ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

.260レミントン

索引 .260レミントン

.260レミントン (英:.260 Remington) は1997年にレミントン・アームズが発表したライフル実包である。6.5-08 A-Square としても知られている。レミントンがこの装弾を標準化する前にも.308ウィンチェスターをベースとした多くのワイルドキャット・カートリッジが存在していた。この実包はより高圧力で使用されるが、弾頭重量が140グレーンを超えないときの弾道は におおむね類似している。さらに重い弾頭を使用した場合、6.5×55mm の弾速はより速くなる2002, Lyman's Reloading Handbook, 48th Edition。また、.260レミントンの全長は 6.5×55mm よりも短いため、6.5×55mm よりも短いアクションに装填できる。 6.5 mm (.264") は比較的高いを持つため、ベンチレスト射撃や、長距離射撃などのライフル射撃競技において.260レミントンは成功を収めてきている。比較すると、リコイルが著しく小さいにも関わらずその軌道はに匹敵する。 またライフルの口径を.308ウィンチェスター (あるいは、7mm-08レミントン、などの子孫実包) から.260レミントンに交換する場合、一般的に単なる銃身の交換だけで済む。.

20 関係: 実包北アメリカハンドロードヨーロッパライフリングライフルライフル実包の一覧レミントン・アームズワイルドキャット・カートリッジヘラジカアーマライトグレーンスプリングフィールドM14スカンディナヴィア雷管FN FALH&K G3.30-06スプリングフィールド弾.308ウィンチェスター7mm-08レミントン

実包

写真左から6mm SAW6.5mm Grendel6.8×43mm SPC7mm ベンチレスト280/30 ブリティッシュ7mm-087mm セカンドオプチウム276 ピーダーセン308x1.75"7.62x51mm NATO弾 実包(じっぽう)、弾薬筒(だんやくとう)、カートリッジ(Cartridge)は、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの火器に用いられ、弾丸に爆薬を内蔵していない火工品である。弾薬の一種であることから、弾薬と呼ばれる場合もある。散弾銃用の実包は、装弾(そうだん)とも呼ばれる。 猟銃用の実包は、かつては消費者自身が製作するもの(リロード弾)がほとんどであったが、現在では工場で生産されたものを購入して使用されることが多くなった。このような既成の実包はファクトリーロードとも呼ばれる。ファクトリーロードは良くも悪くも工業製品のため、銃の性質や威力を加味した実包を作るにはリロードが欠かせないものと言われる。.

新しい!!: .260レミントンと実包 · 続きを見る »

北アメリカ

北アメリカ(きたアメリカ、North America、América del Norte、Amérique du Nord)は、アメリカ(米州)の北半の、北アメリカ大陸を中心とした地域である。六大州の1つ。漢字では北米(ほくべい)と表す。.

新しい!!: .260レミントンと北アメリカ · 続きを見る »

ハンドロード

左から.50 BMG,.300 Win Mag,.308 Winchester, 7.62x39mm, 5.56x45mm NATO,.22LR. ハンドロード(手詰め、リロード)とは、拳銃、小銃、機関銃、散弾銃などの実包(実弾)を手作業で製作することをいう。ここでは、ライフル弾のハンドロード方法に併せて、散弾銃実包のハンドロードについても併記する。.

新しい!!: .260レミントンとハンドロード · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: .260レミントンとヨーロッパ · 続きを見る »

ライフリング

ライフリング(rifling)は、銃砲の銃砲身内に施された螺旋状の溝を意味し、日本語では施条(しじょう)、あるいは腔綫(腔線)(こうせん、綫は線の別体。常用漢字でないため「線」と書くこともある)、もしくは腔施と呼ぶ『銃の科学』(かのよしのり著 サイエンス・アイ新書 2012年)18頁「1-05 ライフルとはなにか」。この螺旋状の浅い溝で銃身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的で用いられる。 ちなみにライフリングのない滑腔銃砲身から椎の実弾を発射すると、旋転されない弾丸は空気抵抗を受けて横弾となったり、でんぐり返りながら飛ぶので命中精度は全く期待出来ない(こうしたタイプの銃に、FP-45リベレーターなどの超至近距離用の簡易拳銃が存在する)。なお、同じく滑腔銃身の散弾銃用スラッグ弾は、様々な方法(設けた翼により空気抵抗を受けて回転するなど)でジャイロ効果を発揮させている。.

新しい!!: .260レミントンとライフリング · 続きを見る »

ライフル

ライフル.

新しい!!: .260レミントンとライフル · 続きを見る »

ライフル実包の一覧

ライフル実包の一覧(ライフルじっぽうのいちらん)は、カテゴリ別、名称別のライフル実包の一覧。.

新しい!!: .260レミントンとライフル実包の一覧 · 続きを見る »

レミントン・アームズ

レミントン・アームズ(英:Remington Arms)は、アメリカ合衆国の銃器メーカー。小銃、ショットガンなどとそれらに使う弾薬を製造する。かつては拳銃でも有名だったが、現在のラインナップでは「1911」と新製品の「R51」程度に留まっている。 サーベラス・キャピタル・マネジメントが所有するFreedom Groupの一部門で、2015年にFreedom Groupは「Remington Outdoor Company」に改名した。2018年2月12日に、Remington Outdoor Companyのリストラが完了した時点で保有権を手放す意向、そして連邦倒産法第11章の適用も検討している事を明らかにしており、同年3月25日付で適用を申請して経営破綻した。.

新しい!!: .260レミントンとレミントン・アームズ · 続きを見る »

ワイルドキャット・カートリッジ

ワイルドキャット・カートリッジ(Wildcat cartridge)、または、ワイルドキャットは、量産されていない弾薬および銃用のカスタム・カートリッジである。普通、これらのカートリッジは、すでに市販されているカートリッジの特定の性能(たとえば威力、大きさ、あるいは効率)を最適化するために作られる。 ワイルドキャット・カートリッジの開発や使用は、通常は、軍や法執行機関に採用されるのが目的ではない。特にアメリカでは、むしろ、精密射撃、狩猟、ガンスミス、およびハンドロード愛好者の趣味である。ワイルドキャット・カートリッジの種類は無限に増える可能性がある。ガンスミスの機材に関する資料のひとつは、のような機材を提供するために、6,000以上の異なるワイルドキャット・カートリッジのライブラリを持っている。.

新しい!!: .260レミントンとワイルドキャット・カートリッジ · 続きを見る »

ヘラジカ

ヘラジカ(箆鹿、Alces alces)は、哺乳綱偶蹄目シカ科ヘラジカ属に分類されるシカ。本種のみでヘラジカ属を形成する。別名オオジカ。.

新しい!!: .260レミントンとヘラジカ · 続きを見る »

アーマライト

アーマライト(ArmaLite)は、元々航空機メーカーのフェアチャイルドの銃器開発部門であり、20世紀の小火器史において最も大きな影響を与えた企業の一つに数えられている。 1954年10月1日に創業したアーマライトは現在世界で使用されているM16やM4等の多くの歩兵用ライフル銃の礎を築いた。現在アーマライトはイリノイ州ゲネセオに本拠を置く。.

新しい!!: .260レミントンとアーマライト · 続きを見る »

グレーン

レーン(grain)は、ヤード・ポンド法における質量の単位であり、正確に 0.064 798 91グラムである。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡、トロイ衡、薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。 日本の計量法体系では、グレーンは限られた用途にのみ使用することができる。.

新しい!!: .260レミントンとグレーン · 続きを見る »

スプリングフィールドM14

プリングフィールドM14は、アメリカのスプリングフィールド造兵廠が開発した自動小銃である。アメリカ軍での制式名は"United States Rifle, 7.62 mm, M14,"。 第二次世界大戦・朝鮮戦争で使われたM1ガーランドを発展させる形で開発され、ベトナム戦争時に投入されたものの、種々の理由(後述)により、M16に取って変わられた。しかし、有効射程が長く、長距離射撃に向くため、海兵隊や特殊部隊を中心に狙撃銃などとしてこれを使い続ける部隊もある。.

新しい!!: .260レミントンとスプリングフィールドM14 · 続きを見る »

スカンディナヴィア

ンディナヴィア スカンディナヴィア(Scandinavia (スキャンダネイヴィア))は、ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア半島周辺の地域。.

新しい!!: .260レミントンとスカンディナヴィア · 続きを見る »

雷管

雷管(らいかん、Blasting cap)は、わずかな熱や衝撃でも発火する火薬を筒に込めた火工品。 微量の起爆薬(爆粉、ばくふん)と、それによって点火される添装薬(導爆薬)で構成され、火薬・爆薬などに、意図通りのタイミングで確実に点火するため、主に軍事用途のほか発破など工業用途で用いられている。 アンホ爆薬などは雷管だけでは起爆できず、伝爆薬(プライマーブースタ)を必要とする。 なお、信管は「雷管」に「起爆時期を感知する装置」と「安全装置」を組み込み、一体化させたものである。 1865年、アルフレッド・ノーベルによりダイナマイト点火用として、併せて発明された。.

新しい!!: .260レミントンと雷管 · 続きを見る »

FN FAL

FN FAL(Fusil Automatique Léger)は、ベルギーのFN社が開発した自動小銃である。アサルトライフルを意図して開発されたが、主要製品である7.62x51mm NATO弾仕様は、バトルライフルとして製造・運用されることが普通だった。 FALはフランス語で「軽量自動小銃」を意味し、輸出向けモデルにはFALの代わりに英訳されたLight Automatic Rifle を略したLARという刻印がある。.

新しい!!: .260レミントンとFN FAL · 続きを見る »

H&K G3

H&K G3は、ドイツの銃器メーカー、H&K社によって開発され、1964年-1996年までドイツ連邦軍に制式採用されていた自動小銃である。 G3とはドイツ語で「Gewehr 3(drei)」、"3号小銃"の意。.

新しい!!: .260レミントンとH&K G3 · 続きを見る »

.30-06スプリングフィールド弾

.30-06スプリングフィールド弾(30-06スプリングフィールドだん)とは、1906年にアメリカ陸軍が開発し、規格化が行われた弾薬で、1960年代から1970年代初期まで使用された。他の名称には7.62x63mm、ウィンチェスター社では「30 Gov't 06」ともされている。読み方は「thirty-aught-six」もしくは「thirty-oh-six」である。.30とは弾丸の直径を表したもので、また06とは採用年である1906年を示したものである。 本弾薬は.30-03弾、6mmリー・ネイビー弾、.30-40クラグ弾を代替した。.30-06弾はアメリカ陸軍の主力小銃および機関銃の弾薬用として50年近く用いられ、7.62x51mm NATO弾(民間用商品名は.308ウィンチェスター)および5.56x45mm NATO弾に代替された。この両方の弾薬は現在、アメリカ軍とNATOの任務に使用されている。.30-06スプリングフィールド弾は競技用実包として非常に人気があり、全ての主要メーカーがこの弾薬を製造している。.

新しい!!: .260レミントンと.30-06スプリングフィールド弾 · 続きを見る »

.308ウィンチェスター

.308ウィンチェスター(英:.308 Winchester)はリムレス、ボトルネック型のライフル実包で、 7.62x51mm NATO弾の由来となった商用実包である。NATO が 7.62×51mm NATO T65 を採用する2年前の1952年に、ウィンチェスターは.308ウィンチェスターと称した実包を民間の狩猟市場に向けて発表した。その後、ウィンチェスターのモデル70とモデル88がこの新しい実包に対応した。それ以降.308ウィンチェスターは世界中で最も普及したショート・アクションのビッグゲーム・ハンティング用実包となっている。またこの実包は一般的に民間の狩猟、標的射撃、 メタリック・シルエット射撃、ベンチレスト射撃、パルマ、メタル・マッチ、軍のスナイピング、警察の狙撃にも使用されている。.308ウィンチェスターの薬きょうは比較的短いためショート・アクションのライフルに特に適している。また、組織内で拡張、転倒あるいは粉砕する弾頭の装着によって、終末弾道において高い性能を達成することができるChamberlin FT, Gun Shot Wounds, in Handbook for Shooters and Reloaders, Vol.

新しい!!: .260レミントンと.308ウィンチェスター · 続きを見る »

7mm-08レミントン

7mm-08レミントン(英:7mm-08 Remington)はライフル実包。1958年ごろに開発された 7mm/308 として知られるワイルドキャット・カートリッジをほとんど直接コピーしたものである。 名称からわかるとおり、.308ウィンチェスターの薬きょうをネック・ダウンし 7 mm (.284) 弾頭 を装着できるようにしたもので、それに伴い薬きょうの全長がわずかに長くなっている。.308 Win をベースとした実包の中でも.243ウィンチェスターに次いで二番目に人気が高いが、元となった.308 はこれら両方よりも普及している 。1980年にレミントン・アームズ社が自らの名前を命名し、同社のライフルであるモデル788とモデル700の口径の選択肢として提供したことで普及した。.

新しい!!: .260レミントンと7mm-08レミントン · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

.260 Remington.260レミントン弾

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »