ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

.38スペシャル弾

索引 .38スペシャル弾

記載なし。

37 関係: 口径強装弾弾丸ハンドロードハーグ陸戦条約メートル法アメリカ合衆国本土ウィンチェスター・リピーティングアームズカービンコルト・ファイヤーアームズコルト・オフィシャルポリスコルトM1851スミス&ウェッソンストッピングパワースプリングフィールド造兵廠サイドアーム回転式拳銃空軍警備隊第一次世界大戦第二次世界大戦米比戦争無煙火薬黒色火薬薬莢S&W M10戦略航空軍団拳銃拳銃弾一覧曳光弾.357マグナム弾.357SIG弾.380ACP弾.38ロングコルト弾.40S&W弾.45ACP弾9x18mmマカロフ弾9x19mmパラベラム弾

口径

口径(calibre)は、火器や砲において銃砲身のサイズを示す言葉である。現在では火器で使用される「口径」の語は、複数の意味で用いられる。.

新しい!!: .38スペシャル弾と口径 · 続きを見る »

強装弾

強装弾(きょうそうだん、overpressure ammunition)は、その口径の通常の圧力よりも高い圧力を発揮するように発射薬がロードされているが、弾の圧力よりは低い、小火器用の弾薬である(も参照)。一般的には+Pや+P+と名付けられている。圧力を高めるのは、通常は、護身などの目的で使われる弾薬のように、より高い銃口初速とストッピングパワーを発揮させることが目的である。したがって、+P弾薬は、護身などに使われる拳銃の口径によくみられる。.

新しい!!: .38スペシャル弾と強装弾 · 続きを見る »

弾丸

弾丸(だんがん)は、銃や砲に使用され、それらから発射・推進して主に目標に物理的損傷を与えるもの。材質や形状は用途により多岐にわたるが、基本的に鉛合金の弾芯に銅合金の被甲をかぶせた構造である。発射薬や銃用雷管と共に薬莢に収められたものは実包、弾薬という。なお、弾丸を実際に発射することを発砲(はっぽう)という。.

新しい!!: .38スペシャル弾と弾丸 · 続きを見る »

ハンドロード

左から.50 BMG,.300 Win Mag,.308 Winchester, 7.62x39mm, 5.56x45mm NATO,.22LR. ハンドロード(手詰め、リロード)とは、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの実包(実弾)を手作業で製作することをいう。ここでは、ライフル弾のハンドロード方法に併せて、散弾銃実包のハンドロードについても併記する。.

新しい!!: .38スペシャル弾とハンドロード · 続きを見る »

ハーグ陸戦条約

ハーグ陸戦条約(ハーグりくせんじょうやく)は、1899年にオランダ・ハーグで開かれた第1回万国平和会議において採択された「陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約(英: Convention respecting the Laws and Customs of War on Land, 仏: Convention concernant les lois et coutumes de la guerre sur terre)」並びに同附属書「陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」のこと。1907年第2回万国平和会議で改定され今日に至る。ハーグ陸戦協定、ハーグ陸戦法規などとも言われる。 交戦者の定義や、宣戦布告、戦闘員・非戦闘員の定義、捕虜・傷病者の扱い、使用してはならない戦術、降服・休戦などが規定されているが、現在では各分野においてより細かな別の条約にその役割を譲っているものも多い。 日本においては、1911年(明治44年)11月6日批准、1912年(明治45年)1月13日に陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約として公布された。他の国際条約同様、この条約が直接批准国の軍の行動を規制するのではなく、条約批准国が制定した法律に基づいて規制される。.

新しい!!: .38スペシャル弾とハーグ陸戦条約 · 続きを見る »

メートル法

メートル法を公式採用している国 メートル法(メートルほう、metric system)とは、長さの単位であるメートル(mètre)と質量の単位であるキログラム(kilogramme)を基準とする、十進法による単位系のことである。.

新しい!!: .38スペシャル弾とメートル法 · 続きを見る »

アメリカ合衆国本土

アメリカ合衆国本土(アメリカがっしゅうこくほんど、Contiguous United States)とは、アメリカ合衆国の主要部分(本土)を示す。CONUSとも表される。.

新しい!!: .38スペシャル弾とアメリカ合衆国本土 · 続きを見る »

ウィンチェスター・リピーティングアームズ

ウィンチェスター・リピーティングアームズ(英:Winchester Repeating Arms)はアメリカ合衆国の銃器メーカー。.

新しい!!: .38スペシャル弾とウィンチェスター・リピーティングアームズ · 続きを見る »

カービン

ービン(Carbine)とは、本来歩兵用小銃より銃身が短い騎兵用小銃のことだが、今日では単に全長を短め(概ね80cm以下)にした銃のことを指す。日本語では騎兵銃、騎銃等と訳される。.

新しい!!: .38スペシャル弾とカービン · 続きを見る »

コルト・ファイヤーアームズ

ルト・ファイヤーアームズ(Colt Firearms、通称コルト)は、世界初のシングルアクションリボルバーを発明した陸軍大佐サミュエル・コルト(1814年7月19日 - 1862年1月10日)の興したアメリカ合衆国の銃器メーカー。創業は1836年。当初の社名は「Colt Patent Firearms」(コルト特許火器)。 コルト社は拳銃のほかに有名なM16やM4カービンなどを生産しており、同じアメリカの銃器メーカーであるスミス&ウェッソン社とはライバル関係にある。.

新しい!!: .38スペシャル弾とコルト・ファイヤーアームズ · 続きを見る »

コルト・オフィシャルポリス

ルト・オフィシャルポリス(Colt Official Police)は、コルト社が1927年に発表した6連発回転式拳銃である。その製品名が示す通り、警察などの法執行機関への販売を想定しており、アメリカ合衆国では警察組織に対して最も大量に納入された拳銃として知られる。1950年代まで警察官を始めとする法執行官の標準火器として広く使用された, Shooting Times magazine Web site – Handgun Reviews.

新しい!!: .38スペシャル弾とコルト・オフィシャルポリス · 続きを見る »

コルトM1851

ルト M1851 ネイビーはアメリカの銃器メーカーであるコルト社が1851年に発売したパーカッションロック式シングルアクションリボルバーである。.

新しい!!: .38スペシャル弾とコルトM1851 · 続きを見る »

スミス&ウェッソン

ミス&ウェッソン(英:Smith & Wesson、)、通称S&Wは1852年にホーレス・スミス(Horace Smith, 1808年10月28日 - 1893年1月15日)とダニエル・ベアード・ウェッソン(Daniel Baird Wesson, 1825年5月18日 - 1906年8月4日)が設立した、アメリカ合衆国最大規模の銃器メーカー。マサチューセッツ州スプリングフィールドに本社をもつ。 創業当初は回転式拳銃を中心に生産や販売を行い、1950年代に入ってからは自動拳銃の販売も本格的に始めた。現在はナイフや手錠、タクティカルペンも生産している。.

新しい!!: .38スペシャル弾とスミス&ウェッソン · 続きを見る »

ストッピングパワー

トッピングパワー()とは、拳銃や小銃などの小火器から放たれた銃弾が生物に命中した際、その目標となった生物をどれほど行動不能に至らしめるかの指数的概念である。 特に目標が人間の場合、マン・ストッピングパワーと表現することがある。よく混同されるが、あくまで行動不能に陥らせる程度を表す指数であり、即死させることは絶対条件ではない。本稿では特にマン・ストッピングパワーについて解説する。 以下に現在もっとも一般的と思われるものを列挙するが、ストッピングパワーに関しては実験が困難である等(人体実験となるため)の理由により、不明な点が多い。.

新しい!!: .38スペシャル弾とストッピングパワー · 続きを見る »

スプリングフィールド造兵廠

プリングフィールド造兵廠(スプリングフィールドぞうへいしょう、)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールドにかつて存在した国営の小銃開発施設である。スプリングフィールド・アーモリー(Springfield Armory)、スプリングフィールド国営造兵廠とも。.

新しい!!: .38スペシャル弾とスプリングフィールド造兵廠 · 続きを見る »

サイドアーム

イドアーム(sidearm, side arm).

新しい!!: .38スペシャル弾とサイドアーム · 続きを見る »

回転式拳銃

回転式拳銃(かいてんしきけんじゅう)は、拳銃の一種。英語名または片仮名ではリボルバー(Revolver)と呼ばれる。連発の方式としては比較的初期の部類に当たる。.

新しい!!: .38スペシャル弾と回転式拳銃 · 続きを見る »

空軍警備隊

記載なし。

新しい!!: .38スペシャル弾と空軍警備隊 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: .38スペシャル弾と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: .38スペシャル弾と第二次世界大戦 · 続きを見る »

米比戦争

米比戦争(べいひせんそう、Philippine–American War)は、アメリカ合衆国とフィリピンの間で1899年-1902年に起きた戦争である。.

新しい!!: .38スペシャル弾と米比戦争 · 続きを見る »

無煙火薬

203mm自走りゅう弾砲の射撃。無煙火薬でも白煙は発生するのが分かる 無煙火薬(むえんかやく)とは、爆発時に大量の白煙を放出する黒色火薬や褐色火薬(有煙火薬)に対し、発煙低減のために開発された火薬のことである。 その基本はニトログリセリン、ニトロセルロース、ニトログアニジンの3つが基剤となる。ニトロセルロースは古くは脱脂綿などの繊維を濃硝酸と濃硫酸の混酸によりニトロ化することで製造されていた。ニトロセルロースだけを原料に用いたもの、ニトロセルロースとニトログリセリンを用いたもの、3つの物質を用いたものの3種類に大別できる。それぞれ、シングルベース火薬、ダブルベース火薬、トリプルベース火薬と称される。 無煙火薬は主に火器の発射薬(ガンパウダー)として使われ、燃焼後の灰分が減った副産物として銃砲の清掃周期が延び、また、薬室内部に滓がこびりつく頻度も減ったので、速射砲や機関銃のような自動火器の信頼性向上に大きく貢献した。 なお、誤解されがちであるが「無煙」と称されるものの完全に煙が出ないという訳ではなく、大量の煙を出す黒色火薬に比較して発煙量が少ない程度と理解する必要がある(発煙は大量の装薬を使う、火砲発射時などで顕著である)。ただし、黒色火薬と比較して発生した煙が晴れるのは早い。.

新しい!!: .38スペシャル弾と無煙火薬 · 続きを見る »

黒色火薬

黒色火薬(こくしょくかやく、)は、可燃物としての木炭と硫黄、酸化剤としての硝酸カリウム(硝石)の混合物よりなる火薬の一種である。硝酸カリウムの代わりに硝酸ナトリウムを使用する場合もある。この3成分の配合比率は品種によって異なる。反応時にはかなり大量の火薬滓と白煙を発生させる。.

新しい!!: .38スペシャル弾と黒色火薬 · 続きを見る »

薬莢

薬莢(やっきょう、薬きょうとも表記される。Case, Étui)は、銃砲の発射薬を詰める容器であり、これを用いると弾頭や火薬を銃砲へ迅速に装填する事ができる。また、発射薬を湿度や乾燥など環境の影響から保護する事も、薬莢の重要な役割である。 現代では、薬莢は真鍮や軟鋼などの金属で作られている場合が多い。金属薬莢の利点は、発射時に発生する高温・高圧ガスの漏れを防ぐ事ができる点にある。.

新しい!!: .38スペシャル弾と薬莢 · 続きを見る »

S&W M10

S&W M10は、スミス&ウェッソン(S&W)社が開発した回転式拳銃。1899年の発売当初はミリタリー&ポリス()と称されており、1957年にモデル・ナンバー制度が導入されたあとでも、通称として用いられている。.

新しい!!: .38スペシャル弾とS&W M10 · 続きを見る »

戦略航空軍団

戦略航空軍団(Strategic Air Command,SAC)は、かつて存在したアメリカ空軍(アメリカ陸軍航空軍時代も含む)の主要部隊。爆撃機の運用を主任務とした。陸軍航空軍時代の1946年に設立され、1992年に爆撃機部隊は戦術航空軍団なども含めて、航空戦闘軍団に改編され、その他の部隊も航空機動軍団などに移管された。.

新しい!!: .38スペシャル弾と戦略航空軍団 · 続きを見る »

拳銃

ルト・シングル・アクション・アーミー アメリカ軍の制式採用から70年、更に制式を外され30年が経過した現在も、世界中で使用されているM1911 グロック19 拳銃(けんじゅう)は、片手で射撃するためにデザインされた銃の総称である拳銃に対して小銃・散弾銃・機関銃等の大型の銃器を、ショルダーウェポン()又はロングガン()と呼び、日本ではこれをと訳すこともある。。小型で携帯性・秘匿性に優れており、主に護身用に使用される。 「けん銃」と表記されることもあり、他に「短銃(たん-じゅう)」、「ピストル」とも呼称される。.

新しい!!: .38スペシャル弾と拳銃 · 続きを見る »

拳銃弾一覧

拳銃弾一覧は、拳銃で使用される弾の一覧である。.

新しい!!: .38スペシャル弾と拳銃弾一覧 · 続きを見る »

曳光弾

曳光弾の内部構造、赤い部分が発火体 曳光弾(えいこうだん、Tracer ammunition)は、発光体を内蔵した特殊な弾丸。射撃後、飛んでいく間に発光することで軌跡がわかるようになっている。トレーサーとも言う。 射手に弾道を示し、軌跡を知ることで射撃中に方向を修正することができるため、対空射撃、または航空機からの射撃で各種の合図のために使用される。欠点は発射元の位置も推測されてしまうことと、弾道が普通弾と異なることである。 第一次世界大戦(1914年-1918年)から使われたとされている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と曳光弾 · 続きを見る »

.357マグナム弾

.357 S&W マグナム(.357 S&W Magnum)(9x33mmR)あるいは、単に.357 Magnum (スリーフィフティーセブンマグナム)は、リボルバーカートリッジとして、、フィリップ・B・シャープ(Phillip B. Sharpe)、銃器メーカーであるスミス&ウェッソンの、そしてウィンチェスター・リピーティングアームズによって作られた。スミス&ウェッソンの.38スペシャル弾がもとになっている。.357マグナム弾薬は1934年に発表され、次第に広く使われるようになった。この弾薬によって、拳銃弾のマグナム弾の時代が始まった。.357マグナム弾薬は、優れたストッピングパワーを持つことで知られている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.357マグナム弾 · 続きを見る »

.357SIG弾

.357SIG弾(9×21mm SIG)は、SIG社(現スイスアームズ社)が開発した拳銃用の銃弾(実包)の一種。主に民間で使用されている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.357SIG弾 · 続きを見る »

.380ACP弾

.380ACP弾は、ジョン・ブローニングが設計した中型自動拳銃用の弾丸である。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.380ACP弾 · 続きを見る »

.38ロングコルト弾

.38ロングコルト弾は1875年にコルト・ファイヤーアームズ社が開発したアメリカ軍の拳銃弾である。 1892年にアメリカ軍に正式採用された。米比戦争で実践投入されるとモロ族との戦闘で威力不足が問題になり.45ACP弾へ置き換えられていく。 この拳銃弾はアメリカ人に小口径弾薬の打撃力に対する不信感を植え付ける原因となった。.380ACP弾が弾頭重量5.8 gで初速300 m/s、運動エネルギー270 Jであり9x19mmパラベラム弾が弾頭重量7.5 gで初速360 m/s、運動エネルギー483 Jを持っているのと比べると、.38ロングコルト弾は弾頭重量8.1 gで初速235 m/s、運動エネルギー224 Jしかなく、口径が小さいからと言うより現代の拳銃弾と比べても明らかに銃弾のエネルギーが小さいのである。 ガンパウダーには130グレーン(8.4g)の黒色火薬を使用しており、無煙火薬を使用する現代の弾薬に比べると明らかに威力不足である。.38ロングコルト弾と.45ACP弾の比較をそのまま現代の9x19mmパラベラム弾と.45ACP弾の比較に当てはめることは出来ない。 しかし、科学的な比較ではなく感覚的な問題としてアメリカでは現代でも小口径弾薬の打撃力は足りないという考えが強い。 現代でもカリフォルニアのTen-X Ammunition社によって製造されており、オリジナルと同じ黒色火薬を充填した物と無煙火薬を充填した弾が売られている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.38ロングコルト弾 · 続きを見る »

.40S&W弾

.40S&W弾(10x22mm Smith & Wesson)は、スミス&ウェッソン社が開発した拳銃用の銃弾(実包)の一種。主に警察や民間で使用されている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.40S&W弾 · 続きを見る »

.45ACP弾

.45ACP弾は、1905年にジョン・ブローニングが設計した大型自動拳銃用の実包(カートリッジ)である。.45が口径(0.45インチ)、ACPはAutomatic Colt Pistolを表す。.

新しい!!: .38スペシャル弾と.45ACP弾 · 続きを見る »

9x18mmマカロフ弾

9x18mm マカロフ弾(別名: 9x18mm PM など、9×18 мм ПМ)はソビエトで開発された拳銃・短機関銃用の弾薬である。旧東側諸国において7.62x25mmトカレフ弾後継の拳銃弾として広く使用されており、西側諸国の9x19mmパラベラム弾に相当する地位を占めている。.

新しい!!: .38スペシャル弾と9x18mmマカロフ弾 · 続きを見る »

9x19mmパラベラム弾

9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたドイツ武器弾薬工業(DWM)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。 9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。 現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。さらには第二次世界大戦以降、世界で使用されるサブマシンガン用弾薬の主流でもある。 パラベラムの名はラテン語の諺「Si Vis Pacem, Para Bellum」(平和を望むならば戦いに備えよ)に由来している。そしてこれはDWMのモットーでもあった。 価格は50発12ドル(2012ウォルマート調べ)。.

新しい!!: .38スペシャル弾と9x19mmパラベラム弾 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »