ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

軽戦車

索引 軽戦車

軽戦車(けいせんしゃ)は、戦車の種別の一つで、小型軽量のもの。.

85 関係: AML装甲車AMX-13偵察偵察戦闘車対戦車ミサイル中戦車主力戦車三式軽戦車九五式軽戦車九八式軽戦車二式軽戦車五式軽戦車ルノー FT-17 軽戦車ルノー R35ルノー R40ヴィーゼル (空挺戦闘車)ヴィッカース 6トン戦車ヘリコプターフューチャー・コンバット・システムフランスドイツベトナム戦争アメリカ合衆国イギリスオチキス H35ストライカー装甲車スティングレイ軽戦車先進国国際連合平和維持活動四式軽戦車火力 (軍事)火器砲塔空挺戦車第一次世界大戦第二次世界大戦ERC 90装甲車装甲装甲車装輪装甲車装輪戦車豆戦車軍縮FCM36FV101 スコーピオンI号戦車II号戦車Ikv 91LOSAT (ミサイル)LT-35...LT-38M1128 ストライカーMGSM1エイブラムスM1戦闘車M22軽戦車M24軽戦車M2軽戦車M3軽戦車M41軽戦車M551シェリダンM5軽戦車M8 AGSMCSMk.VI軽戦車Mk.VIIテトラーク軽戦車Mk.VIII ハリー・ホプキンス軽戦車PT-76SK105キュラシェーア軽戦車Stridsfordon 90T-26 (戦車)T-50 (戦車)T-60 (戦車)T-70 (戦車)T-80 (軽戦車)T1軽戦車歩兵歩兵戦闘車水陸両用戦車朝鮮戦争戦車戦車揚陸艦戦間期62式軽戦車63式水陸両用戦車7TP インデックスを展開 (35 もっと) »

AML装甲車

AML装甲車(フランス語:l'AutoMitrailleuse Légère)は、フランスのパナール社で設計された四輪の装輪装甲車・偵察戦闘車である(パナールにおける社内コードはAML 245)。 機動性が高いためにAML 60/90共に迅速な偵察行動と火力支援が可能であり、高性能な無線機を装備し、夜間作戦時には暗視装置の装備も可能であった。.

新しい!!: 軽戦車とAML装甲車 · 続きを見る »

AMX-13

AMX-13とはフランスで開発された軽戦車で、フランスを中心に世界各国で採用され使用された。.

新しい!!: 軽戦車とAMX-13 · 続きを見る »

偵察

様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに収集する活動。.

新しい!!: 軽戦車と偵察 · 続きを見る »

偵察戦闘車

偵察戦闘車(ていさつせんとうしゃ, )は、偵察を目的として設計された装甲戦闘車両。威力偵察を主任務とした重武装のものは戦闘偵察車、逆に隠密偵察を主任務とした軽武装のものは単に偵察車()と称されることもある。 偵察戦闘車は、隠密偵察のためにISR(情報・監視・偵察)機材、威力偵察と自衛戦闘のために武装を搭載している。特に威力偵察重視型は、主力の援護に用いられることを考慮して、比較的重武装を施されており、20mm以上の大口径機関砲を搭載しているものも多く、また、大口径のカノン砲を搭載した装輪戦車と呼ばれるものもある。.

新しい!!: 軽戦車と偵察戦闘車 · 続きを見る »

対戦車ミサイル

トライカー装甲車(ストライカーATGM)から発射されるTOW。有線誘導方式のため、発射機とミサイルがケーブルでつながっている 対戦車ミサイル(たいせんしゃミサイル、anti-tank missile, ATM)は、戦車を攻撃するために用いられるミサイルである。対戦車誘導ミサイル(anti-tank guided missile, ATGM)、対戦車誘導兵器(anti-tank guided weapon, ATGW)とも呼ばれる。 日本の防衛省(自衛隊)においては対戦車誘導弾(たいせんしゃゆうどうだん)と呼称し、MAT(missile anti-tank)の略号を与えている。これはATMを「アトム」と読み得る(実際の「核」の意味で書かれるアトムは「ATOM」である)ため、核兵器を使用しているとの誤解を避けることを目的として、敢えて語順を変更したものである。.

新しい!!: 軽戦車と対戦車ミサイル · 続きを見る »

中戦車

中戦車(ちゅうせんしゃ)は、戦車の種別の一つで、軽戦車と重戦車の中間に位置するもの。主に対戦車戦闘を含む機動戦に用いられる。 どの程度の重量の戦車を中戦車とするのかは国や時代によって大きく異なる。戦車は第二次世界大戦中に、驚異的な進化を遂げ、重量や能力が加速度的に増加したため、同じ中戦車とされる戦車でも差が大きい。 また、イギリスは巡航戦車と歩兵戦車という独自の区分を用いていたので、重・中・軽という重量分類は行っていない。 第二次大戦後、軽戦車は、装輪走行車の技術が発達したため、その機動性と歩兵直協能力が兵員輸送車の能力と合わさる形で歩兵戦闘車や偵察戦闘車に代わり、軽戦車が担っていた役割は別の戦闘車両という形で継承された。また、高性能な装甲車に切り替わったことにより、部隊運用の変化が起き、戦車部隊以外で運用されることが多くなり、主力車種としては軽戦車が扱われることは事実上消滅した。 中・重戦車は、エンジン技術の発達、装甲材質の強度向上と軽量化技術の発達で、中戦車並みの機動力と重戦車並みの攻撃力、防御力を併せ持つ事が可能となり、主力戦車(MBT)として、かつての中・重戦車を統合する存在として汎用的に使われるようになった。そのため中戦車という分類は概念や表現上使うことはあっても、事実上消滅している。たとえばソ連のT-54/55は当初中戦車として採用されたが、今日では第一次世代の主力戦車とみなされている。.

新しい!!: 軽戦車と中戦車 · 続きを見る »

主力戦車

主力戦車(しゅりょくせんしゃ、英語:、略称:MBT)は、戦車の分類の1つである。現代の戦車はほとんどが主力戦車に分類され、戦力の要となっている。 第二次世界大戦まで戦車は重戦車、中戦車、軽戦車、豆戦車、駆逐戦車など多様であった。戦後、戦車に求められるあらゆる任務をこなせるように走攻守をバランス良く備えた主力戦車が登場し統合が進んでいった。その背景には戦術の確立と技術の発展があった。.

新しい!!: 軽戦車と主力戦車 · 続きを見る »

三式軽戦車

三式軽戦車 ケリは1943年(皇紀2603年)に開発された大日本帝国陸軍の軽戦車。.

新しい!!: 軽戦車と三式軽戦車 · 続きを見る »

九五式軽戦車

九五式軽戦車(きゅうごしきけいせんしゃ)は、1930年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(軽戦車)。秘匿名称「ハ号」(「イ号」は八九式軽戦車、「ロ号」は九五式重戦車)。 日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、九七式中戦車 チハ(チハ車)とともに第二次世界大戦で活躍し、日本軍の代表的な軽戦車として知られている。.

新しい!!: 軽戦車と九五式軽戦車 · 続きを見る »

九八式軽戦車

九八式軽戦車 ケニ(きゅうはちしきけいせんしゃけに)は九五式軽戦車の後継車輛である軽戦車。九五式軽戦車の後継として1938年から設計が開発されたが、実際の試作車の完成は1939年9月にずれ込んだ。.

新しい!!: 軽戦車と九八式軽戦車 · 続きを見る »

二式軽戦車

二式軽戦車 ケト(にしきけいせんしゃ -)は、第二次世界大戦中に日本で開発、生産された軽戦車。九八式軽戦車 ケニの改良型。.

新しい!!: 軽戦車と二式軽戦車 · 続きを見る »

五式軽戦車

五式軽戦車 ケホ(ごしきけいせんしゃ ケホ)は大日本帝国陸軍が第二次世界大戦末期に開発した軽戦車である。日本陸軍の軽戦車の系列としては最後の車輌だった。.

新しい!!: 軽戦車と五式軽戦車 · 続きを見る »

ルノー FT-17 軽戦車

ルノー FT-17 軽戦車(ルノー FT-17 けいせんしゃ、ルノー FT モデル 1917年式)は、フランスのRenault S.A.)で開発された軽戦車である。 FTは、フランス語で「軽量」を表す「Faible Tonnage」の略であるとされることも多いが、実際にはそれ自体に意味はない、ルノー社内の識別記号であったらしい。ちなみにフランス語で軽戦車はChar legerと書く。.

新しい!!: 軽戦車とルノー FT-17 軽戦車 · 続きを見る »

ルノー R35

ルノー R35は、フランスのルノー社が1930年代半ばに開発した軽戦車。1,500輌以上が量産され、1940年のドイツによる侵攻当時、フランス陸軍戦車部隊の主力であった。 制式名称は「Char léger Modèle 1935 R(軽戦車-1935年式-R、Rはルノー製を示す)」だが、一般に「R35」と呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車とルノー R35 · 続きを見る »

ルノー R40

ルノー R40はフランスのルノー社によって1940年に生産された軽戦車である。当時、フランス戦車部隊の主力であったルノー R35の足回りを改修した型で、ドイツによる侵攻間近に生産が開始されたこともあり、生産数は120輌から140輌程度にとどまる。 制式名称は「Char léger Modèle 1935 R modifié 1939(軽戦車-1935年式-R-1939年改、Rはルノー製を示す)」であり、あくまでR35の改修型という位置付けで車両登録番号もR35のもの(50000番台)が引き続き用いられているが、一般に「R40」と呼ばれている。.

新しい!!: 軽戦車とルノー R40 · 続きを見る »

ヴィーゼル (空挺戦闘車)

ヴィーゼル空挺戦闘車()は、ドイツ陸軍が現在使用している空挺部隊向けの小型装軌車両である。名称の「ヴィーゼル」(Wiesel)とは、ドイツ語でイタチを指し、これは、本車の小ささにちなんで付けられている。.

新しい!!: 軽戦車とヴィーゼル (空挺戦闘車) · 続きを見る »

ヴィッカース 6トン戦車

ヴィッカース 6トン戦車(ヴィッカース 6トンせんしゃ)は戦間期にイギリスのヴィッカース・アームストロング社が開発した戦車で、ヴィッカース Mark E(Mk. E)の名でも知られる。1928年に完成、イギリス陸軍には採用されず海外輸出用として生産され、多くの国で戦車部隊の基礎となっただけでなく、いくつかの国では独自の発展型も生み出された。第二次世界大戦においても、なお数カ国では現役であった。.

新しい!!: 軽戦車とヴィッカース 6トン戦車 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車とヘリコプター · 続きを見る »

フューチャー・コンバット・システム

フューチャー・コンバット・システム(Future Combat System、FCS)は、アメリカ国防総省と陸軍が、イラクやアフガニスタンでの対テロ戦争など非正規軍も対象とする「21世紀型戦闘」への対応に向けて進めている、総額1,600億ドル規模の兵力近代化構想「未来戦闘システム」(将来戦闘システムとも)のことである。 同システムは、戦闘車両や無人偵察機、戦闘ロボット、電子装備を身につけた兵士などを情報通信ネットワークで統合、運用するもので、地上部隊の戦闘能力を飛躍的に向上させるものと期待されている。.

新しい!!: 軽戦車とフューチャー・コンバット・システム · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 軽戦車とフランス · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 軽戦車とドイツ · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車とベトナム戦争 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 軽戦車とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 軽戦車とイギリス · 続きを見る »

オチキス H35

チキス H35(制式名称Char léger modèle 1935 H、軽戦車1935年型-H、Hはオチキス社を示す識別記号)は第二次世界大戦前に開発されたフランスの軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とオチキス H35 · 続きを見る »

ストライカー装甲車

トライカー(Stryker)は、アメリカ陸軍の装輪装甲車ファミリーである。LAV(ピラーニャ)の一つであるLAV-IIIをベースに開発され、様々な派生型がある。 製造は、米ジェネラル・ダイナミクス社の子会社であるジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ社(GDLS:General Dynamics Land Systems)が行っており、アメリカ軍向けに4,466両が生産された。.

新しい!!: 軽戦車とストライカー装甲車 · 続きを見る »

スティングレイ軽戦車

ティングレイ軽戦車(スティングレイけいせんしゃ、Stingray light tank)は、アメリカのキャデラック・ゲージ社(現テキストロン・マリーン&ランドシステムズ)が1980年代に開発した軽戦車である。 アメリカ陸軍の装甲砲システム(AGS)計画の候補車として開発されたが、アメリカ陸軍には採用されなかった。.

新しい!!: 軽戦車とスティングレイ軽戦車 · 続きを見る »

先進国

先進国(せんしんこく、)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。後進国(現在では開発途上国、発展途上国の呼称が一般的)に対して、こう呼ばれることがある。.

新しい!!: 軽戦車と先進国 · 続きを見る »

国際連合平和維持活動

青色が現在活動中。水色が過去に活動を実施した地域 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で展開するノルウェー軍の兵士(1992年) UNIFILのYP-408装甲兵員輸送車。白に塗色されるのが通例である 国際連合平和維持活動(こくさいれんごうへいわいじかつどう、)は、国連憲章でうたわれた集団安全保障を実現し、紛争において平和的解決の基盤を築くことにより、紛争当事者に間接的に平和的解決を促す国際連合の活動である。日本ではPKO(ぴーけいおー)と略されることが多い。PKOに基づき派遣される各国軍部隊を、国際連合平和維持軍(こくさいれんごうへいわいじぐん、United Nations Peacekeeping Force)という。日本ではPKF(ぴーけいえふ)とも略されるという。.

新しい!!: 軽戦車と国際連合平和維持活動 · 続きを見る »

四式軽戦車

四式軽戦車 ケヌ(よんしきけいせんしゃ けぬ)とは、1944年(皇紀2604年)に開発された日本陸軍の軽戦車。.

新しい!!: 軽戦車と四式軽戦車 · 続きを見る »

火力 (軍事)

軍事における火力(かりょく、fire power)は、戦闘時の主要な能力の1つであり、狭義には銃や大砲といった火器やロケット弾などの威力を指すが、広義には離れた場所から敵を加害する能力全般を指す。.

新しい!!: 軽戦車と火力 (軍事) · 続きを見る »

火器

火器(かき、)とは、火薬などのエネルギーを利用して飛翔体(弾丸など)を射出する装置であり、広義には、射撃統制器材、射撃及び弾道を含む。(防衛省規格).

新しい!!: 軽戦車と火器 · 続きを見る »

砲塔

アイオワ(BB-61) 砲塔(ほうとう、Gun Turret)は、火砲の操作員や機構を保護すると同時に、さまざまな方向に照準し発射できるようにする装置である。ここでは砲塔の前段階的装置である砲郭も併せて解説する。 砲塔は通常、兵器を搭載する回転式のプラットフォームであり、対艦用の陸上砲台など要塞化された建造物・構造物のほか、装甲戦闘車両、水上艦艇、軍用機にも取り付けることができる。 砲塔には、単数または複数の機関銃、機関砲、大口径砲、ミサイル・ランチャーを装備することができる。また、有人操作のものも、遠隔制御のものもあり、装甲が施されていることが多い。小型の砲塔や、大型の砲塔に付属する副砲塔はキューポラと呼ばれる。ただしキューポラという用語は、武器を搭載せず、戦車長などが観測のために用いる回転塔を意味する場合もある。 砲塔による防護の目的は、兵器とその操作員を戦闘による損害、天候、周囲の状況、自然環境などから守ることである。 砲塔(ターレット)の語源は、要塞において建物や城壁の上に建てられた防御用構造物、「小塔(ターレット、Turret)」に基づいている。これに対して地面に直接建っている構造物は塔(タワー、tower)と呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車と砲塔 · 続きを見る »

空挺戦車

挺戦車(くうていせんしゃ)は、輸送機に搭載可能な軽量の戦闘車両。戦闘地帯に空中投下もしくは強行着陸により輸送され、火力が不足しがちな降下直後の空挺部隊に火力と機甲戦力を与えることが目的である。戦車とは呼ばれるが、空中投下もしくは強行着陸により輸送される装甲戦闘車両全般のことを指す。.

新しい!!: 軽戦車と空挺戦車 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 軽戦車と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 軽戦車と第二次世界大戦 · 続きを見る »

ERC 90装甲車

ERC 90(フランス語:Engin de Reconnaissance à Canon de 90 mm)は、フランス製の6輪式偵察用装甲車であり、水上走行能力とNBC防護能力を備えている。当初は輸出用として開発されたが、後にフランス軍にも採用されている。.

新しい!!: 軽戦車とERC 90装甲車 · 続きを見る »

装甲

装甲(そうこう)とは、兵器のような機械や生物等を、過酷な環境で他の物体との衝突や熱などから護るために取り付ける板状の部品、または、それらを取り付ける事を指す。 兵器に限らず、苛酷な環境下で運用される建築機械や探査装置のような機械類でも内部を保護する装甲を備え、甲羅や貝殻といった生き物でも同様である。本項目では、特に断らない限り兵器に使用される装甲について記述する。 、、と表記される。は、現代では完全に戦車を意味する単語となっている。 兵器は常に相手の兵器によって破壊される危険があり、破壊されずに機能する事が要求される。相手の攻撃から防護するために多くの兵器が装甲を備えており、兵器の歴史は「矛と盾」で象徴されるように盾となる装甲の歴史である。.

新しい!!: 軽戦車と装甲 · 続きを見る »

装甲車

装甲車(そうこうしゃ、Armored Car、AC)は、装甲を備える自動車である。軍用以外にも、警備や暴動鎮圧に使われる警察用の装甲車、消防用の耐火装甲を備えた消防車、現金輸送車など、民間用や文民用の装甲車もある。 初期のドイツ警察用装甲車Daimler DZVR 21 Schupo-Sonderwagen.

新しい!!: 軽戦車と装甲車 · 続きを見る »

装輪装甲車

装輪装甲車(そうりんそうこうしゃ、wheeled armored vehicle)は、タイヤ付き車輪によって走行する装甲車のことである。 装甲車は装輪装甲車と装軌装甲車に2分される。民間や警察機関で用いられる装甲車はほぼ全てがタイヤ式の装輪装甲車であるため、二者を区別する必要が無く、単に「装甲車」と呼ばれる。「装輪装甲車」と区別して云う場合は両者を運用している軍用車両を指すことが多い。 本項目では軍用車両としての「装輪装甲車」について説明する。.

新しい!!: 軽戦車と装輪装甲車 · 続きを見る »

装輪戦車

兵科記号 装輪戦車(そうりんせんしゃ:)は、大口径の主砲を主武装とした装輪装甲車の通称である。名前に「戦車」が含まれているが、実際の運用は、対戦車車両、偵察戦闘車、空挺戦車、ないし自走式の歩兵砲に近いものとなっている。 なお、装輪戦車という呼称が実際に制式名称として使われることは稀であり、多くは単に装甲車、場合により火力支援車両()、アメリカでは機動砲システムと呼ばれている。また、日本語訳される際には、任務に応じて戦闘偵察車などの訳語が使用されることが多い。.

新しい!!: 軽戦車と装輪戦車 · 続きを見る »

豆戦車

豆戦車(まめせんしゃ)は、軽戦車よりさらに小型・軽量・軽装備な戦車。タンケッテ(Tankette)や豆タンクとも呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車と豆戦車 · 続きを見る »

軍縮

軍縮(ぐんしゅく)とは、軍隊の持つ兵器、装備、人員などの削減、あるいは撤廃を行うことで軍隊の規模を縮小する一種。軍備縮小とも。対義語は軍拡。.

新しい!!: 軽戦車と軍縮 · 続きを見る »

FCM36

FCM 36(制式名称Char léger Modèle 1936 FCM、軽戦車-1936年式-FCM)は第二次世界大戦前、フランス陸軍向けに設計された軽歩兵戦車である。乗員は2名で、短砲身37mm砲と7.5mm同軸機銃を装備、ディーゼルエンジン駆動であった。.

新しい!!: 軽戦車とFCM36 · 続きを見る »

FV101 スコーピオン

FV101 スコーピオン()は、イギリスのアルヴィス社が開発した偵察戦闘車(軽戦車・空挺戦車)。 CVR(T)ファミリーの端緒を切って、1972年よりイギリス陸軍への引き渡しが開始された。1989年1月1日の時点で既に1,200両以上が製造されており、最終的には3,000輌以上が製造された。.

新しい!!: 軽戦車とFV101 スコーピオン · 続きを見る »

I号戦車

I号戦車(いちごうせんしゃ、Panzerkampfwagen I)は、ドイツが第一次世界大戦後、初めて量産した戦車である。 訓練および生産技術の習得のための軽量・簡易な軽戦車として開発されたが、本来の実戦用戦車であるIII号、IV号の数が揃わず、第二次世界大戦開戦直後のポーランド侵攻作戦など、II号と共に実戦に投入された。 後に同じ制式名称で、全く別設計の「新型」I号戦車も少数生産された。.

新しい!!: 軽戦車とI号戦車 · 続きを見る »

II号戦車

II号戦車(にごうせんしゃ、Panzerkampfwagen II)は、ドイツで作られた軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とII号戦車 · 続きを見る »

Ikv 91

Ikv 91(Infanterikanonvagn 91)は、ヘグルント社(現在はBAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツに吸収)が開発・製造し、スウェーデン軍が運用する水陸両用戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とIkv 91 · 続きを見る »

LOSAT (ミサイル)

MGM-166 LOSAT(ローサット、Line-of-Sight Anti-Tank)はアメリカ軍が開発していた対戦車ミサイル。超高速で飛翔するミサイルであり、炸薬ではなくミサイル自身の持つ運動エネルギーにより戦車などを撃破する。2004年に開発中止となった。.

新しい!!: 軽戦車とLOSAT (ミサイル) · 続きを見る »

LT-35

LT-35(チェコスロバキア軍名称・ LTvz.35、ドイツ軍名称・ 35(t)戦車)は第二次世界大戦前の1935年にチェコスロバキアのシュコダ社が開発・製作した軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とLT-35 · 続きを見る »

LT-38

LT-38(チェコスロバキア軍名称・LTvz.38、ドイツ軍名称38(t)戦車)は第二次世界大戦前にチェコのČKD社(Českomoravská Kolben Daněk)が開発・製作していた軽戦車の名前。.

新しい!!: 軽戦車とLT-38 · 続きを見る »

M1128 ストライカーMGS

M1128 ストライカーMGS(M1128 Stryker Mobile Gun System, MGS)は、アメリカ陸軍ストライカー旅団で運用される装輪式自走砲である。 スイスのモワク社によって開発されたピラーニャIIIをベースにジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ・カナダ(GDLS Canada)が製造しているストライカーシリーズの車種で、主武装としてM68A2 105mm戦車砲を装備している。.

新しい!!: 軽戦車とM1128 ストライカーMGS · 続きを見る »

M1エイブラムス

M1 エイブラムス(M1 Abrams)は、アメリカ合衆国が開発した主力戦車である。 エイブラムスの名は、開発を推進した人物であり、バルジの戦いの英雄でもあるクレイトン・エイブラムス大将に由来する。.

新しい!!: 軽戦車とM1エイブラムス · 続きを見る »

M1戦闘車

M1戦闘車(M1せんとうしゃ、M1 Combat Car)とは、アメリカ陸軍の軽戦車。改良型にM2戦闘車がある。1940年にM1A1/M1A2軽戦車となる。.

新しい!!: 軽戦車とM1戦闘車 · 続きを見る »

M22軽戦車

M22軽戦車(英語:Light Tank M22)は第二次世界大戦中にアメリカ合衆国で開発された空挺戦車である。供与されたイギリス軍では「ローカスト(Locust:ワタリバッタ(飛蝗)の意)」の愛称で呼ばれた。  .

新しい!!: 軽戦車とM22軽戦車 · 続きを見る »

M24軽戦車

M24チャーフィー軽戦車(英語:Light Tank M24)は、第二次世界大戦においてアメリカ合衆国が使用した軽戦車である。 愛称はアメリカ軍戦車開発のパイオニアであったアドナ・R・チャーフィー・ジュニア将軍にちなみチャーフィー(Chaffee)と名付けられた。.

新しい!!: 軽戦車とM24軽戦車 · 続きを見る »

M2軽戦車

M2軽戦車(M2けいせんしゃ、M2 Light Tank)とは、1935年に開発されたアメリカ陸軍の軽戦車。初期型のM2A1から最終型のM2A4まで4種類が開発された。.

新しい!!: 軽戦車とM2軽戦車 · 続きを見る »

M3軽戦車

M3軽戦車(英語:Light Tank M3)はアメリカ合衆国で開発され、第二次世界大戦中連合国軍が使用した軽戦車。 本車をレンドリースされたイギリス軍によって付けられた愛称は、南北戦争時に南軍騎兵隊を率いたJ・E・B・スチュアート将軍から取った「ゼネラル・スチュアート」あるいは「スチュアート」。最初に北アフリカで本車を使用したイギリス軍兵士からは「ハニー」(可愛い奴)とも呼ばれた。.

新しい!!: 軽戦車とM3軽戦車 · 続きを見る »

M41軽戦車

M41ウォーカー・ブルドッグ(エム41ウォーカー・ブルドッグ)は、アメリカ合衆国が開発した軽戦車である。 愛称の“ウォーカー・ブルドッグ”は朝鮮戦争で第8軍の初代指揮官としての任務中、交通事故死したウォルトン・ウォーカー中将にちなんで名付けられた。.

新しい!!: 軽戦車とM41軽戦車 · 続きを見る »

M551シェリダン

M551 シェリダンは、アメリカ合衆国で開発され、アメリカ陸軍で使用された水陸両用の空挺戦車である。 愛称のシェリダン(Sheridan)は、南北戦争の英雄の一人である、フィリップ・H・シェリダン将軍にちなんで命名された。.

新しい!!: 軽戦車とM551シェリダン · 続きを見る »

M5軽戦車

M5軽戦車(英語:Light Tank M5)はアメリカ合衆国で開発され、第二次世界大戦中連合国軍が使用した軽戦車で、M3軽戦車の改良型である。M3軽戦車と同じ、スチュアートのニックネームで呼ばれていた。イギリス軍では特に、スチュアートVIとして、M3軽戦車と区別された。.

新しい!!: 軽戦車とM5軽戦車 · 続きを見る »

M8 AGS

M8 AGS(, 装甲砲システム)は、アメリカ合衆国のFMC社(のちにユナイテッド・ディフェンス、現在のBAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツ)が開発していた軽戦車・空挺戦車である。 M551シェリダンの後継としてアメリカ陸軍に制式採用されたものの、冷戦の終結を受けた国防予算の削減に伴い、最終的に計画はキャンセルされた。.

新しい!!: 軽戦車とM8 AGS · 続きを見る »

MCS

XM1202 MCS(イメージ) XM1202 Mounted Combat System (MCS) とは、アメリカ陸軍が開発していたMGV (Manned Ground Vehicles) という軽量戦闘車両ファミリーの戦闘車両の一つ。仮称。砲搭載戦闘システムとも表記するが、定着していない表記である。2009年にMGV計画は中止され、新たにGCV (Ground Combat Vehicle、en) という戦闘車両計画が開始された。.

新しい!!: 軽戦車とMCS · 続きを見る »

Mk.VI軽戦車

Mk.VI軽戦車(マーク6 けいせんしゃ、Vickers Light Tnak Mk.VI)は、戦間期にイギリスで開発された軽戦車。第二次世界大戦前半に活躍した。.

新しい!!: 軽戦車とMk.VI軽戦車 · 続きを見る »

Mk.VIIテトラーク軽戦車

Mk.VII 軽戦車 テトラークは、第二次世界大戦時にイギリスによって開発、使用された軽戦車。空挺戦車としても使用された。「テトラーク (Tetrarch)」とは、古代ローマにおける四帝分割(テトラルキア)時代の分割統治者の意味。.

新しい!!: 軽戦車とMk.VIIテトラーク軽戦車 · 続きを見る »

Mk.VIII ハリー・ホプキンス軽戦車

Mk.VIII 軽戦車 ハリー・ホプキンスは、イギリスのビッカーズ・アームストロング社によって生産された、第二次世界大戦中の戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とMk.VIII ハリー・ホプキンス軽戦車 · 続きを見る »

PT-76

PT-76(Ob-740)は、ソビエト連邦が開発した水陸両用の軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とPT-76 · 続きを見る »

SK105キュラシェーア軽戦車

SK105キュラシェーア(Kürassier:ドイツ語で胸甲騎兵の意味、Cuirassier:英語読みでキュラシェーア)は、オーストリアがフランス製のAMX-13軽戦車を参考に、ザウアー社(現シュタイア・ダイムラー・プフ社)が1967年に試作車を開発、1989年まで生産された軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とSK105キュラシェーア軽戦車 · 続きを見る »

Stridsfordon 90

Stridsfordon 90(Strf 90)またはCombat Vehicle 90(CV 90)は、スウェーデンが開発したStrf 9040歩兵戦闘車とその車体を流用した装甲戦闘車両ファミリーの総称である。 2つの名称はスウェーデン語と英語で「戦闘車両」を意味しており、"Strf 90"がスウェーデン陸軍配備の車両、"CV 90"が輸出向けの車両を指して使い分けられる。.

新しい!!: 軽戦車とStridsfordon 90 · 続きを見る »

T-26 (戦車)

T-26は、第二次世界大戦前からソ連軍などで使用された軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とT-26 (戦車) · 続きを見る »

T-50 (戦車)

T-50は第二次大戦中にソビエト連邦で限定生産された歩兵支援用戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とT-50 (戦車) · 続きを見る »

T-60 (戦車)

T-60とは、第二次世界大戦中のソビエト連邦で開発された軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とT-60 (戦車) · 続きを見る »

T-70 (戦車)

T-70(ロシア語:Т-70 テー・スェーミヂッシャット)はソビエトによって開発、運用された軽戦車である。.

新しい!!: 軽戦車とT-70 (戦車) · 続きを見る »

T-80 (軽戦車)

T-80(ロシア語:Т-80 テー・ヴォースィェミヂェスャト)はソ連によって開発、運用された軽戦車である。T-70に替わる軽戦車として開発されたが、少数が限定的に生産されたのみに終わった。.

新しい!!: 軽戦車とT-80 (軽戦車) · 続きを見る »

T1軽戦車

T1軽戦車(T1けいせんしゃ、T1 Light Tank)とは、1920年代後半から1930年代前半にかけてのアメリカ陸軍の試作軽戦車。1928年1月に、T1E1軽戦車が一時制式化され、M1軽戦車となった。.

新しい!!: 軽戦車とT1軽戦車 · 続きを見る »

歩兵

2歩兵師団所属の歩兵 歩兵(ほへい、Infantry)は、軍隊における兵科の一つであり、戦場を徒歩で行動する兵士のこと。(戦場にたどり着くまでは馬や自動車などさまざまな移動手段を用いても戦場において徒歩であれば歩兵である)。最古かつ最も基本的な兵科であり、歩兵の存在しない軍隊は存在しない。最も柔軟性の高い兵科でもあり、あらゆる戦場で姿を見ることができる。自衛隊用語では普通科という。 いかに軍の機械化が進んでも、諸兵科連合を構成したり、都市・拠点を確保したりするのには歩兵の存在が不可欠である。近年は非対称戦への要求が高まり、占領地の治安維持や平和維持活動に従事する特別な訓練を受けさせた歩兵の需要が増している。.

新しい!!: 軽戦車と歩兵 · 続きを見る »

歩兵戦闘車

M2A3ブラッドレー 歩兵戦闘車(ほへいせんとうしゃ(IFV:Infantry Fighting Vehicle または ICV:Infantry Combat Vehicle)は、車内に歩兵を乗せることができる装甲戦闘車両(AFV)。装甲兵員輸送車(APC)のように歩兵を運ぶばかりではなく、積極的な戦闘参加を前提とし、強力な火砲を搭載している。さらに乗車歩兵の乗車戦闘ができるようになっている物が多い。.

新しい!!: 軽戦車と歩兵戦闘車 · 続きを見る »

水陸両用戦車

ャーマンDD 水陸両用戦車(すいりくりょうようせんしゃ)は、陸上のみならず、河川などの障害物を浮航あるいは潜水渡渉することのできる戦車を指す。水域の移動方式により潜水戦車、あるいは浮航戦車とも呼ばれる。.

新しい!!: 軽戦車と水陸両用戦車 · 続きを見る »

朝鮮戦争

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争中村隆英『昭和史 下 1945-89』 東洋経済新報社,p.565半藤一利『昭和史 戦後編 1945-1989』 平凡社ライブラリー,p297-298.芦田茂「」戦史研究年報 第8号(2005年3月)防衛研究所。1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が中華人民共和国の毛沢東とソビエト連邦のヨシフ・スターリンの同意と支援を受けて、国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵略を仕掛けたことによって勃発した。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と東側の支援を受ける中国人民志願軍が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化して荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 終戦ではなく休戦状態であるため、名目上は現在も戦時中であり、南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、北朝鮮は幾度となく大韓民国への領空、領海侵犯のみならず砲撃をも行い、韓国や日本などの国民の拉致や恫喝を繰り返している。 2018年4月27日、板門店にて第三回南北首脳会談が行われ南北両首脳により板門店宣言が発表され2018年中の終戦が目指される。.

新しい!!: 軽戦車と朝鮮戦争 · 続きを見る »

戦車

T-34/85 レオパルト2A5 74式戦車(左)と10式戦車試作車(右) 戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。.

新しい!!: 軽戦車と戦車 · 続きを見る »

戦車揚陸艦

戦車揚陸艦(せんしゃようりくかん、tank landing ship)は、人員や物資の揚陸を目的とする揚陸艦のうち 、揚陸艦自体が直接海岸に乗り上げる(ビーチング)ことによって、歩兵や戦車などを揚陸する艦種のこと。 アメリカ海軍式の艦種類別記号は、LST(Landing ship,tank )が当てられる。.

新しい!!: 軽戦車と戦車揚陸艦 · 続きを見る »

戦間期

戦間期(せんかんき、interbellum、interwar period)は、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦勃発まで、つまり、基本的には1919年から1939年までの時代である。両大戦間期、大戦間期ともいう。 世界史全体に関わるが、特にヨーロッパ史で重要である。.

新しい!!: 軽戦車と戦間期 · 続きを見る »

62式軽戦車

62式軽戦車(62しきけいせんしゃ 62式轻型坦克・WZ-131)は、ソビエト連邦からの技術供与の下で開発に成功した59式戦車を踏まえて、59式をスケールダウンさせた中国初の国産戦車である。 山岳、水田、河川の多い地域での運用を目的に開発され、1989年までに1,500輌以上が生産され国内だけでなく海外にも数多く輸出された。現在でも500輌近くが運用されている。.

新しい!!: 軽戦車と62式軽戦車 · 続きを見る »

63式水陸両用戦車

63式水陸両用戦車(63しきすいりくりょうようせんしゃ)は、中国の水陸両用戦車である。.

新しい!!: 軽戦車と63式水陸両用戦車 · 続きを見る »

7TP

7TPは第二次世界大戦で使用されたポーランドの軽戦車である。イギリス製のヴィッカース 6トン戦車のライセンス生産型だが、ポーランド独自の改良が施されている。7TPは1939年のドイツによる侵攻当時、ポーランド軍が装備する最も強力な戦車であった。.

新しい!!: 軽戦車と7TP · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »