ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

1879年ウィンブルドン選手権

索引 1879年ウィンブルドン選手権

1879年に行われた、第3回 ウィンブルドン選手権 に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。.

17 関係: ハーバート・ローフォードバド・コリンズランス・ティンゲイロンドンフランク・ハドーイギリスウィンブルドン選手権オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブオックスフォードグランドスラム (テニス)ジョン・ハートリー1878年ウィンブルドン選手権1879年1880年1880年ウィンブルドン選手権1883年ウィンブルドン選手権1884年ウィンブルドン選手権

ハーバート・ローフォード

ハーバート・ローフォード(Herbert Lawford, 1851年5月15日 - 1925年4月20日)は、イングランド・ウェストミンスター・ベイズウォーター出身の男子テニス選手。1887年のウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者である。彼はトップスピン(順回転)をかけたフォアハンド・ストロークを編み出したことでも知られ、そのショットは彼の名前をとって「ローフォード・ストローク」(Lawford Stroke)と呼ばれた。右利きの選手。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とハーバート・ローフォード · 続きを見る »

バド・コリンズ

バド・コリンズ バド・コリンズ(Bud Collins, 1929年6月17日 - 2016年3月4日 )は、アメリカ・オハイオ州ライマ出身のスポーツジャーナリスト。本名は Arthur Worth Collins Jr. (アーサー・ワース・コリンズ・ジュニア)というが、「バド・コリンズ」の呼び名で最もよく知られる。これまで半世紀にわたり、世界的に最も著名なテニス記事編集者・解説者として活動してきた。彼の著述活動は膨大な量にのぼり、テニス文献執筆者として高い信頼を集め、とりわけ「バド・コリンズのテニス百科事典」はこれまでに5版の増補改訂を重ねている。その膨大な見識から「歩くテニス百科事典」と呼ばれることがある。 オハイオ州ライマの地に生まれたコリンズは、同州のベリアにある私立のボールドウィン・ウォレス大学を卒業し、その後アメリカ陸軍勤務を経て、1954年からボストン大学大学院に通った。この頃から彼はボストンに活動の拠点を置き、間もなく「ボストン・ヘラルド」紙でスポーツ記者の仕事についた。1963年からはボストン・グローブ紙に移り、現在もこの新聞でスポーツ記事を書き続けている。それからテレビ解説にも活動の場を広げ、1968年から1972年までCBSの全米オープンテニス中継を担当した後、NBCテレビでウィンブルドン選手権などの実況中継に携わってきた。イギリス・ロンドンのインデペンデント紙など、世界各地の新聞やテニス雑誌にも多数の記事を寄稿している。 彼の代表的な著書である「テニス百科事典」は、1980年に初版が刊行され、現在までに5版の増補改訂を経ている。1994年、コリンズは「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りを果たした。国際テニス殿堂内にある選手評伝は(彼自身のプロフィールを除いて)コリンズの百科事典に基づいたものである。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とバド・コリンズ · 続きを見る »

ランス・ティンゲイ

ランス・ティンゲイ(Lance Tingay, 1915年7月15日 - 1990年3月10日)は、イギリス・ロンドン出身のテニスジャーナリストである。1952年から1980年までロンドンの「デイリー・テレグラフ」紙のテニス記者を務めた人で、広範な知識を備えたテニス競技の歴史家として知られる。 ティンゲイは1932年、17歳の時に初めてウィンブルドン選手権の会場を訪れ、それ以来1日も欠かさず選手権の試合観戦を続けたという。彼は1952年から「デイリー・テレグラフ」紙のテニス担当記者に就任し、ほぼ40年間にわたって世界各地のテニスを取材した。広範囲にわたる正確な歴史的知識のみならず、彼は世界各国の同僚ジャーナリストたちや選手たちと友好的な協力関係を築いた。国際テニス殿堂評伝執筆者のバド・コリンズによれば、ティンゲイは「原稿の締め切りぎりぎりまでタイプライターに向かっている時も、いつもユーモアのセンスを絶やさない」人だったという。 ランス・ティンゲイは生涯を通じて、『ワールド・オブ・テニス』(World of Tennis)などのテニス年鑑でも監修を務め、テニスの歴史的資料の蓄積に計り知れない貢献をした。長期間に及ぶ献身的な著述活動の功績を認められ、1982年に「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りを果たす。イギリス人ジャーナリストの国際テニス殿堂入りは史上初で、ジャーナリスト部門での殿堂入りは史上4人目となった。それから8年後の1990年3月10日、ティンゲイは故郷のロンドンにて74歳で死去した。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とランス・ティンゲイ · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とロンドン · 続きを見る »

フランク・ハドー

フランク・ハドー(Frank Hadow, 1855年1月24日 - 1946年6月29日)は、イングランド・ミドルセックス地区レジェンズ・パーク出身の男子テニス選手。1877年から始まったウィンブルドン選手権で、1878年に第2回大会の男子シングルス優勝者となった選手である。歴代のウィンブルドン優勝者の中で最も背が高い選手といわれ、ボールを高く上げるロブショットを武器にした。右利き。フルネームは Patrick Francis Hadow (パトリック・フランシス・ハドー)という。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とフランク・ハドー · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とイギリス · 続きを見る »

ウィンブルドン選手権

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とウィンブルドン選手権 · 続きを見る »

オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ

ンターコート(2010年)。 引き込み式屋根が無かった頃のセンターコート(2005年)。 オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ()は、イギリスのロンドンのウィンブルドンに位置するテニス競技場。6月から7月に行われるウィンブルドン選手権の会場でもある。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ · 続きを見る »

オックスフォード

ックスフォード(Oxfordイギリス英語発音: オクスファドゥ、アメリカ英語発音: アークスファードゥ)は、イギリスのイングランド東部にあるオックスフォードシャーの州都である、地方行政区(local government district)。英語圏において最も古い大学であるオックスフォード大学の拠点であることから、大学都市として有名。 オックスフォードは「夢見る尖塔の都市」として知られる。この言葉は、詩人マシュー・アーノルドが、大学を構成する建造物が建築として調和を実現していることに関連して造語したものである。オックスフォード南東部のカウリー(Cowley)は、自動車製造の長い歴史を持ち、現在でもミニを製造している。 オックスフォードは、ドイツのボン、フランスのグルノーブル、ニカラグアのレオン、オランダのライデン、そしてロシアのペルミと姉妹都市提携をしている。これらの都市はすべて大学都市である。 人口は15万7997人(2014年推計)で、民族構成はイギリス系が72.4%、アイルランド系白人が1.4%、その他の白人が6.7%、南アジア系が8.5%、中国系が4.3%、黒人が3.7%、混血が3.0%、その他が2.5%となっている。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とオックスフォード · 続きを見る »

グランドスラム (テニス)

ランドスラム(Grand Slam)とは、国際テニス連盟が定めた4大大会を指す総称、またはそれら全てを制覇する事である。後者はコントラクトブリッジの用語で完全制覇を意味する語に由来する。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とグランドスラム (テニス) · 続きを見る »

ジョン・ハートリー

ョン・ハートリー(John Hartley, 1849年1月9日 - 1935年8月21日)は、イングランド・シュロップシャー郡出身の男子テニス選手。フルネームは John Thorneycroft Hartley (ジョン・ソーニークロフト・ハートリー)という。彼は教会の聖職者であったことから、テニス文献にも Rev.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権とジョン・ハートリー · 続きを見る »

1878年ウィンブルドン選手権

1878年7月8日から17日にかけて行われた、第2回 ウィンブルドン選手権 に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1878年ウィンブルドン選手権 · 続きを見る »

1879年

記載なし。

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1879年 · 続きを見る »

1880年

記載なし。

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1880年 · 続きを見る »

1880年ウィンブルドン選手権

1880年7月5日から15日にかけて行われた、第4回 ウィンブルドン選手権 に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1880年ウィンブルドン選手権 · 続きを見る »

1883年ウィンブルドン選手権

1883年に行われた、第7回 ウィンブルドン選手権 に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1883年ウィンブルドン選手権 · 続きを見る »

1884年ウィンブルドン選手権

1884年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1884)に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。.

新しい!!: 1879年ウィンブルドン選手権と1884年ウィンブルドン選手権 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »