ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

野砲

索引 野砲

野砲(やほう、Field gun)は、火砲の一種。定義は時代により異なるが、口径100mmクラス以下の軽カノン砲(加農)。.

90 関係: ぶどう弾口径大砲大日本帝国陸軍対戦車砲山岳戦師団三十一年式速射砲三十年戦争三八式野砲九五式野砲九〇式野砲徹甲弾後装式ナポレオン戦争ライット・システムライトール95mm砲ライフリングレフィエ75mm砲レフィエ85mm砲ヴァレ・システムパロット砲ド・バンジュ90mm砲ドイツ国防軍アメリカ軍アームストロング砲イギリスイギリス軍エアボーンオードナンス BL 12ポンド 6cwt砲オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲オードナンス BL 15ポンド砲オードナンス BLC 15ポンド砲カノン砲キャニスター弾グリボーバル・システムソビエト連邦共和暦11年システム兵器前装式前車四一式騎砲BS-3 100mm野砲砲兵第一次世界大戦第二次世界大戦独立部隊Da 75/27 modello06Da 75/27 modello11Da 75/32...装甲車軍団赤軍野戦砲F-22 76mm野砲F-22USV 76mm野砲M-60 107mm野砲M1877 87mm野砲M1897 75mm野砲M1900 76mm野砲M1902 76mm野砲M1902/30 76mm野砲QF 13ポンド砲QF 18ポンド砲QF 25ポンド砲ZiS-3 76mm野砲榴弾砲榴散弾機動戦車戦車砲戦闘戦闘教義海兵隊攻城兵器12ポンドナポレオン砲12ポンドアームストロング砲12ポンドグリボーバル野砲1930年代20世紀20ポンドアームストロング砲7.5cm FK 16 nA7.5cm FK 187.5cm FK 387.5cm FK 7M857.7cm FK 167.7cm FK 967.7cm FK 96 nA8ポンドグリボーバル野砲 インデックスを展開 (40 もっと) »

ぶどう弾

ぶどう弾(Grapeshot)は弾子を詰め込んだ前装滑腔砲用の砲弾で、帆走軍艦の索具類破壊と人員殺傷を目的に考案され、ヨーロッパにおいて16世紀から19世紀にかけて用いられた。子弾は砲撃と同時に飛散し始めるため、射程距離は短い。 帆布製の袋へ子弾を9発詰め込むのが標準で、ぶどう弾の名称は小弾が詰まっている様がブドウに似ていることに由来する。子弾の重量は口径に合わせて異なる(例えば、32ポンド砲用は一個3ポンド×9。これが24ポンド砲だと子弾は一個2ポンドになる)。同様の砲弾に粗悪な代用品として帆布袋にボルトや鉄くず、鎖の切れ端や釘を詰め込んだ「ラングリッジ」(Langrage)と呼ばれる物があり、フランス海軍が愛用した。 主に海戦での近接射撃に使用され、陸戦では制圧力の勝るキャニスター弾の方が好まれて殆ど用いられなかったが、ヴァンデミエールの反乱の際にはナポレオンによって暴徒の鎮圧にも使用された。 ぶどう弾は19世紀半ばにライフル砲が普及すると装填が難しくなり、また炸薬を含んだ榴弾や榴散弾が開発され、砲の長射程化によって砲兵の近接砲撃自体が陳腐化したために過去の物となった。.

新しい!!: 野砲とぶどう弾 · 続きを見る »

口径

口径(calibre)は、火器や砲において銃砲身のサイズを示す言葉である。現在では火器で使用される「口径」の語は、複数の意味で用いられる。.

新しい!!: 野砲と口径 · 続きを見る »

大砲

大砲(たいほう)は、火薬の燃焼力を用いて大型の弾丸(砲弾)を高速で発射し、弾丸の運動量または弾丸自体の化学的な爆発によって敵および構造物を破壊・殺傷する兵器(武器)の総称。火砲(かほう)、砲とも称す。.

新しい!!: 野砲と大砲 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: 野砲と大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

対戦車砲

対戦車砲(たいせんしゃほう)とは、対戦車兵器として使用される火砲である。.

新しい!!: 野砲と対戦車砲 · 続きを見る »

山岳戦

一次世界大戦中のイタリア陸軍の山岳兵(1915年) 山岳戦(さんがくせん)は、山岳地域において行われる作戦・戦闘である。.

新しい!!: 野砲と山岳戦 · 続きを見る »

師団

師団(しだん、Division)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。旅団・団より大きく、軍団・軍より小さい。師団は、主たる作戦単位であるとともに、地域的または期間的に独立して、一正面の作戦を遂行する能力を保有する最小の戦略単位とされることが多い。多くの陸軍では、いくつかの旅団・団または連隊を含み、いくつかの師団が集まって軍団・軍等を構成する。 師団の編制については、国や時期、兵科によって変動が大きいが、21世紀初頭現代の各国陸軍の師団は、2~4個連隊または旅団を基幹として、歩兵、砲兵、工兵等の戦闘兵科及び兵站等の後方支援部隊などの諸兵科を連合した6千人から2万人程度の兵員規模の作戦基本部隊である。多くの国において師団長には少将が補せられるが、日本やブラジル等中南米の幾つかの国のように中将が補せられる国もあり、またソ連・ロシアや東ドイツ等の旧東欧諸国では大佐が務める例も見られる。 師団は、幕僚部(師団参謀部・師団副官部・師団法務部など)を固有する、最小の部隊でもある。.

新しい!!: 野砲と師団 · 続きを見る »

三十一年式速射砲

三十一年式速射砲(さんじゅういちねんしきそくしゃほう)は、日本陸軍が明治31年(1898年)に制式砲とした大砲。三十一年式野砲と三十一年式山砲の2種類がある。著名な銃砲設計者である陸軍中将有坂成章が開発したもので、別名「有坂砲」といわれる。日露戦争での主力砲として活躍した。 口径は7.5 cm、射程は野砲が7,800 m、山砲が4,300 mとなっていた。砲身に設けられた砲耳の先端が車軸を兼ねており、砲身と砲耳・車軸が十文字形を描くような構成となっている。ロシア軍の保有する野山砲に射程では見劣りしたものの、砲弾の性能や将兵の射撃技術はロシア軍を凌駕していた。野砲については、日露戦争中に仰角の修正や防楯の装備等改良を加え、性能を向上させている。日露戦争の陸戦の勝利には、この大砲と二十八サンチ榴弾砲、三十年式歩兵銃の貢献が大きかったといわれる。本砲は後継の野山砲に置き換えられて保管兵器となったが、のちの満州事変以降の兵器不足を補うために、歩兵砲として再び用いられるようになった。さらにインパール作戦では野砲兵第21連隊が、四一式山砲に加え、分解搬送が容易な三十一年式山砲を投入している。 本砲が「速射砲」と呼ばれたのは、初めて無煙火薬を使用したことにより、それ以前の黒色火薬による排煤作業が不要となり「速く撃てる」ようになったことに過ぎない。本砲は簡単な復座装置しか備えていなかった。左右車輪の内側には鼓胴(リール)、砲架には復座ばねが装着され、両者は鋼索で連結されていた。射撃の前には、軔履(滑動防止用のスパイク)を両輪の後ろ側に取り付ける。大架(フレーム兼後脚)の後端には駐鋤が無く、従来の火砲と同じ尻上がりの形状をしていた。発砲の反動で砲架は後退するが、車輪が回ろうとすると鼓胴が鋼索を巻き込み、復座ばねが圧縮され、その反発力で砲架を元の位置に戻そうとするものであった。この砲車復座式では、発射の反動で砲架全体が移動してしまう点は従来の火砲と同様であった。従って、人力で砲架を元に戻してまた照準をやり直さなければならず、速射砲といえども実際の射撃速度は1分間に2~3発とあまり高くなかった。また、砲架をまっすぐ後退させることが前提の設計なので当然ではあるのだが、砲身の可動範囲は俯仰のみで、方向射界を与えるには、わずかの修正であっても砲架ごと向きを変える必要があった。日本陸軍が初めて本格的な駐退復座機を備えた火砲を導入するのは、三八式野砲の登場を待たねばならない。弾薬は分離薬莢式であり、弾丸と薬莢を順々に装填する必要があった。弾丸の炸薬には黄色薬が採用された。.

新しい!!: 野砲と三十一年式速射砲 · 続きを見る »

三十年戦争

三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる中村賢二郎「三十年戦争」日本大百科全書(ニッポニカ)。中村賢二郎「三十年戦争」世界大百科事典 第2版Sigfrid 1973。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が、ドイツ以外のデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。.

新しい!!: 野砲と三十年戦争 · 続きを見る »

三八式野砲

三八式野砲(さんはちしきやほう)は、1900年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の野砲。本項では、三八式野砲の改良型である改造三八式野砲(かいぞうさんはちしきやほう)についても詳述する。.

新しい!!: 野砲と三八式野砲 · 続きを見る »

九五式野砲

九五式野砲(きゅうごしきやほう)は、1930年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の野砲。 第二次世界大戦では改造三八式野砲・機動九〇式野砲とともに帝国陸軍の主力野砲として運用された。.

新しい!!: 野砲と九五式野砲 · 続きを見る »

九〇式野砲

九〇式野砲(きゅうまるしきやほう)は、1920年代後期から1930年代初期にかけて開発・採用された大日本帝国陸軍の野砲。本項では機械化牽引を目的とした派生型、機動九〇式野砲(きどうきゅうまるしきやほう)についても詳述する。 第二次世界大戦では改造三八式野砲・九五式野砲とともに帝国陸軍の主力野砲として運用された。.

新しい!!: 野砲と九〇式野砲 · 続きを見る »

徹甲弾

HMX)'''4''':信管'''5''':弾帯 徹甲弾(てっこうだん、英語:Armor-piercing shot and shell)は、装甲に穴をあけるために設計された砲弾である。艦砲・戦車砲・航空機関砲等で用いられる。弾体の硬度と質量を大きくして装甲を貫くタイプ(AP, APHE)と、逆に弾体を軽くして速度を高めて運動エネルギーで貫くタイプ(HVAP, APDS, APFSDS)が存在するが、本項では主に前者について述べる。.

新しい!!: 野砲と徹甲弾 · 続きを見る »

後装式

後装式(こうそうしき)は、銃砲の装填方式を2つに大別した1つで、銃砲身の尾部から砲弾と装薬を装填する方式を言う。銃砲口から装填する前装式の対義語。 後込め(あとごめ)、元込め(もとごめ)、砲尾装填式とも呼ばれる。後装式の銃砲を後装銃、後装砲、ブリーチローダー(breech loader)と言う。後装式では銃砲の尾栓(閉鎖機)に工夫が必要となる。.

新しい!!: 野砲と後装式 · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: 野砲とナポレオン戦争 · 続きを見る »

ライット・システム

ライット・システム(仏語:"Système La Hitte")は、1855年3月に採用されたフランス陸軍の施条前装砲で、ジャン=アーネスト・デュコ・ド・ライット(Jean-Ernest Ducos de La Hitte)将軍の名前に基づくものである。.

新しい!!: 野砲とライット・システム · 続きを見る »

ライトール95mm砲

1875年型ライトール95mm砲(仏語:Canon Lahitolle de 95 mm, ou modèle 1875、英語:Lahitolle 95 mm cannon)は、砲兵士官のド・ライトールが開発したフランス陸軍の野砲。ライトール95mm砲は、フランスとしては最初の鋼鉄製野砲であり、また螺式尾栓を採用した初期の砲の一つである(イギリスとプロイセンは16年前に後装式施条砲をすでに採用した)。1875年にフランス陸軍に採用されレフィエ85mm砲を置き換えた。 ライトール95mm砲は1877年にド・バンジュ90mm砲に置き換えられた。改良型の1888年型ライトール95mm砲が開発された。新型のM1897 75mm野砲の生産が十分でなかったため、ライトール95mm砲はド・バンジュ90mm砲と共に、第一次世界大戦でも使用された。ライトール95mm砲はマジノ線にも配備された。.

新しい!!: 野砲とライトール95mm砲 · 続きを見る »

ライフリング

ライフリング(rifling)は、銃砲の銃砲身内に施された螺旋状の溝を意味し、日本語では施条(しじょう)、あるいは腔綫(腔線)(こうせん、綫は線の別体。常用漢字でないため「線」と書くこともある)、もしくは腔施と呼ぶ『銃の科学』(かのよしのり著 サイエンス・アイ新書 2012年)18頁「1-05 ライフルとはなにか」。この螺旋状の浅い溝で銃身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的で用いられる。 ちなみにライフリングのない滑腔銃砲身から椎の実弾を発射すると、旋転されない弾丸は空気抵抗を受けて横弾となったり、でんぐり返りながら飛ぶので命中精度は全く期待出来ない(こうしたタイプの銃に、FP-45リベレーターなどの超至近距離用の簡易拳銃が存在する)。なお、同じく滑腔銃身の散弾銃用スラッグ弾は、様々な方法(設けた翼により空気抵抗を受けて回転するなど)でジャイロ効果を発揮させている。.

新しい!!: 野砲とライフリング · 続きを見る »

レフィエ75mm砲

1873年型レフィエ75mm砲(仏語:Canon de campagne de 5 de Reffye modèle 1873、英語:Reffye 75mm cannon)は、砲兵将軍であるジャン=バティスト・ヴェルシェール・ド・レフィエ(Jean-Baptiste Verchère de Reffye)が、ムードン造兵廠での最高責任者として開発した19世紀のフランスの野砲。1873年にフランス陸軍に採用された。口径75mmの後装式施条砲で、螺式尾栓を採用した。当初は青銅製であった。.

新しい!!: 野砲とレフィエ75mm砲 · 続きを見る »

レフィエ85mm砲

1870年型レフィエ85mm砲(仏語:Canon de campagne de 7 de Reffye modèle 1870、英語:Reffye 85mm cannon)は、砲兵将軍であるジャン=バティスト・ヴェルシェール・ド・レフィエ(Jean-Baptiste Verchère de Reffye)が、ムードン造兵廠での最高責任者として開発した19世紀のフランスの野砲。1870年にフランス陸軍に採用された。口径85mmの後装式施条砲で、螺式尾栓を採用した。当初は青銅製であった。.

新しい!!: 野砲とレフィエ85mm砲 · 続きを見る »

ヴァレ・システム

ヴァレ・システム(仏語:Système Valée、英語:Valée system)は1825年から1831年にかけて、フランス陸軍の砲兵士官である、シルヴァイン・シャルル・ヴァレ(Sylvain Charles Valée)が開発しDelabarre-Duparcq, p.146-147 、1828年に制式化された砲兵システム。.

新しい!!: 野砲とヴァレ・システム · 続きを見る »

パロット砲

パロット砲(バロットほう、Parrott rifle)とは、南北戦争において広く使用された前装式のライフル砲である。.

新しい!!: 野砲とパロット砲 · 続きを見る »

ド・バンジュ90mm砲

ド・バンジュ90mm砲(仏語:canon de Bange de 90 mm ou modèle 1877、英語:De Bange 90 mm cannon)はシャルル・ラゴン・ド・バンジュが1877年に設計し、同年に採用されたフランス陸軍の野砲。1870年型レフィエ85mm砲及び1875年型ライトール95mm砲を置き換えた。.

新しい!!: 野砲とド・バンジュ90mm砲 · 続きを見る »

ドイツ国防軍

ヘルメットにデカールされていた紋章 1941年、国防軍の陸軍歩兵下士官 ドイツ国防軍(ドイツこくぼうぐん、Wehrmacht)は、1935年から1945年にかけて存在したドイツの武力組織である陸軍、海軍、空軍の三軍の総体を指す。国家唯一の武装者(独:Waffenträger der Nation)と定義される存在であったが、当時のドイツにはナチス党の組織である武装親衛隊など管轄外の武装組織も存在していた。 1935年の再軍備宣言後は徴兵制が復活し総兵力が50万人になり、ポーランド侵攻直前の兵力は318万人と世界でも屈指の規模であった。.

新しい!!: 野砲とドイツ国防軍 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: 野砲とアメリカ軍 · 続きを見る »

アームストロング砲

アームストロング砲(アームストロングほう)とは、イギリスのウィリアム・アームストロングが1855年に開発した大砲の一種。が発明した後装式ライフル砲を改良したもので、装填時間は従来の数分の一から、大型砲では10分の1にまで短縮された。 砲身は錬鉄製で、複数の筒を重ね合わせる層成砲身で鋳造砲に比べて軽量であった。このような特徴から、同時代の火砲の中では優れた性能を持っていた。.

新しい!!: 野砲とアームストロング砲 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 野砲とイギリス · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: 野砲とイギリス軍 · 続きを見る »

エアボーン

演習において落下傘降下を行うアメリカ軍 エアボーン(Airborne)は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下すること。グライダーを利用することもある。 日本語では日本陸軍の造語である「空中挺進(くうちゅうていしん)」または「空輸挺進(くうゆていしん)」を略した「空挺(くうてい)」と称され、陸上自衛隊では「空挺」と言う語をそのまま用いている。「挺進」を「挺身」と書く場合があるが、挺身には「身を捨てる」という意味があり、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語である。 これとは別に航空機が離陸した状態のこと。転じて離陸タイミング、離陸した瞬間を指す場合もある。.

新しい!!: 野砲とエアボーン · 続きを見る »

オードナンス BL 12ポンド 6cwt砲

ードナンス BL 12ポンド 6cwt砲(Ordnance BL 12 pounder 6 cwt)は、イギリス陸軍王立騎馬砲兵が使用した野砲で、オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲の軽量版である。cwtは砲身の重量を示し、1 cwtは112ポンド(51 kg)であるため、6 cwt砲の砲身重量は概ね672ポンド(305 kg)に相当することになる(実際には656ポンド)。.

新しい!!: 野砲とオードナンス BL 12ポンド 6cwt砲 · 続きを見る »

オードナンス BL 12ポンド 7cwt砲

ードナンス BL 12ポンド 7cwt砲(Ordnance BL 12 pounder 7cwt)は、13ポンド 8 cwt前装施条砲の後継機種として1885年に採用されたイギリス陸軍の後装式野砲。.

新しい!!: 野砲とオードナンス BL 12ポンド 7cwt砲 · 続きを見る »

オードナンス BL 15ポンド砲

ードナンス BL 15ポンド砲(Ordnance BL 15 pounder、または15 pounder 7 cwt)は第二次ボーア戦争中のイギリス陸軍の野砲で、一部は第一次世界大戦の主要でない戦域で限定的に使用された。.

新しい!!: 野砲とオードナンス BL 15ポンド砲 · 続きを見る »

オードナンス BLC 15ポンド砲

ードナンス BLC 15ポンド砲(Ordnance BLC 15 pounder gun)は、旧式化したオードナンス BL 15ポンド砲の砲身上側に駐退機を追加し、発射速度を上げた近代化バージョン。当時最新であったQF 18ポンド砲の配備にはコストがかかるため、国防義勇部隊(Territorial Force )砲兵旅団に、比較的近代的な野砲を供給するために開発された。第一次世界大戦を扱った文章では、この砲を「15ポンド砲」と呼ぶことが多いが、同じ砲弾を使用するオードナンス BL 15ポンド砲との混乱もある。.

新しい!!: 野砲とオードナンス BLC 15ポンド砲 · 続きを見る »

カノン砲

ノン砲(カノンほう、加農砲)およびカノン(加農)は、火砲(大砲)の一種。キャノン砲とも呼ばれる。定義は同口径の榴弾砲に比べて砲口直径(口径)に対する砲身長(口径長)が長く、高初速・長射程であるが重量とサイズは大きく、やや低仰角の射撃を主用する(#定義)。しかしながら、概ね冷戦後の現代は火砲の進化(榴弾砲の長砲身化)による砲種の統廃合(榴弾砲の統一)により、榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっている(#歴史)。.

新しい!!: 野砲とカノン砲 · 続きを見る »

キャニスター弾

ャニスター弾(Canister shot)、別名ケースショット(Case shot)は、大砲で使用される対人用砲弾である。 ケース、キャニスターは共に容器の意味で、筒状の容器内へ大量の散弾を詰めてある。発射後に容器が飛散して、バラ撒かれた散弾が広範囲の敵を殺傷する。だが、砲弾が拡散する性質上、有効射程は極端に短い。.

新しい!!: 野砲とキャニスター弾 · 続きを見る »

グリボーバル・システム

リボーバル・システム(フランス語:système Gribeauval )は、ジャン=バティスト・ヴァケット・ド・グリボーバルが18世紀に導入した砲兵システムである。このシステムは、新しい製造方法を用いることによってフランスの大砲に射程を犠牲することなしに軽量化・均一性を達成するといった改革をもたらした。グリボーバル・システムは以前のド・ヴァリエール・システムを代替するものであった。これらの新式大砲はナポレオン戦争の勝利をフランスにもたらしたが、ほぼ間違いなく当時の欧州における最良の砲システムであった。.

新しい!!: 野砲とグリボーバル・システム · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 野砲とソビエト連邦 · 続きを見る »

共和暦11年システム

共和暦11年システム(仏語:Système An XI、英語:Year XI system。共和暦(フランス革命暦)11年は1803年に該当する)は、ナポレオン1世時代のフランスの砲兵システム。共和暦11年システムは非常に成功したグリボーバル・システムに各種の改良を加えたものであり、ナポレオン戦争での成功に貢献した。本質的に、既存のグリボーバル・システムを合理化したものであった。この新システムの推進者はオーギュスト・ド・マルモン将軍であった。.

新しい!!: 野砲と共和暦11年システム · 続きを見る »

兵器

兵器(へいき)は、戦争において使用する全ての車両、航空機、船舶、設備などの事を指し、敵となった目標を殺傷、破壊するためや、敵の攻撃から防御するための機械装置である。兵器は用途別に細かく分類され、その種類は膨大な数に上る。.

新しい!!: 野砲と兵器 · 続きを見る »

前装式

前装式のL16 81mm 迫撃砲を使用する陸上自衛隊 前装式の艦砲 前装式の銃に、弾を込める人々 前装式(ぜんそうしき)は、火器での装填方式の1つであり、砲身や銃身の先端側ガンバレルから砲弾や銃弾、装薬を装填する方式である。先込め(さきごめ)、砲口装填式、マズルローディング(muzzle loading)とも呼ばれる。そのため前装式の銃砲は「前装銃」や「前装砲」「マズルローダー」(muzzle loader)とも呼ばれる。 対義語はガンバレル後端側の薬室から装填する「後装式」、「元込式」「ブリーチローダー」(breech loader)である。.

新しい!!: 野砲と前装式 · 続きを見る »

前車

前車(ぜんしゃ、英語:limber)は大砲の架尾や砲弾車(caisson、ケーソン)・の後部を支えて、牽引を容易にするため2輪の荷車Einhorn。.

新しい!!: 野砲と前車 · 続きを見る »

四一式騎砲

四一式騎砲は大日本帝国陸軍が1911年(明治44年)に制式制定した、騎兵部隊用の軽量野砲である。.

新しい!!: 野砲と四一式騎砲 · 続きを見る »

BS-3 100mm野砲

BS-3(M1944) 100mm野砲 M1944 100mm野砲(BS-3)(100-мм полевая пушка обр.)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した対戦車砲兼用の野砲である。.

新しい!!: 野砲とBS-3 100mm野砲 · 続きを見る »

砲兵

兵(ほうへい、artillery)は、陸上戦闘を行う兵科の1つであり、火砲(大砲)・ロケット・ミサイルによる支援攻撃を担っている。日本の陸上自衛隊では特科(とっか)と称される(自衛隊用語)。.

新しい!!: 野砲と砲兵 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 野砲と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 野砲と第二次世界大戦 · 続きを見る »

独立部隊

立部隊(どくりつぶたい)とは、軍隊の編成において師団などの上位組織に所属していない、軍団長や軍・軍集団司令官など上級部隊指揮官の直接麾下に入る部隊である。一般的には大隊規模の部隊として編成される、これは大隊が独立した活動を行うことができる最も小さな戦術単位であるからである。.

新しい!!: 野砲と独立部隊 · 続きを見る »

Da 75/27 modello06

cannone da 75/27 modello 06は第一次世界大戦及び第二次世界大戦でイタリア軍が使用した大砲である。 名称は1906年式27口径75mmカノン砲を表す。 この砲はドイツのクルップ社が開発し、イタリアでライセンス生産された。イタリアで初めての駐退復座機を持つ野砲である。派生型に、重量を900kgに軽量化したCannone da 75/27 modello 12が存在する。 戦間期には一部の砲をゴム輪帯付きの車輪を履かせて車両による牽引を可能にした。また徹甲弾や成形炸薬弾が用意されており、対戦車砲としても使われた。一部の砲がドイツ軍に鹵獲され7.5 cm Feldkanone 237(i)と命名されたが使用されたかどうかは不明である。.

新しい!!: 野砲とDa 75/27 modello06 · 続きを見る »

Da 75/27 modello11

cannone da 75/27 modello 11は第一次世界大戦及び第二次世界大戦でイタリア軍が使用した大砲である。名称は1911年式27口径75mmカノン砲を表す。 この砲はフランスのデポルト社によって設計され、イタリアのヴィッカース・テルニ社とアームストロング社でライセンス生産された。砲身のみ仰俯角をとる独特の駐退復座機を持ち、また世界に先駆けて開脚式砲架を採用したため射界が広い。第一次世界大戦では主にアルピーニや騎兵が使用した。戦間期には一部の砲をゴム輪帯付きの車輪を履かせて車両による牽引を可能にした。第二次世界大戦では主に北アフリカやロシア、バルカン半島で使用された。徹甲弾や成形炸薬弾が用意されており、対戦車砲としても使われた。ドイツ軍は鹵獲したこの砲に7.5 cm Feldkanone 244(i)と命名し若干使用した。.

新しい!!: 野砲とDa 75/27 modello11 · 続きを見る »

Da 75/32

Cannone da 75/32 Mod.37とは、第二次世界大戦においてイタリア王国陸軍(Regio Esercito Italiano)が運用していた野砲である。.

新しい!!: 野砲とDa 75/32 · 続きを見る »

装甲車

装甲車(そうこうしゃ、Armored Car、AC)は、装甲を備える自動車である。軍用以外にも、警備や暴動鎮圧に使われる警察用の装甲車、消防用の耐火装甲を備えた消防車、現金輸送車など、民間用や文民用の装甲車もある。 初期のドイツ警察用装甲車Daimler DZVR 21 Schupo-Sonderwagen.

新しい!!: 野砲と装甲車 · 続きを見る »

軍(ぐん、army)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。戦略単位としての性格を持ち、主に陸軍部隊の編成をする際に用いられる。おおむね軍団・師団の上、軍集団・方面軍の下に位置するが、その規模や位置づけは国と時代によって多少の差異がある。.

新しい!!: 野砲と軍 · 続きを見る »

軍団

軍団(ぐんだん、corps, army corps)は、陸軍の編成上の単位のひとつである。.

新しい!!: 野砲と軍団 · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: 野砲と赤軍 · 続きを見る »

野戦砲

野戦砲(やせんほう)は大砲の種別の一つで、野戦で用いられる野砲やカノン砲、榴弾砲、歩兵砲、山砲を指す。本来の意味の野砲が先進国砲兵に存在しない現在では野砲(やほう)とも呼ばれる。ただし、対戦車砲や対空砲などは含まない。 初期の大砲は基本的に攻城砲であり、攻城戦が始まってから戦場で大砲を鋳造して、動かない目標を破壊すればよかったので、移動の必要がなかった。しかし、野戦は戦場が不特定の場所である場合が多く、かつ目標が動くため移動する能力が必要である。そのため砲車に載せて牛馬に引かせて移動した。 野戦砲は15世紀に大々的に用いられるようになるが、20世紀に入るまで基本的な部分は変わらず、2つ大型車輪の砲車に載せられ、を持ち反動を抑えられるようになっていた。それまでに滑腔砲が施条砲となり、前装方式から後装方式となり、木製砲車から鉄製砲車となったがこれらの歴史は野戦砲に限らず砲全般に言えることである。 20世紀に入ると駐退機が採用され、反動を大きく抑えられるようになった。これにより反動で後ろに下がった砲を元に戻して照準を合わせる必要がなくなったので速射性が向上した。 第二次世界大戦を境に牽引方法も牛馬から自動車へ変わり車輪も空気式のタイヤに変わっていく。さらには車両と一体化した自走砲が登場し一分野を築いた。.

新しい!!: 野砲と野戦砲 · 続きを見る »

F-22 76mm野砲

76mm師団砲M1936(F-22)(76-мм дивизионная пушка образца 1936 года (Ф-22))とは、第二次世界大戦前の1936年にソビエト連邦が開発した野砲である。.

新しい!!: 野砲とF-22 76mm野砲 · 続きを見る »

F-22USV 76mm野砲

76mm師団砲M1939(F-22 USVまたはUSV)(76-мм дивизионная пушка образца 1939 года (УСВ, Ф-22 УСВ)))とは、ソビエト連邦がF-22野砲の後継として採用した師団野砲である。.

新しい!!: 野砲とF-22USV 76mm野砲 · 続きを見る »

M-60 107mm野砲

M-60(M1940) 107mm野砲サンクトペテルブルクの軍事博物館 1940年型107mm師団砲(M-60)(ロシア語:107-мм дивизионная пушка образца 1940 года (М-60))とは、1940年にソビエト連邦が開発した師団砲兵向けカノン砲(野砲)である。.

新しい!!: 野砲とM-60 107mm野砲 · 続きを見る »

M1877 87mm野砲

M1877 87mm野砲 M1877 87mm軽野砲(ロシア語:87-мм полевая лёгкая пушка образца 1877 года)とは、1877年にロシア帝国が制式採用した口径87mmの野砲である。.

新しい!!: 野砲とM1877 87mm野砲 · 続きを見る »

M1897 75mm野砲

M1897 75mm野砲()は、フランスが1897年に採用した口径75mmの野砲である。 M1897は、しばしば“シュナイダー M1897”と呼ばれるが、フランスの国営兵器工廠が製造しておりシュナイダー社は開発に関与していないため、シュナイダー社が設計したM1912 75mm野砲やM1914 75mm野砲とは直接には関係ない。M1912やM1914はM1897用の砲弾と薬莢が使用可能であり、M1897よりも小型軽量であるが構造が複雑であった。.

新しい!!: 野砲とM1897 75mm野砲 · 続きを見る »

M1900 76mm野砲

M1900 76mm野砲 M1900 76mm野砲(ロシア語:76-мм пушка образца 1900 года)とは、1900年にロシア帝国が採用した野砲である。 M1900野砲はロシア帝国の火砲としては初めて口径76.2mmの砲弾を採用し、砲弾は改良されながらもZiS-3 76mm野砲のころまで使用され続けた。砲身に駐退復座機がないため、制式採用時点で旧式化してしまっていた。.

新しい!!: 野砲とM1900 76mm野砲 · 続きを見る »

M1902 76mm野砲

M1902 76mm師団砲 M1902 76mm師団砲(ロシア語:76-мм дивизионная пушка образца 1902 года)とは、1902年にロシア帝国が採用した野砲である。.

新しい!!: 野砲とM1902 76mm野砲 · 続きを見る »

M1902/30 76mm野砲

M1902/30 76mm師団砲(76-мм дивизионная пушка образца 1902/30 годов)とは、ロシア帝国時代に採用されたM1902 76mm野砲にソビエト連邦が近代化改修を行った師団野砲である。.

新しい!!: 野砲とM1902/30 76mm野砲 · 続きを見る »

QF 13ポンド砲

QF 13ポンド砲 オードナンス QF 13ポンド砲(Ordnance QF 13-pounder)とは、1904年にイギリス陸軍が採用した軽野砲(騎兵砲)である。QFはquick-firingの略で速射砲を意味する。.

新しい!!: 野砲とQF 13ポンド砲 · 続きを見る »

QF 18ポンド砲

ードナンス QF 18ポンド砲()とはイギリスの野砲であり、18ポンド野砲とも呼ばれる。第一次世界大戦期におけるイギリス陸軍の主力野砲であり、第二次世界大戦初期まで使用されていた。.

新しい!!: 野砲とQF 18ポンド砲 · 続きを見る »

QF 25ポンド砲

ードナンス QF 25ポンド砲なお、「Ordnance」は英語の「(大)砲の一般名詞」なので正しくは「25ポンド速射砲」と呼ぶべきものである。()とは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期にイギリスが開発した野砲/榴弾砲兼用の野戦砲であり、一般には25ポンド野砲とも呼ばれる。.

新しい!!: 野砲とQF 25ポンド砲 · 続きを見る »

ZiS-3 76mm野砲

76mm師団砲M1942 (ZiS-3)(76-мм дивизионная пушка образца 1942 года (ЗИС-3))は、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した師団砲兵用軽カノン砲(野砲)である。この砲は、ドイツの88mm高射砲と同様に対戦車砲としても高い性能を有していたため、対戦車砲としての知名度も高い。.

新しい!!: 野砲とZiS-3 76mm野砲 · 続きを見る »

榴弾砲

榴弾砲(りゅうだんぽう、りゅうだんほう)は、 火砲(大砲)の一種。基本の定義は同口径のカノン砲(加農砲・カノン・加農)に比べて砲口直径(口径)に対する砲身長(口径長)が短く、低初速・短射程であるが軽量でコンパクト、高仰角の射撃を主用する(定義)。しかしながら、概ね冷戦後の現代は火砲の進化(榴弾砲の長砲身化)による砲種の統廃合(榴弾砲の統一)により、榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっている(歴史)。旧日本陸軍による呼び名は、りゅうだんぽうである。.

新しい!!: 野砲と榴弾砲 · 続きを見る »

榴散弾

榴散弾1:少量の炸薬、シェルケースから前方に弾丸を発射する。2:破片弾(ボール)3:時限信管4:信管から炸薬を起爆するための導爆管5:破片弾を保持するための樹脂、砲弾が爆発するときに煙を出して燃える。6:薄い鋼で出来た砲弾の外殻7:薬莢8:推進薬、コルダイトやニトロセルロースなど 初期の榴散弾 フランス・ヴェルダンの戦場跡にて発掘された榴散弾の散弾 榴散弾(りゅうさんだん、Shrapnel Shell)は、19世紀初頭から20世紀半ばごろまで使われた対人・対非装甲目標用の砲弾で、野砲や榴弾砲から発射する。砲弾内部には球体の散弾(弾子)が多数詰まっており、目標のやや手前上空で弾丸底部の炸薬を炸裂させ(曳火)、散弾を前下方に投射して人や馬を殺傷し軟目標を破壊する。旧軍では榴霰弾と表記した。.

新しい!!: 野砲と榴散弾 · 続きを見る »

機動

機動(きどう、maneuver:マニューバ)とは、一般に作戦行動において戦力を適切な時点に、適切な地点に位置させるための部隊の運動である。.

新しい!!: 野砲と機動 · 続きを見る »

戦車

T-34/85 レオパルト2A5 74式戦車(左)と10式戦車試作車(右) 戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。.

新しい!!: 野砲と戦車 · 続きを見る »

戦車砲

戦車砲(せんしゃほう)は、戦車に搭載された主砲の総称。 最初から戦車への搭載用として設計された物もあるが、既成の野砲、高射砲、対戦車砲をもとに車載用に改造された物も多く、反動を軽減するためのマズルブレーキの追加や駐退機の強化、閉鎖器を螺旋式や水平鎖栓式から垂直鎖栓式に変更、排煙器の追加などの手が加えられている。 かつての戦車の任務が塹壕の突破・歩兵支援であり、また、戦車の砲塔も小型であったため、榴弾砲や小口径の対戦車砲が搭載されていたが、第二次世界大戦では戦車同士の戦闘が増え、また、装甲とともに強化されていったため、現代では戦車砲として搭載されるのは対装甲貫徹力のある高初速砲だけである。1960年代には榴弾砲と対戦車ミサイル発射管を兼ねたガンランチャーも登場したが廃れ、現在は9M119やLAHATの様に通常の戦車砲から発射できる対戦車ミサイルが登場している。 以前は弾丸に回転を与えて弾道を安定させるライフル砲が主流だったが、APFSDS弾や回転により威力の落ちるHEAT弾の登場と共にライフリングの無い滑腔砲が採用されている。21世紀初頭の現在では口径120mm前後のものが主流であり、140mm級も開発されているが、発射時の反動を抑えるのに必要な車輌重量や砲弾の重量が大きすぎる事から採用には至っていない。120mm砲でも砲弾の重さが人力で装填できる限界にきているため、自動装填装置導入に踏み切る戦車が増えている。.

新しい!!: 野砲と戦車砲 · 続きを見る »

戦闘

戦闘(せんとう、、proeliumプロエリウム)とは、相互に敵対する二つの勢力による暴力の相互作用である。戦斗、戰闘とも。 戦闘が行われている場所を戦場(せんじょう)、戦地といい、歴史的に戦闘(合戦など)が行われた場所は古戦場(こせんじょう)と呼ぶことがある。歴史的な慣習によって、「―の戦い」、「―の合戦」、「―の会戦」という用語も用いられる。 ここでは戦闘一般に関する軍事学の研究を概説する。 戦闘とは一般的に、敵対している部隊が特定の目的を達成するために戦闘力を行使する行動、またはその行動によって引き起こされる一連の交戦状況であり、具体的には発見(索敵)、機動、攻撃・防御、追撃・後退行動と段階的に進展する。戦闘において部隊を指導するのは戦術であり、戦闘の目的や投入される戦力の装備、規模は作戦計画によって決定される。戦闘では敵と敵施設に対して武器、兵器を使用して殺傷することによって抵抗行動を排除、破壊し、作戦目標を達成することが主要な作業となる。戦闘当事者である兵士たちは非常に強い肉体的・精神的なストレスを受けながら戦闘行動をとることになるため、被弾や被爆で死傷するだけでなく、衝撃的な経験からPTSDなどの精神疾患を患う場合もある。また戦闘は戦闘当事者双方ともに生死の狭間という極限状況において活動するため、戦場心理と呼ばれる特別な心理状態になることもある。そのため、戦闘力の要素として火力や機動力などのほかに軍事的リーダーシップが含まれると考えられている。.

新しい!!: 野砲と戦闘 · 続きを見る »

戦闘教義

戦闘教義(せんとうきょうぎ、battle doctrine)とは作戦・戦闘における軍隊部隊の基本的な運用思想である。 戦闘ドクトリンとも言う。旧日本軍では戦闘教義ではなく、白兵主義や火兵主義などのように主義という言葉を用いていた。.

新しい!!: 野砲と戦闘教義 · 続きを見る »

海兵隊

アメリカ海兵遠征部隊 海兵隊(かいへいたい、Marine)は、陸戦兵器の取り扱いを専門とした将兵によって構成された、海上勤務のための軍事組織。所属や規模、任務は国や時代によって異なる。 漢字文化圏の中華人民共和国と中華民国(台湾)では陸戦隊であり、日本語でも中国人民解放軍海軍陸戦隊及び中華民国海軍陸戦隊と表記されることがある。一方、日本においては旧日本海軍の下に組織されていた海軍陸戦隊のように、本来は艦艇の運航を本務とする水兵によって編成された陸上戦闘部隊を「海軍陸戦隊」と称し、欧米のMarineに相当する海兵隊とは区別されていた。しかし、両者を混同した記述も多く見られる。それに対して欧米の陸戦隊(landing party)は、艦船に配属された海兵隊員と艦船の乗組員である水兵により編成される。 一部の国(ロシア等)の組織については海軍歩兵の語が充てられている。.

新しい!!: 野砲と海兵隊 · 続きを見る »

攻城兵器

攻城兵器(こうじょうへいき)とは、攻城戦において城郭都市や他の要塞を包囲、破壊するための装置である。いくつかのものは防御物に近接して、他種のものは防御物から距離をとって攻撃を加えるよう運用された。古代から、攻城兵器は主に木で製造され、石または類似の投射物を発射するには歯車比を用いる傾向があった。火薬の開発に伴う金属工学の進歩により、攻城兵器は火砲へと進化した。全体的に、包囲を完成するために必要な攻城兵器や砲列、および必須の部隊と輸送車両は、攻城砲列と呼ばれる。.

新しい!!: 野砲と攻城兵器 · 続きを見る »

12ポンドナポレオン砲

12ポンドナポレオン砲(仏:Canon obusier de campagne de 12 cm, modèle 1853、米:12-pounder Napoleon)は、1853年にフランスで開発された野砲。フランス語を直訳すると、1853年型12cm榴弾野砲であるが、南北戦争で広く使用され、12ポンドナポレオン砲と呼ばれるようになった。「ナポレオン」は「ナポレオン3世」を意味する。なお、幕末の日本では、この砲ではなく、四斤山砲をナポレオン砲と呼んでいた。.

新しい!!: 野砲と12ポンドナポレオン砲 · 続きを見る »

12ポンドアームストロング砲

12ポンドアームストロング砲(Armstrong Breech Loading 12 pounder 8 cwt、後にRBL 12 pounder 8 cwt)は1859年設計の3インチ後装式施条砲。.

新しい!!: 野砲と12ポンドアームストロング砲 · 続きを見る »

12ポンドグリボーバル野砲

12ポンドグリボーバル野砲(仏:Canon de 12 Gribeauval)は18世紀後半から19世紀前半にかけてフランスが使用した、グリボーバル・システムの12ポンド野砲。ジャン=バティスト・ヴァケット・ド・グリボーバル が設定したシステム(砲体系)は、1765年にジャスティン・ド・ムスティーブ(Justin Amedee Ethan de Musteve)が改良し機動性が向上した砲車の概念を取り入れたものであった。 12ポンドグリボーバル野砲が最初に実戦で使用されたのはアメリカ独立戦争であった。ジャン=バティスト・ド・ロシャンボー将軍が率いるフランス陸軍アメリカ派遣部隊が1780年から1782年後期まで使用したが、特に1781年のヨークタウンの戦いが有名である。フランス革命戦争やナポレオン戦争でも大いに使用された。 12ポンドグリボーバル野砲の操作には15名が必要で、6頭の馬により牽引された。.

新しい!!: 野砲と12ポンドグリボーバル野砲 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: 野砲と1930年代 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: 野砲と20世紀 · 続きを見る »

20ポンドアームストロング砲

20ポンドアームストロング砲(Armstrong Breech Loading 20 pounder gunまたはRBL 20 pounder)は1859年から配備された口径3.75インチの後装式施条砲。.

新しい!!: 野砲と20ポンドアームストロング砲 · 続きを見る »

7.5cm FK 16 nA

7.5cm FK 16 nA。防盾前部に、牽引時に砲手が座るための簡易座席がある。 7.5cm FK 16 nA(7,5-cm-Feldkanone neuer Art)とは、第二次世界大戦においてナチス・ドイツが使用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.5cm FK 16 nA · 続きを見る »

7.5cm FK 18

7.5cm FK 18(ドイツ語:7.5 cm Feldkanone 18)とは、第二次世界大戦においてナチス・ドイツが使用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.5cm FK 18 · 続きを見る »

7.5cm FK 38

7.5cm FK 38 (ドイツ語:7.5 cm Feldkanone 38)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツとブラジルが使用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.5cm FK 38 · 続きを見る »

7.5cm FK 7M85

7.5cm FK 7M85(ドイツ語:7.5 cm Feldkanone 7M85)とは、第二次世界大戦末期にナチス・ドイツが使用した対戦車砲兼用の野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.5cm FK 7M85 · 続きを見る »

7.7cm FK 16

7.7 cm FK 16 7.7 cm FK 16(7.7 cm Feldkanone 16)とは、第一次世界大戦中の1916年にドイツ帝国陸軍が制式採用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.7cm FK 16 · 続きを見る »

7.7cm FK 96

7.7 cm FK 96 7.7cm FK 96(7.7 cm Feldkanone 96)とは、1896年にドイツ帝国陸軍が制式採用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.7cm FK 96 · 続きを見る »

7.7cm FK 96 nA

7.7 cm FK 96 nA 7.7 cm FK 96 nA(7.7 cm Feldkanone 96 neuer Art)とは、第一次世界大戦でドイツ帝国が使用した野砲である。.

新しい!!: 野砲と7.7cm FK 96 nA · 続きを見る »

8ポンドグリボーバル野砲

8ポンドグリボーバル野砲(仏:Canon de 8 Gribeauval)はフランスが18世紀後半から19世紀前半にかけて使用した、グリボーバル・システムに属する野砲である。 フランス革命戦争およびナポレオン戦争で大いに使用された。しかしながら、最初の実戦での使用例はこれより早く、1780年から1782年にかけてジャン=バティスト・ド・ロシャンボー将軍が率いるフランス陸軍アメリカ派遣部隊が使用し、特に1781年のヨークタウンの戦いは有名である。 8ポンドグリボーバル野砲の操作には13名が必要で、4頭の馬により牽引された。.

新しい!!: 野砲と8ポンドグリボーバル野砲 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »