネーフェルナンド7世 (スペイン王)フェルディナン・ド・レセップスフェルディナント1世 (オーストリア皇帝)フェルディナント・ラッサールフェルディナント・テンニースフェルディナント・フォン・リヒトホーフェンフェートン号事件フォンテーヌブロー条約 (1814年)ドミトリ・メンデレーエフドミニカ共和国ドミニク・アングルドルマバフチェ宮殿ドレフュス事件ドロレスの叫びドイツドイツ帝国ドイツ社会主義労働者党ドイツ社会民主党ドイツ関税同盟ドイツ連邦ニューメキシコ州ニューヨークニューギニア島ニュージーランドニールス・アーベルニコラ・レオナール・サディ・カルノーニコライ1世ニコライ2世ニコライ・チェルヌイシェフスキーニコライ・ムラヴィヨフ=アムールスキーニコライ・リムスキー=コルサコフニコライ・レザノフニコライ・ロバチェフスキーニコライ・ゴーゴリニコロ・パガニーニホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)ホセ・リサールホセ・デ・サン=マルティンダンテ・ゲイブリエル・ロセッティダゲレオタイプベネズエラベリー公ベルナデッタ・スビルーベルナドッテ王朝ベルリン会議 (1878年)ベルリン会議 (アフリカ分割)ベルリン条約 (1878年)ベルンハルト・リーマンベルギーベルギー独立革命ベンジャミン・ディズレーリベトナムベドルジハ・スメタナベニート・フアレス分光法分離同盟戦争分析哲学切り裂きジャック嘉隆帝嘉慶帝呉語呉昌碩咸豊帝和宮親子内親王アミラーゼアミール・キャビールアミアンの和約アミスタッド号事件アマデオ1世 (スペイン王)アメリカ合衆国アメリカ大陸諸国の独立年表アメリカ連合国アメデオ・アヴォガドロアラモの戦いアラスカ州アリーガル・ムスリム大学アルチュール・ランボーアルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)アルメニア人アル・ジャバルティーアルトゥル・ショーペンハウアーアルテュール・ド・ゴビノーアルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツアルフレート・フォン・ヴァルダーゼーアルフレート・クルップアルフレッド・ノーベルアルフレッド・マーシャルアルフレッド・ラッセル・ウォレスアルフレッド・テニスンアルフレッド・セイヤー・マハンアルフレド・ドレフュスアルフォンス・ド・ラマルティーヌアルザス=ロレーヌアルジェリアアルジェリア侵略アルゼンチンアレッサンドロ・マンゾーニアレクシ・ド・トクヴィルアレクサンドリア砲撃アレクサンドル1世アレクサンドル2世アレクサンドル・プーシキンアレクサンドル・デュマ・ペールアレクサンドル・デュマ・フィスアレクサンドル・エドモン・ベクレルアレクサンドル・ゲルツェンアレクサンドル・ゴルチャコフアレクサンダー・フォン・フンボルトアレクサンダー・グラハム・ベルアロー戦争アンリ・デュナンアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックアンリ・ド・サン=シモンアン・ブロンテアンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタールアントナン・カレームアントワーヌ・オーギュスタン・クールノーアントン・ブルックナーアントニン・ドヴォルザークアントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナアンドラーシ・ジュラアンドリュー・カーネギーアンドリュー・ジャクソンアンドレ=マリ・アンペールアンクル・トムの小屋アーネスト・フェノロサアーヤーンアーヘン会議 (1818年)アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルンアーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)アーサー・エヴァンズアーサー・コナン・ドイルアボリジニアッサムアトランタアヘンアブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソンアブデュルハミト2世アブデュルメジト1世アブド・アルカーディルアフリカアフリカーナーアフリカ分割アフガン戦争アドリアノープル条約アドルフ・ティエールアドルフ・フォン・メンツェルアドレナリンアドワの戦いアダム・ミツキェヴィチアイヤーヴァリアイルランド王国アイグン条約アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルアウステルリッツの戦いアウスグライヒアカデミーアグスティン・デ・イトゥルビデアジアアセチルサリチル酸イリヤ・レーピンイワン・ツルゲーネフイワン・クラムスコイイワン・ゴンチャロフインディアン移住法インドインドの総督インド大反乱インドネシアインド国民会議インド皇帝イングランド国教会イヴァン・クルィロフイェニチェリイエナ・アウエルシュタットの戦いイエズス会イオアニス・カポディストリアスイギリスイギリス領インド帝国イギリス東インド会社イザムバード・キングダム・ブルネルイザベラ・バードイスマーイール・パシャイスタンブールイタリアイタリア王国イタリア統一運動ウラマーウラービー革命ウラジオストクウルドゥー語ウルグアイウンデット・ニーの虐殺ウンベルト1世ウージェーヌ・シューウィリアム・メイクピース・サッカレーウィリアム・モリスウィリアム・ワーズワースウィリアム・トムソンウィリアム・ブレイクウィリアム・ブースウィリアム・フリスウィリアム・ホルマン・ハントウィリアム・アマースト (初代アマースト伯爵)ウィリアム・ウィルバーフォースウィリアム・グラッドストンウィリアム・ジェームズウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズウィルキー・コリンズウィレム2世 (オランダ王)ウィンナ・ワルツウィーン会議ウィーン体制ウィーン議定書ウェストミンスター宮殿ウォルト・ホイットマンウォルター・ペイターウォルター・バジョットウォルター・スコットウジェーヌ・ドラクロワウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクエミリー・ブロンテエミリー・ディキンソンエミリオ・アギナルドエミール・ワルトトイフェルエミール・デュルケームエミール・クレペリンエミール・ゾラエマ・ハミルトンエチオピアエリーザベト (オーストリア皇后)エリアス・リョンロートエルネスト・ルナンエルバ島エルンスト・マッハエルンスト・ヘッケルエルトゥールル号遭難事件エルギン・マーブルエンマ・モラーノエヴァリスト・ガロアエッフェル塔エトワール凱旋門エフィム・プチャーチンエドモン・ド・ゴンクールエドモンド・デ・アミーチスエドワード・マイブリッジエドワード・バーネット・タイラーエドワード・バーン=ジョーンズエドワード・ヘンリー・ハリマンエドヴァルド・ムンクエドヴァルド・グリーグエドゥアルト・フォン・ハルトマンエドゥアルト・ベルンシュタインエドゥアルト・シュトラウス1世エドゥアール・マネエドガー・ドガエドガー・アラン・ポーエホバの証人エイブラハム・リンカーンエクアドルエジプトエジプト・トルコ戦争オノレ・ド・バルザックオノレ・ドーミエオランダオリエント急行オルミュッツ協定オルレアン家オーブリー・ビアズリーオーギュスト・ロダンオーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダンオーギュスト・コントオーストリアオーストリア帝国オーストリア=ハンガリー帝国オットー・フォン・ビスマルクオックスフォードオディロン・ルドンオクラホマ (曖昧さ回避)オスマン帝国オスマン帝国憲法オスカー・ワイルドオソン1世カナダカミーユ・ピサロカミーユ・クローデルカミーユ・サン=サーンスカミッロ・カヴールカメハメハ1世カリフォルニア州カリフォルニア・ゴールドラッシュカルリスタ戦争カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイアカルロ・コッローディカルロス4世 (スペイン王)カルボナリカンザス・ネブラスカ法カール14世ヨハン (スウェーデン王)カール・マルクスカール・メンガーカール・ラントシュタイナーカール・ロベルト・ネッセルローデカール・フリードリヒ・ガウスカール・フォン・クラウゼヴィッツカール・ベンツカール・アウグスト・フォン・ハルデンベルクカール・カウツキーカール・シュピッツヴェークカールスバート決議カトリック解放カシミールカスパー・ハウザーカスパー・ダーヴィト・フリードリヒガブリエル・フォーレガブリエル・タルドキューバキョウ自珍キール条約ギュルハネ勅令ギュスターヴ・モローギュスターヴ・ル・ボンギュスターヴ・フローベールギュスターヴ・ドレギュスターヴ・エッフェルギュスターヴ・クールベギリシャギリシャ第一共和政ギリシャ独立戦争ギ・ド・モーパッサンクラカタウクラクフ蜂起クリミア戦争クリスチャン・トムセンクリスチャン・ドップラークレメンス・フォン・メッテルニヒクロード・モネクロード・ドビュッシークロード・ベルナールクンワル・シンググラハムズタウングリムグレート・トレックグレートブリテン王国グレゴリオ暦グレゴール・ヨハン・メンデルグアムグアヤキルグアテマラグアダルーペ・イダルゴ条約グエン・ズーグスタフ・クリムトケルン大聖堂ケープ植民地ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルゲオルク・オームゲオルク・カントールゲオルク・ジンメルゲオルグ・イェリネックコレラコンコルダートコーカンド・ハン国コカ・コーラコシュート・ラヨシュゴローニン事件ゴンクールゴットリープ・ダイムラーゴットロープ・フレーゲゴシック・リヴァイヴァル建築ザンビアシチリアシモン・ボリバルシャルル10世 (フランス王)シャルル・ボードレールシャルル・フーリエシャルル・フェルディナン・ダルトワシャルル・ガルニエシャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールシャーロット・ブロンテシンガポールシーボルト事件シベリア鉄道シオニスト会議シカゴ大火シク王国シク戦争ジャマールッディーン・アフガーニージャポニスムジャン・アンリ・ファーブルジャン・アンテルム・ブリア=サヴァランジャン・シベリウスジャン=マルタン・シャルコージャン=バティスト・ラマルクジャン=バティスト・カミーユ・コロージャン=レオン・ジェロームジャン=フランソワ・ミレージャン=フランソワ・シャンポリオンジャーンシージャック・オッフェンバックジャック=ルイ・ダヴィッドジャガイモ飢饉ジャコモ・レオパルディジュール・ミシュレジュール・ヴェルヌジュール・ド・ゴンクールジュゼッペ・マッツィーニジュゼッペ・ヴェルディジュゼッペ・ガリバルディジョリス=カルル・ユイスマンスジョルジュ・ブーランジェジョルジュ・ビゼージョルジュ・オスマンジョルジュ・キュヴィエジョルジュ・スーラジョルジュ・サンドジョン万次郎ジョン・モルガンジョン・ラスキンジョン・ロックフェラージョン・ヘンリー・ニューマンジョン・ブラウン (奴隷制度廃止運動家)ジョン・ドルトンジョン・アクトンジョン・エヴァレット・ミレージョン・キーツジョン・コンスタブルジョン・シンガー・サージェントジョン・スチュアート・ミルジョージ3世 (イギリス王)ジョージ4世 (イギリス王)ジョージ・ハドソンジョージ・ブライアン・ブランメルジョージ・アーネスト・モリソンジョージ・エリオットジョージ・カニングジョージ・ゴードン・バイロンジョージ・スチーブンソンジョージア州ジョアキーノ・ロッシーニジョセフ・スミス・ジュニアジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナージョゼフ・ボナパルトジョゼフ・フーシェジョゼフ・ド・メーストルジョゼフィーヌ・ド・ボアルネジンバブエジークムント・フロイトジェラール・ド・ネルヴァルジェレミ・ベンサムジェームズ・マクニール・ホイッスラージェームズ・ポークジェームズ・モンロージェームズ・ワットジェームズ・プレスコット・ジュールジェームズ・フレイザージェームズ・クラーク・マクスウェルジェーン・オースティンジェファーソン・デイヴィスジェイムズ・ラムゼイ (初代ダルハウジー侯爵)スペインスペイン立憲革命スペイン第一共和政ステファヌ・マラルメスティーブン・フォスタースフィンクススイススウェーデンスエズ運河スエズ運河会社スタンダールスタンダード・オイルズールー王国ズールー戦争セリム3世セルビアセルビア公国 (近代)セルゲイ・ネチャーエフセントヘレナセンゲリンチンセーレン・キェルケゴールセダンの戦いセイイェド・アリー・モハンマドセシル・ローズソルトレイクシティタバコ・ボイコット運動タンボラ山タンギー爺さんタンジマートタッセル邸タビュレーティングマシンタイムズタイ王国タウンゼント・ハリスタスマニア州サミュエル・バトラーサミュエル・テイラー・コールリッジサミュエル・ゴンパーズサミュエル・スマイルズサモリ・トゥーレサモアサルデーニャサルデーニャ王国サロフのセラフィムサン・ステファノ条約サティー (ヒンドゥー教)サイモン・ウィンチェスターサイイド・アフマド・ハーンサイエンス・フィクション備後福山藩円明園内燃機関内閣総理大臣写実主義写真出島出羽国函館八カ国連合軍八月十八日の政変八旗公家公爵公武合体六月蜂起六月暴動共産党宣言元老光緒帝光格天皇前野良沢副島種臣副王勝海舟勧進帳勘定奉行国子監国会開設の詔国会期成同盟国後島国際博覧会国際経済国民国家四侯会議四国同盟四谷怪談皇居皇帝官房第三部皇帝マキシミリアンの処刑石炭王様と私王朝王政復古 (日本)王懿栄火砕流琳派破傷風菌硯友社社会主義社会主義者鎮圧法神奈川沖浪裏神聖ローマ帝国神風連の乱神智学協会禁門の変福井藩福澤諭吉私は弾劾する移動派秋月の乱種の起源種痘穀物法竹橋事件第1バチカン公会議第一インターナショナル第一次キューバ独立戦争第一次サウード王国第二インターナショナル第二次マラーター戦争第二次産業革命箱館戦争米墨戦争米西戦争米英戦争米比戦争精神分析学粛順紫禁城細胞説紀尾井坂の変紀伊国維新の三傑総理各国事務衙門総選挙練習曲作品10-12 (ショパン)緒方洪庵義和団の乱真景累ヶ淵炭鉱生化学生物学生態学産業革命田島ナビ甲子夜話甲骨文字町奉行熱力学異国船打払令牡丹灯籠物理学版籍奉還独露再保障条約発電機白熱電球白蓮教百日天下E.T.A.ホフマン韓邦慶遠山景元適塾遼東半島聖徳記念絵画館道光帝華岡青洲菓子戦争菅江真澄萩の乱落語家非ユークリッド幾何学非公式帝国蝦夷蝦夷地青砥稿花紅彩画頤和園頼山陽順化表現主義飛行船西南戦争西太后西安市西山朝西郷隆盛西暦西欧西洋道中膝栗毛言文一致誤謬表高峰譲吉高田屋嘉兵衛高野長英高杉晋作高橋由一譚嗣同魏源象山書院象徴主義象潟象潟地震貨幣改鋳貿易鳥羽・伏見の戦い鳴滝塾資本論越後国足尾鉱毒事件鶴屋南北 (4代目)趙之謙鹿鳴館蹇々録黎朝黒田清隆黒旗軍黄埔条約黄遵憲輪転印刷機辛酉政変近代化近代オリンピック近藤重蔵近江屋事件露仏同盟露土戦争露土戦争 (1877年-1878年)郷勇鈴木牧之阮朝阿片戦争阿部正弘赤十字国際委員会赤痢菌関天培薩長同盟薩英戦争薩摩藩薪水給与令間宮林蔵間宮海峡開国葛飾北斎蒸気船蒸気機関邨田丹陵蓄音機蔡牽野中邦子量子論自動車自由の女神像 (ニューヨーク)自由主義自由党 (日本 1881-1884)自由貿易自由民権運動自然主義文学自然哲学自然発生説金色夜叉金雲翹金本位制長い19世紀長崎港長州征討長州藩腐敗選挙区酵素酒井抱一良寛鉄道鉄道の歴史鉄血演説英領北アメリカ法蛮社の獄雲南省雷電爲右エ門電子電信電磁気学電話機電車電気集合論老中進化論耽美主義陸奥宗光陸奥国陸軍大将J・J・バッハオーフェン択捉択捉島抗血清柳亭種彦染料枢密院 (日本)推理小説林則徐林清李秀成李鴻章条約改正東南互保東京東京大学東京大学医科学研究所東京美術学校 (旧制)東ルメリ自治州東インド艦隊東海道東海道中膝栗毛東海道五十三次松下村塾松平容保松平春嶽松前藩松浦清松方デフレ松方正義板垣退助杜文秀株仲間桜田門外の変桜木町駅植民地椿説弓張月楊守敬榎本武揚横井小楠横浜樺太樺太・千島交換条約樋口一葉機械式計算機欧化主義欧米欽差大臣歌川広重歌川国芳歌舞伎十八番水野忠邦水野忠成水戸学水戸藩水晶宮永世中立国永代橋民撰議院設立建白書江藤新平江戸江戸城江戸幕府江戸開城江戸時代汐留駅 (国鉄)河竹黙阿弥河鍋暁斎沼津藩沿海州津波洪秀全洋務運動渡辺崋山清仏戦争湘軍滑稽本澎湖諸島朝鮮木村次郎右衛門木戸孝允未回収のイタリア末日聖徒イエス・キリスト教会本居宣長有機化学望厦条約最初の大陸横断鉄道戊辰戦争戊戌の変法戊戌の政変戊戌夢物語戦艦明治明治十四年の政変明治天皇明治六年政変明治維新映画春秋公羊伝浦賀浮世床浮世絵浮世絵師一覧浮世風呂浮雲 (二葉亭四迷の小説)海上花列伝海洋国家浜松藩新印象派新古典主義新トマス主義新選組文久の改革文化闘争文政小判日米修好通商条約日米和親条約日露和親条約日露戦争日清戦争日本日本外史日本銀行日本橋 (東京都中央区)早川書房早稲田大学摂政摂政時代愛新覚羅奕キン愛新覚羅載イ数学教皇領教義慶応の改革慶應義塾慈渓の戦い曲亭馬琴曽国藩怪談普墺戦争普仏戦争11月蜂起1742年1744年1745年1747年1748年1750年1753年1754年1755年1757年1758年1759年1760年1761年1762年1763年1764年1765年1766年1767年1768年1769年1770年1771年1772年1773年1774年1775年1776年1777年1778年1779年1780年1781年1782年1783年1784年1785年1786年1787年1788年1789年1790年1791年1792年1793年1794年1795年1796年1797年1798年1799年1800年1801年1802年1803年1804年1805年1806年1807年1808年1809年1810年1811年1812年1812年ロシア戦役1813年1814年1815年1816年1817年1818年1819年1820年1821年1822年1823年1824年1825年1826年1827年1828年1829年1830年1831年1832年1833年1834年1835年1836年1837年1838年1839年1840年1841年1842年1843年1844年1845年1846年1847年1848年1848年のフランス革命1848年革命1849年1850年1851年1852年1853年1854年1855年1856年1857年1858年1859年1860年1861年1862年1863年1864年1865年1866年1867年1868年1869年1870年1871年1872年1873年1874年1875年1876年1877年1878年1879年1880年1881年1882年1883年1884年1885年1886年1887年1888年1888年の磐梯山噴火1889年1890年1891年1892年1893年1894年1895年1896年1896年アテネオリンピック1897年1898年1899年1900年1901年1902年1903年1904年1905年1906年1907年1908年1909年1910年1911年1912年1913年1914年1915年1916年1917年1918年1919年1920年1921年1922年1923年1924年1925年1926年1927年1928年1929年1930年1931年1932年1933年1934年1935年1936年1937年1938年1939年1941年1943年1944年1945年1946年1947年1952年1957年1964年1月蜂起3月革命7月王政 インデックスを展開 (1684 もっと) »

ABO式血液型

ABO式血液型(ABOしきけつえきがた)とは、血液型の分類法の一種。ヒトの場合はA、B、O、ABの4型に分類する。型を決定する対立遺伝子はA、B、Oの3種、遺伝子型はAA、BB、AB、AO、BO、OOの6種がある。.

新しい!!: 19世紀とABO式血液型 · 続きを見る »

功利主義

功利主義(こうりしゅぎ、utilitarianism)とは、行為や制度の社会的な望ましさは、その結果として生じる効用(功利、有用性、utility)によって決定されるとする考え方である。帰結主義の1つ。「功利主義」という日本語の語感がもたらす誤解を避けるため、「公益主義」や「大福主義」といった訳語が用いることが提案されている。 倫理学、法哲学、政治学、厚生経済学などにおいて用いられる。.

新しい!!: 19世紀と功利主義 · 続きを見る »

劉坤一

劉 坤一(りゅう こんいつ、Liu Kunyi、道光10年(1830年) - 光緒28年9月26日(1902年10月27日)は清末の軍人・官僚。字は硯荘。曽国藩・左宗棠の死後、張之洞と共に後期の洋務運動を指導した。.

新しい!!: 19世紀と劉坤一 · 続きを見る »

劉鶚

劉 鶚(りゅう がく、Liu E、1857年10月18日 - 1909年8月23日)。字は鉄雲、ペンネームは洪都百煉生。清末の作家、考古学者。.

新しい!!: 19世紀と劉鶚 · 続きを見る »

劉永福

劉 永福(りゅう えいふく、道光17年9月11日(1837年10月10日) - 民国6年(1917年)1月9日)は、清末の軍人。字は淵亭。.

新しい!!: 19世紀と劉永福 · 続きを見る »

力士

力士(りきし、ちからひと)とは、相撲をする人間のこと。厳密には、相撲部屋に所属して四股名を持ち、番付に関わらず大相撲に参加する選手の総称。相撲取り(すもうとり)とも呼ばれる。しばしば関取(せきとり)と呼ばれることもあるが、元来は大関のことを指す異称であり、現代では十両以上の力士のことを指す。幕下以下の力士は力士養成員(りきしようせいいん)と呼ばれる。また、本来は神事に関わる者であるため、日常会話では親愛と尊敬をこめてお相撲さんとも呼ばれる。 わんぱく相撲や大学の相撲部などのアマチュア相撲で相撲を取る者は四股名を持たないため厳密には力士ではない。.

新しい!!: 19世紀と力士 · 続きを見る »

原子

原子(げんし、άτομο、atom)という言葉には以下の3つの異なった意味がある。.

新しい!!: 19世紀と原子 · 続きを見る »

原子物理学

原子物理学(げんしぶつりがく、 小野周・一松信・竹内啓監訳、『英和物理・数学用語辞典』、森北出版、1989年、項目「atomic physics」より。ISBN 4-627-15070-9)は、原子を対象とする物理学である 服部武志、『旺文社物理事典』、旺文社、2010年、項目「原子物理学」より。ISBN 978-4-01-075144-2 C7342。.

新しい!!: 19世紀と原子物理学 · 続きを見る »

原子論

原子論(げんしろん、atomism)とは、“すべての物質は非常に小さな、分割不可能な粒子(Atom、原子)で構成されている”、とする仮説、理論、主義などのこと。.

新しい!!: 19世紀と原子論 · 続きを見る »

厳復

厳 復(げん ふく/げん ぷく)は、清末民初に活躍した啓蒙思想家・翻訳家。字は又陵。号は幾道。.

新しい!!: 19世紀と厳復 · 続きを見る »

垂簾聴政

垂簾聴政(すいれんちょうせい)は、皇帝が幼い場合、皇后・皇太后のような女性が代わって摂政政治を行うこと。.

新しい!!: 19世紀と垂簾聴政 · 続きを見る »

おらが春

『おらが春』(- はる)は、俳人小林一茶の俳諧俳文集で、彼が北信濃の柏原(長野県上水内郡信濃町柏原)で過ごした1819年(文政2年)、一茶57歳の一年間の折々の出来事に寄せて読んだ俳句・俳文を、没後25年になる1852年(嘉永5年)に白井一之(いっし)が、自家本として刊行したものである。『おらが春』は、まったくの時系列に沿って書き記された日記ではなく、刊行を意図して構成されたものである。さらに一茶自身、改訂や推敲を重ねたが、未刊のままに留まっていたものである。内容的には、一部脚色や時系列を事実とは若干ずらした箇所なども指摘する研究者もあり、作品として意識されたものという性格が強い。 表題の「おらが春」は、著者自身が選んだものではなく、白井一之が、本文の第一話の中に出てくる句「目出度さもちう位也おらが春」から採ってつけたものである。当初は一之の自費出版であったが、安政元年(1854年)に江戸須原屋から『一茶翁俳諧文集』の書名で再版されたのをはじめ、明治11年(1878年)版など、多数の後刷本がある。 この書の内容としては、前年1818年(文政元年)5月に生まれたばかり、長女さとの6月の死去、一茶の継子としての出自、浄土真宗の他力本願、より大きなものによって生かされてあるものとしての自分という信仰への帰依といって話題がその中心を占めている。 また、よく知られた彼の代表的な句、.

新しい!!: 19世紀とおらが春 · 続きを見る »

たけくらべ

『たけくらべ』とは、明治の小説家、樋口一葉の短編小説。1895年(明治28年)から翌年まで「文学界」に断続的に連載(文学界雑誌社、第25 - 27号、32号、35号 - 37号)。1896年(明治29年)4月10日、「文芸倶楽部」(博文館、第二巻第5号)に一括掲載された。題名は伊勢物語23段の和歌に因む。 吉原の廓に住む14歳の少女美登利 (みどり) と僧侶の息子藤本信如 (ふじもとのぶゆき、しんにょ) との淡い恋を中心に、東京の子供たちの生活を吉原を背景に描き出した作品。子供から大人に移り変わる少年少女の心理を小説することは当時前例のない試みであり、一葉の名を不朽にしたと主張したライターがいた。.

新しい!!: 19世紀とたけくらべ · 続きを見る »

偐紫田舎源氏

『偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)は、柳亭種彦の未完の長編合巻。挿絵は歌川国貞。文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)刊。大当たりし、14年に渡って執筆し種彦の代表作となったが、作者の筆禍と死去により、第38編(152冊)までに終わった。ただし、第39編と第40編は、遺した稿本により1928年(昭和3年)に公刊された。通称『田舎源氏』。源氏物語を通俗的に翻案した小説で、「偐」は、「似せ」「偽」の意。.

新しい!!: 19世紀と偐紫田舎源氏 · 続きを見る »

にごりえ

にごりえ」は、樋口一葉の短編小説。1895年(明治28年)9月、博文館『文芸倶楽部』に発表される。 「にごりえ」が発表された明治28年は、1889年(明治22年)に死去した一葉の父・則義の七回忌にあたる。一葉は法要のため博文館に原稿料の前借りを申し出ており、「にごりえ」の原稿はその引き換えとして執筆された。山梨県立文学館所蔵の未定稿によれば、当初の草稿では「ものぐるひ」「親ゆずり」の仮題が付けられている。 銘酒屋の遊女お力が、落ちぶれて妻子とも別れた源七と情死するまでを描く。作者の住む丸山福山町を舞台に、ここに生きる住民を描写している。.

新しい!!: 19世紀とにごりえ · 続きを見る »

半島戦争

半島戦争(はんとうせんそう、1808年 - 1814年、Peninsular War(半島戦争)、Guerra de la Independencia Española(スペイン独立戦争)、Guerra Peninsular(半島戦争)、Guerre d'Espagne(スペイン戦争)、Guerra del Francès(フランス戦争))は、ナポレオン戦争中イベリア半島でスペイン軍、ポルトガル軍、イギリス軍の連合軍とフランス帝国軍との間に戦われた戦争である。日本ではスペイン独立戦争またはスペイン反乱「スペイン反乱」は日本の高校世界史の教科書を中心に12社。最近は母国語での呼称に従うというルールから「スペイン独立戦争」の方が多いようである。「半島戦争」は英語名由来。としても知られている。この戦争は「ハンマーと金敷」の役に擬えられている。すなわち「ハンマー」とはアーサー・ウェルズリーに率いられた4万から8万の軍勢からなる英葡軍であり、それによって金敷であるスペインの軍とゲリラとポルトガルの民兵軍の上でフランス軍が打ちのめされたのである。 戦争はイベリア半島の性質に大きく左右された。土地が貧しいイベリア半島では大軍が侵攻しても侵攻先の食料が足りないためその軍を養うのが難しく、フランス軍はピーク時で3万を数えたものの、軍を集結させることができなかった。小部隊による幾つかの地域で限られた期間での戦闘を求められ、決定的な結果を出すのには困難を極めた。 この戦争はスペインとポルトガルの社会的、経済的構造を破壊し、1850年まで続く大規模な内戦と半島戦争で訓練された将校に導かれた荒れ狂う解放の時代のさきがけになった。また、この戦争をきっかけにしてポルトガル、スペインの植民地だったラテンアメリカに独立運動が起きた。.

新しい!!: 19世紀と半島戦争 · 続きを見る »

博物学

博物学(はくぶつがく、Natural history, 場合によっては直訳的に:自然史)は、自然に存在するものについて研究する学問。広義には自然科学のすべて。狭義には動物・植物・鉱物(岩石)など(博物学における「界」は動物界・植物界・鉱物界の「3界」である)、自然物についての収集および分類の学問。英語の"Natural history" の訳語として明治期に作られた。東洋では本草学がそれにあたる。.

新しい!!: 19世紀と博物学 · 続きを見る »

十返舎一九

十返舎 一九(じっぺんしゃ いっく、明和2年(1765年) - 天保2年8月7日(1831年9月12日))は、江戸時代後期の戯作者、絵師。日本で最初に、文筆のみで自活した。『東海道中膝栗毛』の作者として知られる。.

新しい!!: 19世紀と十返舎一九 · 続きを見る »

印象派

モネ『印象・日の出』 印象派(いんしょうは)または印象主義(いんしょうしゅぎ)は、19世紀後半のフランスに発した絵画を中心としたであり、当時のパリで活動していた画家たちのグループが起源である。フランスの保守的な美術界からの激しい批判にさらされながらも、独立した展覧会を連続して開催することで、1870年代から1880年代には突出した存在になった。この運動の名前はクロード・モネの作品『印象・日の出』に由来する。この絵がパリの風刺新聞「」で批評家ルイ・ルロワの槍玉に挙げられ、その結果「印象派」という新語が生まれた。 印象派の絵画の特徴としては、小さく薄い場合であっても目に見える筆のストローク、戸外制作、空間と時間による光の質の変化の正確な描写、描く対象の日常性、人間の知覚や体験に欠かせない要素としての動きの包摂、斬新な描画アングル、などがあげられる。 印象派は登場当初、この時代には王侯貴族に代わって芸術家たちのパトロン役になっていた国家(芸術アカデミー)にも評価されず、印象派展も人気がなく絵も売れなかったが、次第に金融家、百貨店主、銀行家、医者、歌手などに市場が広がり、さらにはアメリカ合衆国市場に販路が開けたことで大衆に受け入れられていった。ビジュアルアートにおける印象派の発展によって、他の芸術分野でもこれを模倣する様式が生まれ、印象主義音楽や として知られるようになった。 ドガ『舞台の踊り子』(1878年、オルセー美術館).

新しい!!: 19世紀と印象派 · 続きを見る »

千人隊

千人隊(せんにんたい、La Spedizione dei Mille)は、ジュゼッペ・ガリバルディ率いる義勇軍からなる私設軍団で、イタリア統一運動期のイタリアにおいて活躍した。 1860年に両シチリア王国を征服し、征服地をサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上し、イタリアをイタリア王国統一に導いた。この名前は構成人数が約千人だったことによる(実際1089人居たと言われる)。赤いシャツ(原型はガリバルディが経営していた精肉会社のユニフォームといわれる)を目印としたことから「赤シャツ隊」「赤シャツ千人隊」とも呼ばれる。 後にムッソリーニがこれを真似て「黒シャツ隊」を作った。.

新しい!!: 19世紀と千人隊 · 続きを見る »

南京市

南京市(ナンキンし、、、)は、中華人民共和国の副省級市で、江蘇省の省都。古くから長江流域・華南の中心地で、かつては三国・呉、東晋、南朝の宋・斉・梁・陳(以上の6朝を総称して六朝)、十国の南唐や明といった王朝や南京国民政府の首都であった。中国四大古都の一つ。14世紀から15世紀にかけて、世界最大の都市であった。2016年の都市的地域の人口は678.14万人であり、総人口は827万人である。 金陵(きんりょう)は南京の別名である。また清朝のころには江寧(こうねい、簡体字:江宁)と呼ばれたことから略称は「寧(簡体字:宁)」である。夏はとても暑く、重慶、武漢と並ぶ中国三大ボイラー(三大火炉)の一つと言われている。.

新しい!!: 19世紀と南京市 · 続きを見る »

南京条約

南京条約(なんきんじょうやく)は、1842年にアヘン戦争を終結させるため清とイギリスの間で結ばれた講和条約。江寧条約ともいう。南京条約を記した原本は、のちに中華民国が受け継ぎ、香港返還直前は台北で一時期展示されていた。.

新しい!!: 19世紀と南京条約 · 続きを見る »

南北戦争

青が北部(アメリカ合衆国)諸州、赤が南部(アメリカ連合国)諸州。水色は合衆国に留まった奴隷州。 南北戦争(なんぼくせんそう、American Civil War)は、1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州とアメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦である。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。この戦争では史上初めて近代的な機械技術が主戦力として投入された。 英語の civil war は「内戦」を意味する語だが、アメリカでは独立後に内戦があったのはこの時だけなので(ユタ戦争など、内乱と呼ぶべき物はいくつかある)、アメリカ国内では通常これに定冠詞をつけ大文字にして The Civil War と表記する。アメリカ以外の国では自国の内戦と区別するため国名を冠して American Civil War と表記する(南北戦争のネーミングを参照)。.

新しい!!: 19世紀と南北戦争 · 続きを見る »

南総里見八犬伝

『南総里見八犬伝』(なんそうさとみはっけんでん、)は、江戸時代後期に曲亭馬琴(滝沢馬琴)によって著わされた大長編読本。里見八犬伝、あるいは単に八犬伝とも呼ばれる。 文化11年(1814年)に刊行が開始され、28年をかけて天保13年(1842年)に完結した、全98巻、106冊の大作である。上田秋成の『雨月物語』などと並んで江戸時代の戯作文芸の代表作であり、日本の長編伝奇小説の古典の一つである。.

新しい!!: 19世紀と南総里見八犬伝 · 続きを見る »

南部

南部(なんぶ、みなべ、なべ).

新しい!!: 19世紀と南部 · 続きを見る »

古典物理学

古典物理学(こてんぶつりがく、Physics in the Classical Limit)とは、量子力学を含まない物理学。その多くは量子力学が発達する前の原理に基づいて体系だてられたものだが、量子力学と同時またはそれ以降に構築された特殊相対性理論、一般相対性理論も含まれる。現代物理学の対義語では必ずしもないので注意を要する。.

新しい!!: 19世紀と古典物理学 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: 19世紀と台湾 · 続きを見る »

右大臣

右大臣(うだいじん)は、朝廷の最高機関、太政官の職の一つ。唐名は「右府」「右丞相」「右相国」「右僕射」「太保」。和訓は「みぎのおおいもうちぎみ/みぎのおとど」。定員1名。官位相当は、正・従二位。太政大臣と左・右大臣(後に左・右大臣と内大臣)とを総称して、三公・三槐と呼ぶ。 左大臣とともに太政官の事実上の長官だが、左大臣がある場合は議政官の首座は左大臣であり、左大臣が置かれていない場合や差し支えて出仕しない場合に右大臣が朝議を主催した。また、左大臣が関白であった時にも右大臣が政務を司った。1885年(明治18年)内閣制度の発足に伴い廃止。.

新しい!!: 19世紀と右大臣 · 続きを見る »

参謀本部

参謀本部(さんぼうほんぶ、Generalstab、General Staff office)は、軍隊において高級指揮官の作戦指揮を補佐するための合議機関である。 各国における成立の沿革上、また陸軍・海軍で別個の参謀組織がある場合もあり、そのため参謀部、参謀局、軍令部、作戦部、幕僚監部など種々の訳語が充てられることもある。.

新しい!!: 19世紀と参謀本部 · 続きを見る »

同治帝

同治帝(どうちてい)は、清の第10代皇帝(在位:1861年 - 1875年)。諱は載淳。廟号は穆宗(ぼくそう)。在世時の元号の同治を取って同治帝と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀と同治帝 · 続きを見る »

合巻

合巻(ごうかん)は、寛文期以降江戸で出版された草双紙類の、1804年(文化元年)頃に始まった最終形態。それまで5枚(5丁)1冊に別々に綴じていたのを、纏めて厚く綴じた。明治初期まで続いた。.

新しい!!: 19世紀と合巻 · 続きを見る »

合成繊維

6,6-ナイロン 合成繊維(ごうせいせんい、synthetic fiber)とは、有機低分子を重合させてつくった高分子を原料とする化学繊維のこと。合繊と略す。石油を原料としているものが多い。 1935年にウォーレス・カロザースが合成した 6,6-ナイロン が世界初の合成繊維とされる。天然化合物を原料として化学的に加工して得た繊維は、19世紀から使用されてきた人絹(人造絹糸)にさかのぼる(項目: レーヨン、ビスコース を参照)。.

新しい!!: 19世紀と合成繊維 · 続きを見る »

吉田松陰

吉田松陰山河襟帯詩碑、京都府立図書館前、京都市左京区 吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。山鹿流兵学師範。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られる。私塾「松下村塾」で、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者に思想的影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀と吉田松陰 · 続きを見る »

坪内逍遥

坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。.

新しい!!: 19世紀と坪内逍遥 · 続きを見る »

坂下門外の変

坂下門外の変(さかしたもんがいのへん)は、文久2年1月15日(1862年2月13日)に、江戸城坂下門外にて、尊攘派の水戸浪士6人が老中安藤信正(磐城平藩主)を襲撃し、負傷させた事件。.

新しい!!: 19世紀と坂下門外の変 · 続きを見る »

坂本龍馬

坂本 龍馬(さかもと りょうま、天保6年11月15日〈新暦・1836年1月3日〉 - 慶応3年11月15日〈新暦・1867年12月10日〉)は、江戸時代末期の志士、土佐藩郷士。 諱は直陰(なおかげ)、のちに直柔(なおなり)。通称は龍馬「りゅうま」「りょうま」「りゅうめ」などと読み得るが、岩崎弥太郎など同時代人の日記や書簡に「良馬」と記されているし、龍馬自身も書簡の中で「りよふ」と自署しているので「りょうま」と読まれていたと考えられている。なお、「竜」は「龍」の常用漢字表に採用された字体で、江戸時代以来一般には「龍」の略字として認識されていたが、本は古字である。学校教育では、「坂本龍馬」という表記と、「坂本竜馬」という表記の両方が使われているが、どちらでもよい。前者の例としては、平成11年(1999年)3月実施北海道 公立高校 入学試験の社会の大問4問5(2)の選択肢: 「ア 木戸孝允 イ 坂本龍馬 ウ 西郷隆盛 エ 徳川慶喜」などがあり、後者は、『中学社会 歴史』(教育出版。平成8年2月29日文部省検定済。教科書番号: 17教出・歴史762)p.181, 『社会科 中学生の歴史』(帝国書院。平成17年3月30日文部科学省検定済。教科書番号:46帝国 歴史-713)p.144, 『新しい社会 歴史』(東京書籍。平成13年3月30日検定済。教科書番号: 2 東書 歴史702)p.120などで使われている。 。 他に才谷 梅太郎(さいたに うめたろう、さいだに うめたろう)などの変名がある (手紙と変名の項を参照)。 土佐郷士株を持つ裕福な商家に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成した。薩長同盟の成立に尽力するなど倒幕および明治維新に関与した。大政奉還成立の1ヶ月後に近江屋事件で暗殺された。1891年(明治24年)4月8日、正四位を追贈される。.

新しい!!: 19世紀と坂本龍馬 · 続きを見る »

堀田正睦

堀田 正睦(ほった まさよし)は、江戸時代末期の大名・老中首座。下総佐倉藩の第5代藩主。正俊系堀田家9代。.

新しい!!: 19世紀と堀田正睦 · 続きを見る »

夏のない年

夏のない年(なつのないとし、Year Without a Summer)とは、1816年に北ヨーロッパ、アメリカ合衆国北東部およびカナダ東部にて起こった、夏の異常気象(冷夏)により農作物が壊滅的な被害を受けた現象のことである。この年の気候異常は太陽活動の低下と前年までの数年間、大火山の噴火が続いたことによる火山の冬の組み合わせにより引き起こされたと見る向きが大多数である。1815年のインドネシア中南部、スンバワ島に位置するタンボラ山の噴火は過去1600年間で最大規模である。歴史家のジョン・デクスター・ポストは「夏のない年」を「西洋において最後で最大の危機」と呼んだ。.

新しい!!: 19世紀と夏のない年 · 続きを見る »

夏季オリンピック

夏季五輪の開催国。数字は開催年。緑色の国は過去に1回開催された国。青色の国は過去に2回以上開催された国(同一都市であるか、その国の別々の都市であるかを問わず)。●は開催された都市で、黒色は1回、オレンジ色は2回、赤色は3回開催された都市。 夏季オリンピック(かきオリンピック、仏:Jeux olympiques d'été、英:Summer Olympic Games)は、近代オリンピックのうち夏期に行われるもので、4年に1度、4で割り切れる西暦年に開催される総合競技大会。正式名称はオリンピアード競技大会(オリンピアードきょうぎたいかい、英:Games of the Olympiad)。 なお、第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリア(ただし1908年・1912年のオリンピックではオーストララシアとして参加)の5ヶ国のみである。 また、過去3回夏季五輪の開催が取りやめとなった例があるが、この場合でも回次がそのまま残るため、公式記録上は「みなし開催」(事実上欠番)の扱いとされる。.

新しい!!: 19世紀と夏季オリンピック · 続きを見る »

夢判断

『夢判断』(ゆめはんだん、Die Traumdeutung, The Interpretation of Dream)は、1900年に発表された、オーストリアの精神科医ジークムント・フロイトによる夢に関する精神分析学の研究である。.

新しい!!: 19世紀と夢判断 · 続きを見る »

大塩平八郎

大塩 平八郎(おおしお へいはちろう)は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。大塩平八郎の乱を起こした。 通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)。字は子起。号は中斎。家紋は揚羽。大塩家は代々、大坂東町奉行組与力であり、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。大坂天満の生まれ。かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから、養子である可能性は否定されている。平八郎の実の祖父・政之丞が阿波国脇町の出身で、与力大塩氏に養子に入ったことから、この祖父と混同されたと考えられる。.

新しい!!: 19世紀と大塩平八郎 · 続きを見る »

大塩平八郎の乱

大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん)は、江戸時代の天保8年(1837年)に、大坂(現・大阪市)で大坂町奉行所の元与力大塩平八郎(中斎)とその門人らが起こした江戸幕府に対する反乱である。大塩の乱とも言う。旗本が出兵した戦としては寛永年間に起きた島原の乱(1637年 - 1638年)以来、200年ぶりの合戦であった。.

新しい!!: 19世紀と大塩平八郎の乱 · 続きを見る »

大不況 (1873年-1896年)

大不況(だいふきょう)とは、1873年から1896年にわたる世界的な構造不況(Great Depression)である。これはイギリス経済史での捉え方である。アメリカでは、景気循環の局面として考える。また、イギリスより長い時期を切り取る。つまり、1890年代の景気後退と暗黒の木曜日をきっかけとする1930年代末までの不況(Long Depression)である。アメリカでは世界恐慌が大不況の終盤である西村閑也 19世紀末「世界大不況」が残した教訓 エコノミスト73(30) 1995年7月11日号 pp.44-47.

新しい!!: 19世紀と大不況 (1873年-1896年) · 続きを見る »

大久保利通

大久保 利通(おおくぼ としみち、文政13年8月10日(1830年9月26日) - 明治11年(1878年)5月14日)は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。位階勲等は贈従一位勲一等。 明治維新の元勲であり、西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される。また「維新の十傑」の1人でもある。 初代内務卿(実質上の首相)を務めるなど、内閣制度発足前の明治政界のリーダーであった。.

新しい!!: 19世紀と大久保利通 · 続きを見る »

大御所時代

大御所時代(おおごしょじだい)は、江戸時代、寛政の改革と天保の改革の間の期間で、第11代将軍徳川家斉の治世。家斉は隠居して大御所となってからも政治の実権を握っていたため、後の人が「大御所時代」と呼ぶようになった(その通称から時々誤解されやすいが、「大御所時代」には家斉が将軍の地位にあった50年間も含まれる。一方、実際に大御所であったのはわずか4年である)。また同時期の代表的な元号より文化文政時代(ぶんかぶんせいじだい)、あるいはこれを略した化政時代(かせいじだい)という呼称が用いられる場合がある。.

新しい!!: 19世紀と大御所時代 · 続きを見る »

大ブルガリア公国

大ブルガリア公国(だいブルガリアこうこく、Княжество България / Knyazhestvo Bulgaria)は、1878年3月に露土戦争の講和条約として結ばれたサン・ステファノ条約によって、一時的にブルガリアに成立した公国。 ロシア帝国からの影響が強く、この新たな国家はロシアの地中海への南下政策を容易にするものであったためイギリス、オーストリアの反発を招き、事態の収拾を図ったドイツが主催したベルリン会議の結果、ベルリン条約によって大きく領土を縮小された。.

新しい!!: 19世紀と大ブルガリア公国 · 続きを見る »

大コロンビア

大コロンビア(だいコロンビア、Gran Colombia)は、1819年から1831年まで南アメリカ北部にあったコロンビア共和国 (República de Colombia) を指す。グラン・コロンビアとも呼ばれる。旧ヌエバ・グラナダ副王領の領域だったベネズエラ、ヌエバ・グラナダ、南部地区(グアヤキル、キト、クエンカの連合)からなり、その領域は現在のベネズエラ、コロンビア、エクアドル、パナマの全域と、ガイアナ、ブラジル、ペルーの一部に相当する。1821年に独立したイスパニョーラ島東部のスペイン人・ハイチ共和国(現在のドミニカ共和国)から編入を求める声も上がったが、翌1822年のハイチの侵攻によりこの計画は流れた。 正式名称はコロンビア共和国だが、1866年以降のコロンビア合衆国(1880年に現在のコロンビア共和国)と区別するために、後世「大」を冠して呼ぶ。現在のコロンビアにあたる地域は、当時はヌエバ・グラナダという植民地時代の名で呼ばれており、ヌエバ・グラナダだけを指してコロンビアということはなかった。.

新しい!!: 19世紀と大コロンビア · 続きを見る »

大相撲

大相撲(おおずもう)は、.

新しい!!: 19世紀と大相撲 · 続きを見る »

大隈重信

大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) - 大正11年(1922年)1月10日)は、日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。位階勲等爵位は従一位大勲位侯爵(公爵)。菅原姓。 政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣(第3・4・10・13・28代)、農商務大臣(第11代)、内閣総理大臣(第8・17代)、内務大臣(第30・32代)、貴族院議員などを歴任した。早稲田大学の創設者であり、初代総長である。.

新しい!!: 19世紀と大隈重信 · 続きを見る »

大韓帝国

純宗 勲章を纏っている高宗 大日本帝国の大礼服と大勲位菊花章頸飾など様々な勲章を纏った純宗 大日本帝国の大礼服と勲章を纏って座っている純宗 『大韓全図』(1899、玄采『大韓地誌』附図) 大韓帝国(だいかんていこく、대한제국〈テハンジェグク〉)は、1897年から1910年までの間李氏朝鮮が使用していた国号。大韓国(だいかんこく、대한국〈テハングク〉)、韓国(かんこく、한국〈ハングク〉)とも言った。また、現在の大韓民国(韓国)と区別するため、「旧韓国(きゅうかんこく)」と呼ばれることもある。 朝鮮半島最後の専制君主国であるが、日露戦争後は日本の保護国となり、1910年8月の韓国併合によって滅亡した。 現在の韓国政府はこの「大韓帝国」の領土に竹島(韓国名: 独島〈독도; 獨島〉)も含まれていたと主張する。.

新しい!!: 19世紀と大韓帝国 · 続きを見る »

大阪

大阪(おおさか、Ōsaka)は、日本の近畿地方(関西地方)の地名である。日本第二の都市・西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神(近畿地方、大阪都市圏、近畿圏)を漠然と総称することにも使われる。近畿の経済・文化の中心地で、古くは大坂と表記し、古都・副都としての歴史を持つ。.

新しい!!: 19世紀と大阪 · 続きを見る »

大英博物館

大英博物館(だいえいはくぶつかん、British Museum)は、イギリス・ロンドンにある博物館である。.

新しい!!: 19世紀と大英博物館 · 続きを見る »

大老

大老(たいろう)は、江戸幕府の職制で、将軍の補佐役、臨時に老中の上に置かれた最高職である。より広義には、大名家・執政機関の最高責任者群を指す(豊臣政権の五大老などがよく知られる)。.

新しい!!: 19世紀と大老 · 続きを見る »

大陸封鎖令

大陸封鎖令(たいりくふうされい)は、フランス帝国とその同盟国の支配者になったナポレオン1世が、その当時産業革命中のイギリスを封じ込めてフランスと通商させてヨーロッパ大陸の経済を支配しようとして1806年に発令した経済封鎖命令である。ベルリンで発令されたのでベルリン勅令()とも呼ぶ。.

新しい!!: 19世紀と大陸封鎖令 · 続きを見る »

大陸国家

大陸国家(たいりくこっか)とは、地政学の概念の一つであり、海洋国家に対置する概念。海洋国家と異なり、主観的、革新的、排他的志向を有するとされ、地理的には大陸の中央か周辺であり、過去には陸上輸送及び軍備で覇権を確立したことのある国家をいう。.

新しい!!: 19世紀と大陸国家 · 続きを見る »

大村益次郎

大村 益次郎(おおむら ますじろう、 文政7年5月3日(1824年5月30日) - 明治2年11月5日(1869年12月7日)は、幕末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者である。維新の十傑の一人に数えられる。 長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。靖国神社の参道中央に像がある理由もこのためであるとされる。元の名字は村田、幼名は宗太郎、通称は蔵六、良庵(または亮庵)、のちに益次郎。雅号は良庵・良安・亮安。諱は永敏(ながとし)。位階は贈従二位。家紋は丸に桔梗。.

新しい!!: 19世紀と大村益次郎 · 続きを見る »

大津事件

大津事件(おおつじけん)は、1891年(明治24年)5月11日に日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した暗殺未遂事件である。 当時の列強の一つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生し、まだ発展途上であった日本が武力報復されかねない緊迫した状況下で、行政の干渉を受けながらも司法の独立を維持し、三権分立の意識を広めた近代日本法学史上重要な事件とされる。裁判で津田は死刑を免れ無期徒刑となり、日本政府内では外務大臣・青木周蔵と内務大臣・西郷従道が責任を負って辞職し、6月には司法大臣・山田顕義が病気を理由に辞任した。.

新しい!!: 19世紀と大津事件 · 続きを見る »

大戦争

大戦争.

新しい!!: 19世紀と大戦争 · 続きを見る »

大日本帝国憲法

憲法発布略図1889年(明治22年)、楊洲周延画 新皇居於テ正殿憲法発布式之図1889年(明治22年)、安達吟光画 大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう、だいにっぽんていこくけんぽう、旧字体:大日本帝國憲法)は、1889年(明治22年)2月11日に公布、1890年(明治23年)11月29日に施行された、外見的立憲主義に基づく日本の憲法 大日本帝国憲法には、表題に「大日本帝国」が使用されているが、詔勅では「大日本憲法」と称しており、正式な国号と規定されたものではない。「大日本帝国」が正式な国号と規定された1936年(昭和11年)まで、他に「日本国」「日本」等の名称も使用された。。 明治憲法(めいじけんぽう)、あるいは単に帝国憲法(ていこくけんぽう)と呼ばれることも多い。現行の日本国憲法との対比で旧憲法(きゅうけんぽう)とも呼ばれる。 短期間で停止されたオスマン帝国憲法を除けば実質上のアジア初の近代憲法である。1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行まで半世紀以上の間正確には56年5か月4日(20608日)、一度も改正されることはなかった。1947年(昭和22年)5月2日まで存続し、1946年(昭和21年)11月3日に第73条の憲法改正手続による公布を経て、翌1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行された。.

新しい!!: 19世紀と大日本帝国憲法 · 続きを見る »

大政奉還

大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の慶応3年10月14日(1867年11月9日)に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に奏上し、翌15日に天皇が奏上を勅許した政治的出来事である。 「大政奉還図」これは「10月13日に二条城において将軍・徳川慶喜が諸藩重臣に大政奉還を諮問した様子を描いた絵」であり「慶喜が明治天皇に大政を奉還している様子を描いた絵」ではない。 邨田丹陵.

新しい!!: 19世紀と大政奉還 · 続きを見る »

天京攻防戦

天京攻防戦は清軍と太平天国軍との戦い。天京とは現在の南京で太平天国の首都。1864年のこの戦いは太平天国が帝国としての形を保った最後の戦いであった。.

新しい!!: 19世紀と天京攻防戦 · 続きを見る »

天体物理学

天体物理学(てんたいぶつりがく、英語:astrophysics)は、天文学及び宇宙物理学の一分野で、恒星・銀河・星間物質などの天体の物理的性質(光度・密度・温度・化学組成など)や天体間の相互作用などを研究対象とし、それらを物理学的手法を用いて研究する学問である。宇宙物理学とも。天文学の中でも19世紀以降に始まった比較的新しい分野で、天文学の近代部門の代表的な分野と目されている。 例として、宇宙論の研究は、理論天体物理学の中で最も規模の大きな対象を扱う学問であるが、逆に宇宙論(特にビッグバン理論)では、我々が知っている最も高いエネルギー領域を扱うがゆえに、宇宙を観測することがそのまま最も微小なスケールでの物理学の実験そのものにもなっている。 実際には、ほぼ全ての近代天文学の研究は、物理学の要素を多く含んでいる。多くの国の天文学系の大学院博士課程の名称は、「天文学 (Astronomy)」や「天体物理学 (Astrophysics)」などまちまちだが、これは専攻の学問内容よりもその研究室の歴史を反映しているに過ぎない。.

新しい!!: 19世紀と天体物理学 · 続きを見る »

天保の大飢饉

天保の大飢饉(てんぽうのだいききん)は江戸時代後期の1833年(天保4年)に始まり、1835年から1837年にかけて最大規模化した飢饉である。1839年(天保10年)まで続いた。1836年(天保7年)までと定義する説もある。 寛永・享保・天明に続く江戸四大飢饉の一つで、寛永の飢饉を除いた江戸三大飢饉のひとつ。単に天保の飢饉とも言う。.

新しい!!: 19世紀と天保の大飢饉 · 続きを見る »

天保の改革

天保の改革(てんぽうのかいかく)は、江戸時代の天保年間(1830年 - 1843年)に行われた、幕政や諸藩の改革の総称である。享保の改革、寛政の改革と並んで、江戸時代の三大改革の一つに数えられる。貨幣経済の発達に伴って逼迫した幕府財政の再興を目的とした。またこの時期には、諸藩でも藩政改革が行われた。.

新しい!!: 19世紀と天保の改革 · 続きを見る »

天保義民事件

天保義民事件(てんぽうぎみんじけん)は、天保11年(1840年)に出羽国庄内藩主酒井忠器らに出された三方領知替えに対して、庄内藩の領民が反対運動を展開した事件。.

新しい!!: 19世紀と天保義民事件 · 続きを見る »

天皇

天皇(てんのう)は、日本国憲法に規定された日本国および日本国民統合の象徴たる地位、または当該地位にある個人「天皇」『日本大百科全書(ニッポニカ)』 小学館。。7世紀頃に大王が用いた称号に始まり、歴史的な権能の変遷を経て現在に至っている。 今上天皇(当代の天皇)は、昭和天皇第一皇子である明仁。.

新しい!!: 19世紀と天皇 · 続きを見る »

天理教 (中国)

天理教(てんりきょう)は、19世紀の中国(清代)の宗教秘密結社である。白蓮教の分派の一つであり、八卦教ともいう。日本の奈良県天理市を中心として活動している天理教とはまったくの別物である。.

新しい!!: 19世紀と天理教 (中国) · 続きを見る »

天津条約 (1858年)

条約の調印の様子 条約の締結 天津条約(てんしんじょうやく、Treaty of Tianjin)は、中国の天津において、清国と諸外国間に締結された17条約の通称。 1856年に始まったアロー戦争で英仏連合軍が広州を占領し、その後さらに北上して天津を制圧したため、清朝が天津でロシア・アメリカ・イギリス・フランスの4国と結んだものである。この条約は広範囲な外国の特権を規定しており、それ以後の不平等条約の根幹となった。.

新しい!!: 19世紀と天津条約 (1858年) · 続きを見る »

天文学

星空を観察する人々 天文学(てんもんがく、英:astronomy, 独:Astronomie, Sternkunde, 蘭:astronomie (astronomia)カッコ内は『ラランデ歴書』のオランダ語訳本の書名に見られる綴り。, sterrenkunde (sterrekunde), 仏:astronomie)は、天体や天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。主に位置天文学・天体力学・天体物理学などが知られている。宇宙を研究対象とする宇宙論(うちゅうろん、英:cosmology)とは深く関連するが、思想哲学を起源とする異なる学問である。 天文学は、自然科学として最も早く古代から発達した学問である。先史時代の文化は、古代エジプトの記念碑やヌビアのピラミッドなどの天文遺産を残した。発生間もない文明でも、バビロニアや古代ギリシア、古代中国や古代インドなど、そしてイランやマヤ文明などでも、夜空の入念な観測が行われた。 とはいえ、天文学が現代科学の仲間入りをするためには、望遠鏡の発明が欠かせなかった。歴史的には、天文学の学問領域は位置天文学や天測航法また観測天文学や暦法などと同じく多様なものだが、近年では天文学の専門家とはしばしば天体物理学者と同義と受け止められる。 天文学 (astronomy) を、天体の位置と人間界の出来事には関連があるという主張を基盤とする信念体系である占星術 (astrology) と混同しないよう注意が必要である。これらは同じ起源から発達したが、今や完全に異なるものである。.

新しい!!: 19世紀と天文学 · 続きを見る »

太平天国の乱

太平天国の玉璽。 天王の玉座 天王府のミニチュア 長江での太平天国軍と清軍との戦い 太平天国の乱(たいへいてんごくのらん)は、清朝の中国で、1851年に起こった大規模な反乱。洪秀全を天王とし、キリスト教の信仰を紐帯とした組織太平天国によって起きた。長髪賊の乱ともいわれる。.

新しい!!: 19世紀と太平天国の乱 · 続きを見る »

太平洋戦争 (1879年-1884年)

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Guerra del Pacífico)は、1879年から1884年にかけて、ボリビア共和国およびペルー共和国とチリ共和国の間で行われた戦争である。1941年に起きた太平洋戦争とは関係はない。.

新しい!!: 19世紀と太平洋戦争 (1879年-1884年) · 続きを見る »

失権の原理

失権の原理(しっけんのげんり、英語:Doctrine of lapse)は、イギリス統治時代、インド諸藩王国に適用された養子による相続を認めない無嗣改易による併合政策。.

新しい!!: 19世紀と失権の原理 · 続きを見る »

外国奉行

外国奉行(がいこくぶぎょう)とは、江戸時代末期(幕末)における江戸幕府の職名。外交を担当した。.

新しい!!: 19世紀と外国奉行 · 続きを見る »

奢侈禁止令

奢侈禁止令(しゃしきんしれい)または奢侈禁止法とは、贅沢(奢侈)を禁止して倹約を推奨・強制するための法令および命令の一群である。.

新しい!!: 19世紀と奢侈禁止令 · 続きを見る »

奥羽越列藩同盟

奥羽越列藩同盟(おううえつれっぱんどうめい)は、戊辰戦争中の1868年(慶応4年/明治元年)5月6日に成立した同盟でTBS系列「水トク!林修の歴史ミステリー」2017年11月15日放送。仙台藩主・伊達慶邦の命を受け、『仙台藩の坂本龍馬』とも称された仙台藩士・玉虫左太夫が、薩長を中心とする新政府軍に対抗する「奥羽越列藩同盟」を成立させるために東北諸藩を回った。、陸奥国(奥州)、出羽国(羽州)、越後国(越州)の諸藩が、輪王寺宮・北白川宮能久親王を盟主とし、薩長中心の新政府の圧力に対抗するために結成された。 新政府軍に対抗すべく、現在の東北地方と新潟県に位置する諸藩が『東日本』として独立することが同盟の目的であるが、最初は、奥羽諸藩が会津藩、庄内藩の「朝敵」赦免嘆願を目的として結んだ同盟(奥羽列藩同盟)であった。よって両藩は同盟の盟約書には署名していなが会庄同盟を結成した。しかし、この赦免嘆願が拒絶された後は、同盟は新たな政権(北部政権)の確立を目的とした軍事同盟に変化した。 同盟のイデオローグ・理論的指導者として仙台藩の大槻磐渓の存在が挙げられる。そして、同じく仙台藩の玉虫左太夫は、仙台藩主の伊達慶邦の命を受けて東北諸藩を回り同盟を成立させた立役者の一人として知られる。なお、加盟各藩はいずれも当初は、薩長など新政府が仙台に設置した奥羽鎮撫総督(おううちんぶそうとく)に従っていた。 .

新しい!!: 19世紀と奥羽越列藩同盟 · 続きを見る »

女性参政権

女性参政権(じょせいさんせいけん)とは、女性が直接または間接的に国や地方自治体の政治に参加するための諸権利のこと。かつて婦人参政権(ふじんさんせいけん)と呼ばれていた用語を現代的に言い換えた表現である。.

新しい!!: 19世紀と女性参政権 · 続きを見る »

奴隷解放宣言

奴隷解放宣言(どれいかいほうせんげん、Emancipation Proclamation)は、 アメリカ合衆国大統領であったエイブラハム・リンカーンが、南北戦争中である1862年9月、連邦軍の戦っていた南部連合が支配する地域の奴隷たちの解放を命じた宣言をいう。 連邦側から脱退していなかった境界線辺りの奴隷州と、すでに連邦軍に制圧されていた地域はこの宣言の対象外とされた。この宣言によってすぐ解放された奴隷の数は少なかったが、終戦後、南部連合支配地域が連邦軍の支配下に戻され、アメリカ合衆国憲法第13修正が承認されたため、奴隷たちの解放は公式に確立された。この宣言をきっかけとして、合衆国で奴隷解放運動が後に盛んになったのである。.

新しい!!: 19世紀と奴隷解放宣言 · 続きを見る »

好感情の時代

ントラルスクエアでの独立記念日 好感情の時代(こうかんじょうのじだい、Era of Good Feelings)は、19世紀前半のアメリカ合衆国において、政党対立がほとんど見られなかった一時期をさした表現。とりわけ、5代大統領ジェームズ・モンローの時代(在位:1817年-1825年)にあたる。ただし、「好感情」、「いい気持ち」というのはあくまで支配層である白人主体の表現であって、これはインディアンや黒人の血で贖われた犠牲を無視した上に成立したものである。.

新しい!!: 19世紀と好感情の時代 · 続きを見る »

奇兵隊

奇兵隊(きへいたい)とは、江戸時代末期(幕末)に結成された、藩士と藩士以外の武士・庶民からなる混成部隊。「奇兵」とは正規の武士を意味する「正規兵」の反対語で、「奇兵隊」も、藩士・武士のみからなる「撰鋒隊」に対する反対語に由来する。主に結成された奇兵隊は以下の通りで、順次詳細をこの項にて述べる。.

新しい!!: 19世紀と奇兵隊 · 続きを見る »

威海衛の戦い

威海衛の戦い(いかいえいのたたかい)は、日清戦争における戦闘である。その日本陸海軍共同作戦の目的は、第二期作戦(直隷決戦)にむけて制海権を完全に掌握するため、威海衛湾に立てこもる北洋艦隊の残存艦艇撃滅と海軍基地の制圧にあった。.

新しい!!: 19世紀と威海衛の戦い · 続きを見る »

孝明天皇

孝明天皇(こうめいてんのう、天保2年6月14日(1831年7月22日) - 慶応2年12月25日(1867年1月30日))は、第121代天皇(在位:弘化3年2月13日(1846年3月10日)‐ 慶応2年12月25日(1867年1月30日))。諱は統仁(おさひと)。仁孝天皇の皇子、明治天皇の父。.

新しい!!: 19世紀と孝明天皇 · 続きを見る »

学制

学制(がくせい、明治5年8月2日太政官第214号)は、明治5年8月2日(1872年9月4日)に太政官より発された、日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令である。109章からなり、「大中小学区ノ事」「学校ノ事」「教員ノ事」「生徒及試業ノ事」「海外留学生規則ノ事」「学費ノ事」の6項目を規定した。全国を学区に分け、それぞれに大学校・中学校・小学校を設置することを計画し、身分・性別に区別なく国民皆学を目指した。教育令(明治12年太政官布告第40号)の公布により、1879年(明治12年)9月29日に廃止された。.

新しい!!: 19世紀と学制 · 続きを見る »

学問のすゝめ

『学問のすゝめ』(學問ノスヽメ、がくもんのすすめ)は、福沢諭吉の著書のひとつであり代表作である。初編から17編までシリーズとして発行された。初編のみ小幡篤次郎共著。.

新しい!!: 19世紀と学問のすゝめ · 続きを見る »

学習院 (幕末維新期)

学習院(がくしゅういん)は、江戸時代末期(幕末)の天保13年(1842年)に京都に設立され明治1年(1868年)9月(あるいは明治2年9月)に廃止された朝廷の教育機関である。1877年東京で設立された皇族・華族学校の学習院と区別して「京都学習院」とも称する。.

新しい!!: 19世紀と学習院 (幕末維新期) · 続きを見る »

学習院大学

記載なし。

新しい!!: 19世紀と学習院大学 · 続きを見る »

実存主義

実存主義(じつぞんしゅぎ、existentialisme、existentialism)とは、人間の実存を哲学の中心におく思想的立場。あるいは本質存在(essentia)に対する現実存在(existentia)の優位を説く思想。実存(existenz)の当初の日本語訳は「現実存在」であったが、九鬼周造がそれを短縮して「実存」とした。語源はex-sistere(続けて外に立つの意)。.

新しい!!: 19世紀と実存主義 · 続きを見る »

安藤信正

安藤 信正(あんどう のぶまさ)は、陸奥磐城平藩の第5代藩主。安藤家第10代。幕末に若年寄、次いで老中を務めた。磐城平藩第4代藩主安藤信由の長男。母は大河内松平信明の娘。幼名は欽之進、後に欽之介。元服時の初名は信睦(のぶゆき)、老中在職中に信行(のぶゆき)、さらに信正へ改名している。.

新しい!!: 19世紀と安藤信正 · 続きを見る »

安政の大獄

安政の大獄(あんせいのたいごく)は、安政5年(1858年)から安政6年(1859年)にかけて、江戸幕府が行なった弾圧である。当時は「飯泉喜内初筆一件」または「戊午の大獄(つちのえうまのたいごく、ぼごのたいごく)」とも呼ばれていた。 江戸幕府の大老井伊直弼や老中間部詮勝らは、勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印し、また将軍継嗣を徳川家茂に決定した。安政の大獄とは、これらの諸策に反対する者たちを弾圧した事件である。弾圧されたのは尊皇攘夷や一橋派の大名・公卿・志士(活動家)らで、連座した者は100人以上にのぼった。。.

新しい!!: 19世紀と安政の大獄 · 続きを見る »

安政の改革

安政の改革(あんせいのかいかく)とは、嘉永6年(1853年)にアメリカ東インド艦隊司令官ペリーが来航して一気に政局が混乱した際、江戸幕府の老中首座・阿部正弘が主導して行なった幕政改革のことである。幕府三大改革といわれる享保の改革・寛政の改革・天保の改革に次ぐ改革といわれる。.

新しい!!: 19世紀と安政の改革 · 続きを見る »

安政南海地震

安政南海地震(あんせい なんかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月5日(1854年12月24日)に発生した南海地震「南海地震」とは、本来1946年南海地震を指していたが、南海トラフ沿い西側半分の南海道沖を震源域とする地震も一般的に南海道地震と呼ばれてきた。2001年の「東南海、南海地震等に関する専門調査会」設置以来、土佐湾から紀伊水道沖を震源域として発生するとされる固有地震の名称としても使われ始め、「」(平成14年法律第92号)に明記された。である。 南海トラフ巨大地震の1つとされ、約32時間前に発生した安政東海地震と共に安政地震沢村(1959), p59-60.、安政大地震とも総称される門村(1983).。この地震は嘉永年間に起きたが、この天変地異や内裏炎上、前年の黒船来航を期に改元されて安政と改められ、歴史年表上では安政元年(1854年)であることから安政を冠して呼ばれる。当時は寅の大変(とらのたいへん)とも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀と安政南海地震 · 続きを見る »

安政五カ国条約

安政五カ国条約 安政五カ国条約(あんせいのごかこくじょうやく)は、幕末の安政5年(1858年)に江戸幕府がアメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの5ヵ国それぞれと結んだ条約の総称。安政の仮条約(あんせいのかりじょうやく)ともいう。.

新しい!!: 19世紀と安政五カ国条約 · 続きを見る »

安政東海地震

安政東海地震(あんせいとうかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月4日(1854年12月23日)に発生した東海地震である。ここでいう「東海地震」とは南海トラフ沿い東側半分の東海道沖が震源域となる地震のことであり、いわゆる東南海地震「東南海地震」とは、本来1944年東南海地震を指していたが、2001年の「東南海、南海地震等に関する専門調査会」設置以来、熊野灘から遠州灘を震源域として発生するとされる固有地震の名称として使われ始め、「東南海・南海地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法」(平成14年法律第92号)に明記された。-石橋(2014), p137-138.の領域も本地震の震源域に含まれていたと考えられている。 また、南海トラフ巨大地震の一つとされ、約32時間後に発生した安政南海地震とともに安政地震沢村(1959), p59-60.、あるいは安政大地震とも総称される門村(1983).。この地震は嘉永年間に起きたが、この天変地異や前年の黒船来航を期に改元されて安政と改められ、歴史年表上では安政元年であることから安政を冠して呼ばれる。当時は寅の大変(とらのたいへん)とも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀と安政東海地震 · 続きを見る »

安政江戸地震

安政江戸地震(あんせいえどじしん)は、安政2年10月2日(1855年11月11日)午後10時ごろ、関東地方南部で発生したM7クラスの地震である。世にいう安政の大地震(あんせいのおおじしん)は、特に本地震を指す花咲一男 『大江戸ものしり図鑑』 主婦と生活社、2007年ことが多く、単に江戸地震(えどじしん)とも呼ばれる。 南関東直下地震の一つと考えられている。.

新しい!!: 19世紀と安政江戸地震 · 続きを見る »

富岡鉄斎

富岡 鉄斎(とみおか てっさい、1837年1月25日(天保7年12月19日)- 1924年12月31日)は、明治・大正期の文人画家、儒学者。日本最後の文人と謳われる。.

新しい!!: 19世紀と富岡鉄斎 · 続きを見る »

富嶽三十六景

『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』 落款 『富嶽三十六景』(ふがくさんじゅうろっけい)は、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の手になる名所浮世絵揃物の一つで、北斎の代表作である。大錦横判『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』(横大判錦絵)、全46図。「富嶽」は富士山の別名であり、本作は、富士見のできる各地を織り交ぜながら富士山の在る景観を描いたものである。 漢字「富」には異体字「冨」があるが、作品自体の示すとおり、出版当時の題名表記は異体字を用いた「冨嶽三十六景」である(■右列の「落款」画像を参照)。一方で、現代に多く見られる表記は正体字を用いた「富嶽三十六景」である『中学社会 歴史』(中学校社会科用教科書。平成8年2月29日文部省検定済。教科書番号:17教出・歴史762)p 149には、「葛飾北斎の風景画(「富嶽三十六景」)」と記載されている。『新しい社会 歴史』(中学校社会科用教科書。平成13年3月30日文部科学省検定済。教科書番号:2東書 歴史702)p 107には、「葛飾北斎の風景画(富嶽三十六景より「凱風快晴」)」と記載されている。『詳解日本史B 改訂版』(高等学校地理歴史科用教科書。平成10年3月31日文部省検定済。教科書番号:15三省堂 日B 625)p 194には、「葛飾北斎 『富嶽三十六景ー尾州不二見原』」と記載されている。『総合日本史図表』(高等学校日本史資料集。第一学習社。2000年1月10日 改訂11版発行)p 146には、「富嶽三十六景凱風快晴(葛飾北斎筆)」と記載されている。。ほかにも、「岳」が「嶽」の異体字であることから、「富岳三十六景」という表記も見られる小学館『日本大百科全書:ニッポニカ』。 19世紀のヨーロッパ文化圏に到来したジャポニスムを通じて、ヨーロッパの芸術シーンに多大な影響を与えたことでも、世界的に知られる。.

新しい!!: 19世紀と富嶽三十六景 · 続きを見る »

寛政の改革

寛政の改革(かんせいのかいかく)は、江戸時代に松平定信が老中在任期間中の1787年から1793年に主導して行われた幕政改革である。享保の改革、天保の改革とあわせて三大改革と並称される。.

新しい!!: 19世紀と寛政の改革 · 続きを見る »

小御所会議

小御所会議(こごしょかいぎ)は、江戸時代末期(幕末)の慶応3年12月9日(1868年1月3日)に京都・小御所にて行われた国政会議。同日に発せられた王政復古の大号令において新たに設置された三職(総裁・議定(ぎじょう)・参与)が行った最初の会議である。大政奉還した徳川慶喜の官職(内大臣)辞職および徳川家領の削封が決定され、倒幕派の計画通りに決議されたので王政復古の大号令と併せて「王政復古クーデター」と呼ばれることもある。その一方で、この時期までにしばしば浮上しては頓挫した、雄藩連合による公議政体路線の一つの到達点という面も持ち合わせていた。 この頁では小御所会議前後の状況も併せて記述する。.

新しい!!: 19世紀と小御所会議 · 続きを見る »

小説神髄

『小説神髄』(しょうせつしんずい)は、坪内逍遥の文芸評論。1885年 - 1886年(明治18年 - 19年)に松林堂から刊行。 上巻において、小説で大切なことはまず人情を描くことで、次に世の中の様子や風俗の描写であると論じ、下巻において具体的な方法を示す。 明治に入ってからの日本文学は、江戸の戯作の流れを汲む戯作文学か、西洋の思想・風俗を伝え啓蒙するための政治小説が中心だったが、『小説神髄』は道徳や功利主義的な面を文学から排して客観描写につとめるべきだと述べ、心理的写実主義を主張することで日本の近代文学の誕生に大きく寄与した。.

新しい!!: 19世紀と小説神髄 · 続きを見る »

小林一茶

小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)- 文政10年11月19日(1828年1月5日))は信濃国柏原で中農の子として生まれた。本名は小林弥太郎「父の終焉日記」の前書き部分で、一茶は自らのことを「信之」と名乗っているが、信之という名乗りはこの時のみである上に、農民の名として似つかわしくないことから、小林(1986)p.23では一茶の作り話としている。、一茶とは俳号である。15歳の時に奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と出会い、「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立して松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ江戸時代を代表する俳諧師の一人となった。別号は圯橋小林(2002)p.4、菊明、新羅坊矢羽(1993)p.11、亜堂。庵号は二六庵、俳諧寺。.

新しい!!: 19世紀と小林一茶 · 続きを見る »

小栗忠順

小栗 忠順(おぐり ただまさ)は、江戸時代末期の幕臣、勘定奉行、江戸町奉行、外国奉行。 通称は又一。安政6年(1859年)、従五位下豊後守に叙任。文久3年(1863年)、上野介に遷任され、以後小栗上野介と称される。三河小栗氏第12代当主で、父方の祖父は同じく勘定奉行を務めた中川忠英。.

新しい!!: 19世紀と小栗忠順 · 続きを見る »

小泉八雲

小泉 八雲(こいずみ やくも、1850年6月27日 - 1904年(明治37年)9月26日)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者。東洋と西洋の両方に生きたとも言われる。 出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)。ラフカディオが一般的にファーストネームとして知られているが、実際はミドルネームである。アイルランドの守護聖人・聖パトリックにちなんだファーストネームは、ハーン自身キリスト教の教義に懐疑的であったため、この名をあえて使用しなかったといわれる。 ファミリーネームは来日当初「ヘルン」とも呼ばれていたが、これは松江の島根県立中学校への赴任を命ずる辞令に、「Hearn」を「ヘルン」と表記したのが広まり、当人もそのように呼ばれることを非常に気に入っていたことから定着したもの。ただ、妻の節子には「ハーン」と読むことを教えたことがある。HearnもしくはO'Hearnはアイルランド南部では比較的多い姓である。.

新しい!!: 19世紀と小泉八雲 · 続きを見る »

尾崎紅葉

尾崎 紅葉(おざき こうよう、1868年1月10日(慶応3年12月16日) - 1903年(明治36年)10月30日)は、日本の小説家。本名、徳太郎。「縁山」「半可通人」「十千万堂」「花紅治史」などの号も持つ。江戸生まれ。帝国大学国文科中退。 1885年(明治18年)、山田美妙らと硯友社を設立し「我楽多文庫」を発刊。『二人比丘尼 色懺悔』で認められ、『伽羅枕』『多情多恨』などを書き、幸田露伴と並称され(紅露時代)明治期の文壇の重きをなした。1897年(明治30年)から『金色夜叉』を書いたが、未完のまま没した。泉鏡花、田山花袋、小栗風葉、柳川春葉、徳田秋声など、優れた門下生がいる。 俳人としても角田竹冷らとともに、秋声会を興し正岡子規と並んで新派と称された。.

新しい!!: 19世紀と尾崎紅葉 · 続きを見る »

山内容堂

山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末の外様大名。土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1848年1月21日) - 明治5年(1872年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。 土佐藩連枝の山内南家当主・山内豊著(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室・平石氏。正室は烏丸光政の娘・正子(三条実万の養女)。子は山内豊尹(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と女と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士達からは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。.

新しい!!: 19世紀と山内容堂 · 続きを見る »

山縣有朋

山県 有朋(やまがた ありとも、天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年(1922年)2月1日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵。内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。 長州藩領内の蔵元仲間山縣三郎有稔(ありとし)の子として生まれた。幼名は辰之助、通称は小助、後に小輔、さらに狂介と改名。明治維新後は有朋の諱を称した。高杉晋作が創設した奇兵隊に入って頭角を現し、後に副官である奇兵隊の軍監となる。 明治政府では軍政家として手腕をふるい、日本陸軍の基礎を築いて「国軍の父」とも称されるようになった。官僚制度の確立にも精力を傾け、門閥や情実だけで官僚文官官吏が登用されることのないように文官試験制度を創設し、後進を育成。山県が軍部・政官界に築いた幅広い人脈は「山県系」「山県閥」などと称される。 晩年も、陸軍のみならず政官界の大御所、「元老中の元老」として隠然たる影響力を保ち、「日本軍閥の祖」の異名をとった。ただし国政に深く関与するようになってからも、自身では「わしは一介の武弁」と称するのが常であった。伊藤博文と並び、明治維新期に低い出自から栄達を遂げた代表的人物である。 自身が得た最高位の階級は陸軍大将だが、元帥府に列せられ元帥の称号を得ており、元帥陸軍大将と呼称された。国外でも大英帝国のメリット勲章など、勲章を多数受章している。.

新しい!!: 19世紀と山縣有朋 · 続きを見る »

山田美妙

山田 美妙(やまだ びみょう、1868年8月25日(慶応4年7月8日) - 1910年(明治43年)10月24日)は、日本の小説家・詩人・評論家。言文一致体および新体詩運動の先駆者として知られる。二世曲亭主人、美妙斎、美妙子、樵耕蛙船、飛影などの号も用いた。 SF・推理小説作家の加納一朗は孫。.

新しい!!: 19世紀と山田美妙 · 続きを見る »

山陰地方

山陰地方(さんいんちほう)は、日本の地域の一つであり、本州西部のうち日本海に面する地方である。名称は五畿七道の山陰道に因む。.

新しい!!: 19世紀と山陰地方 · 続きを見る »

山陽地方

山陽地方(さんようちほう)は、日本の地域の一つであり、本州の瀬戸内海側に位置する地方である。名称は五畿七道の山陽道に因む。.

新しい!!: 19世紀と山陽地方 · 続きを見る »

岡倉天心

岡倉 天心(おかくら てんしん、1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、日本の思想家、文人。本名は岡倉覚三(かくぞう)。幼名は岡倉角蔵。.

新しい!!: 19世紀と岡倉天心 · 続きを見る »

岩崎弥太郎

岩崎 弥太郎(いわさき やたろう、天保5年12月11日(1835年1月9日) - 明治18年(1885年)2月7日)は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。諱は敏(後に寛)、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く。.

新しい!!: 19世紀と岩崎弥太郎 · 続きを見る »

岩倉使節団

左から木戸孝允、山口尚芳、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通 岩倉使節団(いわくらしせつだん)とは、明治維新期の明治4年11月12日(1871年12月23日)から明治6年(1873年9月13日)まで、日本からアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国に派遣された大使節団である。岩倉具視を正使とし、政府首脳陣や留学生を含む総勢107名で構成された。.

新しい!!: 19世紀と岩倉使節団 · 続きを見る »

岩倉具視

岩倉 具視(いわくら ともみ、文政8年9月15日(1825年10月26日) - 明治16年(1883年)7月20日)は、日本の公家、政治家。雅号は対岳。謹慎中の法名は友山。補職・位階・勲等は、贈太政大臣贈正一位大勲位。維新の十傑の1人。.

新しい!!: 19世紀と岩倉具視 · 続きを見る »

島津久光

島津 久光(しまづ ひさみつ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の政治家。幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者で、公武合体運動を推進した。明治政府の内閣顧問、左大臣。重富島津家当主、のち玉里島津家初代当主。 位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。字は君輝、邦行。雅号は幼少時が徳洋、以後は大簡・双松・玩古道人・無志翁と号した。 島津家27代当主(薩摩藩10代藩主)島津斉興の五男で庶子。同28代当主(11代藩主)島津斉彬は異母兄、同29代当主(12代藩主)島津忠義は長男。次男・久治は宮之城家、四男・珍彦は重富家、五男・忠欽は今和泉家、と島津家の旧来の分家をそれぞれ相続した。.

新しい!!: 19世紀と島津久光 · 続きを見る »

川上操六

川上 操六(かわかみ そうろく、嘉永元年11月11日(1848年12月6日) - 明治32年(1899年)5月11日)は、日本の陸軍軍人、華族。官位は参謀総長・陸軍大将。栄典は従二位・勲一等・功二級・子爵。幼名宗之丞。長男の素一は陸軍少佐、娘は小原伝陸軍中将に嫁ぐ。桂太郎、児玉源太郎とともに、「明治陸軍の三羽烏」とされる。.

新しい!!: 19世紀と川上操六 · 続きを見る »

工業

工業(こうぎょう、industry)は、原材料を加工して製品を造る(つくる)こと、および、製品を造ることにかかわる諸事項のことである。工業の語には、製品を造る働き、製品を造る事業などについても含まれる。 工業は、第二次産業のうち(鉱業を除く)建設業および製造業の大部分に該当し、加工組立業といったりもする。.

新しい!!: 19世紀と工業 · 続きを見る »

工業化

工業化(こうぎょうか:industrialization)とは、農業中心の社会から工業中心の社会へと移り変わること。18世紀半ばのイギリスの産業革命に端を発し、現在に至るまで続く、農耕社会から産業社会へと変化するプロセスである。産業化の訳語が用いられる場合もある。.

新しい!!: 19世紀と工業化 · 続きを見る »

左宗棠

左宗棠 左宗棠 左 宗棠(さ そうとう、1812年11月10日 - 1885年9月5日)は、清朝末期の著名な大臣。太平天国の乱の鎮圧に活躍し、洋務派官僚としても有名。中国では「清代最後の大黒柱」と非常に高い評価を受けている(文化大革命期に太平天国が持ち上げられると、逆に評価が下がったこともある)。字は季高、湖南省湘陰県出身。老亮と号する。.

新しい!!: 19世紀と左宗棠 · 続きを見る »

上知令

上知令(じょうちれい、あげちれい)は、1840年代から1870年代にかけて、江戸幕府や明治政府が出した土地没収の命令。上地令と表記する場合もある。.

新しい!!: 19世紀と上知令 · 続きを見る »

上野戦争

上野戦争(うえのせんそう、慶応4年5月15日(1868年7月4日))は、戊辰戦争の戦闘の1つ。江戸上野(東京都台東区)において彰義隊ら旧幕府軍と薩摩藩、長州藩を中心とする新政府軍の間で行われた戦いである。.

新しい!!: 19世紀と上野戦争 · 続きを見る »

与力

与力(よりき)とは、江戸幕府における代表的な職名。なお、与力は寄騎とも書くが、これら与力・寄騎は時代によって意味が異なる。 備(そなえ)などを編成するため、江戸時代以前には、足軽大将(足軽組頭)などの中級武士が大身の武士の指揮下に入る事を意味する語句としても用いられていた。.

新しい!!: 19世紀と与力 · 続きを見る »

丁汝昌

丁汝昌(てい じょしょう、1836年11月18日(道光16年10月10日) - 1895年2月12日(光緒21年1月18日)、原名は先達)は清朝末期の軍人である。字は禹廷、号は次章。初めは太平天国の乱に反乱側として参加したが清朝に帰順してからは李鴻章の下で働き、後に北洋艦隊の提督になった。日清戦争中に艦隊戦敗北の責任をとって自決。.

新しい!!: 19世紀と丁汝昌 · 続きを見る »

帝国主義

1898年当時の帝国主義列強勢力図 帝国主義(ていこくしゅぎ、imperialism)とは、一つの国家が、自国の民族主義、文化、宗教、経済体系などを拡大するため、あるいは新たな領土や天然資源などを獲得するために、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、さらにそれを推し進めようとする思想や政策。.

新しい!!: 19世紀と帝国主義 · 続きを見る »

帝国議会

帝国議会(ていこくぎかい)は、1889年(明治22年)の大日本帝国憲法(明治憲法)発布から1947年(昭和22年)の日本国憲法への改正まで設置されていた日本の議会である。公選の衆議院と非公選の貴族院から成る。「議会」もしくは「国会」と略称された『事典 昭和戦前期の日本』(吉川弘文館) 36頁。。1890年(明治23年)11月29日開会の第1回議会から、1947年(昭和22年)3月31日閉会の第92回議会まで行われた。今日の国会との連続性を持つ。.

新しい!!: 19世紀と帝国議会 · 続きを見る »

両シチリア王国

両シチリア王国(りょうシチリアおうこく、Regno delle Due Sicilie)は、19世紀の南イタリアに存在した王国。ナポレオン戦争後の1816年に、長らくブルボン家(シチリア・ブルボン朝)の同君連合下にあったシチリア王国とナポリ王国が統合されて成立した。しかし、ナポリの政府による中央集権政治はシチリアの分離独立運動を、また保守反動的な姿勢は民族運動・革命運動を招き、イタリア統一運動(リソルジメント)の中でガリバルディ率いる軍に征服されて消滅した。 両シチリア王国としての存続期間は約45年であるが、それに先立つ同君連合時代も含めると、南イタリアは約120年にわたってブルボン家が統治した。「両シチリア王国」という呼称は、統合に先立ってシチリア王国とナポリ王国が同一王権下にあった時期に用いられることがある。また、中世シチリア王国に言及する際にも適用されることがある。本項では「両シチリア」という呼称についても言及する。.

新しい!!: 19世紀と両シチリア王国 · 続きを見る »

中央アメリカ連邦共和国

中央アメリカ連邦共和国(ちゅうおうアメリカれんぽうきょうわこく、República Federal de Centro América)は、1823年から1839年まで中央アメリカに存在した国家。独立当初の首都はグアテマラ市。1834年にサンサルバドルに遷都。 この国家はアメリカ合衆国をモデルとして建国された。1823年から1824年の間、「」(Provincias Unidas del Centro de América)という名称だったが、1824年から「中央アメリカ連邦共和国」(República Federal de Centro América)という名称で呼ばれている。英語ではしばしば "United States of Central America'" と呼ばれる。 中央アメリカ連邦共和国は、スペイン植民地時代に中央アメリカにおけるヌエバ・エスパーニャ副王領の下位行政組織だったを構成していたグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカから構成され、独立に際してチアパスのみはメキシコに帰属することを選択した。1830年代に第6の構成国、ロスアルトスが加わった。ロスアルトスの首都はケツァルテナンゴ(現グアテマラ領)であった。ロスアルトスは、現在のグアテマラの西部と、メキシコのチアパス州を占めていた。1838年から1840年に内戦があり、連邦はそのために崩壊した。.

新しい!!: 19世紀と中央アメリカ連邦共和国 · 続きを見る »

中岡慎太郎

円山公園の坂本龍馬と中岡慎太郎像(写真は戦後再建された2代目の像) 中岡 慎太郎(なかおか しんたろう、天保9年4月13日(新暦・1838年5月6日) - 慶応3年11月17日(新暦・1867年12月12日))は、日本の志士(活動家)。陸援隊隊長。名は道正。通称ははじめ福太郎(福五郎とも)、光次、のち慎太郎。号は遠山・迂山など。変名は石川清之助(誠之助)など。坂本龍馬らと共に薩長同盟の斡旋に尽力するも近江屋事件で横死した。贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。.

新しい!!: 19世紀と中岡慎太郎 · 続きを見る »

中江兆民

中江 兆民(なかえ ちょうみん、弘化4年11月1日(1847年12月8日) - 明治34年(1901年)12月13日)は、日本の思想家、ジャーナリスト、政治家(衆議院議員)。フランスの思想家ジャン=ジャック・ルソーを日本へ紹介して自由民権運動の理論的指導者となった事で知られ、東洋のルソーと評される。衆議院当選1回、第1回衆議院議員総選挙当選者の一人。兆民は号で、「億兆の民」の意味。「秋水」とも名乗り、弟子の幸徳秋水(伝次郎)に譲り渡している。また、他の号に青陵、木強生がある。名は篤介(とくすけ、篤助)。幼名は竹馬。.

新しい!!: 19世紀と中江兆民 · 続きを見る »

中津藩

中津藩(なかつはん)は、豊前国下毛郡中津(現在の大分県中津市)周辺を領有した藩。藩庁は中津城に置かれた(一時、藩庁は小倉城に移る)。.

新しい!!: 19世紀と中津藩 · 続きを見る »

七卿落ち

御手洗七卿落遺跡(広島県呉市) 徳山港にある五卿登陸碑(山口県周南市) 七卿落ち(しちきょうおち)は、1863年(文久3年)の八月十八日の政変において、7人の公家が京都から追放された事件。.

新しい!!: 19世紀と七卿落ち · 続きを見る »

世紀

世紀(せいき)とは、西暦を100年単位で区切った範囲に対しての呼称である。百年紀。“century”(英 /ˈsenʧɚi/ センチュリー)の訳語(語源はラテン語で「百」を意味する"centum")である。「世紀」を「C」という略記号で表すことがある(例えば、“20C ”は20世紀を表す)。 世紀は紀元後については、西暦元年(1年)から100年区切りごとに一単位として数える序数で表現される。また紀元前の世紀は、紀元前1年から遡って100年区切りごとに数える。このため、紀元0年が存在しないことと同様に、「0世紀」というものは存在しない。例えば、21世紀は英語で“The 21st (twenty-first) century ”と表現される「21番目の世紀」「第21世紀」という意味である。 また、天文学では時間的な「量」の単位としてユリウス世紀(.

新しい!!: 19世紀と世紀 · 続きを見る »

世紀末

世紀末(せいきまつ)とは、一つの世紀の終わりである。当然、どのような紀元の暦法であれ「世紀末」は存在するが、日本語では断りがなければ西暦の世紀末を指すのが一般的である。なお、「世紀の最後の年」としての世紀末は、西暦で下二桁が99の年(例:1999年、2099年)ではなく、西暦で下二桁が00の年(例:1900年、2000年)である。対義語で、一つの世紀の始まりは「新世紀」と呼ばれる。 歴史的には、19世紀末の西洋文化思潮 (Fin de siècle) を指す語として用いられる。また、「世紀末」という語自体は価値中立的であるが、日本では「世の終わり」と混同されることが度々ある。.

新しい!!: 19世紀と世紀末 · 続きを見る »

世紀末芸術

世紀末芸術(せいきまつげいじゅつ)は、1890年代から20世紀初頭にかけて、おもにヨーロッパの都市を中心に流行した諸芸術のなかで一定の傾向を示す一群のことを指す。一般に、幻想的・神秘的・退廃的な性格を有するとされる。ただし、一定の流派を指す用語ではない。.

新しい!!: 19世紀と世紀末芸術 · 続きを見る »

世界大戦

世界大戦(せかいたいせん)とは、20世紀に起きた2つの世界戦争のことを指す。.

新しい!!: 19世紀と世界大戦 · 続きを見る »

世界経済

世界経済(せかいけいざい、world economy)とは、世界を統一的な視点で見た経済活動の区切りの一つ。国民経済間の取引に視点を当てる国際経済よりも広い概念である。 また、世界経済において連動している各国の市場をまとめて世界市場と呼ぶこともある。.

新しい!!: 19世紀と世界経済 · 続きを見る »

市川團十郎 (7代目)

七代目 市川 團十郎(しちだいめ いちかわ だんじゅうろう、寛政3年(1791年) - 安政6年3月23日(1859年4月25日))は化政期から天保にかけて活躍した江戸の歌舞伎役者。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)。俳名は三升、白猿、夜雨亭、壽海老人、子福者、二九亭。 天保の改革のあおりを受けて江戸を追放されたことで有名。.

新しい!!: 19世紀と市川團十郎 (7代目) · 続きを見る »

市町村の歴史

市町村の歴史(しちょうそんのれきし)では、地方公共団体(一部例外あり)としての市町村、つまり市・町・村を置く日本の地方自治制度の歴史について述べる。 市町村を置く制度を市町村制と呼ぶ。あるいは特に、1889年(明治22年)から1947年(昭和22年)まで本土の市町村を定めていた、市制(明治21年法律第1号)と町村制(明治21年法律第1号)を合わせてこう呼ぶ。ただし、これは公式には「市制及町村制」と呼んだ。.

新しい!!: 19世紀と市町村の歴史 · 続きを見る »

市民革命

市民革命(しみんかくめい、ブルジョワ革命、資本主義革命、民主主義革命)とは、封建的・絶対主義的国家体制を解体して、近代的市民社会をめざす革命を指す歴史用語である。一般的に、啓蒙思想に基づく、人権、政治参加権あるいは経済的自由権を主張した「市民(ブルジョワ)」が主体となって推し進めた革命と定義される。代表的なものは、イギリス革命(清教徒革命・名誉革命)、アメリカ独立革命、フランス革命などである。.

新しい!!: 19世紀と市民革命 · 続きを見る »

万国平和会議

万国平和会議(ばんこくへいわかいぎ)は1899年と1907年にオランダのハーグで開かれた国際会議。ハーグ平和会議(Hague Conferences)ともいう。.

新しい!!: 19世紀と万国平和会議 · 続きを見る »

万国郵便連合

万国郵便連合(ばんこくゆうびんれんごう、、)は、郵便に関する国際機関である。略称はUPU。.

新しい!!: 19世紀と万国郵便連合 · 続きを見る »

三帝同盟

三帝同盟(さんていどうめい、Dreikaiserbund、Союз трёх императоров)は、19世紀に、ドイツ帝国がオーストリア=ハンガリー帝国およびロシア帝国との間に結んだ同盟。独墺露同盟ともいい、ドイツ首相オットー・フォン・ビスマルクの提唱により1873年締結され、1882年締結の三国同盟(独墺伊同盟とも)、1887年の独露再保障条約と並ぶビスマルク体制の支柱であった。「三帝協定」などの訳語もある。.

新しい!!: 19世紀と三帝同盟 · 続きを見る »

三人吉三廓初買

『三人吉三廓初買』(さんにんきちさ くるわの はつがい)は、安政七年 (1860) 正月、江戸市村座で初演された歌舞伎の演目。通称『三人吉三』。世話物、白浪物。二代目河竹新七(黙阿弥)作。全七幕。3人の盗賊が百両の金と短刀とをめぐる因果応報で刺し違えて死ぬまでを描いた物語。 初演時はあまり評判にならず、30年ほど経って一部の筋を省略し『三人吉三巴白浪』(さんにんきちさ ともえの しらなみ)という外題で再演された(吉原遊郭を舞台にした部分を省略し、「廓初買」が意味をなさなくなったため)。再演時には大評判となり、以後歌舞伎の代表的な作品の一つとして、今日でもよく上演される人気作品となっている。.

新しい!!: 19世紀と三人吉三廓初買 · 続きを見る »

三国同盟 (1882年)

三国同盟(赤)と三国協商(青) 三国同盟(さんごくどうめい)は、ドイツ、オーストリア・ハンガリー、イタリアによる秘密軍事同盟。独墺伊(三国)同盟ともいう。第一次世界大戦が勃発するまで、オスマン債務管理局を舞台に英仏と熾烈な利権争いを展開しながら更新された。世界大戦ではドイツ・オーストリアが中央同盟国を形成して、三国協商などによる連合国と戦った。 18世紀以来ロシア帝国にはサンクトペテルブルクを通して列強の資本が流れており、日露戦争まではドイツが英仏よりも影響力をもった。しかしドイツは三国同盟を結成してから東方問題にかかりきりとなり、極東は英仏が政治・経済的に支配した。.

新しい!!: 19世紀と三国同盟 (1882年) · 続きを見る »

三国同盟戦争

三国同盟戦争(さんごくどうめいせんそう、Guerra de la Triple Alianza、1864年 - 1870年)は、パラグアイと、アルゼンチン・ブラジル帝国・ウルグアイの三国同盟軍との間で行なわれた戦争。ラテンアメリカの歴史の中で最も凄惨な武力衝突となった。パラグアイ戦争 (西語: Guerra del Paraguay、葡語: Guerra do Paraguai)と呼ばれる事があるが、開戦の直接のきっかけは、当時ブラジル・アルゼンチンの緩衝国であったウルグアイの内戦に、パラグアイの独裁者であり領土拡張主義者であったフランシスコ・ソラーノ・ロペス (Francisco Solano López)が介入したことによる。このため、ロペス戦争(Guerra López)とも呼ばれることがある。この開戦には、ラテンアメリカの植民地支配の歴史や、この地域へのイギリスの経済的関心も影響している。.

新しい!!: 19世紀と三国同盟戦争 · 続きを見る »

三国干渉

1895年11月8日、三国干渉の結果、日本は遼東還付条約に調印した。 三国干渉(さんごくかんしょう)は、1895年(明治28年)4月23日にフランス、ドイツ帝国、ロシア帝国の三国が日本に対して行った勧告である。日本と清の間で結ばれた下関条約に基づき日本に割譲された遼東半島を清に返還することを求める内容だった。.

新しい!!: 19世紀と三国干渉 · 続きを見る »

三遊亭圓朝

初代三遊亭 圓朝(さんゆうてい えんちょう/天保10年4月1日(1839年5月13日) - 明治33年(1900年)8月11日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代に活躍した落語家。本名は出淵 次郎吉(いずぶち じろきち)。江戸・東京の落語・三遊派の大名跡。円朝とも表記。三遊派の総帥、宗家。三遊派のみならず落語中興の祖として有名。敬意を込めて「大圓朝」という人もいる。二葉亭四迷が『浮雲』を書く際に圓朝の落語口演筆記を参考にしたとされ、明治の言文一致運動にも大きな影響を及ぼした、現代の日本語の祖でもある。.

新しい!!: 19世紀と三遊亭圓朝 · 続きを見る »

三菱

三菱(みつびし、MITSUBISHI、ミツビシ).

新しい!!: 19世紀と三菱 · 続きを見る »

三条実美

若き日の三条実美(『幕末・明治・大正 回顧八十年史』より) 三条 実美(さんじょう さねとみ、旧字:三條實美、天保8年2月7日(1837年3月13日) - 明治24年(1891年)2月18日)は、日本の公卿、政治家。位階勲等爵位は、正一位大勲位公爵。号は梨堂(りどう)。変名は梨木 誠斉。 右大臣、太政大臣、内大臣、内閣総理大臣兼任、貴族院議員などを歴任した明治政府の最高首脳人物の一人。元勲。.

新しい!!: 19世紀と三条実美 · 続きを見る »

三方領知替え

三方領知替え(さんぽうりょうちがえ)とは、江戸時代に江戸幕府が行った大名に対する転封処分の手法のひとつ。大名3家の領地(知行地)を互いに交換させることを言う。例えば、領地aを持っている大名家Aを領地bへ、領地bを持っている大名家Bを領地cへ、領地cを持っている大名家Cを領地aへ同時に転封すること。「三方領地替え」「三方所替え」「三方国替え」とも書く。江戸時代を通じて何回か行われている。4家が関係した「四方領知替え」の例もある。.

新しい!!: 19世紀と三方領知替え · 続きを見る »

下関条約

下関条約(しものせきじょうやく)は、日清戦争で日本が清国に戦勝したことにより、1895年4月17日に下関の春帆楼(しゅんぱんろう)での講和会議を経て調印された条約である。正式名称は日清講和条約(にっしんこうわじょうやく)。 会議が開かれた山口県の赤間関市(現下関市)の通称だった「馬関」をとって、一般には馬関条約(ばかんじょうやく)と呼ばれた。「下関条約」は、日本で戦後定着した呼称である。もう一方の当事国である中国では、現在でも「馬関条約」()という。.

新しい!!: 19世紀と下関条約 · 続きを見る »

下関戦争

下関戦争(しものせきせんそう)は、幕末に長州藩と、イギリス・フランス・オランダ・アメリカの列強四国との間に起きた、文久3年(1863年)と同4年(1864年)の前後二回にわたる攘夷思想に基づく武力衝突事件。 歴史的には、1864年の戦闘を馬関戦争(ばかんせんそう)と呼び、1863年の戦闘はその「原因となった事件」として扱われることが多い。今日では1863年のことを下関事件、1864年のことを四国艦隊下関砲撃事件と呼んで区別している。また両者を併せた総称として「下関戦争」が使われているが、その影響で「馬関戦争」が総称として使われることもある。ただ、1863年のことを「下関事件」、1864年のことを「下関戦争」と呼んで区別している教科書もある。.

新しい!!: 19世紀と下関戦争 · 続きを見る »

一会桑政権

一会桑政権(いちかいそうせいけん)は、幕末の政治動向の中心地京都において、徳川慶喜(禁裏御守衛総督、一橋徳川家当主)、松平容保(京都守護職・会津藩主)、松平定敬(京都所司代・桑名藩主)の三者により構成された体制。一会桑体制、一会桑権力ともいう。.

新しい!!: 19世紀と一会桑政権 · 続きを見る »

平田篤胤

平田 篤胤(ひらた あつたね、1776年10月6日(安永5年8月24日)-1843年11月2日(天保14年閏9月11日))は、江戸時代後期の国学者・神道家・思想家・医者。出羽久保田藩(現在の秋田市)出身。成人後備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。幼名を正吉、通称を半兵衛。元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。医者としては玄琢を使う。死後、神霊能真柱大人(かむたまのみはしらのうし)の名を白川家より贈られている。 復古神道(古道学)の大成者であり、大国隆正によって荷田春満、賀茂真淵、本居宣長とともに国学四大人(うし)の中の一人として位置付けられている。.

新しい!!: 19世紀と平田篤胤 · 続きを見る »

乳癌

乳癌(にゅうがん、Breast cancer, 独:Brustkrebs, 羅:Carcinoma mamae)とは、乳房組織に発生した癌腫のことである。.

新しい!!: 19世紀と乳癌 · 続きを見る »

平戸藩

平戸藩(ひらどはん)は、肥前国松浦郡と彼杵郡の一部、および壱岐国を領した藩。藩庁は平戸城(現在の長崎県平戸市)。.

新しい!!: 19世紀と平戸藩 · 続きを見る »

年表

年表(ねんぴょう)とは、歴史上の出来事を起こった年とともに年代順に並べたものである。タイムラインとも言う。 横方向に構成される場合(通常は左から右へと年代が下る)と縦方向に構成される場合がある。通常は歴史年表のことをいうが、科学史年表や音楽史年表のように特定のテーマのみの出来事を扱った年表もある。テーマ別の年表については「年表一覧」を参照のこと。.

新しい!!: 19世紀と年表 · 続きを見る »

幕藩体制

幕藩体制(ばくはんたいせい)とは、近世日本の社会体制のあり方を、幕府(将軍)と藩(大名)という封建的主従関係を基点にとらえた歴史学上の概念である。戦前段階には狭義に政治体制自体を指していたが、戦後の歴史学の進展に伴い、近世日本の社会体制全体の特色を示す概念として使われるようになった。幕藩制(ばくはんせい)ともいう。.

新しい!!: 19世紀と幕藩体制 · 続きを見る »

幕末

幕末(ばくまつ)は、日本の歴史のうち、江戸幕府が政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航(1853年)から戊辰戦争(1869年)までの時代を主に扱う。.

新しい!!: 19世紀と幕末 · 続きを見る »

幕末の四賢侯

幕末の四賢侯(ばくまつの しけんこう)は、幕末に活躍した4人(松平慶永、山内豊信、島津斉彬、伊達宗城)の大名をいう。 ファイル:Matudaira Syungaku.jpg|福井藩第14代藩主 松平慶永(春嶽) ファイル:Yodo Yamauchi.jpg|土佐藩第15代藩主 山内豊信(容堂) ファイル:Shimazu Nariakira.jpg|薩摩藩第11代藩主 島津斉彬 ファイル:Date Munenari.jpg|宇和島藩第8代藩主 伊達宗城 このうち島津斉彬は安政5年7月(1858年8月)に急死するが、その後も春嶽・容堂・宗城の三侯は公私にわたる会議・会合に薩摩国主斉彬は異母弟・久光の長男・茂久を養子にして世子としていた。しかし、斉彬の急死により、茂久が数え19で藩主となると、久光はその後見人として藩政を牛耳った。以後、薩摩では久光が事実上の藩主として活躍したため、彼のことを特に「国父」あるいは「国主」と呼んだ。の島津久光を加えたので、そうした会合は俗に「四侯会議」「四賢侯会議」などと呼ばれるようになった。 なお、「幕末の四賢侯」とは今日の歴史教科書などで使われている表現で、実際に本人たちが活躍していた時代から昭和の戦前頃までは、単に四賢侯(しけんこう)と呼んでいた。.

新しい!!: 19世紀と幕末の四賢侯 · 続きを見る »

久世広周

久世 広周(くぜ ひろちか)は、江戸時代末期の大名。下総関宿藩の第7代藩主。関宿藩久世家7代。.

新しい!!: 19世紀と久世広周 · 続きを見る »

京城帝国大学

京城帝国大学(けいじょうていこくだいがく)は、1924年(大正13年)に日本としては6番目の帝国大学として、日本統治下の朝鮮の京畿道京城府(現:ソウル特別市)に設立された朝鮮唯一の旧制大学。大学の略称は城大(じょうだい)。内地の帝国大学が文部省管轄であったのに対し、城大は朝鮮総督府管轄だった。1946年、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁法令102号によって閉鎖された。.

新しい!!: 19世紀と京城帝国大学 · 続きを見る »

京都

京都(きょうと、みやこ、きょうのみやこ、Kyōto)は、日本の都市の1つである。 都、もしくは京ともいい、歴史的には794年に日本の首都に定められた都城・平安京で、当時は日本の政治・文化の中心地であった。.

新しい!!: 19世紀と京都 · 続きを見る »

京都守護職

京都守護職(きょうとしゅごしょく)は、幕末の文久2年(1862年)に政事総裁職等とともに設けられた江戸幕府の役職である。.

新しい!!: 19世紀と京都守護職 · 続きを見る »

京都御所

京都御所(模型) 京都御所(きょうとごしょ)は、京都府京都市上京区にある皇室関連施設。 14世紀から明治2年(1869年)までの間の「内裏(禁裏)」、すなわち歴代天皇が居住し儀式・公務を執り行った場所である。現在は宮内庁京都事務所が管理している。.

新しい!!: 19世紀と京都御所 · 続きを見る »

康有為

康 有為(こう ゆうい)は、清末民初にかけての思想家・政治家・書家。字は広厦、号は長素、のちに更生(更甡)と称した。出身地から康南海とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀と康有為 · 続きを見る »

二宮尊徳

二宮 尊徳(にのみや たかのり)は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家である。通称は金治郎(きんじろう)であるが、一般には「金次郎」と表記されてしまうことが多い。また、諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と読むが、有職読みで「そんとく」と読まれることが多い。 経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導した。.

新しい!!: 19世紀と二宮尊徳 · 続きを見る »

二葉亭四迷

二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。別の号に冷々亭主人、杏雨。江戸市ヶ谷生れ。彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退桶谷秀昭『二葉亭四迷と明治日本』(文藝春秋、1986年)。 坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。1887年~1891年の間に出された写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の開祖となった。また、ロシア文学の翻訳も多くてがけ、ツルゲーネフの「あひゞき」「めぐりあひ」は特に有名。自然主義作家へ大きな影響を与えた。 後に『其面影』『平凡』を書いたが、1909年、ロシア赴任からの帰国途中、ベンガル湾上で客死した。.

新しい!!: 19世紀と二葉亭四迷 · 続きを見る »

二条城

二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城である。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏、織田氏、豊臣氏、徳川氏によるものがあるが、現在見られるものは徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室の離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。.

新しい!!: 19世紀と二条城 · 続きを見る »

五国同盟

五国同盟(ごこくどうめい、Quintuple Alliance)とは、1815年に成立した四国同盟にフランスが加わって成立した軍事同盟。1818年におけるアーヘン会議によってフランスの参加が認められた。.

新しい!!: 19世紀と五国同盟 · 続きを見る »

五稜郭

テレオ空中写真(1976年) 国土航空写真 五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館(現在の北海道函館市)郊外に建造された稜堡式の城郭である。同時期に築城された長野県佐久市の龍岡城も稜堡式城郭であり「五稜郭」と呼ばれるが、単に「五稜郭」といえば函館の城郭とする場合も多い。 予算書時点から五稜郭の名称は用いられていたが、築造中は、亀田役所土塁(かめだやくしょどるい)または亀田御役所土塁(かめだおんやくしょどるい)とも呼ばれた。元は湿地でネコヤナギが多く生えていた土地であることから、柳野城(やなぎのじょう)の別名を持つ。 五稜郭は箱館開港時に函館山の麓に置かれた箱館奉行所の移転先として築造された。しかし、1866年(慶応2年)の完成からわずか2年後に幕府が崩壊、短期間箱館府が使用した後、箱館戦争で旧幕府軍に占領され、その本拠となった。明治に入ると郭内の建物は1棟を除いて解体され、陸軍の練兵場として使用された。その後、1914年(大正3年)から五稜郭公園として一般開放され、以来、函館市民の憩いの場とともに函館を代表する観光地となっている。 国の特別史跡に指定され、「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。なお五稜郭は文化庁所管の国有財産であり、函館市が貸与を受け、函館市住宅都市施設公社(指定管理者)が管理している。.

新しい!!: 19世紀と五稜郭 · 続きを見る »

五箇条の御誓文

五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)は、慶応4年3月14日(1868年4月6日)に明治天皇が天地神明に誓約する形式で、公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針である。正式名称は御誓文であり、以下においては御誓文と表記する。.

新しい!!: 19世紀と五箇条の御誓文 · 続きを見る »

五榜の掲示

五榜の掲示(ごぼうのけいじ)は、慶応4年3月15日(1868年4月7日)に、太政官が立てた五つの高札である。太政官(明治政府)が民衆に対して出した最初の禁止令である。.

新しい!!: 19世紀と五榜の掲示 · 続きを見る »

井上馨

長州五傑 井上 馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家、実業家。本姓は源氏。清和源氏の一家系河内源氏の流れを汲む安芸国人毛利氏家臣・井上氏の出身で、先祖は毛利元就の宿老である井上就在。首相・桂太郎は姻戚。同時代の政治家・井上毅や軍人・井上良馨は同姓だが血縁関係はない。 幼名は勇吉、通称は長州藩主・毛利敬親から拝受した聞多(ぶんた)。諱は惟精(これきよ)。太政官制時代に外務卿、参議など。黒田内閣で農商務大臣を務め、第2次伊藤内閣では内務大臣など、要職を歴任した。栄典は従一位大勲位侯爵、元老。.

新しい!!: 19世紀と井上馨 · 続きを見る »

井伊直弼

井伊 直弼(いい なおすけ)は、幕末の譜代大名。近江彦根藩の第15代藩主(16代藩主、13代当主という数え方もあるノートページ参照)。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)。 幼名は鉄之介(てつのすけ)、のち、鉄三郎(てつさぶろう)。諱は直弼(なおすけ)。雅号には、埋木舎(うもれぎのや)、柳王舎(やぎわのや)、柳和舎(やぎわのや)、緑舎、宗観(そうかん)、無根水(むねみ、異字体:无根水)がある。大獄を行って以降は井伊の赤鬼(いいのあかおに)の渾名でも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀と井伊直弼 · 続きを見る »

仁孝天皇

仁孝天皇(にんこうてんのう、寛政12年2月21日(1800年3月16日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))は、第120代天皇(在位:文化14年9月21日(1817年10月31日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))。諱は恵仁(あやひと)。幼称は寛宮(ゆたのみや)。.

新しい!!: 19世紀と仁孝天皇 · 続きを見る »

令制国

北海道11か国(ただし、千島を除く)追加を反映した。 令制国(りょうせいこく)とは、日本の律令制に基づいて設置された日本の地方行政区分である。律令国(りつりょうこく)ともいう。奈良時代から明治初期まで、日本の地理的区分の基本単位だった。 令制国の行政機関を国衙(こくが)または国庁(こくちょう)といい、国衙の所在地や国衙を中心とする都市域を国府(こくふ)といった。また、国府は府中と呼ばれることもあった。.

新しい!!: 19世紀と令制国 · 続きを見る »

仮名垣魯文

仮名垣 魯文(かながき ろぶん、1829年2月9日(文政12年1月6日) - 1894年(明治27年)11月8日)は、江戸末期から明治初頭にかけての戯作者、新聞記者。江戸の京橋生まれ。本名は野崎文蔵、字は能連、幼名兼吉、また庫七、後に文蔵と改めた。別号に鈍亭、猫々道人(みょうみょうどうじん)、和堂開珍、英魯文、戯作書太郎、野狐庵。俳号は香雨亭応一、狂名は斜月窗諸兄。.

新しい!!: 19世紀と仮名垣魯文 · 続きを見る »

廃藩置県

廃藩置県(はいはんちけん)とは、明治維新期の明治4年7月14日(1871年8月29日)に、明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革である。 各藩の武装解除の過程については「鎮台」を参照。.

新しい!!: 19世紀と廃藩置県 · 続きを見る »

伊勢国

伊勢国(いせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。.

新しい!!: 19世紀と伊勢国 · 続きを見る »

伊豆国

伊豆国(いずのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。.

新しい!!: 19世紀と伊豆国 · 続きを見る »

伊能忠敬

伊能 忠敬(いのう ただたか地元などでは親しみと尊敬の念をこめて、有職読みで「いのうちゅうけい」とも呼ばれている。、延享2年1月11日(1745年2月11日) - 文化15年4月13日(1818年5月17日))は、江戸時代の商人・測量家である。通称は三郎右衛門、勘解由(かげゆ)。字は子斉、号は東河。 寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて日本全国を測量して『大日本沿海輿地全図』を完成させ、国土の正確な姿を明らかにした。 1883年(明治16年)、贈正四位。.

新しい!!: 19世紀と伊能忠敬 · 続きを見る »

伊藤博文

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により清国から朝鮮を独立させた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人安重根に暗殺された。.

新しい!!: 19世紀と伊藤博文 · 続きを見る »

会津藩

若松城 会津藩(あいづはん)は、陸奥(後の岩代)会津郡を中心に現在の福島県西部と新潟県および栃木県の一部を治めた藩。藩庁は若松城(会津若松市)。最大版図は陸奥国北会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡及び越後国東蒲原郡、下野国塩谷郡の一部(三依村)。.

新しい!!: 19世紀と会津藩 · 続きを見る »

式亭三馬

式亭三馬(しきていさんば、安永5年(1776年) - 文政5年閏1月6日(1822年2月27日))は、江戸時代後期の地本作家で薬屋、浮世絵師。滑稽本『浮世風呂』『浮世床』などで知られる。名は菊地泰輔、字は久徳。通称は西宮太助。戯号は四季山人・本町庵・遊戯堂・洒落斎(しゃらくさい)など。名が久徳で字が泰輔とする文献もある。.

新しい!!: 19世紀と式亭三馬 · 続きを見る »

張之洞

張 之洞(ちょう しどう)は清末の政治家。洋務派官僚として重要な役割を果たした。曽国藩、李鴻章、左宗棠とならんで「四大名臣」とも称される。字は孝達、号は香濤・香巌・壺公・無競居士・抱冰。従兄弟に同時代の政治家である張之万、子に張燕卿・張仁蠡、孫に張厚琬(いずれも中華民国の政治家)などがいる。.

新しい!!: 19世紀と張之洞 · 続きを見る »

佐久間象山

佐久間 象山(さくま しょうざん/ぞうざん)は、江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。松代三山の一人。通称は修理(しゅり)、諱は国忠(くにただ)、のちに啓(ひらき)、字は子迪(してき)、後に子明(しめい)と称した。位階は贈正四位。象山神社の祭神。象山神社の隣が生家で、長野県の史跡に指定されている。.

新しい!!: 19世紀と佐久間象山 · 続きを見る »

佐倉藩

佐倉藩(さくらはん)は、下総国印旛郡佐倉に存在した藩である。藩庁は佐倉城(現在の千葉県佐倉市)。石高はおおむね11万石。.

新しい!!: 19世紀と佐倉藩 · 続きを見る »

佐藤一斎

佐藤 一斎(さとう いっさい、安永元年10月20日(1772年11月14日)- 安政6年9月24日(1859年10月19日))は、美濃国岩村藩出身の著名な儒学者。諱は担。通称は捨蔵。字を大道。号は一斎のほか、愛日楼、老吾軒。.

新しい!!: 19世紀と佐藤一斎 · 続きを見る »

佐渡島

佐渡島(さどしま、さどがしま)国土地理院 「」、「」平成26年10月1日時点。「」は、新潟県西部に位置する周囲262.7kmの島で、その全域が新潟県佐渡市である。人口は58,047人(2014年12月1日現在)。 面積は854.76km。これは、島嶼部を除いた東京都(東京23区・多摩地域)の面積1791.47kmの約48%にあたり、大阪府の面積1897.86kmの約45%に相当する。本州などの主要4島と北方領土を除く日本の島の中で沖縄本島に次ぐ面積を持つ。 また周囲262.7kmの距離は概ね本州を横断する上越新幹線(大宮駅-新潟駅約100分)の路線距離269.5kmに相当する。最高標高は金北山の1,172mで、その西隣の妙見山(標高1,042m)山頂には日本海の一定空域を監視する自衛隊のレーダーサイトがある。.

新しい!!: 19世紀と佐渡島 · 続きを見る »

彦根藩

近江彦根藩井伊家屋敷跡(東京都千代田区)の石碑 彦根藩邸址、京都市中京区木屋町 彦根藩(ひこねはん)は、近江国の北部を領有した藩。藩庁は彦根城(滋賀県彦根市)に置かれた(入封当初は佐和山城)。藩主は譜代大名筆頭の井伊氏。支藩として一時、彦根新田藩があった。.

新しい!!: 19世紀と彦根藩 · 続きを見る »

当世書生気質

『当世書生気質』(とうせいしょせいかたぎ)は、坪内逍遥(春の屋おぼろ)の小説。1885年 - 1886年(明治18 - 19年)刊。角書(つのがき)は「一読三歎」とある。.

新しい!!: 19世紀と当世書生気質 · 続きを見る »

征夷大将軍

征夷大将軍(せいいたいしょうぐん 旧字体:征夷大將軍)は、朝廷の令外官の一つである。「征夷」は、蝦夷を征討するという意味。 飛鳥時代・奈良時代以来、東北地方の蝦夷征討事業を指揮する臨時の官職は、鎮東将軍・持節征夷将軍・持節征東大使・持節征東将軍・征東大将軍などさまざまにあったが、奈良末期に大伴弟麻呂が初めて征夷大将軍に任命された。征夷大将軍(征夷将軍)の下には、征夷副将軍・征夷軍監・征夷軍曹、征東将軍(大使)の下には、征東副将軍(副使)・征東軍監・征東軍曹などの役職が置かれた。 大伴弟麻呂の次の坂上田村麻呂は阿弖流為を降して勇名を馳せたが、次の文室綿麻呂が征夷将軍に任ぜられた後は途絶えた。平安中期に藤原忠文が、平安末期には源義仲が征東大将軍に任じられたが、もはや蝦夷征討を目的としたものではなかった。なお、後述のとおり、義仲が任命されたのは征東大将軍であり、従来考えられていた征夷大将軍ではなかったことが明らかにされている。 平氏政権・奥州藤原氏を滅ぼして武家政権(幕府)を創始した源頼朝は「大将軍」の称号を望み、朝廷は坂上田村麻呂が任官した征夷大将軍を吉例としてこれに任じた。以降675年間にわたり、武士の棟梁として事実上の日本の最高権力者である征夷大将軍を長とする鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府が(一時的な空白を挟みながら)続いた。慶応3年(1867年)徳川慶喜の大政奉還を受けた明治新政府が王政復古の大号令を発し、征夷大将軍職は廃止された。.

新しい!!: 19世紀と征夷大将軍 · 続きを見る »

征韓論

征韓論(せいかんろん)は、日本の明治初期において、当時留守政府の首脳であった西郷隆盛・板垣退助・江藤新平・後藤象二郎・副島種臣らによってなされた、武力をもって朝鮮を開国しようとする主張である(但し、史実として、征韓論の中心的人物であった西郷自身の主張は、板垣らの主張する即時の朝鮮出兵に反対し、開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴く、むしろ「遣韓論」と呼ばれるものであり、事実、遣韓中止が決まる直前では西郷の使節派遣でまとまっていた。)。 西郷隆盛の死後、板垣退助らの自由民権運動の中で、板垣の推進する征韓論は西郷の主張として流布され、板垣ではなく西郷が征韓論の首魁として定着した。.

新しい!!: 19世紀と征韓論 · 続きを見る »

復古神道

平田篤胤 復古神道(ふっこしんとう)は、江戸時代、国学者たちによって提唱された神道『古神道は甦る』 102-104頁。。「古神道」、「古道」、「皇学」、「本教」などともいう。.

新しい!!: 19世紀と復古神道 · 続きを見る »

微生物学

微生物学(びせいぶつがく、microbiology)は、微生物を対象とする生物学の一分野。 微生物とは(真正)細菌、古細菌、原生生物、真菌類など、顕微鏡的大きさ以下の生物を指す。しかし、微生物学という用語を用いられる場合、主として原核生物(細菌、古細菌)をその対象とする場合が多い。また、ウイルスをその対象に含める場合もある。 生化学的な解析(化学療法)を行う。現在は地球科学的因子の一つとして微生物を含めた微生物生態学のようなラージスケールでの解析も行っている。.

新しい!!: 19世紀と微生物学 · 続きを見る »

徳川家定

徳川 家定(とくがわ いえさだ)は、江戸幕府の第13代征夷大将軍。.

新しい!!: 19世紀と徳川家定 · 続きを見る »

徳川家茂

徳川 家茂(とくがわ いえもち)は、江戸幕府第14代征夷大将軍。初めは第12代将軍・徳川家慶の偏諱を賜って慶福(よしとみ)と名乗っていた。 実父・徳川斉順は家慶の異母弟で、家茂は第13代将軍・家定の従弟にあたる。将軍就任の前は徳川御三家紀州藩第13代藩主。 徳川斉順(清水徳川家および紀州徳川家の当主)の嫡男流産した兄がいたため次男とみなされることもある。だが、父は家茂が生まれる前に薨去している。祖父は第11代将軍徳川家斉、祖母は妙操院。御台所は孝明天皇の皇妹・親子内親王(静寛院宮)。第13代将軍・徳川家定の後継者問題が持ち上がった際、家定の従弟にあたる慶福は徳川氏の中で将軍家に最も近い血筋であることを根拠に当時慶福よりも血筋が近い者として家定の叔父にあたる美作津山藩主松平斉民と阿波徳島藩主蜂須賀斉裕がいたが、徳川家を出て他家の養子となっていたためどちらも将軍後継者としてみなされなかった。皮肉なことに、この両者とも家茂より長生きし、実子を儲けている。、大老で譜代筆頭の彦根藩主井伊直弼ら南紀派の支持を受けて13歳で第14代将軍となった。.

新しい!!: 19世紀と徳川家茂 · 続きを見る »

徳川家斉

徳川 家斉(とくがわ いえなり)は、江戸幕府の第11代征夷大将軍(在任:1787年 - 1837年)。 御三卿一橋家の第2代当主徳川治済の長男。母は側室のお富の方。.

新しい!!: 19世紀と徳川家斉 · 続きを見る »

徳川家慶

徳川 家慶(とくがわ いえよし)は、江戸幕府の第12代征夷大将軍(在職:1837年 - 1853年)。11代将軍・徳川家斉の次男。.

新しい!!: 19世紀と徳川家慶 · 続きを見る »

徳川斉昭

茨城県水戸市の千波公園にある徳川斉昭と息子の七郎麿(後の将軍徳川慶喜)の像 徳川 斉昭(とくがわ なりあき)は、江戸時代後期の大名(親藩)。常陸水戸藩の第9代藩主。江戸幕府第15代(最後)の将軍・徳川慶喜の実父である。.

新しい!!: 19世紀と徳川斉昭 · 続きを見る »

徳川慶喜

徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府第15代征夷大将軍(在職:慶応2年12月5日(1867年1月10日) ‐ 慶応3年12月9日(1868年1月3日))。江戸幕府最後の将軍かつ日本史上最後の征夷大将軍。 徳川将軍の中で、在任中に江戸入城を果たさなかった唯一の将軍であり、また家康を上回って最も長命だった将軍である。 御三卿一橋徳川家の第9代当主時に将軍後見職・禁裏御守衛総督など要職を務めた。徳川宗家を相続した約4ヶ月後に第15代将軍に就任。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行なった。明治維新後に従一位勲一等公爵、貴族院議員。.

新しい!!: 19世紀と徳川慶喜 · 続きを見る »

徴兵令

徴兵令(ちょうへいれい、明治22年1月22日法律第1号)は、国民の兵役義務を定めた日本の法令。1873年(明治6年)に陸軍省から発布された後、太政官布告によって何度か改定が繰り返された後、1889年(明治22年)に法律として全部改正された。1927年(昭和2年)の全部改正の際に、題名も「兵役法」に変更され、1945年(昭和20年)に廃止された。 「兵役法」への改題後については、兵役法を参照。.

新しい!!: 19世紀と徴兵令 · 続きを見る »

得撫島

得撫島北東部にある見嶋湾。遠景の岬の日本が建てた灯台の周りには、ウルップソウの大群落がある。 得撫島(うるっぷとう)は、千島列島にある島。ロシア名はウループ島 (Остров Уруп)、英語表記はUrup。 島の名前の由来は、アイヌ語で「紅鱒」を意味する「ウルㇷ゚」から。知里真志保の著書にもこのことが記してある。.

新しい!!: 19世紀と得撫島 · 続きを見る »

修正主義

修正主義(しゅうせいしゅぎ、Revisionism)は、マルクス主義運動の分野では、マルクス主義の原則とされるものに対して、重大な「修正」を加える意見や思想などに対して使われている用語である。この用語は多くの場合は批判や蔑称として使われたもので、その「修正」はマルクス主義を放棄したもの、あるいは異端であると見なされた。逆に修正や改良を拒否する者への批判は「教条主義」と言う。.

新しい!!: 19世紀と修正主義 · 続きを見る »

志賀潔

志賀 潔(しが きよし、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1957年(昭和32年)1月25日)は、日本の医学者・細菌学者である。 赤痢菌の発見者として知られ、朝鮮総督府医院長、京城医学専門学校校長、京城帝国大学総長などを歴任した。.

新しい!!: 19世紀と志賀潔 · 続きを見る »

土佐藩

土佐藩(とさはん)は、廃藩置県以前に土佐国(現在の高知県)一円を領有した外様藩。明治初年の正称は高知藩(こうちはん)。藩庁は高知城(高知市)にあった。大広間詰国持大名。一貫して山内氏が支配した。 高知城 土佐藩邸跡 京都三条木屋町下ル 山之内氏が用いた家紋『土佐柏(とさかしわ)』 伏見土佐藩邸跡 京都市伏見区.

新しい!!: 19世紀と土佐藩 · 続きを見る »

地震

地震(じしん、earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる日本地震学会地震予知検討委員会(2007)。.

新しい!!: 19世紀と地震 · 続きを見る »

医師

医師(いし、doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master.

新しい!!: 19世紀と医師 · 続きを見る »

化学

化学(かがく、英語:chemistry、羅語:chemia ケーミア)とは、さまざまな物質の構造・性質および物質相互の反応を研究する、自然科学の一部門である。言い換えると、物質が、何から、どのような構造で出来ているか、どんな特徴や性質を持っているか、そして相互作用や反応によってどのように別なものに変化するか、を研究する岩波理化学辞典 (1994) 、p207、【化学】。 すべての--> 日本語では同音異義の「科学」(science)との混同を避けるため、化学を湯桶読みして「ばけがく」と呼ぶこともある。.

新しい!!: 19世紀と化学 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう。化学変化とは1つ以上の化学物質を別の1つ以上の化学物質へと変化する事で、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。広義には溶媒が溶質に溶ける変化や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化、液体が固体に変わる変化MF2等も化学変化という。 化学変化の前後では、化学物質の分子を構成する原子の結合が変わって別の分子に変化する事はあるが、原子そのものが別の原子番号の原子に変わる事はない(ただし原子間の電子の授受や同位体の変化はある)。この点で原子そのものが別の原子に変化する原子核反応とは大きく異なる。 化学反応では反応前の化学物質を反応物(reactant)、反応後の化学物質を生成物(product)といい、その過程は化学反応式で表記される。例えば反応物である(塩酸)とNaOH(水酸化ナトリウム)が化学反応して生成物であるH2O(水分子)とNaCl(食塩)ができあがる状況を示した化学反応式は と表記される。.

新しい!!: 19世紀と化学反応 · 続きを見る »

化学合成

化学において、化学合成(かがくごうせい、chemical synthesis)とは、化学反応を駆使して目的の化合物を作ること。多くの場合、目的物が得られるまで数段階の化学反応が用いられ、その各段階に付随して、化学的・物理的な単離・精製・分析が行われる。得られた結果については、他の実験者による再現性があり、検証することができ、また確立されたものであることが求められる。 化学合成は原料となる化合物や試薬を選択することから始まる。目的物を得るための化学反応は様々なものが利用できる。得られた生成物の量を表すには2通りの方法があり、1つは質量で表した収量、もう1つは原料から得られる理論量に対する百分率で示した収率である。 単純な化合物から複雑な化合物を作る過程においては、目的とする生成物を合成するまで多段階の操作と多大な時間・労力を必要とする。特に、市販されている単純な化合物のみから、生理活性物質などの天然物や理論的に興味深い有機化合物を作るための多段階の化学合成を、全合成という。全合成は純粋に合成化学的な過程であるが、一方で、植物や動物、菌類等から抽出された天然物を原料とした場合には半合成と呼ばれる。 優れた有機合成の技術には賞が与えられる。ロバート・バーンズ・ウッドワードのように、特に価値の高い反応や合成が難しい化合物の合成法を発見した人物には、ノーベル化学賞が贈られている。 ある化合物 A を生成物 B に変換するまでの過程に関しては様々な経路を検討することができ、これは「合成戦略」と呼ばれる。多段階反応では1つの基質に対して化学変換を連続して行い、多成分反応においては数種類の反応物から1つの生成物が得られる。ワンポット合成は途中で生成物の単離・精製を行わず、反応物に対して次々に化学変換を行う。 化学合成の原語 "synthesis" の語を最初に使ったのはヘルマン・コルベである。 化学合成の語は狭義には2つ以上の基質を単一の生成物に変換する反応に対して用いられる。一般式を用いて、 と表される。ここで A と B は元素の単体または化合物、AB は A と B それぞれの部分構造を持つ化合物である。具体的な例としては、 などが挙げられる。.

新しい!!: 19世紀と化学合成 · 続きを見る »

化学量論

化学量論(かがくりょうろん、stoichiometry)とは化学反応における量的関係に関する理論である。言い換えると、化学反応は反応系内の個々の分子が反応により決まる形式による組み換えであるから、反応に関与した量は比例関係が成立することから化学反応の量的関係を説明する理論である。速度論反応との対概念の(化学)量論反応については化学反応論に詳しい。 の語はギリシャ語の根源要素()を意味するστοιχεῖονと計測()を意味するμέτρονとに由来する。.

新しい!!: 19世紀と化学量論 · 続きを見る »

北京市

北京市(ペキンし、、)は、中華人民共和国の首都である。 行政区画上は直轄市であり、中国の華北の中央に位置する。人口は2152万(2014年)であり、中国では上海に次ぐ第二の都市。世界有数のメガシティであり、高い影響力を有する世界都市でもある。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀と北京市 · 続きを見る »

北京条約

北京条約 北京条約(ペキンじょうやく、Convention of Peking)は、1860年(咸豊10年)に清朝とイギリス(10月24日)・フランス(10月25日)連合軍、および清朝とロシア帝国(11月14日)が締結した条約。天津条約の批准交換と追加条約である。.

新しい!!: 19世紀と北京条約 · 続きを見る »

北碑南帖論

北碑南帖論(ほくひなんじょうろん)は、清代の考証学者・阮元が唱えた、南北朝時代の書についての総合的な書論。北朝の碑を指す「北碑」、南朝の法帖を指す「南帖」の語の由来となり、その後の清の書道界の方向性を決めた重要な書論である。 この論は実際には当初「南北書派論」の名で述べられ、「北碑南帖論」として詳述された二本立ての論であるが、一般的には「北碑南帖論」の方で呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀と北碑南帖論 · 続きを見る »

北越雪譜

『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)は、江戸後期における越後魚沼の雪国の生活を活写した書籍。初編3巻、二編4巻の計2編7巻。著者は現在の新潟県南魚沼市塩沢で縮仲買商・質屋を営んだ鈴木牧之(京山人百樹(山東京山)増修、京水百鶴(岩瀬京水)画)。雪の結晶のスケッチ(『雪華図説』からの引用)から雪国の風俗・暮らし・方言・産業・奇譚まで雪国の諸相が、豊富な挿絵も交えて多角的かつ詳細に記されており、雪国百科事典ともいうべき資料的価値を持つ。1837年(天保8年)に江戸で出版されると当時のベストセラーとなった。.

新しい!!: 19世紀と北越雪譜 · 続きを見る »

北里柴三郎

北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) - 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。従二位・勲一等旭日大綬章・男爵・医学博士。 私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名の内の1人)、私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長。 「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。門下生らはドンネル先生ドイツ語で「雷おやじ」(der Donner)の意。との愛称で畏れられ、かつ親しまれていた。.

新しい!!: 19世紀と北里柴三郎 · 続きを見る »

北陸道

北陸道 北陸道(ほくりくどう、ほくろくどう、くぬがのみち)は、五畿七道の一つ。本州日本海側の中部の行政区分、および同所を通る幹線道路(古代から近世)を指す。.

新しい!!: 19世紀と北陸道 · 続きを見る »

北洋艦隊

北洋艦隊(ほくようかんたい)は、光緒14年(1888年)に編成された清朝の李鴻章の艦隊である。清国では北洋水師と呼ばれた。母港は威海衛、旅順。創設者は北洋通商大臣兼直隷総督の李鴻章で司令官は提督丁汝昌。日清戦争において大日本帝国海軍連合艦隊と交戦(黄海海戦、威海衛海戦)し、日本の威海衛攻略の際に壊滅した。.

新しい!!: 19世紀と北洋艦隊 · 続きを見る »

北斎漫画

『北斎漫画』(ほくさいまんが)は、葛飾北斎が絵手本として発行したスケッチ画集である。海外では「ホクサイ・スケッチ」とも呼ばれるゴマブックス『北斎漫画 風景・建築物・歴史編』「北斎漫画について」より。 初編の序文によると、1812年秋頃、後援者で門人の牧墨僊(1775年 - 1824年)宅に半年ほど逗留し300余りの下絵を描いた。これをまとめ1814年(文化11年)、北斎55歳のとき、名古屋の版元永楽屋東四郎(永楽堂)から初編が発行され好評であった。その後1878年(明治11年)までに全十五編が発行された。人物、風俗、動植物、妖怪変化まで約4000図が描かれている。北斎はこの絵のことを「気の向くままに漫然と描いた画」とよんだ。ただし、絵手本集という企画自体も北尾政美の『略画式』から着想を得ている。 この絵手本は国内で好評を博しただけでなく、1830年代ヨーロッパに磁器、陶器の輸出の際、緩衝材として浮世絵と共に偶然に渡り、フランスの印象派の画家クロード・モネ、ゴッホ、ゴーギャンなどに影響を与えたとされる。.

新しい!!: 19世紀と北斎漫画 · 続きを見る »

ナポレオン3世

ナポレオン3世(Napoléon III, 1808年4月20日 - 1873年1月9日)は、フランス第二共和政の大統領(在任:1848年 - 1852年)、のちフランス第二帝政の皇帝(在位:1852年 - 1870年)。本名はシャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)であり、皇帝に即位して「ナポレオン3世」を名乗る以前については一般にルイ・ナポレオンと呼ばれている。本項でもそのように記述するものとする。 ナポレオン・ボナパルトの甥にあたり、1815年のナポレオン失脚後、国外亡命生活と武装蜂起失敗による獄中生活を送ったが、1848年革命で王政が消えるとフランスへの帰国が叶い、同年の大統領選挙でフランス第二共和政の大統領に当選した。第二共和政の大統領の権力は弱く、はじめ共和派、のち王党派が牛耳るようになった国民議会から様々な掣肘を受けたが、1851年に国民議会に対するクーデタを起こし、独裁権力を掌握。1852年に皇帝に即位して「ナポレオン3世」となり、第二帝政を開始した。1850年代は「権威帝政」と呼ばれる強圧支配を敷いたが、1860年代頃から「自由帝政」と呼ばれる議会を尊重した統治へと徐々に移行した。内政面ではパリ改造計画、近代金融の確立、鉄道網敷設などに尽くした。外交ではクリミア戦争によってウィーン体制を終焉させ、ヨーロッパ各地の自由主義ナショナリズム運動を支援することでフランスの影響力を拡大を図った。またアフリカ・アジアにフランス植民地を拡大させた。しかしメキシコ出兵の失敗で体制は動揺。1870年に勃発した普仏戦争でプロイセン軍の捕虜となり、それがきっかけで第二帝政は崩壊し、フランスは第三共和政へ移行した。 以降2018年現在までフランスは共和政であるため、彼がフランスにおける最後の君主にあたる。.

新しい!!: 19世紀とナポレオン3世 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: 19世紀とナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: 19世紀とナポレオン戦争 · 続きを見る »

ペルー

ペルー共和国(ペルーきょうわこく、、、)、通称ペルーは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接し、西は太平洋に面する。首都はリマ。 紀元前から多くの古代文明が栄えており、16世紀までは当時の世界で最大級の帝国だったインカ帝国(タワンティン・スウユ)の中心地だった。その後スペインに征服された植民地時代にペルー副王領の中心地となり、独立後は大統領制の共和国となっている。.

新しい!!: 19世紀とペルー · 続きを見る »

ナヴァリノの海戦

ナヴァリノの海戦(トルコ語:Navarin Deniz Muharebesi)は、ギリシャ独立戦争中に行われた戦いの一つ。オスマン帝国艦隊とイギリス・フランス・ロシア連合艦隊のギリシア・ナヴァリノ湾での海戦で、帆走主力艦同士の最後の戦いとなった。 ナヴァリノ湾において停泊中のオスマンの艦隊に対し、交渉を行うために三国連合艦隊がオスマン艦隊の近辺に停泊し、使者を派遣したが、銃撃を受けたためただちに応戦、大規模な海戦が勃発した。非常に近接した距離での射ち合いで、オスマン艦隊は碇を下ろして身動きが取れなくなっていたことや、装備が劣っていたことなどから、開戦4時間でほとんどの艦が戦闘不能に陥り、戦闘は三国連合艦隊の勝利に終わった。 Category:ギリシャ独立戦争 Category:イギリスの海戦 Category:フランスの海戦 Category:ロシアの海戦 Category:ロシア帝国の戦闘 Category:エジプトの海戦 Category:オスマン帝国の海戦 Category:1827年の戦闘.

新しい!!: 19世紀とナヴァリノの海戦 · 続きを見る »

ナーナー・サーヒブ

ナーナー・サーヒブ (Nana Sahib, 1824年5月19日 - 没年不明)は、インド、マラーター王国の宰相だったバージー・ラーオ2世の養子。 本名はドゥーンドゥー・パント。.

新しい!!: 19世紀とナーナー・サーヒブ · 続きを見る »

ナーセロッディーン・シャー

ナーセロッディーン・シャー(1831年7月16日 - 1896年5月1日、ناصرالدین شاه قاجار)は、ガージャール朝第4代シャー(在位:1848年9月17日 - 1896年5月1日)で、第3代シャーモハンマド・シャーの子。イランの歴史の中で、サーサーン朝のシャープール2世とサファヴィー朝のタフマースブ1世に次いで3番目に長く在位した君主で、治世は50年近くにわたる。シャーとしては初めて日記を刊行した人物でもある。.

新しい!!: 19世紀とナーセロッディーン・シャー · 続きを見る »

ペドロ1世 (ブラジル皇帝)

ペドロ1世(Pedro I、1798年10月12日 - 1834年9月24日)は、ブラジル帝国初代皇帝(在位:1822年 - 1831年)。ポルトガル国王としてはペドロ4世(Pedro IV、在位:1826年)と呼ばれる。ブラジルでは一般にドン・ペドロ1世(ドン・ペドロ・プリメイロ)、「解放者」とよばれ、ポルトガルでは「戦争王」と呼ばれている。.

新しい!!: 19世紀とペドロ1世 (ブラジル皇帝) · 続きを見る »

ペドロ2世 (ブラジル皇帝)

ペドロ2世(Pedro II、1825年12月2日 - 1891年12月5日)は、ブラジル帝国の第2代かつ最後の皇帝(在位:1831年 - 1889年)。初代ブラジル皇帝ペドロ1世とオーストリア皇帝フランツ1世の次女マリア・レオポルディナ皇后の長男で、ポルトガル女王マリア2世の弟である。ブラジル本国では一般にドン・ペドロ2世(ドン・ペドロ・セグンド)と呼ぶ。.

新しい!!: 19世紀とペドロ2世 (ブラジル皇帝) · 続きを見る »

ナダール

ナダールのセルフ・ポートレート ナダール(Nadar 、本名ガスパール=フェリックス・トゥールナション Gaspard-Felix Tournachon 、1820年4月6日 - 1910年3月21日)は、フランスの写真家。数多くの文化人や重要人物を撮影し肖像写真家として名を馳せたほか、風刺画家、ジャーナリスト、小説家、気球乗り・飛行技術研究家としても活躍した。.

新しい!!: 19世紀とナダール · 続きを見る »

ペシュト

ーチェーニ鎖橋 ブダペスト西駅 ペシュト(Pest)は、ハンガリーの中央部に位置する都市。ドナウ川右岸(東岸)に位置し、対岸のブダと対になって発展した。ドイツ語ではペスト(Pesth)と呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀とペシュト · 続きを見る »

ナショナリズム

ナショナリズム(nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語。日本語では内容や解釈により民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義などとも訳されている。.

新しい!!: 19世紀とナショナリズム · 続きを見る »

ナショナル・ギャラリー (ロンドン)

ナショナル・ギャラリー(National Gallery)は、イギリスのロンドン、トラファルガー広場に位置する美術館。日本語では国立美術館とも訳される。1824年に設立され、13世紀半ばから1900年までの作品2,300点以上を所蔵している。登録適用除外チャリティ (en:exempt charity) の一つで、文化・メディア・スポーツ省 (en:Department for Culture, Media and Sport) の非省公共団体 (非政府部門公共機構) (non-departmental public body) である。そのコレクションは大衆に広く公開されており、特別な企画展示をのぞいて入館は無料となっている。ただし、維持管理費用の一部を寄付でまかなうため、寄付を募る箱が入り口ほか数カ所に設けられている。 ナショナル・ギャラリーは、コレクションの基礎が王室や貴族のコレクションの由来ではないという点で、ヨーロッパでもあまり例のない美術館となっている。コレクションの基礎となったのは、保険ブローカーで美術後援家だったジョン・ジュリアス・アンガースタイン (en:John Julius Angerstein) が収集していた38点の絵画である。初期のコレクションは個人からの寄付によって、チャールズ・ロック・イーストレイク (en:Charles Lock Eastlake) をはじめ、その当時の館長たちが購入したものが3分の2を占めている。その結果、他のヨーロッパ諸国の国立美術館と比べてコレクション数は多くはないが、西洋絵画が大きな革新を見せた「ジョットからセザンヌまで」美術史上重要な絵画が収蔵されている。常設展示されているコレクションが少ないとされたときもあったが、現在ではそのようなことはなくなっている。 現在の建物は3代目のもので、1832年から1838年にかけて建築家ウィリアム・ウィルキンス (en:William Wilkins (architect)) がデザインした。その後ナショナル・ギャラリーは少しずつ拡張されていったため、現在ではトラファルガー広場に面するファサードだけが唯一当時の面影を残している。ウィルキンスのデザインにしたがって建設された当時の建物は、美的センスに欠けている、手狭であると酷評されたこともあった。事実建物が手狭で収蔵に限界があったため、1897年にイギリス美術専用の分館ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュ・アート(現在のテート・ブリテン)が開設されている。1991年に西側に増築されたロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウン (en:Denise Scott Brown) の設計によるセインズベリー棟はイギリスを代表するポストモダン建築となっている。.

新しい!!: 19世紀とナショナル・ギャラリー (ロンドン) · 続きを見る »

ナサニエル・ホーソーン

ナサニエル・ホーソーン ナサニエル・ホーソーン(ナザニエル・ホーソーン、Nathaniel Hawthorne 1804年7月4日 – 1864年5月19日)は、アメリカ合衆国の小説家。日本語では「ホーソン」と表記されることもある。 マサチューセッツ州のセイラムに生まれる。 父方の祖先である初代ウィリアム・ホーソーンはクエーカー教徒迫害に関与し、二代ジョン・ホーソーンはセイラム魔女裁判の判事を務めており、また、母方の祖先であるニコラス・マニングの姉達が近親相姦の嫌疑をかけられ迫害されると言う過去を持つため、善と悪や罪を扱った宗教的な内容の作品が多い。 彼が『緋文字』を発表し注目を集め始めていたころ、アメリカでは市場主義経済が発達し文学作品も「商品」としての色合いが強くなる。これにより文学の芸術的価値より大衆の評判が重要視され始めホーソーンはこのギャップに苦しむことになる。実際に彼の作品である『七破風の館』では登場人物にこの心境を投影してうわべの作品が大衆にはうける、といったことを訴えており、芸術家としての作家という考えを持っていた彼がその才能を存分に発揮できないジレンマや葛藤が認められる。.

新しい!!: 19世紀とナサニエル・ホーソーン · 続きを見る »

ミハイル・ペトラシェフスキー

ミハイル・ヴァシーリエヴィチ・ペトラシェフスキー(ロシア語:Михаил Васильевич Петрашевский、1821年11月13日 - 1866年12月19日)は、ロシアの社会主義者。.

新しい!!: 19世紀とミハイル・ペトラシェフスキー · 続きを見る »

ミハイル・バクーニン

ミハイル・アレクサンドロヴィチ・バクーニン(Михаи́л Алекса́ндрович Баку́нин、Mikhail Alexandrovich Bakunin、1814年5月30日 - 1876年7月1日)はロシアの思想家で哲学者、無政府主義者、革命家。元正教徒で無神論者。.

新しい!!: 19世紀とミハイル・バクーニン · 続きを見る »

ミハイル・クトゥーゾフ

ミハイル・クトゥーゾフ ミハイル・イラリオーノヴィチ・ゴレニーシチェフ=クトゥーゾフ公爵(、1745年9月16日〈ユリウス暦9月5日〉 - 1813年4月28日〈ユリウス暦4月16日〉)は、帝政ロシア時代の軍人。エカチェリーナ2世、パーヴェル1世、アレクサンドル1世の3代にわたって仕え、外交官としても活躍した。.

新しい!!: 19世紀とミハイル・クトゥーゾフ · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。.

新しい!!: 19世紀とミャンマー · 続きを見る »

ミロのヴィーナス

ミロのヴィーナス(Αφροδίτη της Μήλου、Vénus de Milo)は、古代ギリシアで制作された彫刻の女性像である。現在はパリのルーヴル美術館で展示・管理されている。.

新しい!!: 19世紀とミロのヴィーナス · 続きを見る »

ミドハト・パシャ

ミドハト・パシャ ミドハト・パシャ(Ahmed Şefik Midhat Paşa, 1822年10月18日 - 1884年5月8日)は、オスマン帝国の政治家。第一次立憲制(1876年 - 1878年)樹立時に大宰相(首相)として重要な役割を果たした。オスマン帝国をアジアの国とするならアジア地域で最初の憲法であるオスマン帝国憲法はミドハト・パシャが起草したものであることから、通称をミドハト憲法という。.

新しい!!: 19世紀とミドハト・パシャ · 続きを見る »

ミゲル・イダルゴ

イダルゴの像 ミゲル・イダルゴ(Miguel Hidalgo、1753年5月8日-1811年7月30日)は、メキシコ独立運動における初期の指導者。独立闘争の途上で捕らえられ処刑された。「メキシコ独立の父」として評価される。彼の正式な名前はMiguel Gregorio Antonio Ignacio Hidalgo y Costilla Gallaga Mandarte Villaseñorであるが、通常はミゲル・イダルゴ(Miguel Hidalgo)やミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ(Miguel Hidalgo y Costilla)と短縮して呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とミゲル・イダルゴ · 続きを見る »

ミシェル・ネイ

ミシェル・ネイ(Michel Ney、1769年1月10日 - 1815年12月7日)は、フランス革命戦争およびナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人(フランス元帥)。ナポレオン・ボナパルトの側近の一人で、彼をしてle Brave des Braves(勇者の中の勇者)と言わしめた。なお、姓のNeyは二重母音「ネイ」ではなく、と読む。.

新しい!!: 19世紀とミシェル・ネイ · 続きを見る »

ミズーリ妥協

ミズーリ妥協(ミズーリだきょう、Missouri Compromise)は、1820年にアメリカ合衆国議会において、奴隷制擁護と反奴隷制の党派の間で成立した取り決めであり、主に西部領土における奴隷制の規制を含んでいた。北緯36度30分の(Missouri Compromise line)と呼ばれるの北にある元ルイジアナ準州では奴隷制を禁じたが、既に提案されていたミズーリ州の領域内を例外とした。ミズーリ協定とも訳される。.

新しい!!: 19世紀とミズーリ妥協 · 続きを見る »

マラーター同盟

マラーター同盟(マラーターどうめい、英語:Maratha Confederacy、1708年 - 1818年)は、中部インドのデカン高原を中心とした地域に、マラーター王国及びマラーター諸侯(サルダール)によって結成された連合体。マラーター連合(マラーターれんごう)とも呼ばれる。 18世紀にムガル帝国の衰退に乗じて独立し、一時はインドの覇権を握った。だが、同紀末から19世紀初頭にかけて、インド全域に勢力を伸ばすイギリス東インド会社との3度のマラーター戦争で敗れ、解体した。その領土はイギリス東インド会社の直接支配下に入り、諸侯の領土は藩王国に編成された。.

新しい!!: 19世紀とマラーター同盟 · 続きを見る »

マラーター戦争

マラーター戦争(マラーターせんそう、Anglo-Maratha Wars)とは、イギリス東インド会社とインドの大部分を支配していたマラーター同盟(マラーター王国)との間に起った三次にわたる戦争。.

新しい!!: 19世紀とマラーター戦争 · 続きを見る »

マリー・フランソワ・サディ・カルノー

マリー・フランソワ・サディ・カルノー(Marie François Sadi Carnot, 1837年8月11日 - 1894年6月25日)は、フランスの政治家。ニコラ・レオナール・サディ・カルノーの甥。第5代大統領(第三共和政)。在職中に暗殺された。 政治家ラザール・イポリット・カルノーの息子として生まれた。エコール・ポリテクニークと国立土木学校で技術者教育を受け、官僚となった。1871年にセーヌ=アンフェリウール県(現セーヌ=マリティーム県)知事となり、まもなく国民議会議員となった。1880年には公共事業大臣となった。 1887年ので、対立候補のジュール・フェリーに勝利して、大統領に選ばれた。就任早々、政界を震撼させたブーランジェ将軍事件を乗り切った。その後在職中にはフランス革命百年祭、パリ万国博(1889年)などの祝賀行事があったが、1892年にはまた政治スキャンダル・パナマ事件が持ち上がり、アナーキストによるテロも激化した。 1894年6月24日、リヨンで演説後にイタリア人アナーキスト、に刺され、翌6月25日に死亡した()。パリのパンテオンに埋葬されている。.

新しい!!: 19世紀とマリー・フランソワ・サディ・カルノー · 続きを見る »

マリア・ルイーザ (パルマ女公)

マリア・ルイーザ(Maria Luisa, 1791年12月12日 - 1847年12月17日)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝フランツ1世)の娘で、フランス皇帝ナポレオン1世の皇后。後にパルマ公国の女公(在位:1814年 - 1847年)。.

新しい!!: 19世紀とマリア・ルイーザ (パルマ女公) · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 19世紀とノルウェー · 続きを見る »

マンチェスター

マンチェスター (IPA) は、イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターに位置する都市。北部イングランドを代表する都市であり、イギリスで9番目の都市である。1853年にが布かれ、2011年の時点で、マンチェスター(都市と都市バラ)の人口は49万人である。2011年の近郊を含む都市圏人口は224万人であり、同国第3位である。.

新しい!!: 19世紀とマンチェスター · 続きを見る »

マーク・トウェイン

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。 ウィリアム・フォークナーは、トウェインが「最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と記した。アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べた。.

新しい!!: 19世紀とマーク・トウェイン · 続きを見る »

マックス・ノルダウ

マックス・ジーモン・ノルダウ(Max Simon Nordau、1849年7月29日 - 1923年1月23日)はハンガリー出身のシオニズム指導者、医師、小説家、哲学者、社会評論家。 本名ジーモン・マクシミリアン・ズュートフェルト(Simon Maximilian Südfeld)、ハンガリー名シュドフェルド・シモン・ミクシャ(Südfeld Simon Miksa)。 テオドール・ヘルツルたちと共に、世界シオニスト機構を創設。この他、複数のシオニスト会議で議長や副議長を務めた。.

新しい!!: 19世紀とマックス・ノルダウ · 続きを見る »

マックス・プランク

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)は、ドイツの物理学者で、量子論の創始者の一人である。「量子論の父」とも呼ばれている。科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。1918年にノーベル物理学賞を受賞。.

新しい!!: 19世紀とマックス・プランク · 続きを見る »

マックス・シュティルナー

ンゲルス画) 1842年 マックス・シュティルナー(Max Stirner, 1806年10月25日 - 1856年6月26日)は、ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派の代表的な哲学者の一人とされる。マックス・シュティルナーという名前は、ペンネーム(筆名)であり、本名はヨハン・カスパー・シュミット(Johann Kaspar Schmidt)である。シュティルナーの名は、彼の身体的特徴である突起している「おでこ」(Stirn)を基に高校時代につけられたニックネームに由来する。なお日本語では「スチルネル」や「スティルネル」と表記されることもある。.

新しい!!: 19世紀とマックス・シュティルナー · 続きを見る »

マディーナ

アル=マディーナ・アル=ムナウワラ(المدينة المنوّرة)または単にマディーナ(المدينة)は、アラビア半島の都市で、マッカ(メッカ)に次ぐイスラームの第2の聖地である。メディナともいう。.

新しい!!: 19世紀とマディーナ · 続きを見る »

マフムト2世

マフムト2世(Mahmud II, 1785年7月20日 - 1839年7月1日)は、オスマン帝国の第30代皇帝(在位:1808年 - 1839年)。父は第27代皇帝アブデュルハミト1世、母ナクシディル・スルタンはフランス人でナポレオン1世の義理の従妹とする伝説が有名だが、実際は不詳である。第29代ムスタファ4世の異母弟。アブデュルメジト1世、アブデュルアズィズの父。 内外の危機的状況によって帝国の支配が揺らぐ中で即位し、中央集権化と西洋化を軸とする上からの改革を推し進めて帝国の再生をはかった皇帝であり、オスマン帝国における啓蒙専制君主と評価される。.

新しい!!: 19世紀とマフムト2世 · 続きを見る »

マフディー戦争

マフディー戦争(マフディーせんそう、英語:Mahdist War)は、19世紀末に行われた植民地戦争である。スーダンのマフディー教徒とエジプト、後にイギリス軍が戦った。これはマフディーの反乱とも呼ばれ、イギリスでは自国が戦った局面を指してスーダン戦役とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とマフディー戦争 · 続きを見る »

マドリード、1808年5月3日

『マドリード、1808年5月3日』(El tres de mayo de 1808 en Madrid)は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが1814年に描いた絵画作品で、2つの連作のうちの1つである。『プリンシペ・ピオの丘での虐殺』(Los fusilamientos de la montaña del Príncipe Pío)という名でも知られる。.

新しい!!: 19世紀とマドリード、1808年5月3日 · 続きを見る »

マニフェスト・デスティニー

1872年に描かれた「アメリカの進歩」。女神の右手には書物と電信線が抱えられており、合衆国が西部を「文明化」という名の下に征服しようとする様子を象徴している。背後には1869年に開通した大陸横断鉄道も見える。 マニフェスト・デスティニー(Manifest Destiny)とは、元々はアメリカ合衆国の西部開拓を正当化する標語であった。「明白なる使命」や「明白なる運命」、「明白なる大命」などと訳出される。「文明は、古代ギリシア・ローマからイギリスへ移動し、そして大西洋を渡ってアメリカ大陸へと移り、さらに西に向かいアジア大陸へと地球を一周する」という、いわゆる「文明の西漸説」に基づいたアメリカ的文明観である。.

新しい!!: 19世紀とマニフェスト・デスティニー · 続きを見る »

マイアー・グッゲンハイム

マイアー・グッゲンハイム(Meyer Guggenheim 1828年2月1日 - 1905年3月15日)は、グッゲンハイム家の家長。 スイスのアールガウ州レングナウにて、ドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれる。1847年に渡米。 初めは輸入業者だったが、のちに鉱山経営と精練業に転じて大成功し、そのあまりの大富豪振りに「鉱山王」の異名を取った。妻のバーバラとの間に、成人した子供が10人いた。.

新しい!!: 19世紀とマイアー・グッゲンハイム · 続きを見る »

マイケル・ファラデー

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。 直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.

新しい!!: 19世紀とマイケル・ファラデー · 続きを見る »

マオリ

伝統的な姿のマオリの若者。現在のマオリは普通は洋服姿である。 描かれたマオリ(1882年画) マオリ(Māori)は、アオテアロア(ニュージーランド)にイギリス人が入植する前から先住していた人々である。形質的・文化的にはポリネシア人の一派をなす。マオリとは、マオリ族の用いる言語マオリ語では本来「普通」という意味で、マオリ自身が西洋人と区別するために“普通の人間”という意味でTangata Maoriを使い出したにもかかわらず、イギリス人が発音しにくいという理由で、Tangata(=人間)ではなくて、Maoriを採用したのが由来とされる。.

新しい!!: 19世紀とマオリ · 続きを見る »

マクシミリアン (メキシコ皇帝)

マクシミリアーノ1世(Maximiliano I、1832年7月6日 - 1867年6月19日)は、ハプスブルク=ロートリンゲン家出身のメキシコ皇帝(在位:1864年 - 1867年)。全名は、フェルディナント・マクシミリアン・ヨーゼフ・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Ferdinand Maximilian Joseph Maria von Habsburg-Lothringen)、フェルナンド・マクシミリアーノ・ホセ・マリア・デ・アブスブルゴ=ロレーナ(Fernando Maximiliano José María de Habsburgo-Lorena)。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟。妻はベルギー国王レオポルド1世の王女シャルロッテ・フォン・ベルギエン。 優れた海軍の軍歴ののち、1864年4月10日、フランスのナポレオン3世と帝政復活を望むメキシコの王党派の支援の下、メキシコ皇帝に即位した。アメリカ合衆国を含む多くの国々は彼の帝国を承認しなかった。これはベニート・フアレス率いる共和派軍の成功を確かなものにし、1867年に捕虜となり処刑された。.

新しい!!: 19世紀とマクシミリアン (メキシコ皇帝) · 続きを見る »

マシュー・ペリー

1855-56年頃のダゲレオタイプの写真 マシュー・カルブレイス・ペリー(Matthew Calbraith Perry, 1794年4月10日 – 1858年3月4日)は、アメリカ海軍の軍人。 エリー湖の戦いにおけるアメリカ海軍の英雄であるオリバー・ハザード・ペリーの弟。江戸時代に艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国への交渉を要求したことで知られる。来航当時の文書には「ペルリ(漢字では彼理)」と表記されていた。.

新しい!!: 19世紀とマシュー・ペリー · 続きを見る »

マスメディア

マスメディア (mass media) あるいは大衆媒体(たいしゅうばいたい)とは、マスコミュニケーションの媒体のことである広辞苑第七版「マス・メディア」。.

新しい!!: 19世紀とマスメディア · 続きを見る »

チャールズ・バベッジ

チャールズ・バベッジ(Charles Babbage、FRS、1791年12月26日 - 1871年10月18日)は、イギリスの数学者。分析哲学者、計算機科学者でもあり、世界で初めて「プログラム可能」な計算機を考案した。「コンピュータの父」と言われることもあり、初期の機械式計算機を発明し、さらに複雑な設計に到達した。その完成しなかった機械の一部はサイエンス・ミュージアムに展示されている。1991年、バベッジの本来の設計に基づいて階差機関が組み立てられ、完全に機能した。これは19世紀当時の技術の精度に合わせて作られており、バベッジのマシンが当時完成していれば動作していたことを証明した。9年後、サイエンス・ミュージアムはバベッジが階差機関用に設計したプリンターも完成させた。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・バベッジ · 続きを見る »

チャールズ・ラム

チャールズ・ラム(Charles Lamb、1775年2月10日 - 1834年12月27日)は、イギリスの作家・エッセイストである。特に『エリア随筆』は随筆(エッセイ)の傑作と評価されている。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・ラム · 続きを見る »

チャールズ・ワーグマン

チャールズ・ワーグマン(Charles Wirgman、1832年8月31日 - 1891年2月8日)は、イギリス人の画家・漫画家。幕末期に記者として来日し、当時の日本のさまざまな様子・事件・風俗を描き残すとともに、「ポンチ絵」のもととなった日本最初の漫画雑誌『ジャパン・パンチ』を創刊した。また、五姓田義松や高橋由一をはじめとする様々な日本人画家に洋画の技法を教えた。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・ワーグマン · 続きを見る »

チャールズ・テイズ・ラッセル

チャールズ・テイズ・ラッセル(Charles Taze Russell、1852年2月16日 - 1916年10月31日)は、アメリカ合衆国の宗教家。キリスト教系の新宗教であるエホバの証人を設立した。 ラッセルは1870年に「聖書研究会」を開き、それら成員は「聖書研究者」または「国際聖書研究者」(現在の「エホバの証人」)と呼ばれるようになり、1879年には『シオンのものみの塔およびキリストの臨在の告知者』(現在の『ものみの塔』誌)を創刊し、1884年に宗教法人である「シオンのものみの塔冊子協会」(現在の「ものみの塔聖書冊子協会」)を設立し、その初代会長を務めた。パスター・ラッセル(「牧師」の意味)との愛称で呼ばれていた『エホバの証人―神の王国をふれ告げる人々』 ものみの塔聖書冊子協会、1993年、54頁。。 墓石が、Freemasonry(フリーメイソン)本部(米国 Rosemont United Cemeteries)の間近に在る。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・テイズ・ラッセル · 続きを見る »

チャールズ・ディケンズ

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(、 1812年2月7日 - 1870年6月9日)は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。 新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『』から世にでる。英国の国民作家とも評されていて、1992年から2003年まで用いられた10UKポンド紙幣に肖像画が描かれている。英語圏では、彼の本、そして彼によって創造された登場人物が、根強い人気を持って親しまれている。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られることなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・ディケンズ · 続きを見る »

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・ダーウィン · 続きを見る »

チャールズ・エリオット (海軍士官)

ー・チャールズ・エリオット(、1801年 - 1875年9月9日)は、イギリスの海軍士官、外交官、植民地行政官。イギリス対清貿易における全権かつ商務総監の在勤中の1841年に香港の初代行政長官となった。イギリス植民地としての香港創設のキーマンの一人Endacott 2005, p. 1である。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・エリオット (海軍士官) · 続きを見る »

チャールズ・カニング (初代カニング伯爵)

初代カニング伯爵チャールズ・ジョン・カニング(Charles John Canning, 1st Earl Canning, 、1812年12月14日 - 1862年6月17日)は、イギリスの政治家、貴族。 1856年から1862年にかけてインド総督を務め、インド大反乱の鎮圧にあたった。首相・外相を務めたジョージ・カニングは父である。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・カニング (初代カニング伯爵) · 続きを見る »

チャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵)

2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ(Charles Grey, 2nd Earl Grey, 、1764年3月13日 - 1845年7月17日)は、イギリスの政治家、貴族。 ホイッグ党フォックス派の議員として頭角を現し、1806年のフォックスの死後にホイッグ党の指導者となった。長きにわたって野党だったホイッグ党が1830年に政権獲得した際に首相(在職1830年 - 1834年)に就任した。第一次選挙法改正をはじめとする多くの自由主義的政治改革を成し遂げたが、政権内部の亀裂で1834年に辞職し、メルバーン子爵に首相・ホイッグ党党首の座を譲った。 父が叙爵された1806年から自身が爵位を継承する1807年まで、ホーウィック子爵(Viscount Howick)の儀礼称号を使用した。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵) · 続きを見る »

チャールズ・ゴードン

清朝の官服を着用したゴードン ジョージ・ジョイの描いたゴードンの最期。高潔な死とのイメージを高めた。 チャールズ・ジョージ・ゴードン(Charles George Gordon、1833年1月28日 - 1885年1月26日)は、英国の軍人。太平天国の乱の時、民兵組織の常勝軍を率いて活躍、その後、スーダンのハルツームで戦死した。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・ゴードン · 続きを見る »

チャールズ・サンダース・パース

チャールズ・サンダース・パース(Charles Sanders Peirce、1839年9月10日 - 1914年4月19日)は、アメリカ合衆国の哲学者、論理学者、数学者、科学者であり、プラグマティズムの創始者として知られる。マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。パースは化学者としての教育を受け、米国沿岸測量局に約三十年間、科学者として雇われていた。「アメリカ合衆国の哲学者たちの中で最も独創的かつ多才であり、そしてアメリカのもっとも偉大な論理学者」ともいわれる。存命中はおおむね無視されつづけ、第二次世界大戦後まで二次文献はわずかしかなかった。莫大な遺稿の全ては今も公表されていない。パースは自分をまず論理学者とみなし、さらに論理学を記号論(semiotics)の一分野とみなした。.

新しい!!: 19世紀とチャールズ・サンダース・パース · 続きを見る »

チャーティズム

チャーティスト運動、あるいは、チャーティズム(Chartism)とは、一九世紀イギリスで起こった選挙法改正と社会の変革を要求する、急進派知識人とおもに下層の労働者たちの運動で、1830年から1850年代末までおよそ30年にわたって全国的に展開された社会運動である。その名は、運動の指導者たちが1838年、成人男子選挙権を軸に起草した『人民憲章』(People's Charter)に由来する。『人民憲章』の内容は以下の六項目からなっていた。チャーティスト指導者の多くは議会への請願運動を重視し、三回にわたって「国民請願」を行っている。なお、一回目は反対235対賛成46、二回目は反対287対賛成49、三回目は賛成票15票という結果であった浜林正夫(2009) p.95。.

新しい!!: 19世紀とチャーティズム · 続きを見る »

チャクリー改革

チャクリー改革(チャクリーかいかく)は、タイのチャクリー王朝・チュラーロンコーン大王(以下ラーマ5世)によって行われた一連の近代化のための改革のことである。狭義にはラーマ5世の改革のみを指すが、広義にはモンクット王(以下ラーマ4世)における近代化政策からワチラーウット王(ラーマ6世)までの一連の改革を指す。ここでは特に狭義のチャクリー改革を取り上げる。.

新しい!!: 19世紀とチャクリー改革 · 続きを見る »

チュノム

チュノム(、喃字)はベトナム語を表記するために漢字を応用して作られた文字。日本語の漢字表記では「字喃」と書かれるが、その「字」はチュノム表記の「」(:U+5B81(宀 + 丁)+ 字、U+21A38)を置き換えたものである。13世紀-20世紀初期に使われた。.

新しい!!: 19世紀とチュノム · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: 19世紀とチュニジア · 続きを見る »

チリ

チリ共和国(チリきょうわこく、República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。 1818年にスペインより独立した。アルゼンチンと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島及びポリネシアのサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している。.

新しい!!: 19世紀とチリ · 続きを見る »

チェロキー

チェロキー族(ᏣᎳᎩ;ラテン翻字: tsa-la-gi (Cherokee))はインディアン部族。 「チェロキー」の語源はチョクトー族が交易に用いた単語で、「山(または洞窟)に住むもの」を意味する「Cha-La-Kee」、またはクリーク族の言葉で「判り難い言葉を話す人たち」の意とされる。 彼ら自身は「これらはすべての人間である」を意味するアニ・ユン・ウィヤ(ᎠᏂᏴᏫᏯ;ラテン翻字: ah-ni-yv-wi-ya) と自称する。.

新しい!!: 19世紀とチェロキー · 続きを見る »

チェーザレ・ロンブローゾ

チェーザレ・ロンブローゾ チェーザレ・ロンブローゾ(、 1835年11月6日 - 1909年10月19日)は、イタリアの精神科医で犯罪人類学の創始者である。犯罪学の父とも呼ばれることがある。ノーベル生理学・医学賞を受賞したカミッロ・ゴルジ(Camillo Golgi)の指導教官でもある。.

新しい!!: 19世紀とチェーザレ・ロンブローゾ · 続きを見る »

ネバダ州

ネバダ州(State of Nevada)は、アメリカ合衆国の西部に位置する州である。地域区分としてはロッキー山脈西部およびアメリカ合衆国南西部にも含められる。面積は110,561平方マイル (286,350 km2) であり、全米50州の中で第7位である。人口は2010年時点で約270万人であり、全米第35位である。人口の3分の2以上がラスベガス都市圏に住んでいる。この都市圏にはネバダ州の人口の多い都市上位3つが入っている。 ネバダ州はカナダにもメキシコにも境を接しておらず、アメリカの内陸州としては面積最大である。.

新しい!!: 19世紀とネバダ州 · 続きを見る »

ネイサン・メイアー・ロスチャイルド

ネイサン・メイアー・ロスチャイルド(Nathan Mayer Rothschild, 1777年9月16日 - 1836年7月28日)は、ドイツ出身のイギリスの銀行家。ドイツ語読みではナータン・マイアー・ロートシルトと読む池内(2008) p.44。 マイアー・アムシェル・ロートシルトの三男であり、ロンドン・ロスチャイルド家の祖にあたる。.

新しい!!: 19世紀とネイサン・メイアー・ロスチャイルド · 続きを見る »

ハリー・パークス

ー・ハリー・スミス・パークス(Sir Harry Smith Parkes、CGMG、KCB、1828年2月24日 - 1885年3月22日)は、英国の外交官で、幕末から明治初期にかけ18年間駐日英国公使を務めた。.

新しい!!: 19世紀とハリー・パークス · 続きを見る »

ハリエット・ビーチャー・ストウ

ハリエット・エリザベス・ビーチャー・ストウ(Harriet Elizabeth Beecher Stowe, 1811年6月14日 - 1896年7月1日)は、アメリカ合衆国の奴隷制を廃止するのに尽力した人物であり、10冊以上の本を執筆した作家でもある。代表作『アンクル・トムの小屋 Uncle Tom's Cabin』は奴隷の生活について描かれた物語であり、最初は1851年から1852年にかけて、奴隷制廃止論者の団体において雑誌連載形式で発表された。第2作『ドレッド Dred: A Tale of the Great Dismal Swamp』も、奴隷制に反対する物語である。男女同権が進んでいなかった20世紀後半まではストウ夫人とも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀とハリエット・ビーチャー・ストウ · 続きを見る »

ハリエット・タブマン

ハリエット・タブマン(Harriet Tubman, 1820年または1821年 - 1913年3月10日)は、アメリカ合衆国メリーランド州ドーチェスター郡出身の奴隷、後に奴隷解放運動家、女性解放運動家。 特に、地下鉄道(アンダーグラウンド・レールロード。アメリカ北部やカナダへ黒人奴隷が逃亡するのを援助する秘密結社)の女性指導者のひとり。その功績から尊敬をこめて、「女モーセ」「黒人のモーセ」(Black Moses) とも呼ばれた。古代エジプトで奴隷となっていたイスラエル人をカナンの地へ導いた、古代の預言者モーセになぞらえてのことである。 2020年に発行される20ドル札で、アフリカ系アメリカ人として初めてアメリカドル紙幣にデザインされる事が決まった。.

新しい!!: 19世紀とハリエット・タブマン · 続きを見る »

ハルツーム

ハルツーム(ハルトゥーム、、الخرطوم 、意味:象の鼻)は、スーダンの首都。ウガンダから流れる白ナイルと、エチオピアから流れる青ナイルの合流地点の南岸に位置する。ナイル川はここからエジプトを通り、北の地中海へ向かう。人口は2000年時点で約2,730,000人。2010年の都市的地域の人口は518万人であり、世界第58位、アフリカでは第5位である。現地での発音は「カルトゥーム」に近い。.

新しい!!: 19世紀とハルツーム · 続きを見る »

ハレー彗星

ハレー彗星(ハレーすいせい、1P/Halley、ハリー彗星とも)は、約76年周期で地球に接近する短周期彗星である。公転周期は75.3年。多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、古来多くの文献に記録されている。前回は1986年2月に回帰し、次回は2061年夏に出現すると考えられている。.

新しい!!: 19世紀とハレー彗星 · 続きを見る »

ハワイ州

ハワイ州(State of Hawaii 、Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカやアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。.

新しい!!: 19世紀とハワイ州 · 続きを見る »

ハワイ王国

ハワイ王国(ハワイおうこく、、)は、1795年から1893年までハワイ諸島に存在した王国である。1893年にサンフォード・ドールなどアメリカ移民による革命でアメリカ合衆国の傀儡国家として名目上共和制のハワイ共和国となり、1898年にはハワイ準州として併合されて消滅した。.

新しい!!: 19世紀とハワイ王国 · 続きを見る »

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(、(ハンス・クレステャン・アナスン)、1805年4月2日 - 1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家、詩人である。デンマークでは、Andersen が非常にありふれた姓であることから、フルネームを略した(デンマーク語読みで "ホー・セー・アナスン" )と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とハンス・クリスチャン・アンデルセン · 続きを見る »

ハヴロック・エリス

ハヴロック・エリス ヘンリー・ハヴロック・エリス(Henry Havelock Ellis、1859年2月2日 - 1939年7月8日)は、イギリス生まれの医師・性科学者・心理学者・社会運動家・文芸評論家。 性について調査・執筆した大著『性の心理』(原題:Studies in the Psychology of Sex)は、イギリスで発禁となり、アメリカで刊行された。彼はナルシシズムと自体愛の概念を広めたとされており、後に精神分析へと導入された。 日本においては、宮澤賢治の著作活動に影響を与えたことでも知られる。また、『性の心理』は翻訳刊行されたのは抄訳ばかりであったが、1996年に佐藤晴夫の訳により未知谷から完訳版が刊行された。なお、著作の多くはプロジェクト・グーテンベルクを通じて無料で閲覧することができる(英語のみ)。.

新しい!!: 19世紀とハヴロック・エリス · 続きを見る »

ハーマン・メルヴィル

ハーマン・メルヴィル(Herman Melville、1819年8月1日 - 1891年9月28日)は、アメリカの作家、小説家。ニューヨーク出身。代表作は『白鯨』など。.

新しい!!: 19世紀とハーマン・メルヴィル · 続きを見る »

ハーバート・ジョージ・ウェルズ

ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells, 1866年9月21日 - 1946年8月13日)は、イギリスの著作家。小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した。H・G・ウエルズ、H.G.ウェルズ等の表記がある。.

新しい!!: 19世紀とハーバート・ジョージ・ウェルズ · 続きを見る »

ハーバート・スペンサー

ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer、1820年4月27日 - 1903年12月8日)は、イギリスの哲学者、社会学者、倫理学者。.

新しい!!: 19世紀とハーバート・スペンサー · 続きを見る »

ハプスブルク家

ハプスブルク家の旗 ハプスブルク家の紋章 ハプスブルク家()は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系(アルザス系)の貴族。.

新しい!!: 19世紀とハプスブルク家 · 続きを見る »

ハイチ

ハイチ共和国(ハイチきょうわこく、Repiblik d Ayiti、République d'Haïti)、通称ハイチは、中央アメリカの西インド諸島の大アンティル諸島内のイスパニョーラ島西部に位置する共和制国家である。東にドミニカ共和国と国境を接し、カリブ海のウィンドワード海峡を隔てて北西にキューバが、ジャマイカ海峡を隔てて西にジャマイカが存在する。首都はポルトープランス。 1804年の独立はラテンアメリカ初、かつアメリカ大陸で二番目であり、世界初の黒人による共和制国家でもある。独立以来現在まで混乱が続いており、大規模災害と復興の遅れが混乱に拍車をかけている。.

新しい!!: 19世紀とハイチ · 続きを見る »

ハインリヒ・ハイネ

リスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine, 1797年12月13日 - 1856年2月17日)は、ドイツの作家、詩人、文芸評論家、エッセイスト、ジャーナリスト。デュッセルドルフのユダヤ人の家庭に生まれる。名門ゲッティンゲン大学卒業、法学士号取得。当初は商人、ついで法律家を目指したが、ボン大学でA・W・シュレーゲルの、ベルリン大学でヘーゲルの教えを受け作家として出発。『歌の本』などの抒情詩を初め、多くの旅行体験をもとにした紀行や文学評論、政治批評を執筆した。1831年からはパリに移住して多数の芸術家と交流を持ち、若き日のマルクスとも親交があった。 文学史的にはロマン派の流れに属するが、政治的動乱の時代を経験したことから、批評精神に裏打ちされた風刺詩や時事詩も多く発表している。平易な表現によって書かれたハイネの詩は、様々な作曲者から曲がつけられており、今日なお多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 19世紀とハインリヒ・ハイネ · 続きを見る »

ハインリヒ・リッケルト

ハインリヒ・リッケルト ハインリヒ・ヨーン・リッケルト(Heinrich John Rickert、1863年5月25日 - 1936年7月25日)は、ドイツの哲学者。新カント派・西南ドイツ学派の代表的な人物として知られる。.

新しい!!: 19世紀とハインリヒ・リッケルト · 続きを見る »

ハインリヒ・フリードリヒ・フォン・シュタイン

ュタイン ハインリヒ・フリードリヒ・フォン・シュタイン(Heinrich Friedrich Karl vom Stein、1757年10月25日 - 1831年6月29日)は、プロイセン王国の政治家、官僚。.

新しい!!: 19世紀とハインリヒ・フリードリヒ・フォン・シュタイン · 続きを見る »

ハインリヒ・シュリーマン

ヨハン・ルートヴィヒ・ハインリヒ・ユリウス・シュリーマン(Johann Ludwig Heinrich Julius Schliemann, 1822年1月6日 - 1890年12月26日)は、ドイツの考古学者、実業家。ギリシア神話に登場する伝説の都市トロイアを発掘した。.

新しい!!: 19世紀とハインリヒ・シュリーマン · 続きを見る »

バチカン

バチカン市国(バチカンしこく、Status Civitatis Vaticanae、Stato della Città del Vaticano)、通称バチカンは、ヨーロッパにある国家で、国土面積は世界最小である(ただし、国際連合加盟国のみの場合はモナコになる)。ヴァチカンやバティカン、ヴァティカンとも表記される。 なお、経済指標はイタリアに統合される。.

新しい!!: 19世紀とバチカン · 続きを見る »

バハー・ウッラー

バハー・ウッラー(بهاء الله Bahā' Allāh(現代ペルシア語:Bahā'ollāh, バハー・オッラー) 1817年11月12日 - 1892年5月29日)は、バハーイー教の預言者・教祖である。日本のバハーイー(バハイ)共同体では「バハオラ」と表記されている。もともとの名はミールザー・ホセイン・アリー(Mīrzā Hoseyn Alī)。.

新しい!!: 19世紀とバハー・ウッラー · 続きを見る »

バハードゥル・シャー2世

バハードゥル・シャー2世(بہادر شاہ ظفر, Bahadur Shah II, 1775年10月24日 - 1862年11月7日)は、北インド、ムガル帝国の第17代(最後の)君主(在位:1837年 - 1858年)。第16代君主アクバル2世の長男(夭折した兄がいるので正確には次男)。母はラール・バーイー。 1837年、バハードゥル・シャー2世は62歳の高齢で帝位を継承した。だが、この頃すでにムガル王朝の権力はデリー周辺にしか及ばず、インド内部はそれ以外の各地で地方勢力や欧州列強が入り乱れる沈滞した社会となっていた。 特に、1757年のプラッシーの戦いでフランスからインド植民の権利を勝ち取ったイギリス東インド会社の勢力は、18世紀後半以降インド半島全域で大幅に拡大してゆき、1845年から1849年にかけてシク戦争を起こしてシク王国を滅ぼし、いよいよイギリスがインド全体の支配者になろうとしていた。 1857年5月、インド大反乱が勃発すると、バハードゥル・シャー2世はデリーに入城した反乱軍によりその最高指導者として擁立された。だが、彼は反乱軍に協力的ではなく、9月にデリーが占拠されると、あっさり降伏してしまう。 1858年、イギリスはバハードゥル・シャー2世をビルマのラングーンへと追放し、これによってムガル帝国は終焉を迎えた。廃帝は追放先のラングーンで一族と余生を過ごし、1862年に失意のうちに死亡した。.

新しい!!: 19世紀とバハードゥル・シャー2世 · 続きを見る »

バンジャマン・コンスタン

アンリ=バンジャマン・コンスタン・ド・ルベック(Henri-Benjamin Constant de Rebecque,1767年10月25日 - 1830年12月8日)は、スイス出身のフランスの小説家、思想家、政治家。心理主義小説の先駆けとして知られる「アドルフ」が名高い。他に自由主義思想家でも知られる。フランスロマン主義を代表する人物の一人でもある。政治評論、宗教論など多彩な執筆活動や政治活動を行った。.

新しい!!: 19世紀とバンジャマン・コンスタン · 続きを見る »

バーブ教

ハイファにあるバーブの霊廟 バーブ教(バーブきょう、بابی ها)は、イランなどに分布したイスラム教の流れを汲む一神教である。1840年代にバーブ(ミールザー・アリー・モハンマド)によりイランで十二イマーム派シーア派の一派シャイヒー派から起こったが、のちにシャリーア(イスラーム法)の廃止を宣言するなどしたため、一般にはイスラームの枠外とされて1850年代末には徹底的弾圧を受けた。これを逃れた教徒の一部はバハーイー教へと発展する。一方、現在バーブ教を称する一派はとも呼ばれ今もイランに残るという。 なお、発祥の地であるイラン・イスラーム共和国では、バーブ教の存在、信仰は、現在違法であるとされている。.

新しい!!: 19世紀とバーブ教 · 続きを見る »

バーブ教徒の乱

バーブ教徒の乱(バーブきょうとのらん)とは、1848年から1850年にかけて、カージャール朝のイランにおいて起こったバーブ教信者による反乱。.

新しい!!: 19世紀とバーブ教徒の乱 · 続きを見る »

バージー・ラーオ2世

バージー・ラーオ2世(マラーティー語:दुसरे बाजीराव पेशवे, Baji Rao II, 1775年1月10日 - 1851年1月28日)は、インドのデカン地方、マラーター王国の世襲における第8 代(最後の)宰相(ペーシュワー、在位:1796年 - 1818年)。マラーター同盟の盟主でもある。ラーオ・パンディト・パンダーム(Rao Pandit Pandham)とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とバージー・ラーオ2世 · 続きを見る »

バーゼル

バーゼル(Basel、Bâle(バール))は、スイスの都市。バーゼル=シュタット準州の州都。 スイス北西部、ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点(三国国境)に位置し、市街地はライン川をまたぐ形で広がっている。チューリッヒ、ジュネーヴに次ぎスイス第3の都市。大型船舶が通航できるライン川最上流の港を持つ最終遡行地点である。ドイツ語圏に属するがフランス語使用者も多い。.

新しい!!: 19世紀とバーゼル · 続きを見る »

バイエルン王国

バイエルン王国(バイエルンおうこく、)は、バイエルン公国を起源として、19世紀初めから20世紀のドイツ革命まで存在したドイツ南部の王国。ミュンヘンを首都とし、ヴィッテルスバッハ家によって治められた。.

新しい!!: 19世紀とバイエルン王国 · 続きを見る »

バジル・ザハロフ

リアス・バジレイオス・ザハリアス(Zacharias Basileios Zacharoff、1849年10月6日 - 1936年11月27日)、あるいはザハロフは、トルコ生まれのユダヤ系武器商人。ヴィッカース社など数々の武器製造業者の代理人として武器取引に関わり、死の商人の代表格と看做されると共に神秘の男と渾名された。.

新しい!!: 19世紀とバジル・ザハロフ · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: 19世紀とバス (交通機関) · 続きを見る »

ポルトガル内戦

ポルトガル内戦の風刺画(オノレ・ドーミエ、1833年) ポルトガル内戦(Guerra Civil Portuguesa)は、1828年から1834年にかけてポルトガル王国において王位継承をめぐる争いから起きた内戦。ウィーン体制下における立憲君主主義と絶対君主主義の対立が主な原因。スペインをはじめイギリス、フランス、カトリック教会などの介入を招いた。自由戦争(Guerras Liberais)、兄弟戦争、ミゲリスタ戦争の別名がある。.

新しい!!: 19世紀とポルトガル内戦 · 続きを見る »

ポルトガル王国

ポルトガル王国(ポルトガルおうこく、)は、現在のポルトガルにあたる地域(当初はその一部)に、1139年から1910年まで存在した王国。.

新しい!!: 19世紀とポルトガル王国 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 19世紀とポーランド · 続きを見る »

ポール・ラファルグ

ポール・ラファルグ(Paul Lafargue、1842年1月15日– 1911年11月26日)は、フランスの社会主義者、批評家、ジャーナリスト。カール・マルクスの婿。産業化した資本主義社会での賃金労働の非人間性を批判した著作『怠ける権利』(Le droit à la paresse)で知られる。.

新しい!!: 19世紀とポール・ラファルグ · 続きを見る »

ポール・ヴェルレーヌ

ポール・マリー・ヴェルレーヌ(Paul Marie Verlaine, 1844年3月30日 - 1896年1月8日)は、フランスの詩人。ポール・ヴェルレーヌ、あるいは単にヴェルレーヌとも呼ばれる。ステファヌ・マラルメ、アルチュール・ランボーらとともに、象徴派といわれる。多彩に韻を踏んだ約540篇の詩の中に、絶唱とされる作品を含みながら、その人生は破滅的であった。.

新しい!!: 19世紀とポール・ヴェルレーヌ · 続きを見る »

ポール・クリューガー

ポール・クリューガー(、1825年10月10日 - 1904年7月14日)は、トランスヴァール共和国(現: 南アフリカ共和国)の政治家。 大統領(初代)を務める。クルーガー、クリューゲルとも表記する。.

新しい!!: 19世紀とポール・クリューガー · 続きを見る »

ポール・ゴーギャン

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin, 1848年6月7日 - 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。姓は「ゴギャン」「ゴーガン」とも。.

新しい!!: 19世紀とポール・ゴーギャン · 続きを見る »

ポール・シニャック

七色に彩られた尺度と角度、色調と色相のリズミカルな背景のフェリックス・フェネオンの肖像 (1890年)、ニューヨーク近代美術館 ポール・ヴィクトール・ジュール・シニャック(Paul Victor Jules Signac, 1863年11月11日 - 1935年8月15日)は、19世紀~20世紀のフランスの画家。ジョルジュ・スーラと並ぶ新印象派の代表的画家であった。.

新しい!!: 19世紀とポール・シニャック · 続きを見る »

ポール・ジュリアス・ロイター

ポール・ロイター(Paul Julius Baron von Reuter、1816年7月21日 - 1899年2月25日)は、通信社のロイター(Reuters)社を起こした人物。 1816年7月21日にドイツのカッセルにラビ(ユダヤ教司祭)の息子としてIsrael Beer Josaphatという名前で生まれる。 ゲッティンゲンでケーブルを使う電気信号の送信の実験をしていたカール・フリードリヒ・ガウス と出会う。 1845年10月29日ロンドンに引っ越す。その時名前をJoseph Josephatとする。翌月11月16日 ポール・ジュリアス・ロイターの洗礼名でキリスト教に改宗する。一週間後の23日、 Ida Maria Elizabeth Clementine Magnusと結婚する。1848年ドイツから出国して、パリにたどり着きが創業したアヴァス通信社で働く。同じ頃、同じドイツ生まれの医者の息子もアヴァスで働いていたが、これが後にヴォルフ電報局を創業したである。 伝書鳩を使ってブリュッセル-アーヘン間の情報のやりとりを行う事業をアーヘンで始める。ブリュッセルはフランス=ベルギー電信線の始点であり、アーヘンはプロイセン王国電信線の終点であった。 列車を使うよりも早い伝書鳩のおかげで、アーヘンではパリ株式市場の情報をいち早く知ることができた。1850年にドイツ=オーストリア電信連合が成立した。1851年ロイターは伝書鳩から電報を使った通信に変える。 1851年ロンドンに戻ってロンドン株式市場に事務所を置く。 1866年にボンベイ事務所を開設し、イギリス=ドイツ間に海底ケーブルを敷設し、これはドイツで陸上電信線に接続した。 1870年、市場分割協定をアヴァス通信社、ヴォルフ電報局と調印。世界を三分割する。(APは1893年にReuterと契約している) 1871年男爵の称号が与えられ、ロイター男爵となる。 1872年にガージャール朝のナーセロッディーン・シャーからポール・ジュリアス・ロイターに「」(Reuter Concession)が供与された。ロイター利権とは、カスピ海からペルシア湾にいたる鉄道の敷設権である。この利権には、路面電車の設置、石炭・鉄・石油などの地下資源の採掘、銀行設立などあらゆる事項が盛り込まれた。これにはロシアが反対した上、イランの聖職者・知識人・商人も抵抗した。1885年にペルシア帝国銀行が設立され、4年後にガージャール朝は同行へ通貨発行権だけでなく地下資源の採掘/利用権まで付与した。 1899年2月25日フランスのニースで死去した。.

新しい!!: 19世紀とポール・ジュリアス・ロイター · 続きを見る »

ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌ(, 1839年1月19日 - 1906年10月23日(墓碑には10月22日と記されているが、近年は23日説が有力近年(特に1993年以降)の文献では、死没日を10月23日とするものが多くなっている。浅野 (2000: 68) は、最近の調査で死亡時刻が10月23日午前7時であったことが判明したと指摘している。また、ルイス (2005: 339) は、セザンヌの墓碑に記された10月22日という死没日は誤記であるとしている。))は、フランスの画家。当初はクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらとともに印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。.

新しい!!: 19世紀とポール・セザンヌ · 続きを見る »

ポスト印象派

ポスト印象派 または、ポスト印象主義(Post-Impressionism、Post-impressionnisme)は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称である。この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なる。一般的には、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどを指す。.

新しい!!: 19世紀とポスト印象派 · 続きを見る »

ムハンマド・アリー

ムハンマド・アリー・パシャ(, 1769年? - 1849年8月2日)は、オスマン帝国の属州エジプトの支配者で、ムハンマド・アリー朝の初代君主(在位:1805年 - 1849年)。メフメト・アリー(Mehmet Ali)ともいう。 エジプト・シリア戦役においてオスマン帝国がエジプトへ派遣した300人の部隊の副隊長から頭角を現し、熾烈な権力闘争を制してエジプト総督に就任。国内の支配基盤を固めつつ、近代性と強権性を併せもった富国強兵策を推し進め、アラビア半島やスーダンに勢力を伸ばし、遂にはオスマン帝国からシリアを奪うに至る。 最終的に、勢力伸長を危険視したイギリスの介入によりその富国強兵策は頓挫したが、エジプトのオスマン帝国からの事実上の独立を達成し、その後のエジプト発展の基礎を築いた。近代エジプトの父山口2006、26頁。、エル・キビール(大王)山口2006、104頁。と呼ばれ、死後もエジプトの強さと先進性の象徴であり続けている。.

新しい!!: 19世紀とムハンマド・アリー · 続きを見る »

ムハンマド・アリー朝

ムハンマド・アリー朝(ムハンマド・アリーちょう、Muhammad Ali dynasty)は、19世紀初頭からおよそ150年間にわたってエジプトを支配した王朝(1805年(1840年) - 1953年)。駐エジプト・アルバニア人非正規軍の隊長ムハンマド・アリーがオスマン帝国主権下で総督(ワーリー)の地位を獲得したのに始まり、イギリスによる占領、オスマン帝国の形式的な主権からの離脱を経て、エジプト革命によって王制が打倒されるまで続いた。.

新しい!!: 19世紀とムハンマド・アリー朝 · 続きを見る »

ムハンマド・アブドゥフ

ムハンマド・アブドゥフ(محمد عبده、Mohammed Abduh、1849年 - 1905年7月11日)は、エジプト出身のウラマー(イスラーム法学者)でイスラーム改革思想家。アブドゥとも表記される。 イスラーム改革思想家アフガーニーの弟子であるアブドゥフは、ムハンマド・アリー朝の極端な西洋化政策を批判しつつも、西洋の技術を取り入れることとイスラームは矛盾しないと説いた。一方でイスラームの伝統に必要以上に固執する従来のウラマーの姿勢も批判し、イスラームが成立した当時の精神に立ち返って柔軟な法解釈(イジュティハード)を行うべきであるという主張を行った。 彼の唱えた近代的なイスラム主義は、中世のイスラム黄金時代のムゥタズィラ派に例えて、ネオ・ムゥタズィラ派とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とムハンマド・アブドゥフ · 続きを見る »

ムハンマド・アフマド・アル=マフディー

ムハンマド・アフマド・アル=マフディー ムハンマド・アフマド(1844年8月12日 - 1885年6月22日)は19世紀末スーダンの宗教家。1881年に救世主を意味する「マフディー」宣言を行い、いわゆるマフディー運動を開始した。エジプトで起きたウラービー革命に呼応するかのように発生したこの運動は、欧米列強、オスマン帝国、ムハンマド・アリー朝の三重の支配に抑圧された当時のナイル峡谷に終末論(1881年はヒジュラ暦で世紀末にあたる)と救世主を待望するセンチメントがあったことを背景とし、スーダンにはじめて、出自、出身地域、所属教団にとらわれない「民族」意識をもたらした。 ムハンマド・アフマドは全名をムハンマド・アフマド・イブン・アッ=サイイド・アブドゥッラーフ・イブン・ファフル(という。もともとの宗教指導者であった人物であるが、1881年6月29日に自ら「マフディー」を称し、イスラームの信仰における救済者(救世主)を自認した。彼の宣言は、トルコ=エジプトの支配者が敷いた圧政に対する怒りがスーダンの人々の間に広がっていた時期になされ、当時のスーダンのさまざまな宗派的セクトの間で人気のあった救世思想を利用したものである。ムハンマド・アフマドの始めた運動は「マフディーヤ」と呼ばれる(以下、他のマフディー運動と区別するためにこの称呼を用いる)。マフディーヤは、西アフリカにおけるマフディー運動にその先行例を見出だせる。また、ワッハーブ派やその他の禁欲的な宗教改革派の影響も受けている。これらの宗教改革派は、イスラーム復興主義とか復古主義などと呼ばれ、19世紀を通して増大したヨーロッパ列強の軍事経済的優位に対抗して育っていた。 ムハンマド・アフマドは1881年6月にマフディー宣言をしたのち、当時スーダンを支配していたオスマン帝国のエジプト地方政府(テュルキーヤと呼ばれていた。ムハンマド・アリー朝。)に対して善戦し、1885年1月にハルトゥームを陥落させた。この間に、マフディーヤに関する多くの宗教的あるいは政治的なドクトリンが設定され、また、急成長するマフディー支援者(アンサール)たちに向けて公布された。ムハンマド・アフマドはハルトゥームを占領してほんの6か月ばかりが経った1885年6月22日に病死した。新生マフディー国家の統治はムハンマドのハリーファ(代理人)、(「カリフ・アブダッラーヒ」の名でも知られる)に受け継がれた。.

新しい!!: 19世紀とムハンマド・アフマド・アル=マフディー · 続きを見る »

ムンバイ

ムンバイ(マラーティー語:मुंबई、Mumbai)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州、ムンバイ市街県の都市。同州の州都である。インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つである。.

新しい!!: 19世紀とムンバイ · 続きを見る »

ムガル帝国

ムガル帝国(ムガルていこく、شاهان مغول、Mughal Empire)は、16世紀初頭から北インド、17世紀末から18世紀初頭にはインド南端部を除くインド亜大陸を支配し、19世紀後半まで存続したトルコ系イスラーム王朝(1526年 - 1858年)。ムガル朝(Mughal dynasty)とも呼ばれる。首都はデリー、アーグラなど。.

新しい!!: 19世紀とムガル帝国 · 続きを見る »

ムスタファ4世

ムスタファ4世 ムスタファ4世(Mustafa IV.

新しい!!: 19世紀とムスタファ4世 · 続きを見る »

ムスタファ・レシト・パシャ

ムスタファ・レシト・パシャ(Koca Mustafa Reşid Paşa, 1800年3月13日 - 1858年1月7日)はオスマン帝国の政治家、外交官。アブデュルメジト1世の命によってギュルハネ勅令を起草、タンジマートを推進した外務大臣である。.

新しい!!: 19世紀とムスタファ・レシト・パシャ · 続きを見る »

メネリク2世

メネリク2世(ゲエズ語:ምኒልክ、Menelik II、1844年8月17日 - 1913年12月12日)はショアの王、後にエチオピア帝国の皇帝(在位:1889年3月9日 - 1913年12月12日)。即位前の名はサーレ・マリアム(Sahle Maryam)。.

新しい!!: 19世紀とメネリク2世 · 続きを見る »

メッカ

メッカ(مكة Makkah )は、サウジアラビアのマッカ州(歴史的にいえばヒジャーズ地域)の州都である。正式名はマッカ・アル=ムカッラマ(مكة المكرمة Makkah al-Mukarramah 「栄光あるマッカ」)。別名、ウンム・アル=クラー(أم القرى Umm al-Qurā 「町々の母」)。サウジアラビア政府は、1980年代に当市の名前の公式な英語表記を、西洋人が以前から一般に用いてきた綴りである Mecca から Makkah に改めた。.

新しい!!: 19世紀とメッカ · 続きを見る »

メデューズ号の筏

『メデューズ号の筏』(メデューズごうのいかだ、Le Radeau de la Méduse)は1818年〜1819年、フランスロマン主義派の画家・版画家テオドール・ジェリコーによる油彩画で、フランスパリのルーブル美術館に所蔵されている。ジェリコーが27歳の時の作品であり、フランス・ロマン主義の象徴となった。本作は、大きさ 491 cm × 716 cm 、実物大の絵画で、フランス海軍のフリゲート艦メデューズ号が難破した際に起きた事件を表している。 メデューズ号は、1816年7月5日、今日のモーリタニア沖で座礁した。少なくとも147人の人々が、急ごしらえの筏で漂流しなければならなかった。そのほとんどが救出までの13日間で死亡し、生き残った15人も、飢餓、脱水、食人、狂気にさらされることになった。事件は国際的スキャンダルとなり、フランス復古王政の当局指揮下にあったフランス軍指揮官の、無能が遠因になったとされた。 ジェリコーは、依頼を受けてからこの絵を描いたのではない。最近起きたばかりの有名な悲劇的事件を、意識的に主題に選んだことで、この絵は世間の関心を大いに呼び、ジェリコーの名も世に知られるようになった"" ルーブル美術館。2008年11月19日。。 若い芸術家は事件に惹きつけられ、ジェリコーは事前に様々な事柄を調べてスケッチを繰り返し、いくつも習作を作製してから本作に取り組んだ。彼は生存者の2名に取材し、筏の精密な縮尺模型を作った。死体置き場や病院に赴き、死んだ人や死にかけた人の肌の色や質感をじかに観察した。ジェリコーが予測したように、『メデューズ号の筏』は1819年のサロン・ド・パリで激しい論争の的となり、熱のこもった賞賛と非難とを同時に巻き起こした。これによりジェリコーは国際的な名声を確立し、今日ではフランス絵画の初期ロマン派画家として広く知られている。 『メデューズ号の筏』は歴史絵画の伝統にしたがってはいるが、主題の選択とその劇的演出において、当時一般的だった新古典主義派の平静と秩序からの脱却を意味している。ジェリコーの作品は、最初の展示からすぐに広く関心を呼び、その後はロンドンでも公開された。ジェリコーが32歳で早逝すると、すぐにルーブル美術館に買い取られた。絵の影響は、ウジェーヌ・ドラクロワ、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー、ギュスターヴ・クールベ、エドゥアール・マネに見られる。 画面中央が『メデューズ号の筏』。かなり大きな作品である。.

新しい!!: 19世紀とメデューズ号の筏 · 続きを見る »

メアリー・シェリー

メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー(Mary Wollstonecraft Godwin Shelley、1797年8月30日 - 1851年2月1日)は、イギリスの小説家。ゴシック小説『フランケンシュタイン』で知られる。ロマン派詩人パーシー・ビッシュ・シェリーの妻。.

新しい!!: 19世紀とメアリー・シェリー · 続きを見る »

メキシコ

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。首都はメキシコシティ。メキシコの総人口は約1億3千万人(2016年時点)で、スペイン語圏においては最も人口の多い国で、GDPは中南米2位である。しかし、人口の40%が貧困層である。.

新しい!!: 19世紀とメキシコ · 続きを見る »

メキシコ出兵

フランス第二帝政によるメキシコ出兵は、メキシコにおけるフランス干渉戦争 (Segunda intervención francesa en México)、マクシミリアン問題、フランス干渉戦争、フランス・メキシコ戦争としても知られる。メキシコ帝国と『メキシコ1857年憲法』に基づくメキシコ共和国との主導権争いは、保守か革新かという独立後のメキシコの体制を決する争いであり、フランス帝国とアメリカ合衆国の代理戦争でもあった。 このフランス第二帝政による侵略戦争は、当初はイギリスとスペインの支援を受けていた。 1861年にメキシコのベニート・フアレス大統領が2年物の国債の利息の支払い停止を外国に宣言し、これにメキシコの債権者とフランス、スペイン、イギリスが怒ったことが、この戦争のきっかけとなった。ナポレオン3世は自由貿易にかかわる広範な外交の主張によって軍事介入を正当化し、扇動者となった。彼にとって、メキシコに親フランス政権を樹立することはヨーロッパとラテンアメリカとのつながりを確保することであった。 またナポレオン3世はメキシコから採掘される銀を欲してもいた。アメリカ合衆国で南北戦争が起こっている最中に、ナポレオン3世はスペインとイギリスとの連合を結成し、3カ国は10月31日にロンドン条約に調印し、メキシコに利息を支払わせることを目的として翌年、共同出兵した。 大きな利権が伴わないスペイン、イギリスは、個別に債権の利払いに関する交渉を進め、1862年中に撤兵したが、フランスはカトリックの布教という宗教的な関心を持つウジェニー・ド・モンティジョ(ナポレオン3世皇后)の影響と、台頭するアメリカに対する牽制としてラテンアメリカに親欧州の帝国を築きたいナポレオン3世の意向もあって出兵を継続。プエブラの会戦ではフランス側が敗北を喫するものの、フランス外人部隊などを含め派兵数を3万人に増強。1863年6月にメキシコ市を陥落させ、翌年にはオーストリア皇弟フェルディナント・ヨーゼフ・マクシミリアン大公を皇帝に据えた傀儡政権(第2次メキシコ帝国)を成立させた。 フランスは、メキシコ北西の豊かな鉱山資源の利用、アメリカ大陸でのカトリック帝国の発展によるプロテスタントとの勢力均衡、ソルフェリーノの戦いなどで敵対したオーストリア帝国との和解など、メキシコ問題にさまざまな関心を持っていた。.

新しい!!: 19世紀とメキシコ出兵 · 続きを見る »

メキシコ割譲地

赤:メキシコ割譲地橙:ガズデン購入により後にアメリカへ メキシコ割譲地(メキシコかつじょうち、Mexican Cession)とは、米墨戦争終結に伴うグアダルーペ・イダルゴ条約によりアメリカ合衆国が獲得した現在の南西アメリカの地域の歴史上の名称。1848年にアメリカ合衆国がメキシコより割譲させた。 1821年にメキシコがスペインからの独立をした時から1848年までの27年間、同地域はメキシコ領であり、その北西部を占めていた。割譲地域の面積は、それまでの全メキシコ領のおよそ3分の1となる。 現在のカリフォルニア州(旧カリフォルニア共和国)、ネバダ州、ユタ州全域および以下の地域が含まれる。.

新しい!!: 19世紀とメキシコ割譲地 · 続きを見る »

メソロンギ

メソロンギ(Μεσολόγγι, Mesolongi)は、ギリシャ共和国西ギリシャ地方にある都市で、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。エトリア=アカルナニア県の県都で、県内で第2の人口を持つ都市である。 ギリシャ独立戦争時の故事からヒエラ・ポリス・メソロンギウ(聖なる町メソロンギ)と称される。また、ミソロンギ(Missolonghi)の名でも知られる。.

新しい!!: 19世紀とメソロンギ · 続きを見る »

モリソン号事件

モリソン号事件(モリソンごうじけん、Morrison Incident)とは、1837年(天保8年)、日本人漂流民(音吉ら7人)を乗せたアメリカ合衆国の商船を日本側砲台が砲撃した事件。.

新しい!!: 19世紀とモリソン号事件 · 続きを見る »

モルモン開拓者

モルモン開拓者(モルモンかいたくしゃ、英:Mormon pioneers)とは1846年2月から大陸横断鉄道が出来た頃まで、ヨーロッパやアメリカ東部から現在のユタ州へ移ったモルモン教・末日聖徒イエス・キリスト教会の会員のことをさしている。現在ソルトレイクシティになっている、グレートベースンにまで旅をして、宗教的社会を築いた。イリノイ州ノーブー市における宗教的対立が激しくなり、モルモン教徒たちは不利となったため、当時のモルモン教徒の最高指導者ブリガム・ヤングが教徒達に西へ行くようにと指示した。モルモン教徒と非モルモン教徒との対立はいっそう強まり、モルモン教徒たちが聖なる建物としたノーブー神殿も燃やされた。この脱出を指導したブリガム・ヤングは、モルモン教徒により「西のモーセ」と呼ばれている。プラット川に沿い、スウィートウォーター川を越えたモルモン教徒が作った道はモルモン・トレイルと呼ばれるようになった。 最初の出発以来、モルモン教徒に改宗した米国およびヨーロッパ各地の人たちはモルモン教徒の本隊に加わるためにモルモン・トレイルを通って、ユタ州に移住した。そして、ソルトレイクシティから北のカナダアルバータ州と南のメキシコを含めた多くの場所に、モルモン教徒が町を建てていった。 7万人弱のモルモン開拓者が困難を超え移った。これらの開拓者が遭った苦労や犠牲を忍び、開拓者のキャンプと埋葬地に、モルモン教会が記念像などを建てている。.

新しい!!: 19世紀とモルモン開拓者 · 続きを見る »

モルダヴィア

モルダヴィア、モルダビア(、、)もしくはモルドヴァ、モルドバ(、)、モルダウ()は、東ヨーロッパの一角を占める地域の名称である。ルーマニアの東北部、すなわちカルパティア山脈の東、プルート川の西で両者に挟まれた地域にあたり、時にはルーマニア領を越えてプルート川の東にあるドニエプル川を西限とするベッサラビア地方を含めた、さらに広い地域を指す。 中世に建国されて現ルーマニア領モルダヴィアとベッサラビアを支配したルーマニア人の国家であるモルダヴィア公国の領有した地域であり、21世紀においてはルーマニア領、モルドバ共和国領、ウクライナ領の3か国に分割されている。 モルドバ(モルドヴァ)共和国の国名となっている「モルドヴァ」とは、「モルダヴィア」のルーマニア語・モルドバ語における呼称である。モルドバ共和国がソビエト連邦(以下「ソ連」)の構成共和国であった時代は、ロシア語に基づく「モルダビア・ソビエト社会主義共和国」を正式国名としていた。.

新しい!!: 19世紀とモルダヴィア · 続きを見る »

モンロー主義

モンロー主義(モンローしゅぎ、Monroe Doctrine)は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指す。第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で行った7番目の年次教書演説で発表した。モンロー宣言と訳されることもあるが、実際に何らかの宣言があったわけではないので、モンロー教書と訳されることも多い。この教書で示された外交姿勢がその後のアメリカ外交の基本方針となった。原案はアメリカ合衆国国務長官ジョン・クィンシー・アダムズが起草した。.

新しい!!: 19世紀とモンロー主義 · 続きを見る »

モンテネグロ

モンテネグロは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置する共和制国家。首都はポドゴリツァ(憲法上はツェティニェ)。ユーゴスラビア紛争によるユーゴスラビア社会主義連邦共和国の解体によって成立したユーゴスラビア連邦共和国(1992年-2003年)およびセルビア・モンテネグロ(2003年-2006年)を構成する2つの共和国のうちのひとつ、モンテネグロ共和国であったが、2006年6月3日に独立を宣言した。 南はアドリア海に臨み、北西をクロアチアのドゥブロヴニクとボスニア・ヘルツェゴビナ、北東をセルビアのサンジャク地方、南東をアルバニア、東部をコソボと接する。.

新しい!!: 19世紀とモンテネグロ · 続きを見る »

モンテネグロ公国

モンテネグロ公国(モンテネグロこうこく、キリル文字:Књажевина Црнa Горa)は、1852年から1910年の間、バルカン半島の現在のモンテネグロに存在した公国である。.

新しい!!: 19世紀とモンテネグロ公国 · 続きを見る »

モーリタニア

モーリタニア・イスラム共和国(モーリタニア・イスラムきょうわこく、الجمهورية الإسلامية الموريتانية)、通称モーリタニアは、アフリカ北西部に位置する共和制国家。 北西にモロッコ(サハラ・アラブ民主共和国)、北東にアルジェリア、東と南にマリ、南西にセネガルと国境を接し、西は大西洋に面する。 大西洋沖の西にはカーボベルデが存在する。 首都はヌアクショットである。 2015年の人口は約406.8万人。 アフリカ世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟している。アラブ・マグリブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。.

新しい!!: 19世紀とモーリタニア · 続きを見る »

モーター

モーター、モータ(motor、仏語:moteur、独語:Motor)とは 何かに動きをあたえたり、運動させるもの、のこと。発動機。日本語では特に電動機。 語源はラテン語の「moto」(=動きをあたえる)である。語尾に「r」を加えて「moto-r」で「動きを与えるもの(者、物)」。.

新しい!!: 19世紀とモーター · 続きを見る »

モデスト・ムソルグスキー

モデスト・ペトローヴィチ・ムソルグスキー( Моде́ст Петро́вич Му́соргский マデースト・ペトローヴィチ・ムーサルクスキイ,ラテン文字転写:Modest Petrovich Mussorgsky, 1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。国民楽派の作曲家に分類され、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』や管弦楽曲『禿山の一夜』、ピアノ組曲『展覧会の絵』などが代表作とされる。.

新しい!!: 19世紀とモデスト・ムソルグスキー · 続きを見る »

ヤーコプ・ブルクハルト

ール・ヤーコプ・クリストフ・ブルクハルト(Carl Jacob Christoph Burckhardt、1818年5月25日 - 1897年8月8日)は、スイスの歴史家、文化史家、文明史家。.

新しい!!: 19世紀とヤーコプ・ブルクハルト · 続きを見る »

ヤーコプ・グリム

リム兄弟(絵画) ヤーコプ・ルートヴィヒ・カール・グリム (1785年1月4日 - 1863年9月20日) は、ドイツの言語学者で文学者および法学者。また、ドイツの文献学および古代史研究の礎をも築いたといわれる。その生涯と業績は弟のヴィルヘルム・グリムのそれと密接に絡み合っており、その部分についてはグリム兄弟の項を参照。.

新しい!!: 19世紀とヤーコプ・グリム · 続きを見る »

ヤクブ・ベク

ヤクブ・ベク ヤクブ・ベク(Yakub Beg、阿古柏、1820年 - 1877年5月30日) は、コーカンド・ハン国出身のウズベク人軍人・指導者。イラン系のタジク人とする説もある。清末の混乱に乗じて東トルキスタンに入り、タリム盆地一帯を制圧した(ヤクブ・ベクの乱)が、左宗棠に討伐された。ヤークーブ・ベクとも表記される。.

新しい!!: 19世紀とヤクブ・ベク · 続きを見る »

ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー

ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー(Julius Robert von Mayer, 1814年11月25日 - 1878年3月20日)は、ドイツの物理学者。熱と仕事が相互に変換可能であること、エネルギー保存の法則を1842年5月31日に論文で発表した。比熱に関するマイヤーの関係式にも名前を残している。.

新しい!!: 19世紀とユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー · 続きを見る »

ユリシーズ・グラント

ユリシーズ・シンプソン・グラント(Ulysses Simpson Grant、1822年4月27日 - 1885年7月23日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。南北戦争北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍のロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。 軍人としては成功したが、大統領在任中の「クレディ・モビリエ事件」を始めとする多くのスキャンダルおよび汚職により、歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。.

新しい!!: 19世紀とユリシーズ・グラント · 続きを見る »

ユストゥス・フォン・リービッヒ

ユストゥス・フォン・リービッヒ男爵(Justus Freiherr von Liebig, 1803年5月12日 - 1873年4月18日)は、ドイツの化学者。名はユーストゥスまたはユスツス、姓はリービヒと表記されることもある。有機化学の確立に大きく貢献した、19世紀最大の化学者の一人。 自らが研究していた雷酸塩 (AgONC) と、フリードリヒ・ヴェーラーが研究していたシアン酸塩 (AgOCN) は全く性質が異なるが分析結果が同じであったことから異性体の概念に到達した。燃焼法による有機化合物の定量分析法を改良してリービッヒの炭水素定量法を創始し、様々な有機化合物の分析を行った。ヴェーラーとともに苦扁桃油からベンゾイル基 (C6H5CO-) を発見し、有機化合物の構造を基によって説明した。ほかにも、クロロホルム、クロラール、アルデヒドなどをはじめ多くの有機化合物を発見している。 応用化学においては、植物の生育に関する窒素・リン酸・カリウムの三要素説、リービッヒの最小律などを提唱し、これに基づいて化学肥料を作った。そのため、「農芸化学の父」とも称される。 また教育者としても抜きん出ており、体系だったカリキュラムに基づいた化学教育法を作り上げ、アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマンをはじめ多くの優秀な化学者を育成した。 彼が教授職を務めたヘッセン州のギーセン大学は、今日では「ユストゥス・リービッヒ大学ギーセン」と彼の名を冠した名称に改められている。.

新しい!!: 19世紀とユストゥス・フォン・リービッヒ · 続きを見る »

ユタ

ユタは、沖縄県と鹿児島県奄美群島の民間霊媒師(シャーマン)であり、霊的問題のアドバイス、解決を生業とする。.

新しい!!: 19世紀とユタ · 続きを見る »

ヨハネ・ボスコ

ョヴァンニ・メルキオッレ・ボスコ(伊:Giovanni Melchiorre Bosco,1815年8月16日 - 1888年1月31日、ドン・ボスコ、ドンはイタリア語で司祭への敬称。ヨハネはジョヴァンニを日本のキリスト教式に読んだもの)は、19世紀に活躍した北イタリアのカトリック司祭、教育者。カトリック修道会であるサレジオ会、扶助者聖母会(サレジアン・シスターズ)の創立者。カトリック教会・聖公会で聖人であり、カトリック教会では出版関係者の守護聖人。記念日は1月31日。.

新しい!!: 19世紀とヨハネ・ボスコ · 続きを見る »

ヨハネス・ブラームス

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。 ベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の『交響曲第1番』を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。.

新しい!!: 19世紀とヨハネス・ブラームス · 続きを見る »

ヨハン・ヴィルヘルム・リッター

ヨハン・ヴィルヘルム・リッター(Johann Wilhelm Ritter, 1776年12月16日 - 1810年1月23日)は、ドイツの物理学者である。 現ポーランド領、シレジアのザーミッツ(Zamienice)に生まれる。薬剤師として働いた後、イェーナ大学に入学した。電気の実験に興味をもち、1804年から33歳で病死するまでミュンヘンのバイエルン科学アカデミーで働いた。 リッターは電気化学、電気物理の分野で多くの発見を行った。1799年に水の電気分解を行い、1800年に電気めっきの研究、1801年に熱電現象、1801年に筋肉の電流による収縮を調べた。1802年から1803年にかけて乾電池を組み立てた。 1800年にウィリアム・ハーシェルが赤外線を発見したのに刺激され、可視光の反対側にも見えない光があると考えて1801年に電気化学的方法で紫外線を発見した。同年にはヨーロッパを訪問していたハンス・クリスティアン・エルステッドと交流し、影響を与えている。 奇人であったというエピソードが残されている。電気による筋肉の収縮に実験は自らが実験台になった。論文の文体は難解で、多くの発見は認められなかった。 もともと病弱だったこともあり、1810年に貧困の中で亡くなった時には、妻と4人の子供が残された。 Category:ドイツの物理学者 Category:18世紀の学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:プロイセンの人物 Category:バイエルン王国の人物 Category:シレジア・ドイツ人 Category:1776年生 Category:1810年没.

新しい!!: 19世紀とヨハン・ヴィルヘルム・リッター · 続きを見る »

ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ

ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ( 、1849年1月22日 - 1912年5月14日)は、スウェーデンの劇作家、小説家。ユーアン・オーグスト・ストリンドバーリィとも。.

新しい!!: 19世紀とヨハン・アウグスト・ストリンドベリ · 続きを見る »

ヨハン・グスタフ・ドロイゼン

ヨハン・グスタフ・ドロイゼン ヨハン・グスタフ・ドロイゼン(Johann Gustav Bernhard Droysen、1808年7月6日1884年6月19日)は、プロイセン王国ポンメルン州生まれ、ドイツの歴史家、政治家。 歴史家として特にギリシャ史を研究し、アレクサンドロス大王以後の時代について「ヘレニズム」を提唱した最初の人物である。また、政治家としてはドイツ三月革命が1848年に起こるとフランクフルト国民議会の議員となり、プロイセンを中心とするドイツ統一を主張してプロイセン学派を牽引した。.

新しい!!: 19世紀とヨハン・グスタフ・ドロイゼン · 続きを見る »

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte、1762年5月19日 - 1814年1月27日)は、ドイツの哲学者である。先行のイマヌエル・カントの哲学に大きく影響を受け、のちのG.W.F.ヘーゲルやフリードリヒ・シェリングらに影響を与えたドイツ観念論の哲学者である。息子のイマヌエル・フィヒテ(通称:小フィヒテ)も哲学者。ナポレオン占領下のベルリンでの講演「ドイツ国民に告ぐ」で広く知られる。.

新しい!!: 19世紀とヨハン・ゴットリープ・フィヒテ · 続きを見る »

ヨハン・ゴットフリート・ガレ

ヨハン・ゴットフリート・ガレ(Johann Gottfried Galle, 1812年6月9日 ザクセン・アンハルト州グレーフェンハイニヒェン近郊 - 1910年7月10日)はドイツの天文学者。ベルリン天文台で学生のハインリヒ・ルイス・ダレストとともに1846年9月23日に初めて海王星を観測し、これが新惑星であることを確認した。海王星の観測にあたっては、捜索領域を決定するためにユルバン・ルヴェリエの計算を用いた。 ガレは1835年、ベルリン天文台の完成後すぐにヨハン・フランツ・エンケの助手として働き始めた。1851年に彼はブレスラウ(現在のポーランド・ヴロツワフ)に移り、ブレスラウ大学の天文学教授とこの地の天文台の台長に就任した。 ガレは生涯を通じて彗星を研究し、1894年に、息子のアンドレアス・ガレとともに、414個の彗星のリストを発表した。ガレ自身も、1839年12月2日から1840年3月6日までの短い期間に3個の彗星を発見している。また、小惑星の視差が太陽系の距離決定に使えることを指摘した 著、小平桂一 監修 『カラー天文百科』 平凡社、1976年3月25日初版第1刷発行、291頁。。小惑星の視差による距離決定はガレの死後20年目に実現している。 ガレの業績にちなんで、月のクレーター、火星のクレーター、及び海王星の環に、ガレの名が付けられている。.

新しい!!: 19世紀とヨハン・ゴットフリート・ガレ · 続きを見る »

ヨハン・シュトラウス1世

ヨハン・シュトラウス1世(Johann Strauss I. (Vater)、1804年3月14日 - 1849年9月25日)は、オーストリア帝国のウィーンを中心に活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。 ヨーゼフ・ランナーと「ワルツ合戦」と呼ばれる熾烈な競争を繰り広げたことで知られ、代表作には『ラデツキー行進曲』やワルツ『ローレライ=ラインの調べ』などがある。 生前は「ワルツ王」と呼ばれたが 加藤(2003) p.61、死後には長男ヨハン・シュトラウス2世にその名を奪われ、代わりに「ワルツの父」と呼ばれるようになった。音楽一家としてのシュトラウス家の始祖であり、次男ヨーゼフ・シュトラウスや四男エドゥアルト・シュトラウス1世も音楽家になり、さらにはその子孫からも音楽家となる者が出た。.

新しい!!: 19世紀とヨハン・シュトラウス1世 · 続きを見る »

ヨハン・シュトラウス2世

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II., 1825年10月25日 - 1899年6月3日)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者。 ヨハン・シュトラウス1世の長男。弟にヨーゼフ・シュトラウスとエドゥアルト・シュトラウス1世が、甥にヨハン・シュトラウス3世がいる。(シュトラウス家も参照).

新しい!!: 19世紀とヨハン・シュトラウス2世 · 続きを見る »

ヨーゼフ・ランナー

ヨーゼフ・ランナー(, 1801年4月12日 - 1843年4月14日)はオーストリアの音楽家。 シュトラウス一家に先立ってウィンナ・ワルツの様式を確立させたため、「ワルツの始祖」と呼ばれることがある。そして後にはヨハン・シュトラウス1世と対決しつつワルツを磨き上げていった(ワルツ合戦)。 ワルツ、ポルカ、ギャロップ、レントラーなど400曲以上の舞曲などを作曲した。特に『シュタイアーマルク風舞曲』と『シェーンブルンの人びと』は、イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽『ペトルーシュカ』にそのモチーフが採り入れられている 加藤(2003) p.50。ショパンやスメタナ、リヒャルト・シュトラウスなどの作品にも影響を与えた。 ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートにおいては、シュトラウス一族でない作曲家としては最も頻繁にその作品がプログラム上に取り入れられている(エドゥアルト・シュトラウス1世よりも作品の登場が早かった)。.

新しい!!: 19世紀とヨーゼフ・ランナー · 続きを見る »

ヨーゼフ・ラデツキー

ヨハン・ヨーゼフ・ヴェンツェル・フォン・ラデツキー伯爵(Johann Joseph Wenzel Graf Radetzky von Radetz,, 1766年11月2日 ボヘミア西部・トレーブニッツ(現チェコ・トシェブニツェ Třebnice) - 1858年1月5日)は、オーストリアの貴族で軍人。ラデツキー(フラデツキー)家はハンガリー貴族の流れを引く。.

新しい!!: 19世紀とヨーゼフ・ラデツキー · 続きを見る »

ヨーゼフ・シュトラウス

ヨーゼフ・シュトラウス(、1827年8月20日 - 1870年7月22日)は、オーストリアの作曲家・指揮者。 『ラデツキー行進曲』で知られるヨハン・シュトラウス1世の次男で、ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世の弟にあたる。弟にエドゥアルト・シュトラウス1世が、甥にヨハン・シュトラウス3世がいる。(シュトラウス家も参照).

新しい!!: 19世紀とヨーゼフ・シュトラウス · 続きを見る »

ラルフ・ワルド・エマーソン

ラルフ・ウォルドー・エマーソン(Ralph Waldo Emerson 、1803年5月25日 - 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。無教会主義の先導者。娘のイーディス(Edith Emerson)がと結婚し、エマーソン家は一層格式の高い門閥となった。 Waldoはウォルドウ、ウォルド、ワルド、Emersonはエマソン、エマスンなどとも表記される(英語では、Emersonは第1音節にアクセントがある)。 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれる。18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師になる。自由信仰のため教会を追われ渡欧、ワーズワース、カーライルらと交わる。帰国後は個人主義を唱え、米文化の独自性を主張した。 エマーソンは次第に当時の宗教的社会的信念から離れ、1836年の評論'Nature'において、超越主義哲学を世に打ち出した。続いて草分け的な仕事として1837年に'The American Scholar'と題した演説を行い、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアは、アメリカの「知的独立宣言」であると評した。Richardson, 263 エマーソン主要な評論のほとんどを、まず講演用に書いてから出版用に改めた。最初の二つの評論集'Essays: First Series'と'Essays: Second Series'は、それぞれ1841年と1844年に出版された。それらは'Self-Reliance'、'The Over-Soule'、'Circles'、'The Poet'、'Experience'が含み、彼の思想の核心である。'Nature'とこれらの評論によって、1830年代半ばから1840年代半ばにかけての10年間は、エマーソンにとって最も実り多い時期となった。 彼の評論は後の思想家、著述家、詩人に大きな影響を与えた。エマーソンは、自身の中心教義を一言にすると、「個人の無限性」であると語った。エマーソンはまた、共に超越主義者であるヘンリー・デイヴィッド・ソローの師であり友であることが有名である。.

新しい!!: 19世紀とラルフ・ワルド・エマーソン · 続きを見る »

ランジート・シング

ランジート・シング(パンジャービー語:ਰਣਜੀਤ ਸਿੰਘ, Ranjit Singh, 1780年12月3日 - 1839年6月27日)は、北インドのパンジャーブ地方、シク王国の君主(在位:1801年 - 1839年)。 彼は「パンジャーブの虎(Lion of Punjab)」と呼ばれ、パンジャーブ地方のシク教徒の勢力を結集したのち、19世紀初頭にシク王国を創始し、シク教徒の間に統一的な国家成立させた。また、その領土を北西インド一帯に広め、巧みな外交戦略でイギリスの植民地支配を寄せ付けなかった英雄である。.

新しい!!: 19世紀とランジート・シング · 続きを見る »

ラヴィ・ヴァルマ

ラヴィ・ヴァルマ(Raja Ravi Varma, 1848年4月29日 - 1906年10月2日)は、インドの画家。叙事詩『マハーバーラタ』および『ラーマーヤナ』の絵を描いたことで知られている。.

新しい!!: 19世紀とラヴィ・ヴァルマ · 続きを見る »

ラーマ4世

ラーマ4世()は、チャクリー王朝の第4代のシャム国王。の創設者。チョームクラオや、モンクット()の名でも呼ばれる。ただし、ラーマ6世の名にもモンクットの語が登場するため注意を要する。 かつて発行されていた50バーツ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 19世紀とラーマ4世 · 続きを見る »

ラーマ5世

ラーマ5世()は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王。チュラチョームクラオ、ピヤマハーラートや、幼名であるチュラーロンコーン()の名でも呼ばれる。 チャクリー改革などを通してタイを近代化させた名君として現在も同国で評価が高い。タイ国外においても、1944年の小説『アンナとシャム王(Anna and the King of Siam)』の影響で、奴隷解放を行った名君として知られる(詳細は後述)。 かつて発行されていた10バーツ紙幣の裏面に騎馬像が、また100バーツ紙幣の裏面ではラーマ6世と共に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 19世紀とラーマ5世 · 続きを見る »

ラーマクリシュナ

ラーマクリシュナ(Sri Ramakrishna Paramhansa, ベンガル語:রামকৃষ্ণ পরমহংস Ramkrishno Pôromôhongsho)、本名ガダーダル・チャットーパーディヤーエ(Gadadhar Chattopadhyay, ベンガル語:গদাধর চট্টোপাধ্যায় Gôdadhor Chôţţopaddhae、1836年2月18日 - 1886年8月16日)はインドの宗教家。「シュリ・ラーマクリシュナ・パラマハンサ」と呼ばれるが、「シュリ」は「聖」に当たる称号で、ラーマクリシュナはインドの神、ラーマとクリシュナの合成で、修行者・ヨーギー(ヨーガ行者)としての名である。パラマハンサはヒンドゥー教の神話に登場する霊性の象徴である空想上の天上の聖なる白い鳥を意味する、聖者に対する尊称。 ラーマクリシュナは近代の代表的聖人と呼ばれ、肖像画には光背を持つ姿で描写される。イギリスの植民地支配が経済の貧困を強め、西洋から流入する文化によって伝統文化が蔑まれた19世紀のインドにあって、インド伝統の豊かな精神文化を体現し、インド人に誇りを取り戻させ希望を与えたという。 思想は強力な神秘主義と宗教多元論およびシャンカラのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)哲学を根本としている。現象世界はマーヤー (幻影)でありブラフマン(神)だけが実在とし、解脱の手段は知識であるという。.

新しい!!: 19世紀とラーマクリシュナ · 続きを見る »

ラーマクリシュナ僧院

本部ベールール僧院(西ベンガル州) ラーマクリシュナ僧院(チェンナイ) ラーマクリシュナ僧院(ラーマクリシュナそういん、Ramakrishna Math)は、ヴィヴェーカーナンダによって1901年に設立された、ラーマクリシュナの教えを継承する僧の集団組織である。関連組織であるラーマクリシュナ・ミッションとともにインドの西ベンガル州のベールール僧院に本部を置いている。ラーマクリシュナ僧院は、主に宗教の実践とダルマの伝道を掲げている。.

新しい!!: 19世紀とラーマクリシュナ僧院 · 続きを見る »

ラーム・モーハン・ローイ

ラーム・モーハン・ローイ(Ram Mohan Roy, ベンガル語:রামমোহন রায়; 1772年5月22日 - 1833年9月27日)は、インドのヒンドゥー思想家。 ベンガル地方のバラモンである彼は、ヒンドゥーの社会改革運動を立ち上げ、宗教組織団体ブラフモ・サマージを立ち上げた。イギリスに渡航中、同地で客死した。.

新しい!!: 19世紀とラーム・モーハン・ローイ · 続きを見る »

ラッダイト運動

織機に対する破壊。1812年 ラッダイト運動(ラッダイトうんどう、Luddite movement)は、1811年から1817年頃、イギリス中・北部の織物工業地帯に起こった機械破壊運動である。.

新しい!!: 19世紀とラッダイト運動 · 続きを見る »

ラファエル・デル・リエゴ

ラファエル・デル・リエゴ・イ・ヌーニェス (Rafael del Riego y Flórez, 1784年4月9日 - 1823年11月7日) は、スペインの将軍、自由主義政治家である。.

新しい!!: 19世紀とラファエル・デル・リエゴ · 続きを見る »

ラファエル前派

フィーリア』(ジョン・エヴァレット・ミレイ、1852年、テート・ギャラリー) ラファエル前派(ラファエルぜんぱ、Pre-Raphaelite Brotherhood)は、19世紀の中頃、ヴィクトリア朝のイギリスで活動した美術家・批評家(また時に、彼らは詩も書いた)から成るグループである。19世紀後半の西洋美術において、印象派とならぶ一大運動であった象徴主義美術の先駆と考えられている。.

新しい!!: 19世紀とラファエル前派 · 続きを見る »

ライマン・フランク・ボーム

ライマン・フランク・ボーム(、1856年5月15日- 1919年5月6日)は、アメリカ合衆国の児童文学作家、ファンタジー作家。バウム、バーム等の表記も見られる。 60編以上の童話、児童文学作品を執筆しており、特に『オズの魔法使い』をはじめとする「オズ」シリーズの作者として有名。エディス・ヴァン・ダイン(Edith Van Dyne)、ローラ・バンクロフト(Laura Bancroft)など、女性名義を含む多くのペンネームでも活動した。 戯曲家、俳優、自主映画制作者としての活動歴もある。.

新しい!!: 19世紀とライマン・フランク・ボーム · 続きを見る »

ライノタイプ

ライノタイプ (Linotype)は鋳植機の一種である。.

新しい!!: 19世紀とライノタイプ · 続きを見る »

ライン同盟

1808年のライン同盟 1812年のライン同盟 ライン同盟(ラインどうめい、Rheinbund、Confédération du Rhin)は、19世紀のドイツにおいて、フランス皇帝ナポレオン1世の圧力により成立した国家連合である。1813年に起きたライプツィヒの戦いで、ナポレオンの敗退とともに解体した。ライン連邦とも訳される。.

新しい!!: 19世紀とライン同盟 · 続きを見る »

ライプツィヒの戦い

ポニャトフスキ」ジャニュアリー・ズコッホドロスキ画 ライプツィヒの「諸国民の戦い記念碑」 ライプツィヒの戦い(ライプツィヒのたたかい、英:Battle of Leipzig, 仏:Bataille de Leipzig, 1813年10月16日 - 10月19日)は、ナポレオン戦争における最大規模の戦闘。諸国民の戦い(しょこくみんのたたかい、独:Völkerschlacht, 英:Battle of the Nations)とも呼ばれる。ドイツ東部のライプツィヒ(当時のザクセン王国領)で、ナポレオン1世麾下のフランス軍19万と、プロイセン・ロシア帝国・オーストリア帝国・スウェーデンの連合軍36万の間で戦いが行われた。 3日間の激戦の末、圧倒的な兵力差の前にフランス軍は敗北した。フランス軍ではポニャトフスキが戦死、4万以上の死傷者を出した。一方、連合軍も5万以上の死傷者を出した。戦闘の結果、ナポレオンのドイツ支配が終わった。連合軍の総司令官は、元フランス軍元帥のジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(後のスウェーデン王カール14世ヨハン)だった。.

新しい!!: 19世紀とライプツィヒの戦い · 続きを見る »

ラクシュミー・バーイー

ラクシュミー・バーイー (Lakshmi Bai, 1835年頃 - 1858年6月18日)は、インド中部にあったマラーター同盟の小王国ジャーンシー藩王国の王妃。インド大反乱の指導者の一人で、イギリス軍相手に勇戦し、「インドのジャンヌ・ダルク」とも称される。.

新しい!!: 19世紀とラクシュミー・バーイー · 続きを見る »

ラザフォード・オールコック

ー・ラザフォード・オールコック(Sir Rutherford Alcock KCB、1809年5月 - 1897年11月2日)は、イギリスの医師、外交官。清国駐在領事、初代駐日総領事、同公使を務めた。日本語訳された著書に、開国後の幕末日本を紹介した『大君の都』がある。.

新しい!!: 19世紀とラザフォード・オールコック · 続きを見る »

ラシード・リダー

ムハンマド・ラシード・リダー(محمد رشيد رضا、Muhammad Rashid Rida、1865年9月23日-1935年8月22日)は、「リダーの世代において最も影響力のある法学者」あるいは、「ムハンマド・アブドゥフの影響を最も受けた人物」Encyclopedia of Islam and the Muslim World, Thompson Gale (2004), p.597 と呼ばれるシリア出身のイスラーム法学者、ジャーナリストである。.

新しい!!: 19世紀とラシード・リダー · 続きを見る »

リチャード・トレビシック

リチャード・トレビシック(Richard Trevithick、1771年4月13日 - 1833年4月22日)はイギリスの機械技術者で、蒸気機関車の発明者。一般にはジョージ・スチーブンソンが発明者と思われているが、後述するようにトレビシックが実際の発明者である。コーンウォールの鉱山町出身で、若いころから鉱山と技術に熱中。鉱山の親方の息子で、学校での成績はよくなかったが、鉄道の歴史に先駆者として名を刻んだ。最大の貢献は世界初の高圧蒸気機関を開発したことで、さらに人間が乗れる大きさの世界初の蒸気機関車を開発した。初の軌道上を走る蒸気機関車を製作し、1804年2月21日、ウェールズのマーサー・ティドビルにあるで初走行させた。 その後海外に関心を向け、ペルーで鉱山のコンサルタントを務め、コスタリカの一部を探検。浮き沈みの激しい人生で、破産したこともあり、同時代の鉱山技師や蒸気機関技師との対抗関係に苦しんだ。全盛期には鉱山技師として尊敬され有名になったが、晩年は不遇だった。今日では、鉱業界、工学界、鉄道業界でその功績がよく知られている。.

新しい!!: 19世紀とリチャード・トレビシック · 続きを見る »

リチャード・フランシス・バートン

1872年にフレデリック・レイトンよって描かれたリチャード・フランシス・バートンの肖像 サー・リチャード・フランシス・バートン(Sir Richard Francis Burton, 1821年3月19日 - 1890年10月20日)は、イギリスの探検家、人類学者、作家、言語学者、翻訳家、軍人、外交官。『千夜一夜物語』(アラビアン・ナイト)の翻訳で知られる。19世紀の大英帝国を代表する冒険家である。.

新しい!!: 19世紀とリチャード・フランシス・バートン · 続きを見る »

リュミエール兄弟

リュミエール兄弟(左が兄のオーギュスト、右が弟のルイ) リュミエール兄弟(リュミエールきょうだい)は、トーマス・エジソンと並び称せられるフランスの映画発明者。「映画の父」と呼ばれる。世界初の実用カラー写真の開発者でもある。.

新しい!!: 19世紀とリュミエール兄弟 · 続きを見る »

リリウオカラニ

リリウオカラニ(ハワイ語:Lili‘uokalani、1838年9月2日 - 1917年11月11日)は、ハワイ王国第8代の女王であり、最後のハワイ王。在位は1891年1月29日 - 1893年1月17日。1862年にアメリカ人のジョン・オーウェン・ドミニスと結婚した。1878年に作詞・作曲して今でも多くの人に親しまれている歌『アロハ・オエ』、 「女王の祈り」(The Queen's Prayer)、『クムリポ』(ハワイ王国の創世神話)の英訳などの著作を多く残している。.

新しい!!: 19世紀とリリウオカラニ · 続きを見る »

リンカーン大統領暗殺事件

左からヘンリー・ラスボーン少佐、クララ・ハリス、メアリー・トッド・リンカーン、エイブラハム・リンカーン、ジョン・ウィルクス・ブース リンカーン大統領暗殺事件(リンカーンだいとうりょうあんさつじけん)は、南北戦争の最末期、1865年4月14日金曜日(聖金曜日)午後10時頃にワシントンD.C.で起きた暗殺事件で、最初のアメリカ大統領暗殺であった。 エイブラハム・リンカーン大統領はフォード劇場で妻メアリー・トッド・リンカーンらと『われらのアメリカのいとこ(Our American Cousin)』の観劇中にジョン・ウィルクス・ブースに撃たれた。リンカーンは翌朝、1865年4月15日土曜日の午前7時22分にウィリアム・ピーターソン(William Petersen)宅で死亡した。 リンカーンを殺害したブースは、俳優でアメリカ連合国のシンパであった。ブースは同志であったルイス・パウエル(Lewis Powell)に国務省長官ウィリアム・スワード暗殺も命じていた。ブースの狙いはリンカーン、スワード、副大統領アンドリュー・ジョンソンを暗殺することでワシントンを混乱させ、合衆国政府(北部連邦)の転覆を起こすことにあった。ブースはリンカーン暗殺には成功したが、政府に揺さぶりをかけるという彼の思惑は外れた。スワードは負傷はしたが命をとりとめ、ジョンソン暗殺を命じられていたジョージ・アツェロット(George Atzerodt)は暗殺に踏み切る度胸がなく、何もしないままにワシントンを離れた。.

新しい!!: 19世紀とリンカーン大統領暗殺事件 · 続きを見る »

リヴァプール

リヴァプール(Liverpool)は、イギリス・イングランド北西部マージーサイド州の中心都市である。面積は111.84平方キロメートル、2015年の人口は47万8580人。かつてはイギリスの主要な港湾都市であったが、世界的ロック・バンドであるザ・ビートルズの出身地であることから、いまでは観光都市として知られる。2008年の欧州文化首都の一つ。.

新しい!!: 19世紀とリヴァプール · 続きを見る »

リッチモンド (バージニア州)

ェームズ川からのダウンタウン・リッチモンド風景 バージニア州議会 リッチモンド (Richmond) はアメリカ合衆国東海岸、バージニア州の中心部に位置する都市で、州都である。2010年国勢調査での人口は204,214人で、州内の都市で第4位である(バージニアビーチ、ノーフォーク、チェサピークに次ぐ)。リッチモンド都市圏の人口は1,231,675人で、全米で43番目の規模、州内では ハンプトン・ローズ都市圏(ノーフォークを中心としたチェサピーク湾一帯の都市群)に次ぐ大きさである。 歴史の古い都市として知られ、近郊にはイギリスによる北米最初の恒久的植民地ジェームズタウンが位置していることから、1609年には最初の入植が試みられているが、町が形成されたのは1737年になってからである。アメリカ独立戦争時にはバージニア植民地の首都がウィリアムズバーグからリッチモンドに移され、イギリス軍の攻撃を受けることとなった。1861年に創設されたアメリカ連合国の首都が置かれたが、その後の南北戦争による戦禍を被り、市街地は壊滅した。 かつてはタバコの集散地として栄え、現在はタバコ、化学、薬品などの産業が中心で、タバコや食品業界で有名なフィリップモリスの本社が置かれているほか、様々な業種の企業が本社を置いている。また、1995年から産業創出と経済再生などを目指したバージニアバイオテクノロジーリサーチパークが設けられてから、多数の企業や政府、非営利団体が研究機関を置くようになるなど、全米有数のバイオテクノロジー研究最先端基地としての成長が著しい。2007年には地元経済を牽引してきたフィリップモリス社も350万ドルを投じ、同リサーチパークに研究施設を設けている。2010年現在、現在約3000人に上る研究者や技術者、学者が同リサーチパークで雇用されている。 バージニア美術館やバージニア科学美術館、バージニア・コモンウェルス大学、バージニア・オペラ団、リッチモンド交響楽団、リッチモンド・バレエ団などがこの街に所在する。 また、13の合衆国控訴裁判所の一つ、第4巡回区の合衆国控訴裁判所および12の連邦準備銀行の一つ、リッチモンド連邦準備銀行がこの街に置かれている。 海外からの玄関口として、近郊にリッチモンド国際空港がある。 州都として栄える一方で、全米有数の犯罪都市としても知られていたが、近年は改善の兆しがあり、20万人を割り込んでいた市域人口は再び20万人を突破している。.

新しい!!: 19世紀とリッチモンド (バージニア州) · 続きを見る »

リヒャルト・ワーグナー

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー( 、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。.

新しい!!: 19世紀とリヒャルト・ワーグナー · 続きを見る »

リヒャルト・デーデキント

ブラウンシュヴァイクの中央墓地にあるデデキントの墓 ユリウス・ヴィルヘルム・リヒャルト・デーデキント(デデキント、Julius Wilhelm Richard Dedekind、1831年10月6日 - 1916年2月12日)は、ドイツのブラウンシュヴァイク出身の数学者。代数学・数論が専門分野。1858年からチューリッヒ工科大学教授、1894年からブラウンシュヴァイク工科大学教授を歴任した。彼の名前にちなんだ数学用語としては、デデキント環、デデキント切断などがある。.

新しい!!: 19世紀とリヒャルト・デーデキント · 続きを見る »

リヒャルト・アヴェナリウス

リヒャルト・ハインリヒ・ルートヴィヒ・アヴェナリウス(Richard Heinrich Ludwig Avenarius、1843年11月19日 - 1896年8月18日)は、フランス・パリ生まれのドイツ、スイスの哲学者。オーストリア出身の物理学者、科学史家、哲学者のエルンスト・マッハと共にの創始者として名高い。.

新しい!!: 19世紀とリヒャルト・アヴェナリウス · 続きを見る »

リベリア

リベリア共和国(リベリアきょうわこく)、通称リベリアは、西アフリカに位置する共和制国家。北にギニア、西にシエラレオネ、東にコートジボワールと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はモンロビア。 アメリカ合衆国で解放された黒人奴隷によって建国され、1847年に独立し、現在のアフリカの中ではエチオピアに次いで古い国である。しかし1989年から2003年にかけて断続的に2度も起きた内戦により、戦争一色の無秩序な国と化していた。現在もその影響で世界最貧国の一つとなっている。.

新しい!!: 19世紀とリベリア · 続きを見る »

リオデジャネイロ

リオデジャネイロの衛星写真 ISS) リオ・デ・ジャネイロ(, ブラジルポルトガル語発音: ヒウ・ヂ・ジャネイル)は、ブラジル南東部に位置するリオデジャネイロ州の州都。世界有数のメガシティであり、国内最大の観光都市である。港湾都市としても知られる。 人口は600万人を超え、サンパウロに次いでブラジル第2位にランクされる。経済規模(域内総生産)でもサンパウロに次いで第2位にあり、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第56位、国内ではサンパウロに次ぐ第2位の都市と評価された。都市周辺の美しい文化的景観は「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」として、2012年に世界遺産リストに登録された。 2016年の第31回夏季オリンピックの開催都市である。.

新しい!!: 19世紀とリオデジャネイロ · 続きを見る »

リジューのテレーズ

リジューの聖テレーズ(フランス語:Thérèse de Lisieux, 1873年1月2日 - 1897年9月30日)あるいは幼きイエスの聖テレジア、小さき花のテレジアは、19世紀フランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。修道名は「幼きイエスと尊き面影のテレーズ」。カトリック教会の聖人にして教会博士の一人。若くして世を去ったが、その著作は今日でも世界中で広く読まれ、日本でも人気のある聖人の一人である。 また、マザー・テレサ(コルコタの聖テレジア)の「テレサ」という修道名はテレーズの名からとられている。.

新しい!!: 19世紀とリジューのテレーズ · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: 19世紀とルーマニア · 続きを見る »

ルーマニア公国

ルーマニア公国(ルーマニアこうこく、)は、1859年にワラキア公国とモルダヴィア公国が合併して成立した東ヨーロッパの国家。1881年3月13日に、ルーマニア公カロル1世が国王に即位して王制へ移行した。.

新しい!!: 19世紀とルーマニア公国 · 続きを見る »

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れている。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている。.

新しい!!: 19世紀とルーヴル美術館 · 続きを見る »

ルー・アンドレアス・ザロメ

ルー・ザロメ(1914年) ルー・アンドレアス・ザロメ(Lou Andreas-Salomé、1861年2月12日 - 1937年2月5日)は、サンクトペテルブルク生まれのドイツの著述家、エッセイスト。ロシア語名ルイーザ・グスタヴォヴナ・サロメ(Луиза Густавовна Саломе)。 本名はルイーズ・フォン・ザロメ(Louise von Salomé)といい、"Henry Lou"の偽名を使うこともあった。 後年、ジークムント・フロイトに師事して、精神分析家としても活動した。ユダヤ系ロシアの将軍の娘で、元々はフランス系ハンガリーの一族である(ペータース『ルー・ザロメ 愛と生涯』)。 イタリアの指揮者・作曲家ジュゼッペ・シノーポリが彼女を題材としたオペラ『ルー・ザロメ』を作曲している(1981年初演)。.

新しい!!: 19世紀とルー・アンドレアス・ザロメ · 続きを見る »

ルートヴィッヒ・ボルツマン

ウィーンにあるボルツマンの墓にはエントロピーの公式が刻まれている。 ルートヴィッヒ・エードゥアルト・ボルツマン(Ludwig Eduard Boltzmann, 1844年2月20日 - 1906年9月5日)は、オーストリア・ウィーン出身の物理学者、哲学者でウィーン大学教授。統計力学の端緒を開いた功績のほか、電磁気学、熱力学、数学の研究で知られる。.

新しい!!: 19世紀とルートヴィッヒ・ボルツマン · 続きを見る »

ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)

ルートヴィヒ2世 (Ludwig II., 1845年8月25日 - 1886年6月13日)は、第4代バイエルン国王(在位:1864年 - 1886年)。神話に魅了され長じては建築と音楽に破滅的浪費を繰り返した「狂王」の異名で知られる。ノイシュヴァンシュタイン城やバイロイト祝祭劇場を残し、後者には文字通り世界中より音楽愛好家が集まっている。若い頃は美貌に恵まれ、多くの画家らによって描かれた。.

新しい!!: 19世紀とルートヴィヒ2世 (バイエルン王) · 続きを見る »

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い、1770年12月16日頃 - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家。J.S.バッハ等と並んで音楽史上極めて重要な作曲家であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。.

新しい!!: 19世紀とルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン · 続きを見る »

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ(Ludwig Andreas Feuerbach, 1804年7月28日 - 1872年9月13日)は、ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派の代表的な存在である。刑法学者のアンゼルム・フォイエルバッハの四男。 ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの哲学から出発し、のちに決別。唯物論的な立場から、特に当時のキリスト教に対して激しい批判を行った。また現世的な幸福を説くその思想は、カール・マルクスやフリードリヒ・エンゲルスらに多大な影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ · 続きを見る »

ルドルフ (オーストリア皇太子)

ルドルフ・フランツ・カール・ヨーゼフ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(, 1858年8月21日 - 1889年1月30日)は、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の子で皇太子。ハプスブルク=ロートリンゲン家の世継ぎとして周囲に期待されたが、父帝との反目や政治的対立などから孤立し、男爵令嬢マリー・フォン・ヴェッツェラと謎の死を遂げた(「マイヤーリンク事件」)。その死については、今もなお謎に包まれている。.

新しい!!: 19世紀とルドルフ (オーストリア皇太子) · 続きを見る »

ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ

ルードルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ(Rudolf Ludwig Karl Virchow、発音 / 、1821年10月13日 - 1902年9月5日)はドイツ人の医師、病理学者、先史学者、生物学者、政治家。白血病の発見者として知られる。姓は「ウィルヒョー」「ヴィルヒョー」などと表記することもある。.

新しい!!: 19世紀とルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ · 続きを見る »

ルドルフ・クラウジウス

ルドルフ・ユリウス・エマヌエル・クラウジウス(Rudolf Julius Emmanuel Clausius, 1822年1月2日 - 1888年8月24日)は、ドイツの物理学者。熱力学第一法則・第二法則の定式化、エントロピーの概念の導入など、熱力学の重要な基礎を築いた。.

新しい!!: 19世紀とルドルフ・クラウジウス · 続きを見る »

ルドヴィコ・ザメンホフ

Ludwik Lejzer Zamenhof, 1908 ルドヴィコ・ラザーロ・ザメンホフ(エスペラント:Ludoviko Lazaro Zamenhof 、1859年12月15日 - 1917年4月14日)は、ユダヤ系ポーランド人の眼科医・言語学者で、現在のところ最も広く使われている人工言語エスペラントの創案者。 本名はエリエゼル・レヴィ・ザメンホフ(ヘブライ語:אֱלִיעֶזֶר לֵוִי זאַמענהאָף 、ドイツ語転写:Eliezer Lewi Samenhof )。ファーストネームは、少年時代はエリエゼルのイディッシュ語形レイゼル(Lejzer)とそのロシア語形ラーザリもしくはラーザリ・マルコヴィチ(Лазарь (Маркович))を併用し、大学以降はレヴィの欧州語代用名ルードヴィク(Ludwik)とリュードヴィク(Людвик)、そして1901年にエスペラントでルドヴィーコ(Ludoviko)と名乗り、"Dr.

新しい!!: 19世紀とルドヴィコ・ザメンホフ · 続きを見る »

ルイ18世 (フランス王)

ルイ18世(、1755年11月17日 - 1824年9月16日)は、復古王政期のブルボン朝のフランス国王(1814年4月6日 - 1815年3月20日、1815年7月8日 - 1824年9月16日)。ナバラ国王としてはルイス7世()。.

新しい!!: 19世紀とルイ18世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ・パスツール

ルイ・パスツール(Louis Pasteur, 1822年12月27日 - 1895年9月28日、パストゥールとも)は、フランスの生化学者、細菌学者。「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉でも知られる。王立協会外国人会員。 ロベルト・コッホとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。 分子の光学異性体を発見。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション・低温殺菌法とも)を開発。またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明している。.

新しい!!: 19世紀とルイ・パスツール · 続きを見る »

ルイ・フィリップ (フランス王)

ルイ=フィリップ1世(、1773年10月6日 - 1850年8月26日)は、オルレアン朝のフランス国王(在位:1830年 - 1848年)。爵位はヴァロワ公爵、シャルトル公爵、ヌムール公爵、オルレアン公爵など。.

新しい!!: 19世紀とルイ・フィリップ (フランス王) · 続きを見る »

ルイ・ガブリエル・ド・ボナール

ルイ・ガブリエル・ド・ボナール ルイ・ガブリエル・アンブロワーズ・ド・ボナール (Louis Gabriel Ambroise, Vicomte de Bonald, 1754年10月2日 - 1840年11月23日)はフランスの著述家、反革命哲学者、政治家。 アヴェロンのミロー近郊にあるル・モナで生まれた。1791年に革命思想を嫌って亡命し、コンデ公の軍に参加したが、その後すぐにハイデルベルクに落ち着いた。そこで1796年に最初の、重要にして大変保守的な著作である"Theorie du pouvoir politique et religieuix"を著したが、その中において彼は君主制を擁護し、ブルボン家の復帰を予言したためにこの著作は総裁政府によって非難された。 フランスに戻ると、ボナールは自らが疑惑に晒されていることに気付き引退を余儀無くされた。1806年に、彼はフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン、ジョゼフ・フィエヴェと組んで「メルクール・ド・フランス」誌の運営に参加した。1808年には皇帝ナポレオン1世から文部大臣、さらには彼がかつてよく攻撃していた帝立大学の顧問に任命された。1816年から彼はアカデミー・フランセーズの成員であり、1815年から1822年まで代議士であった。彼の演説は非常に保守的で、文学の検閲を主張した。 1822年に、彼は国王ルイ18世から国務大臣に任命され、検閲委員会の議長となった。翌1823年に子爵に叙されたが、1830年に宣誓を拒否したことによってその爵位を失うこととなった。それ以降は公務には全く携わらず故郷のル・モナに引退し、その地で亡くなった。 ボナールは、ジョゼフ・ド・メーストル、フェリシテ・ド・ラムネー、ピエール・シモン・バランシュ、フェルディナント・デックシュタインを含む神政主義的、伝統主義的学派の代表的な著作家である。彼の著作は社会哲学と政治哲学が主題であり、究極的には言語の神的な起源という1つの壮大な原理に基づいている。彼自身の言葉によれば"pense sa parole avant de parler sa pensee"、即ち最初の言語は全ての真理の本質を含んでいる。ここから彼は、神の存在、聖書の神的起源とそれによる最高の権威、そして教会の無謬性を演繹した。 この思想が彼の全ての推論の根源にある一方で、常に適用される1つの公式が存在する。即ち、全ての関係は原因、意味、結果の3つによって言明される、というものである。それは全自然を通じて繰り返されていると彼は考えた。従って宇宙においては第一原因を動力者、運動を意味、体を結果としてとらえ、国家においては力を原因、大臣達を意味、臣民を結果としてとらえる。家族においては、同様の関係が父親、母親、子供によって例証されている。これらの3つの用語はお互いに特定の関係を帯びている。第一のものは第二のものに対応するが如くに、第二のものは第三のものに対応する。従って宗教世界の壮大な三者、即ち神・キリスト・人間は、神人が人間に対する如く神は神人に対している。この基礎から彼は政治的絶対主義の体系を構築した。 ボナールの文体は大変美しく華麗であるが単純で力強い。多くの実り多い思想が彼の著作にばら撒かれているが、彼の力は立論の説得力にあるというよりも、むしろその発言の活力と誠実さにある。 彼には4人の息子がいるが、その中でもヴィクトールとルイ・ジャック・モーリスが有名である。特に後者は後に枢機卿となったことで知られている。.

新しい!!: 19世紀とルイ・ガブリエル・ド・ボナール · 続きを見る »

ルイジ・ケルビーニ

ルイージ・ケルビーニ(Luigi Cherubini, 1760年9月14日フィレンツェ - 1842年3月15日パリ)はイタリア出身のフランスの作曲家・音楽教師。本名はマリア・ルイージ・カルロ・ゼノビオ・サルヴァトーレ・ケルビーニ(Maria Luigi Carlo Zenobio Salvatore Cherubini)。.

新しい!!: 19世紀とルイジ・ケルビーニ · 続きを見る »

ルイス・カムフォート・ティファニー

ルイス・カムフォート・ティファニー(Louis Comfort Tiffany、1848年2月18日-1933年1月17日)はアメリカ合衆国の宝飾デザイナー、ガラス工芸家、アート・ディレクター。アメリカにおけるアール・ヌーヴォーの第一人者として知られ、主にステンドグラスやモザイク加工のガラスランプの製作などにおける芸術家として名を馳せている。 ティファニー社創業者、チャールズ・ルイス・ティファニーの息子。.

新しい!!: 19世紀とルイス・カムフォート・ティファニー · 続きを見る »

ルイス・キャロル

ルイス・キャロル(Lewis Carroll, 1832年1月27日 - 1898年1月14日)は、イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人である。 本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン (Charles Lutwidge Dodgson) で、作家として活動する時にルイス・キャロルのペンネームを用いた。このペンネームは "Charles Lutwidge" をこれに対応するラテン語名 "Carolus Ludovicus" に直し、再び英語名に戻して順序を入れ替えたものである。なお、 "Dodgson" の実際の発音は「ドジソン」ではなく「ドッドソン」に近いという説もあるが、この記事では慣例に従い「ドジソン」と表記する。 作家としてのルイス・キャロルは、『不思議の国のアリス』の作者として非常に良く知られている。「かばん語」として知られる複数の語からなる造語など、様々な実験的手法で注目されている。数学者としては、チャールズ・ドジソン名義で著作を出している。 キャロルの作品は出版以来人気を博し続けており、その影響は児童文学の域に止まらず、ジェイムズ・ジョイスやホルヘ・ルイス・ボルヘスのような20世紀の作家らにも及んでいる。.

新しい!!: 19世紀とルイス・キャロル · 続きを見る »

ルイス・サリヴァン

ーディトリアム・ビル ルイス・ヘンリー・サリヴァン(Louis Henry (Henri) Sullivan, 1856年9月3日 - 1924年4月14日)はアメリカの建築家。シカゴ派の代表的な建築家一人でその理論的・文化的支柱であった。フランク・ロイド・ライト、ヘンリー・ホブソン・リチャードソンともにアメリカ建築の三大巨匠とされる。1944年にAIAメダル獲得。.

新しい!!: 19世紀とルイス・サリヴァン · 続きを見る »

ルイ=ウジェーヌ・カヴェニャック

ルイ・ウジェーヌ・カヴェニャック (Louis Eugène Cavaignac, 1802年10月15日 - 1857年10月28日)は、19世紀フランスの共和派軍人、首相。 アルジェリアを制圧して勇名をはせ、2月革命後に陸軍大臣に就任した。1848年の4月総選挙において社会主義者が大敗したことを受けて、国立作業場が閉鎖されたことに反発したパリの労働者が蜂起した(六月蜂起)際、議会はカヴェニャックを行政長官として全権を委ねた。彼は戒厳令をしいて労働者の蜂起を弾圧。3千の死者、2万5千の逮捕者を出した。これが原因で、同年12月の大統領選挙では市民から反発され、対抗馬のルイ=ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)に敗北した。.

新しい!!: 19世紀とルイ=ウジェーヌ・カヴェニャック · 続きを見る »

ルクセンブルク

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都は国名と同名のルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とルクセンブルク · 続きを見る »

レールム・ノヴァールム

レールム・ノヴァールム(ラテン語:Rerum Novarum)とはローマ教皇レオ13世が1891年5月15日に出した回勅の名称である。日本語訳すると「新しき事がらについて」を意味し、「資本と労働の権利と義務」という表題がついている。カトリック教会に社会問題について取り組むことを指示した初の回勅として有名である。 なお、この名称はラテン語本文の最初の数単語から採られたものである(こうした名称のつけ方をインキピットという)。.

新しい!!: 19世紀とレールム・ノヴァールム · 続きを見る »

レーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ

騎士レーオポルト・フォン・ザッハー=マーゾッホ(Leopold Ritter von Sacher Masoch, 1836年1月27日 - 1895年3月9日 フランクフルト・アム・マイン近郊リントハイム Lindheim)は、オーストリアの小説家、貴族。レンベルク(現ウクライナ・リヴィウ)生。ガリツィアをテーマにした物語が多い。「ザッヘル・マゾッホ」とも書かれる。ただしウィーンの発音では、母音の前のsを有声化しないため、「サッハー・マーソッホ」になる。 初期は故郷を題材にした歴史小説を書いていた。『毛皮を着たヴィーナス』など、作品の一部に特徴付けられる精神的あるいは肉体的な苦痛に快楽を感じる倒錯は、精神科医クラフト=エビングによって、1886年に著書「性の心理学」でマゾヒズムと名づけられた(当時、マゾッホは存命中であった)。哲学者ジル・ドゥルーズによる『サドとマゾッホ』という著作もある。これは、精神分析において二項対立的に語られたサディズムとマゾヒズムが、実は対立しない別ものである事を主張するものだった。 『毛皮を着たヴィーナス』はマッシモ・ダラマーノ監督によって1968年に映画化されている(『毛皮のヴィーナス』。主演、ラウラ・アントネッリ、レジス・ヴァレ)。 マゾッホ本人も情婦ファニー・ピストールと「夫人の奴隷となり、その願望と命令をすべて実現する」旨の誓約書を交わし、隷従した。この時に毛皮を着たファニーに対してマゾッホがひざまずく写真が残されている。また、アウローラ・リューメリンというお針子の若い女性と結婚し、彼女に『毛皮を着たビーナス』の登場人物と同じ名前である「ワンダ」を名乗らせた上に貴婦人に仕立て上げ、ファニーの時と同様の誓約書を交わし隷従していた。しかし10年ほどで2人の関係は破綻し、「ワンダ」は青年ジャーナリストとパリへ去り、作品と同様の結果となっている。.

新しい!!: 19世紀とレーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ · 続きを見る »

レフ・トルストイ

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:, ラテン文字表記:Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 - 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、フョードル・ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。英語では名はレオとされる。 代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。.

新しい!!: 19世紀とレフ・トルストイ · 続きを見る »

レオ13世 (ローマ教皇)

レオ13世(Leo PP.

新しい!!: 19世紀とレオ13世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

レオポルト・フォン・ランケ

レオポルト・フォン・ランケ レオポルト・フォン・ランケ(Leopold von Ranke, 1795年12月21日(20日説あり) - 1886年5月23日)は、19世紀ドイツの指導的歴史家。.

新しい!!: 19世紀とレオポルト・フォン・ランケ · 続きを見る »

レオポルド1世 (ベルギー王)

レオポルド1世(、1790年12月16日 - 1865年12月10日)は、初代ベルギー国王(在位:1831年 - 1865年)。.

新しい!!: 19世紀とレオポルド1世 (ベルギー王) · 続きを見る »

レオポルド2世 (ベルギー王)

レオポルド2世(、1835年4月9日 - 1909年12月17日)は、第2代ベルギー国王(在位:1865年 - 1909年)。 初代ベルギー国王レオポルド1世の王太子として生まれ、1865年に父王の崩御に伴い即位。レオポルド2世の在位中、1884年までは、それ以降はが政権を担当していた。ベルギー経済は父王の代から引き続いて急速に成長を遂げたが、労働者階級の社会不安も増加。在位後半にはが台頭したことで様々な社会改革が行われた。 即位前から植民地獲得に強い関心を持ち、他の列強の支配が及んでいないコンゴに目を付け、コンゴ国際協会を創設して探検を支援。先住民の部族長と条約を結ぶなどコンゴ支配の既成事実化を進めた。1884年のベルリン会議においてコンゴを私有地として統治することを列強から認められた(コンゴ自由国)。 コンゴにおける治世の初期は鉄道敷設や、アラブ人奴隷商人による奴隷狩りから黒人を守るなど、コンゴの近代化にも努める面もあったが、先住民を酷使して天然ゴムの生産増を図り、イギリス人などから先住民に対する残虐行為を批判され、1908年にはコンゴをベルギー国家へ委譲する事を余儀なくされた(王の私領からベルギー植民地への転換)。 1909年に崩御。嫡出子の男子がなく、甥のアルベール1世が王位を継いだ。.

新しい!!: 19世紀とレオポルド2世 (ベルギー王) · 続きを見る »

レオン・ロッシュ

ミシェル・ジュール・マリー・レオン・ロッシュ(Michel Jules Marie Léon Roches、1809年9月27日 - 1901年6月23日)は、フランスの外交官。駐日フランス帝国公使。幕末期の江戸幕府を支援した。.

新しい!!: 19世紀とレオン・ロッシュ · 続きを見る »

レオン・ワルラス

マリ・エスプリ・レオン・ワルラス(ヴァルラス、Marie Esprit Léon Walras 、1834年12月16日 - 1910年1月5日)は、スイスのローザンヌ・アカデミー(後のローザンヌ大学)で経済学の教鞭を執ったフランス生まれの経済学者。ヨーゼフ・シュンペーターによって「すべての経済学者の中で最も偉大」と評された。また、経済学的分析に数学的手法を積極的に活用し、一般均衡理論を最初に定式化した。.

新しい!!: 19世紀とレオン・ワルラス · 続きを見る »

レオン・フーコー

フーコーの墓(モンマルトル墓地) フーコーと共同研究を行ったアルマン・フィゾー フーコーの振り子が描く軌道(左上の画像はフーコー) ジャン・ベルナール・レオン・フーコー(フランス語:Jean Bernard Léon Foucault、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランス王国パリ出身の物理学者。 1851年に地球の自転を証明する際に用いられる「フーコーの振り子」の実験を行ったことで名高い。 また、1855年にはアルミニウムなどの金属板を強い磁界内で動かしたり、金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる渦状の誘導電流である「渦電流(フーコー電流とも)」を発見した。 また、ジャイロスコープの発明者とされるが、実際は1817年にドイツの天文学者が発明した。なお、フーコーが1851年に発明した「フーコーの振り子」をフーコー自身が「ジャイロスコープ」と呼称したため、「ジャイロスコープ」が一般に広まった。詰まるところ、1852年にフーコーが発明したのは「ジャイロスコープ」と言う「名称」である。 1855年にイギリス王立協会からコプリ・メダルが授与され、時のフランス皇帝ナポレオン3世からはレジオンドヌール勲章のオフィシエが与えられた。.

新しい!!: 19世紀とレオン・フーコー · 続きを見る »

レオン・ガンベタ

レオン・ガンベッタ(Léon Gambetta、1838年4月2日 - 1882年12月31日)は、19世紀フランスの政治家。.

新しい!!: 19世紀とレオン・ガンベタ · 続きを見る »

ロマン主義

マン主義(ロマンしゅぎ、Romanticism、Romantisme、Romantik、Romanticismo、Romanticismo、Romantismo)は、主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパで、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つである。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動であり、古典主義と対をなす。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進した。その動きは文芸・美術・音楽・演劇など様々な芸術分野に及んだ。のちに、その反動として写実主義・自然主義などをもたらした。 ドラクロワ『アルジェの女たち』(1834年、ルーヴル美術館所蔵).

新しい!!: 19世紀とロマン主義 · 続きを見る »

ロマン派音楽

マン派音楽(ロマンはおんがく)は、古典派音楽をロマン主義の精神によって発展させていった、ほぼ19世紀のヨーロッパを中心とする音楽を指す。.

新しい!!: 19世紀とロマン派音楽 · 続きを見る »

ロバート・ルイス・スティーヴンソン

バート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン(Robert Louis Balfour Stevenson、1850年11月13日 - 1894年12月3日)は、イギリスのスコットランド、エディンバラ生まれの小説家、冒険小説作家、詩人、エッセイストである。弁護士の資格も持っていた。「スティーヴンスン」「スチーブンソン」とも表記される。.

新しい!!: 19世紀とロバート・ルイス・スティーヴンソン · 続きを見る »

ロバート・ブラウン

バート・ブラウン(、1773年12月21日 – 1858年6月10日)は、イギリスのスコットランド生まれの植物学者。.

新しい!!: 19世紀とロバート・ブラウン · 続きを見る »

ロバート・ブラウニング

バート・ブラウニング(Robert Browning, 1812年5月7日 - 1889年12月12日)は、イギリスの詩人。エリザベス・バレット・ブラウニングの夫であり、彫刻家ロバート・バレット・ブラウニングの父。 ロンドン郊外の裕福な家庭に生まれ、蔵書家の父と音楽家の母の薫陶を受け、当時の上流階級の慣習から正規の学校教育を受ける機会はわずかであった。12歳で詩集を作り、14歳でギリシア語・ラテン語をマスターし、古典を耽読した。21歳から詩や戯曲を発表したが、あまりにも難解だった。1846年、34歳のとき6歳年上の女性詩人エリザベス・バレットと結婚するも、岳父の反対によってフィレンツェに移住する。愛妻の死後にロンドンに戻る。55歳のとき、17世紀ローマで起きた現実の殺人事件をめぐって、10人の異なる証言で構成した壮大な物語詩『指輪と本』を発表、ようやく当代一流の詩人と認められるに至った。晩年にヨーロッパを渡り歩いた末にイタリアに戻り、最後の詩集が刊行された日にヴェネツィアで客死。ウェストミンスター寺院南翼廊の、アルフレッド・テニスンの隣に埋葬されている。 代表作としては劇詩「ピッパが通る Pippa Passes」(1841年)が挙げられ、特にその一節「"God's in his heaven.

新しい!!: 19世紀とロバート・ブラウニング · 続きを見る »

ロバート・ブルワー=リットン (初代リットン伯爵)

初代リットン伯爵エドワード・ロバート・ブルワー=リットン(Edward Robert Lytton Bulwer-Lytton, 1st Earl of Lytton, 、1831年11月8日 - 1891年11月24日)は、イギリスの外交官、政治家、貴族。 第2次ベンジャミン・ディズレーリ内閣期にインド総督を務めた。在任中、第二次アフガン戦争を起こしてアフガニスタンをイギリスの保護国と為した。リットン調査団の団長ヴィクター・ブルワー=リットンは息子である。.

新しい!!: 19世紀とロバート・ブルワー=リットン (初代リットン伯爵) · 続きを見る »

ロバート・ピール

2代準男爵サー・ロバート・ピール(Sir Robert Peel, 2nd Baronet, 、1788年2月5日 - 1850年7月2日)は、イギリスの政治家。 ウェリントン公爵が党首を退いた後の保守党を指導し、首相を2度にわたって務めた(1834年 - 1835年、1841年 - 1846年)。ウィリアム4世の治世からヴィクトリア朝初期にかけてホイッグ党党首メルバーン子爵と政権を奪い合った。 保守党の政治家ながらに自由主義的な人物であり、穀物法廃止をめぐって保守党が分裂した後は自由貿易を奉じるピール派を旗揚げした。.

新しい!!: 19世紀とロバート・ピール · 続きを見る »

ロバート・オウエン

バート・オウエン(Robert Owen、1771年5月14日 - 1858年11月17日)は、イギリスの実業家、社会改革家、社会主義者。人間の活動は環境によって決定される、とする環境決定論を主張し、環境改善によって優良な性格形成を促せるとして先進的な教育運動を展開した。協同組合の基礎を作り、労働組合運動の先駆けとなった空想社会主義者。初めて国際的な労働者保護を唱えたとされる。ロバート・オーウェンあるいはロバート・オーエンの表記ゆれがみられる。.

新しい!!: 19世紀とロバート・オウエン · 続きを見る »

ロバート・スチーブンソン

バート・スチーブンソン(Robert Stephenson, 1803年10月16日 - 1859年10月12日)は、イギリスの土木技術者。有名な鉄道技師であり蒸気機関車に関する技術者であったジョージ・スチーブンソンの一人息子。ジョージの業績とされているものの多くは、実際にはジョージとロバートの共同作業によるものである。.

新しい!!: 19世紀とロバート・スチーブンソン · 続きを見る »

ロバート・ステュアート (カスルリー子爵)

2代ロンドンデリー侯爵ロバート・ステュアート(Robert Stewart, 2nd Marquess of Londonderry、1769年6月18日 - 1822年8月12日)は、アイルランド生まれのイギリスの政治家・外交官。襲爵前に称していたカスルリー子爵(Viscount Castlereagh)の儀礼称号で知られる。 ダブリンでアングロ=アイリッシュ系貴族の家系に生まれる。父は初代ロンドンデリー侯爵ロバート・ステュアート。アイルランド議会の議員を務めた後、イギリス議会に入り、アイルランド王国のグレートブリテン王国への併合を定めた1800年の合同法の制定に尽力した。その後、イギリスの外交を主導し、ウィーン会議にもイギリス代表として出席した。 父の死により侯爵位を継いだ1821年頃から精神に異常をきたし、1822年に自殺した。過労が原因であったと言われる。 後任の外務大臣になったジョージ・カニングとは犬猿の仲で、1809年9月には決闘まで行い、カニングに重傷を負わせたことがある。この事件でステュアート、カニングの両名はそれぞれ陸相と外相を辞任する事態となった。.

新しい!!: 19世紀とロバート・ステュアート (カスルリー子爵) · 続きを見る »

ロバート・E・リー

バート・エドワード・リー(Robert Edward Lee、1807年1月19日 - 1870年10月12日)は、南北戦争の時代のアメリカの軍人、教育者。南部連合の軍司令官を務め、物量や国力において圧倒的に強大だった合衆国側の北軍を大いに苦しめた。最終的には敗北したが、アメリカ史上屈指の名将として評価が高い。.

新しい!!: 19世紀とロバート・E・リー · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: 19世紀とロンドン · 続きを見る »

ロンドン橋

ンドン橋 (ロンドンばし、London Bridge)はロンドンを流れるテムズ川にかかる橋。『ロンドン橋落ちた』という童歌(:en:Nursery rhyme)によって世界に知られている、極めて有名な橋である。1750年にウェストミンスター・ブリッジが架けられるまでロンドン市内でテムズ川に架かる橋としては唯一のものであった。 ロンドン橋はプレストレストコンクリート橋であって極めて地味であるのに対して、直下流にあるタワーブリッジは2つの塔を持つ跳開橋であり見栄えがよい。このため、タワーブリッジの方がロンドン橋であると、世界中で極めてしばしば勘違いされている。 この誤解の多さが、ロバート・P・マカロック(:en:Robert P. McCulloch)がロンドン橋をタワーブリッジと勘違いして購入したとの都市伝説を生む理由にもなった(後述)。.

新しい!!: 19世紀とロンドン橋 · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: 19世紀とローマ · 続きを見る »

ローマ共和国 (19世紀)

ーマ共和国(ローマきょうわこく・)は、1849年(2月 - 6月)に一時的にイタリアのローマを中心に存在した政府である。.

新しい!!: 19世紀とローマ共和国 (19世紀) · 続きを見る »

ローラ・モンテス

ヨーゼフ・スティーラー画 エリザベス・ロザンナ・ギルバート(Elizabeth Rossanna Gilbert, 1821年2月17日 - 1861年1月17日)は、芸名のローラ・モンテス(Lola Montez)で知られたダンサー・俳優。彼女はバイエルン王ルートヴィヒ1世を始め、著名で資産家の男たちを渡り歩いた。.

新しい!!: 19世紀とローラ・モンテス · 続きを見る »

ロートレアモン伯爵

ートレアモン伯爵 ロートレアモン伯爵(Le Comte de Lautréamont, 1846年4月4日 - 1870年11月24日)は、フランスの詩人、作家。.

新しい!!: 19世紀とロートレアモン伯爵 · 続きを見る »

ローデシア

ーデシア(Rhodesia)は、ザンビア・ジンバブエを合わせた地域の名称。また、1965年から1979年にかけてのジンバブエを実質支配していた白人政権が用いた名称。.

新しい!!: 19世紀とローデシア · 続きを見る »

ロベルト・コッホ

ベルト・コッホ、またはハインリヒ・ヘルマン・ロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch、1843年12月11日 - 1910年5月27日)は、ドイツの医師、細菌学者。ルイ・パスツールとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。 炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者である。純粋培養や染色の方法を改善し、細菌培養法の基礎を確立した。寒天培地やペトリ皿(シャーレ)は彼の研究室で発明され、その後今日に至るまで使い続けられている。 また感染症の病原体を証明するための基本指針となるコッホの原則を提唱し、感染症研究の開祖として医学の発展に貢献した。.

新しい!!: 19世紀とロベルト・コッホ · 続きを見る »

ロベルト・シューマン

ベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)は、ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。に基づきローベルト・シューマンと表記されることもある。 ベートーヴェンやシューベルトの音楽のロマン的後継者として位置づけられ、交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残した。 とくにピアノ曲と歌曲において評価が高い。 ツヴィッカウの裕福な家庭に生まれ、ライプツィヒ大学の法科に進むも、ピアニストをめざしてフリードリヒ・ヴィーク(1785年 - 1873年)に師事する。しかし、指の故障によりピアニストを断念、作曲家となる。ヴィークの娘でピアニストのクララ(1819年 - 1896年)との恋愛と結婚はシューマンの創作活動に多大な影響を及ぼした。文学への造詣も深く、1834年に「新音楽時報」の創刊に携わり、以後10年間にわたって音楽評論活動を行う。このころから精神障害の症状に悩まされるようになる。1844年にライプツィヒからドレスデンへ、1850年にデュッセルドルフへと移住して指揮者としても活動する。この間、子供向けのピアノ曲を作曲するなど教育分野での貢献も残した。1853年にヨハネス・ブラームス(1833年 - 1897年)と出会い、「新しい道」と題する論文で若き天才として紹介するが、翌1854年にライン川に投身自殺を図る。救助されたシューマンはボン近郊のエンデニヒの療養所に収容され、2年後の1856年に46歳で死去した。.

新しい!!: 19世紀とロベルト・シューマン · 続きを見る »

ロケット号

ット号(ロケットごう)とは、ロバート・スチーブンソン が設計した蒸気機関車である。世界初の旅客鉄道であるリバプール・アンド・マンチェスター鉄道の機関車で、最高速度は時速46.6kmであった。 1829年に開催された、リバプール・アンド・マンチェスター鉄道で使用する蒸気機関車を選定するためのレインヒル機関車コンテスト(レインヒル・トライアル)に参加して優勝し、蒸気機関車の有効性を示した。 リバプール・アンド・マンチェスター鉄道が開通後はリヴァプール-マンチェスター間を約四時間半かけて走行していた。 1830年9月15日に同鉄道の開通式が行われ、世界で初めて一般の乗客が乗った客車を蒸気機関車を使用して運行、開通記念列車に試乗したリヴァプールの代議士ウィリアム・ハスキソンがウェリントン公(当時首相)に挨拶しようと下車したときに、反対方向から来た列車に轢かれて片足を切断されて死亡した。これが世界最初の鉄道事故となった。.

新しい!!: 19世紀とロケット号 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 19世紀とロシア · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: 19世紀とロシア帝国 · 続きを見る »

ワラキア

ワラキア(Wallachia, Walachia 、Valahia 、Havasalföld )は、ルーマニア南部の地方名である。ルーマニアの首都ブカレストがある地域で、かつては14世紀に建国されたワラキア公国があった。ここでは、古代に始まり、モルダヴィアと統合してルーマニア王国が成立するまでのワラキアの歴史を主に記す。.

新しい!!: 19世紀とワラキア · 続きを見る »

ワルシャワ公国

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。.

新しい!!: 19世紀とワルシャワ公国 · 続きを見る »

ワーテルローの戦い

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、Bataille de Waterloo、Battle of Waterloo、Slag bij Waterloo、Schlacht bei Waterloo 場所名の「ワーテルロー」はフランス語の発音に基づく)とは、1815年6月18日、ベルギー(当時ネーデルラント連合王国領)のワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍(大陸軍.

新しい!!: 19世紀とワーテルローの戦い · 続きを見る »

ワイタンギ条約

ワイタンギ条約(ワイタンギじょうやく、Treaty of Waitangi, マオリ語: Te Tiriti o Waitangi)とは1840年2月6日、ニュージーランド北島ワイタンギにおいて、当時武力衝突が絶えなかった先住民族マオリ族とイギリス王権との間で締結された条約のこと。.

新しい!!: 19世紀とワイタンギ条約 · 続きを見る »

ヴァイオレット・ブラウン

ヴァイオレット・ブラウン(Violet Brown、1900年3月10日 (ジェロントロジー・リサーチ・グループ)ブラウンが2014年7月にジェロントロジー・リサーチ・グループに認定される以前に、ブラウンをまたはとして表記していた報道記事が存在するが、1900年3月10日生まれが正しい。 - 2017年9月15日)は、かつてジャマイカ・トレローニー教区に在住していた長寿世界一だった女性である。19世紀生まれの人物では世界で最後の2人のうちの1人であった(もう1人は日本人女性の田島ナビ)。彼女はジャマイカ及び中米での歴代最高齢記録保持者であり、ジャマイカにおける唯一の年齢の認定されたスーパーセンテナリアン(110歳以上)でもある。ヴィクトリア朝時代に生まれた英国臣民1900年当時のジャマイカはイギリス領。の最後の生き残りであった。.

新しい!!: 19世紀とヴァイオレット・ブラウン · 続きを見る »

ヴァグラムの戦い

ヴァグラムの戦い。7月6日朝の状況 ヴァグラムの戦い(ヴァグラムのたたかい, 英:Battle of Wagram, 仏:Bataille de Wagram, 1809年7月5日-7月6日)は、ナポレオン戦争における戦闘の1つ。ウィーン北東15キロメートルにあるドナウ川北岸の町ヴァグラムの周辺地域で、皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍と、カール大公率いるオーストリア軍とが戦った。ワグラムの戦いとも表記される。 フランス軍18万、オーストリア軍15万という大軍同士が激突し、合わせて7万以上の死傷者を出した。戦いはフランス軍が勝利し、オーストリアはシェーンブルンの和約を結んで屈服した。.

新しい!!: 19世紀とヴァグラムの戦い · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム1世( 1797年3月22日 - 1888年3月9日)は、第7代プロイセン王(在位:1861年1月2日 - 1888年3月9日)、北ドイツ連邦主席(在任:1867年7月1日 - 1871年1月18日)、初代ドイツ皇帝(在位:1871年1月18日 - 1888年3月9日)。 第5代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の次男。兄である第6代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に子供がなかったため、1861年の兄王の崩御でプロイセン王に即位した。軍制改革をめぐって衆議院との対立が深まる中の1862年にオットー・フォン・ビスマルクをに任じ、軍制改革を無予算統治で断行。ドイツ統一戦争に乗り出し、1871年の普仏戦争の勝利でドイツ皇帝に即位してドイツ統一を達成した。ビスマルクとはしばしば意見対立しながらも、崩御まで彼を首相として重用し続けた。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝)

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1859年1月27日 - 1941年6月4日)は、第9代プロイセン王国国王・第3代ドイツ帝国皇帝(在位:1888年6月15日 - 1918年11月28日)。全名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・アルベルト・フォン・プロイセン(Friedrich Wilhelm Viktor Albert von Preußen)。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム2世 (ドイツ皇帝) · 続きを見る »

ヴィルヘルム・レントゲン

ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(、1845年3月27日 – 1923年2月10日)は、ドイツの物理学者。1895年にX線の発見を報告し、この功績により、1901年、第1回ノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム・レントゲン · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ヴィンデルバント

ヴィルヘルム・ヴィンデルバント(Wilhelm Windelband、1848年5月11日 - 1915年10月22日)は、ドイツの哲学者。ハイデルベルク大学教授で、新カント派の代表。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム・ヴィンデルバント · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ディルタイ

ヴィルヘルム・クリスティアン・ルートヴィヒ・ディルタイ(Wilhelm Christian Ludwig Dilthey, 1833年11月19日 - 1911年10月1日)は、ドイツの哲学者。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム・ディルタイ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・フォン・フンボルト

ール・ヴィルヘルム・フォン・フンボルト(Friedrich Wilhelm Christian Karl Ferdinand Freiherr von Humboldt、1767年6月22日 - 1835年4月8日)は、ドイツの言語学者・政治家・貴族。フンボルト大学(ベルリン大学)の創設者。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム・フォン・フンボルト · 続きを見る »

ヴィルヘルム・グリム

ヴィルヘルム(左)とヤーコプのグリム兄弟肖像画 ヴィルヘルム・カール・グリム(Wilhelm Carl Grimm, 1786年2月24日 - 1859年12月16日)は、ドイツの言語学者・文学者、並びに童話・伝承の収集者。彼の生涯と業績は、兄のヤーコプ・グリムと密接に関係し、しばしば2人あわせてグリム兄弟として語られることが多い。.

新しい!!: 19世紀とヴィルヘルム・グリム · 続きを見る »

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini, 1801年11月3日 - 1835年9月23日)はシチリア島・カターニアに生れ、パリ近郊で没した作曲家。主としてオペラの作曲家として有名である。名字はベルリーニ、ベリーニとも表記される。1985年から1996年まで発行された5000イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣に肖像が採用されていた。 ロッシーニやドニゼッティとともに「ベルカント・オペラ」と称される19世紀前半のイタリアオペラを代表する作曲家である。中でも特にベッリーニについてはショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらの賞賛と愛情の言葉を得ている事で知られている。父親も祖父も音楽家であり、音楽を学ぶ前から作曲を始めたという神童であった。.

新しい!!: 19世紀とヴィンチェンツォ・ベッリーニ · 続きを見る »

ヴィヴェーカーナンダ

ヴィヴェーカーナンダ(Swami Vivekananda,ベンガル語:স্বামী বিবেকানন্দ Shami Bibekanondo,本名:ナレーンドラナート・ダッタ(Narendranath Dutta,ベンガル語:নরেন্দ্রনাথ দত্ত Nôrendronath Dhat-tha)1863年1月12日 - 1902年7月4日)は、インドの宗教家。ヨーガ指導者。ヨーガとヴェーダーンタ哲学の霊的指導者としてインド及び西側諸国の人々に影響を及ぼした。彼に親しみを持つものは彼を「ナレン」と呼んだ。 彼はラーマクリシュナの主要な弟子であり、ラーマクリシュナ僧院とラーマクリシュナ・ミッションの創設者である。彼は師の教えを知性によって体系化し、世界に通じる言葉として発信した。.

新しい!!: 19世紀とヴィヴェーカーナンダ · 続きを見る »

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(Vittorio Emanuele II di Savoia、1820年3月14日 - 1878年1月9日)は、サルデーニャ王国の最後の国王(在位:1849年 - 1861年)、のちイタリア王国の初代国王(在位:1861年 - 1878年)。サルデーニャ王カルロ・アルベルトとトスカーナ大公女マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナの長男としてサルデーニャ王に即位する。父から引き継いだイタリア統一戦争に終止符を打ち、リソルジメントを成し遂げたことから、王国の国父(Padre della Patria)と呼ばれた。 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は統一イタリアの象徴として国民から敬愛され、王の頭文字 "VERDI"(Vittorio Emanuele Re d'Italia, ヴィットーリオ・エマヌエーレ・レ・ディタリャ、 イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ)と呼ばれた。奇しくもイタリア・ロマン派の音楽家ジュゼッペ・ヴェルディの名前と合致したことから、統一戦争の頃には両者を讃えて「"viva! verdi!"」の言葉がイタリア全土で流行した。.

新しい!!: 19世紀とヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 · 続きを見る »

ヴィッサリオン・ベリンスキー

thumb ヴィッサリオン・グリゴーリエヴィッチ・ベリンスキー(Виссарио́н Григо́рьевич Бели́нский;ラテン文字表記の例:Vissarion Grigorievich Belinskii、1811年6月11日 - 1848年6月7日)は、ロシアの文芸批評家。.

新しい!!: 19世紀とヴィッサリオン・ベリンスキー · 続きを見る »

ヴィクトリア (イギリス女王)

ヴィクトリア(、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド皇帝(女帝)(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。 ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の孫。エドワード7世、ドイツ皇后ヴィクトリア、 ヘッセン大公妃アリスの母。2017年現在のイギリス女王であるエリザベス2世の高祖母にあたる。 世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれる。在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。.

新しい!!: 19世紀とヴィクトリア (イギリス女王) · 続きを見る »

ヴィクトリア朝

ヴィクトリア朝(ヴィクトリアちょう、Victorian era)は、ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指す。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期であるとみなされている。 なお、ここで用いる「朝」は「時代(ある一人の君主が統治していた期間)」の意味であり、「王朝(ある一定の血統に属する君主たちが統治していた期間)」を指し示すものではない。.

新しい!!: 19世紀とヴィクトリア朝 · 続きを見る »

ヴィクトル・ユーゴー

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(Victor, Marie Hugo、1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。 1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。 日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。.

新しい!!: 19世紀とヴィクトル・ユーゴー · 続きを見る »

ヴィクトル・ヴァスネツォフ

'''自画像'''(1873年) ヴィクトル・ミハイロヴィチ・ヴァスネツォフ( / ローマ字表記例:Viktor Mikhailovich Vasnetsov, 1848年5月15日 - 1926年6月23日)はロシア帝国の画家。神話や宗教・歴史を題材とした絵画の専門家であり、19世紀のロシア画壇における文芸復興運動の立役者の一人とみなされている。叙事的で壮大な表現や耽美主義的な傾向が見られることから、ロシア象徴主義の一員に数えられることもある。.

新しい!!: 19世紀とヴィクトル・ヴァスネツォフ · 続きを見る »

ヴィクトール・オルタ

ヴィクトール・オルタ(Victor Horta、1861年1月6日 - 1947年9月9日)はベルギーの建築家。非対称的な曲線模様を特徴としたアール・ヌーヴォー様式を装飾芸術から建築へと取り込んだ最初の建築家と言われる。 タッセル邸(1898-1901年)が世界初のアールヌーヴォー建築作品である。 かつてベルギーで発行されていた2000フラン紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 19世紀とヴィクトール・オルタ · 続きを見る »

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユきゅうでん、フランス語:一番多く使用されている、「ヴェルサイユ城」との意味であるChâteau de Versailles、あるいは、「ヴェルサイユ宮殿」との意味であるPalais de Versailles)は、1682年にフランス王ルイ14世(1638年 - 1715年、在位1643年 - 1715年)が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。ベルサイユ宮殿とも表記される。 パリの南西22キロに位置する、イヴリーヌ県ヴェルサイユにある。主な部分の設計はマンサールとル・ブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営された。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名である。.

新しい!!: 19世紀とヴェルサイユ宮殿 · 続きを見る »

ヴェーダ

ヴェーダ(वेद、Veda)とは、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編纂された一連の宗教文書の総称。「ヴェーダ」は「知識」の意である。 バラモン教の聖典で、バラモン教を起源として後世成立したいわゆるヴェーダの宗教群にも多大な影響を与えている。長い時間をかけて口述や議論を受けて来たものが後世になって書き留められ、記録されたものである。 「ヴェーダ詠唱の伝統」は、ユネスコ無形文化遺産保護条約の発効以前の2003年に「傑作の宣言」がなされ、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載され、無形文化遺産に登録されることが事実上確定していたが、2009年9月の第1回登録で正式に登録された。.

新しい!!: 19世紀とヴェーダ · 続きを見る »

ヴェストファーレン王国

ヴェストファーレン王国(ヴェストファーレンおうこく、Königreich Westfalen)は、1807年から1813年の間に、現在のドイツに存在した王国である。.

新しい!!: 19世紀とヴェストファーレン王国 · 続きを見る »

ボリビア

ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく、、、))、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。南半球にあり、晴れていれば南十字星が見える眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』 明石書店 2013年 20ページ。憲法上の首都はスクレだが、議会をはじめとした政府主要機関はラパスにある。世界最高高度にある首都である。 かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、豊かな天然資源を持つにもかかわらず実際には貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。約1万人強の日系ボリビア人がおり、日本人町もある。.

新しい!!: 19世紀とボリビア · 続きを見る »

ボーア戦争

ープ植民地 ボーア戦争(ボーアせんそう、First Boer War、Eerste Vryheidsoorlog)は、イギリスとオランダ系アフリカーナー(ボーア人あるいはブール人とも呼ばれる)が南アフリカの植民地化を争った、2回にわたる戦争。南アフリカ戦争、南阿戦争、ブール戦争ともいう。イギリスはシネマトグラフにより、世界で初めてこの戦争を動画で記録した。イギリスは戦果をふまえ、オランダの背後にあるドイツ帝国を脅威と受け止めた。そして三国協商と日英同盟・日仏協商・日露協約による包囲網を急ピッチで完成させた(三国同盟も参照)。それまでイギリスが栄光ある孤立を維持できたのは、ユグノー資本が民間レベルで列強の国際関係に干渉できたからである。しかしドイツの飛躍的な国力増大を前に、政治を利用した総力戦で伸張を阻む作戦が立った。.

新しい!!: 19世紀とボーア戦争 · 続きを見る »

トマス・ヤング

トマス・ヤング(Thomas Young, 1773年6月13日 - 1829年5月10日)は、イギリスの物理学者。 14歳の頃から語学に才能をみせた。 1792年にロンドンで医学の勉強をし、1794年にエディンバラからゲッティンゲンへ移って、1796年に医学の学位を得た。1800年にロンドンで医師を開業する。 1794年、王立協会のフェローに選出される。1801年に王立研究所の自然学の教授になり、医学の面では乱視や色の知覚などの研究をした(ヤング=ヘルムホルツの三色説)。また視覚の研究から光学の研究にむかい、光の干渉現象を再発見して(ヤングの実験)光の波動説を主張した。 弾性体力学の基本定数ヤング率に名前を残している。ほかにエネルギー (energy) という用語を最初に用い、その概念を導入した。 音楽では、鍵盤楽器の調律法のひとつであるヤング音律(ヴァロッティ=ヤング音律とも呼ばれる)を1799年に考案し、翌年発表した。これはウェル・テンペラメントの中でも調性の性格がよく表れ、かつ不協和音が最も少ない調律法であり、理想的な音律として評価する専門家もいる。現在でもヴィオラ・ダ・ガンバのフレッティングが容易なためヴァロッティ音律とならんでバロック・アンサンブルで多用されている。 またロゼッタ・ストーンなどのエジプトのヒエログリフの解読を試みたことでも知られる。.

新しい!!: 19世紀とトマス・ヤング · 続きを見る »

トマス・ロバート・マルサス

トマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日 - 1834年12月23日)は、イングランドのサリー州ウットン出身の経済学者。古典派経済学を代表する経済学者で、過少消費説、有効需要論を唱えた人物として知られる。.

新しい!!: 19世紀とトマス・ロバート・マルサス · 続きを見る »

トマス・ヘンリー・ハクスリー

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley、1825年5月4日 - 1895年6月29日)は、イギリスの生物学者。姓はハックスリー、ハクスレーと表記されることもある。「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。 リチャード・オーウェンとの論争においては、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似を示して進化論を擁護した。 興味深いことにハクスリーは、ダーウィンのアイディアの多くに反対であった(たとえば漸進的な進化)。そして、自然選択よりも唯物論的科学を弁護することに興味を示した。 科学啓蒙家としての才能があった。「不可知論」の語を作って自らの信仰を表現した。 ハクスリーは「生物発生説(続生説ともいう、生物の細胞は他の生物の細胞からのみ発生する説)」と「自然発生説(無生物から生物が発生するという説)」の概念を作ったと信じられている。.

新しい!!: 19世紀とトマス・ヘンリー・ハクスリー · 続きを見る »

トマス・ド・クインシー

Thomas de Quincey トマス・ド・クインシー(Thomas De Quincey 1785年8月15日 – 1859年12月8日)は、イギリスの評論家。 織物商トマス・クインシーの次男としてマンチェスターに生まれる。父トマスは文芸に趣味を持ち、1775年には匿名による旅行記『1772年夏、イギリス中部地方の短い旅、並びに1772年9月、同様の遠出の旅』を上梓したことがある。1793年7月18日、父が約3万ポンドの遺産を残して40歳で病死したため、4人の後見人の手に委ねられて育つ。 1796年、バースに転居する。この年、母が一家の苗字をド・クインシーと改姓する。バースのグラマースクールで古典語、特にコイネーに頭角を現し、古典ギリシア語を自在に操って、モーガン校長から「あの少年にアテネの暴徒相手に熱弁を振るわせたら、あなたや私がイギリスの暴徒に演説するより上手にやってのけるでしょうよ」と評されたこともある。1800年、マンチェスター・グラマースクールに転校する。大学進学をめぐる後見人との意見対立のため、1802年7月に同校から出奔する。代筆のアルバイトなどで小銭を稼ぎながら、北部ウェールズとロンドンで宿無しの放浪生活を送り、辛酸をなめる。 1803年、後見人と和解が成立したため、オックスフォード大学ウスター・カレッジに入学する。在学中、ワーズワースやチャールズ・ラムや コールリッジと交遊する。1804年秋、当時合法だった阿片を、歯痛への鎮痛剤として用い始め、のち中毒となる。1830年、エディンバラに定住する。 1833年、借金の罪で2回起訴され、債務者避難所に逐電する。1834年、債務不履行の罪で3回起訴される。1859年12月8日、エディンバラで死去した。74歳。 主著『阿片服用者の告白』(1822年)では、晦渋かつ華麗な文体で自らの阿片中毒体験を綴って反響を呼んだが、社会的影響が大きく、世人を悪習に誘ったとの非難も蒙った(詩人ジェイムズ・トムソンや同フランシス・トンプソンは同書の影響で阿片に親しむようになったと述べている)。この随想はボードレールを愛読者に持っていた他、ベルリオーズに霊感を与えて『幻想交響曲』を作曲させるなど、芸術家たちに多大な影響を及ぼした。 また、ブラックユーモアに満ちた評論「芸術の一分野として見た殺人」(1827年 - 1839年)に感銘を受けた谷崎潤一郎は、早くからこの論文への興味を作品中で表明し、1931年には「藝術の一種として見たる殺人に就いて」の題名で自ら『犯罪科学』誌に翻訳分載した。.

新しい!!: 19世紀とトマス・ド・クインシー · 続きを見る »

トランスヴァール共和国

トランスヴァール共和国(トランスヴァールきょうわこく)は、20世紀初めまでヴァール川北方(現在の南アフリカ共和国北部)に存在した共和国。1852年にボーア人が建国した。首都はプレトリア。 なお「トランスヴァール共和国」は通称で、正式名称は南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく、、South African Republic)である。また「ヴァール」「トランスヴァール」は英語読みで、アフリカーンス語では、それぞれ「ファール」「トランスファール」と発音する。.

新しい!!: 19世紀とトランスヴァール共和国 · 続きを見る »

トラファルガーの海戦

ネルソン・タッチの図。フランス・スペイン連合艦隊(青)の脇腹をイギリス艦隊(赤)が突く トラファルガーの海戦(Battle of Trafalgar、Bataille de Trafalgar)は、1805年10月21日に、スペインのトラファルガー岬の沖で行なわれた海戦。ナポレオン戦争における最大の海戦で、イギリスはこの海戦の勝利により、ナポレオン1世の英本土上陸の野望を粉砕した。 ネルソンが戦闘に先立ち、麾下の艦隊に送った「英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」は今日でも名文句として知られる。 しかし、陸上においてはアウステルリッツの戦いでフランスが他のヨーロッパ諸国軍を破るなど依然として優勢で、自国本土は守り切ったが、大陸での戦争自体にすぐさま大勢を及ぼすことはなかった。.

新しい!!: 19世紀とトラファルガーの海戦 · 続きを見る »

トラクションエンジン

トラクションエンジン(Traction Engine)とは、蒸気機関をもちいた農業用トラクター、運搬用自動車、道路舗装ローラーの総称。その他の蒸気自動車はスチームビークル(Steam Vehicle)と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とトラクションエンジン · 続きを見る »

トラスト

トラスト(trust)は、英語で信頼、信用を意味する。.

新しい!!: 19世紀とトラスト · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: 19世紀とトルコ · 続きを見る »

トルコマーンチャーイ条約

ージャール朝の領土縮小と英露の勢力圏画定 トルコマーンチャーイ条約(Туркманчайский мирный договор、عهدنامه ترکمنچای)は、1828年にロシア帝国とガージャール朝の間で結ばれた条約。 第二次ロシア・ペルシア戦争において、ロシア軍がタブリーズを陥落させた。これを契機としてタブリーズに近いトルコマンチャーイで講和条約が結ばれた。本条約の16ヶ条のほか、商業に関する9ヶ条がある。このなかで、北アゼルバイジャン、アルメニアをロシアに割譲すること、ロシアの領事裁判権を認めること、カスピ海におけるロシア軍艦の独占通行権を認めること、500万トゥーマーンの賠償金を支払うことなどが定められた。この条約を皮切りとして、ガージャール朝は他の西欧列強とも不平等条約を締結していった。.

新しい!!: 19世紀とトルコマーンチャーイ条約 · 続きを見る »

トーマス・マコーリー

初代マコーリー男爵トーマス・マコーリー(Thomas Babington Macaulay, 1st Baron Macaulay、1800年10月25日 - 1859年12月28日)は、イギリスの歴史家、詩人ならびに政治家。エディンバラ選出のホイッグ党下院議員だった。ホイッグ史観(現在の視点から過去を判断する態度)を代表する人物であり、マコーリー著『イングランド史』は、今日でもイギリスで最も有名な歴史書のひとつである。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・マコーリー · 続きを見る »

トーマス・ハーディ

トーマス・ハーディの心臓が埋葬された墓 トーマス・ハーディ(Thomas Hardy OM, 1840年6月2日 - 1928年1月11日)は、イギリスの小説家、詩人。ドーセット州出身。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・ハーディ · 続きを見る »

トーマス・ラッフルズ

right トマス・スタンフォード・ラッフルズ(Sir Thomas Stamford Raffles、1781年7月6日 - 1826年7月5日)はイギリスの植民地建設者、シンガポールの創設者である。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・ラッフルズ · 続きを見る »

トーマス・エジソン

トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, (トマス・アルヴァ・エディスン)トーマスではなくトマス・エジソンと表記することも多い。, 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。スポンサーのJPモルガン、配下のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、電力系統を寡占した。 日本では長らく「エジソン」という表記が定着しているが、 "di"()を意識して「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・エジソン · 続きを見る »

トーマス・カーライル

トーマス・カーライル(, 1795年12月4日 - 1881年2月5日)は、19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家。 スコットランドのダンフリーズ・アンド・ ガロウェイ、出身。 代表作には、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などがある。ドイツ文学を研究したことでも知られ、ゲーテとの往復書簡がある。〈全集 The works of Thomas Carlyle〉は30巻に達している。 1865年にはエディンバラ大学の学長に任命され、1868年まで務めた。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・カーライル · 続きを見る »

トーマス・クック

トーマス・クック トーマス・クック(Thomas Cook, 1808年11月22日 – 1892年7月18日)は、イギリス・ダービーシャー州出身の実業家。自らの名前を冠した旅行代理店であるトーマス・クック・グループの創業者、近代ツーリズムの祖として知られる。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・クック · 続きを見る »

トーマス・ジェファーソン

トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson、1743年4月2日(ユリウス暦)/4月13日(グレゴリオ暦トーマス・ジェファーソンの出生日と死亡日は通常グレゴリオ暦を使って表示されている。しかし彼が生まれた時はまだ、イギリスとその植民地はユリウス暦を使っていたので、当時の記録(ジェファーソンの墓石を含み)は1743年4月2日となっている。1752年に執行された1750年新暦法の規定でグレゴリオ暦に従った日付に改訂された。) - 1826年7月4日)は、アメリカ合衆国の政治家で、第3代アメリカ合衆国大統領(1801年 - 1809年)。 妻のマーサ・ジェファーソンは夫が大統領に就任する前に33歳で亡くなっており、代理として娘のマーサ・ワシントン・ジェファーソンがファーストレディを務めた。.

新しい!!: 19世紀とトーマス・ジェファーソン · 続きを見る »

トプカプ宮殿

トプカプ宮殿(土:Topkapı Sarayı、「大砲の門宮殿」の意)は、15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブール旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。 発音は「トプカプ」()が正しいが、日本語ではしばしば「トプカピ宮殿」と表記されることがある。 トプカプ宮殿と呼ばれるようになったのは19世紀の皇帝が去った後からで、それ以前はに元々あった宮殿(旧宮殿)に対する「新宮殿」ということで、新宮殿を意味する「イェニ・サライ」、帝国新宮殿を意味する「サライ・ジェディード」(オスマン語: سراى جديد عامره)と呼ばれた。また、イスタンブールに営まれた多くの宮殿のうちの正宮殿として「帝王の宮殿」(サライ・ヒュマーユーン)とも呼ばれた。 宮殿はよく保存修復され、現在は博物館として公開されているが、15世紀に建設されて以来増改築を繰り返しており、現在見られる姿を保ちつづけているわけではない。.

新しい!!: 19世紀とトプカプ宮殿 · 続きを見る »

トゥーサン・ルーヴェルチュール

フランソワ=ドミニク・トゥーサン・ルヴェルチュール、またはトゥサン・ルヴェチ、トゥーサン・ブレダ(François-Dominique Toussaint Louverture, ハイチ語: Tousen Louvèti, Toussaint Bréda、生年不詳・1739年から1743年 - 1803年4月7日)は、(フランス革命期の)ハイチの独立運動指導者であり、ジャン=ジャック・デサリーヌ等とともにハイチ建国の父の一人と看做されている。一般にL'Ouvertureと綴られることも多いが、彼の兄弟や息子はLouvertureと綴り、歴史家にもその傾向がある。.

新しい!!: 19世紀とトゥーサン・ルーヴェルチュール · 続きを見る »

ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ

ヘルマン・ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・ヘルムホルツ(Hermann Ludwig Ferdinand von Helmholtz, 1821年8月31日 - 1894年9月8日)はドイツ出身の生理学者、物理学者。.

新しい!!: 19世紀とヘルマン・フォン・ヘルムホルツ · 続きを見る »

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ

ヘルムート・カール・ベルンハルト・グラーフ(伯爵)・フォン・モルトケ(Helmuth Karl Bernhard Graf von Moltke, 1800年10月26日 - 1891年4月24日) は、プロイセン及びドイツ帝国の軍人、軍事学者。 1858年から1888年にかけてプロイセン参謀総長を務め、対デンマーク戦争・普墺戦争・普仏戦争を勝利に導き、ドイツ統一に貢献した。近代ドイツ陸軍の父と呼ばれる。最終階級は元帥。 甥にあたる第一次世界大戦時の参謀総長ヘルムート・ヨハン・ルートヴィヒ・フォン・モルトケ(小モルトケ)と区別して、大モルトケと呼ばれる。また明治時代の文献にはモルトケを「毛奇」と表記する物があるミウルレル(1888)。.

新しい!!: 19世紀とヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ · 続きを見る »

ヘルゴランド=ザンジバル条約

ヘルゴランド=ザンジバル条約(Helgoland-Sansibar-Vertrag、Heligoland-Zanzibar Treaty)は、1890年に当時のイギリス帝国とドイツ帝国の間で結ばれた条約。イギリス側の名称でヘリゴランド=ザンジバル条約と記されているものもある。 ドイツが、東アフリカのザンジバルと北海のヘルゴラント島を交換したかのように誤解されることが多い。正確には、ドイツは北海のヘルゴラント島とカプリビ回廊(現在のナミビアのザンベジ州)、及びドイツ領東アフリカの核となるダルエスサラームの海岸を獲得した(後のタンガニーカ、現在のタンザニアの本土部分)。 ドイツは条約でケニア海岸沿いにある小さな保護領ウィトゥランド(Wituland、スワヒリランド Swahililand とも)の権益をイギリスに譲与しイギリス領東アフリカの一部とすることを認めた。その場所はイギリスにとって決定的なもので、ビクトリア湖に至る鉄道を建設するために必要だった。また、イギリスがザンジバルに関して取る行動について、ドイツは干渉しないことを約束した。 その後、1890年にイギリスはザンジバル・スルタン国の保護国化を宣言し、1896年のイギリス・ザンジバル戦争によって、以後実効支配した。 そのうえ、条約はドイツが関心を持っていたドイツ領南西アフリカ(現在のナミビア)の権益を確定させ、ドイツ領トーゴラントとイギリス領ゴールドコースト植民地、およびドイツ領カメルーンとイギリス領ナイジェリアの国境問題を解決した。.

新しい!!: 19世紀とヘルゴランド=ザンジバル条約 · 続きを見る »

ヘレナ・P・ブラヴァツキー

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー、1831年8月12日 – 1891年5月8日) は、近代神智学を創唱した人物で、神智学協会の設立者のひとりである大田俊寛 『現代オカルトの根源』2013年。 著書の訳書はH・P・ブラヴァツキーかヘレナ・P・ブラヴァツキーとして出ている。通称ブラヴァツキー夫人。ブラバッキーと誤記されることもある。父方はロシア人、母方はユグノー(プロテスタントのフランス系)の血を引くドイツ系で、ロシア語でのフルネームはエレーナ・ペトローヴナ・ブラヴァーツカヤ である(ブラヴァーツカヤはブラヴァーツキーの女性形)。旧姓フォン・ハーン。.

新しい!!: 19世紀とヘレナ・P・ブラヴァツキー · 続きを見る »

ヘンリー・モートン・スタンリー

ヘンリー・モートン・スタンリー ヘンリー・モートン・スタンリー(, GCB、 1841年1月28日 – 1904年5月10日)は、イギリス ウェールズのジャーナリスト、探検家。アフリカの探検および遭難したデイヴィッド・リヴィングストンを発見した人物として有名。.

新しい!!: 19世紀とヘンリー・モートン・スタンリー · 続きを見る »

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau、1817年7月12日 - 1862年5月6日)は、アメリカ合衆国の作家・思想家・詩人・博物学者。.

新しい!!: 19世紀とヘンリー・デイヴィッド・ソロー · 続きを見る »

ヘンリー・クレイ・ワーク

ヘンリー・クレイ・ワーク(Henry Clay Work, 1832年10月1日 - 1884年6月8日)はアメリカ合衆国の作曲家。 スティーヴン・フォスターと並んで19世紀のアメリカ合衆国を代表する歌曲作曲家。コネチカット州ミドルタウンに生まれる。奴隷制廃止運動の活動家の家庭に生まれ育ち、自らも地下鉄道 (秘密結社)の組織活動に助力を惜しまなかったとされる。そのかたわらで、「クリスティー・ミンストレルズ」のために、フォスターの流れを汲む世俗歌曲を創作した。フォスター歌曲と同じく、ワークの《ジョージア・マーチ》は、アイヴズの交響楽の中で引用されている。また、いくつかの歌曲は、世界各地で民謡として流布されている。全部で80曲近くあるうち、とりわけよく知られているのは、以下のもの。《大きな古時計》は、続編も作られた。.

新しい!!: 19世紀とヘンリー・クレイ・ワーク · 続きを見る »

ヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)

3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル(PC, 1784年10月20日 - 1865年10月18日)は、イギリスの政治家、貴族である。 ホイッグ党を自由党に改組した自由党初の首相であり、首相を2期務め(第一次:1855年-1858年、第二次:1859年-1865年)、またそれ以前には外務大臣を3期にわたって務めた(在職1830年-1834年、1835年-1841年、1846年-1851年)。内務大臣(在職1852年-1855年)を務めていた時期もある。 ウィリアム4世の治世からヴィクトリア朝中期にかけて主に外交の分野で活躍し、大英帝国の国益や英国民の利益が損なわれることを許容しない強硬外交を行ったことで知られる。ヨーロッパでは会議外交によって各国の利害を調整するバランサーの役割を果たしつつ、ヨーロッパ諸国の自由主義化・ナショナリズム運動を支援する自由主義的外交を行った。非ヨーロッパの低開発国に対しては砲艦外交で不平等条約による自由貿易を強要してイギリスの非公式帝国に組み込む「自由貿易帝国主義」を遂行した。大英帝国の海洋覇権に裏打ちされた「パクス・ブリタニカ」を象徴する人物である世界伝記大事典(1981)世界編7巻 p.438。.

新しい!!: 19世紀とヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵) · 続きを見る »

ヘンリック・イプセン

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。 代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(グリーグが後に劇音楽を作曲する)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。.

新しい!!: 19世紀とヘンリック・イプセン · 続きを見る »

ヘシェン

ヘシェン(ᡥᡝᡧᡝᠨ)、 転写:hešen、和珅、乾隆15年5月28日(1750年7月1日) - 嘉慶4年1月18日(1799年2月22日))は、中国清朝の政治家。字は致斎。乾隆帝の母方である満洲正紅旗のニオフル氏(鈕祜禄氏)出身。中国史上最大の富豪で、乾隆帝、嘉慶帝の二帝に仕えたが、正一品文華殿大学士・軍機大臣として専横の限りを尽くした。乾隆太上皇帝が死ぬと、親政を行おうとする嘉慶帝によって賜死となった。.

新しい!!: 19世紀とヘシェン · 続きを見る »

ブハラ・ハン国

ブハラ・ハン国(ブハラ・ハンこく、)は、16世紀初頭から20世紀初頭まで、ゼラフシャン川流域、ヌル・アタ山地、アム川流域に栄えた諸テュルク系イスラム王朝。現在のウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの一部に存在した。基本的に「ブハラに首都を置き、ハンを推戴する国家」の総称なので、歴史的にはシャイバーニー朝、ジャーン朝、の3王朝を指す。このうちマンギト朝はハンからアミールへ君主号を変えたので、ブハラ・アミール国とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とブハラ・ハン国 · 続きを見る »

ブラム・ストーカー

ブラム・ストーカー ブラム・ストーカー(Abraham "Bram" Stoker、本名:エイブラハム・ストーカー、1847年11月8日 - 1912年4月20日)はイギリス時代のアイルランド人の小説家。怪奇小説の古典、『ドラキュラ』で有名。『ドラキュラ』は吸血鬼ものの定番となった。.

新しい!!: 19世紀とブラム・ストーカー · 続きを見る »

ブラフモ・サマージ

ブラフモ・サマージ(Brahmo Samaj、ベンガル語:ব্রাহ্ম সমাজ Bramho Shômaj)は、ベンガル・ルネサンスとして知られているインドの19世紀のムーブメントの間、設立された社会運動及び宗教運動組織である。「ブラフモ」はブラフマン言い換えれば宇宙の至高精神を崇拝する人、「サマージ」は結束した人々のコミュニティを意味し、「ブラフモ・サマージ」で、唯一神の崇拝者の集団・団体を意味している。.

新しい!!: 19世紀とブラフモ・サマージ · 続きを見る »

ブラガンサ王朝

ブラガンサ家の紋章 ブラガンサ王朝(Dinastia de Bragança)は、1640年から1910年までポルトガル王国を統治したポルトガル最後の王朝。ブラジル帝国(1822年 - 1899年)の2人の皇帝も出している。.

新しい!!: 19世紀とブラガンサ王朝 · 続きを見る »

ブラジル

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。.

新しい!!: 19世紀とブラジル · 続きを見る »

ブラジル帝国

ブラジル帝国(ブラジルていこく、Império do Brasil)は、1822年から1889年まで南米ブラジルを統治した立憲君主制国家。1828年までは現在のウルグアイも含まれていた。.

新しい!!: 19世紀とブラジル帝国 · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: 19世紀とブリュッセル · 続きを見る »

ブリガム・ヤング

200px ブリガム・ヤング(Brigham Young 1801年6月1日 - 1877年8月29日)は、アメリカ合衆国の宗教家、政治家。1847年から末日聖徒イエス・キリスト教会の大管長をつとめ、ソルトレイクシティを設立し、1850年から1858年までユタ準州初代知事をつとめていた。また、末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会の大管長を1838年から1847年までつとめた。ブリガム・ヤング大学はその栄誉を称えて名付けられた。 ヤングには様々な渾名があり、その中でも最も広く知られたのは「アメリカのモーゼ」(あるいは「現代のモーゼ」、「モルモンのモーゼ」)である。これは聖書のモーゼに似て、ヤングはその追随者であるモルモン開拓者を率いて砂漠を越えて移動し、彼等が約束の地と見なす所まで導いたからだった。ヤングはまたその大胆な個性により「神のライオン」とも呼ばれており、教徒からは「ブラザー・ブリガム」と呼ばれるのが普通だった。しかし、おそらくモルモン教徒以外の者からは最も著名な多重婚推進者として知られているので、ヤングの遺したものについては議論が多い。また歴史家達からは、黒人教会員から聖職と叙任される権利を無効にしたことに大いに責任があったとされている。さらに連邦政府に対抗したユタ戦争とマウンテンメドウの虐殺において果たした役割に関して関心が続いている。.

新しい!!: 19世紀とブリガム・ヤング · 続きを見る »

ブルボン朝

ブルボン朝の紋章 ブルボン朝(ブルボンちょう、dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にヴァロワ朝が断絶して、遠縁筋の新教徒でブルボン家のアンリ4世がカトリック教徒のフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。.

新しい!!: 19世紀とブルボン朝 · 続きを見る »

ブルシェンシャフト

ブルシェンシャフト(Burschenschaft,Burschen少年達の,-schaft集合体、学生組合や学生同盟といった意)は、1815年に創設されたドイツの学生結社連合。19世紀初頭におけるドイツの自由主義運動を主導したが、オーストリア外相(のちに宰相)のメッテルニヒによって弾圧され、その運動は挫折に終わった。.

新しい!!: 19世紀とブルシェンシャフト · 続きを見る »

ブロンテ姉妹

ブロンテ姉妹(ブロンテしまい、Brontë sisters, Brontës )は、イギリスのヴィクトリア時代を代表する小説家姉妹。シャーロット、エミリー、アンの3人を指す。 ヨークシャーのソーントンの牧師の子として生まれた。姉妹3人共同の『詩集』を発表の後、それぞれ小説を書く。シャーロットは『ジェーン・エア』、エミリーは『嵐が丘』、アンは『ワイルドフェル屋敷の人々』を発表し、イギリス文壇に多大な影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とブロンテ姉妹 · 続きを見る »

ブーランジェ将軍事件

ブーランジェ運動の高揚を描いた風刺画 ブーランジェ将軍事件(ブーランジェしょうぐんじけん)とは、第三共和政治下のフランスで1886年から1889年にかけて起こった、反議会主義的・反共和主義的政治運動である。ブーランジェ事件、ブーランジェ運動、またはブーランジスムとも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とブーランジェ将軍事件 · 続きを見る »

ブダ

ブダ(Buda)は、ハンガリーの首都ブダペストの西側部分で、ドナウ川の西岸に位置する。ブダという名称は、フン族の王ブレダの名に由来するが、それは彼の名がハンガリー語でブダだからである。ドイツ語ではオーフェン(Ofen)と呼ばれた。 ブダは、ブダペスト全体の約1/3を占め、その大部分は木の生えた丘陵である。高い生活水準と結びつけて考えられることが多いが、これはそれぞれの地域による。ランドマークとして、ブダ城とゲッレールトの丘のツィタデッラ(城塞)が名高い。.

新しい!!: 19世紀とブダ · 続きを見る »

ブダペスト

ブダペストまたはブダペシュト(Budapest, 英語:, or; )は、ハンガリーの首都であり、同国最大の都市である。 「ブダペスト」として一つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年11月17日に西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併してからである。 ドナウ川河畔に位置し、ハンガリーの政治、文化、商業、産業、交通の一大中心都市で、東・中央ヨーロッパでは最大、欧州連合の市域人口では8番目に大きな都市である。しばしばハンガリーのプライメイトシティとも表現される。 ブダペストの市域面積はで、2011年の国勢調査によるブダペストの人口は174万人、ピークであった1989年の210万人より減少している。これは、ブダペスト周辺部の郊外化によるものである。ブダペスト都市圏(通勤圏)の人口は330万人である。 ブダペストの歴史の始まりはローマ帝国のアクインクムとしてで、もともとはケルト人の集落であった。アクインクムは古代ローマの低パンノニア属州の首府となっている。マジャル人がブダペスト周辺にやって来たのは9世紀頃である。最初の集落は1241年から1242年にかけてモンゴルの襲来により略奪された。15世紀に町が再建されるとブダペストはルネサンス期の人文主義者文化の中心となった。続いてモハーチの戦いが起こり、オスマン帝国による150年間の支配が続き、18世紀、19世紀に新しい時代に入ると町は発展し繁栄する。ブダペストは1873年にドナウ川を挟んだ都市の合併が行われると、世界都市となる。また、1848年から1918年の第一次世界大戦勃発まで列強に含まれたオーストリア=ハンガリー帝国のウィーンに続く第二の首都であった。1920年のトリアノン条約によりハンガリーは国土の72%を失い、ハンガリーの文化や経済をブダペストがすべてを占めるようになった。ブダペストはその大きさや人口で圧倒的に優位に立ち、ハンガリーの他の都市を小さく見せていた。ブダペストはハンガリー革命 (1848年)や1919年のハンガリー評議会共和国、1944年のパンツァーファウスト作戦、1945年のブダペスト包囲戦、1956年のハンガリー動乱など数々の歴史的な舞台の場でもあった。 ブダペストはヨーロッパでも最も美しい街の一つで、ドナウ川河岸を含め世界遺産が広がりブダ城やアンドラーシ通り、英雄広場は良く知られている。ブダペスト地下鉄1号線Millenniumi Földalatti Vasútはロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い地下鉄である。ブダペストの他のハイライトはセーチェーニ温泉を含めた80の温泉で世界でも最大の地下熱水系統がある。世界で3番目に大きなシナゴーグであるドハーニ街シナゴーグや国会議事堂などもブダペストの見所である。ブダペストの観光客数は年間270万人に上り、ロンドンにある民間調査機関ユーロモニターによればブダペストは世界で37番目に旅行者が多い観光地であるとされている。.

新しい!!: 19世紀とブダペスト · 続きを見る »

ブエノスアイレス州

ブエノス・アイレス州(Provincia de Buenos Aires)は、アルゼンチンの州。中東部ラプラタ川河口右岸に位置する。州都はラプラタ。 その名に反し、アルゼンチンの連邦首都ブエノスアイレスを含んではいない。ブエノスアイレスは単独で州と同格の「ブエノスアイレス特別区」に属す。.

新しい!!: 19世紀とブエノスアイレス州 · 続きを見る »

プランクの法則

プランクの法則(プランクのほうそく、Planck's law)とは物理学における黒体から輻射(放射)される電磁波の分光放射輝度、もしくはエネルギー密度の波長分布に関する公式。プランクの公式とも呼ばれる。ある温度 における黒体からの電磁輻射の分光放射輝度を全波長領域において正しく説明することができる。1900年、ドイツの物理学者マックス・プランクによって導かれた。プランクはこの法則の導出を考える中で、輻射場の振動子のエネルギーが、あるエネルギー素量(現在ではエネルギー量子と呼ばれている) の整数倍になっていると仮定した。このエネルギーの量子仮説(量子化)はその後の量子力学の幕開けに大きな影響を与えている。.

新しい!!: 19世紀とプランクの法則 · 続きを見る »

プラグマティズム

プラグマティズム(pragmatism)とは、ドイツ語の「pragmatisch」という言葉に由来する、実用主義、道具主義、実際主義とも訳される考え方。元々は、「経験不可能な事柄の真理を考えることはできない」という点でイギリス経験論を引き継ぎ、概念や認識をそれがもたらす客観的な結果によって科学的に既述しようとする志向を持つ点で従来のヨーロッパの観念論的哲学と一線を画するアメリカ合衆国の哲学である。.

新しい!!: 19世紀とプラグマティズム · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: 19世紀とプロイセン王国 · 続きを見る »

プロスペル・メリメ

プロスペル・メリメ(Prosper Mérimée, 1803年9月28日パリ - 1870年9月23日カンヌ)は、フランスの作家、歴史家、考古学者、官吏。小説『カルメン』で知られる。 パリのブルジョワの家庭に生まれた。法学を学んだ後、官吏となり、1834年にフランスの歴史記念物監督官として、多くの歴史的建造物の保護に当たった。ナポレオン3世の側近であり、元老院議員として出世を遂げた。 青年期に年長のスタンダールとも親交を持ち、公務の傍ら、戯曲や歴史書などを書いた。 メリメは神秘主義と歴史と非日常性を愛した。ウォルター・スコットの有名な歴史小説やアレクサンドル・プーシキンの非情さと心理劇の影響を受けていた。メリメの物語はしばしば神秘に満ち、外国を舞台にしており、スペインとロシアが頻繁に発想の源となっていた。彼の小説の一つがオペラ『カルメン』となった。.

新しい!!: 19世紀とプロスペル・メリメ · 続きを見る »

プエルトリコ

プエルトリコ自治連邦区(プエルトリコじちれんぽうく、Commonwealth of Puerto Rico)、通称プエルトリコ(Puerto Rico(プゥエルト・リーコ)。(ポータ・リーコウ)、または、(プウェァルタ・リーコウ))は、カリブ海北東に位置するアメリカ合衆国の自治的・未編入領域であり、コモンウェルスという政治的地位にある。プエルトリコ本島、ビエケス島、クレブラ島、ドミニカ共和国との間のモナ海峡にあるモナ島などから構成される。ヴァージン海峡を隔てて東にヴァージン諸島が、モナ海峡を隔てて西にドミニカ共和国が存在する。主都はサン・フアン。.

新しい!!: 19世紀とプエルトリコ · 続きを見る »

パナマ運河疑獄

パナマ運河疑獄(-うんがぎごく)またはパナマ事件(-じけん)とは、フランス第三共和制下で起きたパナマ運河建設会社の破綻と、それに端を発した疑獄事件である。.

新しい!!: 19世紀とパナマ運河疑獄 · 続きを見る »

パラグアイ

パラグアイ共和国(パラグアイきょうわこく、、)、通称パラグアイは、南アメリカ中央南部に位置する共和制国家である。東と北東をブラジル、西と北西をボリビア、南と南西をアルゼンチンに囲まれている内陸国である。首都はアスンシオン。 なお、パラグアイの国旗はデザインが表と裏とで異なる(パラグアイの国旗を参照)。.

新しい!!: 19世紀とパラグアイ · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 19世紀とパリ · 続きを見る »

パリ万国博覧会 (1889年)

1889年のパリ万国博覧会の様子 機械館 1889年のパリ万国博覧会(せんはっぴゃくはちじゅうくねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1889, Expo 1889)は、1889年5月6日から10月31日までフランスのパリで開催された国際博覧会である。.

新しい!!: 19世紀とパリ万国博覧会 (1889年) · 続きを見る »

パリ・コミューン

パリ・コミューン(Commune de Paris、Paris Commune)は、フランス・パリ市の自治市会(革命自治体)のことであるが、ここでは国防政府のプロイセンとの和平交渉に反対し、同時期にフランス各地で蜂起したコミューン(la Commune)のうち普仏戦争後の1871年3月26日に、史上初の「プロレタリアート独裁」による自治政府を宣言した1871年のパリのコミューン(La Commune de Paris 1871)について説明する。 このパリ・コミューンは約2ヶ月でヴェルサイユ政府軍によって鎮圧されたが、後の社会主義、共産主義の運動に大きな影響を及ぼし、短期間のうちに実行に移された数々の社会民主主義政策は、今日の世界に影響を与えた。マルセイユ(1870年9月5日宣言)、リヨン(1870年9月4日宣言)、サン・テティエンヌ(1871年3月26日宣言)、トゥールーズ、ナルボンヌ(1871年3月30日宣言)、グルノーブル、リモージュなどの、7つの地方都市でも同様のコミューンの結成が宣言されたが、いずれも短期間で鎮圧された。.

新しい!!: 19世紀とパリ・コミューン · 続きを見る »

パリ条約 (1856年)

パリ条約(パリじょうやく)は、1856年にパリで開かれたクリミア戦争の講和会議で締結された条約。締結国はイギリス、フランス、オーストリア、プロイセン、サルデーニャ、オスマン帝国、ロシアの8か国。 1853年に作成されたウィーン議定書を踏襲するかたちで、一般に敗戦国のロシア帝国に対して勝利した同盟国側が有利な条件で交渉を進めたといわれるが、内容はオスマン帝国の保全など領土に関する問題は戦前の状態に戻すことで各国が合意しただけで、厳密には戦争継続を不利益とみなした欧州諸国の妥協案である。また、キリスト教世界であるヨーロッパの公法がイスラーム教国(この場合オスマン帝国)にも適用されることを明言したという意味でも、国際法学上重要な位置づけをされる条約である。 パリ条約は大きく分けると講和に関する部分、ボスポラス海峡とダーダネルス海峡の通航制度やドナウ川の航行に関する部分、バルカン半島の諸公国に関する部分で構成されており、両海峡の通航制度問題では、オスマン帝国以外の軍艦が海峡を通過することを禁止した1841年のロンドン条約の内容が再確認された。また、パリ条約では新たに黒海の非武装化が定められた。これは沿岸国であるロシアとオスマン帝国に適用されるものであったが、ロシアの抗議もあって黒海の非武装化に関する部分は1871年に改定された。これとは別にバルト海のオーランド諸島が黒海同様、非武装地帯に指定された。しかしオーランド諸島は、第一次世界大戦の勃発によりロシアによって要塞化される事となった。 五大国(五国同盟)同士が反目・敵対したために、1848年革命で形骸化していたとはいえ、1815年以来続いてきたウィーン体制はここに完全に終焉した。以降欧州列強は、自己の国益に赴くままに帝国主義に走ることになる。イギリスは、その国力を持ってして栄光ある孤立を選択し、他列強は、列強間の勢力均衡を図るため交互に同盟を結び、欧州は産業革命と植民地主義を掲げた新たな時代へと突入した。 パリ条約は1877年の露土戦争開戦までのバルカン半島の秩序となったが、1859年のワラキア・モルダヴィア両公国の合同や、1867年のセルビアによるオスマン軍の追放、1871年のロンドン条約(黒海の非武装化を定めた部分を改定し、露土両国が黒海に艦隊を置くことを認めた)などによって徐々に骨抜きとなった。最終的に露土戦争とその後のサン・ステファノ条約とベルリン会議によって、パリ条約の内容は完全に死文化した。.

新しい!!: 19世紀とパリ条約 (1856年) · 続きを見る »

パリ条約 (1898年)

パリ条約(パリじょうやく)は、1898年12月10日にアメリカ合衆国とスペインの間で調印された米西戦争の平和条約。.

新しい!!: 19世紀とパリ条約 (1898年) · 続きを見る »

パリ改造

パリ改造は、第二帝政時の19世紀、セーヌ県知事のジョルジュ・オスマンが取り組んだフランス最大の都市整備事業である。 ジョルジュ・オスマンの名をとり、「travaux haussmanniens」とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とパリ改造 · 続きを見る »

パルプ

パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年、フランス人のレオミュールは、スズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年になり、ドイツ人のシェッフェルがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年になり、ドイツ人のケラーがパルプを人工的に製造する方法を見つけ、1854年、砕木機をケラーが開発したことから紙を大量に製造できるようになった。.

新しい!!: 19世紀とパルプ · 続きを見る »

パルテノン神殿

パルテノン神殿(パルテノンしんでん、Παρθενών, ローマ字: Parthenon)は、古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設された、アテナイの守護神であるギリシア神話の女神アテーナーを祀る神殿(en)。紀元前447年に建設が始まり、紀元前438年に完工、装飾等は紀元前431年まで行われた。パルテノン神殿はギリシア古代(en)建築を現代に伝える最も重要な、ドーリア式建造物の最高峰と見なされる。装飾彫刻もギリシア美術の傑作である。この神殿は古代ギリシアそして民主政アテナイ(en)の象徴であり、世界的な文化遺産として世界遺産に認定されている。 神殿は完全な新築ではなく、この地には古パルテノン(en)と呼ばれるアテーナーの神殿があったが、紀元前480年のペルシア戦争にて破壊された後に再建され、当時あった多くの神殿と同様にデロス同盟、そして後のアテナイ帝国の国庫として使われた。6世紀にはパルテノン神殿はキリスト教に取り込まれ、生神女マリヤ聖堂となった。オスマン帝国の占領(en)後の1460年代初頭にはモスクへと変えられ、神殿内にはミナレットが設けられた。1687年9月26日、オスマン帝国によって火薬庫として使われていた神殿はヴェネツィア共和国の攻撃によって爆発炎上し、神殿建築や彫刻などはひどい損傷を受けた。1806年、オスマン帝国の了承を得たエルギン伯(en)は、神殿から焼け残った彫刻類を取り外して持ち去った。これらは1816年にロンドンの大英博物館に売却され、現在でもエルギン・マーブルまたはパルテノン・マーブルの名で展示されている。ギリシア政府はこれら彫刻の返却を求めているが、実現には至っていない。ギリシア文化・観光庁(en)は、パルテノン神殿の部分的な破壊の修復や保全など、後世に伝えるための再建計画を実行している。 パルテノン神殿のある丘の下の方は、世界ラリー選手権(WRC)の一戦、アクロポリス・ラリーのスタート地点としても有名である。.

新しい!!: 19世紀とパルテノン神殿 · 続きを見る »

パンゼーの乱

パンゼーの乱は、1856年から1873年にかけて現在の中華人民共和国・雲南省で発生した回族主導によるムスリム系民族が清朝に対して起こした大規模な武装蜂起である。はビルマ人(現ミャンマー)による雲南回民()の呼称である。この事件は中国では“杜文秀起義”と呼ばれている。.

新しい!!: 19世紀とパンゼーの乱 · 続きを見る »

パールシー

パールシー、パールスィー(Parsi)はインドに住むゾロアスター教の信者。.

新しい!!: 19世紀とパールシー · 続きを見る »

パーヴェル1世

パーヴェル1世(()、パーヴェル・ペトロヴィチ・ロマノフ、())、1754年10月1日 - 1801年3月23日)は、ロマノフ朝第9代ロシア皇帝(在位:1796年11月17日 - 1801年3月23日)。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公・オルデンブルク伯としてはパウル()。 母エカチェリーナ2世の崩御を受けてロシア皇帝に即位する。母帝との確執からエカチェリーナの政治を全否定する政治路線を採り、次第に廷臣の離反を生み、ついには1801年3月23日クーデターによって暗殺された。 現在に至るまで暴君、暗君の悪名が絶えない皇帝だが、暗殺により非業の死を遂げた結果、彼の治世や彼個人への悪評はもっぱら彼の反対派により綴られたものであることに注意が必要である。.

新しい!!: 19世紀とパーヴェル1世 · 続きを見る »

パブロ・デ・サラサーテ

パブロ・マルティン・メリトン・デ・サラサーテ・イ・ナバスクエス(Pablo Martín Melitón de Sarasate y Navascuéz, 1844年3月10日 - 1908年9月20日)は、スペイン・パンプローナ出身の作曲家、ヴァイオリン奏者。バスク人である。.

新しい!!: 19世紀とパブロ・デ・サラサーテ · 続きを見る »

パクス・ブリタニカ

パクス・ブリタニカ()とは、イギリス帝国の最盛期である19世紀半ばごろから20世紀初頭までの期間を表した言葉。特に「世界の工場」と呼ばれた1850年頃から1870年頃までを指すことも多い。イギリスはこの時期、産業革命による卓抜した経済力と軍事力を背景に、自由貿易や植民地化を情勢に応じて使い分け覇権国家として栄えた。周辺地域での軍事的衝突や砲艦外交による武力行使などはあったものの、ナポレオン戦争や第一次世界大戦の時期に比べれば、特にヨーロッパ中核地域は比較的平和であったことから、ローマ帝国黄金期の「パクス・ロマーナ(ローマの平和)」にならい「パクス・ブリタニカ(イギリスの平和)」と呼ばれる。「パクス」はローマ神話の平和と秩序の女神に由来する。.

新しい!!: 19世紀とパクス・ブリタニカ · 続きを見る »

ヒヴァ・ハン国

ヒヴァ・ハン国(-こく、Xiva Xonligi)は、1512年から1920年にかけて、アムダリヤの下流及び中流地域に栄えたテュルク系イスラム王朝。シャイバーニー朝、シビル・ハン国と同じくジョチ・ウルスのシバン家に属する王朝である。建国当初はクフナ・ウルゲンチ(旧ウルゲンチ)を首都としていたが、17世紀前半からヒヴァに遷都し、遷都後の首都の名前に由来する「ヒヴァ・ハン国」の名称で呼ばれる本田「ヒヴァ・ハン国」『アジア歴史事典』8巻、1-2頁堀川「ヒヴァ・ハン国」『中央ユーラシアを知る事典』、439-440頁。クフナ・ウルゲンチを首都に定めていた政権は「ウルゲンチ・ハン国」と呼ばれることもあるバルトリド『トルキスタン文化史』1巻、245頁。.

新しい!!: 19世紀とヒヴァ・ハン国 · 続きを見る »

ヒオス島

ヒオス島(Χίος / Khíos)は、エーゲ海東部に位置するギリシャ領の島。中心都市はヒオス。キオス島とも表記される。トルコ語ではサクズ島(Sakız Adası)と呼ばれる。 古くより交易の島として栄えた。11世紀に建設されたネア・モニ修道院は、他の2つの修道院とともにユネスコの世界遺産に登録されている。.

新しい!!: 19世紀とヒオス島 · 続きを見る »

ビハール州

ビハール州(英語:Bihār 、ヒンディー語:बिहार)は、インドを構成する州の一つ。州都はパトナ(古都パータリプトラ)。.

新しい!!: 19世紀とビハール州 · 続きを見る »

ビッグ・ベン

ビッグ・ベン は、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台の大時鐘の愛称。現在では、転じて時計台全体・大時計そのものの名称として使われている。.

新しい!!: 19世紀とビッグ・ベン · 続きを見る »

ピョートル・チャイコフスキー

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(Пётр Ильич Чайковский ;ラテン文字表記の例:PyotrあるいはPeter Ilyich Tchaikovsky、1840年5月7日(ユリウス暦では4月25日) - 1893年11月6日(ユリウス暦10月25日))は、ロシアの作曲家。.

新しい!!: 19世紀とピョートル・チャイコフスキー · 続きを見る »

ピョートル・クロポトキン

ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン(、 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。 著書に『』(1892年)、『田園・工場・仕事場』(1898年)、『相互扶助論』(1902年)などがある。 プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えた。 その思想は、社会運動のみならず文学にも影響を与えた。 その生涯は、自伝『ある革命家の思い出』とナターリア・マリア・ピルーモヴァの『クロポトキン伝』に詳しい。.

新しい!!: 19世紀とピョートル・クロポトキン · 続きを見る »

ピータールーの虐殺

ピータールーの虐殺(ピータールーのぎゃくさつ、The Peterloo Massacre)は1819年8月16日にイングランド・マンチェスターのセント・ピーターズ・フィールド(St.)で発生した民衆弾圧事件である。広場で選挙法改正を求めて集会を開いていた群衆に騎兵隊が突入して鎮圧を図り、多数の死傷者が出る惨事となった。ピータールー虐殺事件、マンチェスター虐殺事件とも望月健一、東京外国語大学国際教養学部紀要VOL.3(2007.03)。 1815年にナポレオン戦争が終結したことでイングランドは記録的な高失業と、夏のない年による飢餓の時代を迎え、穀物法の制定がそれに拍車をかけた。1819年初頭までに劣悪な経済状況が生んだ社会の窮状は、における選挙権の欠如の問題と結びついて、民衆が政治的急進主義に傾く動きを強めていた。これに呼応して、議会改革要求を盛んに世に訴えていたマンチェスター愛国連合は著名な急進派の弁士である率いる大衆集会を決行した。 集会が始まってまもなく、地元の治安判事たち(magistrates)は軍当局にハントや演壇にいた人物たちを逮捕することと群衆を追い散らすことを命じた。騎兵隊はサーベルを抜いた状態で群衆に突撃し、続く混乱の中で15人が死亡し400から700人が負傷した。この「虐殺」は4年前に起きたワーテルローの戦い(ウォータールーの戦い)と皮肉な対比を成すものとして広場の名前から「ピータールー」と名付けられることになる。 歴史家のロバート・プールはピータールーの虐殺を当時の決定的な瞬間の一つであると考えた。同時代にロンドンの新聞や全国紙ではマンチェスター地方の恐怖が広く報じられたが、より直接的な影響のひとつは政府が(治安六法)として知られる弾圧立法を制定して改革の動きを押さえ込んだことであり、また今日のガーディアン紙の起源であるマンチェスター・ガーディアンが創刊されるきっかけともなった。しかし一方でその後の議会改革の進展にはほとんど影響を与えなかった。2006年にガーディアンによって行われた調査では、ピータールーの虐殺はイングランド内戦中のに次いで記憶に値するイギリス史上の出来事とみなされた。現在、事件は現場近くの銘板によって記念されている。.

新しい!!: 19世紀とピータールーの虐殺 · 続きを見る »

ピウス9世 (ローマ教皇)

ピウス9世(Pius IX、1792年5月13日 - 1878年2月7日)は、カトリック教会の司祭、第255代ローマ教皇(在位:1846年6月16日 - 1878年2月7日)。本名はジョヴァンニ・マリア・マスタイ=フェレッティ(Giovanni Maria Mastai-Ferretti)。31年7ヶ月という最長の教皇在位記録を持ち、イタリア統一運動の中で、古代以来の教皇領を失い、第1バチカン公会議を召集し、『誤謬表』を発表して近代社会との決別を宣言。また、聖母マリアの無原罪の御宿りの教義を正式に制定した。カトリック教会の福者。ピオ9世と表記されることもある。.

新しい!!: 19世紀とピウス9世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ピエール・ルイス

ピエール・ルイス(Pierre Louÿs、1870年12月10日-1925年6月4日)は、ベルギー生まれのフランスの詩人、小説家。 高踏派の流れを汲む象徴主義の詩人であると共に、古代ギリシアに関する該博な知識に彩られた官能的なヘレニズム世界を描いた作家として知られる。 また、若き日のジッド、ヴァレリー、ドビュッシー、ワイルドらと親しく交わり、彼らに影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とピエール・ルイス · 続きを見る »

ピエール・ロティ

ピエール・ロティ(Pierre Loti 1850年1月14日−1923年6月10日)はフランスの作家。本名はルイ・マリー=ジュリアン・ヴィオー(Louis Marie-Julien Viaud)。フランス海軍士官として世界各地を回り、その航海中に訪れた土地を題材にした小説や紀行文、また、当地の女性との恋愛体験をもとにしたロマンチック小説を多く書き残した。.

新しい!!: 19世紀とピエール・ロティ · 続きを見る »

ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ

''貧しき漁夫''(1881年)(オルセー美術館) ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes, 1824年12月14日 - 1898年10月24日)は、19世紀のフランスの画家。 世代的にはクールベやマネなどとほぼ同時代だが、シャヴァンヌの作風は写実主義、印象派、アカデミズムのいずれとも一線を画している。しいて分類すれば象徴主義ということになろうが、19世紀フランスにおいて位置付けのむずかしい画家である。物語風の伝統を受け継ぎつつ、自然の風景と人物像が調和した独自の作風を作り上げ、後の世代に大きな影響を与えた。フランスに留学した日本人画家が多数そのアトリエを訪れたことも知られる。倉敷の大原美術館に作品が収蔵されていることもあり、日本では比較的早くから雑誌『白樺』などで紹介され、当時留学中の黒田清輝らも訪問していた。フランスを代表する巨匠として高く評価され、大規模な壁画の仕事を次々とこなす一方、多数の肖像画も描いた。神々や聖人を描きながらもシャヴァンヌの作品はその芸術が静かに湛える自然の息吹こそが多くの画家たちをひきつけた。パブロ・ピカソもその一人で、美術館に何回も足を運び、シャヴァンヌの絵を模写していたという逸話が残されている。.

新しい!!: 19世紀とピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ · 続きを見る »

ピエール・フランソワ・ラスネール

ピエール・フランソワ・ラスネール(Pierre François Lacenaire、1800年12月20日 - 1836年1月9日)は、フランスの犯罪者、詩人。リヨン出身。.

新しい!!: 19世紀とピエール・フランソワ・ラスネール · 続きを見る »

ピエール・ド・クーベルタン

ーベルタン男爵ピエール・ド・フレディ(Pierre de Frédy, baron de Coubertin, 1863年1月1日 - 1937年9月2日)は、フランスの教育者であり、古代オリンピックを復興させ近代オリンピックの基礎を築いた創立者である。一般にピエール・ド・クーベルタン男爵と呼ばれる。フリーメイソン。.

新しい!!: 19世紀とピエール・ド・クーベルタン · 続きを見る »

ピエール・ジャネ

ピエール・ジャネ ピエール・ジャネ(Pierre Janet、1859年5月30日 - 1947年2月24日)はフランスの心理学者、精神科医。1898年からソルボンヌ大学講師、1902年からコレージュ・ド・フランス教授を務めた。 1859年にパリのリュクサンブール宮殿公園近くのマダーム街46に生まれる。ポール・ジャネの甥であり、弟にジュール・ジャネがいる。サント・バルブ・デ・シャン学院で初等教育を受ける。15歳でうつ病となる。その後うつ病と闘病となる。1878年にバカロレア(大学入学資格試験)に合格、1880年に文学士。1881年、科学系の大学入学資格者の資格を得て1882年に哲学教授資格試験に合格(2位)、ジャン.

新しい!!: 19世紀とピエール・ジャネ · 続きを見る »

ピエール・ジョゼフ・プルードン

ピエール・ジョゼフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon ;1809年1月15日-1865年1月19日)は、フランスの社会主義者、無政府主義者。無政府主義の父と言われる。.

新しい!!: 19世紀とピエール・ジョゼフ・プルードン · 続きを見る »

ピエール=オーギュスト・ルノワール

ピエール=オーギュスト・ルノワール(、1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家。後期から作風に変化が現れ始めたので、ポスト印象派の画家の一人として挙げられることもある。.

新しい!!: 19世紀とピエール=オーギュスト・ルノワール · 続きを見る »

ピエトロ・マスカーニ

ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni, 1863年12月7日リヴォルノ - 1945年8月2日ローマ)は、イタリアのオペラ作曲家、指揮者。.

新しい!!: 19世紀とピエトロ・マスカーニ · 続きを見る »

テメレーア (戦列艦)

テメレーア (HMS Temeraire, 1798) はイギリス海軍の軍艦で98門搭載の2等戦列艦。トラファルガー海戦に参加した。世界的にはターナーの絵画に描かれたことで著名。同名の軍艦としてはイギリス海軍では2代目である。.

新しい!!: 19世紀とテメレーア (戦列艦) · 続きを見る »

テトゥアン

テトゥアン(ベルベル語: Tiṭṭawin, ティタウィン; تطوان; Tetuán; Tétouan; Tetouan, Tittawin)は、モロッコ北部にある町。モロッコの地中海側にあり、北に40kmほどのところには地中海と大西洋を分かつジブラルタル海峡がある。タンジールからは東へ60km、ジブラルタル海峡に面したスペインの飛び地セウタからは南へ40km。町の周辺には主要道路が通っており、中心部の6km東にはサニア・ラメル空港がある。人口は2004年国勢調査で320,539人。1997年に「テトゥアン旧市街」(テトゥアンのメディーナ)がユネスコの世界遺産として登録された。.

新しい!!: 19世紀とテトゥアン · 続きを見る »

ティルジットの和約

ティルジットの和約(ティルジットのわやく、Paix de Tilsit, Peace of Tilsit)は、ナポレオン戦争中の1807年7月に、東プロイセンのネマン川沿いの町ティルジット(現・ロシア連邦カリーニングラード州ソヴィェツク)で結ばれた講和条約である。ティルジット講話条約(ティルジットこうわじょうやく、仏:Traités de Tilsit, 英:Treaties of Tilsit)とも呼ばれる。7月7日にフランスとロシアが、7月9日にフランスとプロイセンが条約を締結した。この条約により、プロイセンは国際社会での地位を後退させ、フランスとロシアとの間には協調関係が成立した。.

新しい!!: 19世紀とティルジットの和約 · 続きを見る »

ティーボー

ティーボー王(Thibaw Min, 1859年1月1日 - 1916年12月19日)は、コンバウン王朝の最後の国王(在位:1878年10月1日 - 1885年11月29日)。.

新しい!!: 19世紀とティーボー · 続きを見る »

テオフィル・ゴーティエ

ピエール・ジュール・テオフィル・ゴーティエ (Pierre Jules Théophile Gautier,1811年8月30日 - 1872年10月23日)は、フランスの詩人・小説家・劇作家。文芸批評、絵画評論、旅行記も残した。日本では「ゴーチエ」とも表記される。また、よりフランス語の発音に近い表記は「ゴティエ」である。.

新しい!!: 19世紀とテオフィル・ゴーティエ · 続きを見る »

テオドロス2世 (エチオピア皇帝)

肖像画 テオドロス2世(Téwodros II, 1818年 - 1868年4月13日)は、エチオピア帝国の皇帝(在位:1855年 - 1868年)。即位前の名はカッサ・ハイル。戦国時代さながらの「ラス達の時代」を終わらせた「中興の祖」とされ、強力な国家を作るために近代化政策を推進した。先代は サハレ・デンゲル。.

新しい!!: 19世紀とテオドロス2世 (エチオピア皇帝) · 続きを見る »

テオドール・モムゼン

テオドール・モムゼン(Theodor Mommsen、1817年11月30日 - 1903年11月1日)は、ドイツの歴史家、法学者、政治家。19世紀を代表する知識人で、古代ローマ史を専門とし、ローマ帝国史の編纂などの仕事がある。.

新しい!!: 19世紀とテオドール・モムゼン · 続きを見る »

テオドール・ヘルツル

テオドール・ヘルツル(בנימין זאב הרצל(Binyamin Ze'ev Herzl、ビニャミン・ゼエヴ・ヘルツェル)、Herzl Tivadar、、1860年5月2日 - 1904年7月3日)は、失われた祖国イスラエルを取り戻すシオニズム運動を起こした一人。 1968年発行の旧100イスラエル・リラ紙幣から1978年発行の旧10シェケル紙幣まで肖像が使用されていた。.

新しい!!: 19世紀とテオドール・ヘルツル · 続きを見る »

テオドール・ジェリコー

The 1821 Derby at Epsom テオドール・ジェリコー(Théodore Géricault、1791年9月26日 - 1824年1月26日)は、19世紀前半に活動したフランスの画家。同時代に起きた生々しい事件を題材とした『メデューズ号の筏』が代表作である。ジェリコーの作品はドラクロワなどにも影響を与え、ロマン派絵画の先駆者と見なされるが、画業半ばの32歳で早世している。.

新しい!!: 19世紀とテオドール・ジェリコー · 続きを見る »

テキサス州

テキサス州(State of Texas)は、アメリカ合衆国の州のひとつ。略称はTX。合衆国本土南部にあり、メキシコと国境を接している。.

新しい!!: 19世紀とテキサス州 · 続きを見る »

テキサス共和国

historicalテキサス共和国国旗 (1836 - 1839) historicalテキサス共和国国旗 (1839 - 1845) テキサス共和国(テキサスきょうわこく、Republic of Texas)は、メキシコ合衆国のコアウイラ・イ・テハス州のうち現在の米国テキサス州およびその周囲の地域がテハス州として分離、その後独立して短期間(1836年 - 1845年)存在した共和国。米国への併合により消滅した。 1834年までに、テキサスにはスティーブン・オースティンの仲介によって約750世帯の米国人入植者があった。入植者らが起こしたアラモの戦いをはじめとするテキサス独立戦争の末、1836年にテキサス共和国が成立、初代大統領にはテキサス軍を指揮したサミュエル・ヒューストンが選ばれた。1837年にアメリカ合衆国の承認を得て、1837年にはフランス、その後他の欧州各国に承認された中野2010, p.26。 メキシコは、テキサスがその独立の根拠であるとする自体が不当なものであるとして認めておらず、もちろん批准もしていなかった。メキシコ国内の世論は「テキサス奪還」が強く、テキサス共和国の米国との合併も回避したかったが、国内情勢が不安定なメキシコにとってはそのための態勢を取るには至らず、戦費を調達することもままならなかった中野2010, p.27。一方でイギリスとフランスの両国は、米国との合併をしないという条件のもとでテキサス共和国を承認するようメキシコに勧めた中野2010, p.28。特にイギリスは、アメリカとのオレゴン地域の領有権の争いに加えて、アメリカの国力増大を阻止したかった。イギリスとしては、テキサス共和国は綿花などの一次産品の供給地として、また自国の商品の供給地として、魅力があった。 しかしテキサス併合はテキサス住民の総意であり、また米国が望むことでもあった、1845年に28番目の州として米国に併合され、翌年からの米墨戦争のきっかけとなった。.

新しい!!: 19世紀とテキサス共和国 · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: 19世紀とデンマーク · 続きを見る »

デン・ハーグ

デン・ハーグ( デン・ハーハ/ スフラーフェンハーヘ、日本語では多くハーグ)は、北海沿岸に位置するオランダ南ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、同州の州都。事実上のオランダの首都で、アムステルダムとロッテルダムに次ぐオランダ第3の都市でもある。 スターテン・ヘネラールと称されるオランダ議会の議事堂が所在している。議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を担う、国内政治の中心都市である。そのほかにも、国際司法裁判所や旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷、国際刑事裁判所等の重要な国際機関が複数置かれ、「平和と司法の街」とも呼ばれる。一般に首都とされているアムステルダムは、憲法において首都と規定され、かつ王宮も存在する(ただし実質的には離宮)ものの、歴史的に首都機能はハーグが担ってきている。 イングランド王ジェームズ2世が亡命してきたり、逆にオランダ王ウィレム2世をイギリスへ亡命させたりした、緊密な英蘭関係を象徴する都市である。ロイヤル・ダッチ・シェルの本社がある。 北海に面した郊外に、行楽地であるスヘフェニンゲンがある。.

新しい!!: 19世紀とデン・ハーグ · 続きを見る »

デンプン

デンプン(澱粉、amylum、starch)とは、分子式(C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。陸上植物におけるグルコース貯蔵の一形態であり、種子や球根などに多く含まれている。 高等植物の細胞において認められるデンプンの結晶(デンプン粒)やそれを取り出して集めたものも、一般にデンプンと呼ばれる。デンプン粒の形状や性質(特に糊化特性)は起源となった植物の種類によりかなり異なる。トウモロコシを原料として取り出したものを特にコーンスターチと呼ぶ。.

新しい!!: 19世紀とデンプン · 続きを見る »

デヴィッド・リカード

デヴィッド・リカード(、1772年4月19日 - 1823年9月11日)は、自由貿易を擁護する理論を唱えたイギリスの経済学者。各国が比較優位に立つ産品を重点的に輸出する事で経済厚生は高まる、とする「比較生産費説」を主張した。スミス、マルクス、ケインズと並ぶ経済学の黎明期の重要人物とされるが、その中でもリカードは特に「近代経済学の創始者」として評価されている。.

新しい!!: 19世紀とデヴィッド・リカード · 続きを見る »

デイヴィッド・リヴィングストン

デイヴィッド・リヴィングストン(David Livingstone、1813年3月19日 - 1873年5月1日)は、スコットランドの探検家、宣教師、医師。 ヨーロッパ人で初めて、当時「暗黒大陸」と呼ばれていたアフリカ大陸を横断した。また、現地の状況を詳細に報告し、アフリカでの奴隷解放へ向けて尽力した人物でもある。 1971年からスコットランドでのポンド紙幣発行権を持つ銀行の一つ、クライズデール銀行が発行する10ポンド紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 19世紀とデイヴィッド・リヴィングストン · 続きを見る »

デイヴィッド・クロケット

デヴィー・クロケット デイヴィッド・クロケット(David crockett、1786年8月17日 - 1836年3月6日)はアメリカ合衆国の軍人、政治家。テキサス独立を支持し、アラモの戦いで戦死した。アメリカの国民的英雄である。一般にはデヴィー・クロケット(Davy Crockett)として知られる。.

新しい!!: 19世紀とデイヴィッド・クロケット · 続きを見る »

デカブリストの乱

デカブリストの乱(デカブリストのらん、Восстание декабристов, Decembrist revolt)は、1825年12月14日(グレゴリオ暦12月26日)にロシア帝国で起きた反乱事件。 デカブリストとは、武装蜂起の中心となった貴族の将校たちを指し、反乱が12月(ロシア語でデカーブリ、 Декабрь)に起こされたことからデカブリスト(十二月党員)の名で呼ばれた。デカブリストの乱は、ロシア史上初のツァーリズム(皇帝専制)打破と農奴解放を要求した闘争と位置づけられ、以後のロシアにおける革命運動に大きな影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とデカブリストの乱 · 続きを見る »

フョードル・ドストエフスキー

フョードル・ドストエフスキー(ヴァシリー・グリゴリエヴィチ・ペロフ画) フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(p、1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪である。 その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。反ユダヤ主義者としても知られる。.

新しい!!: 19世紀とフョードル・ドストエフスキー · 続きを見る »

フランチェスコ2世 (両シチリア王)

フランチェスコ2世(Francesco II, 1836年1月16日 - 1894年12月28日)は両シチリア王国最後の国王(在位:1859年 - 1860年)。あだ名はフランチェスキエッロ(Franceschiello)。前王フェルディナンド2世と王妃マリーア・クリスティーナ(サルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世と王妃マリーア・テレーザの王女)の間に生まれた。従って自らを廃位に追い込んだイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世とは親戚関係にある。.

新しい!!: 19世紀とフランチェスコ2世 (両シチリア王) · 続きを見る »

フランツ2世

フランツ2世(、1768年2月12日 - 1835年3月2日)は、神聖ローマ帝国最後のローマ皇帝(在位:1792年 - 1806年)。最初のオーストリア皇帝フランツ1世(、在位:1804年 - 1835年)でもある。ハンガリー国王としてはフェレンツ1世(、在位:1792年 - 1835年)、ベーメン国王としてはフランティシェク2世(、在位:1792年 - 1835年)である。ハプスブルク=ロートリンゲン家の君主で、全名はフランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(ドイツ語:Franz Joseph Karl von Habsburg-Lothringen)。.

新しい!!: 19世紀とフランツ2世 · 続きを見る »

フランツ・ヨーゼフ1世

フランツ・ヨーゼフ1世(、1830年8月18日 - 1916年11月21日)は、オーストリア皇帝(在位:1848年 - 1916年)。ハンガリー国王などを兼ねた。 全名はフランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン()。ハンガリー国王としてはフェレンツ・ヨージェフ1世()、オーストリア帝国内のベーメン国王としてはフランティシェク・ヨゼフ1世()である。 68年に及ぶ長い在位と、国民からの絶大な敬愛から、オーストリア帝国(オーストリア=ハンガリー帝国)の「国父」とも称された。晩年は「不死鳥」とも呼ばれ、オーストリアの象徴的存在でもあった。皇后は美貌で知られるエリーザベトである。後継者となった最後の皇帝カール1世は統治期間が2年に満たなかったため、しばしばオーストリア帝国の実質的な「最後の」皇帝と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とフランツ・ヨーゼフ1世 · 続きを見る »

フランツ・リスト

フランツ・リスト(、、1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活躍したピアニスト・作曲家。 自身の生地であるハンガリー王国(当時はオーストリア帝国支配下の版図内)を祖国と呼び、ハンガリー人としてのアイデンティティを抱いていたことから、死後も「ハンガリー」の音楽家として認識・記述されることが多い。しかしながら、その一方で生涯ハンガリー語を習得することはなく、両親の血統、母語、最も長い活動地のいずれも「ドイツ」に属し、当時の中東欧に多数存在したドイツ植民の系統でもある。このような複雑な出自や、ハンガリー音楽を正確に把握していたとは言い難い作品歴から、非音楽大国系の民族運動としての国民楽派に含めることは殆どなく、多くはドイツロマン派の中に位置づけられる。ただし、祖父母4人ともがドイツ圏に出自を持つその民族性を強調することは、その作品を好み『前奏曲』などをテーマ音楽的に用いたナチスの記憶につながることもあり、今日ではあまり奨励されない。 ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をした。また、作曲家としては新ドイツ楽派の旗手、および交響詩の創始者として知られる。ハンス・フォン・ビューローをはじめとする多くの弟子を育成した。.

新しい!!: 19世紀とフランツ・リスト · 続きを見る »

フランツ・ブレンターノ

フランツ・ブレンターノ(、1838年1月16日 - 1917年3月17日)は、オーストリアの哲学者・心理学者。その哲学思想は、エドムント・フッサールの現象学やアレクシウス・マイノングの対象論などに多大な影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とフランツ・ブレンターノ · 続きを見る »

フランツ・グリルパルツァー

フランツ・グリルパルツァー(Franz Grillparzer, 1791年1月15日 - 1872年1月21日)は、オーストリアの劇詩人。.

新しい!!: 19世紀とフランツ・グリルパルツァー · 続きを見る »

フランツ・シューベルト

フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、歌曲の王と呼ばれることもある。 後述の理由により、本稿ではシューベルトの作品番号として「D.○○」を用いず「D○○」という表記を採用する。.

新しい!!: 19世紀とフランツ・シューベルト · 続きを見る »

フランティシェク・パラツキー

フランティシェク・パラツキー(František Palacký、1798年6月14日 - 1876年5月26日)は、19世紀に活動したチェコの歴史家、政治家。 チェコで流通している1000コルナ紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 19世紀とフランティシェク・パラツキー · 続きを見る »

フランクフルト国民議会

フランクフルト国民議会の様子 フランクフルト国民議会(フランクフルトこくみんぎかい、Frankfurter Nationalversammlung)は、1848年から1849年にかけてフランクフルト・アム・マインで開催された議会。憲法制定を通じた自由主義的なドイツ統一を図り、その統一方式などを討議したが、最終的にはオーストリア帝国、プロイセン王国といった有力君主国の支持を得られず頓挫した。正式名称は「憲法制定ドイツ国民議会」。.

新しい!!: 19世紀とフランクフルト国民議会 · 続きを見る »

フランクフルト講和条約

フランクフルト講和条約(フランクフルトこうわじょうやく、Le traité de Francfort、Friede von Frankfurt)は、普仏戦争における講和条約で、1871年、フランスがドイツ帝国に降伏した際に取り結ばれた。普仏戦争は1871年5月10日フランクフルト講和条約によって終結した。 普仏戦争の開始時点ではフランス帝国とプロイセン王国を中心とするドイツ諸国の戦争であった。しかしフランスが降伏した時点でドイツ統一政府が成立していた為、ドイツとフランスの講和条約という解釈が一般的である。.

新しい!!: 19世紀とフランクフルト講和条約 · 続きを見る »

フランシスコ・デ・ゴヤ

自画像(1815年) フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(, 1746年3月30日 - 1828年4月16日)は、スペインの画家。ディエゴ・ベラスケスとともにスペイン最大の画家と謳われる。ベラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。.

新しい!!: 19世紀とフランシスコ・デ・ゴヤ · 続きを見る »

フランシスコ・ソラーノ・ロペス

フランシスコ・ソラーノ・ロペス・カリージョ(Francisco Solano López Carrillo、1826年7月24日 - 1870年3月1日)は、パラグアイの政治家。初代大統領カルロス・アントニオ・ロペスの長男で、1862年に父の死を受けて第2代大統領に就任した。 早い段階で父から後継者として認められていたようで、1853年には全権大使として1年半をかけてイギリス、イタリア、フランスなどの西欧諸国を歴訪している。特に強い影響を受けたのはフランス第二帝政と皇帝ナポレオン3世であったようである。祖国に帰ってパラグアイ軍の責任者になると、早速軍服をフランス第二帝政と同じものに変更し、ナポレオン3世の王冠のレプリカを作らせている。また、この歴訪中にパリでアイルランド人の高級娼婦(クルチザンヌ)であったエリサ・リンチを見初め、彼女を伴って帰国している。 父の残した強力な軍隊を使って1864年からパラグアイと似たような立場にあったウルグアイの中立を巡って三国同盟戦争を引き起こしたが、事前に約束していたアルゼンチン連邦派の指導者フスト・ホセ・デ・ウルキーサの支援が得られず、また、ウルグアイでコロラド党がブラジル軍の支援を受けてブランコ党との内戦に勝利し、親ブラジル派政府が成立したため、当初のアルゼンチン、ウルグアイの協力の下でブラジル帝国と戦うという構想は崩れ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの三国同盟を敵に回して戦うことになってしまった。 アルゼンチンのバルトロメ・ミトレ大統領が3か月で終わると豪語した戦争は5年以上続き、ソラーノ・ロペスは国民を率いて最後まで勇敢に戦ったが、ブラジル軍の追撃を受け、1870年にで戦死した。 三国同盟戦争で国土を破壊しつくされ、人口の半分以上が戦死したパラグアイは酸鼻を極めたが、1926年にパラグアイ議会で祖国を防衛した英雄として最初にロペスの名誉回復がなされた。その後、1936年にクーデターで政権を握ったチャコ戦争の英雄ラファエル・フランコ大佐からも名誉回復がなされ、現在はマリスカル・ロペス(ロペス元帥)と呼ばれて広く国民から尊敬されている。.

新しい!!: 19世紀とフランシスコ・ソラーノ・ロペス · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 19世紀とフランス · 続きを見る »

フランス7月革命

フランス7月革命(フランスしちがつかくめい、La Révolution de Juillet)は、1830年7月27日から29日にフランスで起こった市民革命である。フランスでは栄光の三日間(Trois Glorieuses)とも言う。 これにより、1815年の王政復古で復活したブルボン朝は再び打倒された。ウィーン体制により構築された正統主義は部分的に崩壊し、ブルジョワジーの推すルイ・フィリップが王位に就いた。その影響はヨーロッパ各地に波及し、ウィーン体制を揺るがせた。.

新しい!!: 19世紀とフランス7月革命 · 続きを見る »

フランス皇帝

フランス皇帝(フランスこうてい、仏語: Empereur des Français)、より正確にはフランス人民の皇帝は、ナポレオン・ボナパルトが1804年5月14日にフランス元老院から授けられ、同年12月2日にパリのノートルダム大聖堂にてナポレオンの帝冠で皇帝に戴冠したことに始まる、ボナパルト朝で用いられた称号である。後述するように、「フランスの」(de France)君主ではなく、あくまで「フランス人民の」(des Français)君主であることを強調した称号であるが、日本語訳ではフランス皇帝と縮められることも多い。.

新しい!!: 19世紀とフランス皇帝 · 続きを見る »

フランス第三共和政

フランス第三共和政(フランスだいさんきょうわせい、Troisième République)は、普仏戦争さなかの1870年に樹立したフランスの共和政体。1940年にナチス・ドイツのフランス侵攻によるヴィシー・フランス成立まで存続した。 初期は議会で君主制の復権を掲げる勢力が多数だったが、君主の性質などをめぐりボナパルティスト・王党派など様々な対立があり機を逃した。最終的にレジティミストの推すシャンボール伯アンリが1883年に没すると世論は共和政容認が大勢となり、選挙でも共和派が多数を占めた。結果として、王政復古の望みは潰えて「共和政」の名が公的に現れるようになった。 1875年憲法は第三共和制にその基礎となる二院制(上院(元老院)と下院(代議院))の一元主義型議院内閣制を制定した。また、任期7年の共和国大統領が名目的元首となり両院による多数決で選出されることが定められた。 第三共和制下では新たな植民地、インドシナ、マダガスカル、ポリネシア、大規模な領土西アフリカを含むアフリカ領土を20世紀までに獲得した。 20世紀初頭の議会政治は中道右派の民主共和同盟によって進められた。そもそも民主共和同盟は中道左派勢力と結集したが、共和制が定着するにつれて保守勢力となった。第一次世界大戦以降、特に30年代後半に急進党を中心にした左派との政治的対立が激化した。第二次世界大戦によるナチスドイツによる占領、フィリップ・ペタンを主席とするヴィシー政権が誕生したことでフランス第三共和政は終焉を迎えた。 フランス第三共和政は70年で歴史を終えたが、1789年のアンシャン・レジーム崩壊以降の政体としては現在のフランス第五共和政も含めて最長のものとなった。.

新しい!!: 19世紀とフランス第三共和政 · 続きを見る »

フランス第一帝政

フランス第一帝政(フランスだいいちていせい)は、1804年から1814年および1815年まで存続した、皇帝ナポレオン1世が支配する強力な軍事力を後ろ盾とした軍事独裁政権。大陸軍(グランダルメ)と命名された巨大な陸軍組織が国家の柱石だった。.

新しい!!: 19世紀とフランス第一帝政 · 続きを見る »

フランス第二帝政

フランス第二帝政(フランスだいにていせい、Second Empire Français)は、1852年から1870年まで存在した君主政体。ナポレオン・ボナパルトの甥であるルイ=ナポレオン(ナポレオン3世)が1851年12月2日にによって議会を解散し、新たな憲法を制定した上で国民投票によってフランス皇帝に即位した。 第二共和政期において、とりわけ六月蜂起後に保守・反動化した議会は、幅広い民衆の支持を得ることに失敗していた。こうして反議会に傾いた民衆をルイ=ナポレオン大統領は取り込むことに成功した。クーデターによる議会打倒を経て成立した第二帝政(第二帝国)は、権威主義的・反議会主義的な統治体制である一方、国民投票によって指導者を選出し、幅広い民衆に支持基盤をおいた点で、人民主権的、民主主義的な性格も有していた。.

新しい!!: 19世紀とフランス第二帝政 · 続きを見る »

フランス第二共和政

フランス第二共和政(フランスだいにきょうわせい、Deuxième République)は、1848年の二月革命から1852年のナポレオン3世皇帝即位(第二帝政の成立)までの期間のフランスの政体を指す。 第二共和政の発足当初はブルジョワと社会主義者の協調が図られたが、実際の政策運営にあたって対立が先鋭化し、六月蜂起へと至った。これにより保守化したブルジョワ・農民は社会的安定を求めて強力な指導者を求め、一方で新政府に失望した労働者も強力な指導者による保護を求めた。こうした中、ナポレオン1世の威光を帯びたルイ=ナポレオン・ボナパルトが各層の広範な支持を得て権力を掌握し、1852年に皇帝に即位したことで第二共和政は崩壊した。本項は1848年のフランス革命の続きである。.

新しい!!: 19世紀とフランス第二共和政 · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: 19世紀とフランス革命 · 続きを見る »

フランス領インドシナ

フランス領インドシナ フランス領インドシナ(フランスりょうインドシナ、l'Indochine française、, 法属印度支那)は、1887年から1954年まで、大日本帝国により占領された一時期を除きフランスの支配下にあったインドシナ半島(インドシナ)東部地域である。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域に相当する。仏印(ふついん)とも略する。.

新しい!!: 19世紀とフランス領インドシナ · 続きを見る »

フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー

フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー(François Pierre Guillaume Guizot, 1787年10月4日 - 1874年9月12日)は、フランスの政治家・歴史家、首相(在任:1847年9月19日 - 1848年2月23日)。.

新しい!!: 19世紀とフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾー · 続きを見る »

フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン

フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン(シャトブリアン、François-René de Chateaubriand 、1768年9月4日 - 1848年7月4日)は、フランス・ウィーン体制下の政治家で、作家としても知られる。.

新しい!!: 19世紀とフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン · 続きを見る »

フリードリッヒ・リスト

フリードリッヒ・リスト(Friedrich List, 1789年8月6日 - 1846年11月30日)は、19世紀のドイツ人経済学者。ドイツ歴史学派の先駆者。ナショナルシステムまたは後にと呼ばれるいくつかの理論を発展させた。初期の欧州統一理論家であるとされ、その考えは欧州経済共同体の礎となった。.

新しい!!: 19世紀とフリードリッヒ・リスト · 続きを見る »

フリードリヒ・マックス・ミュラー

フリードリヒ・マックス・ミュラー フリードリヒ・マックス・ミュラー(Friedrich Max Müller, 1823年12月6日 - 1900年10月28日)は、ドイツに生まれ、イギリスに帰化したインド学者(サンスクリット文献学者)、東洋学者、比較言語学者、比較宗教学者、仏教学者。 父は詩人として知られるヴィルヘルム・ミュラー(シューベルトが曲をつけた『美しき水車小屋の娘』『冬の旅』が有名)。イギリス首相を4度務めたウィリアム・グラッドストンとは親友であり、ヴィクトリア女王とも親交があった。息子の(1862年 – 1919年)はドイツで学んだ後アメリカへ渡り、エジプト学の研究者になった。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・マックス・ミュラー · 続きを見る »

フリードリヒ・フレーベル

フリードリヒ・ヴィルヘルム・アウグスト・フレーベル(Friedrich Wilhelm August Fröbel, 1782年4月21日 - 1852年6月21日)は、ドイツの教育学者。幼児教育の祖。ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチに啓発され、彼の初等教育のやり方をより小さい子供たちの教育に当てはめて、幼児の心の中にある神性をどのようにして伸長していけるか、ということに腐心。小学校就学前の子供たちのための教育に一生を捧げた。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・フレーベル · 続きを見る »

フリードリヒ・ニーチェ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、哲学教授職を希望しつつも、バーゼル大学古典文献学教授となり、辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。 なお、ドイツ語では、「ニーチェ」(フリードリヒ  ヴィルヘルム  ニーチェ )のみならず「ニーツシェ」とも発音される。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・ニーチェ · 続きを見る »

フリードリヒ・エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。 盟友であるカール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築し、労働者階級の歴史的使命を明らかにした。マルクスを公私にわたり支え、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・エンゲルス · 続きを見る »

フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー

フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー(Friedrich Carl von Savigny, 1779年2月21日 - 1861年10月25日)は、ドイツのローマ法学者。近代私法(民法・国際私法)の基礎を築いた法学者であり、大学教授、またプロイセンの枢密顧問 (Staatsrat)、裁判官、法律改正大臣でもあった。妻のクニグンデ・ブレンターノはブレンターノ兄弟姉妹の1人。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー · 続きを見る »

フリードリヒ・シュライアマハー

フリードリヒ・ダニエル・エルンスト・シュライアマハー(, 1768年11月21日 - 1834年2月12日)は、ドイツの敬虔主義の影響にある神学者・哲学者・文献学者。日本語ではシュライエルマッヘル、シュライエルマッハー、シュライアーマッハー、シュライアマッハーとも表記されるが、日本シュライアマハー協会は、原音に近い簡明な日本語表記として「シュライアマハー」で統一しようとウェブサイト上で提案している。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・シュライアマハー · 続きを見る »

フリードリヒ・シュレーゲル

フリードリヒ・シュレーゲル フリードリヒ・シュレーゲル(Karl Wilhelm Friedrich von Schlegel, 1772年3月10日 - 1829年1月11日)はドイツ初期ロマン派の思想家・文芸評論家・詩人・小説家。 文学、哲学、歴史、政治、宗教を包括する彼の思想の領域は広大であり、特にカトリックへの改宗はその思想内容に大きな謎を与えている。彼のロマン主義理論と思想研究は、19世紀のドイツ文学界に多大な影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・シュレーゲル · 続きを見る »

フリードリヒ・シェリング

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング(Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling、1775年1月27日 - 1854年8月20日)は、ドイツの哲学者である。カント、フィヒテ、ヘーゲルなどとともにドイツ観念論を代表する哲学者のひとり。.

新しい!!: 19世紀とフリードリヒ・シェリング · 続きを見る »

フレデリック・レイトン

自画像。1880年 初代レイトン男爵フレデリック・レイトン (Frederic Leighton, 1st Baron Leighton, PRA, 1830年12月3日 - 1896年1月25日)は、イギリスの画家・彫刻家。作品は歴史、聖書、古典的題材がほとんどである。.

新しい!!: 19世紀とフレデリック・レイトン · 続きを見る »

フレデリック・ダグラス

フレデリック・ダグラス(Frederick Douglass、1818年 - 1895年2月20日)は、アメリカ合衆国メリーランド州出身の元奴隷、奴隷制度廃止運動家、新聞社主宰、政治家。 編集・講演・執筆・政治家としての活動を通して、奴隷制廃止論を唱えたアフリカ系アメリカ人の活動家である。その強硬な姿勢から「アナコスティア(ワシントンD.C.南東部の地域)・ライオン」などと呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀とフレデリック・ダグラス · 続きを見る »

フレデリック・ショパン

フレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin 、国際音声記号による発音表記は 。 、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名だった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人フランス語 le poète du piano、ポーランド語 poeta fortepianu、英語 the poet of the piano、ドイツ語 der Poet am Klavierなど。とも呼ばれるように、様々な形式・美しい旋律・半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。夜想曲やワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地だった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。 1988年からポーランドで発行されていた5000ズウォティ紙幣に肖像が使用されていた。また、2010年にもショパンの肖像を使用した20ズウォティの記念紙幣が発行されている。2001年、ポーランド最大の空港「オケンチェ空港(Port lotniczy Warszawa-Okęcie)」が「ワルシャワ・ショパン空港」に改名された。.

新しい!!: 19世紀とフレデリック・ショパン · 続きを見る »

フレデリック・タウンゼント・ウォード

フレデリック・タウンゼント・ウォード(Frederick Townsend Ward,1831年11月29日 - 1862年9月21日)はアメリカ人の船乗り・軍人。中国名は華爾。19世紀半ばに勃発した太平天国の乱に際して常勝軍を組織したが、その戦いの中で戦死した。.

新しい!!: 19世紀とフレデリック・タウンゼント・ウォード · 続きを見る »

フレデリク・バルトルディ

フレデリック・オーギュスト・バルトルディ(Frédéric Auguste Bartholdi、1834年8月2日 - 1904年10月4日)はフランスの彫刻家。オーギュスト・バルトルディとして知られる。.

新しい!!: 19世紀とフレデリク・バルトルディ · 続きを見る »

フロリダ州

フロリダ州(State of Florida )は、アメリカ合衆国東南部の州である。メキシコ湾と大西洋に挟まれるフロリダ半島の全域を占め、北はジョージア州とアラバマ州に接しており、サンベルトと呼ばれる比較的気候が温暖な州の1つである。 フロリダ州の面積は170,306 km2 (65,758 mi2) で、50州の中で22位であるが、海岸線の長さは約1,900 km (1,200 マイル) あり、大陸48州の中では最長である。 フロリダ州は北部と中部が亜熱帯、南部は熱帯に属して概して暖かいので、「サンシャインステート(日光の州)」という渾名がある。2009年の推計人口は18,537,969人となっており、全米50州の中で第4位である。州都はタラハシー (Tallahassee) 、人口最大の都市はジャクソンビル (Jacksonville)、その他主な都市としてはマイアミ (Miami)、タンパ (Tampa)、オーランド (Orlando)などがあり、マイアミ都市圏は人口500万人以上を抱える州内最大の都市圏になっている。 ケネディ宇宙センター、スペースポート・フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールド・オブ・フロリダなどがあることで有名で、アメリカでも有数の観光地として知られている。.

新しい!!: 19世紀とフロリダ州 · 続きを見る »

フロンティア

フロンティア(frontier)とは、「最前線の」という意味であるが、別の意味としては「新天地の」として表現される。.

新しい!!: 19世紀とフロンティア · 続きを見る »

フローレンス・ナイチンゲール

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1910年8月13日)は、イギリスの看護師、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の母。病院建築でも非凡な才能を発揮した。クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。国際看護師の日(5月12日)は彼女の誕生日である。 ロンドンの聖トーマス病院に付属してナイチンゲール看護学校を設立、これは世界初の宗教系でない看護学校であり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンの一部となっている。 ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラトン学者、とも親しく交流した。.

新しい!!: 19世紀とフローレンス・ナイチンゲール · 続きを見る »

フンボルト大学ベルリン

アレクサンダー・フォン・フンボルトの像 ベルリン・フンボルト大学(Humboldt-Universität zu Berlin)またはフンボルト大学ベルリンは、ドイツのベルリンにある大学。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)に指定された11のエリート大学の一つ。 プロイセン王国に1810年、教育改革者で言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルトによってフリードリヒ・ヴィルヘルム大学 (Friedrich-Wilhelms-Universität) として創立された。ベルリンでは最も古い大学で、第二次世界大戦後にはフンボルト大学と改称され、ドイツ再統一後に現称となった。以下、本項では「フンボルト大学」と呼称する。.

新しい!!: 19世紀とフンボルト大学ベルリン · 続きを見る »

ファショダ事件

ファショダ事件(1898年)当時のアフリカ 南北に伸びるイギリスの植民地(黄色)と東西に伸びるフランスの植民地(赤色)の拡大政策が現在のスーダンで衝突した Kodok)と首都ハルツーム、ナイル川の位置関係(現在は南スーダンに位置する) ファショダ事件(ファショダじけん)は、1898年、アフリカ大陸の植民地化(アフリカ分割)を競う、イギリスの大陸縦貫政策とフランスの大陸横貫政策が衝突した事件である。この事件を契機として、英仏は接近することとなった。 イギリスは1815年、早くもアフリカ最南端のケープ植民地を領有して、その支配地を北に拡大し始めた。その後、1875年にはスエズ運河を確保し1882年にエジプトを事実上の保護国化した後、ナイル川に沿って南下し始めた。1885年、エジプト統治下のスーダンでマフディー教徒が蜂起し、スーダンを完全に支配下に置くために、10年間ほどイギリスの南下政策は停滞した(マフディー戦争)。しかしその後、イギリスは2万5千の大軍を動員し、鉄道を敷きながら南下し、マフディー教国を破ってスーダンを支配下に置いた。このとき、イギリス軍の先遣隊が、さらに南の(現南スーダン上ナイル州)にフランス国旗が掲げられていることを発見し、急遽、軍を派遣した。 フランスは1830年にアルジェリアに進出して以来、1881年にはチュニジアを、次いでセネガル、マリ、ニジェール、チャドのサハラ砂漠一帯を領有した。また、紅海沿岸のジブチ(仏領ソマリランド)を領有し、東部アフリカに橋頭保を築いた。 英領であるカイロとケープタウンを結ぶ直線と、仏領であるダカール(セネガル)とジブチを結ぶ直線は、スーダンのファショダ付近で交差する。このようにファショダは両国のアフリカ戦略上きわめて重要な地点に位置していた。 フランスはサヘル地域からさらに東部への進出を図って、マルシャン大尉率いる200名の武装探検隊を送った。一行はブラザビル(コンゴ)から蒸気船でウバンギ川を遡上し、ジャングルと砂漠地帯を横断し、1898年7月10日、ナイル河畔のファショダ村に到着した。 他方、キッチナー率いるイギリス軍の船隊はナイル川を南下して同年9月18日にファショダに到着した。 ファショダで遭遇したイギリス軍とフランス軍はあわや衝突かと思われた。しかし両軍の司令官(キッチナーと)の会見で、事態の処理を本国にゆだねることになった。 フランスの外相テオフィル・デルカッセはこの場面でイギリスとの軍事衝突を選ぶことは得策ではないと考えた。当時急速に勢力を拡大していたドイツとの衝突に備えてイギリスとの関係を悪化させることは避けるべきであったし、また、ドレフュス事件をはじめとする不祥事で当時のフランスの軍部は国民の信頼を失っており、遠くスーダンで戦争を遂行することは世論の賛同を得られないと思われたからである。結局、フランス軍が譲歩し、翌1899年ファショダから撤退した。 本事件は帝国主義の時代において英仏両国の関係が最も緊張した出来事であり、本事件以後、英仏関係は融和に向かうことになる。先述のとおりドイツ帝国の勢力拡大に直面した両国は、1904年、英仏協商を結んだ。その協商で、フランスはエジプト・スーダンでのイギリスの優越権を、イギリスはモロッコにおけるフランスの優越権をそれぞれ認めることで決着をみたのである。 その後、第一次世界大戦でイギリスが、敗北したドイツからドイツ領東アフリカ(タンガニーカ)を獲得したため、イギリスの大陸縦貫政策は完遂した。ファショダ事件でスーダンから撤退したため、フランスの横貫政策は成らなかったが、フランスはアフリカ大陸の西半分の広大な地とマダガスカルを領有し、事実上アフリカ大陸をイギリスと2分割したも同然であった。.

新しい!!: 19世紀とファショダ事件 · 続きを見る »

フアン・マヌエル・デ・ロサス

フアン・マヌエル・デ・ロサス (Juan Manuel de Rosas,1793年3月30日 - 1877年3月14日)は、アルゼンチンの政治家、軍人、カウディーリョ。同国史上、フアン・ペロンと並び評価の分かれる指導者である。 ブエノスアイレス出身。ロサス家は祖父の代にスペインのブルゴスから移住した家系であり、父は官僚でありながら、ブエノスアイレス南部の草原地帯で守備隊としてインディオとの戦いに従事した。ロサスの父は武勇に優れていたため、父の代には既にインディオからもロサスという姓は勇猛な人物として知られていた。ロサスはブエノスアイレス市内に生まれたが、幼少時に祖父の牧場で黒人の召使いを従えて乗馬や投げ縄を覚え、友好的なインディオから言葉を教わり、パンパに根付いていたアンダルシア風のギターを習得した。1806年にすると、少年でありながらロサスもポルテーニョ民兵隊に加わった。 成人してから事業を興し、牧場や肉の塩漬け処理場を一代で築いた財産家となり、その資産で私兵を雇ったり、貧しい人々に施しを与えた。ロサスは財産に加えてその容貌や嘘をつかない性格、州内一の「馬上の人」としての素質によりカリスマとなり、「青い眼のガウチョ」と呼ばれてガウチョや黒人といった底辺の人々からも尊敬されるようになった。 ブラジル戦争中に州権論の立場から大統領の中央集権的な首都令を批判することによって、連邦派(ブエノスアイレスの利権を取り上げようとする中央集権主義者に抵抗する保守派)の統領となり、1829年に統一派でいとこだったを打倒してブエノスアイレス州知事となった。全土の混乱を鎮めるためにロサスは州知事として連邦派のリトラルや内陸部のカウディージョと同盟を結び、統一派の中央集権同盟を打倒すると、アルゼンチンの内戦は小康状態に入った。 1832年に任期切れで州知事を退陣すると、私兵を率いて「」と呼ばれる軍事行動を起こし、インディオをブエノスアイレス州の領域からほぼ追い出した。この時に約6,000人のインディオが殺害された。 1835年に州知事に返り咲き、17年間独裁政治を行い反対派や自由主義者を弾圧した。ロサスは保護貿易政策を巡る英仏やウルグアイとの戦争(大戦争)を乗り越え、1850年には英仏両国を撤退に追いやった。この時期にロサスはフランスのブローニュ=シュル=メールに亡命していたアルゼンチンの解放者ホセ・デ・サン・マルティンからサーベルを贈られている。しかし、1852年に、腹心だったが反乱を起こすと、ウルキーサに(Batalla de Caseros)で敗れ、イギリス船に乗り込み、娘と共に亡命した。後の為政者とは違ってロサスは海外に資産を残さなかったため、サウサンプトンで困窮の内に死去した。 失脚後、自由主義者の政権により長らくロサスは「独裁王」、「暴君」、「南米のネロ」と呼ばれて独裁者の代表格として蛇蝎のように嫌われ、遺体は長らくアルゼンチンに入国することを拒まれてきた。しかし、1930年代のアルゼンチンにおける保守思想の復権の中で再評価の機運が生まれ、1982年のマルビナス戦争終結後にはアルゼンチン政府によって遺体は埋葬され、公式に再評価された。 現在のアルゼンチンではロサスの評価は二つに分かれる。一つは長らく公式の史観によって提示された、血に塗れた独裁者というものであり、もう一つは外国の干渉に耐えた偉大な愛国者といったものである。後者の立場は特に「ロシスモ」(Rosismo、ロサス主義)と呼ばれる。現行の20ペソ紙幣には、ロサスの肖像が使用されている。.

新しい!!: 19世紀とフアン・マヌエル・デ・ロサス · 続きを見る »

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796年2月17日 - 1866年10月18日)は、ドイツの医師・博物学者。標準ドイツ語での発音は「ズィーボルト」だが、日本では「シーボルト」で知られている。出島の三学者の一人。.

新しい!!: 19世紀とフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: 19世紀とフィリピン · 続きを見る »

フィリピン第一共和国

フィリピン第一共和国(フィリピンだいいちきょうわこく、First Philippine Republic (1899年1月21日―1901年3月23日))は、かつてフィリピンに存在した政権である。1899年1月21日にブラカン州マロロス市で宣言されたマロロス憲法によって公式に設立し、1901年3月23日にイサベラ州パラナン市でエミリオ・アギナルドがアメリカ軍に拘束され、事実上解体されるまでの期間に存在したフィリピン政府。当時の正式名称の訳語は「フィリピン共和国」であり、政府および議会の所在地にちなむ「マロロス共和国」という通称も知られている。 フィリピン共和国の設立はスペイン帝国の支配に対するフィリピン独立革命の絶頂である。1898年6月12日、フィリピン独立宣言がなされ、6月23日にフィリピン大統領エミリオ・アギナルドを首班とする革命政権が独裁支配に取って代わった。1899年、アメリカ合衆国はフィリピン共和国を廃し、1946年に独立を付与するまで占領した(第二次世界大戦中の1943年から1945年にかけてフィリピン第二共和国として再独立していた時期を除く)。.

新しい!!: 19世紀とフィリピン第一共和国 · 続きを見る »

フィンセント・ファン・ゴッホ

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホファン/ヴァンは姓の一部である。ヨーロッパ諸語における発音は様々であり、日本語表記もバリエーションがある。オランダ語では。オランダ・ホラント州の方言では、vanの"v"が無声化してとなる。ゴッホはブラバント地方で育ちブラバント方言で文章を書いていたため、彼自身は、自分の名前をブラバント・アクセントで"V"を有声化し、"G"と"gh"を無声硬口蓋摩擦音化してと発音していた可能性がある。イギリス英語では、場合によってと発音し、アメリカ英語では(ヴァンゴウ)とghを発音しないのが一般的である。彼が作品の多くを制作したフランスでは、(ヴァンサン・ヴァン・ゴーグ)となる。日本語では英語風のヴィンセント・ヴァン・ゴッホという表記も多く見られる。(、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。 主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 - 1890年5月)に制作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。 なお、オランダ人名のvanはミドルネームではなく姓の一部であるために省略しない。日本を含め多くの国では、これを省略してゴッホという呼び方が定着しているが、本項では正式にファン・ゴッホと呼ぶ。.

新しい!!: 19世紀とフィンセント・ファン・ゴッホ · 続きを見る »

フェリーチェ・オルシーニ

フェリーチェ・オルシーニ(Felice Orsini, 1819年 - 1858年3月13日)は、イタリアの貴族、伯爵。カルボナリ党の活動家。1858年に発生したナポレオン3世暗殺未遂事件(en)の主犯。.

新しい!!: 19世紀とフェリーチェ・オルシーニ · 続きを見る »

フェリックス・メンデルスゾーン

ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 - 1847年11月4日)、通称フェリックス・メンデルスゾーンは、ドイツ・ロマン派の作曲家、指揮者、ピアニスト、オルガニスト。 哲学者モーゼスを祖父、作曲家ファニーを姉として生まれたメンデルスゾーンは、神童として幼少期から優れた音楽の才能を示したことで知られる。彼はバッハの音楽の復興、ライプツィヒ音楽院の設立など、19世紀の音楽界に大きな影響を与えた。また、作曲家としても「ヴァイオリン協奏曲」『夏の夜の夢』『フィンガルの洞窟』「無言歌集」など今日でも広く知られる数々の作品を生み出している。 ユダヤ人の家系であったメンデルスゾーン家は言われなき迫害を受けることが多く、それはキリスト教への改宗後もほとんど変わらなかった。そのような状況にも関わらずフェリックスの業績・影響力は強く、終生ドイツ音楽界の重鎮として君臨した。死後は再び反ユダヤ主義のあおりを受けて彼の音楽への貢献は過小評価されてきたが、今日では再評価の機運が高まりを見せている。.

新しい!!: 19世紀とフェリックス・メンデルスゾーン · 続きを見る »

フェリシテ・ド・ラムネー

フェリシテ・ロベール・ド・ラムネー フェリシテ・ロベール・ド・ラムネー(Félicité-Robert de Lamennais、1782年6月19日 - 1854年3月1日)は、フランス・カトリックの聖職者・思想家。キリスト教社会主義者。.

新しい!!: 19世紀とフェリシテ・ド・ラムネー · 続きを見る »

フェルナンド7世 (スペイン王)

フェルナンド7世(Fernando VII, 1784年10月14日 - 1833年9月29日)は、スペイン国王(在位:1808年、1813年 - 1833年)である。.

新しい!!: 19世紀とフェルナンド7世 (スペイン王) · 続きを見る »

フェルディナン・ド・レセップス

フェルディナン・ド・レセップス フェルディナン・マリ・ヴィコント・ド・レセップス(Ferdinand Marie Vicomte de Lesseps、1805年11月19日 - 1894年12月7日)は、フランスの外交官、実業家。スエズ運河を建設したことで知られている。.

新しい!!: 19世紀とフェルディナン・ド・レセップス · 続きを見る »

フェルディナント1世 (オーストリア皇帝)

フェルディナント1世(、1793年4月19日 - 1875年6月29日)は、オーストリアの皇帝、ハンガリーの国王(在位:1835年3月2日 - 1848年12月2日)。ハンガリー国王としてはフェルディナーンド5世(、1793年4月19日 - 1875年6月29日)。「善良帝(、)」と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とフェルディナント1世 (オーストリア皇帝) · 続きを見る »

フェルディナント・ラッサール

フェルディナント・ヨハン・ゴットリープ・ラッサール(Ferdinand Johann Gottlieb Lassalle, 、1825年4月11日 - 1864年8月31日)は、プロイセンの政治学者、哲学者、法学者、社会主義者、労働運動指導者。 ドイツ社会民主党(SPD)の母体となるの創設者である。社会主義共和政の統一ドイツを目指しつつも、ヘーゲル哲学の国家観に強い影響を受けていたため、過渡的に既存のプロイセン王政(特に宰相オットー・フォン・ビスマルク)に社会政策やドイツ統一政策を取らせることも目指した。その部分を強調して国家社会主義者に分類されることもある。.

新しい!!: 19世紀とフェルディナント・ラッサール · 続きを見る »

フェルディナント・テンニース

フェルディナント・テンニース フェルディナント・テンニース(Ferdinand Tönnies、1855年7月26日1936年4月9日)は、ドイツの社会学者。共同体における「ゲマインシャフト」と「ゲゼルシャフト」の社会進化論を提唱したことで知られる。.

新しい!!: 19世紀とフェルディナント・テンニース · 続きを見る »

フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン

リヒトホーフェンの肖像とサイン フェルディナント・フォン・リヒトホーフェン男爵(Ferdinand Freiherr von Richthofen、1833年5月5日 - 1905年10月6日)は、ドイツの地理学者・探検家。 近代的地形学の分野の創設者とされ、中国の研究を通じて、シルクロードの定義を定めた。 リヒトホーフェンは、ブレスラウ大学(現ヴロツワフ大学)及びベルリン大学で学んだ。1856年に学位を授与された後、地質学者として働いた。1856年から1860年にかけて、南チロル(アルプス山脈)とトランシルヴァニア(カルパティア山脈)で、地質学的調査を行なった。そして1868年から1872年にかけて中国の調査を行い、それを『シナ』という著書にまとめる。その際に「ザイデンシュトラーセン(絹の道)」という言葉を初めて用いた。 1872年にドイツへ帰国した後、リヒトホーフェンはベルリン地理学会の会長を勤めた。1875年にボン大学の地実学教授になり、1883年にライプツィヒ大学に地理学教授として移動した。1886年、リヒトホーフェンはベルリン大学に招聘された。彼の弟子にはスウェーデンの探検家スヴェン・ヘディンがいる。第一次世界大戦の撃墜王として知られる「赤男爵(レッド・バロン)」ことマンフレート・フォン・リヒトホーフェン、およびマンフレートの弟のロタール・フォン・リヒトホーフェンは彼の甥に当たる。.

新しい!!: 19世紀とフェルディナント・フォン・リヒトホーフェン · 続きを見る »

フェートン号事件

フェートン号事件(フェートンごうじけん)は、文化5年8月(1808年10月)、鎖国体制下の日本の長崎港で起きたイギリス軍艦侵入事件。ヨーロッパにおけるナポレオン戦争の余波が極東の日本にまで及んだものである。.

新しい!!: 19世紀とフェートン号事件 · 続きを見る »

フォンテーヌブロー条約 (1814年)

フォンテーヌブローで退位するナポレオン フォンテーヌブロー条約(フォンテーヌブローじょうやく、Traité de Fontainebleau, Treaty of Fontainebleau, Договор в Фонтенбло, Vertrag von Fontainebleau)は、1814年フランスと第六次対仏大同盟諸国との間で締結された講和条約で、皇帝ナポレオン1世の退位条件を定めたものである。 フォンテーヌブローはフランス北部パリ郊外にある締結地の名前。 1814年4月11日に合意に達し、4月16日に締結された。退位したナポレオンはエルバ島を隠居地とし、近衛隊と共に隠棲することに決まり、事実上のフランス追放となった。その引き換えに200万フランの年金がフランス政府から送金されると約束され、皇后マリー・ルイーズと息子のナポレオン2世にはパルマ侯国の統治者の地位が与えられて、後に同島に赴くことも約束された。 4月20日、ナポレオンはフォンテーヌブロー城を出発しエルバ島へ向かった。しかししばらくしても年金や皇后との合流は果たされず、ウィーン会議において同盟国側は約束を反故にしたことが明らかになったことから、ナポレオンは同条約は破棄されたものとして翌年脱出して、フランスに帰還を果たした。.

新しい!!: 19世紀とフォンテーヌブロー条約 (1814年) · 続きを見る »

ドミトリ・メンデレーエフ

ドミトリ・イヴァーノヴィチ・メンデレーエフ( ドミートリイー・イヴァーナヴィチ・ミンジリェーイフ;、1834年1月27日(グレゴリオ暦2月8日) -1907年1月20日(グレゴリオ暦2月2日))はロシアの化学者であり、元素の周期律表を作成し、それまでに発見されていた元素を並べ周期的に性質を同じくした元素が現れることを確認し、発見されていなかった数々の元素の存在を予言したことで知られており、メンデレビウムと元素名にも彼の名が残っている。 また、「石油の無機起源説」の提唱者としても近年再評価されている。.

新しい!!: 19世紀とドミトリ・メンデレーエフ · 続きを見る »

ドミニカ共和国

ドミニカ共和国(ドミニカきょうわこく、República Dominicana)は、西インド諸島の大アンティル諸島のイスパニョーラ島東部に位置する共和制国家。大アンティル諸島で二番目に大きな島であり、同島西部にあるハイチと国境を接する。モナ海峡を隔てて東にプエルトリコが、ウィンドワード海峡を隔てて西にキューバと、ジャマイカ海峡を隔ててジャマイカが存在する。首都はサントドミンゴ。 米州で最初にヨーロッパ人が恒久的に定住した土地であり、その後のスペインの侵略拠点となった。サント・ドミンゴは米州で最も早く建設された植民都市であり、それゆえ米州で初の大学、大聖堂、要塞が建設された。小アンティル諸島のドミニカ島にあるドミニカ国と区別するため「共和国」をつけて呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とドミニカ共和国 · 続きを見る »

ドミニク・アングル

ャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(Jean-Auguste-Dominique Ingres、 1780年8月29日 - 1867年1月14日)は、フランスの画家。19世紀前半、当時台頭してきたドラクロワらのロマン主義絵画に対抗し、ダヴィッドから新古典主義を継承、特にダヴィッドがナポレオンの没落後の1816年にブリュッセルに亡命した後、注目され、古典主義的な絵画の牙城を守った。 ラファエロに対する極めて高い評価、入念に構成された調子の緊密な諧調、形体の幾何学的解釈など、師であったギョーム・ジョセフ・ロックの影響が濃厚。職務に追われた繁忙な時期にも屈指の傑作を描き上げている。ファイナルバーニッシュをも念頭に置いた平坦なテクスチャーは有名。入念に組み立てられた肌理・テクスチャと徹底的に研鑽された描線、そして緊密な調子の諧調によって成立する空間は、「端正な形式美」を湛えている。この様式美はセザンヌによって「肉体を全く描かずに済ませた」と批判されるほど徹底している。 アングルの美術史理解はその作品群から伺い知れるように公汎であり、且つ結束性が高く、加えて非常に示唆的である。顔料やバインダーの運用方法もまた多様であり、数百年の隔絶がある巨匠達の作品の研究にも余念がなかった。その研究の成果として、組織的且つ合理的な方法を「保存が完璧」『油彩画の技術 増補・アクリル画とビニル画 』 グザヴィエ・ド・ラングレ 著 黒江 光彦 訳 美術出版社 1974.1 ISBN 4568300304 ISBN 978-4568300307と讃えられる制作と言説によって的確にのこしている。 他方では、ポスト印象主義者たちやキュビスト、現代美術家の根底的な方法やアイデアに決定的な影響を与えており、アングル芸術の影響範囲、射程は底知れないものがある。アングルの作品に対する脚注は、美術作品によるものを含め、未だに途絶えることが無い。アングルの作品とその個性は、同時代の体制派、反体制派の必ずしも芳しくない評価にもかかわらず、影響は非常に甚大で、アングルに先行する画家とアングルに続く画家の代表作にさえ決定的な影響を与えた事例も少なくない。.

新しい!!: 19世紀とドミニク・アングル · 続きを見る »

ドルマバフチェ宮殿

ドルマバフチェ宮殿 (Dolmabahçe Saray&#305) は、トルコのイスタンブールにある宮殿。新市街の北東郊外ベシクタシュ地区のボスポラス海峡に面した埋立地に位置する。ドルマバフチェとは「埋め立てられた庭」と言う意味である。 ボスポラス海峡上から眺めたドルマバフチェ宮殿.

新しい!!: 19世紀とドルマバフチェ宮殿 · 続きを見る »

ドレフュス事件

ドレフュス事件(ドレフュスじけん、Affaire Dreyfus)とは、1894年にフランスで起きた、当時フランス陸軍参謀本部勤務の大尉であったユダヤ人のアルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕された冤罪事件である。.

新しい!!: 19世紀とドレフュス事件 · 続きを見る »

ドロレスの叫び

ドロレスの叫び(スペイン語: Grito de Dolores)は、1810年9月16日に当時スペイン領だったメキシコで、最初の独立指導者ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ(Miguel Hidalgo y Costilla)によって発せられた演説であり、これをきっかけにしてメキシコ独立革命が始まった。 「ドローレスの叫び」というネーミングは、この演説が現在のグアナフアト州に位置する小さな町ドローレス(Dolores、現在のドローレス・イダルゴ Dolores Hidalgo)で発せられたことに由来する。ドローレスにはスペイン語で「痛み」と言う意味があり、スペイン語の「Grito de Dolores」は「ドローレスという町からの呼びかけ」と、「苦痛の叫び」(スペインの支配がメキシコに与えていた痛みを指す)との 掛け言葉となっている。 9月16日の早朝、ドローレスの司祭であったイダルゴは教会の鐘を鳴らし会衆を集めて、演説をおこなった。その内容については諸説あるが、長らく一般に信じられてきたメキシコの独立と、スペイン本国出身者の逮捕・追放を訴える内容はのちに作られたものであり、おそらくは当時ナポレオンによって幽閉されていたスペイン国王フェルナンド7世を支持し、ナポレオン側についた植民地政府の打倒を訴えたという説が有力である。いずれにしても、この演説の最後は「Mexicanos, ¡viva México!」(メキシコ人たち、メキシコ万歳!)あるいはそれに類似する表現の叫びで締めくくられた。演説後、イダルゴは事前に仲間たちと用意してきた武器を人々に与え軍隊を組み、植民地政府打倒に向けて「メキシコ独立革命」の口火を切ったが、翌年の春に彼の軍隊はスペイン軍に敗れ、イダルゴは銃殺刑に処された。 メキシコの戦乱はその後も続き、スペインから派遣されたヌエバ・エスパーニャ植民地の副王が独立を認めたのは1821年の夏であった。 独立達成後、中央や地方政府の代表者が「ドローレスの叫び」の再演を行う伝統が徐々に形成されていった。初めは実際に演説が行われた9月16日に再演されていたが、ポルフィリオ・ディアス大統領(在任期間:1876-1880, 1884-1911)の時代に、彼の誕生日である9月15日に移されている。 現在では、この行事の最たるものであるメキシコの大統領による再演は、毎年独立記念日の前日である9月15日の夜11時に、メキシコシティのソカロ(en)(憲法広場)に建つ国立宮殿(en)のバルコニーで実施され、イダルゴが打ち鳴らしたドローレスの鐘もこの宮殿に移管されている。大統領が「我々に祖国を与えてくれた英雄たちよ万歳」と叫んだあと、イダルゴを初めとする個別の英雄それぞれ(年によって呼ばれる名前は若干変化する)に万歳を叫んだあと、メキシコ万歳と叫び、イダルゴの鐘を鳴らし、メキシコの国旗を振って締めくくるのが慣わしである。.

新しい!!: 19世紀とドロレスの叫び · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 19世紀とドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: 19世紀とドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ社会主義労働者党

ドイツ社会主義労働者党(ドイツしゃかいしゅぎろうどうしゃとう、Sozialistische Arbeiterpartei Deutschlands, SAPD)は、かつてドイツに存在した政党。ただし、.

新しい!!: 19世紀とドイツ社会主義労働者党 · 続きを見る »

ドイツ社会民主党

ドイツ社会民主党(ドイツしゃかいみんしゅとう、ドイツ語:Sozialdemokratische Partei Deutschlands、略称SPD(エス・ペー・デー))は、ドイツの中道左派・社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: 19世紀とドイツ社会民主党 · 続きを見る »

ドイツ関税同盟

ドイツ関税同盟(ドイツかんぜいどうめい、Deutscher Zollverein)は、プロイセンを中心としたドイツの諸邦国によって形成された関税同盟。1833年に成立し、翌1834年より正式発足。歴史学派の経済学者フリードリッヒ・リストが提唱した。.

新しい!!: 19世紀とドイツ関税同盟 · 続きを見る »

ドイツ連邦

フランクフルトに集まった各加盟諸邦の君主たち(1863年) ドイツ連邦(ドイツれんぽう)ないしドイツ同盟(ドイツどうめい、独:Deutscher Bund)は、旧神聖ローマ帝国を構成していたドイツの35の領邦と4つの帝国自由都市との連合体。1815年のウィーン議定書に基づき、オーストリア帝国を盟主として発足、1866年の普墺戦争のプロイセン王国の勝利をもって解消された。 ドイツ連邦は、あくまでも複数の主権国家の連合体、つまり国家連合(Staatenbund)であり、連邦国家(Bundesstaat)でない。そのため、「ドイツ連合」や「ドイツ国家連合」などとも訳される(下記「訳語」の項目を参照)。.

新しい!!: 19世紀とドイツ連邦 · 続きを見る »

ニューメキシコ州

ニューメキシコ州(State of New Mexico、Nuevo México)は、アメリカ合衆国南西部にある州である。州の北はコロラド州に接し、東側にはオクラホマ州とテキサス州に、西側はアリゾナ州に、南側はテキサス州およびメキシコとの国境に接している。また州の北西にはフォー・コーナーズがあり、そこでユタ州とも一点で接している。面積ではアメリカ合衆国で5番目に大きいが、人口では36番目であり、人口密度では45番目になっている。美しい景観から「Land of Enchantment(魅惑/魔法の土地)」と通称される。 州都は1607年にスペイン人が建設した歴史ある町サンタフェ市である。.

新しい!!: 19世紀とニューメキシコ州 · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: 19世紀とニューヨーク · 続きを見る »

ニューギニア島

ニューギニア島(ニューギニアとう、、)は、太平洋南部に位置する島であり、インドネシアとパプアニューギニアの2カ国の領土である。島の西半分を領有するインドネシアは東南アジアの国家であるが、島はオセアニアに含まれる。また、メラネシアの島々の一つである。 オーストラリアとはトレス海峡を隔てその北側にある。パプア島・イリアン島 (Irian)とも呼ぶ。 面積は約78.6万km2で日本の国土の約2倍の大きさである。世界の島の中では、グリーンランドに次ぐ面積第2位の島であり、大陸を含めても8番目に広い陸塊である。.

新しい!!: 19世紀とニューギニア島 · 続きを見る »

ニュージーランド

ニュージーランド(New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家であり、ニュージーランド王国を構成する最大の主体地域である。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。.

新しい!!: 19世紀とニュージーランド · 続きを見る »

ニールス・アーベル

ニールス・ヘンリック・アーベル(Niels Henrik Abel、1802年8月5日 - 1829年4月6日)はノルウェーの数学者である。.

新しい!!: 19世紀とニールス・アーベル · 続きを見る »

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー

ニコラ・レオナール・サディ・カルノー(, 1796年6月1日 パリ - 1832年8月24日 パリ)は、フランスの軍人、物理学者、技術者で、仮想熱機関「カルノーサイクル」の研究により熱力学第二法則の原型を導いたことで知られる。.

新しい!!: 19世紀とニコラ・レオナール・サディ・カルノー · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: 19世紀とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: 19世紀とニコライ2世 · 続きを見る »

ニコライ・チェルヌイシェフスキー

ニコライ・チェルヌイシェフスキー ニコライ・ガヴリーロヴィチ・チェルヌイシェフスキー(Николай Гаврилович Чернышевский、Nikolai Gavrilovich Chernyshevskii、1828年7月24日 - 1889年10月29日)は、ロシアの「革命的民主主義者」、哲学者、経済学者。ナロードニキ運動の創設者の一人。マルクスとレーニンによって高く評価された。 空想的社会主義の影響を強く受けている。同時代のロシアの小説家ドストエフスキーも参加していたペトラシェフスキー・サークルに参加していた。 1861年に廃止された農奴制の撤廃では、当時のインテリゲンチアの先頭に立って活動した。1862年逮捕され、1864年、終身刑となり約20年間をシベリアの流刑地ヴィリュイスクでおくった。 1863年に獄中で著した長編小説「」は出版後すぐに発禁処分となったが、ナロードニキの革命理論に基づくユートピア小説が、当時のロシア青年に大きな影響を与えた。ロシア革命の指導者レーニンが同名の本を著すなど愛読していたことで有名。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・チェルヌイシェフスキー · 続きを見る »

ニコライ・ムラヴィヨフ=アムールスキー

ニコライ・ニコラエヴィチ・ムラヴィヨフ=アムールスキー伯爵(ロシア語:Николай Николаевич Муравьёв-Амурскийニカラーイ・ニカラーイェヴィチュ・ムラヴィヨーフ・アムールスキイ;ラテン文字転写の例:Nikolai Nikolaevich Muraviyov-Amurskii、1809年8月23日(ユリウス暦8月11日) - 1881年11月30日(ユリウス暦11月18日))はロシア帝国の政治家、外交官、軍人。1847年東シベリア総督に就任後、ロシアの極東政策に深く関わり、1858年のアイグン条約によるロシア領土の大幅な拡大を成し遂げた人物である。また日本と交渉し、樺太の国境線を確定させた。なお、「アムールスキー」は「アムールの」という意味の渾名である。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・ムラヴィヨフ=アムールスキー · 続きを見る »

ニコライ・リムスキー=コルサコフ

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(, 1844年3月18日(ユリウス暦3月6日) - 1908年6月21日(ユリウス暦6月8日))はロシアの作曲家。ロシア五人組の一人で、色彩感あふれる管弦楽曲や民族色豊かなオペラを数多く残す。調性に色を感じる共感覚者であったといわれる。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・リムスキー=コルサコフ · 続きを見る »

ニコライ・レザノフ

ニコライ・レザノフ ニコライ・ペトロヴィチ・レザノフ(Nikolai Petrovich Rezanov, Никола́й Петро́вич Реза́нов, 1764年4月8日(ユリウス暦3月28日) - 1807年3月13日)は、ロシア帝国の外交官。極東及びアメリカ大陸への進出に関わり、ロシアによるアラスカおよびカリフォルニアの植民地化を推進した。 露米会社(ロシア領アメリカ毛皮会社)を設立したほか、クルーゼンシュテルンによるロシア初の世界一周航海(1803年)を後援し、自ら隊長として日本まで同行した。この日本来航(1804年、文化元年)はアダム・ラクスマンに続く第2次遣日使節としてのものである。露日辞書のほか多くの著書は、自身も会員だったサンクトペテルブルクのロシア科学アカデミーの図書館に保存されている。彼は40代で死んだが、その早い死はロシアおよびアメリカ大陸の運命に大きな影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・レザノフ · 続きを見る »

ニコライ・ロバチェフスキー

N・I・ロバチェフスキー ニコライ・イワノビッチ・ロバチェフスキー(Никола́й Ива́нович Лобаче́вский, Nikolai Ivanovich Lobachevsky, 1792年12月1日 - 1856年2月24日(グレゴリオ暦)/1792年11月20日 - 1856年2月12日(ユリウス暦))はロシアの数学者である。 カザン大学に学び、21歳で同大学教授となり、1827年から1846年には学長も兼ねていた。1826年に幾何学の基礎に関する論文をカザン大学の物理・数学科に提出したが、刊行されずに失われた。1829年に大学学報にその学説を発表しさらに『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』 (Новые начала геометрии с полною теорией параллельных) の中で詳しく展開した。ついで Geometrische Untersuchungen zur Theorie der Parallellinien (1840年) をベルリンで刊行した。これらによってロバチェフスキーはヤノーシュ・ボヤイとは独立に非ユークリッド幾何学の創始者となり、この新幾何学の自然的根拠についても深い省察を与えた。卓越した教育者であり、20年以上学長を務めたカザン大学で後進の指導を手がけ、レーニンの父であるイリヤ・ニコラエヴィチ・ウリヤノフはロバチェフスキーの推薦でドヴォリャンスキー学院の物理と数学の上席教師となった。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・ロバチェフスキー · 続きを見る »

ニコライ・ゴーゴリ

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ(ウクライナ語:Микола Васильович Гоголь / ロシア語: Николай Васильевич Гоголь; 1809年4月1日(ユリウス暦3月20日) - 1852年3月4日(ユリウス暦2月21日))は、ウクライナ生まれのロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナ人。戸籍上の姓は、ホーホリ=ヤノーウシクィイ(ロシア語:ゴーゴリ=ヤノフスキー)である。『ディカーニカ近郷夜話』、『ミルゴロド』、『検察官』、『外套』、『死せる魂』などの作品で知られる。.

新しい!!: 19世紀とニコライ・ゴーゴリ · 続きを見る »

ニコロ・パガニーニ

ニコロ・パガニーニ(Niccolò(あるいはNicolò) Paganini, 1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオリスト、ギタリストであり、作曲家である。特にヴァイオリンの超絶技巧奏者として名高い。.

新しい!!: 19世紀とニコロ・パガニーニ · 続きを見る »

ホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)

初代ネルソン子爵ホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson, 1st Viscount Nelson KB, 1758年9月29日 - 1805年10月21日)は、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。アブキール湾の戦いでフランス艦隊を破り、さらにトラファルガー海戦でも、フランス・スペイン連合艦隊を破って勝利した。ナポレオンによる制海権獲得・英本土侵攻を阻止したが、自身はトラファルガーの海戦で深い傷を負い、戦死した。イギリス最大の英雄とされる。.

新しい!!: 19世紀とホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵) · 続きを見る »

ホセ・リサール

ホセ・プロタシオ・メルカード・リサール・アロンソ・イ・レアロンダ (Jose Protacio Mercado Rizal Alonzo y Realonda,1861年6月19日 - 1896年12月30日)は、フィリピンの革命家、医師、著作家、画家、学者。フィリピン独立運動に取り組んだことから「国民的英雄(Héroe Nacional)」と称される。通称はホセ・リサール(José Rizal)。.

新しい!!: 19世紀とホセ・リサール · 続きを見る »

ホセ・デ・サン=マルティン

ホセ・フランシスコ・デ・サン・マルティン・イ・マトーラス(José Francisco de San Martín y Matorras, 1778年2月25日 - 1850年8月17日)は、アルゼンチン出身の軍人で政治家。南アメリカ各国をスペインから独立させるために活躍した。シモン・ボリーバルや、と並ぶ解放者として称えられている。.

新しい!!: 19世紀とホセ・デ・サン=マルティン · 続きを見る »

ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ

ベアタ・ベアトリクス 1863頃 テート・ギャラリー(ロンドン)蔵 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ(Dante Gabriel Rossetti, 1828年5月12日-1882年4月10日)は、19世紀のイギリスの画家・詩人。ラファエル前派の一員に数えられる。詩人クリスティーナ・ロセッティの兄。姉のマリアと弟のウィリアムも著述家であるTreuherz et al.

新しい!!: 19世紀とダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ · 続きを見る »

ダゲレオタイプ

ダゲレオタイプ(daguerréotype)とは、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され、1839年8月19日にフランス学士院で発表された世界初の実用的写真撮影法であり、湿板写真技法が確立するまでの間、最も普及した写真技法。銀メッキをした銅板などを感光材料として使うため、日本語では銀板写真とも呼ばれる。転じて、その技法を採用した世界最初の写真用カメラ「ジルー・ダゲレオタイプ」もダゲレオタイプと呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とダゲレオタイプ · 続きを見る »

ベネズエラ

ベネズエラ・ボリバル共和国国名の由来となった人物は「シモン・ボリバル」、「シモン・ボリーバル」の表記がともに広く用いられているが、国名の表記は「ベネズエラ・ボリバル共和国」がほぼ定着している。ただし、大久保仁奈「」(『外務省調査月報』/No.3、2006年1月15日)のように、「ベネズエラ・ボリーバル共和国」とする例もある。(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、オランダ王国のABC諸島(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。ガイアナとは、現在ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡って、19世紀から領土問題を抱えている。 南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であり、1980年代までは南米でも屈指の裕福な国であったが、原油価格の下落や政府の失策などにより経済状況が悪化、現在は多くの国民が貧困にあえいでおり、更に2010年代に入ってからはハイパーインフレーションが慢性化し、市民生活が混乱に陥る危機的状況となっている。世界幸福度報告では2015年には23位、2016年の44位と比較的上位に位置していたが、2017年には82位と順位を低下させている。.

新しい!!: 19世紀とベネズエラ · 続きを見る »

ベリー公

ベリー公の紋章 ベリー公(duc de Berry)は、フランスの王族に与えられた公爵位。フランス中央部のベリーを所領とした。世襲はされず、その時々の国王の近親者に与えられた。.

新しい!!: 19世紀とベリー公 · 続きを見る »

ベルナデッタ・スビルー

ベルナデッタ・スビルー(Bernadette Soubirous, 1844年1月7日 - 1879年4月16日)は、フランスの聖女。南仏のルルドで聖母の出現を体験し、後にヌヴェールの愛徳女子修道会の修道女となる。写真に撮られたカトリック教会の最初の聖人である もっとも有名な最初の6枚の写真は、1861年末から1862年初頭にかけての間に、小神学校で化学を教えていポール・ベルナドゥ神父によって撮影された。René Laurentin(2008), pp.245-246.

新しい!!: 19世紀とベルナデッタ・スビルー · 続きを見る »

ベルナドッテ王朝

ベルナドッテ王朝(スウェーデン語:Bernadotte )は、1818年から現在まで続くスウェーデンの王朝である。ポンテコルヴォ王朝とも呼ばれる。 スウェーデンのホルシュタイン=ゴットルプ王朝のカール13世(在位:1809年 - 1818年)には世継ぎが生まれなかったため、スウェーデン国民議会は、当時ヨーロッパの覇権を握っていたナポレオン・ボナパルト配下の将軍ジャン=バティスト・ベルナドット(スウェーデン語名ベナドット)を王位後継者に推戴した。ベルナドットは南フランスのベアルン州ポー出身で兵卒として軍に入り士官へと昇進し、さらにフランス革命後の動乱の中でフランス元帥、ポンテコルヴォ大公にまで出世していた。ポンテコルヴォ王朝の名はこの時期の称号に由来する。 1810年、カール13世の養子としてカール・ヨハンと改名し、スウェーデン王太子兼摂政となったベルナドットは1813年、ロシア・プロイセン、スウェーデン連合軍を指揮してライプツィヒの戦い(解放戦争)でナポレオン軍を撃破し、1814年のキール条約でデンマークからノルウェーを割譲させた。同年のモス条約(sv)の締結により、両国は連合王国となった。ノルウェーとの同君連合は1905年まで続いた。1818年にカール13世が死去するとカール・ヨハン(ベルナドッテ)はカール14世ヨハンとしてスウェーデン国王(兼ノルウェー国王)に即位し、現在まで続くベルナドッテ王朝を開いた。即位までの経緯からしてスウェーデンとは何の係累も無い家系であったが、グスタフ5世の王妃ヴィクトリアから前王家の血を引いている。 スウェーデンは以後、19世紀中頃の汎スカンディナヴィア主義を経て、武装中立を揚げ現在に至る。第一次世界大戦、第二次世界大戦とも中立を維持した。 1979年、スウェーデン憲法改正により、カール16世グスタフ現国王はすべての政治権力を喪失してスウェーデンの儀礼的国家元首となった。1980年、スウェーデン王位継承法の改正により、それまでの男子継承から、男女を問わず出生順に王位継承権が生じることになったため、長女のヴィクトリア王女が王位継承者となっている。.

新しい!!: 19世紀とベルナドッテ王朝 · 続きを見る »

ベルリン会議 (1878年)

ベルリン会議(ベルリンかいぎ、1878年6月13日 - 1878年7月13日)は、露土戦争の結果起こった国際紛争解決のために、ドイツのビスマルクが主催した国際会議。イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、ロシア、イタリア、オスマン帝国の7か国が参加し、バルカン半島の新独立国の領域が決定された。.

新しい!!: 19世紀とベルリン会議 (1878年) · 続きを見る »

ベルリン会議 (アフリカ分割)

ベルリン会議(ベルリンかいぎ、Kongokonferenz、Berlin Conference)は、1884年11月15日から1885年2月26日までドイツ帝国の首都ベルリンで開催された国際会議。列強のコンゴ植民地化をめぐる対立の収拾が図られるとともに、列強による「アフリカ分割」の原則が確認された。.

新しい!!: 19世紀とベルリン会議 (アフリカ分割) · 続きを見る »

ベルリン条約 (1878年)

ベルリン条約(ベルリンじょうやく)は、1878年6月13日から7月13日にかけて開催されたベルリン会議で結ばれた条約。露土戦争の講和条約であるサン・ステファノ条約を修正した。.

新しい!!: 19世紀とベルリン条約 (1878年) · 続きを見る »

ベルンハルト・リーマン

ルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann, 1826年9月17日 - 1866年7月20日)は、ドイツの数学者。解析学、幾何学、数論の分野で業績を上げた。アーベル関数に関する研究によって当時の数学者から高く評価されたが、先駆的な彼の研究は十分に理解されず、20世紀になって彼のそれぞれの研究分野で再評価されるようになった。19世紀を代表する数学者の一人である。 彼の名前が残っている数学用語に、リーマン積分、コーシー=リーマンの方程式、リーマンのゼータ関数、リーマン多様体、リーマン球面、リーマン面、リーマン=ロッホの定理、リーマン予想などがある。.

新しい!!: 19世紀とベルンハルト・リーマン · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: 19世紀とベルギー · 続きを見る »

ベルギー独立革命

ベルギー独立革命(ベルギーどくりつかくめい、フランス語:Révolution belge、オランダ語:Belgische Revolutie、ドイツ語:Belgische Revolution)は、1830年8月に生じたブリュッセルでの反乱に始まる、ベルギーのネーデルラント連合王国からの独立戦争を指す。ベルギーが国民国家としてだけでなく、ローマ・カトリックの国家としての独立を得るためのものであった。ネーデルラント(オランダ)王ヴィレム1世は、1839年のロンドン条約で列強による圧力をかけられるまでは、ベルギーを国家として認めることを拒否していた。 ネーデルラントは1813年にナポレオンの支配から脱却。1814年の英蘭条約では「ネーデルラント連合州」「ネーデルラント連合」の名前が使用された。1815年のナポレオンのワーテルローでの敗北後、ウィーン会議はオラニエ=ナッサウ家の王国を成立させた。その王国は、旧ネーデルラント連合州(ネーデルラント連邦共和国)と旧オーストリア領ネーデルラントを結合させ、フランスの北に緩衝地帯となる強力な国を作ることを目的としていた。ネーデルラントがナポレオンにより支配されていた間にイギリスが接収した、オランダの植民地セイロンとケープ植民地をそのまま領有する代償に、新しいネーデルラントの王国はこの南の諸州を手に入れることになった。.

新しい!!: 19世紀とベルギー独立革命 · 続きを見る »

ベンジャミン・ディズレーリ

初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, 、1804年12月21日 - 1881年4月19日)は、イギリスの政治家、小説家、貴族。 ユダヤ人でありながら保守党内で上り詰めることに成功し、ダービー伯爵退任後に代わって保守党首となり、2期にわたって首相(在任:1868年、1874年 - 1880年)を務めた。庶民院の過半数を得られていなかった第一次内閣は短命の選挙管理内閣に終わったが、庶民院の過半数を制していた第二次内閣は「トーリー・デモクラシー(Tory democracy)」と呼ばれる一連の社会政策の内政と帝国主義の外交を行って活躍した。自由党のウィリアム・グラッドストンと並んでヴィクトリア朝の政党政治を代表する人物である。また、小説家としても活躍した。野党期の1881年に死去し、以降ソールズベリー侯爵が代わって保守党を指導していく。.

新しい!!: 19世紀とベンジャミン・ディズレーリ · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: 19世紀とベトナム · 続きを見る »

ベドルジハ・スメタナ

メタナのサイン ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、Bedřich Smetana 、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。ドイツ語名のフリードリヒ・スメタナ (Friedrich Smetana)でも知られる。スメタナは、当時、オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア帝国)によって支配されていたチェコの独立国家への願望、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。そのため祖国チェコにおいては、広くチェコ音楽の祖とみなされている。国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2曲の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。 スメタナは、元々ピアニストとして才能を発揮しており、6歳の時には既にピアノ公演も経験している。通常の学業を修めたのち、彼はプラハでヨゼフ・プロクシュの下で音楽を学んだ。彼の最初の民族主義的な楽曲は、彼もわずかに関係した1848年プラハ反乱の中で書かれた。しかし、この時期にはプラハで成功することはなく、スメタナはスウェーデンへと移住した。移住先のスウェーデン・ヨーテボリで、スメタナは音楽教師、聖歌隊指揮者として著名になった。また、この頃から規模の大きいオーケストラ音楽の作曲を開始している。 1860年代初頭、これまで中央集権的なオーストリア帝国政府のボヘミア(チェコ)への政治姿勢が自由主義的なものへと変化しつつあったことから、スメタナはプラハへと戻った。プラハに戻ってからは、チェコオペラという新たなジャンルの最も優れた作曲家として、人生を過ごした。1866年に、スメタナ初のオペラ作品『ボヘミアのブランデンブルク人』と『売られた花嫁』が、プラハの仮劇場で初演されている。前述のように、後者は後に大きな人気を得ることになる。同年には、スメタナは同劇場の指揮者に就任しているが、彼の指揮者ぶりは論争の的となった。プラハの音楽関係者たちのある派閥は、彼を「チェコのオペラスタイルの発展とは反目するフランツ・リストやリヒャルト・ワーグナーの前衛的なアイデアを用いる指揮者」であると考えていた。その対立はスメタナの創作業にも暗い影を落としたばかりか、健康状態をも急速に悪化させた。最終的に健康状態の悪化が原因で、1874年にスメタナは同劇場の職を辞している。 仮劇場を辞した1874年の末頃になると、スメタナは完全に失聴してしまうが、その一方で劇場の義務と、それに関連する論争からは解放された。この後、スメタナは残りの人生のほとんどを作曲に費やすようになる。彼のチェコ音楽への貢献は、ますます著名になり大きな名声を得ることになった。しかし精神を蝕む病に侵されたことから、1884年には保護施設へと収監され、それから間もなく亡くなった。 現在でも、チェコにおいては、スメタナはチェコ音楽の創始者として広く知られており、彼の同世代たちと後継者たちよりも上に位置付けられている。しかしながら、スメタナの作品はその内の少数が国際的に知られるのみで、チェコ国外においては、アントニン・レオポルト・ドヴォルザークがより重要なチェコの作曲家であるとされることが多い。.

新しい!!: 19世紀とベドルジハ・スメタナ · 続きを見る »

ベニート・フアレス

ベニート・パブロ・フアレス・ガルシア(Benito Pablo Juárez García, 1806年3月21日 - 1872年7月18日)は、メキシコの政治家。先住民族から選出された初のメキシコの大統領である。 保守派と自由主義派による内戦(レフォルマ戦争)における、自由主義派の指導者。1858年に保守派に対抗する臨時政府大統領に就任。レフォルマ戦争で自由主義派が勝利をおさめた1861年、選挙によって大統領に選出されるが、在任中にフランス(フランス第二帝政)の介入を受ける。フアレスはフランスと傀儡政権メキシコ帝国(メキシコ第二帝政)に対する徹底抗戦を貫き、フランスの撤退後に共和制の復活を達成、1867年に大統領に再選された。自由主義的改革を推進するが、在任中に死去。フアレスは最も偉大で敬愛されるメキシコの指導者であり、「建国の父」とたたえられている。20ペソ紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 19世紀とベニート・フアレス · 続きを見る »

分光法

プリズムによる光線の波長分割 分光法(ぶんこうほう、spectroscopy)とは、物理的観測量の強度を周波数、エネルギー、時間などの関数として示すことで、対象物の定性・定量あるいは物性を調べる科学的手法である。 spectroscopy の語は、元々は光をプリズムあるいは回折格子でその波長に応じて展開したものをスペクトル (spectrum) と呼んだことに由来する。18世紀から19世紀の物理学において、スペクトルを研究する分野として分光学が確立し、その原理に基づく測定法も分光法 (spectroscopy) と呼ばれた。 もともとは、可視光の放出あるいは吸収を研究する分野であったが、光(可視光)が電磁波の一種であることが判明した19世紀以降は、ラジオ波からガンマ線(γ線)まで、広く電磁波の放出あるいは吸収を測定する方法を分光法と呼ぶようになった。また、光の発生または吸収スペクトルは、物質固有のパターンと物質量に比例したピーク強度を示すために物質の定性あるいは定量に、分析化学から天文学まで広く応用され利用されている。 また光子の吸収または放出は量子力学に基づいて発現し、スペクトルは離散的なエネルギー状態(エネルギー準位)と対応することが広く知られるようになった。そうすると、本来の意味の「スペクトル」とは全く異なる、「質量スペクトル」や「音響スペクトル」など離散的なエネルギー状態を表現した測定チャートもスペクトルとよばれるようになった。また「質量スペクトル」などは物質の定性に使われることから、今日では広義の分光法は「スペクトル」を使用して物性を測定あるいは物質を同定・定量する技法一般の総称となっている。.

新しい!!: 19世紀と分光法 · 続きを見る »

分離同盟戦争

分離同盟戦争 分離同盟戦争(ぶんりどうめいせんそう、独:Sonderbundskrieg, 英:Sonderbund War)は、1847年11月4日から11月29日にかけてスイスで起きた内戦。1848年革命に影響を与えた。.

新しい!!: 19世紀と分離同盟戦争 · 続きを見る »

分析哲学

分析哲学(ぶんせきてつがく、Analytic philosophy)は、ゴットロープ・フレーゲとバートランド・ラッセルによる論理学(数理論理学)研究及び言語哲学研究の成果に起源を持ち、ラッセルの教えを受けたルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの言語哲学研究、及びウィトゲンシュタインの思想に対する誤解を含めて彼から多大な影響を受けた論理実証主義の受容とそれに対する批判、日常言語学派の発展と影響の拡大などの歴史を経て形成された現代哲学の総称である。なお広辞苑によれば、分析哲学の主唱者はジョージ・エドワード・ムーアである。 これは、現代の記号論理学や論理的言語分析、加えて、自然科学の方法及び成果の尊重を通じて形成された。20世紀には英語圏で主流となった哲学である。たとえばアメリカ合衆国の圧倒的多数の大学で、哲学科で教育され研究されるのは「分析哲学」である。これは、イギリスやカナダ、オーストラリアでも同様である。 こうした状況の中で、分析哲学全体に共通する主張といったものを見いだすのは困難である。分析哲学には、多様で共通点のない様々な観点が可能であり、蓋然的な共通点しかない可能性もある。ひどくおおざっぱに言えば、分析哲学は、明晰さの追求と徹底的な論述を特徴とする。 20世紀の大陸ヨーロッパ(特にフランスとドイツ)において主流となった大陸哲学に比較されることもあり、単に「英米(現代)哲学」といえば、この記事で扱う分析哲学を指す場合が多い。.

新しい!!: 19世紀と分析哲学 · 続きを見る »

切り裂きジャック

切り裂きジャック(きりさきジャック、Jack the Ripper、ジャック・ザ・リッパー)は、1888年にイギリスで連続発生した猟奇殺人事件および犯人の通称。世界で最も有名な未解決事件であり、現在でも犯人の正体についてはいくつもの説が唱えられている。.

新しい!!: 19世紀と切り裂きジャック · 続きを見る »

嘉隆帝

嘉隆帝(かりゅうてい、Gia Long ザーロンてい)は、ベトナム阮朝の初代皇帝(在位: 1802年 - 1820年)。諱は阮福暎(げん ふくえい、Nguyễn Phúc Ánh グエン・フック・アイン、「阮福映」とも表記される)。阮朝は一世一元の制を採用したため、治世の年号が皇帝の通称となった。「ザーロン」は「嘉隆」のベトナム語読み。.

新しい!!: 19世紀と嘉隆帝 · 続きを見る »

嘉慶帝

嘉慶帝(かけいてい)は、清の第7代皇帝。諱ははじめ永琰(えいえん)、即位後に顒琰(ぎょうえん)と改めた。廟号は仁宗(じんそう)。在世時の元号の嘉慶を取って嘉慶帝と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀と嘉慶帝 · 続きを見る »

呉語

呉語(ごご、Goetian)または呉越語(ごえつご)は、シナ・チベット語族、シナ語派の言語の一つである。1991年の調査によると、呉語の話者は8700万人。 上海市、浙江省の大部分、江蘇省南部、安徽省南部および江西省、福建省の一部で話される。呉語の主要なグループには太湖グループ(上海語、蘇州語など)、甌江グループ(温州語など)などがある。上海語と蘇州語が代表的な北部呉語とみなされる。.

新しい!!: 19世紀と呉語 · 続きを見る »

呉昌碩

呉 昌碩(ご しょうせき 、1844年9月12日 - 1927年11月29日)は中国の清朝末期から近代にかけて活躍した画家、書家、篆刻家。清代最後の文人といわれ、詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家と評価が高い。 初めの名は俊(しゅん)、のちに俊卿(しゅんけい)、字をはじめ香圃。1912年(中華民国元年)、69歳から昌碩とする。別字に蒼石、倉石、倉碩。号に缶廬(フロ)、苦鉄、破荷、大聾、老蒼、石尊者、石人子、石敢当、破荷亭長、蕪青亭長、五湖印丐など。.

新しい!!: 19世紀と呉昌碩 · 続きを見る »

咸豊帝

咸豊帝(かんぽうてい)は清の第9代皇帝(在位:1850年 - 1861年)。諱は奕詝(えきちょ、詝は貯の偏をごんべんに変えたもの)。廟号は文宗(ぶんそう)。在世時の元号の咸豊を取って咸豊帝と呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀と咸豊帝 · 続きを見る »

和宮親子内親王

和宮 親子内親王(かずのみや ちかこないしんのう、弘化3年閏5月10日(1846年7月3日) - 明治10年(1877年)9月2日)は、仁孝天皇の第八皇女。孝明天皇の異母妹。明治天皇は甥にあたる。江戸幕府第14代将軍・徳川家茂の正室。品位は二品、薨後贈一品。 「和宮」は誕生時に賜わった幼名で、「親子」(ちかこ)は文久元年(1861年)の内親王宣下に際して賜わった諱である。家茂死後には落飾し、静寛院宮(せいかんいんのみや)と名乗った。.

新しい!!: 19世紀と和宮親子内親王 · 続きを見る »

アミラーゼ

アミラーゼ (amylase)とはジ(ヂ)アスターゼとも称される、膵液や唾液に含まれる消化酵素。グリコシド結合を加水分解することでデンプン(ラテン語"amylum")中のアミロースやアミロペクチンを、単糖類であるブドウ糖や二糖類であるマルトースおよびオリゴ糖に変換する酵素群である。.

新しい!!: 19世紀とアミラーゼ · 続きを見る »

アミール・キャビール

ミールザー・タギー・ハーン・アミール・キャビール(1807年-1852年1月11日; امیرکبیر)は、ナーセロッディーン・シャー時代に活躍したガージャール朝時代の大宰相。アミール・キャビールは称号。エザーフェをとってアミーレ・キャビールとも呼ばれる。ほかにアミール・ネザーム、アターバクの称号をもつ。アターバクの称号を持つのはガージャール朝では他に2人を数えるのみで、イランではガージャール朝下のみならずイラン近代史における改革者の第一として挙げられる。.

新しい!!: 19世紀とアミール・キャビール · 続きを見る »

アミアンの和約

アミアンの和約(アミアンのわやく、Peace of Amiens、Paix d'Amiens)は、1802年3月25日にイギリスとフランスとの間で締結された、フランス革命戦争の講和条約である。アミアン講和条約(アミアンこうわじょうやく、英:Treaty of Amiens, 仏:Traité d'Amiens)とも呼ばれる。条約はフランス北部の都市アミアンにおいて締結された。.

新しい!!: 19世紀とアミアンの和約 · 続きを見る »

アミスタッド号事件

本項では、1839年にスペイン籍の奴隷輸送船で起こった乗っ取り事件と、それに関連してアメリカ合衆国で行われた一連の裁判について説明する。 キューバ沿岸を航行中のスペイン籍の商船ラ・アミスタッド号では、船内のアフリカ人奴隷が反乱を起こし、船を乗っ取った。その後彼等はアメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド近辺(現モントーク岬州立公園(Montauk Point State Park))にてアメリカ海軍により逮捕、勾留された。本事件に関連して米国で行われた裁判は、「アミスタッド号事件」として大きく注目を集め、奴隷廃止運動を前進させる結果をもたらした。1840年、連邦予審法廷は、これらのアフリカ人たちについては、もともとのアフリカ大陸からの移送が非合法であったと認定し、彼等は法的に奴隷ではなく、自由の身にあると認めた。1841年3月9日、合衆国最高裁判所によりこれらの事項が認められ、1842年、これらのアフリカ人たちは故郷へ帰還した。.

新しい!!: 19世紀とアミスタッド号事件 · 続きを見る »

アマデオ1世 (スペイン王)

アマデオ1世(Amadeo I de España, 1845年5月30日 - 1890年1月18日)は、サヴォイア(サボヤ)朝のスペイン王、及びアオスタ公。イタリア語名アメデーオ1世・ディ・スパーニャ(Amedeo I di Spagna)、あるいはアメデーオ・フェルディナンド・マリーア・ディ・サヴォイア=アオスタ(Amedeo Ferdinando Maria di Savoia-Aosta)。.

新しい!!: 19世紀とアマデオ1世 (スペイン王) · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 19世紀とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ大陸諸国の独立年表

アメリカ大陸諸国の独立年表(アメリカたいりくしょこくのどくりつねんぴょう)とは、北アメリカ、南アメリカ諸国の独立に関する年表である。.

新しい!!: 19世紀とアメリカ大陸諸国の独立年表 · 続きを見る »

アメリカ連合国

アメリカ連合国(アメリカれんごうこく、Confederate States of America, 略号:CSA)は、かつて北アメリカに存在した国家。アメリカ合衆国(USA)から分離して独立を宣言した南部諸州によって1861年に創設された。南部連合、南部同盟、アメリカ南部連邦等とも呼ばれる。南北戦争の敗北により1865年に消滅した。「ディキシー」のニックネームでも知られる。 アメリカ連合国が動員した軍事力(アメリカ連合国陸軍、アメリカ連合国海軍)を日本では「南軍」といい、アメリカ連合国の代名詞として南軍が使われている。.

新しい!!: 19世紀とアメリカ連合国 · 続きを見る »

アメデオ・アヴォガドロ

アメデオ・アヴォガドロ(アメデーオ・アヴォガードロ、Lorenzo Romano Amedeo Carlo Avogadro, Conte di Quaregna e Cerreto、1776年8月9日 - 1856年7月9日)は、サルデーニャ王国(現:イタリア)トリノ出身の物理学者、化学者。分子の研究に貢献し、1811年に発見した同圧力、同温度、同体積の全ての種類の気体には同じ数の分子が含まれるアボガドロの法則で名高い。 1809年にヴェルチェッリ王立大学の物理学教授を務め、1820年にはトリノ大学で理論物理学の初代教授を務めた。.

新しい!!: 19世紀とアメデオ・アヴォガドロ · 続きを見る »

アラモの戦い

アラモの戦い(アラモのたたかい、Battle of the Alamo)は、テキサス独立戦争中の1836年2月23日 - 3月6日の13日間にメキシコ共和国軍とテキサス分離独立派(テクシャン反乱軍)の間で行われた戦闘。 テキサス側の拠点とされ戦闘の舞台となったアラモ伝道所はテキサス州サンアントニオ中心街の一角に遺跡がある。.

新しい!!: 19世紀とアラモの戦い · 続きを見る »

アラスカ州

アラスカ州(State of Alaska )は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある。 アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。 アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。.

新しい!!: 19世紀とアラスカ州 · 続きを見る »

アリーガル・ムスリム大学

アリーガル・ムスリム大学(Aligarh Muslim University)とは、インドの公立大学。アリーガル・ムスリム大学のメイン・キャンパスは、ウッタル・プラデーシュ州のアリーガル市にあり、キャンパスの敷地面積は467.6ヘクタールを超える。インド近現代史において、インド人ムスリムの民族運動(アリーガル運動)に重要な役割を果たし、インド国内のイスラム文化復興に貢献した。様々な専攻を有する総合大学であり、伝統教育から現代教育にわたる300以上のコースを設けている。とりわけアフリカ・西アジア・東南アジアなどから留学生が訪れる国際的な名門で、インドが国家重要研究拠点と定めるINIリスト(Institution of National Importance)にも入っている。 1875年、サイイド・アフマド・ハーンによって創設された。当時の呼称はムハマダン・アングロ・オリエンタル・カレッジ(Mohammedan Anglo Oriental College)であった。1920年、アリーガル・ムスリム大学(Aligarh Muslim University)として認められた。2014年のタイムズ・ハイアー・エデュケーションのアジア・ランキングでは、インド国内3位となっており、政治家・芸術家などで活躍しているインド人ムスリムには、同大学の出身者が多くみられる。 アリーガル・ムスリム大学は、全てのカースト、信条、宗教、ジェンダーから優秀な人材を輩出することを掲げている。一方、大学付属図書館は、設備上の問題があり、女子学生が利用できない状態となっている。また、アリーガル・ムスリム大学は、インドの文学作品や映画作品の舞台としても多く登場する。.

新しい!!: 19世紀とアリーガル・ムスリム大学 · 続きを見る »

アルチュール・ランボー

ャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(Jean Nicolas Arthur Rimbaud, 1854年10月20日 - 1891年11月10日)は19世紀のフランスの詩人、貿易商人。象徴主義の代表的な詩人である。ランボオとも表記される。主な作品に散文詩集『地獄の季節』『イリュミナシオン』など。.

新しい!!: 19世紀とアルチュール・ランボー · 続きを見る »

アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)

ン=コーブルク=ゴータ公子アルバート(, 1819年8月26日 - 1861年12月14日)は、イギリス女王ヴィクトリアの夫。ザクセン=コーブルク=ゴータ公子でザクセンの公()。ドイツ語名はアルブレヒト()。 初代ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世の次男。ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの孫。 サクス=コバーグ・アンド・ゴータ朝初代イギリス国王エドワード7世、ドイツ皇后ヴィクトリア、ヘッセン大公妃アリスの父。 女王エリザベス2世の高祖父。 イギリス女王の夫として、議会から唯一公式に「プリンス・コンソート」()の称号を認められた人物である。.

新しい!!: 19世紀とアルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子) · 続きを見る »

アルメニア人

アルメニア人の分布 色が濃い国ほどアルメニア人居住者が多い アルメニア人(アルメニアじん)は、アルメニアの主要民族。インドヨーロッパ語族に属するアルメニア語を使用している。アルメニア人の6割はアルメニア共和国の外に暮らすディアスポラである。自称は「ハイ」(Հայ)。.

新しい!!: 19世紀とアルメニア人 · 続きを見る »

アル・ジャバルティー

アル・ジャバルティー(Al - Jabarti、1754年 - 1825年)は、エジプトの歴史家。本名は、アブドゥルラフマーン・ブン・ハサン・アル=ジャバルティー。.

新しい!!: 19世紀とアル・ジャバルティー · 続きを見る »

アルトゥル・ショーペンハウアー

アルトゥル・ショーペンハウアー(、ショーペンハウエル、ショウペンハウエルとも)1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。 仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、エルヴィン・シュレーディンガー、アルベルト・アインシュタイン、ジークムント・フロイト、オットー・ランク、カール・グスタフ・ユング、ジョーゼフ・キャンベル、レフ・トルストイ、トーマス・マン、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。.

新しい!!: 19世紀とアルトゥル・ショーペンハウアー · 続きを見る »

アルテュール・ド・ゴビノー

ョゼフ・アルテュール・ド・ゴビノー伯爵(Joseph Arthur Comte de Gobineau 1816年7月14日 - 1882年10月13日)はフランスの貴族主義者、小説家、文人。『諸人種の不平等に関する試論』Essai sur l'inégalité des races humaines(1853年 - 1855年)の中で白人至上主義を提唱し、アーリア人を支配人種と位置づけたことで知られる。.

新しい!!: 19世紀とアルテュール・ド・ゴビノー · 続きを見る »

アルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ

軍元帥ヴィンディシュ=グレーツ侯爵、ヨーゼフ・クリーフーバー画、1848年 ヴィンディシュ=グレーツ侯、ルートヴィヒ・アンゲラー撮影、1860年 アルフレート1世・カンディードゥス・フェルディナント・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ(Alfred I. Candidus Ferdinand Fürst zu Windisch-Graetz, 1787年5月11日 ブリュッセル - 1862年3月21日 ウィーン)は、オーストリアの貴族、軍人。陸軍元帥。.

新しい!!: 19世紀とアルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ · 続きを見る »

アルフレート・フォン・ヴァルダーゼー

アルフレート・ハインリヒ・カール・ルートヴィヒ・フォン・ヴァルダーゼー伯爵(Alfred Heinrich Karl Ludwig Graf von Waldersee、1832年4月8日 - 1904年3月5日)は、ドイツ帝国の軍人。陸軍元帥。ドイツ帝国の陸軍参謀総長を務めた。義和団の乱後に中国に駐屯した8ヶ国連合軍の総司令官として知られる。.

新しい!!: 19世紀とアルフレート・フォン・ヴァルダーゼー · 続きを見る »

アルフレート・クルップ

大砲王」クルップ アルフレート・クルップ(Alfred Krupp、1812年4月26日 - 1887年7月14日)は、ドイツの企業家。 父の創設した小さな木造の工房を相続し、19-20世紀にドイツ最大の鉄鋼・兵器製造企業であり、現代でも巨大コングロマリットであるクルップ社に育て上げた。新興軍事国家のプロイセンに高性能の大砲を供給し「大砲王」の異名があり、また死の商人とも呼ばれた。.

新しい!!: 19世紀とアルフレート・クルップ · 続きを見る »

アルフレッド・ノーベル

アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者、発明家、実業家。 ボフォース社を単なる鉄工所から兵器メーカーへと発展させた。350もの特許を取得し、中でもダイナマイトが最も有名である。ダイナマイトの開発で巨万の富を築いたことから、「ダイナマイト王」とも呼ばれた。 遺産を「ノーベル賞」の創設に使用させた。自然界には存在しない元素ノーベリウムはノーベルの名をとって名付けられた。Dynamit Nobel やアクゾノーベルのように現代の企業名にも名を残している(どちらもノーベルが創業した会社の後継)。.

新しい!!: 19世紀とアルフレッド・ノーベル · 続きを見る »

アルフレッド・マーシャル

アルフレッド・マーシャル(Alfred Marshall、1842年7月26日 - 1924年7月13日)は、イギリスの経済学者。新古典派の経済学を代表する研究者。ケンブリッジ大学教授を務め、ケンブリッジ学派と呼ばれる学派を形成した。同大学の経済学科の独立にも尽力した。主著は、『経済学原理』("Principles of Economics", 1890年)。ジョン・メイナード・ケインズやアーサー・セシル・ピグーを育てたことでも知られる。 マーシャルは、彼の時代において最も有力な経済学者の一人となった。彼の主著『経済学原理』では需要と供給の理論、すなわち限界効用と生産費用の首尾一貫した理論を束ね合わせた。この本は長い間、イギリスで最も良く使われる経済学の教科書となった。.

新しい!!: 19世紀とアルフレッド・マーシャル · 続きを見る »

アルフレッド・ラッセル・ウォレス

アルフレッド・ラッセル・ウォレス(Alfred Russel Wallace, 1823年1月8日 - 1913年11月7日)は、イギリスの博物学者、生物学者、探検家、人類学者、地理学者。「ウォレス」は、「ウォーレス」とも表記する。アマゾン川とマレー諸島を広範囲に実地探査して、インドネシアの動物の分布を二つの異なった地域に分ける分布境界線、ウォレス線を特定した。そのため時に生物地理学の父と呼ばれることもある。チャールズ・ダーウィンとは別に自身の自然選択を発見し、ダーウィンの理論の公表を促した。また自然選択説の共同発見者であると同時に、進化理論の発展のためにいくつか貢献をした19世紀の主要な進化理論家の一人である。その中には自然選択が種分化をどのように促すかというウォレス効果と、警告色の概念が含まれる。 心霊主義の唱道と人間の精神の非物質的な起源への関心は当時の科学界、特に他の進化論の支持者との関係を緊迫させたが、ピルトダウン人ねつ造事件の際は、それを捏造を見抜く根拠ともなった。イギリスの社会経済の不平等に目を向け、人間活動の環境に対する影響を考えた初期の学者の一人でもあり、講演や著作を通じて幅広く活動した。インドネシアとマレーシアにおける探検と発見の記録は『マレー諸島』として出版され、19世紀の科学探検書としてもっとも影響力と人気がある一冊だった。.

新しい!!: 19世紀とアルフレッド・ラッセル・ウォレス · 続きを見る »

アルフレッド・テニスン

桂冠詩人 A・テニスン 初代テニスン男爵アルフレッド・テニスン(Alfred Tennyson, 1st Baron Tennyson, 1809年8月6日 - 1892年10月6日)は、ヴィクトリア朝時代のイギリスの詩人。美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。.

新しい!!: 19世紀とアルフレッド・テニスン · 続きを見る »

アルフレッド・セイヤー・マハン

アルフレッド・セイヤー・マハン(Alfred Thayer Mahan, 1840年9月27日 - 1914年12月1日)は、アメリカ海軍の軍人・歴史家・戦略研究者。最終階級は海軍少将。 マハンはアメリカ海軍の士官であるだけでなく、研究者としても名を馳せた。その研究領域は海洋戦略・海軍戦略・海戦術などに及び、シーパワー・制海権・海上封鎖・大艦巨砲主義などに関する研究業績がある。中でも古典的な海洋戦略を展開した『海上権力史論』は世界各国で研究されている。「世界の諸処に植民地を獲得せよ。 アメリカの貿易を擁護し、かつ外国に強圧を加えるために諸処に海軍根拠地を獲得し、これを発展させよ」との持論を持っていた。 19世紀フランスの研究者アントワーヌ=アンリ・ジョミニや父デニス・ハート・マハンの影響を強く受けており、マハンの研究に影響を受けた人物にはセオドア・ルーズベルト、ヴィルヘルム2世、ジュリアン・コーベット、佐藤鉄太郎、秋山真之などがいる。彼に因んでいくつかの艦船が「マハン」と命名された。.

新しい!!: 19世紀とアルフレッド・セイヤー・マハン · 続きを見る »

アルフレド・ドレフュス

アルフレド・ドレフュス(Alfred Dreyfus、1859年10月9日 - 1935年7月12日)は、フランスの陸軍軍人。ドレフュス事件の被疑者として知られる。最終階級は陸軍中佐。.

新しい!!: 19世紀とアルフレド・ドレフュス · 続きを見る »

アルフォンス・ド・ラマルティーヌ

アルフォンス・ド・ラマルティーヌ アルフォンス・ド・ラマルティーヌ(Alphonse Marie Louis de Prat de Lamartine, 1790年10月21日マコン - 1869年2月28日パリ)は、フランスの詩人、著作家、政治家。ロマン派の代表的詩人で、フランスにおける近代抒情詩の祖といわれ、ヴェルレーヌや象徴派にも大きな影響を与えている。また2月革命前後に政治家としても活躍した。 マコンの貴族に生まれ、王政復古期に一時軍に籍を置いた。のちに外交官となり、1825年から1828年までイタリアに駐在した。 また自らの恋愛体験にも影響された抒情詩を書いた。特に1820年、『瞑想詩集』(Méditations poétiques)を世に出し、一躍注目された。これは、彼が愛した年上の貴婦人との出会いと死別に触発されたものといわれるが、文学的にも近代フランス抒情詩のはじまりとして高く評価される。続いて『新瞑想詩集』(Nouvelles Méditations, 1823年)、『詩的で宗教的な調べ』(Harmonies poétiques et religieuses, 1830年)などを発表。 1829年にはアカデミー・フランセーズ会員に選ばれた。 1830年の7月革命を契機に政治活動を開始し、1833年には代議士に当選した。彼は理想主義的で、政治的には王党派と社会主義派の中間的な穏健思想を持っていたとされる。 この間にも詩のほか、小説や『オリエント紀行』(Voyage en Orient, 1835年)、歴史書『ジロンド党史』(Histoire des Girondins, 1847年)などを出した。しかし1840年代になると政治活動に力を入れて詩作を絶った。 1848年の2月革命で、臨時政府の外務大臣となった。同年12月の大統領選挙ではルイ=ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)と争って敗れ、1851年のクーデターで政界を引退した。 晩年は不遇で、莫大な負債のために大量の作品を書き続けたが、これらは文学的には評価されていない。.

新しい!!: 19世紀とアルフォンス・ド・ラマルティーヌ · 続きを見る »

アルザス=ロレーヌ

伝統的な衣装を着たアルザスの女性とフランスの将校(1919年) アルザス=ロレーヌ(、 エルザス=ロートリンゲン、 エルゼス=ロートリンゲ)は、フランス共和国北東部のドイツ国境に近いアルザス地域圏(エルザス)とロレーヌ地域圏(ロートリンゲン)のうちモゼル県を合わせた地域。.

新しい!!: 19世紀とアルザス=ロレーヌ · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: 19世紀とアルジェリア · 続きを見る »

アルジェリア侵略

アルジェリア侵略(アルジェリアしんりゃく)は、1830年から1847年にかけて、復古王政下のフランスが、オスマン帝国領のアルジェリアを侵略した事件である。.

新しい!!: 19世紀とアルジェリア侵略 · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: 19世紀とアルゼンチン · 続きを見る »

アレッサンドロ・マンゾーニ

アレッサンドロ・フランチェスコ・トンマーゾ・アントニオ・マンゾーニ (Alessandro Francesco Tommaso Antonio Manzoni, 1785年3月7日-1873年5月22日)はイタリアの詩人、作家。啓蒙思想家チェーザレ・ベッカリーアの孫にあたる。 1967年から1979年まで発行された10万イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣の裏面に肖像が採用されていた。.

新しい!!: 19世紀とアレッサンドロ・マンゾーニ · 続きを見る »

アレクシ・ド・トクヴィル

アレクシ=シャルル=アンリ・クレレル・ド・トクヴィル(Alexis-Charles-Henri Clérel de Tocqueville、1805年7月29日 - 1859年4月16日)は、フランス人の政治思想家・法律家・政治家。裁判官からキャリアをスタートさせ、国会議員から外務大臣まで務め、3つの国権(司法・行政・立法)全てに携わった。.

新しい!!: 19世紀とアレクシ・ド・トクヴィル · 続きを見る »

アレクサンドリア砲撃

アレクサンドリア砲撃(アレクサンドリアほうげき、The Bombardment of Alexandria)は、反乱軍によって支配されたアレクサンドリアの要塞とイギリス地中海艦隊の間で、1882年7月11日から13日にかけて行われた砲撃戦。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドリア砲撃 · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル1世 · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル2世 · 続きを見る »

アレクサンドル・プーシキン

アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(Александр Сергеевич Пушкин、1799年6月6日(旧暦5月26日) - 1837年2月10日(旧暦1月29日))は、ロシアの詩人・作家。ロシア近代文学の嚆矢とされる。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・プーシキン · 続きを見る »

アレクサンドル・デュマ・ペール

アレクサンドル・デュマ(Alexandre Dumas, 1802年7月24日 - 1870年12月5日)は、フランスの小説家。『椿姫』を著した同名の息子と区別するために、「父」を意味する père を付して大デュマ(Dumas, père)とも呼ばれる。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・デュマ・ペール · 続きを見る »

アレクサンドル・デュマ・フィス

アレクサンドル・デュマ・フィス アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils, 1824年7月27日 - 1895年11月27日)はフランスの劇作家、小説家。父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」、またはフィス(息子)を付けて呼ばれる。ロマン主義演劇の大家であった父の影響を受けながらも、小さな世界を写実的にしっとりと描く作風が特徴である。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・デュマ・フィス · 続きを見る »

アレクサンドル・エドモン・ベクレル

アレクサンドル・エドモン・ベクレル(Alexandre Edmont Becquerel, 1820年3月24日 - 1891年5月11日)はフランス・パリ出身の物理学者。父は物理学者のアントワーヌ・セザール・ベクレル。アンリ・ベクレルは彼の息子である。 1853年からフランス国立工芸院で物理学の教授を務めた。太陽放射、電気などの研究を行った。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・エドモン・ベクレル · 続きを見る »

アレクサンドル・ゲルツェン

アレクサンドル・イヴァーノヴィチ・ゲルツェン(ヘルツェンとも、Александр Иванович Герцен、ラテン文字転写の例:Aleksandr Ivanovich Herzen, 1812年3月25日(ユリウス暦)または 4月6日(グレゴリオ暦) - 1870年1月9日(ユリウス暦) または 同月21日(グレゴリオ暦))は、帝政ロシアの哲学者、作家、編集者であるConstance Garnett, note in Alexander Herzen, My Past and Thoughts (Berkeley: University of California Press, 1982), 3n1.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・ゲルツェン · 続きを見る »

アレクサンドル・ゴルチャコフ

アレクサンドル・ミハイロヴィッチ・ゴルチャコフ(Алекса́ндр Миха́йлович Горчако́в、ラテン文字転写の例:Alexandr Mikhailovich Gorchakov、1798年6月4日 - 1883年2月27日)は、帝政ロシアの政治家、外交官、貴族。 皇帝アレクサンドル2世の下で外務大臣(在職1856年 - 1882年)を務めた。爵位は公爵(Князь)。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンドル・ゴルチャコフ · 続きを見る »

アレクサンダー・フォン・フンボルト

フリードリヒ・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン・フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander, Freiherr von Humboldt, 1769年9月14日 - 1859年5月6日)は、ドイツの博物学者兼探検家、地理学者。兄がプロイセンの教育相、内相であり言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルト。 近代地理学の金字塔、大著『コスモス』を著したことは有名。カール・リッターとともに、近代地理学の祖とされている。また、ゲーテやシラーや、ヨーロッパ滞在中のシモン・ボリバルなどと、親交があった事でも知られる。王立協会外国人会員。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンダー・フォン・フンボルト · 続きを見る »

アレクサンダー・グラハム・ベル

アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell、1847年3月3日 - 1922年8月2日)は、スコットランド生まれの科学者、発明家、工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている。 ベルの祖父、父、兄弟は弁論術とスピーチに関連した仕事をし、母と妻は聾だった。このことはベルのライフワークに深く影響している。聴覚とスピーチに関する研究から聴覚機器の実験を行い、ついに最初のアメリカ合衆国の特許を取得した電話の発明(1876年)として結実した。後にベルは彼の最も有名な発明が科学者としての本当の仕事には余計なものだったと考え、書斎に電話機を置くことを断わった。 その後も様々な発明をしており、光無線通信、水中翼船、航空工学などの分野で重要な業績を残した。1888年にはナショナルジオグラフィック協会創設に関わった。その生涯を通じて科学振興および聾者教育に尽力し、人類の歴史上最も影響を及ぼした人物の1人とされることもある。 ベルが会長(在職期間:1896年 - 1904年)を務めたナショナルジオグラフィック協会の月刊誌である『ナショナル ジオグラフィック』日本版(日経ナショナル ジオグラフィック社)では「アレクサンダー・グラハム・ベル」としているため、本記事ではこれに従うが、表記発音については脚注参照アレグザンダー・グレアム・ベルなどとも表記する。ファーストネームよりもミドルネームのほうが知られており、グラハム・ベル、またはグレアム・ベルと呼ばれることも多い。なお、原音に比較的近い表記はアレグザンダ・グレイアム・ベル( )である。。.

新しい!!: 19世紀とアレクサンダー・グラハム・ベル · 続きを見る »

アロー戦争

アロー戦争(アローせんそう、Arrow War)は、1856年から1860年にかけて、清とイギリス・フランス連合軍との間で起こった戦争である。最終的に北京条約で終結した。戦争の理由の一つであった、中国人による多くの外国人排斥事件のうち、もっとも象徴的な出来事がアロー号事件であったため、日本ではアロー戦争と呼称される場合が多い。また、この戦争がアヘン戦争に続いて起きたために、第二次アヘン戦争(Second Opium War)と呼ぶこともある。.

新しい!!: 19世紀とアロー戦争 · 続きを見る »

アンリ・デュナン

ャン・アンリ・デュナンの墓 ジャン・アンリ・デュナン(Jean Henri Dunant, 1828年5月8日 - 1910年10月30日)は、スイスの実業家である。赤十字社を創設し、1901年に「第1回ノーベル平和賞」を受賞したなお、フランスの経済学者フレデリック・パシーとの共同受賞であった。。.

新しい!!: 19世紀とアンリ・デュナン · 続きを見る »

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ(Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa、1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、フランスの画家。一般的に姓は「トゥールーズ=ロートレック」、または単に「ロートレック」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 19世紀とアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック · 続きを見る »

アンリ・ド・サン=シモン

ン=シモン伯爵クロード・アンリ・ド・ルヴロワ(Claude Henri de Rouvroy、Comte de Saint-Simon、1760年10月17日 - 1825年5月19日)は、フランスの社会主義思想家。.

新しい!!: 19世紀とアンリ・ド・サン=シモン · 続きを見る »

アン・ブロンテ

アン・ブロンテ(Anne Brontë (IPA), 1820年1月17日 - 1849年5月28日)は、イギリスの小説家。ヨークシャーのソーントン生れ。 ブロンテ3姉妹の末妹。彼女はアクトン・ベル (Acton Bell) のペンネームを使用した。 アンは6人姉妹(男子1人を含む)の最後の娘として生まれた。母親のマリア・ブランウェル・ブロンテは一家がハワースに移り住んだ翌年の1821年に癌で死去した。1825年には長姉のエリザベス(当時11歳)と次姉マリア(同10歳)がランカシャーのコーワン・ブリッジにある聖職者子女の寄宿学校で結核にかかり相次いで死去した。母親と2人の姉たちの死は、彼女および残りの2人の姉・シャーロットとエミリーのその後の著作に大きな影響を与えた。 アンはハダーズフィールドのミス・ウーラーズ・スクールで学び、その後1839年から1845年まで家庭教師として働きながら著作を続けた。彼女とシャーロット、エミリーの最初の作品であった詩集は1846年に出版された。一年後彼女の最初の小説『アグネス・グレイ』は姉エミリーの『嵐が丘』三巻と共に出版された。シャーロットの『ジェーン・エア』が出版されたのはその一ヶ月後であった。2作目の小説『ワイルドフェル屋敷の人々』は1848年、兄のブランウェル(享年31)および4番目の姉のエミリー(享年30)の死の直前に出版された。 アンは1849年に海辺の行楽地であるスカーバラで29歳で死去した。アンはスカーバラを病後の養生のため訪れていた。スカーバラのグランドホテルにはブルー・プラークが掲示されている。彼女はセントメリー教会の敷地内に埋葬された。 なお、姉妹たちのうち最後まで生き残った3番目の姉シャーロットも1855年に38歳で死去し、ブロンテ家の姉妹たちは1人も子孫を残すことなく早世した。.

新しい!!: 19世紀とアン・ブロンテ · 続きを見る »

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 - 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。フランスにおける初期のロマン派作家として政治思想、文芸評論などを行った。多く、スタール夫人(Madame de Staël)の名で知られる。フランス革命からナポレオン・ボナパルトの君臨に至る時代、多くの政治評論を行い、ナポレオンと終生対立する運命となる。彼女の正式な名前は、スタール=ホルシュタイン男爵夫人アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ネッケール(Anne-Louise Germaine Necker, baronne de Staël-Holstein)。フェミニズムの先駆者でもある。.

新しい!!: 19世紀とアンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール · 続きを見る »

アントナン・カレーム

マリー=アントワーヌ(アントナン)・カレーム(Marie-Antoine(Antonin)Carême, 1784年6月8日 - 1833年1月12日)はフランスのシェフ・パティシエ。フランス料理の発展に大きく貢献し、当時は「国王のシェフかつシェフの帝王」と呼ばれていた。今日、カレームはいわゆる「有名シェフ」のさきがけ的人物として知られている。.

新しい!!: 19世紀とアントナン・カレーム · 続きを見る »

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー(Antoine Augustin Cournot、1801年8月28日 - 1877年3月31日)は、フランスの哲学者、数学者、経済学者。彼は「限界革命」より半世紀も前に数学的モデルを用いて複占の理論を展開した数理経済学の始祖と評される。彼はまた、レオン・ワルラスの父であるオーギュスト・ワルラスとともに、経済学と数学の教師であった。クールノーとオーギュスト・ワルラスはレオン・ワルラスに経済学をやってみるよう説き伏せた。クールノーはまた、レオン・ワルラスに対し一般均衡理論へインスピレーションをもたらした一人とされている。.

新しい!!: 19世紀とアントワーヌ・オーギュスタン・クールノー · 続きを見る »

アントン・ブルックナー

ヨーゼフ・アントン・ブルックナー(Joseph Anton Bruckner, 1824年9月4日 - 1896年10月11日) は、オーストリアの作曲家、オルガニスト。交響曲と宗教音楽の大家として知られる。.

新しい!!: 19世紀とアントン・ブルックナー · 続きを見る »

アントニン・ドヴォルザーク

アントニーン・レオポルト・ドヴォルザーク(チェコ語:Antonín Leopold Dvořák 、1841年9月8日 - 1904年5月1日)は後期ロマン派におけるチェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家である。チェコ語の発音により近い「ドヴォルジャーク」「ドヴォジャーク」という表記も用いられている(表記についてはドヴォジャークを参照)。 ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。その後、アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。 代表作に、弦楽セレナード、管楽セレナード、ピアノ五重奏曲第2番、交響曲第7番、交響曲第8番、交響曲第9番『新世界より』、スラヴ舞曲集、この分野の代表作でもあるチェロ協奏曲、『アメリカ』の愛称で知られる弦楽四重奏曲第12番などがある。.

新しい!!: 19世紀とアントニン・ドヴォルザーク · 続きを見る »

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ・ペレス・デ・レブロン(Antonio López de Santa Anna Pérez de Lebrón, 1794年2月21日 - 1876年6月21日)は、メキシコの軍人、政治家。1833年から1855年までの間に11回(7回と数える意見もある)も大統領に選ばれた。有能な軍人だが、政治家としては評価されていない。良くも悪くも、メキシコが生んだその時代を代表する英雄の一人である。彼は単に「サンタ・アナ」 あるいは「ロペス・デ・サンタ・アナ」として知られ、「西半球のナポレオン」と呼ばれ、メキシコの政治的指導者、将軍そして11回大統領に就任し、独立間もないメキシコの政治と政府に大きな影響を与えた。サンタ・アナはメキシコ独立戦争を戦い、それを支援した。彼は最初のカウディージョではなかったにも関わらず、彼はカウディージョ的政治家の草分けであった。 彼はメキシコ独立後のさまざまな時期を通じて騒乱の40年間にわたり、さまざまな時に将軍か大統領であった(同時に務めたこともあった)。すなわち彼は11回断続的な状況で22年間に渡り大統領を務めた。彼はメキシコの主要な港ベラクルスに「政治的農場基地」を建設した。彼は陸軍の英雄であった。すなわち彼は自身とその軍の栄光を追い求め、失脚するまでそれを再建した。 勇敢で先取の気質に富んでいる一方で奸智にたけた政治家、彼はそのようにしてメキシコを支配したために歴史家はその時代を「サンタ・アナの時代」と呼ぶ。 しかしながら歴史家はまた、彼は「もしかしたら国政を誤った人々の住まうメキシコの『黒いパンテオン』の最初の居住者」だと報告している。 彼の中央集権主義者のレトリックと軍事的な失敗は、テキサス独立戦争始まりと1848年の米墨戦争のメキシコ割譲を招き、当時のメキシコの領土の半分の消失という結果をもたらした。.

新しい!!: 19世紀とアントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ · 続きを見る »

アンドラーシ・ジュラ

アンドラーシ・ジュラ / 1870年撮影の写真 アンドラーシ・ジュラ伯爵(Andrássy Gyula、1823年3月3日〜1890年2月18日)は19世紀ハンガリーの貴族・政治家。オーストリア=ハンガリー二重帝国)のハンガリー王国で初代の首相を務めた。ドイツ名はユリウス(またはジュラ)・アンドラーシ(Julius (Gyula) Graf Andrássy von Csík-Szent-Király und Kraszna-Horka)。姓の読みは「アンドラーッシ」とも。.

新しい!!: 19世紀とアンドラーシ・ジュラ · 続きを見る »

アンドリュー・カーネギー

National Portrait Gallery、ワシントンD.C. アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie 、俗にとも, 1835年11月25日 - 1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、2014年の今日でも慈善活動家としてよく知られている。1889年の『富の福音』はフィランソロピーを志す人々への啓蒙書となっている。 スコットランドのダンファームリンで生まれ、1848年には両親と共にアメリカに移住した。アメリカではまず織物工場で作業員として働き、後に同社オーナー専属の計算書記となった。間もなく電信配達夫となり、電信会社で昇進。1860年代には鉄道、寝台車、鉄橋、油井やぐらなどの事業を行った。最初の資産は、当時花形事業だった鉄道への投資で築いた。 1870年代にはピッツバーグでカーネギー鉄鋼会社を創業。1890年代には同社が世界最大で最も高収益な会社となった。事業で得た富でカーネギー・ホールなどを建てている。引退した従業員のための年金基金も創設した。1901年、J・P・モルガンに4億8000万ドルで同社を売却。のフェデラル鉄鋼会社と合併してUSスチールとなった。 カーネギーは残りの人生を慈善活動に捧げ、図書館建設、世界平和、教育、科学研究などに多額の寄付をした。アッパーアイオワ大学のキャンパスに図書館を建設するため、下院議長に2万5千ドルを寄贈している。ニューヨーク・カーネギー財団、、カーネギー研究所、カーネギーメロン大学、カーネギー教育振興財団、カーネギー博物館などの創設に資金を提供した。最も金をつぎ込んだのはアメリカ各地やイギリスおよびカナダなどでのカーネギー図書館、学校、大学の創設である。.

新しい!!: 19世紀とアンドリュー・カーネギー · 続きを見る »

アンドリュー・ジャクソン

ホワイトハウスの公式ポートレート アンドリュー・ジャクソンの肖像が描かれた20ドル紙幣 アンドリュー・ジャクソン(Andrew Jackson, 1767年3月15日 - 1845年6月8日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家、黒人奴隷農場主で、第7代アメリカ合衆国大統領。ジャクソンは民主党所属としては初の大統領。「オールド・ヒッコリー」の愛称で呼ばれた。「アメリカン・フロンティア」に暮らし、独立13州に関係しなかった最初の大統領。 米英戦争における活躍をきっかけに大統領になり、任期中の強権ぶりから「アンドリュー1世」とも揶揄された程であった。アメリカ独立戦争と南北戦争の間、その時代は「エイジ・オブ・ジャクソン」「ジャクソン・エラ」としばしば呼ばれた。 史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領であり、またアメリカ大統領史上初の暗殺の標的になった(未遂)。 夫人のレイチェル・ジャクソン(第7代アメリカ合衆国のファーストレディ)は夫が大統領に就任する2ヶ月前に急死したが、ジャクソンは彼女の死の原因になったとして政敵のジョン・クインシー・アダムズとその支持者を激しく非難した。邸宅を構えたハーミテージはアメリカ合衆国国定歴史建造物に登録されている。.

新しい!!: 19世紀とアンドリュー・ジャクソン · 続きを見る »

アンドレ=マリ・アンペール

アンドレ=マリ・アンペール(André-Marie Ampère, 1775年1月20日 - 1836年6月10日)は、フランスの物理学者、数学者。電磁気学の創始者の一人。アンペールの法則を発見した。電流のSI単位の アンペアはアンペールの名にちなんでいる。.

新しい!!: 19世紀とアンドレ=マリ・アンペール · 続きを見る »

アンクル・トムの小屋

『アンクル・トムの小屋』(Uncle Tom's Cabin)は、アメリカ合衆国のストウ夫人(ハリエット・ビーチャー・ストウ)の小説。『トムじいの小屋』、または原題の音訳で『アンクル・トムズ・キャビン』とも。.

新しい!!: 19世紀とアンクル・トムの小屋 · 続きを見る »

アーネスト・フェノロサ

アーネスト・フェノロサ フェノロサの墓(法明院) アーネスト・フランシスコ・フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa、1853年2月18日 - 1908年9月21日)は、アメリカ合衆国の東洋美術史家、哲学者で、明治時代に来日したお雇い外国人。日本美術を評価し、紹介に努めたことで知られる。.

新しい!!: 19世紀とアーネスト・フェノロサ · 続きを見る »

アーヤーン

アーヤーンとは、18世紀以降のオスマン帝国において、中央政府に対し半ば独立した勢力を維持した地方有力者を指す。日本語では「地方名士」「地方名望家」などと訳される。ただしオスマン帝国において狭義には、行政・軍事・宗教等における階級組織の地位や財産を保持する人びとを指し、富裕な都市民や地主などもこの範疇に入る。.

新しい!!: 19世紀とアーヤーン · 続きを見る »

アーヘン会議 (1818年)

アーヘン会議とは(英語:The Congress or Conference of Aix-la-Chapelle、ドイツ語:Aachener Kongress、フランス語:Congrès d'Aix-la-Chapelle、ロシア語:Ахенский конгресс)は、1818年の秋にドイツのアーヘンで開催された国際会議である。主にイギリス、オーストリア帝国、プロイセン王国とロシア帝国の四国同盟のフランスからの占領軍の撤退問題と、同盟諸国の相互とフランスとの関係を導入するための変更の本質を決定する会議でもあった。すなわち、「四国同盟」にフランスを加えて「五国同盟」に変更することである。この会議は第3次アーヘン会議ともいわれる(第1次は1668年、第2次は1748年に開催)。.

新しい!!: 19世紀とアーヘン会議 (1818年) · 続きを見る »

アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルン

アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルン、イヴァン・フョードロヴィチ・クルゼンシュテールン(Adam Johann von Krusenstern;:en:Adam Johann von Krusenstern; Иван Фёдорович Крузенштерн 、1770年11月19日 - 1846年8月24日)は、エストニア出身のロシア海軍提督であり探検家。ロシアで最初に世界周航(1803年 - 1806年)を行った。彼はこの航海で「日本海」を通り、後に彼が作成した地図には「日本海」を "MER DU JAPON" と記したとされ、「日本海」を最初に命名した人物として日本の百科事典類には記されている。.

新しい!!: 19世紀とアーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルン · 続きを見る »

アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)

初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー(Arthur Wellesley, 1st Duke of Wellington, 、1769年4月29日 - 1852年9月14日)は、イギリスの軍人、政治家、貴族。 ナポレオン戦争で軍功を重ね、最終的に1815年のワーテルローの戦いでは同い年のナポレオンと会戦し、彼を打ち破った軍人として知られる。状況に応じた戦いを周到に行う名人だった。軍人としての最終階級は。 トーリー党(保守党)の政治家としても活躍し、ジョージ4世とウィリアム4世の治世中、二度にわたって首相を務めた(在職1828年-1830年、1834年)。ヴィクトリア朝前期にも政界の長老として活躍した。 「鉄の公爵」(Iron Duke)の異名をとるストローソン(1998) p.26トレヴェリアン(1975) p.74。.

新しい!!: 19世紀とアーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵) · 続きを見る »

アーサー・エヴァンズ

ー・アーサー・ジョン・エヴァンズ(Sir Arthur John Evans、1851年7月8日- 1941年7月11日)は、イギリスの考古学者。1900年にミノタウロス伝説で有名なクレタ島のクノッソス遺跡を発掘した。.

新しい!!: 19世紀とアーサー・エヴァンズ · 続きを見る »

アーサー・コナン・ドイル

ー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルスタシャワー(2010) p.40(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle,,, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。 推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『』やシリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。.

新しい!!: 19世紀とアーサー・コナン・ドイル · 続きを見る »

アボリジニ

アボリジニのダンサー ディジュリドゥを吹く男性 アーネムランドの芸術家 アボリジニの農民たち(1858年) アボリジニ(Aborigine)は、オーストラリア大陸と周辺島嶼(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。イギリスを中心とするヨーロッパ人たちによる植民地化の以前からオーストラリア大陸やその周辺諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。 「アボリジニ」に差別的な響きが強いうえ、言語集団が分かれていたオーストラリア先住民の多様性への配慮から、近年のオーストラリアでは呼称としてほとんど使われなくなった。代わりに現在ではアボリジナル、アボリジナル・ピープル、アボリジナル・オーストラリアン(Aboriginal Australians)またはオーストラリア先住民(オーストラリアせんじゅうみん、Indigenous Australians)という表現が一般化しつつある。.

新しい!!: 19世紀とアボリジニ · 続きを見る »

アッサム

アッサム(アッサム語: অসম, ヒンディー語: आसाम, または असम)とは、インドのアッサム地方(インド北東部)でつくられる紅茶の総称である。.

新しい!!: 19世紀とアッサム · 続きを見る »

アトランタ

アトランタ (、現地) は、アメリカ合衆国ジョージア州北西部に位置する都市。同州の州都・最大都市であり、またフルトン郡の郡庁所在地である。市域の大部分はフルトン郡内にあり、一部東隣のディカーブ郡にかかっている。人口はアトランタ市域内で420,003人、フルトン郡を中心に29郡にまたがる都市圏では5,286,728人、アセンズやゲインズビル等をあわせた広域都市圏では5,910,296人を数える(すべて2010年国勢調査).

新しい!!: 19世紀とアトランタ · 続きを見る »

アヘン

アヘン(阿片、鴉片、)は、ケシ(芥子、)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、いわゆる麻薬である。ケシの実から採取されるアルカロイドはオピエートと呼ばれ、そこから合成されるものがオピオイドである。麻薬(narcotic)とは、本来このようなオピエートやオピオイドを指す。ケシから採取されたアルカロイドや、そこから合成される化合物は、鎮痛、陶酔といった作用があり、また高用量の摂取では昏睡や呼吸抑制を引き起こす )。このようなアルカロイドや、合成化合物には、モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンを含む。 アヘンの名の由来は、英語名の中国語の音訳である阿片()を音読みしたものである。明代の中国、江戸時代の日本では阿芙蓉(あふよう)と書いた。 紀元前から鎮痛作用などが知られ用いられており、後に阿片戦争を引き起こすなど、重大な害悪を引き起こした。現在では、1912年のハーグ阿片条約、これを引き継ぐ1961年の麻薬に関する単一条約において国際統制下にある。日本でもあへん法によって規制されている。.

新しい!!: 19世紀とアヘン · 続きを見る »

アブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン

アブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン 男爵(Abraham Constantin Mouradgea d'Ohsson、1779年11月26日 - 1851年12月25日)は、オスマン帝国におけるアルメニア系の外交官、歴史家。『チンギス・カンよりティムール・ベイすなわちタメルランに至るモンゴル族の歴史』(邦題:『蒙古史』、『モンゴル帝国史』)の著者として有名であった。.

新しい!!: 19世紀とアブラハム・コンスタンティン・ムラジャ・ドーソン · 続きを見る »

アブデュルハミト2世

アブデュルハミト2世(II.

新しい!!: 19世紀とアブデュルハミト2世 · 続きを見る »

アブデュルメジト1世

アブデュルメジト1世(Abdülmecid I, 1823年4月23日あるいは4月25日 - 1861年6月25日)は、オスマン帝国の第31代皇帝(在位:1839年 - 1861年)。第30代皇帝マフムト2世の子で、第32代皇帝アブデュルアズィズの兄。子に第33代皇帝ムラト5世、第34代皇帝アブデュルハミト2世、第35代皇帝メフメト5世、第36代皇帝メフメト6世。.

新しい!!: 19世紀とアブデュルメジト1世 · 続きを見る »

アブド・アルカーディル

アブド・アルカーディル(写真) 投獄されていたアブド・アルカーディルを引見するナポレオン3世 1860年のレバノン紛争で、逃れてきたキリスト教徒を保護するアルカーディルを描いた絵 アブド・アルカーディル(1808年9月6日 - 1883年5月26日、عبدالقادر الجزائري)は、フランスによるアルジェリアの植民地化に抵抗した人物。アルジェリア民族運動の父とも評価される。アブデルカーデルと表記されることもある。.

新しい!!: 19世紀とアブド・アルカーディル · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: 19世紀とアフリカ · 続きを見る »

アフリカーナー

アフリカーナー()は、アフリカ南部に居住する白人のうち、ケープ植民地を形成したオランダ系移民を主体に、フランスのユグノー、ドイツ系プロテスタント教徒など、宗教的自由を求めてヨーロッパからアフリカに入植した人々が合流して形成された民族集団である。現在の南アフリカ共和国やナミビアに多く住んでいる。 言語はオランダ語を基礎にしてフランス語、マレー語、現地の言語等を融合して形成されたゲルマン系言語であるアフリカーンス語を母語とする。かつてはブール人(Boer)と呼ばれた(「ブール」〔Boer〕とはオランダ語およびアフリカーンス語で農民の意。"Boer"の英語読みに基づいてボーア人とも表記される)。主な宗教は改革派(カルヴァン派)に属するオランダ改革派教会である。 アパルトヘイト時代の厳密な定義では、オランダ系(同化したユグノーなども含まれる)であること、アフリカーンス語を第一言語とすること、オランダ改革派教会の信徒であること、この三つをみたすことが「アフリカーナー」の条件であった。.

新しい!!: 19世紀とアフリカーナー · 続きを見る »

アフリカ分割

1912年のアフリカ アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 1912年にイタリアがリビアを獲得した事により、リベリアとエチオピアを除くアフリカの全土がヨーロッパのわずか7か国によって分割支配された。.

新しい!!: 19世紀とアフリカ分割 · 続きを見る »

アフガン戦争

アフガン戦争(アフガンせんそう、英語:Afghan Wars)は、近現代にアフガニスタンを舞台に起こった諸戦争のうち、特に19世紀から20世紀初頭に行われたアフガニスタンとイギリスの間の三次にわたる戦争のこと。アングロ・アフガン戦争ともいう。 第一次(1838年 - 1842年)と第二次(1878年 - 1881年)のアフガン戦争は19世紀に繰り広げられたグレート・ゲームの一環として、中央アジアに進出したロシア帝国がインドへと野心を伸ばしてくることを警戒したイギリスが、先手を打ってアフガニスタンを勢力圏に収めるために行った軍事行動であり、第二次アフガン戦争によってイギリスはアフガニスタンを保護国とした。アフガン戦争は狭義にはこの二度の戦争を指す。第三次アフガン戦争(1919年)は第一次世界大戦直後に行われた戦争で、アフガニスタンがイギリス領インド帝国に攻め込んで独立を認めさせた戦争である。.

新しい!!: 19世紀とアフガン戦争 · 続きを見る »

アドリアノープル条約

label.

新しい!!: 19世紀とアドリアノープル条約 · 続きを見る »

アドルフ・ティエール

ルイ・アドルフ・ティエール(Louis Adolphe Thiers、 1797年4月16日 - 1877年9月3日)は、フランスの政治家・歴史家。首相を2回(在任:1836年2月22日 - 9月6日、1840年3月1日 - 10月29日)務め、フランスの2代大統領(第三共和政の初代大統領、在任:1871年2月17日 - 1873年5月24日)を務めた。 マルセイユ近郊ブック=ベル=エール出身。エクスの法学部卒業後に弁護士となった。その後、パリに出て自由主義に傾倒し、1814年の王政復古で成立していたブルボン朝の独裁的な政治を批判し、『フランス革命史』を著わして、一躍国民から名声を得た。1830年、七月革命でシャルル10世が追放されてブルボン朝が滅亡した後、オルレアン家のルイ・フィリップを国王に擁立して(七月王政)自身は財務次官、内相、そして首相となって活躍した。しかし、同じくルイ・フィリップのもとで首相として活躍したフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーとは対立し、これが後に七月王政が倒れる一因を成した。 1848年、二月革命でオルレアン朝が滅んだ後、フランスの秩序回復を目的としてルイ・ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)を支持した。彼のもとでも政治家として活躍したが、まもなく対立して1851年のナポレオン3世のでフランスから追放されてしまった。1852年、ナポレオン3世から帰国を許されたために帰国した。帰国後はナポレオン3世から自身の補佐役として何度も招きを受けたが、ティエールはこれを拒絶して政界からの引退を表明し、史書の著作に専念するようになった。1869年から政界に復帰し、翌年2月の普仏戦争の最中にボルドー国民議会から行政長官に任じられた。そして普仏戦争でナポレオン3世がプロイセン王国に敗れて退位を余儀なくされた後、新たに成立した国防政府の代表となり、プロイセンとの徹底抗戦を主張する一方でプロイセンの首相・ビスマルクとの和平工作に尽力し、アルザス・ロレーヌの2州をドイツに割譲することで和睦を結んだ。 その後、第三共和政期の初代大統領に選ばれたが、アルザスとロレーヌを割譲したことに怒ったパリの市民によりパリ・コミューンが創設されると、一時的に政府をヴェルサイユに移してこれと戦い、勝利した。この戦いで、セーヌ川は赤く染まったと言われている。鎮圧後は大統領として、フランス銀行などから融資を受けて復興を目指した。支持基盤であった王党派は、1871年に461あった議席数が1876年には192に激減した。1873年の国民議会の議決により、ティエールは大統領を辞任した。1877年、81歳で没した。 ティエールは激動するフランスを生き抜いた政治家として評価されているが、どちらかというと歴史家としての評価の方が高い。代表的な著作として『執政政府と第一帝政の歴史』がある。.

新しい!!: 19世紀とアドルフ・ティエール · 続きを見る »

アドルフ・フォン・メンツェル

アドルフ・フリードリヒ・エルトマン・フォン・メンツェル(Adolph Friedrich Erdmann von Menzel, 1815年12月8日 - 1905年2月9日)は、ドイツの画家、挿絵画家、版画家。.

新しい!!: 19世紀とアドルフ・フォン・メンツェル · 続きを見る »

アドレナリン

アドレナリン(adrenaline、英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-ベンゼン-1,2-ジオール)は、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3である。 ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。.

新しい!!: 19世紀とアドレナリン · 続きを見る »

アドワの戦い

在のアドワ アドワの戦い(アドワのたたかい)は、1896年3月1日にエチオピア軍とイタリア軍がエチオピアのティグレ州アドワ近郊で戦った会戦。この戦いの敗北が、第一次エチオピア戦争におけるイタリアの敗北を決定付けた。.

新しい!!: 19世紀とアドワの戦い · 続きを見る »

アダム・ミツキェヴィチ

アダム・ミツキェヴィチ(1798-1855) アダム・ベルナルト・ミツキェヴィチ(Adam Bernard Mickiewicz 1798年12月24日 - 1855年11月26日)はポーランドを代表する国民的ロマン派詩人であり、政治活動家。.

新しい!!: 19世紀とアダム・ミツキェヴィチ · 続きを見る »

アイヤーヴァリ

アイヤーヴァリ(,, அய்யாவழி, അയ്യാവഴി, Ayyavazhi)は、19世紀に南インドで興った単一神教的宗教であるTha.

新しい!!: 19世紀とアイヤーヴァリ · 続きを見る »

アイルランド王国

アイルランド王国(アイルランドおうこく、Ríocht na hÉireann、Kingdom of Ireland)は、アイルランド島にあった王国(1541年 - 1649年・1660年 - 1800年)。終始イングランド王国(のちグレートブリテン王国)との同君連合の下にあったが、事実的にはイングランド王による自称であった。しかし1694年以降は実効支配下に置かれた従属国となった。 1541年、イングランド王ヘンリー8世が、形式的にはアイルランド議会の決議に基づき、それまでの称号であったアイルランド卿(Lord of Ireland)に代えてアイルランド王(King of Ireland)を自称したのが始まりとされている。これは、ローマ教皇の宗主権(名目上のものではあったが)の否定と統治権の正当性の新たな根拠の確立、そしてアイルランドの支配体制の抜本的な改革の意思表示といえるものであった。ただし、これはイングランド側からの一方的な宣言で、当時アイルランドを実際に支配していた有力諸侯たちはこれをすぐ認めたわけではない。しかし両国の勢力格差は歴然で、以後イングランドからの入植と支配の強化が進み、アイルランドはイングランドの植民地化していった。アイルランドがイングランドの勢力下に完全に置かれたのは護国卿時代(1649年 - 1660年)、1652年のオリヴァー・クロムウェルによる遠征以後で、さらにウィリアム3世の1694年のアイルランド遠征によって一応の完結となったのである。 ヘンリー8世以前にもエドワード・ブルース(スコットランド王ロバート1世の弟)などアイルランド上王を称する人物はいたが、ヘンリー8世以後は歴代のイングランド王(のちにグレートブリテン王)がアイルランド王の称号を兼ねることとなった。 ジョージ3世の時代、1800年の合同法制定を経て、翌1801年にグレートブリテン王国と合同してグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立し、アイルランド王国は消滅した。.

新しい!!: 19世紀とアイルランド王国 · 続きを見る »

アイグン条約

アイグン条約(璦琿条約、ロシア語: Айгунский договор)は、ロシア帝国と中国の清帝国が、1858年5月28日に中国北東部、アムール川中流のアイグン(現黒竜江省黒河市)において結んだ条約。.

新しい!!: 19世紀とアイグン条約 · 続きを見る »

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル

アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル(August Wilhelm von Schlegel, 1767年9月8日 - 1845年5月12日)は、ドイツの文学者・翻訳家・文献学者・評論家。多言語に通じており、各国語の文学作品の翻訳を行う(特にシェイクスピアの翻訳で知られる)。また、darsana(ダルシャナ、インド哲学)を研究し、ヨーロッパへの東洋思想の移入に功績があった。.

新しい!!: 19世紀とアウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル · 続きを見る »

アウステルリッツの戦い

アウステルリッツの戦い(アウステルリッツのたたかい、Bataille d'Austerlitz、Schlacht von Austerlitz、Битва под Аустерлицем)は、1805年12月2日(露暦11月20日、フランス革命暦フリメール11日)にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアのブルノ近郊の町アウステルリッツ(現在のスラフコフ・ウ・ブルナ)郊外で、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍(大陸軍)が、ロシア・オーストリア連合軍を破った戦いである。 フランス皇帝ナポレオン1世、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ皇帝フランツ2世)、ロシア皇帝アレクサンドル1世の3人の皇帝が参加したことから三帝会戦(さんていかいせん、bataille des Trois Empereurs、Dreikaiserschlacht、битва трёх императоров)とも呼ばれる。なお、実際にはフランツ2世は戦場から離れた場所にいた。 1805年、オーストリアはロシア、イギリスなどと第三次対仏大同盟を結成し、バイエルンへ侵攻した。ナポレオン率いるフランス軍はウルムの戦いでオーストリア軍部隊を降伏させ、11月13日にウィーンへ入城した。フランツ1世はモラヴィアへ後退し、アレクサンドル1世とクトゥーゾフの率いるロシア軍と合流した。 ナポレオンもドナウ川を渡ってモラヴィアへ進出し、アウステルリッツ西方へ布陣した。そのころ、いまだイタリア方面にはカール大公のオーストリア軍部隊がほぼ無傷で残っており、これらの部隊が集結する前にロシア・オーストリア連合軍主力を叩く必要があった。そこでナポレオンは、敵の攻撃を誘うため、罠を仕掛けた。 ナポレオンの戴冠式から1周年の記念日にあたる1805年12月2日午前8時、ロシア・オーストリア連合軍約85,000はアウステルリッツ西方のプラツェン高地へ進出し、優勢な兵力をもってフランス軍への攻撃を開始した。 フランス軍は73,000と劣勢であった。またその布陣は、後方との連絡線確保のうえで重要な右翼(南側)が手薄であった。アレクサンドル1世はこれを好機とみて、主力をプラツェン高地からフランス軍右翼へと向かわせた。フランス軍右翼を守るダヴーの第3軍団は攻撃に耐え切れずに押し下げられたかに見え、さらに多くの連合軍部隊がフランス軍の陣前を横切ってフランス軍右翼へ殺到した。 だが、ナポレオンは、手薄になった連合軍の中央部にニコラ=ジャン・ド・デュ・スールトの第4軍団を突入させた。中央を守っていたクトゥーゾフはロシア近衛軍団を投入し、フランス軍と激戦を繰り広げたが、ベルナドットの第1軍団の援護とナポレオンによる近衛隊の投入によってプラツェン高地の連合軍は突破された。中央突破に成功したスルト軍団は、ダヴー軍団と協力して、フランス軍右翼へ殺到していた連合軍部隊を挟撃した。夕刻までに、連合軍は15,000人の死傷者と多数の捕虜を出し、散り散りになって敗走した。 12月26日、オーストリアはプレスブルクの和約を締結してフランスへ屈服し、第三次対仏大同盟は崩壊した。フランツ2世は神聖ローマ皇帝位から退位。神聖ローマ帝国は解体され、ドイツにはライン同盟が成立した。 アウステルリッツの戦いとそれまでの戦役はヨーロッパ政治の性格を大きく変えた。3ヶ月間でフランス軍はウィーンを占領し、2カ国の軍隊を打ち破り、オーストリア帝国を屈服させた。アウステルリッツの戦いは10年近くに及ぶフランスによるヨーロッパの覇権を容易にしたが、より直接的な影響は翌1806年の対プロイセン戦役である。.

新しい!!: 19世紀とアウステルリッツの戦い · 続きを見る »

アウスグライヒ

リーザベト妃アウスグライヒ(「和協」「妥協」、Österreichisch-Ungarischer Ausgleich, Kiegyezés)は、オーストリア帝国において1867年に実施された協定ないし一連の政策を指す。それまで名目上はハプスブルク家が一元的に支配してきたハプスブルク君主国をオーストリア帝冠領(ツィスライタニエン)とハンガリー王冠領(トランスライタニエン)に二分し、それぞれの領域を別々の政府が統治する事が定められた。一方でオーストリア皇帝はハンガリー国王を兼ねる存在(同君連合)とされ、軍事・財政・外交面は依然として皇帝が直轄した。この結果成立した新体制をオーストリア=ハンガリー帝国もしくは二重帝国と呼ぶ。.

新しい!!: 19世紀とアウスグライヒ · 続きを見る »

アカデミー

アカデミー(academy、Academie、académie、academia)は、元々古代ギリシャの哲学者プラトンがアテネに開いたアカデーメイアー(Ἀκαδημ(ε)ια/Akadēm(e)íā)に由来し、ルネサンス以降、学術団体、学会といった意味に使われていった。現在では塾の名称まで様々な意味で使われることがある。翰林院と訳されることもある。 派生語としてacademic(アカデミック;学問的な、学術的な)、academician(学士院会員、芸術院会員;伝統主義者、学者を指すことも)、academism(アカデミズム;学問至上主義、権威主義)などがある。 転じて、各種養成機関や学校名として使われることがあるほか、企業名として使われることもある。日本の例としてJFAアカデミー福島、カープアカデミー、JALアカデミー、東映アカデミー、テアトルアカデミー、A&Gアカデミー、ヒューマンアカデミー、東京アカデミー、ヤクルト野球アカデミー、早稲田アカデミーなどがみられる。.

新しい!!: 19世紀とアカデミー · 続きを見る »

アグスティン・デ・イトゥルビデ

アグスティン・コスメ・ダミアン・デ・イトゥルビデ・イ・アランブル(Agustín Cosme Damián de Iturbide y Arámburu, 1783年9月27日 - 1824年7月19日)は、メキシコ独立革命の指導者。メキシコ帝国の皇帝アグスティン1世(Agustín I、在位:1822年 - 1823年)として君臨した。.

新しい!!: 19世紀とアグスティン・デ・イトゥルビデ · 続きを見る »

アジア

アジア アジアの地図 東南アジア アジア(ラテン語: Asia古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する。)は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。.

新しい!!: 19世紀とアジア · 続きを見る »

アセチルサリチル酸

アセチルサリチル酸(アセチルサリチルさん、acetylsalicylic acid)は、代表的な消炎鎮痛剤のひとつで非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき医薬品。ドイツのバイエル社が名付けた商標名のアスピリン()がよく知られ、日本薬局方ではアスピリンが正式名称になっている。 消炎・解熱・鎮痛作用や抗血小板作用を持つ。サリチル酸を無水酢酸によりアセチル化して得られる。示性式 C6H4(COOH)OCOCH3。.

新しい!!: 19世紀とアセチルサリチル酸 · 続きを見る »

イリヤ・レーピン

イリヤー・エフィーモヴィチ・レーピン(Илья́ Ефи́мович Ре́пин, Ilya Yefimovich Repin, 1844年8月5日〈ユリウス暦7月24日〉 ハリコフ近郊 - 1930年9月29日 フィンランド領)は、移動派を代表するロシア帝国の画家・彫刻家。 心理的洞察を持ち合わせた写実画によって名高く、いくつかの作品は既存の社会秩序の矛盾や階層間の緊張を露わにしている。社会的名士の肖像画を制作する一方、しばしば貧困や差別にあえぐ社会の最下層を題材として、数多くの作品を残した。その作品やテーマの社会性から、1920年代半ば以降のソビエト連邦においては当時の社会主義リアリズムに適合する模範的画家として評価されていたが、ソ連崩壊後の現在は扱ったテーマの多様性を客観的に見据えたうえでの、業績の再認識が求められている。.

新しい!!: 19世紀とイリヤ・レーピン · 続きを見る »

イワン・ツルゲーネフ

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ(、1818年11月9日(ユリウス暦:10月28日) - 1883年9月3日(ユリウス暦:8月22日))は、フョードル・ドストエフスキー、レフ・トルストイと並んで、19世紀ロシア文学を代表する文豪である。ロシア帝国の貴族。 なお名前の表記は「ツルゲーネフ」の他、ロシア語の発音に近い「トゥルゲーネフ」という表記も用いられる。.

新しい!!: 19世紀とイワン・ツルゲーネフ · 続きを見る »

イワン・クラムスコイ

'''自画像''' イワン・ニコラーイェヴィチ・クラムスコイ(Иван Николаевич Крамской, 1837年5月27日(グレゴリオ暦6月8日) - 1887年3月24日(グレゴリオ暦4月5日))は、ロシアの画家・美術評論家。1860年から約20年にわたって「移動派」の知的・精神的な指導者であり続けた。.

新しい!!: 19世紀とイワン・クラムスコイ · 続きを見る »

イワン・ゴンチャロフ

イワン・ゴンチャロフ パルラダ号 イワン・アレクサンドロヴィチ・ゴンチャロフ(Иван Aлeксандрович Гончаров, Ivan Alexandrovich Goncharov, 1812年6月18日〔ユリウス暦6月6日〕 - 1891年9月27日〔ユリウス暦9月15日〕)は、ロシアの作家。代表作は小説『オブローモフ』。 1812年にシンビルスク(現在のウリヤノフスク)に生まれる。父親は裕福な穀物商であった。1834年にモスクワ大学を卒業した後、30年間、政府の役人として働いた。 1834年、貴族層と商人層との対立を描いた最初の小説『』が出版される。1848年、自然主義的な心理描写『イワン・サヴィチ・ポジャブリン』を発表。1852年から1855年まで、イギリス・アフリカ・日本に旅し(1853年に長崎に来航)、プチャーチン提督の秘書官としてシベリアを経由して帰国。1858年にその紀行文『フリゲート艦パルラダ号』を刊行。(抄訳は『ゴンチャローフ日本渡航記』講談社学術文庫) 1859年、ペテルブルクに暮らす無為徒食の独身貴族、余計者のオブローモフの生涯を描いた小説『オブローモフ』を発表。フョードル・ドストエフスキーに高く評価されるなど、大きな反響を呼び、代表作となった。 1869年、謎の女に恋した3人の男を描いた最後の小説『断崖』を発表。 晩年、多くの短編・批評・随筆などを書いたが、それらの多くは死後1919年に刊行された。 1891年にペテルブルクで肺炎を患い、死去。生涯独身であった。.

新しい!!: 19世紀とイワン・ゴンチャロフ · 続きを見る »

インディアン移住法

インディアン移住法(インディアンいじゅうほう、Indian Removal Act)は、インディアン移住として知られるアメリカ合衆国政府の政策の一環として、1830年5月28日にアンドリュー・ジャクソン合衆国大統領によって調印された。 移住法は、「文明化五部族」が居住する土地への入植を切望していた南部で強く支持された。特に、当時最大の面積のジョージア州は、チェロキー自治領との司法での論争を繰り返していた。ジャクソン大統領は、移住がジョージアの危機を解決することを望んだ。理論上インディアン移住は自発的に行われるべきであったが、実際には強い圧力が移住条約に調印したインディアンのリーダーたちにかかっていた。ほとんどの観察者は、彼らがインディアン移住の方針を支持していたか否かに関係なく、法の可決は州からのほとんどのインディアンの必然的な移住を意味したと理解できた。それ以前に移住に抵抗していた一部のインディアンのリーダーたちは、特に1832年のジャクソン大統領の地滑り的な再選の後に、彼らの立場を再考し始めた。 多くの反対があったにせよ、ほとんどの白人アメリカ人は、インディアン移住法の可決を支持した。エレミヤ・エヴァーツ(w:Jeremiah Evarts)に代表される多くのクリスチャンの宣教師は、法の可決に反対して扇動した。ニュージャージー州選出の上院議員のセオドア・フリーリングハイゼンと、テネシー州選出の下院議員のデイヴィッド・クロケットは、この法に反対を表明した。移住法は、痛烈な討論の後に議会で通過された。 移住法の条項の下で批准されたさまざまな条約が、数万人のインディアンを気の進まない、しばしば強制的な西部への移住に導いた。移住法の後に調印された最初の移住条約は、1830年9月27日のダンシング・ラビット・クリーク条約(w:Treaty of Dancing Rabbit Creek)で、ミシシッピ州のチョクトー族が西部の土地と補償金と引き換えに川の東側の土地を割譲した。1835年に調印されたニューエコタ条約(w:Treaty of New Echota)は、涙の道として知られるチェロキー族の大移動をもたらした。インディアンは西部への移住により多くの犠牲者を出し、彼らのいなくなった南部の広大な土地は綿花地帯となった。.

新しい!!: 19世紀とインディアン移住法 · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 19世紀とインド · 続きを見る »

インドの総督

インド総督(インドそうとく、Governor-General of India)は、イギリス政府(1858年まではイギリス東インド会社)が植民地インドに置いていた総督である。.

新しい!!: 19世紀とインドの総督 · 続きを見る »

インド大反乱

インド大反乱(インドだいはんらん、Indian Rebellion)は、1857年から1859年の間にインドで起きたイギリスの植民地支配に対する民族的抵抗運動、反乱のことである。 かつては「シパーヒーの乱」、「セポイの反乱」、「セポイの乱」と呼ばれたが、反乱参加者の出身・身分が多岐にわたり、インド社会全体に広がっていた事から、最近では「インド大反乱」と呼ばれる様になっている。これらはいずれもイギリス側の呼称であり、独立したインド側からは「第一次インド独立戦争」(India's First War of Independence)と呼ばれている(英語での呼称も「Indian Mutiny」、「the Great Rebellion」、「the Revolt of 1857」、「the Indian Insurrection」など複数ある)。。.

新しい!!: 19世紀とインド大反乱 · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: 19世紀とインドネシア · 続きを見る »

インド国民会議

インド国民会議(インドこくみんかいぎ、英語:Indian National Congress、略称:INC、ヒンディー語:भारतीय राष्ट्रीय कांग्रेस)は、インドの政党。日本語では慣例的に国民会議派、あるいはコングレス党(Congress Party)とも称される。世界では中国共産党に次いで規模が大きい政党であり、民主主義国家の中では世界最大の政党となる。中道左派で民主社会主義を掲げる場合もあるが、同時に保守およびポピュリズムの傾向や、インドの財界・財閥との関係も強い。さらに経済政策に新自由主義の傾向があるとされる場合もあり、包括政党の様相を呈している。.

新しい!!: 19世紀とインド国民会議 · 続きを見る »

インド皇帝

インド皇帝の紋章 インド皇帝(女帝)(インドこうてい〔じょてい〕、英語:Emperor/Empress of India, ヒンドゥスターニー語:Padishah-e-Hind)は、ムガル帝国最後の皇帝バハードゥル・シャー2世と、その後インドを統治したイギリスの君主達が保持した称号。 場合によっては、アショーカ王やマウリヤ朝、アクバル、ムガル帝国などの君主達も「インド皇帝」と呼称する場合があるが、当人達自身はこの様な称号を名乗ったことは無い。.

新しい!!: 19世紀とインド皇帝 · 続きを見る »

イングランド国教会

イングランド国教会(イングランドこっきょうかい、Church of England)は、16世紀のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称、かつ世界に広がる聖公会(アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会。イギリス国教会(イギリスこっきょうかい)、英国国教会(えいこくこっきょうかい)、また「国教会」という訳語が不正確であるとしてイングランド教会(イングランドきょうかい)、英国聖公会とも呼ばれる。聖公会(アングリカン・チャーチ)という名称は、アングリカン・コミュニオン全体の日本語訳であると同時に、イングランド国外におけるイングランド国教会の姉妹教会の名称の日本語訳である。 もともとはカトリック教会の一部であったが、16世紀のイングランド王ヘンリー8世からエリザベス1世の時代にかけてローマ教皇庁から離れ、独立した教会となった。プロテスタントに分類されることもあるが、他プロテスタント諸派とは異なり、教義上の問題でなく、政治的問題(ヘンリー8世の離婚問題)が原因となって、カトリック教会から分裂したため、典礼的にはカトリック教会との共通点が多い。イングランド(イギリス)の統治者が教会の首長(、直訳は『信仰の擁護者』)であるということが最大の特徴である。.

新しい!!: 19世紀とイングランド国教会 · 続きを見る »

イヴァン・クルィロフ

イヴァン・アンドレーヴィチ・クルィロフ(ロシア語:Иван Андреевич Крылов, 1769年2月13日 - 1844年11月21日)は、19世紀ロシアの劇作家・文学者。『寓話』(Басни)の作者として著名。.

新しい!!: 19世紀とイヴァン・クルィロフ · 続きを見る »

イェニチェリ

イェニチェリ(Yeniçeri、オスマン語: يڭيچرى、、Giannizzeri、Janissaries)は、14世紀から19世紀の初頭まで存在したオスマン帝国の常備歩兵軍団で、スプーンをシンボルにしていたことが知られている。常備軍団カプクルの中核をなし、火器で武装した最精鋭であった。トルコ語でイェニは「新しい」、チェリは「兵隊」を意味する。.

新しい!!: 19世紀とイェニチェリ · 続きを見る »

イエナ・アウエルシュタットの戦い

イエナ・アウエルシュタットの戦い(ドイツ語:Schlacht bei Jena und Auerstedt)は、ナポレオン戦争中の1806年10月14日、ドイツのテューリンゲン、イエナおよびアウエルシュタットで行われた戦闘である。ナポレオン1世率いるフランス帝国軍と、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世率いるプロイセン王国軍が交戦した。 この戦いの結果、プロイセン軍は甚大な損害を被り、その後の追撃戦で完全に壊滅、プロイセン全土がフランス軍に制圧された。特にアウエルシュタットにおいては、ルイ=ニコラ・ダヴーが2倍のプロイセン軍を破っている。.

新しい!!: 19世紀とイエナ・アウエルシュタットの戦い · 続きを見る »

イエズス会

イエズス会(イエズスかい、)は、キリスト教、カトリック教会の男子修道会。1534年にイグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルらによって創設され、1540年にパウルス3世により承認された。世界各地への宣教に務め、日本に初めてカトリックをもたらした。なおイエズスは、中世ラテン語による (イエス・キリスト)の古くからのカトリックの日本語表記。.

新しい!!: 19世紀とイエズス会 · 続きを見る »

イオアニス・カポディストリアス

イオアニス・カポディストリアス (ギリシャ語: 1776年2月11日 - 1831年10月9日)は、ロシア帝国の外務大臣、後にオスマン帝国から独立したギリシャの初代大統領を務めた。なお、中世・現代ギリシャ語形では「ヨアニス」の方が正確な発音に近い。.

新しい!!: 19世紀とイオアニス・カポディストリアス · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 19世紀とイギリス · 続きを見る »

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国(イギリスりょうインドていこく)は、1858年にイギリスがインドに成立させたインド帝国(英語:Indian Empire)を指す。1877年以降はイギリスの君主がインド皇帝を兼ねる同君連合の形式が取られたが、事実上イギリスの植民地であった。英領インド・英印とも呼ばれる。またイギリスによる統治を指してヒンディー語で「」(英語ではBritish Raj)と呼ぶ。 その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。.

新しい!!: 19世紀とイギリス領インド帝国 · 続きを見る »

イギリス東インド会社

ユニオンジャックとなる イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。 当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。.

新しい!!: 19世紀とイギリス東インド会社 · 続きを見る »

イザムバード・キングダム・ブルネル

イザムバード・キングダム・ブルネル(Isambard Kingdom Brunel 、1806年4月9日 - 1859年9月15日)は イギリスのエンジニアである。グレート・ウェスタン鉄道の施設や車両を設計した技術者で、また、当時としては大型の蒸気船を製作した。名のイザムバードをアイザムバードと読むこともある。また姓のブルネルをブリューネルと表記することがあるが、英語読みではブルネルとなる。 2002年、BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第2位となった。 有名な技術者サー・マーク・イザムバード・ブルネルの息子で、イギリスのポーツマスに生まれ、フランスで教育を受けた。20歳で父親のテムズ川のトンネル工事に技師として加わったが2年後出水事故で負傷したためその仕事から離れた。1833年にロンドンとブリストルを繋ぐグレート・ウェスタン鉄道の技師となり、橋梁、トンネル、駅舎を設計し、監督した。グレート・ウェスタン鉄道は安定性と乗客の乗り心地の改善のために2140 mmの広軌を採用した。優秀なデザインの鉄道車両や鉄道施設などに贈呈されるブルネル賞は彼に由来する。.

新しい!!: 19世紀とイザムバード・キングダム・ブルネル · 続きを見る »

イザベラ・バード

満州民族の衣装を着たバード イザベラ・ルーシー・バード(Isabella Lucy Bird, 1831年(天保2年)10月15日 - 1904年(明治37年)10月7日)は、19世紀の大英帝国の旅行家、探検家、紀行作家、写真家、ナチュラリスト。と共同で、インドのジャンムー・カシミール州シュリーナガルにジョン・ビショップ記念病院を設立した。バードは女性として最初に英国地理学会特別会員に選出された。1881年(明治14年)に妹の侍医であったジョン·ビショップと結婚し、イザベラ・バード・ビショップ(Isabella Bird Bishop)、ビショップ夫人とも称された。.

新しい!!: 19世紀とイザベラ・バード · 続きを見る »

イスマーイール・パシャ

イスマーイール・パシャ イスマーイール・パシャ(Isma'il Pasha, 1830年12月31日 - 1895年3月2日)は、エジプト、ムハンマド・アリー朝の第5代君主(在位:1863年 - 1867年)。オスマン帝国のエジプト総督(ワーリー、在任:1863年 - 1867年)であり、1879年から副王(ヘディーヴ、在位:1867年 - 1879年)であった。イブラーヒーム・パシャの次男で、ムハンマド・アリーの孫にあたる。.

新しい!!: 19世紀とイスマーイール・パシャ · 続きを見る »

イスタンブール

イスタンブール(İstanbul 、Istanbul 、Constantinopolis コーンスタンティーノポリス、Κωνσταντινούπολις コーンスタンティヌーポリス /現代ギリシア語 Κωνσταντινούπολι コンスタンディヌーポリ)は、トルコ最大の都市であり、経済・文化・歴史の中心地。トルコ語の発音に準じて「イスタンブル」と表記される場合もある。.

新しい!!: 19世紀とイスタンブール · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: 19世紀とイタリア · 続きを見る »

イタリア王国

イタリア王国(イタリアおうこく、伊:)は、現在のイタリア共和国の前身となる王国。1861年に成立し、1946年に共和制へ移行した。.

新しい!!: 19世紀とイタリア王国 · 続きを見る »

イタリア統一運動

border.

新しい!!: 19世紀とイタリア統一運動 · 続きを見る »

ウラマー

ウラマー(アラビア語: ʿulamāʾ)とは、イスラームにおける知識人のこと。アラビア語の「知る」( ʿalima)の能動分詞「知る者」( ʿālim)の複数形である。通常、集団として扱うため術語として原語、欧米語、日本語とも複数形のウラマーを用いる。日本語ではイスラム法学者と訳される場合が多い。.

新しい!!: 19世紀とウラマー · 続きを見る »

ウラービー革命

ウラービー革命(الثورة العرابية)とは、1879年から1882年にかけて、エジプトで起こった革命運動である。アフマド・オラービー陸軍大佐にちなんで、この名前がつけられた。ムハンマド・アリー朝のヘディーヴ (:en:Khedive、副王) とヨーロッパ列強に対抗した。.

新しい!!: 19世紀とウラービー革命 · 続きを見る »

ウラジオストク

ウラジオストク(ロシア語:Владивосток ヴラヂヴァストーク、IPA:、;ラテン文字表記の例: Vladivostok、漢語: 海参崴)は、ロシアの極東部に位置する都市で、沿海地方(プリモールスキイ地方、Приморский край)の州都である。.

新しい!!: 19世紀とウラジオストク · 続きを見る »

ウルドゥー語

ウルドゥー語()は、インド・ヨーロッパ語族インド語派に属する言語の一つ。ヒンディー語とともに、ヒンドゥスターニー語の標準のひとつをなす。.

新しい!!: 19世紀とウルドゥー語 · 続きを見る »

ウルグアイ

ウルグアイ東方共和国(ウルグアイとうほうきょうわこく、通称ウルグアイ)は、南アメリカ南東部に位置する共和制国家である。首都はモンテビデオ。北と東にブラジルと、西にアルゼンチンと国境を接しており、南は大西洋に面している。スリナムに続いて南アメリカ大陸で二番目に面積が小さい国であり、コーノ・スールの一部を占める。 面積や総