ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

香水

索引 香水

香水(こうすい)は、油状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液諸江辰男 著 『香りの来た道』 光風社出版、1986年で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。。… "perfume" という英語の文献的初出は16世紀なので、文章として「古来」は不適切 http://www.merriam-webster.com/dictionary/perfume。香水の歴史的先進地域や現在の中心地は、必ずしも英語圏のではないので、英語の内部リンクも不要。-->.

100 関係: におい十字軍天然樹脂嫉妬の香り宗教人間弥生人俳優化粧品ペンハリガンマナーマリリン・モンローマッコウクジラハンガリー水ハーブハッカバラバニラポマードメントールモンゴロイドユニセックスヨーロッパラベンダーライムルネサンスレモンワーキング・ガールブランドパリパフューム ある人殺しの物語ビャクダンビーバーツノマタゴケディオールフランスフランス語フローラルノートベルガモット味覚アミノ酸アメリカ合衆国アメリカ英語アルコールアロマテラピーアジアゾウインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説イギリスイギリス英語イスラーム黄金時代...イタリアエチオピアオーデコロンカロン (化学)キャリアウーマンキプロス島ケンゾーゲイシャネルシャネルNo.5シトラスジャコウネコ科ジャコウネズミジャコウジカジャスミンスイカスズランタンパク質タブーサンタロール入浴動物皮革精油病気生殖器風と共に去りぬ風呂装身具香害香油香木香料調香師麝香龍涎香近代霊猫香霧吹き蒸留揮発性梅毒樹皮水素イオン指数没薬油脂新モンゴロイド日本 インデックスを展開 (50 もっと) »

におい

においとは.

新しい!!: 香水とにおい · 続きを見る »

十字軍

1回十字軍によるアンティオキア攻囲戦 十字軍(じゅうじぐん、cruciata、crusade)とは、中世に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック教会の諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のことである。 一般には、上記のキリスト教による対イスラーム遠征軍を指すが、キリスト教の異端に対する遠征軍(アルビジョア十字軍)などにも十字軍の名称は使われている。 実態は必ずしも「キリスト教」の大義名分に当て嵌まるものではなく、中東に既にあった諸教会(正教会・東方諸教会)の教区が否定されてカトリック教会の教区が各十字軍の侵攻後に設置されたほか、第4回十字軍や北方十字軍などでは、正教会も敵として遠征の対象となっている。また、目的地も必ずしもエルサレム周辺であるとは限らず、第4回以降はイスラム最大勢力であるエジプトを目的とするものが多くなり、最後の十字軍とされることもある第8回の十字軍は北アフリカのチュニスを目的としている。.

新しい!!: 香水と十字軍 · 続きを見る »

天然樹脂

天然樹脂(てんねんじゅし)は、天然に、主に植物に生じた やに状物質のことブリタニカ百科事典「樹脂」。樹皮より分泌される樹液が、揮発成分を失った後の固体のこと。樹液の不揮発性成分。 植物由来のものだけでなく動物から得られるものを含めることもある。.

新しい!!: 香水と天然樹脂 · 続きを見る »

嫉妬の香り

『嫉妬の香り』(しっとのかおり)は、日本の小説家・辻仁成の小説、およびそれを原作とした日本のテレビドラマ作品である。.

新しい!!: 香水と嫉妬の香り · 続きを見る »

宗教

宗教(しゅうきょう、religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり『世界大百科事典』 231頁。、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。 。.

新しい!!: 香水と宗教 · 続きを見る »

人間

人間(にんげん、英: human beingジーニアス和英辞典「人間」)とは、以下の概念を指す。.

新しい!!: 香水と人間 · 続きを見る »

弥生人

弥生人(やよいじん、Yayoi people)は、狭義には弥生時代に中国大陸から日本列島に渡来してきた人々を指す。広義には、稲作などの弥生文化を受け入れた旧縄文人を含む、弥生時代の日本列島の人々全体を指す。.

新しい!!: 香水と弥生人 · 続きを見る »

俳優

俳優(はいゆう、actor)は、演劇、映画等において、その人物に扮して台詞、身振り、表情などで演じる人のこと。またその職業。役者(やくしゃ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 香水と俳優 · 続きを見る »

化粧品

化粧品(けしょうひん、cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、医薬品医療機器等法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品として販売されていることがある。 日本標準商品分類では、香水及びオーデコロン、仕上用化粧品、皮膚用化粧品、頭髪用化粧品、特殊用途化粧品、その他の化粧品に大きく分類される。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。.

新しい!!: 香水と化粧品 · 続きを見る »

ペンハリガン

ンドン、バーリントン・アーケードのペンハリガンの店舗 ペンハリガン(Penhaligon's)は、1870年にウィリアム・ヘンリー・ペンハリガンが設立したイギリスの香水メーカーである。ペンハリガンはコーンウォール出身の理容師で、ロンドンに出た後、宮廷理容師及び調香師としてヴィクトリア女王に仕えた。1903年にアレクサンドラ王妃から初のロイヤル・ワラントを受け、現在はエディンバラ公(1956年)及びプリンス・オブ・ウェールズ(1988年)が授与した2つのロイヤル・ワラントを保有している。.

新しい!!: 香水とペンハリガン · 続きを見る »

マナー

マナー(manners)とは、行儀・作法のことを指す。.

新しい!!: 香水とマナー · 続きを見る »

マリリン・モンロー

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国の女優、モデルである。典型的な「ブロンド・」("Blonde bombshell", 「金髪美女」)」役を演じたことで有名な彼女は、1950年代で最も人気のあるセックスシンボルの1人であり、セクシャリティに対する時代の態度を象徴していた。彼女は1962年にを迎えるまで、わずか10年ほどのだったが、彼女の映画は2億ドルの収入を得た。彼女は引き続き大衆文化のアイコンとみなされている。 ロサンゼルスで生まれ育ったモンローは、幼少期のほとんどを里親と孤児院で過ごし、16歳で結婚した。戦時中、1944年に工場で働いていたが、第1映画部隊の写真家に紹介され、としてキャリアに成功した。その後、20世紀フォックス(1946年 - 47年)とコロンビア映画(1948年)と短期間の映画契約を結んだ。マイナー映画での役割を果たした後、1951年にフォックスと新たな契約を結んだ。次の2年間、彼女は『』と『モンキー・ビジネス』を含むいくつかの喜劇、そして『』『ノックは無用』といったドラマ映画に出演。モンローは、スターになる前にヌード写真を撮っていたことが判明したが、彼女の経歴にダメージを与えることはなく、むしろ彼女の映画に対する関心が高まった。 1953年までに、モンローは、彼女の性的魅力に焦点を当てたノワール『ナイアガラ』と、『紳士は金髪がお好き』、『百万長者と結婚する方法』の3つの映画で主役を演じ、「」("Dumb blonde")というスターイメージを確立。ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。彼女は彼女のキャリアを通じてパブリックイメージの創造と管理に重要な役割を果たしてきたが、十分な賃金を支払わないスタジオに不満を抱いていた。彼女は映画プロジェクトを拒否して1954年に一時的に休業したが、彼女のキャリア最大の興行収入を上げた映画の1つ『七年目の浮気』でスターの地位を取り戻した。 スタジオが依然として契約変更を嫌がっていたとき、モンローは1954年後半に映画制作会社を設立した。彼女はそれをマリリン・モンロー・プロダクション(MMP)と名付けた。彼女は1955年に、アクターズ・スタジオでメソッド演技法を学び始めた。1955年後半、フォックスは彼女と新しい契約を結び、彼女に多くの支配権とより多くの給料を与えた。1956年、『バス停留所』は批評家に称賛され、MMP最初の独立企画である『王子と踊子』の演技でゴールデン・グローブ賞主演女優賞の候補となった。1961年公開の『荒馬と女』が遺作となった。 モンローの悩ましい私生活は大きな注目を集め、ハリウッド女優になってから野球のスター選手だったジョー・ディマジオと劇作家のアーサー・ミラーと二度の結婚をしている。一方で、彼女は薬物乱用、うつ病、不安に悩まされていた。1962年8月5日、彼女はロサンゼルスの自宅でバルビタールの過剰投与により36歳で死亡。モンローの死には、陰謀論が提唱されている。.

新しい!!: 香水とマリリン・モンロー · 続きを見る »

マッコウクジラ

龍涎香(りゅうぜんこう) マッコウクジラ(抹香鯨、Physeter macrocephalus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)マッコウクジラ科マッコウクジラ属に分類されるクジラ類。本種のみでマッコウクジラ属を構成する。 ハクジラ類の中で最も大きく、歯のある動物では世界最大で、巨大な頭部形状が特徴。.

新しい!!: 香水とマッコウクジラ · 続きを見る »

ハンガリー水

ーズマリー ハンガリー水(仏:Eau de Hongrie オードゥオングリ、英:Hungary Water ハンガリーウォーター)、ハンガリー王妃の水(仏:eau de la reine de hongrie、英:the Queen of Hungary's Water)、は、ローズマリーをアルコールと共に蒸留した蒸留酒、薬酒である『西洋事物起源(二)』 ヨハン・ベックマン(著)、特許庁内技術史研究会(訳) 岩波書店(1999年)。日本には英語圏を介してその名が広まったと思われ、ハンガリーウォーターと呼ばれることが多い。ローズマリーの有効成分や強い芳香成分が含まれており、当初は薬酒として作られた。12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲンが発明したと伝えられるラベンダー水(ただし、ヒルデガルトは彼女の著書で、ラベンダー水に言及していない)と同様に、ヨーロッパにおけるアルコールベースの香水の起源のひとつといわれている。(それ以前は、香りはワインのベースまたは油性の混合物に混ぜ込まなけらばならなかった。)中世後期には香水として使用されており、ヴィクトリア朝まで使われていた『香りの来た道』 諸江辰男(著)光風社出版(1986年)。 「ハンガリー」と冠するが、誕生した具体的な場所・年代は不明であり、製作者も定かではない。「ハンガリー王妃の水」とも呼ばれるが、誕生にハンガリー王妃が関わっている、またはハンガリーが起源である歴史的な根拠はなく、ハンガリー王妃に関するエピソードは創作であり、商品の箔付けのために考え出されたともいわれる。物語では、その製法は、修道士もしくは宮廷に仕える錬金術師が王妃のために考案した、または、閉ざされた庭園に、隠者あるいは若者に姿を変えた天使が現われて教えたとされる。 蒸留法で作られるハンガリー水は、ローズマリーを何度も蒸留する必要があるため、技術的に難しく高価であり、一般に売られている価格ほど安く作ることはできない。そのほとんどは、ローズマリーをアルコールに漬けたチンキか、アルコールや水に、ハンガリー水やローズマリーの精油を少量混ぜただけのものである。.

新しい!!: 香水とハンガリー水 · 続きを見る »

ハーブ

ハーブ(イギリス英語で 「ハーブ」、アメリカ英語では 「アーブ」)は、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物で永岡治 著 『クレオパトラも愛したハーブの物語 魅惑の香草と人間の5000年』 PHP研究所、1988年、緑の葉を持つ草、茎のやわらかい植物などを指すことが多いA.W.ハットフィールド 著 『ハーブのたのしみ』 山中雅也・山形悦子 訳、八坂書房、1993年。同様の有用植物であっても、種子、実、根、樹皮などは香辛料と呼ばれることが多いが、苔から木本まで、香りや薬効がある有用植物全般をハーブとして扱う場合もある。反面、旺盛な繁殖力を持ち駆除困難な害草となる種もある。 ハーブは「草」あるいは「野草」、「草木」を意味する を語源とし、フランス語でherbe(エルブ)、古英語でherbe(アーブ)となり、これが変化して英語のherbとなり、日本に伝わってハーブという言葉が使われるようになった。.

新しい!!: 香水とハーブ · 続きを見る »

ハッカ

; ハッ.

新しい!!: 香水とハッカ · 続きを見る »

バラ

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称である。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する。ここでは、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。 バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ(ただし、園芸種では大部分が八重咲きである)。北半球の温帯域に広く自生しているが、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地でここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播した。南半球にはバラは自生しない。.

新しい!!: 香水とバラ · 続きを見る »

バニラ

バニラ(vanilla、学名 Vanilla planifolia)はラン科バニラ属の蔓性植物。または、その植物から抽出された香料などのこと。.

新しい!!: 香水とバニラ · 続きを見る »

ポマード

Royal Crown製ポマード(缶詰) ポマード(pomade、pommade)は、整髪料の一種である。.

新しい!!: 香水とポマード · 続きを見る »

メントール

メントール (Menthol) は環式モノテルペン、アルコールの一種の有機化合物。IUPAC命名法の系統名は 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール (2-isopropyl-5-methylcyclohexanol)、母骨格がp-メンタンというIUPAC許容慣用名を持つため、そこから p-メンタン-3-オール (menthan-3-ol) という名称も誘導される。和名では薄荷脳という。メンスォール(メンソール、Menthol)とも呼ばれる。 ハッカ臭を持つ、揮発性の無色結晶である。メントールにはいくつかのジアステレオマー、鏡像異性体がある。そのうちの l-メントールは歯磨きやチューインガムなどの菓子類、口中清涼剤などに多用されるほか、局所血管拡張作用、皮膚刺激作用等を有するため、医薬品にも用いられる。 薄荷(ニホンハッカ)、ミント(ペパーミント)に多く含まれる。.

新しい!!: 香水とメントール · 続きを見る »

モンゴロイド

モンゴロイド (Mongoloid) とは、人類学創始期の形態人類学における人種分類概念の一つである。日本では一般に黄色人種・蒙古人種とも訳される。18世紀にドイツ人の人類学者ブルーメンバッハによって分類された五大人種に基づく。便宜的・慣用的・政治的にさまざまな場面で用いられる。.

新しい!!: 香水とモンゴロイド · 続きを見る »

ユニセックス

ユニセックス (Unisex) とは、男女どちらでも着られる衣服、髪型およびそれを身につけるファッションのことである。 また転じて、衣服以外でも(特に男性向け・女性向けが限定されうる物品において)性別を限定しない物品もこう呼ばれることがある。.

新しい!!: 香水とユニセックス · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: 香水とヨーロッパ · 続きを見る »

ラベンダー

ラベンダー(英: 、仏:)は、シソ科ラヴァンドラ属(ラベンダー属、)の半木本性植物の通称である宮崎泰 著 『ハーブ―育てる・食べる』 偕成社 1995年。または、半耐寒性の小低木Lavandula angustifolia (通称:ラベンダー、コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダーなど)を指す。.

新しい!!: 香水とラベンダー · 続きを見る »

ライム

ライム (Lime) とは、柑橘類の一種。樹木としてはインドからミャンマー、マレーシア一帯の熱帯地域を原産とする低木。果実としてはライムの木の実である。.

新しい!!: 香水とライム · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。また、これらの時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。 日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。.

新しい!!: 香水とルネサンス · 続きを見る »

レモン

レモンの蕾と花 レモン(檸檬、lemon、学名: )は、ミカン科ミカン属の常緑低木、またはその果実のこと。柑橘類のひとつであり、なかでも主に酸味や香りを楽しむ、いわゆる香酸柑橘類に属する。 レモンの近縁種の一つ、シトロンの別名がで、クエン酸の名はこれに由来する。.

新しい!!: 香水とレモン · 続きを見る »

ワーキング・ガール

『ワーキング・ガール』(Working Girl)は、1988年公開のアメリカ映画。ニューヨーク・ウォール街の投資銀行のM&A部門で働く秘書の物語。マイク・ニコルズ監督作品。.

新しい!!: 香水とワーキング・ガール · 続きを見る »

ブランド

ブランド(brand)とは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。 それが現在のブランドの概念と言える。ブランドを冠して財やサービスを提供する側の意思を端的に表現するものとして、文字や図形で具体的に表現された商標を使用することが多い。広い意味では高級や低品質など関係無しに全ての商品やサービスに対してブランドと呼ぶ。 狭義としては高級品や一流品などを示す意味で使われる。ファッション分野では「ブランド物」や「DCブランド」と呼ばれたり、電化製品や一般消費財では一流メーカーの物を「メーカー品」と呼んだりする。 ブランドという単語は従来はマーケティング(マーケティング・コミュニケーション)の世界の用語であったが、地域自体やその名称をブランドと考える「地域ブランド」も近年提唱されており、その概念は広がりを見せている。.

新しい!!: 香水とブランド · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 香水とパリ · 続きを見る »

パフューム ある人殺しの物語

『パフューム ある人殺しの物語』(原題: )は、2006年製作のドイツ・フランス・スペイン合作映画。18世紀のパリを舞台にしたパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』の映画化。 日本では2007年3月3日から公開された。映倫規定ではPG-12指定になった。.

新しい!!: 香水とパフューム ある人殺しの物語 · 続きを見る »

ビャクダン

ビャクダン(白檀、学名 Santalum album)はビャクダン科の半寄生の熱帯性常緑樹。爽やかな甘い芳香が特徴。香木として利用される。.

新しい!!: 香水とビャクダン · 続きを見る »

ビーバー

ビーバーは、齧歯目ビーバー科(ビーバーか、Castoridae)に分類される構成種の総称。ビーバー属のみで本科を構成する。 和名は海狸(かいり、うみだぬき)海生であるとの誤解を与えやすいこともあり、現在ではほとんど使われない。。.

新しい!!: 香水とビーバー · 続きを見る »

ツノマタゴケ

ツノマタゴケ(角叉苔、Evernia prunastri)はウメノキゴケ科の地衣類。オークモス(oakmoss)とも呼ばれ、香水をはじめ香粧品の原料として利用される(日本フレグランス協会)(関税中央分析所)。また、地衣体をアンモニアで処理して得られる色素(オルセイン)は地衣染めに利用され、羊毛をプルーン(セイヨウスモモ、prune)のような色に染めることができる(‘prunastri’の語源)吉村庸 (1974) 『原色日本地衣植物図鑑』 41ページ (保育社)。.

新しい!!: 香水とツノマタゴケ · 続きを見る »

ディオール

リスチャン・ディオール(Christian Dior)は、フランスのファッションデザイナー、クリスチャン・ディオールが創立したファッションブランドを展開する企業である。創業以来、フランスを代表するクチュール メゾンとしてトップに君臨する。 本社所在地はパリ8区モンテーニュ大通り30番地。フランスを本拠地とする複合企業のLVMHに属する。.

新しい!!: 香水とディオール · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 香水とフランス · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: 香水とフランス語 · 続きを見る »

フローラルノート

フローラルノート()は、花の香り、花香調の総称である。香調の範囲は広く『最新 香りの事典』、柑橘系の香りのシトラスノートと並び、フレグランスの香りの基本となる。女性向けのフレグランスや香粧品には、フローラルノートを基調としたものが多い『香りの総合事典』。 ジャスミン、ローズ、ミュゲ、ライラック、ナルシサスなど単一の香りのものを「シングルフローラル」、これら複数を調合したり、ウッディ、フルーティ、シトラスなどの香調を加えたものを「フローラルブーケ」と呼ぶ。脂肪族アルデヒドを加えた「フローラルアルデヒド」は、人の体臭を思わせるセクシーな脂肪臭をもつ。香水ではシャネルNo.5やなどが知られている。草を思わせるグリーン調の香りを加えたものを「フローラルグリーン」と呼び、や、などがこれに当たる。ビャクダンやムスクなど、欧米人にとって東洋的な印象をもたらすオリエンタル調の香りを持たせたものは「フロリエンタル」と呼ばれ、1985年にクリスチャン・ディオールから発売されたなどが代表的である。.

新しい!!: 香水とフローラルノート · 続きを見る »

ベルガモット

ベルガモット ベルガモット ベルガモット(英:Bergamot、伊:Bergamotto、学名:Citrus × bergamia)はミカン科の常緑高木樹の柑橘類である。主産地はイタリア。 RAPDやSCARを用いたDNA解析の結果からダイダイ (C. aurantium) とマンダリンオレンジの交雑種であると推定されている。 ベルガモットの果実は生食や果汁飲料には使用されず、専ら精油を採取し香料として使用される。紅茶のアールグレイはベルガモットで着香した紅茶である。フレッシュな香りをもつためオーデコロンを中心に香水にもしばしば使用される。.

新しい!!: 香水とベルガモット · 続きを見る »

味覚

味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。基本味の受容器はヒトの場合おもに舌にある。基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ)と呼ばれることが多い。また、認識の過程を味わう(あじわう)と言う。.

新しい!!: 香水と味覚 · 続きを見る »

アミノ酸

リシンの構造式。最も構造が単純なアミノ酸 トリプトファンの構造式。最も構造が複雑なアミノ酸の1つ。 アミノ酸(アミノさん、amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学など、生体分子をあつかう生命科学分野においては、遺伝暗号表に含まれるプロリン(イミノ酸に分類される)を、便宜上アミノ酸に含めることが多い。 タンパク質を構成するアミノ酸のうち、動物が体内で合成できないアミノ酸を、その種にとっての必須アミノ酸と呼ぶ。必須アミノ酸は動物種によって異なる。.

新しい!!: 香水とアミノ酸 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 香水とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ英語

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語の方言。米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。.

新しい!!: 香水とアメリカ英語 · 続きを見る »

アルコール

アルコールの構造。炭素原子は他の炭素原子、または水素原子に結合する。 化学においてのアルコール(alcohol)とは、炭化水素の水素原子をヒドロキシ基 (-OH) で置き換えた物質の総称である。芳香環の水素原子を置換したものはフェノール類と呼ばれ、アルコールと区別される。 最初に「アルコール」として認識された物質はエタノール(酒精)である。この歴史的経緯により、一般的には単に「アルコール」と言えば、エタノールを指す。.

新しい!!: 香水とアルコール · 続きを見る »

アロマテラピー

アロマテラピー(aromathérapie アロマテラピ)またはアロマセラピー(aromatherapy アロウマセラピ)は、一般的には、精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法である。芳香療法、香料治療とも。実際様々な方法で用いられている。ムード作りのインテリアの一種としても使われている。使用される精油は植物に由来する揮発性の油で、それぞれ特有の芳香を持ち、生物活性が科学的に認められるものもある。 精油を使った医療は、アラビアやヨーロッパで昔から行われている伝統医学・民間療法のひとつである。1990年代以降世界的に普及した。ストレス、うつ病、不安、睡眠の質、月経困難症、女性の性欲の刺激、疼痛にに有効であるとシステマティック・レビューにより示され、殺菌作用を持つ精油は、石鹸などに配合されたり、歯科などでも模索されている。現代では、自己管理の健康法としても用いられている。先進国の産業社会に反対する対抗文化(カウンターカルチャー)であり、ニューエイジの一つのライフスタイルである。.

新しい!!: 香水とアロマテラピー · 続きを見る »

アジアゾウ

動画:アジアゾウ タイの施設で運搬のスキル等を教え込んでいる様子。 アジアゾウ(Elephas maximus)は、長鼻目ゾウ科アジアゾウ属に分類されるゾウ。現生するゾウ目(長鼻目)3種のうちの1種(他はアフリカゾウとマルミミゾウ)。、現生種はアジアゾウ1種のみである(2013年の知見)。アジアゾウ属の模式種。長生きで知能が高い。.

新しい!!: 香水とアジアゾウ · 続きを見る »

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(インディ・ジョーンズ/まきゅうのでんせつ、原題:Indiana Jones and the Temple of Doom)は、1984年のアメリカ映画。アドベンチャー映画。『インディ・ジョーンズ』シリーズの2作目。劇中の時系列は、前作『レイダース』の1年前に設定された。 特撮はILMが手がけ、アカデミー賞では視覚効果賞を受賞。また、作曲賞にもノミネートされた。.

新しい!!: 香水とインディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 香水とイギリス · 続きを見る »

イギリス英語

イギリス英語(イギリスえいご、)は英語の中でもイギリスで使用されている英語。英語ではBritish EnglishまたはUK Englishという。.

新しい!!: 香水とイギリス英語 · 続きを見る »

イスラーム黄金時代

イスラーム黄金時代(イスラームおうごんじだい、Islamic Golden Age)とは、1258年のバグダードの戦いまで続いたアッバース朝時代の呼称である。イスラム黄金時代やイスラム黄金期と表記されることもある。 イスラーム黄金時代は8世紀中期にアッバース朝が成立し、ダマスカスからバグダードへの遷都が行われて始まったVartan Gregorian, "Islam: A Mosaic, Not a Monolith", Brookings Institution Press, 2003, pg 26–38 ISBN 0-8157-3283-X。アッバース朝の学問に対する姿勢は「学者のインクは殉教者の血よりも尊い」といった、知識の価値を強調するクルアーンの訓戒やハディースの姿勢に大きく影響を受けた。アッバース朝時代、アラブ世界は科学、哲学、医学、教育などの知識の集積所となった。アッバース朝は知識人の庇護を行い、バグダードに知恵の館を建設した。知恵の館ではムスリムの学者もそうでない学者もすべての世界の知識を収集し、アラビア語へと翻訳していた 。他の地域では失われてしまった多くの知識はアラビア語やペルシア語へと翻訳された後、さらにトルコ語やヘブライ語、ラテン語へと翻訳された。この時代、アラブ世界は古代ローマ、中国、インド、ペルシア、エジプト、ギリシャ、東ローマ帝国から得た知識を集積、大きく発展させ文化の中心地となっていた。.

新しい!!: 香水とイスラーム黄金時代 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: 香水とイタリア · 続きを見る »

エチオピア

チオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。首都はアディスアベバ。 アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つである。人口は約1億200万人(2016年7月推定)で、サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。.

新しい!!: 香水とエチオピア · 続きを見る »

オーデコロン

ーデコロン(eau de Cologne オードゥコローニュ オウ・ダ・カロウン)は、芳香品の一種。パフュームローションとも呼ばれ、香水やオードトワレと比較して、香りの持続時間は短い(1~2時間程度)。万能香水とも呼ばれ、床まき用、おしぼり用、頭髪用など広い用途に使用される。.

新しい!!: 香水とオーデコロン · 続きを見る »

カロン (化学)

ン(Calone)またはメチルベンゾジオキシエピノン(Methylbenzodioxepinone)は、ファイザーが1966年に発見した。海やオゾンの風味の新鮮な海岸の香りの印象を与えるために用いられる。カロンの構造は、数種の褐藻がフェロモンとして分泌するエクトカルペンの構造と似ている。 カロンは、若干花の香りも入った強い「潮風」の香りを持つ珍しい物質である。1980年代から、新鮮なオゾンの香りを持つ、香料の添加物として用いられ、1990年代からは、香水の主要成分としても用いられるようになった。.

新しい!!: 香水とカロン (化学) · 続きを見る »

キャリアウーマン

ャリアウーマン(女性長期賃金労働者)とは、専門的な職務遂行能力を生かして長期に仕事に就く(キャリア)女性であり、企業における管理職志向が強いと考えられている。専門分野で就労する女性をこう呼ぶこともある。長期にわたりキャリアを重ねた女性に対して使用された言葉であり、社長夫人が取締役に名を連ねたような勤務実態の無い形では使用されなかった。1970年代頃からよく使われるようになった言葉であるが、現在では女性がキャリアを持つことを特別視する言葉であるためあまり使われなくなった。.

新しい!!: 香水とキャリアウーマン · 続きを見る »

キプロス島

プロス島(キプロスとう)は、東地中海のシリア・アナトリア半島の沿岸にある島。地中海ではシチリア島、サルデーニャ島に次いで3番目に大きな島である。.

新しい!!: 香水とキプロス島 · 続きを見る »

ケンゾー

ンゾー(KENZO)はデザイナー高田賢三が設立したファッションブランドである。パリ1区サントノレ通り北側ヴィクトワール広場界隈に本店がある。.

新しい!!: 香水とケンゾー · 続きを見る »

ゲイ

イ(gay)は、同性愛の人々、日本では特に男性同性愛者を指す場合が多い言葉である。原義は「お気楽」「しあわせ」「明るく楽しく」「いい気分」「目立ちたい」といった感情を表すものでもある。 本項では「ゲイ」という言葉と同性愛の関わりについて解説する。.

新しい!!: 香水とゲイ · 続きを見る »

シャネル

ャネルSA (Chanel SA)は、ココ・シャネルが興したファッションブランド、および同ブランドを展開する企業である。レディース商品を中心に展開しており、服飾・化粧品・香水・宝飾品・時計と展開分野は幅広い。 ウーマン・リブ的な「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。喪服用途であった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として広汎的に広め、また自立した働く女性のためのジャージ素材、ツイード素材のスーツを打ち出すなどファッションの歴史を次々と刷新していった。.

新しい!!: 香水とシャネル · 続きを見る »

シャネルNo.5

ャネル N°5(Chanel N°5) は、パリのオートクチュールデザイナーだったガブリエル・ココ・シャネルが初めて送り出した香水である。読み方は、フランス語では"シャネル・ニューメロ・サンク"、英語では"シャネル・ナンバー・ファイブ"となる。 その香りを生み出す化学式を組成したのは、ロシア系フランス人科学者で調香師のエルネスト・ボーである。.

新しい!!: 香水とシャネルNo.5 · 続きを見る »

シトラス

トラス(citrous、citrus).

新しい!!: 香水とシトラス · 続きを見る »

ジャコウネコ科

ャコウネコ科(ジャコウネコか、Viverridae)は、食肉目に含まれる科。.

新しい!!: 香水とジャコウネコ科 · 続きを見る »

ジャコウネズミ

ャコウネズミ(麝香鼠、学名:Suncus murinus)は、哺乳綱・トガリネズミ目・トガリネズミ科・ジャコウネズミ属に分類される哺乳類。英文学の翻訳で齧歯目のマスクラットをジャコウネズミと翻訳していることがままあるため、注意を要する。.

新しい!!: 香水とジャコウネズミ · 続きを見る »

ジャコウジカ

ャコウジカ(麝香鹿)は、鯨偶蹄目ジャコウジカ科の1属ジャコウジカ属 の総称である。 Micromeryx の復元模型 ジャコウジカ科には十数属が含まれるが、現生するのはジャコウジカ属のみである。 シカよりも原始的と考えられたが、実際にはそのような系統位置にはない。 枝角や顔腺を有さず、乳頭は1対のみ、胆嚢、尾腺、一対の牙状の歯、そして人間にとって経済的価値のある麝香を分泌する麝香腺を有する。主に南アジア山岳の森または潅木地帯に生息。.

新しい!!: 香水とジャコウジカ · 続きを見る »

ジャスミン

ャスミン( )は、モクセイ科ソケイ属(素馨属、学名: )の植物の総称。ソケイ属の植物は世界で約300種が知られている。 ジャスミン(ヤースミーン)という語はペルシャ語に由来し、中近東から欧米では女性の名前としても用いられる(ジャスミン (曖昧さ回避)参照)。 ジャスミンとソケイ属の中国名はそれぞれ「素馨」「素馨属」。サンスクリットの (マリカー)を語源とする「茉莉」(まつり)はソケイ属の数種に用いられる。ソケイ(素馨、中国名:素馨花)やマツリカ(茉莉花、中国名:双瓣茉莉)はソケイ属の一種。.

新しい!!: 香水とジャスミン · 続きを見る »

スイカ

イカの花 スイカ(西瓜、学名: Citrullus lanatus)は、果実を食用にするために栽培されるウリ科のつる性一年草。また、その果実のこと。 原産は、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯。日本に伝わった時期は定かでないが、室町時代以降とされる。西瓜の漢字は中国語の西瓜(北京語:シーグァ xīguā)に由来する。日本語のスイカは「西瓜」の唐音である。中国の西方(中央アジア)から伝来した瓜とされるためこの名称が付いた。 夏に球形または楕円形の甘味を持つ果実を付ける。果実は園芸分野では果菜(野菜)とされるが、青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果実的野菜に分類される。.

新しい!!: 香水とスイカ · 続きを見る »

スズラン

ラン(鈴蘭、学名:Convallaria majalis)は、スズラン亜科スズラン属に属する多年草の一種。狭義にはその中の一変種Convallaria majalis var.

新しい!!: 香水とスズラン · 続きを見る »

タンパク質

ミオグロビンの3D構造。αヘリックスをカラー化している。このタンパク質はX線回折によって初めてその構造が解明された。 タンパク質(タンパクしつ、蛋白質、 、 )とは、20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである生化学辞典第2版、p.810 【タンパク質】。 構成するアミノ酸の数や種類、また結合の順序によって種類が異なり、分子量約4000前後のものから、数千万から億単位になるウイルスタンパク質まで多種類が存在する。連結したアミノ酸の個数が少ない場合にはペプチドと言い、これが直線状に連なったものはポリペプチドと呼ばれる武村(2011)、p.24-33、第一章 たんぱく質の性質、第二節 肉を食べることの意味ことが多いが、名称の使い分けを決める明確なアミノ酸の個数が決まっているわけではないようである。 タンパク質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれ、英語の各々の頭文字を取って「PFC」とも呼ばれる。タンパク質は身体をつくる役割も果たしている『見てわかる!栄養の図解事典』。.

新しい!!: 香水とタンパク質 · 続きを見る »

タブー

タブー (taboo) とは、もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事で、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語tabuが語源。18世紀末にジェームズ・クックが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に同様の文化があることから広まった。禁忌(きんき)という訳語も用いられる。 躾などを通して社会を構成する個々人の道徳の基となっていることも多いが、社会秩序の維持のためとして時の為政者に作為的に利用される危うさも孕んでいる(検閲・自主規制など)。.

新しい!!: 香水とタブー · 続きを見る »

サンタロール

ンタロール()は、化学式C15H24Oで表されるセスキテルペンアルコールの一種。α体とβ体の異性体があり、どちらもビャクダンの精油に含まれる主要な香り成分であるが、稀少であり合成も困難であるため、産業的には代替の合成香料が使われる。α-サンタロールはシクロプロパン環を持ち、1900年代にMichael 'Buffy' Perrettにより発見された。 -->.

新しい!!: 香水とサンタロール · 続きを見る »

入浴

入浴する人々 入浴(にゅうよく)とは、主に人が身体の清潔を保つことを目的として、湯や水・水蒸気などに身体を浸すことを指す。 入浴施設の構造物に関しては風呂を参照。.

新しい!!: 香水と入浴 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: 香水と動物 · 続きを見る »

皮革

製品に加工する直前の皮革と、代表的な工具 皮革(ひかく)とは、動物の皮膚を生のまま、または、なめしてあるものを指す。20世紀以降では人工的に作られた人造皮革(人工皮革と合成皮革、商標名「クラリーノ」「エクセーヌ」など)があり、それらを含む場合もあるが、その場合動物の皮膚をなめしたものを人工皮革と区別するため、天然皮革(てんねんひかく)ということもある。ヨーロッパなどでは基準があり明確に区別されているが、日本では基準が浸透しておらず、曖昧になっている傾向がある。 皮革の中でも、元々生えていた体毛まで利用するものは毛皮という。.

新しい!!: 香水と皮革 · 続きを見る »

精油

精油(せいゆ)またはエッセンシャルオイル(英語:essential oil)は、植物が産出する揮発性の油で久保亮五 他 編集 『岩波理化学辞典第4版』 岩波書店、1987年、それぞれ特有の芳香を持ち、水蒸気蒸留法、熱水蒸留法(直接蒸留法)などによって植物から留出することができるマリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年。植物は、代謝産出物、排出物、フェロモン、昆虫の忌避剤などとして精油を産出すると考えられており、葉や花弁、根などの特別な腺に貯蔵される。一般に多数の化合物の複雑な混合物で、その芳香から主に食品産業で香料として利用されている。.

新しい!!: 香水と精油 · 続きを見る »

病気

病気(びょうき)、病(やまい)は、人間や動物の心や体に不調または不都合が生じた状態のこと。(本記事で後述)。一般的に外傷などは含まれない。病気の類似概念としての、症候群(しょうこうぐん)、疾病(しっぺい)、疾患(しっかん)は、本記事でまとめて解説する。 別の読みである、病気(やまいけ)は、病気が起こるような気配をいう。.

新しい!!: 香水と病気 · 続きを見る »

生殖器

生殖器(せいしょくき)は、生物が有性生殖を行う場合に、生殖活動に直接関係する器官のこと。雄(男)と雌(女)でそれぞれ異なる生殖器がある場合、それぞれを分けて、雄性(男性)生殖器、雌性(女性)生殖器と呼ぶ。.

新しい!!: 香水と生殖器 · 続きを見る »

風と共に去りぬ

『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味する。.

新しい!!: 香水と風と共に去りぬ · 続きを見る »

風呂

呂(ふろ)とは、温浴のためや、漆器に塗った漆(うるし)を乾燥させるために、専用の部屋や室(むろ)を蒸気などで満たした設備。また、水または温泉や水を沸かした湯を満たして人が浸かる浴槽(バスタブ)(en:Bathtub)や浴室・湯屋・湯殿、熱源からの遠赤外線を利用した(水を使用しない)砂風呂や岩盤風呂などの温浴を指しても使われる。 ※本項では主に設備としての風呂について解説する。風呂に入る風習・慣習については入浴および沐浴を参照。.

新しい!!: 香水と風呂 · 続きを見る »

装身具

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。.

新しい!!: 香水と装身具 · 続きを見る »

ーン型 香(こう、incense)とは、本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。お香、御香ともいう。.

新しい!!: 香水と香 · 続きを見る »

香害

香害(こうがい、かおりがい、)とは、香水・香りつき洗濯洗剤・柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、頭痛やアレルギーなどの症状が誘発され、健康に害を受けることである。 香りの感じ方には個人差が大きく同じ香りでもある人にとってはよいと感じても別の人にとっては不快な香りとなり得て、また、不快感のみならず、咳・頭痛・喘息・吐き気などの症状を発する例もある。香り成分は空気中に漂うため受動的に曝露することになり、いわば香り成分による公害であることから「公害」をもじって「香害」と呼ばれるようになった。発生要因として、香水のつけすぎや、洗濯時に香りが強く残る柔軟剤を使用することなどがある。.

新しい!!: 香水と香害 · 続きを見る »

香油

* 香料植物を漬けこんで芳香成分を溶けこませたり、天然香料・精油を混ぜた芳香のある油(英語:perfumed oil)・軟膏(英語:balm、香膏も意味する)のこと。マッサージや皮膚の保護に使われ、日本ではアロマオイルとも呼ばれる。.

新しい!!: 香水と香油 · 続きを見る »

香木

香木(こうぼく)は、心地よい芳香を持つ木材のこと。沈香と白檀が有名である。 薄片に削ったものを加熱して芳香を楽しむのに用いられる。香木の芳香のことを「香」という。白檀は熱することなく香るため、それ以外にも仏像などの彫刻や扇子や数珠などの材料として用いられる。 ただし、香木のにおい成分を含んだオイルに木のかけらを漬け込み、「天然の伽羅」と称して高額をつけ、商品知識のない消費者に対して暴利で販売をしていることがある。一部の業者でこうした偽物を販売しているため、注意を要する。.

新しい!!: 香水と香木 · 続きを見る »

香料

香料(こうりょう、flavor)は、食品に香りと味の一部を付与する食品添加物(フレーバー)と、食品以外のものに香りを付けるフレグランス(香粧品香料)に大別される。 一般に香料は、様々な植物や一部の動物から抽出された天然香料(てんねんこうりょう)、あるいは化学的に合成された合成香料(ごうせいこうりょう)を多数調合して作られる。これらはフレーバー、フレグランスにかかわらず調合香料(ちょうごうこうりょう)と呼ばれる。調合香料を作成する際の調合品目やその割合、調合の順序などを記載した処方箋(レシピ)を作成すること、あるいは実際に調合香料を作成する行為を調香といい(調合香料を作成する行為は調合(ちょうごう)と呼ばれ、この二つは混同されることも多いが、意図的に語を使いわける場合もある)、調香を行う専門職は調香師と呼ばれる。特にフレーバーを調香する調香師はフレーバリスト、フレグランスを調香する調香師はパフューマーと呼ばれる。.

新しい!!: 香水と香料 · 続きを見る »

調香師

調香師(ちょうこうし)は、食品や香粧品の香料を調合する職業。フレーバー(食品香料)を調香する調香師はフレーバリスト(:en:Flavorist)、フレグランス(香粧品香料)を調香する調香師はパフューマー(:en:Perfumer)とも呼ばれる。.

新しい!!: 香水と調香師 · 続きを見る »

麝香

麝香(じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料、生薬の一種である。 ムスク (musk) とも呼ばれる。.

新しい!!: 香水と麝香 · 続きを見る »

龍涎香

龍涎香 龍涎香(りゅうぜんこう)あるいはアンバーグリス()は、マッコウクジラの腸内に発生する結石であり、香料の一種である。.

新しい!!: 香水と龍涎香 · 続きを見る »

近代

近代(きんだい、英語:modern history)は、世界の歴史における時代区分の一つで、近世よりも後で、現代よりも前の時代を指す。日本語の「近代」は、元々は英語の「modern」、ドイツ語の「Neuzeit」の訳語として考案された和製漢語である。.

新しい!!: 香水と近代 · 続きを見る »

霊猫香

霊猫香(れいびょうこう)とはシベット(civet)とも呼ばれるジャコウネコの分泌物であり、香料として使用される。 ジャコウネコは東南アジアと北東アフリカに分布しているが、霊猫香の採取が行われているのはエチオピアのみである。 エチオピアではシベットを採取するためにジャコウネコを飼育している。 ジャコウネコは凶暴な性格でヒトになつかないため、一匹ずつ隔離して狭いケージに入れて飼育する。 そして9日程度ごとに尾の近くにある香嚢(会陰腺)にヘラを差し込んで、その中のペースト状の分泌物を掻き出す。 これが霊猫香であり、1頭のジャコウネコから一度の採取で10グラム程度の霊猫香が得られる。 かつてはこれを牛の角に詰めて出荷していたのが有名であったが、現在はアルミ缶などに代わっている。 霊猫香は黄白色をしており、空気に触れると徐々に黒っぽくなり粘性が増してやがて酸敗してしまう。 香料として使用する場合には、エタノールに溶解させて不溶物を濾過して除いたチンクチャーとして用いる。 これは強い糞様臭を持つが、さらに薄めると心地よい香りとなる。 霊猫香はつけた香水の香りを長持ちさせる保留効果があり、また花の香りをより花らしくさせる効果があるため、香水に少量使用される。 香料以外の用途では漢方薬としても使用される。また古代においては媚薬として用いられており、クレオパトラが体に塗っていたと伝えられている。 霊猫香の成分の大部分は脂肪や粘液であるが、香気成分として大環状ケトンの一種であるシベトン(9-シクロヘプタデセン-1-オン)を3%程度含んでおり、これが心地よい香りの本体である。 またスカトールを含有しているため糞様臭を持つ。しかし、このスカトールの臭いも薄めるとジャスミンなどを思わせる花様の香りに変わる。 同様に動物から得られる香料である麝香や龍涎香とは異なり、霊猫香は継続的な生産が可能であるため絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)などによる取引の規制はされていない。 しかし、その生産方法が動物虐待的であるとして非難を受けることがある。 れいひようこう Category:哺乳類に関する文化.

新しい!!: 香水と霊猫香 · 続きを見る »

霧吹き

トリガー式の霧吹き 霧吹き(きりふき)は、水などの液体を細かい粒子にして噴射するための器具、またはその作業のこと。スプレーの一種。.

新しい!!: 香水と霧吹き · 続きを見る »

蒸留

実験室レベルにおける典型的な蒸留装置の模式図。1,熱源(ガスバーナー)、2,蒸留用フラスコ(丸底フラスコ)、3,ト字管、4,温度計、5,冷却器、6,冷却水(入)、7,冷却水(出)8,蒸留液を溜めるフラスコ、9,真空ポンプ、10,真空用アダプター 蒸留(じょうりゅう、Distillation)とは、混合物を一度蒸発させ、後で再び凝縮させることで、沸点の異なる成分を分離・濃縮する操作をいう。通常、目的成分が常温で液体であるか、融点が高々100℃程度の固体の場合に用いられる。共沸しない混合物であれば、蒸留によりほぼ完全に単離・精製することが可能であり、この操作を特に分留という。.

新しい!!: 香水と蒸留 · 続きを見る »

揮発性

揮発性(きはつせい).

新しい!!: 香水と揮発性 · 続きを見る »

根(ね)とは、植物の器官の1つである。地中・水中に伸び、水分や養分を吸収したり、呼吸したり、植物体を支える機能を持つ。.

新しい!!: 香水と根 · 続きを見る »

梅毒

梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。 梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつある。たびたびヒト免疫不全ウイルスと併発するケースがあり、乱交、売春、コンドーム不使用に起因する。有効なワクチンは存在せず、抗菌薬の投与により治癒しても終生免疫は得られず、(梅毒に再び感染した場合)再感染が起こる 国立感染症研究所。 in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA配列が決定、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギの睾丸内では培養することができる。.

新しい!!: 香水と梅毒 · 続きを見る »

樹皮

樹皮(じゅひ、バーク、Cortex、Bark、Écorce、Rinde)とは、木本幹の表面に形成される組織である。.

新しい!!: 香水と樹皮 · 続きを見る »

水素イオン指数

水素イオン指数(すいそイオンしすう、Wasserstoffionenexponent)とは、溶液の液性(酸性・アルカリ性の程度)を表す物理量で、記号pHで表す。水素イオン濃度指数または水素指数とも呼ばれる。1909年にデンマークの生化学者セレン・セーレンセンが提案した『化学の原典』 p. 69.

新しい!!: 香水と水素イオン指数 · 続きを見る »

没薬

没薬(もつやく)とは、ムクロジ目カンラン科の各種樹木から分泌される、赤褐色の植物性ゴム樹脂のことである。外国語の転写からミルラ(あるいはミル、Myrrh)とも呼ばれる。.

新しい!!: 香水と没薬 · 続きを見る »

油脂

油脂(ゆし)とは脂肪酸とグリセリンとのエステルで普通はトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態を取るもの。いわゆる「あぶら」。一般に常温で液体のものを「脂肪油」(中国語の漢字「油」による)、固体のものを「脂肪」(中国語の漢字「脂」による)と呼び分ける。 生物から分離される脂質には原料の違いから動物油脂と植物油脂、また組成および物性の違い(不飽和脂肪酸が多く液状、飽和脂肪酸が多く常温で個体)から、それぞれ植物油・動物油(液体)と植物脂・動物脂(個体)に分けられる。ヤシ油やパーム油などが植物脂で、牛脂・豚脂・バターが固形の動物脂で、魚油や鯨油が液体で動物油である。 脂肪油で酸化を受けて固まりやすい順に乾性油、半乾性油、不乾性油と分類される。 食用、工業用など様々な用途で利用されている。.

新しい!!: 香水と油脂 · 続きを見る »

新モンゴロイド

新モンゴロイド(しんモンゴロイド、neo-Mongoloid)とは、W・W・ハウエルズによるモンゴロイドの分類。日本では埴原和郎や尾本恵市らが用いている。 モンゴロイドを形質的特徴を中心とする遺伝的特性から、「新」・「旧」という、定かではない単語を用いて分別した表現方法である。進化の程度が「新」・「古」という意味ではなく、寒冷地適応を経ているか否かの違いを表したというのが、世間に出回っている現段階における分類である。 新モンゴロイドはシベリアという極寒な気候・環境に適応した結果として形成された人種であるとの考えが有力である。.

新しい!!: 香水と新モンゴロイド · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 香水と日本 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

パルファン練り香水芳香品

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »