ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼ

索引 (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼ

(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼ((13E)-labda-7,13-dien-15-ol synthase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 従って、この酵素の基質はゲラニルゲラニルピロリン酸と水の2つ、生成物は(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールと二リン酸の2つである。 この酵素は加水分解酵素、特に二リン酸モノエステル加水分解酵素に分類される。系統名は、ゲラニルゲラニルピロリン酸 ジホスホヒドロラーゼ ((13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オール形成)(geranylgeranyl-diphosphate diphosphohydrolase ((13E)-labda-7,13-dien-15-ol-forming)である。 ヒカゲノカズラ植物門のイヌカタヒバ由来のこの酵素は、2重の機能を持つ。.

8 関係: 加水分解酵素二リン酸化学反応ヒカゲノカズラ植物門ゲラニルゲラニル二リン酸触媒酵素

加水分解酵素

加水分解酵素(かすいぶんかいこうそ、hydrolase)とはEC第3群に分類される酵素で、加水分解反応を触媒する酵素である。ヒドロラーゼと呼ばれる。代表的な反応はタンパク質、脂質、多糖〈炭水化物〉をアミノ酸、脂肪酸、ブドウ糖などに消化分解する生化学反応に関与する。あるいはコリンエステラーゼ、環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼやプロテインホスファターゼのような生体内のシグナル伝達に関与するものも多い。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと加水分解酵素 · 続きを見る »

二リン酸

二リン酸(にリンさん、diphosphoric acid)は、化学式 H4P2O7 で表される無機化合物である。ピロリン酸(ピロリンさん、pyrophosphoric acid)とも呼ばれる。 リン酸を高温で脱水縮合することで生成する(接頭辞の pyro- は「熱・炎・高温」を意味する)。また、日本語において名称の類似するピロリンはアミンおよびイミンの一種であり、直接の関係はない。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと二リン酸 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう。化学変化とは1つ以上の化学物質を別の1つ以上の化学物質へと変化する事で、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。広義には溶媒が溶質に溶ける変化や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化、液体が固体に変わる変化MF2等も化学変化という。 化学変化の前後では、化学物質の分子を構成する原子の結合が変わって別の分子に変化する事はあるが、原子そのものが別の原子番号の原子に変わる事はない(ただし原子間の電子の授受や同位体の変化はある)。この点で原子そのものが別の原子に変化する原子核反応とは大きく異なる。 化学反応では反応前の化学物質を反応物(reactant)、反応後の化学物質を生成物(product)といい、その過程は化学反応式で表記される。例えば反応物である(塩酸)とNaOH(水酸化ナトリウム)が化学反応して生成物であるH2O(水分子)とNaCl(食塩)ができあがる状況を示した化学反応式は と表記される。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと化学反応 · 続きを見る »

ヒカゲノカズラ植物門

ヒカゲノカズラ植物門(ヒカゲノカズラしょくぶつもん、学名:)は、シダ植物の一群である。小葉植物門ともいう。維菅束を持つ植物の中でも古い体制を残す植物のひとつで、細かな葉を持つものが含まれる。古生代に栄えたシダ類の生き残りとも言われる。 ヒカゲノカズラ植物門は、ヒカゲノカズラやクラマゴケ、ミズニラなどの植物を含む。共通の特徴はその葉が小葉からなることである。維管束植物は大きく真葉植物(種子植物+大葉シダ類)と小葉植物(小葉シダ類)の二つの系統からなるが、後者がヒカゲノカズラ植物門である。その葉は細くて単純な形をしており、葉脈が主脈だけしかないのが特徴である。大葉類にも小さな葉と一本だけの表脈しか持たないものもあるが、小葉類の場合、維管束の配置から異なっており、葉跡の上に葉隙を生じない。 なお、マツバラン類についてはこの門の中に含められてきたが、最近ではシダ植物門のほうに含めるようになってきている。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼとヒカゲノカズラ植物門 · 続きを見る »

ゲラニルゲラニル二リン酸

ラニルゲラニル二リン酸(Geranylgeranyl diphosphate, GGPP)は、生物のメバロン酸経路におけるテルペンやテルペノイドの生合成の中間生成物である。植物においては、カロテノイド、ジベレリン、トコトリエノール(ビタミンE)、クロロフィルなどの生合成の前駆物質である。また、ゲラニルゲラニル二リン酸は、プレニル化タンパク質の一つであるゲラニルゲラニル化タンパク質の生合成の前駆物質でもある。習慣的にゲラニルゲラニルピロリン酸(Geranylgeranyl pyrophosphate)とも呼ばれるが推奨されない。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼとゲラニルゲラニル二リン酸 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。 今日では反応の種類に応じて多くの種類の触媒が開発されている。特に化学工業や有機化学では欠くことができない。また、生物にとっては酵素が重要な触媒としてはたらいている。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと触媒 · 続きを見る »

酵素

核酸塩基代謝に関与するプリンヌクレオシドフォスフォリラーゼの構造(リボン図)研究者は基質特異性を考察するときに酵素構造を抽象化したリボン図を利用する。 酵素(こうそ、enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学 (こうそがく、enzymology)である。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと酵素 · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと水 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »