ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

航法

索引 航法

航法(こうほう)とは、船舶や航空機、自動車、宇宙機などの移動体において、出発地から経由地、目的地までの航行を導く方法である。.

40 関係: 天体天測航法宇宙機対潜哨戒機座標広域航法地図ミクロネシアマウ・ピアイルックポリネシアポゥダイバートウェイファインディングオメガ航法オートパイロットカーナビゲーションクロノメーター六分儀灯台衛星測位システム計算尺航空士航空交通管制航空管制官航空路航空機航路航海航海士航海術航海計器自動車電波航法通過儀礼LORAN機長戦術航法装置海図方位磁針

天体

天体(てんたい、、)とは、宇宙空間にある物体のことである。宇宙に存在する岩石、ガス、塵などの様々な物質が、重力的に束縛されて凝縮状態になっているものを指す呼称として用いられる。.

新しい!!: 航法と天体 · 続きを見る »

天測航法

六分儀 天測航法(てんそくこうほう、celestial navigation、astronavigation)または天文航法(てんもんこうほう)とは、陸地の見えない外洋で天体を観測することで船舶や航空機の位置を特定する航海術である。数千年に亘って徐々に発達してきた。目に見える天体(太陽、月、惑星、恒星)と水平線(視地平)の角度(仰角、天測航法では「高度角」と呼ぶ)を計測するのが基本である。太陽と水平線から太陽の高度角を計測するのが最も一般的である。熟練した航海士はそれに加えて月や惑星や航海年鑑に座標が出ている57個の恒星を使う。.

新しい!!: 航法と天測航法 · 続きを見る »

宇宙機

宇宙機(うちゅうき、spacecraft)とは、打ち上げロケット (launch vehicle) を用いて大気圏外で使用される人工物のことYahoo!百科事典「宇宙機」新羅一郎、久保園晃 執筆 。.

新しい!!: 航法と宇宙機 · 続きを見る »

対潜哨戒機

対潜哨戒機(たいせんしょうかいき)は対潜水艦戦を重視して設計・装備された航空機。海上哨戒機(MPA:Maritime patrol aircraft)や対潜戦機(ASW:Anti-Submarine Warfare aircraft )とも呼ばれる。 軍用機の命名規則 では哨戒(Patrol)からPが使われる。.

新しい!!: 航法と対潜哨戒機 · 続きを見る »

座標

幾何学において、座標(ざひょう)とは、点の位置を指定するために与えられる数の組 (coordinates)、あるいはその各数 (coordinate) のことであり、その組から点の位置を定める方法を与えるものが座標系(ざひょうけい、coordinate system)である。座標系と座標が与えられれば、点はただ一つに定まる。 座標は点により定まる関数の組であって、一つの空間に複数の座標系が重複して定義されていることがある。例えば、多様体は各点の近くでユークリッド空間と同様の座標系が貼り付けられているが、ほとんどの場合、一つの座標系の座標だけを考えていたのでは全ての点を特定することができない。このような場合は、たくさんの座標系を貼り付けて、重なる部分での読み替えの方法を記した地図帳(アトラス、atlas)を用意することもある。 地球上の位置を表す地理座標や、天体に対して天球上の位置を表す天球座標がある。.

新しい!!: 航法と座標 · 続きを見る »

広域航法

広域航法(こういきこうほう、area navigation)とは航空機の航法の1つであり、機上に自蔵航法装置等を備えることで、従来の無線航法のように航空保安無線施設の位置に左右されることなくルートを設定する航法システムである。とも略される。.

新しい!!: 航法と広域航法 · 続きを見る »

地図

地図(ちず、英:mapブリタニカ百科事典「地図」 マップ、chart チャート)とは、地球表面の一部または全部を縮小あるいは変形し、記号・文字などを用いて表した図。.

新しい!!: 航法と地図 · 続きを見る »

ミクロネシア

ミクロネシア(赤)、ポリネシア(紫)、メラネシア(青) ミクロネシア (Micronesia) は、オセアニアの海洋部の分類の一つ。英語の発音の影響を受け、「マイクロネシア」とすることもある。.

新しい!!: 航法とミクロネシア · 続きを見る »

マウ・ピアイルック

マウ・ピアイルック(他にマウ・ピアイルグ、マウ・ピアイルクとも表記、Pius "Mau" Piailug、1932年 - 2010年7月12日午後6時30分)はミクロネシア連邦のヤップ州に属するサタワル島の住民で、ワリエング流の航法師である。「マウ」は「勇敢な」という意味の通称である。.

新しい!!: 航法とマウ・ピアイルック · 続きを見る »

ポリネシア

右 右 ポリネシア(Polynesia)は、オセアニアの海洋部の分類の一つである。太平洋で、概ねミッドウェー諸島(北西ハワイ諸島内)、アオテアロア(ニュージーランドのマオリ語名)、ラパ・ヌイ(イースター島)を結んだ三角形(ポリネシアン・トライアングル)の中にある諸島の総称で、2017年の人口は約700万人。.

新しい!!: 航法とポリネシア · 続きを見る »

ポゥ

ポゥ(Pwo)とは、ミクロネシア連邦に属する中央カロリン諸島において、この海域の伝統的な航海術の基礎を習得し終えた者に対し行われる通過儀礼、あるいはこの通過儀礼を終えた者の称号である。日本語ではポとも表記される。.

新しい!!: 航法とポゥ · 続きを見る »

ダイバート

ダイバート()とは、航空機の運航において、当初の目的地以外の空港などに着陸すること。ダイバージョン・代替着陸・目的地外着陸とも呼ばれる。旅行業界では、内部文書において慣例的に と表記することもあるが、これは本来とは違う目的地へ向かうという意味から、原語を と勘違いしたための用法である。.

新しい!!: 航法とダイバート · 続きを見る »

ウェイファインディング

ウェイファインディング(Wayfinding) は一般にポリネシア航法とも呼ばれ、広義にはオセアニア諸地域で用いられているGPS、六分儀、羅針盤、海図、クロノメーターなどの機器を用いない航海術のことである。狭義には、1980年にハワイ在住のナイノア・トンプソンが考案・命名した航法技術のことである。スターナヴィゲーションとも呼ばれることもある。 ポリネシア、ミクロネシアの先住民たちは極めて広大な海域に点在する島々で生活していたため、航海カヌーによる遠洋航海を行う必要があったが、その際には陸地が一切見えなくなることも多かった。そこで彼らは天体観測、海流や波浪の観測、生物相の観察、風向の観測などから自らの現在位置と方向を推測する航法技術を発達させた。これが広義の「スター・ナヴィゲーション」である。.

新しい!!: 航法とウェイファインディング · 続きを見る »

オメガ航法

メガ航法(オメガこうほう)は、地上系の電波航法システムの一つ。かつて船舶や航空機で利用されていた。オメガシステムとも呼ばれる。.

新しい!!: 航法とオメガ航法 · 続きを見る »

オートパイロット

ートパイロット(autopilot)あるいは自動操縦(じどうそうじゅう)とは、乗り物を、人の手によってではなく、機械装置により自動的に操縦する装置・システムを指す名称である。.

新しい!!: 航法とオートパイロット · 続きを見る »

カーナビゲーション

ーナビゲーション(Automotive navigation system)とは、電子的に自動車の走行時に現在位置や目的地への経路案内を行なう機能であり、また「カーナビゲーション・システム」と呼ばれる電子機器のことである。略して「カーナビ」と呼ばれることが多い。「ナビ」と略されることもあり、ナビという言葉自体がカーナビゲーションを表すようになってきている。本項では主に機器について記す。 カーナビは、狭義には車載の固定式機器だけを指すが、広義にはカーナビから発展した携帯型ナビゲーション装置なども含まれており、本項目ではそれら各種を分類しながら以下で説明を行う。.

新しい!!: 航法とカーナビゲーション · 続きを見る »

クロノメーター

マリン・クロノメーター クロノメーター(Chronometer)は.

新しい!!: 航法とクロノメーター · 続きを見る »

六分儀

六分儀(ろくぶんぎ、Sextant)とは天体や物標の高度、水平方向の角度を測るための道具である。弧が60°(360°の六分の一)であるところからこの名がついた。1757年に発明された。 天体の高度測定、自身の位置の割り出しなどに利用される。すなわち、大型の六分儀がおもに天体観測用に使われたのに対して、小型の六分儀は船舶の天測航法用に使用された。 また、六分儀にちなんでろくぶんぎ座という星座もある。.

新しい!!: 航法と六分儀 · 続きを見る »

灯台

灯台(とうだい)は、岬の先端や港内に設置され、その外観や灯光により船舶の航行目標となる施設。航路標識のうち光波標識の一種である。.

新しい!!: 航法と灯台 · 続きを見る »

衛星測位システム

衛星測位システム (えいせいそくいシステム)、衛星航法システム (えいせいこうほうシステム) (英:NSS:Navigation Satellite System) とは、衛星航法のシステムを指す。 衛星航法 (えいせいこうほう)とは 、複数の航法衛星(人工衛星の一種)が航法信号を地上の不特定多数に向けて電波送信(放送)し、それを受信する受信機を用いる方式の航法(自己の位置や進路を知る仕組み・方法)を指す。システムは航法衛星群とそれらを管制する幾つかの地上局から構成される。 日本では「衛星測位」及び「衛星測位システム」と呼ぶことが多い2011年(平成23年)4月からは国土地理院では全地球型のシステム(全地球航法衛星システム)を、GNSSと呼称することになった。よく誤解されるが、GPSはあくまでも衛星測位システムの中の1つ(固有名詞)であり、衛星測位システムそのものを指すものではない。。 草分けは軍用のトランシット (人工衛星) である。現在の身近な用途はカーナビゲーション、歩行ナビゲーションであるが、他にも船舶や航空機の航法支援、建築・土木では測量やICTブルドーザーの制御などに用いられている。 衛星航法システムの構築と保有は、財政的に比較的余裕のある工業国にとって、長期的な安全保障と社会の利便性向上の観点から重要政策と位置づけされることがある。それは電波航法が主流であったときから続く一般論である。.

新しい!!: 航法と衛星測位システム · 続きを見る »

計算尺

計算尺(ヘンミ P45S) 円形計算尺(コンサイス NO.28) 計算尺(けいさんじゃく)とは対数の原理を利用したアナログ式の計算用具である。棒状や円盤状のものがある。内部的な計算はアナログであるが、入力および出力は刻まれた目盛りでデジタルとして取り出す構造である。 ほとんどのものが乗除算および三角関数、対数、平方根、立方根などの計算用に用いられる。加減算を行えるものは非常に稀である。計算尺は結果をイメージとして示すものであり、得られる値は概数である。 特定の目的の計算に特化した計算尺も数多く作られている。航空エンジニア向けの航空機の燃料計算から家電セールスマン向けの電球の寿命計算、写真撮影用の計算尺式露出計、操縦士・航空士が航法計算に用いる「フライトコンピューター」など、さまざまな分野で特化型の計算尺が作られ、現在も様々な計算尺が製造されている。 1970年代頃まで理工学系設計計算や測量などの用途に利用されていたが関数電卓の登場で市場がなくなり、1980年頃には多くのメーカーで生産が中止された。.

新しい!!: 航法と計算尺 · 続きを見る »

航空士

航空士(こうくうし)は、航空従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。 航空機内で、現在位置・針路の測定や航法上のデータの算出などを行うのに必要な資格である 一等と二等に分かれ、一等は位置、進路の測定、航法資料の算出の業務、二等は位置、進路の測定、航法資料の算出(天測以外)で、航法基準目標物地点間が1300kmを超えない範囲での業務を行う。 国家試験は年2回実施される(実施は国土交通省)。試験には一等が18歳以上、二等が17歳以上の年齢制限のほか、一定の飛行経歴が必要になる。飛行経歴については航空従事者を参照のこと。 なお「航空士」の英語、Navigatorを訳す際に「航法士」とされることが多く見受けられるが、日本における航空従事者の資格名としては誤訳であり正しくは「航空士」である。 自衛隊の部内資格としての航空士は航空士 (自衛隊)を参照。.

新しい!!: 航法と航空士 · 続きを見る »

航空交通管制

航空交通管制(こうくうこうつうかんせい Air traffic control, ATC)とは、航空機の安全かつ円滑な運航を行うために、主に地上から航空交通の指示や情報を航空機に与える業務のことである。航空管制とも。.

新しい!!: 航法と航空交通管制 · 続きを見る »

航空管制官

航空管制官(こうくうかんせいかん、Air Traffic Controller, ATC)は、航空交通管制業務に従事する者である。 世界的には国家は監督業務のみを行い、航空管制業務を民間の非営利団体に委託し、費用も税金ではなく航空会社などからの手数料収入から充てている国が多い。日本では、主として国土交通省に所属する国家公務員である。 航空機に管制指示等を与えることにより、航空機の異常接近・衝突を防ぎ空域の航空交通管理をおこない、安全で円滑な航空機の運航を支えるのが主な業務である。.

新しい!!: 航法と航空管制官 · 続きを見る »

航空路

飛行中の旅客機から撮影された旅客機。航路によってはこのように接近する場合もある。 航空路(こうくうろ)とは、航空機が飛行していく方向や飛行する高度を決めて、安全に航行できるようにした空の道を指す。航路とも表記する。 航空機は、出発空港から到着空港までの間を一直線に飛ぶのではなく、自動車や鉄道と同様に決められたルートが存在する。 A1、G581、V28、W33などのように、1文字の英字と1桁から3桁までの数字によって名前がつけられる。.

新しい!!: 航法と航空路 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 航法と航空機 · 続きを見る »

航路

航路(こうろ)は、船舶などが海上または河川を航行するための通路。海図上に引かれる特に決まった線で表せる。港湾内や狭い海峡では浚渫をしたり、航路標識を設置するなどして船舶の安全を図っている。 航空機についても、規定された空域を運航するために規定された通路(航空路)を航路と表現することがある。.

新しい!!: 航法と航路 · 続きを見る »

航海

航海(こうかい)とは船舶により海上を航行することであり、船旅である。.

新しい!!: 航法と航海 · 続きを見る »

航海士

航海士(こうかいし)とは、航法(船の現在位置確定と航海計画策定)を行う船員。.

新しい!!: 航法と航海士 · 続きを見る »

航海術

航海術(こうかいじゅつ)とは、船舶の自位置および方角を算出あるいは推定し、目的地に到達するための最も合理的な進行方向・速度を決定する為の技術の総称である。 方位磁針や六分儀、クロノメーター、海図などを用いる方法(天測航法)、陸地の特徴的な地形を目印にする(地文航法、山アテ)方法、天体の位置や動き、風向、海流や波浪、生物相などから総合的に判断する方法(スター・ナヴィゲーション)などがある。 近年ではGPS(グローバル・ポジショニング・システム)や衛星通信を利用する電波航法が主流である。かつては漁場のピンポイントに船をつけるには、民生用のGPSでは精度が不足していたため、山アテを併用する漁師も多い。また、ポリネシアやミクロネシアでは、民族のアイデンティティのよりどころの一つとして、伝統的な推測航法術を再評価する気運が高まっている。.

新しい!!: 航法と航海術 · 続きを見る »

航海計器

航海計器(こうかいけいき)とは、航海のために用いられる計器である。 クロノメーター(正確な時計)、磁気コンパス(あるいはジャイロコンパス)、六分儀、速度計(対水)、風向風速計(風向計および風速計)、音響測深器(あるいは魚群探知機)、レーダー、ロラン航法装置、GPSなどがある。 GPSの普及とともに、六分儀は使用されることが少なくなった。.

新しい!!: 航法と航海計器 · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: 航法と船 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: 航法と自動車 · 続きを見る »

電波航法

電波航法(でんぱこうほう Radio navigation)は電波を利用した航法のこと。既知の位置にある無線施設からの電波発信により自位置を測定することまたはその技術・装置・システムを指す。電波の到達性が優れていることから、光や音を用いた航法より広範囲で利用でき、悪天候時にも優位である。夜間も利用できる点で地文航法よりも優れている。無線航法とも呼ばれる。かつては、機材が大型であったことから、航空機・船舶中心の利用であったが、グローバル・ポジショニング・システムの発達とともに、車両・人物の航法にも用いられるようになっている。.

新しい!!: 航法と電波航法 · 続きを見る »

通過儀礼

通過儀礼(つうかぎれい、)とは、出生、成人、結婚、死などの人間が成長していく過程で、次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼。人生儀礼(じんせいぎれい)ともいう。イニシエーションの訳語としてあてられることが多い。通過儀礼を広義に取り、人生儀礼を下位概念とする分け方もある。 イニシエーションとして古くから行われているものとしては割礼や抜歯、刺青など身体的苦痛を伴うものであることが多い。こうした事例は文化人類学の研究対象となっている。 社会心理学では、負担の大きな加入儀礼は、当人が認知的不協和を解消しようとする結果、組織への主観的評価を高めると考えられている。.

新しい!!: 航法と通過儀礼 · 続きを見る »

LORAN

Malone, FloridaのロランC局 ロランC受信機の例 ロランCの信号 LORAN(ロラン、LOng-RAnge Navigation)は、地上系電波航法システム 海上保安庁交通部の一種である。船舶や航空機で利用されてきたが、高精度な衛星系電波航法システムであるGPSへの移行が進み、多くの国では終息している。.

新しい!!: 航法とLORAN · 続きを見る »

機長

機長(きちょう、pilot in command)とは、航空機乗員のうちの最高責任者・管理者である。.

新しい!!: 航法と機長 · 続きを見る »

戦術航法装置

戦術航法装置(せんじゅつこうほうそうち; )は電波航法の一つ。英語略称のTACANよりタカンとも呼ばれる。.

新しい!!: 航法と戦術航法装置 · 続きを見る »

海図

海図(かいず、nautical chart)は、水路図誌の一種で航海のためにつくられた主題図 (Thematic Map) 。航海のために必要な水路の状況、すなわち水深、底質、海岸地形、海底危険物、航路標識などが、正確に見やすく表現されている。一定規模以上の船舶には、備え付けることが義務づけられている。.

新しい!!: 航法と海図 · 続きを見る »

方位磁針

方位磁針 護衛艦の主羅針儀 方位磁針(ほういじしん)は、磁石の作用を用いて方位を知るための道具である。 用いられる場面や仕様の違いにより、単に「磁針」と呼ばれたり、「方位磁石」「コンパス」「磁気コンパス」(電子コンパス)「羅針盤(らしんばん)」などとも呼ばれることもある。.

新しい!!: 航法と方位磁針 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »