ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

-onym

索引 -onym

-onymは古典ギリシア語の複合語の成分のの英語の形。「名前」を表す単語を作る。 原則としてギリシャ語語幹の後に続くが、わずかな例外がある。.

33 関係: 偽名古代ギリシア語同名同綴異義語同音異義語大文字外名学名対義語人名住民の呼称体液地名匿名バクロニムレトロニムパディ・ドライバーアナグラムエポニムゴリラシノニムジェンダースコット・スピードタクソン父称頭字語類義語貴族英語通称換喩

偽名

偽名(ぎめい)は、実際の名前を伏せて使われる、偽の名前のこと。.

新しい!!: -onymと偽名 · 続きを見る »

古代ギリシア語

古代ギリシア語(こだいギリシアご、Ἑλληνική、現代ギリシア語:Αρχαία ελληνική γλώσσα)は、ギリシア語の歴史上の一時期を指す言葉。古代ギリシアの、アルカイック期(紀元前8世紀 - 前6世紀)、古典期(前6世紀 - 前4世紀)、ヘレニズム期(前4世紀 - 後6世紀)の3つの時代に跨がっており、様々な方言が存在し、古典ギリシア語もその一つである。.

新しい!!: -onymと古代ギリシア語 · 続きを見る »

同名

生物の分類における同名(どうめい、homonym)は、異なるタクソンに対して使用されている同じ名前を指す。 具体的には、別の生物が同じ学名を持っているとき、それらの学名は同名関係にあり、その学名自身は同名であるとされる。命名規約の旧訳ではホモニム、異物同名とも言った。 通常は先取権の原則により、先に名付けられた同名(古参同名・先行同名)が有効になり、後からつけられた同名(新参同名・後行同名)が無効となる。 同名の成立過程には2通りある。;一次同名(primary homonym):成立時に既に同じ属の種・亜種としておなじ名前をつけられてしまった同名。本来ならば命名時からすでに片方は不適格名である。;二次同名(secondary homonym):成立時には別の属に対して名付けられたため、同じ種小名・亜種小名でも問題はなかったが、その後それらの属がまとめられて同じ属とされてしまったために発生した同名。.

新しい!!: -onymと同名 · 続きを見る »

同綴異義語

同綴異義語(どうてついぎご、別称:同形異義語[どうけいいぎご]、英語:homograph)とは、同じ綴りでありながら異なる意味を持つ語を指して言う、言語学分野等の用語である。.

新しい!!: -onymと同綴異義語 · 続きを見る »

同音異義語

同音異義語(どうおんいぎご)とは、発音は同じだが、互いに区別される語。.

新しい!!: -onymと同音異義語 · 続きを見る »

大文字

大文字(おおもじ、capital letter, upper case) は、ギリシア文字やそれから派生したスクリプト(文字体系)で、文頭や固有名詞のはじめなどに使う大きな字形の文字である。本来は大文字のみで記述してきたが、筆記を簡単にするために角を丸めたりした文字から小文字が現れると、大文字と小文字がひとつの文、単語の中で混在して用いられるようになった。 大文字と小文字の区別があるスクリプトは、ギリシア文字、ラテン文字、キリル文字、アルメニア文字、デザレット文字などである。グルジア文字のフツリ (Khutsuri) には大文字のみがある。.

新しい!!: -onymと大文字 · 続きを見る »

外名

外名(がいめい、)とは、第三者による特定の土地・民族の呼称のこと。対義語は内名(ないめい、)。.

新しい!!: -onymと外名 · 続きを見る »

学名

学名(がくめい、)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称。英語では二名法による名称という意味で 、あるいは科学的な名称という意味で という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。動物には「国際動物命名規約」があり、藻類・菌類と植物には「国際藻類・菌類・植物命名規約」が、細菌には「国際細菌命名規約」がある。日本語独自の和名(標準和名)などと異なり、全世界で通用し、属以下の名を重複使用しない規約により、一つの種に対し有効な学名は一つだけである。ただし、過去に誤って複数回記載されていたり、記載後の分類の変更などによって、複数の学名が存在する場合、どの学名を有効とみなすかは研究者によって見解が異なる場合も多い。 種の学名、すなわち種名は属名+種小名(細菌では属名+種形容語)で構成される。この表し方を二名法という。二名法は「分類学の父」と呼ばれるリンネ(Carl von Linné, ラテン語名 カロルス・リンナエウス Carolus Linnaeus, 1702 - 1778)によって体系化された。.

新しい!!: -onymと学名 · 続きを見る »

対義語

対義語(たいぎご/ついぎご、antonym)とは、意味が反対となる語や、意味が対照的になっている語。アントニム。反義語、反意語、反義詞、反対語、対語などともいう。「対義語」の対義語は「類義語」、「同義語」などである。.

新しい!!: -onymと対義語 · 続きを見る »

人名

人名(じんめい)は、特定の人間社会において特定の個人を弁別するために使用される言語的表現又は記号の一つ。 山田太郎。典型的な形式の日本人の名前として、書類の記入例などに良く用いられる。なお「太郎」とは江戸期以前の、仮名(けみょう)の内の輩行名(はいこうめい)に由来する。 その人物の家族や家系、地域など共同体への帰属、信仰や願い、職掌、あるいは一連の音の繋がりなどをもって、人(ひと)の個人としての独立性を識別し呼称する為に付けられる語。「人名」事典は便宜上、戸籍名や通称などを使用する場合が多い。本項で扱う「人名」とは一般に「正式な名」「本当の名前」といった意を含む。.

新しい!!: -onymと人名 · 続きを見る »

住民の呼称

住民の呼称(じゅうみんのこしょう)とは、ある一定の地域や自治体の住民である事や出身である事を指す言葉を用いる時の固有の呼び方を指す。英語ではdemonymと呼ぶ。日本語では族称(ぞくしょう)という訳語もあるが、決まった訳語は定まっていない。.

新しい!!: -onymと住民の呼称 · 続きを見る »

体液

体液(たいえき)は、動物がなんらかの形で体内に持っている液体である。生物学的には、動物の体内にあって、組織間や体腔内、あるいは全身に広がった管や循環系の中を満たしているものだけを指す。 一般的には、唾液・汗・精液・尿など、体内外に分泌・排泄される様々な液体も体液と呼ばれることがある。.

新しい!!: -onymと体液 · 続きを見る »

地名

地名(ちめい)とは、一般的には、特定の地点や区域に対して付けられる固有の名称である。しかし厳密には、3次元座標を特定し得る地表を有する天体の、人間が認識可能な特定箇所に対して付けられる固有の名称である。.

新しい!!: -onymと地名 · 続きを見る »

匿名

匿名(とくめい)とは、何らかの行動をとった人物が誰であるのかがわからない状態を指す。自分の実名・正体を明かさないことを目的とする。.

新しい!!: -onymと匿名 · 続きを見る »

バクロニム

バクロニム(backronym または bacronym)とは、ある単語の各文字を使って、新たに頭字語としての意味を持たせたものである。バクロニムを作る行為は、日本で言うあいうえお作文に近い。 バクロニムは1983年に back(後)と acronym(頭字語)を組み合わせて新造されたかばん語である。.

新しい!!: -onymとバクロニム · 続きを見る »

レトロニム

レトロニム()あるいは再命名とは、ある言葉の意味が時代とともに拡張された、あるいは変化した場合に、古い意味の範囲を特定的に表すために後から考案された言葉のことを指す。 「再命名」という用語は鈴木孝夫が1976年に『日本語の語彙と表現』の中で用いている。これは「レトロニム」に先立つ用語である。 「レトロニム」という単語自体は、「過去」を意味するレトロ(retro)と「語」を意味する接尾語(-onym)の合成による。 1980年にナショナル・パブリック・ラジオ局長のFrank Mankiewiczが造語し、コラムニスト William Safireが、ニューヨーク・タイムズの中で使用したことで広まった。.

新しい!!: -onymとレトロニム · 続きを見る »

パディ・ドライバー

パディ・ドライバー (Paddy Driver, 1934年5月13日 -) は、南アフリカ共和国、ヨハネスブルグ出身のオートバイレーサー、F1ドライバー。 ロードレース世界選手権にはからまで参戦した。最高成績はマチレスで参戦した500ccクラス、に挙げた2度の2位で、ランキングはマイク・ヘイルウッド、ジャコモ・アゴスチーニに次ぐ3位となった。 F1グランプリには2戦に参加したが、ポイントは挙げられなかった。1963年南アフリカグランプリにスポット参戦したが、スタートできなかった。1969年にはフォーミュラ5000にローラでフル参戦した。1971年には自身のマクラーレンでチーム・パーソナリティとしてエントリーし、ランキング3位となっている。1974年にはF1でチーム・ガンストンに起用されロータス・72をドライブしたが、リタイアに終わっている。.

新しい!!: -onymとパディ・ドライバー · 続きを見る »

アナグラム

アナグラム(anagram)とは、言葉遊びの一つで、単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって、全く別の意味にさせる遊びである。 文字列を逆順にして一致するかどうかを調べればよい回文とは異なり、単純に考えて異なるN種類の文字列ならNの階乗通り(例えば5文字なら120通り)の並べ替えが可能なので、意味のあるアナグラムを一瞬で見つけるのは困難である。逆にそれだけの可能性があるため、たいていの言葉は(強引な意味づけをすることで)アナグラムになりうる。 例えば「アナグラム」から「グアムなら」などのアナグラムを作ることができる。.

新しい!!: -onymとアナグラム · 続きを見る »

エポニム

ポニム(英語:eponym)とは、既に存在する事物の名(とくに人名)にちなんで二次的に命名された言葉のこと。元となった人名などのことを名祖(なおや、eponymous)という。.

新しい!!: -onymとエポニム · 続きを見る »

ゴリラ

リラは霊長目ヒト科ゴリラ属(Gorilla)に分類される構成種の総称。.

新しい!!: -onymとゴリラ · 続きを見る »

シノニム

ノニム(synonym)とは、同意語、別名のこと。まれに類語を含むこともある(英語のsynonymは類語を含む)。省略して「Syn.」と表記されることもある。 一般的にはあまり使われない言葉であるが、生物の分類や情報処理においては重複や競合の意味を含んで使われる。これらの分野では、まず、類語の意味は持たず、専ら同意語、別名の意味で使われる。.

新しい!!: -onymとシノニム · 続きを見る »

ジェンダー

ェンダーは社会的・心理的性別を指す。 生物学的性別 (セックス) に関しては性別を参照。 英米語におけるgenderには、以下のような用法がある。.

新しい!!: -onymとジェンダー · 続きを見る »

スコット・スピード

ット・スピード(Scott Andrew Speed, 1983年1月24日 – )は、アメリカ合衆国出身の自動車レーサーであり、2006年にデビューした元F1ドライバー。 特定疾患(いわゆる難病)に認定されている潰瘍性大腸炎と戦いながら、F1のシートを獲得しており、同疾患・難病と戦う多くの人々に勇気を与えた。.

新しい!!: -onymとスコット・スピード · 続きを見る »

タクソン

タクソン(taxon、複:タクサ、taxa)とは、生物の分類において、ある分類階級に位置づけられる生物の集合のこと。訳語としては分類群(ぶんるいぐん)という用語が一般的である。taxonomic unit、taxonomical groupと同義。.

新しい!!: -onymとタクソン · 続きを見る »

父称

(ふしょう、patronym)は、人名の一部として用いる、本人の父または男系祖先の名に基づく呼び名である。父系制の民族や文化圏に存在する。姓が使われない場合は姓と同様に使われることもあり、同名の人を区別するため、私生子でないことを言明するため、また家系の呼び名として、あるいは一種の敬称として用いられる。また、歴史的な父称が姓として定着したものもある。.

新しい!!: -onymと父称 · 続きを見る »

頭字語

頭字語(とうじご)とは、主にヨーロッパ言語のアルファベットにおける略語の一種で、複数の単語から構成された合成語の頭文字を繋げて作られた語のこと。.

新しい!!: -onymと頭字語 · 続きを見る »

類義語

類義語(るいぎご)とは、同一言語において、語形は異なるが意味は互いによく似ており、場合によっては代替が可能となる二つ以上の語。類語ともいう。同義語に等しい。.

新しい!!: -onymと類義語 · 続きを見る »

語(ご、word)とは、言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる。語が集まることで句、節、文が作られる。 言語学では語は独立して発声できる最小の単位である。文法的な役割を持つ語を機能語、一般的な意味を持つ語を内容語という。一つの形態素からなる語を単純語、複数の形態素からなる語を合成語という。 語の厳密な定義は各言語によるが、一般に以下の性質がある。.

新しい!!: -onymと語 · 続きを見る »

諡(し、おくりな)、あるいは諡号(しごう)は、主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のことである。「諡」の訓読み「おくりな」は「贈り名」を意味する。.

新しい!!: -onymと諡 · 続きを見る »

貴族

貴族(きぞく)とは、特権を備えた名誉や称号を持ち、それ故に他の社会階級の人々と明確に区別された社会階層に属する集団を指す。 その社会的特権はしばしば強大であるが、同時に国や地域により異なり、同じ国・地域であっても時代によって変遷する。また貴族階級は伝統的な概念ではあるものの、時に新たな人員を迎え入れ、常に人員は更新され続けている。 貴族階級は多くの場合は君主制の下に維持され、称号の付与や特権の保証なども君主によって行われる。一般的に、貴族などという特権階級を認めてしまうということは反民主主義とされている。フランスでは、貴族階級をものともしないヴォルテールの姿勢がフランス的民主主義の基礎となり、フランス革命でそうした考え方は公認のもの、正統なものとなり、ここに民主主義が実現したとされている。しかし共和制など君主の存在を持たない制度においても貴族制度が存在した場合もある。 西洋では特に青い血という言葉が貴族の血筋を意味する慣用句として用いることがある。ただし、これはあくまでもスペイン語由来のものであるため限定的ではある。日本の場合、貴族の起源について穀物の貯蔵が貴族制度の遠因となったと考える論者もある。.

新しい!!: -onymと貴族 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: -onymと英語 · 続きを見る »

通称

通称(つうしょう)は、正式な名称ではないが、特定の人や物、事象に対する呼び名として世間一般において通用している語のことである。俗称(ぞくしょう)ともいう。.

新しい!!: -onymと通称 · 続きを見る »

換喩

換喩(かんゆ)は、修辞学の修辞技法の一つで、概念の隣接性あるいは近接性に基づいて、語句の意味を拡張して用いる、比喩の一種である。また、そうして用いられる語句そのものをもいう。メトニミー()とも呼ばれる。文字通りの意味の語句で言い換える換称とは異なる。上位概念を下位概念で(またはその逆に)言い換える技法を提喩(シネクドキ)といい、これを換喩に含めることもある。.

新しい!!: -onymと換喩 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »