ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

藩王国

索引 藩王国

藩王国(はんおうこく、英語:princely state, native state, Indian state)とは、イギリスが植民地統治していた時代のインド(現在のインド・パキスタン・バングラデシュ、およびミャンマーを含むインド帝国)において、イギリスの従属下で一定の支配権を認められていた藩王(prince)の領国のことである。「土侯国」とも訳される。 ネパール王国とブータン王国はそれぞれグルカ戦争とブータン戦争の結果イギリスの保護国とはなったものの、藩王国としては扱われていない。.

92 関係: 失権の原理ナワーブミャンマーマハーラージャマラーター王国マールワール王国マイソール王国チャイントンネ・ウィンネパール王国バハーワルプルバラトプル王国バルーチスターンバンガナパッレバングラデシュバーンスワーラーポロ作戦ポールバンダルムドールムガル帝国ムスリムメーワール王国ラームプルラージャボーンスレー家 (ナーグプル)ボーパール藩王国トラヴァンコール王国ブーンディーブータンブータン戦争プドゥコーッタイ藩王国パティヤーラーパキスタンヒンドゥー教徒ビルマ式社会主義ビルマ共産党ビーカーネール王国デーワースニザームニザーム王国ホールカル家ダルハウジー伯爵ダール (インド)分割統治アワド太守アンベール王国アウラングゼーブアジャイガルインドインドの総督...インド大反乱インド・パキスタン分離独立イギリスイギリス領インド帝国イギリス東インド会社オールチャーカチン州カルヌールカレン州カプールタラーカシミールカシミール紛争ガルワール王国ガーイクワード家クリシュナ・ラージャ4世クーチ・ビハール王国クーデターグルカ戦争コーチン王国コダグ王国シャン州シンディア家シンド州ジャンムー・カシュミール藩王国ジャーンシージャイサルメール王国ジュナーガドジェイムズ・ラムゼイタンジャーヴール・マラーター王国サヤージー・ラーオ・ガーイクワード3世サンバルプルサヴァヌール傀儡政権内政不干渉の原則英語植民地18世紀1947年1948年1962年8月15日 インデックスを展開 (42 もっと) »

失権の原理

失権の原理(しっけんのげんり、英語:Doctrine of lapse)は、イギリス統治時代、インド諸藩王国に適用された養子による相続を認めない無嗣改易による併合政策。.

新しい!!: 藩王国と失権の原理 · 続きを見る »

ナワーブ

ナワーブ (Nawab)は、インドにおける称号の一つ。アラビア語を起源とする語で、「代官」を意味し、太守とも訳される。女性の場合ナワーブ・ベーグム(Nawab Begum)となる。.

新しい!!: 藩王国とナワーブ · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。.

新しい!!: 藩王国とミャンマー · 続きを見る »

マハーラージャ

マハーラージャあるいはマハーラージャー(महाराज、Mahārāja、Maharajah)は、「偉大な王」、「高位の王」を意味するサンスクリット語の称号。 女性形はマハーラーニー(Mahārājñī、Maharanee)で、マハーラージャの妻、ないし、女性が君主となる習慣がある地域では自らがマハーラージャに相当する地位にある女性、を意味する。マハーラージャの未亡人はラージマータ(Rajmata:王太后に相当)と呼ばれる。 「マハーラージ (Maharaj)」という言葉は、高貴な職位、ないし、宗教上の職位を意味するが、ヒンディー語では接尾辞「a」が黙字となるため、このふたつの言葉はほぼ同じ発音になる。 日本語では「マハラジャ」とも音写され、特に派生的な用例ではこの表記が一般的であるが、学術書などでは長音を考慮して「マハーラージャ」と表記されることが多い。.

新しい!!: 藩王国とマハーラージャ · 続きを見る »

マラーター王国

マラーター王国(マラーターおうこく、マラーティー語:मराठा साम्राज्य(Marāṭhā Sāmrājya, マラーター・サームラージヤ), 英語:Maratha Empire)は、インド、デカン地方に存在したヒンドゥー王朝(1674年 - 1849年)。首都はラーイガド、シェンジ、サーターラー。 マラーター同盟の中心となった国家でもある。なお、しばしばマラーター王国はマラーター同盟と同一視されることもあるが、ここでは王国のみに関して説明している。 中世のデカン地方に勃興した新興カースト・マラーターは、17世紀後半に卓越した指導者シヴァージーに率いられて諸勢力と戦い、1674年にマラーター王(チャトラパティ)を宣し、マラーター王国を創始した。 その後、1680年にシヴァージーが死亡すると、サンバージーが王位を継承したが、ムガル帝国のアウラングゼーブの軍勢に圧されて不利となったが、王国はその没年までに勢力を回復した。 1708年、マラーター同盟が結成されたのち、王国の実権を握った三人の宰相(ペーシュワー)バーラージー・ヴィシュヴァナート、バージー・ラーオ、バーラージー・バージー・ラーオのもと王国を中心に勢力を広げた。1761年に第三次パーニーパットの戦いで同盟軍がアフガン軍に敗北すると、王国宰相を中心とした同盟の体制は崩れた。 マラーター王国はその後、マーダヴ・ラーオの下でニザーム王国やマイソール王国をとの争いにも負けずに勢力を回復した。だが、宰相位をめぐる争いから、宰相の権力は家臣へと移った。 1818年、イギリスとの3次にわたるマラーター戦争の結果、マラーター王国はサーターラー藩王国として存続を許されたものの、1848年の藩王シャハージーの死を以て廃絶された。.

新しい!!: 藩王国とマラーター王国 · 続きを見る »

マールワール王国

マールワール王国(マールワールおうこく、ヒンディー語:मारवाड़、英語:Marwar Kingdom)は、インドのラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝(13世紀 - 1947年)。軍事保護条約締結後はジョードプル藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国とマールワール王国 · 続きを見る »

マイソール王国

マイソール王国(マイソールおうこく、Kingdom of Mysore, ಮೈಸೂರು ಸಾಮ್ರಾಜ್ಯ)は、14世紀末から20世紀中頃にかけて、南インド、現在のカルナータカ州のマイソール地方に存在したヒンドゥー王朝(一時イスラーム王朝)(1339年 - 1947年)。首都はマイソール(現マイスール)とシュリーランガパトナ。 マイソールを首都においたためこの名がある。その歴史の多くをヒンドゥーのオデヤ朝(ಒಡೆಯರ್ Wodiyar)が治め、1760年以降にムスリム支配におかれ、1799年よりイギリス東インド会社(後にイギリス領インド帝国)の支配下となり、オデヤ家に戻り、マイソール藩王国と呼ばれた。 マイソール王国の王家であるオデヤ家は、14世紀末頃から現カルナータカ地方に存在し、ヴィジャヤナガル王国の領土拡大にともないその臣下となり、その封建国として存続した。しかし、1565年、ヴィジャヤナガル王国がターリコータの戦いにおいて敗北した後、しだいに独立の動きを見せ、事実上半独立の立場をとった。 1610年、ヴィジャヤナガル王ヴェンカタ2世の治世、ラージャ・オデヤ1世はヴィジャヤナガル王国からマイソール王国の独立を宣言して、首都をマイソールからその近郊のシュリーランガパトナに遷都した。 18世紀後半、王国のムスリム軍人ハイダル・アリーとその息子ティプー・スルターンが政権を握り、王権は傀儡化した。また、彼ら2人が主導したマイソール戦争はおよそ30年続いたが、結果的に敗れ、マイソール王国はイギリスに従属する藩王国となった。 イギリス領インド帝国の支配下で間接支配のもと、藩王家はインド独立までこの地域を治めていた。その間、名君クリシュナ・ラージャ4世の統治により、藩王国は近代国家並みに繁栄した。.

新しい!!: 藩王国とマイソール王国 · 続きを見る »

チャイントン

チャイントン(ကျိုင်းတုံ; Kyaingtong) は、ミャンマー・シャン州東部の都市である。ケントゥン(Kengtung)、チェントゥン(เชิยงตุง; Chiang tung)とも表記される。.

新しい!!: 藩王国とチャイントン · 続きを見る »

ネ・ウィン

ネ・ウィン(、1910年5月14日 - 2002年12月5日)は、ビルマ(現在のミャンマー)の軍人、政治家。本名はシュ・マウン。独立運動の功労者であり、独立後、軍最高司令官、連邦革命評議会議長、大統領、ビルマ社会主義計画党 (BSPP) 議長を務めたが独裁者として非難された。日本名は高杉晋。.

新しい!!: 藩王国とネ・ウィン · 続きを見る »

ネパール王国

ネパール王国(नेपाल अधिराज्य 、英語:Kingdom of Nepal)は、1768年12月21日から 2008年5月28日まで続いたネパールの王国。ネパールの王政時代全般を指す。前身はゴルカ王国。 1816年、イギリスにグルカ戦争で敗北したことにより、その保護国となったが、1923年に独立した。 1846年には宰相のラナ家に実権を奪われるが、1951年に王政復古で実権を取り戻し、立憲君主国となった。.

新しい!!: 藩王国とネパール王国 · 続きを見る »

バハーワルプル

バハーワルプル()は、パキスタンのパンジャーブ州の都市である。バハーワルプル県の県都である。2012年の人口は約122万人。.

新しい!!: 藩王国とバハーワルプル · 続きを見る »

バラトプル王国

バラトプル王国(バラトプルおうこく、ヒンディー語:भरतपुर, 英語:Bharatpur State)は、北インドのバラトプル地方に存在したヒンドゥー王朝(1722年 - 1947年)。首都はディーグ、バラトプル。1805年以降はバラトプル藩王国となる。 王国の首都はディーグであったが、1733年にスーラジ・マルがバラトプルを自身の拠点とすると、バラトプルに遷都された。.

新しい!!: 藩王国とバラトプル王国 · 続きを見る »

バルーチスターン

バルーチスタン(桃色) バルーチスターン(Baluchistan、بلوچستان)とは、現パキスタンの西南(バローチスターン州)、イラン東南(スィースターン・バルーチェスターン州)、アフガニスタン南部にまたがる地方。バローチスターン(Balochistan)とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国とバルーチスターン · 続きを見る »

バンガナパッレ

バンガナパッレ(テルグ語:బనగానపల్లె、英語:Banganapalle)は、インドのアーンドラ・プラデーシュ州、カルヌール県の都市。バンガナパッリ(Banganapalli)とも呼ばれる。マンゴーの産地としても有名である。.

新しい!!: 藩王国とバンガナパッレ · 続きを見る »

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。.

新しい!!: 藩王国とバングラデシュ · 続きを見る »

バーンスワーラー

バーンスワーラー(ヒンディー語:बांसवाडा、英語:Banswara)は、インドのラージャスターン州、バーンスワーラー県の都市。.

新しい!!: 藩王国とバーンスワーラー · 続きを見る »

ポロ作戦

ポロ作戦(ポロさくせん、英語:Operation Polo)は、1948年9月13日から同月18日にかけて、インド政府による併合を目的としたニザーム藩王国(ハイダラーバード藩王国)に対する軍事作戦(あるいは軍事侵攻)のことである。 ポロ作戦はコードネームであり、ハイダラーバード併合、ハイダラーバード侵攻とも呼ばれる。インド軍はあくまで作戦を警察行動として扱ったが、実際は軍事行動であった。 この併合はジャンムー・カシュミール藩王国の帰属をめぐり発生したカシュミール紛争と同様に、こちらも藩王国の帰属をめぐる問題であった。この作戦により、1724年以降続いてきたニザームによる統治の歴史は幕を閉じた。.

新しい!!: 藩王国とポロ作戦 · 続きを見る »

ポールバンダル

ポールバンダル(英語:Porbandar)は、インドのグジャラート州、ポールバンダル県の都市。.

新しい!!: 藩王国とポールバンダル · 続きを見る »

ムドール

ムドール(カンナダ語:ಮುಧೋಳ、英語:Mudhol)は、インドのカルナータカ州、バガルコート県の都市に存在する町。.

新しい!!: 藩王国とムドール · 続きを見る »

ムガル帝国

ムガル帝国(ムガルていこく、شاهان مغول、Mughal Empire)は、16世紀初頭から北インド、17世紀末から18世紀初頭にはインド南端部を除くインド亜大陸を支配し、19世紀後半まで存続したトルコ系イスラーム王朝(1526年 - 1858年)。ムガル朝(Mughal dynasty)とも呼ばれる。首都はデリー、アーグラなど。.

新しい!!: 藩王国とムガル帝国 · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: 藩王国とムスリム · 続きを見る »

メーワール王国

メーワール王国(メーワールおうこく、ヒンディー語:उदयपुर、英語:Mewar Kingdom)は、インドのラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝(8世紀 - 1947年)。ウダイプル藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国とメーワール王国 · 続きを見る »

ラームプル

ラームプル(ヒンディー語:रामपुर、رام پور、Rampur)は、インドのウッタル・プラデーシュ州、ラームプル県の都市。.

新しい!!: 藩王国とラームプル · 続きを見る »

ラージャ

ラージャあるいはラージャー(Raja, Rajah, 羅闍)とは、サンスクリット語の語彙で、君主号または貴族の称号のことである。強大な権勢を持つラージャは、「マハーラージャ(Maharaja)」という。日本語に訳せば「王」・意訳して「豪族」の意味。インドのみでなくその影響を強く受けたヒンドゥー教時代の東南アジアにも伝播し、王または王族・貴族の称号として定着した。日本では閻魔大王が、閻魔羅闍と訳されたことがある。.

新しい!!: 藩王国とラージャ · 続きを見る »

ボーンスレー家 (ナーグプル)

ナーグプルのボーンスレー家(マラーティー語:भोंसले, 英語:Bhonsle)は、東中央インド(ゴンドワナ)、ベンガル、オリッサを支配したマラーター同盟の諸侯(サルダール、)。1818年以降はナーグプル藩王国。首都はナーグプル。.

新しい!!: 藩王国とボーンスレー家 (ナーグプル) · 続きを見る »

ボーパール藩王国

#リダイレクトボーパール.

新しい!!: 藩王国とボーパール藩王国 · 続きを見る »

トラヴァンコール王国

トラヴァンコール王国(トラヴァンコールおうこく、英語:Kingdom of Travancore)は、18世紀初頭から20世紀半ばにかけて、南インドのケーララ地方南部に存在したヒンドゥー王朝(1729年 - 1947年)。首都はパドマナーバプラム、トリヴァンドラム(現ティルヴァナンタプラム)。.

新しい!!: 藩王国とトラヴァンコール王国 · 続きを見る »

ブーンディー

ブーンディー(ヒンディー語:बूँदी, 英語:Bundi)は、インドのラージャスターン州、ブーンディー県の都市。かつてブーンディー王国及びブーンディー藩王国の首都であった。.

新しい!!: 藩王国とブーンディー · 続きを見る »

ブータン

ブータン王国(ブータンおうこく、)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。 国旗はその模様が複雑で、竜のうろこが細かく描かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ。 長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国際連合加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用した。.

新しい!!: 藩王国とブータン · 続きを見る »

ブータン戦争

ブータン戦争(ブータンせんそう、Bhutan War、またはドゥアール戦争)は、1864年から1865年にかけて、イギリス領インド帝国とブータンの間で行われた戦闘であるブータン(2008,225)。この5ヶ月間の戦闘の結果、シンチュラ条約によりブータンはアッサム、ベンガル、ドゥアールに領していた7,122平方キロメートルの領土とアンバリ・ファラカタ、テスタ川西岸地域を喪失した。.

新しい!!: 藩王国とブータン戦争 · 続きを見る »

プドゥコーッタイ藩王国

#リダイレクトプドゥコーッタイ.

新しい!!: 藩王国とプドゥコーッタイ藩王国 · 続きを見る »

パティヤーラー

パティヤーラー(Patiala, पतियाला, ਪਟਿਆਲਾ)は、インド北部の都市。 パンジャーブ州に属し、パティヤーラー県の県都である。人口は約30万人(2001年)。 パティアーラーとも呼ばれる。18世紀、パティヤーラーの都として建てられ、同名の藩王国の首都でもあった。.

新しい!!: 藩王国とパティヤーラー · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: 藩王国とパキスタン · 続きを見る »

ヒンドゥー教徒

ヒンドゥー教徒とは、ヒンドゥー教に関して文化的、民族的、または宗教的に従う人を指す。歴史的には、インド亜大陸の人々を地理的、文化的、そして後には宗教的に識別するために使用されてきた。 ヒンドゥーという言葉の歴史的意味は時とともに進化してきた。ペルシャとギリシャが西暦前1千年のインダス地域に言及したことから始まった。ヒンドゥーと言う用語は、インド亜大陸のシンドゥ(インダス)川周辺及びそれを超える地域に住んでいる人々を地理的、民族的、また文化的に識別する意味を持つ。16世紀以降は、トルコ人やムスリム以外のインド亜大陸に住む人々のことを指すようになった。.

新しい!!: 藩王国とヒンドゥー教徒 · 続きを見る »

ビルマ式社会主義

ビルマ式社会主義とは、正確には「社会主義へのビルマの道」(မြန်မာ့နည်းမြန်မာ့ဟန် ဆိုရှယ်လစ်စနစ်; Burmese Way to Socialism)と呼ばれ、1960年代から1980年代にかけてビルマ(ミャンマー)で提唱された、社会主義の一潮流である。.

新しい!!: 藩王国とビルマ式社会主義 · 続きを見る »

ビルマ共産党

ビルマ共産党(ビルマきょうさんとう、Communist Party of Burma、CPB、緬共)は、ビルマ最古の政党。最盛期には兵力1万人を擁し、40年に亘ってビルマ政府と抗争したが、1989年に勢力下の少数民族の反乱によって指導部は放逐された。しかし、40年に亘って独立状態を保った統治機構は、そのまま少数民族の地方政権に引き継がれ、現在に至っている。.

新しい!!: 藩王国とビルマ共産党 · 続きを見る »

ビーカーネール王国

#リダイレクトビーカーネール.

新しい!!: 藩王国とビーカーネール王国 · 続きを見る »

デーワース

デーワース(マラーティー語:देवास、Dewas)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州、ボーパール県の都市。.

新しい!!: 藩王国とデーワース · 続きを見る »

ニザーム

ニザーム(Nizam)は、インド・デカン地方に存在したニザーム王国(ハイダラーバード王国)の支配者の称号(君主号)。もともとはアラビア語であったが、16世紀からウルドゥー語にも用いられるようになった。.

新しい!!: 藩王国とニザーム · 続きを見る »

ニザーム王国

ニザーム王国(ニザームおうこく、英語:Nizam of Hyderabad/Nizam Dominion)あるいはハイダラーバード王国(हैदराबाद स्टेट、حیدرآباد、حیدرآباد、హైదరాబాద్ రాష్ట్రం、 Haiderabad State)は、インド、デカン地方に存在したイスラーム王朝(1724年 - 1948年)。 首都はアウランガーバード、ハイダラーバード。 1724年、ニザーム王国はムガル帝国の宰相カマルッディーン・ハーンにより創始され、歴代の君主は帝国から与えられた「ニザーム」の称号を名乗り、 1798年以降は藩王国化したことでニザーム藩王国あるいはハイダラーバード藩王国となった。 イギリス植民地下においてはマイソール藩王国やジャンムー・カシュミール藩王国同様に広大な領土を持つ藩王国であり、ニザーム藩王国の領土面積はインド最大であった。また、イギリスが定めた藩王国の序列の筆頭に位置づけられ、藩王を迎える際の礼砲の発数は、独立国家の元首に準じた「21発」と規定されていた。.

新しい!!: 藩王国とニザーム王国 · 続きを見る »

ホールカル家

ホールカル家(ホールカルけ、マラーティー語:होळकर घराणे, 英語:Holkar)は、中央インド(マールワー)およびラージャスターン地方を支配したマラーター同盟の諸侯(サルダール)。1818年以降はインドール藩王国となる。首都はインドール、マヘーシュワル、バーンプラ。.

新しい!!: 藩王国とホールカル家 · 続きを見る »

ダルハウジー伯爵

ダルハウジー伯爵(Earl of Dalhousie)は、スコットランド貴族の伯爵位。 第2代ラムゼイ卿が1633年に叙されたのに始まる。10代伯ジェイムズ・ブラウン=ラムゼイの代の1849年には連合王国貴族ダルハウジー侯爵に叙せられているが、彼一代で廃絶している。2016年現在の当主は17代伯である。 ダルハウジーの他、ダルフージとも表記される。.

新しい!!: 藩王国とダルハウジー伯爵 · 続きを見る »

ダール (インド)

ダール(ヒンディー語:धार、英語:Dhar)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州、ダール県の都市。インドールの西約58キロメートルに位置し、人口約36,000人(1971年時点)。サトウキビ、トウモロコシなどの集散地で、産業は紡織関連が行われている。ブリヂストンの関連会社もある。.

新しい!!: 藩王国とダール (インド) · 続きを見る »

分割統治

分割統治(ぶんかつとうち、英語:Divide and conquer、ラテン語:Divide et impera)とは、ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。分断統治とも。被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる。統治者が被統治者間の人種、言語、階層、宗教、イデオロギー、地理的、経済的利害などに基づく対立、抗争を助長して、後者の連帯性を弱め、自己の支配に有利な条件をつくりだすことをねらいとし、植民地経営などに利用された。.

新しい!!: 藩王国と分割統治 · 続きを見る »

アワド太守

アワド太守(アワドたいしゅ、ヒンディー語:अवध के नवाब, ペルシア語:حکومت اود, 英語:Nawab of Awadh/Oudh)とは、ムガル帝国の北インド、アワド地方(現在のガンジス川中流域、現ウッタル・プラデーシュ州東部を指す)の地方長官、つまり太守(ナワーブ)のことである。1801年以降はアワド藩王国となる。首府はファイザーバード、ラクナウ。.

新しい!!: 藩王国とアワド太守 · 続きを見る »

アンベール王国

アンベール王国(アンベールおうこく、ヒンディー語:जयपुर、英語:Amber Kingdom)は、インドのラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝(11世紀 - 1947年)。 ジャイプル藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国とアンベール王国 · 続きを見る »

アウラングゼーブ

アウラングゼーブ(اورنگزیب, Aurangzēb, 1618年11月3日 - 1707年3月3日)は、北インド、ムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 - 1707年)。アーラムギール(Ālamgīr)またはアーラムギール1世(Ālamgīr I)とも称される。第5代君主シャー・ジャハーンの三男。母はムムターズ・マハル。 アウラングゼーブは若いころ、デカン地方の総督(スーバダール)として派遣され、自身の名を冠した都市アウランガーバードを拠点に、ビジャープル王国やゴールコンダ王国に対して軍事活動を展開した。その過程でミール・ジュムラーといった優れた武将を味方に付けた。 1657年、父シャー・ジャハーンが重病に陥ると、兄ダーラー・シコー、シャー・シュジャー、弟のムラード・バフシュと皇位継承戦争で争い、1658年に帝位を継承した。その後、兄弟3人を直接的・間接的に殺害し、父帝はアーグラ城へと幽閉した。 アウラングゼーブの治世は実に49年の長きに渡り、その治世の前半は、曾祖父アクバル以来の繁栄が続いた。アウラングゼーブは若年から厳格なスンナ派の信者であり、ムガル帝国の宗教政策を変えて帝国をシャリーアで統治しようとしたが、その反面ではアクバル以来の融和路線に反する厳しい宗教政策によって、ラージプートなど異教徒の離反を招いた。特にデカン地方にヒンドゥーの復興を掲げたマラーターの指導者シヴァージーの抵抗には苦慮し、長く辛酸を舐めることとなった。 1681年以降、アウラングゼーブはデカンに大挙南下し、ビジャープル王国、ゴールコンダ王国を滅ぼし、さらにはマラーター王国を南に押し返した。だが、マラーターのゲリラ戦や重税に苦しむ諸地方の反乱、帝室における混乱といった様々な問題に悩まされ、その晩年は悲惨なものとなった。 1707年にアウラングゼーブは死亡し、その死までに帝国の領土は最大となったが、 彼の死を契機に帝国は衰退・崩壊した。.

新しい!!: 藩王国とアウラングゼーブ · 続きを見る »

アジャイガル

アジャイガル(ヒンディー語:अजैगढ、Ajaigarh)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州、パンナー県の都市。.

新しい!!: 藩王国とアジャイガル · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 藩王国とインド · 続きを見る »

インドの総督

インド総督(インドそうとく、Governor-General of India)は、イギリス政府(1858年まではイギリス東インド会社)が植民地インドに置いていた総督である。.

新しい!!: 藩王国とインドの総督 · 続きを見る »

インド大反乱

インド大反乱(インドだいはんらん、Indian Rebellion)は、1857年から1859年の間にインドで起きたイギリスの植民地支配に対する民族的抵抗運動、反乱のことである。 かつては「シパーヒーの乱」、「セポイの反乱」、「セポイの乱」と呼ばれたが、反乱参加者の出身・身分が多岐にわたり、インド社会全体に広がっていた事から、最近では「インド大反乱」と呼ばれる様になっている。これらはいずれもイギリス側の呼称であり、独立したインド側からは「第一次インド独立戦争」(India's First War of Independence)と呼ばれている(英語での呼称も「Indian Mutiny」、「the Great Rebellion」、「the Revolt of 1857」、「the Indian Insurrection」など複数ある)。。.

新しい!!: 藩王国とインド大反乱 · 続きを見る »

インド・パキスタン分離独立

インド・パキスタン分離独立(インド・パキスタンぶんりどくりつ、Partition of India、ヒンディー語: भारत का विभाजन または हिंदुस्तान का बटवारा 、ヒンドゥスターニー語: 、ウルドゥー語: )、略称として印パ分離(いんぱぶんり)、印パ分断(いんぱぶんだん)などとも、は、1947年8月14日および15日にイギリス領インド帝国が解体し、インド連邦とパキスタン(後にバングラデシュとして独立する飛地の東パキスタンを含む)の二国に分かれて独立したことを指す。における最大の悲劇に数えられる。 この結果、インドとパキスタンの両国が並び立つこととなり、この二者の対立は今日に至るまで続いている(なお、バングラデシュは東パキスタン時代に西から一方的な政治的支配・弾圧を受けた確執や、独立戦争にインドが協力した歴史的経緯から比較的親印感情が強いとされる)。.

新しい!!: 藩王国とインド・パキスタン分離独立 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 藩王国とイギリス · 続きを見る »

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国(イギリスりょうインドていこく)は、1858年にイギリスがインドに成立させたインド帝国(英語:Indian Empire)を指す。1877年以降はイギリスの君主がインド皇帝を兼ねる同君連合の形式が取られたが、事実上イギリスの植民地であった。英領インド・英印とも呼ばれる。またイギリスによる統治を指してヒンディー語で「」(英語ではBritish Raj)と呼ぶ。 その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。.

新しい!!: 藩王国とイギリス領インド帝国 · 続きを見る »

イギリス東インド会社

ユニオンジャックとなる イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。 当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。.

新しい!!: 藩王国とイギリス東インド会社 · 続きを見る »

オールチャー

ールチャー(ヒンディー語:ओरछा、英語:Orchha)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州、ティカムガル県の都市。人口は1万1511人(2011年)。16世紀から18世紀末まで、ヒンドゥー教であるラージプート族のオールチャー王国(バンデラ王国)の首都であった。.

新しい!!: 藩王国とオールチャー · 続きを見る »

カチン州

チン州(カチンしゅう)はミャンマーの行政区画である。.

新しい!!: 藩王国とカチン州 · 続きを見る »

カルヌール

ルヌール(テルグ語:కర్నూలు、英語:Kurnool/Karnur)は、南インドのアーンドラ・プラデーシュ州、カルヌール県の都市。カルヌール県の県庁所在地でもある。.

新しい!!: 藩王国とカルヌール · 続きを見る »

カレン州

レン州(カレンしゅう、ကရင်ပြည်နယ်)はミャンマーの州である。 カレン州 は旧称で、現在の州名はカイン州 である。ビルマがミャンマーと改名されたのと同じ1989年に改名された。 州都は。.

新しい!!: 藩王国とカレン州 · 続きを見る »

カプールタラー

プールタラー(パンジャービー語:ਕਪੂਰਥਲਾ、Kapurthala)は、インドのパンジャーブ州、カプールタラー県の都市。.

新しい!!: 藩王国とカプールタラー · 続きを見る »

カシミール

ミールあるいはカシュミール(کٔشِیر / कॅशीर, Kashmir, کشمیر)は、インド北部とパキスタン北東部の国境付近にひろがる山岳地域である。標高8000m級のカラコルム山脈があり、パキスタンとの国境には世界第2の高峰K2がそびえる。.

新しい!!: 藩王国とカシミール · 続きを見る »

カシミール紛争

ミール地方の地図(赤枠内が旧カシミール藩王国の範囲。緑がパキスタン占領地、橙はインド占領地、斜線部は中国占領地、茶は1963年にパキスタンが中国へ割譲した地域) カシミール紛争(カシミールふんそう)は、カシミール地方をめぐって、インド共和国、中華人民共和国、およびパキスタン・イスラム共和国の3カ国が領有権を主張する地域紛争である。.

新しい!!: 藩王国とカシミール紛争 · 続きを見る »

ガルワール王国

ルワール王国(ガルワールおうこく、英語:Garhwal Kingdom、ヒンディー語:गढ़वाल राज्य)は、北インドのガルワール地方を支配したヒンドゥー王朝(9世紀 - 1947年)。首都はデーヴァルガル(1500年-1519年)、シュリーナガル(1519年-1804年)、テヘリー(1815年-1862年)、プラタープナガル(1862年-1890年)、キールティナガル(1890年-1925年)、ナレーンドラナガル(1925年-1948年) 1815年4月12日、イギリスと軍事保護条約を締結し藩王国となった。.

新しい!!: 藩王国とガルワール王国 · 続きを見る »

ガーイクワード家

ーイクワード家(ガーイクワードけ、マラーティー語:गायकवाड Gāyǎkǎvāḍǎ, 英語:Gaekwad/Gaikwad)は、西インドのグジャラート地方を支配したマラーター同盟の諸侯(サルダール)。1801年以降はヴァドーダラー藩王国となる。首都はヴァドーダラー。.

新しい!!: 藩王国とガーイクワード家 · 続きを見る »

クリシュナ・ラージャ4世

リシュナ・ラージャ4世(カンナダ語:ನಾಲ್ವಡಿ ಕೃಷ್ಣರಾಜ ಒಡೆಯರು, Krishna Raja IV, 1884年6月4日 - 1940年8月3日)は、南インドのカルナータカ地方、マイソール藩王国の君主(在位:1894年 - 1940年)。ナルヴァディ・クリシュナ・ラージャ(Nalvadi Krishna Raja)とも呼ばれる。 クリシュナ・ラージャ4世の治世は実に45年にも及ぶ長きに渡り、マイソール藩王国を当時のインドにおいてかなり近代的な国家にしたことは、まさしく彼の功績であった。.

新しい!!: 藩王国とクリシュナ・ラージャ4世 · 続きを見る »

クーチ・ビハール王国

ーチ・ビハール王国(クーチ・ビハールおうこく、英語:Cooch Behar Kingdom)は、東インド、クーチ・ビハール地方を支配したヒンドゥー王朝(1586年 - 1947年)。首都はクーチ・ビハール。.

新しい!!: 藩王国とクーチ・ビハール王国 · 続きを見る »

クーデター

ーデター()は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。 フランス語で「国家の一撃」もしくは「国家に対する一撃」を意味し、発音は(ク・デタ) 、(クーデイター)である。日本語では「クーデタ」や「クー・デ・タ」と表記することもある。英語では単に「coup(クー)」と表記されることが多い。 社会制度と支配的なイデオロギーの政治的な転換については革命、統治機構に対する政治的な対抗については反乱、政治的な目的を達成するための計画的な暴力の行使についてはテロリズム、単一国家の国民が階級や民族・宗派などに分かれて戦う武力紛争については内戦をそれぞれ参照されたい。.

新しい!!: 藩王国とクーデター · 続きを見る »

グルカ戦争

ルカ戦争(グルカせんそう、Gurkha War、1814年 - 1816年)は、イギリス東インド会社とネパール王国(ゴルカ朝)との間で行われた戦争。ゴルカ戦争(Gorkha War)、ネパール戦争あるいは英・ネパール戦争(Anglo-Nepalese War)ともいう。国境紛争と領土的野心が原因で起きた。「グルカ」とはゴルカの英語読みである。 なお、18世紀末と19世紀中頃にネパールがチベットとそれを支援する中国の清朝に対して行った戦争もグルカ戦争とぶことがあるが、こちらは清・ネパール戦争(1789年 - 1789年、1791年 - 1792年)、ネパール・チベット戦争(1855年 - 1856年)を参照のこと。.

新しい!!: 藩王国とグルカ戦争 · 続きを見る »

コーチン王国

ーチン王国(コーチンおうこく、マラヤーラム語:കൊച്ചി പെരുമ്പടപ്പ് സ്വരൂപം、英語:Kingdom of Cochin)は、インドのケーララ地方に存在したヒンドゥー王朝(12世紀頃 - 1947年)。コーチン藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国とコーチン王国 · 続きを見る »

コダグ王国

ダグ王国(コダグおうこく、カンナダ語:ಕೊಡಗು ಅರಸರು、英語:Kingdom of Coorg/Kodagu Kingdom)は、南インドのコダグ地方を支配したヒンドゥー王朝(1600年 - 1834年)。首都はハーレーリ、マディケーリ。ハーレーリ王国(Haleri Kingdom ಹಾಲೇರಿ ಅರಸರು)とも呼ばれる。クールグ王国とも呼ばれるがこれは英語読みである。.

新しい!!: 藩王国とコダグ王国 · 続きを見る »

シャン州

ャン州(シャンしゅう)はミャンマーの行政区画である。州都はタウンジー。複数の国と隣接する関係で、多くの自治区、独立紛争を抱える地区を擁する。.

新しい!!: 藩王国とシャン州 · 続きを見る »

シンディア家

ンディア家(マラーティー語:शिंदे घराणे, 英語:Scindia)は、北インドおよびマールワー地方、ラージャスターン地方を支配したマラーター同盟の諸侯。シンデー家(Shinde)とも呼ばれる.

新しい!!: 藩王国とシンディア家 · 続きを見る »

シンド州

ンド州(Sindh)はパキスタン南部の州。人口4237万8千人(2008年推計)、面積140,914km2。パキスタンのアラビア海沿岸部東側、インダス川下流部にあたり、バローチスターン州、パンジャーブ州、およびインドのラージャスターン州、グジャラート州に接する。研究者などはスィンド州と表記することが多い。.

新しい!!: 藩王国とシンド州 · 続きを見る »

ジャンムー・カシュミール藩王国

ャンムー・カシュミール藩王国(ジャンムー・カシュミールはんおうこく、英語:Princely state of Jammu and Kashmir)とは、北西インド、カシュミール地方(現ジャンムー・カシュミール州とアーザード・カシュミール)に存在した、イギリスによって創設されたヒンドゥーの藩王国(1846年 - 1947年)。首都はジャンムー、シュリーナガル。.

新しい!!: 藩王国とジャンムー・カシュミール藩王国 · 続きを見る »

ジャーンシー

ャーンシー(ヒンディー語:झाँसी、英語:Jhansi)は、インドのウッタル・プラデーシュ州、ジャーンシー県の都市。.

新しい!!: 藩王国とジャーンシー · 続きを見る »

ジャイサルメール王国

#リダイレクトジャイサルメール.

新しい!!: 藩王国とジャイサルメール王国 · 続きを見る »

ジュナーガド

ュナーガドの街並み ジュナーガド(グジャラーティー語: જુનાગઢ junāgaḍh、ヒンディー語:जूनागढ़ jūnāgaṛh、英語:Junagadh)は、西インドのグジャラート州、ジュナーガド県の都市。ヒンディー語ではジューナーガル(Junagarh)と発音される。.

新しい!!: 藩王国とジュナーガド · 続きを見る »

ジェイムズ・ラムゼイ

ェイムズ・ラムゼイ(James Ramsay).

新しい!!: 藩王国とジェイムズ・ラムゼイ · 続きを見る »

タンジャーヴール・マラーター王国

タンジャーヴール・マラーター(タンジャーヴール・マラーターおうこく、マラーティー語:तंजावूर मराठा साम्राज्य, タミル語:தஞ்சாவூர் மராத்திய இராச்சியம், 英語:Thanjavur Maratha kingdom)は、南インドのタミル地方に存在したヒンドゥー王朝(1675年/1676年 - 1855年)。首都はタンジャーヴール。マラーター王国の始祖シヴァージーの弟ヴィヤンコージーが建国した王国である。.

新しい!!: 藩王国とタンジャーヴール・マラーター王国 · 続きを見る »

サヤージー・ラーオ・ガーイクワード3世

ヤージー・ラーオ・ガーイクワード3世(マラーティー語:तिसरे सयाजीराव गायकवाड, グジャラーティー語:મહારાજા સયાજીરાવ ગાયકવાડ ત્રીજા, Sayaji Rao Gaekwad III, 1863年3月11日 - 1939年2月6日)は、西インドのグジャラート地方、ガーイクワード家の当主およびヴァドーダラー藩王国の君主(在位:1875年 - 1939年)。.

新しい!!: 藩王国とサヤージー・ラーオ・ガーイクワード3世 · 続きを見る »

サンバルプル

ンバルプル(オリヤー語:ସମ୍ବଲପୁର、英語:Sambalpur) は、インド東部のオリッサ州、の都市。同県の県庁所在地。人口は154,164人 (2001年)。.

新しい!!: 藩王国とサンバルプル · 続きを見る »

サヴァヌール

ヴァヌール(カンナダ語:ಸವಣೂರು、Savanur)は、インドのカルナータカ州、ハーヴェーリ県の都市。.

新しい!!: 藩王国とサヴァヌール · 続きを見る »

傀儡政権

傀儡政権(かいらいせいけん、puppet government)とは、ある領域を統治する政権が、名目上には独立しているが、実態では事実上の支配者である外部の政権・国家によって管理・統制・指揮されている政権を指す。内政も外交も自己決定権が完全ではなく、支配者の利益のために支配者に操作・命令され統治される。傀儡国家(かいらいこっか、puppet state)とも呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国と傀儡政権 · 続きを見る »

内政不干渉の原則

内政不干渉の原則(ないせいふかんしょうのげんそく)とは、国家は国際法に反しない限り、一定の事項について自由に処理することができる権利をもち、逆に他国はその事項に関して干渉してはならない義務があるという、国家主権から導出される原則をさす。そして、こういった国家が自由に処理できる事項のことを、国内管轄事項または国内問題という。.

新しい!!: 藩王国と内政不干渉の原則 · 続きを見る »

藩(はん)は、諸侯が治める領地、およびその統治組織のことである。.

新しい!!: 藩王国と藩 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 藩王国と英語 · 続きを見る »

植民地

植民地(しょくみんち、殖民地とも)とは、国外に移住者が移り住み、当事国政府の支配下にある領土のことで統治領(とうちりょう)とも呼ばれる。 古代史にはフェニキアや古代ギリシアにも見られるが多くは植民元との関係は維持しつつ独立した体制となっており、侵略によって獲得した海外領土の類型は古代ローマに見られる。近年はヴェネチアなどが行った東地中海における植民地経営をそれ以降の植民地支配と連続した流れと考える向きもある。 以下では16世紀に始まるいわゆる「大航海時代」以降ヨーロッパ各国が侵略によって獲得した海外領土を主として扱う。近現代においては、本国政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる法的地位にあり、本国に従属する領土を植民地という。 また、植民地に対して従属させて、それらを所有している本国のことは「宗主国」と呼ばれる。.

新しい!!: 藩王国と植民地 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 藩王国と18世紀 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: 藩王国と1947年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: 藩王国と1948年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: 藩王国と1962年 · 続きを見る »

8月15日

8月15日(はちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から227日目(閏年では228日目)にあたり、年末まであと138日ある。.

新しい!!: 藩王国と8月15日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

インド藩王国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »