ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

とは、アテン群に属する地球近傍天体の1つである。衛星S/2001 (66391) 1を持つ。主星をアルファ、衛星をベータと呼ぶこともある。.

38 関係: 天文単位小惑星小惑星の一覧 (66001-67000)小惑星の衛星地球地球近傍天体地球横断小惑星ヤルコフスキー・オキーフ・ラジエフスキー・パダック効果リンカーン地球近傍小惑星探査アテン群衛星軌道傾斜角軌道長半径赤道金星横断小惑星S/2001 (66391) 1水星水星横断小惑星潜在的に危険な小惑星(136617) 1994 CC1984年1999年1月16日2001年2006年2008年2012年2013年2019年22世紀5月20日5月21日5月23日5月25日5月26日6月3日7月12日9月30日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と天文単位 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と小惑星 · 続きを見る »

小惑星の一覧 (66001-67000)

J. ルーD. ジューイット |- | (66653) - || 1999 RS254 || 1999年9月8日 || CSS |- | (66654) - || 1999 SF12 || 1999年9月22日 || LINEAR |- | (66655) - || 1999 SN13 || 1999年9月30日 || Spacewatch |- | (66656) - || 1999 SV17 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66657) - || 1999 SM19 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66658) - || 1999 ST26 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66659) - || 1999 TJ1 || 1999年10月1日 || K. Korlević |- | (66660) - || 1999 TH2 || 1999年10月2日 || C. W. Juels |- | (66661) - || 1999 TK2 || 1999年10月2日 || D. S. Dixon |- | (66662) - || 1999 TM4 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66663) - || 1999 TV8 || 1999年10月6日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66664) - || 1999 TB9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66665) - || 1999 TC9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66666) - || 1999 TL9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66667) Kambič || 1999 TZ11 || 1999年10月8日 || Črni Vrh |- | (66668) - || 1999 TN14 || 1999年10月11日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66669) - || 1999 TE15 || 1999年10月12日 || A. Galád, P. Kolény |- | (66670) - || 1999 TR15 || 1999年10月12日 || Farra d'Isonzo |- | (66671) Sfasu || 1999 TJ17 || 1999年10月15日 || W. D. Bruton, M. L. Johnson |- | (66672) - || 1999 TB18 || 1999年10月10日 || BAO Schmidt CCD Asteroid Program |- | (66673) - || 1999 TC19 || 1999年10月15日 || K. Korlević |- | (66674) - || 1999 TO25 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66675) - || 1999 TF26 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66676) - || 1999 TS27 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66677) - || 1999 TM28 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66678) - || 1999 TR28 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66679) - || 1999 TD29 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66680) - || 1999 TG29 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66681) - || 1999 TN33 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66682) - || 1999 TR35 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66683) - || 1999 TO36 || 1999年10月12日 || LONEOS |- | (66684) - || 1999 TY36 || 1999年10月15日 || LONEOS |- | (66685) - || 1999 TT37 || 1999年10月1日 || CSS |- | (66686) - || 1999 TX37 || 1999年10月1日 || CSS |- | (66687) - || 1999 TU45 || 1999年10月3日 || Spacewatch |- | (66688) - || 1999 TJ52 || 1999年10月4日 || Spacewatch |- | (66689) - || 1999 TU52 || 1999年10月6日 || Spacewatch |- | (66690) - || 1999 TH63 || 1999年10月7日 || Spacewatch |- | (66691) - || 1999 TE67 || 1999年10月8日 || Spacewatch |- | (66692) - || 1999 TL69 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66693) - || 1999 TB70 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66694) - || 1999 TF72 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66695) - || 1999 TZ72 || 1999年10月10日 || Spacewatch |- | (66696) - || 1999 TK75 || 1999年10月10日 || Spacewatch |- | (66697) - || 1999 TX80 || 1999年10月11日 || Spacewatch |- | (66698) - || 1999 TM82 || 1999年10月12日 || Spacewatch |- | (66699) - || 1999 TB85 || 1999年10月14日 || Spacewatch |- | (66700) - || 1999 TC85 || 1999年10月14日 || Spacewatch |- ! colspan.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と小惑星の一覧 (66001-67000) · 続きを見る »

小惑星の衛星

小惑星の衛星(しょうわくせいのえいせい)とは、小惑星を周回する天体である。多くの小惑星が衛星を持っていると考えられている。連小惑星(連星小惑星)または二重小惑星と呼ばれることがあるが、この名称は本体と衛星がほぼ同じ大きさのものに限られる。なお、下記の一覧には準惑星の衛星も含まれている。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と小惑星の衛星 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と地球 · 続きを見る »

地球近傍天体

地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい、英語:Near-Earth object NEO)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(彗星、小惑星、大きい流星体)の総称。また、天体と言っても太陽系小天体が該当することから地球近傍小天体とも呼ばれる。地球に接近することから衝突の危険性を持つ反面、地球からの宇宙船が容易に到達しやすく(月よりはるかに少ない速度増分 (ΔV) で済むものもある)、今後の科学的調査と商業開発において重要になると考えられている。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と地球近傍天体 · 続きを見る »

地球横断小惑星

地球横断小惑星(ちきゅうおうだんしょうわくせい)とは、太陽を中心とする太陽周回軌道を公転する小惑星のうち、公転軌道が地球の公転軌道と交叉する小惑星の総称である。その定義上、全ての地球横断小惑星が地球近傍小惑星であり、将来的に地球に衝突する危険性がある。なお、特に衝突リスクが高い小惑星は潜在的に危険な小惑星に分類されている。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と地球横断小惑星 · 続きを見る »

ヤルコフスキー・オキーフ・ラジエフスキー・パダック効果

ヤルコフスキー・オキーフ・ラジエフスキー・パダック効果(Yarkovsky–O'Keefe–Radzievskii–Paddack effect)は、おもに小惑星のように固有の自転運動をする不均一な形状の天体において、太陽から受ける光の圧力(輻射圧)と天体表面からの熱放射のバランスが天体上の場所によって異なることで回転力が生じ、自転速度が変化する効果である。ヤルコフスキーらにより予測され、小惑星の自転周期の観測により証明された。頭文字をとってYORP(ヨープ)効果と略す。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とヤルコフスキー・オキーフ・ラジエフスキー・パダック効果 · 続きを見る »

リンカーン地球近傍小惑星探査

リンカーン地球近傍小惑星探査 (LIncoln Near-Earth Asteroid Research: LINEAR) は、アメリカ空軍、アメリカ航空宇宙局 (NASA)、およびマサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所が共同で運営している、地球近傍小惑星の組織的な発見と追跡のためのプロジェクト。1998年以降に発見された小惑星のほとんどがLINEARによるものである。 2004年10月21日までに、リモートテレスコープによって少なくとも1622個の地球近傍小惑星や142個の彗星を含む21万1849個の新しい天体を検出した。 最初の試験が行われたのは1972年にまで遡る。 1980年代前半にはニューメキシコ(国際天文学連合天文台コード704)にリンカーン研究所のETS (Experimental Test System) の原型が構築された。 LINEARプロジェクトは、1996年に口径1mのGEODSS(地上設置型電子光学式深宇宙探査)望遠鏡を使用して地球近傍天体 (NEO) を捜索する施設の運営を始めた。 このような視野が広い空軍の望遠鏡は、衛星軌道上の宇宙機の光学的観測のために設計された。 LINEARで用いられるGEODSS望遠鏡は、ニューメキシコ州ソコロ郡のホワイトサンズミサイル射場内にあるリンカーン研究所の実験場に設置され、データはマサチューセッツ州レキシントンのハンスコム空軍基地内のリンカーン研究所に送信された。 1997年3月から7月までは、1024×1024ピクセルのCCDイメージセンサを用いた実地試験が行われた。このCCDは望遠鏡の視野の約1/5しかカバーできなかったが、それでも4個のNEOが発見された。1997年10月には、さらに大きい1960×2560ピクセルのCCDが使われた。これは望遠鏡の2平方度ある視野をカバーし、9個のNEOを発見することができた。1997年11月から1998年1月までに、あと5個のNEOが加わった(この時は大小両方のCCDが使われた)。 1999年10月から、2基目の1m望遠鏡が探査に用いられるようになった。2002年には、2基の1m望遠鏡で発見された天体の追跡観測のために、口径0.5mの3基目の望遠鏡がオンラインで導入された。 現在、LINEARの望遠鏡は一晩に空の各区画を5回観測する。労力のほとんどは大部分のNEOが存在すると予想される黄道面沿いの探査に費やされている。 CCDの感度、そして特に出力速度が比較的速いことによって、LINEARは毎晩空の広い領域をカバーすることができる。現在、NEO発見のほとんどはLINEARプログラムによるものである。 プロジェクトの主任研究者はグラント・ストークス、共同研究者としてジェニファー・エヴァンスとエリック・ピアスが加わっている。 何万もの小惑星(2006年6月13日現在、小惑星番号が登録された小惑星の総数12万9436個のうち6万7820個)を発見したことに加えて、LINEARはいくつもの周期彗星を発見、または共同発見、または再発見している。それには11P/テンペル・スイフト・LINEAR彗星、146P/シューメーカー・LINEAR彗星、148P/アンダーソン・LINEAR彗星、156P/ラッセル・LINEAR彗星、158P/コワル・LINEAR彗星、160P/LINEAR第43彗星、165P/LINEAR第10彗星、および176P/LINEAR第52彗星=(118401) LINEAR(彗星・小惑星遷移天体)などが含まれる。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とリンカーン地球近傍小惑星探査 · 続きを見る »

アテン群

アテン群(アテンぐん)またはアテン型小惑星(アテンがたしょうわくせい、Aten asteroid)とは、地球近傍小惑星の分類の一つで、1976年にこのグループで最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。軌道長半径が1天文単位より小さいことにより定義される。ただし離心率が高い軌道もありうるため、これは必ずしも、軌道の全てが地球の軌道の内部にあることを意味しない。実際に現在知られているほとんど全てのアテン群小惑星の遠日点は1天文単位よりも大きい。遠日点が0.983AU未満の物はアティラ群 (Atira asteroid) と呼ばれる別の分類に属する。2013年6月26日現在、アテン群は784個発見されている。 2008年までに発見された、軌道長半径が最も小さい小惑星は (0.635 AU)で、次に小さいのが (0.642 AU) である。 また、2007年までに発見されたアテン群の小惑星で近日点が最も太陽に近いのは (0.0920 AU) だが、アポロ群の はさらに内側 (0.0713 AU) まで入り込む。 2004年の暮れ、(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が2029年に地球に衝突する可能性があると報じられた。その後の観測で衝突の危険性はほとんどないと分かった。2036年にも衝突する可能性はまだ少し残っていたが、2013年の観測でその可能性もなくなった。 2006年に発見されたは、2006年9月から2007年6月の間、地球の周囲を3回公転し、一時的な地球の衛星となっていたことが分かった。 2011年2月4日、1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とアテン群 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と新年 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と衛星 · 続きを見る »

軌道傾斜角

軌道傾斜角(きどうけいしゃかく、英語:inclination)とは、ある天体の周りを軌道運動する天体について、その軌道面と基準面とのなす角度を指す。通常は記号 iで表す。 我々の太陽系の惑星や彗星・小惑星などの場合には、基準面は主星である天体、太陽の自転軸に垂直な平面つまり太陽の赤道面である。衛星の場合には基準面として主星の赤道面を採る場合と主星の軌道面を採る場合がある。人工衛星の場合には主星である地球の赤道面を基準とするのが普通である(人工衛星の軌道要素を参照)。 軌道傾斜角 iは0°≦i≦180°の範囲の値をとる。i.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と軌道傾斜角 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と軌道長半径 · 続きを見る »

赤道

赤道(せきどう、、、)は、自転する天体の重心を通り、天体の自転軸に垂直な平面が天体表面を切断する、理論上の線。緯度の基準の一つであり、緯度0度を示す。緯線の中で唯一の大円である。赤道より北を北半球、南を南半球という。また、天文学では赤道がつくる面(赤道面)と天球が交わってできる円のことを赤道(天の赤道)と呼ぶ。天の赤道は恒星や惑星の天球上の位置(赤緯、赤経)を決める基準となる。 以下、特に断らないかぎり地球の赤道について述べる。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と赤道 · 続きを見る »

金星横断小惑星

金星横断小惑星(きんせいおうだんしょうわくせい、Venus-crosser asteroid)は、その軌道が金星と交叉する小惑星である。 以下にその主なものの一覧を示す。なお、「外」は金星外接小惑星、「水」は水星横断小惑星又は外接小惑星を表す。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と金星横断小惑星 · 続きを見る »

S/2001 (66391) 1

S/2001 (66391) 1とは、アテン群に属する潜在的に危険な小惑星であるの周辺を公転する衛星である。主星をアルファ、衛星をベータと呼ぶこともある。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4とS/2001 (66391) 1 · 続きを見る »

水星

水星(すいせい、英:Mercury マーキュリー、Mercurius メルクリウス)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである以前最小の惑星だった冥王星は2006年に準惑星へ分類変更された。。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と水星 · 続きを見る »

水星横断小惑星

水星横断小惑星(すいせいおうだんしょうわくせい、Mercury-crosser asteroid)は、その軌道が水星と交叉する小惑星である。 以下に一覧を示す。なお、「外」は水星外接小惑星を表す。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と水星横断小惑星 · 続きを見る »

潜在的に危険な小惑星

潜在的に危険な小惑星(せんざいてきにきけんなしょうわくせい)とは、地球近傍小惑星の中でも、特に地球に衝突する可能性が大きく、なおかつ衝突時に地球に与える影響が大きいと考えられる小惑星の分類である。英語名の"Potentially Hazardous Asteroid"の頭文字であるPHAが略称としてよく使われる。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と潜在的に危険な小惑星 · 続きを見る »

(136617) 1994 CC

(136617) 1994 CC は、アポロ群の小惑星。1994年にキットピーク天文台のスペースウォッチ・プログラムで、ジェイムズ・スコッティによって発見された。 2009年6月10日に、1994 CC は地球から252万kmにまで接近した。その直後の6月12日と14日に、ジェット推進研究所のマリナ・ブロゾヴィックとランス・ベンナーに率いられた科学者チームがゴールドストーン天文台のレーダーで観測を行い、2個の衛星を発見した。それまでこの小惑星について科学者たちが知っていたことは非常に少なかったが、これによって三重系であることがわかった2個目の地球近傍小惑星となった。なお、2009年までにレーダー観測が行われた地球近傍小惑星のうち、三重系だったのはわずか1パーセントである。 ゴールドストーン天文台のチームと、アレシボ天文台のマイク・ノーランに率いられたチームの観測によって、1994 CC の主星と2つの衛星のおよその大きさはわかっており、観測データを組み合わせることによってさらに軌道や物理学的な特性についても研究されることになっている。 1994 CC が次に地球から250万km以内を通過するのは2074年である。 1994 CC の衛星が移動している様子.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と(136617) 1994 CC · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と1984年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と1999年 · 続きを見る »

1月16日

1月16日(いちがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から16日目に当たり、年末まであと349日(閏年では350日)ある。誕生花はデンドロビューム、ラッパズイセン、ジンチョウゲ、黄色のヒヤシンス。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と1月16日 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2001年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2006年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2008年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2013年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と2019年 · 続きを見る »

22世紀

22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と22世紀 · 続きを見る »

5月20日

5月20日(ごがつはつか、ごがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から140日目(閏年では141日目)にあたり、年末まではあと225日ある。誕生花はデルフィニウム。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と5月20日 · 続きを見る »

5月21日

5月21日(ごがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から141日目(閏年では142日目)にあたり、年末まではあと224日ある。誕生花はボリジ。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と5月21日 · 続きを見る »

5月23日

5月23日(ごがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から143日目(閏年では144日目)にあたり、年末まではあと222日ある。誕生花はアマドコロ。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と5月23日 · 続きを見る »

5月25日

5月25日(ごがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から145日目(閏年では146日目)にあたる。年末まで220日ある。誕生花はアスパラガス。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と5月25日 · 続きを見る »

5月26日

5月26日(ごがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から146日目(閏年では147日目)にあたり、年末まではあと219日ある。誕生花はワサビ。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と5月26日 · 続きを見る »

6月3日

6月3日(ろくがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から154日目(閏年では155日目)にあたり、年末まであと211日ある。誕生花はアマ、クローバー。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と6月3日 · 続きを見る »

7月12日

7月12日(しちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から193日目(閏年では194日目)にあたり、年末まであと172日ある。誕生花はゼニアオイ、パッションフラワー。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と7月12日 · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。.

新しい!!: (66391) 1999 KW4と9月30日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

1999 KW4

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »