ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

とは、火星L4トロヤ群に属する小惑星である。1999年10月30日にLINEARによって発見された。 は、2012年現在唯一知られているL4トロヤ群小惑星である。即ち、火星からみれば火星に先行して公転しているように見える。火星トロヤ群小惑星自体も4個しか発見されておらず、3番目に小惑星番号が振られた小惑星である。 の公転周期は約687.5日であり、火星の公転周期より0.73%長い。.

14 関係: 天文単位小惑星小惑星番号リンカーン地球近傍小惑星探査エウレカ (小惑星)火星火星のトロヤ群火星横断小惑星10月30日12月12日1999年2012年2014年9月30日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と天文単位 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と小惑星 · 続きを見る »

小惑星番号

小惑星番号(しょうわくせいばんごう、英語:minor planet number)とは、軌道要素が確定し、小惑星センターに正式登録された天体に与えられる登録番号である。なお、ここで言う「小惑星」とは岩石を主成分とする「小惑星(asteroid)」の事ではなく、それに加えて太陽系外縁天体、彗星・小惑星遷移天体や準惑星などを含んだ天体の総称としての「小惑星(minor planet)」の事である。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と小惑星番号 · 続きを見る »

リンカーン地球近傍小惑星探査

リンカーン地球近傍小惑星探査 (LIncoln Near-Earth Asteroid Research: LINEAR) は、アメリカ空軍、アメリカ航空宇宙局 (NASA)、およびマサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所が共同で運営している、地球近傍小惑星の組織的な発見と追跡のためのプロジェクト。1998年以降に発見された小惑星のほとんどがLINEARによるものである。 2004年10月21日までに、リモートテレスコープによって少なくとも1622個の地球近傍小惑星や142個の彗星を含む21万1849個の新しい天体を検出した。 最初の試験が行われたのは1972年にまで遡る。 1980年代前半にはニューメキシコ(国際天文学連合天文台コード704)にリンカーン研究所のETS (Experimental Test System) の原型が構築された。 LINEARプロジェクトは、1996年に口径1mのGEODSS(地上設置型電子光学式深宇宙探査)望遠鏡を使用して地球近傍天体 (NEO) を捜索する施設の運営を始めた。 このような視野が広い空軍の望遠鏡は、衛星軌道上の宇宙機の光学的観測のために設計された。 LINEARで用いられるGEODSS望遠鏡は、ニューメキシコ州ソコロ郡のホワイトサンズミサイル射場内にあるリンカーン研究所の実験場に設置され、データはマサチューセッツ州レキシントンのハンスコム空軍基地内のリンカーン研究所に送信された。 1997年3月から7月までは、1024×1024ピクセルのCCDイメージセンサを用いた実地試験が行われた。このCCDは望遠鏡の視野の約1/5しかカバーできなかったが、それでも4個のNEOが発見された。1997年10月には、さらに大きい1960×2560ピクセルのCCDが使われた。これは望遠鏡の2平方度ある視野をカバーし、9個のNEOを発見することができた。1997年11月から1998年1月までに、あと5個のNEOが加わった(この時は大小両方のCCDが使われた)。 1999年10月から、2基目の1m望遠鏡が探査に用いられるようになった。2002年には、2基の1m望遠鏡で発見された天体の追跡観測のために、口径0.5mの3基目の望遠鏡がオンラインで導入された。 現在、LINEARの望遠鏡は一晩に空の各区画を5回観測する。労力のほとんどは大部分のNEOが存在すると予想される黄道面沿いの探査に費やされている。 CCDの感度、そして特に出力速度が比較的速いことによって、LINEARは毎晩空の広い領域をカバーすることができる。現在、NEO発見のほとんどはLINEARプログラムによるものである。 プロジェクトの主任研究者はグラント・ストークス、共同研究者としてジェニファー・エヴァンスとエリック・ピアスが加わっている。 何万もの小惑星(2006年6月13日現在、小惑星番号が登録された小惑星の総数12万9436個のうち6万7820個)を発見したことに加えて、LINEARはいくつもの周期彗星を発見、または共同発見、または再発見している。それには11P/テンペル・スイフト・LINEAR彗星、146P/シューメーカー・LINEAR彗星、148P/アンダーソン・LINEAR彗星、156P/ラッセル・LINEAR彗星、158P/コワル・LINEAR彗星、160P/LINEAR第43彗星、165P/LINEAR第10彗星、および176P/LINEAR第52彗星=(118401) LINEAR(彗星・小惑星遷移天体)などが含まれる。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7とリンカーン地球近傍小惑星探査 · 続きを見る »

エウレカ (小惑星)

ウレカ (5261 Eureka) は、火星の後方トロヤ点を巡る小惑星。デイヴィッド・レヴィとヘンリー・E・ホルトがパロマー天文台で発見した。 アルキメデスが浮力の原理を発見した時に叫んだとされる、「見つけた!」または「わかった!」という意味のギリシア語から名付けられた。 エウレカは火星のトロヤ群としては最初に発見された小惑星である。2010年代初頭現在、火星の後方トロヤ点には と を含めて3個が、前方トロヤ点(L4点)には が発見されている。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7とエウレカ (小惑星) · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と新年 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と火星 · 続きを見る »

火星のトロヤ群

火星の軌道上にある、L4(薄青色)とL5(緑色)のトロヤ群。火星は赤色で示されている。外側の軌道は、木星である。 火星のトロヤ群 (Mars trojans) は、太陽の周りの公転軌道を火星と共有する小惑星のグループである。火星の前方と後方それぞれ60°の2つのラグランジュ点で見られる。火星のトロヤ群の起源は未だ分かっていない。ある仮説では、太陽系が形成された時に、火星のラグランジュ点に捕獲されたものだとするが、スペクトルの研究から、この仮説は誤っていることが示唆される。もう1つの仮説では、太陽系の形成後に火星のラグランジュ点まで移動してきたとするものであるが、火星は非常に低質量であることが問題となる。 2012年11月現在、火星のトロヤ群としては3つの小惑星が知られており、その他にも候補天体がある。 L4(火星の前方).

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と火星のトロヤ群 · 続きを見る »

火星横断小惑星

火星横断小惑星(かせいおうだんしょうわくせい、Mars-crosser asteroid)は、その軌道が火星と交叉する小惑星である。 地球近傍小惑星のうち、アモール群やアポロ群に属する物の大半、ならびにダモクレス族の一部は火星横断小惑星でもある。 小惑星の一覧はMars-crosser_asteroid等を参照の事(内接小惑星、外接小惑星、火星のトロヤ群、火星共有軌道天体を含む)。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と火星横断小惑星 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と10月30日 · 続きを見る »

12月12日

12月12日(じゅうにがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から346日目(閏年では347日目)にあたり、年末まであと19日ある。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と12月12日 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と1999年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と2012年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と2014年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と2019年 · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。.

新しい!!: (121514) 1999 UJ7と9月30日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

1999 UJ72002 AC180

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »