ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

電波障害(でんぱしょうがい、electromagnetic interference、EMI)とは、電波の受信に障害が発生したり、電波により電子機器が誤動作することである。.

74 関係: 埼玉県原動機反射受信ブースター太陽光発電上里町不感地帯世界の放送方式位相地上デジタルテレビ放送地上波デジタル放送医療機器ノイズラジオレコードローパスフィルタパーソナルコンピュータテレビフェライト (磁性材料)ダイバーシティアマチュア無線アンプインピーダンスエンジンカーボンマイクロコイルケーブルテレビコモン・モードゴースト障害ジャミングスマートフォンスプリアスソーラーパネル八木・宇田アンテナ回路短波放送環境アセスメント環境問題無線局無線工学無線通信発振回路音響機器遮蔽道路誘導障害高層建築物高周波高調波超短波放送自動車...鉄道電力線搬送通信電子機器電動機電磁両立性電磁シールド電話電波電波工学電波暗室通信通信妨害GSMLED照明PHSVCCI協会Wi-Fi接地携帯電話混信本庄市情報機器放射1978年 インデックスを展開 (24 もっと) »

埼玉県

埼玉県(さいたまけん)は、関東地方の中央西側内陸部に位置する県。県庁所在地はさいたま市。都道府県別の人口は東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位。人口密度は東京、大阪、神奈川に次ぐ全国第4位である。県の愛称は「彩の国」。.

新しい!!: 電波障害と埼玉県 · 続きを見る »

原動機

原動機(げんどうき、)は、自然界に存在するさまざまなエネルギーを機械的な仕事(力学的エネルギー)に変換する機械・装置の総称。狭義にはタービンなどの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機、動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。.

新しい!!: 電波障害と原動機 · 続きを見る »

反射

反射(はんしゃ、reflection)は、光や音などの波がある面で跳ね返る反応のことである。.

新しい!!: 電波障害と反射 · 続きを見る »

受信ブースター

受信ブースター。VHF(FMラジオとテレビ)、UHFテレビ、BS/CSテレビの電波をそれぞれ増幅・混合し、1本の同軸ケーブルに出力する。電源の直流 15Vは、出力同軸ケーブルを通して供給される。マスプロ電工 VUBCB40N。 ふたを開けると利得などが制御できるようになっている。マスプロ電工 VUBCB40N。 屋内用受信ブースター 受信ブースター(じゅしんブースター)とはプリアンプの一種で、アンテナで受信した電波を増幅する機器である。ブースター、プリアンプともいう。地上テレビ放送用、衛星放送用、無線受信用、GPS受信用などの種類がある。.

新しい!!: 電波障害と受信ブースター · 続きを見る »

太陽光発電

太陽光発電(たいようこう はつでん、Photovoltaics"photovoltaic"という語は本来は太陽光発電パネルの動作原理である「光起電力(光電効果)の」「光起電力に関する」という意味の形容詞であるが、語尾を"-ics"とした"photovoltaics"という語は太陽光発電を指す名詞として使用されている 、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれる。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。この項では発電方式としての太陽光発電について記載する。.

新しい!!: 電波障害と太陽光発電 · 続きを見る »

上里町

上里町 (かみさとまち) は、埼玉県の北部にある人口約3万1千人の町。.

新しい!!: 電波障害と上里町 · 続きを見る »

不感地帯

バート・バード・グリーンバンク望遠鏡 不感地帯(ふかんちたい、英語:Radio Quiet Zone、RQZ)は、電波の届かない地域あるいは電波の送信が規制されている地域。.

新しい!!: 電波障害と不感地帯 · 続きを見る »

世界の放送方式

世界の放送方式(せかいのほうそうほうしき) 高精細度テレビジョン放送(HDTV:High Definition Television)に対して従来のテレビ放送の画質は標準テレビジョン放送(SDTV:Standard Definition Television)とも言われ、ここでは主に標準テレビに分類される方式について記述している。.

新しい!!: 電波障害と世界の放送方式 · 続きを見る »

位相

位相(いそう、)は、波動などの周期的な現象において、ひとつの周期中の位置を示す無次元量で、通常は角度(単位は「度」または「ラジアン」)で表される。 たとえば、時間領域における正弦波を とすると、(ωt + &alpha) のことを位相と言う。特に t.

新しい!!: 電波障害と位相 · 続きを見る »

地上デジタルテレビ放送

地上デジタルテレビ放送(ちじょうデジタルテレビほうそう、、略称:地デジ)とは、地上(陸上)のデジタル方式の無線局により行われるテレビ放送である。ただ、実際の報道では地上デジタル放送と略されることもある。.

新しい!!: 電波障害と地上デジタルテレビ放送 · 続きを見る »

地上波デジタル放送

地上波デジタル放送(ちじょうはデジタルほうそう)/地上デジタル放送(ちじょうでじたるほうそう.

新しい!!: 電波障害と地上波デジタル放送 · 続きを見る »

医療機器

医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人もしくは動物の疾病の診断、治療もしくは予防に使用され、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。.

新しい!!: 電波障害と医療機器 · 続きを見る »

ノイズ

ノイズ (noise) とは、処理対象となる情報以外の不要な情報のことである。歴史的理由から雑音(ざつおん)に代表されるため、しばしば工学分野の文章などでは(あるいは日常的な慣用表現としても)音以外に関しても「雑音」と訳したり表現したりして、音以外の信号等におけるノイズの意味で扱っていることがある。西洋音楽では噪音(そうおん)と訳し、「騒音」や「雑音」と区別している。.

新しい!!: 電波障害とノイズ · 続きを見る »

ラジオ

ラジオ()とは、.

新しい!!: 電波障害とラジオ · 続きを見る »

レコード

ングルレコード盤(ドーナツ盤ともいわれる) レコード (record, vinyl record, 英語版ではgramophone record)とは、音声記録を意味し、主に樹脂などでできた円盤(最初期には円筒状の蝋管レコードを含む)に音楽や音声などの音響情報を刻み込み記録したメディアの一種を示すことが多い。音盤などその他の呼び方で呼ばれることもある。 音の再生の方法は信号としての振幅の情報の読み取り方と情報の増幅により異なる。針で読み取った振幅の情報を、機械的に増幅する蓄音機の時代、電気信号に変えて増幅するレコードプレーヤーの時代、そして針を使わずレーザーを用いて非接触再生するレーザーターンテーブルの時代(レコード末期以降から近年にかけての特殊な時代)に大まかに分類することができる。.

新しい!!: 電波障害とレコード · 続きを見る »

ローパスフィルタ

想的なフィルタ回路の周波数特性(実際にはこのような周波数特性は取れない) ローパスフィルタ(、低域通過濾波器)とは、フィルタの一種で、なんらかの信号のうち、遮断周波数より低い周波数の成分はほとんど減衰させず、遮断周波数より高い周波数の成分を逓減させるフィルタである。ハイカットフィルタ等と呼ぶ場合もある。電気回路・電子回路では、フィルタ回路の一種である。 ローパスフィルタはハイパスフィルタと対称の関係にある。こういったフィルタには他にバンドパスフィルタとバンドストップフィルタがある。.

新しい!!: 電波障害とローパスフィルタ · 続きを見る »

パーソナルコンピュータ

パーソナルコンピュータ(personal computer)とは、個人によって占有されて使用されるコンピュータのことである。 略称はパソコン日本独自の略語である。(著書『インターネットの秘密』より)またはPC(ピーシー)ただし「PC」という略称は、特にPC/AT互換機を指す場合もある。「Mac対PC」のような用法。。.

新しい!!: 電波障害とパーソナルコンピュータ · 続きを見る »

テレビ

テレビは、テレビジョン及び「テレビ受像機(テレビジョンセット、television set)」の略語。一般には次のような文脈で用いられる。.

新しい!!: 電波障害とテレビ · 続きを見る »

フェライト (磁性材料)

フェライト(ferrite)は、酸化鉄を主成分とするセラミックスの総称である。 強磁性を示すものが大半であり、磁性材料として広く用いられている。 軟磁性を示すものをソフトフェライト、硬磁性を示すものをハードフェライトと呼ぶ。東京工業大学の加藤与五郎と武井武によって発明された。 磁石(フェライト磁石)やインダクタ等のコア(フェライトコア)等、磁性体として、特に電磁的な部品用として多用されている。 従来の珪素鋼板では渦電流が発生して加熱するので高周波での磁心の使用には不適で欧米ではダスト・コアと呼ばれる金属磁性体を樹脂で固めた磁心が使用されていたが、第二次世界大戦後には高周波特性の優れたフェライトコアに置き換えられた。.

新しい!!: 電波障害とフェライト (磁性材料) · 続きを見る »

ダイバーシティ

ダイバーシティ()とは、複数のアンテナで受信した同一の無線信号について、電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いたり、受信した信号を合成してノイズを除去したりすることによって、通信の質や信頼性の向上を図る技術のことである。送信に対して適用したものは送信ダイバーシティという。工学分野では「ダイバーシチ」と表記する場合もある。 電波は物体にあたると反射する。そのため、たとえば大きなビルのそばで携帯電話を使うと、直接とどく電波と、ビルに反射してとどく電波があり、2つの電波はわずかに到達時間に差が生じ(マルチパス)、2つの電波が干渉して通信の質が落ちる。これを防止するため、2本以上のアンテナを使って複数の電波を受信し、最も強い電波を選択するあるいは合成する技術をダイバーシティと呼ぶ。.

新しい!!: 電波障害とダイバーシティ · 続きを見る »

アマチュア無線

アマチュア無線(アマチュアむせん)とは、金銭上の利益のためではなく、無線技術に対する個人的な興味により行う、自己訓練や技術的研究のための無線通信である。 日本では、運用する為の無線従事者免許証と、電波法に基づいた無線局免許状が必要である。.

新しい!!: 電波障害とアマチュア無線 · 続きを見る »

アンプ

アンプ アンプとは「アンプリファイヤ」あるいは「アンプリファイア」(英:amplifier)の短縮系であり、漢字表現では増幅器のことであり、(電圧や電流の波で表現されることが一般的な)信号を増幅するもののこと。⇒ 基本的に増幅器を参照のこと。.

新しい!!: 電波障害とアンプ · 続きを見る »

インピーダンス

インピーダンス(impedance)は、圧と流の比を表す単語である。圧と流の積は仕事率である。.

新しい!!: 電波障害とインピーダンス · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: 電波障害とエンジン · 続きを見る »

カーボンマイクロコイル

ーボンマイクロコイル(CMC)とは、約0.01~1μmのピッチでコイル型に巻いた炭素繊維である(ナノサイズのものはカーボンナノコイル(CNC)と呼ばれる)。電磁波を吸収する特性などを持ち、心臓ペースメーカーの保護など様々な分野への応用が期待されている。.

新しい!!: 電波障害とカーボンマイクロコイル · 続きを見る »

ケーブルテレビ

ーブルテレビ(Cable television)とは、ケーブルを用いて行う有線放送のうち、有線ラジオ放送以外のものである。広義には、これを中心としてインターネット接続や電話(固定電話)なども含む複合的なサービスを指す。 同軸ケーブルや光ケーブルなどを用い、テレビジョン放送やインターネット接続、電話などのサービスを提供している。ケーブルテレビ信号の配信元や会社そのものが、無線による放送・配信の「放送局」と同様の意味で「ケーブルテレビ局」と呼ばれる。.

新しい!!: 電波障害とケーブルテレビ · 続きを見る »

コモン・モード

モン・モード(common-mode)正負両差動入力端子に現れる波形が同位相であることをいう。逆はノーマル・モード(normal-mode)である。 図で、上の例では正負の信号線に同じ位相、同じ大きさの雑音が乗っている。この場合、差動入力回路における減算が理想的(CMRRが無限大)であれば、雑音は完全に打ち消されてしまい、出力には現れない。逆に下の例では、両信号線における雑音の位相が逆であり、差動入力の結果雑音は倍の振幅になって現れる。前者をコモン・モード雑音、後者をノーマル・モード雑音と呼ぶ。 正負の信号線が接近しており、入出力インピーダンスが同程度で整合していれば、外来雑音は両信号線に同様に影響しコモン・モードの雑音となることが期待される。業務用マイクロホン等を平衡接続するのはこれを狙ったものである。さらに、正負の信号線を縒り合わせると効果的に信号線が接近するだけでなく、見かけのインダクタンスを小さくすることができる(両信号線のインダクタンスが打ち消し合う)。ツイステッドペアが10BASE-Tなどの高速信号線に用いられる理由である。.

新しい!!: 電波障害とコモン・モード · 続きを見る »

ゴースト障害

ースト障害(ゴーストしょうがい)は、反射によって電波が時間軸方向にずれて受信されることで、テレビやラジオなどで映像や音声がずれて見える(聞こえる)現象のことである。.

新しい!!: 電波障害とゴースト障害 · 続きを見る »

ジャミング

ャミング()は、レーダー波に対する妨害 (ECM) のこと。電波妨害装置によって行われる。.

新しい!!: 電波障害とジャミング · 続きを見る »

スマートフォン

マートフォン(smartphone)は、先進的な携帯機器用OSを備えた携帯電話の一種。略称は「スマホ」。.

新しい!!: 電波障害とスマートフォン · 続きを見る »

スプリアス

プリアス()は、主として高調波から成る、交流信号に含まれる設計上意図されない周波数成分のことである。.

新しい!!: 電波障害とスプリアス · 続きを見る »

ソーラーパネル

一枚の太陽電池パネル。結晶シリコン型の太陽電池を集積したタイプ。アルミニウムの枠で固定され、表面にはガラスが張られている。1枚だけでも使うことができる。 24枚の太陽電池パネルで作られたsolar array ソーラーアレイ。(モンゴルの平原にて) ソーラーパネル(solar panel)または太陽電池パネル(たいようでんちパネル)とは、太陽光で発電を行うためのパネルのこと。太陽電池板、太陽電池モジュールとも。 和歌山県海南市 下津行政局で使用されている建材一体型太陽電池.

新しい!!: 電波障害とソーラーパネル · 続きを見る »

八木・宇田アンテナ

八木・宇田アンテナ(やぎ・うだアンテナ、Yagi-Uda Antenna)は、アレイアンテナの一種。通常、ダイポールアンテナを素子としており、宇田新太郎の主導的研究によって、八木秀次との共同で発明された。一般には八木アンテナという名称で知られている(下記の歴史的経緯を参照されたい)。 主にテレビ放送、FM放送の受信用やアマチュア無線、業務無線の基地局用などに利用される。.

新しい!!: 電波障害と八木・宇田アンテナ · 続きを見る »

回路

回路(かいろ)は、エネルギー・物質などが出て、再び元の場所に戻るまでの道筋のこと。.

新しい!!: 電波障害と回路 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 電波障害と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 電波障害と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 電波障害とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 電波障害とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 電波障害と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 電波障害と新年 · 続きを見る »

短波放送

短波放送(たんぱほうそう)とは、短波を用いて音響を送る放送である。 日本では、総務省令電波法施行規則第2条第1項第24号の2に「3MHzから30MHzまでの周波数の電波を使用して音声その他の音響を送る放送」と定義している。放送法施行規則別表第5号第5放送の種類による基幹放送の区分(2)にもあるので、基幹放送の一種でもある。.

新しい!!: 電波障害と短波放送 · 続きを見る »

環境アセスメント

境アセスメント(かんきょうアセスメント)とは、環境影響評価のことであり、主として大規模開発事業等による環境への影響を事前に調査することによって、予測、評価を行う手続きのことを指す場合が多い。略して「環境アセス」とも称する。.

新しい!!: 電波障害と環境アセスメント · 続きを見る »

環境問題

水質汚染により泡が浮かんだ河川 酸性雨により溶けた石像 大気汚染の原因となる排煙 環境問題(かんきょうもんだい、Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。.

新しい!!: 電波障害と環境問題 · 続きを見る »

無線局

無線局(むせんきょく)は、電波法第2条第5号に「無線設備及び無線設備の操作を行う者の総体をいう。但し、受信のみを目的とするものを含まない。」と定義している。 引用の促音、拗音、送り仮名の表記は原文ママ。「法」は電波法の、「設備規則」は無線設備規則の略。.

新しい!!: 電波障害と無線局 · 続きを見る »

無線工学

無線工学(むせんこうがく)は、特に無線通信に関する項目を扱う電子工学の一分野である。.

新しい!!: 電波障害と無線工学 · 続きを見る »

無線通信

無線通信(むせんつうしん)は、伝送路として線を使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信の方は有線通信と呼ぶ。無線通信は軍事行動においてこそ長所際立つものの、気候変動や気温・水温などの変化によって受信が不安定なものとなる。.

新しい!!: 電波障害と無線通信 · 続きを見る »

発振回路

振回路(はっしんかいろ、electronic oscillator)は、持続した交流を作る電気回路である。その原理により、帰還型(きかんがた)と弛張型(しちょうがた)に分類できる。電波の放射や、ディジタル回路におけるクロックパルス(コンピュータ(またはデジタル回路)が動作する時に、タイミングを取る(同期を取る)ための周期的な信号)の発生が代表的な用途であるが、それ以外にも、電子回路の動作の基準となる重要な回路である。.

新しい!!: 電波障害と発振回路 · 続きを見る »

音響機器

音響機器(おんきょうきき)とは、音を録音再生したり変換したりするための機器のことをいう。また、オーディオ機器、単にオーディオという場合もある。 この項目は、音響機器に関連する項目の一覧である。あわせて音響技術および音響機器メーカーについても収録する。.

新しい!!: 電波障害と音響機器 · 続きを見る »

遮蔽

物理学において、遮蔽(しゃへい、)とは、可動電荷担体の存在による電場の減衰をいう。この効果は電離気体(古典的プラズマ)、電解質、導電体(半導体、金属)などの電気流体の重要な性質の一つである。ある比誘電率 の流体中では、荷電構成粒子対は以下の式に従うクーロン力により相互作用を及ぼす。 この相互作用のために、流体の理論的とりあつかいは困難となる。例えば、量子力学を素朴に用いて基底状態のエネルギー密度を計算すると無限大に発散するなどの理屈にあわない結果が得られてしまう。クーロン力は で減少しても、それぞれ距離 だけ離れている粒子の平均個数は r² に比例するため、流体がきわめて等方的になるという事実が困難の源である。結果として、各点における電荷変動が大きな距離を隔てても無視できない影響を及ぼす。 実際には、この長距離相互作用は電場への応答として流体が流れるために抑制される。この流れは粒子間の「有効」相互作用を低減し、近距離に「遮蔽」されたクーロン相互作用となる。この最も単純な例としてくりこみ相互作用が挙げられる。 たとえば、一様な正の背景電荷上を運動する電子からなる流体(1成分プラズマ)を考える。各電子は負の電荷を持つ。クーロン相互作用によれば、負電荷同士は互いに斥力を及ぼしあう。したがって、この電子は別の電子と排斥しあい、自身の周りに電子の少ない小さな領域を作り出す。この領域を正に帯電した「遮蔽正孔」として扱う。遠くから見れば、遮蔽正孔は電子による電場を中和する正電荷による影響を及ぼす。短い距離、遮蔽正孔の内部でのみ、電子の電場は検出可能となる。プラズマの場合、この効果は -体問題計算を行うことにより明らかにすることができる。 背景電荷が陽イオンからなる場合は、電子との引力相互作用により遮蔽効果は強化される。原子物理学においては、一つ異常の電子殻を持つ原子について遮蔽効果と呼ばれる密接に関連する効果がみられる。プラズマ物理学においては、デバイ遮蔽と呼ばれることもある。この効果はプラズマに隣接する材料のまわりの鞘()を通じて巨視的に観測できる。.

新しい!!: 電波障害と遮蔽 · 続きを見る »

道路

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)とは人や車両などが通行するためのみち、人や車両の交通のために設けられた地上の通路である。.

新しい!!: 電波障害と道路 · 続きを見る »

誘導障害

誘導障害(ゆうどうしょうがい、inductive interference)とは、送電線に流れる電流の電磁誘導や、送電線との静電誘導により、他の送電線や通信回線に電流が流れて人に危害を与えたり通信障害を引き起こしたりする現象である。.

新しい!!: 電波障害と誘導障害 · 続きを見る »

高層建築物

層建築物(こうそうけんちくぶつ)は、高さによって建築物を区分する際の一区分で、中層建築物を超える高さを有する建築物を指す。超高層建築物と区別する場合には、中層と超高層の間の高さを有する建築物を指す。高層ビル(こうそうビル)ともいう。.

新しい!!: 電波障害と高層建築物 · 続きを見る »

高周波

周波(こうしゅうは)とは、電波、音波など、波形を構成するスペクトラムのうち比較的周波数の高いものを指す。音波の場合は、超音波と呼ばれることが多い。 「高周波」あるいは「低周波」は周波数に関する事項ではあるが、慣習上、「周波」と言い換えている。.

新しい!!: 電波障害と高周波 · 続きを見る »

高調波

調波(こうちょうは)とは、ある周波数成分をもつ波動に対して、その整数倍の高次の周波数成分のことである。音楽および音響工学分野では倍音と呼ぶ。 元々の周波数を基本波、2倍の周波数(2分の1の波長)を持つものを第2高調波、さらに n 倍の周波数(n 分の1の波長)を持つものを第 n 高調波と呼ぶ。無線などの発振回路で、必要な周波数の1/nの基本波の発振(原発振、略して原発とも)から、意図的に歪み特性を持った回路を通して、高調波として目的の周波数の信号を発生させることを(周波数)逓倍((frequency) multiplication)と言う(PLLによってn倍の周波数の信号を得ることも逓倍と言う)。 無線工学では、無線機から送信する電波に混じる、目的の信号以外の、主に高調波(および低調波)からなる成分を、スプリアスと呼ぶ。スプリアスの強度は電波法により制限されている。通常スペクトラムアナライザを使って計測する。.

新しい!!: 電波障害と高調波 · 続きを見る »

超短波放送

超短波放送(ちょうたんぱほうそう)とは、超短波(VHF:Very High Frequency)を用いる放送である。kuzey tutk devletı.

新しい!!: 電波障害と超短波放送 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: 電波障害と自動車 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: 電波障害と鉄道 · 続きを見る »

電力線搬送通信

PLC使用風景 電力線搬送通信(でんりょくせんはんそうつうしん)は、電力線を通信回線としても利用する技術。電力線通信、高速電力線通信、電灯線通信、PLC (Power Line Communication)、PLT (Power Line Telecommunication) とも呼ばれる。.

新しい!!: 電波障害と電力線搬送通信 · 続きを見る »

電子機器

電子機器(electronics、またはelectronic device、electrical equipment)は、電子工学の技術を応用した電気製品。 情報をデジタル処理する機器や、映像・音声を電気的にアナログ処理する機器などが含まれる。.

新しい!!: 電波障害と電子機器 · 続きを見る »

電動機

様々な電動機。006P型電池との比較。 電動機(でんどうき、Electric motor)とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器、原動機の総称。モーター、電気モーターとも呼ばれる「モーター」というカタカナ表記に関して、電気学会に於いては「モータ」という表記方を定めている他、電動機メーカーによっては「モーター」のドイツ語表記“Motor”の20世紀前半までドイツ語発音の模範とされた「舞台発音」に基づいた発音方に倣って「モートル」(或いは「モトール」)という表記方を用いているところが見られる《日本電産Webサイト内『』ページ後半に掲載されているコラム『モーターの語源』より;なお「モートル」という表記は、現在、少なくとも日立系列の日立産機システムと東芝系列の東芝産業機器システムに於いて、主にブランド名の中で用いられている》。 一般に、磁場(磁界)と電流の相互作用(ローレンツ力)による力を利用して回転運動を出力するものが多いが、直線運動を得るリニアモーターや磁場を用いず超音波振動を利用する超音波モータなども実用化されている。静電気力を利用した静電モーターも古くから知られている。 なお、本来、「モータ(ー)」("motor")という言葉は「動力」を意味し、特に電動機に限定した用語ではない。それゆえ、何らかの動力の役割を果たす装置は、モーターと形容されることもよくある(ロケットモーターなど)。 以下では、電磁力により回転力を生み出す一般的な電動機を中心に説明し、それ以外のリニアモーターや超音波モータは末尾で簡単に説明する。.

新しい!!: 電波障害と電動機 · 続きを見る »

電磁両立性

電磁両立性(electromagnetic compatibility、EMC)とは、電気・電子機器について、それらから発する電磁妨害波がほかのどのような機器、システムに対しても影響を与えず、またほかの機器、システムからの電磁妨害を受けても自身も満足に動作する耐性である。電磁共存性、電磁的両立性、電磁環境両立性または電磁(環境)適合性とも呼ばれる。.

新しい!!: 電波障害と電磁両立性 · 続きを見る »

電磁シールド

電磁シールド(でんじシールド)とは、導体製の障壁で二つの場所を仕切って、二つの場所の間を電磁場が流れるのを制限するための処理である。 代表的な例としては、電気装置を外界から隔てるために囲いを設けたり、ケーブルが通る場所の環境から電線を隔てるために、ケーブルにシールドを施したりといったことが挙げられる。 無線周波数の電磁波を遮断するために電磁シールドを用いることは、RF 遮蔽(アールエフしゃへい)としても知られている。 電磁シールドは、電波、電磁場、静電場の結合を低減させることができるが、しかしながら、静磁場や低い周波数の磁場を低減させることはできない(静電場を遮断させるために用いられる導体の囲いはファラデー・ケージとして知られている)。 電磁シールドで低減される量は、シールドに使用する物質、その厚さ、遮蔽する容積と対象とする場の周波数、大きさ、形、遮蔽板の中の入射する電磁場に対する開口部の向きに非常に依存する。.

新しい!!: 電波障害と電磁シールド · 続きを見る »

電話

電話(でんわ、telephone)は、電気通信役務の一種で、電話機で音声を電気信号(アナログ式では電流の変化、デジタル式では加えて位相の変化)に変換し、電話回線を通じて離れた場所にいる相手方にこれを伝え、お互いに会話ができるようにした機構および、その手段のことをいう。 現代の電話回線は電話交換機で世界的に相互接続され電話網を形成している。また、技術の進歩に伴い、固定電話間の通話にとどまらず、携帯電話(自動車電話)・PHS・衛星電話・などの移動体通信、IP電話などとの相互間通話や、無線呼び出しへの発信も可能になっている。インターネットへのダイヤルアップ接続など、コンピュータ間のデータ通信にも応用されるようになり、社会における重要な通信手段の一つとなっている。 初期のアナログ電話は、電流の変化そのものをマイクやスピーカを使って音声に変換しているので、電流の変化そのものを情報として伝送している(ベースバンド伝送)。一方でデジタル式電話では、送電経路上の情報の送受信の効率を優先させるため、必ず変調や復調といった手順を含み経路上の回路は複雑になるが、情報の量や品質においてメリットが非常に大きい。多くは得られた情報からのベースバンドを、さらに伝送経路上で符号化する方式で伝送している(搬送帯域伝送)。.

新しい!!: 電波障害と電話 · 続きを見る »

電波

ムネイル 電波(でんぱ)とは、電磁波のうち光より周波数が低い(言い換えれば波長の長い)ものを指す。光としての性質を備える電磁波のうち最も周波数の低いものを赤外線(又は遠赤外線)と呼ぶが、それよりも周波数が低い。.

新しい!!: 電波障害と電波 · 続きを見る »

電波工学

電波工学(でんぱこうがく、英語:RF engineering)は、電波を使った無線通信、電波計測・電波測位(航法無線)、電波伝播、電波障害、アンテナ・給電線、電波を使った送電など電波の工学的利用を扱う電子工学の一分野である。 電波を通信、計測等に利用するためには、電波の基本的な理論を明らかとし、電波のふるまいを理解する必要がある。このため、電波工学は、マクスウェルの方程式を出発点とした電磁気学、回路理論、変復調理論、伝送理論、空中線理論、電波伝播理論などの幅広い学問の領域を対象としている。 電波工学が対象とする電波の周波数領域は、電波の利用及び応用を目的としている点で、いわゆる電波法で規定されている周波数領域であって、中でも高周波と呼ばれる領域が主な対象となっている。この背景としては、高周波を利用・応用する装置及びアンテナの寸法規模が、我々の生活において適切である点、製品の設計・開発を比較的容易に行える点、電波伝播特性が安定している点、が挙げられる。 電波は目に見えないため、電波のふるまいを理解するためには、数式によるモデル化・定式化が必要となる。近年、計算機の高性能化にともなって、電磁界理論に基づいた計算機シミュレーションを実施する機会が増えている。現実の電波のふるまいに、より近いシミュレーション結果を得るための計算手法の開発及び改善も行われている。 電波の利用及び応用範囲としては、音声・画像などの情報伝達、位置・距離などの計測、加熱などの調理、癌などの治療、などの幅広い分野が挙げられる。 一方、電波の利用及び応用が進むことにより、電子機器間での電波干渉、電波妨害等が発生し、電子機器の誤動作が問題となっている。このため、電波障害対策も重要な課題の一つとして電波工学の対象となっている。.

新しい!!: 電波障害と電波工学 · 続きを見る »

電波暗室

電波暗室(でんぱあんしつ、英:Anechoic chamber)とは、外部からの電磁波の影響を受けず、かつ外部に電磁波を漏らさず、さらに内部で電磁波が反射しないように設計・施工されたシールド空間のことである。したがって、周囲の電波環境に影響されない空間である 日本航空電子。 無線機器の実験やEMC計測などに使用する特殊な実験室である。電波無響室とも呼ぶ。.

新しい!!: 電波障害と電波暗室 · 続きを見る »

通信

通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。.

新しい!!: 電波障害と通信 · 続きを見る »

通信妨害

通信妨害()とは、無線通信信号に対する妨害(ECM)のこと。正規の電波通信と同一の周波数または周波数帯の電波を送出し、混信もしくは電波障害を引き起こすことで、正規の通信を妨碍する、もしくは自国民に視聴させたくない放送(主に国際放送)に妨碍をかけることを指す。レーダーに対する妨碍同様、ジャミングと呼ばれる。 軍事的・政治的に用いられることの多い技術であるが、携帯電話に対する通信機能抑止装置のように民間に転用されたものもある。.

新しい!!: 電波障害と通信妨害 · 続きを見る »

GSM

GSM(global system for mobile communications)は、FDD-TDMA方式で実現されている第2世代移動通信システム (2G) 規格である。.

新しい!!: 電波障害とGSM · 続きを見る »

LED照明

LED照明(エルイーディーしょうめい、LED lamp, LED light bulb)は、発光ダイオード (LED) を使用した照明器具のことである。2017年現在、照明器具の主力光源となっている。 LEDを使用しているため、低消費電力で長寿命といった特徴を持つ。定格範囲内で使用する限り発光素子自身は比較的長寿命であり、熱による劣化が寿命の決定要因となる。 LED照明に求められる白色の発色には青色の光源が必要なため、1990年代に青色LEDが発明されるまでは可視光LEDを使ったLED照明を作ることは現実的ではなかった。ブルーライトを伴った高輝度のLED照明が普及し環境や健康に有害であるため、2016年にはアメリカ医師会が、運転や睡眠、生態系に与える影響を低減するためのガイダンスを作成している。.

新しい!!: 電波障害とLED照明 · 続きを見る »

PHS

PHSの端末例 ドコモPHS 633S (シャープ)・ウィルコム AH-K3001V (京セラ)・同 WX310SA (三洋電機) PHS (ピーエイチエス、Personal Handy-phone System) とは、小型の電話機を携帯し、移動した先で長距離間の通信を行うシステムのこと。その電話機自体や、それによる移動体通信サービスのこと。.

新しい!!: 電波障害とPHS · 続きを見る »

VCCI協会

一般財団法人 VCCI協会(ブイシーシーアイきょうかい)は、コンピュータなどの情報機器から発生する電磁妨害波の自主規制を行う、日本の業界団体である。VCCIとは、かつての名称である情報処理装置等電波障害自主規制協議会(Voluntary Control Council for Information Technology Equipment)の略称である。.

新しい!!: 電波障害とVCCI協会 · 続きを見る »

Wi-Fi

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Alliance(アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。.

新しい!!: 電波障害とWi-Fi · 続きを見る »

接地

接地(せっち)とは、電気機器の筐体・電線路の中性点・電子機器の基準電位配線などを電気伝導体で基準電位点に接続すること、またその基準電位点そのものを指す。本来は基準として大地を使用するため、この名称となっているが、基準として大地を使わない場合にも拡張して使用されている。アース(earth)、グランド(グラウンド)(ground)とも呼ばれる。.

新しい!!: 電波障害と接地 · 続きを見る »

携帯電話

折りたたみ式の携帯電話 スライド式の携帯電話 携帯電話(けいたいでんわ、mobile phone)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。 有線通信の通信線路(電話線等)に接続する基地局・端末の間で電波による無線通信を利用する。無線電話(無線機、トランシーバー)とは異なる。マルチチャネルアクセス無線技術の一種でもある。.

新しい!!: 電波障害と携帯電話 · 続きを見る »

混信

混信(こんしん)とは、無線による放送や無線通信において、同一周波数あるいは隣接周波数の他局の電波が混じり正常な受信(視聴や聴取)が困難になることを指す。 日本では、総務省令電波法施行規則第2条第1項第64号に「混信」を「他の無線局の正常な業務の運行を妨害する電波の発射、輻射又は誘導」と定義している。 そして、地上基幹放送および移動受信用地上基幹放送については、一定以上の電界強度を保証するため、総務省令基幹放送局の開設の根本的基準に基幹放送局毎に放送区域を設定するものとしている。.

新しい!!: 電波障害と混信 · 続きを見る »

本庄市

本庄早稲田駅 本庄市(ほんじょうし)は、埼玉県の北西部に位置する市である。 中山道の宿場・本庄宿が置かれた。本庄宿は中山道の中で最大の宿場町として栄え、明治時代には本庄への遷都が推薦されていた事がある。.

新しい!!: 電波障害と本庄市 · 続きを見る »

情報機器

情報機器(じょうほうきき)とは、情報にアクセスするための機器・機械(情報用ハードウェアなど)のことを指す。.

新しい!!: 電波障害と情報機器 · 続きを見る »

放射

放射(ほうしゃ,radiation)は、粒子線(アルファ線、ベータ線など)や電磁波(光や熱なども含む)、重力波などが放出されること、または放出されたそのものをいう。かつての日本では、輻射(ふくしゃ)とされていたが、太平洋戦争後の当用漢字表に「輻」の字が含まれなかった。このため、当初はやむを得ず「ふく射」と表記されていたが、その後、「放射」と表現が変更された。なお、「輻」は現在の常用漢字にも含まれていない。.

新しい!!: 電波障害と放射 · 続きを見る »

1978年

記載なし。

新しい!!: 電波障害と1978年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 電波障害と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 電波障害と2019年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

受信障害障害電波電磁妨害電磁波障害電磁障害

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »