ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

静水圧平衡にある太陽系天体の一覧

索引 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧

静水圧平衡にある太陽系天体の一覧(せいすいあつへいこうにあるたいようけいてんたいのいちらん)は、静水圧平衡にある太陽系天体の一覧である。.

91 関係: 天王星天王星の環天王星の衛星と環天文学のシンボル太陽太陽系太陽系外縁天体太陽系小天体小惑星帯小惑星番号二酸化窒素二酸化炭素土星土星の環土星の衛星と環地球地球型惑星ナトリウムミマス (衛星)ミランダ (衛星)マケマケ (準惑星)チタニア (衛星)ネイチャーハウメア (準惑星)メタンリンレア (衛星)ヴァルナ (小惑星)トリトン (衛星)ヘリウムプロテウス (衛星)テティス (衛星)ディオネ (衛星)ディスノミア (衛星)アリエル (衛星)アルゴンイアペトゥス (衛星)イオ (衛星)イクシオン (小惑星)ウンブリエルエリス (準惑星)エンケラドゥス (衛星)エウロパ (衛星)オルクス (小惑星)オベロン (衛星)カリウムカリスト (衛星)カロン (衛星)ガニメデ (衛星)クワオアー...ケレス (準惑星)コロナセドナ (小惑星)タイタン (衛星)冥王星冥王星型天体冥王星の衛星光年光球国際天文学連合火星火星の衛星硫黄窒素環 (天体)炭素銀河核静水圧平衡衛星軌道傾斜角軌道長半径軌道離心率赤道傾斜角金星酸素G型主系列星楕円体水素水星準惑星木星木星型惑星木星の環木星の衛星と環惑星海王星海王星の環海王星の衛星と環 インデックスを展開 (41 もっと) »

天王星

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形である。 最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と天王星 · 続きを見る »

天王星の環

天王星の環の概略。実線は環、破線は衛星を表す。 天王星の環(てんのうせいのわ、Rings of Uranus)は、非常に複雑な土星の環と比較的単純な木星の環及び海王星の環の中間程度の規模の環である。1977年3月10日、ジェームズ・L・エリオット、エドワード・W・ダナム、ダグラス・J・ミンクの3人が発見したが、その200年近く前の1789年、ウィリアム・ハーシェルも環を観測したことを報告している。しかし、天王星の輪は非常に暗くて希薄なため、彼が観測可能であったか疑問視する近代の天文学者もいる(re study by Stuart Eves)。 1978年までに、9つの環が確認された。1986年には、ボイジャー2号の写真から、さらに2つの環が発見された。2003年から2005年には、ハッブル宇宙望遠鏡の写真から、さらに外側に2つの環が発見された。天王星からの距離が遠ざかる順に、13の既知の環に、1986U2R/ζ、6、5、4、α、β、η、γ、δ、λ、ε、ν、μという名前が付けられている。その半径は、1986U2R/ζで約3万8,000km、μで約9万8,000kmである。さらに、希薄な塵の帯と不完全なアークが主環の間に存在する。この環は非常に暗く、環の粒子のボンドアルベドは2%を超えない。恐らく水の氷に放射線で作られた暗い有機化合物が混ざっている。 天王星の環の大部分は、不透明であり、幅はわずか数kmである。環全体に塵の量は少なく、ほとんどは直径0.2-20mの大きな粒子である。塵の量が少ないのは、天王星の外気圏に引っ張られるためである。 天王星の環は比較的若く、6億歳を超えないと考えられる。天王星の環は、恐らくかつて天王星の周りにあった衛星が衝突によって砕けた破片からできていると考えられている。衝突後、衛星は無数の破片に分かれ、最も安定な軌道に密集して公転しているものと考えられている。 狭い環を形成する詳細な機構はまだよく分かっていない。当初は、全ての狭い環は1対の羊飼い衛星を伴ってその形を保っていると考えられた。しかし、1986年にボイジャー2号が発見したそのような羊飼い衛星は、最も明るい環(ε)の周囲のわずか1対(コーディリアとオフィーリア)のみであった。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と天王星の環 · 続きを見る »

天王星の衛星と環

天王星の衛星と環(てんのうせいのえいせいとわ)では、天王星の衛星と環について述べる。 21世紀初頭現在、天王星には27個の衛星と13本の環が発見されており、衛星はすべて命名されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と天王星の衛星と環 · 続きを見る »

天文学のシンボル

天文学のシンボルは、様々な天体や天文現象を表すのに使われるシンボルである。多くのシンボルは西洋占星術と共通している。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と天文学のシンボル · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と太陽 · 続きを見る »

太陽系

太陽系(たいようけい、この世に「太陽系」はひとつしかないので、固有名詞的な扱いをされ、その場合、英語では名詞それぞれを大文字にする。、ラテン語:systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体惑星を公転する衛星は、後者に当てはまるから構成される構造である。主に、現在確認されている8個の惑星歴史上では、1930年に発見された冥王星などの天体が惑星に分類されていた事もあった。惑星の定義も参照。、5個の準惑星、それを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などから成るニュートン (別2009)、1章 太陽系とは、pp.18-19 太陽のまわりには八つの惑星が存在する。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星では最も小さい水星よりも大きい太陽と惑星以外で、水星よりも大きいのは木星の衛星ガニメデと土星の衛星タイタンである。。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星、金星、地球、火星は、主に岩石から成る地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、主に水素とヘリウムから成る木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などの揮発性物質といった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質から成る天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 他にも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、主に氷から成る太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類される事がある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、様々な小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現される事がある8つの惑星と5つの準惑星の自然衛星の一覧については太陽系の衛星の一覧を参照。。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体から成る環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる、星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と太陽系 · 続きを見る »

太陽系外縁天体

太陽系外縁天体(たいようけいがいえんてんたい)またはトランスネプチュニアン天体(trans-Neptunian objects, TNO)とは、海王星軌道の外側を周る天体の総称である。エッジワース・カイパーベルトやオールトの雲に属する天体、かつて惑星とされていた冥王星もこれに含まれる。 太陽系についての話題であることが自明な場合には、単に外縁天体とも呼ばれている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と太陽系外縁天体 · 続きを見る »

太陽系小天体

太陽系小天体(たいようけいしょうてんたい)とは、太陽の周りをまわる天体のうち、惑星と準惑星を除くすべての天体のことである。太陽系外縁天体(冥王星型天体を除く)や従来の小惑星、彗星、惑星間塵などが該当する。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と太陽系小天体 · 続きを見る »

小惑星帯

光分(左)と天文単位(右) 小惑星帯(しょうわくせいたい、アステロイドベルト、)は、太陽系の中で火星と木星の間にある小惑星の軌道が集中している領域を指す言葉である。ほかの小惑星集中地域に対して、それらが小惑星帯と呼ばれるようになるかもしれないと考えられるようになったころから、区別のためにメインベルト()とも呼称されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と小惑星帯 · 続きを見る »

小惑星番号

小惑星番号(しょうわくせいばんごう、英語:minor planet number)とは、軌道要素が確定し、小惑星センターに正式登録された天体に与えられる登録番号である。なお、ここで言う「小惑星」とは岩石を主成分とする「小惑星(asteroid)」の事ではなく、それに加えて太陽系外縁天体、彗星・小惑星遷移天体や準惑星などを含んだ天体の総称としての「小惑星(minor planet)」の事である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と小惑星番号 · 続きを見る »

二酸化窒素

二酸化窒素(にさんかちっそ、nitrogen dioxide)は、NO2 という化学式で表される窒素酸化物で、常温・常圧では赤褐色の気体または液体である。窒素の酸化数は+4。窒素と酸素の混合気体に電気火花を飛ばすと生成する。環境汚染の大きな要因となっている化合物である。赤煙硝酸の赤色は二酸化窒素の色に由来している。大気中の濃度は、約0.027 ppm。二酸化窒素は常磁性の、C2v対称性を持つ曲がった分子である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と二酸化窒素 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と二酸化炭素 · 続きを見る »

土星

土星(どせい、、、)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種とされている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り62個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と土星 · 続きを見る »

土星の環

2006年9月15日、土星食の日にカッシーニによって撮影された土星の環の全景(明るさは誇張されている)。メインリングの外側、G環のすぐ内側の10時の方角に「ペイル・ブルー・ドット」(地球)が見える。 構成する粒子の径に応じて彩色した画像 土星の環(どせいのわ)は、太陽系で最も顕著な惑星の環である。μm単位からm単位の無数の小さな粒子が集団になり、土星の周りを回っている。環の粒子はほぼ全て水の氷であり、塵やその他の物質が少量混入している。 環からの反射光によって土星の視等級が増すが、地球から裸眼で土星の環を見ることはできない。ガリレオ・ガリレイが最初に望遠鏡を空に向けた翌年の1610年、彼は人類で初めて土星の環を観測したが、ガリレオはそれが何であるかはっきり認識することはなかった。1655年、クリスティアーン・ホイヘンスは初めて、それが土星の周りのディスクであると記述した。ピエール=シモン・ラプラス以降、多くの人が、土星の環は多数の小さな環の集合であると考えているが、実際には、環と環の間に何もない空隙の数は少ない。実際には、密度や明るさに部分的に極大部や極小部のある同心円の環帯であると考える方が正確である。 土星の環には、粒子の密度が急激に落ちる空隙が多数ある。そのうち2つでは、既知の衛星が運行しており、また他の空隙の多くは、土星の衛星と不安定共鳴を起こす場所にある。残りの空隙は、その生成過程が不明である。一方、タイタン環やG環等は、安定共鳴状態によってその安定性が維持されている。 メインリングの外側にはフェーベ環がある。これは、他のリングから27°傾き、フェーベのように逆行している。 最近の研究では、土星の環は土星に衝突する前に氷の殻を引き裂かれた衛星の残骸であるとする説がある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と土星の環 · 続きを見る »

土星の衛星と環

土星の衛星と環(どせいのえいせいとわ)では、土星の衛星と環について述べる。 2009年10月までに、土星には64個の衛星(うち3個は不確実)および12本の環(不確実)と6本の隙間が発見されており、2009年5月までに衛星のうち53個が命名されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と土星の衛星と環 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と地球 · 続きを見る »

地球型惑星

地球型惑星(ちきゅうがたわくせい、英語: terrestrial planet, telluric planet)とは、主に岩石や金属などの難揮発性物質から構成される惑星である。岩石惑星(英語: rocky planet)、固体惑星ともいい、太陽系では水星・金星・地球・火星の4惑星がこれにあたる。太陽系のうち、これらの惑星が位置する領域を内太陽系と呼称する場合がある。木星型惑星・天王星型惑星と比べ、質量が小さく密度が大きい。 惑星科学の観点からは月も性質上「地球型惑星」の一種として考えられることが多いという。しかし惑星の定義としては衛星が明確に除外されており、「惑星」の分類としての「地球型惑星」を言う場合、月については触れないのが普通である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と地球型惑星 · 続きを見る »

ナトリウム

ナトリウム(Natrium 、Natrium)は原子番号 11、原子量 22.99 の元素、またその単体金属である。元素記号は Na。アルカリ金属元素の一つで、典型元素である。医薬学や栄養学などの分野ではソジウム(ソディウム、sodium )とも言い、日本の工業分野では(特に化合物中において)曹達(ソーダ)と呼ばれる炭酸水素ナトリウムを重炭酸ソーダ(重曹)と呼んだり、水酸化ナトリウムを苛性ソーダと呼ぶ。また、ナトリウム化合物を作ることから日本曹達や東洋曹達(現東ソー)などの名前の由来となっている。。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とナトリウム · 続きを見る »

ミマス (衛星)

ミマス (Saturn I Mimas) は、土星の第1衛星。1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。その後、ウィリアムの息子のジョン・ハーシェルが1847年にギリシア神話の巨人族の一人ミマースにちなみ命名、発表した。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とミマス (衛星) · 続きを見る »

ミランダ (衛星)

ミランダ(Miranda)とは天王星の第5衛星。他の天王星の大型衛星と同じように、天王星の赤道面に近い軌道で公転している。しかし、天王星が横倒しで自転しているため、太陽、あるいは黄道に対しては横倒しで公転している事になる。そのため、ミランダは天王星と同様に極端な季節変化がある。ミランダの直径はわずか470kmで、太陽系の衛星の中でも静水圧平衡を満たす、最小級の衛星の一つである。静水圧平衡を満たす最小の衛星は土星のミマス(直径約400km)である。 ミランダには、太陽系の中で最も極端かつ多様な地形を持つ。高さ5kmから10kmで、太陽系最大の落差を誇るヴェローナ断崖が有名で、金星にも見られる、コロナと呼ばれている地殻変動の痕跡も残されている。この多様な地形の起源と進化については、完全に解明されておらず、ミランダの形成についても複数の仮説がある。 ミランダは1948年2月16日にマクドナルド天文台で観測を行っていたジェラルド・カイパーによって発見された。ミランダという名は、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『テンペスト』に登場するプロスペローの娘の名前に由来する。 2016年現在、ミランダに接近した画像を撮影したのはボイジャー2号のみで、1986年1月にフライバイによる接近観測を行った。その間、ミランダは南半球を太陽に向けていたため、その部分の観測しか成功していない。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とミランダ (衛星) · 続きを見る »

マケマケ (準惑星)

マケマケ(136472 Makemake)は、準惑星であり、太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の1つ。 2005年3月31日にマイケル・ブラウンらのグループにより発見され、同年7月29日に公表された。仮符号は。発表当日には他の大型外縁天体(後のハウメア)、(後のエリス)の発見も公表されている。 2008年7月に冥王星型天体として認められた。2006年8月24日にケレス、冥王星、(エリス)が準惑星に分類されて以降、最初に追加された準惑星(冥王星型天体)で、準惑星としては4個目、冥王星型天体としては3個目となる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とマケマケ (準惑星) · 続きを見る »

チタニア (衛星)

チタニア(タイタニア、ティターニア、Uranus III Titania)は、天王星の第3衛星で、天王星の5大衛星の1つである。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とチタニア (衛星) · 続きを見る »

ネイチャー

『ネイチャー』()は、1869年11月4日、イギリスで天文学者ノーマン・ロッキャーによって創刊された総合学術雑誌である。 世界で特に権威のある学術雑誌のひとつと評価されており、主要な読者は世界中の研究者である。雑誌の記事の多くは学術論文が占め、他に解説記事、ニュース、コラムなどが掲載されている。記事の編集は、イギリスの Nature Publishing Group (NPG) によって行われている。NPGからは、関連誌として他に『ネイチャー ジェネティクス』や『ネイチャー マテリアルズ』など十数誌を発行し、いずれも高いインパクトファクターを持つ。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とネイチャー · 続きを見る »

ハウメア (準惑星)

ハウメア(136108 Haumea)は、準惑星であり、太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の1つ。細長い形を持つことで知られている。スペインのシエラ・ネバダ天文台でホセ・ルイス・オルティスらのグループが発見し、2005年7月29日に公表した。仮符号は。 2008年9月17日に準惑星として国際天文学連合 (IAU) に認められた。同年7月のマケマケに次いで、準惑星としては5個目、冥王星型天体としては4個目である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とハウメア (準惑星) · 続きを見る »

メタン

メタン(Methan (メターン)、methaneアメリカ英語発音: (メセイン)、イギリス英語発音: (ミーセイン)。)は最も単純な構造の炭化水素で、1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した分子である。分子式は CH4。和名は沼気(しょうき)。CAS登録番号は 。カルバン (carbane) という組織名が提唱されたことがあるが、IUPAC命名法では非推奨である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とメタン · 続きを見る »

リン

リン(燐、、)は原子番号 15、原子量 30.97 の元素である。元素記号は P。窒素族元素の一つ。白リン(黄リン)・赤リン・紫リン・黒リンなどの同素体が存在する。+III(例:六酸化四リン PO)、+IV(例:八酸化四リン PO)、+V(例:五酸化二リン PO)などの酸化数をとる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とリン · 続きを見る »

レア (衛星)

レア (Saturn V Rhea) は、土星の第5衛星である。土星の衛星の中ではタイタンに次いで2番目に大きい。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とレア (衛星) · 続きを見る »

ヴァルナ (小惑星)

ヴァルナ (20000 Varuna) は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。2000年に発見されたが、1953年に撮影された写真に写っていたことが分かっている。名前はインド神話の神ヴァルナに由来する。 ヴァルナの性質については、あまりよく分かっていない。光度変化のグラフから、自転周期は3.17時間か6.34時間とみられている。後者は、光度変化の一周期中に2本のピークが現れるとした場合の値である。密度はおよそ1g/cm3であり、水とほぼ同じである。 熱測定と光学測定の組み合わせにより、直径は 900-1,000km 前後と推定されている。 2013年1月9日、ヴァルナがふたご座にある15.9等級の恒星3UCAC 233-089504の星食が発生した。太陽系外縁天体に分類される天体としては、国内で初めて星食が観測された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とヴァルナ (小惑星) · 続きを見る »

トリトン (衛星)

トリトン(Triton, Neptune I)は、海王星の第1衛星かつ海王星最大の衛星。太陽系全体でも7番目の大きさである。海王星の発見からわずか17日後にウィリアム・ラッセルによって発見された。名前の由来はギリシャ神話、ポセイドーンの息子トリートーンから。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とトリトン (衛星) · 続きを見る »

ヘリウム

ヘリウム (新ラテン語: helium, helium )は、原子番号 2、原子量 4.00260、元素記号 He の元素である。 無色、無臭、無味、無毒(酸欠を除く)で最も軽い希ガス元素である。すべての元素の中で最も沸点が低く、加圧下でしか固体にならない。ヘリウムは不活性の単原子ガスとして存在する。また、存在量は水素に次いで宇宙で2番目に多い。ヘリウムは地球の大気の 0.0005 % を占め、鉱物やミネラルウォーターの中にも溶け込んでいる。天然ガスと共に豊富に産出し、気球や小型飛行船のとして用いられたり、液体ヘリウムを超伝導用の低温素材としたり、大深度へ潜る際の呼吸ガスとして用いられている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とヘリウム · 続きを見る »

プロテウス (衛星)

プロテウス(Proteus、Πρωτέας, Neptune VIII)は、海王星の2番目に大きな衛星である。ギリシア神話で姿を自由に変えられる海神のプロテウスにちなんで名付けられた。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とプロテウス (衛星) · 続きを見る »

テティス (衛星)

テティス (Saturn III Tethys) は、土星の第3衛星である。土星の衛星の中では5番目に大きい。1684年3月21日にジョヴァンニ・カッシーニによってディオネと共に発見された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とテティス (衛星) · 続きを見る »

ディオネ (衛星)

ディオネ (Saturn IV Dione) は、土星の第4衛星である。1684年3月21日にジョヴァンニ・カッシーニによってテティスと共に発見された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とディオネ (衛星) · 続きを見る »

ディスノミア (衛星)

ディスノミアまたはデュスノミア ((136199) Eris I Dysnomia) は、準惑星 (136199) エリスの衛星である。 2005年にマイケル・ブラウンにより発見され、仮符号S/2005 1が与えられた。2006年9月13日に正式な符号が与えられると同時に命名された。名前は不和の女神エリスの娘で、無法の女神デュスノミアーに因む。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とディスノミア (衛星) · 続きを見る »

アリエル (衛星)

アリエル (Uranus I Ariel) は、天王星の第1衛星で、天王星の5大衛星の1つである。5大衛星の中では4番目に大きい。1851年にウィリアム・ラッセルによって発見された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とアリエル (衛星) · 続きを見る »

アルゴン

アルゴン(argon)は原子番号 18 の元素で、元素記号は Ar である。原子量は 39.95。周期表において第18族元素(希ガス)かつ第3周期元素に属す。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とアルゴン · 続きを見る »

イアペトゥス (衛星)

イアペトゥス (Saturn VIII Iapetus) は、土星の第8衛星。1671年10月25日にフランスの天文学者ジョヴァンニ・カッシーニが発見した。日本語ではイアペタス、ヤペタス、イアペトスなどの表記もある。 土星から約356万キロ離れたところを79日ほどで公転しており、軌道傾斜角が15.47°と他の衛星に比べて大きい。地球-月系と同様、イアペトゥスの公転周期と自転周期は同期しており1回公転するごとに1回自転する。平均直径は1436kmで、土星の衛星の中ではタイタン、レアに次ぎ3番目に大きい。密度が1.27と小さいことから主な成分は水の氷であり、一部、岩石が混ざっていると考えられている。 名前はギリシア神話のティーターンの一人で、プロメーテウスやエピメテウスらの父であるイーアペトスに由来する。 2004年12月31日には、無人土星探査機カッシーニがイアペトゥスから17万kmまで接近し、鮮明な写真を撮影している。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とイアペトゥス (衛星) · 続きを見る »

イオ (衛星)

イオ (Jupiter I Io) は、木星の第1衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から5番目の軌道を回っている。地球以外で最初に活火山が観測された天体である。名はギリシア神話に登場する人物、イーオーにちなむ。なお、同名の小惑星 (85) イオも存在する。 この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためエウロパ、ガニメデ、カリストとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。 比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。 宇宙探査機のパイオニアやボイジャーなどによって、火星の衛星(フォボス、ダイモス)などと同様に接近写真が撮られ、観測された。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とイオ (衛星) · 続きを見る »

イクシオン (小惑星)

イクシオン (28978 Ixion) は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の1つ。2001年5月22日に黄道深部サーベイ (Deep Ecliptic Survey) で発見された。 ギリシア神話に登場するイクシオンから名付けられた。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とイクシオン (小惑星) · 続きを見る »

ウンブリエル

ウンブリエル (Uranus II Umbriel) は、天王星の第2衛星で、天王星の5大衛星の1つである。内側から13番目に回っており、3番目に大きい。 天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられる。ウンブリエルはポープの『髪盗人』の登場する悪霊ウンブリエルにちなんで付けられた。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とウンブリエル · 続きを見る »

エリス (準惑星)

リス(136199 Eris)は、太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の1つ。準惑星に分類され、冥王星と同じくらいの大きさと考えられている。 2003年10月21日に撮影された画像に写っているところを、マイケル・ブラウン、チャドウィック・トルヒージョ、デイヴィッド・ラビノウィッツにより2005年1月5日に発見され、同年7月29日に発表された。発見当時は太陽から97天文単位離れたところにあり、黄道面からかなり傾いた楕円軌道を約560年かけて公転していると考えられている。 なお、日本語表記が同じで紛らわしいが、ラテン文字で“Ellis”と綴られる小惑星エリスとは別の天体である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とエリス (準惑星) · 続きを見る »

エンケラドゥス (衛星)

ンケラドゥス (Saturn II Enceladus) は、土星の第2衛星。直径498km、土星からの距離は約24万km、土星の周りを33時間ほどで公転している。生命の可能性を持つ衛星として知られる。エンケラドス、エンセラダスとも称される。 1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見された。その後、1847年にギリシア神話のギガース族の1人エンケラドスにちなみ、息子のジョン・ハーシェルが命名・発表した。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とエンケラドゥス (衛星) · 続きを見る »

エウロパ (衛星)

ウロパ (Jupiter II Europa) は、木星の第2衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 (52) エウロパも存在する。 この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためイオ、ガニメデ、カリストとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。 比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とエウロパ (衛星) · 続きを見る »

オルクス (小惑星)

ルクス (90482 Orcus) は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。カリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウン、ジェミニ天文台のチャドウィック・トルヒージョ、イェール大学のデイヴィッド・ラビノウィッツらによって発見された。公式には初めて写真に捉えられたのは2004年2月17日、発見地はパロマー天文台とされているが、実際には1951年にも観測されていたことが後に判明した。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とオルクス (小惑星) · 続きを見る »

オベロン (衛星)

ベロン(オバロン、オーバロン、Uranus IV Oberon)は、天王星の第4衛星で、天王星の5大衛星の1つである。天王星の衛星の中ではチタニアに次いで大きい。オベロンは1787年1月11日にウィリアム・ハーシェルによって発見された。 天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられる。オベロンは、シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する、チタニアの夫である妖精の王オベロンにちなんで付けられた。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とオベロン (衛星) · 続きを見る »

カリウム

リウム(Kalium 、)は原子番号 19 の元素で、元素記号は K である。原子量は 39.10。アルカリ金属に属す典型元素である。医学・薬学や栄養学などの分野では英語のポタシウム (Potassium) が使われることもある。和名では、かつて加里(カリ)または剥荅叟母(ぽたしうむ)という当て字が用いられた。 カリウムの単体金属は激しい反応性を持つ。電子を1個失って陽イオン K になりやすく、自然界ではその形でのみ存在する。地殻中では2.6%を占める7番目に存在量の多い元素であり、花崗岩やカーナライトなどの鉱石に含まれる。塩化カリウムの形で採取され、そのままあるいは各種の加工を経て別の化合物として、肥料、食品添加物、火薬などさまざまな用途に使われる。 生物にとっての必須元素であり、神経伝達で重要な役割を果たす。人体では8番目もしくは9番目に多く含まれる。植物の生育にも欠かせないため、肥料3要素の一つに数えられる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とカリウム · 続きを見る »

カリスト (衛星)

リスト (Jupiter IV Callisto) は、木星の第4衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から8番目の軌道を回っている。名はギリシア神話に登場するニュンペー、カリストーにちなむ。なお、カリストーに由来する小惑星 (204) カリストも存在するが、綴りは異なる (Kallisto)。 カリストは太陽系に存在する衛星の中ではガニメデ、タイタンに次いで3番目に大きく、太陽系の全天体の中でも水星に次いで12番目に大きい。 この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためイオ、ガニメデ、エウロパとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。 比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とカリスト (衛星) · 続きを見る »

カロン (衛星)

ン (Charon) は、太陽系の準惑星(冥王星型天体)である冥王星の第1衛星かつ冥王星最大の衛星。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とカロン (衛星) · 続きを見る »

ガニメデ (衛星)

ニメデ (Jupiter III Ganymede) は、木星の第3衛星。太陽系に存在する衛星の中では最も大きく、惑星である水星よりも大きい。比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とガニメデ (衛星) · 続きを見る »

クワオアー

ワオアー (50000 Quaoar) は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。エッジワース・カイパーベルトに位置し、太陽の周りをほぼ円軌道で公転している。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とクワオアー · 続きを見る »

ケレス (準惑星)

レス()は、準惑星の1つで、小惑星帯に位置する最大の天体。セレスとも発音する。小惑星として初めて発見された天体でもあり、小惑星番号1番を持つ()。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とケレス (準惑星) · 続きを見る »

コロナ

1999年8月11日の皆既日食で見られたコロナ コロナ (Corona) とは、太陽の周りに見える自由電子の散乱光のこと。もしくは、太陽表面にあるもっとも外縁にある電気的に解離したガス層。「太陽コロナ」との呼び方もある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とコロナ · 続きを見る »

セドナ (小惑星)

ドナ (90377 Sedna) は、将来的に準惑星(冥王星型天体)に分類される可能性がある太陽系外縁天体の一つ。2003年11月14日にカリフォルニア工科大学のマイケル・ブラウン、ジェミニ天文台のチャドウィック・トルヒージョ、イェール大学のデイヴィッド・ラビノウィッツによって発見された。 セドナは単に軌道長半径が長いだけではなく、約76天文単位 (AU) という近日点の遠さから、太陽から最も遠い軌道を回っている天体として知られた。ただし2014年3月に、近日点が80 AUの2012 VP113が発見されたと発表があった。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とセドナ (小惑星) · 続きを見る »

タイタン (衛星)

タイタン (Saturn VI Titan) は、土星の第6衛星。1655年3月25日にクリスティアーン・ホイヘンスによって発見された。地球の月、木星の4つのガリレオ衛星に次いで、6番目に発見された衛星である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とタイタン (衛星) · 続きを見る »

冥王星

冥王星(めいおうせい、134340 Pluto)は、太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体である。1930年にクライド・トンボーによって発見され、2006年までは太陽系第9惑星とされていた。離心率が大きな楕円形の軌道を持ち、黄道面から大きく傾いている。直径は2,370kmであり、地球の衛星である月の直径(3,474km)よりも小さい。冥王星の最大の衛星カロンは直径が冥王星の半分以上あり、それが理由で二重天体とみなされることもある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と冥王星 · 続きを見る »

冥王星型天体

冥王星型天体(めいおうせいがたてんたい、Plutoid)とは、太陽系外縁天体 (TNO) に属する準惑星である。 この天体の区分は、国際天文学連合 (IAU) によって2006年に決定された惑星の定義に関連して決定されたものである。国際天文学連合による公式の定義は2008年6月11日に以下のように決定された: 。 つまり、冥王星型天体とは準惑星と太陽系外縁天体の双方に属する天体の総称と考えられる。2008年の時点で、冥王星、エリス、マケマケ、ハウメアが冥王星型天体に分類されている。これに加えて、さらに40を超える天体が冥王星型天体として分類される可能性がある 。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と冥王星型天体 · 続きを見る »

冥王星の衛星

冥王星と、現在知られている5つの衛星 冥王星と衛星の想像図。衛星は当時知られていた物のみ。 冥王星の衛星(めいおうせいのえいせい)では、冥王星の衛星について述べる。 冥王星には2012年までに5つの衛星が発見されている。現在のところ、小惑星番号を持つ天体で衛星を3個以上持つものは冥王星ただ1個である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と冥王星の衛星 · 続きを見る »

光年

光年(こうねん、light-year、Lichtjahr、記号 ly)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と光年 · 続きを見る »

光球

光球(こうきゅう、)とは、太陽などの恒星の表層部分にあり、不透明なガスによって形成される薄い層である。恒星の外部に放出される光はこの層で発生するため、視覚的な恒星の表面に相当する。光自体は内部からも発生しているが、これらの光は光球内のガスに吸収されるため、外に出ることはない。 地球上から視認できる太陽光は、太陽の光球から発せられている。厚さは300~500kmで、温度は4,500~6,000Kと深度によって変化する。太陽光は光球の各深度で発生する光が合成されたものだが、シュテファン=ボルツマンの法則に当てはめると5800Kの物体が発する光に相当するため、一般にはこの値が太陽の表面温度とされる。光球は粒状斑と呼ばれる直径1000km程度の無数の対流セルから構成され、太陽黒点、白斑が現れる事もある。 太陽以外の恒星にも光球は存在し、その温度は太陽より低温のものから高温のものまで様々である。粒状斑は小さすぎるため観測不能だが、恒星の自転に伴う周期的な光度の変化から黒点や白斑の存在が知られている天体もある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と光球 · 続きを見る »

国際天文学連合

国際天文学連合(こくさいてんもんがくれんごう、英:International Astronomical Union:IAU)は、世界の天文学者で構成されている国際組織である。国際科学会議 (ICSU) の下部組織となっている。恒星、惑星、小惑星、その他の天体に対する命名権を取り扱っている。その命名規則のために専門作業部会が設けられている。 IAUは天文電報の発行業務にも関わっており、スミソニアン天体物理観測所が運営している天文電報中央局 (Central Bureau for Astronomical Telegrams; CBAT) について支援している。 IAUは1919年に多くの団体を統合して設立された。最初の会長にはフランスのバンジャマン・バイヨーが選出された。 2009年現在、会員として、10,145人の天文学者などの個人会員と64の国家会員が所属している。 Headquarter(本部)の事務局は、フランスのパリのBd Arago(アラゴ通り)にある。総会はさまざまな国において開催されている。→#総会.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と国際天文学連合 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と火星 · 続きを見る »

火星の衛星

火星の衛星では、火星が持っている2つの小さな衛星、フォボスとダイモスについて述べる。これらは小惑星が火星の重力場に捕獲されたものだと考えられている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と火星の衛星 · 続きを見る »

硫黄

硫黄(いおう、sulfur, sulphur)は原子番号 16、原子量 32.1 の元素である。元素記号は S。酸素族元素の一つ。多くの同素体や結晶多形が存在し、融点、密度はそれぞれ異なる。沸点 444.674 ℃。大昔から自然界において存在が知られており、発見者は不明になっている。硫黄の英名 sulfur は、ラテン語で「燃える石」を意味する言葉に語源を持っている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と硫黄 · 続きを見る »

窒素

素(ちっそ、nitrogen、nitrogenium)は原子番号 7 の元素。元素記号は N。原子量は 14.007。空気の約78.08 %を占めるほか、アミノ酸をはじめとする多くの生体物質中に含まれており、地球のほぼすべての生物にとって必須の元素である。 一般に「窒素」という場合は、窒素の単体である窒素分子(窒素ガス、N2)を指すことが多い。窒素分子は常温では無味無臭の気体として安定した形で存在する。また、液化した窒素分子(液体窒素)は冷却剤としてよく使用されるが、液体窒素温度 (-195.8 ℃, 77 K) から液化する。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と窒素 · 続きを見る »

環 (天体)

(わ、planetary ring)は、惑星の周囲を公転する塵やその他の小さな粒子が平らな円盤状の領域に分布しているリング状の構造である。最も壮大で有名な惑星の環は土星の環であるが、太陽系に4つ存在する巨大ガス惑星、すなわち木星・土星・天王星・海王星は全て環を持っている。 また小惑星のうちカリクローにも環があることが、カリクローによる恒星の掩蔽の観測より確認されている。宇宙探査機カッシーニの撮影結果から、土星の第5衛星レアにも環がある可能性があるとみられていたが、撮影結果の精査の結果、結局環はなかったとされている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と環 (天体) · 続きを見る »

炭素

炭素(たんそ、、carbon)は、原子番号 6、原子量 12.01 の元素で、元素記号は C である。 非金属元素であり、周期表では第14族元素(炭素族元素)および第2周期元素に属する。単体・化合物両方において極めて多様な形状をとることができる。 炭素-炭素結合で有機物の基本骨格をつくり、全ての生物の構成材料となる。人体の乾燥重量の2/3は炭素である​​。これは蛋白質、脂質、炭水化物に含まれる原子の過半数が炭素であることによる。光合成や呼吸など生命活動全般で重要な役割を担う。また、石油・石炭・天然ガスなどのエネルギー・原料として、あるいは二酸化炭素やメタンによる地球温暖化問題など、人間の活動と密接に関わる元素である。 英語の carbon は、1787年にフランスの化学者ギトン・ド・モルボーが「木炭」を指すラテン語 carbo から名づけたフランス語の carbone が転じた。ドイツ語の Kohlenstoff も「炭の物質」を意味する。日本語の「炭素」という語は宇田川榕菴が著作『舎密開宗』にて用いたのがはじめとされる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と炭素 · 続きを見る »

銀河核

銀河核(ぎんがかく)は、回転する銀河の中心である。 天の川銀河で言うと、いて座の方向、8キロパーセクの所にある最も明るい部分が銀河核である。星間ガスやチリによって、銀河核を視認したり、紫外線や軟X線で分析することはできない。銀河核の観察には、ガンマ線、硬X線、赤外線、サブミリ波や電波の波長が使われる。 複雑な電波を放射しているいて座A*は、ほとんど銀河の中心にあり、強力で多種多様にわたる電波を発している。多くの天文学者は、これを超大質量ブラックホールであると考えている。 きんかかく.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と銀河核 · 続きを見る »

静水圧平衡

静水圧平衡(せいすいあつへいこう、hydrostatic equilibrium)とは、主に流体において重力による収縮と圧力勾配による膨張とが釣り合った状態を指す。日本語では静力学平衡とも呼ばれる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と静水圧平衡 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と衛星 · 続きを見る »

軌道傾斜角

軌道傾斜角(きどうけいしゃかく、英語:inclination)とは、ある天体の周りを軌道運動する天体について、その軌道面と基準面とのなす角度を指す。通常は記号 iで表す。 我々の太陽系の惑星や彗星・小惑星などの場合には、基準面は主星である天体、太陽の自転軸に垂直な平面つまり太陽の赤道面である。衛星の場合には基準面として主星の赤道面を採る場合と主星の軌道面を採る場合がある。人工衛星の場合には主星である地球の赤道面を基準とするのが普通である(人工衛星の軌道要素を参照)。 軌道傾斜角 iは0°≦i≦180°の範囲の値をとる。i.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と軌道傾斜角 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と軌道長半径 · 続きを見る »

軌道離心率

軌道離心率(きどうりしんりつ、英語:orbital eccentricity)は、天体の軌道の絶対的な形を決める重要なパラメータである。軌道離心率は、この形がどれだけ円から離れているかを表す値であると言う事ができる。 標準的な条件下で、軌道離心率の値により、円、楕円、放物線、双曲線が定義できる。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と軌道離心率 · 続きを見る »

赤道傾斜角

赤道傾斜角(せきどうけいしゃかく、axial tilt、obliquity)とは、惑星や衛星など、自転しつつ公転運動する天体の軌道面と赤道面のなす角である。自転軸と公転軸のなす角に等しいため、自転軸傾斜角とも言う。この角は、自転と公転の軸のずれを表す。 似た語として軌道傾斜角があるが、軌道傾斜角は天体の軌道面の傾きを表す別の量である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と赤道傾斜角 · 続きを見る »

金星

金星(きんせい、Venus 、 )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」という。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と金星 · 続きを見る »

酸素

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8、原子量16.00の非金属元素である。元素記号は O。周期表では第16族元素(カルコゲン)および第2周期元素に属し、電気陰性度が大きいため反応性に富み、他のほとんどの元素と化合物(特に酸化物)を作る。標準状態では2個の酸素原子が二重結合した無味無臭無色透明の二原子分子である酸素分子 O として存在する。宇宙では水素、ヘリウムに次いで3番目に多くの質量を占めEmsley (2001).

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と酸素 · 続きを見る »

鉄(てつ、旧字体/繁体字表記:鐵、iron、ferrum)は、原子番号26の元素である。元素記号は Fe。金属元素の1つで、遷移元素である。太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は外核・内核にある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と鉄 · 続きを見る »

G型主系列星

太陽はG型主系列星の典型例である。 G型主系列星の想像図 G型主系列星(Gがたしゅけいれつせい)とは、スペクトル型がG型、光度階級がVの恒星(主系列星)のこと。黄色矮星(おうしょくわいせい)、G Vとも呼ばれる。太陽はG型主系列星の一つである。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧とG型主系列星 · 続きを見る »

楕円体

楕円体(だえんたい、ellipsoid)とは楕円を三次元へ拡張したような図形であり、その表面は二次曲面である。楕円面の方程式は である。ここで a, b, c はそれぞれx軸、y軸、z軸方向の径の半分の長さに相当する。なお a.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と楕円体 · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と水 · 続きを見る »

水素

水素(すいそ、hydrogenium、hydrogène、hydrogen)は、原子番号 1 、原子量 1.00794の非金属元素である。元素記号は H。ただし、一般的には「水素」と言っても、水素の単体である水素分子(水素ガス) H を指していることが多い。 質量数が2(原子核が陽子1つと中性子1つ)の重水素(H)、質量数が3(原子核が陽子1つと中性子2つ)の三重水素(H)と区別して、質量数が1(原子核が陽子1つのみ)の普通の水素(H)を軽水素とも呼ぶ。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と水素 · 続きを見る »

水星

水星(すいせい、英:Mercury マーキュリー、Mercurius メルクリウス)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである以前最小の惑星だった冥王星は2006年に準惑星へ分類変更された。。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と水星 · 続きを見る »

準惑星

ン(右) 準惑星(じゅんわくせい、dwarf planet)とは、太陽の周囲を公転する惑星以外の天体のうち、それ自身の重力によって球形になれるだけの質量を有するもの。国際天文学連合(IAU)が2006年8月24日に採択した第26回総会決議5A(以下、決議5Aと略)の中で「惑星」を再定義した際に、同時に定義された太陽系の天体の新分類である。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と準惑星 · 続きを見る »

木星

記載なし。

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と木星 · 続きを見る »

木星型惑星

木星型惑星(もくせいがたわくせい、英語: jovian planet)とは、惑星を分類する場合の、木星と類似の惑星の総称。大惑星(英語: giant planet)ともいう。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と木星型惑星 · 続きを見る »

木星の環

4つの環から構成される木星の環の概観 木星の環(もくせいのわ)は、太陽系において土星の環、天王星の環に続き3番目に発見された惑星の環である。1979年にボイジャー1号によって発見され、1990年代にガリレオによって詳細に観測された。また、ハッブル宇宙望遠鏡や地球の観測施設からも観測された。地上からの観測には、最大級の望遠鏡が必要である。 木星の環は、希薄で、主に塵の成分でできており、4つの主要な環から構成される。最も内側の"ハロ環"、比較的明るく非常に薄い"主環"、幅広で厚く希薄な外側の2つの"ゴサマー環"であり、ゴサマー環は、それぞれアマルテアとテーベ由来の塵からできており、それぞれの衛星の名前を付けて呼ばれる。 主環とハロ環は、メティスとアドラステア、その他の未発見の親天体に高速で衝突が起こった結果放出された塵から構成されている。2007年2月と3月にニュー・ホライズンズによって撮影された高精細度の画像によって、主環の詳細な構造が明らかとなった。 可視光や近赤外線では、環は赤っぽく見えるが、ハロ環だけは青っぽく見える。環の粒子の大きさは様々であるが、ハロ環以外の横断面の部分は、最も大きい約15μmの非球形の粒子で構成される。ハロ環は、恐らく1μm以下の粒子がほとんどである。環全体(未発見の親天体を含む)の質量はほとんど不明であるが、恐らく、1011から1016kgの範囲にあると考えられる。環の年齢も不明であるが、木星自体の形成よりも前から存在していた可能性もある。 ヒマリアの軌道上にも環が存在する可能性がある。S/2000 J 11が本当にヒマリアに衝突していたら、形成されているはずである, New Scientist, March 20, 2010, p. 16.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と木星の環 · 続きを見る »

木星の衛星と環

木星とガリレオ衛星。(合成画像) 木星の衛星と環(もくせいのえいせいとわ)では、木星の衛星と環について述べる。 2015年末までに、木星には69個の衛星と3本の環が発見されており、そのうち51個が命名されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と木星の衛星と環 · 続きを見る »

月(つき、Mond、Lune、Moon、Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。 古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と月 · 続きを見る »

惑星

惑星(わくせい、πλανήτης、planeta、planet)とは、恒星の周りを回る天体のうち、比較的低質量のものをいう。正確には、褐色矮星の理論的下限質量(木星質量の十数倍程度)よりも質量の低いものを指す。ただし太陽の周りを回る天体については、これに加えて後述の定義を満たすものだけが惑星である。英語 planet の語源はギリシア語のプラネテス(さまよう者、放浪者などの意。IPA: /planítis/ )。 宇宙のスケールから見れば惑星が全体に影響を与える事はほとんど無く、宇宙形成論からすれば考慮の必要はほとんど無い。だが、天体の中では非常に多種多様で複雑なものである。そのため、天文学だけでなく地質学・化学・生物学などの学問分野では重要な対象となっている別冊日経サイエンス167、p.106-117、系外惑星が語る惑星系の起源、Douglas N. C.Lin。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と惑星 · 続きを見る »

海王星

海王星(かいおうせい、Neptunus、Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と海王星 · 続きを見る »

海王星の環

海王星の衛星と環の概略。実線は環、破線は衛星の軌道を表す。 海王星の環(かいおうせいのわ)は、5つの主要な環から構成されている。この環の存在は、1984年にアンドレ・ブライックにより予測され、1989年にボイジャー2号の観測により確認された。最も密度の濃い部分でも、土星の環の密度の薄い部分であるC環やカッシーニの間隙程度であり、海王星の環のほとんどは、薄く宇宙塵に富み、むしろ木星の環に似ている。海王星の環は、海王星の研究に功績のあった天文学者(ヨハン・ゴットフリート・ガレ、ユルバン・ルヴェリエ、ウィリアム・ラッセル、フランソワ・アラゴ及びジョン・クーチ・アダムズ)の名前に因んで名づけられている。また、衛星ガラテアと同期する軌道に、名前のついていない暗い環を持つ。他の3つの衛星であるナイアド、タラッサ、デスピナは、環の間を公転する。 海王星の環は、放射線によって生成した有機化合物のような非常に暗い物質で構成されており、天王星の環の組成と似ている。環の中の塵の割合は、20%から70%と高いが、光学的深さは、0.1未満と低い。アダムズ環には、リベルテ・アーク、エガリテ・アーク1、エガリテ・アーク2、フラテルニテ・アーク、クラージュ・アークと名付けられた5つのアーク(明るい部分)を含む。アークは、軌道黄経の範囲が狭く、非常に安定しており、1980年の最初の発見時からほとんど変化していない。アークがどのように安定化しているかは、まだ未解明である。しかし、その安定性は、アダムズ環とその内側の羊飼い衛星ガラテアとの間の共鳴に関係している可能性がある。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と海王星の環 · 続きを見る »

海王星の衛星と環

海王星の衛星と環(かいおうせいのえいせいとわ)では、海王星の衛星と環について述べる。 2013年7月現在、海王星には14個の衛星と5本の環が発見されている。また、アダムズ環には特に明るい部分が4ヶ所あり、「リング・アーク」または「アーク」と呼ばれている。これらは衛星の1つであるS/2004 N 1以外はすべて命名されている。.

新しい!!: 静水圧平衡にある太陽系天体の一覧と海王星の衛星と環 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »