ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

Microsoft.NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)は、マイクロソフトが開発したアプリケーション開発・実行環境である。 Windowsアプリケーションだけでなく、XML WebサービスやウェブアプリケーションなどWebベースのアプリケーションなども包括した環境となっている。一般に.NETという場合、.NET全体の環境を指す。.

93 関係: ASP.NETAu (携帯電話)基本クラスライブラリ名前空間実行時コンパイラ中間言語互換性マネージコードマイクロソフトメタデータ (共通言語基盤)ユーザインタフェースライブラリワークフロートップレベルドメインプラットフォーム (コンピューティング)プロプライエタリ・ソフトウェアプログラミング言語プログラム (コンピュータ)プロジェクトデータバインディングドメイン名アンダース・ヘルスバーグアプリケーションソフトウェアアセンブリ (共通言語基盤)インタフェース (情報技術)ウェブアプリケーションオープンソースコンパイラシェアードソース共通言語基盤ジェネリックプログラミングジェットブレインズソフトウェアデプロイメントソフトウェア開発キットサンドボックス (セキュリティ)共通型システム共通中間言語共通言語基盤共通言語ランタイム動的言語ランタイム国際標準化機構個人情報BREWC SharpComponent Object Model統合言語クエリ相互運用性E05SHE06SHEcmaインターナショナルExtensible Markup Language...F SharpIKVM.NETKDDILinuxMacOSMicrosoft Visual BasicMicrosoft Visual StudioMicrosoft WindowsMicrosoft Windows 10Microsoft Windows 2000Microsoft Windows 7Microsoft Windows 8Microsoft Windows 98Microsoft Windows NT 4.0Microsoft Windows Server 2003Microsoft Windows Server 2008Microsoft Windows Server 2008 R2Microsoft Windows VistaMicrosoft Windows XPMicrosoftストアMIT LicenseMono (ソフトウェア)MonoDevelopMSDN ライブラリOpen Database ConnectivityOracle DatabaseP/InvokePortable ExecutableSharpDevelopWebサービスWindows CardSpaceWindows Communication FoundationWindows Presentation FoundationWindows Workflow FoundationXamarin機械語沖縄セルラー電話日本工業規格.NET Micro Framework11月12日2006年2014年6月 インデックスを展開 (43 もっと) »

ASP.NET

ASP.NETは、マイクロソフトが開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークで、動的なウェブサイトやWebアプリケーションやXML Webサービスの開発や運用を行う。ASP.NETはActive Server Pagesを.NET向けにしたものである。.

新しい!!: .NET FrameworkとASP.NET · 続きを見る »

Au (携帯電話)

au(エーユー)は、KDDIおよび沖縄セルラー電話のサービスブランド名で、携帯電話を含む移動体通信事業、ならびにKDDIの提供するコンシューマー(個人)向け・ビジネスソリューション(法人)向けITサービス事業を行っている。 また、株式会社 エーユーは2000年11月1日から2001年9月30日まで沖縄県を除く旧DDIセルラー地域で同事業を行っていた企業である(後述)。 auブランドを展開するKDDI本社(東京都千代田区).

新しい!!: .NET FrameworkとAu (携帯電話) · 続きを見る »

基本クラスライブラリ

基本クラスライブラリ(Base Class Library、通称BCL)は全てのCLI言語から利用可能な共通言語基盤 (CLI) 標準ライブラリである。 ボーランドとマイクロソフトが1999年6月8日に結んだ特許契約の成果物で、Visual Component Libraryから派生したライブラリとなっている。また、一部のコンポーネントについてはバグまでもが完全移植されている。なお、これらのバグについては互換性維持のために修正されず現在も残されており、新たなコンポーネントの追加でその問題に対処している。 CLIはたくさんの数の共通機能をカプセル化するためにBCLを含んでおり、それはプログラマの仕事をより簡単にする。 C/C++を含む他のほとんどの言語の基礎ライブラリよりもずっと大きな領域をサポートしており、Javaクラスライブラリと比肩しうる。 CLIの最初の実装である.NET Frameworkは、BCLの起源である。BCLはときどきFramework Class Library (FCL) として間違って言及されることがあるが、これは、実際はマイクロソフト固有の名前空間を含むスーパーセットである。 BCLは.NET Frameworkのそれぞれのバージョンで更新されている。.

新しい!!: .NET Frameworkと基本クラスライブラリ · 続きを見る »

名前空間

名前空間(なまえくうかん)はNamespaceの訳語で、名前の集合を分割することで衝突の可能性を低減しつつ参照を容易にする概念である。 この集合は、全事象の元の全ての組み合わせ可能なものからなる集合全体および物理的な名称を指すことが可能である。つまり英字・数字・記号などを組みあわせて作られる名前全てを含む集合である。名前に結び付けられる実体(型や変数)は、名前がそれぞれどの集合(空間)に属するか指定されることで一意に定まる。名前空間が異なれば同じ名前でも別の実体に対応付けられる。.

新しい!!: .NET Frameworkと名前空間 · 続きを見る »

実行時コンパイラ

実行時コンパイラ(じっこうじコンパイラ、、JITコンパイラ、その都度のコンパイラ)とは、ソフトウェアの実行時にコードのコンパイルを行い実行速度の向上を図るコンパイラのこと。通常のコンパイラはソースコード(あるいは中間コード)から対象CPUの機械語への変換を実行前に事前に行い、これをJITと対比して事前コンパイラ (Ahead-Of-Timeコンパイラ、AOTコンパイラ)と呼ぶ。.

新しい!!: .NET Frameworkと実行時コンパイラ · 続きを見る »

中間言語

中間言語(Pivot language)は、任意の言語を異なる任意の言語へ翻訳する際に利用する中間的な人工言語もしくは自然言語である。.

新しい!!: .NET Frameworkと中間言語 · 続きを見る »

互換性

互換性(ごかんせい、)とは、ある部品やコンポーネント(構成要素)などを置き換えても同様に動作させることができる性質のこと。 特に工業製品では、互換性を確保することで新たなシステムを用意する必要がなくなり、設計や部品の再利用性が高まることでコストカットを見込めることや、過去の製品からの買い替えなどを進めることができたりする。ただし、古い基準に縛られてしまうために技術革新の妨げとなるという側面もある。互換性を確保するために余計なコストがかかる場合は軽視されることがあるほか、メーカー間の互換性はベンダーロックインを狙うため、あえて削ぐものもある。.

新しい!!: .NET Frameworkと互換性 · 続きを見る »

マネージコード

マネージコード (managed code) とは、.NET Frameworkにおける共通言語基盤 (CLI) に準拠した仮想機械上で実行される命令(コード)のことである。 これに対してマネージコード以外のコードはアンマネージコード (unmanaged code) やネイティブコード (native code) と呼ばれる。.

新しい!!: .NET Frameworkとマネージコード · 続きを見る »

マイクロソフト

マイクロソフト()は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。.

新しい!!: .NET Frameworkとマイクロソフト · 続きを見る »

メタデータ (共通言語基盤)

メタデータとは、共通言語基盤において、共通中間言語 (CIL) コードについての情報を記録したコードのことである。.NET Framework言語のコンパイラはCILを含むアセンブリにメタデータを保存する。メタデータには、そのアセンブリに含まれる全てのクラスやクラスメンバ、さらにそのアセンブリから呼び出される他のアセンブリのクラスやクラスメンバの情報が記録される。メソッドのメタデータにはそのメソッドに関する全ての情報が記録される(クラス、戻り値の型、パラメータなど)。共通言語ランタイム(CLR)がCILを実行する際、呼び出し元のメタデータが呼び出し先に記録されたメタデータと等しいことがチェックされる。これにより、パラメータや戻り値の型が完全に一致するメソッドが呼び出される。.

新しい!!: .NET Frameworkとメタデータ (共通言語基盤) · 続きを見る »

ユーザインタフェース

ユーザインタフェース(User Interface, UI)または使用者インタフェースは、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェースである。ユーザインターフェース/ユーザインタ(ー)フェイス/ユーザーインターフェ(イ/ー)スなどの表記ゆれが見られるが、本記事では「ユーザインタフェース」で統一する。ユーザインタフェースは以下の手段を提供する。.

新しい!!: .NET Frameworkとユーザインタフェース · 続きを見る »

ライブラリ

ライブラリ()は、汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でひとまとまりにしたものである。ライブラリと呼ぶ時は、それ単体ではプログラムとして作動させることはできない実行ファイルではない場合がある。ライブラリは他のプログラムに何らかの機能を提供するコードの集まりと言うことができる。ソースコードの場合と、オブジェクトコード、あるいは専用の形式を用いる場合とがある。たとえば、UNIXのライブラリはオブジェクトコードをarと呼ばれるアーカイバでひとまとめにして利用する。図書館()と同様にプログラム(算譜)の書庫であるので、索引方法が重要である。 また、ソフトウェア以外の再利用可能なものの集合について使われることもある。.

新しい!!: .NET Frameworkとライブラリ · 続きを見る »

ワークフロー

ワークフロー(workflow)は、リソース(資源)を体系的に組織化した反復可能な業務活動のパターンである。ワークフローは、物質の加工、サービスの提供、情報の処理など、何らかの具体的意図をもって設計される。ワークフローは、例えば、操作の列、個人またはグループの定まった作業、従業員の組織、複数の機械の機構などで表現しうる。 ワークフローは組織構造に関する各種概念(サイロ、機能、チーム、プロジェクト、階層)と密接な関係がある。ワークフローは組織の基本的構成要素と見ることもできる。これら概念の関係については後述する。.

新しい!!: .NET Frameworkとワークフロー · 続きを見る »

トップレベルドメイン

トップレベルドメイン(TLD、top level domain)はインターネットで利用するDNS(ドメインネームシステム)において利用され、ドメイン名をドットで分割した際の最後の項目の事を指す。例えば、「ja.wikipedia.org」の場合は.org」である。.

新しい!!: .NET Frameworkとトップレベルドメイン · 続きを見る »

プラットフォーム (コンピューティング)

プラットフォーム()とは、コンピュータにおいて、主に、オペレーティングシステム (OS) やハードウェアといった基礎部分を指す。 一般的なコンピューター・プログラム(アプリケーションソフトウェア)は、実行環境であるそれぞれのOSに依存し、Windows、macOS、Linuxなどの専用のプログラムとして動作する。さらに特定のハードウェアでしか動作しないプログラムもある(ネイティブコード)。例えば、PowerPCプロセッサ上のLinuxでは、PowerPCプロセッサ上のMac OS X用あるいはx86/x64プロセッサ上のLinux用のAdobe Readerは動作しない。 プラットフォーム非依存とは、それら特定のOS、ハードウェアに依存せずに動作するプログラムのこと。例えば、Javaは各プラットフォームにおいてJavaアプリケーションが動作する仮想のプラットフォームを実装することによって、プラットフォーム非依存を実現させている。ちょうど異なるプラットフォーム上に介在としてJavaプラットフォームという仮想化された共通プラットフォームがあり、共通プラットフォーム上でJavaアプリケーションが動作する。またプラットフォームの差異をミドルウェアで吸収し、複数のプラットフォームで動作するように設計したソフトウェアをクロスプラットフォームとよぶ。マイクロソフトの.NET FrameworkもJavaとよく似たアプリケーション開発・実行プラットフォームである。プログラムのソースコードを実行時に翻訳・解釈するスクリプト言語や動的プログラミング言語で書かれたソフトウェアもクロスプラットフォームであることが多い。.

新しい!!: .NET Frameworkとプラットフォーム (コンピューティング) · 続きを見る »

プロプライエタリ・ソフトウェア

プロプライエタリ・ソフトウェア(英: proprietary software)または私有ソフトウェア(しゆう-)とは、ソフトウェアの入手、使用、改変、複製などに関する権利を議論する文脈で用いられるソフトウェアの種類についての用語。プロプライエタリ・ソフトウェアとは、ソフトウェアの配布者が、利用者の持つ権利を制限的にすることで自身や利用者の利益およびセキュリティを保持しようとするソフトウェアを指す。制限には法的手法や技術的手法など様々な方法がある。技術的制限手法としては、バイナリ実行コードのみを使用者に提供し、ソースコードは公開しないというソフトウェア流通の方法がある。法的制限手法としては、著作権や特許権、不正競争防止法、国家機密及びそれに基づくソフトウェアライセンス許諾といった方法がある。.

新しい!!: .NET Frameworkとプロプライエタリ・ソフトウェア · 続きを見る »

プログラミング言語

プログラミング言語(プログラミングげんご、programming language)とは、コンピュータプログラムを記述するための形式言語である。なお、コンピュータ以外にもプログラマブルなものがあることを考慮するならば、この記事で扱っている内容については、「コンピュータプログラミング言語」(computer programming language)に限定されている。.

新しい!!: .NET Frameworkとプログラミング言語 · 続きを見る »

プログラム (コンピュータ)

ンピュータプログラム(英:computer programs)とは、コンピュータに対する命令(処理)を記述したものである。コンピュータが機能を実現するためには、CPUで実行するプログラムの命令が必要である。 コンピュータが、高度な処理を人間の手によらず遂行できているように見える場合でも、コンピュータは設計者の意図であるプログラムに従い、忠実に処理を行っている。実際には、外部からの割り込み、ノイズなどにより、設計者の意図しない動作をすることがある。また設計者が、外部からの割り込みの種類を網羅的に確認していない場合もある。.

新しい!!: .NET Frameworkとプログラム (コンピュータ) · 続きを見る »

プロジェクト

プロジェクト()は、何らかの目標を達成するための計画を指す。小さな目標の達成のためのものではなく、大きな目標を集団で実行するものを指すことがある。その計画の実現のための個々のタスク(仕事)の実行までを含めて指すこともある。 既存の組織の枠をはずし、各組織から臨時に人を集めて実行する集団をプロジェクトと呼ぶこともある。これらは、英語でも同様である。ソフトウェアの設計では、統合設計環境における設計単位をプロジェクトと呼ぶ。.

新しい!!: .NET Frameworkとプロジェクト · 続きを見る »

データバインディング

データバインディング(データバインド、あるいはData Bindingの訳からデータ結合とも呼ばれる。)とは、XMLなどのデータソースとアプリケーションやウェブページ(ウェブアプリケーション)のユーザインタフェースを静的または動的に結合する技術である。分離されたデータソースとユーザインタフェースの間を橋渡しする役割を果たし、データが変更されるとそれに応じてユーザインタフェースが変更される一方向なデータバインディングと、併せてユーザインタフェースの変更または操作に応じてデータが変更される双方向のデータバインディングがある。.

新しい!!: .NET Frameworkとデータバインディング · 続きを見る »

ドメイン名

ドメイン名(ドメインめい、domain name)は、IPネットワークにおいて個々のコンピュータを識別する名称の一部。インターネット上においてはICANNによる一元管理となっており、世界中で絶対に重複しないようになっている。通常、IPアドレスとセットでコンピュータネットワーク上に登録される。 多くの場合、ドメイン名はその下位に1つまたは複数のホスト名を連ね、またドメイン名それ自身もホスト名である。 Domain Name Systemにより、ドメイン名を含むホスト名とIPアドレスとの変換が実行されている。.

新しい!!: .NET Frameworkとドメイン名 · 続きを見る »

アンダース・ヘルスバーグ

アンダース・ヘルスバーグ (Anders Hejlsberg アナス・ハイスベル、1960年12月 -) は、デンマークのソフトウェアエンジニアである。ボーランド社から発売されたTurbo Pascalの原作者で、後にDelphiなどの同社を代表する開発ツール製品部門のチーフアーキティクトとして活躍していたが、同社が開発ツール製品事業から一旦撤退を決めた際に、多くの同社同部門の社員たちと共にマイクロソフト社に移籍し、同社のテクニカルフェローを務め、.NET Framework及びC#の設計作業に従事している。.

新しい!!: .NET Frameworkとアンダース・ヘルスバーグ · 続きを見る »

アプリケーションソフトウェア

アプリケーションスイートである。 アプリケーションソフトウェア(application software, 応用ソフトウェア)は、アプリケーション(応用)プログラムともいい、ワープロや表計算などといった、コンピュータを「応用」する目的に応じた、コンピュータ・プログラムである。なお、それに対してシステムプログラムは、アプリケーションプログラムに対して処理実行のための計算機資源を抽象化して提供する、などのインフラとしての役割のプログラムであり、ユーザーが要求する情報処理を直接実行するものではなく、ユーザーが普段は意識することはない裏方的な存在がシステムプログラムである。.

新しい!!: .NET Frameworkとアプリケーションソフトウェア · 続きを見る »

アセンブリ (共通言語基盤)

共通言語基盤においてアセンブリ (assembly) とはコンパイルされたコードライブラリのことであり、配置・バージョン管理・セキュリティ管理の単位となる。.

新しい!!: .NET Frameworkとアセンブリ (共通言語基盤) · 続きを見る »

インタフェース (情報技術)

インタフェース(interface)は、ものごとの境界となる部分と、その境界でのプロトコルを指す。コンピュータなどでは、コンピュータシステム内、あるいはシステム間のインタフェースや、人間と機械の間のインタフェース(ヒューマンマシンインタフェース)などがある。他分野の専門用語の借用になるが、界面という訳語がある。.

新しい!!: .NET Frameworkとインタフェース (情報技術) · 続きを見る »

ウェブアプリケーション

ウェブアプリケーション(Web application)は、インターネット(もしくはイントラネット)などのネットワークを介して使用するアプリケーションソフトウェアである。多くの場合、これらのアプリケーションは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語(たとえばJavaScript)によるプログラムとWebサーバ側のプログラムが協調することによって動作し、ユーザはそれをWebブラウザ上で使用する。 ウェブアプリケーションの一例としては、ウィキペディアなどで使われているウィキやブログ、電子掲示板、銀行のインターネットバンキング、証券会社のオンライントレード、電子商店街などネット販売のショッピングカートなどを挙げることができる。 ウェブアプリケーションに対して、ローカルのデスクトップ環境上で動作するアプリケーションは、デスクトップアプリケーションやスタンドアロンアプリケーションと呼ばれる。.

新しい!!: .NET Frameworkとウェブアプリケーション · 続きを見る »

オープンソース

ープンソース (open source) とは、言葉通りのソースコードへのアクセスが開かれている(ソースコードが公開されている)ことを意味するのではなく、ソースコードを商用、非商用の目的を問わず利用、修正、頒布することを許し、それを利用する個人や団体の努力や利益を遮ることがないソフトウェア開発の手法を意味する。オープンソース・イニシアティブ は、「オープンソース」と名乗るための要件として「オープンソースの定義」を掲げている。.

新しい!!: .NET Frameworkとオープンソース · 続きを見る »

コンパイラ

ンパイラ(英:compiler)とは、コンピュータ・プログラミング言語の処理系(言語処理系)の一種で、高水準言語によるソースコードから、機械語に(あるいは、元のプログラムよりも低い水準のコードに)変換するプログラムである。.

新しい!!: .NET Frameworkとコンパイラ · 続きを見る »

シェアードソース共通言語基盤

ェアードソース共通言語基盤(Shared Source Common Language Infrastructure、SSCLI)は、マイクロソフトによるシェアードソースライセンスでの共通言語基盤 (CLI) の実装である。コードネームはRotor。 そのライセンスにより営利目的の利用はできないが、プログラマが.NETライブラリの実装の詳細を調べたり、ハッカーらがCLIに変更を加えて利用することはできる。マイクロソフトはSSCLIをCLIのリファレンス実装として提供し、学生がクロスプラットフォームコンパイラ技術やクラスシステム設計ガイドラインなどを学習するための材料となることを目的としている。 SSCLIはWindows、FreeBSD、Mac OS Xで動作するよう事前設定されている。異なるプラットフォームに移植するためにはPlatform Abstraction Layer (PAL) という薄いレイヤーのみを変更すればよいように設計されている。 2007年6月時点での最新バージョンは2.0で、.NET Framework 2.0のクラスや機能のほとんどをカバーしている。 その後、2016年6月にマイクロソフトからクロスプラットフォームかつオープンソースの.NET Framework実装として、.NET Coreがリリースされたため、SSCLI自体は存在意義を失っている。.

新しい!!: .NET Frameworkとシェアードソース共通言語基盤 · 続きを見る »

ジェネリックプログラミング

ェネリック(総称あるいは汎用)プログラミング(generic programming)はデータ形式に依存しないコンピュータプログラミング方式である。.

新しい!!: .NET Frameworkとジェネリックプログラミング · 続きを見る »

ジェットブレインズ

ェットブレインズ(JetBrains, s.r.o.)は、技術者だったSergey Dmitriev、Valentin Kipiatkov、Eugene Belyaevの3人が2000年2月に創業した、チェコ共和国の首都プラハに本社を置く技術主導型のソフトウェア開発企業。 研究開発拠点をロシアのサンクトペテルブルク、ドイツのミュンヘンおよび米国マサチューセッツ州のフレイミングハムにもっている。 コンピュータソフトウェア開発の生産性向上を目指した製品を生み出している。.

新しい!!: .NET Frameworkとジェットブレインズ · 続きを見る »

ソフトウェアデプロイメント

フトウェアデプロイメント(英: Software deployment)とは、ソフトウェアシステムを利用可能にする活動全般を指す用語である。デプロイメント(Deployment)とは「展開、配備、配置」などの意。 一般にデプロイメントは相互に関連したいくつかの活動から構成される。それらの活動は、ソフトウェア開発者の側で行われるものもあれば、顧客側で行われるものも、あるいは両者が共同で行うものもある。ソフトウェアは非常に様々なものがあり、ソフトウェアデプロイメントのプロセスやプロシージャを正確に定義することは難しい。従って、ソフトウェアデプロイメントは、個々の事情や要求に応じてカスタマイズされる「汎用プロセス」と理解されるべきである。ソフトウェアデプロイメントに含まれる個々の活動については以下で解説する。 また、アプリケーションサーバにおいて、各種アプリケーションモジュールを実際に使用される環境に配備することをアプリケーションデプロイメントと呼ぶ。.

新しい!!: .NET Frameworkとソフトウェアデプロイメント · 続きを見る »

ソフトウェア開発キット

フトウェア開発キット(ソフトウェアかいはつキット、Software Development Kit、SDK)は一般に、特定のソフトウェアパッケージ、ソフトウェアフレームワーク、ハードウェアプラットフォーム、コンピュータシステム、ゲーム機、オペレーティングシステムなどのためのアプリケーションを作成するためにソフトウェア技術者が使用する開発ツールのセットを意味する。.

新しい!!: .NET Frameworkとソフトウェア開発キット · 続きを見る »

サンドボックス (セキュリティ)

ンピュータセキュリティ技術において、サンドボックス(sandbox)は、外部から受け取ったプログラムを保護された領域で動作させることによって、システムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ機構のことをいう。 実行されるプログラムは保護された領域に入り、ほかのプログラムやデータなどを操作できない状態にされて動作するため、プログラムが暴走したりウイルスを動作させようとしてもシステムに影響が及ばないようになっている。 ウェブページに配置されたJavaアプレットやFlash、JavaScriptなどのプログラムは自動的に実行される。そのため、気づかないうちにコンピュータ上にあるファイルを盗み見られたり書き換えられたり、あるいはコンピュータウイルスに感染させられたりするおそれがある。そこで安心してネットサーフィンを楽しめるように提供されたのが、そういった攻撃のできない安全な「砂箱」(サンドボックス)である。.

新しい!!: .NET Frameworkとサンドボックス (セキュリティ) · 続きを見る »

共通型システム

共通型システム(きょうつうかたしすてむ、Common Type System、略称: CTS)は、マイクロソフトが開発した.NET Framework対応のプログラミング言語で使われるデータ型の統一、もしくは統一された型のこと。整数型などの基本的なデータ型以外に、クラスやインターフェイスについても定義されている。例えば、System.Int32は32ビット符号付き整数型、System.Int64は64ビット符号付き整数型などと定められている。これはプラットフォーム、オペレーティングシステム (OS) によらず一意に決まっている。.NET Frameworkに属する全ての言語は、2種類の言語仕様に則っていなければならない。1つがCTSであり、もう一つが共通言語仕様 (CLS) である。CTSとCLSによって、.NET Framework対応のプログラミング言語間で型の互換性が維持できる。CLSの一例を挙げると、クラスを定義できること、さらにクラス間の継承ができること、つまり、オブジェクト指向言語でなければならないことを定めている。.

新しい!!: .NET Frameworkと共通型システム · 続きを見る »

共通中間言語

共通中間言語(きょうつうちゅうかんげんご、Common Intermediate Language、略称: CIL("sil" や "kil" と発音される))は、共通言語基盤 (Common Language Infrastructure、CLI) で定義された最も低水準な人間が解読可能なプログラミング言語であり、.NET FrameworkやMonoにより使用される。CLI互換な実行環境をターゲットとしている言語はCILにコンパイルされる。そのCILはバイトコードスタイルフォーマットであるオブジェクトコードにより組み立てられている。CILはオブジェクト指向なアセンブリ言語であり、完全なスタックベースである。そのバイトコードはネイティブコードに翻訳されるか、仮想機械により実行される。.NET言語がベータリリースである間、CILはMicrosoft Intermediate Language (MSIL) と呼ばれていた。C#およびCLIの標準化により、現在ではバイトコードは公式にCILと呼ばれる。.

新しい!!: .NET Frameworkと共通中間言語 · 続きを見る »

共通言語基盤

共通言語基盤(きょうつうげんごきばん、Common Language Infrastructure、略称: CLI)は、.NET Frameworkの基幹を構成する実行コードや実行環境などについてマイクロソフトが策定した仕様である。仕様は、ECMA-335 および ISO/IEC 23271 として標準化され公開されている。CLIは、プログラミング言語やコンピュータ・アーキテクチャに依存しない環境を定義しており、様々な高水準言語で書いたソースコードが書き直すことなく他のプラットフォームでも使える。 共通言語ランタイム (CLR) はCLIの仕様を実装したものの一つである。CLIに適合するプログラムは全て共通中間言語 (CIL) へコンパイルされる。CILは、ハードウェアから抽象化された中間言語であり、実行時にはVESが機械語へコンパイルする。;概念.

新しい!!: .NET Frameworkと共通言語基盤 · 続きを見る »

共通言語ランタイム

CLRの動作イメージ。バイトコードを機械語に変換、実行する。 共通言語ランタイム (Common Language Runtime, CLR) とは、.NET Frameworkアプリケーションを実行するための仮想機械で、共通言語基盤 (CLI) のマイクロソフト自身による実装。.NET Framework 4.x で使用されている CLR は Windows 上のみで動作する。.NET Core 5 はMITライセンスのオープンソースになり、CoreCLRはWindows、macOS、Linux、FreeBSD で動作する。 CLRは、共通中間言語 (CIL) と呼ばれる、プログラミング言語や環境に依存しない中間言語を解釈する。CILは実行時にJITコンパイラによって機械語に変換され、実行される。.NET Framework 4.6 では64ビット版は RyuJIT という名称のJITコンパイラが搭載された。 そのほかのCLRの役割・機能には、メモリ管理(ガベージコレクション)、型とアセンブリの管理、スレッド管理、例外処理、セキュリティがある。.

新しい!!: .NET Frameworkと共通言語ランタイム · 続きを見る »

動的言語ランタイム

動的言語ランタイム(どうてきげんごランタイム、Dynamic Language Runtime、略称: DLR)は、共通言語ランタイムの上で動作する、様々な異なる動的言語のために次のような言語機能を提供するためのマイクロソフトによる技術である。.

新しい!!: .NET Frameworkと動的言語ランタイム · 続きを見る »

国際標準化機構

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、International Organization for Standardization)、略称 ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。 スイス・ジュネーヴに本部を置く、スイス民法による非営利法人である。1947年2月23日に設立された。国際的な標準である国際規格(IS: international standard)を策定している。 国際連合経済社会理事会に総合協議資格(general consultative status)を有する機関に認定された最初の組織の1つである。.

新しい!!: .NET Frameworkと国際標準化機構 · 続きを見る »

個人情報

個人情報とは、任意の一人の個人に関する情報であり、かつその情報に含まれる記述等によって特定の個人を識別できるものを指す。英語では personally identifiable information (PII) もしくは sensitive personal information (SPI), より一般には personal data と呼ばれる。.

新しい!!: .NET Frameworkと個人情報 · 続きを見る »

BREW

BREW(ブリューまたはブリュウ、ブルー、Binary Runtime Environment for Wireless)はQualcomm REX OS上で動くCDMA携帯電話向けアプリケーションのプラットフォームである。cdmaOne、CDMA2000の開発元であるクアルコムが開発したもので、同社の登録商標となっている。ネーミングに関してはJavaの「コーヒー」に対して「ビール」の意味も込められている。.

新しい!!: .NET FrameworkとBREW · 続きを見る »

C Sharp

C#(シーシャープ)は、アンダース・ヘルスバーグが設計(デザイン)したプログラミング言語であり、構文(syntax)は(名前にもある通り)C言語や、C言語風に構文が設計されたC++やJavaなどの影響があるが、構文以外についてはヘルスバーグが以前の所属であるBorlandで設計したDelphiからの影響がある。 Microsoftによる謳い文句としては、マルチパラダイムプログラミング言語、強い型付け、命令型、宣言型、手続き型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向の要素を持つ、などといった点が強調されている。 CLIといった周辺も含め、Microsoftのフレームワーク「.NET Framework」の一部である他、VJ++で「非互換なJava」をJavaに持ち込もうとしたような以前のMicrosoftとは異なり、その多くの仕様を積極的に公開し標準化機構に託して自由な利用を許す(ECMA-334、ISO/IEC 23270:2003、JIS X 3015)など、同社の姿勢の変化があらわれている一面でもある(実際に「Mono」という、フリーソフトウェアの定義に合致したライセンスの、コミュニティによる実装がある)。.

新しい!!: .NET FrameworkとC Sharp · 続きを見る »

Component Object Model

Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。アプリケーションソフトウェア間での通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのAPIに用いられる。 COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントは、特定の開発言語に依存せず、C言語やC++、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発を行うことができる。COMという用語はソフトウェア開発の世界ではOLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMをカバーする包括的な用語としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインタフェースを有している。アプリケーションソフトウェアは、公開されているインタフェースを介してCOMコンポーネントと通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトの異なるインタフェース間のキャストはQueryInterface関数で行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。 COMは主としてMicrosoft Windows上で使用されるが、UNIXやMac OSでも使用することができる。COMの前身はOLEである。COMは.NET Frameworkに置き換えられているものも多い。たとえば.NETはDCOMの代替として、Windows Communication Foundation (WCF) を通じてWebサービスをサポートする。WCFがXMLベースのSOAPメッセージを利用するのに対し、ネットワークで接続されたDCOMはバイナリの独自仕様フォーマットを利用する。しかし、Microsoft DirectXなどに代表されるように、ネイティブC++での利用を前提としたパフォーマンス重視のAPIは、依然として.NETではなくCOMが使われる傾向にある。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。.

新しい!!: .NET FrameworkとComponent Object Model · 続きを見る »

統合言語クエリ

統合言語クエリ (Language INtegrated Query; LINQ, リンクと発音する) とは、.NET Framework 3.5において、様々な種類のデータ集合に対して標準化された方法でデータを問い合わせること(クエリ)を可能にするために、言語に統合された機能のことである。開発ツールはVisual Studio 2008から対応している。.

新しい!!: .NET Frameworkと統合言語クエリ · 続きを見る »

相互運用性

互運用性(そうごうんようせい、interoperability)とは、さまざまなシステムや組織が連携できる (相互運用できる) 能力に関する特性である。この用語はしばしば技術システム工学の意味で用いられるが、その代わりにシステム間の性能に影響を与える社会的、政治的、組織的な要因を考慮に入れた広い意味で用いられることもある。.

新しい!!: .NET Frameworkと相互運用性 · 続きを見る »

E05SH

ビジネスケータイ E05SH(-いー ぜろご えすえいち)は、シャープが日本国内向けに開発したauブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話のCDMA 1X WIN対応音声用端末である。.

新しい!!: .NET FrameworkとE05SH · 続きを見る »

E06SH

ビジネスケータイ E06SH(-いー ぜろろく えすえいち)は、シャープが日本国内向けに開発したauブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話のCDMA 1X WIN対応音声用端末である。.

新しい!!: .NET FrameworkとE06SH · 続きを見る »

Ecmaインターナショナル

Ecmaインターナショナル(エクマ・インターナショナル、Ecma International)は情報通信システムの分野における国際的な標準化団体。以前は欧州電子計算機工業会という名称であったが、1994年にその国際的な立場を反映してこの名称に改められた。この名称はもはや略語ではなく、大文字にせずに「Ecma International」と表記する。 1961年にヨーロッパにおける計算機システムを標準化するために設立された。本部はジュネーヴにある。.

新しい!!: .NET FrameworkとEcmaインターナショナル · 続きを見る »

Extensible Markup Language

Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)は、基本的な構文規則を共通とすることで、任意の用途向けの言語に拡張することを容易としたことが特徴のマークアップ言語の総称である。一般的にXML(エックスエムエル)と略称で呼ばれる。JISによる訳語は「拡張可能なマーク付け言語」。 SGMLからの移行を目的として開発された。文法はSGMLの構文解析器と互換性を保つようにSGMLのサブセットに定められシンプルになり、機能はSGMLに無いものが追加されている。 XML の仕様は、World Wide Web Consortium (W3C) により策定・勧告されている。1998年2月に XML 1.0 が勧告された。2010年4月現在、XML 1.0 と XML 1.1 の2つのバージョンが勧告されている(#バージョン)。 ちなみに、「eXtensible Markup Language の略である」と書かれることがあるが、これは間違いであり、XはExの発音を表している。.

新しい!!: .NET FrameworkとExtensible Markup Language · 続きを見る »

F Sharp

F#(エフ シャープ)はマイクロソフトが開発した.NET Framework向けのマルチパラダイムプログラミング言語である。Visual Studio 2010より標準開発言語として追加された。.

新しい!!: .NET FrameworkとF Sharp · 続きを見る »

IKVM.NET

IKVM.NETとは、オープンソースにより開発が行われているMono及び.NET Framework上で実装された、Java仮想マシンを含むJavaの実装である。 また、Java仮想マシンの実装の他にも、独自のJavaクラスライブラリの実装や、JARファイルをDLLファイルに変換するツールなど、Javaと.NETの相互運用のための各種ツール群を含む。 過去にマイクロソフト社が提供していたJ#の様なJava類似言語ではなく、OpenJDKをベースとした純粋なJava仮想マシンが.NETの仮想マシンである共通言語ランタイム上で動作する。 他実装と比べ2重の仮想化が行われるため速度面では不利ではあるが、.NET上からJavaの各種ライブラリ等をプログラミング言語レベルで一切意識せずに利用できる。.

新しい!!: .NET FrameworkとIKVM.NET · 続きを見る »

KDDI

KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の大手電気通信事業者である。.

新しい!!: .NET FrameworkとKDDI · 続きを見る »

Linux

Linux(リナックス、他の読みは後述)とは、Unix系オペレーティングシステムカーネルであるLinuxカーネル、およびそれをカーネルとして周辺を整備したシステム(GNU/Linuxシステムも参照)である。.

新しい!!: .NET FrameworkとLinux · 続きを見る »

MacOS

macOS(マックオーエス)は、アップルが開発・販売する、Macのオペレーティングシステムである。かつての名称はOS X、Mac OS Xであった(後述)。 技術的に直系ではないが、Classic Mac OS (Mac OS、System) の後継として、新たにBSD系UNIXをベースに開発された。.

新しい!!: .NET FrameworkとMacOS · 続きを見る »

Microsoft Visual Basic

Microsoft Visual Basic (マイクロソフト ヴィジュアル ベーシック)はマイクロソフトが1990年代に開発していたプログラミング言語およびその処理系。通常はVisual BasicまたはVBと呼ぶ。Visual Studioに組み込まれ、さまざまな種類のアプリケーション開発に用いられる。後継となるMicrosoft Visual Basic.NETに関してはそちらの項目を参照。1970年代〜1980年代に開発されていた前身のMicrosoft BASICについてはそちらの項目を参照。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Visual Basic · 続きを見る »

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual Studio(マイクロソフト ビジュアル スタジオ)はマイクロソフトのソフトウェア開発製品群およびそれらを管理する統合開発環境である。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Visual Studio · 続きを見る »

Microsoft Windows

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群。グラフィカルユーザインタフェース (GUI)を採用している。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows · 続きを見る »

Microsoft Windows 10

Windows 10(ウィンドウズ テン)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよび8インチ以上のタブレット用のオペレーティングシステム (OS) である。バージョン1507・1511のコードネームは「Threshold(スレッショルド)」、バージョン1607からのコードネームは「Redstone(レッドストーン)」。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows 10 · 続きを見る »

Microsoft Windows 2000

Windows 2000(ウィンドウズ にせん)はマイクロソフトがWindows NT 4.0の後継バージョンとして発表したWindows NT系のオペレーティング システムである。略称はWin2000、Win2k、W2K。コードネームはCairo(カイロ)。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows 2000 · 続きを見る »

Microsoft Windows 7

Windows 7(ウィンドウズ セブン)は、マイクロソフトが2009年にリリースした、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステム (OS) である。2009年7月22日に開発が完了し、2009年9月1日にボリューム ライセンス契約者へ提供が開始され、2009年10月22日に一般発売を開始した。 初期の開発コードネームは「Blackcomb」であったが、のちに「Vienna」となり、さらに「Windows 7」に改められた。本来次期クライアント用 Windows の社内開発コードネームだったものが、そのまま製品版の名称として採用された。 米国の調査会社 Net Applicationsによると、2018年2月現在の時点における世界のOSシェアに関してはWindows 7が首位である (41.61%)。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows 7 · 続きを見る »

Microsoft Windows 8

Windows 8(ウィンドウズ エイト)は、マイクロソフトがリリースした、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよびタブレット端末用のオペレーティングシステム (OS) である。3種類のプレビュー版のリリースを経て、2012年8月から10月末にかけて正式版が順次リリースされた。 2013年10月18日より、Windows 8.1 の提供が開始された。Windows 8.1 は Windows 8 と同一のサポート ライフサイクル ポリシー下で提供されるため便宜上、本項のWindows 8.1節などで併せて説明する。 従前のバージョンではパーソナルコンピュータでの利用が想定されていたのに対して、本バージョンではModern UIの採用、Windowsストアの同時リリース、Microsoft アカウントやOneDriveによるクラウドサービスへの対応強化、ARMに対応した Windows RT の同時リリースなど、タブレット端末で先行して多く採用されていたiOSやAndroidを強く意識したものとなっている。 開発コードネームは「8」として開発が進められ、正式名称にも採用されている。製品名の「8」は、Windowsシリーズ8番目のクライアント向けのメジャーリリースであることに由来する。ただし内部バージョンは6.2であり、実質Windows 7のマイナーアップデート。 2011年9月から2012年6月まで、3回のプレビュー版の公開を経て、2012年8月1日に開発が完了したことが発表された。正式版は、2012年8月15日よりMSDNやTechNet加入者向けに提供され、同時に90日間無料体験版も提供された。2012年8月16日にはSoftware Assurance (SA) 向け、2012年8月20日にはMicrosoft Action Pack Subscription (MAPS) 向け、2012年9月1日にSA未加入のボリュームライセンスに提供された。その後、2012年10月26日に一般向けに全世界への発売が開始された。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows 8 · 続きを見る »

Microsoft Windows 98

Windows 98(ウィンドウズ きゅうじゅうはち)は、マイクロソフトが1998年に発売したPC用OSである。当初1997年に発売されるとアナウンスされており、Windows 97という仮称でも呼ばれていた。コードネームはMemphis(メンフィス)。クリーンインストール版(通常版)日本語リテールパッケージの希望小売価格は24,800円(税別・1998年7月当時)。また、「Microsoft Plus! for Windows 98」もあった。なお、本記事では1999年に発売された一部改良版のWindows 98 Second Edition(ウィンドウズ きゅうじゅうはち セカンドエディション、略記はWindows 98 SEや98SE)を含めて記述する。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows 98 · 続きを見る »

Microsoft Windows NT 4.0

Microsoft Windows NT 4.0(マイクロソフト ウィンドウズ エヌティ よんてんぜろ)は グラフィカルユーザインタフェースを搭載し、対称型マルチプロセッシングに対応させるなど業務用として開発されたプリエンプティブなオペレーティングシステム(OS)である。1996年7月31日にマイクロソフトが次世代のWindows NT系のOSとしてリリースした。Windows NT 4.0は 32ビット版のWindowsでワークステーションとサーバー向けの製品があり、操作画面はWindows 95と同じようなインタフェースとなった。 Windows NT 4.0の後継としてWindows 2000が2000年の2月にリリースされた。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows NT 4.0 · 続きを見る »

Microsoft Windows Server 2003

Windows Server 2003(ウィンドウズ サーバー )は マイクロソフトがWindows 2000 Serverの後継として開発した小規模~大規模サーバ用のオペレーティングシステム (OS) である。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows Server 2003 · 続きを見る »

Microsoft Windows Server 2008

Windows Server 2008 (ウィンドウズ サーバー )は、マイクロソフトが開発・提供するWindows Server 2003の後継となるサーバ向けオペレーティングシステム (OS)。 Windows Server 2008のコードネームはWindows Server Codename "Longhorn"あるいは俗にLonghorn Serverとも呼ばれていた。Windows Vistaをベースに開発されている。 2007年5月16日、正式名称をMicrosoft Windows Server 2008と発表。製品版は米国で2008年2月27日に提供を開始した。日本では4月15日から提供開始。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows Server 2008 · 続きを見る »

Microsoft Windows Server 2008 R2

Windows Server 2008 R2 (ウィンドウズ サーバー ) はマイクロソフトが開発した Windows Server 2008 の後継となるサーバー向けオペレーティングシステムである。 開発中は Windows Server 7 とも呼ばれ、Windows 7 と同じソースコードからビルドされている。 2009年2月にベータ版が公開され、同年5月に製品候補版が公開され、同年6月22日に開発が完了した。同年9月1日よりボリューム ライセンス提供が開始され、同年10月22日よりパッケージ販売が開始された。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows Server 2008 R2 · 続きを見る »

Microsoft Windows Vista

Windows Vista (ウィンドウズ ビスタ)は、マイクロソフトが2006年にリリースした、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステム(OS)である。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows Vista · 続きを見る »

Microsoft Windows XP

Windows XP(ウィンドウズ エックスピー)は、マイクロソフトが2001年に発表したWindowsシリーズに属するオペレーティングシステム(OS)である。 XPは「経験、体験」を意味するexperienceに由来する。開発時のコードネームはWhistler(ウィスラー)と呼ばれていた。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoft Windows XP · 続きを見る »

Microsoftストア

Microsoftストア(Microsoft Store、マイクロソフト ストア)は、Windows 8.x/Windows RTおよびそれ以降のバージョンのMicrosoft Windows OS向けに提供されるアプリストアである。Windows Phone 8向けの場合は「Windows Phoneストア」と呼ばれる。Windowsストアでは、対応する環境向けのアプリケーションを配布・販売・購入することができる。.

新しい!!: .NET FrameworkとMicrosoftストア · 続きを見る »

MIT License

MIT License(エム・アイ・ティー ライセンス)は、マサチューセッツ工科大学を起源とする代表的なソフトウェアライセンスである。X11 LicenseまたはX Licenseと表記されることもある。MIT LicenseはGPLなどとは異なり、コピーレフトではなく、オープンソースであるかないかにかかわらず再利用を認めている。BSDライセンスをベースに作成されたBSDスタイルのライセンスの一つである。MIT Licenseは、数あるライセンスの中で非常に制限の緩いライセンスと言える。 X Window System (X11) などのソフトウェアに適用されている。また、2015年3月には、GitHubで最も使われているオープンソースライセンスはMIT Licenseであるという調査結果も出ている。.

新しい!!: .NET FrameworkとMIT License · 続きを見る »

Mono (ソフトウェア)

Mono(モノ)は、GNOMEプロジェクト創設者のミゲル・デ・イカザが開発した、Ecma標準に準じた.NET Framework互換の環境を実現するためのオープンソースのソフトウェア群、またそのプロジェクト名である。 2018年3月現在、マイクロソフトが開発、販売、サポート業務を行っている。 共通言語基盤 (CLI) の実装やC#のコンパイラなどが含まれる。.

新しい!!: .NET FrameworkとMono (ソフトウェア) · 続きを見る »

MonoDevelop

MonoDevelop は、Mono プラットフォーム上で動作するオープンソースの統合開発環境。Mono と GTK+ が対応する環境であれば OS を問わず動作させることが出来る。.

新しい!!: .NET FrameworkとMonoDevelop · 続きを見る »

MSDN ライブラリ

MSDN ライブラリとはマイクロソフトのツール、製品、技術を解説したマイクロソフトのドキュメント群である。Windows APIや.NET Frameworkの公式な解説もここに収録されている。.

新しい!!: .NET FrameworkとMSDN ライブラリ · 続きを見る »

Open Database Connectivity

Open Database Connectivity (ODBC) は、関係データベース管理システム (RDBMS) にアクセスするための共通インタフェース (API)である。 データへのアクセスを統一化することを目的としており、たとえばクライアント/サーバ型ではないMicrosoft Accessの管理するデータベースファイル (MDB) や、そもそもRDBMSではないCSVファイルへのアクセスなども、それに対応するODBCドライバがあれば、他の一般的なデータベースへのアクセスするのと同様な方法で利用することが可能になる。 ODBCは、主にWindows上で利用されることが多いが、Linux、UNIXなどで利用されるケースもある。.

新しい!!: .NET FrameworkとOpen Database Connectivity · 続きを見る »

Oracle Database

Oracle Database(オラクル データベース)とは、米国オラクル (Oracle) が開発・販売している、関係データベース管理システム (RDBMS) のことである。Oracle Databaseは世界初の商用RDBMSであり、メインフレームからパーソナルコンピュータまで、幅広いプラットフォームをサポートしている。.

新しい!!: .NET FrameworkとOracle Database · 続きを見る »

P/Invoke

P/Invoke(Platform Invoke、プラットフォーム呼び出し)とは、.NET Frameworkにおける共通言語基盤 (CLI) の機能の一つであり、マネージコードから動的ライブラリ内のネイティブコードを呼び出すことを可能にするものである。受け渡しされるデータ型は、必要であればCLIによって適切に変換されるが、メタデータによってプログラマーが変換方法を指定することもできる。こうしたデータの変換をマーシャリングという。.

新しい!!: .NET FrameworkとP/Invoke · 続きを見る »

Portable Executable

Portable Executable (PE) は、主に32ビット及び64ビット版のMicrosoft Windows上で使用される実行ファイルのファイルフォーマットを指す。PEフォーマット自体はオペレーティングシステムやハードウェアに依存しない設計となっているため、UEFIアプリケーションのバイナリフォーマットには、PEが採用されている。また、前述のUEFIとの整合性の確保やMicrosoft製OSとのマルチブート環境の構築を容易にする目的で、x86およびx86-64アーキテクチャにおけるLinuxカーネル実行ファイルやブートローダなど、非Windows系OSのシステムファイルの一部にも用いられている。 EXEフォーマットとの互換性のため、MS-DOS上で実行すると「This program cannot be run in DOS mode.」のようにDOSで実行されない旨が表示され、プログラムが終了するなどのMS-DOSプログラムが先頭に付く。その後ろに、PE固有の識別子およびCOFFに似たデータ構造があり、MS-DOSヘッダによってそのオフセットが指されている。また、さまざまなCPUアーキテクチャに対応するため、内部に判別用のフラグを持つ。実行時にDLLというファンクション群を動的にリンクし、コンポーネントレベルでのバグフィックス、互換性の維持が行われるようになっている。また、リソース領域にアイコン等を格納でき、GUI上で表示された場合アイコンがグラフィカルに表示され、ソフトウェア判別を容易にできる。.

新しい!!: .NET FrameworkとPortable Executable · 続きを見る »

SharpDevelop

SharpDevelop(シャープデベロップ)は、オープンソースで開発されている.NET Frameworkのための統合開発環境(IDE)である。SharpDevelop自体も.NET Frameworkの可能性を示すため、C#言語を用いて開発されており、.NET Framework上で動作する。.

新しい!!: .NET FrameworkとSharpDevelop · 続きを見る »

Webサービス

アーキテクチャ Webサービス(ウェブサービス)とは、HTTPなどのインターネット関連技術を応用して、SOAPと呼ばれるXML形式のプロトコルを用いメッセージの送受信を行う技術、またはそれを適用したサービス。W3Cにおいては、Webサービスとは、さまざまなプラットフォーム上で動作する異なるソフトウェア同士が相互運用するための標準的な手段を提供するものと説明されている。 類似の用語としてWeb API(ウェブエーピーアイ)があるが、ほぼ同義語である。.

新しい!!: .NET FrameworkとWebサービス · 続きを見る »

Windows CardSpace

Windows CardSpace は、アイデンティティメタシステムに対するマイクロソフトのクライアントソフトウェアである。マイクロソフト内のコード名は InfoCard。CardSpace は、アイデンティティセレクタと呼ばれるアイデンティティ・クライアントソフトウェアの一種である。CardSpaceはユーザーのデジタルアイデンティティへの参照を格納しており、それをユーザーに対して視覚的なインフォメーションカードとして提示する。CardSpaceは、アプリケーションやWebサイトが受け入れる各種アイデンティティを簡単に利用できる一貫したユーザインタフェース (UI) を提供する。.

新しい!!: .NET FrameworkとWindows CardSpace · 続きを見る »

Windows Communication Foundation

Windows Communication Foundation(WCF)は、.NET Framework 3.0における新しい通信サブシステムであり、アプリケーション同士をネットワーク経由で接続する仕組みである。開発時のコードネームはIndigoであった。WCFアプリケーションは.NETでサポートされている言語なら、どの言語でも開発できる。.NET Framework 3.0で新たに導入された4つの主なAPIの1つである。Windows Vistaと Windows Server 2008には最初から含まれている。Windows XPとWindows Server 2003でもサポートされている。.

新しい!!: .NET FrameworkとWindows Communication Foundation · 続きを見る »

Windows Presentation Foundation

Windows Presentation Foundation (WPF) はマイクロソフトが開発した、.NET Framework 3.0以降に含まれるユーザインタフェースサブシステムである。開発時のコードネームはAvalonであった 。.

新しい!!: .NET FrameworkとWindows Presentation Foundation · 続きを見る »

Windows Workflow Foundation

Windows Workflow Foundation(WF)は、マイクロソフトの技術であり、ワークフローを定義・実行・管理する。この技術は.NET Framework 3.0 の一部であり、Windows Vista に含まれている。また、Windows XP SP2 および Windows Server 2003 にもインストール可能である。.

新しい!!: .NET FrameworkとWindows Workflow Foundation · 続きを見る »

Xamarin

Xamarin(ザマリン)とは、2011年5月、Mono、MonoTouch、Mono for Androidの開発者により設立された企業である 。これら3つのソフトウェアはCommon Language Infrastructure(CLI)並びにCommon Language Specifications(これらを合わせたものはMicrosoft.NETと同等の環境である)のクロスプラットフォームな実装である。すなわち、それぞれLinuxなどのUnix系OS、iPhoneなどのiOS、Android上で動作する.NET環境である。.

新しい!!: .NET FrameworkとXamarin · 続きを見る »

機械語

機械語(きかいご)またはマシン語(Machine code、machine language)とは、コンピュータのプロセッサが直接解釈実行可能な一連の命令群のデータそのもの(を、コンピュータ・プログラミング言語とみなしたもの)である。.

新しい!!: .NET Frameworkと機械語 · 続きを見る »

沖縄セルラー電話

建設中の新社屋(2013年6月撮影) 沖縄セルラー電話株式会社(おきなわセルラーでんわ、、略称:OCT)は、日本の電気通信事業者。沖縄県で携帯電話事業を行う地域会社である。通称au沖縄セルラーまたはau沖縄。 KDDIの連結子会社であり、親会社のKDDI同様、auブランドを展開する。.

新しい!!: .NET Frameworkと沖縄セルラー電話 · 続きを見る »

日本工業規格

鉱工業品用) 日本工業規格(にほんこうぎょうきかく、Japanese Industrial Standards)は、工業標準化法に基づき、日本工業標準調査会の答申を受けて、主務大臣が制定する工業標準であり、日本の国家標準の一つである。JIS(ジス)またはJIS規格(ジスきかく)と通称されている。JISのSは英語 Standards の頭文字であって規格を意味するので、「JIS規格」という表現は冗長であり、これを誤りとする人もある。ただし、この表現は、日本工業標準調査会、日本規格協会およびNHKのサイトでも一部用いられている。.

新しい!!: .NET Frameworkと日本工業規格 · 続きを見る »

.NET Micro Framework

.NET Micro Frameworkは大半のリソースの限られたデバイス専用の組み込み用に最適化された.NETである 。.NET Micro FrameworkのソースコードはCodePlexで入手できる。.

新しい!!: .NET Frameworkと.NET Micro Framework · 続きを見る »

11月12日

11月12日(じゅういちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から316日目(閏年では317日目)にあたり、年末まであと49日ある。.

新しい!!: .NET Frameworkと11月12日 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: .NET Frameworkと2006年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: .NET Frameworkと2014年 · 続きを見る »

6月

6月(ろくがつ)はグレゴリオ暦で年の第6の月に当たり、30日ある。 梅雨の季節である。.

新しい!!: .NET Frameworkと6月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

.NET.NET Framework 3.0.NET Framework 4.net frameworkFramework 3.0Microsoft .NETMicrosoft .NetMicrosoft Windows .NET Framework 3.0WinFXWindows .NET Framework 3.0

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »