ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

音楽家

索引 音楽家

音楽家(おんがくか)、ミュージシャン(musician)は、曲を作ったり(作曲・編曲)、演奏したりする人のこと。主に実演家(プレイヤー)と制作者に大別される。.

79 関係: 声楽学問宮内庁小唄下座一覧の一覧作曲作曲家マリンバマンドリンマイニンゲン宮廷楽団チューバチェリストチェロハープポピュラー音楽のジャンル一覧ユーフォニアムレコードヴァイオリンヴァイオリニストヴィオラヴィオリストトランペットトランペッタートロンボーンパーカッションピアノピアニストティンパニディスクジョッキーフルートフルート奏者の一覧ファゴットドラマードラムホルンホイットニー・ヒューストンベーシストベース (弦楽器)アコーディオンウィーン宮廷楽団ウクレレオルガンオルガニストオーボエギタリストギタークラリネットコントラバスシンガーソングライター...シンセサイザーシンセサイザー奏者サクソフォーン哲学囃子端唄編曲編曲家義太夫節音楽音楽のジャンル一覧音楽学者音楽家の一覧聖歌隊落語軍楽隊能楽著作権雅楽楽曲歌手演奏演奏者演歌指揮者浪曲浄瑠璃日本レコード協会日本音楽著作権協会 インデックスを展開 (29 もっと) »

声楽

声楽(せいがく)とは器楽の対語であり、人声を中心とした音楽を指す。通常、浪曲や演歌は含まない『新明解国語辞典』(2010)。.

新しい!!: 音楽家と声楽 · 続きを見る »

学問

学問(がくもん)とは、一定の理論に基づいて体系化された知識と方法であり、哲学や歴史学、心理学や言語学などの人文科学、政治学や法律学などの社会科学、物理学や化学などの自然科学などの総称。英語ではscience(s)であり、science(s)は普通、科学と訳す。なお、学問の専門家を一般に「学者」と呼ぶ。研究者、科学者と呼ばれる場合もある。.

新しい!!: 音楽家と学問 · 続きを見る »

宮内庁

宮内庁(くないちょう、Imperial Household Agency)は、日本の行政機関の一つである。 「皇室関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関」である。 なお、宮内庁はかつて総理府の外局」であったが、現在は内閣府の外局(内閣府設置法第49条・第64条)ではなく「内閣府に置かれる独自の位置づけの機関」とされている(内閣府設置法48条)。官報の掲載では内閣府については「外局」ではなく「外局等」として宮内庁を含めている。.

新しい!!: 音楽家と宮内庁 · 続きを見る »

小唄

小唄(こうた)には、もともと端唄から派生した俗謡である。 一般には江戸小唄とされる端唄の略称。略称として定着したのは、明治・大正年間である。 ほかに現代小唄・清元小唄・常磐津小唄・義太夫小唄(豊本節)・新内小唄などがある。ここでは主に江戸小唄について述べる。.

新しい!!: 音楽家と小唄 · 続きを見る »

下座

下座(げざ、しもざ).

新しい!!: 音楽家と下座 · 続きを見る »

一覧の一覧

一覧の一覧(いちらんのいちらん)では、各分野の主要な一覧記事を総覧する。原則として、記事名に「一覧」を含まない記事は収録していない。記事の分類は、基本的には日本十進分類法 (NDC) に拠った。.

新しい!!: 音楽家と一覧の一覧 · 続きを見る »

作曲

作曲(さっきょく)は、曲および音楽作品を作ること。作曲をした人を作曲者、作曲を業とする人を作曲家と呼ぶ。.

新しい!!: 音楽家と作曲 · 続きを見る »

作曲家

作曲家(さっきょくか)は、音楽を創作(作曲)する人のことであり、とくにそれを生業とする人を指す。日本語で作曲者というとそれより広い意味を持つことがある。.

新しい!!: 音楽家と作曲家 · 続きを見る »

マリンバ

マリンババンド マリンバ (Marimba) は、木製の音板をもつ鍵盤打楽器で、いわゆる木琴の一種。.

新しい!!: 音楽家とマリンバ · 続きを見る »

マンドリン

マンドリン(、独・、)は、イタリア発祥の撥弦楽器。 現在、もっとも一般的にみられるのは17世紀中頃に登場したナポリ型マンドリンから発展したもので弦はスチール製の8弦4コース、調弦はヴァイオリンと同じく低い方からG-D-A-E。ただしヴァイオリンと違って指板にはフレットがあり、弓ではなくピックを使って演奏する。 撥弦楽器であるマンドリンはギターと同じく持続音が出せない楽器である。この問題は高音においてギターより大きな問題となり、その結果、持続音を模したトレモロ奏法が使われる。その他の奏法には、アルペジオ、ピッツィカート、ハーモニクスなどがある。 19世紀末にアメリカ合衆国で派生したフラットマンドリンは、ブルーグラス、カントリーなどの音楽ジャンルで、フィドルやバンジョーなどとともに使用されることが多い。.

新しい!!: 音楽家とマンドリン · 続きを見る »

マイニンゲン宮廷楽団

マイニンゲン宮廷楽団(マイニンゲンきゅうていがくだん、Meininger Hofkapelle)は、テューリンゲン州マイニンゲンを拠点に活動するオーケストラ - マイニンゲン宮廷楽団の紹介ページ。。.

新しい!!: 音楽家とマイニンゲン宮廷楽団 · 続きを見る »

チューバ

テューバあるいはチューバは、大型の低音金管楽器である。金管楽器の中では最も大きく、最も低い音域を担う。.

新しい!!: 音楽家とチューバ · 続きを見る »

チェリスト

チェリスト (cellist) とは、チェロの演奏家のことを言う。.

新しい!!: 音楽家とチェリスト · 続きを見る »

チェロ

チェロ(ヴィオロンチェロ、セロとも)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器の一種である。弦の数は4本。略号は「Vc」。.

新しい!!: 音楽家とチェロ · 続きを見る »

ハープ

ハープ(harp)は、西洋音楽で用いられる弦鳴楽器。 コンサートハープ ダブル・アクション・ペダル・ハープ ハープの7本のペダル(左足用が3本と右足用が4本) 現代のコンサートハープの基本的な構成要素と用語(英語) ケルティック・ハープを弾く女性 ハープと演奏者を表したサーサーン朝ペルシア時代のモザイク。インド、ビシャプール発掘。ルーブル美術.

新しい!!: 音楽家とハープ · 続きを見る »

ポピュラー音楽のジャンル一覧

ポピュラー音楽のジャンル一覧(ポピュラーおんがくのジャンルいちらん)ではポピュラー音楽のジャンルの一覧を五十音順に挙げる。.

新しい!!: 音楽家とポピュラー音楽のジャンル一覧 · 続きを見る »

ユーフォニアム

ユーフォニアム(ユーフォニウム・ユーフォニューム)は、金管楽器の一種。一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持つ。音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じであるが、それよりも幾分か柔らかく丸みのある音色を奏でる。主な活躍の場は金管バンド(英国式ブラスバンド)、ファンファーレバンドと吹奏楽であるが、オーケストラにおいてもテナー・チューバなどとしてスコアに指定される事がある(チューバも参照)。 ユーフォニアムのマウスピースは多くのメーカーでカタログ上トロンボーンと共通に扱われているが、トロンボーンのものよりややカップの深い物が好まれる。 各国には、ユーフォニアムとほぼ同じ役割を担うものの、音色、形状、バルブシステムなどの異なる楽器が存在し、これら全てを統括したグローバルスタンダードな名称は、今のところ存在しない。従って、これらの楽器は、個々においてはその本来の名称を使い、日本において一纏めに呼ぶ必要がある時は、便宜上「ユーフォニアム」と呼ぶのが、今のところは妥当である(例:次項の「各国のユーフォニアム」「ユーフォニアムの歴史」のように)。.

新しい!!: 音楽家とユーフォニアム · 続きを見る »

レコード

ングルレコード盤(ドーナツ盤ともいわれる) レコード (record, vinyl record, 英語版ではgramophone record)とは、音声記録を意味し、主に樹脂などでできた円盤(最初期には円筒状の蝋管レコードを含む)に音楽や音声などの音響情報を刻み込み記録したメディアの一種を示すことが多い。音盤などその他の呼び方で呼ばれることもある。 音の再生の方法は信号としての振幅の情報の読み取り方と情報の増幅により異なる。針で読み取った振幅の情報を、機械的に増幅する蓄音機の時代、電気信号に変えて増幅するレコードプレーヤーの時代、そして針を使わずレーザーを用いて非接触再生するレーザーターンテーブルの時代(レコード末期以降から近年にかけての特殊な時代)に大まかに分類することができる。.

新しい!!: 音楽家とレコード · 続きを見る »

ヴァイオリン

ヴァイオリンまたはバイオリンは弦楽器の一種。ヴァイオリン属の高音楽器である。ヴァイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器である。弦を弓や指などで振動させて音を出す、弦鳴楽器に属する。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。.

新しい!!: 音楽家とヴァイオリン · 続きを見る »

ヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト(violinist)は、ヴァイオリンの演奏家のこと。.

新しい!!: 音楽家とヴァイオリニスト · 続きを見る »

ヴィオラ

ヴィオラまたはビオラは、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器である。長い間独奏楽器としてはほとんど無視された存在であったが、近代以降では独奏曲も数多く作られるようになってきている。合奏や重奏の中では中音部を受け持つ。しばしば「Va」「Vla」と略記される。.

新しい!!: 音楽家とヴィオラ · 続きを見る »

ヴィオリスト

ヴィオリストとは、ヴィオラの演奏家のことを言う。ヴィオラの楽譜は基本的にハ音記号で書かれるため、ヴィオリストになるためにはハ音記号で書かれた楽譜に慣れている必要がある。.

新しい!!: 音楽家とヴィオリスト · 続きを見る »

トランペット

トランペットは、金管楽器の一種である。略称は「Tp」「Trp」など。語源は貝殻の一種を意味するギリシア語のstrombosであるとされる下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年。 管は全体としては円錐形だが、全長の1/4から1/3ほどは円筒形であり、長円状に巻かれている。その中ほどに3つ(稀に4つ)のピストンまたはロータリー式のバルブを備え、バルブによって管長を変えて音高を変化させる。 様々な調性のものが存在し、最も一般的なのは変ロ調(B♭管)とハ調(C管)で、ハ調を除き移調楽器である。.

新しい!!: 音楽家とトランペット · 続きを見る »

トランペッター

トランペッター.

新しい!!: 音楽家とトランペッター · 続きを見る »

トロンボーン

トロンボーンは、金管楽器の一種である。スライド式のものは、2つの長いU字型の管を繋ぎ合わせた構造を持ち、その一部(スライド)を伸縮させて音高を変える。また、バルブ式の物もある。テナートロンボーンと現代のベーストロンボーンの調はB♭(変ロ調)であるが、いずれも実音で記譜される。語源はラッパを意味するイタリア語 tromba に、より大きなものを表す接尾語(“-one”)を付けたものであり、「大きなトランペット」という意味である。.

新しい!!: 音楽家とトロンボーン · 続きを見る »

パーカッション

パーカッション (Percussion) は、英語で打撃を意味し、本来は打楽器全般のことを指す。本来の意味については打楽器の項を参照。.

新しい!!: 音楽家とパーカッション · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: 音楽家とピアノ · 続きを見る »

ピアニスト

youtube ピアニスト (pianist) またはピアノ奏者(ピアノそうしゃ)は、広義にはピアノの演奏を行う人のこと、狭義には、職業的なピアノ奏者のこと(日本で多く見られる用法)。本記事では狭義、広義のピアニストの両方を解説する。なお、ピアノで伴奏を行う人(伴奏者)のことを、アカンパニスト (accompanist) と呼ぶ場合がある。.

新しい!!: 音楽家とピアニスト · 続きを見る »

ティンパニ

ティンパニ(timpani)は、打楽器の一種。主に銅製であり、半球形の胴体に脚がついた大型の太鼓で、皮が張られた上面(鼓面、打面)を、通常2本のマレット(ばち)で叩く。太鼓の一種であるが、通常の太鼓は非整数倍音成分が多く特定の音程を聴き取ることは困難であるのに対し、ティンパニでははっきり音程を聴き取れる点が通常の太鼓と異なる。.

新しい!!: 音楽家とティンパニ · 続きを見る »

ディスクジョッキー

ディスクジョッキー(disc jockey)またはDJ(ディージェイ)とは、既存の音楽を再生機器で音を出す、またはそれを選曲、操作、指示する人物。 ディスクジョッキーのディスクはレコード盤の事を指していたが、カセットテープ、CD、またはデジタルオーディオファイルと音楽を記録した媒体が増えているため包括的な用語として用いられる。 複数の意味が存在するため、以下で詳しく解説する。.

新しい!!: 音楽家とディスクジョッキー · 続きを見る »

フルート

フルートは木管楽器の一種で、リードを使わないエアリード(無簧)式の横笛である下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年安藤由典『新版 楽器の音響学』音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。.

新しい!!: 音楽家とフルート · 続きを見る »

フルート奏者の一覧

フルート奏者の一覧は、Wikipedia日本語版に記事のある、フルートを演奏する音楽家(フルーティスト)の一覧。 クラシック音楽の演奏家一覧#フルート奏者も参照。.

新しい!!: 音楽家とフルート奏者の一覧 · 続きを見る »

ファゴット

ファゴットは、木管楽器の一つで、オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード(複簧)式の管楽器である安藤由典 『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。低音〜中音部を担当し、実音で記譜される。低音域でも立ち上がりが速く、歯切れのよい持続音を出すことができる。英語に従い、バスーンとも呼ばれる。 16世紀中頃には使われていたといわれ、当初は2キーだったが、18世紀には3〜4キーとなった。外観が似ているカータル(ドゥルシアンとも)という楽器が直接の祖先とする説が有力であるアンソニー・ベインズ(著) 奥田恵二(訳) 『木管楽器とその歴史』 音楽之友社、1965年。.

新しい!!: 音楽家とファゴット · 続きを見る »

ドラマー

ドラマー (Drummer) は、太鼓、ドラムセット、マーチングパーカッション(:en:Marching_percussion)、ハンドドラム(:en:Hand_drum)、カウベルなどを演奏する人物の事である。ドラマーに対し、打楽器奏者(英: percussionist)という単語は、広い意味ではなんらかの打楽器の演奏者を意味するが、多くの場合はクラシックやラテン系打楽器の演奏者を指して使用される。 ロック、ポップス、ジャズなどを演奏するバンドの大半はその一員にドラマーを有している。彼らの主な役割はビートを刻み、リズムをキープし、曲の合間でフィルインを演奏することである。.

新しい!!: 音楽家とドラマー · 続きを見る »

ドラム

ドラム.

新しい!!: 音楽家とドラム · 続きを見る »

ホルン

ホルンは金管楽器の一種である。.

新しい!!: 音楽家とホルン · 続きを見る »

ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・エリザベス・ヒューストン(Whitney Elizabeth Houston、1963年8月9日 - 2012年2月11日)は、アメリカ合衆国の歌手、女優、元ファッションモデル。.

新しい!!: 音楽家とホイットニー・ヒューストン · 続きを見る »

ベーシスト

ベーシスト(Bassist)またはベースプレイヤー(Bass player)は、ベースを演奏するミュージシャンである。ベースにはいろいろな種類があるが、奏者としては区別なくベーシストと呼ぶことがある。ただし、日本語においては「ベーシスト」という呼称はポピュラー音楽やロック、ジャズ等を演奏する奏者をイメージさせることが多い。ドラマーとともにリズム隊として重要なポジションを占める。.

新しい!!: 音楽家とベーシスト · 続きを見る »

ベース (弦楽器)

この項でのベース(bass、Bass バスとも)は、低音パートを演奏する弦楽器の総称である。 楽器そのものを指す場合とパートを指す場合があるので、使用には注意が必要である。.

新しい!!: 音楽家とベース (弦楽器) · 続きを見る »

アコーディオン

アコーディオン (Accordion)は、鍵盤楽器、蛇腹楽器の一種である。.

新しい!!: 音楽家とアコーディオン · 続きを見る »

ウィーン宮廷楽団

ウィーン宮廷楽団(Vienna Hofmusikkapelle)は、オーストリア・ウィーンにある宮廷礼拝堂(Hofburgkapelle)で演奏を行う演奏団体(オーケストラ・合唱団)である。ムジークフェラインザールでもコンサートを行う。 はっきりとした起源は不明だが、1498年に当時の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の命により作られた宮廷楽団が演奏を行ってきたことから、この時を起源と見ることができる。以来サリエリ、シューベルト、ブルックナー、クレメンス・クラウスらがメンバーとして名を連ねてきた。現在クリスチャン・ハラー(Christian Harrer)が音楽監督(Musikalischer Leiter)を、フリードリヒ・プライアー(Friedrich Pleyer)とヘルムート・フロシャウアー(Helmuth Froschauer)が指揮者を務め、リッカルド・ムーティが名誉指揮者に任命されている。 器楽演奏は42名のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員が、合唱は18名のウィーン国立歌劇場合唱団男性団員やウィーン少年合唱団員が行っている。オルガン奏者はマルティン・ハーゼルベック(Martin Haselböck)とヘルベルト・タヘツィ(Herbert Tachezi)が務めている。 主なレコーディングとして、ヨーゼフ・クリップス指揮でモーツァルトのレクイエムや、ムーティ指揮でモーツァルトとジュスマイアーの宗教曲集などがある。映像としてはカール・ベーム指揮でシューベルトのミサ曲第6番などがある。 Category:ウィーンのオーケストラ.

新しい!!: 音楽家とウィーン宮廷楽団 · 続きを見る »

ウクレレ

ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ʻukulele)は、フレットが施された小型で4弦のギターによく似た弦楽器である。通常はハワイアン音楽に使用されることが多い。.

新しい!!: 音楽家とウクレレ · 続きを見る »

オルガン

ルガン (organ) は、加圧した空気を鍵盤で選択したパイプに送ることで発音する鍵盤楽器であり、パイプオルガンとも呼ばれる。パイプオルガンに準じた鍵盤楽器である、リードオルガンや電子オルガンもオルガンの名で呼ばれる。.

新しい!!: 音楽家とオルガン · 続きを見る »

オルガニスト

ルガニスト(organist)とは、オルガンの演奏家のことを言う。クラシック音楽の場合には主にパイプオルガンを対象とし、ポピュラー音楽の場合は電子オルガンを対象とする。ここでは多様性確保のため、ロックやソウル、ジャズなどのポピュラー音楽・大衆音楽と、芸術音楽の双方のオルガニストについて記述する。.

新しい!!: 音楽家とオルガニスト · 続きを見る »

オーボエ

ーボエ(オーボー、オーボワとも)は、木管楽器の一種であり、ダブルリードで発音する円錐管の楽器(複簧管楽器)である安藤由典 『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。原義はフランス語のhaut bois(高い木)で、「高音(または大音量)の木管楽器」であるとされる下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年。.

新しい!!: 音楽家とオーボエ · 続きを見る »

ギタリスト

タリスト(Guitarist)は、ギター演奏者の通称。ギタープレイヤーとも称される。.

新しい!!: 音楽家とギタリスト · 続きを見る »

ギター

ター(Guitar)は、リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。 クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。 ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist)という。 また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキ、もしくはギターと呼ぶ場合も多い。.

新しい!!: 音楽家とギター · 続きを見る »

クラリネット

ラリネットは管楽器の一種で、1枚の簧(リード)を振動源として音を出す単簧(シングル・リード)の木管楽器である下中直也(編)『音楽大事典』全6巻、平凡社、1981年安藤由典『新版 楽器の音響学』音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。.

新しい!!: 音楽家とクラリネット · 続きを見る »

コントラバス

ントラバスは音楽における音域の区分のひとつ。バスのオクターヴ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。本項では弦楽器としてのコントラバスについて記述する。 4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。略号は「Cb」。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベース(英語圏においてエレクトリックベースに対し)、ウッドベース(和製英語)、弦バス(日本の吹奏楽において管楽器バス(チューバ等)に対し)、アップライトベース、アコースティックベース(ポピュラー音楽でエレクトリックベースに対し)、ベース・フィドル(ケルト系の音楽でヴァイオリンの呼称であるフィドルに対して)とも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。画像:Kontrabas.jpg-->.

新しい!!: 音楽家とコントラバス · 続きを見る »

シンガーソングライター

ンガーソングライター(singer-songwriter)とは、一般に大衆音楽において、自作自演を行う者を指す。(作詞や作曲、歌唱を単独で行う者).

新しい!!: 音楽家とシンガーソングライター · 続きを見る »

シンセサイザー

ミニモーグ」 シンセサイザー(synthesizer)は、一般的には主に電子工学的手法により楽音等を合成(synthesize:シンセサイズ)する楽器「ミュージック・シンセサイザー」の総称。電子楽器、音源と呼ばれることもある。.

新しい!!: 音楽家とシンセサイザー · 続きを見る »

シンセサイザー奏者

ンセサイザー奏者(シンセサイザーそうしゃ)とはシンセサイザーを演奏する音楽家のこと。シンセシスト。 他の楽器の奏者との違いは、実際に演奏用インタフェース(通常は鍵盤)を扱う技能だけではなく、音色作成機能を操作したり周辺機器を使用して音響効果を使うという技能が要求されること。また、他の楽器と違ってミュージックシーケンサーによる自動演奏機能があるため、必ずしも他の楽器に見られるような練達した楽器演奏を必要としてはいない。そのため、練達を必要とする他の楽器のプレイヤーから、時に否定的な発言を浴びせられることがある。しかし楽器の扱いについて基本が出来ていなくて大成することは、やはり無理であることは他の演奏者と変わらない。.

新しい!!: 音楽家とシンセサイザー奏者 · 続きを見る »

サクソフォーン

フォーンまたはサクソフォンは、木管楽器の一種である。サックスと略称で呼ばれることも多い。.

新しい!!: 音楽家とサクソフォーン · 続きを見る »

哲学

哲学(てつがく、Φιλοσοφία、philosophia、philosophy、philosophie、Philosophie)は、語義的には「愛智」を意味する学問的活動である。日本語辞典の広辞苑では、次のように説明している。 観念論的な形而上学に対して、唯物論的な形而上学もある。諸科学が分化独立した現在では、哲学は学問とされることが多いが、科学とされる場合哲学は「自然および社会,人間の思考,その知識獲得の過程にかんする一般的法則を研究する科学」である。出典は、青木書店『哲学事典』。もある。.

新しい!!: 音楽家と哲学 · 続きを見る »

囃子

囃子(はやし)は、四拍子(笛、大鼓、小鼓、太鼓)でもって、謡や能をはやしたてること。 謡に舞人なしで四拍子のみを用いるものを番囃子といい、舞う部分に舞人なしで行う番囃子を居囃子という。ある部分に所作や舞いを加えたものを舞囃子という。 囃子にはほかに、祭で使われる祭囃子、寄席や落語において使われる寄席囃子、長唄の舞台にて使われる囃子がある。楽器の構成は能の囃子とは異なるものもある。.

新しい!!: 音楽家と囃子 · 続きを見る »

端唄

端唄(はうた)は邦楽の一種である。.

新しい!!: 音楽家と端唄 · 続きを見る »

編曲

編曲(へんきょく、)は、既存の楽曲において主旋律をそのままに、それ以外の部分に手を加えて、楽曲に幅を持たせる作業の事である。主旋律に手を加える場合は、変奏と呼ぶ。英語表記では「arrangement」「transcription」の2つが用いられるが、「arrangement」の場合は主に、演奏(あるいは音源化)の際に、本来の楽曲のイメージとは異なるイメージを喚起させる目的による改題、編曲を指す。 編曲の作業は往々にして技術的なものだが、編曲者(アレンジャー)の創造的な試みが許されている場であり、時には意外な曲のリバイバルにつながることがある。『展覧会の絵』などはその一例である。 一般的に、本格的な編曲には複数の楽器のオーケストレーションが出来なければならず、楽器の音色と音楽理論に関する高度な知識が必要であるとされる。.

新しい!!: 音楽家と編曲 · 続きを見る »

編曲家

編曲家(へんきょくか、music arranger)とは編曲を行う者のことをいう。.

新しい!!: 音楽家と編曲家 · 続きを見る »

義太夫節

義太夫節(ぎだゆうぶし)とは、江戸時代前期、大坂の竹本義太夫がはじめた浄瑠璃の一種。略して義太夫(ぎだゆう)ともいう。国の重要無形文化財。.

新しい!!: 音楽家と義太夫節 · 続きを見る »

音楽

音楽(おんがく、music)の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。 音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存する。 音楽には以下の3つの要件がある。.

新しい!!: 音楽家と音楽 · 続きを見る »

音楽のジャンル一覧

音楽のジャンル一覧(おんがくのジャンルいちらん) 五十音順。 ポピュラー音楽のジャンル一覧も参照。 このページはトランス、ロック、EDM、レゲエなどの音楽ジャンルのほかに、J-POP、洋楽、アニメソング、ゲームソングなどの出典ジャンルやラブソング、卒業ソングなどの歌詞ジャンルが含まれています。.

新しい!!: 音楽家と音楽のジャンル一覧 · 続きを見る »

音楽学者

音楽学者(おんがくがくしゃ、musicologist、Musikwissenschaftler)は、音楽学の研究者である。.

新しい!!: 音楽家と音楽学者 · 続きを見る »

音楽家の一覧

音楽家の一覧(おんがくかのいちらん)は、音楽家の一覧の一覧。.

新しい!!: 音楽家と音楽家の一覧 · 続きを見る »

聖歌隊

聖歌隊(せいかたい、church choir)は、教会、礼拝堂やキリスト教系の学校のなかにあって、教会の礼拝やミサ、特に復活祭やクリスマス関係の行事や結婚式、昇天式などにおいて、賛美曲、聖歌、賛美歌を歌い、神の愛と栄光を称える合唱団のこと。教会の聖歌隊であれば、隊員は信者でその教会の教会員であるのが一般的である。.

新しい!!: 音楽家と聖歌隊 · 続きを見る »

落語

落語の口演 落語(らくご)は、江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。最後に「落ち(サゲ)」がつくことをひとつの特徴としてきた経緯があり、「落としばなし」略して「はなし」ともいう。「はなし」は「話」または「噺」とも表記する。 都市に人口が集積することによって市民・大衆のための芸能として成立した。成立当時はさまざまな人が演じたが、現在はそれを職業とする落語家によって演じられることが多い。 能楽や歌舞伎など他の芸能と異なり、衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特の演芸であり、高度な技芸を要する伝統芸能である。.

新しい!!: 音楽家と落語 · 続きを見る »

軍楽隊

軍楽隊(ぐんがくたい) とは、軍隊に属する音楽隊。.

新しい!!: 音楽家と軍楽隊 · 続きを見る »

能楽

中尊寺鎮守 白山神社の能舞台(重要文化財) 日牟禮八幡宮の能舞台 日牟禮八幡宮能舞台の橋がかり 能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。.

新しい!!: 音楽家と能楽 · 続きを見る »

著作権

著作権(ちょさくけん、、コピーライト)は、明確な形を持たない無体財産権(無形固定産)である。 主な無体財産権は、書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどである。また、特性が類似する特許権や商標権も含めて、知的財産権と呼称する場合もある。.

新しい!!: 音楽家と著作権 · 続きを見る »

雅楽

御前での胡蝶の舞、『日本の礼儀と習慣のスケッチ』より、1867年出版 雅楽(ががく)は、中国、朝鮮半島を経て、日本で花開いた伝統的な音楽の一つ(ベトナムについてはベトナムの雅楽を参照)。世界最古のオーケストラと言われる。以下、宮内庁式部職楽部に伝わる日本の雅楽(重要無形文化財、ユネスコの無形文化遺産→2007年)を中心に述べる。.

新しい!!: 音楽家と雅楽 · 続きを見る »

楽曲

楽曲(がっきょく)とは、音楽において続けて演奏されるひとまとまりのこと。.

新しい!!: 音楽家と楽曲 · 続きを見る »

歌手

歌手 歌手(かしゅ)は、歌を歌うことを職業とする人。シンガー(singer)、ボーカリスト・ヴォーカリスト(vocalist)などはポピュラー音楽の歌手である場合が多く、声楽家などはクラシック音楽の歌手のことである場合が多い。.

新しい!!: 音楽家と歌手 · 続きを見る »

演奏

演奏(えんそう)とは、音楽行為の中で音を出す行為をいう。なお、「奏」の漢字を含んでいるが、演奏には楽器を奏でるばかりでなく、歌を歌う行為も含まれる。.

新しい!!: 音楽家と演奏 · 続きを見る »

演奏者

演奏者(えんそうしゃ)は、楽器などの演奏を通じて音楽表現を行う者。単に奏者とも。芸術作品である楽曲を創造する作曲者およびそれを享受する聴衆(享受者)に対して、目に見えにくい芸術作品としての楽曲の再生(再生芸術)を行い、作曲者と聴衆の間を媒介する役目を担うのが演奏者である。.

新しい!!: 音楽家と演奏者 · 続きを見る »

演歌

演歌(えんか)は、.

新しい!!: 音楽家と演歌 · 続きを見る »

指揮者

指揮者(しきしゃ、Conductor, Dirigent, Chef d'orchestre, Direttore d'orchestra)は、合奏や合唱を指揮する人物を指す。.

新しい!!: 音楽家と指揮者 · 続きを見る »

浪曲

浪曲(ろうきょく)は、明治時代初期から始まった演芸で「浪花節」(なにわぶし)とも言う。三味線を伴奏にして独特の節と語りで物語をすすめる語り芸。一つ30分ほどである。戦後の隆盛後、落語、講談、浪花節と並び称された3演芸のうち、急速に衰えた。 .

新しい!!: 音楽家と浪曲 · 続きを見る »

浄瑠璃

浄瑠璃(じょうるり)は、三味線を伴奏楽器として太夫がを語る音曲・劇場音楽である。 詞章が単なる歌ではなく、劇中人物のセリフやその仕草、演技の描写をも含み、語り口が叙事的な力強さを持つ。このため浄瑠璃を口演することは「歌う」ではなく「語る」と言い、浄瑠璃系統の音曲をまとめてと呼ぶ。 江戸時代初期以降、個々の太夫の口演が「――節」と呼ばれるようになり、その後流派として成立して、現在は義太夫節義太夫節は浄瑠璃の一流派であるが、上方では義太夫節以外の一中節・豊後節・宮薗節などが早くに廃れたため、「浄瑠璃」がもっぱら義太夫節を意味する場合がある。・河東節・一中節・常磐津節・富本節・清元節・新内節・宮薗節(薗八節)の8流派が存在する。 単独で素浄瑠璃として演じられるほか、流派によっては人形劇である人形浄瑠璃として(文楽など)、歌舞伎音楽として、日本舞踊の伴奏として演じられる(流派ごとの上演形態については後述)。 はリンク切れ)、義太夫節に特有の事項なので、当記事ではなく、記事「義太夫節#演出面から見た人形浄瑠璃と丸本歌舞伎」 での言及が妥当であろう -->.

新しい!!: 音楽家と浄瑠璃 · 続きを見る »

日本レコード協会

一般社団法人日本レコード協会(いっぱんしゃだんほうじんにほんレコードきょうかい、Recording Industry Association of Japan)は、日本国内のレコード会社により構成されている一般社団法人。主に記録媒体の識別番号であるISRC(国際標準レコーディングコード)を発行する団体である。 略称はRIAJで、「日レ協」「レコ協」と呼ばれる場合もある。協会内に、レコード制作基準倫理委員会(レコ倫)と呼ばれる倫理組織を持つ。.

新しい!!: 音楽家と日本レコード協会 · 続きを見る »

日本音楽著作権協会

一般社団法人日本音楽著作権協会(にほんおんがくちょさくけんきょうかい、Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)は、日本の著作権等管理事業法を設立根拠法に、音楽著作権の集中管理事業を日本国内において営む一般社団法人である。英称の略称から「JASRAC(ジャスラック)」と呼ばれる。以下、この記事では「JASRAC」と表記する。.

新しい!!: 音楽家と日本音楽著作権協会 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

バンドマンミュージシャン音楽作家

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »