ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

西ゲルマン語群

索引 西ゲルマン語群

西ゲルマン語群(にしゲルマンごぐん)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派中最大の分派である。英語・ドイツ語・オランダ語・フリジア語・ルクセンブルク語・アフリカーンス語・イディッシュ語などが属する。.

88 関係: 南アフリカ共和国古フランク語古英語上部ドイツ語両唇軟口蓋音中央ヨーロッパ中世中部ドイツ語中英語代名詞低地フランク語低地ドイツ語低ザクセン語低シレジア語形態論北フリジア語北ゲルマン語群北海ナミビアペンシルベニアドイツ語バイエルン・オーストリア語ヤストルフ文化ユトランド半島ヨーロッパ大陸ライン川リンブルフ語リプアーリ語ルーン文字ルクセンブルク語ロータシズムヴィラモヴィアン語プファルツ語テューリンゲン・オーバーザクセン語フラマン語フリジア語フローニン語フッター派ドイツ語ニュージーランド英語ニーダーザクセン州ベルギー初期近代英語アメリカ英語アルプス山脈アルザス語アレマン語アングル人アングロ・フリジア語群アンゲルン半島アフリカーンス語...アイルランド英語インド・ヨーロッパ語族イディッシュ語イギリス英語ウムラウトエルベ川オランダオランダ低ザクセン語オランダ語オーストラリア英語オーストリアドイツ語カナダ英語グレートブリテン島ケルン語ゲルマン祖語ゲルマン語派シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュヴァーベン語スイスドイツ語スカンディナヴィアスコットランド語スコットランド英語ゼーランド語サクソン人動名詞第二次子音推移紀元前1世紀音韻論西フラマン語西フリジア語言語接触高地ドイツ語近代英語長子音英語東フリジア語東ゲルマン語群民族移動時代 インデックスを展開 (38 もっと) »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と南アフリカ共和国 · 続きを見る »

古フランク語

古フランク語(Oudfrankisch Altfränkisch Old Frankish)とは、古代フランク人の言語。西ゲルマン語に属し、現在のオランダとその周辺に当たる地域でメロヴィング朝時代(7世紀以前)に使われた。フランク語ともいうが、現代のこれらの地域で用いられている言語などと区別するために古の字をつける。 フランク人はもと現在のオランダ・フランドルに住んでいたが、南に進出してフランク王国を建てた。のちに古フランク語は北部では古低フランク語(古オランダ語)となり(さらに現代オランダ語などの低地フランク語になる)、南部(しかしフランスの北半分)では古フランス語に取って代わられたが、この古フランス語、さらに現代フランス語にも大きな影響を遺したのである。 古フランク語は直接書き残されているものではなく、古フランス語への借用語と古低フランク語とから再建されたものである。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と古フランク語 · 続きを見る »

古英語

古英語(こえいご、古英語:, )または古期英語、アングロ・サクソン語()は、5世紀半ばから12世紀を中心にイングランドで使われた、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、現代英語の祖語にあたる言語。 言語学者によっては西ゲルマン語群に分類する。現在のドイツ語の古語に当たる古ドイツ語のうち、古フランク語および古ザクセン語などの「古低ドイツ語」とは近縁にある。辞書などではしばしばOEと略記する。現在は死語と化している。 バイキングによりイングランドに古ノルド語が持ち込まれ、古英語に影響を与えた。他のゲルマン諸語と古ノルド語はまだ相互理解可能であった。古英語は均一の言語ではなく、方言があり、時期によっても異なる。ゲルマン人の一派であるアングル人とサクソン人の言葉が、グレートブリテン島移住に伴い、イングランド(アングル人の地)へ持ち込まれたことに始まる。のちイングランドに来襲したデーン人の言語であるデーン語(古ノルド語の一種)などの要素も、入り込んだ。 古英語に対して、古英語以降16世紀までの英語を中英語、17世紀頃までを初期近代英語それ以降を現代英語と言う。古英語の使われた時期を確定することは困難である。おそらく4世紀半ばにはグレートブリテン島での古英語の使用は始まっていた。古英語と中英語の境として、ウィリアム1世によってノルマン・フランス語の語彙が大幅に流入した1066年のノルマン・コンクエストを採用することが多い。しかしこのことはこの時期以降、古英語が使われなくなったことを意味しない。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と古英語 · 続きを見る »

上部ドイツ語

上部ドイツ語の地域 上部ドイツ語(じょうぶどいつご、Oberdeutsch、Owerdeitsch、バイエルン語:Obadeitsch)とは、ドイツ語のうち、高地ドイツ語に属し、同系統の中部ドイツ語とともに第二次子音推移を経たドイツ南部の言語群を指す。「南ドイツ語」または「南部ドイツ語」(Süddeutsch)とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と上部ドイツ語 · 続きを見る »

両唇軟口蓋音

両唇軟口蓋音(りょうしんなんこうがいおん)は、両唇と軟口蓋の二か所で同時に調音することによって生み出される子音。 国際音声記号(IPA)では以下のように記述される。 なお、二次的調音として唇音化した軟口蓋音の、なども「唇軟口蓋音」と呼ばれることがあるが、まったく異なる音である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と両唇軟口蓋音 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ

中東 中央ヨーロッパ(ちゅうおうヨーロッパ、Central Europe、Mitteleuropa)は、ヨーロッパの中央部に位置し、人口規模が大きい地域である。中欧と表記されることもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と中央ヨーロッパ · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と中世 · 続きを見る »

中部ドイツ語

中部ドイツ語(ちゅうぶどいつご、Mitteldeutsch、Middelduits)とは、ドイツ語のうち、高地ドイツ語に属し、同系統の上部ドイツ語とともに第二次子音推移を経たドイツ中部の言語群を指す。中央ドイツ語とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と中部ドイツ語 · 続きを見る »

中英語

中英語(ちゅうえいご、Middle English)または中期英語(ちゅうきえいご)、中世英語(ちゅうせいえいご)は1066年のノルマン・コンクエスト以後15世紀後半頃までの英語の名称である。文章に方言による大きな揺れが見られる。印刷の普及によって古英語の時代に用いられたウェストサクソン方言にかわってロンドンの方言(東アングリア方言)をもとに文語が形成された。そして、ラテン系言語であるオイル語の系統のフランス・ノルマン語の語彙がノルマンディー公側近の貴族により大量に流入した。またこのころのスコットランド南東部のノーザンブリア方言がスコット人の話す英語いわゆるスコットランド語につながる。中英語以後1650年頃までを初期近代英語という。なお近代英語は中英語からの大母音推移を蒙ったため、両者の音韻組織は大幅に異なる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と中英語 · 続きを見る »

代名詞

代名詞(だいめいし)とは、名詞または名詞句の代わりに用いられる語である。通常は名詞とは異なる品詞と見なすが、名詞の一種とされることもある。 例えば英語のyou, who, thisなどがそうである。人称代名詞、指示代名詞、疑問代名詞、関係代名詞、再帰代名詞、相互代名詞、不定代名詞、否定代名詞などに分類される。日本語では、自立語で、活用はしない。体言の一つ。 日常語では「代名詞」という言葉は「誰々は怠け者の代名詞だ」のように典型例の意味で用いられるが、本来の代名詞とは関係がない。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と代名詞 · 続きを見る »

低地フランク語

ヨーロッパにおける低地フランク語の地域 低地フランク語(Nederfrankisch、低ザクセン語: Nedderfranksch、標準Niederfränkisch、Low Franconian)は、古フランク語に発する西ゲルマン語を指し、ドイツ北西部(デュッセルドルフ北側のラインラント北部)、オランダ、ベルギー、フランス北部の県、および旧オランダ植民地で話される言語の総称。低(地)フランケン語、低(地)フランコニア語などとも表記される。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と低地フランク語 · 続きを見る »

低地ドイツ語

低地ドイツ語(ていちドイツご、Niederdeutsch、Plattdüütsch、Nederduits)とは、広義のドイツ語のうち、第二次子音推移の影響を受けなかったドイツ北部の言語群を指す。北ドイツ語あるいは北部ドイツ語 (Norddeutsch) と呼ばれることもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と低地ドイツ語 · 続きを見る »

低ザクセン語

時点でドイツ語の方言される言葉の分布図。黄色の部分のうちの(1-7)が「低ザクセン語」の話される地域。 低ザクセン語/低地ザクセン語(Neddersassisch)は、西ゲルマン語群のうち低地ドイツ語(Niederdeutsch)、もしくは低ザクセン・低フランケン諸語(Low Saxon-Low Franconian)に属する地方言語。 ドイツ語の北部方言ともされてきた諸言語の内、エルベ川より西のドイツとオランダ北東部で話される地方言語を指す。地理的要因から標準ドイツ語(高地ドイツ語)、中部ドイツ語、上部ドイツ語、オランダ語などと関わりを持ち、それらの言語の方言か否かがしばしば議論される。 ISO 693-2の言語コードは「nds」。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と低ザクセン語 · 続きを見る »

低シレジア語

低シレジア語(低シレジア語:Schläsch または Schläs'sch、標準)は、ポーランドの南西部シレジア(シュレージエン)地方で話されているドイツ語(中部ドイツ語)の方言である。低地シレジア語、低シュレジエン語、低シュレージエン語、シュレジア語とも表記される。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と低シレジア語 · 続きを見る »

形態論

形態論(けいたいろん、morphology)とは、ヒトの言語の、語(単語)を構成する仕組みのこと。また、それを研究する言語学の一分野。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と形態論 · 続きを見る »

北フリジア語

北フリジア語は、ドイツの少数言語の一つである。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と北フリジア語 · 続きを見る »

北ゲルマン語群

北ゲルマン語群(きたゲルマンごぐん)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派の一分派。この中でも東西に分かれて発達してきた。北欧語、ノルド語と呼ばれることもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と北ゲルマン語群 · 続きを見る »

北海

北海の位置 デンマーク側からの北海 北海(ほっかい:英語 、ドイツ語 、フランス語 、オランダ語 、デンマーク語 Nordsøen、ノルウェー語 Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海(ラテン語 Mare Germanicum、英語 )。 東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。南北の長さは970km、東西は580km、面積は75万km2、水量は94000km3である。 北海に流れ込む主な川はエルベ川、ヴェーザー川、エムス川、ライン川などがある。なかでも、最も北海に影響を及ぼす河川はエルベ川とライン川・ムーズ川である.

新しい!!: 西ゲルマン語群と北海 · 続きを見る »

ナミビア

ナミビア共和国(ナミビアきょうわこく、Republic of Namibia)、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。なお、地図を一見すると接しているように見えるジンバブエとは、ザンビア、ボツワナを挟んで150メートルほど離れている。首都はウィントフック。イギリス連邦加盟国。 当初ドイツ(一部イギリス)が植民地とし、植民地時代の名称は南西アフリカ。第一次世界大戦以後は南アフリカ連邦の委任統治下に置かれていたが、第二次世界大戦後の国際連盟解散を機に国際法上違法な併合を行った。南アフリカの統治時代には同様の人種隔離政策(アパルトヘイト)が行われ、バントゥースタン(ホームランド)が置かれた。その後1966年にナミビア独立戦争が始まり、1990年に独立を達成した。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とナミビア · 続きを見る »

ペンシルベニアドイツ語

ペンシルベニアドイツ語(標準ドイツ語:Pennsylvania-Dutch, Pennsilfaani-Deitsch、アレマン語:Pennsylvania-Ditsch、英語:Pennsylvania-German)は、北アメリカのカナダおよびアメリカ中西部でおよそ15万から25万人の人びとに話されているドイツ語の系統である。高地ドイツ語のうち上部ドイツ語の一派アレマン語の一方言である。ペンシルベニアアレマン語(Pennsilfaani-Alemanisch, Pennsylvania-Alemannic)とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とペンシルベニアドイツ語 · 続きを見る »

バイエルン・オーストリア語

バイエルン・オーストリア語(標準Bairisch(Bairische Dialekte)、Boarisch)は、高地ドイツ語のうち上部ドイツ語に属する言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とバイエルン・オーストリア語 · 続きを見る »

ヤストルフ文化

ヤストルフ文化(英語:Jastorf culture)は、紀元前7世紀よりドイツ北部から発し、紀元前1世紀にかけてドイツ中部からスカンディナヴィア南部にまで広まった、鉄器時代初期の文化。 ゲルマン祖語の成立した文化と推定されており、ゲルマン語派の各言語に共通する音声的特徴を形作った初めての言語変化は紀元前5世紀にここで起こったという説が有力である。また、ヤストルフ文化は、ハルシュタット文化やラ・テーヌ文化といったケルト語派の系統と推定される文化と接触しており、このことは、ゲルマン語派におけるケルト語派からの様々な借用語の存在を説明している。 ヤストルフ文化は、ヤストルフ期(前7世紀-前4世紀)、リプドルフ期(前4世紀-前150ごろ)、ゼードルフ期(前150年ごろ-前1世紀)の3つの時期に分けられる。ヤストルフ文化の起源となる中核的な地域はニーダーザクセン州東北部、ホルシュタイン地方、メクレンブルクにまたがる一帯。ヤストルフ文化の要素はその特色を弱めながら北はユトランド半島から南部スウェーデンの一部、南はヴェーザー川とアラー川の流域にまで広がった。 この文化の範囲においては少数の家が立ち並んだ小村が点在しており、村どうしは深い森や沼地といった、自然の障害物で互いに隔てられている。これはこの一帯の一連の青銅器文化から続く伝統的な地域共同体の形態。家々はどれも半地下式の木造で、大きさはさまざまであり、幅5メートルほどで1部屋のみの小さなものもあれば、大家族が住むような幅20メートルほどのいわゆる長屋構造のものもある。 混合農業が主な生業で、地域によって小麦栽培が廃れて大麦栽培に取って代わられている。オーツ麦も広く栽培されているが、食用なのか家畜飼料用なのかは不明。雑穀や亜麻の栽培も主な作物。ライ麦の栽培は定かではない。家畜は牛が主で、その他は豚、羊、ヤギ、犬、馬。狩猟も盛んで、アカシカ、オーロックス、イノシシ、ビーバーを主な獲物としていた。発見されている遺跡の大半は墓地で、 青銅製の装飾品などの副葬品が見られる。埋葬には骨壺を用いるが、火葬した遺骨をそのまま埋葬したものもある。日用品や装飾品、および墓の形式などから判断するに、ヤストルフ文化は基本的に同じ地方の青銅器文化から直接発展したものであり、さらに隣接するハルシュタット文化の影響も強く受けている。のちに南部ではラ・テーヌ文化の影響も受けた。このことはゲルマン語派ともケルト語派ともいわれる系統不明の部族連合で、紀元前後より記録に登場するスエビ族の成立と関わりがあると推測される。スエビ族の当初の版図はだいたいこの地域であった。さらには、東方より進出してきたプシェヴォルスク文化の影響をも受けている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とヤストルフ文化 · 続きを見る »

ユトランド半島

ユトランド半島 デンマークの地図 ユトランド半島(ユトランドはんとう、Jylland ( ユラン)、Jütland ( ユートラント)、Jutland ( ジャトランド)、Jutland ( ジュトランド) )は、ヨーロッパ大陸北部にある、北海とバルト海を分かつ半島である。北側がデンマーク領、根元のある南側がドイツ領である。「ジュート人が住む地」という文字通りの意味である。 本稿では日本で定着している「ユトランド(半島)」という表記・読み方を用いる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とユトランド半島 · 続きを見る »

ヨーロッパ大陸

ヨーロッパ大陸 ヨーロッパ大陸(ヨーロッパたいりく、英語:European continent)は、地球の北半球に位置するユーラシア大陸の一部、ロシアのウラル山脈より西側、ジョージアなどのカフカース山脈より北側の地域を指す。ヨーロッパ亜大陸、ヨーロッパ半島と同義であり、ヨーロッパ大陸は孤立した大陸ではない。ヨーロッパの名はギリシア神話のエウローペー(エウロペ)に由来し、古代ギリシアでアジアやアフリカに対して使われた地方名エウロパが亜大陸全体を指すのに使われるようになったという説がある。 南を地中海、黒海、西を大西洋、北を北極海に接する。東はウラル山脈によってアジア大陸と隔てられる。大きな半島にはイベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、スカンディナヴィア半島がある。 ほとんどの部分が安定陸塊からなるが、アルプス山脈などの造山帯が南部には見られる。北緯40度より北に位置するが、大陸西岸は暖流である北大西洋海流のため気候は比較的温暖である。大陸の東側は内陸部で、大陸性気候を示し、気候は寒冷である。また地中海沿岸部は地中海性気候を示す。大陸西岸地域の中緯度と高緯度に位置するため、大陸には砂漠を持たない。 ヨーロッパ州のうち、アイスランド島、グレートブリテン島、アイルランド島やクレタ島などの島嶼部を除いた、大陸に属する地方をさすときに用いる言葉に、大陸ヨーロッパ(Continental Europe)があるが、これと同義で用いられることが多い。一方、ヨーロッパ州全体のことを慣用的にヨーロッパ大陸と呼ぶ場合もあり、この場合、島嶼部も含む。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とヨーロッパ大陸 · 続きを見る »

ライン川

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / Rhein、Rijn、Rhin、Rhine、Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。 スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。 全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。 下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とライン川 · 続きを見る »

リンブルフ語

リンブルフ語(Limburgs、Limburgisch)は、オランダ語の方言、もしくはインド・ヨーロッパ語族西ゲルマン語群に属する言語。低地ドイツ語のうち低地フランク語に属するとされるが、オランダ、ベルギーでは西中部ドイツ語(中部ドイツ語)に属する言語として捉えられている。リンブルク語、リンブルグ語とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とリンブルフ語 · 続きを見る »

リプアーリ語

リプアーリ語(Ripuarische Dialektgruppe)は、西ゲルマン語群に属するドイツ語の方言グループである。ラインラントやベルギー東部で話されている。 この名前の起源は、(フランク族の支族であるリプアリウス族 Ripuarius)が居住していた土地で発達した方言であるためである。リプアリウス・フランク族は、ラインラントをその中心都市としていた。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とリプアーリ語 · 続きを見る »

ルーン文字

ルーン文字(ルーンもじ)は、ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、音素文字の一種である。成立時期は不明であるが、確認されている最初期のルーン銘文は2世紀あるいは3世紀頃のものである。ラテン文字に取って代わられて使用されなくなったが、スカンディナヴィアでは中世後期まで用いられた。一部の地域ではルーンの知識は初期近代まで民間に残存していた。 「ルーン(rune)」という名称の語源としては、「秘密」を意味するゴート語の runa が挙げられる(cf.

新しい!!: 西ゲルマン語群とルーン文字 · 続きを見る »

ルクセンブルク語

ルクセンブルク語(Lëtzebuergesch, 標準Luxemburgisch, Luxembourgeois)は、ルクセンブルクの国語、公用語のひとつ。 ルクセンブルク語は、もともと西ゲルマン語群に分類されるドイツ語(高地ドイツ語)のうち、中部ドイツ語に属するの一方言である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とルクセンブルク語 · 続きを見る »

ロータシズム

ータシズム (Rhotacism) とは言語学において、他の音素が/r/音に変化することをいう。名称はrに相当するギリシア文字のρ(ロー)に由来する。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とロータシズム · 続きを見る »

ヴィラモヴィアン語

ヴィラモヴィアン語(ヴィラモヴィアンご、,, )は、ドイツ語のうち高地ドイツ語に属する中部ドイツ語の一言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とヴィラモヴィアン語 · 続きを見る »

プファルツ語

プファルツ語(Pfälzisch, 低ザクセン語: Pälzisch)は、ドイツ語に属する一方言で、高地ドイツ語の中部ドイツ語のうち西中部ドイツ語の系統であるライン・フランケン語に属し、ドイツ中西部のプファルツ地方で話される。ファルツ語、プァルツ語とも表記される。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とプファルツ語 · 続きを見る »

テューリンゲン・オーバーザクセン語

テューリンゲン・オーバーザクセン語/テューリンゲン・上ザクセン語(Thüringisch Obersächsisch)とは、ドイツ語の中で高地ドイツ語のうち中部ドイツ語に属する東中部ドイツ語(ドイツ中央東方言の中の一グループ)の一言語である。 学術的に不正確とされるもの、現在は一般的に上(上部)ザクセン語(Obersächsisch)として総括され、標準ドイツ語のベースとなった言語でもある。かつてはテューリンゲン語(Thüringisch)と呼ばれていた。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とテューリンゲン・オーバーザクセン語 · 続きを見る »

フラマン語

フラマン語(フラマン語・Vlaams, Flamand, Flemish)は、ベルギーおよびフランス北東部で話されている低地フランク語の系統の呼称。一般的にはベルギーで話されているオランダ語を指す呼び方である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とフラマン語 · 続きを見る »

フリジア語

フーズムの警察署) フリジア語(Frysk、東フリジア語: Fräiske、Fries、Friesisch、Frisian)は、オランダのフリースラント州周辺およびドイツの北海沿岸にまたがるフリースラントで用いられる言語である。インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派の西ゲルマン語群アングロ・フリジア語群に属する。フリース語、フリスク語、フリースラント語、フリースランド語 とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とフリジア語 · 続きを見る »

フローニン語

フローニン語(Gronings、フローニン語:Grönnegs)は、低ザクセン語のうちオランダ低ザクセン語の方言で、オランダのフローニンゲン州を中心に話されている。ドレンテ州の北と東、フリースラント州の町コルメルラントにも話者がいる。フローニンゲン州とドイツとの国境地帯では、フローニン語と東フリースラント語(Ostfriesisch)は、同じ1つの方言と見なされることもある。「北ドレンテ語」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とフローニン語 · 続きを見る »

フッター派

フッター派(Hutterite)は、16世紀に生まれたキリスト教のひとつ「アナバプテスト」の流れを汲む一派。ハッターライト、ハッタライト、フッタライト、ハテライトとも表記する。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とフッター派 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とドイツ語 · 続きを見る »

ニュージーランド英語

ニュージーランド英語(英: New Zealand English、略称:NZ English)とは、ニュージーランドで話されている英語のバリエーションの一つ。 綴りはイギリス英語式であり、多くの発音・言い回しもイギリス式に準拠しているが、独特のイントネーションや語彙がある。また、ニュージーランドのもう1つの公用語であるマオリ語からの借用語や、発音の影響などがみられる。キーウィイングリッシュ(Kiwi English)とも呼ばれる。 なお、以下、本頁においての「ニュージーランド」は立憲君主国家としてのニュージーランド、及びレルムとしてのニュージーランド王国の領土の中から本土(proper)とされる北島・南島及び両島の属島を指す。 これは、その他の地域(特別領チャタム諸島、自治領のトケラウ及びニュージーランドと自由連合関係にあり、国によってはニュージーランドから独立した単一国家と外交的に認識されているクック諸島・ニウエ)は厳密に言えばニュージーランド本土2島と原住民族とその言語が異なるため、又地方行政区分から外れた及びロス海属領は無人であったため、言語発達段階に於いてこれらの影響があったとは言えないためである。しかしながら、これらの地域では国家としてのニュージーランドの影響が強いため同様の英語が使われている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とニュージーランド英語 · 続きを見る »

ニーダーザクセン州

ニーダーザクセン州(ドイツ語:Land Niedersachsen、低ザクセン語:Land Neddersassen、ザーターフリジア語:Lound Läichsaksen、英語:Lower Saxony)は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつで、ドイツ北西部に位置する。低地ザクセン州とも訳される。州都はハノーファー。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とニーダーザクセン州 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とベルギー · 続きを見る »

初期近代英語

初期近代英語(しょききんだいえいご、early modern English)は中英語時代の末の1450年頃から1650年頃の英語をいう。代表的な文献として後期に属するジェームズ王欽定訳聖書およびウィリアム・シェイクスピアの著作が挙げられる(欽定訳聖書は経典という性格から当時の口語と異なる古風な語法が用いられている)。現代英語しか知らない人でも大体理解できる程度に現代英語に近い。現在の英語では発音と綴りに若干乖離が見られるが、これは現在の綴りが初期近代英語期のまだ大母音推移が完了していない頃に定められたためである。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と初期近代英語 · 続きを見る »

アメリカ英語

アメリカ英語(アメリカえいご、)は、アメリカ合衆国で使用されている英語の方言。米語(べいご)、米国語とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアメリカ英語 · 続きを見る »

アルプス山脈

アルプス山脈最高峰 モンブラン山 ツェルマットから見たマッターホルン山 アルプス山脈(アルプスさんみゃく、 アルペース、、、、)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリア、スロベニアを東端とし、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;,,)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰でもある。 アルプス山脈はヨーロッパの多数の河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出て、それぞれ黒海、北海、地中海、アドリア海へと注ぐ。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアルプス山脈 · 続きを見る »

アルザス語

アルザス語(Elsassisch, 、、標準Elsäßisch、、Alsacien、)は、フランス中東部のアルザス地方のドイツ語の方言。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアルザス語 · 続きを見る »

アレマン語

ピエモンテ州(ピーモント州)北部 アレマン語(標準Alemannisch(Alemannische Dialekte)、アレマン語: Alemannisch)は、ドイツ語の一方言、ドイツ南西部の地方言語のひとつ。 高地ドイツ語のうち上部ドイツ語(バイエルン語、オーストリアドイツ語も含む)に属し、シュヴァーベン語(Schwäbisch)、低地アレマン語(Niederalemannisch)、高地アレマン語(Hochalemannisch)、最高地アレマン語(Höchstalemannisch)に区分される。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアレマン語 · 続きを見る »

アングル人

ユトランド半島南部でドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のバルト海側のアンゲルン半島一帯の地図 アングル人(英:Angle; 羅:Angli)またはアンゲルン人、アンゲル人(独:Angeln / Angel; 蘭:Angelen)は、西方系ゲルマン人の一種族であり、ユトランド半島南部に位置するアンゲルン半島(ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部)の一帯に住んでいた人々を指す。その一部は6世紀頃にイングランド北東部に移住して幾つもの王国を建国し、後のアングロサクソン人の祖先となった。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアングル人 · 続きを見る »

アングロ・フリジア語群

アングロ・フリジア語群(Anglo-Frigian languages)はインド・ヨーロッパ語族西ゲルマン語群に属し、英語やフリジア語を含むグループである。いくつかの音変化によって他の西ゲルマン語群から区別される。 初期のアングロ・フリジア語や古ザクセン語の話者集団は言語連合を形成するほど隣接して居住していた。したがって両語はアングロ・フリジア語群特有の特徴をいくつか共有している。しかし、共通の起源をもちながら、アングロ語群 とフリジア語群はかなり異なったものとなっている。これはノルド語や フランス語の影響を強く受けたためである。フリジア語群は現在ではオランダ語や隣接する低地ドイツ語の方言との共通部分が大きく、西ゲルマン方言連続体に入れられる。いっぽうでアングロ語群は北ゲルマン語群や非ゲルマン語の言語の影響を、フリジア語よりも強く受けた。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアングロ・フリジア語群 · 続きを見る »

アンゲルン半島

アンゲルン半島(アンゲルンはんとう、Angeln)は、ユトランド半島付け根のドイツ連邦共和国北部にある、デンマーク王国との国境近くの半島である。その地名は古語で釣り針(アンゲル)の形をした地形であることによる。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の北東部、バルト海側のシュレースヴィヒ=フレンスブルク郡に所属する。北は国境のフレンスブルク湾を臨みデンマークに面し、南にまるで川のようなシュライ湾をはさんでシュヴァンゼン半島がある。両湾はフィヨルドである。この半島の付け根で両湾の奥にそれぞれ、フレンスブルクとシュレースヴィヒの街がある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアンゲルン半島 · 続きを見る »

アフリカーンス語

アフリカーンス語(Afrikaans)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派で西ゲルマン語群に属する低地ドイツ語に属し、オランダ語から派生した言語である。 純言語学的には低地ドイツ語のうち低地フランク語(低地ザクセン語と近縁関係にある)の中の一方言であるとされるが、下記に示すとおりその独特な語彙から低地ドイツ語の中でもオランダ語(オランダ大方言)とは別の方言だという説も有力である。 クワズール・ナタール州以外の南アフリカ共和国全土に広く普及しており、オランダ系白人であるアフリカーナー(かつてはブール人と呼ばれた)が母語とするほか、カラード(白人と黒人など有色人種の混血)にも母語とする者が多い。南アフリカ共和国の公用語の一つで、ヨーロッパ系言語の中で最も新しい言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアフリカーンス語 · 続きを見る »

アイルランド英語

アイルランド英語(英語:Hiberno-English, Anglo-Irish, Irish English)は、現在のアイルランド人のほとんどが母語としている言語。スコットランド語およびスコットランド英語から派生した。アメリカ英語との共通点も多い(askの発音など)。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とアイルランド英語 · 続きを見る »

インド・ヨーロッパ語族

インド・ヨーロッパ語族(インド・ヨーロッパごぞく)は、ヨーロッパから南アジア、北アジア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族である。印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とインド・ヨーロッパ語族 · 続きを見る »

イディッシュ語

イディッシュ語(ייִדיש、Jiddisch、Yiddish、ייִדיש)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派のうち西ゲルマン語群に属する高地ドイツ語(標準ドイツ語)の一つで、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。イーディッシュ語とも表記される。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とイディッシュ語 · 続きを見る »

イギリス英語

イギリス英語(イギリスえいご、)は英語の中でもイギリスで使用されている英語。英語ではBritish EnglishまたはUK Englishという。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とイギリス英語 · 続きを見る »

ウムラウト

ウムラウト()とは、.

新しい!!: 西ゲルマン語群とウムラウト · 続きを見る »

エルベ川

流域 エルベ川(エルベがわ、、Labe、Die Elbe、低ザクセン語: De Elv)は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とエルベ川 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とオランダ · 続きを見る »

オランダ低ザクセン語

ランダ低ザクセン語/オランダ低地ザクセン語(Nedersaksisch)は、オランダ北東部で話されている西ゲルマン語群のうち低地ドイツ語に属する低ザクセン語の一方言(他のオランダの地方では低地フランク語が話される)。他の低地ドイツ諸語と同様に、高地ドイツ諸語のように第二次子音推移を経ていない言語でもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とオランダ低ザクセン語 · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とオランダ語 · 続きを見る »

オーストラリア英語

ーストラリア英語(Australian English)、又はオージー英語 (Aussie English) はオーストラリアで話される英語である。イギリス英語の単語やつづりを基本とする。米語(アメリカ英語)などに倣って豪語とも書かれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とオーストラリア英語 · 続きを見る »

オーストリアドイツ語

ーストリアドイツ語(標準Österreichisches Deutsch, オーストリアドイツ語: Austriazismus)は、オーストリアで話されるドイツ語(高地ドイツ語に属する上部ドイツ語)の方言である。 オーストリアドイツ語は、国内でもウィーンやチロル州、ケルンテン州など各地の方言差が大きくあるため、その総称でもあるオーストリア語と略称されることもある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とオーストリアドイツ語 · 続きを見る »

カナダ英語

ナダ英語(Canadian English 略語 CaE)は、カナダで使用されている英語のひとつである。アメリカ英語と語彙を共有しつつ、イギリス英語の用語を持つ。カナダの綴りは、イギリス英語とアメリカ英語の要素で構成される。カナダ英語にだけ存在する表現もあり、フランス語の影響を多くの分野で受け、地域によって多様性がある。 約1700万人のカナダ人(人口の58.8%)は、英語を第一言語(母語)にしている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とカナダ英語 · 続きを見る »

グレートブリテン島

レートブリテン島(グレートブリテンとう、Great Britain、Britannia Maior)は、北大西洋に位置する島で、アイルランド島、マン島などとともにブリテン諸島を構成する。ヨーロッパ大陸からみるとドーバー海峡を挟んで北西の方向にあたり、ヨーロッパ地域の一部である。面積は209,331km2で、世界で9番目に大きい島である(島の一覧参照)。イギリスの国土の中心的な島で、同国の首都ロンドンをはじめとする多くの大都市を有する。 グレートブリテン島は、政治的に見ると、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」の構成要素であるイングランド、スコットランド、ウェールズの3つの「国(カントリー)」からなる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とグレートブリテン島 · 続きを見る »

ケルン語

ルン語またはケルン方言(Kölsche Sprache、)は、ドイツ語の地域言語または方言である。 ケルン周辺の言語で、分類としては近隣のボンなどのラインラント地方一帯で話される中部ドイツ語に属するリプアーリ語の一言語に含まれる。 Mittelfränkisch).

新しい!!: 西ゲルマン語群とケルン語 · 続きを見る »

ゲルマン祖語

ルマン祖語(ゲルマンそご、Proto-Germanic)は、インド・ヨーロッパ祖語(印欧祖語)から分化した言語の一つであり、ゲルマン語派に属する言語、すなわちドイツ語、英語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、アイスランド語などの祖先の言語(祖語)である。文献が全くないので他の言語の知識から復元(再構)して考察されている。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とゲルマン祖語 · 続きを見る »

ゲルマン語派

ルマン語派(ゲルマンごは、英: Germanic languages, 独: Germanische Sprachen, 瑞: Germanska språk)はインド・ヨーロッパ語族のうちの一語派。ドイツ語、オランダ語、英語などが含まれる。共通のゲルマン祖語から分化したとされる。 現代のゲルマン語派の分布.

新しい!!: 西ゲルマン語群とゲルマン語派 · 続きを見る »

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州

ュレースヴィヒ=ホルシュタイン州(Land Schleswig-Holstein)は、ドイツに16ある連邦州のひとつで、最北端に位置する。州都はキールである。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 · 続きを見る »

シュヴァーベン語

ュヴァーベン語(アレマン語・標準Schwäbisch、Schwobisch)は、高地ドイツ語の上部ドイツ語のうちアレマン語に属する一方言。主にアレマン系のの言語とする。日本語の発音では「シュワーベン語」となる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とシュヴァーベン語 · 続きを見る »

スイスドイツ語

イスドイツ語(標準Schweizerdeutsch, スイスドイツ語: Schwyzerdütsch)は、スイスで使われるドイツ語の方言で、アレマン語に属するが中核となっている。 しかし、同じスイスのドイツ語圏内でも、ベルン方言、チューリッヒ方言、ウーリ方言、ツーク方言、ザンクトガレン方言などの各言語に差異があるために、その総称でもあるスイスアレマン語やスイス語とも呼ばれる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とスイスドイツ語 · 続きを見る »

スカンディナヴィア

ンディナヴィア スカンディナヴィア(Scandinavia (スキャンダネイヴィア))は、ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア半島周辺の地域。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とスカンディナヴィア · 続きを見る »

スコットランド語

ットランド語(スコットランドご、Scots)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属する言語で、スコットランドおよびアイルランドのアルスター地方で話されている言語の一つである。スコットランド・ゲール語と区別するためにスコットランド低地語 (Lowland Scots) 、スコッツ語と呼ばれる場合もある。アルスター地方で話されるスコットランド語はアルスター・スコットランド語 (Ulster Scots)、アルスター・スコッツ語と呼ばれる。 中英語から分離した言語で、英語とはごく近い関係にあり、スコットランド英語の中に含める場合もある。 以下、古英語を OE と示す。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とスコットランド語 · 続きを見る »

スコットランド英語

スコットランド英語(スコットランドえいご、Scottish English)は、スコットランドで一般的に使われている英語の方言(英語スコットランド方言)である。スコットランドにおいては、公的な場における口頭言語および書記言語として一般的に使用されており、英語の標準語的な存在としても位置づけられているため、スコットランド標準英語(Scottish Standard English)とも呼ばれる。 同じゲルマン語系のスコットランド語の影響を強く受け、境界もあいまいなことから、スコットランド語もスコットランド英語に含まれると考える者もいる。またハイランドでは、別のグループのケルト語派に属するゲール語の影響も受けている。そのような理由もあって、スコットランドの英語は他の英語圏の人でも理解しにくいことがよくある。 音韻や文法でいくつかの特徴的な違いがあるが、中流階級以上の特に公的な場での用法では他の英語と文法的な差はあまりない。日常語で「住む」(live)は"stay"、「外側」(outside)は"outwith"といった独自の表現をし、これらは書き言葉でも普通に使われる事が多い。 Category:スコットランドの文化 Category:イギリスの言語 category:英語の方言.

新しい!!: 西ゲルマン語群とスコットランド英語 · 続きを見る »

ゼーランド語

ーランド語/ゼーラント語(Zeeuws)は、オランダ南西部のライン川デルタ地帯で話されている言語である。ゼーラント州と、南ホラント州のフレー・オーファーフラケー島(Goeree-Overflakkee)に話者が分布する。 ゼーランド語は西ゲルマン語群の低地ドイツ語に属する低地フランク語の一方言である。現在話者は22万人おり、オランダ語の方言の一部とも称されるが、発音に大きな違いがある。 ゼーランド語(Zeelandic) (薄茶色部分).

新しい!!: 西ゲルマン語群とゼーランド語 · 続きを見る »

サクソン人

ン人またはザクセン人(Saxon, Sachsen, 低ザクセン語: Sassen, 低フランク語、Saksen)は、で形成されたゲルマン系の部族である。現在のドイツのニーダーザクセン地方を形成する主体となり、またイングランド人の民族形成の基盤を成した。.

新しい!!: 西ゲルマン語群とサクソン人 · 続きを見る »

動名詞

動名詞(どうめいし)は、言語学における準動詞の一種で、印欧語で動詞が名詞としての機能を持って使われるようになること。そのため、文中で、主語や目的語になることができる。動詞としての機能もそのまま持っていて、目的語、補語、副詞句を伴うことができ、名詞句を形成する。目的語に動名詞のみをとる動詞、不定詞のみをとる動詞がある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と動名詞 · 続きを見る »

第二次子音推移

二次子音推移(だいにじしいんすいい)とは、西ゲルマン語群のうち、6世紀頃スイスやオーストリアなどのドイツ語圏南部で発生、北上しつつ、9世紀頃までにドイツ語圏のほぼ中央で停止した、高地ドイツ語に起きた音韻変化である。グリムの法則で知られる第一次子音推移に引き続いて起きたため、この名がある。 この変化によって、無声破裂音が語頭や子音のあとで破擦音になり、それ以外の環境では摩擦音になった。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と第二次子音推移 · 続きを見る »

紀元前1世紀

ーマ帝国の成立。紀元前27年にオクタウィアヌスが「アウグストゥス」の称号を得てローマの帝政時代が始まった。画像はヴァティカン美術館所蔵の「プリマポルタのアウグストゥス」。 エジプト女王クレオパトラ7世。絶世の美女として知られるが、衰勢のプトレマイオス朝存続のためにローマの有力者と結ばざるを得ない事情があった。画像は19世紀フランスの画家ジャン・レオン・ジェロームの歴史画で、女王とユリウス・カエサルの出会いの状況を描いている。 カッシウスやブルートゥスに暗殺された。画像は暗殺直後を描いたジャン・レオン・ジェロームの歴史画。 アグリッパによって建設された。 ケルト人の消長。カエサルの遠征でアルプス以北のガリアは共和政ローマに帰服した。これらの地に住んでいたケルト人(ガリア人)たちはラ・テーヌ文化の担い手とも考えられている。画像はラ・テーヌ文化を代表するグンデストルップの大釜。 アンティオコス1世により独特な墳墓が営まれた。 王昭君。前漢と匈奴の和平のために呼韓邪単于へと嫁ぐことになった悲劇の女性として語り継がれた。画像は明治時代の菱田春草の「王昭君図」。 銅鐸の祭祀。荒神谷遺跡と並ぶ古代出雲を代表する加茂岩倉遺跡からは39個の銅鐸が出土した。これら銅鐸の製作年代は弥生時代中期から後期にわたる。画像は島根県立古代出雲歴史博物館での展示の様子。 紀元前1世紀(きげんぜんいっせいき、きげんぜんいちせいき)は、西暦による紀元前100年から紀元前1年までの100年間を指す世紀。紀元前を区分する最後の世紀でもある。紀元1世紀の直前の世紀である。「紀元0世紀」というものは存在しない。 なお、天文学やISO 8601では、紀元前1年を西暦0年と定めている(詳細は「紀元前1年#西暦0年」または「0年#西暦0年」を参照のこと)。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と紀元前1世紀 · 続きを見る »

音韻論

音韻論(おんいんろん、)は、言語学の一分野。言語の構成要素である音声(言語音)の機能を研究対象とする。音声学に依拠するが、音声学が言語音の物理的側面に焦点をあてるのに対し、音韻論では言語音の機能面に着目して抽象化をおこなう。ただし、研究の方法や抽象化によって定義された概念は学派により大きく異なる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と音韻論 · 続きを見る »

西フラマン語

西フラマン語(にしフラマンご、West-Vlaams)は、ベルギーのウェスト=フランデレン州の広い地域とオランダのゼーラントフランデレン、1963年に西フランデレンから分離したベルギーのエノー州コミーヌ・ヴァルヌトンの一部で話されている地域語。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と西フラマン語 · 続きを見る »

西フリジア語

西フリジア語(にしフリジアご、西フリジア語: Frysk、Westerlauwers Fries、West Frisian language、Westfriesische Sprache)はオランダ北部のフリースラント州で話されている言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と西フリジア語 · 続きを見る »

言語接触

言語接触(げんごせっしょく)とは、二種類以上の言語が互いに影響を及ぼしあうことである。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と言語接触 · 続きを見る »

高地ドイツ語

地ドイツ語(Hochdeutsch)は、ドイツ語の言語変種。ドイツ語高地方言とも呼ばれる。また、第二次子音推移を受けていない低地ドイツ語との対比の意味で、標準ドイツ語のことを「高地ドイツ語」と呼ぶ場合もある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と高地ドイツ語 · 続きを見る »

近代英語

近代英語(きんだいえいご、Modern English)とは、およそ1500年頃から現在に至るまでの英語のことである。 近代英語は更に1650年頃までの初期近代英語(Early Modern English)とそれ以降の後期近代英語(Late Modern English)とに区分する事ができる。また、20世紀以降の英語を特に'''現代英語'''(Present-Day English, Contemporary English)という事もある。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と近代英語 · 続きを見る »

長子音

長子音(ちょうしいん)は子音の持続時間が長いもののことである。国際音声記号では子音の後に を付けて表す。長子音でない一般の子音は短子音と呼ぶ。重子音(gemination)とも呼ばれる。 破裂音・破擦音の場合は、子音の持続時間が延長するのではなく、前に気流の停止が挿入され、これを合わせた時間が短子音より長くなる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と長子音 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と英語 · 続きを見る »

東フリジア語

東フリジア語(ひがしフリジアご、独:Saterfriesisch/Saterländisch、英:Saterfriesisch、東フリジア語:Seeltersk)とは、ドイツの少数言語の一つである。「東フリースラント語」「ザーターフリジア語」「ザーターラント語」とも呼ばれる。 名前が紛らわしいが、低地ドイツ語東フリースラント方言(独:Ostfriesisch、英:Eastern Frisian)とは別の言語である。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と東フリジア語 · 続きを見る »

東ゲルマン語群

東ゲルマン語群(ひがしゲルマンごぐん)とは、ゲルマン語派のインド・ヨーロッパ語族に含まれる、一連の死語を指す。東ゲルマン語としては、ゴート語のみ文書の存在が知られているが、他にもや、クリミアゴート語が東ゲルマン語に含まれると考えられている。また、クリミアゴート語は18世紀まで存続していたとされている。 やプロコピオス、パウルス・ディアコヌスら、また、言語証拠(ゴート語を参照)や地名、或いは考古学的な痕跡から、東ゲルマン語群を話す、東ゲルマン民族は、およそ紀元前600年から300年ほど前に、スカンディナヴィアから、オーデル川とヴィスワ川とに挟まれた地域に移り住んできたと考えられている。実際、昔から、ポメラニアや北ポーランドに対するスカンディナヴィアの影響は非常に大きく、この地域を北欧青銅器時代の文化に含めることもある (Dabrowski 1989:73)。 考古学的、或いは地名に見られる痕跡からも、ブルグント民族は、デンマークにあるボーンホルム島(古ノルド語で「Borgundarholm」)を起源としていると考えられる。 東ゲルマン民族は、スカンディナヴィアからエルベ川の東方に移住した北ゲルマン民族と関係性がある(ヴァンダル族やブルグント族、ゴート族、ルギ族等)。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と東ゲルマン語群 · 続きを見る »

民族移動時代

民族移動時代(みんぞくいどうじだい、)は、西暦300年から700年代にかけて、ヨーロッパで起こった人類の移住の時代のことである。この移住が古代を終わらせ中世が始まったと考えてもよい。 この移住はゲルマン系及びスラブ系の移住、更に東方系の諸民族の侵略を主体としている。これは中央アジアでのトルコ系民族の移動や、人口爆発、気候変動、疫病の蔓延、高齢化人口の増大などが要因とされる。.

新しい!!: 西ゲルマン語群と民族移動時代 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »