ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

.338ラプア・マグナム

索引 .338ラプア・マグナム

.338ラプア・マグナム (英:.338 Lapua Magnum) はリムレスのボトルネック型式ライフル実包である。8.6×70mm あるいは 8.58×70mm としても知られている。軍の狙撃手が使用する強力な長距離用実包として1980年代に開発された。アフガニスタン紛争やイラク戦争で使用され、その結果としてこの実包は広い範囲で利用できるようになった。完成実包の径 (リム部分) は 、全長は である。 までの距離であれば高性能な軍用ボディー・アーマーを貫くことができ、最大有効射程は である。銃身長、弾頭の挿入の深さ、火薬量に依存するが、 弾頭を使用した商用装弾の銃口初速は 880–915 m/s (2,890–3,000 ft/s) であり、これは銃口エネルギーに換算すると約 である。 イギリス軍の支給品である.338ラプア・マグナムは、全長が で、 LockBase B408 を装着しており、その弾頭は長距離射撃用のL115A3 ライフルから銃口初速 936 m/s (3,071 ft/s) で発射される。2009年の11月にはイギリスの狙撃手である (CoH) の が、これを使用して戦闘中に を に更新した。 軍事的な用途の他に、や民間の長距離射撃愛好家が使用することも多くなってきている。.338ラプア・マグナムはあらゆる獲物を仕留めることができるが、より大きい"バックアップ"用の口径を伴わない限りは一部のデンジャラス・ゲーム(アフリカスイギュウ、カバ、シロサイ、ゾウ)に対して適しているかどうかは議論の余地がある。ゾウを殺すための口径とゾウを止めるのに信頼できる口径との間には非常に大きい差がある。ナミビアでは、 5,400 J (3,983 ft·lbf) 以上の銃口エネルギーがあれば、アフリカ5大ゲームのハンティングにおける.338ラプア・マグナムの使用は合法である。.

68 関係: 偵察実包弾丸弾倉弾頭マッハ数マズルブレーキマズルエネルギーチリ陸軍ハーグ条約ライフリングライフル実包の一覧リットルリトアニア軍ワイルドキャット・カートリッジボルトアクション方式デンマークの軍事デイリー・メールデイリーニューズ (ニューヨーク)フィンランド国防軍ドップラー・レーダードイツ連邦軍ニューヨーク・ポストホーナディ分 (角度)アメリカ海軍特殊戦コマンドアルファ部隊アフリカスイギュウアフガニスタン紛争 (2001年-)アキュラシー・インターナショナルイラク戦争イギリス軍エストニア国防軍オランダ軍カナダ軍カバグレーンコルダイトシロサイジビエスロベニア軍ゾウ国家憲兵隊治安介入部隊国際標準大気緊急対応特殊課無煙火薬特殊作戦司令部 (フランス軍)特殊作戦集団 (スペイン陸軍)特殊空挺部隊特殊部隊...狙撃銃一覧狙撃手DSR-1銃床銃用雷管警察貫徹力軍事自動火器GOL スナイパーマグナムIWI DAN .338M24 SWSSAKO TRG法執行機関12.7x99mm NATO弾6.5×47mmラプア7.62x51mm NATO弾 インデックスを展開 (18 もっと) »

偵察

様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに収集する活動。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと偵察 · 続きを見る »

実包

写真左から6mm SAW6.5mm Grendel6.8×43mm SPC7mm ベンチレスト280/30 ブリティッシュ7mm-087mm セカンドオプチウム276 ピーダーセン308x1.75"7.62x51mm NATO弾 実包(じっぽう)、弾薬筒(だんやくとう)、カートリッジ(Cartridge)は、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの火器に用いられ、弾丸に爆薬を内蔵していない火工品である。弾薬の一種であることから、弾薬と呼ばれる場合もある。散弾銃用の実包は、装弾(そうだん)とも呼ばれる。 猟銃用の実包は、かつては消費者自身が製作するもの(リロード弾)がほとんどであったが、現在では工場で生産されたものを購入して使用されることが多くなった。このような既成の実包はファクトリーロードとも呼ばれる。ファクトリーロードは良くも悪くも工業製品のため、銃の性質や威力を加味した実包を作るにはリロードが欠かせないものと言われる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと実包 · 続きを見る »

弾丸

弾丸(だんがん)は、銃や砲に使用され、それらから発射・推進して主に目標に物理的損傷を与えるもの。材質や形状は用途により多岐にわたるが、基本的に鉛合金の弾芯に銅合金の被甲をかぶせた構造である。発射薬や銃用雷管と共に薬莢に収められたものは実包、弾薬という。なお、弾丸を実際に発射することを発砲(はっぽう)という。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと弾丸 · 続きを見る »

弾倉

STANAG マガジンの絵。横に寝かせ上から見た図。手前側(絵の右下部分)を銃に差し込む 弾倉(だんそう、Magazine)は、火器の弾薬をあらかじめ装填しておき、発射の際に次弾を供給するための、銃の部品のひとつである。英語の発音をそのまま借りてマガジンとも言う。 外付けのもの(脱着式)と、銃に内蔵されているもの(固定式)がある。前者は半自動式拳銃(セミ・オートマチック・ピストル)や自動小銃・軽機関銃に、後者はボルトアクション方式など手動小銃や回転式拳銃(リボルバー)でよく見られる。改造品や模造品、また、正規品であったとしても"仕様"として極稀にオートマチック式で固定式の物もあれば、回転式で脱着できるものもあるため、一概には言えない。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと弾倉 · 続きを見る »

弾頭

弾頭(だんとう)は、高速移動する武器や兵器のうち、先端や先端付近にあって加害の主体を成す部分を指す。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと弾頭 · 続きを見る »

マッハ数

マッハ数(マッハすう、Mach number)は、流体の流れの速さと音速との比で求まる無次元量である。 名称は、オーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(Ernst Mach)に由来し、航空技師のにより名付けられた。英語圏ではMachを英語読みして(マーク・ナンバ)、あるいは、(メァク・ナンバ)と呼ぶ。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとマッハ数 · 続きを見る »

マズルブレーキ

M198 155mm榴弾砲の発射時の様子。マズルブレーキによって砲口の左右に発射ガスが噴出しているのが分かる マズルブレーキ(muzzle brake)は、銃・砲の銃口・砲口(マズル)に装着する部品で、概ね円筒の周囲または箱形の側面に穴をあけた形状である。日本語では「銃口制退器」または「砲口制退器」という。 競技用拳銃などに装備されるマズルブレーキは「コンペンセイター」とも呼ばれる。 マズルブレーキと同様に銃身先端に装着するものにフラッシュハイダー、フラッシュサプレッサーがあるが、これは発射炎の制御を行うもので、マズルブレーキとは形状と効果が異なる。ただし、現代の小火器においてはマズルブレーキとフラッシュサプレッサーの機能を兼用したものが多い。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとマズルブレーキ · 続きを見る »

マズルエネルギー

銃口から飛び出したペレット弾と、エネルギー算出式。 マズルエネルギーとは、銃火器の銃口から飛び出した弾丸のもつ運動エネルギー。日本語においてはマズルエナジー、初活力、銃口エネルギー、銃口威力など呼称は様々。空気力学や重力を考慮せず、銃火器や実包の持つ破壊力を大まかに比較することができる。マズルエネルギーは弾丸の質量はもちろん、弾の速度が大きく影響し、重く速いほど破壊力も大きい。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとマズルエネルギー · 続きを見る »

チリ陸軍

チリ陸軍(西:Ejército de Chile)はチリの陸軍。近年行われた更新整備計画により、南米諸国でもっとも現代的プロフェッショナル化が進められた陸軍である。チリ陸軍の装備品の多くはドイツ、オランダ、スイス、アメリカ合衆国、イスラエル、フランス及びスペインから供給されている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとチリ陸軍 · 続きを見る »

ハーグ条約

ハーグ条約(ハーグじょうやく、、Treaty of The Hague、Treaty of Den Haagなど)とは、オランダのハーグで締結された条約。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとハーグ条約 · 続きを見る »

ライフリング

ライフリング(rifling)は、銃砲の銃砲身内に施された螺旋状の溝を意味し、日本語では施条(しじょう)、あるいは腔綫(腔線)(こうせん、綫は線の別体。常用漢字でないため「線」と書くこともある)、もしくは腔施と呼ぶ『銃の科学』(かのよしのり著 サイエンス・アイ新書 2012年)18頁「1-05 ライフルとはなにか」。この螺旋状の浅い溝で銃身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的で用いられる。 ちなみにライフリングのない滑腔銃砲身から椎の実弾を発射すると、旋転されない弾丸は空気抵抗を受けて横弾となったり、でんぐり返りながら飛ぶので命中精度は全く期待出来ない(こうしたタイプの銃に、FP-45リベレーターなどの超至近距離用の簡易拳銃が存在する)。なお、同じく滑腔銃身の散弾銃用スラッグ弾は、様々な方法(設けた翼により空気抵抗を受けて回転するなど)でジャイロ効果を発揮させている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとライフリング · 続きを見る »

ライフル実包の一覧

ライフル実包の一覧(ライフルじっぽうのいちらん)は、カテゴリ別、名称別のライフル実包の一覧。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとライフル実包の一覧 · 続きを見る »

リットル

リットル(litre, litre, liter, 記号: L, l)は体積の単位である。メートル法の古い単位であって今日のSI単位ではないが、「SI単位と併用される非SI単位」の一つである。 リットルの定義は1901年と1964年に2度変更された(後述)が、現在の定義は 立方メートル (m).

新しい!!: .338ラプア・マグナムとリットル · 続きを見る »

リトアニア軍

リトアニア軍(リトアニアぐん、リトアニア語: Lietuvos ginkluotosios pajėgos)は、リトアニアの国軍。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとリトアニア軍 · 続きを見る »

ワイルドキャット・カートリッジ

ワイルドキャット・カートリッジ(Wildcat cartridge)、または、ワイルドキャットは、量産されていない弾薬および銃用のカスタム・カートリッジである。普通、これらのカートリッジは、すでに市販されているカートリッジの特定の性能(たとえば威力、大きさ、あるいは効率)を最適化するために作られる。 ワイルドキャット・カートリッジの開発や使用は、通常は、軍や法執行機関に採用されるのが目的ではない。特にアメリカでは、むしろ、精密射撃、狩猟、ガンスミス、およびハンドロード愛好者の趣味である。ワイルドキャット・カートリッジの種類は無限に増える可能性がある。ガンスミスの機材に関する資料のひとつは、のような機材を提供するために、6,000以上の異なるワイルドキャット・カートリッジのライブラリを持っている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとワイルドキャット・カートリッジ · 続きを見る »

ボルトアクション方式

ボルトアクション方式(ボルトアクションほうしき)とは、ボルト(遊底)を手動で操作することで弾薬の装填、排出を行う機構を有する銃の総称である。日本語では鎖閂式(ささんしき)とも呼ばれる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとボルトアクション方式 · 続きを見る »

デンマークの軍事

デンマーク国防軍(デンマークこくぼうぐん、デンマーク語:Forsvaret)は、デンマーク王国の軍事組織。陸海空三軍(2009年時点で総員約29,500人)及び郷土防衛隊約53,500人。 憲法上、国家元首たる国王を最高司令官とするも、実際には内閣/国防大臣の文民統制による指揮を受ける。その運用制度は厳しく、正当な理由なく議会の同意無しでは軍隊を動員することができない。陸海空三軍は国防大臣の下、国防軍司令官/国防軍司令部(FKO)が指揮するが、他にFKOと同格のデンマーク郷土防衛隊がある。デンマーク郷土防衛隊は戦時のみ、FKO指揮下に入る。 また、デンマークには「総防衛」(デンマーク語:Totalforsvar)という概念がある。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとデンマークの軍事 · 続きを見る »

デイリー・メール

『デイリー・メール』(The Daily Mail)は、1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙。発行部数は『ザ・サン』(The Sun)紙に次いで第2位。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとデイリー・メール · 続きを見る »

デイリーニューズ (ニューヨーク)

デイリーニューズ (The Daily News) は1919年に創刊されたアメリカ合衆国ニューヨーク市の主要なタブロイド紙である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとデイリーニューズ (ニューヨーク) · 続きを見る »

フィンランド国防軍

フィンランド国防軍(フィンランドこくぼうぐん、Suomen puolustusvoimat, Försvarsmakten)は、陸海空の三軍からなる、フィンランドの軍隊。 職業軍人16,500人のうち士官が8,700人であり、常備軍として34,700人の成員を持つ。 フィンランドは徴兵制を採用しており、18歳以上の全ての男性に6か月から12か月の兵役を課している。 また、多くの訓練された予備役軍人がいる。冷戦終結後、軍事ドクトリンの変化やソ連崩壊の余波での混乱などもあって予備役軍人数は減らされた。予備役の総数は百万名弱だが、戦時動員で部隊に配備されるのは約35万人。全ての軍は武官である国防軍司令官の指揮下にあり、国防軍司令官は大統領直隷となっている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとフィンランド国防軍 · 続きを見る »

ドップラー・レーダー

ドップラー・レーダー(Doppler radar)とは、ドップラー効果による周波数の変移を観測することで、観測対象の相対的な 移動速度と変位を観測する事のできるレーダーである。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとドップラー・レーダー · 続きを見る »

ドイツ連邦軍

ドイツ連邦軍(ドイツれんぽうぐん、Bundeswehr ブンデスヴェーア)は、ドイツ連邦共和国の陸軍、海軍、空軍および戦力基盤軍、救護業務軍の総体を指す。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとドイツ連邦軍 · 続きを見る »

ニューヨーク・ポスト

『ニューヨーク・ポスト』 (New York Post) は、アメリカ合衆国における歴史ある、一説によれば最古の新聞である。1933年からタブロイド紙になっている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとニューヨーク・ポスト · 続きを見る »

ホーナディ

Hornady Manufacturing Company はネブラスカ州グランドアイランドに拠点を置く、弾薬やハンドロード用ツールメーカーである。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとホーナディ · 続きを見る »

分 (角度)

角度の単位としての分(ふん, minute (of arc), MOA)は、1度の60分の1の角度である。なお、秒は、分の60分の1の角度である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと分 (角度) · 続きを見る »

アメリカ海軍特殊戦コマンド

アメリカ海軍特殊戦コマンド (United States Naval Special Warfare Command: U.S.NAVSPECWARCOM)は、アメリカ海軍におけるアメリカ特殊作戦軍下の組織。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとアメリカ海軍特殊戦コマンド · 続きを見る »

アルファ部隊

アルファ部隊(Альфа)とは、ソ連KGBおよびロシア連邦保安庁の特殊部隊。任務は、テロ対策、人質解放、輸送手段、国家施設の奪取と関連した過激派対策といったロシア国内のみでの活動である。もっとも、一般には本来の任務とは逆に、ソ連のアフガニスタン侵攻の際に、ハフィーズッラー・アミーン大統領の官邸を襲撃した部隊として知られている。 アルファ部隊は、現在、同じく旧KGBの特殊部隊ヴィンペル部隊と共に、連邦保安庁の憲法体制擁護・テロ対策局特殊任務センターの下にある。隊員は、全員が将校であり、その能力は、ロシアの特殊部隊の最高峰に位置すると言える。隊員は、フルフェイスのチタン製ヘルメットを装着していることから、Heavy Faceのあだ名で呼ばれることもある。 装備の大部分はAK-74、AS Val、PP-91、MP-443など他のロシア連邦特殊任務部隊と変わらないが、部分的にはグロック17、H&K MP5、M4カービン、L96A1など、西欧製の装備を配備している。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとアルファ部隊 · 続きを見る »

アフリカスイギュウ

アフリカスイギュウ(Syncerus caffer)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科アフリカスイギュウ属に分類される偶蹄類。本種のみでアフリカスイギュウ属を構成する。特定動物。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとアフリカスイギュウ · 続きを見る »

アフガニスタン紛争 (2001年-)

アフガニスタン紛争(2001年 - 現在)(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者として指定されたアルカーイダの引き渡しに応じなかったターリバーン政権に対し、アメリカ合衆国が主導する有志連合諸国および北部同盟(2001年以降はアフガニスタン暫定政府、2004年以降はアフガニスタン政府)が「不朽の自由作戦」に基づき、アフガニスタンにおいてターリバーン勢力、アルカーイダ、およびその他の武力集団との間で行っている武力衝突を扱う。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとアフガニスタン紛争 (2001年-) · 続きを見る »

アキュラシー・インターナショナル

アキュラシー・インターナショナル (Accuracy International) は、イギリスの銃器専門メーカー。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとアキュラシー・インターナショナル · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとイラク戦争 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとイギリス軍 · 続きを見る »

エストニア国防軍

トニア国防軍(エストニアこくぼうぐん、Eesti Kaitsevägi)は、エストニアの国軍。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとエストニア国防軍 · 続きを見る »

オランダ軍

ランダ軍(オランダぐん)は、オランダにおける国軍。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとオランダ軍 · 続きを見る »

カナダ軍

ナダ軍(カナダぐん、Canadian Armed Forces、略称:CAF、Forces armées canadiennes、略称:FAC)は、カナダが保有する軍隊である。 2014年現在では後述するように統合化されてカナダ統合軍(カナダとうごうぐん)となっているとも呼ばれる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとカナダ軍 · 続きを見る »

カバ

バ(Hippopotamus amphibius)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとカバ · 続きを見る »

グレーン

レーン(grain)は、ヤード・ポンド法における質量の単位であり、正確に 0.064 798 91グラムである。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡、トロイ衡、薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。 日本の計量法体系では、グレーンは限られた用途にのみ使用することができる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとグレーン · 続きを見る »

コルダイト

コルダイト (cordite) は、フレデリック・エイベルとジェイムズ・デュワーによって1889年に発明された無煙火薬の1種である。ニトログリセリンとニトロセルロース(綿火薬)からなり、安定剤のワセリンを添加した物をアセトンで溶かして練って粒子状に加工することで製造される。.303ブリティッシュ弾に使用されている芯棒状コルダイト。;コルダイトMk I;コルダイトMD;コルダイトRDB/コルダイトSC;コルダイトN Category:火薬 Category:ニトロ化合物.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとコルダイト · 続きを見る »

シロサイ

イ(Ceratotherium simum)は、哺乳綱奇蹄目サイ科シロサイ属に分類される奇蹄類。本種のみでシロサイ属を構成する。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとシロサイ · 続きを見る »

ジビエ

Giuseppe Recco作) ジビエ()とは、狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣を指し、フランス語である。英語圏ではゲーム(game)と呼ばれる。畜産との対比として使われることが多い。狩猟肉。 本来はハンターが捕獲した完全に野生のもの(、ソヴァージュ)を指すが、供給が安定しない、また入手困難で高価になってしまうといった理由で、飼育してから一定期間野に放ったり、また生きたまま捕獲して餌付けしたものもドゥミ・ソヴァージュ(、半野生)と呼ぶ場合もある。 近年では狩猟から供給される鳥獣肉を使った料理にジビエと入れるケースがある。ジビエを珍味と称して生食するのは感染症や肝炎、寄生虫のリスクが有り、大変危険である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとジビエ · 続きを見る »

スロベニア軍

ベニア軍(スロベニアぐん、スロベニア語:Slovenska vojska, SAF/SV)は、スロベニアの国軍である。陸海空軍及び防空軍から構成される。 2003年までは徴兵制であったが、現在は廃止。最高指揮官は同国大統領、作戦指揮での最高権限はが担う。 2015年6月現在、最高指揮官は第4代大統領ボルト・パホル、参謀総長は少将である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとスロベニア軍 · 続きを見る »

ゾウ

ゾウ(象)は、哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科の総称である。 アジアゾウとアフリカゾウ、それとおそらくはマルミミゾウの、2属3種が現生し、これらは現生最大の陸生哺乳類である。他に絶滅したマンモスやナウマンゾウなどを含む。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとゾウ · 続きを見る »

国家憲兵隊治安介入部隊

国家憲兵隊治安介入部隊(こっかけんぺいたいちあんかいにゅうぶたい、、GIGN、ジェイジェン、) は、フランス国家憲兵隊の特殊部隊。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと国家憲兵隊治安介入部隊 · 続きを見る »

国際標準大気

国際標準大気(こくさいひょうじゅんたいき、International Standard Atmosphere, ISA)とは、地球大気の圧力、温度、密度、および粘性が高度によってどのように変化するかを表したモデル。様々な高度における値を記した表と、表に示されていない値を導出するためのいくつかの方程式で記述される。ISOによってISO 2533:1975.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと国際標準大気 · 続きを見る »

緊急対応特殊課

緊急対応特殊課(Специальный отдел быстрого реагирования;略称СОБР;ソーブル)とは、ロシア内務省組織犯罪対策総局の系列に属する特殊部隊。武装犯罪集団の活動の予防及び阻止、不法に保管される武器、弾薬、爆発物、麻薬の押収並びにその拡散の防止を任務とする。 SOBRは、内務省組織犯罪総局と、ロシア連邦主体内務機関の組織犯罪対策部署に設置されている。SOBRは、4個戦闘分隊から成り、総員は70名を超えない。公安民警の系列に属する特別任務民警支隊(OMON)と異なり、SOBRは、将校と准尉からのみ成り、OMONよりもその能力は高いといえる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと緊急対応特殊課 · 続きを見る »

無煙火薬

203mm自走りゅう弾砲の射撃。無煙火薬でも白煙は発生するのが分かる 無煙火薬(むえんかやく)とは、爆発時に大量の白煙を放出する黒色火薬や褐色火薬(有煙火薬)に対し、発煙低減のために開発された火薬のことである。 その基本はニトログリセリン、ニトロセルロース、ニトログアニジンの3つが基剤となる。ニトロセルロースは古くは脱脂綿などの繊維を濃硝酸と濃硫酸の混酸によりニトロ化することで製造されていた。ニトロセルロースだけを原料に用いたもの、ニトロセルロースとニトログリセリンを用いたもの、3つの物質を用いたものの3種類に大別できる。それぞれ、シングルベース火薬、ダブルベース火薬、トリプルベース火薬と称される。 無煙火薬は主に火器の発射薬(ガンパウダー)として使われ、燃焼後の灰分が減った副産物として銃砲の清掃周期が延び、また、薬室内部に滓がこびりつく頻度も減ったので、速射砲や機関銃のような自動火器の信頼性向上に大きく貢献した。 なお、誤解されがちであるが「無煙」と称されるものの完全に煙が出ないという訳ではなく、大量の煙を出す黒色火薬に比較して発煙量が少ない程度と理解する必要がある(発煙は大量の装薬を使う、火砲発射時などで顕著である)。ただし、黒色火薬と比較して発生した煙が晴れるのは早い。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと無煙火薬 · 続きを見る »

特殊作戦司令部 (フランス軍)

特殊作戦司令部(とくしゅさくせんしれいぶ、Commandement des opérations spéciales:COS)はフランス軍の機関のひとつ。湾岸戦争後にフランス4軍の特殊部隊を調整・統合運用することを目的に創設された。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと特殊作戦司令部 (フランス軍) · 続きを見る »

特殊作戦集団 (スペイン陸軍)

特殊作戦集団(Grupo de Operaciones Especiales, GOE)は、スペイン陸軍の特殊部隊。(Mando de Operaciones Especiales, MOE)の指揮下に置かれている。 任務は長距離偵察や不正規戦、対テロ作戦であり、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボ、レバノン、イラク、アフガニスタンに派遣されている。 1980年代には6個特殊作戦集団と外人部隊特殊作戦大隊によって構成されていたが、1997年に現在の特殊作戦コマンドによる指揮体制となった。(外人部隊特殊作戦大隊は第19特殊作戦集団となり、現在はスペイン外人部隊以外出身の兵士も隊員となっている) また、イギリスのSASやアメリカのNavy SEALsとも共同作戦を頻繁に行っている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと特殊作戦集団 (スペイン陸軍) · 続きを見る »

特殊空挺部隊

SAS仕様のランドローバー110 特殊空挺部隊(とくしゅくうていぶたい)、略称SAS(Special Air Service)は、イギリス陸軍の特殊部隊である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと特殊空挺部隊 · 続きを見る »

特殊部隊

アメリカ海軍の特殊部隊Navy SEALs 特殊部隊(とくしゅぶたい、Special Forces)とは、軍や警察の一般部隊とは遂行すべき任務と部隊の編制が異なる部隊の事である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと特殊部隊 · 続きを見る »

狙撃銃一覧

狙撃銃一覧(そげきじゅういちらん)は、軍隊、法執行機関及び射撃競技用の狙撃銃の一覧である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと狙撃銃一覧 · 続きを見る »

狙撃手

Kar98kを使用するドイツ陸軍の狙撃手(1944年)。 バレットM82を装備したメキシコ軍特殊部隊の狙撃手 ヘカート IIを使っている。 狙撃手(そげきしゅ)とは、標的から長距離を隔てて狙撃銃などの銃で狙撃(精密射撃)を行う為に正規の訓練を受けて専門化された要員である。 狙撃手は、軍事組織・準軍事組織に所属する歩兵である者 (military sniper) と、警察などの法執行機関に所属する者 (police sniper) に大別される。 日本語では英語平読のスナイパー (sniper) とも呼ばれ、選抜射手等の精密射撃を行う各種要員を含めて広義に用いられている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと狙撃手 · 続きを見る »

DSR-1

DSR-1は、ドイツのAMP テクニカルサービスが開発した、法執行機関向け狙撃銃である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとDSR-1 · 続きを見る »

銃床

銃床(じゅうしょう、Stock:ストック、Buttstock:バットストック)は、銃やクロスボウの照準を安定させ、発射時の反動を抑えるために、肩に当てる部品を指す。吊り紐や二脚と併用すれば、さらに発砲時の安定が得られる。本来の銃床は銃のflame(フレーム)と呼ばれる部分で、銃床の前部(手を添える部分)を前床、後部(肩に当てる部分)を後床と言う。特に木製のものを木被といった。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと銃床 · 続きを見る »

銃用雷管

雷管2種。左は薬莢に填め込まれた拳銃弾用、右は散弾用。拳銃弾用は、発射した際に撃針が打ち込まれた跡が残っている。 銃用雷管(じゅうようらいかん、プライマー Primer。または、パーカッションキャップ Percussion cap)とは実包の部品の一つである。プライマーは実包の薬莢底部に位置し、衝撃を加えられることで発火してガンパウダー(発射薬)に着火して弾丸を発射させる。 これとは別にパーカッションキャップを用いた前装式銃は雷管式あるいは管打式と呼ぶ。詳細は「パーカッションロック式」を参照。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと銃用雷管 · 続きを見る »

画像は当世具足の一形式。1 - 胴2 - 草摺(くさずり)3 - 佩楯(はいだて)4 - 袴5 - 脛当(すねあて)6 - 草鞋7 - 袖8 - 籠手(こて)9 - 手甲(てっこう)10 - 兜鉢(かぶとばち)11 - 腰巻(こしまき)12 - 眉庇(まびさし)13 - 吹返(ふきかえし)14 - 錏(しころ)15 - 脇立(わきだて)16 - 前立(まえだて)17 - 面具(めんぐ)18 - 垂(すが)19 - 襟廻(えりまわし) 鎧(甲、よろい)は、戦闘の際に装着者の身体を矢や剣などの武器による攻撃から防護する衣類・武具のこと。重要な臓器のある胴や胸の部分を守るのが主な目的である。'''兜'''('''冑'''、かぶと)や他の防具とセットで用いられ、あわせて甲冑とも呼ばれる。人間だけではなく、戦馬や象などの動物を保護するために使われることもあった。 鎧の素材は、革・青銅・鉄と実に様々で、また同じ鉄であっても板金を加工して用いたり鎖状にしたものを用いたりとバリエーションに富む。鋼材を打ち伸ばして作った鉄板を組み合わせた物や、鉄や青銅の小板を紐で繋げた物、鉄や青銅のリングを幾つも繋いだ鎖帷子がある。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと鎧 · 続きを見る »

警察

勤務中の日本の警察官(大阪府警察) 警察(けいさつ、仏:Police)とは、軍隊と並ぶ国家の実力組織であり、権力行使を以て国家の治安を維持する行政作用及びその主体をいい、社会の安全や秩序を守る責任を課された行政機関である。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと警察 · 続きを見る »

貫徹力

貫徹力(かんてつりょく)は、貫通力とも言い、戦車などの対象物に当たった砲弾などが、装甲の背後まで貫徹できる力のことである。砲弾の貫徹性能を表すのに用い、最大何ミリメートル、または何センチまでの均質圧延鋼装甲(RHA)を貫徹できるかを「貫徹力○○mm相当(RHA換算)」などと表現する。 Category:大砲.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと貫徹力 · 続きを見る »

軍事

軍事(ぐんじ、Military affairs、Res militaris レース・ミーリターリス)とは戦争、軍人、軍隊などに関する事柄の総称であるこの定義は決して厳密なものではない。。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと軍事 · 続きを見る »

自動火器

自動火器(じどうかき)は、一回の操作で「弾丸の発射」・「空となった薬莢の排出」・「次弾の装填」・「発射可能状態の維持」の一連の動作を行う火器全般を指す言葉である。自動でこれら動作を行うことからオートマチックなどとも表現される。 日本語で「自動式拳銃」ないし「自動拳銃」とした場合は、上のような定義で連射性は別の話となるが、英語ではいわゆる自動拳銃はsemi-automatic firearms(半自動火器)として区別される。本項では日本語に準じて、断りのない場合は区別せず説明する。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと自動火器 · 続きを見る »

GOL スナイパーマグナム

GOL スナイパーマグナムは、ドイツのヘッセン州、ビルケナウのゴル マティック社によって設計・製造されているボルトアクション方式の狙撃銃である。軍や法執行機関以外にも、競技用としても使用されている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとGOL スナイパーマグナム · 続きを見る »

IWI DAN .338

IWI DAN.338 ボルトアクション式狙撃銃はイスラエル・ウェポン・インダストリーズ(IWI)が製造するボルトアクション方式のイスラエル製狙撃銃である。名称は聖書に登場する古代都市DANに由来する。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとIWI DAN .338 · 続きを見る »

M24 SWS

M24 SWS(Sniper Weapon System)は、レミントン・アームズ社製のボルトアクション狙撃銃と光学照準器などのオプションで構成される狙撃システムである。アメリカ陸軍をはじめ、世界中の軍や警察で採用されている。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとM24 SWS · 続きを見る »

SAKO TRG

SAKO TRG(サコ ティーアールジー)はフィンランドの銃器メーカー、サコ社が欧州各国の軍・警察向けに開発したボルトアクション式のスナイパーライフルである。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムとSAKO TRG · 続きを見る »

法執行機関

法執行機関(英語:Law enforcement agency)とは、「法に基づいて強制力を伴った実働を行う国家組織」を指す言葉であるが、「法執行機関」と言った場合、以下のうちのいずれを指しているのかは、この語が用いられる文章、及び文脈によって異なる。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと法執行機関 · 続きを見る »

12.7x99mm NATO弾

12.7x99mm弾 (.50 Browning Machine Gun,.50BMG) は1910年代後半にジョン・ブローニングによって開発された銃弾である。1921年に軍に正式採用されたこの.50BMGのデザインは.30-06弾に基づいている。この銃弾は誕生以来様々な派生型が開発されており、その一例としてフルメタルジャケット、曳光弾、徹甲弾、焼夷弾、サボット(装弾筒)弾が挙げられる。これらの内、機関銃に使用される.50BMGは金属製のベルトリンクに繋がれている。 機関銃に使用して、援護制圧射撃を行うほか、この12.7mm弾は狙撃銃に使用して長距離狙撃を行う際にも使用される。この際に使用されるのは通常の掃射用機関銃弾とは異なる高精度弾薬であり、ボルトアクションもしくはセミオートのスナイパーライフル(主に、対物ライフルといった類のもの)から発射される。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと12.7x99mm NATO弾 · 続きを見る »

6.5×47mmラプア

6.5×47mmラプア(英:6.5×47mm Lapua、6.5×47mm)はライフル実包。2005年に装弾メーカーのナーモ・ラプアとスイスのライフルメーカーのグリューニッヒ&エルミガーによって、特に300–1000メートルの射撃競技用として開発された。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと6.5×47mmラプア · 続きを見る »

7.62x51mm NATO弾

7.62x51mm NATO弾(7.62ミリ ナトーだん、7.62 x 51 mm NATO )は、北大西洋条約機構(NATO)により標準化された小火器用の弾丸。1950年代に提案され、NATO加盟国の軍隊を中心に幅広く採用された。 通常弾の他、曳光弾、空包、模擬弾がある。民間用のものは.308 ウィンチェスター弾として有名。.

新しい!!: .338ラプア・マグナムと7.62x51mm NATO弾 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

.338 Lapua Magnum.338ラプア・マグナム弾8.58×70mm8.58×70mm弾8.6×70mm8.6×70mm弾

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »