ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

とは、アテン群に属する地球近傍天体の1つである。.

34 関係: 天文単位太陽小惑星の一覧 (66001-67000)小惑星の衛星地球地球近傍天体地球近傍小惑星地球横断小惑星リンカーン地球近傍小惑星探査アテン群火星火星横断小惑星絶対等級衛星近点・遠点金星横断小惑星S/2001 (66063) 1水星水星横断小惑星準衛星10月12日10月4日10月9日1998年2004年2012年2013年2060年代2070年代2110年代4月7日9月14日9月26日9月30日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と天文単位 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と太陽 · 続きを見る »

小惑星の一覧 (66001-67000)

J. ルーD. ジューイット |- | (66653) - || 1999 RS254 || 1999年9月8日 || CSS |- | (66654) - || 1999 SF12 || 1999年9月22日 || LINEAR |- | (66655) - || 1999 SN13 || 1999年9月30日 || Spacewatch |- | (66656) - || 1999 SV17 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66657) - || 1999 SM19 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66658) - || 1999 ST26 || 1999年9月30日 || LINEAR |- | (66659) - || 1999 TJ1 || 1999年10月1日 || K. Korlević |- | (66660) - || 1999 TH2 || 1999年10月2日 || C. W. Juels |- | (66661) - || 1999 TK2 || 1999年10月2日 || D. S. Dixon |- | (66662) - || 1999 TM4 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66663) - || 1999 TV8 || 1999年10月6日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66664) - || 1999 TB9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66665) - || 1999 TC9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66666) - || 1999 TL9 || 1999年10月7日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66667) Kambič || 1999 TZ11 || 1999年10月8日 || Črni Vrh |- | (66668) - || 1999 TN14 || 1999年10月11日 || K. Korlević, M. Jurić |- | (66669) - || 1999 TE15 || 1999年10月12日 || A. Galád, P. Kolény |- | (66670) - || 1999 TR15 || 1999年10月12日 || Farra d'Isonzo |- | (66671) Sfasu || 1999 TJ17 || 1999年10月15日 || W. D. Bruton, M. L. Johnson |- | (66672) - || 1999 TB18 || 1999年10月10日 || BAO Schmidt CCD Asteroid Program |- | (66673) - || 1999 TC19 || 1999年10月15日 || K. Korlević |- | (66674) - || 1999 TO25 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66675) - || 1999 TF26 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66676) - || 1999 TS27 || 1999年10月3日 || LINEAR |- | (66677) - || 1999 TM28 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66678) - || 1999 TR28 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66679) - || 1999 TD29 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66680) - || 1999 TG29 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66681) - || 1999 TN33 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66682) - || 1999 TR35 || 1999年10月4日 || LINEAR |- | (66683) - || 1999 TO36 || 1999年10月12日 || LONEOS |- | (66684) - || 1999 TY36 || 1999年10月15日 || LONEOS |- | (66685) - || 1999 TT37 || 1999年10月1日 || CSS |- | (66686) - || 1999 TX37 || 1999年10月1日 || CSS |- | (66687) - || 1999 TU45 || 1999年10月3日 || Spacewatch |- | (66688) - || 1999 TJ52 || 1999年10月4日 || Spacewatch |- | (66689) - || 1999 TU52 || 1999年10月6日 || Spacewatch |- | (66690) - || 1999 TH63 || 1999年10月7日 || Spacewatch |- | (66691) - || 1999 TE67 || 1999年10月8日 || Spacewatch |- | (66692) - || 1999 TL69 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66693) - || 1999 TB70 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66694) - || 1999 TF72 || 1999年10月9日 || Spacewatch |- | (66695) - || 1999 TZ72 || 1999年10月10日 || Spacewatch |- | (66696) - || 1999 TK75 || 1999年10月10日 || Spacewatch |- | (66697) - || 1999 TX80 || 1999年10月11日 || Spacewatch |- | (66698) - || 1999 TM82 || 1999年10月12日 || Spacewatch |- | (66699) - || 1999 TB85 || 1999年10月14日 || Spacewatch |- | (66700) - || 1999 TC85 || 1999年10月14日 || Spacewatch |- ! colspan.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と小惑星の一覧 (66001-67000) · 続きを見る »

小惑星の衛星

小惑星の衛星(しょうわくせいのえいせい)とは、小惑星を周回する天体である。多くの小惑星が衛星を持っていると考えられている。連小惑星(連星小惑星)または二重小惑星と呼ばれることがあるが、この名称は本体と衛星がほぼ同じ大きさのものに限られる。なお、下記の一覧には準惑星の衛星も含まれている。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と小惑星の衛星 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と地球 · 続きを見る »

地球近傍天体

地球近傍天体(ちきゅうきんぼうてんたい、英語:Near-Earth object NEO)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(彗星、小惑星、大きい流星体)の総称。また、天体と言っても太陽系小天体が該当することから地球近傍小天体とも呼ばれる。地球に接近することから衝突の危険性を持つ反面、地球からの宇宙船が容易に到達しやすく(月よりはるかに少ない速度増分 (ΔV) で済むものもある)、今後の科学的調査と商業開発において重要になると考えられている。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と地球近傍天体 · 続きを見る »

地球近傍小惑星

地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と地球近傍小惑星 · 続きを見る »

地球横断小惑星

地球横断小惑星(ちきゅうおうだんしょうわくせい)とは、太陽を中心とする太陽周回軌道を公転する小惑星のうち、公転軌道が地球の公転軌道と交叉する小惑星の総称である。その定義上、全ての地球横断小惑星が地球近傍小惑星であり、将来的に地球に衝突する危険性がある。なお、特に衝突リスクが高い小惑星は潜在的に危険な小惑星に分類されている。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と地球横断小惑星 · 続きを見る »

リンカーン地球近傍小惑星探査

リンカーン地球近傍小惑星探査 (LIncoln Near-Earth Asteroid Research: LINEAR) は、アメリカ空軍、アメリカ航空宇宙局 (NASA)、およびマサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所が共同で運営している、地球近傍小惑星の組織的な発見と追跡のためのプロジェクト。1998年以降に発見された小惑星のほとんどがLINEARによるものである。 2004年10月21日までに、リモートテレスコープによって少なくとも1622個の地球近傍小惑星や142個の彗星を含む21万1849個の新しい天体を検出した。 最初の試験が行われたのは1972年にまで遡る。 1980年代前半にはニューメキシコ(国際天文学連合天文台コード704)にリンカーン研究所のETS (Experimental Test System) の原型が構築された。 LINEARプロジェクトは、1996年に口径1mのGEODSS(地上設置型電子光学式深宇宙探査)望遠鏡を使用して地球近傍天体 (NEO) を捜索する施設の運営を始めた。 このような視野が広い空軍の望遠鏡は、衛星軌道上の宇宙機の光学的観測のために設計された。 LINEARで用いられるGEODSS望遠鏡は、ニューメキシコ州ソコロ郡のホワイトサンズミサイル射場内にあるリンカーン研究所の実験場に設置され、データはマサチューセッツ州レキシントンのハンスコム空軍基地内のリンカーン研究所に送信された。 1997年3月から7月までは、1024×1024ピクセルのCCDイメージセンサを用いた実地試験が行われた。このCCDは望遠鏡の視野の約1/5しかカバーできなかったが、それでも4個のNEOが発見された。1997年10月には、さらに大きい1960×2560ピクセルのCCDが使われた。これは望遠鏡の2平方度ある視野をカバーし、9個のNEOを発見することができた。1997年11月から1998年1月までに、あと5個のNEOが加わった(この時は大小両方のCCDが使われた)。 1999年10月から、2基目の1m望遠鏡が探査に用いられるようになった。2002年には、2基の1m望遠鏡で発見された天体の追跡観測のために、口径0.5mの3基目の望遠鏡がオンラインで導入された。 現在、LINEARの望遠鏡は一晩に空の各区画を5回観測する。労力のほとんどは大部分のNEOが存在すると予想される黄道面沿いの探査に費やされている。 CCDの感度、そして特に出力速度が比較的速いことによって、LINEARは毎晩空の広い領域をカバーすることができる。現在、NEO発見のほとんどはLINEARプログラムによるものである。 プロジェクトの主任研究者はグラント・ストークス、共同研究者としてジェニファー・エヴァンスとエリック・ピアスが加わっている。 何万もの小惑星(2006年6月13日現在、小惑星番号が登録された小惑星の総数12万9436個のうち6万7820個)を発見したことに加えて、LINEARはいくつもの周期彗星を発見、または共同発見、または再発見している。それには11P/テンペル・スイフト・LINEAR彗星、146P/シューメーカー・LINEAR彗星、148P/アンダーソン・LINEAR彗星、156P/ラッセル・LINEAR彗星、158P/コワル・LINEAR彗星、160P/LINEAR第43彗星、165P/LINEAR第10彗星、および176P/LINEAR第52彗星=(118401) LINEAR(彗星・小惑星遷移天体)などが含まれる。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1とリンカーン地球近傍小惑星探査 · 続きを見る »

アテン群

アテン群(アテンぐん)またはアテン型小惑星(アテンがたしょうわくせい、Aten asteroid)とは、地球近傍小惑星の分類の一つで、1976年にこのグループで最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。軌道長半径が1天文単位より小さいことにより定義される。ただし離心率が高い軌道もありうるため、これは必ずしも、軌道の全てが地球の軌道の内部にあることを意味しない。実際に現在知られているほとんど全てのアテン群小惑星の遠日点は1天文単位よりも大きい。遠日点が0.983AU未満の物はアティラ群 (Atira asteroid) と呼ばれる別の分類に属する。2013年6月26日現在、アテン群は784個発見されている。 2008年までに発見された、軌道長半径が最も小さい小惑星は (0.635 AU)で、次に小さいのが (0.642 AU) である。 また、2007年までに発見されたアテン群の小惑星で近日点が最も太陽に近いのは (0.0920 AU) だが、アポロ群の はさらに内側 (0.0713 AU) まで入り込む。 2004年の暮れ、(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が2029年に地球に衝突する可能性があると報じられた。その後の観測で衝突の危険性はほとんどないと分かった。2036年にも衝突する可能性はまだ少し残っていたが、2013年の観測でその可能性もなくなった。 2006年に発見されたは、2006年9月から2007年6月の間、地球の周囲を3回公転し、一時的な地球の衛星となっていたことが分かった。 2011年2月4日、1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1とアテン群 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と新年 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と火星 · 続きを見る »

火星横断小惑星

火星横断小惑星(かせいおうだんしょうわくせい、Mars-crosser asteroid)は、その軌道が火星と交叉する小惑星である。 地球近傍小惑星のうち、アモール群やアポロ群に属する物の大半、ならびにダモクレス族の一部は火星横断小惑星でもある。 小惑星の一覧はMars-crosser_asteroid等を参照の事(内接小惑星、外接小惑星、火星のトロヤ群、火星共有軌道天体を含む)。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と火星横断小惑星 · 続きを見る »

絶対等級

絶対等級(ぜったいとうきゅう)とは、天体が仮に我々から見てある基準となる距離にあったとしたときの、その天体の視等級(見かけの等級、m)である。絶対等級を用いると、天体までの距離を考えないで、色々な天体の明るさを比較することが出来る。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と絶対等級 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と衛星 · 続きを見る »

近点・遠点

近地点と遠地点の位置関係 近点・遠点(きんてん・えんてん、periapsis and apoapsis) とは、軌道運動する天体が、中心天体の重力中心に最も近づく位置と、最も遠ざかる位置のことである。両者を総称して軌道極点またはアプシス(apsis) と言う。 特に、中心天体が太陽のときは近日点・遠日点(きんじつてん・えんじつてん、perihelion and aphelion )、主星が地球のときは近地点・遠地点(きんちてん・えんちてん、perigee and apogee )、連星系では近星点・遠星点(きんせいてん・えんせいてん、periastron and apastron)と言う。地球を周回する人工衛星については英単語のままペリジー・アポジーとも言う。主星が惑星の場合、例えば木星の衛星や木星を周回する探査機(ジュノーなど)の軌道の木星に対する近点・遠点は近木点・遠木点(きんもくてん・えんもくてん、perijove and apojove)、土星ならば近土点・遠土点(きんどてん・えんどてん、perichron and apochron)と表現することもある。 中心天体の周りを周回する天体は楕円軌道を取るが、中心天体は楕円の中心ではなく、楕円の長軸上にふたつ存在する焦点のいずれかに位置する。このため周回する天体は中心天体に対して、最も接近する位置(近点)と最も遠ざかる位置(遠点)を持つことになる。遠点・近点および中心天体の重力中心は一直線をなし、この直線は楕円の長軸に一致する。 中心天体の重力中心から近点までの距離を近点距離(近日点距離、近地点距離)、遠点までの距離を遠点距離(遠日点距離、遠地点距離)といい、それぞれ軌道要素の1つである。軌道長半径、離心率、近点距離、遠点距離の4つの軌道要素のうち2つを指定すれば、軌道の2次元的な形状が決まる。通常、軌道長半径と離心率が使われるが、放物線軌道・双曲線軌道(特に、彗星の軌道)については通常の意味での軌道長半径を定義できないので、近点距離と離心率が使われる。なお、人工衛星については近地点高度・遠地点高度という言葉もあるが、これらは地球の海面(ジオイド)からの距離である。 他の天体による摂動、一般相対論的効果により、近点は(したがって遠点も)少しずつ移動することがある。これを近点移動(近日点移動、近地点移動)という。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と近点・遠点 · 続きを見る »

金星横断小惑星

金星横断小惑星(きんせいおうだんしょうわくせい、Venus-crosser asteroid)は、その軌道が金星と交叉する小惑星である。 以下にその主なものの一覧を示す。なお、「外」は金星外接小惑星、「水」は水星横断小惑星又は外接小惑星を表す。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と金星横断小惑星 · 続きを見る »

S/2001 (66063) 1

S/2001 (66063) 1とは、アテン群に属する地球近傍小惑星を公転する衛星である。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1とS/2001 (66063) 1 · 続きを見る »

水星

水星(すいせい、英:Mercury マーキュリー、Mercurius メルクリウス)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである以前最小の惑星だった冥王星は2006年に準惑星へ分類変更された。。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と水星 · 続きを見る »

水星横断小惑星

水星横断小惑星(すいせいおうだんしょうわくせい、Mercury-crosser asteroid)は、その軌道が水星と交叉する小惑星である。 以下に一覧を示す。なお、「外」は水星外接小惑星を表す。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と水星横断小惑星 · 続きを見る »

準衛星

地球の準衛星2002 AA29の軌道 - 太陽 (Sol) から見ると、地球 (Tierra) と2002 AA29はほぼ同一の軌道にある2つの天体に見える。一方地球からは、2002 AA29は地球を周回する衛星のように見える。 準衛星(じゅんえいせい、英: quasi-satellite)あるいは擬似衛星(ぎじえいせい)とは、ある惑星から観察するとその惑星を周回しているように見える小天体である(理論上は彗星も考えられるが発見されているのは小惑星のみである)。 準衛星は地球などのある惑星と全く同一の公転周期で恒星を周回する。そのため、惑星から見れば公転周期でもとの場所に戻るため、惑星の周りを公転しているように見える。しかし、力学的には惑星ではなく太陽の周りを回っており、惑星のヒル圏には属しておらず、衛星ではない。 通常は離心率が大きい楕円軌道を取る。近日点付近では惑星を追い越し、惑星の前方で惑星軌道の外側に出、遠日点付近では惑星に追い抜かれ、惑星の後方で惑星軌道の内側に入る。これを惑星の公転と共に回転する座標系から見れば、惑星を周る細長い楕円軌道を通っているように見えるが、絶対座標から見れば惑星からほぼ同じ方向にあり、少しずれて太陽の周りを回っているだけである。 トロヤ群も、惑星と同じ公転周期であり、似た軌道の特徴を持つ。しかし、惑星から見て同じ方向にあり、惑星から距離があることもあり、準衛星ではない。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と準衛星 · 続きを見る »

10月12日

10月12日(じゅうがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から285日目(閏年では286日目)にあたり、年末まであと80日ある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と10月12日 · 続きを見る »

10月4日

10月4日(じゅうがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から277日目(閏年では278日目)にあたり、年末まであと88日ある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と10月4日 · 続きを見る »

10月9日

10月9日(じゅうがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から282日目(閏年では283日目)にあたり、年末まであと83日ある。誕生花は ホトトギス。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と10月9日 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と1998年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2004年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2013年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2019年 · 続きを見る »

2060年代

2060年代(にせんろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)2060年から2069年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた2060年代について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2060年代 · 続きを見る »

2070年代

2070年代(にせんななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)2070年から2079年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた2070年代について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2070年代 · 続きを見る »

2110年代

2110年代(にせんひゃくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)2110年から2119年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた2110年代について記載する。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と2110年代 · 続きを見る »

4月7日

4月7日(しがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から97日目(閏年では98日目)にあたり、年末まではあと268日ある。誕生花はディモルフォセカ、サクラ。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と4月7日 · 続きを見る »

9月14日

9月14日(くがつじゅうよっか、くがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から257日目(閏年では258日目)にあたり、年末まであと108日ある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と9月14日 · 続きを見る »

9月26日

9月26日(くがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から269日目(閏年では270日目)にあたり、年末まであと96日ある。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と9月26日 · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。.

新しい!!: (66063) 1998 RO1と9月30日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

1998 RO11999 SN5

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »