ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

非公式経済

索引 非公式経済

非公式経済(ひこうしきけいざい, informal sector, informal economy)とは、公式経済部門と違って、 課税されず、いかなる政府機関の関与も受けず、国民総生産(GNP)統計にも表れない経済部門のことである。 非公式経済部門に関連する言葉として、ブラックマーケット・陰の経済・地下経済・System Dなどがある。 関連イディオムには、テーブルの下・簿外・現金労働などがある。.

4 関係: 地下経済国民総生産国民総所得非市場経済

地下経済

地下経済(ちかけいざい、underground economy)とは、正式な統計の範囲外で行われている違法な経済活動。アングラ経済とも言われる。 世界全体では地下経済に18億人が従事していると推定される。.

新しい!!: 非公式経済と地下経済 · 続きを見る »

国民総生産

国民総生産(こくみんそうせいさん、GNP:Gross National Product)とは、ある一定期間にある国民によって新しく生産された財(商品)やサービスの付加価値の総計である。かつては国の経済規模を比較するため新聞や教科書などで頻繁に利用されたが、日本では1993年から代表的指標として国内総生産 (GDP)が使われるようになり、かつてほど注目されなくなった。さらに2000年には国民経済計算の体系変更により国民総生産という概念自体が消滅した。ただ新体系にはほぼ同一の概念として国民総所得 (GNI) がある。 なお、ここでいう「国民」とは国籍を持った人という意味ではなく、国内に居住する個人および企業などの組織を指している。個人の場合、6カ月以上国内に居住している人をいい、国籍は問わない。.

新しい!!: 非公式経済と国民総生産 · 続きを見る »

国民総所得

国民総所得(こくみんそうしょとく、Gross National Income)とは、略してGNIと呼び、1990年代半ば以前に経済活動の指標として使われていた国民総生産と、税制の計算上の適用有無の違いがあるものに近い指標である。日本の国民経済計算(国民所得統計)では、2000年に大幅な体系の変更が行われた際に統計の項目として新たに設けられた。現在経済指標として多く使われている国内総生産に「海外からの所得の純受取」を加えたものである。 国民総生産と国民総所得は、名目では一致するが、実質では若干の差がある。これは、実質国民総所得では、実質国民総生産では考慮されていない、輸出入価格の変化によって生じる実質的な所得の増加分を「交易利得」として加えているためである。.

新しい!!: 非公式経済と国民総所得 · 続きを見る »

非市場経済

非市場経済(Non-market economics)は、経済の形態のひとつ。市場メカニズム以外による経済を指す。非市場経済による社会を非市場社会と呼ぶ。.

新しい!!: 非公式経済と非市場経済 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »