ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

陸軍

索引 陸軍

軍(りくぐん、army, ground force)は、主に陸上において軍事作戦を遂行する軍隊の一種である。.

149 関係: 労働力基本教練占領士官大砲大隊大韓民国陸軍大日本帝国陸軍対テロ戦争対ゲリラ作戦対戦車ミサイル小隊工兵師団中国人民解放軍陸軍中隊中東戦争常備軍主力戦車主食主計三兵戦術下士官平野人口予備役役種後方連絡線後方支援地域地形化学兵器ナポレオン・ボナパルトマウリッツ (オラニエ公)チャリオットハガナーレギオンローマ帝国ローマ軍ローデシア軍ロシア陸軍トルコ陸軍ヘリコプターブラジル陸軍ビルマ共産党ビルマ国民軍テルシオデンマーク陸軍...フランス陸軍フランス=アルベール・ルネファランクスドイツ陸軍ニッコロ・マキャヴェッリベトナム戦争分隊アメリカ陸軍アレクサンドロス3世アントワーヌ=アンリ・ジョミニインドシナ戦争インド陸軍イギリス軍イギリス陸軍イスラエル国防軍イタリア陸軍ウェゲティウスオランダ陸軍カール・フォン・クラウゼヴィッツカール・シュミットカタンガ共和国グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)ゲリラコンゴ動乱システムスウェーデン陸軍センサタイ王国陸軍サウジアラビア陸軍冷戦兵士兵器兵科兵站光通信国家国民抵抗軍C4Iシステム火器火縄銃砲兵空軍空港第一次世界大戦第二次世界大戦統合作戦統合軍絶対戦争画像燃料特殊部隊衛生兵装甲兵員輸送車飛行場飛行機首都騎兵資源軍事における革命軍隊軍隊の編制軍隊の階級軍楽隊輜重兵農奴制都市航空兵航空機防空自走砲電磁波電波電撃戦通信連隊陸上自衛隊陸軍航空隊投石器技術材料機動部隊機関銃歩兵民兵民族移動時代港湾湾岸戦争朝鮮人民軍陸軍朝鮮戦争戦争哲学戦争論戦争概論戦術論戦車戦闘力戦闘団海軍旅団憲兵 インデックスを展開 (99 もっと) »

労働力

労働力(ろうどうりょく、labour power、Arbeitskraft)とは、財・サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。肉体的なもののみならず、知的なものも含む。.

新しい!!: 陸軍と労働力 · 続きを見る »

基本教練

基本教練(きほんきょうれん、英:Military Drill)とは個人および部隊の基本動作を統制する一定の動作様式である。.

新しい!!: 陸軍と基本教練 · 続きを見る »

占領

占領(せんりょう)とは、.

新しい!!: 陸軍と占領 · 続きを見る »

士官

士官(しかん、commissioned officer)は、各国軍隊などの組織の士官学校などにおいて、用兵などの初級士官教育を受けた軍人で、階級が少尉以上の武官を呼ぶ。将校ともいう。なお、1868年の「officer」の日本語訳は「士官」であったが、1887年ごろから「将校」に変わった。下士官の上となる。自衛隊では、3尉(3等陸尉・3等海尉・3等空尉)以上の幹部自衛官がこれに相当する。また、船舶用語として士官を用いる場合は、船長、機関長、航海士などの高級船員に対しても使われる。中国人民解放軍(中華人民共和国)や中華民国国軍(台湾)では士官(幹部自衛官クラス)は軍官と呼ばれ、「士官」は下士官(曹クラス)を意味する。 日本軍では「士官」に独自の定義があり、日本海軍においては将校と士官とは厳密に区別されていた。また日本陸軍では明治時代から大正時代を経て1937年(昭和12年)2月14日まで将校のうち尉官に相当するものを士官、佐官に相当するものを上長官と呼称していた (日本海軍では1919年(大正8年)9月22日、勅令第427号により士官・上長官の区分を廃止 。 本項では「commissioned officer」の日本語訳としての広義の「士官」制度について記述する。.

新しい!!: 陸軍と士官 · 続きを見る »

大砲

大砲(たいほう)は、火薬の燃焼力を用いて大型の弾丸(砲弾)を高速で発射し、弾丸の運動量または弾丸自体の化学的な爆発によって敵および構造物を破壊・殺傷する兵器(武器)の総称。火砲(かほう)、砲とも称す。.

新しい!!: 陸軍と大砲 · 続きを見る »

大隊

大隊(だいたい)は、陸軍編制上の戦術単位の一つ。連隊の下位で、中隊の上位。通常は、単一の兵科によって編成する。隊長は中佐か少佐。2から6個程度の中隊から編成される。英語では「バタリオン」(Battalion)と呼称する。 大隊は独立した活動を行うことができる最も小さな戦術単位であるが、通常は師団・旅団・連隊の一部である(大日本帝国陸軍では大隊以上を「部隊」と呼び、中隊以下を「隊」と呼ぶ) 連隊・旅団・師団の隷下に入らず、軍団長や軍・軍集団司令官など上級部隊指揮官の麾下で特命に従事する大隊を独立大隊という。独立大隊の例としては、旧陸軍の独立歩兵大隊などや、日本が初めて国連平和維持活動としてカンボジアに派遣したカンボジア派遣施設大隊(約600名)、ドイツ陸軍および武装親衛隊の独立重戦車大隊などがある。.

新しい!!: 陸軍と大隊 · 続きを見る »

大韓民国陸軍

大韓民国陸軍 (だいかんみんこくりくぐん、)、ROK Army、ROKA) は、大韓民国国軍を構成する大韓民国の陸軍である。 2015年現在、42個師団(常備師団 22個、予備師団 20個、常備軍 約50万人、予備軍 約320万人)の兵力を有する。.

新しい!!: 陸軍と大韓民国陸軍 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: 陸軍と大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

対テロ戦争

対テロ戦争(たいテロせんそう、War on Terrorism または )は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争()と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。.

新しい!!: 陸軍と対テロ戦争 · 続きを見る »

対ゲリラ作戦

対ゲリラ作戦(たいげりらさくせん、Counter Guerrilla)は、遊撃行動(ゲリラ活動)をとる敵に対処するための軍事作戦をいう。しばしば対反乱作戦に含まれる。.

新しい!!: 陸軍と対ゲリラ作戦 · 続きを見る »

対戦車ミサイル

トライカー装甲車(ストライカーATGM)から発射されるTOW。有線誘導方式のため、発射機とミサイルがケーブルでつながっている 対戦車ミサイル(たいせんしゃミサイル、anti-tank missile, ATM)は、戦車を攻撃するために用いられるミサイルである。対戦車誘導ミサイル(anti-tank guided missile, ATGM)、対戦車誘導兵器(anti-tank guided weapon, ATGW)とも呼ばれる。 日本の防衛省(自衛隊)においては対戦車誘導弾(たいせんしゃゆうどうだん)と呼称し、MAT(missile anti-tank)の略号を与えている。これはATMを「アトム」と読み得る(実際の「核」の意味で書かれるアトムは「ATOM」である)ため、核兵器を使用しているとの誤解を避けることを目的として、敢えて語順を変更したものである。.

新しい!!: 陸軍と対戦車ミサイル · 続きを見る »

小隊

小隊(しょうたい)は、軍隊の編成において中隊より下位で分隊より上位の部隊。小隊は、概ね2個から4個の分隊(陸上自衛隊普通科連隊において班)で編成され、10人から50人程度の兵員を有する。指揮官には下級将校又は上級下士官が補職される。英語ではPlatoonで略称は「Pt」とされる。.

新しい!!: 陸軍と小隊 · 続きを見る »

蓼科山 山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。.

新しい!!: 陸軍と山 · 続きを見る »

世界最長の川であるナイル川 世界最大の流域面積を有する川であるアマゾン川 日本最長の川である信濃川 日本最大の流域面積を有する川である利根川 川(かわ)は、絶えず水が流れる細長い地形である。雨として落ちたり地下から湧いたりして地表に存在する水は、重力によってより低い場所へとたどって下っていく。それがつながって細い線状になったものが川である。河川(かせん)ともいう。時期により水の流れない場合があるものもあるが、それも含めて川と呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍と川 · 続きを見る »

工兵

工兵(こうへい、military engineer, combat engineer, pioneer)は、陸軍における戦闘支援兵科の一種であり、歩兵、砲兵、騎兵に並ぶ四大兵科の一つである。陸上自衛隊においては施設科と呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍と工兵 · 続きを見る »

師団

師団(しだん、Division)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。旅団・団より大きく、軍団・軍より小さい。師団は、主たる作戦単位であるとともに、地域的または期間的に独立して、一正面の作戦を遂行する能力を保有する最小の戦略単位とされることが多い。多くの陸軍では、いくつかの旅団・団または連隊を含み、いくつかの師団が集まって軍団・軍等を構成する。 師団の編制については、国や時期、兵科によって変動が大きいが、21世紀初頭現代の各国陸軍の師団は、2~4個連隊または旅団を基幹として、歩兵、砲兵、工兵等の戦闘兵科及び兵站等の後方支援部隊などの諸兵科を連合した6千人から2万人程度の兵員規模の作戦基本部隊である。多くの国において師団長には少将が補せられるが、日本やブラジル等中南米の幾つかの国のように中将が補せられる国もあり、またソ連・ロシアや東ドイツ等の旧東欧諸国では大佐が務める例も見られる。 師団は、幕僚部(師団参謀部・師団副官部・師団法務部など)を固有する、最小の部隊でもある。.

新しい!!: 陸軍と師団 · 続きを見る »

中国人民解放軍陸軍

中国人民解放軍陸軍(ちゅうごくじんみんかいほうぐんりくぐん)は、中華人民共和国の陸軍組織であり、人民解放軍の陸軍部門である。 「人民解放陸軍」と表記されることがあるが、「人民解放軍 陸軍」が正式な組織名称である。.

新しい!!: 陸軍と中国人民解放軍陸軍 · 続きを見る »

中隊

中隊(ちゅうたい)は、軍隊の部隊編成の単位で、小隊の上、大隊の下に位置する。一般的には歩兵なら約200人(4個小隊相当)、砲兵では4門か6門だが、兵科、装備、時代によって規模はさまざまである。 西洋語では兵科によって異なる語を当てる。英語にすると、歩兵と工兵の中隊はCompany、砲兵はBattery、騎兵や戦車、装甲車はtroop、ヘリコプターなどの部隊はsquadronである(squadronは、空軍や海軍航空隊の飛行隊の意味もある)また、警察(機動隊など)や消防などにも中隊単位の編成がされる場合もある。.

新しい!!: 陸軍と中隊 · 続きを見る »

中東戦争

中東戦争(ちゅうとうせんそう、アラビア語: الصراع العربي الإسرائيلي Al-Sira'a Al'Arabi A'Israili、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-ערבי Ha'Sikhsukh Ha'Yisraeli-Aravi、英語: Arab–Israeli conflict)は、ユダヤ人国家イスラエルと周辺アラブ国家間の戦争。1948年から1973年までに大規模な戦争が4度起こり、それぞれ第一次~第四次に分類される。イスラエルとエジプトの和平などにより国家間紛争が沈静化した以降もパレスチナ解放機構(PLO)などの非政府組織との軍事衝突が頻発している。 アメリカ・イギリス・フランスがイスラエルに、ソ連がアラブ側に対し支援や武器を供給していたことから、代理戦争の側面も含む。ただしイデオロギーより中東地域の利権や武器売買などの経済的な動機が重きを占めていた。そのため初期にイスラエルに支援や武器供給したイギリス・フランスは第3次中東戦争以降石油政策などからアラブ側に回り、さらに中国やイラン革命後のイランが武器供給や軍事支援においてアラブ側に入り込むなど、大国や周辺諸国の思惑の入り混じる戦争でもある。 また双方の宗教の聖地であるエルサレム、ヘブロンなどの帰属問題の絡んだ宗教戦争の側面もある。 今でもイスラエルとアラブ諸国は犬猿の仲で、テロは絶えず、イスラエル人は親米サウジアラビアやクウェートやアラブ首長国連邦でさえも入国できず、国交のあるエジプトとヨルダンのみしか入国できない。パスポートにイスラエルの入国スタンプがあるだけでアラブ諸国では入国拒否される程で、旅行者はイスラエル入国スタンプを別紙に押せば回避ができる。また、イスラエルオリンピック委員会・サッカーイスラエル代表はアジアオリンピック評議会・アジアサッカー連盟からヨーロッパオリンピック委員会・欧州サッカー連盟に移籍している。.

新しい!!: 陸軍と中東戦争 · 続きを見る »

常備軍

常備軍(じょうびぐん)とは、.

新しい!!: 陸軍と常備軍 · 続きを見る »

主力戦車

主力戦車(しゅりょくせんしゃ、英語:、略称:MBT)は、戦車の分類の1つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。 第二次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車など多様であった。戦後、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるように走攻守をバランス良く備えた主力戦車が登場し統合が進んでいった。その背景には戦術の確立と技術の発展があった。.

新しい!!: 陸軍と主力戦車 · 続きを見る »

主食

主食.

新しい!!: 陸軍と主食 · 続きを見る »

主計

主計.

新しい!!: 陸軍と主計 · 続きを見る »

三兵戦術

三兵戦術(さんぺいせんじゅつ)は、おおむね16世紀末から19世紀の陸上戦闘において兵科を歩兵・騎兵・砲兵に3区分して運用した作戦術を指す。現代における諸兵科連合に通じるものである。.

新しい!!: 陸軍と三兵戦術 · 続きを見る »

下士官

下士官(かしかん、)は、軍隊の階級区分の一つ。士官(将校)の下、兵(兵卒)の上に位置する。多くの場合、兵からの昇進者であり、士官との間に入って兵を統率する。士官学校を含めて高等教育を受けていない者が職業軍人となる場合は下士官となることがほとんどで、さらに士官に昇進することは少ない。中国人民解放軍、中華民国国軍では下士官とは称さず士官または軍士と、大韓民国軍では副士官と称す。.

新しい!!: 陸軍と下士官 · 続きを見る »

平野

平野(へいや)または平地(へいち)とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。.

新しい!!: 陸軍と平野 · 続きを見る »

人口

人口(じんこう、仏: 英: Population、独: Bevölkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。.

新しい!!: 陸軍と人口 · 続きを見る »

予備役

予備役 (よびえき)は、軍隊における役種の一種。一般社会で生活している軍隊在籍者や、軍隊に就役していた艦艇・航空機のことを指し、有事の際や訓練の時のみ軍隊に戻る。在郷軍人とも呼ばれる。ほとんどすべての軍隊に存在し、自衛隊の場合は予備自衛官と称される。 予備役にある人で構成されるのが在郷軍人会である。 予備役の兵で編成された軍隊を予備軍という。ただし、この語は予備兵力のことも意味する。.

新しい!!: 陸軍と予備役 · 続きを見る »

役種

役種(やくしゅ)とは、軍人の現役・予備役・退役・後備役・国民兵役(以下、現役以外を「予備役等」という。)などの種別をいう。なお、予備役等にある軍人は在郷軍人とも呼ばれる。士官・准士官・下士官・兵卒・海軍予備員によって異なる。 予備役等の者を部隊に充員することやその影響については「動員」の記事に詳しい。.

新しい!!: 陸軍と役種 · 続きを見る »

後方連絡線

後方連絡線(こうほうれんらくせん、英:Line of Communication, LOC)とは、主に前線の作戦地域と後方の根拠地の間において、作戦行動または兵站活動の用途に利用できる交通路を意味する。単に連絡線、または背後連絡線(はいごれんらくせん)、作戦線(さくせんせん)、兵站線(へいたんせん)とも言う。.

新しい!!: 陸軍と後方連絡線 · 続きを見る »

後方支援

後方支援(こうほうしえん、)は、軍事用語であり、第一線部隊の後方において作戦を支援するあらゆる業務を包括する概念である。直接戦闘に係わる戦闘兵科と区別して後方兵科と呼ばれる。補給戦とも称される分野である。.

新しい!!: 陸軍と後方支援 · 続きを見る »

地域

地域(ちいき)とは、地形が似通っている、同じ性質をもっているなどの理由からひとまとめにされる土地のこと。マルチスケールの概念である。.

新しい!!: 陸軍と地域 · 続きを見る »

地形

地形(ちけい、英語:landform)は、地球表面の不均衡のことである。なお、日本語の日常語では地表の高低や起伏の形を指す。.

新しい!!: 陸軍と地形 · 続きを見る »

化学兵器

化学兵器(かがくへいき)とは、毒ガスなどの毒性化学物質により、人や動植物に対して被害を与えるため使われる兵器のこと。化学兵器禁止条約では、毒性化学物質の前駆物質や、それを放出する弾薬・装置も含むものとしている。リシンや細菌毒素などの生物由来の毒性物質を用いる場合は、化学兵器ではなく生物兵器に分類されることが多い。.

新しい!!: 陸軍と化学兵器 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: 陸軍とナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

マウリッツ (オラニエ公)

マウリッツ・ファン・ナッサウ(Maurits van Nassau, 1567年11月13日 - 1625年4月23日)は、オランダ総督、オラニエ公。ウィレム1世の次男で、フィリップス・ウィレムの弟、フレデリック・ヘンドリックの兄。父の死後、スペインとの八十年戦争において中心的な役割を果たした。 死に臨んで、「2プラス2は4である」ということを自己の信条にしたほどの合理主義者であったとされる。また、自らの軍隊に徹底した訓練を行うと共にそのマニュアル化を行った。これがヨーロッパ各国の軍隊に多大な影響を与えたことから、「軍事革命」とも評価される。.

新しい!!: 陸軍とマウリッツ (オラニエ公) · 続きを見る »

チャリオット

チャリオットの発祥地と伝播紀元前2000年ごろシンタシュタ・ペトロフカ文化で発明され、急速に世界中へ広まった。 チャリオット(Chariot)とは古代の戦争に用いられた戦闘用馬車である。一般に戦車と訳される。戦車とは本来、古代中国で使われていた戦闘用馬車のことである。中国では現在まで一貫して「戦車」はチャリオットを指し、第一次世界大戦時に誕生した現代戦車はTankの音を漢字化した「坦克」と呼ぶ。現代戦車を「戦車」としたのは日本独自の訳語である。ここでは、古代中国の戦車も含む、戦闘馬車全般について記す。.

新しい!!: 陸軍とチャリオット · 続きを見る »

ハガナー

ハガナー()は、かつて存在したユダヤ人の軍事組織。イスラエル国防軍の基礎となった。.

新しい!!: 陸軍とハガナー · 続きを見る »

レギオン

レギオン(Legion) - ローマ軍団のこと。以降、レギオンは軍団を表す言葉となった。.

新しい!!: 陸軍とレギオン · 続きを見る »

ローマ帝国

ーマ帝国(ローマていこく、Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。 帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。.

新しい!!: 陸軍とローマ帝国 · 続きを見る »

ローマ軍

再現イベントにおける第14軍団ゲミナ ローマ軍(ローマぐん)は、古代ローマ(王政ローマ・共和政ローマおよび帝政ローマ)における軍隊(陸軍と海軍)の総称。ラテン語では軍隊のことを「エクセルキトゥス(exercitus)」といい、「ローマ軍」を「ローマーニー・エクセルキトゥス(Romani exercitus)」あるいは「ノステル・エクセルキトゥス(noster excercitus、我らの軍隊)」などと呼んでいた。.

新しい!!: 陸軍とローマ軍 · 続きを見る »

ローデシア軍

ーデシア軍(ローデシアぐん)は、ローデシアの保有していた軍隊である。ローデシア紛争(1965 - 1980)において南アフリカ防衛軍(South African Defence Force)と共に、ローデシア国内および近隣諸国にて戦闘活動を実施していた。ローデシアは南アフリカと同様に少数の白人により大多数の有色人種を支配しようとしたため兵力不足だった。そのため、欧米から広く白人傭兵を募集していた。.

新しい!!: 陸軍とローデシア軍 · 続きを見る »

ロシア陸軍

ア陸軍の紋章 ロシア陸軍(ロシアりくぐん、)は、ロシア連邦軍における陸軍である。.

新しい!!: 陸軍とロシア陸軍 · 続きを見る »

トルコ陸軍

トルコ陸軍(Türk Kara Kuvvetleri)はトルコ共和国の陸上国防体制の基礎となる陸軍組織である。.

新しい!!: 陸軍とトルコ陸軍 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍とヘリコプター · 続きを見る »

ブラジル陸軍

ブラジル陸軍(ブラジルりくぐん、Exército Brasileiro)は、ブラジル連邦共和国の陸軍。ブラジル軍を構成する軍種のひとつ。.

新しい!!: 陸軍とブラジル陸軍 · 続きを見る »

ビルマ共産党

ビルマ共産党(ビルマきょうさんとう、Communist Party of Burma、CPB、緬共)は、ビルマ最古の政党。最盛期には兵力1万人を擁し、40年に亘ってビルマ政府と抗争したが、1989年に勢力下の少数民族の反乱によって指導部は放逐された。しかし、40年に亘って独立状態を保った統治機構は、そのまま少数民族の地方政権に引き継がれ、現在に至っている。.

新しい!!: 陸軍とビルマ共産党 · 続きを見る »

ビルマ国民軍

大東亜会議に出席した各国首脳。前列左端がビルマ軍の軍装姿のバー・モウ。続いて、張景恵、汪兆銘、東條英機、ナラーティップポンプラパン、ホセ・ラウレル、スバス・チャンドラ・ボース ビルマ国民軍(ビルマこくみんぐん、Burma National Army, BNA / )あるいはビルマ国軍は、第二次世界大戦中に日本の指導下で「ビルマ国」の国軍として編成された軍事組織である。ビルマの戦いにおいて日本軍に協力することが期待されたが、枢軸国が劣勢になるとビルマ国政府に対して反乱を起こし、日本軍とも戦闘した。戦後のミャンマー軍の前身とみなされている。 本稿では、前身であるビルマ独立義勇軍(Burma Independence Army, BIA)およびビルマ防衛軍(Burma Defence Army, BDA)、反乱後に連合国指導下で活動した後身のビルマ愛国軍(Patriotic Burmese Forces, PBF, 直訳的にはビルマ人愛国者部隊)についても述べる。.

新しい!!: 陸軍とビルマ国民軍 · 続きを見る »

テルシオ

1568年のハイリヘルレーの戦いの図。槍兵方陣や大砲など、当時の軍隊が描写されている。画面右がスペイン軍のテルシオである。 テルシオ(Tercio)は、1534年から1704年にかけてスペイン王国が採用した軍事編成。あるいはまた、その部隊の戦闘隊形。単に戦闘隊形を指す場合はスペイン方陣(英語:Spanish square)とも呼ぶ。テルシオの編成や戦闘隊形は、17世紀初頭までヨーロッパ各国で盛んに模倣された。.

新しい!!: 陸軍とテルシオ · 続きを見る »

デンマーク陸軍

デンマーク陸軍(デンマークりくぐん、デンマーク語:Hæren)はデンマークの陸軍。冷戦終結後は、徴兵に依存する割合を減らし、国際活動に重点を置く様になってきている。 デンマーク陸軍は、国連のPKOおよびNATOの平和維持活動の一環として、ボスニアに派遣されている。派遣部隊は即応旅団から引き抜かれたものであり、NATOの指揮下で、イギリス機甲旅団と協力し任務にあたっている。コソヴォやイラク、アフガニスタンにも派遣されており、イラクでは2003年8月、アフガニスタンでは2008年12月に戦死者も出している。.

新しい!!: 陸軍とデンマーク陸軍 · 続きを見る »

フランス陸軍

フランス陸軍(フランス語:Armée de Terre française)はフランスの陸軍である。.

新しい!!: 陸軍とフランス陸軍 · 続きを見る »

フランス=アルベール・ルネ

フランス=アルベール・ルネ(France-Albert René, 1935年11月16日 - )は、セーシェルの政治家、第2代大統領、社会主義者。アルベール・ルネ、F.A.ルネという表記もある。1977年から約27年間にわたり大統領職にあり、同国を率いた。.

新しい!!: 陸軍とフランス=アルベール・ルネ · 続きを見る »

ファランクス

ファランクスの戦闘想像図 ファランクス()は、古代において用いられた重装歩兵による密集陣形である。集団が一丸となって攻撃するファランクスは会戦において威力を発揮した。.

新しい!!: 陸軍とファランクス · 続きを見る »

ドイツ陸軍

ドイツ陸軍(ドイツりくぐん)は、ドイツの地上軍の名称である。ここではドイツ統一後の各時代における陸軍について扱う。.

新しい!!: 陸軍とドイツ陸軍 · 続きを見る »

ニッコロ・マキャヴェッリ

ニッコロ・マキャヴェッリ(, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。 著書に『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(ディスコルシ)』、『戦術論』がある。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという現実主義的な政治理論を創始した。日本語では「マキャヴェリ」「マキャベリ」「マキァヴェリ」「マキァヴェッリ」など様々な表記が見られる。.

新しい!!: 陸軍とニッコロ・マキャヴェッリ · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍とベトナム戦争 · 続きを見る »

分隊

分隊(ぶんたい、squad)は、軍隊編成上の戦術単位のひとつで、比較的小規模のものを指す。分隊を更に班に分けることも多い。.

新しい!!: 陸軍と分隊 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: 陸軍とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アレクサンドロス3世

アレクサンドロス3世(Ἀλέξανδρος Γ'、紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王(Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。その他にはイスカンダルなどと呼ばれている。 ハンニバルプルタルコスの『英雄伝』によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。、ガイウス・ユリウス・カエサルプルタルコスの『英雄伝』によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。、ナポレオンMémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。などの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていた。旧約聖書やコーラン、ゾロアスター教、シャー・ナーメなど多様な民族の教典にも登場する。現代でもアレクサンドロスの名に因んだ名前をつける人は多い。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や旧100ドラクマ硬貨、1926年からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていた。.

新しい!!: 陸軍とアレクサンドロス3世 · 続きを見る »

アントワーヌ=アンリ・ジョミニ

アントワーヌ=アンリ・ジョミニ(Antoine-Henri Jomini, Генрих Вениаминович Жомини́, 1779年3月6日 - 1869年3月24日)は、スイス出身の軍人、軍事学者である。フランス第一帝政、のちにはロシア帝国に仕えてナポレオン戦争に参加し、その経験をもとに1838年に『戦争概論』を著して発表した。 戦略、戦術、兵站を主な研究領域としており、研究業績としては軍事学の方法論、戦争術、戦いの原則、内線および外線作戦、後方連絡線、兵站に関する研究を挙げることができる。ジョミニに最も重要な思想的影響を与えた人物には、科学的方法を軍事学に導入しようとしたヘンリー・ロイドや上官であったナポレオン・ボナパルトなどを挙げることができる。逆に影響を受けた人物には、パトリック・レオナルド・マクデューガル、アルフレッド・セイヤー・マハンなどがいる。.

新しい!!: 陸軍とアントワーヌ=アンリ・ジョミニ · 続きを見る »

インドシナ戦争

インドシナ戦争(インドシナせんそう)は、インドシナ半島で発生した戦争。単純にインドシナ戦争と言った場合は通常第一次インドシナ戦争を指す。.

新しい!!: 陸軍とインドシナ戦争 · 続きを見る »

インド陸軍

インド陸軍(भारतीय थलसेना, Bhāratīyan Thalasēnā、Indian Army)は、インド軍の軍種の一つ(陸軍)で、英印軍を発祥とする。1947年にインド独立とともに設立されたインド軍最大の軍事組織である。.

新しい!!: 陸軍とインド陸軍 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: 陸軍とイギリス軍 · 続きを見る »

イギリス陸軍

イギリス陸軍の非儀式用旗 イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。.

新しい!!: 陸軍とイギリス陸軍 · 続きを見る »

イスラエル国防軍

イスラエル国防軍(イスラエルこくぼうぐん、()、(イスラエル・ディフェンス・フォーセス、アイディーエフ))は、イスラエルの保有する軍隊である。陸軍(陸軍指揮本部)、海軍(イスラエル海軍)、空軍(イスラエル航空宇宙軍)の3軍と各軍管区により構成される。 イスラエル国内では一般的に頭文字をとって「ツァハル」(צה"ל)と呼ばれる。英語表記の頭文字をとって「IDF」と表記されることも多い。.

新しい!!: 陸軍とイスラエル国防軍 · 続きを見る »

イタリア陸軍

イタリア陸軍(Esercito Italiano)はイタリアの陸軍。総司令部は首都ローマの市街地中心部に設置されており、近くには大統領官邸がある。.

新しい!!: 陸軍とイタリア陸軍 · 続きを見る »

ウェゲティウス

フラウィウス・ウェゲティウス・レナトゥス(Flavius Vegetius Renatus)は、4世紀頃のローマ帝国の軍事学者で、『軍事論』の著者である。 彼の生涯がどのようなものであったのかはほとんどわかっていない。伯爵、またはコンスタンチノープル伯と記した史料もあるが確証はなく、ローマの上流階級であったとのみ推察されている。.

新しい!!: 陸軍とウェゲティウス · 続きを見る »

オランダ陸軍

ランダ陸軍 オランダ王立陸軍(オランダおうりつりくぐん、オランダ語:Koninklijke Landmacht)はオランダ王国の陸軍。.

新しい!!: 陸軍とオランダ陸軍 · 続きを見る »

カール・フォン・クラウゼヴィッツ

ール・フィーリプ・ゴットリープ・フォン・クラウゼヴィッツ(Carl Philipp Gottlieb von Clausewitz (Claußwitz)、1780年7月1日 - 1831年11月16日)は、プロイセン王国の軍人で軍事学者である。 ナポレオン戦争にプロイセン軍の将校として参加しており、シャルンホルスト将軍およびグナイゼナウ将軍に師事。戦後は研究と著述に専念したが、彼の死後1832年に発表された『戦争論』で、戦略、戦闘、戦術の研究領域において重要な業績を示した。特記すべき業績としては絶対的戦争、政治的交渉の延長としての戦争概念、摩擦、戦場の霧、重心、軍事的天才、防御の優位性、攻勢極限点、勝敗分岐点などがある。 クラウゼヴィッツの思想に影響を与えた人物にはフリードリヒ2世、ナポレオン・ボナパルト、ゲルハルト・フォン・シャルンホルストなどがおり、逆に影響を受けた人物にはヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケやコルマール・フォン・デア・ゴルツ、アルフレート・フォン・シュリーフェン、クレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルなどのドイツ軍の研究者や、エンゲルスなどの革命戦略家、そして海軍戦略家のジュリアン・コーベットや電撃戦の理論家ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーなど、研究者に幅広い影響を与えている。.

新しい!!: 陸軍とカール・フォン・クラウゼヴィッツ · 続きを見る »

カール・シュミット

ール・シュミット(Carl Schmitt、1888年7月11日 - 1985年4月7日)は、ドイツの思想家、法学者、政治学者、哲学者である。法哲学や政治哲学の分野に大きな功績を残している。.

新しい!!: 陸軍とカール・シュミット · 続きを見る »

カタンガ共和国

タンガ国(État du Katanga)とは、1960年7月11日に(CONAKAT)指導者モイーズ・チョンベがコンゴ共和国からの分離独立を宣言して成立させた国家である。カタンガ新政府は支配地域の住民から満足な支持を得られず、特にルバ族が居住する北部においてその傾向が顕著であった。現在はカタンガ州としてコンゴ民主共和国の一部となっている。 独立宣言はベルギー政府と密接な関係を持つ大企業及び6,000以上の兵力のベルギー軍に後援されて行われた。カタンガはコンゴの最も豊かで開発された地域の一つだった。この地域が離脱した結果、コンゴ共和国は政府の収入の大部分を失うことになった。チョンベ指揮下のカタンガ憲兵隊とは別に、他国出身の訓練された白人から成る傭兵部隊が編成された。.

新しい!!: 陸軍とカタンガ共和国 · 続きを見る »

グスタフ2世アドルフ (スウェーデン王)

タフ2世アドルフ(Gustav II Adolf, 1594年12月9日(グレゴリオ暦12月19日) - 1632年11月6日(グレゴリオ暦11月16日))は、ヴァーサ朝第6代、スウェーデン王国最盛期の国王(在位:1611年 - 1632年)。通称「北方の獅子」。グスタフ・アドルフとも呼ばれる。三十年戦争における主要人物の一人。 スウェーデン王カール9世と2度目の王妃クリスティーナの息子。娘は後のスウェーデン女王クリスティーナ。グスタフ2世アドルフの時代からおよそ1世紀の間のスウェーデンは、「バルト帝国時代」と呼称されている。1965年に発行された100クローネ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 陸軍とグスタフ2世アドルフ (スウェーデン王) · 続きを見る »

ゲリラ

リラ(guerrilla)は、ゲリラ戦(遊撃戦)と呼ばれる不正規戦闘を行う民兵またはその組織のことでパルチザンとも呼ばれる。ゲリラ戦とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機応変に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊といった、攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘を指す。 なお日本の警察用語では、上記と異なる定義がなされる。警察庁が発行する警察白書では、施設などを攻撃する対物テロを「ゲリラ」、個人を標的とする対人テロを「テロ」と区分している。もっとも、事件の中にはどちらに該当するか区分付きがたいケース(例:警視庁独身寮爆破事件)もあり、一般国民に対する広報では、「テロ・ゲリラ」と一括して取り扱っている。.

新しい!!: 陸軍とゲリラ · 続きを見る »

コンゴ動乱

ンゴ動乱(コンゴどうらん、Crise congolaise、1960年 - 1965年)は、1960年6月30日にベルギー領コンゴがコンゴ共和国(コンゴ・レオポルドヴィル)として独立した直後に勃発した反乱から始まる混乱である。 1960年7月11日に、旧宗主国のベルギーから支援されたモイーズ・チョンベは、この混乱の拡大に乗じて南部カタンガ州がカタンガ国として分離独立することを宣言したため、混乱を収拾するためにアメリカ合衆国とソビエト連邦の一致で国際連合安全保障理事会決議143が採択されてコンゴ国連軍が投入された。しかし、国際連合がカタンガへの介入に消極的であったことから、初代首相パトリス・ルムンバは支援を求めてソ連に急速に接近し、これが米国寄りの初代大統領ジョゼフ・カサブブとの対立を生んだ。 他方、ジョゼフ=デジレ・モブツは、1960年9月14日に、政治状況の打開を口実として無血クーデターを起こし、ルムンバは自宅軟禁下に置かれた。モブツによって、カタンガのチョンベの元に送り込まれたルムンバは、1961年1月17日に処刑された。また、1961年9月18日には、カタンガ側との仲介を試みた国連事務総長ダグ・ハマーショルドが、飛行機墜落事故で死亡するという悲劇も発生した。 ハマーショルド死後の国連は新しく選ばれた事務総長ウ・タントの下、カタンガに積極的に介入する方針に転換し、米ソ双方の支持を取り付けた(国際連合安全保障理事会決議169)。1963年1月21日に、コンゴ国連軍がチョンベ派の最後の拠点を制圧したことで、カタンガの分離活動は沈静化に向かった。次いで毛沢東主義に感化されて左傾化した旧ルムンバ派の一部が、を引き起こして、1964年7月末からコンゴ中部及び東部で急速に勢力を拡大したが、スタンリーヴィルに監禁された人質を救出する目的で、1964年11月24日からアメリカとベルギーが合同で展開したによって、シンバの反乱軍勢力は大打撃を受け、その直後に崩壊した。 その後は、カサブブと、亡命先から帰国して暫定首相に就任したチョンベとの間で新たな政治的対立が生まれたが、1965年11月25日に、モブツが政治状況の打開を口実として二度目の無血クーデターを起こして権力を掌握し、独立以来続いていた混乱は事実上終結した。このコンゴ動乱は、冷戦を主導したアメリカとソ連による代理戦争でもあり、動乱の期間中に、約10万人が殺害されたと見られている。.

新しい!!: 陸軍とコンゴ動乱 · 続きを見る »

システム

テム(system)は、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体。一般性の高い概念であるため、文脈に応じて系、体系、制度、方式、機構、組織といった多種の言葉に該当する。系 (自然科学) の記事も参照。 それ自身がシステムでありながら同時に他のシステムの一部でもあるようなものをサブシステムという。.

新しい!!: 陸軍とシステム · 続きを見る »

スウェーデン陸軍

ウェーデン陸軍(スウェーデンりくぐん、スウェーデン語:Försvarsmakten)はスウェーデンの陸軍。現在スウェーデンが保有する軍事組織(スウェーデン陸軍、スウェーデン海軍、スウェーデン空軍)では最古の軍種である。.

新しい!!: 陸軍とスウェーデン陸軍 · 続きを見る »

センサ

ンサまたはセンサー(sensor)は、自然現象や人工物の機械的・電磁気的・熱的・音響的・化学的性質あるいはそれらで示される空間情報・時間情報を、何らかの科学的原理を応用して、人間や機械が扱い易い別媒体の信号に置き換える装置のことをいい、センサを利用した計測・判別を行うことを「センシング」という。検知器(detector)とも呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍とセンサ · 続きを見る »

タイ王国陸軍

タイ王国陸軍(タイおうこくりくぐん、Royal Thai Army, กองทัพบก)とは、タイにおける陸軍である。.

新しい!!: 陸軍とタイ王国陸軍 · 続きを見る »

サウジアラビア陸軍

ウジアラビア陸軍(サウジアラビアりくぐん、الجيش العربي السعودي Al-Jaiš al-ʿArabīyat al-Suʿūdīyah アル=ジャイシュ・アル=アラビーヤ・アッ=スウーディーヤ、Saudi Arabian Army)は、サウジアラビア王国の軍隊である。サウジ王立地上軍(القوات البرية الملكية السعودية、Royal Saudi Land Forces)とも。.

新しい!!: 陸軍とサウジアラビア陸軍 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 陸軍と冷戦 · 続きを見る »

兵士

兵士(へいし)は、古代から現代まで国家の軍隊の軍人や、それに準ずる戦闘組織の構成員であり、将官や将校といった指揮官からの命令に従って任務をこなす。個人や部族社会の戦士とは異なり、公然と戦闘のために組織に属している場合に使われる。 日本の古代、律令制においては、中国の唐の兵制を参考に編成され、人員を年齢別に記載した戸籍である正丁から一定の割合で徴発された。兵士は軍団に所属し、有事の際の出兵や辺境防備のための防人、衛士として各地へ派遣された。792年(延暦11年)に一部を除いて原則的に廃止され、任務は健児に継承される。 日本語の兵士は近代軍隊における、上位の下士官、士官に対する兵卒を指すことが多い。あるいは朝鮮人日本兵を指すときのように、軍人と軍属の総称として用いられることもあり、いずれにせよ制度的な用語ではない。士官と下士官兵を併せて将兵、将士と呼ぶことがある。.

新しい!!: 陸軍と兵士 · 続きを見る »

兵器

兵器(へいき)は、戦争において使用する全ての車両、航空機、船舶、設備などの事を指し、敵となった目標を殺傷、破壊するためや、敵の攻撃から防御するための機械装置である。兵器は用途別に細かく分類され、その種類は膨大な数に上る。.

新しい!!: 陸軍と兵器 · 続きを見る »

兵科

兵科(へいか)とは、狭義には軍隊において軍人に割り当てられた職務区分のうち、主に直接的な戦闘を担当する区分のこと。広義には、戦闘職務以外の後方職務を含む区分全体のこと。さらに狭義の兵科においてより細分化された特技職区分(兵種と称す)を指すこともある。そのため、単に「兵科」といっても多様な用いられ方をする。 例として、大日本帝国陸軍では主に戦闘を担当する区分を「兵科」、後方職務を「各部」と区分し、さらに兵科の一部には細分化された「兵種」を内部に置いていた。しかし1940年9月の改正により、歩兵科といった兵科の区分(「兵科区分」)を憲兵を除いて廃止し、単一の「兵科」としている(「各部」および「兵種」は存続)。陸上自衛隊では戦闘を担当する職務以外を含めて、「職種」という。.

新しい!!: 陸軍と兵科 · 続きを見る »

兵站

兵站(へいたん Military Logistics)は、戦闘地帯から後方の、軍の諸活動・機関・諸施設を総称したもの。戦争において作戦を行う部隊の移動と支援を計画し、また、実施する活動を指す用語でもあり、例えば兵站には物資の配給や整備、兵員の展開や衛生、施設の構築や維持などが含まれる。 兵站の字義は「軍の中継点」(Wiktionary 「站」)であり、世界中で広範に使用される英語つまりはでの「logistics」は、ギリシア語で「計算を基礎にした活動」ないしは「計算の熟練者」を意味する「logistikos」、またはラテン語で「古代ローマ軍あるいは東ローマの行政官・管理者」を意味する「logisticus」に由来する。 類義語としては、戦闘を実施する上で部隊の作戦行動を支援する戦闘支援(Combat Support)、作戦行動を行う部隊の軍事的な機能を保持させる後方支援(Combat Service Support)があり、これらに比べて兵站はより広い範囲を指示する概念である。.

新しい!!: 陸軍と兵站 · 続きを見る »

光通信

光通信(ひかりつうしん)とは伝送媒体に光ファイバーを利用した有線通信を行うことである。.

新しい!!: 陸軍と光通信 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: 陸軍と国家 · 続きを見る »

国民抵抗軍

国民抵抗軍(こくみんていこうぐん、National Resistance Army, NRA)はウガンダの旧反政府勢力国民抵抗運動の軍事部門で、現ウガンダ国軍であるウガンダ人民国防軍 (UPDF) の前身。 1980年に結成された2つの反政府勢力ヨウェリ・ムセベニの人民救済軍 (PRA) とユスフ・ルレのウガンダ自由戦士 (UFF) が1981年に統合して結成された。当初は27人でありムセベニの副官にはルワンダ難民のフレッド・ルウィゲマや後のルワンダ大統領となるポール・カガメなどがいた。政治部門も統合され、ウガンダ愛国運動から国民抵抗運動となった。2月27日のムベンデ県の兵営の攻撃から始まり、ミルトン・オボテ政権のウガンダ民族解放戦線 (UNLF) はオイテ・オジョク参謀総長が1983年にヘリコプター事故で亡くなるまで優勢であったが、スウェーデンに亡命していたムセベニの「オボテが北部人のみを優遇している」とする宣伝活動とUNLFの内部分裂で次第に弱体化し、NRAは抵抗議会で人心を掌握し少年兵を含む徴兵China Keitetsi,, 2008年6月3日閲覧。で次第に勢力を増した。オジョクの後任にスミス・オポン・アカク准将が選ばれると、ランゴ族であったためにアチョリ族の不満が高まり、1985年7月のバジリオ・オララ=オケロ及びティト・オケロのクーデタに至った。1986年ムセベニの弟、サリム・サレー率いるNRA部隊がカンパラに迫ると、UNLF部隊は北へ逃れた。ムセベニは1月29日に大統領就任を宣言し、国民抵抗軍は正規軍とされた。UNLFはウガンダ人民民主軍 (UPDA)などに分裂しつつ戦闘を続けたが、停戦に至ると、それに不満をもったアチョリが神の抵抗軍 (LRA) に流れるなどして北部での人権侵害が継続した。後にムセベニはLRA幹部を国際刑事裁判所に提訴したが、程度の差こそあれ、NRAも同様の行為を行っていた。 1990年以降のルワンダ紛争に際して、NRAのルワンダ人がルワンダ愛国戦線 (RPF) の主力であったため批判を受け、RPFがルワンダで政権を獲得すると、NRAは1995年憲法に伴いウガンダ人民国防軍に改編された。.

新しい!!: 陸軍と国民抵抗軍 · 続きを見る »

C4Iシステム

C4Iシステム(C Quadruple I system シー・クォドルプル・アイ・システム、Command Control Communication Computer Intelligence system)は、軍隊における情報処理システム。指揮官の意思決定を支援して、作戦を計画・指揮・統制するための情報資料を提供し、またこれによって決定された命令を隷下の部隊に伝達する。すなわち、動物における神経系に相当するものであり、部隊の統制や火力の効率的な発揮に必要不可欠である。.

新しい!!: 陸軍とC4Iシステム · 続きを見る »

火器

火器(かき、)とは、火薬などのエネルギーを利用して飛翔体(弾丸など)を射出する装置であり、広義には、射撃統制器材、射撃及び弾道を含む。(防衛省規格).

新しい!!: 陸軍と火器 · 続きを見る »

火縄銃

火縄銃(江戸時代) 愛知万博のポルトガル館展示物) 火縄銃(姫路城天守閣蔵) 火縄銃(ひなわじゅう、Matchlock gun / Arquebus)は、初期の火器(火砲)の形態のひとつで、黒色火薬を使用し、前装式で滑腔銃身のマスケット銃の内で、マッチロック式(火縄式)と分類される点火方式のものをさす。通常、日本では小型のものを鉄砲、大型のものは大筒と称する。 マッチロック式は、板バネ仕掛けに火の付いた火縄を挟んでおき、発射時に引き金を引くと仕掛けが作動して、火縄が発射薬に接して点火する構造である。(詳細は#射法参照) 火縄銃は、15世紀前半にヨーロッパで発明され、特にドイツにおいて発展した 。最古の記録は1411年のオーストリア写本「Codex Vindobona 3069」にZ字型のサーペンタインロック式が見られる 。また1430年代に描かれたサーペンタインの金具の図が残っている。 現代の日本では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)の規制対象となっており、骨董品として所有するにしても登録が必要である。.

新しい!!: 陸軍と火縄銃 · 続きを見る »

砲兵

兵(ほうへい、artillery)は、陸上戦闘を行う兵科の1つであり、火砲(大砲)・ロケット・ミサイルによる支援攻撃を担っている。日本の陸上自衛隊では特科(とっか)と称される(自衛隊用語)。.

新しい!!: 陸軍と砲兵 · 続きを見る »

空軍

アメリカ空軍の戦闘機と空中給油機 B-2戦略爆撃機 空軍(くうぐん、Air force)とは、航空機を主な装備とし航空作戦・航空戦を遂行する軍隊の一種。 航空機の発達によって第一次世界大戦に登場して各国軍部に高く評価され、第二次世界大戦以後は陸軍や海軍と並ぶ主要な軍種となっている。.

新しい!!: 陸軍と空軍 · 続きを見る »

空港

港(くうこう、Airport)とは、公共の用に供する飛行場のことである。一般的な実態は主に旅客機・貨物機等の民間航空機の離着陸に用いる飛行場内の施設である。その名のとおり、海運における港のような機能をもつ施設であり、空港という日本語自体が英語 Airport(空の港)の直訳である。 2009年時点でアメリカ中央情報局がまとめた報告によると、「上空から確認できる空港あるいは飛行場」は、全世界に約44000箇所あり、その内の15095箇所は米国内にあり、米国が世界でもっとも多い。.

新しい!!: 陸軍と空港 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 陸軍と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 陸軍と第二次世界大戦 · 続きを見る »

統合作戦

統合作戦(とうごうさくせん、英:Joint Operation)とは一国家の軍隊において種類が異なる軍種または部隊が連携して行う作戦である。.

新しい!!: 陸軍と統合作戦 · 続きを見る »

統合軍

統合軍(とうごうぐん)とは、陸軍・海軍・空軍の各軍種を統合した軍隊の全部又は一部。.

新しい!!: 陸軍と統合軍 · 続きを見る »

絶対戦争

絶対戦争(ぜったいせんそう、英:Absolute war)とは敵を完全に打倒するまで戦う戦争の形態である。絶対的戦争(ぜったいてきせんそう)とも。.

新しい!!: 陸軍と絶対戦争 · 続きを見る »

画像

画像(がぞう)とは、事象を視覚的に媒体に定着させたもので、そこから発展した文字は含まない(例:文字と画像、書画)。定着される媒体は主に2次元平面の紙であるが、金属、石、木、竹、布、樹脂や、モニター・プロジェクター等の出力装置がある。また、3次元の貼り絵、ホログラフィー等も含まれる。.

新しい!!: 陸軍と画像 · 続きを見る »

燃料

木は最も古くから利用されてきた燃料の1つである 燃料(ねんりょう)とは、化学反応・原子核反応を外部から起こすことなどによってエネルギーを発生させるもののことである。古くは火をおこすために用いられ、次第にその利用の幅を広げ、現在では火をおこさない燃料もある。.

新しい!!: 陸軍と燃料 · 続きを見る »

特殊部隊

アメリカ海軍の特殊部隊Navy SEALs 特殊部隊(とくしゅぶたい、Special Forces)とは、軍や警察の一般部隊とは遂行すべき任務と部隊の編制が異なる部隊の事である。.

新しい!!: 陸軍と特殊部隊 · 続きを見る »

衛生兵

衛生兵(えいせいへい、combat medic, medic)は、軍隊において医療に関する業務を行う戦闘支援兵科の一種である。その任務の特殊性と専門性及び人道上の理由から、戦時国際法上で他の兵科の軍人とは異なる各種の保護資格等が与えられている。 なお国際法上の「衛生兵」という場合、医師(軍医・医官)、歯科医師(歯科医官)、薬剤師(薬剤官)、看護師(看護官、看病人、看病夫、看護卒、看護兵)、その他の医療関係者(パラメディカル)を全て含む(どのように医療・衛生関係の軍人を区分するか、又はどのような名称を付与するかは時代や国によって大きな差異がある)。 また、医療従事者の免許・資格が無くとも、軍隊の衛生部隊に配属されている軍人で部隊が任務を行うのに必要とされる人員(救急車の運転手や部隊本部の管理要員など)は国際法上の衛生兵として扱われることがある。.

新しい!!: 陸軍と衛生兵 · 続きを見る »

装甲兵員輸送車

装甲兵員輸送車(そうこうへいいんゆそうしゃ、Armoured Personnel Carrier, APC)は、車内に人員を乗せて走行する軍用車両。歩兵を載せることが多いため装甲兵員輸送車と訳されるが、文民を乗せることもあることや原語のPersonnelから、装甲人員輸送車と訳されることもある。類似する歩兵戦闘車(IFV)が積極的な戦闘参加を想定している事に対し、装甲兵員輸送車(APC)はあくまで輸送が主任務である。.

新しい!!: 陸軍と装甲兵員輸送車 · 続きを見る »

飛行場

飛行場(ひこうじょう、英語:aerodrome)は航空機が離陸・着陸できる場所をいう。.

新しい!!: 陸軍と飛行場 · 続きを見る »

飛行機

飛行機(ひこうき、airplane, aeroplane, plane)とは、空中を飛行する機械である航空機のうち、ジェットエンジンの噴射もしくはプロペラの回転から推力を得て加速前進し、かつ、その前進移動と固定翼によって得る揚力で滑空及び浮上するものをいう平凡社『世界大百科事典』23巻1988年版 p.409-417【飛行機】 項目執筆担当木村秀政・導入部p.409-410。 「飛行機」という表現は、森鴎外が「小倉日記」1901年(明治34年)3月1日条に記したのが初出だとされる。.

新しい!!: 陸軍と飛行機 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: 陸軍と首都 · 続きを見る »

騎兵

騎兵(きへい、cavalry, Trooper)は、兵種の一つで、馬など動物に騎乗して戦闘行動を取る兵士である。最初はロバが使用されていたが、後に馬が主流になった。最古の騎兵は動物が曳行する戦車に乗った兵士であったが、後に動物に跨る騎兵に移行していった。 騎兵は相対的に高い機動力・攻撃力を誇り、作戦の幅を広げ、偵察、伝令、警戒など後方支援でも活躍した。また、軽騎兵・重騎兵と分類されることもあり、前者は機動力を、後者は攻撃力及び防御力を重視している。現代では騎兵から派生した、装甲車やヘリコプターに搭乗する部隊も「騎兵」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 陸軍と騎兵 · 続きを見る »

資源

資源(しげん)は、人間の生活や産業等の諸活動の為に利用可能なものをいう。広義には人間が利用可能な領域全てであり、狭義には諸活動に利用される原材料である。 各種天然資源や観光資源のような物的資源と、人的資源とがある。さらに、経済上投入可能な資源として経済的資源という区分もある。 人間の活動に利用可能なものが資源とされるため、何が資源と認識されるかはその時代や社会によって異なり、これまでは単なるゴミなどとされていたものでも技術の発達に伴い資源とされたり、逆にこれまで利用され資源と認識されたものでも、社会の変化と共に資源でなくなったりする。.

新しい!!: 陸軍と資源 · 続きを見る »

軍事における革命

軍事における革命(ぐんじにおけるかくめい、Revolution in Military Affairs、RMA)とは、軍事の変革を指す言葉である。なお、似たような言葉に「軍事革命」があるが、RMAと意味はまったく異なる。.

新しい!!: 陸軍と軍事における革命 · 続きを見る »

軍隊

軍隊(ぐんたい、military force)は、兵器およびそれを扱う兵士からなる、戦闘力を備えた集団。広義には軍事組織であり、狭義には後述する戦時国際法で定められたそれである。警察と並ぶ国家の実力組織であり、主に外敵への対応を目的としているが、非常時の治安維持も期待されている。.

新しい!!: 陸軍と軍隊 · 続きを見る »

軍隊の編制

軍隊の編制は軍隊の装備や将兵を管理し、戦闘能力を発揮させるために構成された組織構造である。.

新しい!!: 陸軍と軍隊の編制 · 続きを見る »

軍隊の階級

軍隊の階級(ぐんたいのかいきゅう)は、軍隊における階級を一覧にしたものである。軍隊の階級とは、軍事組織における上下関係と指揮系統の格付け制度である。 軍事組織において、階級の使用は全世界で行われている。例外としては、後述するように社会主義国の軍隊において一時階級制度が廃止されることもあったが、後に復活している。 ヨーロッパ諸国の陸海軍においては、職名が階級化していったという歴史的経緯から、軍種によって階級名が大きく異なる。 旧日本軍の階級は、明治3年太政官布達第604号を以て兵部省に設けられた、律令制下の四等官に倣った陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級を起源とする。これらは明治6年太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級を和訳する際にも当てはめられた。 旧日本陸海軍では、階級を上がることを進級といい、階級が下がることを降等という。一方、自衛隊では昇任及び降任といい、予備自衛官等の階級が上がる場合昇進という。.

新しい!!: 陸軍と軍隊の階級 · 続きを見る »

軍楽隊

軍楽隊(ぐんがくたい) とは、軍隊に属する音楽隊。.

新しい!!: 陸軍と軍楽隊 · 続きを見る »

輜重兵

輜重兵(しちょうへい)または輜重兵科(しちょうへいか)は、大日本帝国陸軍の兵科の1つ。兵站を担当した。 輜重の輸送を行う雑卒である輜重輸卒(後に輜重特務兵と改称)たちを警備し、管理・統制するのが輜重兵であったが、帝国陸軍内部でも「輜重兵」と「輜重輸卒」の区別が明確に認識されていなかった。 陸上自衛隊においては、輸送業務や輸送統制を行う「輸送科」、糧食・燃料などの補給を行う「需品科」に相当する。.

新しい!!: 陸軍と輜重兵 · 続きを見る »

農奴制

中世ヨーロッパの農奴の服装 農奴制(のうどせい、serfdom)は、一般的に封建制のもとで行われる統治制度。農奴はもともとヨーロッパ封建社会で強く領主に隷属され「保有」された農民を指したが、強度の差はあれ前近代の中国・日本においても小作制度などとして論じることができる。しかし、奴隷との差異においても、何を基準に農奴とみるかは歴史学、経済学、法学などの学問の分野、さらに定義となる地域や時代によっても一様でない。農奴制の構成に共通する、領主と使役される小作人という関係以外では、一律に概要を説明せず下記では地域ごとの特徴を論ずるに留める。.

新しい!!: 陸軍と農奴制 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: 陸軍と都市 · 続きを見る »

航空兵

航空兵(こうくうへい)は、軍隊における兵科の一つ。航空機を用いて攻撃・偵察を行い、それに伴う整備も受け持った。.

新しい!!: 陸軍と航空兵 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 陸軍と航空機 · 続きを見る »

防空

防空(ぼうくう、air defense)とは、航空機、ミサイルなどによる空からの攻撃を防ぐこと。.

新しい!!: 陸軍と防空 · 続きを見る »

自走砲

自走砲(じそうほう、Self-propelled artillery, SPA, Self-propelled gun, SPG)は、大砲を自走可能な車体に射撃可能な状態で搭載したものである。.

新しい!!: 陸軍と自走砲 · 続きを見る »

電磁波

電磁波(でんじは )は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射()とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。 電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。このことは特に観測技術で利用されている。 微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。.

新しい!!: 陸軍と電磁波 · 続きを見る »

電波

ムネイル 電波(でんぱ)とは、電磁波のうち光より周波数が低い(言い換えれば波長の長い)ものを指す。光としての性質を備える電磁波のうち最も周波数の低いものを赤外線(又は遠赤外線)と呼ぶが、それよりも周波数が低い。.

新しい!!: 陸軍と電波 · 続きを見る »

電撃戦

電撃戦(でんげきせん、、 ブリッツクリーク)とは、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。.

新しい!!: 陸軍と電撃戦 · 続きを見る »

通信

通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。.

新しい!!: 陸軍と通信 · 続きを見る »

連隊

連隊(れんたい、聯隊とも、Régiment、regiment)は、近世以降の陸軍の部隊編制単位のひとつである。ヨーロッパにおいて16世紀末までに成立した。統治を意味するregimeの語幹が意味する通り、連隊は管理・行政用の単位で、そのまま一つの駐屯地・兵営に相当することが多い。このため、戦時編制としては上位の旅団か、下位の大隊が重視される。師団が普及するまでは徴兵と管理の基本単位で、それ以後は同一兵科で編成される最大の部隊であった。諸兵科の混成が進んだ現代では独自の意義は薄れた。 本来ならば旅団の下で大隊の上にあたるが、旅団・連隊・大隊のいずれかを中抜きする編制を採ることもあるので、師団のすぐ下に連隊を置く編制(アメリカ海兵隊やロシア陸軍、ロシア空挺軍など)や連隊のすぐ下に中隊を置く編制(フランス陸軍や陸上自衛隊など)、さらに連隊を置かず旅団のすぐ下に大隊を置く編制(アメリカ陸軍など)も現代では珍しくない。第二次世界大戦後の連隊の人員は3000名程度ほど。連隊長には、通常大佐が充てられるが、場合によっては中佐が充てられることもある。.

新しい!!: 陸軍と連隊 · 続きを見る »

陸上自衛隊

上自衛隊(りくじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの陸上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称陸自(りくじ)、英称 Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF)。諸外国からは Japanese Army(日本陸軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: 陸軍と陸上自衛隊 · 続きを見る »

陸軍航空隊

軍航空隊(りくぐんこうくうたい)とは、陸軍において航空機を運用する部隊(航空隊・航空部隊)の総称。陸軍航空部隊、陸軍航空軍、陸空軍、陸軍航空とも。 飛行機、そして軍事航空の草創期である20世紀の初頭においては陸軍・海軍それぞれが航空部隊の整備を進めたが、陸軍航空隊に関しては第一次世界大戦期・戦間期・第二次世界大戦直後にかけ空軍として分離独立することが一般的となり、地上部隊と密接に協同(直協)する飛行部隊や機材のみが陸軍に残った(または空軍とは別に改めて陸軍航空隊として設立された)。そのため空軍とは区別され、現代では一般的にヘリコプターと支援用の軽固定翼機を装備する。 過去には、米陸軍における軽攻撃機装備計画(G.91を参照)など機構変化の試みが見られたものの、現在では固定翼機による空爆や攻撃は前線航空管制などを介して空軍に一任する事が一般的となっている。また、重輸送任務も空軍が請け負っている。ただし、現在の陸軍航空隊では必ずしも万全の体制とは言い難く、米陸軍では独自の戦術輸送手段として、(米空軍も運用している)C-27Jを導入するなど変化の模索は続いている。.

新しい!!: 陸軍と陸軍航空隊 · 続きを見る »

投石器

投石器(とうせきき)は、片手で握れる程度の石を遠くへ投げるための紐状の道具。古くから羊飼が羊の群を誘導したり害獣を追い払ったりするのに使い、土地によってはその用途で現代まで使われている。鳥など小型の動物を対象とする猟にも使われた。また安価に作れて弓矢と同等以上の射程と十分な威力を持つことから、古代・中世には兵器としても使われ、現代でも暴動などの際に使われることがある。スリング、投石具、投石紐とも呼ばれる。.

新しい!!: 陸軍と投石器 · 続きを見る »

技術

技術(ぎじゅつ)とは、かなり多義的に用いられる言葉であり、.

新しい!!: 陸軍と技術 · 続きを見る »

材料

材料(ざいりょう).

新しい!!: 陸軍と材料 · 続きを見る »

機動部隊

機動部隊(きどうぶたい)とは、機動性の高い部隊。陸軍では、戦車・装甲車などを装備した部隊を、海軍では、航空母艦を中心に巡洋艦・駆逐艦で編制された部隊を意味する。城砦・陣地、洋上戦における泊地や港などの「機動出来ない戦闘部隊」である守備兵力の対語である。 機会に乗じて相手にすばやく接近し、敵指揮官・部隊の精神的バランスを崩壊させるための部隊として、「歩兵」と「騎兵(戦車)」に区分されることがある。また、日本の空母部隊においては、軍隊区分による部隊号として使用された。海外の空母部隊も機動部隊と日本語訳されることがある。.

新しい!!: 陸軍と機動部隊 · 続きを見る »

機関銃

機関銃(きかんじゅう、)は、弾薬を自動的に装填しながら連続発射する銃である。略称は「機銃」、英語とドイツ語機関銃はドイツ語では「Maschinengewehr」と言うでは「MG」。 狭義には、フルサイズ当時の小銃で使用されていた7.62mmや7.92mmクラスの弾丸の事で、単射を前提としているので反動が強い。後に反動が弱く連射しやすい中間弾を使用するアサルトライフルが登場したため、区別上、以前の単射を前提とした小銃弾をフルサイズと呼ぶの小銃弾を断続的に発射することで戦場を広範囲に制圧できるものを指し、本稿ではこれを解説する。 広義には、拳銃弾を使用する短機関銃、拳銃弾とフルサイズ小銃弾の中間にあたる弾丸を使用するアサルトライフル、全自動射撃に向かないながらも一応はそれが可能な自動小銃(バトルライフル)などが含まれるが、乱暴なくくりであり、ほとんど用いられない。英語でこのニュアンスを指す場合は"machine gun"ではなく"fully automatic firearm"が該当する。.

新しい!!: 陸軍と機関銃 · 続きを見る »

歩兵

2歩兵師団所属の歩兵 歩兵(ほへい、Infantry)は、軍隊における兵科の一つであり、戦場を徒歩で行動する兵士のこと。(戦場にたどり着くまでは馬や自動車などさまざまな移動手段を用いても戦場において徒歩であれば歩兵である)。最古かつ最も基本的な兵科であり、歩兵の存在しない軍隊は存在しない。最も柔軟性の高い兵科でもあり、あらゆる戦場で姿を見ることができる。自衛隊用語では普通科という。 いかに軍の機械化が進んでも、諸兵科連合を構成したり、都市・拠点を確保したりするのには歩兵の存在が不可欠である。近年は非対称戦への要求が高まり、占領地の治安維持や平和維持活動に従事する特別な訓練を受けさせた歩兵の需要が増している。.

新しい!!: 陸軍と歩兵 · 続きを見る »

民兵

民兵(みんぺい、 ミリシア、ミリシャ、ミリティア)は、正規の軍人ではない民間人を軍事要員として編成した武装組織のこと。.

新しい!!: 陸軍と民兵 · 続きを見る »

民族移動時代

民族移動時代(みんぞくいどうじだい、)は、西暦300年から700年代にかけて、ヨーロッパで起こった人類の移住の時代のことである。この移住が古代を終わらせ中世が始まったと考えてもよい。 この移住はゲルマン系及びスラブ系の移住、更に東方系の諸民族の侵略を主体としている。これは中央アジアでのトルコ系民族の移動や、人口爆発、気候変動、疫病の蔓延、高齢化人口の増大などが要因とされる。.

新しい!!: 陸軍と民族移動時代 · 続きを見る »

港湾

港湾(こうわん、)とは、古くは泊(とまり)などから発展した港・湊(みなと)であり、島嶼・岬などの天然の地勢や防波堤などの人工構造物によって風浪を防いで、船舶が安全に停泊し人の乗降や荷役が行なえる海域と陸地を指す池田良穂監修 『船のすべてがわかる本』 ナツメ社 2009年2月9日発行 ISBN 9784816346408。水陸交通の結節点となる機能を持つ港湾には、物流・旅客輸送が円滑に行われるために各種の港湾施設が整備され、ポートオーソリティ(港務局・港湾局)・地方自治体などの組織によって管理・運営されている。.

新しい!!: 陸軍と港湾 · 続きを見る »

湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

新しい!!: 陸軍と湾岸戦争 · 続きを見る »

朝鮮人民軍陸軍

朝鮮人民軍陸軍(ちょうせんじんみんぐんりくぐん、朝鮮語:)は、朝鮮民主主義人民共和国の軍事組織である朝鮮人民軍が保有する陸軍である。1947年に創設された。.

新しい!!: 陸軍と朝鮮人民軍陸軍 · 続きを見る »

朝鮮戦争

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争中村隆英『昭和史 下 1945-89』 東洋経済新報社,p.565半藤一利『昭和史 戦後編 1945-1989』 平凡社ライブラリー,p297-298.芦田茂「」戦史研究年報 第8号(2005年3月)防衛研究所。1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が中華人民共和国の毛沢東とソビエト連邦のヨシフ・スターリンの同意と支援を受けて、国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵略を仕掛けたことによって勃発した。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と東側の支援を受ける中国人民志願軍が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化して荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 終戦ではなく休戦状態であるため、名目上は現在も戦時中であり、南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、北朝鮮は幾度となく大韓民国への領空、領海侵犯のみならず砲撃をも行い、韓国や日本などの国民の拉致や恫喝を繰り返している。 2018年4月27日、板門店にて第三回南北首脳会談が行われ南北両首脳により板門店宣言が発表され2018年中の終戦が目指される。.

新しい!!: 陸軍と朝鮮戦争 · 続きを見る »

戦争哲学

戦争と平和の哲学(せんそうとへいわのてつがく、Philosophy of war and peace)とは戦争と平和を主題とした哲学の発展的な研究領域である。.

新しい!!: 陸軍と戦争哲学 · 続きを見る »

戦争論

1832年にドイツで出版されたドイツ初版の『戦争論』の表紙 『戦争論』(せんそうろん、Vom Kriege)は、プロイセンの将軍カール・フォン・クラウゼヴィッツによる戦争と軍事戦略に関する書物である。本書は戦争の暴力性や形態を決める重要な要因として政治を位置づけたものであり、軍事戦略を主題とする最も重要な論文のひとつとして、今日でも各国の士官学校や研究機関で扱われている。 本書が執筆された時期は主にナポレオン戦争終結後の1816年から1830年にかけてであり、クラウゼヴィッツが陸軍大学校の学校長として勤務している時期に大部分が書かれた。1827年に原稿に大規模な修正を加えて整理しているが、未完成のまま死去したことから妻のマリーが遺稿と断片的なまま残されていた最終的な2つの章を編集した。マリーが出版した遺稿集としての『戦争論』全十巻は、第2版から第15版までマリーの兄ブリュールが内容を改ざんしている。第16版以降、ハールヴェークが初版に依拠し直したものとなっている。.

新しい!!: 陸軍と戦争論 · 続きを見る »

戦争概論

『戦争概論』(せんそうがいろん 仏:Précis de l'art de la guerre、英:Summary of the Art of War)とは軍人にして軍事学者であったアントワーヌ=アンリ・ジョミニ (Antoine Henri Jomini) によって1838年に発表された戦争術に関する古典的な著書である。.

新しい!!: 陸軍と戦争概論 · 続きを見る »

戦術論

『戦術論』(せんじゅつろん、Dell'arte della guerra)は、ニッコロ・マキャヴェッリによる軍事学の著作である。 古代ローマの軍事制度・戦闘教義を参考にした軍事学の研究であり、1519年から1520年に全7巻が執筆された。.

新しい!!: 陸軍と戦術論 · 続きを見る »

戦車

T-34/85 レオパルト2A5 74式戦車(左)と10式戦車試作車(右) 戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。.

新しい!!: 陸軍と戦車 · 続きを見る »

戦闘力

戦闘力(せんとうりょく、combat power)とは一般に限られた時間で敵の戦力を弱体化または破壊することができる全ての能力を言う。.

新しい!!: 陸軍と戦闘力 · 続きを見る »

戦闘団

戦闘団(せんとうだん)とは陸軍の複数兵科の戦闘部隊が、諸兵科連合部隊として単一の部隊として編成されたものを指す。この先駆けは第二次世界大戦中のドイツ国防軍のカンプグルッペ(独:Kampfgruppe kampf.

新しい!!: 陸軍と戦闘団 · 続きを見る »

海軍

ョージ・ワシントン アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 海軍(かいぐん、navy)は軍事作戦のために主に艦艇を使用する軍事組織を言う。.

新しい!!: 陸軍と海軍 · 続きを見る »

旅団

旅団(りょだん、Brigade)は、陸軍編成上の単位のひとつで、師団よりも小さく、連隊と同等又はこれよりも大きい単位で、1,500名から6,000名程度の兵員によって構成される部隊をいう。日本語にいう旅団の語は古代中国の軍隊の単位である旅に由来する。「Brigade」はケルト語のbriga(争い)に由来するという。 英軍のBrigadier(准将あるいは上級大佐)は本来は「旅団の長」そのものであった。よって、諸外国の陸軍では旅団長には伝統的には准将級(旧ロシア帝国軍や現在のロシア陸軍・ブラジル陸軍・中華民国陸軍等准将を置かない軍隊では少将)が充てられてきたが、アメリカ陸軍では大佐が充てられ、中国人民解放軍ではそれぞれ上級大佐・大佐に相当する大校・上校が充てられる。また、ドイツ連邦軍、ポルトガル軍等では准将が充てられる事もあれば、大佐の旅団長の例も珍しくない。 将官の階級を3段階として准将級の階級を置かなかった旧日本陸軍では少将が、将官の階級を2段階とした陸上自衛隊では陸将補(少将相当)がそれぞれ充てられる。.

新しい!!: 陸軍と旅団 · 続きを見る »

憲兵

憲兵(けんぺい)とは、戦闘支援兵科の一種であり、主に軍隊内部の秩序維持と交通整理を任務とする。英語ではMilitary police(MP)と記され、軍警察(ぐんけいさつ)とも呼ばれる。一般警察としての役割も兼ねている憲兵組織は国家憲兵と呼ばれる。 日本軍の憲兵については特にkempeitaiと表記されることも多い。.

新しい!!: 陸軍と憲兵 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

地上軍

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »