ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)

索引 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)

この項目では、アメリカ軍の軍用機の命名規則について記す。.

149 関係: A-1 (航空機)A-3 (航空機)A-4 (航空機)A-5 (航空機)A-6 (航空機)AC-130AH-64 アパッチAJ (航空機)AL-1 (航空機)An-26 (航空機)垂直離着陸機偵察機対テロ戦争対潜哨戒機対潜戦仮想敵部隊ミサイルミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)ノースロップ・グラマンノースアメリカンマクドネル・エアクラフトハリアー II (航空機)リンドン・ジョンソンリパブリック・アビエーションレーザーレシプロエンジンロッキードロケット弾ヴォート・エアクラフト・インダストリーズボーイングボーイング747ヘリコプターブラジル空軍ブルースターパイパー・エアクラフトパイアセッキ・ヘリコプターヒューズ・ヘリコプターズデ・ハビランド・カナダデ・ハビランド・カナダ DHC-4ドローンホーカー・シドレー ハリアーホーカー・シドレー P.1127ダグラス DC-4ダグラス・エアクラフトベル・エアクラフトアメリカ合衆国アメリカ合衆国大統領アメリカ国防総省アメリカ空軍アメリカ軍...アメリカ航空宇宙局アメリカ陸軍アメリカ陸軍航空隊アメリカ陸軍航空軍アメリカ海兵隊アメリカ海軍エンブラエル EMB-314エアフォースワンカマン K-MAXカマン・エアロスペースカーチス・ライトカーチス・ルメイグラマングライダーグレン・L・マーティングッドイヤーコンベアコンソリデーテッド・エアクラフトシコルスキー・エアクラフトスペースプレーンセバスキーセスナセスナ 208ゼネラルモーターズソビエト連邦C-130 (航空機)C-5 (航空機)CASA CN-235CH-47 (航空機)空中給油空冷練習機爆撃機無人航空機E-4 (航空機)飛行船観測機軍用機軍用機の命名規則輸送機航空機航空救急雷撃機電子戦機陸上自衛隊F-11 (戦闘機)F-111 (航空機)F-117 (航空機)F-14 (戦闘機)F-15 (戦闘機)F-15E (航空機)F-16 (戦闘機)F-22 (戦闘機)F-35 (戦闘機)F-4 (戦闘機)F-8 (戦闘機)F-80 (戦闘機)F/A-18 (航空機)F2H (航空機)F3D (航空機)F3H (航空機)F4D (航空機)F4U (航空機)FJ-4 (航空機)J2F (航空機)KC-767 (航空機)Mi-17 (航空機)Mi-24 (航空機)MiG-21 (航空機)OH-6 (航空機)OS2U (航空機)OV-1 (航空機)P-2 (航空機)PBY (航空機)SBD (航空機)SC (航空機)SOC (航空機)SR-71 (航空機)T-6 (航空機・初代)TBF (航空機)UH-1 (航空機)UH-60 ブラックホークV-22 (航空機)VC-25XプレーンXF2Y-1 (航空機)気球汎用機 (航空機)液冷戦闘機早期警戒機攻撃ヘリコプター攻撃機1920年1924年1947年1948年2003年2005年 インデックスを展開 (99 もっと) »

A-1 (航空機)

A-1 スカイレイダー (Skyraider) は、第二次世界大戦中に開発が始まったアメリカ海軍の爆撃・雷撃兼用艦上攻撃機。1962年の陸海空軍航空機命名規則統合前の機体名はAD-1〜7だった。 第二次世界大戦後半に活躍した、前任のTBF/TBMアベンジャー雷撃機・SB2Cヘルダイバー急降下爆撃機よりも小型軽量であるが、全ての面で前任機を凌駕する汎用攻撃機であった。 艦上機がプロペラ機からジェット機へと入れ替わった1960年代までに3,000機以上生産され、アメリカ海軍の主力攻撃機として、朝鮮戦争・ベトナム戦争において活躍した。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とA-1 (航空機) · 続きを見る »

A-3 (航空機)

A-3は、ダグラス・エアクラフトによって開発され、アメリカ海軍が運用していた航空機。愛称はスカイウォーリアー(SkyWarrior)。 核攻撃を目的とした大型艦上攻撃機として開発され、後期には電子戦機や空中給油機として用いられた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とA-3 (航空機) · 続きを見る »

A-4 (航空機)

A-4はダグラス社が開発しアメリカ海軍などに制式採用された艦上攻撃機。愛称はスカイホーク(Skyhawk)。当初の型式番号はA4Dであったが、アメリカ軍による1962年の命名規則変更の際、A-4に改称された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とA-4 (航空機) · 続きを見る »

A-5 (航空機)

A-5は、アメリカ海軍が1960年代から1970年代に運用した艦上攻撃機および偵察機。愛称はヴィジランティ(Vigilante:「自警団員」の意)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とA-5 (航空機) · 続きを見る »

A-6 (航空機)

A-6は、アメリカ海軍と海兵隊が1963年-1997年までの34年間運用した艦上攻撃機である。ベトナム戦争や湾岸戦争をはじめとする、就役期間中に発生したアメリカ海軍の艦上機が何らかの形で関わったほとんどの戦争や紛争に参加した。愛称はイントルーダー(Intruder)。 派生型にEA-6B プラウラー電子戦機が存在し、EA-6Bは2015年までの45年間運用された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とA-6 (航空機) · 続きを見る »

AC-130

AC-130は、ロッキード・マーティンC-130 ハーキュリーズ輸送機に重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とAC-130 · 続きを見る »

AH-64 アパッチ

AH-64は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発した攻撃ヘリコプターである。アパッチ(Apache)の愛称は、アメリカ先住民のアパッチ族に由来する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とAH-64 アパッチ · 続きを見る »

AJ (航空機)

AJ サヴェージ(AJ Savage)は、ノースアメリカン社がアメリカ海軍のために製作した艦上攻撃機。契約締結は1946年6月。1948年7月3日に初飛行し、1949年から部隊配備が開始された。1962年の命名法改正によってAJ-1はA-2Aに、AJ-2はA-2Bに改称された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とAJ (航空機) · 続きを見る »

AL-1 (航空機)

YAL-1はアメリカ合衆国のレーザーによるミサイル迎撃試験用の軍用機。アメリカ軍でABL(Airborne Laser、空中発射レーザー)兵器システムとして開発されているメガワット級の酸素-ヨウ素化学レーザー(COIL)を搭載し、ミサイル防衛システムにおいて、主にスカッドのような戦術弾道ミサイルをブースト段階で撃墜するために設計されたミサイル迎撃の実用試験用機である。 開発の進展に伴って、機体は従来計画のボーイングNKC-135Aに代わり、全面改造されたボーイング747-400F型貨物機に各種レーザーやターレット、管制システムを組み込んだものとなった。「YAL-1A」という呼称は、「Airborne Laser OneのA型」という意味の「AL-1A」に、実用段階前の実証試験機を示すアルファベット1文字「Y」が付いたものである。またこの機体YAL-1Aを含めた兵器システムの計画はABL計画と呼ばれる。ABL計画の下で実験機体名はYAL-1Aであるが、本項では機体のこともABLと呼ぶ。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とAL-1 (航空機) · 続きを見る »

An-26 (航空機)

An-26(アントノフ26;ウクライナ語:Ан-26アーン・ドヴァーッツャチ・シースチ;ロシア語:Ан-26アーン・ドヴァーッツァチ・シェースチ)は、ソ連・ウクライナ共和国のキエフ機械製作工場(KMZ;現ウクライナのANTK アントーノウ)で開発された小型双発多目的輸送機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは「カール」("Curl")と呼ばれた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とAn-26 (航空機) · 続きを見る »

垂直離着陸機

垂直離着陸機(VTOL機、Vertical Take-Off and Landing、ブイトール機、ヴィトール機)はヘリコプターのように垂直に離着陸できる飛行機である。 回転翼機であるヘリコプターは慣例的に垂直離着陸機(VTOL機)には含めない。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と垂直離着陸機 · 続きを見る »

偵察機

偵察機(ていさつき、英:surveillance aircraft)は、敵性地域などの状況を把握するために偵察など情報収集を行う軍用機(航空機)のひとつ。基本的に軍隊で軍用機として運用される事が大半だが、なかには情報機関や準軍事組織が運用するものもある。 偵察機は軍用機の種類の中では最も古参であり、史上初めて本格的に軍事転用された航空機として第一次世界大戦に登場した。戦闘機や爆撃機は偵察機から事実上派生したものであり、以降偵察機は軍用機の歴史と共にあった(#歴史)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と偵察機 · 続きを見る »

対テロ戦争

対テロ戦争(たいテロせんそう、War on Terrorism または )は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争()と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と対テロ戦争 · 続きを見る »

対潜哨戒機

対潜哨戒機(たいせんしょうかいき)は対潜水艦戦を重視して設計・装備された航空機。海上哨戒機(MPA:Maritime patrol aircraft)や対潜戦機(ASW:Anti-Submarine Warfare aircraft )とも呼ばれる。 軍用機の命名規則 では哨戒(Patrol)からPが使われる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と対潜哨戒機 · 続きを見る »

対潜戦

対潜戦(たいせんせん、Anti-submarine warfare, ASW, A/S)は、潜水艦に対する海戦のこと。潜水艦対対潜ユニットでの局地的対潜戦闘は、ASWと称され、敵対勢力との競合海域全般におよぶ、より広範囲の対潜水艦戦をシアターASW:戦域対潜戦と呼称する。 対潜戦では、他の形態の海戦と同様にセンサや兵器などの技術的進歩、訓練および経験、平時からの敵潜水艦の音紋や磁気特性などの継続的な収集(水中音響戦)と潮流など自然環境の観測、海戦術や航空戦術の改善により戦闘時の優位をもたらす。とりわけ、最初に敵潜水艦を発見するソナーの役割は大きく、対潜戦の成否の鍵を握っている。潜水艦の破壊には航空機や水上艦、水中のプラットホームから発射される対潜兵器が使用される。 対潜戦の実行は同時に水中の脅威から艦隊・商船を護衛することになる。第一次世界大戦以降、潜水艦を含む脅威から商船を守るため護送船団が編成された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と対潜戦 · 続きを見る »

仮想敵部隊

仮想敵部隊とは、軍事演習において敵軍を演じる為に編成される部隊である。英語ではopposing force(対抗部隊)と呼ばれるほか、アメリカ合衆国やオーストラリアではこれを略したOPFORが使われる事も多い。またカナダでは単にenemy force(敵軍)という表現も使われる。空軍・航空部隊では同様の部隊をアグレッサー部隊(aggressor squadron)と呼ぶ。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と仮想敵部隊 · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とミサイル · 続きを見る »

ミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国)

この項目では、アメリカ軍のミサイル・ロケットの命名規則について記す。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とミサイル・ロケットの命名規則 (アメリカ合衆国) · 続きを見る »

ノースロップ・グラマン

ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corporation、 )は、アメリカ合衆国のバージニア州フェアファックス郡ウェストフォールズチャーチに本社を置く企業。1994年にノースロップがグラマンを買収して誕生した。主に戦闘機・軍用輸送機・人工衛星・ミサイル・軍艦などを製造している軍需メーカーである。軍需産業としてはロッキード・マーティン、BAEシステムズ、ボーイングに次いで世界で4位"".

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とノースロップ・グラマン · 続きを見る »

ノースアメリカン

ノースアメリカン・アビエーション・インク(North American Aviation, Inc. )はアメリカ合衆国の航空機メーカーである。1928年に設立され、1930年代から航空機の製造を行い、第二次世界大戦のP-51ムスタング、B-25ミッチェル、戦後のF-86セイバーなどの重要な機体を製作した。1967年にロックウェルと合併してノースアメリカン・ロックウェル(North American Rockwell Corporation )になった。1996年にノースアメリカンおよびロケットダイン部門を含むロックウェル・インターナショナルはボーイングに売却されている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とノースアメリカン · 続きを見る »

マクドネル・エアクラフト

マクドネル・エアクラフト(McDonnell Aircraft Corporation )はアメリカの航空機メーカーである。1967年にダグラス社と合併してマクドネル・ダグラスになった。 1938年ジェームス・マクドネル(James Smith McDonnell)によって、ミズーリ州セントルイスに設立された。第二次世界大戦によって発展し、新興メーカーのためジェット戦闘機に対する取り組みが早かったので戦後F-4 ファントムIIなどで有力な戦闘機メーカーになった。開発した機体の愛称を亡霊もしくはそれに類するもので統一していたことでも知られる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とマクドネル・エアクラフト · 続きを見る »

ハリアー II (航空機)

AV-8B ハリアー II(AV-8B Harrier II)は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が短距離離陸垂直着陸機のホーカー・シドレー ハリアーを基にスーパークリティカル翼や揚力強化装置を組み合わせて開発した攻撃機である。 すでにイギリス軍での運用は終了したが、軽空母や強襲揚陸艦、小規模な飛行場といった他機の活動が制約される環境下で近接航空支援と戦場航空阻止をこなすことができる唯一の攻撃機として、現在もアメリカを始め、数ヶ国で運用されている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とハリアー II (航空機) · 続きを見る »

リンドン・ジョンソン

リンドン・ベインズ・ジョンソン(Lyndon Baines Johnson、1908年8月27日 - 1973年1月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。第36代アメリカ合衆国大統領。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とリンドン・ジョンソン · 続きを見る »

リパブリック・アビエーション

F-105 サンダーチーフ リパブリック・アヴィエーション(Republic Aviation Company )は、アメリカ合衆国にかつて存在した航空機メーカー。主に軍用機を生産した。1965年にフェアチャイルドに買収された。 前身はアレクサンダー・セヴァスキー (アレキサーンドル・セーヴェルスキイ、Alexander Procofieff de Seversky) が1931年に設立した航空機メーカー・セヴァスキーである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とリパブリック・アビエーション · 続きを見る »

レーザー

レーザー(赤色、緑色、青色) クラシックコンサートの演出で用いられた緑色レーザー He-Ne レーザー レーザー(laser)とは、光を増幅して放射するレーザー装置を指す。レーザとも呼ばれる。レーザー光は指向性や収束性に優れており、また、発生する電磁波の波長を一定に保つことができる。レーザーの名は、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)の頭字語(アクロニム)から名付けられた。 レーザーの発明により非線形光学という学問が生まれた。 レーザー光は可視光領域の電磁波であるとは限らない。紫外線やX線などのより短い波長、また赤外線のようなより長い波長のレーザー光を発生させる装置もある。ミリ波より波長の長い電磁波のものはメーザーと呼ぶ。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とレーザー · 続きを見る »

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とレシプロエンジン · 続きを見る »

ロッキード

ッキード トライスター ロッキード(Lockheed Corporation)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーで主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とロッキード · 続きを見る »

ロケット弾

ット弾(ロケットだん)は、推進剤である火薬の燃焼や圧縮ガスの噴出によって推力を得、自力で飛行する能力のある爆弾、または砲弾である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とロケット弾 · 続きを見る »

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ・インク(Vought Aircraft Industries, Inc. )は、アメリカ合衆国の航空機メーカー。旧チャンス・ヴォート(Chance Vought )。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とヴォート・エアクラフト・インダストリーズ · 続きを見る »

ボーイング

ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とボーイング · 続きを見る »

ボーイング747

ボーイング747(Boeing 747)は、アメリカのボーイング社が開発・製造する大型旅客機のシリーズ。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。世界初のワイドボディ機であり、大量輸送によってそれまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行、特に国外旅行の大衆化を可能にした画期的な機体であった。基本設計から半世紀が経過した現在においてもなお大型民間航空機の一角を占めており、最新型として747-8型が生産されている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とボーイング747 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とヘリコプター · 続きを見る »

ブラジル空軍

ブラジル空軍(ポルトガル語:Força Aérea Brasileira、FAB)はブラジルの空軍。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とブラジル空軍 · 続きを見る »

ブルースター

ブルースター (等)は、英語圏で単位、地名や人名、企業名などに用いられている名詞である。 原語では綴りに関わらず基本的に“”と発音され、第一母音は全て同じ“ ”であるが、日本におけるカタカナ表記では、「」の場合は、慣例的にブリュースター、ブリュスターと表記される事が多い。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とブルースター · 続きを見る »

パイパー・エアクラフト

パイパー・エアクラフト(Piper Aircraft, Inc.)はアメリカの軽飛行機メーカーである。本社はフロリダ州ベロビーチ。セスナ、ビーチクラフトと共に軽飛行機の世界3大ブランドの一つ。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とパイパー・エアクラフト · 続きを見る »

パイアセッキ・ヘリコプター

所沢航空発祥記念館にて展示されている"H-21B" V-44型 パイアセッキ・ヘリコプター(Piasecki Helicopter)はかつて存在した会社でアメリカ合衆国のヘリコプター製造会社。現在はボーイング防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)のボーイング・ミリタリー・エアクラフト(BMA)ビジネスユニットの一部となっている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とパイアセッキ・ヘリコプター · 続きを見る »

ヒューズ・ヘリコプターズ

ヒューズ・ヘリコプターズ(Hughes Helicopters )は、1950年代から1980年代にかけて主要だった軍用、民間ヘリコプター製造会社である。 会社は1947年にヒューズ工具会社の一部門であるヒューズ・エアクラフト社の一課として設立された。 1955年、ヒューズヘリコプター部門になった。1972年にヒューズ・ヘリコプターズに改組され、1981年にはヒューズ・ヘリコプターズIncになった。1984年、マクドネル・ダグラスへ売却された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とヒューズ・ヘリコプターズ · 続きを見る »

デ・ハビランド・カナダ

デ・ハビランド・カナダ(De Havilland Canada )はカナダのトロントに存在した航空機製造会社。1928年にイギリスのデ・ハビランド・エアクラフトがカナダの飛行士訓練用のモス機を製造するために設立し、第二次世界大戦後には独自の機体を設計、製造した。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とデ・ハビランド・カナダ · 続きを見る »

デ・ハビランド・カナダ DHC-4

デ・ハビランド・カナダ DHC-4 カリブー(de Havilland Canada DHC-4 Caribou)は、カナダのデ・ハビランド・カナダ社が開発したSTOL輸送機。愛称のカリブーとはトナカイのことである。カナダ国防軍での呼称はCC-108。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とデ・ハビランド・カナダ DHC-4 · 続きを見る »

ドローン

ドローン (英:drone).

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とドローン · 続きを見る »

ホーカー・シドレー ハリアー

ホーカー・シドレー ハリアー(Hawker Siddeley Harrier)は、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した世界初の実用垂直離着陸機(VTOL機)である。原型機の初飛行は1960年。本機をベースに海軍型のシーハリアーが開発されたほか、アメリカのマクドネル・ダグラス社は、より洗練されたハリアー IIを開発した。 ハリアーの名は小型猛禽類であるチュウヒのこと。前身である実験機、ケストレルの名前は同じく小型猛禽類であるチョウゲンボウのことである。これらの鳥は、向かい風の中でホバリング(空中停止)をすることがあるため、VTOL機の名称として採用されたと考えられる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とホーカー・シドレー ハリアー · 続きを見る »

ホーカー・シドレー P.1127

ホーカー P.1127 (Hawker P.1127) およびホーカー・シドレー ケストレル FGA.1 (Hawker Siddeley Kestrel FGA.1) は、後の世界初の実用垂直離着陸機ホーカー・シドレー ハリアーにつながる実験機ならびに開発機である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とホーカー・シドレー P.1127 · 続きを見る »

ダグラス DC-4

ダグラス DC-4 (Douglas DC-4) は、アメリカ合衆国のダグラス社が開発した大型レシプロ旅客機。軍用型としてC-54とR5Dが製作された。1942年初飛行。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とダグラス DC-4 · 続きを見る »

ダグラス・エアクラフト

ダグラス・エアクラフト社(Douglas Aircraft Company )は、かつて存在したアメリカの航空機メーカー。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とダグラス・エアクラフト · 続きを見る »

ベル・エアクラフト

ベル・エアクラフト(Bell Aircraft Corporation )はアメリカに存在した航空機メーカーである。第二次世界大戦中にいくつかの戦闘機を生産し、超音速実験機ベルX-1の製作も行っている。また、ヘリコプターメーカーとしても成功した。1960年にテキストロンに買収され、ヘリコプター部門はベル・ヘリコプターとして存続している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とベル・エアクラフト · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国大統領

アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家元首であり行政府の長である。現職は2017年1月20日より第45代ドナルド・トランプが在任。 アメリカ合衆国大統領選挙(以下「大統領選挙」)によって選出される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ合衆国大統領 · 続きを見る »

アメリカ国防総省

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防省である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防総省」と訳されることが多いが、単に「国防省」とされることもある。2015年現在、同国の官庁の中で最大規模の組織となっている。 本庁舎は、五角形の形をしていることからペンタゴンと呼ばれている。アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれるように、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ国防総省 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ空軍 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ軍 · 続きを見る »

アメリカ航空宇宙局

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。 宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ航空宇宙局 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アメリカ陸軍航空隊

アメリカ陸軍航空隊(United States Army Air Corps, USAAC)は、かつて存在したアメリカ陸軍の部門。1926年に(US Army Air Service)の再編によって設立され、1942年にアメリカ陸軍航空軍(US Army Air Forces)に統合された。また、航空軍は1947年にアメリカ空軍となった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ陸軍航空隊 · 続きを見る »

アメリカ陸軍航空軍

アメリカ陸軍航空軍(United States Army Air Forces, USAAF)は、かつて存在したアメリカ陸軍の部門。アメリカ空軍の前身である。第二次世界大戦中の1941年に陸軍地上軍と同格の部門として設置され、1942年にはアメリカ陸軍航空隊(US Army Air Corps)を統合した。終戦後の1947年には、独立の軍種たるアメリカ空軍へ改組された。 アメリカ陸空軍とも訳される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ陸軍航空軍 · 続きを見る »

アメリカ海兵隊

アメリカ海兵隊(アメリカかいへいたい、、略称:USMC)は、アメリカ合衆国の海兵隊。沿岸警備隊を含めたアメリカ軍を構成する5軍では2番目に小さく、最高位の軍人を統合参謀本部の構成員として送り込む4軍の中では最も小さい組織である。2017年6月の時点で約18万人の現役将兵と4万人の予備役を擁している。Marines, Devil Dogs とも呼ばれることがある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ海兵隊 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とアメリカ海軍 · 続きを見る »

エンブラエル EMB-314

ンブラエル EMB-314は、ブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社が開発したEMB-312 ツカノをベースにしたターボプロップ単発の軽攻撃機。愛称はスーパーツカノ(Super Tucano)。ブラジル空軍では、単座型は「A-29」、複座型では「AT-29」の名称を付与している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とエンブラエル EMB-314 · 続きを見る »

エアフォースワン

VC-25内部。カンファレンス・ルームでの一コマ。立っている人物のうち左端がバラク・オバマ大統領 エアフォースワン(Air Force One)とは、アメリカ合衆国大統領が搭乗した際にアメリカ空軍機が使用するコールサインである。大統領が搭乗していない時や、大統領の任期が飛行中に終了した時第37代ニクソン大統領辞任の瞬間は機上であったため、飛行中にコールサインが変更された。は、その機体がアメリカ合衆国大統領専用機であっても、このコールサインは使われない。航空交通管制においてアメリカ大統領搭乗機を明確にする目的で用いられる。 1959年以前は、その時々のミッションナンバーで呼ばれていたため他の機と似かよったナンバーになり混同されることがあった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とエアフォースワン · 続きを見る »

カマン K-MAX

マン K-MAX (Kaman K-1200 K-MAX) は、カマン・エアロスペースが開発した交差反転式回転翼のヘリコプター。外部に貨物を吊り上げて輸送する事に特化している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とカマン K-MAX · 続きを見る »

カマン・エアロスペース

マン・エアロスペース(Kaman Aerospace)は、1945年にチャールズ・カマンが創業したアメリカ合衆国の航空機製造会社で、現在は航空宇宙産業を手がけている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とカマン・エアロスペース · 続きを見る »

カーチス・ライト

R3C-2水上機 カーチス・ライト (Curtiss-Wright Corporation、CWC) は、アメリカ合衆国のメーカー。第二次世界大戦直後まで航空機を製造、現在はコンポーネントメーカーとなっている。 第二次世界大戦中には全米製造業者中、第2位を誇った。現在は企業買収を進めながら事業の多角化を図り、アクチュエーター、コントロール、バルブ、金属表面加工などでの小規模だが超先端技術を駆使したコンポーネントメーカーとして航空機分野、軍用分野を含む多分野多方面で活動している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とカーチス・ライト · 続きを見る »

カーチス・ルメイ

ーチス・エマーソン・ルメイ(Curtis Emerson LeMay, 1906年11月15日 - 1990年10月1日)は、アメリカ合衆国の軍人である。最終階級は空軍大将。第5代空軍参謀総長を務めた。カーティス・ルメイとも。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とカーチス・ルメイ · 続きを見る »

グラマン

ラマン(Grumman Aircraft Engineering Corporation、後にGrumman Aerospace Corporation)はアメリカ合衆国の航空機メーカーである。 1994年にはノースロップ社と合併して、ノースロップ・グラマンとなった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とグラマン · 続きを見る »

グライダー

ライダー (大阪市立科学館) 高性能複座グライダーDG1000 グライダー(glider, sailplane)または滑空機(かっくうき)は、滑空のみが可能な航空機。日本における航空法の航空機としては「滑空機」に分類される。 飛行機のように離陸・再上昇が可能なモーターグライダーの登場以降は、区別のためピュアグライダーとも呼ばれる(レトロニム)。またハンググライダーやパラグライダーを略してグライダーと呼ぶことがある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とグライダー · 続きを見る »

グレン・L・マーティン

レン・L・マーティン・カンパニー(The Glenn L. Martin Company、単にマーティンとも)は、1912年8月に設立されたアメリカの航空機メーカーである。設立者はグレン・マーティン(Glenn L. Martin)。1961年にアメリカン・マリエッタと合併してマーティン・マリエッタになり、2006年現在はロッキードと合併して、ロッキード・マーティンとなっている。 有名な機体は、第二次世界大戦中のB-26 マローダーである。 マーチン社は後にそれぞれの会社を設立するドナルド・ダグラス(Donald Douglas)、ローレンス・ベル(Lawrence Bell)、ジェームス・マクドネル(James S. McDonnell)らの技術者が属していた。 後にボーイングを設立する ウィリアム・ボーイング(William Boeing)も飛行機事業にのりだすのにマーティン社の飛行機を購入することからはじめている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とグレン・L・マーティン · 続きを見る »

グッドイヤー

ッドイヤーの飛行船 グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(Goodyear Tire and Rubber Company 、NYSE:)は、アメリカ合衆国のゴム、タイヤメーカー。フランク・セイバーリングによって1898年に設立された。 日・ブリヂストン、仏・ミシュランと並び、世界で最大のタイヤ会社3社の1つであり、世界最大のゴム会社の1つでもある。本社はオハイオ州アクロンに位置する。同社は加硫ゴムの発明者チャールズ・グッドイヤーにちなんでその名が命名されたが、グッドイヤー氏とグッドイヤー社に直接の関係はない。 グッドイヤーは同社のロゴを書き込んだ飛行船により世界の至る所で知られている。飛行船は長年同社の航空子会社、グッドイヤー・エアクラフト・カンパニー(第二次世界大戦後にグッドイヤー・エアロスペース・コーポレーションと改名される。)によって整備が行われた。子会社は1987年にジェームズ・ゴールドスミス卿のグリーンメール攻撃(買収した株の高値買い取り要求)による敵対的買収の結果、ローラル・コーポレーションに売却された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とグッドイヤー · 続きを見る »

コンベア

ンソリデーテッド・ヴァルティ・エアクラフト(The Consolidated Vultee Aircraft Corporation)は、コンベア(Convair)として知られ、かつて存在したアメリカ合衆国の航空機メーカーである。その後ジェネラル・ダイナミクスに買収されその一部門として旅客機を製造していた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とコンベア · 続きを見る »

コンソリデーテッド・エアクラフト

ンソリデーテッド・エアクラフト(Consolidated Aircraft )はかつて存在したアメリカの航空機メーカー。飛行艇PBYカタリナ、爆撃機B-24を製作した。バルティと合併してコンベアになり、後年ジェネラル・ダイナミクスを経て、現在のロッキード・マーティンの一部となる会社である。 コンソリデーテッドは、1923年5月29日にアメリカ陸軍のパイロットからギャローデット・エアクラフト(Gallaudet Aircraft Company )のマネージャになったルーベン・フリート(Reuben Fleet )元少佐によって設立された。フリートはギャローデット・エアクラフトのビジネスを引き継ぎ、航空機ビジネスから撤退したゼネラルモーターズからデイトン・ライトの設計の権利を得た。最初は初等練習機PT-1およびNY練習機で成功した。1929年にはトーマス・モースも買収した。1941年後半にフリートは引退し、株式をバルティに売却してコンベアになった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とコンソリデーテッド・エアクラフト · 続きを見る »

シコルスキー・エアクラフト

ルスキー・エアクラフト(Sikorsky Aircraft Corporation)は、アメリカ合衆国のヘリコプター製造会社である。 ウクライナ(当時ロシア帝国領)出身で、1913年に世界初の4発エンジン飛行機を実用化、ロシア革命後にアメリカに亡命・帰化した航空技術者のイーゴリ・シコールスキイにより、1923年3月5日、ニューヨーク州ロングアイランドのルーズベルト飛行場近くの農場に設立されたシコルスキーエアクラフト ウェブサイト、。 初期のシコルスキー社は大型の固定翼機中心のメーカーで、最初の生産機S-29A(Aはアメリカ向けを指す)は双発複葉、乗客14人の旅客機だった。その後、1926年のS-34を皮切りに飛行艇にシフト、1920年代末から1930年代にかけては、S-38、S-39、S-42、S-43など、パンアメリカン航空向けをはじめとする中型・大型の飛行艇を多く生産した。 しかしその後、固定翼機(飛行艇)の業績不振もあり、1939年、同じくユナイテッド・エアクラフト傘下であったチャンス・ヴォートと合併しヴォート・シコルスキーと改称。 しかしその一方で、イーゴリ・シコールスキイは若い頃からの夢であったヘリコプター開発に取り掛かり、1939年、現在のヘリコプターでも主流となっている単一メイン・ローターとテール・ローターを持つVS-300を完成させた。1943年、世界初の実用ヘリコプターS-47(軍用呼称R-4)の量産契約獲得を機に、シコルスキー社はヴォートと分離した。 実用的ヘリコプターの開発に成功して以降、シコルスキー社は、ヘリコプター業界の老舗・リーディングカンパニーとなっており、同社の開発、生産するヘリコプターは歴史的に防衛・救難において重要な役割を果たしてきた。現在でも同社の製品はアメリカ合衆国のみならず、日本を含む世界各国で広く運用されている。本社はコネティカット州ストラトフォードにあり、軍用機製造拠点となる。その他、コネチカット州シェルトン・トランブル、ペンシルベニア州コーツビル等に主要拠点を置く。 長らく複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズの一部門であったが、2015年11月6日付けにて、米ロッキード・マーティン社の傘下となり、軍事産業トップメーカーの一部門となった。 イーゴリ・シコールスキイの設計したヘリコプターは非常に優れており、後のヘリコプターの大部分がそれに基づいている。軍事用途でのノウハウは民間機種にも転用されている。 安全面に関しては検査や部品交換の手間を軽減するため、BIM(Blade inspection method)やIBIS (In-Flight Blade Inspection System)など、メインローターブレードの破損状況を監視する独自の検査システムを開発している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とシコルスキー・エアクラフト · 続きを見る »

スペースプレーン

X-30の想像図(1990年) スペースプレーン()は、航空機と同様に特別な打ち上げ設備を必要とせず、自力で滑走し離着陸および大気圏離脱・突入を行うことができる宇宙船。広義の意味として、スペースシャトルのように翼を持ち、飛行機のように滑空して着陸する機体全てを指すこともある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とスペースプレーン · 続きを見る »

セバスキー

バスキー(Seversky )はアレクサーンドル・セーヴェルスキイ(Alexander Procofieff de Seversky )によって1931年に設立されたアメリカ合衆国の航空機メーカーである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とセバスキー · 続きを見る »

セスナ

イテーション・ソヴリン セスナ・エアクラフト・カンパニー(Cessna Aircraft Company )は1927年にカンザス州ウイチタに設立されたアメリカの軽飛行機・ビジネス機のメーカー。ビーチクラフト、パイパー・エアクラフトと並び軽飛行機の世界3大メーカーのひとつ。かつては特に小型単発機を多く生産したことから、日本では軽飛行機の代名詞となっている。 現在はビーチクラフトと共にテキストロンの航空機部門テキストロン・アビエーション傘下となり、機体のTCホルダーも移行された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とセスナ · 続きを見る »

セスナ 208

中日本航空のセスナ 208A キャラバン セスナ 208 キャラバン(Cessna 208 Caravan)は、セスナ社が開発した単発ターボプロップ汎用輸送機。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とセスナ 208 · 続きを見る »

ゼネラルモーターズ

ネラルモーターズ(General Motors Company)は、アメリカ合衆国の自動車メーカーである。本社はミシガン州デトロイト。略称は「GM」。 20世紀初頭にミシガン州で創業。1930年代から第二次大戦後にかけてアメリカ最大の市場シェアを握り、特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーとして繁栄した。70年代以降は輸入車との競争に苦しみ低迷、2009年6月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請し倒産、国有化された。2013年12月9日にアメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式全ての売却が完了し、国有化が解消された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とゼネラルモーターズ · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とソビエト連邦 · 続きを見る »

C-130 (航空機)

C-130 ハーキュリーズ(C-130 Hercules)は、ロッキード社が製造している輸送機。ハーキュリーズ(Hercules)とは、ギリシア神話に登場する英雄、ヘラクレスの英語読みである。 戦術輸送機のベストセラーであり、アメリカ軍はもとより西側諸国を中心に69ヶ国で使用され、登場から半世紀以上経った現在も生産が続いている。現在の最新型はC-130J スーパーハーキュリーズ(Super Hercules)である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とC-130 (航空機) · 続きを見る »

C-5 (航空機)

C-5は、ロッキード社(現在のロッキード・マーティン社)が製造し、アメリカ空軍が運用している軍用超大型長距離輸送機。愛称は「ギャラクシー」(英:Galaxy/銀河の意)。 開発当時世界最大の輸送機であり、An-124 ルスラーン・An-225 ムリーヤの登場によりその座を譲ったものの、依然として世界最大級の輸送機である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とC-5 (航空機) · 続きを見る »

CASA CN-235

CASA/IPTN CN-235は地域型旅客機および軍用輸送機としてスペインのCASAとインドネシアのIPTNで共同開発された中距離双発ターボプロップ機。軍隊仕様では海洋哨戒、監視、部隊輸送の用途がある他、ガンシップとした対地攻撃型も登場している。最大の運用国は、計61機を保有するトルコ。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とCASA CN-235 · 続きを見る »

CH-47 (航空機)

CH-47 チヌーク (CH-47 Chinook) は、アメリカのボーイング・バートル社(現ボーイングIDS社のロータークラフト部門)で開発されたタンデムローター式の大型輸送用ヘリコプター。 配備開始から半世紀が経過した現在でも、最新モデルであるF型が生産されており、未だに後継機は登場していない。エンジン換装や燃料タンクの増設などが何度も行われた為に最新の機体と初期型は、全く違う機体といえるほどに各性能が改良されている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とCH-47 (航空機) · 続きを見る »

空中給油

中給油(くうちゅうきゅうゆ)とは、飛行中の航空機に他の航空機から給油を行うこと。英語では In-Flight Refueling (IFR) や Air-to-Air Refueling (AAR) と呼ばれる。軍事的目的での飛行で行なわれることが多い。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と空中給油 · 続きを見る »

空冷

原子力発電所における冷却塔 空冷(くうれい)とは、機械装置などにおける冷却法の一つであり、空気との熱交換により放熱する方法である。熱せられた空気が上昇気流となることを利用するなどして空気の入れ替えを行う「自然空冷方式」と、ファン等により積極的に(強制的に)通風させる「強制空冷式」、などといった分類がある。液冷と比較すると構造が簡単であるというメリットがある反面、単位面積あたりの熱の移動量が液体に比べ少ないことから、多数枚のフィンなどを備えた構造の放熱器といった形態が多く見られる。 家庭用ではオートバイやラジコン、汎用機械などの発動機(四輪自動車用としてはポルシェ、フォルクスワーゲン、スバル360、マツダ・R360クーペ、トヨタ・パブリカなど一部車種に採用されたのみ)、パソコンのCPUの冷却装置などが空冷である。業務用では一部航空機用のレシプロエンジンや、更に大規模なものでは内陸部に建設された原子力発電所の原子炉や冷却塔などといった空冷のケースもある。また、液冷システムの場合も、その多くは、温まった冷却液を、熱源から離れた場所まで移動させて空冷で冷やすという形で空冷を併用している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と空冷 · 続きを見る »

練習機

ボーイング・ステアマン モデル75 練習機(れんしゅうき、英:Trainer)とは、操縦士の操縦訓練に使用される航空機のことである。訓練機とも呼ばれる。 自社養成を行う航空会社や民間のフライトスクール、軍の訓練部隊などで利用される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と練習機 · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と爆撃機 · 続きを見る »

無人航空機

無人航空機(むじんこうくうき、Unmanned aerial vehicle, UAV)は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。通称として、短くドローン(drone)と呼ばれることもある - 国土交通省。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と無人航空機 · 続きを見る »

E-4 (航空機)

E-4B ナイトウォッチはボーイング747-200Bをもとに改造された、アメリカ合衆国の国家空中作戦センター(NAOC National Airborne Operations Center)として運用される航空機である。 核戦争・大規模災害などに際し、地上での指揮が取れない場合に備えてアメリカ合衆国大統領・国防長官などの国家指揮権限(NCA)保持者および指揮幕僚を搭乗させ、アメリカ軍を空中から指揮する。E-4には初期型のE-4Aと改修型のE-4Bがある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とE-4 (航空機) · 続きを見る »

飛行船

ツェッペリンNT飛行船 USSロサンゼルス号1924-1932年頃のニューヨーク市南マンハッタン上空 飛行船(ひこうせん、英:airship)とは、空気より比重の小さい気体をつめた気嚢によって機体を浮揚させ、これに推進用の動力や舵をとるための尾翼などを取り付けて操縦可能にした航空機(軽航空機)の一種である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と飛行船 · 続きを見る »

観測機

観測機(かんそくき、Observation Aircraft)とは、戦場において敵軍の位置を確認し、また自軍の火砲の弾着観測などを行うことによって交戦に際しての情報収集を行う軍用機のこと。古くは繋留気球や飛行船に端を発し、航空機の発達とともに形態も変化した。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と観測機 · 続きを見る »

軍用機

軍用機(ぐんようき、military aircraft)は、国の軍事的活動のためにその国の機関が使用する航空機。さらに反政府組織が使用する航空機を含む場合もある。また、軍隊のシリアルナンバーが付いているものを軍用機、民間国籍の登録番号が付いているものを民間機と、記号で区別する方法もある。ただし、軍の運用する要人輸送機に民間国籍記号を付けている国もあるため、この区別には例外がある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と軍用機 · 続きを見る »

軍用機の命名規則

この項目と以下の各項目では、各国の軍隊や航空機メーカーが軍用機に付ける制式名称や開発コードネーム等、軍用機の命名規則(ぐんようきのめいめいきそく)について記す。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と軍用機の命名規則 · 続きを見る »

輸送機

輸送機(ゆそうき)は貨物等を輸送するための航空機全般を指す。以下のような種類に大別される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と輸送機 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と航空機 · 続きを見る »

航空救急

航空救急(こうくうきゅうきゅう、英:Air rescue, Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。 航空救急では、医療用に特化したヘリコプターや固定翼機等の航空救急用航空機(英:Air ambulance)を使用し、救急医療が必要な状況や長距離輸送を行わなければならない状況、また救急車や救急隊員が地上から近づくことが困難な状況にある傷病者を、地上で待機している救急車もしくは病院まで搬送することを主な目的としている。場合によっては、行方不明者の捜索等を行うこともある。 救急車と同じく、航空救急に用いられる航空機にも人工呼吸器や心電図モニタ、心肺蘇生装置、ストレッチャー等の救急医療を行うための設備や薬品を搭載されている。これらの設備により、通常の航空機による搬送では行うことができない、航空機内での治療を行うことが可能となった。軍事医療分野やNATOにおいては、航空救急専門の航空機を用いての搬送治療をメディカル・エヴァキュエーション(英:Medical evacuation、通称MEDEVAC)、通常航空機での搬送作業をカジュアルティ・エヴァキュエーション(英:Casualty evacuation、通称CASEVAC)と定義している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と航空救急 · 続きを見る »

雷撃機

雷撃機(らいげきき)とは、軍用機の一種。雷撃(航空魚雷による対水上艦攻撃、正式には雷爆撃)に特化した飛行機。通常、水平爆撃を兼務することができる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と雷撃機 · 続きを見る »

電子戦機

電子戦機(でんしせんき、)とは、電子戦を重視して設計・装備された航空機のこと。 その開発には高度な電子情報技術の集積が必要なため、先進国の一部しか保有しておらず、その中でもアメリカ合衆国が充実している。その理由は、軍事用電子機器の大半がアメリカ製であるからであり、自国の軍事的政治的優位を維持するためである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と電子戦機 · 続きを見る »

陸上自衛隊

上自衛隊(りくじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの陸上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称陸自(りくじ)、英称 Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF)。諸外国からは Japanese Army(日本陸軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と陸上自衛隊 · 続きを見る »

F-11 (戦闘機)

F-11はグラマン社が製造した1950年代後半のアメリカ海軍の艦上戦闘機である。愛称はタイガー(Tiger)。1962年に軍用機の呼称が陸海空軍で統一される前の機種記号はF11Fであった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-11 (戦闘機) · 続きを見る »

F-111 (航空機)

F-111はジェネラル・ダイナミクス社が開発した軍用機。センチュリーシリーズに数えられることがある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-111 (航空機) · 続きを見る »

F-117 (航空機)

F-117は、アメリカ合衆国が開発したステルス攻撃機である。英語ではエフ・ワン・セブンティーンと呼ばれ、愛称はナイトホーク(Nighthawk)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-117 (航空機) · 続きを見る »

F-14 (戦闘機)

F-14は、アメリカ合衆国のグラマン(現ノースロップ・グラマン)社が開発した艦上戦闘機。愛称は「雄猫」を意味するトムキャット(Tomcat)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-14 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15 (戦闘機)

F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機。制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-15 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15E (航空機)

F-15Eは、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した戦闘爆撃機(マルチロール機)である。愛称はストライクイーグル(Strike Eagle:攻撃する鷲、の意味)であるが、アメリカ空軍の正式愛称は「イーグル」のままである。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-15E (航空機) · 続きを見る »

F-16 (戦闘機)

F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン (Fighting Falcon)。 ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-16 (戦闘機) · 続きを見る »

F-22 (戦闘機)

F-22は、ロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置などからの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。複数の用途での運用が可能なマルチロール機であり、開発元のロッキード・マーティン社はAir Dominance(航空支配)というキャッチフレーズを用いている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-22 (戦闘機) · 続きを見る »

F-35 (戦闘機)

F-35 ライトニング II(F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。 開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。 コンピュータによる情報統合を推し進めており、HMDによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超えている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-35 (戦闘機) · 続きを見る »

F-4 (戦闘機)

F-4は、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上戦闘機である。アメリカ海軍をはじめ、多くの国の軍隊で採用された。愛称はファントムII(Phantom II)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-4 (戦闘機) · 続きを見る »

F-8 (戦闘機)

ミッドウェイで発艦準備をする2機のF-8(1963年) F-8は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、チャンス・ヴォート(現ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ)社が開発し、アメリカ海軍とアメリカ海兵隊を中心にフランス海軍とフィリピン空軍で使用された艦上戦闘機である。愛称はクルセイダー(Crusader、十字軍の戦士)。 開発当初の機種名はF8Uであるが、1962年の機種名整理で命名規則が変更されたため、F-8となった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-8 (戦闘機) · 続きを見る »

F-80 (戦闘機)

F-80は、第二次世界大戦中にアメリカ陸軍航空軍が採用したロッキード社製のジェット戦闘機。愛称はシューティングスター(Shooting Star、流星の意)。陸軍航空隊時代はP-80であったが、1948年に空軍が分離発足したため、F-80に改称された。 近代ジェット戦闘機の基本型を確立したことで高く評価され、また戦後派生した複座型練習機T-33は、各国で半世紀以上に亙り使用された傑作機である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF-80 (戦闘機) · 続きを見る »

F/A-18 (航空機)

F/A-18は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が開発した戦闘攻撃機。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。 スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。ボーイングでは『F/A-18 Hornet Fighter』と記載している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF/A-18 (航空機) · 続きを見る »

F2H (航空機)

F2Hは、マクドネル社が開発したアメリカ海軍向けの艦上ジェット戦闘機。愛称はバンシー(Banshee)。1947年初飛行。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF2H (航空機) · 続きを見る »

F3D (航空機)

F3Dは、アメリカ合衆国のダグラス社がアメリカ海軍向けに開発した艦上戦闘機。愛称はスカイナイト(Skyknight)。アメリカ海軍と海兵隊で運用された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF3D (航空機) · 続きを見る »

F3H (航空機)

F3Hは、アメリカ合衆国のマクドネル社が開発した艦上ジェット戦闘機。愛称はデーモン(Demon)、1951年初飛行。アメリカ海軍における艦上全天候戦闘機として、1950年代から1960年代にかけて運用された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF3H (航空機) · 続きを見る »

F4D (航空機)

F4Dはアメリカ合衆国のダグラス・エアクラフト社で製造された艦上戦闘機。愛称はスカイレイ(Skyray)。1950年代にアメリカ海軍で艦上戦闘機として運用された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF4D (航空機) · 続きを見る »

F4U (航空機)

F4U コルセア(F4U Corsair)は、アメリカのチャンス・ヴォートが開発し、第二次世界大戦と朝鮮戦争でアメリカ海軍と海兵隊が使用したレシプロ単発単座戦闘機である。Corsair(コルセア)とは海賊の意である。 ヴォート社の他にグッドイヤー社とブルースター・エアロノーティカル社にも生産は移管され、グッドイヤー社製の機体はFG、ブルースター社製の機体はF3Aという制式名称が与えられた。また、AUという呼称がある攻撃機型も存在する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とF4U (航空機) · 続きを見る »

FJ-4 (航空機)

FJ-4は、ノースアメリカン社が開発したアメリカ海軍・海兵隊のジェット艦上戦闘機・艦上攻撃機である。FJ-1からFJ-2/3の流れを汲む機種だが、主翼を含めた機体の完全再設計が行われ、以前の形式との共通点はほとんど存在しない。ただし、愛称はFJ-1~3と同じフューリー(Fury)となっている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とFJ-4 (航空機) · 続きを見る »

J2F (航空機)

ラマン J2F-3 ダック グラマン J2Fダック (DUCK) は、アメリカ合衆国のグラマン社で生産した、水陸両用機である。胴体、フロート一体構造のユニークな外観の機体であり、フロート内の空間に燃料や貨物の収容ができた。又、フロート内の並列のシートに2名まで人員を乗せて輸送が可能だった。尾部には着艦フックを装備しており、空母への着艦も可能であった。1933年4月24日に原型となるJF-1が初飛行に成功してから1945年に戦争の終結によって生産がキャンセルされるまでの長期間にわたって約600機製造された。 J2Fは文字どおりの汎用機として哨戒、海難救助、輸送、連絡、観測、標的曳航、煙幕展開等の任務で活躍した。 1937年2月にはアルゼンチン海軍が 8機、39年11月に1機購入し、アルゼンチン空軍も3機購入している。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とJ2F (航空機) · 続きを見る »

KC-767 (航空機)

KC-767は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が開発した空中給油・輸送機。開発母機はボーイング767。 本稿では、同じくKC-767と呼ばれることもあるイスラエル製のB767 MMTTについても記載する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とKC-767 (航空機) · 続きを見る »

Mi-17 (航空機)

Mi-17(ミル17;ロシア語:Ми-17ミー・スィムナーッツァチ)は、ソ連のM・L・ミーリ記念モスクワ・ヘリコプター工場(MVZ)が設計した中型多目的ヘリコプターである。国内名称はMi-8MT(Ми-8МТミー・ヴォースィェミ・エーム・テー)、輸出向けの機体がMi-17と呼ばれた。ソ連崩壊後は、カザン・ヘリコプター工場(KVZ)とウラン・ウデ航空機工場(U-UZA)にて開発が継続されており、各種派生型が生産されている。北大西洋条約機構(NATO)は、「ヒップH」(Hip-H)のNATOコードネームで識別した。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とMi-17 (航空機) · 続きを見る »

Mi-24 (航空機)

Mi-24(ミル24;ロシア語:Ми-24ミー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ)は、ソ連のミル設計局で開発された戦闘ヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の命名したNATOコードネームは「ハインド(Hind、雌アカシカの意)」。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とMi-24 (航空機) · 続きを見る »

MiG-21 (航空機)

MiG-21(ミグ21;МиГ-21ミーグ・ドヴァーッツァチ・アヂーン)は、ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。多くの機数が生産され、世界各国に配備がされた。 ほかの三角翼機と同様、ソ連ではしばしばその翼形からバラライカと渾名されていた。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフィッシュベッド(Fishbed:「魚の寝床」)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とMiG-21 (航空機) · 続きを見る »

OH-6 (航空機)

OH-6は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ヒューズ・ヘリコプターズ社が開発した小型ヘリコプター。アメリカ軍における愛称は「カイユース」(Cayuse:アメリカ先住民のカイユース族から」)。機体形状から「フライングエッグ(空飛ぶ卵)」の別名でも呼ばれている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とOH-6 (航空機) · 続きを見る »

OS2U (航空機)

編隊を組み飛行するOS2U 1943年の撮影 OS2U(Vought OS2U Kingfisher)は、第二次世界大戦初期にヴォート社が開発・生産した観測機である。愛称はキングフィッシャー (Kingfisher:カワセミの意) 。 尚、アメリカ海軍の艦載機/艦上機の中で、最初に射出式カタパルトからの発進を行った機体でもある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とOS2U (航空機) · 続きを見る »

OV-1 (航空機)

OV-1は、アメリカ合衆国のグラマン社が製作した偵察機である。 愛称はモホーク(MoHawk)。ネイティブアメリカン部族のモホーク族に由来する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とOV-1 (航空機) · 続きを見る »

P-2 (航空機)

P-2は、アメリカ合衆国のロッキード社が製作した対潜哨戒機である。アメリカ軍における愛称はネプチューン(Neptune:ローマ神話に登場する海神ネプトゥヌス)アメリカ軍では1947年から1978年まで哨戒爆撃機と対潜哨戒機(ASW)として使用された他、各国軍隊に採用されたベストセラー機でもあった。 主に海軍で使用されていたが、大型陸上機であり、基本的には空母からの離着艦は行わないが少数機が暫定的な艦上核爆撃機として運用されていた(後述)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とP-2 (航空機) · 続きを見る »

PBY (航空機)

PBY カタリナ(PBY Catalina)は、アメリカ合衆国のコンソリデーテッド・エアクラフト社が開発した飛行艇である。 1935年に初飛行、第二次世界大戦中はアメリカ海軍を始めとして、連合国各国で対潜哨戒、沿岸警備、海難救助などに用いられた。またアメリカ陸軍航空軍では捜索救難機として水陸両用のOA10Aカタリナを用いた。 コンソリデーテッドの他にボーイング社でも生産され、それらはPB2Bの形式名で呼ばれた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とPBY (航空機) · 続きを見る »

SBD (航空機)

SBD ドーントレスは、アメリカ海軍の偵察爆撃機。開発はダグラス社。第二次世界大戦のほぼ全期間を通して急降下爆撃機や偵察機として使用された。アメリカ海軍だけでなく陸軍や海兵隊でも運用された他、少数がイギリス海軍に供与されている。 名前のSBは偵察爆撃機 (Scout Bomber) を意味し、Dはダグラス社を意味する。愛称のドーントレス(dauntless)とは、「恐れを知らない、勇敢な、不敵な、がまん強い、不撓不屈の」などを意味する形容詞である。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とSBD (航空機) · 続きを見る »

SC (航空機)

SCシーホーク(Seahawk:ミサゴの通称)は太平洋戦争末期に登場した、カーチス・ライト社の開発したアメリカ海軍の艦載単葉単発単座水上観測機である。 水上機としては破格の高性能を発揮した機体であるが、登場時すでに大型戦闘艦に搭載される水上観測機の時代は終わりを迎えており、この機種の掉尾を飾ることになった。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とSC (航空機) · 続きを見る »

SOC (航空機)

SOC シーガル(Seagull)とは、カーチス・ライト社によって開発・生産されたアメリカ海軍の偵察・観測機である。シーガルは海カモメを意味する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とSOC (航空機) · 続きを見る »

SR-71 (航空機)

SR-71は、ロッキード社が開発しアメリカ空軍で採用された超音速・高高度戦略偵察機である。愛称はブラックバード(Blackbird)。実用ジェット機としては世界最速のマッハ3で飛行できた。 開発は、1950年代後半から1960年代にかけてロッキード社の「スカンクワークス」によって極秘に行われた。初飛行は1964年12月11日。1967年5月31日実戦投入。沖縄・嘉手納飛行場にも配備された。その異様な形状と夜間に出撃することから、現地では「ハブ」(Habu)と呼ばれていた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とSR-71 (航空機) · 続きを見る »

T-6 (航空機・初代)

T-6 テキサン (Texan;テキサス人の意)は、1930年代から1960年代にかけて使用されたノースアメリカン社製のレシプロ高等練習機。製造国アメリカの陸軍・海軍は元より、イギリスやイギリス連邦諸国で使用され、第二次世界大戦後は日本を含むさらに多くの国で使われた。アメリカ陸軍航空隊ではAT-6、アメリカ海軍ではSNJ、英連邦諸国では「ハーヴァード(Harvard)」と称された。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とT-6 (航空機・初代) · 続きを見る »

TBF (航空機)

ラマン TBFは、第二次世界大戦におけるアメリカ海軍の主力雷撃機。愛称はアヴェンジャー(Avenger,日本語に直訳した場合は、復讐者、報復者)、あるいは、アベンジャー。 アメリカ海軍とアメリカ海兵隊で運用が開始され、1942年のミッドウェー海戦を初陣にイギリス海軍など他国でも運用された。日本海軍で言う艦攻にあたる(ただし、日本での「艦攻」は流星を除き急降下爆撃ができないが、TBFには急降下爆撃可能な種類もあった)。 生産の途中からTBFはグラマン社に代わってゼネラル・モーターズ(GM)社が量産するようになり、ゼネラル・モーターズ社で生産された機体はTBMの制式番号が付けられた。そのため、TBF/TBMとも表記する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とTBF (航空機) · 続きを見る »

UH-1 (航空機)

UH-1(・イロコイス、愛称:・ヒューイ、旧称:HU-1)は、アメリカ合衆国のベル・エアクラフト社が開発したモデル 204/205/212ヘリコプターのアメリカ軍における制式名称。1959年よりアメリカ陸軍で採用され、ベトナム戦争などで活躍した。現在は後継機種のシコルスキーUH-60 ブラックホークに置き換えがすすんでいるが、日本の陸上自衛隊を含めて多くの国々では現役である。 UH-1には非常に多彩なバリエーションがあるが、ベースとなったエアフレームと搭載するエンジンに応じて、下表のように整理できる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とUH-1 (航空機) · 続きを見る »

UH-60 ブラックホーク

UH-60 ブラックホーク(UH-60 Black Hawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製の4翅シングルローター、双発エンジン搭載の中型多目的軍用ヘリコプターである。「Black Hawk」とはイリノイ州居留のインディアン(ネイティブ・アメリカン)・ソーク族の酋長の名。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とUH-60 ブラックホーク · 続きを見る »

V-22 (航空機)

Bell Boeing V-22 Ospreyは、アメリカ合衆国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した航空機(垂直離着陸機)である。 愛称のオスプレイ(Ospreyアメリカ英語発音: アースプレイ、 アースプリイギリス英語発音: オスプレイ)とは、タカ目の猛禽類の一種である「ミサゴ」を意味する。 2012年以降のV-107(CH-46)の退役後を担う機体である。新たにヘリコプターの垂直離着陸能力を持ちながら長距離飛行移動が可能であり、速度約2倍、航続距離約5.6倍、行動半径4倍、輸送兵員数2倍、飛行高度約3.5倍、物資積載量約3倍などの性能を活用して国内外の被災地救助の物資輸送にも役立っているhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160503/plt1605031025001-n1.htm。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とV-22 (航空機) · 続きを見る »

VC-25

VC-25は、ボーイング747-200Bをもとに改造されたアメリカ合衆国大統領の専用機。正式な愛称はないが、通称「空飛ぶホワイトハウス」や「エアフォースワン」と呼ばれる。ボーイングでの機種名は、747-2G4Bとなる(「G4」が米国政府発注モデルを表すカスタマーコード)。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とVC-25 · 続きを見る »

Xプレーン

Xプレーンは、アメリカ合衆国が開発した実験機・記録機シリーズのこと。名称が実験機・記録機を意味するXで始められていることから、Xプレーン(X plane: planeは飛行機の意)と呼ばれるようになった。その性格上、製造機数は少ないが多様であり、特異な外形を持つものや、世界記録を更新するなど優秀な性能を示すものも作られた。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とXプレーン · 続きを見る »

XF2Y-1 (航空機)

XF2Yはコンベア社が開発した水上ジェット戦闘機の試験機である。愛称はシーダート (SeaDart)。海軍の制式名はXF2Y-1およびYF2Y-1であり、XF2Y-1は1号機の呼称である。緩降下時ではあったが音速を超えることが可能な唯一の水上機であった。 本機は1962年のアメリカ三軍の制式名称統一の際にも降着装置のテストベッドとして残存していたため、計画中止後6年近く経っていたにもかかわらずYF-7Aの制式名称が与えられ、アメリカ軍戦闘機の制式名称統一後のF番号の7番目は、当機となっている。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)とXF2Y-1 (航空機) · 続きを見る »

気球

気球(ききゅう)とは、空気より軽い気体を風船に詰め込む事で浮力を得る物のこと。飛行船と異なり推進装置を持たないが、高度の調整(上昇・下降)により人間や観測装置などを空中に送った後で地表に帰還させたり、物体を遠方に落下させたりできる。 航空機としての分類としては、軽航空機(LTA; Lighter-Than-Air)に分類される。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と気球 · 続きを見る »

汎用機 (航空機)

汎用機(はんようき utility aircraft)は、幅広い用途に用いられる軽量の飛行機や、ヘリコプターのことである。後者は汎用ヘリコプターとも呼ばれる。通常は貨物輸送や人員輸送を行うが、計器飛行の訓練など追加装備が必要ない用途にも使用されることもある。 『雑用機』『多用途機』などの呼称もある。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と汎用機 (航空機) · 続きを見る »

液冷

液冷(えきれい)とはエンジン(発動機)などの発熱する物体を冷却する場合に液体を用いて熱を移動させる方式である。対義語は空冷。液体として水を用いる場合が多いが、(環境温度にもよるが)凍結によるトラブルの防止や冷却用の液体や部品の劣化防止および沸点上昇の目的で何らかの物質を加え水溶液として用いる場合が多い。しかしそういった添加剤がある場合を含め、水が主成分のことが特に多いこともあり、一般的な呼称としても、総称である液冷・液冷エンジンよりも、水冷・水冷エンジン等と呼ばれることのほうが多い。以下は、水冷以外も含めた総合的な議論及び、水以外を媒体とする液冷について主に議論することとし、水冷については「水冷」の記事及び水冷エンジンその他の記事を参照のこと。 エンジンでは通常は潤滑が主目的であるエンジンオイルを冷却にも利用する油冷エンジンもある。また油冷は導電性のある水を嫌う電力機器などでも常用されている(電気機器の冷却方式を参照)。 液体に熱を吸収させて移動させ、別の場所で放熱させるというシステムにより、熱源から離れた場所で広い面積から放熱させるといったことが容易であり、熱源の周囲の空気を用いて直接熱源を冷却する空冷よりも効果良く冷却できる。またコジェネレーションによる排熱利用に向いている。一方で、冷却用の液体が必要であること、油や特殊な有機化合物を利用する液浸システム以外では、特に水冷では水密の必要があり、漏れてしまった場合に他の部品を損傷させたり放熱できなくなる場合があること、ポンプなど、部品点数が多いこと、といった短所がある。また、添加物等を加えていない水は安価で、いくつかの注意点はあるが、ラジエタによる熱交換ではなく大気中への蒸散冷却が行えるという利点がある。これは水以外の有機化合物等による液冷では現実的に不可能である。 1964年にCDC社が出願した特許(U.S.Pat.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と液冷 · 続きを見る »

戦闘機

F-15 戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である。 フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、高い運動性を持つため、特殊飛行の公演にも利用される。 世界で最も生産された戦闘機はドイツのBf109の約35,000機。ジェット機最多はソビエト連邦のMiG-15の約15,000機(超音速機ではMiG-21の約10,000機)。日本最多生産機は零式艦上戦闘機の約10,000機。 英語では「Fighter」だが、1948年以前のアメリカ陸軍航空軍では「pursuit aircraft (追撃機)」と呼ばれていた。戦闘機の命名方法については軍用機の命名規則を参照。また、兵器を搭載できる航空機全般を指して戦闘機と呼ぶ場合があるが、その意味での戦闘機は軍用機を参照。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と戦闘機 · 続きを見る »

早期警戒機

早期警戒機(そうきけいかいき)とは、レーダーを装備し、敵・味方の航空機等の空中目標を探知・警戒する航空機(軍用機)のこと。「空飛ぶレーダー」のほか、Airborne Early Warning の頭文字から AEW とも呼ばれる。'''AWACS'''(早期警戒管制機)と同様の任務につけられるが、その区分は明瞭ではなく、一般的には乗員が多く、管制処理能力がより高いものがAWACSと呼ばれる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と早期警戒機 · 続きを見る »

攻撃ヘリコプター

攻撃ヘリコプター(こうげきヘリコプター、Attack Helicopter)は、武器を搭載し、対地攻撃を主任務とする軍用のヘリコプターである。 防衛省および自衛隊においては、日本国憲法第9条との兼ね合いから「攻撃」という表現が避けられる傾向にあるため、陸上自衛隊では装備するAH-1Sを対戦車ヘリコプター、AH-64Dを戦闘ヘリコプターと呼んでいる。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と攻撃ヘリコプター · 続きを見る »

攻撃機

攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。主要搭載兵装は空対地、空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾、ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12頁。 似た軍用機として爆撃機があり、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機は爆撃機として分類される。進化が進み、トーネード IDSが9トン以上、F/A-18Cは7トン以上の爆弾類を搭載でき、第二次世界大戦の爆撃機並みの搭載量だが、純粋な爆撃機も進化が進みB-52Hは27トン、B-1Bは34トン、ステルス性を優先し搭載量を若干犠牲にしたB-2Aでも22トンと、従来より飛躍的に増加している。 航空機のジェット化が進み、レーダー、電子技術、ミサイルなどの兵装の発達で従来の機種は整理され、特に戦闘機は空戦を専門とするタイプと大量の兵装を装備できる戦闘攻撃機タイプが主流になり、兵装の交換により対空、対地、対艦といった幅広い任務に対応するマルチロール機へと進化していった。攻撃機はマルチロール化した戦闘機に集約されて機種が減る一方、練習機などと基本設計が兼用の軽攻撃機も広く使われる。 航空自衛隊では「攻撃」という表現が避けられ、支援戦闘機と呼ばれていたが、マルチロール機の発展で通常の戦闘機に役割を統合され消滅した。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と攻撃機 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と1920年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と1924年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と1947年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と1948年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と2003年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: 軍用機の命名規則 (アメリカ合衆国)と2005年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アメリカ軍用機の記号米軍機の記号

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »