ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

複合ヘリコプター

索引 複合ヘリコプター

複合ヘリコプター(ふくごうヘリコプター、コンパウンド・ヘリコプター、compound helicopter)は回転翼機の分類の1つである。垂直離着陸機であり、回転翼の揚力によって自重を支えることで垂直離着陸やホバリングを行い、他の推進力で水平飛行を行なう。ジャイロダイン(Gyrodyne)もこの分類に含まれる。.

52 関係: AH-56 シャイアン垂直離着陸機とある魔術の禁書目録可変戦闘機 (マクロスシリーズ)妖精作戦小松崎茂二重反転式ローター地球SOSバンゲリングベイユーロコプター X3ライトノベルヘリプレーン1型ヘリコプターツインイーグルテレビドラマフェアリー ロートダインフェアリー ジェット・ジャイロダインホットサイクル式ローターアメリカ合衆国イギリスウルトラマンレオウルトラマンタロウオートジャイロガンヘッドキャプテン・スカーレットキングコングの逆襲シューティングゲームシコルスキー S-69シコルスキー X2シコルスキー Xウイングスクリューターボジェットエンジンサンダーストームサイエンス・フィクション回転翼機空中浮揚笹本祐一翼型絵物語特命武装検事・黒木豹介鎌池和馬超音速攻撃ヘリ エアーウルフ超時空騎団サザンクロス門田泰明Ka-22 (航空機)SH-60 シーホークV-22 (航空機)X-49 (航空機)推進式 (航空機)...攻撃ヘリコプター怪獣総進撃 インデックスを展開 (2 もっと) »

AH-56 シャイアン

AH-56 シャイアンは、ロッキード社によって1960年代に開発された、アメリカ陸軍向けの試作攻撃ヘリコプターである。愛称のシャイアン(Cheyenne)は、アメリカ先住民のシャイアン族に由来する。世界初の攻撃ヘリコプターとして開発されたが採用は取り消され、陸軍主力攻撃ヘリコプターの座はAH-1 コブラが得る事となった。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとAH-56 シャイアン · 続きを見る »

垂直離着陸機

垂直離着陸機(VTOL機、Vertical Take-Off and Landing、ブイトール機、ヴィトール機)はヘリコプターのように垂直に離着陸できる飛行機である。 回転翼機であるヘリコプターは慣例的に垂直離着陸機(VTOL機)には含めない。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと垂直離着陸機 · 続きを見る »

とある魔術の禁書目録

『とある魔術の禁書目録』(とあるまじゅつのインデックス)は、鎌池和馬による日本のライトノベルシリーズ。また、それを原作・題材とした派生作品群。イラスト担当は灰村キヨタカ。.

新しい!!: 複合ヘリコプターととある魔術の禁書目録 · 続きを見る »

可変戦闘機 (マクロスシリーズ)

可変戦闘機(かへんせんとうき、Variable Fighter(VF)、ヴァリアブル・ファイター)は、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』を始めとするマクロスシリーズ作品に登場する架空の兵器。基本の戦闘機形態「ファイター」、そこから手足を展開した中間形態「ガウォーク」、人型ロボット形態「バトロイド」への3段変形機構を有する機動兵器群を指す。 初代量産機である「VF-1 バルキリー」にちなみ、「バルキリー」と作品の内外で総称されることが多いが、本項ではVF-1 バルキリーとの区別のために「可変戦闘機」を用いる。個別の機種については「型式番号+愛称」の形で表記する。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと可変戦闘機 (マクロスシリーズ) · 続きを見る »

妖精作戦

『妖精作戦』(ようせいさくせん)とは、笹本祐一作の作品。初版がソノラマ文庫から1984年に発売され、更に2011年に創元SF文庫よりシリーズが再々発売された。作者のデビュー作であり、著者の「現役最古のライトノベル作家」という自称が示すとおり、この作品は青少年向けSFが「ジュブナイル」と呼ばれていた時代に発売され「時代を変えた」、「ライトノベルの直系の先祖」とも言える作品である。 この作品に影響を受けた作家は数多く、谷川流、有川浩、小川一水、秋山瑞人などファンは多い。 現在のライトノベルに影響を与えた点として、三村美衣は『ライトノベル30年史』 において、 主人公たちはただの高校生だが、おたく的な知識が事件解決の手段として使われている。また70年代から80年代のアニメや特撮物を共通基盤にした独特のノリ、型番やスペックをそのまま出すメカの書き込みなど、同時代的情報を共有する小説の流れは本作から始まったといっていい。と述べている。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと妖精作戦 · 続きを見る »

小松崎茂

小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家・イラストレーターである。空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと小松崎茂 · 続きを見る »

二重反転式ローター

二重反転式ローター(にじゅうはんてんしきローター、coaxial rotors)、または同軸反転式ローターは、単軸型のヘリコプターのメインローターを2重反転プロペラ状としたものであり、それぞれのローターによってカウンタートルクを相殺できるという利点がある。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと二重反転式ローター · 続きを見る »

地球SOS

『地球SOS』(ちきゅうエスオーエス)は、小松崎茂の絵物語。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと地球SOS · 続きを見る »

バンゲリングベイ

『バンゲリングベイ』 (Raid on Bungeling Bay) は、アメリカ合衆国のブローダーバンドが制作したシューティングゲーム。『ロードランナー』『チョップリフター』とともに「バンゲリング帝国三部作」の一つである。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとバンゲリングベイ · 続きを見る »

ユーロコプター X3

ユーロコプター X3(Eurocopter X3:X-Cubed、えっくすきゅーぶど)は、ユーロコプター社が開発中の実験複合ヘリコプターである。本機は以上の速度での飛行を目指している。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとユーロコプター X3 · 続きを見る »

ライトノベル

ライトノベルは、日本で生まれた小説の分類分けの1つ。英単語のlightとnovelを組み合わせた和製英語。略語としてはラノベ。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとライトノベル · 続きを見る »

ヘリプレーン1型

ヘリプレーン1型(ヘリプレーンいちがた)は、日本の萱場工業(現KYB株式会社)が試作した「ヘリプレーン」(複合ヘリコプター)。単にヘリプレーンとも呼ばれる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとヘリプレーン1型 · 続きを見る »

ヘリコプター

一般的なシングルローター形態のヘリコプター、ベル 407 ヘリコプター(helicopter)は、エンジンの力で機体上部にあるメインローターと呼ばれる回転翼で揚力を発生し飛行する航空機の一種であり、回転翼機に分類される。 空中で留まる状態のホバリングや、ホバリング状態から垂直、水平方向にも飛行が可能であり、比較的狭い場所でも離着陸できるため、各種の広い用途で利用されている。 名前はギリシャ語の螺旋 (helico-,ヘリックス) と翼 (pteron,プテロン) に由来しており、「ヘリ(heli)」や「コプター(copter)」と略される他、「チョッパー(chopper)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとヘリコプター · 続きを見る »

ツインイーグル

『ツインイーグル』(TWIN EAGLE)は、セタが開発し、タイトーから1988年に稼働されたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールシューティングゲームである。実際にジオラマを制作し画像取り込みしたと言われる美麗な背景や、ゲーム中に流れる「歌」が話題になった。セタが制作したシューティングゲームの第一弾である。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとツインイーグル · 続きを見る »

テレビドラマ

テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとテレビドラマ · 続きを見る »

フェアリー ロートダイン

フェアリー ロートダイン(Fairey Rotodyne)は、イギリスの航空機メーカーであるフェアリー・アビエーションにより開発された複合ヘリコプター。世界最初のVTOL旅客機と銘打ってデビューしたが、垂直離着陸の為に航空機としてのペイロード、速度等で普通の旅客機に劣り、且つトン・マイルあたりの運航費がかさみ騒音や操縦の難しさもあり、野心作であったが結果的に旅客機市場に入り込めなかった。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとフェアリー ロートダイン · 続きを見る »

フェアリー ジェット・ジャイロダイン

フェアリー ジェットジャイロダイン フェアリー ジェット・ジャイロダイン(Fairey Jet Gyrodyne)は、イギリスのフェアリー社の開発によるヘリコプターにジャイロダインとオートジャイロの特徴を組み込んだ実験機。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとフェアリー ジェット・ジャイロダイン · 続きを見る »

ホットサイクル式ローター

McDonnell XV-1コンバーチプレーン(複合ヘリコプター) ホットサイクル式ローターは、ヘリコプターや、ティルトローター方式の機体におけるローターの回転方式。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとホットサイクル式ローター · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 複合ヘリコプターとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとイギリス · 続きを見る »

ウルトラマンレオ

『ウルトラマンレオ』は、1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までTBS系で毎週金曜日19:00 - 19:30に全51話が放送された円谷プロダクション・TBS製作の特撮テレビ番組と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。ウルトラシリーズ第7作であり、第2期ウルトラシリーズの最終作にあたる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとウルトラマンレオ · 続きを見る »

ウルトラマンタロウ

『ウルトラマンタロウ』は、1973年4月6日から1974年4月5日までTBS系で毎週金曜19:00 - 19:30に全53話が放送された、TBSと円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組とその劇中に登場するヒーローの名前である。 タイトルロゴは「ウルトラマンT」、「T」に「タロウ」のルビがある。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとウルトラマンタロウ · 続きを見る »

オートジャイロ

ートジャイロ(autogyro / autogiro)とは、航空機の一種。ジャイロコプター(gyrocopter / girocopter)やジャイロプレーン(gyroplane / giroplane)とも呼ばれる。通称ではジャイロ (giro) と呼ばれることもある。ジャイロの英語表記はgyroであるものの、発明者が造語のgiroで商標登録をすませたため、こういった表記になった。ヘリコプターやフェアリー・ロートダインなどと同様、回転翼機に分類される。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとオートジャイロ · 続きを見る »

ガンヘッド

『ガンヘッド』(GUNHED)は、1989年7月22日に公開された日本映画。配給は東宝。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとガンヘッド · 続きを見る »

キャプテン・スカーレット

『キャプテン・スカーレット』(原題:Captain Scarlet and The Mysterons)は、1967年にジェリー・アンダーソン率いるセンチュリー21プロダクション (the Century 21 Organisation) が製作し、 (ITC Entertainment) が配給したイギリスのSF特撮人形劇番組である。全32話。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとキャプテン・スカーレット · 続きを見る »

キングコングの逆襲

『キングコングの逆襲』(キングコングのぎゃくしゅう)は、1967年7月22日に公開された日本の特撮映画。製作は東宝と。配給は東宝。テクニカラー、シネマスコープ。上映時間は104分。 東宝の創立35周年記念作品として制作された。 1973年に東宝チャンピオンまつりでリバイバル上映が行われた。2018年6月より映画専門チャンネルでHDリマスターが放送される。冒頭に本作の予告編を放送する。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとキングコングの逆襲 · 続きを見る »

シューティングゲーム

ューティングゲーム(Shooting Game)は主に弾丸やレーザーなどの飛び道具を用いて敵機を撃ち落とすコンピュータゲームのジャンルの一つ。STGやSHTと略記される場合もある。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとシューティングゲーム · 続きを見る »

シコルスキー S-69

ルスキー S-69 (Sikorsky S-69) はヘリコプターにおける同軸反転ローターの先進回転翼実証計画の為に開発された複合ヘリコプター実験機である。初飛行は1973年7月26日。 この先進的な回転翼機には目的が2つあった。1つは従来の形式では高速飛行時に空気抵抗が増える領域での先進的な回転翼によってもたらされる揚力を生み出す特性の検証、2つ目は互いに反対方向に回転する回転翼によって反動を相殺する事により高速域においてテールローターによって反動トルクを打ち消す方法は不要である事を示すことであった。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとシコルスキー S-69 · 続きを見る »

シコルスキー X2

ルスキー X2(機体番号 X525SA) シコルスキー X2 は、同軸反転回転翼を搭載した、シコルスキー社で開発中の複合ヘリコプター実験機である。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとシコルスキー X2 · 続きを見る »

シコルスキー Xウイング

Sikorsky X-Wing シコルスキー S-72 Xウイング (Sikorsky S-72 X-Wing) は、1983年から1988年にかけて、NASA と 国防高等研究計画局 (DARPA) の資金協力を得て、シコルスキー・エアクラフト社が開発したヘリコプターと固定翼機を混合させた ローター・システム検証(研究)航空機 (Rotor Systems Research Aircraft, RSRA) である。 計画名である 「Xウイング」は、映画「スター・ウォーズ・シリーズ」に登場する 宇宙戦闘機“Xウイング・ファイター”が由来とも言われている。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとシコルスキー Xウイング · 続きを見る »

スクリュー

リュー(screw 、スクルー)は、流体中で回転することで回転軸方向に流体の流れを生む推進装置である。あるいは逆に、流体の流れを受けて回転するものもあり、より一般的には、流体の流れと回転とを相互変換する装置であると言える。 「スクリュー」と似たように使われる語に「プロペラ」がある。語義としては「スクリュー」は推進装置に限らず螺旋状のものをあらわす語であり、たとえばネジのこともスクリューと言い、ねじ回しの「ドライバー」を「スクリュードライバー」などと言うような例がある。一方、「プロペラ」とは推進すること一般に関する語であり、ロケットエンジンの推進剤などを指す「プロペラント」や、「プロペラシャフト」といった語がある。一般に使われる語としては、航空機用がプロペラ、船舶用がスクリュー、という使い分けがあるが、「スーパーキャビテーション・プロペラ」などのように、船舶工学の専門用語や、海事などの業界用語ではもっぱら「プロペラ」と呼ばれることもかなり多く、一般的な使い分けが必ずしもいつも通用するわけではない。「スクリュープロペラ」という語もある。 「スクリュー」の語はブタ(scrofa)の尻尾に由来し、英語では螺旋状の回転部品全般を表す言葉として螺子(ねじ)もこれに含まれる。古くからあるスクリューであるアルキメデスのスクリューは螺子と同様の螺旋型で、作動するのが流体中か固体中かという違いはあるが、力学的には螺子と似ている。現代のスクリュープロペラも、非常に短い螺旋であると言える。なお、螺旋型の流体機械としては他にスクリュー圧縮機のローターがあるが、これは螺子ともスクリューとも原理が異なるので、ここでは扱わない。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとスクリュー · 続きを見る »

ターボジェットエンジン

ターボジェットエンジン(Turbojet engine)はジェットエンジンの一種。ターボファンエンジンやターボプロップエンジンに対し、レトロニムとしてピュアジェットエンジンとも言われる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとターボジェットエンジン · 続きを見る »

サンダーストーム

『サンダーストーム』 (THUNDER STORM) は、1984年にデータイーストが制作・稼働したアーケードゲーム。前年の『幻魔大戦』に続くデータイーストのレーザーディスクゲーム第2弾である。『幻魔大戦』とは違い、テレビアニメや劇場アニメの映像を一切使用しない、データイースト初のオリジナルレーザーディスクゲームで、アニメパート部分は東映動画が製作を担当した。海外版は「COBRA COMMAND」というタイトルで、内容は日本版と変わらない。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとサンダーストーム · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとサイエンス・フィクション · 続きを見る »

回転翼機

回転翼機(かいてんよくき; rotorcraft)とは、回転する翼(回転翼)によって必要な揚力や推力の全部あるいは一部を得て飛行する航空機のことブリタニカ百科事典「回転翼航空機」。「回転翼航空機」とも。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと回転翼機 · 続きを見る »

空中浮揚

中に固定された状態にある超伝導体液体窒素で摂氏-200度に冷却された状態で超伝導を起こしている。「温まって」しまうと超伝導体でなくなるため、絶えず冷却していないとこの空中浮揚は終わってしまう。 空中浮揚(くうちゅうふよう、Levitation)とは、物体(特に固体)が空中にとどまること。重力に逆らっているようにも見えるが、基本的には重力以外の他の力によって支えられている。単に浮いている場合には、空中浮遊(くうちゅうふゆう)とも呼ばれる。 また、物体が空中で移動している状態は、飛行(ひこう)と呼ばれる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと空中浮揚 · 続きを見る »

笹本祐一

笹本 祐一(ささもと ゆういち、1963年2月18日 - )は日本のSF作家、シナリオライター。工学院大学中退。主にSF作品を中心に執筆。東京都出身。現在は札幌市在住。 1984年、『妖精作戦』にて、朝日ソノラマより小説家デビュー。大ヒットシリーズ『ARIEL』で一躍有名に。 1999年、『星のパイロット2 彗星狩り』で第30回星雲賞日本長編部門を受賞。ライト的なキャラクターと、硬派なSFが混じり合った独特の作風で人気を集める。近年は航空宇宙の分野を舞台にしたハードSF作品を多数執筆。 自身を「現役最古のラノベ作家」と称している。 ロケット好きの人物としても有名で、宇宙作家クラブの中心的メンバーとして活動、近年の国内で行われるロケット打ち上げのほとんどを見ている。ロケット好きになり始める頃の著作から明らかに航空宇宙の作品が増加しており、ロケットの打ち上げ取材日記『宇宙へのパスポート』シリーズを刊行している。なお、『宇宙へのパスポート』シリーズの1巻〜3巻それぞれで、星雲賞ノンフィクション部門を受賞している。 2003年12月5日にNHK教育の番組『視点・論点』にSF作家としては小松左京以来の出演を果たしたが、そのテーマも「幻の日本有人宇宙計画」というものであった。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと笹本祐一 · 続きを見る »

メの翼。揚力を発生させる構造を見ることが出来る 翼(つばさ)は、鳥や航空機などの飛翔体が備え、空気中での飛行のために使用される構造。さらに広義の用法もある。文脈によっては「ヨク」とも読む。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと翼 · 続きを見る »

翼型

翼型(よくがた、airfoil, aerofoil, wing section, etc)は、翼の断面形状のこと。揚力や抗力の発生と密接な関係があり、この形状が翼の性能を大きく左右する。翼形と表記されることもある牧野光雄 『航空力学の基礎 第2版』 産業図書、1989年。ISBN 4782840705が非常にまれ。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと翼型 · 続きを見る »

絵物語

絵物語(えものがたり)とは挿絵の比率が非常に高い小説。あるいは紙芝居を本に移植したもの、もしくは絵本の文章量が増えたもの、漫画の絵と文が分離したものとも言える。これらとのジャンルの境界は極めて曖昧で、同じ作品が連載中に絵物語から漫画へ、あるいはその逆の形式になることも少なくない。 絵物語という言葉は岡本一平の『珍助絵物語』(『良友』、大正6年)や、『小学生全集』の「漫画絵物語」(文藝春秋社、昭和4年)などの使用例があるが、戦争期には検閲に対する印象を良くするため「漫画」でなく「絵物語」を使用した例もある。 第二次大戦前後に特に流行し、。。ほとんどの場合に絵と文は同じ作家が担当し、挿絵部分にふきだしの描かれたものもあるため、漫画の一種とされることもある。 その発祥は紙芝居作家の山川惣治に雑誌『少年倶楽部』の編集者が「誌上紙芝居」という形式の読み物を提案、一人で読む紙芝居として山川がおおまかなかたちを執筆したものが最初とされている。明確な形で確認出来る最初の作品は1930年代のものである(『少年倶楽部』昭和14年7月号 誌上紙芝居「宣撫の勇士」)。 絵物語作家は、紙芝居作家、イラストレーター、アニメーター、漫画家でもあることが多い。代表的な作家としては、山川惣治や小松崎茂が挙げられる。日本の漫画表現の基礎をつくった手塚治虫や、アニメ作家の宮崎駿も絵物語形式の作品を残している。 絵物語の黄金時代は昭和20年代という短い期間ではあったが、昭和30年代に登場する「劇画」に影響を与えたともされる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと絵物語 · 続きを見る »

特命武装検事・黒木豹介

『特命武装検事・黒木豹介』(とくめいぶそうけんじ・くろきひょうすけ)は、門田泰明の代表作であるアクション小説シリーズ。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと特命武装検事・黒木豹介 · 続きを見る »

鎌池和馬

鎌池 和馬(かまち かずま)は、日本のライトノベル作家。男性竹宮ゆゆこが「会う前から絶対男の人だと確信していた」と語っているほか、他のインタビューや対談などでも鎌池を指して「男」と表記する場面が多数ある。。愛称は「かまちー」。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと鎌池和馬 · 続きを見る »

超音速攻撃ヘリ エアーウルフ

『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』(ちょうおんそくこうげきヘリ エアーウルフ、『AIRWOLF』)はアメリカ合衆国のテレビドラマ。アメリカではCBSで1984年1月22日から1986年5月29日まで全55話が放送された。「エアーウルフ」とは作中に登場する攻撃ヘリコプターの名前。 日本では1986年9月26日に日本テレビ系『金曜ロードショー』で『エアーウルフ 砂漠の空を制圧、ジェット機774区間を撃破する超音速攻撃ヘリ』のタイトルでパイロット版が放送され、その後、同年10月26日から1987年10月28日にわたってテレビシリーズが放送、その間にスペシャル版として金曜ロードショーで1987年3月20日に『激闘ハイテク空中戦』のタイトルでシーズン2の2作品を2時間に編集し、放送された。放送時間帯は、1987年3月までは毎週日曜22:30 - 23:25(この時期はローカルセールス扱いのため一部系列局では未放映)、1987年4月以降は水曜21:00 - 21:54(原則として全国ネット)。 本項では続編の『新エアーウルフ 復讐編』についても扱う。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと超音速攻撃ヘリ エアーウルフ · 続きを見る »

超時空騎団サザンクロス

『超時空騎団サザンクロス』(ちょうじくうきだんサザンクロス)は、1984年4月15日から同年9月30日まで、毎日放送を製作局として、TBS系列ほかで放送されたテレビアニメ。放送時間は、毎週日曜14:00 ‐14:30(JST)。全23話。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと超時空騎団サザンクロス · 続きを見る »

門田泰明

泰明(かどた やすあき、1940年 - )は、日本の小説家。 代表作は「特命武装検事・黒木豹介」シリーズ(通称「黒豹シリーズ」)。 大阪府生まれ。幼くして父を戦争でなくし、祖父母に育てられた。堀辰雄に心酔して純文学を目指し、多田裕計に師事して修行する。大学卒業後、企業に就職。大学の同人誌には吉村昭論などを書いた。のち多田から大衆小説への転向を示唆され、1979年『小説宝石』に「闇の総理を撃て」を発表し、大衆作家としてデビューする。 ダイナミックで迫力のある文章を書き(宇宙空間での射撃など、故意に科学的常識を無視してしまっているところもある)、大人から学生まで、幅広い人気を得ているベストセラー作家。現代小説には珍しく、日本刀を用いた剣劇シーンが多く、その迫力あふれる文章表現から、本人も剣術・剣道の経験者であると言われている。近年では得意の剣劇描写を生かして、時代小説も多数執筆している。 また肉親を次々と癌で失った経験から、医療関係に題材を取った小説も多い。 中条省平が「小説家になる!2」(2001)の中で門田の「文学的表現」を批判し、反面教師的作家として取り上げた。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと門田泰明 · 続きを見る »

Ka-22 (航空機)

モフ Ka-22(Vintokryl)(キリル:Камов Ка-22 Винтокрыл)(NATOコードネーム:フープ、"Hoop")は、ソ連空軍向けにカモフにより開発された回転翼機(複合ヘリコプター)である。この実験的な固定翼付き回転翼輸送機は、垂直離着陸できるヘリコプターと巡航飛行時には固定翼機としての能力を併せ持っていた。Ka-22の搭載量は大きく、アントノフ An-12と比肩しうる大きさの貨物を運ぶことが出来た。高度と速度でこのクラスの8つの世界記録を樹立したが、この記録はどれも現在でも破られていない。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとKa-22 (航空機) · 続きを見る »

SH-60 シーホーク

SH-60 シーホーク(SH-60 Seahawk)は、シコルスキー・エアクラフト社製、アメリカ海軍などで使用されている汎用ヘリコプターである。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとSH-60 シーホーク · 続きを見る »

V-22 (航空機)

Bell Boeing V-22 Ospreyは、アメリカ合衆国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した航空機(垂直離着陸機)である。 愛称のオスプレイ(Ospreyアメリカ英語発音: アースプレイ、 アースプリイギリス英語発音: オスプレイ)とは、タカ目の猛禽類の一種である「ミサゴ」を意味する。 2012年以降のV-107(CH-46)の退役後を担う機体である。新たにヘリコプターの垂直離着陸能力を持ちながら長距離飛行移動が可能であり、速度約2倍、航続距離約5.6倍、行動半径4倍、輸送兵員数2倍、飛行高度約3.5倍、物資積載量約3倍などの性能を活用して国内外の被災地救助の物資輸送にも役立っているhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160503/plt1605031025001-n1.htm。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとV-22 (航空機) · 続きを見る »

X-49 (航空機)

X-49は、アメリカ陸軍とパイアセッキ・エアクラフト社が試験している複合ヘリコプター。2007年初飛行。.

新しい!!: 複合ヘリコプターとX-49 (航空機) · 続きを見る »

推進式 (航空機)

推進式(すいしんしき、またはプッシャー式、Pusher configuration)とは、航空機においてプロペラが機体後部に設置されている形式のことで、プロペラの回転によって生ずる空気の流れは機体を"押し出す"形になる。これに対して牽引式(トラクター式、Tractor configuration)では、プロペラが機体前部に設置されるため機体を"引っ張る"形になる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと推進式 (航空機) · 続きを見る »

攻撃ヘリコプター

攻撃ヘリコプター(こうげきヘリコプター、Attack Helicopter)は、武器を搭載し、対地攻撃を主任務とする軍用のヘリコプターである。 防衛省および自衛隊においては、日本国憲法第9条との兼ね合いから「攻撃」という表現が避けられる傾向にあるため、陸上自衛隊では装備するAH-1Sを対戦車ヘリコプター、AH-64Dを戦闘ヘリコプターと呼んでいる。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと攻撃ヘリコプター · 続きを見る »

怪獣総進撃

『怪獣総進撃』(かいじゅうそうしんげき)は、1968年(昭和43年)8月1日に封切り公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第9作。製作、配給は東宝。カラー、シネマスコープこの年から「シネマスコープ」呼称が版権解除され、これ以前の「東宝スコープ」呼称から「シネマスコープ」表記に変わった。。上映時間は89分。 初回興行時の観客動員数は258万人。ゴジラをはじめとする多数の東宝怪獣を集結させた作品。併映は『海底軍艦』(短縮版)、『海ひこ山ひこ』。.

新しい!!: 複合ヘリコプターと怪獣総進撃 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »