ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

連合国 (第二次世界大戦)

索引 連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

315 関係: まやかし戦争同君連合多国籍軍大韓民国大韓民国臨時政府大西洋大西洋憲章大東亜戦争大日本帝国大日本帝国海軍太平洋戦争外交フォーラム外務省宣戦布告宥和政策小協商中公文庫中立法中華民国中華民国の歴史亡命政府広島市への原子爆弾投下五大国代理戦争地中海の戦い (第二次世界大戦)北岡伸一北アフリカ戦線ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体ナチス・ドイツのフランス侵攻ペルーミュンヘン会談ミッドウェー海戦ミズーリ (戦艦)マリアナ諸島マリアナ沖海戦ノルマンディー上陸作戦ノルウェーノルウェーの戦いマルタ会談 (1945年)マレー作戦マーケット・ガーデン作戦マクシム・リトヴィノフチェトニックチェコスロバキアチェコスロバキア亡命政府ネパールハンガリーハイレ・セラシエ1世ハスキー作戦バルト諸国占領...バルジの戦いバトル・オブ・ブリテンバクーバグラチオン作戦バストーニュの戦いポーランド亡命政府ポーランド侵攻ポーランド回廊ポーランド国民解放委員会ポーランド第二共和国ポール・レノーポツダム協定ポツダム宣言ポツダム会談メルセルケビール海戦モンロー主義モンゴル人民共和国モーリス・ガムランモーゲンソー・プランヤルタヤルタ会談ユーゴスラビア侵攻ユーゴスラビア王国ユーゴスラビア社会主義連邦共和国ヨシフ・スターリンラップランド戦争ラトビアライン川ラインラント進駐リトアニアリスボンルーマニアルーマニア王国ルーマニア革命 (1944年)ルール地方ルクセンブルクレンネル島沖海戦レンドリース法レイテ沖海戦レオポルド3世 (ベルギー王)ローマロカルノ条約ロシアロシア連邦軍ワルシャワ蜂起ワシントンD.C.ヴャチェスラフ・モロトフヴィットーリオ・エマヌエーレ3世ヴィドクン・クヴィスリングヴィシー政権ヴェーザー演習作戦ヴォルゴグラードトーチ作戦トゥヴァ人民共和国ブルガリアブルガリア王国 (近代)ブレトン・ウッズ協定ブーゲンビル島の戦いプラハの戦いプレスコードパラグアイパリパリの解放パリ条約 (1947年)パルチザン (ユーゴスラビア)パーセンテージ協定パフラヴィー朝テヘラン会談デンマークフランクリン・ルーズベルトフランスフランス共和国臨時政府フランソワ・ダルランフレンスブルク政府フィリップ・ペタンフィリピンの戦い (1941-1942年)フィリピンの戦い (1944-1945年)フィリピン・コモンウェルスフィレンツェフィンランドドレスデンドワイト・D・アイゼンハワードイツ・ポーランド不可侵条約ドイツ再統一ドイツ再軍備宣言ドイツ国ドイツ国防軍ドイツ駐留ソ連軍ドイツ民主共和国ドイツ最終規定条約ニュルンベルク裁判ニューファンドランド (ドミニオン)ニュージョージア島の戦いホーコン7世ダンバートン・オークス会議ダンケルクダンケルクの戦いダイナモ作戦ベルリンの戦いベルリン封鎖ベルギーベニート・ムッソリーニ分断国家アメリカ合衆国アメリカ本土空襲アルバニア社会主義人民共和国アルトマルク (船)アルトマルク号事件アルプス国家要塞アルカディア会談アルジェリアアントニオ・サラザールアーヘンアッツ島沖海戦アブドゥル=イラーフアドルフ・ヒトラーの死アイスランド侵攻アイスランド王国アシカ作戦アゾレス諸島イラン進駐 (1941年)イラク王国インパール作戦イギリスイギリス領インド帝国イギリス連邦イギリス海外派遣軍イタリアの降伏イタリア王国イタリア社会共和国イタリア領東アフリカウィンストン・チャーチルウクライナ・ソビエト社会主義共和国エチオピア帝国エルヴィン・ロンメルエル・アラメインの戦いエルベの誓いエルベ川エドゥアール・ダラディエエジプト王国エストニアオランダオランダにおける戦い (1940年)オランダ領東インドオーストラリアオーストリアオスロカール・デーニッツカティンの森事件カイロ宣言カサブランカ会談ギリシャギリシャの戦いギリシャ・イタリア戦争ギリシャ内戦クリミア半島クレメント・アトリークレタ島の戦いクロアチア独立国グリーンランドコロンバンガラ島沖海戦コーカサスシチリアシャルル・ド・ゴールシンガポールジャワ沖海戦スモレンスクスロバキア共和国 (1939年-1945年)スウェーデンスターリングラード攻防戦セイロン沖海戦ソビエト連邦ソ連占領地域ソ連対日参戦ソ連対日宣戦布告ソ連崩壊サイパン島冬戦争冷戦児島襄元帥 (ドイツ)国家社会主義ドイツ労働者党国内軍 (ポーランド)国際復興開発銀行国際通貨基金国際連合国際連合安全保障理事会国際連合安全保障理事会常任理事国国際連盟四人の警察官構想硫黄島の戦い空襲第2回ケベック会談第6軍 (ドイツ軍)第一次世界大戦第一次アキャブ作戦第二次上海事変第二次世界大戦第二次世界大戦の会談・会議第二次アキャブ作戦継承国真珠湾攻撃炉辺談話無条件降伏独ソ不可侵条約独ソ戦白ロシア・ソビエト社会主義共和国隔離演説西ドイツ西ベルリン西部戦線 (第二次世界大戦)航空母艦防共協定蒋介石自由フランス自由都市ダンツィヒ自治領長崎市への原子爆弾投下英葡永久同盟連合参謀本部連合国 (第一次世界大戦)連合国共同宣言連合国遠征軍最高司令部連合国軍占領下の日本連合国軍最高司令官総司令部連合軍軍政期 (ドイツ)連合軍軍政期 (オーストリア)連合軍軍政期 (朝鮮史)枢軸国東プロイセン村瀬興雄極東国際軍事裁判欧州戦線における終戦 (第二次世界大戦)沖縄戦満州事変朝鮮民主主義人民共和国朝鮮戦争戦犯春の目覚め作戦文春文庫日中戦争日独伊三国同盟日本の降伏日本の降伏文書日本国との平和条約支那事変拒否権10月22日1931年1933年1936年1941年1948年1949年1950年1951年1952年1955年1994年4月28日4月29日6月22日6月25日8月31日9月8日 インデックスを展開 (265 もっと) »

まやかし戦争

ワルシャワの駐波イギリス大使館前で行われた、イギリスの対独宣戦布告を歓迎するデモ行進 まやかし戦争(まやかしせんそう、Phoney War:フォウニー・ウォー)は、第二次世界大戦初期における西部戦線のことを意味する。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻の後、1940年5月のドイツ軍のフランス侵攻まで、ドイツとフランス・イギリスは戦争状態にあったにもかかわらず、陸上戦闘が皆無に近い状態であったためで、いかさま戦争とも言う。ドイツでは座り込み戦争(Sitzkrieg :ジッツクリーク)、フランスでは奇妙な戦争(Drôle de guerre :ドロール・ドゥ・ゲール)と呼ばれていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とまやかし戦争 · 続きを見る »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と同君連合 · 続きを見る »

多国籍軍

多国籍軍(たこくせきぐん、Coalition forces, Multinational force)は、多国籍で構成された軍隊のこと。 確立された詳細な定義はないが、国際連合安全保障理事会決議などの国際合意に基づき各国が各々の裁量・責任において各種活動のために派遣した軍のこととされている。国際連合憲章で規定された国連軍とは異なる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と多国籍軍 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大韓民国 · 続きを見る »

大韓民国臨時政府

大韓民国臨時政府(だいかんみんこくりんじせいふ、韓国語ハングル表記:대한민국 임시정부、朝鮮語チョソングル表記:상해림시정부)は、1919年(大正8年)の日本統治時代の朝鮮で起こった三・一運動後、海外で朝鮮の独立運動を進めていた活動家李承晩・呂運亨・金九らによって、中華民国の上海市で結成された朝鮮(韓国)の独立運動組織である。 日中戦争勃発後は所在地を上海から重慶に移した。たえまない党派間の対立と連合を続けていたため、蒋介石や中国国民党が党派間の融和ために指導を行っていた抗日戦争期における韓国臨時政府の政治活動と中国国民政府 権寧 俊 。(ただし、中国の抗日戦争記念館では光復軍は中国共産党の支援を得て重慶に設立されたとされている。) 第二次世界大戦の終戦後、アメリカや他の連合国諸国は大韓民国臨時政府がポーランド亡命政府のように第二次世界大戦で貢献をしていないことから、何かしらの地位を与えることを故意に控えるなど、国際的な承認が得られることはなかった。 大韓民国の現行憲法の前文には「大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と「4・19民主理念」を継承すると書かれており、大韓民国臨時政府を現・大韓民国の前身と位置づけている。なお、朝鮮民主主義人民共和国では「愛国同胞」から多くの金品を集めて腐敗堕落した生活を送り、金日成が組織した抗日武装闘争を妨害する集団と位置付けられる。 韓国政府は、2018年4月13日の臨時政府樹立99周年記念式典において、現在4月13日とされている臨時政府樹立日を、国号と臨時憲章を制定し内閣を構成した4月11日に変更することを明らかにした。法改正を経て、100周年となる来年より変更される予定である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大韓民国臨時政府 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大西洋 · 続きを見る »

大西洋憲章

戦艦上のローズヴェルトとチャーチル 大西洋憲章(たいせいようけんしょう、Atlantic Charter)は、1941年8月9日から12日に行われた大西洋会談において、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトと、イギリス首相のウィンストン・チャーチルによって調印された憲章である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大西洋憲章 · 続きを見る »

大東亜戦争

開戦翌年の1942年(昭和17年)に日本政府が発行した「大東亜戦争国庫債券」(戦争国債)。戦後のインフレーションによりほぼ無価値となった。 「大東亜戦争第一周年記念」として日本勧業銀行(現:みずほ銀行)が販売した「戦時報国債券」 大東亜戦争(だいとうあせんそう、、Greater East Asia War)は、大日本帝国と、イギリスやアメリカ合衆国、オランダ、中華民国、オーストラリアなどの連合国との間に発生した戦争に対する呼称。1941年(昭和16年)12月12日に東條内閣が、支那事変(日中戦争)も含めて「大東亜戦争」とすると閣議決定した。 「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指す」、という理念と構想を元に始まった大東亜戦争が、アジアの植民地の宗主国を中心に構成された連合国側にとっては都合が悪かったため、終戦後にはGHQによって「戦時用語」として使用が禁止され、「太平洋戦争」などの語がかわって用いられた。GHQの指定は現在では失効しているが、1960年頃から一種のタブー扱いとされメディアでの使用は控えられている。一方で、「連合国軍の都合で一方的に使用が止められた『大東亜戦争』の用語を用いるべきである」とする主張も存在し、歴史認識問題などでこの戦争の呼称については議論が多数なされている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大東亜戦争 · 続きを見る »

大日本帝国

大日本帝国(だいにっぽんていこく、だいにほんていこく、大日本帝國)は、日本国の国号の一つ。江戸時代末期に外交文書に使用され始め、1946年頃まで公式に使用された。なお、「大日本帝国」と定めた法律は存在しないため、日本の通称または大日本帝国憲法下の日本の通称の一つとして扱われる。 一般には1889年(明治22年)の大日本帝国憲法発布時に憲法典の名称として使用されたことから権威づけられ、1947年(昭和22年)の日本国憲法施行時までの約58年間、天皇が大日本帝国憲法を通じて統治する日本として使用された国号のひとつとされる。最盛時には現在の日本の領土に加え、南樺太・千島列島・朝鮮半島・台湾・澎湖列島・新南群島などを領有していた他、北東アジアや太平洋にいくつかの委任統治領や租借地を保有した。 以下は国号としての大日本帝国を解説し、また大日本帝国憲法下の日本について記述する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大日本帝国 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と大日本帝国海軍 · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と太平洋戦争 · 続きを見る »

外交フォーラム

『外交フォーラム』(がいこうフォーラム)は、都市出版株式会社が発行していた外交専門の月刊誌である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と外交フォーラム · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と外務省 · 続きを見る »

宣戦布告

宣戦布告(せんせんふこく、declaration of war)とは、紛争当事者である国家が相手国に対して戦争行為(hostilities) を開始する意思を表明する宣言である。開戦宣言、戦争宣言とも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と宣戦布告 · 続きを見る »

宥和政策

宥和政策(ゆうわせいさく、Appeasement)とは、戦争に対する恐れ、倫理的な信念、あるいは実用主義などに基づいた戦略的な外交スタイルの一つの形式で、敵対国の主張に対して、相手の意図をある程度尊重する事によって問題の解決を図ろうとすること。宥和主義(ゆうわしゅぎ)とも。危機管理においては、抑止の反対概念として理解される。「宥」が常用漢字でないため、融和政策と表記されることがあるが、本来は別の意味である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と宥和政策 · 続きを見る »

小協商

小協商(しょうきょうしょう、英語:Little Entente)とは、第一次世界大戦後にチェコスロバキア、ユーゴスラビア王国、ルーマニア王国の間で成立した同盟関係(協商)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と小協商 · 続きを見る »

中公文庫

中公文庫(ちゅうこうぶんこ)は、株式会社中央公論新社(読売新聞グループ)が発行している文庫レーベル。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と中公文庫 · 続きを見る »

中立法

中立法(ちゅうりつほう、Neutrality Act)は、1935年にアメリカで制定された法律。大統領が戦争状態にある国が存在していること、または内乱状態にある国が存在していることを宣言した場合には、その国に対して武器や軍需物質の輸出を禁じるというものである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と中立法 · 続きを見る »

中華民国

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。 アジアで2番目の共和国として1912年に中国大陸で成立し、国共内戦により中国大陸で中華人民共和国が建国された1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群など(自由地区)のみを実効支配する海洋国家となった。自由地区は、日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。 議会制民主主義・資本主義体制国であり、1971年までは国際連合安全保障理事会常任理事国として国際社会に大きな影響を与えていた。しかし国連の代表権問題や一つの中国政策により、中華人民共和国が中華民国を国家承認しないように要求しているため、2018年5月24日現在では中華民国を正式に国家として承認している国は18か国に留まる。上記の経緯があるため以前の国交を結んでいた国々を中心に、日本を含めて多くの国々と活発な経済的文化的な交流が行われている。台湾島及びその周辺島嶼群を含む地域名である台湾(たいわん)と表記されるのが一般的である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と中華民国 · 続きを見る »

中華民国の歴史

中華民国の歴史(ちゅうかみんこくのれきし)では、1912年に中国に樹立されたアジア二番目の共和制国家である中華民国の歴史を記述する。なお、本稿の記述は中華民国が中国大陸を支配していた1949年10月1日までの歴史である。 台北遷都後(1949年10月1日 - 現在)の中華民国の歴史については、「中華民国」と「台湾の歴史#中華民国統治時代(1945年 - 現在)」をそれぞれ参照すること。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と中華民国の歴史 · 続きを見る »

亡命政府

亡命政府(ぼうめいせいふ)とは、クーデターや他国による占領などでその国の政治から排除された元首または国民などが、外国に脱出してその地で組織する政府組織。通常は転覆された政権のメンバーが中心となって亡命先で結成し自らの正統性を主張しているものを呼ぶ。いくつかの国家の支持・支援を受けている場合もある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と亡命政府 · 続きを見る »

広島市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と広島市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

五大国

五大国(ごたいこく)は、ある範囲(通常は全世界だが例外もあり)を政治経済・軍事の両面でリードする5つの大国のことである。五大国の内訳は時代によって変化してきた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と五大国 · 続きを見る »

代理戦争

代理戦争(だいりせんそう、Proxy war)とは、主体が直接的に戦争に関与することなく、その他の主体を当事者として戦わせる戦争を言う。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と代理戦争 · 続きを見る »

地中海の戦い (第二次世界大戦)

地中海の戦い(ちちゅうかいのたたかい、英:Mediterranean theatre)は、第二次世界大戦中、1940年6月10日のイタリア王国の連合国への宣戦布告から1945年5月2日のドイツ・イタリア方面軍の降伏まで続いた、地中海全域の海域・島嶼・沿岸で繰り広げた一連の陸戦・海戦・空戦のこと。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と地中海の戦い (第二次世界大戦) · 続きを見る »

北岡伸一

北岡 伸一(きたおか しんいち、1948年(昭和23年)4月20日 - )は、日本の政治学者・歴史学者。国際協力機構(JICA)理事長。政策研究大学院大学客員教授、東京大学名誉教授、法学博士(東京大学、1976年)。元国連次席大使(2004年4月から2006年8月まで)。前国際大学学長。専門は日本政治外交史。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と北岡伸一 · 続きを見る »

北アフリカ戦線

北アフリカ戦線(きたアフリカせんせん)は、第二次世界大戦において1940年9月のイタリア軍によるエジプト侵攻から、1943年5月のにより、枢軸国軍の壊滅・ヨーロッパ本土撤退までを指す。エジプトからモロッコまで、北アフリカ北岸で行われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と北アフリカ戦線 · 続きを見る »

ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体

ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体では、第二次世界大戦開戦前(1938年 - 1939年)において、中欧のチェコスロバキアが国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)政権下のドイツ(ナチス・ドイツ)の主導のもとに、ドイツ、ハンガリー、ポーランドによって領土を奪われ、さらにドイツの策動によって激化した独立運動によりスロバキアが独立し、国家としてのチェコスロバキアが解体される過程を記述する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体 · 続きを見る »

ナチス・ドイツのフランス侵攻

フランスを侵攻するI号戦車とII号戦車 ルノーB1重戦車。機甲師団を持つドイツに各地で撃破された マンシュタインの侵攻計画 ナチス・ドイツのフランス侵攻(ナチス・ドイツのフランスしんこう)は、第二次世界大戦中の1940年5月に発生したドイツ軍をはじめとする枢軸国軍と連合国軍とのベネルクス三国・フランス北部での戦闘である。ドイツ軍の電撃戦が最も成功を収めた例と考えられている。フランスの戦い(Bataille de France)、西方戦役(Westfeldzuge)とも呼ばれる。ドイツ側の作戦名は第1フェイズ(ベネルクス三国、フランス北部侵攻)が黄色作戦(Fall Gelb、ファル・ゲルプ)、第2フェイズ(フランス本国侵攻)が赤色作戦(Fall Rot、ファル・ロート)である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とナチス・ドイツのフランス侵攻 · 続きを見る »

ペルー

ペルー共和国(ペルーきょうわこく、、、)、通称ペルーは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接し、西は太平洋に面する。首都はリマ。 紀元前から多くの古代文明が栄えており、16世紀までは当時の世界で最大級の帝国だったインカ帝国(タワンティン・スウユ)の中心地だった。その後スペインに征服された植民地時代にペルー副王領の中心地となり、独立後は大統領制の共和国となっている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とペルー · 続きを見る »

ミュンヘン会談

会談を終え帰英したイギリス首相ネヴィル・チェンバレンヘストン空港でのスピーチ ミュンヘン会談(ミュンヘンかいだん)とは、1938年9月29日から30日にかけて、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題を解決するためにドイツのミュンヘンにおいて開催された国際会議。イギリス、フランス、イタリア、ドイツの首脳が出席した。ドイツ系住民が多数を占めていたズデーテンのドイツ帰属を主張したドイツのアドルフ・ヒトラー総統に対して、イギリスおよびフランス政府は、これ以上の領土要求を行わないとの約束をヒトラーと交わす代償としてヒトラーの要求を全面的に認めることになった。1938年9月29日付けで署名されたこのミュンヘン協定は、後年になり第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型とされ、一般には強く批判されることが多い。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とミュンヘン会談 · 続きを見る »

ミッドウェー海戦

ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん; Battle of Midway)は、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)6月5日(アメリカ標準時では6月4日)~7日(6月3日から5日とする場合もある)、ミッドウェー島付近での海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生、日本海軍の機動部隊と米国の機動部隊及び同島基地航空部隊との航空戦の結果、日本海軍は航空母艦4隻とその艦載機多数を一挙に喪失する大損害を被り、この戦争における主導権を失った。ミッドウェー海戦はMI作戦の一部であり、この敗北で同作戦は中止された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とミッドウェー海戦 · 続きを見る »

ミズーリ (戦艦)

ミズーリ(USS Missouri, BB-63)は、アメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦の3番艦。艦名はアメリカ合衆国24番目の州に因む。その名を持つ艦としては4隻目。当時の大統領であるハリー・S・トルーマンの出身のミズーリ州に因んでミズーリが選定された。太平洋戦争での日本の降伏調印式場となった。1999年からは、ハワイ州パールハーバーで記念艦として保存されている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とミズーリ (戦艦) · 続きを見る »

マリアナ諸島

マリアナ諸島の島々(地図タイトルは北マリアナ諸島だが諸島全体が描かれている) マリアナ諸島の位置 マリアナ諸島(マリアナしょとう、Islas Mariånas, Mariana Islands)は、ミクロネシア北西部の列島。東の北西太平洋と西のフィリピン海の境界に位置し、北には小笠原諸島、南にはカロリン諸島、東にはマリアナ海溝がある。南北約800キロメートルに連なる約15の島から構成され、北緯13度から21度、東経144度から146度の間に弧状に広がっている。 南端のグアム島を除く島々を北マリアナ諸島、サイパン島より北の島々を北部諸島(Northern Mariana Islands)と呼ぶ。 全域がアメリカ合衆国領であるが、グアム島と北マリアナ諸島は別の行政区画である。両者とも「(広義の)準州 (territory) 」とされる自治的未編入地域であるが、単なる「(狭義の)準州」にとどまるグアムと異なり、北マリアナ諸島は米国自治連邦区(コモンウェルス)の地位を与えられている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマリアナ諸島 · 続きを見る »

マリアナ沖海戦

マリアナ沖海戦(マリアナおきかいせん)は、太平洋戦争においてあ号作戦として1944年6月19日から6月20日にかけてマリアナ諸島沖とパラオ諸島沖で行われた日本海軍とアメリカ海軍空母機動部隊の海戦。アメリカ軍側の呼称はフィリピン海海戦(Battle of the Philippine Sea)である。アメリカ側の作戦名は、海上作戦を含むサイパン島攻略作戦全体についてフォレージャー作戦(「掠奪者作戦」の意味)と命名されていた。 マリアナ諸島に侵攻するアメリカ軍を日本軍が迎撃した本作戦では、日本はアウトレンジ戦法による航空作戦を行うが、アメリカから「マリアナの七面鳥撃ち(Great Marianas Turkey Shoot)」と揶揄されるほどの一方的な敗北となり、日本海軍は空母3隻と搭載機のほぼ全てに加えて出撃潜水艦の多くも失う壊滅的敗北を喫し、空母部隊による戦闘能力を喪失した。マリアナ諸島の大半はアメリカ軍が占領することとなり、西太平洋の制海権と制空権は完全にアメリカの手に陥ちた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマリアナ沖海戦 · 続きを見る »

ノルマンディー上陸作戦

ノルマンディー上陸作戦(ノルマンディーじょうりくさくせん、Invasion of Normandy)は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。正式作戦名「ネプチューン作戦」(Operation Neptune)。なお上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーヴァーロード作戦(Operation Overlord)。 最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸した。2018年現在に至るまで歴史上最大規模の上陸作戦である。 本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。 ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つでもある。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とノルマンディー上陸作戦 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とノルウェー · 続きを見る »

ノルウェーの戦い

ノルウェーの戦いは、第二次世界大戦中、ドイツ軍によるデンマーク・ノルウェー侵攻(ヴェーザー演習作戦)後に、ドイツ軍と連合国軍との間でノルウェーで行われた戦い。イギリスとフランスはノルウェー援護のため遠征部隊を派遣した。一定の成功は収めたが、ドイツ軍によるフランス侵攻の結果、連合国軍は撤退を余儀なくされ、ノルウェー政府もロンドンへ逃れた。そして、戦いはドイツによるノルウェー占領という結果に終わった。戦闘は4月9日から6月10日まで続いた。ノルウェーは、ソ連を除けばドイツ軍の侵攻に最も長く抵抗した国であった。 ドイツ軍がノルウェーに侵攻した大きな理由は、スウェーデンの鉄鉱石であった。ドイツは、冬季は主にノルウェーのナルヴィクから船で運ばれるスウェーデン産の鉄鉱石に依存していたからである。その航路の安全を確保できれば、ドイツは戦争遂行に必要な鉄鉱石をより容易に手に入れることが出来るのであった。加えて、両陣営にとってノルウェー侵攻の成功は、第一次世界大戦の時ような大規模な塹壕戦を行うことなく相手に打撃を与えられる可能性があった。大西洋の戦いにおいて、ノルウェーはドイツにとって戦術上重要な場所であった。ノルウェーの航空基地からはドイツの偵察機は北大西洋上空を遠くまで活動でき、またノルウェーから出撃するUボートや水上戦闘艦は北海のイギリスの封鎖線を破りイギリスへ向かう船団を攻撃することが可能であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とノルウェーの戦い · 続きを見る »

マルタ会談 (1945年)

1945年のマルタ会談(英:Malta Conference)は、第二次世界大戦末期の1945年1月30日から2月3日まで、アメリカ合衆国のフランクリン・ルーズベルト大統領とイギリスのウィンストン・チャーチル首相の間でマルタ島で行われた会談である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマルタ会談 (1945年) · 続きを見る »

マレー作戦

マレー作戦(マレーさくせん、馬来作戦、日本側作戦名「E作戦」)は、太平洋戦争(大東亜戦争)序盤における日本軍のイギリス領マレーおよびシンガポールへの進攻作戦である。 太平洋戦争(大東亜戦争)における最初の作戦である(つまり、「真珠湾攻撃により太平洋戦争が始まった」という一部の記事にある記述は誤りである)。世界史的には、本攻撃によって第二次世界大戦はヨーロッパやアフリカのみならずアジア太平洋を含む地球規模の戦争へと拡大した。 1941年12月8日にマレー半島北端に奇襲上陸した日本軍は、イギリス軍と戦闘を交えながら55日間で1,100キロを進撃し、1942年1月31日に半島南端のジョホール・バル市に突入した。これは世界の戦史上まれに見る快進撃であった。作戦は大本営の期待を上回る成功を収め、日本軍の南方作戦は順調なスタートを切った。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマレー作戦 · 続きを見る »

マーケット・ガーデン作戦

C-47の隊列 マーケット・ガーデン作戦(マーケット・ガーデンさくせん、Operation Market Garden)は、第二次世界大戦中の1944年9月に行われた連合国軍の作戦。 連合軍がドイツ国内へ進撃する上で大きな障害となるオランダ国内の複数の河川を越えるために、空挺部隊を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。またこれは、同時にオランダの港湾施設を使用可能状態にして、補給線が伸びきっていた連合軍の兵站問題を解決する上で重要な作戦でもあった。 連合軍は途中のナイメーヘンのライン橋の占領までは成功したものの、空挺降下計画の稚拙さと強引さ、補給の途絶など悪条件が重なり、損害が予想以上に拡大した。作戦の最終到達点であったアーネム(アルンヘム)の最後の橋は、イギリス軍の第1空挺師団が壊滅するなどしたために確保できず、作戦は失敗に終わった。 ノルマンディー戦以後、負け無しの進軍を続けていた連合軍は、このつまずきによって進軍速度を大幅に落とすことになった。兵站問題を強引に解決するための性急な作戦だった上に、空挺降下地点であるアルンヘム周辺に、ドイツ軍の有力な実戦部隊である第9SS装甲師団や第1降下猟兵軍などが一時駐留していたという不運も重なった。対するドイツ軍も連合軍の空挺降下を予想してはいたが、初期の混乱などから十全に対処できたとは言い難く、連合軍の不手際に助けられて辛うじて撃退できたと言える。本作戦で連合軍は最終目標こそ達成できなかったが、スヘルデ川北岸地域に至る重要なルートを確保し、スヘルデの戦いの成功に繋がった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマーケット・ガーデン作戦 · 続きを見る »

マクシム・リトヴィノフ

マクシム・マクシモーヴィッチ・リトヴィノフ(、1876年7月17日 - 1951年12月31日)は、ソビエト連邦の政治家、外交官。外務人民委員(外務大臣)、駐米大使などを歴任した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とマクシム・リトヴィノフ · 続きを見る »

チェトニック

チェトニック(セルビア・クロアチア語:Četnik、キリル文字表記Четник、英語:Chetnik、複数形:チェトニツィ、Četnici、Четници、Chetniks)は、第二次世界大戦下のユーゴスラビアにおける、セルビア将兵によって組織された、ナチス・ドイツへの抵抗組織。名称はチェトニクとも表記されるが、以下「チェトニック」で統一する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とチェトニック · 続きを見る »

チェコスロバキア

チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。 現在のチェコ共和国及びスロバキア共和国により構成されていた。これはトマーシュ・マサリクやエドヴァルド・ベネシュが唱えた、チェコ人とスロバキア人がひとつの国を形成するべきであるというチェコスロバキア主義(:en:Czechoslovakism)に基づくものである。建国当初には現在のウクライナの一部であるカルパティア・ルテニアも領域に加えられていた。首都は現在のチェコ首都であるプラハ。国旗は現在のチェコ共和国と同じものが使用されていた。 1948年からはチェコスロバキア共産党の事実上の一党独裁制によるソ連型社会主義国となり、1960年から1989年まで、国名は「チェコスロバキア社会主義共和国」(チェコ語・スロバキア語: Československá socialistická republika)であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とチェコスロバキア · 続きを見る »

チェコスロバキア亡命政府

チェコスロバキア亡命政府(チェコスロバキアぼうめいせいふ、Prozatímní státní zřízení、Dočasné štátne zriadenie)は、ナチス・ドイツによって分割・消滅したチェコスロバキアの再建を目指した亡命政府。 大統領エドヴァルド・ベネシュ.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とチェコスロバキア亡命政府 · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とネパール · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とハンガリー · 続きを見る »

ハイレ・セラシエ1世

タイムの表紙 伝統的な戦士の服を着たハイレ・セラシエ1世 ハイレ・セラシエ1世(, Haile Selassie I, 1892年7月23日 - 1975年8月27日)は、エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日(戴冠式が行われた月日) - 1974年9月12日)。アフリカ統一機構初代議長。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とハイレ・セラシエ1世 · 続きを見る »

ハスキー作戦

上陸後に点検を受けるM4シャーマン戦車 ハスキー作戦(ハスキーさくせん、Operation Husky)は、第二次世界大戦中の1943年7月10日より行われた、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦。イタリア本土上陸への前段階として敢行された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とハスキー作戦 · 続きを見る »

バルト諸国占領

ターリン バルト諸国占領(バルトしょこくせんりょう)とは、エストニア、ラトビアおよびリトアニアが、初めは1939年のドイツ国とソ連が締結したモロトフ・リッベントロップ条約の条項に基づきソ連によって、続いて1941年から1944年まではドイツによって、さらに1944年から1991年までは再びソ連によって行われた占領のことであるThe World Book Encyclopedia ISBN 0716601036 。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバルト諸国占領 · 続きを見る »

バルジの戦い

バルジの戦い(バルジのたたかい、Battle of the Bulge(バトル・オブ・ザ・バルジ)、その他の呼称は「バルジの戦い#名称」を参照)は、第二次世界大戦における西部戦線において1944年12月から1945年1月の間、アルデンヌ高地で行われたナチス・ドイツのドイツ国防軍(以下ドイツ軍)とアメリカ軍を主体とする連合軍との戦闘の名称。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバルジの戦い · 続きを見る »

バトル・オブ・ブリテン

バトル・オブ・ブリテン(Battle of Britain, Bataille d'Angleterre)あるいは日本語で英国空中戦(えいこくくうちゅうせん)は、第二次世界大戦におけるドイツ空軍とイギリス空軍の戦いのうちで、ドイツによるイギリス本土上陸作戦の前哨戦としてイギリスの制空権の獲得のために行われた一連の航空戦を指す。戦略目標を達することなく独ソ戦を前にしてヒトラーによって中止された。 ドイツ語ではイングランド航空戦(Luftschlacht um England )という。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバトル・オブ・ブリテン · 続きを見る »

バクー

'''カスピ海''' バクーはカスピ海西岸のほぼ中央部に位置する バクー(Baku)は、アゼルバイジャン共和国の首都。カスピ海西岸に突き出したアブシェロン半島南岸に位置し、市街はバクー湾に面するように広がった港町である。行政的には11の行政区、48の町区に分割されており、2005年時点の総人口は2,045,815人。アゼルバイジャン最大の都市であると同時に、南カフカース地域でも有数の大都市である。大規模な油田(バクー油田)をもち、帝政ロシア時代から石油の生産地として発展してきた。 日本語名のバクーはキリル文字綴りによるロシア語綴り・アゼルバイジャン語(アゼリー語)旧綴り Баку (Baku) に基づくが、アゼルバイジャン語の発音では母音の前で子音 k が軟音化するためカタカナ表記するならば「バキュ」に近く、現在アゼルバイジャンで使われているアゼルバイジャン語のラテン文字正書法では Bakı と綴る。バクーという名前の由来には諸説あるが、最も一般的なものは、ペルシャ語で「風が吹きつけた」という意味の "bād-kūbe"(バード・クーベ)から来ているとする説が一般的である。 気候は晴天が多く、乾燥している。寒気と暖気がぶつかることで起きる強風が時折吹き付け、先述した語源の根拠となっている。海岸は美しく、市街近郊には温泉や鉱泉がある。 市街の中心はその南西部にあり、イチェリ・シェヘル (İçəri Şəhər) すなわち「内城」と呼ばれる城壁に囲まれた旧市街と、帝政ロシア時代にその周囲に築かれた新市街とに分かれる。その周囲、北から東にかけての平地から丘陵の斜面一帯にソビエト連邦時代につくられた市街が広がっている。近年は豊富なオイルマネーをもとに近未来的な巨大建築物が出現し、「第二のドバイ」「第二のシンガポール」とも呼ばれている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバクー · 続きを見る »

バグラチオン作戦

バグラチオン作戦(バグラチオンさくせん、Белорусская операция)(英語Operation Bagration)は、独ソ戦開始から、ちょうど3年目にあたる1944年6月22日にベラルーシで開始された、ソ連軍のドイツ軍に対する攻勢作戦の名称である。この作戦の結果、ドイツ中央軍集団は回復不可能な大打撃を受け、戦線は大きく西に押し戻される事になり、ほぼポーランドまで移動した。作戦名はロシア帝国時代におけるナポレオン・ボナパルトとの祖国戦争で活躍したピョートル・バグラチオン将軍に由来する。短期間で空前の規模の戦死者を出したとしてギネスブックに記載されるほど、苛烈な戦いであった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバグラチオン作戦 · 続きを見る »

バストーニュの戦い

バストーニュの戦い(Siege of Bastogne)とはバルジの戦いの最中、ベルギーの町バストーニュで行われた戦いである。ドイツ軍の攻撃目標はアントワープの港であり、バルジの戦い初期、ドイツ軍の奇襲に混乱していた連合軍が軍を立て直してしまうことや、圧倒的優勢な連合軍空軍の攻撃が開始される前に、交通の要所バストーニュを占領しなければならず、ベルギー東部においてドイツ装甲部隊は攻撃を強化した。バストーニュにはアルデンヌ山地を巡る7本の道が合流しており、その交差点はドイツ軍の進撃に必要であった。戦いは1944年12月中旬から1945年1月まで行われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とバストーニュの戦い · 続きを見る »

ポーランド亡命政府

ポーランド亡命政府(ポーランドぼうめいせいふ、Rząd Rzeczypospolitej Polskiej na uchodźstwie)は、1939年のポーランド侵攻およびナチス・ドイツ・ソビエト連邦からの国土の占領によりポーランド第二共和国政府を継承し組織された亡命政府である。 ポーランド亡命政府は、と国内軍 の組織構造を通し第二次世界大戦期間に影響力があったとされる。終戦後、ポーランドはソ連の衛星国ポーランド人民共和国の管理下となり、亡命政府は存在したが影も薄く影響力も無かった。共産主義支配の終了後、亡命政府は正式に責務を新政府の第3共和制に移行した。 ポーランド亡命政府は、1939年にパリで発足し、1940年にアンジェに移転。その後1940年から90年まで、冷戦期を通してずっとロンドンを拠点とした。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポーランド亡命政府 · 続きを見る »

ポーランド侵攻

ポーランド侵攻(ポーランドしんこう)は、1939年9月1日にドイツ国、及びドイツと同盟を組む独立スロバキアが、続いて1939年9月17日にソビエト連邦がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約(英語条文、ポーランド語条文)、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポーランド侵攻 · 続きを見る »

ポーランド回廊

ポーランド回廊(ポーランドかいろう、Polnischer Korridor、Korytarz polski)は、第一次世界大戦後のポーランド国家復興の際にドイツ国から割譲された領土のうち、自由都市ダンツィヒ(現グダニスク)とドイツ領プロイセン州に挟まれ、バルト海に面した回廊地帯を指す。ポーランド第二共和国(1918–1939)時代においての、バルト海への往来を確保するための回廊であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポーランド回廊 · 続きを見る »

ポーランド国民解放委員会

ルブリン委員会綱領を読む市民。プロパガンダ写真の1つ。 ポーランド国民解放委員会(ポーランドこくみんかいほういいんかい、Polski Komitet Wyzwolenia Narodowego, PKWN)は、「ルブリン委員会」の名で知られるポーランドの臨時執行機関である。ポーランド亡命政府に対抗し、1944年7月に樹立を宣言した。ナチス・ドイツより奪還したポーランド領を統治したが、組織はソビエト連邦により完全に支配・統制されていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポーランド国民解放委員会 · 続きを見る »

ポーランド第二共和国

ポーランド第二共和国(II Rzeczpospolita)は、1918年から1939年までの間、現在のポーランド共和国(第三共和国)を中心とする地域に存在した国家。「第二共和国」とはポーランド・リトアニア共和国(第一共和国)と対比しての呼称で、正式な国号は現在と同じポーランド共和国(Rzeczpospolita Polska)。 領土は現在のポーランド共和国と比較して東寄りであった。この領土の変遷については、オーデル・ナイセ線およびカーゾン線を参照。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポーランド第二共和国 · 続きを見る »

ポール・レノー

ポール・レノー(Paul Reynaud, 1878年10月15日 - 1966年9月21日)は、フランスの政治家、首相(在任:1940年3月21日 - 6月16日)。レイノーとも表記。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポール・レノー · 続きを見る »

ポツダム協定

ポツダム協定(ポツダムきょうてい)は、1945年8月2日にアメリカ合衆国・英国・ソビエト連邦間で「ポツダム会談」に基づいて採択された協定。21条と二つの付属議定書から構成されている。第二次世界大戦後のヨーロッパの処理、主にドイツの戦後統治についての取り決めが行われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポツダム協定 · 続きを見る »

ポツダム宣言

1945年8月14日、日本のポツダム宣言受諾を発表するトルーマン ポツダム宣言(ポツダムせんげん、Potsdam Declaration)は、1945年(昭和20年)7月26日にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条から成る宣言である。正式には日本への降伏要求の最終宣言(Proclamation Defining Terms for Japanese Surrender)。 他の枢軸国が降伏した後も交戦を続けていた日本は、1945年8月14日にこの宣言を受諾し、1945年9月2日に調印・即時発効(降伏文書)に至って第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)は終結した。 ソビエト連邦は後から加わり追認した。宣言を発した各国の名をとって、「米英支三国共同宣言」ともいう。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポツダム宣言 · 続きを見る »

ポツダム会談

ポツダム会談の様子。1945年7月 ポツダム会談(ポツダムかいだん)は、ナチス・ドイツ降伏後の1945年7月17日から8月2日、ソ連占領地域となったポツダムに、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦の3カ国の首脳が集まって行われた、第二次世界大戦の戦後処理を決定するための会談。第二次世界大戦の連合国三大国の首脳会談が行われたのはこれで3度目であり、最後となった。会議の最後にはポツダム協定が策定された。また7月26日には日本政府に対して日本軍の無条件降伏などを求めるポツダム宣言が表明されたことで知られているが、会議の公式日程において対日問題は協議されなかった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とポツダム会談 · 続きを見る »

メルセルケビール海戦

メルセルケビール海戦(メルセルケビールかいせん、Attack on Mers-el-Kébir)は、第二次世界大戦でのイギリス海軍とフランス海軍との間の海戦。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とメルセルケビール海戦 · 続きを見る »

モンロー主義

モンロー主義(モンローしゅぎ、Monroe Doctrine)は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指す。第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で行った7番目の年次教書演説で発表した。モンロー宣言と訳されることもあるが、実際に何らかの宣言があったわけではないので、モンロー教書と訳されることも多い。この教書で示された外交姿勢がその後のアメリカ外交の基本方針となった。原案はアメリカ合衆国国務長官ジョン・クィンシー・アダムズが起草した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とモンロー主義 · 続きを見る »

モンゴル人民共和国

モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく、Бүгд Найрамдах Монгол Ард Улс)は、モンゴルが1924年から1992年まで使用した国号である。略称は(БНМАУ)である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とモンゴル人民共和国 · 続きを見る »

モーリス・ガムラン

モーリス・ギュスターヴ・ガムラン(Maurice Gustave Gamelin, 1872年10月20日 - 1958年4月18日)は、フランスの軍人。陸軍大将。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とモーリス・ガムラン · 続きを見る »

モーゲンソー・プラン

連に割譲される区域である モーゲンソー・プラン(Morgenthau Plan)は、第二次世界大戦中に立案されたドイツ占領計画のひとつで、二度の世界大戦において同盟国(中央同盟国・枢軸国)の中心的存在であったドイツから、戦争を起こす能力を未来永劫奪うため、過酷な手法を用いる懲罰的な計画であった。 本来の提案では、計画は3つの段階からなっていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とモーゲンソー・プラン · 続きを見る »

ヤルタ

ヤルタ(Ялта、ラテン文字転写の例: Yalta)はクリミアの都市。クリミア半島南端に位置し黒海に臨む。「ヤルタ」の語源は、「岸辺」を意味する語。古代ギリシア人たちによって開かれた町であり、上陸に際して安全な岸(γιαλος / yalos )を求めたギリシャの船乗りによって築かれたといわれている。南に黒海と接し、森林に取り囲まれている。温暖な地中海性気候であり、現在は、黒海沿岸では屈指の保養地として知られている。1945年にヤルタ会談が行われた場所としても有名である。 「大ヤルタ」の語は、ヤルタを含むクリミア半島南部のからにいたる海岸を指し示している。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヤルタ · 続きを見る »

ヤルタ会談

ターリン ヤルタ会談(ヤルタかいだん、Yalta Conference)は、1945年2月4日から11日にかけて、当時のソ連クリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊のリヴァディア宮殿で行われた、アメリカ合衆国・イギリス・ソビエト連邦による首脳会談である。 第二次世界大戦が終盤に入る中、ソ連対日参戦、国際連合の設立について協議されたほか、ドイツおよび中部・東部ヨーロッパにおける米ソの利害を調整することで、大戦後の国際レジームを規定し、東西冷戦の端緒ともなった(ヤルタ体制)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヤルタ会談 · 続きを見る »

ユーゴスラビア侵攻

ユーゴスラビア侵攻(ユーゴスラビアしんこう)は、第二次世界大戦中の1941年4月6日から同年4月17日にかけて、ドイツやイタリアを中心とする枢軸国軍とユーゴスラビアとの間で行われた戦い。ドイツ軍はフランス侵攻に次いで電撃戦を成功させ、僅か十日あまりでユーゴスラビア全土を制圧した。欧米では4月戦争とも称される。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とユーゴスラビア侵攻 · 続きを見る »

ユーゴスラビア王国

ユーゴスラビア王国(ユーゴスラビアおうこく、セルビア・クロアチア語・スロベニア語:Kraljevina Jugoslavija / Краљевина Југославија)は、バルカン半島西部から中央ヨーロッパにかけての地域を領土とし、1918年から1941年までの期間に存続した立憲君主制の国家。事実上は国王が亡命した1941年に、公式にはユーゴスラビア連邦人民共和国成立前の1945年に滅亡した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とユーゴスラビア王国 · 続きを見る »

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国ユーゴスラヴィアの表記もある。(ユーゴスラビアしゃかいしゅぎれんぽうきょうわこく、セルビア・クロアチア語・セルビア語・クロアチア語・ボスニア語・スロベニア語スロベニア語における「社会主義」の語の形容詞形は「Socialistična」であり、公式国名の最初の語にある「Socijalistička」とは異なる。スロベニア語では、後者のスロベニア語を用いた表記もされた。・マケドニア語:Socijalistička Federativna Republika Jugoslavijaガイ式ラテン・アルファベットによるラテン文字表記。スロベニア語およびセルビア・クロアチア語の西部標準形(クロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナを主体とする)ではラテン文字が用いられた。キリル文字による表記と完全に対応している。 / Социјалистичка Федеративна Република Југославијаセルビア語キリル文字およびマケドニア語キリル文字による表記ラテン文字における表記と完全に対応している。)は、第二次世界大戦中の1943年から、解体される1992年まで存続した、ユーゴスラビアの社会主義国家。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とユーゴスラビア社会主義連邦共和国 · 続きを見る »

ヨシフ・スターリン

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(、)である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヨシフ・スターリン · 続きを見る »

ラップランド戦争

ラップランド戦争(ラップランドせんそう、Lapin sota、Lapplandskriget、Lapplandkrieg)は、1944年9月から1945年4月にかけて、フィンランドとナチス・ドイツとの間で、フィンランド最北のラップランドで行われた戦争。フィンランドでは継続戦争のようにそれまでの戦闘とは別の戦争として扱われたが、ドイツでは第二次世界大戦の一環、フィンランド北部とノルウェー北部から撤退するためのとの遂行として扱われた。フィンランド軍は武装解除しつつドイツ軍にフィンランドから撤退させなければならなかったが、フィンランド軍はモスクワ休戦協定の条件を守ることに成功、ドイツ軍はノルウェーへ撤退した。その後、フィンランドとソビエト連邦、イギリス、イギリスの自治領との戦争状態は1947年のパリ条約で正式に終結した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とラップランド戦争 · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とラトビア · 続きを見る »

ライン川

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / Rhein、Rijn、Rhin、Rhine、Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。 スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。 全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。 下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とライン川 · 続きを見る »

ラインラント進駐

ラインラント進駐(ラインラントしんちゅう、Rheinlandbesetzung、Remilitarization of the Rhineland)は、1936年3月7日にドイツが、ヴェルサイユ条約により非武装地帯と定められていたラインラントに陸軍を進駐させ、同地のアーヘン、トリーア、ザールブリュッケンに兵営を設けて駐留を開始させた事件を指す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とラインラント進駐 · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とリトアニア · 続きを見る »

リスボン

リスボン(Lisboa 、 リジュボア、Lisbon )は、ポルトガルの首都で同国最大の都市である。市域人口は547,631人を擁し、市域面積はに過ぎないが、そのぶん高い人口密度を保持している。リスボンの都市的地域は行政区としての市域を越えて広がっており、人口は300万人を超え, March 2010、面積はを占めており、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏を形成している。約3,035,000人 の人々が、に暮らし、ポルトガルの全人口の約27%を占めている。リスボンはヨーロッパの大都市では最も西にある都市であると同時に、ヨーロッパの中で最も西側に位置する政府首都でもある。ヨーロッパ諸国の首都のなかで唯一の大西洋岸にあるリスボンは、イベリア半島の西側、テージョ川の河畔に位置している。 リスボンは金融や商業、出版、娯楽、芸術、貿易、教育、観光と言った様々な分野で重要な都市であることから、世界都市と見なされている。 ポルテラ空港は2012年に1,530万人の旅客を扱い、高速道路Auto-estradaや高速列車アルファ・ペンドゥラールによりポルトガルの他の主要都市と結ばれている。南ヨーロッパではイスタンブール、ローマ、バルセロナ、マドリード、アテネ、ミラノに次いで7番目に多くの観光客が訪れる都市で、2009年には1,740,000人の観光客が訪れた。リスボンの総所得は世界の都市で32番目に高い位置を占めている。 ポルトガルの多国籍企業の本社はほとんどがリスボン地域に置いており、世界では9番目に多くの国際会議が開かれる都市でもある。 また、ポルトガルの政治の中心での首府やポルトガルの大統領官邸が置かれている他、やリスボン県の中心でもある。 世界的にも古い歴史がある都市の一つで、西ヨーロッパでは最古の都市であり現代のヨーロッパの他の首都であるロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年遡る。ガイウス・ユリウス・カエサルはフェリキタス・ユリアFelicitas Juliaと呼ばれるムニキピウムを創建し、オリピソOlissipoの名に加えた。5世紀から一連のゲルマン人部族により支配され、8世紀にはムーア人により攻略された。1147年、ポルトガル王国の建国者アフォンソ1世下のレコンキスタでのリスボン攻防戦で、ポルトガルはムーア人からリスボンを奪回する。以来、リスボンはポルトガルの主要な政治、経済、文化の中心となっている。ほとんどの首都と異なり、リスボンのポルトガルの首都としての地位は法令や書面の形式では公式に認められたり確認されていない。首都としての地位は憲法制定会議を通じて事実上の首都としてに定められている。 リスボンには欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)と欧州海上保安機関(EMSA)の2つの欧州連合の専門機関が置かれている。「ルゾフォニアの世界の首都」と呼ばれポルトガル語諸国共同体の本部がに置かれている。ベレンの塔とジェロニモス修道院の2つはUNESCOの世界遺産に登録されている。さらに1994年、リスボンは欧州文化首都になり、1998年にはリスボン国際博覧会が開催された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とリスボン · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とルーマニア · 続きを見る »

ルーマニア王国

ルーマニア王国(ルーマニアおうこく、Regatul României)は、1881年3月13日に、ルーマニア公国の大公カロル1世が国王に即位して成立した王国。1945年5月8日の第二次世界大戦の敗戦とソビエト連邦による占領によって崩壊し、1947年12月30日には君主制が廃止されて法的に消滅した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とルーマニア王国 · 続きを見る »

ルーマニア革命 (1944年)

ルーマニア革命(ルーマニアかくめい、)は、1944年にルーマニア王国で発生したクーデターである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とルーマニア革命 (1944年) · 続きを見る »

ルール地方

ルール地方の位置 ルール地方(ルールちほう、Ruhrgebiet)は、ルール川下流域に広がる面積4,435平方キロのドイツ屈指の大都市圏である。人口は2009年時点でおよそ524万人である。近代から戦後しばらくまでにおいては、ドイツの重工業を牽引した地方である。現在も生産活動は活発であり、ベートゥヴェルートを使って製品を出荷する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とルール地方 · 続きを見る »

ルクセンブルク

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都は国名と同名のルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とルクセンブルク · 続きを見る »

レンネル島沖海戦

レンネル島沖海戦とは太平洋戦争(大東亜戦争)中、1943年(昭和18年)1月29日から30日にソロモン諸島レンネル島沖で発生した海戦。日本軍が航空攻撃でアメリカ軍の重巡洋艦シカゴ (USS Chicago, CA-29) を撃沈した。また、この海戦でアメリカ軍は近接信管を使用した。日本軍はガダルカナル撤退作戦(ケ号作戦)の最中であり、島に近付く敵を阻止する必要があった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とレンネル島沖海戦 · 続きを見る »

レンドリース法

レンドリース法(レンドリースほう、Lend-Lease Acts)、または武器貸与法(ぶきたいよほう)は、アメリカ合衆国が1941年から1945年にかけて、イギリス、ソビエト連邦(ソ連)、中国(蒋介石国民党政府)、フランスやその他の連合国に対して、イギリスの場合はニューファンドランド、バミューダ諸島、イギリス領西インド諸島の基地を提供することと引き換えに、膨大な量の軍需物資を供給するプログラムのことである。 1939年9月の第二次世界大戦勃発から18ヵ月後の1941年3月から開始された。 総額501億USドル(2007年の価値に換算してほぼ7000億ドル)の物資が供給され、そのうち314億ドルがイギリスへ、113億ドルがソビエト連邦へ、32億ドルがフランスへ、16億ドルが中国へ提供された。 逆レンドリース(Reverse Lend Lease)は、航空基地を提供するなど、アメリカに対するサービスで構成されている。額にして78億ドル相当で、そのうち68億ドルはイギリスとイギリス連邦諸国によって提供された。これとは別に、返却と破壊に関して規定する協定により、プログラム終了日までに到着した物資については返済は行われなかった。終了日以降の物資については、イギリスに対して割引価格の10億7500万ポンドで、アメリカからの長期融資により売却された。カナダも同様のプログラムで47億ドル相当の物資をイギリスとソビエト連邦に提供したが、代金は支払われなかった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とレンドリース法 · 続きを見る »

レイテ沖海戦

レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月23日から同25日にかけてフィリピンおよびフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍とアメリカ海軍・オーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。当時の呼称でフィリピン沖海戦当時の戦闘詳報やそれを元にして戦後製作された戦史叢書では『フィリピン沖海戦』としている。「比島」「菲島」はフィリピン島の略字。実際当時の大本営による発表でもフィリピン沖海戦とされ、当時のニュース映像でもそう紹介されている。。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とレイテ沖海戦 · 続きを見る »

レオポルド3世 (ベルギー王)

レオポルド3世(、1901年11月3日 - 1983年9月25日)は、第4代ベルギー国王(在位:1934年 - 1951年)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とレオポルド3世 (ベルギー王) · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とローマ · 続きを見る »

ロカルノ条約

ルノ条約(ロカルノじょうやく、Locarno Treaties)は、1925年10月にスイスのロカルノで行われた協議を受けて、同年12月1日にロンドンで正式調印された7つの協定の総称である。 その中にはフランス・ベルギーの国境現状維持と、ラインラント非武装の確認(ラインラント条約)などが含まれ、基本的にはヴェルサイユ条約を踏襲したものが多い。国際紛争を軍事によらず仲裁裁判で解決することも含まれていた。ロカルノ条約の締結によりドイツは1926年に国際連盟に加盟。独仏の関係の緩和により、ヨーロッパ全土もしばらくの間、相対的安定期を迎えることになる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とロカルノ条約 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とロシア · 続きを見る »

ロシア連邦軍

ア連邦軍(ロシアれんぽうぐん、Вооруженные силы Российской Федерации、略称: ВС РФ、Armed Forces of the Russian Federation)は、ロシア連邦の軍隊である。 ソ連崩壊後の1992年に、旧ソ連の核兵器を含むソビエト連邦軍の主力を継承して成立した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とロシア連邦軍 · 続きを見る »

ワルシャワ蜂起

ワルシャワ蜂起(ワルシャワほうき、ポーランド語:Powstanie Warszawskie)は、第二次世界大戦後期、ナチス・ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで起こった武装蜂起である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とワルシャワ蜂起 · 続きを見る »

ワシントンD.C.

ワシントンD.C.(ワシントン・ディーシー、Washington, D.C.)は、アメリカ合衆国の首都である。同国東海岸、メリーランド州とヴァージニア州に挟まれたポトマック川河畔に位置する。現代の主要都市としては狭隘で人口もさほど多くないが、超大国の政府所在地として国際的に強大な政治的影響力を保持する世界都市であり、また金融センターとしても高い重要性を持つ。首都としての機能を果たすべく設計された、計画都市である同様な計画都市としては満州国の新京、オーストラリアのキャンベラ、ブラジルのブラジリア(共に首都)がある。。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とワシントンD.C. · 続きを見る »

ヴャチェスラフ・モロトフ

ヴャチェスラフ・ミハイロヴィチ・モロトフ(Вячеслав Михайлович Молотов、ラテン文字表記の例:Vyacheslav Mikhailovich Molotov、ヴィチスラーフ・ミハーイラヴィチュ・モーラタフ、1890年3月9日(ユリウス暦2月25日) - 1986年11月8日)は、ソビエト連邦の政治家、革命家。同国首相、を歴任し、第二次世界大戦前後の時代を通じてヨシフ・スターリンの片腕としてソ連外交を主導した。「モロトフ」は(モロト、ロシア語で「ハンマー」という意味)に由来するペンネームであり、本名はヴャチェスラフ・ミハイロヴィチ・スクリャービン(Вячеслав Михайлович Скрябин)。作曲家のアレクサンドル・スクリャービンと直接の血縁関係はない下斗米伸夫『ソ連=党が所有した国家 1917-1991』講談社選書メチエ(2002年) ISBN 978-4-06-258248-3。 1930年代以降唯一、スターリンに対して革命時代の愛称「コーバ」を使うことの許された人物であり、スターリンも彼のことを「モロトシヴィリ」「モロトシュテイン」といったあだ名で呼んだ。妻はユダヤ人の仕立屋の娘であり、ウクライナ共産党の書記や交通人民委員を務めた。孫にKGB長官の補佐官を務めた政治評論家がいる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴャチェスラフ・モロトフ · 続きを見る »

ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III, 1869年11月11日 - 1947年12月28日)は、サヴォイア朝の第3代イタリア国王(在位:1900年 - 1946年)、初代エチオピア皇帝(在位:1936年 - 1943年)、初代アルバニア国王(在位:1939年 - 1943年)、初代モンテネグロ国王(在位:1941年 - 1943年)。軍事上の称号としては大元帥(1938年-1946年)を用いた。 儀礼称号にエルサレム王、キリキア・ アルメニア王、聖アヌンツィアータ騎士団総長、聖マウリッツィオ・ラザロ騎士団総長、ガーター騎士団団員、マルタ騎士団団員、金羊毛騎士団団員がある。 イタリア王国の君主として大権を揮い、46年間という長期間の在位を通じてサヴォイア家の歴代当主の中でも特筆すべき治世を遺した。第一次世界大戦、第二次世界大戦の双方で主要参戦国の国家指導者として影響を与え、後者に関してはファシズム運動を率いるベニート・ムッソリーニによる全体主義体制とも密接な協力関係を構築した。イタリア国王以外にエチオピア皇帝、アルバニア国王、モンテネグロ国王、クロアチア国王などの王位称号をサヴォイア家の権利とし、その版図を最も拡大したが、第二次世界大戦後の戦後処理において王政が廃止されてエジプト王国へ亡命した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 · 続きを見る »

ヴィドクン・クヴィスリング

ヴィドクン・アブラハム・ロウリッツ・ヤンセン・クヴィスリング(Vidkun Abraham Lauritz Jonssøn Quisling、1887年7月18日 - 1945年10月24日)は20世紀前半のノルウェーの軍人、政治家。第二次世界大戦時にナチスのノルウェー占領に協力して傀儡政権・クヴィスリング政権の指導者となり、戦後処刑された人物。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴィドクン・クヴィスリング · 続きを見る »

ヴィシー政権

ヴィシー政権(ヴィシーせいけん、Régime de Vichy)は、第二次世界大戦中における、フランスの政権(1940年 - 1944年)。フランス中部の町、ヴィシーに首都を置いたことからそう呼ばれた。「ヴィシー政府」、「ヴィシー・フランス」ともいい、この政権下の体制を「ヴィシー体制」と呼ぶ。正式国名はフランス国(État français、エタ・フランセ)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴィシー政権 · 続きを見る »

ヴェーザー演習作戦

ヴェーザー演習作戦(ヴェーザーえんしゅうさくせん、Unternehmen Weserübung)は、第二次世界大戦中にドイツが実行したノルウェーとデンマークへの侵攻作戦。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴェーザー演習作戦 · 続きを見る »

ヴォルゴグラード

ヴォルゴグラード(、)は、ロシア連邦のヴォルガ川西岸に南北80kmにわたって広がる都市。ヴォルゴグラード州の州都。人口は101万人。 1925年まではツァリーツィン()、1925年から1961年まではスターリングラード()と呼ばれていた。現在は年に数日のみ市名がスターリングラードとなる(後述)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とヴォルゴグラード · 続きを見る »

トーチ作戦

トーチ作戦(トーチさくせん、Operation Torch)は、1942年11月8日より行われた、連合国軍によるモロッコとアルジェリアへの上陸作戦のことである。 この作戦は当初は「Gymnast(ジムナスト、体育家)」と呼ばれていたが、後に「Torch(たいまつ)」となった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とトーチ作戦 · 続きを見る »

トゥヴァ人民共和国

トゥヴァ人民共和国(トゥヴァじんみんきょうわこく、ロシア語:Тувинская Народная Республика、トゥバ語:Tyva Arat Respublik、キリル文字表記:Тыва Арат Республик、Tyva Arat Respublik、略称:TAR・ТАР)は、テュルク系民族のトゥバ人を主体としてシベリアのアルタイ山脈付近に存在した国家。のちにソ連領のトゥヴァ自治州、自治ソビエト社会主義共和国を経て、現在はロシア連邦のトゥヴァ共和国となっている。 なお、トゥバ人の固有の民族名はトゥバあるいはトゥワ(便宜上 в=v と表記されるが、bの軟音化したβ音)であるが、ロシア語の転写Тува(Tuva)に基づいて従来トゥーヴァ、チューヴァなどと表記されていた。本項では、ソ連の影響下に成立していた国家体制としてはトゥヴァ、地域・民族名称としてはトゥバと表記する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とトゥヴァ人民共和国 · 続きを見る »

ブルガリア

ブルガリア共和国(ブルガリアきょうわこく)、通称ブルガリアは、ヨーロッパの共和制国家である。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面している。首都はソフィア。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とブルガリア · 続きを見る »

ブルガリア王国 (近代)

二次世界大戦で獲得した領土 ブルガリア王国(ブルガリアおうこく、Царство България / Tsarstvo Bulgaria, Kingdom of Bulgaria)は、1908年10月に大ブルガリア公国の大公フェルディナンド1世がツァール(国王)を称することで誕生したブルガリアの王国。君主号のツァールは皇帝の意味も持つため、第一次ブルガリア帝国、第二次ブルガリア帝国に次ぐものとして第三次ブルガリア帝国とも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とブルガリア王国 (近代) · 続きを見る »

ブレトン・ウッズ協定

ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、Bretton Woods Agreements)とは、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定である。「アメリカ合衆国ドルを基軸とした固定為替相場制」であり、1オンス35USドルと金兌換によってアメリカのドルと各国の通貨の交換比率(為替相場)を一定に保つことによって自由貿易を発展させ、世界経済を安定させる仕組みであった。この体制は1971年のニクソンショックまで続き、戦後の西側諸国の経済の復興を支えた。この協定に基づいて確立した体制のことをブレトン・ウッズ体制という。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とブレトン・ウッズ協定 · 続きを見る »

ブーゲンビル島の戦い

ブーゲンビル島の戦い(ブーゲンビルとうのたたかい)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の戦闘の一つである。日本軍が占領したブーゲンビル島で、アメリカ軍が上陸した1943年11月1日から停戦の1945年8月21日まで戦われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とブーゲンビル島の戦い · 続きを見る »

プラハの戦い

プラハの戦い(die Schlacht von Prag, Schlacht bei Šterboholy, bitva u Štěrbohol, bitvou u Prahy)は、1757年5月6日にプラハ城外で行われた七年戦争におけるプロイセン軍とオーストリア軍との会戦である。プロイセン軍が勝利した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とプラハの戦い · 続きを見る »

プレスコード

プレスコード(英:Press Code for Japan 国立国会図書館デジタルコレクション )とは、太平洋戦争終結後の連合国軍占領下の日本において、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって行われた、新聞などの報道機関を統制するために発せられた規則である。これにより検閲が実行された。 正式名称はSCAPIN-33「日本に与うる新聞遵則」、昭和20年(1945年)9月19日に発令、9月21日に発布された。「日本新聞遵則」また「日本出版法」ともいう。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とプレスコード · 続きを見る »

パラグアイ

パラグアイ共和国(パラグアイきょうわこく、、)、通称パラグアイは、南アメリカ中央南部に位置する共和制国家である。東と北東をブラジル、西と北西をボリビア、南と南西をアルゼンチンに囲まれている内陸国である。首都はアスンシオン。 なお、パラグアイの国旗はデザインが表と裏とで異なる(パラグアイの国旗を参照)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパラグアイ · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパリ · 続きを見る »

パリの解放

二次世界大戦におけるパリの解放(パリのかいほう、Libération de Paris)とは、1944年8月19日から8月25日に行われた戦いである。西部戦線とフランスの歴史における大きな節目であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパリの解放 · 続きを見る »

パリ条約 (1947年)

パリ条約(パリじょうやく、英語:Paris Peace Treaties)は、第二次世界大戦の平和条約のひとつで、1947年2月10日に締結。旧枢軸国イタリア、ルーマニア、フィンランド、ブルガリア、ハンガリーの各国ごとに連合国21か国と結ばれた一連の条約を指す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパリ条約 (1947年) · 続きを見る »

パルチザン (ユーゴスラビア)

ユーゴスラビアのパルティザン(partizani / партизани)は、正式名称をユーゴスラビア人民解放軍およびパルチザン部隊(スロベニア語:Narodnoosvobodilna vojska in partizanski odredi Jugoslavije、セルビア・クロアチア語:Narodnooslobodilačka vojska i partizanski odredi Jugoslavije / Народноослободилачка војска и партизански одреди Југославије、マケドニア語:Народноослободителна војска и партизанските одреди на Југославија、略称:NOV i POЈ / НОВ и ПОЈ)といい、第二次世界大戦時のユーゴスラビアにおける、枢軸国の支配に抵抗した共産主義者主体の勢力である。パルティザンは、ユーゴスラビア共産党率いる人民解放戦線の軍であり、その最高意思決定機関はユーゴスラビア人民解放反ファシスト会議(AVNOJ)であり、ヨシップ・ブロズ・ティトーを最高指導者とする。 パルティザンはユーゴスラビアにおける共産主義国家の樹立を目指しており、ユーゴスラビア共産党はユーゴスラビアに住む全ての民族の権利を擁護し、全ての民族に対して支持を訴えた。パルティザンよりも数週間早く設立された、もう一つの反枢軸の抵抗組織にチェトニクがあったが、チェトニクはカラジョルジェヴィチ家による王政の維持と、セルビア人の保護を目的としており、チェトニクが正当で歴史的なセルビア人の土地と考える地域における他民族に対する民族浄化を通じて大セルビアを確立することを目指していたBanac (1996), p.1431941年夏以降、チェトニクはセルビア人の抵抗者を糾合し、ボスニア・ヘルツェゴビナ東部においてムスリム人に対する残虐行為の数々を実行した。ムスリム人に対する虐殺は、ノドを切り、川に落とすといったものが多く、フォチャやゴラジュデ、チャイニチェ、ロガティツァ、ヴィシェグラード、ヴラセニツァ、スレブレニツァやドリナ川渓谷一帯などのボスニア東部で頻発したが、セルビア人の村が点在するヘルツェゴビナ東部でも、1942年までは強固に抵抗を続けるセルビア人の活動があった。チェトニクの文書では、たとえば1942年6月にコトル・ヴァロシュ地区のヤヴォリネでの会合の議事録に見られるように、「セルビア人ではないあらゆるすべてをボスニアから除去する」決定について述べられている。セルビア人チェトニクによる民族浄化の正確な被害者数を特定することは難しいが、数万人が殺害されたと考えられるHirsch (2002), p.76Mulaj (2008), p.71。パルティザンとチェトニクの関係は当初より険悪であったが、1941年10月以降は全面的な衝突へと発展した。ティトーの汎民族主義は、チェトニクのセルビア人民族主義に反するものであり、チェトニクの王党主義は共産主義者のパルティザンには受け入られるものではなかった。 彼らは一般に「パルティザン」あるいは「パルチザン」と呼ばれており、この名前からはゲリラ勢力が想起されるが、彼らのゲリラ的な性質は最初の3年間でのことであった。1944年の終わりごろには、パルティザンの兵士の数は65万人におよび、4つの方面軍、52の師団を持つ軍隊組織となっていた。1945年4月にはパルティザンの兵士は80万人を数えるようになり、この時代のパルティザンは「人民解放軍」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパルチザン (ユーゴスラビア) · 続きを見る »

パーセンテージ協定

パーセンテージ協定(パーセンテージきょうてい、Percentage Agreement Соглашение о процентах)とは、1944年10月のモスクワ会談(Moscow Conference (1944))においてイギリスとソビエト連邦の間で合意された、第二次世界大戦後のヨーロッパにおける勢力範囲を定めた協定である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパーセンテージ協定 · 続きを見る »

パフラヴィー朝

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とパフラヴィー朝 · 続きを見る »

テヘラン会談

テヘラン会談(テヘランかいだん)は第二次世界大戦における連合国の首脳会談のひとつ。1943年11月28日から12月1日にかけてイランのテヘランで開かれた。 アメリカ、イギリス、ソ連の首脳が一堂に会した初めての会談。主な議題は、ヨーロッパ大陸にナチス・ドイツに対する第二の戦線(西部戦線)を形成することであり、フランスへの連合軍の上陸などが首脳間で調整された。またその他のヨーロッパ諸国への援助などについても話し合われるなど、テヘラン会談を期に連合国の首脳会談は戦争上の諸問題から戦後処理問題へと移っていった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とテヘラン会談 · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とデンマーク · 続きを見る »

フランクリン・ルーズベルト

フランクリン・デラノ・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt, 1882年1月30日 - 1945年4月12日)は、アメリカ合衆国の政治家。姓はローズベルト、ローズヴェルトとも表記。民主党出身の第32代大統領(1933年 - 1945年)。第26代大統領セオドア・ルーズベルトは広義の従兄(五従兄、12親等)に当たる。名前のイニシャルをとってFDRと呼ばれることも多い。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフランクリン・ルーズベルト · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフランス · 続きを見る »

フランス共和国臨時政府

フランス共和国臨時政府(フランスきょうわこくりんじせいふ、Gouvernement provisoire de la République française、略記 GPRF)は、1944年6月3日に北アフリカのアルジェで成立した臨時政府。8月のパリの解放とともにパリに移転し、1946年10月27日にフランス第四共和政が成立するまでの期間、憲法制定とフランスの統治に当たった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフランス共和国臨時政府 · 続きを見る »

フランソワ・ダルラン

ャン・ルイ・グザヴィエ・フランソワ・ダルラン(Jean Louis Xavier François Darlan、1881年8月7日 - 1942年12月24日)は、フランスの海軍軍人、政治家。最終的にフランス海軍の提督に進級、第二次世界大戦中はヴィシー政権の重要人物だった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフランソワ・ダルラン · 続きを見る »

フレンスブルク政府

フレンスブルク政府(フレンスブルクせいふ、Flensburger Regierung, Flensburg Government)は、第二次世界大戦末期にナチス・ドイツで設立された臨時政府。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフレンスブルク政府 · 続きを見る »

フィリップ・ペタン

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョゼフ・ペタン(Henri Philippe Benoni Omer Joseph Pétain, 1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランスの軍人、政治家。フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)の主席をつとめた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィリップ・ペタン · 続きを見る »

フィリピンの戦い (1941-1942年)

1941年から1942年のフィリピンの戦い(フィリピンのたたかい, Battle of the Philippines, 比島作戦, 日本側作戦名「M作戦」, 1941年12月8日 - 1942年5月10日)は、太平洋戦争緒戦における日本軍のフィリピン進攻作戦である。 本間雅晴中将の指揮する第14軍主力は12月22日にルソン島に上陸し、1月2日には首都マニラを占領した。しかし、アメリカ極東陸軍のダグラス・マッカーサー司令官はバターン半島に立てこもる作戦を取り粘り強く抵抗した。45日間でフィリピン主要部を占領するという日本軍の予定は大幅に狂わされ、コレヒドール島の攻略までに150日もかかるという結果になった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィリピンの戦い (1941-1942年) · 続きを見る »

フィリピンの戦い (1944-1945年)

1944年から1945年のフィリピンの戦い(フィリピンのたたかい)は、第二次世界大戦後期において、フィリピン奪回を目指す連合国軍と、防衛する日本軍との間で行われた戦闘である。日本軍は「捷一号作戦」と呼ばれる計画に基づいて防衛を試みたが、アメリカ軍を中心とする連合軍が勝利を収めた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィリピンの戦い (1944-1945年) · 続きを見る »

フィリピン・コモンウェルス

フィリピン・コモンウェルス(Komonwelt ng Pilipinas、Mancomunidad de Filipinas、Commonwealth of the Philippines)は、1935年から1946年のうち、太平洋戦争による日本占領時に政府が亡命していた期間を除いた時期にフィリピンに存在した政治体制である。1935年施行のフィリピン独立法によってアメリカ合衆国の海外領土の政庁だったに取ってかわった。コモンウェルスはフィリピンの完全な独立のための準備をする暫定政府と位置づけられており、現在のフィリピン共和国政府の直接の前身となる組織である。 この政府の元では、行政の権力が強く、また最高裁判所があった。が多数派を占めていた国会は当初一院制だったが、後に両院制となった。1937年、政府はマニラとその周辺で話されていたタガログ語を国語であるフィリピン語に指定したが、それが広まるのには時間がかかった。また、婦人参政権が実現し、は1942年に日本が占領する前に世界恐慌前の水準にまで戻った。 コモンウェルスは1942年から1945年までは日本がフィリピンを占領したため亡命政府となった。1946年、コモンウェルスによる統治は終わり、第18条によりフィリピンは完全な独立を達成した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィリピン・コモンウェルス · 続きを見る »

フィレンツェ

フィレンツェ(Firenze)は、イタリア共和国中部にある都市で、その周辺地域を含む人口約36万人の基礎自治体(コムーネ)。トスカーナ州の州都、フィレンツェ県の県都である。 中世には毛織物業と金融業で栄え、フィレンツェ共和国としてトスカーナの大部分を支配した。メディチ家による統治の下、15世紀のフィレンツェはルネサンスの文化的な中心地となった。 市街中心部は「フィレンツェ歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録されている。1986年には欧州文化首都に選ばれた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィレンツェ · 続きを見る »

フィンランド

フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Suomen tasavalta、Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。 首都ヘルシンキは露仏同盟以来、ロシアの主要都市であるサンクトペテルブルク方面へ西側諸国が投資や往来をするための前線基地となってきた。同じく直近の旧領ヴィボルグはサイマー運河の出口であったが、現在はロシア領で、ノルド・ストリームの経由地となっている。ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、勢力争いの舞台や戦場にも度々なってきた。 中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場は2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めている。 人口や経済規模は小さいが、一人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主主義国として知られている。フィンランドはOECDレビューにおいて「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と2014年には報告された。フィンランドは収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とフィンランド · 続きを見る »

ドレスデン

ドレスデン(ドレースデン、Dresden、)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドレスデン · 続きを見る »

ドワイト・D・アイゼンハワー

ドワイト・デビッド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower、1890年10月14日 - 1969年3月28日)は、アメリカの軍人、政治家。連合国遠征軍最高司令官(英語:Supreme Commander, Allied Expeditionary Force、略称:SCAEF)、陸軍参謀総長、NATO軍最高司令官、第34代大統領を歴任した。アメリカ国民からはアイク(Ike)の愛称で親しまれていた。モットーは「物腰は優雅に、行動は力強く」。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドワイト・D・アイゼンハワー · 続きを見る »

ドイツ・ポーランド不可侵条約

ドイツ・ポーランド不可侵条約(ドイツ・ポーランドふかしんじょうやく、Deutsch-polnischer Nichtangriffspakt、Polsko-niemiecki pakt o nieagresji)は、1934年1月26日に、ナチス・ドイツとポーランドとの間に結ばれた国際条約である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ・ポーランド不可侵条約 · 続きを見る »

ドイツ再統一

1990年のドイツ再統一 ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、、)は、1990年10月3日、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一、東西ドイツの統一、ドイツの東西統一などとも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ再統一 · 続きを見る »

ドイツ再軍備宣言

ドイツ再軍備宣言(ドイツさいぐんびせんげん)とは、1935年3月16日にヒトラー政権が、ヴェルサイユ条約の軍事制限条項を破棄し、ドイツの再軍備を宣言したことを指す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ再軍備宣言 · 続きを見る »

ドイツ国

ドイツ国(ドイツこく、Deutsches Reich〔ドイチェス・ライヒ〕)は、1871年から1945年まで中央ヨーロッパに存在した国家。現在のドイツ連邦共和国の前身に当たる国家で、ドイツ統一から第二次世界大戦におけるドイツ敗北までの74年間におけるドイツの正式な国名である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ国 · 続きを見る »

ドイツ国防軍

ヘルメットにデカールされていた紋章 1941年、国防軍の陸軍歩兵下士官 ドイツ国防軍(ドイツこくぼうぐん、Wehrmacht)は、1935年から1945年にかけて存在したドイツの武力組織である陸軍、海軍、空軍の三軍の総体を指す。国家唯一の武装者(独:Waffenträger der Nation)と定義される存在であったが、当時のドイツにはナチス党の組織である武装親衛隊など管轄外の武装組織も存在していた。 1935年の再軍備宣言後は徴兵制が復活し総兵力が50万人になり、ポーランド侵攻直前の兵力は318万人と世界でも屈指の規模であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ国防軍 · 続きを見る »

ドイツ駐留ソ連軍

ドイツ駐留ソ連軍(ドイツちゅうりゅうソれんぐん、ロシア語:Группа советских войск в Германии、ドイツ語:Gruppe der Sowjetischen Streitkräfte in Deutschland)は、1949年から1988年にかけて旧東ドイツに駐留していたソビエト連邦軍部隊である。1945年から1949年はドイツ占領ソ連軍、1988年から1994年は西部軍集団と呼ばれていた。 ドイツに恒久的に駐留するソ連軍は1940年代後半から1989年まで北大西洋条約機構の脅威となっていた優れた地上基地所属の軍隊であり、冷戦期の軍事バランスの主要要素であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ駐留ソ連軍 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ民主共和国 · 続きを見る »

ドイツ最終規定条約

ドイツ最終規定条約(ドイツさいしゅうきていじょうやく、独:)は、第二次世界大戦の連合国のうちドイツ占領4か国(フランス・イギリス・アメリカ合衆国・ソビエト連邦)と東西統一直前の西ドイツ・東ドイツとの間で、1990年9月12日に調印、1991年3月15日に発効した条約。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とドイツ最終規定条約 · 続きを見る »

ニュルンベルク裁判

ニュルンベルク裁判の被告席(前列奥からヘルマン・ゲーリング、ルドルフ・ヘス、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ、ヴィルヘルム・カイテル、後列奥からカール・デーニッツ、エーリヒ・レーダー、バルドゥール・フォン・シーラッハ、フリッツ・ザウケル) ニュルンベルク裁判の被告席(後列手前から、デーニッツ、レーダー、シーラッハ、ザウケル、アルフレート・ヨードル、フランツ・フォン・パーペン、アルトゥール・ザイス=インクヴァルト、アルベルト・シュペーア、コンスタンティン・フォン・ノイラート、ハンス・フリッチェ。 前列手前から、ゲーリング、ヘス、リッベントロップ、カイテル、エルンスト・カルテンブルンナー、アルフレート・ローゼンベルク、ハンス・フランク、ヴィルヘルム・フリック、ユリウス・シュトライヒャー、ヴァルター・フンク、ヒャルマル・シャハト) ニュルンベルク裁判(ニュルンベルクさいばん)は、第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である(1945年11月20日 - 1946年10月1日)。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党大会開催地であるニュルンベルクで開かれた。日本の極東国際軍事裁判(東京裁判)と並ぶ二大国際軍事裁判の一つ。 最初の主な裁判(英語:Trial of the Major War Criminals Before the International Military Tribunal, IMT)と、それに続く、ニュルンベルクを占領統治していたアメリカ合衆国による12の裁判(英語:Nuremberg Military Tribunals, NMT.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とニュルンベルク裁判 · 続きを見る »

ニューファンドランド (ドミニオン)

ニューファンドランド自治領()は、現在はカナダの州であるニューファンドランド・ラブラドール州を領域として、かつて存在した半独立国。ドミニオン(Dominion)と呼ばれるイギリス帝国(イギリス連邦)の自治領であり、1949年にカナダに併合されて消滅した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とニューファンドランド (ドミニオン) · 続きを見る »

ニュージョージア島の戦い

青い矢印が米軍の進路 ムンダ飛行場 ニュージョージア島の戦い(ニュージョージアとうのたたかい)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中のソロモン諸島を巡る戦闘の一つで1943年6月30日に米軍が上陸して始まった。周辺海域は日本軍の駆逐艦による輸送作戦が大きな被害を出したため“駆逐艦の墓場”と呼ばれた。ここでは同じニュージョージア諸島のレンドバ島・コロンバンガラ島・ベララベラ島での戦いも記述する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とニュージョージア島の戦い · 続きを見る »

ホーコン7世

ホーコン7世(Haakon VII, 1872年8月3日 - 1957年9月21日)は、ノルウェー国王(在位:1905年 - 1957年)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とホーコン7世 · 続きを見る »

ダンバートン・オークス会議

ダンバートン・オークス会議が開催された建物 ダンバートン・オークス会議(ダンバートン・オークスかいぎ、英:Dumbarton Oaks Conference)は、1944年8月から10月にかけてワシントンで開催された国際会議筒井(2002)、235頁。。この会議で採択された提案は「ダンバートン・オークス提案」といわれ、これはサンフランシスコ会議で採択された国連憲章のもととなった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とダンバートン・オークス会議 · 続きを見る »

ダンケルク

ダンケルク(Dunkerque, Dunkirk, Duinkerke(n), Dünkirchen, Duinekerke)は、フランス共和国オー=ド=フランス地域圏ノール県(首府、リール)の市。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とダンケルク · 続きを見る »

ダンケルクの戦い

ダンケルクの戦い(ダンケルクのたたかい、Bataille de Dunkerque, Battle of Dunkirk)は、第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である。追い詰められた英仏軍は、この戦闘でドイツ軍の攻勢を防ぎながら、輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員して、イギリス本国(グレートブリテン島)に向けて40万人の将兵を脱出させる作戦(ダイナモ作戦)を実行した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とダンケルクの戦い · 続きを見る »

ダイナモ作戦

ダイナモ作戦(ダイナモさくせん、Operation Dynamo)は、第二次世界大戦のダンケルクの戦いにおいて、1940年5月26日から6月4日にかけて行われた、連合軍の大規模撤退作戦のイギリス側コードネームである。イギリス海軍中将バートラム・ラムゼイが本作戦を計画し、イギリス首相ウィンストン・チャーチルにダイナモ・ルーム(ダイナモすなわち発電機があるドーバー城地下の海軍指揮所の一室) にて概要を説明したことから名づけられたHolmes (2001); p. 267。ダンケルク大撤退(Dunkirk evacuation)とも。 9日間に、860隻の船舶が急遽手配され、331,226名の兵(イギリス軍192,226名、フランス軍139,000名)をフランスのダンケルクから救出した。この“ダンケルクの小さな船たち”(Little Ships of Dunkirk)には、様々な貨物船、漁船、遊覧船および王立救命艇協会の救命艇など、民間の船が緊急徴用され、兵を浜から沖で待つ大型船(主に大型の駆逐艦)へ運んだ。この“小さな船たちの奇跡”はイギリス国民の心に深く刻まれ、大いに士気を高揚することとなったが、実際には兵の70%程度は港の防波堤から56隻の駆逐艦その他民間大型船に乗り込み撤退していた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とダイナモ作戦 · 続きを見る »

ベルリンの戦い

ベルリンの戦い(ベルリンのたたかい)英語Battle of Berlinは、第二次世界大戦末期、1945年4月16日の赤軍のゼーロウ高地攻撃開始から、総統地下壕におけるヒトラーの自殺、国会議事堂の陥落、5月2日のドイツ国防軍のベルリン防衛軍司令官ヘルムート・ヴァイトリングの降伏に至るまで、ベルリン周辺で展開された赤軍とドイツ軍の戦闘のことである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とベルリンの戦い · 続きを見る »

ベルリン封鎖

テンペルホーフ空港に物資を空輸してきた輸送機を見上げるベルリン市民 ベルリン封鎖(ベルリンふうさ、)は、第二次世界大戦終結後の1948年6月、ソビエト連邦政府が西ベルリンに向かう全ての鉄道と道路を封鎖した事件である。冷戦初期を象徴する出来事である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とベルリン封鎖 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とベルギー · 続きを見る »

ベニート・ムッソリーニ

ベニート・アミールカレ・アンドレーア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini、1883年7月29日 - 1945年4月28日)は、イタリアの政治家、教師、軍人。 イタリア社会党で活躍した後に新たな政治思想ファシズムを独自に構築し、国家ファシスト党による一党独裁制を確立した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とベニート・ムッソリーニ · 続きを見る »

分断国家

分断国家朝鮮の象徴・板門店 分断国家(ぶんだんこっか)とは、一つの国民国家になんらかの歴史的経緯を経て2つ以上の政府が同時に存在しそれぞれが当該国家の唯一の合法的政府であり、それ以外は違法であると主張している状態の国家である。それぞれの政府は当該国家の一部を実効支配しているが公式には領土全域の主権を主張している。そのために実効支配している相互交流が制限されている状態の国家を指す。分裂国家(ぶんれつこっか)などの呼び方もある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と分断国家 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ本土空襲

アメリカ本土空襲(アメリカほんどくうしゅう)は、第二次世界大戦(太平洋戦争(大東亜戦争))中に行われた、大日本帝国海軍の艦載機および大日本帝国陸軍の風船爆弾(気球爆弾)によるアメリカ合衆国本土を目標とした一連の空襲のことである。これらの日本軍による一連の空襲作戦はアメリカ合衆国史上初、そして2018年現在、最後のアメリカ本土に対する空襲である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアメリカ本土空襲 · 続きを見る »

アルバニア社会主義人民共和国

アルバニア社会主義人民共和国(アルバニアしゃかいしゅぎじんみんきょうわこく、)は、1946年、アルバニア王国の国王であるゾグー1世が退位し、アルバニア共産党が政権を握って誕生したバルカン半島の国家。1976年までの国号はアルバニア人民共和国(アルバニアじんみんきょうわこく、)であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルバニア社会主義人民共和国 · 続きを見る »

アルトマルク (船)

アルトマルク (Altmark) は、ドイツ海軍(Kriegsmarine)のタンカーである。母港を遠く離れ、長期間に渉り通商破壊戦を遂行する艦船に公海上で敵の攻撃を警戒しつつ燃料のみならず、必要物資を供給したドイツ海軍の補給艦である。1937年から1939年に同型5隻が建造された内の1隻。同艦は1938年にハンブルクのブローム・ウント・フォス社で建造された。船名「アルトマルク」はプロイセンの揺りかごと呼ばれるアルトマルク地方 (Altmark) に由来する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルトマルク (船) · 続きを見る »

アルトマルク号事件

イェッシングフィヨルドで撮影されたアルトマルク アルトマルク号事件(アルトマルクごうじけん、、、)は、第二次世界大戦中の1940年2月16日、当時中立だったノルウェーの領海を舞台にイギリスとドイツ国の間で発生した軍事衝突。イギリス海軍によって行われた大掛かりな移乗攻撃の最後のものである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルトマルク号事件 · 続きを見る »

アルプス国家要塞

ベルヒテスガーデン近郊の風景 アルプス国家要塞(アルプスこっかようさい、Alpenfestung、National redoubt)とは、第二次世界大戦末期にナチス・ドイツが最後の抵抗を行うためにドイツ南部に建設したという要塞地帯。しかしこれはプロパガンダ上のものであり、実際には存在しなかった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルプス国家要塞 · 続きを見る »

アルカディア会談

アルカディア会談(アルカディアかいだん、英:Arcadia Conference)は、第二次世界大戦中の1941年12月22日から1942年1月14日まで、イギリス連合王国とアメリカ合衆国の政府首脳間で、ワシントンD.C.において行われた会議である。「アルカディア」は会議のコードネームとして使用された。代表はウィンストン・チャーチルとフランクリン・ルーズベルトである。 真珠湾攻撃が起きたばかりであるが、アメリカ合衆国は戦争に勝利することを約束し、最初の目標はナチス・ドイツであるとした(ヨーロッパを最初の戦略目標とした)。また、ヨーロッパ作戦戦域において軍事的資源を統一して運用することにも同意した。 それ以外の会議の結果として、連合国共同宣言を1942年1月1日に行い、連合国(現在の国際連合)の結成に同意した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルカディア会談 · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアルジェリア · 続きを見る »

アントニオ・サラザール

アントニオ・デ・オリヴェイラ・サラザール(António de Oliveira Salazar、1889年4月28日 - 1970年7月27日)は、ポルトガルの政治家。首相および一時大統領で、エスタド・ノヴォの権威主義的独裁者と言われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアントニオ・サラザール · 続きを見る »

アーヘン

アーヘン大聖堂 アーヘン大聖堂の内部 市庁舎 アーヘン(標準Aachen )は、ドイツ連邦共和国の都市。ノルトライン=ヴェストファーレン州に属する。フランス語名はエクス・ラ・シャペル (Aix-la-Chapelle)。オランダ語名はアーケン (Aken)。ラテン語名はアクアエ・グラニ (Aquae-Grani, Aquisgranum)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアーヘン · 続きを見る »

アッツ島沖海戦

アッツ島沖海戦(アッツとうおきかいせん)は、第二次世界大戦中にコマンドルスキー諸島近海で起きた日本海軍とアメリカ海軍との間の海戦。連合国軍側の呼称はコマンドルスキー諸島海戦(Battle of the Komandorski Islands)#モリソンの太平洋海戦史218頁。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアッツ島沖海戦 · 続きを見る »

アブドゥル=イラーフ

アブドゥル=イラーフ(アラビア語:عبد الإله'Abdul Ilah、1913年11月14日 - 1958年7月14日)は、イラク国王・ガージーの従兄弟で義弟である。ファイサル2世が成人するまで、摂政(就任期間:1939年4月4日 - 1953年5月23日)を務めた。1943年以降は王太子の地位も持っていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアブドゥル=イラーフ · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラーの死

アドルフ・ヒトラーの死の項目では、1945年4月30日、ドイツ第三帝国総統アドルフ・ヒトラーが総統地下壕の一室で、夫人のエヴァ(エーファ)・ブラウンと共に自殺を遂げた経緯について記述する。自殺の手段は、銃と劇薬であるシアン化物を複合的に用いたものとされている。 ヒトラーの生前の意向に従い、夫妻の遺体はガソリンをかけて燃やされたが、その残骸はソビエト軍の防諜部隊・スメルシにより発見、回収された。ソ連によりヒトラーの遺体は秘密裏に埋められたが、1970年に掘り起こされ、完全に焼却された後にエルベ川に散骨された。これらの情報は冷戦終結後の1992年に旧ソ連のKGBと後継組織であるロシアのFSBに保管されていた記録が公開されたことによって明らかになった。また、これによりトレヴァー=ローパーの1947年の著書「The Last of Hitler」で示されたヒトラーの死についての見解が裏付けられた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアドルフ・ヒトラーの死 · 続きを見る »

アイスランド侵攻

アイスランド侵攻(アイスランドしんこう、Invasion of Iceland)は、第二次世界大戦においてイギリスが、1940年5月10日に中立国のアイスランド王国へ侵攻した軍事行動である。作戦名は「フォーク作戦(Operation Fork)」。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアイスランド侵攻 · 続きを見る »

アイスランド王国

アイスランド王国(アイスランドおうこく、、)は、1918年から1944年まで存続した、デンマーク王国との同君連合体制下におけるアイスランドの国家。国家領域は現在の共和国アイスランドと同一である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアイスランド王国 · 続きを見る »

アシカ作戦

アシカ作戦計画図 アシカ作戦(アシカさくせん、独:Unternehmen Seelöwe、英:Operation Sea Lion)は、第二次世界大戦中にドイツが計画したイギリス本土上陸作戦の呼称。結局この作戦は実施されることはなかった。アシカ作戦は原語であるドイツ語をカタカナ書きしてゼーレーヴェ作戦、同じく英語をカタカナ書きしてシーライオン作戦とも呼ばれる場合がある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアシカ作戦 · 続きを見る »

アゾレス諸島

アゾレス諸島は、大西洋の中央部(マカロネシア)に位置するポルトガル領の群島。諸島全体は自治権を持ち、一つの行政区でもある。島名の発音はポルトガル語ではアソーレス (Açores) となる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とアゾレス諸島 · 続きを見る »

イラン進駐 (1941年)

二次世界大戦中のイラン進駐(イランしんちゅう)は、1941年8月25日から9月17日まで行われた、イギリスとソビエト連邦によるイラン侵攻作戦である。作戦名はカウンタナンス作戦(Operation Countenance、「顔色作戦」の意味)と呼ばれる。この侵攻作戦の目的は、イギリスの油田の安全確保と東部戦線でナチス・ドイツと戦っているソビエト連邦に対する補給線の確保である(ペルシア回廊を参照)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイラン進駐 (1941年) · 続きを見る »

イラク王国

イラク王国(イラクおうこく、)は、1921年から1958年にかけて、現在のイラクに存在した国家。ヨルダン・ハシミテ王国とともにハーシム家の王国であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイラク王国 · 続きを見る »

インパール作戦

インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦(ウごうさくせん))とは、1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。 当初より軍内部でも慎重な意見があったものの、牟田口廉也中将の強硬な主張により作戦は決行された。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。この記事はも併せて解説する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とインパール作戦 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイギリス · 続きを見る »

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国(イギリスりょうインドていこく)は、1858年にイギリスがインドに成立させたインド帝国(英語:Indian Empire)を指す。1877年以降はイギリスの君主がインド皇帝を兼ねる同君連合の形式が取られたが、事実上イギリスの植民地であった。英領インド・英印とも呼ばれる。またイギリスによる統治を指してヒンディー語で「」(英語ではBritish Raj)と呼ぶ。 その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイギリス領インド帝国 · 続きを見る »

イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、Commonwealth of Nations、旧名:British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、主にイギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)ともいう。実態は、民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(一国の国家形態としての連邦国家ではなく、また構成国各国は必ずしも同君連合の関係にあるとも限らない)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイギリス連邦 · 続きを見る »

イギリス海外派遣軍

イギリス海外派遣軍(イギリスかいがいはけんぐん、British Expeditionary Force、BEF)はイギリス陸軍における国外派遣部隊。第一次世界大戦時と第二次世界大戦時の2回編成されている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイギリス海外派遣軍 · 続きを見る »

イタリアの降伏

二次世界大戦におけるイタリアの降伏では、第二次世界大戦中の1943年9月8日に、イタリア王国が連合国と締結していた休戦協定を発表して枢軸国から離脱し、降伏に至った経緯を記述する。 イタリアの動きを事前に察知していたドイツ軍は、この発表の直後にイタリア半島およびその他のイタリア勢力圏を速やかに制圧。イタリア本土では南部から侵攻する連合国軍と、北部のドイツ軍、およびドイツの傀儡のイタリア社会共和国との、イタリア戦線が構築された。休戦についてイタリア語では調印を行われた場所から、Armistizio di Cassibile(カッシビレの休戦)か、もしくは、Armistizio dell'8 Settembre (9月8日の休戦、あるいは8 Settembre『9月8日』)と記載される。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイタリアの降伏 · 続きを見る »

イタリア王国

イタリア王国(イタリアおうこく、伊:)は、現在のイタリア共和国の前身となる王国。1861年に成立し、1946年に共和制へ移行した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイタリア王国 · 続きを見る »

イタリア社会共和国

イタリア社会共和国(イタリアしゃかいきょうわこく、、RSI)は、1943年9月から1945年4月までローマ以北のイタリアに存在した国家。北部・中部イタリアを支配する国家として2年近く体制を維持し、第2のイタリア・ファシズム政権として機能した。対外的にはドイツ国の衛星国であり、親衛隊やドイツ国防軍の強い統制を受けた。 後の戦勝国となる連合軍各国からはイタリア王国から分離したRSIを正当な政府と認めず、建国初期にガルダ湖湖畔の町サロに政府をおいたことからサロ共和国()と蔑称した。法律上の首都はローマであり、実務上の首都もサロから状況に合わせてブレシアやガルニャーノ、ヴェローナなどに遷都が繰り返され、最終的にはミラノに政府中枢が設置されていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイタリア社会共和国 · 続きを見る »

イタリア領東アフリカ

イタリア領東アフリカ(イタリアりょうひがしアフリカ、Africa Orientale Italiana)は、1936年5月9日に成立したエチオピア、イタリア領ソマリランド、エリトリアの3地域を合わせたイタリアの植民地。形式上では、イタリア王国と同君連合を組む東アフリカ帝国とされていたが、実質上ではイタリアの植民地であった。約5年後に解体された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とイタリア領東アフリカ · 続きを見る »

ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, 、1874年11月30日 - 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とウィンストン・チャーチル · 続きを見る »

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(ウクライナ・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく)は、かつてウクライナに存在した社会主義国家である。1917年12月25日に成立したウクライナ人民共和国がその祖となっており、その後、いくつかのソビエト共和国を併合し、以後1991年8月24日まで存続した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とウクライナ・ソビエト社会主義共和国 · 続きを見る »

エチオピア帝国

チオピア帝国(エチオピアていこく、)は、1270年から1974年まで存続したアフリカ東部の国家。現在のエチオピアおよびエリトリアにほぼ一致する領域を支配し、最大版図は現在のソマリア、ジブチ、ケニア、スーダン、南スーダン、エジプト、アラビア半島の一部まで及んだ。欧米のアフリカ分割の最中にあって独立を保ったアフリカ最古の独立国である。 実際は複数の王朝が交代し、また皇帝の存在しなかった時代もあるため、エチオピアの歴代王朝の総称ないし国家の系譜と考えることもできる。また、前身のザグウェ朝もエチオピア帝国の歴史の一部として捉える説もあり、その場合に推定される国家成立年は1137年である。軍事クーデターにより、最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世が1974年に倒れ、帝国は終焉した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエチオピア帝国 · 続きを見る »

エルヴィン・ロンメル

ルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル(Erwin Johannes Eugen Rommel、1891年11月15日 - 1944年10月14日)はドイツの陸軍軍人である。 第二次世界大戦のフランスや北アフリカでの戦闘指揮において驚異的な戦果を挙げた、傑出した指揮官として知られる。広大な砂漠に展開されたアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、敵対する側の英首相チャーチルをして「ナポレオン以来の戦術家」とまで評せしめた。アフリカにおける知略に富んだ戦いぶりによって、第二次大戦中から「砂漠の狐」の異名で世界的に知られた。 貴族(ユンカー)出身では無い、中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。数々の戦功だけでなく、騎士道精神に溢れた行動・多才な人柄・悲劇的な最期・SS(親衛隊)ではなく国防軍の所属であったことなどから、当時のみならず現在でも各国での評価・人気が高い将帥の一人である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエルヴィン・ロンメル · 続きを見る »

エル・アラメインの戦い

ル・アラメインの戦い(エル・アラメインのたたかい)は、第二次世界大戦の北アフリカ戦線における枢軸国軍と連合国軍の戦いである。第一次会戦は1942年7月1日から31日。第二次会戦は同年10月23日から11月3日に行われた。 アメリカの軍史家のイヴァン・ミュージカントはこの戦いを「ミッドウェイ海戦、第三次ソロモン海戦、スターリングラード攻防戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエル・アラメインの戦い · 続きを見る »

エルベの誓い

ルベの誓い(エルベのちかい)は、第二次世界大戦末期の1945年4月25日に、ナチス・ドイツを壊滅させるために東進を続ける連合国のアメリカ軍と、西進を続けるソ連赤軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸、ザクセン州で初めて出会った出来事を指す。これはベルリン陥落の1週間前であり、トルガウはドレスデンとマクデブルクのほぼ中間点にあり、終戦後は東ドイツに属した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエルベの誓い · 続きを見る »

エルベ川

流域 エルベ川(エルベがわ、、Labe、Die Elbe、低ザクセン語: De Elv)は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエルベ川 · 続きを見る »

エドゥアール・ダラディエ

ドゥアール・ダラディエ(Édouard Daladier, 1884年6月18日 - 1970年10月10日)はフランスの政治家。3度に渡って首相を務めた(在任:1933年、1934年、1938年 - 1940年)。このほか17の閣僚経験を持つ(兼任も含む)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエドゥアール・ダラディエ · 続きを見る »

エジプト王国

プト王国(エジプトおうこく、)は、現在のエジプト・アラブ共和国の地域を領土とし、1922年から1953年の間ムハンマド・アリー朝が支配していた王国。により、共和制に移行されるまで存在した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエジプト王国 · 続きを見る »

エストニア

トニアが外交使節を派遣している諸国の一覧図。 エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とエストニア · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオランダ · 続きを見る »

オランダにおける戦い (1940年)

ランダにおける戦い(オランダにおけるたたかい、蘭:Slag om Nederland)は、第二次世界大戦初期における、ドイツ軍による低地諸国(ベルギー、ルクセンブルク、オランダ)とフランスへの侵攻作戦(黄色作戦、Fall Gelb)の一部である。 戦闘は1940年5月10日から5月17日まで行われた。ドイツ空軍によるロッテルダムへの爆撃後に、同様の惨劇が他の都市に及ばないように、オランダ軍が降伏と言う選択を行なった。その結果、ナチス・ドイツが勝利しオランダを占領した。オランダ政府はイギリスに亡命し亡命政府を作った。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオランダにおける戦い (1940年) · 続きを見る »

オランダ領東インド

ランダ領東インド諸島(Nederlands-Indië、オランダりょうひがしインドしょとう)、通称オランダ領東インドは、かつてオランダが宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、あるいはその領域をさす名称である。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシア(2005年現在)の版図にあたる。総督府所在地はバウテンゾルグ(現在のボゴール)にあった。 オランダによる、現在のジャカルタ占領から始まった東インド支配については「300年(または350年)におよぶ植民地支配」という呼び方があるが、今日のインドネシアの版図をあらわす「サバン(スマトラ島最西北部にある町)からムラウケ(ニューギニア島最東端の町)まで」の領域をオランダがほぼ完全に掌握したのは20世紀初頭のことである。 英語では「Dutch East Indies」と表記する。戦前の日本では漢語表記の「蘭領東印度(らんりょうとういんど)」から「蘭印」の略字がよく用いられた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオランダ領東インド · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオーストラリア · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオーストリア · 続きを見る »

オスロ

( 、旧称クリスチャニア、クリスティアーニアもしくは)は、ノルウェー王国の首都にして最大の都市である。王宮、行政、立法、司法などの機関が集まる。オスロ市はオスロ県と同じ範囲である。世界でも物価の高い都市のひとつであり、北欧有数の世界都市でもある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とオスロ · 続きを見る »

カール・デーニッツ

ール・デーニッツ(Karl Dönitz、1891年9月16日 - 1980年12月24日)は、ドイツの海軍軍人、政治家。 潜水艦作戦の第一人者で、無線誘導による群狼作戦をあみだした。ウィンストン・チャーチルを最も苦しめたドイツの軍人の一人。海軍軍人としての最終階級は元帥(大提督)。総統アドルフ・ヒトラーの自殺後にはそのに基づき大統領に就任し、連合国への無条件降伏を行った。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とカール・デーニッツ · 続きを見る »

カティンの森事件

ティンの森事件(カティンのもりじけん、、)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦(ロシア共和国)のグニェズドヴォ(Gnyozdovo)近郊の森で約22,000人のポーランド軍将校、国境警備隊員、警官、一般官吏、聖職者がソビエト内務人民委員部(NKVD)によって銃殺された事件。「カティンの森の虐殺」などとも表記する。 NKVD長官ベリヤが射殺を提案し、ソビエト共産党書記長スターリンと政治局の決定で実行された「カチンの森 戦後70年歴史を歩く」『読売新聞』2015年11月13日付夕刊。。 「カティン(カチンとも。)」は現場近くの地名で、事件とは直接関係ないものの、覚えやすい名前であったためナチス・ドイツが名称に利用した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とカティンの森事件 · 続きを見る »

カイロ宣言

イロ宣言(カイロせんげん、Cairo Declaration)は、第二次世界大戦中の1943年に開かれたカイロ会談()を経て示された宣言。連合国の対日方針などが定められた。後述するように「カイロ宣言」は日時や署名がなく、公文書も存在しておらず宣言として扱うことが適切かについては議論もある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とカイロ宣言 · 続きを見る »

カサブランカ会談

ブランカ会談 カサブランカ会談(カサブランカかいだん、Casablanca Conference)は、第二次世界大戦中に行われた連合国の首脳会談の一つ。1943年1月14日から23日にかけて、モロッコのカサブランカにおいて開催された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とカサブランカ会談 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とギリシャ · 続きを見る »

ギリシャの戦い

リシャの戦い(ギリシャのたたかい)は、第二次世界大戦中にギリシャおよびアルバニア南部地方で起こった戦いである。 戦いは連合国(ギリシャ、イギリス連邦)と枢軸国(ドイツ、イタリア、ブルガリア)の間で行われた。クレタ島の戦い、いくつかの海戦、ギリシャの戦いは第二次世界大戦におけるドイツ軍のバルカン半島、エーゲ海攻略作戦の1つとして考えられており、また、ギリシャの戦いは1940年10月28日より始まったギリシャ・イタリア戦争の延長と考えられている。 戦争の前半となるギリシャ・イタリア戦争において、イタリア軍はギリシャ軍に1週間で撃退され、反対にアルバニアの南部をギリシャに奪われる形になった。イタリアは1941年3月、ギリシャへ大規模な反撃を加えたがこれも撃退されたため、ドイツはこれを支援せざるを得なくなった。1941年4月6日、ドイツ軍はブルガリアを経由してギリシャに侵入、ギリシャ侵攻作戦であるマリータ作戦 (Unternehmen Marita) が発動された。ギリシャ軍、イギリス連邦軍は粘り強い反撃を行ったが、ドイツ軍の圧倒的な攻撃の前に崩された。アテネは4月27日に陥落したが、イギリス連邦軍はからくも約50,000名の将兵を脱出させることに成功した。ギリシャ侵攻作戦はペロポネソス地方のカラマタ陥落で素早い進撃を見せたドイツ軍の完勝に終わり、作戦も24日以内で終了した。 ドイツ軍、連合軍内部でギリシャ将兵の粘り強い抵抗には賞賛の声があがった。特に歴史家の一部はドイツのギリシャ侵攻作戦により、ドイツはソ連侵攻を延期せざるを得なくなったが、それは致命的なことであったと主張している* Keegan (2005), 144。しかしソ連侵攻作戦に影響がないとする歴史家は、ソ連侵攻作戦の発動には影響はなく、むしろ「政治的感傷的決定」もしくは「ギリシャへのイギリスの干渉を増やした戦略的な大失敗」と主張している。当事者であるイギリス国内でも介入の価値を巡って議論が行われたが、1952年に内閣官房の歴史担当部署によって対ソ戦への影響はなかったと結論付けられているRichter (1998), 640。 他にソ連侵攻の実行責任者であるアドルフ・ヒトラーは前者に立つ発言をしているが、これは周囲に対して感情的に発した言葉であり、客観的な証拠を伴っていない事が大半の歴史家によって指摘されている。ヒトラーは自身の敗北責任をかつての同盟国(当時、イタリアは親独派と反独派に分離していた)に押し付けていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とギリシャの戦い · 続きを見る »

ギリシャ・イタリア戦争

リシャ・イタリア戦争(ギリシャ・イタリアせんそう、Greco-Italian War)は、1940年10月28日から1941年4月6日まで、枢軸国のイタリアと連合国のギリシアとの間で戦われた第二次世界大戦の戦争を指す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とギリシャ・イタリア戦争 · 続きを見る »

ギリシャ内戦

リシャ内戦(ギリシャないせん、Ελληνικός Εμφύλιος Πόλεμος)は、1946年から1949年の間にかけてギリシャにおいて争われた内戦である。一方の当事者は中道右派政府と右派民兵で、イギリスおよびアメリカの支援を受けていた。もう一方はナチス・ドイツ占領下のギリシャにおける最大のレジスタンス組織であった共産主義ゲリラ(ELAS)で、ギリシャ共産党(KKE) の指導下にあった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とギリシャ内戦 · 続きを見る »

クリミア半島

リミア半島(クリミアはんとう)、または単にクリミア(Crimea, Крым, Крим, Qırım)は、黒海の北岸にある半島。面積は2万6844km2、2014年1月1日時点の人口は235万3100人。 1991年の独立以来ウクライナに属していたが、2014年のクリミア危機でロシアへの編入の是非を問う住民投票が行われて以降、帰属についてロシアとウクライナの間で係争状態にある。ロシアは自国に編入したと主張し、実効支配しているが、ウクライナではクリミア編入はウクライナ憲法に違反しているとして現在もウクライナの領土の一部であると主張し、日本を含め国際社会の多くが支持している。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とクリミア半島 · 続きを見る »

クレメント・アトリー

初代アトリー伯爵クレメント・リチャード・アトリー(Clement Richard Attlee, 1st Earl Attlee、1883年1月3日 - 1967年10月8日)は、イギリスの政治家。首相(在任:1945年 - 1951年)。 労働党党首(1935年 - 1955年)。ラムゼイ・マクドナルド以来2人目の労働党出身の首相で、同党出身の首相として初めて4年の任期を全うできただけでなく、任期中に議会で過半数の議席を得ることができた首相でもある。 同政権下では国営医療事業国民保健サービス(NHS)などが設立され、イギリスはベヴァリッジ報告書構想に基づく福祉国家の建設に歩みだした。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とクレメント・アトリー · 続きを見る »

クレタ島の戦い

レタ島の戦い(クレタとうのたたかい、Battle of Crete)は、第二次世界大戦中の1941年5月20日-6月1日にかけてドイツ軍の空挺部隊とクレタ島を防衛するイギリスを中心とする連合軍の間に戦われた戦闘を指す。ドイツ軍はメルクール作戦(独:Unternehmen Merkur,ギリシャ神話の商業・盗賊の神メルクリウスに由来)と呼んだ。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とクレタ島の戦い · 続きを見る »

クロアチア独立国

アチア独立国(クロアチアどくりつこく、Nezavisna Država Hrvatska)は、主に現在のクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの領域に存在した国家。一般にドイツ及びイタリアの傀儡国家と見做されている。独立国家クロアチアと訳されることもある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とクロアチア独立国 · 続きを見る »

グリーンランド

リーンランド(Kalaallit Nunaat「人の島」の意、Grønland「緑の島」の意)は、北極海と北大西洋の間にある世界最大の島(日本の面積の5.7倍)。デンマークの旧植民地。現在はデンマーク本土、フェロー諸島と対等の立場でデンマーク王国を構成しており、独自の自治政府が置かれている。 大部分が北極圏に属し、全島の約80%以上は氷床と万年雪に覆われる。巨大なフィヨルドが多く、氷の厚さは3,000m以上に達する所もある。居住区は沿岸部に限られる。 カナダとの国境線上にあるハンス島の領有をめぐって、カナダとデンマークの間で係争中である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とグリーンランド · 続きを見る »

コロンバンガラ島沖海戦

ンバンガラ島沖海戦(コロンバンガラとうおきかいせん)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1943年7月12日にソロモン諸島コロンバンガラ島沖で発生した海戦のこと。日本海軍のコロンバンガラ島への輸送部隊とアメリカ海軍、ニュージーランド海軍が交戦し、日本軍は軽巡洋艦1隻が沈没、アメリカ軍は駆逐艦1隻が沈没し、軽巡洋艦3隻が大破した。アメリカ軍およびニュージーランド軍側の呼称はコロンバンガラ海戦(Battle of Kolombangara)。なお、ここではコロンバンガラ島沖海戦前の7月9日に行われた輸送作戦、および海戦後の7月19日から20日にかけて行われた第七戦隊などの出撃と輸送作戦についても合わせて述べる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とコロンバンガラ島沖海戦 · 続きを見る »

コーカサス

ーカサス山脈 コーカサス()、またはカフカース、カフカス( (ラテン文字転写例: Kavkaz)、、、)は、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む低地からなる面積約44万km2の地域である。コーカサスの漢字表記は高加索。 英語のコーカサス、ロシア語のカフカースとも (Kaukasos; カウカーソス)に由来する。 「カウカーソス」自体は、一説に、古代スキタイ語のクロウカシス(白い雪)に由来するとされる。 コーカサス山脈を南北の境界として北コーカサスと南コーカサス(ザカフカジエ、ザカフカース、トランスカフカス、外カフカース)に分かれ、北コーカサスはロシア連邦領の北カフカース連邦管区および南部連邦管区に属する諸共和国となっており、南コーカサスは旧ソ連から独立した3共和国からなる。北コーカサス(ロシア)はヨーロッパに区分され、南コーカサスは西アジアに区分されることもあるがヨーロッパに区分されることもある。 全体的に山がちな地形で、山あいには様々な言語、文化、宗教をもった民族集団が複雑に入り組んで暮らしており、地球上でもっとも民族的に多様な地域であると言われる。 ケフィア発祥の地で、しばしば、この地方の人々は、ケフィアを飲んでいるために長寿であると喧伝されるが、統計的に見て、この地方の人々が長寿であるという科学的根拠はない。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とコーカサス · 続きを見る »

シチリア

チリア島(Sicilia, シチリア語: Sicìlia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海最大の島である。 周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とシチリア · 続きを見る »

シャルル・ド・ゴール

ャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(Charles André Joseph Pierre-Marie de Gaulle、1890年11月22日 - 1970年11月9日)は、フランスの貴族、陸軍軍人、政治家。フランス第18代大統領。第二次世界大戦で本国失陥後、ロンドンにロレーヌ十字の自由フランスを樹立しレジスタンスと共闘した。戦後すぐ首相に就任し、ロスチャイルド家やシュナイダー家といった金融資本家と関わりながら経済政策を展開した。1959年には大統領に就任した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とシャルル・ド・ゴール · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とシンガポール · 続きを見る »

ジャワ沖海戦

ャワ沖海戦(ジャワおきかいせん)は、第二次世界大戦での日本海軍航空隊と連合軍艦隊との間の海戦。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とジャワ沖海戦 · 続きを見る »

スモレンスク

モレンスク (Смоленск, Smolensk) は、ドニエプル川沿いに位置する、ロシア連邦の西方の都市である。モスクワからは西南西へ360km、スモレンスク州の州都。人口は351,100人(2003年推計)、2002年国勢調査では325,137人であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とスモレンスク · 続きを見る »

スロバキア共和国 (1939年-1945年)

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、Slovenská republika)は、1939年3月14日から1945年5月8日まで存在していた共和国である。ナチス・ドイツの同盟国かつ従属国であった。 スロバキア共和国の法的地位は、ミュンヘン協定の破棄の結果、第二次世界大戦の戦勝国によって、成立の時点に遡及して無効なものであるとされた。このため後のチェコスロバキア共和国(第三共和国)や現在のスロバキア共和国(第二共和国、Druhá Slovenská republika)は、スロバキア共和国の継承国とはみなされない。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とスロバキア共和国 (1939年-1945年) · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とスウェーデン · 続きを見る »

スターリングラード攻防戦

ターリングラード攻防戦(スターリングラードこうぼうせん(英語Battle of Stalingrad)、1942年6月28日 - 1943年2月2日)は、第二次世界大戦の独ソ戦において、ソビエト連邦領内のヴォルガ川西岸に広がる工業都市スターリングラード(現ヴォルゴグラード)を巡り繰り広げられた、ドイツ、ルーマニア、イタリア、ハンガリー、およびクロアチアからなる枢軸軍とソビエト赤軍の戦いである。 スターリングラードは元来ドイツ軍のブラウ作戦における副次的目標の一つに過ぎなかったが、戦略上の要衝の地であったことに加え、時のソビエト連邦最高指導者ヨシフ・スターリンの名を冠した都市でもあったことから熾烈な攻防戦となり、史上最大の市街戦に発展、やがては日露戦争の奉天会戦や第一次世界大戦のヴェルダンの戦いを上回る動員兵力、犠牲者、ならびに経済損失をもたらす野戦に拡大した。 緒戦は枢軸軍側の優位に進み、市街地の90%以上を占領したものの、最終的にはソ連軍側の反攻により、ドイツ第6軍を主軸とする枢軸軍が包囲され、降伏した。独ソ戦の趨勢を決し、第二次世界大戦の全局面における決定的な転換点のひとつとなった。米国の軍史家イヴァン・ミュージカントはこの戦を「ミッドウェイ海戦、エル・アラメインの戦い、第三次ソロモン海戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。 死傷者数はソンムの戦いなどの第一次世界大戦の激戦を遥かに超える規模で、枢軸側が約85万人、ソビエト側が約120万人、計200万人前後と見積もられた。街は瓦礫の山と化し、開戦前に60万を数えた住民が終結時点でおよそ9800名にまで激減。第二次世界大戦最大の激戦、また13世紀の「バグダッド包囲殲滅戦」(モンゴル帝国)などと並ぶ人類全史上でも屈指の凄惨な軍事戦であったと目されている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とスターリングラード攻防戦 · 続きを見る »

セイロン沖海戦

ベンガル湾南西に位置するセイロン島 セイロン沖海戦(セイロンおきかいせん)は、1942年4月5~9日にインド洋セイロン島沖で日本海軍とイギリス海軍の間で行われた戦闘。インド洋作戦の過程で発生した。連合国軍側の呼称はインド洋空襲(Indian Ocean raid)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とセイロン沖海戦 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とソビエト連邦 · 続きを見る »

ソ連占領地域

連占領地域(ソれんせんりょうちいき、Sowjetische Besatzungszone; SBZ)または東部地域(Ostzone)は、ヤルタ会談での連合国の協定に基づき、第二次世界大戦後に連合国の統治下に置かれた連合軍軍政期ドイツ(1945-1949)においてソビエト連邦が占領統治した地域である。ザクセン州やテューリンゲン州、ザクセン=アンハルト州、ブランデンブルク州の大部分と、メクレンブルク、が含まれる。旧ドイツ東部領土は、平和条約を締結するまでポーランドとソ連が統治することになっていたため、含まれなかった。1949年にソ連占領地域(SBZ)は、新たに建国したドイツ民主共和国(DDR)の領土となった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とソ連占領地域 · 続きを見る »

ソ連対日参戦

連対日参戦(ソれんたいにちさんせん英語Soviet–Japanese War)とは、満州国において1945年(昭和20年)8月9日未明に開始された日本の関東軍と極東ソビエト連邦軍との間で行われた満州・北朝鮮における一連の作戦・戦闘と、日本の第五方面軍とソ連の極東ソビエト連邦軍との間で行われた南樺太・千島列島における一連の作戦・戦闘である。この戦闘の勃発により、日本の降伏を決定付ける事となった。 日ソ中立条約を破棄したソ連軍による侵攻であるが、ソ連側はこれに先立つ関東軍特種演習の段階で同条約が事実上破棄されたものとしている。 日本の防衛省防衛研究所戦史部では、この一連の戦闘を「対ソ防衛戦」と呼んでいるが、ここでは日本の検定済歴史教科書でも一般的に用いられている「ソ連対日参戦」を使用する。。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とソ連対日参戦 · 続きを見る »

ソ連対日宣戦布告

連対日宣戦布告(ソれんたいにちせんせんふこく Soviet Declaration of War on Japan)は、1945年(昭和20年)8月8日に、ソ連が日本に対して行った宣戦布告を言う。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とソ連対日宣戦布告 · 続きを見る »

ソ連崩壊

連崩壊(ソれんほうかい、Распад СССР)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とソ連崩壊 · 続きを見る »

サイパン島

イパン島(サイパンとう、Saipan、漢字表記:日:彩帆・中:塞班)は、アメリカ合衆国の自治領である北マリアナ諸島の中心的な島。北マリアナ諸島の政治・経済の中心地で、主都ススペ (Susupe) や最大都市ガラパン(Garapan)も同島にある。1920年(大正9年)から1945年(昭和20年)までは国際連盟による日本の委任統治領となっていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)とサイパン島 · 続きを見る »

冬戦争

冬戦争(ふゆせんそう、芬:talvisota)は、第二次世界大戦の勃発から3ヶ月目にあたる1939年11月30日に、ソビエト連邦がフィンランドに侵攻した戦争である。フィンランドはこの侵略に抵抗し、多くの犠牲を出しながらも、独立を守った。 両国間の戦争が1941年6月に再開されたため、第1次ソ・芬(ソ連・フィンランド)戦争とも言う。なお、後続の戦争は第2次ソ・芬戦争、あるいは継続戦争と称される。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と冬戦争 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と冷戦 · 続きを見る »

児島襄

児島 襄(こじま のぼる、1927年1月26日 - 2001年3月27日)は、日本の作家、戦記作品を多数著した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と児島襄 · 続きを見る »

元帥 (ドイツ)

元帥(げんすい)は、ドイツ軍人にとって、尉官、佐官、将官を超える軍人に与えられる最高位の階級である。 陸軍、空軍では、海軍ではと呼ばれた。 日本語ではいずれも「元帥」か、もしくは海軍のGroßadmiralについては「大提督」と訳される。本項では、帝政ドイツ成立(1871年)以降のドイツにおける元帥位について述べる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と元帥 (ドイツ) · 続きを見る »

国家社会主義ドイツ労働者党

国家社会主義ドイツ労働者党(こっかしゃかいしゅぎドイツろうどうしゃとう、Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei 、略称: NSDAP)は、かつて存在したドイツ国の政党。一般にナチス、ナチ党などと呼ばれる(詳細は#名称を参照)。1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立され、1920年に改称した。指導者原理に基づく指導者(Führer)アドルフ・ヒトラーが組織全体の意思決定を行い、カリスマ的支配を行っていた。1933年の政権獲得後、ドイツ国に独裁体制を敷いたものの(ナチス・ドイツ)、1945年にドイツ国が第二次世界大戦で敗戦し崩壊したことに伴い事実上消滅し、連合国によって禁止(非合法化)された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国家社会主義ドイツ労働者党 · 続きを見る »

国内軍 (ポーランド)

historical国内軍の軍旗 国内軍の腕章 いかり国内軍のシンボルの一つで、「Polska Walcząca(戦うポーランド)」の頭文字を図案化したものである。 国内軍(こくないぐん、Armia Krajowa アルミア・クラヨーヴァ、略称: AK)は、第二次世界大戦中のポーランドで活動した、ナチス・ドイツの占領軍に対する抵抗組織である。1939年に編成されたを起源としている。1942年2月にはが形成され、続く2年間ポーランドの他の地下組織を統合し、赤軍がポーランド全土を占領してドイツ軍が排除された1945年1月に解散した。 国内軍は40万以上の構成員を有するポーランド最大かつ、大戦中の世界で2番目に大きなレジスタンス組織であった(1番目はユーゴスラビアのパルチザン)。として知られるポーランド亡命政府指導下の文民抵抗組織と連携し、国内における武装抵抗運動を展開した。 国内軍の主な行動はドイツ本国から東部戦線に向かうドイツ側輸送機関へのサボタージュおよびドイツ軍に対するゲリラ攻撃である。1943年から1944年のでは多数のドイツ軍部隊を足止めした。 国内軍を指揮するポーランド亡命政府は、ソビエト連邦が支援するポーランド国民解放委員会(ルブリン政権)と対立する関係にあり、ソ連からは敵性組織と見なされていた。そのため、残党の一部は解散後の1950年代後半まで対ソ抵抗運動を展開し、とも呼ばれた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国内軍 (ポーランド) · 続きを見る »

国際復興開発銀行

国際復興開発銀行(こくさいふっこうかいはつぎんこう、International Bank for Reconstruction and Development, IBRD)は、第二次世界大戦後の各国の経済面での復興を援助するために設立された、本部をワシントンD.C.に置く国際金融機関。現在では世界銀行グループの一員である。一般に世界銀行という場合に本行を指すことがある。 1944年のブレトン・ウッズ協定によって設立が決まり、1946年に業務を開始、1947年からは国連の専門機関となった。 第二次世界大戦によって荒廃した、ヨーロッパなど戦勝国を中心に復興資金を援助するために設立された。貸付条件は緩く、長期融資で、無償か、または贈与率が高い。当初対象にしていた国々が復興を果たした現在では、主に開発途上国が対象になっている。 IMFとは違い、プロジェクト単位の融資を行うことが多く、便宜上民間機関へ貸付を行うこともある。 資金源は、世界銀行債券(IBRD債)が多くを占めている。このほかに、加盟国の出資金などもあるが、割合は低く、むしろ世界銀行債が投資家に返済できなくなった場合の保証の意味合いが強い(実際に債務不履行に陥ったことは今までにない)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際復興開発銀行 · 続きを見る »

国際通貨基金

国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。 加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際通貨基金 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際連合 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、United Nations Security Council)は、国際連合の主要機関の一つ。安全保障理事会は、実質的に国際連合の中で最も大きな権限を持っており、事実上の最高意思決定機関である。国連主要機関の中で法的に国際連合加盟国を拘束する権限がある数少ない機関でもある。その目的や権限は、国際連合憲章に定められていて世界の平和と安全の維持に対して重大な責任を持つことが規定されている。略して安全保障理事会または安保理(あんぽり)ともいわれている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際連合安全保障理事会 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会常任理事国

国際連合安全保障理事会常任理事国(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく)、略称国連安保理常任理事国(こくれんあんぽりじょうにんりじこく)は、国際連合安全保障理事会を構成し、恒久的な地位を持つ理事国である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際連合安全保障理事会常任理事国 · 続きを見る »

国際連盟

国際連盟(こくさいれんめい、League of Nations, Société des Nations, Sociedad de Naciones)は、第一次世界大戦後の1919年の協商国と、ドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により規定され、ヴェルサイユ条約の発効日である1920年1月10日に正式に発足した国際機関である。 連盟としての初会合は1920年1月16日にフランス・パリで、第1回総会は1920年11月15日にスイス・ジュネーヴで開催された。 史上初の国際平和機構であり、日本では連盟と略されることもある。 連盟本部は1920年から1936年まではジュネーヴのパレ・ウィルソンに、1936年からは同じくジュネーヴのパレ・デ・ナシオンに設置されていた。パリ家の屋敷シャトー・ド・プレニーも、1920年から1939年まで国際連盟の会場として使用された。 第二次世界大戦勃発後は事実上活動を停止していたが、1946年4月に国際連盟は正式に解散し、その資産と役割は1945年10月24日に51ヵ国の原加盟国により設立された「国際連合(英:United Nations)」に継承された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と国際連盟 · 続きを見る »

四人の警察官構想

四人の警察官構想(よにんのけいさつかんこうそう)とは、1943年にアメリカ合衆国のフランクリン・ルーズベルトがカイロ会談、テヘラン会談を通して主張した構想である。連合国共同宣言署名の四大国のアメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦、中華民国が世界平和の維持に当たるという戦後の国際連合と国際連合憲章の基礎になった。 スターリン)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と四人の警察官構想 · 続きを見る »

硫黄島の戦い

硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい、いおうじまのたたかい、Battle of Iwo Jima, 1945年2月19日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に東京都硫黄島村に属する小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間で行われた戦いである。アメリカ軍側の作戦名はデタッチメント作戦()。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と硫黄島の戦い · 続きを見る »

空襲

襲(くうしゅう、Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と空襲 · 続きを見る »

第2回ケベック会談

アンドルー・カニンガム。 第2回ケベック会談(だい2かいケベックかいだん、コードネーム“OCTAGON”)は、第二次世界大戦中にイギリスとアメリカ合衆国、カナダで開かれた軍事に関する首脳会談。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第2回ケベック会談 · 続きを見る »

第6軍 (ドイツ軍)

6軍 (ドイツ軍)は(独Deutsche 6.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第6軍 (ドイツ軍) · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第一次アキャブ作戦

一次アキャブ作戦(だいいちじアキャブさくせん、英:First Arakan Campaign)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年末頃から1943年4月までの約4ヶ月間、主に大日本帝国陸軍とイギリス陸軍のあいだで起こった戦闘である。三十一号作戦、第一次アラカン作戦とも呼ばれる。結果は日本軍側の勝利。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第一次アキャブ作戦 · 続きを見る »

第二次上海事変

二次上海事変(だいにじシャンハイじへん)は、1937年(昭和12年)宮崎水兵事件、大山事件に端を発する、8月13日からの中華民国軍の「日本租界」上海共同租界と隣接地区のうち閘北、虹口、楊浦などの俗称。当時の上海はフランス租界、日英米の共同租界、上海特別市の三行政区域に分かれていた。自国民を守るため、米軍2800人、英国軍2600人、日本海軍陸戦隊2500人、仏軍2050人、伊軍770人がいた。進駐とそれに続く日本軍との軍事衝突である同事変の間、両国は互いに宣戦布告を行わなかった。。中華民国が日本に宣戦布告したのは、日本が米国および英国に宣戦布告した翌日の1941年12月9日であった。。中国側の呼称は淞滬會戰(淞沪会战)。 盧溝橋事件(7月7日)により始まった華北(北支)での戦闘は、4日後の松井-秦徳純協定により収拾した。いったんは停戦協定が結ばれたものの、7月25日の廊坊事件で停戦が破られると、26日の広安門事件で日本人に犠牲者が発生し、29日の通州事件では民間人を含む230名が虐殺されたことにより、武藤章や田中新一ら拡大派が、石原莞爾や河辺虎四郎ら不拡大派を押し切った。この事件以後華中(中支)において交戦が拡大することになった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第二次上海事変 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第二次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦の会談・会議

二次世界大戦の会談・会議(だいにじせかいたいせんのかいだん・かいぎ)では、第二次世界大戦中に行われた主要な会議や会談を記述する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第二次世界大戦の会談・会議 · 続きを見る »

第二次アキャブ作戦

二次アキャブ作戦(ハ号作戦)とは、1944年(昭和19年)2月に行なわれた日本陸軍による作戦。ビルマ西部海岸にある都市・アキャブ(現在のシットウェー)を進発し、インド国境付近にあるビルマ・マウンドオ近辺の英印軍部隊の殲滅を目指した。作戦目的としてもう一つ、アキャブ北方にあるインパールの英印軍を牽制する目的もあり、インパール作戦の支作戦としての性質を持っていた。ここでの敗北が東南アジア方面での日本の主導権を失うきっかけとなった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と第二次アキャブ作戦 · 続きを見る »

継承国

継承国(けいしょうこく)、承継国(しょうけいこく)とは、ある国家が消滅したのち、その国が締結していた条約上などの義務や権利を引き継ぐ国。 複数の新国家が旧国家の領土を分割した場合や、旧国家の消滅後に長い空白期間をおいて新国家が成立した場合などに問題になる。また、革命政権などの樹立により、前政権による対外債務や各条約の継承を受け入れない場合、国家が併合する場合に消滅する側の締約していた条約の継承なども問題となる。サクセッサーステート(継承国)方式は、国際法における国権の在り様に関する主張(継承国理論)であり、必ずしも国際法上の明確性を持つものでない。 主な例としては、ソビエト連邦に対するロシア連邦、チェコスロバキア共和国に対するチェコ共和国など。ユーゴスラビアについては、セルビア・モンテネグロ問題に対する反発から10年近くにわたって継承が認められず、「旧ユーゴスラビア」という呼称が用いられた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と継承国 · 続きを見る »

真珠湾攻撃

大日本帝国海軍艦隊の航跡図 大日本帝国海軍攻撃隊の侵入経路図 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき、、日本時間1941年(昭和16年)12月8日未明、ハワイ時間12月7日)は、アメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾"Pearl Harbor"を「真珠湾」と訳すことには異論もある。詳細は真珠湾を参照。にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃である。当時の日本側呼称はハワイ海戦(布哇海戦)。太平洋戦争における南方作戦の一環として、開戦劈頭でマレー作戦に次いで実施された。戦闘の結果、アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を一時的に喪失した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と真珠湾攻撃 · 続きを見る »

炉辺談話

炉辺談話の直後のフランクリン・ルーズベルト大統領 炉辺談話(ろへんだんわ 英:Fireside Chats)とは.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と炉辺談話 · 続きを見る »

無条件降伏

無条件降伏(むじょうけんこうふく、unconditional surrender)とは、普通には軍事的意味で使用され、軍隊または艦隊が兵員・武器一切を挙げて条件を付することなく敵の権力にゆだねることを言う。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と無条件降伏 · 続きを見る »

独ソ不可侵条約

条約に調印するソ連外相モロトフ。後列の右から2人目はスターリン 独ソ不可侵条約(どくそふかしんじょうやく、Deutsch-Russischer Nichtangriffspakt、Договор о ненападении между Германией и Советским Союзом、German-Soviet Nonaggression Pact)は、1939年8月23日にドイツとソ連の間に締結された不可侵条約。天敵といわれたヒトラーとスターリンが手を結んだことは、世界中に衝撃を与えた。 条約は別名署名したモロトフ、リッベントロップ両外務大臣の名前を取り、モロトフ=リッベントロップ協定(Ribbentrop-Molotow-Pakt、Пакт Молотова-Риббентропа、Molotov-Ribbentrop Pact)、M.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と独ソ不可侵条約 · 続きを見る »

独ソ戦

戦(どくソせん)(英語Eastern Front(World War II)) は、第二次世界大戦中の1941年から1945年にかけてドイツを中心とする枢軸各国とソビエト連邦との間で戦われた戦争を指す。 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、ナポレオン・ボナパルトに勝利した祖国戦争に擬えて大祖国戦争(Великая Отечественная война)と呼称。一方、ドイツ側では主に東部戦線(der Ostfeldzug)と表現される。 アドルフ・ヒトラーは、ソ連との戦争を「イデオロギーの戦争」「絶滅戦争」と位置づけ、西部戦線とは別の戦争であると認識していた。 1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲攻撃した。ヨーロッパにおけるドイツ占領地からは反共主義者の志願者や、武装親衛隊によって徴発された人々がドイツ軍に加わった。 開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かったバルト地方や、過酷な共産党の政策からウクライナの住民は、ドイツ軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。また反共主義者はロシア国民解放軍やロシア解放軍として共産主義者と戦った。しかし、スラブ人を劣等民族と認識していたヒトラーは、彼らの独立を認める考えはなく、こうした動きをほとんど利用しようとしなかった。親衛隊やはドイツ系民族を占領地に移住させて植民地にしようと計画し、一部実行された。 この戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1470万人、ドイツ兵が1075万人である。民間人の死者をいれるとソ連は2000〜3000万人が死亡し、ドイツは約600〜1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。両国の捕虜・民間人に対する扱いも苛酷を極め、占領地の住民や捕虜は強制労働に従事させられるなど極めて厳しい扱いを受けた。ドイツが戦争初期に捕らえたソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している()。またドイツ兵捕虜300万人の多くはそのままソ連によって強制労働に従事させられ、およそ100万人が死亡した()。 開戦から1943年7月のクルスクの戦いまでは主にドイツ軍の攻勢とソビエト軍の防御という展開であったが、クルスクの戦いの後は攻守が逆転し、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの占領地域となり、1945年5月8日にドイツ国防軍最高司令部総長ヴィルヘルム・カイテル元帥がベルリンで無条件降伏文書の批准手続きを行ったことにより、戦争は終結した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と独ソ戦 · 続きを見る »

白ロシア・ソビエト社会主義共和国

白ロシア・ソビエト社会主義共和国(はくロシア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、ベロルシア・ソビエト社会主義共和国、Белорусская Советская Социалистическая Республика, Беларуская Савецкая Сацыялістычная Рэспубліка)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成共和国のひとつ。1922年のソビエト社会主義共和国連邦結成時におけるロシア社会主義連邦ソビエト共和国、ウクライナ社会主義ソビエト共和国および、ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国とならぶ4つの共和国のひとつである。日本語では白ロシア共和国の略称でも呼ばれた。 共和国の首都はミンスク。創設は1919年1月1日。 なお、本来のロシア語の「ベロルシヤ」(Белоруссияビラルーッスィヤ)のカタカナ転写が「ベロルシア」「ベロルシヤ」、日本語訳が「白ロシア」や「ベロロシア」(「白いロシア」の意味)、「ベロルシヤ」のベラルーシ語化したものが「ベラルーシ」(Беларусьビェラルースィ)で、現代ではこのベラルーシ語表記がロシア語にも採用されている。「ベロルシア」、「白ロシア」、「ベラルーシ」はすべて同じ意味の単語で、政治的な理由や原語の表記上の問題で違いが出ているものである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と白ロシア・ソビエト社会主義共和国 · 続きを見る »

隔離演説

離演説(かくりえんぜつ、英:Quarantine Speech)または防疫演説とは、アメリカ合衆国のフランクリン・ローズヴェルト大統領が1937年10月5日にシカゴで行った演説である。当時の米国において一般的であった中立・不干渉の政治的風潮に代わるものとして、国際的な「侵略国の隔離」を要求した。演説は米国の孤立主義的風潮を煽り、不干渉主義者や介入者による抗議を招いた。演説の中で特定の国が直接名指しされた訳ではないが、日本、イタリア及びドイツを指すものと解釈された西川秀和「」南山考人 (34), 3-22, 2006-03,南山考古文化人類学研究会。ローズヴェルトは、強硬ながらもあからさまな攻撃よりは直接的でない反応として、経済的圧力の行使を提案した。 演説に対する世間の反応は様々であった。著名漫画家で4コマ漫画「」の作者のは、ローズヴェルトを痛烈に批判してきた人物であるが、彼はニューヨーク・サンの広告枠を2ページ分購入して演説を攻撃した。さらに、演説はウィリアム・ランドルフ・ハーストが所有する数々の新聞社やシカゴ・トリビューンのロバート・R・マコーミックから酷評されたが、のちに一部社説が示したところによれば、米国のメディアは概して演説を認めていた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と隔離演説 · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と西ドイツ · 続きを見る »

西ベルリン

西ベルリン(にしベルリン、,, )は、第二次世界大戦終戦後1949年から1990年まで、アメリカ・イギリス・フランスが占領したベルリン西部の地域。周囲をドイツ民主共和国(以下:東ドイツ)の領土(ソ連が占領し、後に東ドイツの首都となった東ベルリンも含む)に囲まれていた。 このことから、西側自由主義陣営からは「赤い海(共産主義諸国)に浮かぶ自由の島」と評された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と西ベルリン · 続きを見る »

西部戦線 (第二次世界大戦)

二次世界大戦における西部戦線(せいぶせんせん、Western Front)は、のうち、ドイツおよびその西方に位置するフランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、デンマークなどにおける、イギリス・フランス・アメリカ合衆国などの西側諸国と、ナチス・ドイツをはじめとする枢軸国の間で行われた一連の戦闘を指す。対する東部戦線は、枢軸国とソビエト連邦の戦闘を指す(独ソ戦)。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と西部戦線 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と航空母艦 · 続きを見る »

防共協定

防共協定(ぼうきょうきょうてい、Antikominternpakt)は、1936年(昭和11年)11月25日に日本とドイツ(ナチス・ドイツ)の間で調印された共産「インターナショナル」ニ対スル協定(きょうさん「インターナショナル」ニたいスルきょうてい)を指す。 締結当初は二国間協定である日独防共協定(にちどくぼうきょうきょうてい)と呼ばれ、国際共産主義運動を指導するコミンテルンに対抗する共同防衛をうたっており、後の日独伊三国を中心とした軍事同盟、いわゆる枢軸国形成の先駆けとなった。 1937年にイタリア王国が原署名国として加盟し、日独伊防共協定(にちどくいぼうきょうきょうてい)と呼ばれる三国間協定となり、1939年にはハンガリー王国と満州国、スペインが参加したことによって多国間協定となった。 1941年には条約の改定が実施されるとともにドイツ勢力圏にある複数の国家が加盟したが、1945年における枢軸国の敗戦・崩壊とともに消滅した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と防共協定 · 続きを見る »

蒋介石

蒋 介石(しょう かいせき、繁体字:蔣介石、1887年10月31日 - 1975年4月5日)は、中華民国の政治家、軍人。第3代・第5代国民政府主席、初代中華民国総統、中国国民党永久総裁。国民革命軍・中華民国国軍における最終階級は特級上将(大元帥に相当)。名は中正で、介石は字、。浙江省寧波府奉化県出身。日本・中国本土では蔣介石の呼び名で知られているが、台湾では蔣中正(チャン・チョンヂェン、蔣中正)の名称が一般的。英語ではChiang Kai-shek(チアン・カイシェック)と呼ばれる。 孫文の後継者として北伐を完遂し、中華民国の統一を果たして同国の最高指導者となる。1928年から1931年と、1943年から1975年に死去するまで国家元首の地位にあった。しかし、国共内戦で毛沢東率いる中国共産党に敗れて1949年より台湾に移り、その後大陸支配を回復することなく没した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と蒋介石 · 続きを見る »

自由フランス

自由フランス(じゆうフランス、France libre)は、第二次世界大戦中にドイツによるフランス占領に反対して成立した組織。亡命フランス人による独自の自由フランス軍(Forces Françaises Libres)を率いるとともに、フランス国内のレジスタンス活動(:en:French Resistance)を支援した。1942年7月21日からは「戦うフランス(France combattante)」と改称されている。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と自由フランス · 続きを見る »

自由都市ダンツィヒ

自由都市ダンツィヒ(じゆうとしダンツィヒ、Freie Stadt Danzig、Wolne Miasto Gdańsk)は、現在のグダニスク(ドイツ名ダンツィヒ)に、ポーランド(およびプロイセン連合)時代、ナポレオン時代、両大戦間期の3度にわたり存在した都市国家である。ダンツィヒ自由都市やダンツィヒ自由市とも表記される。 自由都市ダンツィヒとその周辺の街や村の主な居住者は、ドイツ民族であった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と自由都市ダンツィヒ · 続きを見る »

自治領

自治領(じちりょう)は、ある一国(主権を有する独立した国家)の内部において、あくまでも当該国の主権の下に属しながらも、通常の地方自治よりも遥かに高度な自治を行っている特定の領域(自治行政区画)のことであり、以下のような例が挙げられる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と自治領 · 続きを見る »

長崎市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と長崎市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

英葡永久同盟

英葡永久同盟(えいぽえいきゅうどうめい、Anglo-Portuguese Alliance, Aliança Luso-Britânica)は、イングランド(現イギリス)とポルトガルの間で1373年に結ばれ、現在まで続く世界最古の同盟。 この同盟は中世にまで遡り、両国の歴史を通じて重要な意義を持つ。19世紀の半島戦争の際にもこの同盟に従って、イギリスはイベリア半島に出兵した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と英葡永久同盟 · 続きを見る »

連合参謀本部

連合参謀本部 (れんごうさんぼうほんぶ、Combined Chiefs of Staff, CCS) は、第二次世界大戦中における西洋連合諸国の軍最高司令部である。と米国統合参謀本部からなる。 CCSは1942年2月に組織され、通常ワシントンD.C.にて会議を開催した。英国の統合参謀派遣団 (Joint Staff Mission) は、英軍幹部がロンドンから数千マイル離れた地に常駐する訳にはゆかなかったがために、英国の利害を代弁すべくワシントンD.C.に常設された組織であった。統合参謀派遣団は三軍による組織であり、戦時中に元帥(死後元帥が後継)、ジェームズ・サマヴィル提督らが在籍した。 CCSの全体会議は通常、大戦略に関する大きな戦時会談(例えばカサブランカでの)の間にのみ行われた。将軍は、1943年1月のカサブランカ会談時、欧州作戦戦域における米軍全体の司令官の任にあった。 CCSの主要構成員は、米国陸軍参謀総長のジョージ・C・マーシャル将軍、のアラン・ブルック将軍(後のアランブルック子爵)であった。 CCSは英米両政府に対する義務を負っていたが、、、及び北アフリカを含む全ての戦域において、多数の国々から来た軍隊を統率した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合参謀本部 · 続きを見る »

連合国 (第一次世界大戦)

連合国 (Allies) または協商国 (Entente Powers) は、第一次世界大戦で中央同盟国(同盟国:ドイツ、オーストリア、オスマン帝国、ブルガリア王国)と戦った国家連合。条約等で用いられた正式名称は同盟及び連合国(Allied and associated Powers)であり、同盟 はイギリス・フランス・ロシア・日本などの同盟国、連合 は同盟関係にないアメリカ合衆国を指す。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合国 (第一次世界大戦) · 続きを見る »

連合国共同宣言

連合国共同宣言(れんごうこくきょうどうせんげん、Declaration by the United Nations)は、1942年1月1日にアルカディア会談において連合国26カ国(一部は亡命政府)により署名された共同宣言である。第二次世界大戦(「日本国との平和条約」において、ポーランド侵攻のあった1939年が勃発年であると定義されている。日米開戦の1941年ではない)の戦争目的を述べ、各国が持てるすべての物的人的資源を枢軸国に対する戦争遂行に充てること、ドイツ、日本、イタリアと各国が単独で休戦または講和をしないことを明らかにした。この宣言が、その後の国際連合の基礎となった。1945年3月までには署名国は47カ国となった。 「連合国(United Nations、UN)」と言う言葉は、1941年12月にフランクリン・ルーズベルト米国大統領が第二次世界大戦の「連合国(Allies)」に対して使用し、この宣言で一般的に正式な語として使用されるようになった。連合国共同宣言の4大国は第二次世界大戦を完遂した国である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合国共同宣言 · 続きを見る »

連合国遠征軍最高司令部

連合国遠征軍最高司令部(れんごうこくえんせいぐんさいこうしれいぶ、英:Supreme Headquarters Allied Expeditionary Force、略称:SHAEF)は、1943年から第二次世界大戦が終結する1945年まで活動していた、ヨーロッパ北西における連合国軍の司令部である。ドワイト・D・アイゼンハワーアメリカ陸軍大将が最高司令官を務めていた。SHAEFの立場自体は欧州連合軍最高司令部や大西洋連合軍などと似ているが、組織として異なっていることに留意すべきである。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合国遠征軍最高司令部 · 続きを見る »

連合国軍占領下の日本

連合国軍占領下の日本(れんごうこくぐんせんりょうかのにほん)は、第二次世界大戦における日本の敗戦からサンフランシスコ講和条約締結までの間、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) の占領下に置かれた日本である。 占領の形態について戦時占領説、保障占領説、特殊占領説がある。連合国は日本の占領を戦時占領とも保障占領ともとれる扱いを行っており、純粋な戦時占領や保障占領ではない特殊占領であるという見方が多い。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合国軍占領下の日本 · 続きを見る »

連合国軍最高司令官総司令部

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ)とは、第二次世界大戦終結に伴うポツダム宣言を執行するために日本で占領政策を実施した連合国軍機関である。連合国軍最高司令部、連合国最高司令官総司令部とも。職員はアメリカ合衆国軍人とアメリカの民間人が多数で、他にイギリス軍人やオーストラリア軍人らで構成されていた。 極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官 Supreme Commander for the Allied Powers; SCAP)。日本では、総司令部 (General Headquarters) の頭字語であるGHQや進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。結果として、連合国軍占領下の日本は対外関係を一切遼断され、日本と外国との間の人・物資・資本の移動はSCAP の許可によってのみ行われた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合国軍最高司令官総司令部 · 続きを見る »

連合軍軍政期 (ドイツ)

ドイツの連合軍軍政期(れんごうぐんぐんせいき)は、ドイツの歴史において、第二次世界大戦でフレンスブルク政府が降伏した1945年5月8日から、東西ドイツが相次いで成立する1949年までの間、連合国4か国軍による占領統治が行われていた時代である。1945年から1990年まで続いた分断時代の第1部(4つの分断国家)に当たり、分断時代の第2部は2つの分断国家の時代(1949年 - 1990年)である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合軍軍政期 (ドイツ) · 続きを見る »

連合軍軍政期 (オーストリア)

ーストリアの連合軍軍政期(れんごうぐんぐんせいき)は、第二次世界大戦直後から第二共和国(現在のオーストリア共和国)成立までの、連合国による軍政の下に置かれた期間である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合軍軍政期 (オーストリア) · 続きを見る »

連合軍軍政期 (朝鮮史)

朝鮮(朝鮮半島)における連合軍軍政期(れんごうぐんぐんせいき)は、朝鮮の歴史において、第二次世界大戦の終結(1945年9月2日)に伴い連合国軍の軍政下におかれてから、大韓民国の独立・建国(1948年8月15日)、ないし朝鮮民主主義人民共和国の独立・建国(1948年9月9日)に至るまでの期間である。 この間、朝鮮は38度線を境としてアメリカ軍とソビエト連邦軍の分割占領状態にあったが、占領開始時点で連合国には朝鮮を恒久的に分割する意図はなかった。だが、同時期の世界では大戦後の世界秩序を巡って連合国同士による冷戦が激化した為、最終的に朝鮮では資本主義陣営(アメリカ合衆国)と共産主義陣営(ソビエト連邦)による朝鮮分割(w:Division of Korea)という事態が生じてしまった。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と連合軍軍政期 (朝鮮史) · 続きを見る »

枢軸国

水色が枢軸国の最大勢力範囲、緑色が連合国、黄色が中立国。 枢軸国(すうじくこく、Achsenmächte、Potenze dell'Asse、Axis powers)とは、第二次世界大戦時に連合国と戦った諸国を指す言葉。ドイツ、大日本帝国、イタリア、フィンランド、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、タイなどソビエトを脅威と捉えていた反共主義・ファシズム国家が多く、連合国が承認していない国家としては、フィリピン第二共和国、ビルマ国、スロバキア共和国、クロアチア独立国、満洲国、中華民国南京政府などがある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と枢軸国 · 続きを見る »

東プロイセン

14世紀の東プロイセン 東プロイセン(ひがしプロイセン、;; )は、ヨーロッパのバルト海の南岸にある地域の歴史的な地名。ワイクセル川(ヴィスワ川)とメーメル川(ネマン川)に挟まれている。東プロシア、あるいはオストプロイセンとしても知られている。首都は、ケーニヒスベルク 。東プロイセンは、バルト民族のプルーセン人が住み、13世紀に十字軍運動によりドイツ騎士団がプロイセンを征服し、ドイツ騎士団国となった。1871年、東プロイセンはドイツ帝国の主要都市となる。 1772年、ポーランド・リトアニア共和国の分割で殆どの西部地方を失った、第二次世界大戦まではドイツのプロイセン州北東端の地域であった木村靖二「東プロイセン」世界民族問題事典、平凡社、2002。 現在のポーランド、ロシア、リトアニア。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と東プロイセン · 続きを見る »

村瀬興雄

村瀬 興雄(むらせ おきお、1913年7月17日 - 2000年3月2日)は、日本の歴史学者。ドイツ帝国およびナチズム、ナチス・ドイツを研究。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と村瀬興雄 · 続きを見る »

極東国際軍事裁判

軍士官学校講堂 公判中の法廷内 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん、The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことである。東京裁判(とうきょうさいばん)とも称される。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と極東国際軍事裁判 · 続きを見る »

欧州戦線における終戦 (第二次世界大戦)

この項目では第二次世界大戦の欧州戦線における終戦を記述する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と欧州戦線における終戦 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

沖縄戦

沖縄戦(おきなわせん、沖縄の戦い)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に上陸したアメリカ軍とイギリス軍を主体とする連合国軍と日本軍との間で行われた戦いである。連合軍側の作戦名はアイスバーグ作戦(Operation Iceberg、氷山作戦)。琉球語では、Ucinaaikusa (ウチナー(沖縄)いくさ(戦、軍)、の意)ともいう。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と沖縄戦 · 続きを見る »

満州事変

満州事変(まんしゅうじへん、)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍満洲駐留の大日本帝国陸軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件石原莞爾と板垣征四郎は否定したが、極東国際軍事裁判の田中隆吉の証言と、当時関東軍司令部付であった花谷正の手記という形の原稿「満洲事変はこうして計画された」(別冊『知性』昭和31年12月号)により関東軍の関与が明らかとなった。ただし、南満州鉄道の日本爆破説の真偽を確証できないと主張するものもある(中西輝政・北村稔『歴史通』2011年3月号『さきに「平和」を破ったのは誰か』))に端を発し、関東軍による満州(中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。中国側の呼称は九一八事変現在柳条湖の事件現場には九・一八歴史博物館が建てられている。この博物館には事件の首謀者としてただ2人、板垣と石原のレリーフが掲示されている。 関東軍はわずか5か月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と満州事変 · 続きを見る »

朝鮮民主主義人民共和国

朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく、)、通称北朝鮮(きたちょうせん)は、東アジアの朝鮮半島北部を実効支配する、最高指導者による事実上独裁体制を取る社会主義共和国。冷戦下で誕生した分断国家である。ただし大韓民国は朝鮮半島全域の領有権を主張しているほか、後述の通り日本も国家として承認していない。 軍事境界線(38度線)を挟み分断した片割れの大韓民国(韓国)と、豆満江を挟んで中華人民共和国及びロシア連邦と、鴨緑江を挟んで中国と接している。首都は平壌で、人口は約2515万人とされる。行政区画は平壌直轄市、開城工業地区、金剛山観光地区、新義州特別行政区、羅先特別市、羅先経済特区、南浦特級(特別)市と八つの道に分かれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と朝鮮民主主義人民共和国 · 続きを見る »

朝鮮戦争

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争中村隆英『昭和史 下 1945-89』 東洋経済新報社,p.565半藤一利『昭和史 戦後編 1945-1989』 平凡社ライブラリー,p297-298.芦田茂「」戦史研究年報 第8号(2005年3月)防衛研究所。1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が中華人民共和国の毛沢東とソビエト連邦のヨシフ・スターリンの同意と支援を受けて、国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵略を仕掛けたことによって勃発した。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と東側の支援を受ける中国人民志願軍が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化して荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 終戦ではなく休戦状態であるため、名目上は現在も戦時中であり、南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、北朝鮮は幾度となく大韓民国への領空、領海侵犯のみならず砲撃をも行い、韓国や日本などの国民の拉致や恫喝を繰り返している。 2018年4月27日、板門店にて第三回南北首脳会談が行われ南北両首脳により板門店宣言が発表され2018年中の終戦が目指される。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と朝鮮戦争 · 続きを見る »

戦犯

戦犯(せんぱん).

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と戦犯 · 続きを見る »

春の目覚め作戦

春の目覚め作戦(はるのめざめさくせん、独:Operation Frühlingserwachen)は、1945年3月6日から3月15日にかけてハンガリー西部のバラトン湖周辺で展開された、第二次世界大戦におけるドイツ軍の攻勢。バラトン湖の戦い(Plattenseeoffensive)とも呼ばれる。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と春の目覚め作戦 · 続きを見る »

文春文庫

文春文庫(ぶんしゅんぶんこ)は、株式会社文藝春秋が発行している文庫レーベル。毎月の刊行が新潮文庫と同様に多い。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と文春文庫 · 続きを見る »

日中戦争

日中戦争(にっちゅうせんそう)は、1937年(民国26年、昭和12年)から1945年まで、中華民国と大日本帝国の間で行われた戦争である。日本政府は、勃発当時は支那事変としたが、1941年12月の対英米蘭との開戦に伴い、支那事変から対英米蘭戦までを大東亜戦争とした。中華民国側は、抗日戦争と呼称している。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と日中戦争 · 続きを見る »

日独伊三国同盟

日独伊三国同盟(にちどくい さんごく どうめい、Dreimächtepakt、Patto tripartito)は、1940年(昭和15年)9月27日に日本、ドイツ、イタリアの間で締結された日独伊三国間条約(にちどくい さんごくかん じょうやく、旧字体:日獨伊三國閒條約)に基づく日独伊三国の同盟関係。第二次世界大戦における枢軸国の原型となり、その後複数の枢軸側に与した国や友好国も加盟した。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と日独伊三国同盟 · 続きを見る »

日本の降伏

加瀬俊一 日本の降伏(にっぽんのこうふく、にほんのこうふく)では、第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)末期の日本による「ポツダム宣言」の受諾を経た、日本による降伏文書の署名に至る日本、および日本の各占領地における経過を説明する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と日本の降伏 · 続きを見る »

日本の降伏文書

降伏文書(こうふくぶんしょ)とは、1945年(昭和20年)9月2日、日本と連合国との間で交わされた休戦協定(停戦協定)の名称。この協定により日本の降伏が確認され、ポツダム宣言の受諾は外交文書上固定された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と日本の降伏文書 · 続きを見る »

日本国との平和条約

日本国との平和条約(にっぽんこくとのへいわじょうやく、、昭和27年条約第5号)は、第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国諸国と日本との間の戦争状態を終結させるために締結された平和条約。この条約を批准した連合国は日本国の主権を承認した第1条(b)。国際法上はこの条約の発効により日本と、多くの連合国との間の「戦争状態」が終結した。連合国構成国であるソビエト連邦は会議に出席したが条約に署名しなかった。連合国構成国の植民地継承国であるインドネシアは会議に出席し条約に署名したが、議会の批准はされなかった。連合国構成国である中華民国および連合国構成国の植民地継承国であるインドは会議に出席しなかった。その後、日本はインドネシア、中華民国、インドとの間で個別に講和条約を締結・批准している。 本条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことから、サンフランシスコ条約、サンフランシスコ平和条約、サンフランシスコ講和条約などともいう。1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、同日、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約も署名された。翌年の1952年(昭和27年)4月28日に発効するとともに「昭和27年条約第5号」として公布された。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と日本国との平和条約 · 続きを見る »

支那事変

国債には「支那事変」によるものと明記されている 陸軍省発行の絵葉書(福田豊四郎作「銃後の田園」)に東京の郵便局で『支那事変二周年記念』の記念印(1939年(昭和14年)7月7日付)を押印した郵趣品。記念印には「東亜新秩序」の標語が入っている 支那事変(しなじへん)とは、1937年(昭和12年)に日本と中華民国(支那)の間で始まった、長期間かつ大規模な戦闘である。なお、盧溝橋事件(1937年7月7日)は、4日後の松井-秦徳純協定により収拾している。その後の中国共産党の国共合作による徹底抗戦の呼びかけ(7月15日)、及び蒋介石の「最後の関頭」談話における徹底抗戦の決意の表明(7月17日)により、中国軍の日本軍及び日本人居留民に対する攻撃、第二次上海事変が連続し、戦闘が本格化した。したがって、日中戦争(支那事変)の端緒を、盧溝橋事件と考えるか、国共合作による抗戦の呼びかけ・最後の関頭談話と考えるかにより、同戦争の歴史的な評価は大きく変わることになる ただし、両国ともに宣戦布告がないまま戦闘状態に突入したので、戦争ではなく事変と称する。 「支那事変」という呼称は、当時の日本政府が定めた公称であるが昭和12年9月2日閣議決定、「今回ノ事変ハ之ヲ支那事変ト称ス」、初めは北支事変(ほくしじへん)と呼ばれ、その後、支那事変となった。 新聞等マスメディアでは日華事変(にっかじへん)などの表現が使われるほか、日支事変(にっしじへん)とも呼ばれるなど、呼称の揺らぎがある。 一般的には、1937年の支那事変から1945年(昭和20年)までの戦争を日中戦争と呼ぶが、 「支那事変」は1941年(昭和16年)12月8日の太平洋戦争(大東亜戦争)勃発までとするのが代表的見解とされていて、期間が異なる。 当項目では「支那事変」という「呼称」について解説する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と支那事変 · 続きを見る »

拒否権

拒否権(きょひけん、veto)とは、ある事柄について拒み断る権利を言う。この意味での用例としては供述拒否権がある。政治の世界で拒否権と言う場合にはさらに意味が限定され、政策決定の際に、決議された法律・提案された決議・締結された条約その他を一方的に拒否できる特権を意味することが多い。 下記の国連安全保障理事会の拒否権の例のように、権利が行使されると案件が停止するため、案件がその所持者の意に直接対立しないように作られたり、対立を回避するために曖昧にされたりすることがあり、拒否権はそれを行使しなくても影響力を発揮する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と拒否権 · 続きを見る »

10月22日

10月22日(じゅうがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から295日目(閏年では296日目)にあたり、年末まであと70日ある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と10月22日 · 続きを見る »

1931年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1931年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1933年 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1936年 · 続きを見る »

1941年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1941年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1948年 · 続きを見る »

1949年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1949年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1950年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1951年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1952年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1955年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と1994年 · 続きを見る »

4月28日

4月28日(しがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から118日目(閏年では119日目)にあたり、年末まではあと247日ある。誕生花は日本サクラソウ、ローズマリー。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と4月28日 · 続きを見る »

4月29日

4月29日(しがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から119日目(閏年では120日目)にあたり、年末まではあと246日ある。誕生花はフジ、ミヤコグサ。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と4月29日 · 続きを見る »

6月22日

6月22日(ろくがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から173日目(閏年では174日目)にあたり、年末まであと192日ある。誕生花はスイカズラ、アマリリス。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と6月22日 · 続きを見る »

6月25日

6月25日(ろくがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から176日目(閏年では177日目)にあたり、年末まであと189日ある。誕生花はアガパンサス、ヒルガオ。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と6月25日 · 続きを見る »

8月31日

8月31日(はちがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から243日目(閏年では244日目)にあたり、年末まであと122日ある。8月の最終日である。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と8月31日 · 続きを見る »

9月8日

9月8日(くがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から251日目(閏年では252日目)にあたり、年末まであと114日ある。.

新しい!!: 連合国 (第二次世界大戦)と9月8日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

戦勝四か国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »