ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

.50-70ガバメント弾

索引 .50-70ガバメント弾

.50-70ガバメント弾(50-70ガバメントだん)とは、1866年にスプリングフィールドM1866トラップドア式小銃用として採用された、黒色火薬を使用する弾薬である。この弾薬は、スプリングフィールドM1865トラップドア式小銃むけに作られた.58リムファイア弾が不満足な結果に終わった後に開発された。.50-70ガバメント弾は、1873年、によって代替されるまでアメリカ軍の制式弾薬とされていた。.50-70弾には22,500PSIまでの圧力の制限があった。 この弾薬の制式採用当時の名称は「USセンターファイア・メタリック・カートリッジ」であり、商業的な名称としては.50-70-450」である。意味は以下のようになる。.

6 関係: 実包シャープス銃スプリングフィールドM1865スプリングフィールドM1866黒色火薬重量ポンド毎平方インチ

実包

写真左から6mm SAW6.5mm Grendel6.8×43mm SPC7mm ベンチレスト280/30 ブリティッシュ7mm-087mm セカンドオプチウム276 ピーダーセン308x1.75"7.62x51mm NATO弾 実包(じっぽう)、弾薬筒(だんやくとう)、カートリッジ(Cartridge)は、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの火器に用いられ、弾丸に爆薬を内蔵していない火工品である。弾薬の一種であることから、弾薬と呼ばれる場合もある。散弾銃用の実包は、装弾(そうだん)とも呼ばれる。 猟銃用の実包は、かつては消費者自身が製作するもの(リロード弾)がほとんどであったが、現在では工場で生産されたものを購入して使用されることが多くなった。このような既成の実包はファクトリーロードとも呼ばれる。ファクトリーロードは良くも悪くも工業製品のため、銃の性質や威力を加味した実包を作るにはリロードが欠かせないものと言われる。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾と実包 · 続きを見る »

シャープス銃

ャープス銃(シャープスじゅう)は、1848年にアメリカ合衆国のが設計した大口径単発形式の小銃、ならびにこれを母体とする小銃群(シリーズ)。1881年に生産終了となったが、長射程および正確性により高い評価を得た。1874年にかけて複数種の口径が開発され、アメリカ国外でも多くの国で軍用の兵装として制式採用された。金属薬莢への移行に成功した数少ない小銃のひとつでもある。 シャープス銃の復刻生産は現在も行われているが、19世紀当時のシャープス銃の生産企業とは無関係である。西部開拓時代を描いた映像作品や書籍(西部劇)にも数多く描かれることから、西部開拓時代を代表する銃器としても認知されている。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾とシャープス銃 · 続きを見る »

スプリングフィールドM1865

プリングフィールドM1865(英:Springfield Model 1865)はアメリカ陸軍がスプリングフィールド造兵廠で製造した初期の後装式ライフル銃。前装式ライフル銃であるM1861を改造したものである。すぐ後にスプリングフィールドM1866に置き換えられた。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾とスプリングフィールドM1865 · 続きを見る »

スプリングフィールドM1866

プリングフィールドM1866(英:Springfield Model 1866)はアースキン・オーリンがデザインした、2番目の後装式トラップドア・ライフル。元々は、スプリングフィールドM1863前装式ライフルを後装式に改造したものであったが、アメリカ陸軍に採用された最初の標準装備後装式ライフルとなったスプリングフィールドM1873のベースモデルとなった。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾とスプリングフィールドM1866 · 続きを見る »

黒色火薬

黒色火薬(こくしょくかやく、)は、可燃物としての木炭と硫黄、酸化剤としての硝酸カリウム(硝石)の混合物よりなる火薬の一種である。硝酸カリウムの代わりに硝酸ナトリウムを使用する場合もある。この3成分の配合比率は品種によって異なる。反応時にはかなり大量の火薬滓と白煙を発生させる。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾と黒色火薬 · 続きを見る »

重量ポンド毎平方インチ

重量ポンド毎平方インチ(じゅうりょうポンドまいへいほうインチ、)は、ヤード・ポンド法での圧力・応力の単位であり、ヤード・ポンド法では最も一般的に使われる。日本では、特殊の計量(ヤード・ポンド法を参照)の場合の他は使用することができない。 1重量ポンド毎平方インチは、1平方インチの面積につき1重量ポンド (lbf) の力がかかる圧力・応力と定義される。0.453 592 37 kg/ポンド × 9.80665 m/s2 / 0.0254 m / 0.0254m の計算により、約6894.757 293 168 Paである。また、1 atm(1気圧)は約 14.699 574 7 psi、1 psi は約 0.068 029 179 atm である。 なお、日本の計量法では、6894.76 Paと定義している。.

新しい!!: .50-70ガバメント弾と重量ポンド毎平方インチ · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

.50-70ガバメント

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »