ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

(メチオニンシンターゼ)レダクターゼ

索引 (メチオニンシンターゼ)レダクターゼ

レダクターゼ(reductase)は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。 この酵素の基質はメチルコバラミン(I)、''S''-アデノシル-L-ホモシステインとNADP+で、生成物はコバラミン(I)、NADH、H+と''S''-アデノシル-L-メチオニンである。補因子としてフラボタンパク質を用いる。 この酵素は酸化還元酵素に属し、NAD+またはNADP+を受容体として金属イオンを特異的に酸化する。組織名は-methylcob(I)alamin,S-adenosylhomocysteine:NADP+ oxidoreductaseで、別名にmethionine synthase cob(II)alamin reductase (methylating)、methionine synthase reductase、-cobalamin methyltransferase (cob(II)alamin reducing)がある。.

10 関係: 基質化学反応フラボタンパク質ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸補因子触媒酸化還元酵素S-アデノシル-L-ホモシステインS-アデノシルメチオニン5-メチルテトラヒドロ葉酸-ホモシステインメチルトランスフェラーゼ

基質

基質 (きしつ)とは.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと基質 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう。化学変化とは1つ以上の化学物質を別の1つ以上の化学物質へと変化する事で、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。広義には溶媒が溶質に溶ける変化や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化、液体が固体に変わる変化MF2等も化学変化という。 化学変化の前後では、化学物質の分子を構成する原子の結合が変わって別の分子に変化する事はあるが、原子そのものが別の原子番号の原子に変わる事はない(ただし原子間の電子の授受や同位体の変化はある)。この点で原子そのものが別の原子に変化する原子核反応とは大きく異なる。 化学反応では反応前の化学物質を反応物(reactant)、反応後の化学物質を生成物(product)といい、その過程は化学反応式で表記される。例えば反応物である(塩酸)とNaOH(水酸化ナトリウム)が化学反応して生成物であるH2O(水分子)とNaCl(食塩)ができあがる状況を示した化学反応式は と表記される。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと化学反応 · 続きを見る »

フラボタンパク質

フラボタンパク質(Flavoprotein)は、補欠分子族としてリボフラビン誘導体のフラビンモノヌクレオチド(FMN)またはフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)を含むタンパク質の総称である。たとえば生物発光、酸化ストレスに関わるラジカルの除去、光合成、DNA修復、アポトーシスのような、非常に多くの生化学反応に関わっている。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとフラボタンパク質 · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリンさん、)とは、光合成経路あるいは解糖系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。化学式:C21H21N7O17P3、分子量:744.4。ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドと構造上良く似ており、脱水素酵素の補酵素として一般的に機能している。略号であるNADP+(あるいはNADP)として一般的には良く知られている。酸化型 (NADP+) および還元型 (NADPH) の2つの状態を有し、二電子還元を受けるが中間型(一電子還元型)は存在しない。 かつては、トリホスホピリジンヌクレオチド (TPN)、補酵素III、コデヒドロゲナーゼIII、コエンザイムIIIなどと呼称されていたが、現在はNADP+に統一されている。別名、ニコチン酸アミドジヌクレオチドリン酸など。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 · 続きを見る »

補因子

生化学の分野において、補因子(ほいんし cofactor)は、酵素の触媒活性に必要なタンパク質以外の化学物質である。 補因子は「補助分子、またはイオン」であると考えられ、生化学的な変化を助けている。ただし、水や豊富に存在するイオンなどは補因子とはみなされない。それは、普遍的に存在し制限されることが滅多にないためである。この語句を無機分子に限って用いている資料もある。 補因子は2つのグループに大別できる。1つは補酵素(ほこうそ、coenzyme)で、タンパク質以外の有機分子であり、官能基を酵素間で輸送する。これらの分子は酵素とゆるく結合し、酵素反応の通常の段階では解離される。一方、補欠分子族(ほけつぶんしぞく、prosthetic group)はタンパク質の一部を構成しており、常時結合しているものである。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと補因子 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。 今日では反応の種類に応じて多くの種類の触媒が開発されている。特に化学工業や有機化学では欠くことができない。また、生物にとっては酵素が重要な触媒としてはたらいている。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

S-アデノシル-L-ホモシステイン

S-アデノシル-L-ホモシステイン (S-Adenosyl-L-homocysteine、SAH) は、ほとんどの生物の代謝経路で使われるアミノ酸誘導体である。システインおよびアデノシン合成における中間体の一つである。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとS-アデノシル-L-ホモシステイン · 続きを見る »

S-アデノシルメチオニン

S-アデノシルメチオニン(S‐adenosylmethionine、SAM、SAM-e)とは、アデノシンとメチオニンとから生体内で合成される生体内物質である。補欠分子族の一種でメチル基供与体として作用する。活性メチオニン(active methionine)とも呼ばれる。略号はSAMまたはAdoMet。 アデノシンとメチオニンとはメチルスルホニウム結合を介して連結しているが、このメチルスルホニウム結合は高エネルギー結合であり、このメチル基がコリン・クレアチニンなどのメチル化合物生成に利用される。メチル基を失ったS-アデノシルメチオニンはS-アデノシル-L-ホモシステイン(SAH)となる。 動物では肝臓においてメチオニントランスアデニラーゼによりL‐メチオニンとATPから生成される。S-アデノシルメチオニンはポリアミン代謝の重要な中間体であり、脱炭酸反応によりアミノプロピル体となった後、プトレシンに付加するとスペルミジンが生成する。スペルミジンはアミノブチル基に付加してスペルミンとなる。 植物においては、S-アデノシルメチオニンからシクロプロパンカルボン酸を経由して植物ホルモンであるエチレンが産生する。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとS-アデノシルメチオニン · 続きを見る »

5-メチルテトラヒドロ葉酸-ホモシステインメチルトランスフェラーゼ

5-メチルテトラヒドロ葉酸-ホモシステインメチルトランスフェラーゼ 5-メチルテトラヒドロ葉酸-ホモシステインメチルトランスフェラーゼ(、5-Methyltetrahydrofolate-homocysteine methyltransferase、MTR)は、メチオニン生合成の最終段階を触媒する酵素である。メチオニンシンターゼとしても知られる。 MTRはホモシステインからメチオニンを合成する、S-アデノシルメチオニンサイクル(メチオニン合成とも呼ぶ)を構成する酵素である。.

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと5-メチルテトラヒドロ葉酸-ホモシステインメチルトランスフェラーゼ · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »