ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

.pl

索引 .pl

.plは、ポーランドに割り当てられているインターネットの国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) である。ポーランドの研究開発組織であるNASKによって運営されている。NASKは、ヨーロッパのインターネットトップレベルドメインレジストリで構成する協会組織のCENTRの創設メンバーのひとつである。.

30 関係: 対共産圏輸出統制委員会ポーランドポズナンラテン文字ラドムルブリンワルシャワヴロツワフトルンヘブライ文字ビャウィストクアラビア文字インターネットウッチオルシュティンカトヴィツェキリル文字ギリシア文字クラクフグダニスクシュチェチンジェロナ・グラスウプスクセカンドレベルドメイン国別コードトップレベルドメイン国際化ドメイン名ITU-T東側諸国1990年2008年

対共産圏輸出統制委員会

対共産圏輸出統制委員会(たいきょうさんけんゆしゅつとうせいいいんかい、Coordinating Committee for Multilateral Export Controls; COCOM(ココム))は、冷戦期に資本主義諸国を中心に構成された、共産主義諸国への軍事技術・戦略物資の輸出規制(或いは禁輸)のための委員会。本部はフランスのパリ。 ちなみに英文名称を直訳すると「多数国参加輸出統制委員会」であり、どこにも「対共産圏」という文言はない。.

新しい!!: .plと対共産圏輸出統制委員会 · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: .plとポーランド · 続きを見る »

ポズナン

ポズナンまたはポズナニ(Poznań・)は、ポーランド西部に位置する、ポーランド最古の都市の一つで、中世ポーランド王国の最初の首都である。ラテン語名はポスナニア(Posnania)、ドイツ語名はポーゼン(Posen)、イディッシュ語名は פויזן (Poyzn)。ヴィエルコポルスカ県の県都である。人口は約58万人で、これはポーランド5番目の規模である。ポーランド分割後、プロイセン王国に管理され、1871年にはドイツ統一となりドイツ帝国となった。.

新しい!!: .plとポズナン · 続きを見る »

ラテン文字

ラテン文字(ラテンもじ、abecedarium Latinum、Latin alphabet、ラテンアルファベット)は、表音文字(音素文字・アルファベット)の一つである。ローマ文字、ローマ字(alfabeto Romano、Roman alphabet)とも呼ばれる。 文字を右書きで横に並べることで単語を表記し、単語間を分かち書きで区切って並べることで文章を構成する。それぞれの文字は子音か母音を表す。 今日、人類社会で最も解読者人口が多い文字である。 元来ラテン語の文字で、古くから西欧・中欧の諸言語で使われているが、近代以降はこれら以外にも使用言語が多い。ただし発音の文字への表記方法は各言語ごとに異なっており、同じ綴りでも言語によって違う発音をすることはラテン文字においては全く珍しくない。英語など、古い時代に表記法が定められた言語においては表記と発音の間の乖離も大きなものとなってきている。.

新しい!!: .plとラテン文字 · 続きを見る »

ラドム

ラドムの中心街 街の修道院 ラドム(Radom)は、ポーランドの都市。中世にはセイム(ポーランドの身分制議会)が幾度か開催された。かつてはラドム県の県都であったが、行政区画の再編にともない現在はマゾフシェ県に属している。人口は約22万7千人。.

新しい!!: .plとラドム · 続きを見る »

ルブリン

ルブリン(Lublin)はポーランドの都市で、ルブリン県の県都。 ルブリン県の政治、産業、経済の中心地。市内には公園や森林も多く、緑豊かな閑静な街である。ヨハネ・パウロ2世が教鞭をとったことでも有名なヨハネ・パウロ2世・ルブリン・カトリック大学や、マリー・キュリーの名を冠したマリー・キュリー・スクウォドフスカ大学がある。郊外のマイダネクには、ナチス・ドイツによって建設されたルブリン強制収容所がある。.

新しい!!: .plとルブリン · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: .plとワルシャワ · 続きを見る »

ヴロツワフ

ヴロツワフ(ポーランド語: 、 ブレスラウ、 ボロスロー)は、ポーランド西部にある第4の都市で、ドルヌィ・シロンスク県の県都。歴史的にシロンスク地方の中心都市で、ポーランドの中でも最も古い都市のひとつである。市内にはオドラ川とその支流が流れ、200以上の橋が架かっている。 ヴロツワフは歴史上、様々な国(ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ボヘミア)の1部となっていたが、1945年(第二次世界大戦後)にポーランド領となった。 ヴロツワフは、UEFA欧州選手権2012 のホストである。2016年の欧州文化首都になることが決まっており、またワールドゲームズ2017の開催地にも決定した。.

新しい!!: .plとヴロツワフ · 続きを見る »

トルン

トルン(Toruń 、ドイツ語:Thorn)は、ポーランド中北部ヴィスワ川のほとりに位置する工業都市で、クヤヴィ=ポモージェ県の県議会所在地。1998年までは旧トルン県の県都であった。1997年に旧市街が世界遺産に登録された。トルンは、中世からプロイセン領内にあった都市。 トルンはブィドゴシュチュからヴィスワ川を遡り東南東に40kmほどのところにある。2003年にはブィドゴシュチュ医科大学がトルン大学に統合された。 日本語ではトルンの表記の他、トルニと表記されることも多い。.

新しい!!: .plとトルン · 続きを見る »

ヘブライ文字

ヘブライ文字(ヘブライもじ、ヘブル文字とも)とは、ヘブライ語やイディッシュ語を表記するための文字である。 現代のヘブライ文字は、アラム文字より派生したアブジャドの一種で、右書き(右から左に)で書く。ヘブライ語の話者はヘブライ文字をアレフベートと呼ぶ。22文字の子音文字からなる表音文字で、うち k、m、n、p、 の5つの文字に非語末形と語末形(ソフェート)の区別がある。.

新しい!!: .plとヘブライ文字 · 続きを見る »

ビャウィストク

right ビャウィストク right ビャウィストク(ポーランド語: Białystok 、Белосто́к ベロストーク、Беласток、Balstogė)は、ポーランド北東部にある都市で、ビャウィストク県の県都であった。現在はポドラシェ県の県都。ポーランド北東部最大の都市である。.

新しい!!: .plとビャウィストク · 続きを見る »

アラビア文字

アラビア文字(アラビアもじ)は、アラビア語をはじめ、世界中のイスラム文化圏に属する諸言語を記述するのに使われる文字。ラテン文字、漢字に次いで、世界で三番目に使用者数が多い文字体系である。.

新しい!!: .plとアラビア文字 · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: .plとインターネット · 続きを見る »

ウッチ

ウッチ(Łódź、ウッジ、ウージとも)は、ポーランド中央部の都市で、ウッチ県の県都。ウッチ高地に位置する。ポーランド第2の都市、最大の工業都市であり、繊維工業の中心地でもある。.

新しい!!: .plとウッチ · 続きを見る »

オルシュティン

ルシュティン、オルシチン(Olsztyn)、アレンシュタイン(Allenstein)は、ポーランドヴァルミア=マズールィ県の県都で一番大きい都市である。主な文化・文教・経済活動の中心や一般官庁ばかりでなく、重要な鉄道連絡駅及び交通の要所でもある。 ヴァルミア=マズールィ大学、プラネタリウム、天体観測館、コンサートホールなどがある。また、オルシュティンにはミシュランの大規模タイヤ工場がある。.

新しい!!: .plとオルシュティン · 続きを見る »

カトヴィツェ

トヴィツェ(Katowice )は、ポーランドの都市。シロンスク県の県都で、同地方を代表する工業都市。ドイツ語ではカトヴィッツ(Kattowitz)、シレジア語ではカトヴィツィ(Katowicy)。.

新しい!!: .plとカトヴィツェ · 続きを見る »

キリル文字

リル文字(キリルもじ、Кириллица、Cyrillic alphabet、キリール文字とも)は、主にスラヴ諸語を表記するのに用いられる表音文字の体系の一種である。日本等では特にロシア語の文字として知られ、ロシア語で使う 33 文字(大文字小文字を同一視して)は、ロシア文字とも呼ばれる。しかし、キリル文字はブルガリア語やセルビア語をはじめとする多くの言語で使用されており、文字もそれぞれ微妙に異なる。そして、キリル文字発祥の地はブルガリアであるとされるため、キリル文字の総称としてロシア文字と呼ぶのは不適当である。.

新しい!!: .plとキリル文字 · 続きを見る »

ギリシア文字

リシア文字(ギリシアもじ)とは、ギリシア語を書き表すために用いられる文字である。現代ギリシア語では24文字からなる。.

新しい!!: .plとギリシア文字 · 続きを見る »

クラクフ

ラクフ(Kraków,, 独:Krakau クラカウ)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。 ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はを中心として川の両岸に広がっている。 1038年から1569年まではポーランド王国、1569年から1596年までポーランド・リトアニア共和国であった。 1794年からオーストリア帝国領となり、1846年から1918年までオーストリアのクラクフ大公国であった。 人口は766,739人で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模。.

新しい!!: .plとクラクフ · 続きを見る »

グダニスク

ダニスク(Gdańsk グダーィンスク、)は、ポーランドの都市。バルト海南部に面するポモージェ(ポメラニア)地方東部に位置し、グダニスク湾を擁するポーランド最大の港湾都市であり、ポモージェ県の県都である。ポーランド語名の発音は片仮名転写が難しく、グダンスクと表記されることがあり、政府観光局はグダンスク、市役所はグダニスクと表記しており、公的機関においても表記が分かれている。カシューブ語ではGduńsk(グダンスク)。また、ドイツ語名のダンツィヒ( 、ダンチヒとも)でもよく知られている。.

新しい!!: .plとグダニスク · 続きを見る »

シュチェチン

ュチェチン (Szczecin) は、ポーランドの都市で、西ポモージェ県の県都。ドイツ名はシュテティーン (Stettin)。ポーランド北西部にあり、ドイツとの国境沿いに位置する。バルト海に面し、ポーランドではグダニスクに次ぐ第2の規模の港湾都市で機械工業などが盛んである。歴史的にポメラニア、プロイセン王国、神聖ローマ帝国、ドイツ帝国の影響下にあった時代が長い。 中世は、北方十字軍、東方植民により低地ドイツ人商人やドイツ人の住民が増えていった。1945年後のドイツ人追放により戦前のほとんどの住民は去ったか退去させられた。 1946年3月のウィンストン・チャーチル英首相による「鉄のカーテン」演説にてこの地が起点として持ち出されたことから、米ソ冷戦を象徴する街として有名となった(ただし、その後の東ドイツの発足によってカーテンの境界からは外れることとなった)。.

新しい!!: .plとシュチェチン · 続きを見る »

ジェロナ・グラ

聖ヤドウィガ聖堂 ジェロナ・グラ(ポーランド語:Zielona Góra, ドイツ語:Grünberg(グリュンベルク))は、ポーランドの西部、ルブシュ県の都市である。市名の意味は、ポーランド語とドイツ語で同じく「緑の山」となる。.

新しい!!: .plとジェロナ・グラ · 続きを見る »

スウプスク

復元が進むスウプスクの市街風景 スウプスク(Słupsk)はポーランドの都市。ポモージェ県に属する。ドイツ語ではシュトルプ(Stolp)と称される。人口は約9万8千人(2006年)。 バルト海に隣接している。観光業と製造業が盛ん。近隣の都市としては、約100キロ東のグダンスクが挙げられる。.

新しい!!: .plとスウプスク · 続きを見る »

セカンドレベルドメイン

ンドレベルドメイン(Second-level domain)とは、トップレベルドメイン以下に属しているドメイン名のこと。略称はSLD。例えばwikipedia.orgの場合、「wikipedia」が「.org」と言うトップレベルドメインに属しているセカンドレベルドメイン名、となる。.

新しい!!: .plとセカンドレベルドメイン · 続きを見る »

国別コードトップレベルドメイン

国別コードトップレベルドメイン(くにべつコードトップレベルドメイン、ccTLD;country code Top Level Domain)とは、国名コードに基づくトップレベルドメインである。日本を表す「.jp」などがこれにあたる。.

新しい!!: .plと国別コードトップレベルドメイン · 続きを見る »

国際化ドメイン名

国際化ドメイン名(こくさいかドメインめい)、IDN (Internationalized Domain Name)、多言語ドメインは、インターネットで使われるドメイン名にアルファベットや数字以外に漢字、アラビア文字、キリル文字、ギリシア文字なども使えるようにする仕組み。日本語であれば日本語ドメイン名とも呼ばれる。 1998年頃から検討がされていたが、2003年になり、関連する全ての規格が標準化されたため、ようやく利用できるようになった。 当初試験運用では変換方法(プロトコル)として RACE が主に用いられていたが、Punycode が標準化され、各種ドメインはPunycodeへの対応に切り替えている。.

新しい!!: .plと国際化ドメイン名 · 続きを見る »

ITU-T

ITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector) は、国際電気通信連合の部門の一つで、通信分野の標準策定を担当する「電気通信標準化部門」。旧CCITT(Comite Consultatif International Telegraphique et Telephonique、国際電信電話諮問委員会)。 勧告という形が標準となる。4年に1回開催される世界電気通信標準化会議(World Telecommunication Standardization Assembly、WTSA)で活動が決められる。 以前はTSS、ITU-TSまたはITU-TSSとも言った。.

新しい!!: .plとITU-T · 続きを見る »

東側諸国

東側諸国 東側諸国(ひがしがわしょこく、東側、社会主義陣営、共産主義陣営とも、Eastern Bloc、イースタンブロック)とは、冷戦の間、ソビエト連邦および中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの衛星国(ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ポーランド、1960年代前半まではアルバニアも含む)を指して使われた言葉である。対する陣営は西側諸国。.

新しい!!: .plと東側諸国 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: .plと1990年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: .plと2008年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »