ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

11月蜂起

索引 11月蜂起

11月蜂起またはカデット・レボリューション(英語:The Cadet Revolution、士官学校の革命、1830年 - 1831年)は、ポーランドおよびリトアニアで発生したロシア帝国の支配に対する武装反乱。1830年11月29日、ワルシャワでロシア帝国軍の陸軍士官学校に所属する若い下士官たちが、ピョトル・ヴィソツキに率いられて蜂起したことが発端となった。まもなく、蜂起にはポーランド社会の大部分が参加した。蜂起はいくつかの地域で成功を収めたものの、結局は数の上で圧倒的に優位なイヴァン・パスケヴィチ将軍率いるロシア軍に鎮圧された。.

66 関係: 同君連合士官学校多民族国家多文化主義下士官ナポレオン戦争ミハイル・パヴロヴィチミハウ・ゲデオン・ラジヴィウチャルトリスキ家ハプスブルク帝国ポラツクポーランドポーランド・リトアニア共和国ポーランド分割ポーランド立憲王国ポーランド語ポジーリャポズナン大公国ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキユダヤ人ユゼフ・ベムラファイエットリトアニアリトアニア語リタスルーツィクルイ・フィリップ (フランス王)ロシア帝国ワルシャワワルシャワ公国ヴィスワ川ヴォルィーニヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)パン・タデウシュ物語パテック・フィリップフランス7月革命フリーメイソンニコライ1世ニコライ・ノヴォシリツェフベラルーシ語ベルギー独立革命アレクサンドル1世アントン (ザクセン王)アンジェイ・ワイダアダム・イエジィ・チャルトリスキウィーン会議エミリア・プラテルエルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)オラース・ヴェルネカトリック教会...ガリツィアコンスタンチン・パヴロヴィチジェマイティヤサンクトペテルブルク啓蒙思想練習曲作品10-12 (ショパン)軍学校露土戦争 (1828年-1829年)自由主義検閲殿 (軍事用語)民主主義憲法時計1月蜂起5月3日憲法 インデックスを展開 (16 もっと) »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: 11月蜂起と同君連合 · 続きを見る »

士官学校

士官学校(しかんがっこう)とは、軍隊において士官(将校)を養成する軍学校。 近代の日本においては、日本陸軍の陸軍士官学校・陸軍航空士官学校、日本海軍の海軍兵学校が主に該当する。自衛隊の制度においては防衛大学校、幹部候補生学校がその役割を担っている。 軍隊組織を採るキリスト教会の救世軍も、士官(牧師)を養成する神学校を「救世軍士官学校」と称している。.

新しい!!: 11月蜂起と士官学校 · 続きを見る »

多民族国家

多民族国家(たみんぞくこっか)とは、複数の民族から構成される国家のことである。対義語は単一民族国家である。地球規模での交通が発達し、国家間の行き来が盛んになった現在、純粋な単一民族国家というのは存在しえず、すべての国家が多民族国家であるということもできる。.

新しい!!: 11月蜂起と多民族国家 · 続きを見る »

多文化主義

多文化主義(たぶんかしゅぎ、multiculturalism)とは、異なる文化を持つ集団が存在する社会において、それぞれの集団が「対等な立場で」扱われるべきだという考え方または政策である。.

新しい!!: 11月蜂起と多文化主義 · 続きを見る »

下士官

下士官(かしかん、)は、軍隊の階級区分の一つ。士官(将校)の下、兵(兵卒)の上に位置する。多くの場合、兵からの昇進者であり、士官との間に入って兵を統率する。士官学校を含めて高等教育を受けていない者が職業軍人となる場合は下士官となることがほとんどで、さらに士官に昇進することは少ない。中国人民解放軍、中華民国国軍では下士官とは称さず士官または軍士と、大韓民国軍では副士官と称す。.

新しい!!: 11月蜂起と下士官 · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: 11月蜂起とナポレオン戦争 · 続きを見る »

ミハイル・パヴロヴィチ

ミハイル・パヴロヴィチ大公 ミハイル・パヴロヴィチ(Михаил Павлович、1798年2月8日 - 1849年9月9日)は、ロシア大公。ロシア皇帝パーヴェル1世の四男、母は皇后マリア・フョードロヴナ。大公のために建築家カルロ・ロッシの設計で建設されたミハイロフスキー宮殿は、現在ロシア美術館の本館となっている。 1824年2月19日に、母方の従兄であるヴュルテンベルク王子パウルの娘シャルロッテと結婚した。改宗してエレナ・パヴロヴナと名乗った妻との間には5人の子女をもうけた。.

新しい!!: 11月蜂起とミハイル・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ミハウ・ゲデオン・ラジヴィウ

ミハウ・ゲデオン・ヒェロニム・ラジヴィウ(ポーランド語:Michał Gedeon Hieronim Radziwiłł;リトアニア語:Mykolas Gedeonas Jeronimas Radvila、1778年 - 1850年)は、ポーランド・リトアニアの貴族、軍人、公(帝国諸侯)。ニェボルフその他の領主。ポズナン大公国総督アントニ・ヘンリク・ラジヴィウ公の弟。 ヴィリニュス県知事ミハウ・ヒェロニム・ラジヴィウ公の息子に生まれ、1794年にコシュチュシコ蜂起に参加した。ナポレオン・ボナパルトのポーランド遠征が始まると、フランス側の北部地域軍(同年に成立したワルシャワ公国では歩兵第5連隊)の大佐および司令官となる。グダニスクに包囲に参加後、連隊とともに同市への駐屯を命じられた。1811年、旅団司令官に昇任している。1812年ロシア戦役においては、ジャック・マクドナル麾下の第10軍団において、シャルル・ルイ・グランジャン将軍の率いる「分割ポーランド」旅団の司令官の一人となった。1813年になると、ジャン・ラップ将軍の下でグダニスク防衛戦に加わり、同市の陥落と同時に捕虜となる。1815年、ワルシャワ公国の消滅によって免職処分となり、領地ニェボルフに逼塞した。 1830年から1831年にかけての11月蜂起では、ラジヴィウはポーランド国民政府の閣僚となったほか、何度かポーランド軍の総司令官を務めた。しかしポーランドの敗北とともにロシアに送られ、ヤロスラヴリで抑留生活を送った。1836年にポーランドへの帰国を許され、1850年にワルシャワで死去した。 Category:ポーランド・リトアニア共和国の軍人 Category:フランス第一帝政の軍人 みはう けておん Category:ワルシャワ出身の人物 Category:1778年生 Category:1850年没.

新しい!!: 11月蜂起とミハウ・ゲデオン・ラジヴィウ · 続きを見る »

チャルトリスキ家

チャルトリスキ家の「リトアニア騎手(Pogoń Litewska)の紋章 アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ チャルトリスキ家(ポーランド語:Czartoryski;リトアニア語:Čartoriskis)は、ポーランドおよびリトアニアの大貴族(マグナート)。ゲディミナス朝の流れをくむ公(Książę)の家系の一つ。18世紀のポーランド・リトアニア共和国において、ファミリアと呼ばれる党派を指導して国政に大きな影響力をもった。.

新しい!!: 11月蜂起とチャルトリスキ家 · 続きを見る »

ハプスブルク帝国

ハプスブルク帝国(ハプスブルクていこく)大津留厚「ハプスブルク帝国」世界民族問題事典、平凡社、2002年は、オーストリア系ハプスブルク家(のちハプスブルク=ロートリンゲン家)の君主により統治された、神聖ローマ帝国内外の領邦国家などの国家群による同君連合である。単一の「帝国」ではなかった、あるいは推戴する君主が「皇帝」でなかった時代もあるが、日本語ではこの呼称が用いられることが多い。ドイツ語では Habsburgermonarchie または Habsburgisches Reich であるが、前者は直訳するとハプスブルク君主国であり、後者の場合もライヒ (Reich) は必ずしも「帝国」を意味しない。 成立年はハプスブルク家がオーストリア大公国に加えてハンガリー王国、ボヘミア王国(ボヘミア王冠領)を獲得した1526年とされる。1804年までは公式の名称を持っていなかったが、同時代の人々ですらこれを事実上の国家として認識し、オーストリアと呼称していた。1804年から1867年まではオーストリア帝国、1867年から1918年まではオーストリア=ハンガリー帝国を総称とした。 ただし、これより古い時代の、神聖ローマ皇帝とスペイン王を兼ねたカール5世を君主とする国家群なども、広く「ハプスブルク家の帝国」といった意味で「ハプスブルク帝国」と呼ばれることがある。 ハプスブルク帝国(ハプスブルク家)の旗.

新しい!!: 11月蜂起とハプスブルク帝国 · 続きを見る »

ポラツク

ポラツク(Полацк、Полоцк、Połock、Polatsk)は、ベラルーシのヴィーツェプスク州、ポラツク地区にある市。西ドヴィナ川が流れる。.

新しい!!: 11月蜂起とポラツク · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 11月蜂起とポーランド · 続きを見る »

ポーランド・リトアニア共和国

ポーランド・リトアニア共和国(ポーランド・リトアニアきょうわこく)、正式国称ポーランド王国およびリトアニア大公国(ポーランドおうこくおよびリトアニアたいこうこく、Królestwo Polskie i Wielkie Księstwo Litewskie)は、ポーランド王国とリトアニア大公国の制度的国家合同(ルブリン合同)によって1569年から1795年まで存在した複合君主制国家。18世紀後半には対外的な国称として最も静穏なるポーランド共和国、国内ではジェチュポスポリタ(Rzeczpospolita、共和国)と呼ばれた。また、二民族の共和国という呼称もあるが、1967年のパヴェウ・ヤシェニツァによる造語である。歴史学では「貴族の共和国 (Rzeczpospolita szlachecka) 」や「第一共和国 (I Rzeczpospolita) 」という用語も用いられる。 16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大な国の1つであった. Retrieved March 19, 2006: At its apogee, the Polish-Lithuanian Commonwealth comprised some and a multi-ethnic population of 11 million. For population comparisons, see also those maps:,. 。.

新しい!!: 11月蜂起とポーランド・リトアニア共和国 · 続きを見る »

ポーランド分割

ポーランド分割(ポーランドぶんかつ、Rozbiór Polski・Rozbiory Polski、Lietuvos-Lenkijos padalijimai、Падзелы Рэчы Паспалітай、)は、18世紀に、ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ、最終的に完全に領土を失って滅亡したことを指す歴史用語。その後、ウィーン会議により改めて4度目の分割も行われた。.

新しい!!: 11月蜂起とポーランド分割 · 続きを見る »

ポーランド立憲王国

ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年、ナポレオン・ボナパルトのワルシャワ公国に代わって設置された。 正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。ロシア皇帝が国王を兼ねる、帝政ロシアの衛星国である。.

新しい!!: 11月蜂起とポーランド立憲王国 · 続きを見る »

ポーランド語

ポーランド語(ポーランドご、język polski、polski、または polszczyzna)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語とソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。 ポーランド語は16世紀の期間に発達し、新単語は19世紀に口語のドイツ語、ラテン語、ロシア語、英語から採られポーランド語のスペルに反映されている。ラテン文字は12世紀に導入され、話し言葉だけのポーランド語を記載できるようになった。.

新しい!!: 11月蜂起とポーランド語 · 続きを見る »

ポジーリャ

ポジーリャ(ウクライナ語:Поділля)は西ウクライナに位置する歴史的地名である。現在ウクライナのヴィーンヌィツャ州、フメリヌィーツィクィイ州、テルノーピリ州の南部と沿ドニエストルに当たる。中世時代にはポヌィージャ(ウクライナ語:Пониззя)とも呼ばれた。.

新しい!!: 11月蜂起とポジーリャ · 続きを見る »

ポズナン大公国

ポズナン大公国(ポズナンたいこうこく、Wielkie Księstwo Poznańskie, Großherzogtum Posen)は、1815年から1848年まで存在していた大公国。プロイセン王国の統制下におかれていた。都はポズナンにおかれた。元首である大公はプロイセン王が兼ねた。.

新しい!!: 11月蜂起とポズナン大公国 · 続きを見る »

ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ

ヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ(Jan Henryk Dąbrowski, 1755年8月29日 - 1818年6月6日)は、ポーランドの将軍にして国民的英雄。ヤン・デンボフスキ(Jan Dembowski)とも。ポーランドのピェシュホヴィツェ Pierzchowiceにて、シュラフタ階級の家庭に生まれ、ポーランド、ロシア帝国のヴィングラで亡くなった。エルコレ・デンボウスキーは子。.

新しい!!: 11月蜂起とヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: 11月蜂起とユダヤ人 · 続きを見る »

ユゼフ・ベム

ユゼフ・ベム ユゼフ・ザハリアシュ・ベム(ポーランド語:Józef Zachariasz Bem;ハンガリー語:Bem József、1794年3月14日 - 1850年12月10日)は、ポーランドの将軍。ポーランドおよびハンガリーの国民的英雄で、両国のナショナリズムと他国のヨーロッパ・ナショナリズムを団結させた人物として知られる。ハンガリー名はベム・ヨージェフ。 ベムはタデウシュ・コシチュシュコ(アメリカ独立戦争に参加)やヤン・ヘンリク・ドンブロフスキ(ナポレオン・ボナパルトのイタリア遠征、ロシア遠征に参加)と同様、ポーランドの未来のためにポーランド国外で戦いを続けた。彼は軍事指揮者として様々な地域で活躍し、その軍事的才能は多くの人々に必要とされた。.

新しい!!: 11月蜂起とユゼフ・ベム · 続きを見る »

ラファイエット

ョゼフ=デジレ・クール(1797年 - 1865年)《中将の制服を着たラ・ファイエット侯爵の肖像》1834年、キャンヴァスに油彩、135x100cm、ヴェルサイユ宮殿 ラファイエット侯爵マリー=ジョゼフ・ポール・イヴ・ロシュ・ジルベール・デュ・モティエ(Marie-Joseph Paul Yves Roch Gilbert du Motier, Marquis de La Fayette、1757年9月6日 - 1834年5月20日)は、フランスの侯爵で、軍人、政治家である。アメリカ独立革命とフランス革命の双方における活躍によって「両大陸の英雄」(The Hero of the Two Worlds、le héros des deux mondes)と讃えられた。.

新しい!!: 11月蜂起とラファイエット · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: 11月蜂起とリトアニア · 続きを見る »

リトアニア語

リトアニア語(リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ302万人。.

新しい!!: 11月蜂起とリトアニア語 · 続きを見る »

リタス

リタス(; Lt)はリトアニアの旧通貨。補助通貨単位はツェンタス(centas)で、1リタス=100ツェンタスである。 リタスが最初に導入されたのは第一次世界大戦後にリトアニアが独立を宣言した1922年のことで、その後リトアニアではソビエト・ルーブルと等価で交換された暫定通貨タロナスを経て、1993年6月25日にリタスが再導入された。リタスの名称はラトビアのラッツと同様に、国名にちなんでつけられた。1994年から2002年にかけて、リタスはUSドルとのあいだで $1.

新しい!!: 11月蜂起とリタス · 続きを見る »

ルーツィク

記載なし。

新しい!!: 11月蜂起とルーツィク · 続きを見る »

ルイ・フィリップ (フランス王)

ルイ=フィリップ1世(、1773年10月6日 - 1850年8月26日)は、オルレアン朝のフランス国王(在位:1830年 - 1848年)。爵位はヴァロワ公爵、シャルトル公爵、ヌムール公爵、オルレアン公爵など。.

新しい!!: 11月蜂起とルイ・フィリップ (フランス王) · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: 11月蜂起とロシア帝国 · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: 11月蜂起とワルシャワ · 続きを見る »

ワルシャワ公国

ワルシャワ公国(ワルシャワこうこく)は、ナポレオン・ボナパルトによって作られた公国である。1807年のティルジット条約に基づき、プロイセン王国からの領土割譲によって作られた。ナポレオンが1812年にロシア遠征に失敗した後、公国はプロイセンとロシアに占領され、1815年のウィーン会議の結果2つの国に分割された。.

新しい!!: 11月蜂起とワルシャワ公国 · 続きを見る »

ヴィスワ川

流路 ヴィスワ川()は、ポーランドで最長の川である。全長は1,047km、流域面積はポーランド国土の60%以上におよぶ。ポーランド南部の(:en:Silesian Beskids、:en:Barania Góra)の標高1,106m地点に源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注ぐ。 ヴィスワの名前は、紀元前77年に記された大プリニウスの「博物誌」にも登場する。古くはラテン語で「ウィストゥラ川 」など、ポーランド語で「ヴァンダルス川」などと呼ばれていた。これらの語は非常に古いもので、スラヴ語やゲルマン語などが成立する前にそれらのヨーロッパ言語の共通祖語として存在した後期インド・ヨーロッパ祖語(球状アンフォラ文化の時代)を起源とし、語幹は「水」を意味する(例:スラヴ語派のポーランド語でヴォダ、バルト語派のリトアニア語でヴォダ)。ローマ時代に一大勢力としてこの一帯に住んでいた古代部族「ヴァンダル族」(別名「ルーク族」)の名称はここから来たと推測される。おそらく「ヴァンダル」はラテン語での他称で、「ルーク」が現地語での自称に由来していたと思われる。ポーランドでは15世紀ごろまで「Alba aqua」という、ラテン語での別称ないし愛称も定着していた。ドイツ語では「ヴァイクセル川」。 ヴィスワ川は、大きく3つの区間に分けることができる。.

新しい!!: 11月蜂起とヴィスワ川 · 続きを見る »

ヴォルィーニ

ヴォルィーニ(ウクライナ語:Волинь)は、にある歴史的地名である。東のプリピャチ川と西のブーフ川の間に位置し、北のポリーシャと南のガリツィア・ポジーリャに接している。 現在ウクライナのヴォルィーニ州とリウネ州と全地域、ジトームィル州の西部、テルノーピリ州とフメリヌィーツィクィイ州の北部を占めている。たまに、ベラルーシのブレスト州の南部とルブリン県の西部が含まれることもある。ラテン語風にロドメリアともよばれる。.

新しい!!: 11月蜂起とヴォルィーニ · 続きを見る »

ヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵)

3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル(PC, 1784年10月20日 - 1865年10月18日)は、イギリスの政治家、貴族である。 ホイッグ党を自由党に改組した自由党初の首相であり、首相を2期務め(第一次:1855年-1858年、第二次:1859年-1865年)、またそれ以前には外務大臣を3期にわたって務めた(在職1830年-1834年、1835年-1841年、1846年-1851年)。内務大臣(在職1852年-1855年)を務めていた時期もある。 ウィリアム4世の治世からヴィクトリア朝中期にかけて主に外交の分野で活躍し、大英帝国の国益や英国民の利益が損なわれることを許容しない強硬外交を行ったことで知られる。ヨーロッパでは会議外交によって各国の利害を調整するバランサーの役割を果たしつつ、ヨーロッパ諸国の自由主義化・ナショナリズム運動を支援する自由主義的外交を行った。非ヨーロッパの低開発国に対しては砲艦外交で不平等条約による自由貿易を強要してイギリスの非公式帝国に組み込む「自由貿易帝国主義」を遂行した。大英帝国の海洋覇権に裏打ちされた「パクス・ブリタニカ」を象徴する人物である世界伝記大事典(1981)世界編7巻 p.438。.

新しい!!: 11月蜂起とヘンリー・ジョン・テンプル (第3代パーマストン子爵) · 続きを見る »

パン・タデウシュ物語

『パン・タデウシュ物語』(パンタデウシュものがたり、Pan Tadeusz)は1999年の・フランス合作の歴史映画。 ポーランド文学の最高傑作と言われるアダム・ミツキェヴィチの長編叙事詩『』をポーランド映画界の巨匠アンジェイ・ワイダ監督により完全映画化した作品である。 なお、「パン(Pan)」はポーランド語で「男性の主人」を意味し、2人称の敬称や、人名の頭に付けることで「〜氏、〜さん」の意味(英語の「Mr.」に相当)にも使われる。 同原作の映像化作品としては1928年のポーランドのサイレント映画『Pan Tadeusz』がある。.

新しい!!: 11月蜂起とパン・タデウシュ物語 · 続きを見る »

パテック・フィリップ

創業者の一人、アントニ・パテック パテック・フィリップの複雑腕時計 カラトラバ パテック・フィリップ(Patek Philippe)とは、スイスの高級時計メーカーである。1839年に2人のポーランド人アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックによって創業された。 ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられることが多い『腕時計一生もの』p.210。。日本においては、その中でもパテック・フィリップは頭一つ抜け出た存在という認識も一部ある。 過去にはカルティエ、ティファニー、ギュブラン(Guberin )、ゴンドーロ・ラブリオ等宝石店向けに製品を納入していた。 かつては多くの製品がジュネーヴシールの認証を受けていたが、現在は自社独自の認証マークである「パテック・フィリップ・シール」に切り替わった「世界で唯一、すべての製品がジュネーヴシールの認証を受けているブランド」はロジェ・デュブイの存在から明らかに誤りである。またジュネーヴシールが制定される前から時計を製造しており、過去には認証を受けていない製品がある。。 世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られている。.

新しい!!: 11月蜂起とパテック・フィリップ · 続きを見る »

フランス7月革命

フランス7月革命(フランスしちがつかくめい、La Révolution de Juillet)は、1830年7月27日から29日にフランスで起こった市民革命である。フランスでは栄光の三日間(Trois Glorieuses)とも言う。 これにより、1815年の王政復古で復活したブルボン朝は再び打倒された。ウィーン体制により構築された正統主義は部分的に崩壊し、ブルジョワジーの推すルイ・フィリップが王位に就いた。その影響はヨーロッパ各地に波及し、ウィーン体制を揺るがせた。.

新しい!!: 11月蜂起とフランス7月革命 · 続きを見る »

フリーメイソン

こては結束と友愛、槌は知識や知恵を象徴している。 フリーメイソン()は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。 現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人を超え、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人は英連邦グランドロッジに、200万人は米国のグランドロッジに所属している。 「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては以下の通り。 以下、英語的な発音である「フリーメイソンリー」と記載するが、「フラン・マソン」や「マッソン結社」なども使われている。なお本項目は「フリーメイソン」と表記しているが、日本グランド・ロッジは「フリーメイスン」と表記している。 この友愛結社(組合)は、管轄上、独立したもしくは一部が東方社(オリエント、大東社系)の形で組織され、それぞれが下部組織(下位のロッジ)から成る自身の管区を管轄している。これらの多様なグランドロッジは、それぞれが認め合い、あるいは拒否し、境界を形成するグランドロッジは、通常では他のグランドロッジと、相互に認知した境を設け、それらを侵犯したり秘密にしたりすることはしない。。また、フリーメイソンリーの主要な支部には、関連した付属団体が存在するが、それらはそれぞれが独立した組織である。フリーメイソンリーは秘密結社 または「semi-secret」(半分秘密の) 団体と表現する場合があるが、いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある。「お前、秘密を漏らしたら首を切るぞ」と脅かして口伝で秘技を伝えた実務的メイソンの時代は400年間続いた。 西洋史に深いかかわりをもつ。帝国郵便を担うトゥルン・ウント・タクシス家出身の皇帝特別主席代理は全員がフリーメイソンであった。 フリーメイソンリーは「自由」、「平等」、「友愛」、「寛容」、「人道」の5つの基本理念がある。.

新しい!!: 11月蜂起とフリーメイソン · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: 11月蜂起とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ・ノヴォシリツェフ

ニコライ・ニコラエヴィチ・ノヴォシリツェフ伯爵(ロシア語:Николай Николаевич Новосильцев;ラテン文字表記の例:Nikolai Nikolaevich Novosiltsev、1761年 - 1836年)は、帝政ロシアの政治家、貴族。.

新しい!!: 11月蜂起とニコライ・ノヴォシリツェフ · 続きを見る »

ベラルーシ語

ベラルーシ語(Беларуская мова)は、ベラルーシ共和国の公用語。白ロシア語(はくろしあご)と呼ばれていたこともある。話者は700万人から800万人で、ベラルーシやポーランド東部に分布している。系統的には、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属し、ロシア語、ウクライナ語とともに東スラヴグループを形成する。 東スラヴ語群に属しロシア語やウクライナ語に非常に近いが、ポーランド・リトアニア共和国内の地域であったことから本来は現在に比べ西スラヴ語であるポーランド語寄りの特徴を持っていた服部 2004, p. 136.

新しい!!: 11月蜂起とベラルーシ語 · 続きを見る »

ベルギー独立革命

ベルギー独立革命(ベルギーどくりつかくめい、フランス語:Révolution belge、オランダ語:Belgische Revolutie、ドイツ語:Belgische Revolution)は、1830年8月に生じたブリュッセルでの反乱に始まる、ベルギーのネーデルラント連合王国からの独立戦争を指す。ベルギーが国民国家としてだけでなく、ローマ・カトリックの国家としての独立を得るためのものであった。ネーデルラント(オランダ)王ヴィレム1世は、1839年のロンドン条約で列強による圧力をかけられるまでは、ベルギーを国家として認めることを拒否していた。 ネーデルラントは1813年にナポレオンの支配から脱却。1814年の英蘭条約では「ネーデルラント連合州」「ネーデルラント連合」の名前が使用された。1815年のナポレオンのワーテルローでの敗北後、ウィーン会議はオラニエ=ナッサウ家の王国を成立させた。その王国は、旧ネーデルラント連合州(ネーデルラント連邦共和国)と旧オーストリア領ネーデルラントを結合させ、フランスの北に緩衝地帯となる強力な国を作ることを目的としていた。ネーデルラントがナポレオンにより支配されていた間にイギリスが接収した、オランダの植民地セイロンとケープ植民地をそのまま領有する代償に、新しいネーデルラントの王国はこの南の諸州を手に入れることになった。.

新しい!!: 11月蜂起とベルギー独立革命 · 続きを見る »

アレクサンドル1世

アレクサンドル1世(、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1777年12月23日 - 1825年12月1日)は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。 皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。歴代皇帝中、最も複雑怪奇な性格の持ち主とされ、矛盾に満ちていた。.

新しい!!: 11月蜂起とアレクサンドル1世 · 続きを見る »

アントン (ザクセン王)

アントン(Anton、1755年12月27日 - 1836年6月6日)は、ザクセン王国の第2代国王(在位:1827年 - 1836年)。全名はアントン・クレメンス・テオドール・マリア・ヨーゼフ・ヨハン・エヴァンゲリスタ・ヨハン・ネポムク・フランツ・クサーヴァー・アロイス・ヤヌアール(Anton Clemens Theodor Maria Joseph Johann Evangelista Johann Nepomuk Franz Xaver Aloys Januar)で、「温厚王」(der Gütige)と呼ばれる。ザクセン選帝侯フリードリヒ・クリスティアンの四男で、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の弟。.

新しい!!: 11月蜂起とアントン (ザクセン王) · 続きを見る »

アンジェイ・ワイダ

アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda、1926年3月6日 - 2016年10月9日)は、ポーランドの映画監督。親日家として知られた。.

新しい!!: 11月蜂起とアンジェイ・ワイダ · 続きを見る »

アダム・イエジィ・チャルトリスキ

アダム・イエジィ・チャルトリスキ公、ナダール撮影 アダム・イエジィ・チャルトリスキ(Adam Jerzy Czartoryski、1770年1月14日 - 1861年7月15日)は、ポーランドの貴族、政治家、文筆家、公。アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公爵の長男、母はイザベラ・フレミング。 チャルトリスキはロシア皇帝アレクサンドル1世の「若き友人」の一人として、アレクサンドルの治世当初に企図された改革に参画し、後に帝政ロシアの外務大臣を務めた。また稗史では、アレクサンドル1世の皇后エリザヴェータ・アレクセーエヴナの皇太子妃時代の不倫相手とも言われる。1804年から1806年までロシア大臣委員会議長(事実上の帝国宰相)を務めた後、1830年のロシアからの独立を目指し、十一月蜂起後成立したポーランド国民政府の首班となるが、十一月蜂起の敗北後、1万人のポーランド人とともにパリに亡命(大亡命)し、ポーランドの自治回復をロシアに働きかけた。.

新しい!!: 11月蜂起とアダム・イエジィ・チャルトリスキ · 続きを見る »

ウィーン会議

Jean-Baptiste Isabey画 ウィーン会議(ウィーンかいぎ、Wiener Kongress、Congrès de Vienne、Congress of Vienna.)は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。 オーストリアの外相メッテルニヒが議長を務め、ヨーロッパ諸国の代表が集った。会場はシェーンブルン宮殿。.

新しい!!: 11月蜂起とウィーン会議 · 続きを見る »

エミリア・プラテル

ミリア・プラテル(ポーランド語:Emilia Plater;リトアニア語:Emilija Pliaterytė、1806年11月13日 - 1831年12月23日)は、ポーランド・リトアニアの貴族、革命家。伯爵夫人。11月蜂起に参加し、かつてのポーランド・リトアニア共和国を構成していたポーランド、リトアニア、ベラルーシの国民的英雄となった。.

新しい!!: 11月蜂起とエミリア・プラテル · 続きを見る »

エルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公)

ルンスト1世(Ernst I., 1784年1月2日 - 1844年1月29日)は、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公(在位:1806年 – 1826年)、後に初代ザクセン=コーブルク=ゴータ公(在位:1826年 – 1844年)。全名はエルンスト・アントン・カール・ルートヴィヒ(Ernst Anton Karl Ludwig)。 エルンストはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒとロイス・エーベルスドルフ伯ハインリヒ24世の娘アウグステの間に長男(第4子)として生まれた。弟に初代ベルギー国王レオポルド1世、妹にイギリス女王ヴィクトリアの母ヴィクトリアがいる。1806年、父の死去によりエルンストはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公を継承した。 1817年、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストの娘ルイーゼとゴータで結婚した。ルイーゼとの間にはエルンスト2世、姪のヴィクトリア女王の王配となるアルブレヒト(英語名アルバート)の2人の男子が生まれたが、エルンストの女好きが原因で夫婦仲は良くなかった。 ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公アウグストには男子がなかったので、1822年にアウグストの弟フリードリヒ4世が公位を継承したが、フリードリヒにも子がなかった。1825年にフリードリヒ4世が死去し、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公家が断絶すると、同族であるヴェッティン家のザクセン諸侯が所領を分配することとなった。エルンストはゴータを獲得し、1826年に称号をザクセン=コーブルク=ゴータ公と改めた。こうして2つの公国の同君連合としてザクセン=コーブルク=ゴータ公国が成立した。なお、同年にエルンストはルイーゼと離婚している。 1832年、エルンストは姉アントイネッテとヴュルテンベルク公子アレクサンダーの娘で、自身の姪に当たるマリーとコーブルクで結婚した。2人の間に子は生まれなかった。.

新しい!!: 11月蜂起とエルンスト1世 (ザクセン=コーブルク=ゴータ公) · 続きを見る »

オラース・ヴェルネ

ミール・ジャン=オラース・ヴェルネ(Émile Jean-Horace Vernet, 1789年6月30日 - 1863年1月17日)は、フランスの画家である。戦争画、肖像画、動物画、アラブの情景を描いた作品で知られている。.

新しい!!: 11月蜂起とオラース・ヴェルネ · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: 11月蜂起とカトリック教会 · 続きを見る »

ガリツィア

リツィア(ウクライナ語: Галичина、ハルィチナー)は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。 「ガリツィア」という名称は、ラテン語化されたウクライナ語の「ハルィチナー」という名前に由来する。「ハルィチナー」は「ハールィチの国」または「ハールィチの土地」といった意味で、にあるハールィチという町名を起源としている。.

新しい!!: 11月蜂起とガリツィア · 続きを見る »

コンスタンチン・パヴロヴィチ

ンスタンチン・パヴロヴィチ(, 1779年4月27日 - 1831年6月27日)は、ロシアの皇族。ロシア大公、ツェサレーヴィチ(1799年 - 1831年)。パーヴェル1世の次男。1825年に帝位継承権を放棄し、これが契機となってデカブリストの蜂起が起きたことは非常に有名である。皇帝に即位することはなかったが、コンスタンチン1世と呼ばれることもある。.

新しい!!: 11月蜂起とコンスタンチン・パヴロヴィチ · 続きを見る »

ジェマイティヤ

リトアニアの民族誌上の地方区分。緑色の部分がジェマイティヤ地方である。 ジェマイティヤ(Žemaitija、ジェマイティヤ語: Žemaitėjė、「低地」の意味)は、リトアニアに5つある民族誌上の地方の一つ。現在のリトアニア北西部にあたる。サモギティア(Samogitia)とも呼ばれる。ジェマイティヤ地方最大の都市はシャウレイ、中心都市はテルシェイである。この地方ではジェマイティヤ語(あるいは方言)が話され、長きにわたって独自の文化が育まれてきた。.

新しい!!: 11月蜂起とジェマイティヤ · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: 11月蜂起とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

啓蒙思想

啓蒙思想(けいもうしそう、Enlightenment, Lumières, Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光(lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。 時代的に先行するルネサンスを引き継ぐ側面もあり、科学革命や近代哲学の勃興とも連動し、一部重複もするが、一般的には専ら(経験論的)認識論、政治思想・社会思想や道徳哲学(倫理学)、文芸活動などを指すことが多い。17世紀後半にイギリスで興り、18世紀のヨーロッパにおいて主流となった。フランスで最も大きな政治的影響力を持ち、フランス革命に影響を与えたとされる。ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のことを啓蒙時代と言う。.

新しい!!: 11月蜂起と啓蒙思想 · 続きを見る »

練習曲作品10-12 (ショパン)

フレデリック・ショパンの練習曲ハ短調作品10-12(Étude op.10 nº12 Etude Op.10,No.12)は『革命のエチュード』として知られるピアノ独奏のための作品。1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。.

新しい!!: 11月蜂起と練習曲作品10-12 (ショパン) · 続きを見る »

軍学校

軍学校(ぐんがっこう)とは、軍隊など軍事組織の学校である。学校の形態、制度等は時代や国あるいは軍事組織の種類によって異なるが、大別すると軍人(またはそれに類する者)を補充するための養成教育を主とする学校と、より高度な技能や知識の教育を主とする学校がある。ただし同一の学校で複数の機能を備える場合もあり、すべてを明確に区別することは困難である『事典 昭和戦前期の日本 制度と実態』332頁。.

新しい!!: 11月蜂起と軍学校 · 続きを見る »

露土戦争 (1828年-1829年)

露土戦争(ろとせんそう)は、ギリシャ独立戦争に起因して、1828年から1829年にかけて起こったロシア帝国とオスマン帝国の間の戦争。オスマン帝国のスルターンはナヴァリノの海戦へのロシアの参戦に激怒し、ロシア船舶に対してダーダネルス海峡を封鎖しアッケルマン条約 (en) を撤回した。.

新しい!!: 11月蜂起と露土戦争 (1828年-1829年) · 続きを見る »

自由主義

自由主義(じゆうしゅぎ、liberalism、リベラリズム)とは、国家や集団や権威などによる統制に対し、個人などが自由に判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つとする思想・体制・傾向などを指す用語。.

新しい!!: 11月蜂起と自由主義 · 続きを見る »

検閲

検閲(けんえつ)は、狭義には国家等の公権力が、表現物(出版物等)や言論を検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まる行為をいう - 弁護士ドットコム(2018年5月19日閲覧)。.

新しい!!: 11月蜂起と検閲 · 続きを見る »

殿 (軍事用語)

殿(しんがり)は、後退する部隊の中で最後尾の箇所を担当する部隊。後備え(あとぞなえ)、殿軍(でんぐん)ともいう。 転じて、隊列や順番の最後尾のこと。.

新しい!!: 11月蜂起と殿 (軍事用語) · 続きを見る »

民主主義

ノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2016年の民主主義指数の世界地図。青色(9-10)が最も指数が高い。 アダム・プシェヴォルスキによる2008年の「民主主義-独裁制」の世界地図。緑色:議院内閣制民主主義、水色:混合民主主義(半大統領制)、青色:大統領制民主主義、黄色:君主独裁制、橙色:文民独裁制、赤色:軍事独裁制。 民主主義(みんしゅしゅぎ、democracy デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい)、制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。対比語は貴族制、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。.

新しい!!: 11月蜂起と民主主義 · 続きを見る »

憲法

憲法(けんぽう)とは、統治の根本規範(法)となる基本的な原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味の憲法)。一般的に国家は個々の国民に生殺与奪の権利を認めない。なお、法規範ではなく国家の政治的統一体の構造や組織そのものを指す場合もあり(事実的意味の憲法)佐藤幸治『憲法』青林書院 16~17頁、このほか憲法は多義的な概念として論じられる。国家における統治機構や統治者や為政者、また国民の義務や権利に加え、前文に「国」の成り立ちや政府樹立の目的、さらには「神」について記載されたりもする。.

新しい!!: 11月蜂起と憲法 · 続きを見る »

時計

山田訓氏所蔵「MADE IN JAPANの置時計 1960年代を中心に」展より 懐中時計 時計(土圭、とけい)とは、時刻を知るための、また時間を計るための器機・道具。.

新しい!!: 11月蜂起と時計 · 続きを見る »

1月蜂起

ポロニア、1863年」ヤン・マテイコ画、1864年。1863年1月の蜂起失敗後に描かれた作品。囚人たちがシベリアへの移送を待つ情景を描いている。ロシア人の官吏と兵士は、鍛冶屋が黒衣を着た若い女性(擬人化されたポーランド)に手枷をはめるのを眺めている。彼女と引き離されようとしている奥の白衣の女性はリトアニアを象徴している。 1月蜂起または1863年蜂起(ポーランド語:powstanie styczniowe;リトアニア語:1863 m. sukilimas)は、旧ポーランド・リトアニア共和国領(現在のポーランド、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ北部とロシア西端部)で発生したロシア帝国に対する武装蜂起。1863年1月22日に始まり、1864年4月11日に終結した。最後の反乱者たちが掃討された1865年まで続いたとする場合もある。 蜂起はポーランドの青年がロシア帝国軍に徴兵されることに対する抗議運動と同時に始まり、すぐにポーランド人やリトアニア人の高官や様々な政治家も参加した。反乱軍は規模が小さく、諸外国からの本格的な支援も無かったため、必然的にゲリラ戦術を採用することを余儀なくされた。彼ら反乱軍はいかなる軍事的勝利を得ることも、どの主要都市や要塞を占拠することも出来なかったが、小作農たちを民族運動から遠ざけようと企図された、ロシア領ポーランド地域における農奴制廃止の効果を薄れさせることには成功した。反乱の参加者たちには処刑やシベリアへの流刑といった残酷な報復が待っていた。こうしたロシア政府の厳しい対応のおかげで、ポーランド・リトアニアの人々はさらなる軍事闘争を引き起こすのをあきらめ、「有機的労働」(Organic work)の理念を受け入れて経済面や文化面での国力強化に専念するようになった。.

新しい!!: 11月蜂起と1月蜂起 · 続きを見る »

5月3日憲法

タニスワフ2世(左側の立派なマントの男性)が、新憲法を公布する聖ヨハネ大聖堂に入る。この直前に新憲法が奥の王宮で採択された。 5月3日憲法(ごがつみっかけんぽう、Konstytucja Trzeciego Maja)は、ポーランド・リトアニア共和国(以下「ポーランド」)の憲法である。1791年5月3日に議会(セイム)で採択されたことからこの名がある。.

新しい!!: 11月蜂起と5月3日憲法 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

十一月蜂起

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »