ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

酸性酸化物

索引 酸性酸化物

酸性酸化物(さんせいさんかぶつ)とは、水と反応して酸を生じるか、塩基と反応して塩を生じる非金属元素または酸化数の大きな金属元素の酸化物である。しばしば酸無水物と混同される。 酸性酸化物には以下のものがある。.

62 関係: 塩 (化学)塩基塩基性酸化物塩素酸両性 (化学)七酸化二塩素七酸化二マンガン三酸化二ヒ素三酸化二窒素三酸化テルル三酸化セレン三酸化硫黄一酸化二塩素亜塩素酸亜リン酸亜ヒ酸亜テルル酸二クロム酸亜セレン酸亜硝酸亜硫酸二酸化テルル二酸化ケイ素二酸化セレン二酸化硫黄二酸化炭素五酸化二塩素五酸化二リン五酸化二ヒ素五酸化二窒素リン酸ヒ酸テルル酸フッ化水素酸ホウ酸クロム酸クロム酸塩ケイ酸塩ケイ酸ナトリウムセレン酸硝酸硫酸第14族元素炭酸炭酸塩過塩素酸過マンガン酸過レニウム酸過テクネチウム酸非金属元素...金属元素酸化レニウム(VII)酸化テクネチウム(VII)酸化ホウ素酸化クロム(VI)酸化スズ(IV)酸化数酸無水物次亜塩素酸水酸化ナトリウム インデックスを展開 (12 もっと) »

塩 (化学)

化学において塩(えん、Salt)とは、広義には酸由来の陰イオン(アニオン)と塩基由来の陽イオン(カチオン)とがイオン結合した化合物のことであり、狭義にはアレニウス酸とアレニウス塩基との等当量混合物のことである。酸・塩基成分の由来により、無機塩、有機塩とも呼ばれる。塩は必ずしも中和反応によって生じるとは限らない。.

新しい!!: 酸性酸化物と塩 (化学) · 続きを見る »

塩基

塩基(えんき、base)は化学において、酸と対になってはたらく物質のこと。一般に、プロトン (H+) を受け取る、または電子対を与える化学種。歴史の中で、概念の拡大をともないながら定義が考え直されてきたことで、何種類かの塩基の定義が存在する。 塩基としてはたらく性質を塩基性(えんきせい)、またそのような水溶液を特にアルカリ性という。酸や塩基の定義は相対的な概念であるため、ある系で塩基である物質が、別の系では酸としてはたらくことも珍しくはない。例えば水は、塩化水素に対しては、プロトンを受け取るブレンステッド塩基として振る舞うが、アンモニアに対しては、プロトンを与えるブレンステッド酸として作用する。塩基性の強い塩基を強塩基(強アルカリ)、弱い塩基を弱塩基(弱アルカリ)と呼ぶ。また、核酸が持つ核酸塩基のことを、単に塩基と呼ぶことがある。.

新しい!!: 酸性酸化物と塩基 · 続きを見る »

塩基性酸化物

塩基性酸化物(えんきせいさんかぶつ、Basic oxide)とは、水と反応して塩基を生じる、または酸と反応して塩を生じる金属元素の酸化物である。.

新しい!!: 酸性酸化物と塩基性酸化物 · 続きを見る »

塩素酸

塩素酸(えんそさん、chloric acid)は塩素のオキソ酸の1つで、化学式 HClO3 の化合物。+5価の塩素を中心にヒドロキシ基1つと酸素原子が2つついた構造を持つ。塩酸(塩化水素酸)とは異なる物質である。.

新しい!!: 酸性酸化物と塩素酸 · 続きを見る »

両性 (化学)

化学において両性物質(りょうせいぶっしつ、amphoteric substance)とは、酸とも塩基とも反応する物質のことである。多くの金属(亜鉛、スズ、鉛、アルミニウム、ベリリウムなど)と半金属は両性酸化物を作る。この他、アミノ基とカルボキシル基の両方を持つアミノ酸、自動イオン化(自己イオン化)化合物である水やアンモニアも両性物質に含まれる。.

新しい!!: 酸性酸化物と両性 (化学) · 続きを見る »

七酸化二塩素

七酸化二塩素(しちさんかにえんそ)は塩素の酸化物の一種で、分子式 Cl2O7 の無機化合物。無色油状の液体。七酸化塩素、無水過塩素酸とも呼ばれる。2分子の過塩素酸が脱水縮合した酸無水物にあたる。.

新しい!!: 酸性酸化物と七酸化二塩素 · 続きを見る »

七酸化二マンガン

七酸化二マンガン(ななさんかにマンガン,dimanganese heptoxide)はMn2O7という化学式で表される無機化合物である。2分子の過マンガン酸が脱水縮合した酸無水物に相当する、極めて反応性が高い揮発性の液体であり、非常に危険な酸化剤である。.

新しい!!: 酸性酸化物と七酸化二マンガン · 続きを見る »

三酸化二ヒ素

三酸化二ヒ素(さんさんかにヒそ)、または三酸化ヒ素は化学式 As2O3 で表されるヒ素の酸化物である。 人工的に生産されるが、天然においても方砒素華(Arsenolite 砒霜、砒華とも)、クロード石(Claudetite 方砒素華の同質異像)として少量産出する。方砒素華は、自然砒、鶏冠石、硫砒鉄鉱といったヒ素鉱物に付随して存在することが多い。毒性が強いことで知られ、上述の鉱物を取り扱う際には特に注意する必要がある。.

新しい!!: 酸性酸化物と三酸化二ヒ素 · 続きを見る »

三酸化二窒素

三酸化二窒素(さんさんかにちっそ、dinitrogen trioxide, 化学式 N2O3)は不安定な無色の気体で、二酸化窒素 (NO2) と一酸化窒素 (NO) に解離する。液体では濃青色、固体では淡青色である。酸性である。水に溶けると亜硝酸となる。窒素酸化物である。窒素の酸化数は+3。 Category:酸化物 Category:無機窒素化合物.

新しい!!: 酸性酸化物と三酸化二窒素 · 続きを見る »

三酸化テルル

三酸化テルル(さんさんか—、tellurium trioxide)は、テルルの酸化物の一種で、組成式 TeO3 で表される無機化合物である。.

新しい!!: 酸性酸化物と三酸化テルル · 続きを見る »

三酸化セレン

三酸化セレン(さんさんか—、selenium trioxide)とは、セレンの酸化物の一種。化学式 は SeO3、セレン酸を脱水して得られることから、無水セレン酸とも呼ばれる。.

新しい!!: 酸性酸化物と三酸化セレン · 続きを見る »

三酸化硫黄

三酸化硫黄(さんさんかいおう、Sulfur trioxide)は、硫黄の酸化物で、化学式 SO3 で表される。無水硫酸とも呼ばれ、水に溶かすと硫酸となるため大量に工業生産されている。酸性雨の原因物質の1つであり、日本では大気汚染防止法により特定物質に指定されている。.

新しい!!: 酸性酸化物と三酸化硫黄 · 続きを見る »

一酸化二塩素

一酸化二塩素(いっさんかにえんそ)は、分子式 Cl2O で表される塩素の酸化物の一種である。かつては亜酸化塩素とも呼ばれたが、この語は現在は非推奨名称である。 酸素原子 (O) 上に2個の塩素原子が結びついた構造を持つ。 次亜塩素酸 (HClO) の酸無水物に相当し、水と反応させると次亜塩素酸に変わる。このことから、この化合物は無水次亜塩素酸とも呼ばれる。 Cl2O + H2O → 2HClO 一酸化二塩素を嗅ぐと独特のハロゲン臭(一般に塩素臭、カルキ臭と呼ばれるもの)を呈する。 Category:酸化物 Category:塩素の化合物 Category:無機化合物.

新しい!!: 酸性酸化物と一酸化二塩素 · 続きを見る »

亜塩素酸

亜塩素酸(あえんそさん、chlorous acid)は、塩素のオキソ酸の一種で、化学式 の化合物。O.

新しい!!: 酸性酸化物と亜塩素酸 · 続きを見る »

亜リン酸

亜リン酸(あリンさん、Phosphorous acid)は、化学式がH3PO3の無機化合物である。リンのオキソ酸の一つで、他にはリン酸と次亜リン酸がある。還元されたリン化合物のみ語尾が"ous"となっている。酸無水物の加水分解によって合成される。 これはリン酸と五酸化二リンとの関係に似ている。.

新しい!!: 酸性酸化物と亜リン酸 · 続きを見る »

亜ヒ酸

亜ヒ酸(あヒさん、arsenous acid、arsenious acid)は、化学式がAs(OH)3の無機化合物である。水溶液中で生成することが知られており純物質は単離できないが、このことからAs(OH)3の重要性が損なわれることはない。 一般には、無水物に該当する三酸化二ヒ素のことを亜ヒ酸と呼ぶことが多い。.

新しい!!: 酸性酸化物と亜ヒ酸 · 続きを見る »

亜テルル酸

亜テルル酸(Tellurous acid)は、H2TeO3の化学式を持つ無機化合物である。テルル(IV)のオキソ酸である。化学式は、(HO)2TeOとも書ける。性質については良く分かっていないが、亜テルル酸は、二酸化テルルを水で加水分解することにより生成される。共役塩基は、亜テルル酸カリウム(KHTeO3)等のいくつかの塩の形で知られている。.

新しい!!: 酸性酸化物と亜テルル酸 · 続きを見る »

二クロム酸

二クロム酸(にクロムさん、dichromic acid)とは、示性式が H2Cr2O7 と表されるクロムのオキソ酸である。クロム酸が脱水縮合することで生成する。ナトリウムやカリウムなどの塩は試薬として用いられる。.

新しい!!: 酸性酸化物と二クロム酸 · 続きを見る »

亜セレン酸

亜セレン酸(あセレンさん、selenous acid)とは、セレンのオキソ酸の一種で、化学式 H2SeO3 と表される無機化合物。分子量 128.98、CAS登録番号は 。 二酸化セレンに温水を作用させ、冷却して得られる。遊離酸は結晶として単離が可能である。.

新しい!!: 酸性酸化物と亜セレン酸 · 続きを見る »

亜硝酸

亜硝酸(あしょうさん、nitrous acid)とは、窒素のオキソ酸のひとつで化学式 HNO2 で表される弱酸である。IUPAC命名法系統名はジオキソ硝酸 (dioxonitric(III) acid) である。遊離酸の状態では不安定で分解しやすい為、亜硝酸塩または亜硝酸エステル等の形で保存あるいは使用されることが多い。.

新しい!!: 酸性酸化物と亜硝酸 · 続きを見る »

亜硫酸

亜硫酸(ありゅうさん、sulfurous acid)は、化学式 H2SO3 で表される硫黄のオキソ酸で、二酸化硫黄の水溶液中に存在するとされる酸である。分子量 82 。酸性雨に含まれる物質の1つである。 遊離酸は不安定なため単離できない。古くは水溶液としては存在するとされていたが、ラマンスペクトルにおいて (HO)2SO という構造を持つ化合物が全く検出されないことから、実際には水溶液中での平衡は以下のようなものであると考えられている。 この反応の平衡定数は K1.

新しい!!: 酸性酸化物と亜硫酸 · 続きを見る »

二酸化テルル

二酸化テルル(にさんかテルル、Tellurium dioxide)はテルルの酸化物の1つで、化学式 TeO2 で表される化合物である。二つの多形があり、一般的なものは正方晶系のα型である。分子量159.61、CAS登録番号は7446-7-3。単体は黄色の結晶。 天然にはα型のパラテルル石(Paratellurite、正方晶系)もしくはβ型のテルル石(Tellurite、斜方晶系)、として産出する。.

新しい!!: 酸性酸化物と二酸化テルル · 続きを見る »

二酸化ケイ素

二酸化ケイ素(にさんかケイそ、silicon dioxide)はケイ素の酸化物で、地殻を形成する物質の一つとして重要である。組成式は。シリカ(silica)、無水ケイ酸とも呼ばれる。圧力、温度の条件により、石英(quartz、水晶)以外にもシリカ鉱物()の多様な結晶相(結晶多形)が存在する。.

新しい!!: 酸性酸化物と二酸化ケイ素 · 続きを見る »

二酸化セレン

二酸化セレン(にさんか–、selenium dioxide)はセレンの酸化物の一種で、化学式が SeO2 と表される無機化合物。無水亜セレン酸とも呼ばれる。CAS登録番号は 。.

新しい!!: 酸性酸化物と二酸化セレン · 続きを見る »

二酸化硫黄

二酸化硫黄(にさんかいおう、Sulfur Dioxide)は、化学式SO2の無機化合物である。刺激臭を有する気体で、別名亜硫酸ガス。化石燃料の燃焼などで大量に排出される硫黄酸化物の一種であり、きちんとした処理を行わない排出ガスは大気汚染や環境問題の一因となる。 二酸化硫黄は火山活動や工業活動により産出される。石炭や石油は多量の硫黄化合物を含んでおり、この硫黄化合物が燃焼することで発生する。火山活動でも発生する。二酸化硫黄は二酸化窒素などの存在下で酸化され硫酸となり、酸性雨の原因となる。.

新しい!!: 酸性酸化物と二酸化硫黄 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: 酸性酸化物と二酸化炭素 · 続きを見る »

五酸化二塩素

五酸化二塩素は、塩素の酸化物で、化学式Cl2O5で表される物質。塩素酸の酸無水物にあたる。.

新しい!!: 酸性酸化物と五酸化二塩素 · 続きを見る »

五酸化二リン

五酸化二リン(ごさんかにリン)はリンの酸化物である。組成式 P2O5 に由来する慣用名で呼ばれるが、分子の構造は十酸化四リン (P4O10) である。五酸化リンとも呼ばれる。.

新しい!!: 酸性酸化物と五酸化二リン · 続きを見る »

五酸化二ヒ素

五酸化二ヒ素(ごさんかにひそ、diarsenic pentoxide)は、化学式 As2O5 で表されるヒ素の酸化物である。ヒ素の化合物として産業上重要である。三酸化二ヒ素などの他のヒ素化合物と同様、強い毒性を持つ。.

新しい!!: 酸性酸化物と五酸化二ヒ素 · 続きを見る »

五酸化二窒素

五酸化二窒素(ごさんかにちっそ、dinitrogen pentoxide)は、化学式が N2O5 と表される窒素酸化物の一種。常温では無色で吸湿性のイオン結晶である。硝酸の酸無水物に当たり、無水硝酸(むすいしょうさん)とも呼ばれる。窒素の酸化状態は+5価である。 融点は 30 ℃、昇華点は 32.4 ℃ であり、気体では右の構造式に示すような分子状となる。45–50 ℃ で二酸化窒素と酸素に分解する。.

新しい!!: 酸性酸化物と五酸化二窒素 · 続きを見る »

リン酸

リン酸(リンさん、燐酸、phosphoric acid)は、リンのオキソ酸の一種で、化学式 H3PO4 の無機酸である。オルトリン酸(おるとりんさん、orthophosphoric acid)とも呼ばれる。リン酸骨格をもつ他の類似化合物群(ピロリン酸など)はリン酸類(リンさんるい、phosphoric acids)と呼ばれている。リン酸類に属する化合物を「リン酸」と略することがある。リン酸化物に水を反応させることで生成する。生化学の領域では、リン酸イオン溶液は無機リン酸 (Pi) と呼ばれ、ATP や DNA あるいは RNA の官能基として結合しているものを指す。.

新しい!!: 酸性酸化物とリン酸 · 続きを見る »

ヒ酸

ヒ酸(砒酸、ヒさん、)は、化学式 H3AsO4 で示される無色結晶で、ヒ素のオキソ酸の一種である。オルトヒ酸(オルトヒさん、orthoarsenic acid)とも呼ばれるが、他方メタヒ酸(メタヒさん、metaarsenic acid, HAsO3)に相当する分子は安定には存在しない。.

新しい!!: 酸性酸化物とヒ酸 · 続きを見る »

テルル酸

テルル酸(Telluric acid)は、Te(OH)6の化学式で表わされる化合物である。水溶液中で安定な白色固体である。結晶系は、菱面体晶と単斜晶の2つの形があるが、どちらも正八面体のTe(OH)6分子から構成される。テルル酸は、二価の弱酸で、強塩基との反応でテルル酸塩、弱塩基との反応やテルル酸塩の水による加水分解でテルル酸水素塩を形成するHolleman, A. F.; Wiberg, E. "Inorganic Chemistry" Academic Press: San Diego, 2001.

新しい!!: 酸性酸化物とテルル酸 · 続きを見る »

フッ化水素酸

フッ化水素酸(フッかすいそさん、Hydrofluoric acid)は、フッ化水素の水溶液である。俗にフッ酸と呼ばれ、工業的に重要であるが、触れると激しく体を腐食する危険な毒物としても知られる。.

新しい!!: 酸性酸化物とフッ化水素酸 · 続きを見る »

ホウ酸

ホウ酸(ホウさん、硼酸、Boric acid)もしくはオルトホウ酸は化学式H3BO3またはB(OH)3で表わされるホウ素のオキソ酸である。温泉などに多く含まれ、殺菌剤、殺虫剤、医薬品(眼科領域)、難燃剤、原子力発電におけるウランの核分裂反応の制御、そして他の化合物の合成に使われる。常温常圧では無色の結晶または白色粉末で、水溶液では弱い酸性を示す。ホウ酸の鉱物は硼酸石(サッソライト)と呼ばれる。メタホウ酸や四ホウ酸などホウ素のオキソ酸を総称してホウ酸と呼ばれることもある丸内 (2005) p.103。。.

新しい!!: 酸性酸化物とホウ酸 · 続きを見る »

クロム酸

ム酸(クロムさん、chromic acid)とは、化学式が H2CrO4 と表されるクロム(VI)のオキソ酸である。三酸化クロムに水が1分子付加したものに相当する。共役塩基のクロメートアニオン (chromate anion) CrO42− がナトリウムやカリウムなどと塩を作る。それぞれ、クロム酸ナトリウム Na2CrO4、またはクロム酸カリウム K2CrO4 として知られる6価のクロム化合物である。.

新しい!!: 酸性酸化物とクロム酸 · 続きを見る »

クロム酸塩

ム酸カリウム 二クロム酸カリウム クロム酸塩(クロムさんえん、)および二クロム酸塩(にクロムさんえん、)は、それぞれクロム酸と二クロム酸の塩のことである。クロム酸塩はクロム酸イオン、CrO42− を持ち、鮮やかな黄色を呈する。一方、二クロム酸塩は二クロム酸イオン、Cr2O72− を含み、鮮やかな橙色を呈する。.

新しい!!: 酸性酸化物とクロム酸塩 · 続きを見る »

ケイ酸塩

イ酸塩(ケイさんえん、珪酸塩、)は、1個または数個のケイ素原子を中心とし、電気陰性な配位子がこれを取り囲んだ構造を持つアニオンを含む化合物を指す。シリケートとも呼ばれる。この定義ではヘキサフルオロシリケート 2− などの化学種も含まれるが、一般的によく見られるケイ酸塩は酸素を配位子とするものである。ケイ酸塩アニオンは他のカチオンと結合し、電気的に中性な化合物を形成する。 シリカ(二酸化ケイ素) SiO2 はケイ酸塩の一種と考えられることもある。これはケイ素周りが負電荷を帯びないため、追加のカチオンを含まない特別な例である。シリカは石英やその多形などの鉱物として自然界に見られる。 ケイ酸塩の代表的な構造モデル ケイ酸塩鉱物に代表される大多数のケイ酸塩では、ケイ素原子は4個の酸素原子によって囲まれた四面体構造をとる。鉱物の種類によってこの四面体が連なる度合いは異なり、単独、対、クラスター、環状、鎖状、二本鎖状、層状、3次元網目状など多岐にわたる。ケイ酸塩鉱物はこのアニオン構造の違いによって分類される。 酸素原子周りの空間が少ないため、通常の圧力条件では6配位のケイ酸塩はまれにしか見られないが、 などにヘキサヒドロキシシリケートイオン 2− として含まれる。.

新しい!!: 酸性酸化物とケイ酸塩 · 続きを見る »

ケイ酸ナトリウム

イ酸ナトリウム(ケイさんナトリウム)は、通常はメタケイ酸のナトリウム塩 を言うが、その他に などがある。メタケイ酸ナトリウムは二酸化ケイ素を炭酸ナトリウムまたは水酸化ナトリウムと融解して得られる無色の結晶。水に可溶で、水溶液は加水分解されてアルカリ性を示す。 濃水溶液は水ガラスと言い、無臭だが酸味が強く刺激性を有する。粘膜を侵しびらん性があるため、誤飲に注意する必要がある。 水溶液はケミカルガーデンの実験に用いられる。.

新しい!!: 酸性酸化物とケイ酸ナトリウム · 続きを見る »

セレン酸

レン酸(セレンさん、selenic acid)は化学式H2SeO4で表されるセレンのオキソ酸の一種である。セレンを中心に4つの酸素原子が結合している。原子価殻電子対反発則により四面体構造を取ると予測される通り硫酸およびその塩と同型であることが確認されている。ガラスの脱色に用いる。セレン酸およびセレン酸塩は医薬用外毒物の指定を受ける。.

新しい!!: 酸性酸化物とセレン酸 · 続きを見る »

硝酸

硝酸(しょうさん、nitric acid)は窒素のオキソ酸で、化学式 HNO3 で表される。代表的な強酸の1つで、様々な金属と反応して塩を形成する。有機化合物のニトロ化に用いられる。硝酸は消防法第2条第7項及び別表第一第6類3号により危険物第6類に指定され、硝酸を 10 % 以上含有する溶液は医薬用外劇物にも指定されている。 濃硝酸に二酸化窒素、四酸化二窒素を溶かしたものは発煙硝酸、赤煙硝酸と呼ばれ、さらに強力な酸化力を持つ。その強力な酸化力を利用してロケットの酸化剤や推進剤として用いられる。.

新しい!!: 酸性酸化物と硝酸 · 続きを見る »

硫酸

硫酸(りゅうさん、sulfuric acid)は、化学式 H2SO4 で示される無色、酸性の液体で硫黄のオキソ酸の一種である。古くは緑礬油(りょくばんゆ)とも呼ばれた。化学薬品として最も大量に生産されている。.

新しい!!: 酸性酸化物と硫酸 · 続きを見る »

第14族元素

14族元素(だいじゅうよんぞくげんそ)とは周期表において第14族に属する元素の総称。炭素・ケイ素・ゲルマニウム・スズ・鉛・フレロビウムがこれに分類される。クリスタロゲン(起源についての出典は現在は散逸)炭素族元素、IV族元素(短周期表)、IVB族元素(CAS式)、IVA族元素(旧IUPAC式)、と呼ばれることもある。.

新しい!!: 酸性酸化物と第14族元素 · 続きを見る »

炭酸

炭酸(たんさん、)は、化学式 H2CO3 で表される炭素のオキソ酸であり弱酸の一種である。.

新しい!!: 酸性酸化物と炭酸 · 続きを見る »

炭酸塩

炭酸イオンの球棒モデル 炭酸塩(たんさんえん、)は、炭酸イオン(、CO32−)を含む化合物の総称である。英語の carbonate は炭酸塩と炭酸イオンの他、炭酸エステル、炭酸塩化、炭化、飲料などに炭酸を加える操作のことも指す。無機炭素化合物の一種で、炭酸塩の中には、生物にとって重要な物質である炭酸カルシウムや、産業にとって重要な炭酸ナトリウムなどがある。炭酸塩はアルカリ金属以外は水に溶けないものが多い。一般に加熱により二酸化炭素を発生して金属酸化物を生じる。 \rm CaCO_3 \quad \overset \quad CaO + CO_2.

新しい!!: 酸性酸化物と炭酸塩 · 続きを見る »

過塩素酸

過塩素酸(かえんそさん、perchloric acid)とは、塩素のオキソ酸の一種で、化学式 と表される過ハロゲン酸。水に溶けやすい無色の液体。酸化数7価の塩素に、ヒドロキシ基(-OH)1個とオキソ基(.

新しい!!: 酸性酸化物と過塩素酸 · 続きを見る »

過マンガン酸

過マンガン酸は、化学式HMnO4で表される物質。マンガンの酸化数は+7、また名称に、過とあるが、分子内に-O-O-結合は存在せず過酸ではない。遊離酸は、単離されていない。高濃度だと分解しやすい。.

新しい!!: 酸性酸化物と過マンガン酸 · 続きを見る »

過レニウム酸

過レニウム酸(かレニウムさん、perrhenic acid)は、化学式が Re2O7(OH2)2 と表されるレニウムの化合物である。酸化レニウム(VII) Re2O7 の水溶液を蒸発させることで得られる。慣例的に過レニウム酸は HReO4 の化学式をもつとされる。この化学種は、水あるいは蒸気中で酸化レニウム(VII)を昇華させることで生じる。Re2O7 の溶液を数か月放置すると、分解して HReO4•H2O の結晶が生じる。これは四面体形の ReO4- を含む。ほとんどの用途においては、過レニウム酸と酸化レニウム(VII)は相互に使用される。.

新しい!!: 酸性酸化物と過レニウム酸 · 続きを見る »

過テクネチウム酸

過テクネチウム酸(かテクネチウムさん、pertechnetic acid)は、化学式が HTcO4 と表されるテクネチウムのオキソ酸である。.

新しい!!: 酸性酸化物と過テクネチウム酸 · 続きを見る »

非金属元素

非金属元素(ひきんぞくげんそ、nonmetal)とは、金属元素以外の元素のこと。 元素のうち特定の性質(単体が光沢、導電性、延性・展性に富む、いわゆる金属結晶をつくる)を持つものを「金属(元素)」と呼んでおり、非金属元素とはそれ以外の元素である。 金属以外という定義上、非金属そのものを特徴づける性質は一概には言えないが、非金属元素は金属元素に比べて電子親和力が高い。このため、自由電子を放出して金属結晶を形作ることができない。.

新しい!!: 酸性酸化物と非金属元素 · 続きを見る »

金属元素

金属元素(きんぞくげんそ)は、金属の性質を示す元素のグループである。非典型元素という意味で使われる場合と、典型元素であっても金属の物性を示すものも含めて金属元素と呼称する場合とがある。前者は周期表の第1族~第12族元素がこれに当る。言い換えると、典型元素の金属も存在する。正式な取り決めは無いがMという略号で表される事が多い。 周期表の族により とも呼ばれている。 金属元素は金属としての物性を有する他に、非典型金属元素について言えば.

新しい!!: 酸性酸化物と金属元素 · 続きを見る »

酸(さん、acid)は化学において、塩基と対になってはたらく物質のこと。酸の一般的な使用例としては、酢酸(酢に3〜5%程度含有)、硫酸(自動車のバッテリーの電解液に使用)、酒石酸(ベーキングに使用する)などがある。これら三つの例が示すように、酸は溶液、液体、固体であることができる。さらに塩化水素などのように、気体の状態でも酸であることができる。 一般に、プロトン (H+) を与える、または電子対を受け取る化学種。化学の歴史の中で、概念の拡大をともないながら定義が考え直されてきたことで、何種類かの酸の定義が存在する。 酸としてはたらく性質を酸性(さんせい)という。一般に酸の強さは酸性度定数 Ka またはその負の常用対数 によって定量的に表される。 酸や塩基の定義は相対的な概念であるため、ある系で酸である物質が、別の系では塩基としてはたらくことも珍しくはない。例えば水は、アンモニアに対しては、プロトンを与えるブレンステッド酸として作用するが、塩化水素に対しては、プロトンを受け取るブレンステッド塩基として振る舞う。 酸解離定数の大きい酸を強酸、小さい酸を弱酸と呼ぶ。さらに、100%硫酸より酸性の強い酸性媒体のことを、特に超酸(超強酸)と呼ぶことがある。 「—酸」と呼ばれる化合物には、酸味を呈し、その水溶液のpHは7より小さいものが多い。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸 · 続きを見る »

酸化レニウム(VII)

酸化レニウム(VII)(さんかレニウム なな、rhenium(VII) oxide)は、化学式が Re2O7 と表されるレニウムの酸化物である。気相の過レニウム酸 HReO4 の酸無水物だが、固相の過レニウム酸 Re2O7•2H2O とも構造上密接に関係している。固相の Re2O7 は複数のレニウム中心をもつ特異な重合体で、各レニウム中心は四面体形構造をとる。気相の Re2O7 は分子だが、1対の頂点を共有する ReO4 四面体から成り立っている。 酸化触媒メチルトリオキソレニウム(VII)の前駆体である。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化レニウム(VII) · 続きを見る »

酸化テクネチウム(VII)

酸化テクネチウム(VII)(さんかテクネチウム なな、technetium(VII) oxide)は、化学式が Tc2O7 と表されるテクネチウムの酸化物である。この揮発性の黄色固体は、珍しい分子性の二元金属酸化物の例で、この他には RuO4、OsO4、不安定な Mn2O7 がある。末端、架橋 Tc-O 結合距離はそれぞれ167 pmと184 pmで、Tc-O-Tc 角が180度の、中心対称な頂点共有二四面体構造をとっている。 酸化テクネチウム(VII)は450〜500 でテクネチウムを酸化することによって得られる。 これは無水過テクネチウム酸や過テクネチウム酸ナトリウムの前駆体である。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化テクネチウム(VII) · 続きを見る »

酸化ホウ素

酸化ホウ素(さんかホウそ、Boron trioxide)は化学式がB2O3と表されるホウ素の酸化物である。白色のガラス質の固体である。不定形のガラス体として見つかることが多い。結晶化する際には、広範囲に焼きなましをする必要があり、結晶化が最も難しい物質の1つである。 ガラス質の酸化ホウ素(α-B2O3)は、交互にホウ素原子と酸素原子が結合した六員環からなると考えられている。大部分はリボンやシート状に重合する。結晶構造はBO3を単位分子として構成され、水晶の3分の1ほどの硬さである。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化ホウ素 · 続きを見る »

酸化クロム(VI)

酸化クロム(VI)(さんかクロム ろく、chromium(VI) oxide)または三酸化クロム(さんさんかクロム、chromium trioxide)は、化学式 CrO3 で表される無機化合物である。クロム酸の酸無水物で、同名で市販されることもある。この化合物は暗い赤色から橙褐色の固体で、加水分解を伴って水に溶ける。主に電気めっき用に毎年数百万kgが生産されているGerd Anger, Jost Halstenberg, Klaus Hochgeschwender, Christoph Scherhag, Ulrich Korallus, Herbert Knopf, Peter Schmidt, Manfred Ohlinge.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化クロム(VI) · 続きを見る »

酸化スズ(IV)

酸化スズ(IV)(さんかスズ よん、tin(IV) oxide)、または二酸化スズ(にさんかスズ、tin dioxide)(古くは酸化第二スズとも)は、化学式SnO2で表されるスズの酸化物である。スズは複数の価数を持つ金属なので、酸化スズ(IV)とし、系統的な命名法では二酸化スズとはしない。 酸化スズ(IV)の鉱物は錫石といい、スズの鉱石鉱物である。多くの別名があり、スズの化学における最も重要な原料である。外観は無色の粉末。反磁性をもつ。両性酸化物である。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化スズ(IV) · 続きを見る »

酸化数

酸化数(さんかすう、英: Oxidation number)とは、対象原子の電子密度が、単体であるときと比較してどの程度かを知る目安の値である。1938年に米国のウェンデル・ラティマー (Wendell Mitchell Latimer) が考案した。 酸化とはある原子が電子を失うことであるから、単体であったときより電子密度が低くなっている。それに対して還元とはある原子が電子を得ることであるから、単体であったときより電子密度が高くなっている。 ある原子が酸化状態にある場合、酸化数は正の値をとり、その値が大きいほど電子不足の状態にあることを示す。逆に還元状態にある場合には負の数値をとり、その値が大きいほど電子過剰の状態にあることを示す。 酸化数はローマ数字で記述するのが通例である。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸化数 · 続きを見る »

酸無水物

酸無水物(さんむすいぶつ)とは、オキソ酸2分子が脱水縮合した化合物の総称。単に酸無水物といった場合にはカルボン酸無水物を指すことが多い。カルボン酸のような有機酸だけでなく、硫酸、硝酸、リン酸といった無機酸も酸無水物を形成する。.

新しい!!: 酸性酸化物と酸無水物 · 続きを見る »

次亜塩素酸

次亜塩素酸(じあえんそさん、hypochlorous acid)は塩素のオキソ酸の1つで、塩素の酸化数は+1である。組成式では HClO と表されるが、水素原子と塩素原子が酸素原子に結合した構造 H-O-Cl を持つ。不安定な物質であり、水溶液中で徐々に分解する。次亜塩素酸および次亜塩素酸の塩類は酸化剤、漂白剤、外用殺菌剤、消毒剤として利用される。.

新しい!!: 酸性酸化物と次亜塩素酸 · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: 酸性酸化物と水 · 続きを見る »

水酸化ナトリウム

水酸化ナトリウム(すいさんかナトリウム、sodium hydroxide)は化学式 NaOH で表される無機化合物で、ナトリウムの水酸化物であり、常温常圧ではナトリウムイオンと水酸化物イオンからなるイオン結晶である。苛性ソーダ(かせいソーダ、caustic soda)と呼ばれることも多い。 強塩基(アルカリ)として広汎かつ大規模に用いられ、工業的に非常に重要な基礎化学品の1つである。毒物及び劇物取締法により原体および5 %を超える製剤が劇物に指定されている。.

新しい!!: 酸性酸化物と水酸化ナトリウム · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »