ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

454 関係: 原動機原動機付自転車ねじいすゞ自動車千葉県南アフリカ共和国台湾合成樹脂吉利吉利汽車多国籍企業大型自動二輪車大型自動車大韓民国大阪府大量生産大気汚染天然ガス定期観光バス宇沢弘文富山県富裕層小型自動車小売山形県山田俊雄岐阜県岩波新書工業製品の自主規制上汽通用五菱汽車上海華普汽車上海汽車中型自動車中古車中華人民共和国世界人口三菱自動車工業乗り物をあらわす記号と絵文字乗り物酔い交通安全協会交通事故座席京都府人口密度人工知能二輪車二酸化炭素事故代替燃料企業城下町...地域おこし地下鉄地球温暖化化石燃料北京汽車北海道ミニ (BMW)ミニカー (玩具)ミニカー (車両)マルチ・スズキ・インディアマルコ・ポーロマレーシアノッチバックマツダマニュアルトランスミッションマイルマセラティチェコハードトップハッチバックハイヤーハイブリッドカーバイオマスエタノールバイオディーゼルバスバス (交通機関)バスファンポルシェポンド (質量)ポタリングメルセデスメキシコモノコックモータリゼーションモータービークルモーターショーモータースポーツユーロNCAPユダヤ人ヨーロッパラム・トラックスラリーラリーレイドランチアランボルギーニラック・アンド・ピニオンライン生産方式リンカーンリコール (自動車)リターダルノールノー=日産アライアンスル・マン24時間レースレンタカーレクサスレシプロエンジンレストアロールス・ロイスロータス・カーズロシアロサンゼルスロサンゼルス郡 (カリフォルニア州)ロサンゼルス郡都市圏交通局ワンボックスカーボルボ・カーズボール・ナットボイラーボクスホールトヨタ・パブリカトヨタ・カローラトヨタ・MR-Sトヨタグループトヨタ自動車トランスミッショントルクコンバータトルコトロリーバスブラジルブレーキブレーキペダルブレーキブースターブレーズ・パスカルブガッティプラモデルプロトンプジョーパリパワーステアリングパーキングブレーキヒュンダイビュイックビッグスリーピックアップトラックピストンツーリング (オートバイ)テキサス州ディーゼルエンジンディスクブレーキフランスフランス語フランス車フランス陸軍フレーム形式 (自動車)フットブレーキフィアットフィアット・クライスラー・オートモービルズフェラーリフェード現象フォルクスワーゲンフォルクスワーゲン・タイプ1フォルクスワーゲングループフォーミュラカーフォード・モーターフォード・モデルTドラムブレーキドイツドイツ人ドイツ車ニコラウス・オットーニコラ=ジョゼフ・キュニョーホンダ・インサイトホールデンダットサンダッジダイハツ工業ダイムラーダカール・ラリーベントレーベーパーロック現象分業アバルトアメリカ合衆国アメリカ路面電車スキャンダルアメリカ車アルミニウムアルファロメオアルコール燃料アッカーマン・ジャントーアドルフ・ヒトラーアウディインディ500インフィニティインドインドネシアインターネットイギリスイタリアイタリア車ウェイモエンジンブレーキエコ・ステーションエタノールオペルオート三輪オートマチックトランスミッションオートバイオートローンオートパイロットオープンカーオーストラリアオーストリア人オイルサンドカナダカリフォルニア州カーリースカール・ベンツカー・オブ・ザ・イヤーカーシェアリングガラスガソリンガソリンエンジンキャデラックキュニョーの砲車クランクシャフトクラッチクライスラークーペコネクテッドカーゴットリープ・ダイムラーシュコダ・オートショッピングセンターシボレーシックハウス症候群シトロエンジャガーランドローバージープジークフリート・マルクスジェネシス (ヒュンダイ)スペインスバル・360スロバキアスーパーマーケットステーションワゴンステータスシンボルステアリングスカニアスケールモデルスズキセミオートマチックトランスミッションセダンセアトセグメント (自動車)ゼネラルモーターズゼロ・エミッションタイ王国タクシータタ大宇タタ・モーターズタタ・イスパノタタ・グループサイクリングサイクルカー円 (通貨)円 (数学)内燃機関写真全地形対応車公害公共交通機関兵庫県副変速機国際自動車工業連合会国際自動車連盟国民車構想BMWBRICsCARTIVATOR犯罪石綿敏雄石炭石油現代自動車現代自動車グループ硫黄酸化物社会的費用神奈川県福島県福井県窒素酸化物競売第二次世界大戦簡体字繁体字群馬県経済産業省環境問題環境負荷炭素繊維強化プラスチック産業無限軌道無段変速機熱エネルギー燃料電池特殊自動車相乗りDSEPAETC韓国車韓国GM遊星歯車機構過密道路道路交通法道路交通情報通信システム道路運送車両法運動エネルギー運転運転免許運転免許試験場運輸業運送飲酒運転複合材料西ヨーロッパ西ドイツ馬車観光バス駐車角川書店騒音読売新聞高度道路交通システム高級車高速バス高速道路貨物車貨物輸送貨物自動車貴族路線バス路面電車車台番号車両車両総重量車輪軽自動車軽油軌道軌条黒煙輸入車茨城県赤旗法走行性能起亜自動車蒸気自動車蒸気機関自家用自動車自動運転車自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律自動車の車種名一覧自動車工学自動車ナンバー自動読取装置自動車ディーラー自動車アセスメント自動車産業自動車用語一覧自動車製造者の一覧自動車部品生産システム展自動車排出ガス規制自動車整備業自動車教習所自転車長安汽車長野県酸性雨鉄道鉄道車両電子機器電動機電気自動車耐久レースFCAGMGMCMAN (企業)New Car Assessment ProgrammePSASFSUBARU投資架線排気ブレーキ排気ガス排気量東京モーターショー東京都東風汽車集団栃木県欧州連合死亡水陸両用車気圧油圧液化石油ガス温室効果ガス渋滞本田技研工業明治新潟県日刊自動車新聞日産日産・ブルーバード日産・サニー日産自動車日野自動車日本日本における自動車日本のバス日本実業出版社日本道路交通情報センター日本車日本自動車工業会日本自動車連盟旧車旅客輸送旅行摩擦改造車普通自動二輪車普通自動車時速1769年1827年1860年1865年1870年1876年1885年1887年1896年1897年1900年1901年1904年1907年1920年代1970年2ストローク機関4ストローク機関5ソルの馬車 インデックスを展開 (404 もっと) »

原動機

原動機(げんどうき、)は、自然界に存在するさまざまなエネルギーを機械的な仕事(力学的エネルギー)に変換する機械・装置の総称。狭義にはタービンなどの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機、動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。.

新しい!!: 自動車と原動機 · 続きを見る »

原動機付自転車

原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ、Motorized bicycle)とは、日本の法規における車両区分のひとつである。 道路交通法では50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)、道路運送車両法では125cc以下 (電動機の場合は定格出力1.0kW以下)の原動機を備えた二輪車(側車のない場合に限る)が該当し、法規上の条件を満たせば三輪、あるいは四輪のものもこの区分に該当する場合がある。省略して原付(げんつき)と呼ばれることも多い。.

新しい!!: 自動車と原動機付自転車 · 続きを見る »

ねじ

じ(螺子、捻子、捩子、螺旋、screw)は、円筒や円錐の面に沿って螺旋状の溝を設けた固着具。.

新しい!!: 自動車とねじ · 続きを見る »

いすゞ自動車

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。かつてはゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。.

新しい!!: 自動車といすゞ自動車 · 続きを見る »

千葉県

千葉県(ちばけん)は、日本の関東地方の南東側、東京都の東方に位置する県。房総半島と関東平野の南部にまたがる。県庁所在地は千葉市。 平野と丘陵が県土の大半を占め、海抜500m以上の山地がない日本で唯一の都道府県である。地勢上、広大な可住地と、長大な海岸線を有している。.

新しい!!: 自動車と千葉県 · 続きを見る »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: 自動車と南アフリカ共和国 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: 自動車と台湾 · 続きを見る »

合成樹脂

合成樹脂(ごうせいじゅし、synthetic resin)とは、人為的に製造された、高分子化合物からなる物質を指す。合成でない天然樹脂には植物から採ったロジンや天然ゴム等があり、鉱物質ではアスファルトが代表例である。合成樹脂から紡糸された繊維は合成繊維と呼ばれ、合成樹脂は可塑性を持つものが多い。 「プラスチック」 (plastic) という表現は、元来「可塑性物質」 (plasticisers) という意味を持ち、主に金属結晶において開花したものを基盤としており、「合成樹脂」同様日本語ではいささか曖昧となっている。合成樹脂と同義である場合や、合成樹脂がプラスチックとエラストマーという2つに分類される場合、また、原料である合成樹脂が成形され硬化した完成品を「プラスチック」と呼ぶ場合あるいは印象的なイメージなど、多様な意味に用いられている。よって、英語の学術文献を書く場合、「plastic」は全く通用しない用語であることを認識すべきで、「resin」(樹脂、合成樹脂)などと明確に表現するのが一般的である。.

新しい!!: 自動車と合成樹脂 · 続きを見る »

吉利

吉利(よしとし、きつり、チーリー、ジーリー).

新しい!!: 自動車と吉利 · 続きを見る »

吉利汽車

吉利汽車(ジーリー、Geely Automobile、)は、中華人民共和国の自動車製造企業であり、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ、Zheijiang Geely Group Holding Co.

新しい!!: 自動車と吉利汽車 · 続きを見る »

多国籍企業

多国籍企業(たこくせききぎょう、英語: multinational corporation, MNC)とは、活動拠点を一つの国家だけに限らず複数の国にわたって世界的に活動している大規模な企業のことである。.

新しい!!: 自動車と多国籍企業 · 続きを見る »

大型自動二輪車

大型自動二輪車(おおがたじどうにりんしゃ)とは、日本の道路交通法によるオートバイの区分のひとつで、総排気量400ccを超えるものを指す。.

新しい!!: 自動車と大型自動二輪車 · 続きを見る »

大型自動車

大型自動車の例(UD・クオン) 大型自動車(おおがたじどうしゃ)とは、日本における自動車の区分のひとつで、車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、または乗車定員30人以上の、四輪以上の車輛を指す。 大型自動車第一種免許、大型自動車第二種免許(以下それぞれ「大型免許」、「大型第二種免許」と略記)の運転免許でのみ運転することができる。略称は大型。 なお2007年6月2日施行の法令改正により、区分の下限が従来の車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上、または乗車定員11人以上から変更された(詳細は後述)。 道路運送車両法では「四輪以上の、小型自動車より大きい、普通自動車」に分類される。.

新しい!!: 自動車と大型自動車 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: 自動車と大韓民国 · 続きを見る »

大阪府

大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つ。府庁所在地は大阪市。.

新しい!!: 自動車と大阪府 · 続きを見る »

大量生産

大量生産(たいりょうせいさん)とは、工業製品を流れ作業で大量に生産すること。略して量産(りょうさん)とも言う。.

新しい!!: 自動車と大量生産 · 続きを見る »

大気汚染

モッグに覆われた都市(台湾) 煙を吐き出す火力発電所 大気汚染(たいき おせん)とは、大気中の微粒子や有害な気体成分が増加して、人の健康や環境に悪影響をもたらすこと。人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。自然に発生する火山噴火や砂嵐、山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある『気候学・気象学辞典』、300-301頁「大気汚染」、河村武『気象と地球の環境科学』、§8、99-111頁。.

新しい!!: 自動車と大気汚染 · 続きを見る »

天然ガス

天然ガス(てんねんガス、natural gas、天然氣)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代においては、エネルギー源や化学品原料として広く使われる。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般を指す。この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。.

新しい!!: 自動車と天然ガス · 続きを見る »

定期観光バス

定期観光バス(ていきかんこうバス)は大都市や観光地をバス事業者が設定したコースで巡る、バス旅行である。バスターミナルをはじめ空港やターミナル駅、ホテルを始発点に3~8時間程度の日帰りコースが組まれ、一人でも気軽に利用できる。主に地域の公営交通事業者や大手バス事業者が運行することが多く、はとバスや名古屋遊覧バスのように定期観光バスを事業の中心に据える事業者もある(ただし名古屋遊覧バスは2006年3月に廃業した)。.

新しい!!: 自動車と定期観光バス · 続きを見る »

宇沢弘文

宇沢(宇澤) 弘文(うざわ ひろふみ、1928年(昭和3年)7月21日 - 2014年(平成26年)9月18日)は、日本の経済学者。専門は数理経済学。東京大学名誉教授。意思決定理論、二部門成長モデル、不均衡動学理論などで功績を認められた。従三位。 1983年文化功労者、1989年日本学士院会員、1995年米国科学アカデミー客員会員、1997年文化勲章、2009年ブループラネット賞。Econometric SocietyのFellow(終身)。1976年から1977年までEconometric Society会長。 浅子和美、吉川洋、小川喜弘、清滝信宏、松島斉、宮川努、小島寛之、岩井克人らは東大時代、宇沢ゼミ出身。デイヴィッド・キャス、カール・シェル、ミゲル・シドロスキーらは博士課程指導学生。ジョセフ・E・スティグリッツ、ジョージ・アカロフらは、シカゴ大学時代、宇沢の授業を受けたことがある。数学者の宇澤達は長男。 経済学者の田中秀臣は宇沢が生前ノーベル経済学賞受賞候補であったと推測している。.

新しい!!: 自動車と宇沢弘文 · 続きを見る »

富山県

富山県(とやまけん)は、日本の都道府県の一つ。中部地方の日本海側、北陸地方のほぼ中央に位置する。県庁所在地は富山市。.

新しい!!: 自動車と富山県 · 続きを見る »

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。.

新しい!!: 自動車と富裕層 · 続きを見る »

小型自動車

小型自動車(こがたじどうしゃ)とは、日本における自動車の区分のひとつ。市場においてはナンバープレートの分類番号から「4ナンバー車(貨物)」/「5ナンバー車(乗用)」と呼ばれる。.

新しい!!: 自動車と小型自動車 · 続きを見る »

小売

小売(こうり、retail リテール)とは、生産者や卸売業者から購入した(仕入れた)商品を、最終消費者に販売すること。 小売を行う業者を小売業者(こうりぎょうしゃ、retailer リテーラー)と呼ぶ。.

新しい!!: 自動車と小売 · 続きを見る »

山形県

山形県の地形図 山形県(やまがたけん)は、日本の東北地方南西部の県。日本海に面する。県庁所在地は山形市。.

新しい!!: 自動車と山形県 · 続きを見る »

山田俊雄

山田 俊雄(やまだ としお、1922年7月8日 - 2005年7月16日)は、日本の国語学者、成城大学名誉教授。.

新しい!!: 自動車と山田俊雄 · 続きを見る »

岐阜県

岐阜県(ぎふけん)は、日本の中部地方に位置する県で内陸県の一つ。 日本の人口重心中央に位置し、その地形は変化に富んでいる。県庁所在地は岐阜市。.

新しい!!: 自動車と岐阜県 · 続きを見る »

岩波新書

岩波新書(いわなみしんしょ)は、1938年(昭和13年)11月20日に岩波書店が創刊した新書赤版として。創刊の辞は、「岩波新書創刊50年、新版の発足に際して」(1998年1月)に「道義の精神に則らない日本の行動を深慮し、権勢に媚び偏狭に傾く風潮と他を排撃する驕慢な思想を戒め、批判的精神と良心的行動に拠る文化日本の躍進を求めての出発である」と引用されている。シリーズである。.

新しい!!: 自動車と岩波新書 · 続きを見る »

工業製品の自主規制

工業製品の自主規制(こうぎょうせいひんのじしゅきせい)とは、過剰な開発競争の抑止や社会的に不適合な工業製品の出現を排除する目的で、製造メーカーや業界団体などが自主的に規制を設けること。日本国内のメーカーが国内向けに販売する製品に限って規制を設ける場合、輸出用の製品は規制の枠外であるため、しばしば逆輸入品が国内に出回ることもある。.

新しい!!: 自動車と工業製品の自主規制 · 続きを見る »

上汽通用五菱汽車

上汽通用五菱汽車(シャンチートンヨンウーリンきしゃ、Shangqi Tongyong Wuling Qiche、英語表記:SAIC-GM-Wuling Automobile、略称:SGMW)は、中華人民共和国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカーである。ゼネラルモーターズ (GM) 、上海汽車 (SAIC) 、五菱集団(現:広西汽車集団)の3社による合弁会社として2002年11月18日に設立された。 社名はしばしば「上海通用五菱汽車」「SAIC-GM」と書かれることがあるが、これは誤りである。.

新しい!!: 自動車と上汽通用五菱汽車 · 続きを見る »

上海華普汽車

上海華普汽車(Shanghai Maple Guorun Automobile, SMA、上海メープル)は、中国上海市金山区に本社を置く、吉利控股集団有限公司子会社の自動車メーカーである。.

新しい!!: 自動車と上海華普汽車 · 続きを見る »

上海汽車

上海汽車工業(集団)総公司(シャンハイきしゃこうぎょう(しゅうだん)そうこうし)は、第一汽車、東風汽車と並ぶ中華人民共和国の国有の三大自動車製造企業グループの一つである。また、第一汽車、東風汽車、長安汽車、奇瑞汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」の内の1社でもある。英語正式社名はShanghai Automotive Industry Corporation (Group)、略称は上汽集団またはSAICである。.

新しい!!: 自動車と上海汽車 · 続きを見る »

中型自動車

UDコンドル) 中型自動車(ちゅうがたじどうしゃ)とは、日本の道路交通法令における自動車の区分のひとつである。大型自動車に該当しない自動車のうち、車両総重量7,500 kg以上11,000 kg未満、最大積載量4,500 kg以上6,500 kg未満または乗車定員11人以上29人以下であるものただし、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車及び小型特殊自動車に該当しない自動車であることを指す。 具体例としては、一般的な「4トン(積)トラック」及び「6トン(積)トラック」、「マイクロバス」が該当する。ただし、これらの車両であっても特殊なボディーや架装等をしている場合などで、中型自動車の定義から外れ大型自動車となる場合もあるため、一般的・特殊にかかわらず、自動車検査証(車検証)の確認が必要である。.

新しい!!: 自動車と中型自動車 · 続きを見る »

中古車

中古車(ちゅうこしゃ、 used car, a pre-owned vehicle)は、中古の自動車、オートバイや自転車のこと。一度所有された自動車、オートバイ、自転車などで、カーディーラー、中古車専門販売店、レンタカー会社、リース会社、オークション、または個人間で売買される。.

新しい!!: 自動車と中古車 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: 自動車と中華人民共和国 · 続きを見る »

世界人口

国連の推計値(低位) 世界人口(せかいじんこう)とは、ある時点において地球上に存在するヒトの数。世界における人口 国連の2011年版「世界人口白書」によると、2011年10月31日に世界人口が70億人に到達したと推計されている。また、アメリカ国勢調査局の推計では70億人の到達が2012年3月12日頃とされている。 なお、現在の世界人口の約半分が各国政府の研究者の憶測で推算されているため、資料を閲覧する際には注意を払う必要がある。 18世紀の産業革命以降に世界人口の増加ペースが早くなってきた。そして、20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験した。国連の推定では19世紀末の1900年におよそ16億人だった世界人口は20世紀半ばの1950年におよそ25億人となり、20世紀末の1998年にはおよそ60億人にまで急増、特に第二次世界大戦後の増加が著しい。現在の人口は過去6000年間に存在した全ての人口のおおよそ5分の1にあたる。 以下は国連などにおける大凡の人口推定および推計値である。世界人口が50億人に到達したと推計される1987年7月11日を記念して、国連人口基金ではこの日を「世界人口デー」と1989年に制定している。.

新しい!!: 自動車と世界人口 · 続きを見る »

三菱自動車工業

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、Mitsubishi Motors Corporation、略称:)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。 グローバルブランドスローガンは「Drive your Ambition」。 2016年10月に日産自動車が筆頭株主となり、ルノー.

新しい!!: 自動車と三菱自動車工業 · 続きを見る »

乗り物をあらわす記号と絵文字

ここでは、乗り物をあらわす記号と絵文字(のりものをあらわすきごうとえもじ)について記す。主に乗り物を正面、あるいは側面から現した記号であらわす。これらは、世界的に路上の交通標識、標識に用いられ、利便的に用いられる。地図において使用されることもある。また、Unicodeでは絵文字としてとりいられ、文字として使用することも可能となった。.

新しい!!: 自動車と乗り物をあらわす記号と絵文字 · 続きを見る »

乗り物酔い

乗り物酔い(のりものよい、motion sickness、Bewegungskrankheit)とは、航空機・列車・自動車・船舶・遊園地の遊具など、各種の乗り物が発する揺れなどの加速度によって、体の内耳にある三半規管が刺激されることで起こる身体の諸症状である。.

新しい!!: 自動車と乗り物酔い · 続きを見る »

交通安全協会

交通安全協会加入の案内。裁判所での判決後に加入が任意であることを示す注意書きが貼り付けられた。 茅野交通安全協会で使用される車両 交通安全協会(こうつうあんぜんきょうかい)とは、道路交通の安全を目的とする日本の非営利法人である。全国組織として一般財団法人全日本交通安全協会がある。また都道府県単位で公益財団法人、一般財団法人、一般社団法人などの交通安全協会が設置されていて、全日本交通安全協会の理事、監事、評議員の大多数を占めている。さらに警察署単位でも地域単位の交通安全協会があるが、これらはごく一部を除き権利能力なき社団(任意団体)となっている。警察署単位の地域交通安全協会はかつては都道府県単位の交通安全協会の支部だったことが多いが、現在はほとんどが任意団体として形式上は独立している。 職員の多くは、退職警察官である(天下り)。多くの都道府県において、運転免許証の更新時講習を都道府県警から委託されており、都道府県警から支払われる委託費用が、収入の多くを占めている。.

新しい!!: 自動車と交通安全協会 · 続きを見る »

交通事故

木に正面衝突した単独事故 横転したトラックミキサ 交通事故(こうつうじこ)とは、広義には陸上・海上・航空交通における事故の総称をいう。交通安全の施策や統計などでは道路交通事故のほか、鉄道交通事故、海上交通事故、航空交通事故などを含む広い意味で用いられる場合もある。一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。 以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含む鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。.

新しい!!: 自動車と交通事故 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 自動車と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 自動車と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 自動車とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 自動車とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 自動車と元日 · 続きを見る »

座席

座席(ざせき)とは、座るための場所およびその場所に付帯する器具のこと。通常、座席は一人の人間に対して提供されたものを指す。座席はシートとしても表記され、シーターなどの言葉でも表現される。.

新しい!!: 自動車と座席 · 続きを見る »

京都府

京都府(きょうとふ)は、日本の近畿地方の都道府県の一つ。延暦13年(794年)の平安京遷都以来、天皇の御所がある。令制国でいう山城国の全域、丹波国の東部および丹後国の全域を府域とする。府庁所在地は京都市。.

新しい!!: 自動車と京都府 · 続きを見る »

人口密度

人口密度(じんこうみつど)とは、人口統計において、単位面積1km当たりに居住する人の数により定義される数値である。都市化、土地利用の度合いなどの目安となる。.

新しい!!: 自動車と人口密度 · 続きを見る »

人工知能

250px 人工知能(じんこうちのう、artificial intelligence、AI)とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの設計や実現に関する研究分野」を指す。.

新しい!!: 自動車と人工知能 · 続きを見る »

二輪車

二輪車(にりんしゃ)とは、車輪が2つある車両のことである。日本の法規には、オートバイを指す語として記載が見られる。.

新しい!!: 自動車と二輪車 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: 自動車と二酸化炭素 · 続きを見る »

事故

事故(じこ、accident)とは、思いがけず起こった悪いできごと。よくないことが起こること。.

新しい!!: 自動車と事故 · 続きを見る »

代替燃料

代替燃料(だいたいねんりょう、英:alternative fuel)とは、化学反応・原子核反応を外部から起こすことなどによってエネルギーを発生させる燃料で、天然の石油を代替する燃料のことである。石油需要の急増と、枯渇が近いと目される中、石油価格の上昇が続いているため、盛んに研究されている。なお、代替エネルギーという言葉は、輸送機関エネルギー源において石油を代替する物を指し(電気・原子力・化石燃料を含み)、産業・発電エネルギー減において化石燃料を代替するものを指す(原子力を含む)。他方、新エネルギーという場合は一般に原子力を含まない。.

新しい!!: 自動車と代替燃料 · 続きを見る »

企業城下町

企業城下町(きぎょうじょうかまち、カンパニータウンとも)とは、特定の一社の企業の事業所や工場及び関連会社の工場や下請け子会社などが一自治体における産業の大部分を占め、その企業によって住民が主たる労働機会を与えられることで、その企業の盛衰が都市の盛衰に直結するような都市を指す言葉。一般的な俗語と思われがちだが、経済学や地理学でも一般に用いられる学術的な専門用語でもある。.

新しい!!: 自動車と企業城下町 · 続きを見る »

地域おこし

この記事では、地域興し(ちいきおこし)、地域活性化(ちいきかっせいか)、地域振興(ちいきしんこう)、地域づくりなどと呼ばれるものについて解説する。.

新しい!!: 自動車と地域おこし · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: 自動車と地下鉄 · 続きを見る »

地球温暖化

1940年–1980年の平均値に対する1999年から2008年の地表面の平均気温の変化 1990年–2010 年9月22日年の平均値に対する2070年から2100年の地表面の平均気温変化量の予測 地球温暖化(ちきゅうおんだんか、Global warming)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。.

新しい!!: 自動車と地球温暖化 · 続きを見る »

化石燃料

化石燃料(かせきねんりょう、fossil fuel)は、地質時代にかけて堆積した動植物などの死骸が地中に堆積し、長い年月をかけて地圧・地熱などにより変成されてできた、言わば化石となった有機物のうち、人間の経済活動で燃料として用いられる(または今後用いられることが検討されている)ものの総称である。.

新しい!!: 自動車と化石燃料 · 続きを見る »

北京汽車

北京汽車製造廠有限公司(、Beijing Automobile Works Co., Ltd, 略称:北汽、BAW)は、中国の自動車メーカー。.

新しい!!: 自動車と北京汽車 · 続きを見る »

北海道

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。島としての北海道は日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は47都道府県中唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市。.

新しい!!: 自動車と北海道 · 続きを見る »

ミニ (BMW)

ミニ (Mini) は、ドイツの自動車会社、BMWが2001年に設立した自動車ブランドである。.

新しい!!: 自動車とミニ (BMW) · 続きを見る »

ミニカー (玩具)

ミニカー ミニカー (和製英語) は、自動車をさまざまな素材、縮尺でモデル化した玩具・模型の総称である。.

新しい!!: 自動車とミニカー (玩具) · 続きを見る »

ミニカー (車両)

ミニカーとは、道路交通法令において総排気量20ccを超え50cc以下又は定格出力0.25kWを超え0.6kW以下の原動機を有する普通自動車をいう。しかし、道路運送車両法においては自動車でなく原動機付自転車として扱われる。 欧米では似たような小型の車両が「Microcar」と呼ばれることがあるが、日本のミニカーと必ずしも同義ではない。また玩具のミニチュアカーを日本では「ミニカー」と略すことが多いため、これと区別するために愛称として「マイクロカー」と呼ぶメーカーは存在し、「コミューター」などと呼んでいる例もあるが、いずれも正式な呼称ではなく、日本の法令で上記のように規定された車両は、あくまでも「ミニカー」である。.

新しい!!: 自動車とミニカー (車両) · 続きを見る »

マルチ・スズキ・インディア

マルチ・スズキ・インディア(英語:Maruti Suzuki India Limited、通称「マルチ・スズキ」 )は、日本の自動車メーカー、スズキのインドにおける乗用車生産販売子会社である。 インド政府との合弁会社「マルチ・ウドヨグ」として1981年2月に設立され、インドを含む南アジアで最大の自動車会社となっている。2002年5月には出資比率を引き上げたスズキが子会社化し、2007年7月に社名変更された。 2012年12月よりインド国内で放映されているアニメ「スーラジ ザ・ライジングスター」のメインスポンサーであり、劇中にマルチ・スズキの各車が登場する。.

新しい!!: 自動車とマルチ・スズキ・インディア · 続きを見る »

マルコ・ポーロ

マルコ・ポーロ(Marco Polo、1254年 - 1324年1月9日)は、ヴェネツィア共和国の商人であり、ヨーロッパへ中央アジアや中国を紹介した『東方見聞録』(写本名:『イル・ミリオーネ (Il Milione)』もしくは『世界の記述 (Devisement du monde)』) を口述した冒険家でもある。.

新しい!!: 自動車とマルコ・ポーロ · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: 自動車とマレーシア · 続きを見る »

ノッチバック

14代目トヨタ・クラウン 3代目日産・スカイラインGT-R ノッチバックとは自動車の形状の1つである。「3ボックス形」と同義であり、セダンの大部分やクーペの一部で、キャビンとトランク部分(ラゲッジスペース)の区別がはっきりした外観の型の乗用車の総称。 あくまでもスタイルによる区分であり、リアピラーの角度、トランクの大きさなどに明確な分類の基準はない。.

新しい!!: 自動車とノッチバック · 続きを見る »

マツダ

マツダ株式会社(Mazda Motor Corporation)は、広島県を本拠地としている日本の自動車メーカーである。.

新しい!!: 自動車とマツダ · 続きを見る »

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッション車におけるシフトノブの例 5速マニュアル車のシフトパターンの例 マニュアルトランスミッション()もしくは手動変速機(しゅどうへんそくき)とは運転者が減速比(ギア)を選択して操作するトランスミッション(変速機)。主に内燃機関が原動機である自動車やオートバイ・農業機械などに装備されている。操作が容易なオートマチックトランスミッション(自動変速機)が普及して極めて少数になりつつある。.

新しい!!: 自動車とマニュアルトランスミッション · 続きを見る »

マイル

マイル(、記号:mile、mi)は、ヤード・ポンド法等における長さ (length) の単位である。 今日では、マイルという単位は通常は、主に陸上の長さの計測に用いられる 1 国際マイル.

新しい!!: 自動車とマイル · 続きを見る »

マセラティ

マセラティ(Maserati、 マゼラーティ)は、1914年にイタリアのボローニャで設立されたスポーツカーメーカーである。 1993年以降はフィアット(現:フィアット・クライスラー・オートモービルズ)社の傘下となり、モデナを本拠とする会社組織「Maserati S.p.A.」が設立されている。フィアットのスポーツカー部門において、同じくフィアット傘下にある自動車メーカー・アルファロメオと統括され、高級車を製造・販売している。近年は、世界市場で戦う量産ラグジュアリーブランドへの変化を目指し、これまでの少量生産から一転した拡大戦略を図っている。.

新しい!!: 自動車とマセラティ · 続きを見る »

チェコ

チェコ共和国(チェコきょうわこく、)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハである。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏が全滅した時点で再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。.

新しい!!: 自動車とチェコ · 続きを見る »

ハードトップ

マーリン ハードトップ(hardtop)とは、自動車のボディスタイルのひとつである。 →#ボディスタイルとしての「ハードトップ」 本来は、金属や樹脂製の自動車の屋根を指す「ソフトトップ」(布製の屋根)の対義語である。→#自動車部品としての「ハードトップ.

新しい!!: 自動車とハードトップ · 続きを見る »

ハッチバック

ハッチバックとは、自動車の分類の一種である。.

新しい!!: 自動車とハッチバック · 続きを見る »

ハイヤー

東都自動車のハイヤー(トヨタ・クラウン) ハイヤー(和製英語:hire)は、営業所・車庫などを拠点に利用客の要請に応じて配車に応じる自動車のことをいう。.

新しい!!: 自動車とハイヤー · 続きを見る »

ハイブリッドカー

トヨタ・プリウス(初代) ハイブリッド車(ハイブリッドしゃ、hybrid car ハイブリッドカー)は、2つ以上の動力源を持つ自動車。略称はHV(hybrid vehicle)。 本稿では自動車のハイブリッド車について述べる。鉄道車両のハイブリッド車についてはハイブリッド機関車および日本の電気式気動車#電気式の将来(ハイブリッド気動車)を参照。.

新しい!!: 自動車とハイブリッドカー · 続きを見る »

バイオマスエタノール

バイオマスエタノール (Biomass Ethanol)、またはバイオエタノール (Bioethanol) は、産業資源としてのバイオマスから生成されるエタノールを指す。一般には内燃機関の燃料としての利用を意識した用語である。微細藻類の炭化水素生合成は本稿では扱わない。.

新しい!!: 自動車とバイオマスエタノール · 続きを見る »

バイオディーゼル

バイオディーゼルとは、バイオディーゼルフューエルの略で、生物由来油から作られるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、バイオマスエネルギーの一つである。諸外国においてバイオディーゼルとして規格化がなされているのは脂肪酸メチルエステルのみであるが、厳密に化学的な定義はない。原料となる油脂からグリセリンをエステル交換により取り除き粘度を下げる等の化学処理や改質処理を施し、ディーゼルエンジンに使用できるようにしている。Bio Diesel Fuelの頭文字をとってBDFと略されることもある(BDFは登録商標)。.

新しい!!: 自動車とバイオディーゼル · 続きを見る »

バス

バス(bass,bath,bus,buss,bath) オムニバス (omnibus、乗り合い) の略.

新しい!!: 自動車とバス · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: 自動車とバス (交通機関) · 続きを見る »

バスファン

バスファン(別称:バスマニア、Bus Spotter, Bus Fan)とは、バスを趣味とする愛好家のことである。路線バス、高速バスや観光バス、送迎バスや自家用バスなど、その対象は幅広く、バスに関する事象全般が趣味の対象となりうる。 身近な公共交通機関を対象とする趣味として、鉄道趣味との共通点が多く見られる。ことに路線バスの分野でその傾向が強い。 また一方で、バス車両は自動車の一形態であり、バス趣味は自動車趣味の中での一ジャンルでもあるため、専門用語にも自動車用語が多く見られる。特に同じメーカーが製造する大型車ということで、トラック愛好趣味との共通点が深い。 鉄道趣味と自動車趣味の両方の特徴をあわせもちつつ、そのどちらにも収まりきらない独特の立ち位置を備えた趣味である。.

新しい!!: 自動車とバスファン · 続きを見る »

ポルシェ

ポルシェ(Porsche A.G. )は、ドイツの自動車メーカーである。正式な社名は であり、日本語に直訳すると、 「F (フェルディナント) ・ポルシェ名誉工学博士株式会社」となる。 本社はドイツ南西部のシュトゥットガルト。高級スポーツカーとレーシングカーを専門に開発・製造し、中でも1963年に発売されたスポーツカー「911」は改良を重ねながら製造・販売されている。.

新しい!!: 自動車とポルシェ · 続きを見る »

ポンド (質量)

ポンド()またはパウンド()は、ヤード・ポンド法などにおける質量の単位である。1959年以降(ただし日本では1993年以降)は、1 ポンド.

新しい!!: 自動車とポンド (質量) · 続きを見る »

ポタリング

ポタリング()は、一人か家族連れや気の合う仲間で、近郊を「散歩」程度に軽くサイクリングすることをいう。.

新しい!!: 自動車とポタリング · 続きを見る »

メルセデス

メルセデ.

新しい!!: 自動車とメルセデス · 続きを見る »

メキシコ

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面する。首都はメキシコシティ。メキシコの総人口は約1億3千万人(2016年時点)で、スペイン語圏においては最も人口の多い国で、GDPは中南米2位である。しかし、人口の40%が貧困層である。.

新しい!!: 自動車とメキシコ · 続きを見る »

モノコック

モノコック(フランス語:monocoque)、モノコック構造(モノコックこうぞう)とは、自動車・鉄道車両・ミサイル・一部の航空機などの車体・機体構造の一種で、車体・機体の外板に応力を受け持たせる構造のことをいう。応力外皮構造(おうりょくがいひこうぞう)、または張殻構造(はりがらこうぞう)ともいう。.

新しい!!: 自動車とモノコック · 続きを見る »

モータリゼーション

モータリゼーション (motorization) とは英語で「動力化」「自動車化」を意味する言葉で、すなわち自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現 象である。狭義では、自家用乗用車の普及という意味で言われることが多い。 国立国語研究所では、その「外来語」言い換え提案の中で「車社会化」という代替表現を提示している。.

新しい!!: 自動車とモータリゼーション · 続きを見る »

モータービークル

モータービークル は、原動機で動き道路を走る(ただしレールを使わない)、4輪以上の輸送機関であるBS EN 1846-1-1998 Firefighting and rescue service vehicles D Part 1 Nomenclature and designation 3.1 motor vehicle (イギリス)、 との付記あり。ただし、ISOやJISの定義ではこのように4輪以上に限るが、しばしば車輪数を問わず、2輪などを含む。 「モータービークル」は文字どおりには「モーターを持つ乗り物」の意味だが、航空機や船舶、あるいは陸上輸送機関であっても鉄道車両は含まない。なお、ここでの「モーター」は、電気モーターに限らない原動機のことである。 「エンジン付き車両」と訳せばわかりやすいが、日本語には定まった訳がなく、JISでも「モータ・ビークル」としている。.

新しい!!: 自動車とモータービークル · 続きを見る »

モーターショー

モーターショーは、自動車メーカー各社の新型自動車やその関連製品などを集めて催す見本市。自動車ショー、オートショー、オートサロンとも言う。.

新しい!!: 自動車とモーターショー · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: 自動車とモータースポーツ · 続きを見る »

ユーロNCAP

ユーロ NCAP(European New Car Assessment Programme、ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)はヨーロッパで実施されている自動車安全テスト。「ユーロエヌキャップ」と読む。アメリカで実施されているNCAPのヨーロッパ版であることより名づけられている。.

新しい!!: 自動車とユーロNCAP · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: 自動車とユダヤ人 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: 自動車とヨーロッパ · 続きを見る »

ラム・トラックス

ラム・トラックス (Ram Trucks) はアメリカ合衆国の自動車メーカー、クライスラーの商用車部門である。クライスラーがイタリアのフィアット傘下に入った2009年(2010モデルイヤー)に発足した。.

新しい!!: 自動車とラム・トラックス · 続きを見る »

ラリー

ラリー (Rally) とは、運営に指定されたコース(主に公道)でタイムアタックをする、自動車競技の一種。運転手(ドライバー)と案内人(ナビゲーターもしくはコ・ドライバー)の2名1組が競技車両(ラリーカー)に同乗し、公道上を1台ずつ走行して、区間タイムの速さや運転の正確性を競う。.

新しい!!: 自動車とラリー · 続きを見る »

ラリーレイド

ラリーレイド (Rally Raid) は、砂漠やジャングル、山岳地帯などの自然環境の中を走破する、冒険レース・耐久レース的側面が強いモータースポーツである。クロスカントリーラリー (Cross Country Rally) とも呼ばれる。 なお北米ではクローズドのグラベルサーキットで行うレースをオフロードレースと呼ぶが、ここにラリーレイドが含まれる場合も多い。.

新しい!!: 自動車とラリーレイド · 続きを見る »

ランチア

ランチア(Lancia Automobiles S.p.A. )は、イタリア・トリノを本拠地とする自動車メーカーである。1906年に設立され、1969年以降はフィアットグループの傘下にある。.

新しい!!: 自動車とランチア · 続きを見る »

ランボルギーニ

ランボルギーニ(Lamborghini)は、イタリアの自動車メーカーである。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)。1999年以降フォルクスワーゲングループに属する。 本社、製造工場、ランボルギーニミュージアムはボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼにある。.

新しい!!: 自動車とランボルギーニ · 続きを見る »

ラック・アンド・ピニオン

ラック・アンド・ピニオン ラック・アンド・ピニオン(rack and pinion)とは歯車の一種で、回転力を直線の動きに変換する。ピニオンとよばれる小口径の円形歯車と、平板状の棒に歯切りをした(歯がつけられた)ラックを組み合わせたもの。ピニオンに回転力を加えると、ラックが歯すじ設定された末端まで水平方向に動く。日本ではラック・ピニオンと略されることもある。.

新しい!!: 自動車とラック・アンド・ピニオン · 続きを見る »

ライン生産方式

自動車のライン生産 ライン生産方式(ラインせいさんほうしき)とは、ある期間において、単一の製品を大量に製造するための方法。大量生産を行う工場で製品の組み立て工程、作業員の配置を一連化(ライン化)させ、ベルトコンベアなどにより流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を行う作業である。いわゆる流れ作業。またライン作業とも呼ばれる。別名で、量産方式ともいう。セル生産方式、ラインレス生産方式の対立概念である。 ライン生産方式による製造現場において作業に従事する作業員をライン工(ラインこう)と呼ぶ。.

新しい!!: 自動車とライン生産方式 · 続きを見る »

リンカーン

リンカーン、リンカン (Lincoln).

新しい!!: 自動車とリンカーン · 続きを見る »

リコール (自動車)

自動車におけるリコールとは、設計や製造段階を原因とする不具合が特定の自動車(オートバイを含む)および原動機付自転車に発見された場合、道路運送車両法第63条の3に基づき、メーカーや輸入業者が国土交通大臣へその旨をあらかじめ届け出て、該当する製品を無料で修理をする制度のことである。.

新しい!!: 自動車とリコール (自動車) · 続きを見る »

リターダ

リターダ(Retarder)はトラックやバス、ラフテレーンクレーン(移動式クレーン)などに搭載されている補助ブレーキである。エンジンブレーキや排気ブレーキ以上の制動力が得られ、高速域からの減速や下り勾配での抑速に効果がある。.

新しい!!: 自動車とリターダ · 続きを見る »

ルノー

メガーヌ RS R.S.17 ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。.

新しい!!: 自動車とルノー · 続きを見る »

ルノー=日産アライアンス

ルノー.

新しい!!: 自動車とルノー=日産アライアンス · 続きを見る »

ル・マン24時間レース

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)で世界耐久選手権 (WEC) の1戦でもある。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。 ル・マンでは毎年自動車とオートバイのふたつの24時間レースが行われているが、本項では自動車による24時間レースについて解説する2輪のル・マン24時間はサルト・サーキットでなくブガッティ・サーキットで行われる。。.

新しい!!: 自動車とル・マン24時間レース · 続きを見る »

レンタカー

レンタカー(rent-a-car)あるいは貸し自動車(かしじどうしゃ)は、自動車を有料で貸し出す事業、または貸し出された自動車のことである。.

新しい!!: 自動車とレンタカー · 続きを見る »

レクサス

レクサス(LEXUS)は、トヨタ自動車が展開している高級車ブランドである。北米で1989年から展開が開始された。日本では2005年から展開が開始された。 グローバルブランドスローガンは「EXPERIENCE AMAZING」 - lexus.jp。.

新しい!!: 自動車とレクサス · 続きを見る »

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: 自動車とレシプロエンジン · 続きを見る »

レストア

レストア(リストア、restore=回復する)は、老朽化などの理由により劣化もしくは故障した、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機、時計、ラジコンモデル、ゲーム機等を修復し、復活させること。.

新しい!!: 自動車とレストア · 続きを見る »

ロールス・ロイス

ールス・ロイス日本における正規代理店による表記。英語圏では「ロールズ・ロイス」 と発音する。(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)()の起源は、1906年3月『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。にイギリスで設立された製造業者であるロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) であるが、現在は相互に独立した以下の二社となっている。.

新しい!!: 自動車とロールス・ロイス · 続きを見る »

ロータス・カーズ

ータス・カーズ(Lotus Cars)は、中国吉利汽車(ジーリー、Geely Automobile、簡体字: 吉利汽车)傘下のイギリス・ノーフォークのヘセル(Hethel)を拠点とするスポーツカーメーカーである。軽量スポーツモデル(ライトウェイトスポーツ)を主力車種としている。 会社組織の本体はグループ・ロータス(Group Lotus plc)であり、乗用車の製造・販売を行うロータス・カーズ(Lotus Cars Ltd.)のもとには、自動車技術に関するコンサルタント業を行うロータス・エンジニアリング(Lotus Engineering)部門がある。 1996年より、マレーシアの国有自動車会社プロトンの子会社となり、 2017年5月に中国吉利汽車がロータス・カーズの株式の51%を取得した。.

新しい!!: 自動車とロータス・カーズ · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 自動車とロシア · 続きを見る »

ロサンゼルス

ンゼルス(Los Angeles、スペイン語も同じ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある都市。同州最大の都市かつ全米有数の世界都市であり、国内ではニューヨークに次いで人口が多い(アメリカ合衆国国勢調査局)。.

新しい!!: 自動車とロサンゼルス · 続きを見る »

ロサンゼルス郡 (カリフォルニア州)

ンゼルス郡 は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部にある郡。北部をカーン郡、西部をベンチュラ郡、東部をサンバーナーディーノ郡、南東部をオレンジ郡と接する。アメリカの郡の中で一番人口が多い。人口は、994万人。.

新しい!!: 自動車とロサンゼルス郡 (カリフォルニア州) · 続きを見る »

ロサンゼルス郡都市圏交通局

ンゼルス郡都市圏交通局(ロサンゼルスぐんとしけんこうつうきょく、Los Angeles County Metropolitan Transportation Authority、略称:LACMTA)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡の交通計画を策定し、公共交通網の一部を運営する公共事業体である。交通局では、交通計画や交通政策、財政計画の策定なども行っている。「メトロ (Metro)」という名で交通機関を運営している。 交通事業者としては、アメリカ合衆国として二番目の規模を誇り、その運営地域は1433平方マイル、ピーク時に運行するバスの台数は2000台にのぼる。圧縮天然ガスを使用するバスの導入においては全米一の規模を誇る。.

新しい!!: 自動車とロサンゼルス郡都市圏交通局 · 続きを見る »

ワンボックスカー

ワンボックスカー(1BOXカー)とは、自動車のボディスタイルを表す用語の一つで、ボンネットがないか極めて短いボンネットを持つ箱形ボディーの、小型商用車とその派生車種の乗用車を指す。.

新しい!!: 自動車とワンボックスカー · 続きを見る »

ボルボ・カーズ

ボルボ・カー・コーポレーション(Volvo Car Corporation )、通称ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は、中国の浙江吉利控股集団傘下のスウェーデンの自動車会社。2010年8月まではフォード・モーター内のプレミアム・オートモーティブ・グループに属していた。ボルボ・カーズの前身は、ボルボグループ(いわゆるトラック部門や船舶エンジン部門で構成されるコングロマリット)の乗用車部門である。1998年にこの乗用車部門が64億ドルでフォードに買収されたことから、フォード傘下の自動車会社としてボルボ・カーズが誕生した。ボルボとフォードの間には資本関係は無いが、ボルボの商標はボルボとフォードが共同所有する企業、ボルボ・トレードマーク・ホールディングABに帰属しており、同社の許諾によりフォードがボルボの名称を乗用車に冠していた。2010年にボルボ・カーズはフォードから浙江吉利控股集団(中国企業で元々は冷蔵庫製造会社)に18億ドルで売却された。.

新しい!!: 自動車とボルボ・カーズ · 続きを見る »

ボール・ナット

ボール・ナット(ball nut)とは歯車の一種で、回転力を直線の動きに変換する。リサーキュレーティング・ボール(recirculating ball)またはウォーム・アンド・セクター(worm and sector)と呼ばれることもある。 現在ではラック・アンド・ピニオンに取って代わられた機構であるが、ハンドルが軽く、戻りも良く、耐久性も高いというメリットがあるため、初期のパワーステアリング機構やトラックなどで一般的に使用されていた。現在ではクライスラー、ゼネラルモーターズ、メルセデス・ベンツなどが一部の車種で採用している。.

新しい!!: 自動車とボール・ナット · 続きを見る »

ボイラー

ボイラー(boiler)は、燃料を燃焼させる燃焼室(火室)と、その燃焼で得た熱を水に伝えて水蒸気や温水(=湯)に換える熱交換装置を持つ、水蒸気や湯、及びそれらの形で熱を、発生する機器である。 日本工業規格(JIS)や学術用語集ではボイラと表記されるほか、汽缶(きかん、汽罐)、あるいは単に缶やカマともいう。主に工場、建築物等で利用される熱や水蒸気をつくることや、蒸気機関車等の動力源として、古くから利用されており、現在でも火力発電所などの発電設備ならびに大型船舶では、蒸気タービンと並んで主要な設備である。 原子力発電所は加熱源としてボイラを原子炉に置き換えたもの。一般にボイラとは燃料の燃焼熱を加熱源とするものを指す。原子炉はボイラと比べて特異な点が多く、別の専門分野として扱われている。 給湯や温水暖房などでの利用のみを目的とし、高圧蒸気を発生させない物を、特に無圧ボイラーと呼んで区別する場合がある。.

新しい!!: 自動車とボイラー · 続きを見る »

ボクスホール

ボクスホール(Vauxhall )は、イギリスの自動車メーカーであり、フランスのPSAの現地法人である。 2017年現在、販売している乗用車の多くは同じくPSAの子会社であるオペル車のバッジエンジニアリングである。なお、かつて米国ゼネラルモーターズ(GM)系列時代はイギリス国外へ輸出され、日本でも販売されていたが、現在はイギリスのみの販売である。 日本語では「ボグゾール」「ボクソール」「ボックスホール」または「ヴォクスホール」などとも表記されるが、輸入販売元(ヤナセ:当時)により公式に採用された表記はボクスホールである。.

新しい!!: 自動車とボクスホール · 続きを見る »

トヨタ・パブリカ

パブリカ(Publica)は、トヨタ自動車が1961年から1978年まで生産した小型乗用車であるピックアップトラックのみ、2代目が1988年まで継続生産された。。.

新しい!!: 自動車とトヨタ・パブリカ · 続きを見る »

トヨタ・カローラ

ーラ(COROLLA)は、トヨタ自動車が1966年より製造・販売している乗用車のブランド(商標)、および車名である。 本稿ではカローラシリーズの基本形となるセダンを中心に、以下のモデルについても便宜上記述する。.

新しい!!: 自動車とトヨタ・カローラ · 続きを見る »

トヨタ・MR-S

トヨタ・MR-S(エムアール-エス)とは、トヨタ自動車が製造・販売していた2シーターの自動車である。手動ソフトトップのオープンタイプスポーツカーで、MR2の後継車で、初代MR2から3代目になる。セントラル自動車が製造した。.

新しい!!: 自動車とトヨタ・MR-S · 続きを見る »

トヨタグループ

トヨタグループはトヨタ自動車とその源流となった豊田自動織機を中核とした企業グループである。愛知県刈谷市の豊田自動織機や、そこから分社したトヨタ自動車を中心とした企業構成で、資本関係や技術提携のあるトヨタグループ主要企業、並びに豊田自動織機やトヨタ自動車から分社化した事業会社、機能会社を指す。またトヨタ自動車のサプライヤーや系列企業などの意味で称されることもある。.

新しい!!: 自動車とトヨタグループ · 続きを見る »

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位である。またインターブランドジャパンの調査による、世界展開している日本企業のブランド価値ランキングで10年連続1位を獲得している。 本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された地名を1959年に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された。日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例である。.

新しい!!: 自動車とトヨタ自動車 · 続きを見る »

トランスミッション

後退ギア付き5速トランスミッション(2009年式フォルクスワーゲン・ゴルフ) 自動車におけるトランスミッション()とは、歯車や軸などからなり、動力源の動力をトルクや回転数、回転方向を変えて活軸へと伝達する組立部品(ASSY)である。歯車の組合せによるものはギアボックス()とも呼ばれる。イギリス英語では「トランスミッション」はギアボックスやクラッチ、プロペラシャフト、デファレンシャル、ドライブシャフトといった駆動伝達経路全体を指す。一方、アメリカ英語では「ギアボックス」は速度とトルクを変換する歯車装置のすべてを指し、「トランスミッション」は自動車などの、減速比が変更できるギアボックスの一種として区別される。日本語では変速機または変速機構とも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とトランスミッション · 続きを見る »

トルクコンバータ

トルクコンバータ構成部品の展開モデル トルクコンバータのカットモデル トルクコンバータ()は、流体の力学的作用を利用した変速機である。「トルコン」と略されることも多い。.

新しい!!: 自動車とトルクコンバータ · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: 自動車とトルコ · 続きを見る »

トロリーバス

トロリーバス (、)とは、道路上空に張られた架線から取った電気を動力として走るバスを指す。「トロリー」とは集電装置のこと。外観も操縦法もバスに近い。無軌条電車(むきじょうでんしゃ)とも言い、略してトロバスとも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とトロリーバス · 続きを見る »

ブラジル

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。.

新しい!!: 自動車とブラジル · 続きを見る »

ブレーキ

ブレーキ (Brake) は、運動、移動する物体の減速、あるいは停止を行う装置である。これらの動作を制動と呼ぶため、制動装置(せいどうそうち)ともいわれる。 自転車、自動車、オートバイ、鉄道車両、航空機、エレベーター、競技用のソリ(ボブスレーなど)といった乗り物にはおおむね搭載されている。また、高速な稼動部を有したり、精密な停止制御が必要な機械類などでも、ブレーキを持つものがある。原義から転じて、変化を抑制する意味の単語としても用いられる(「景気にブレーキがかかる」など)。 自動車用ブレーキの一例(ランボルギーニ・ムルシエラゴのブレンボ製ディスクブレーキ).

新しい!!: 自動車とブレーキ · 続きを見る »

ブレーキペダル

MT車)のペダル。左からクラッチペダル・'''ブレーキペダル'''・アクセルペダル。 AT車)のペダル。左からパーキングブレーキ・'''ブレーキペダル'''・アクセルペダル。 ブレーキペダルは、自動車の運転装置のひとつ。フットブレーキを作動させる。三輪・四輪車では、ほとんどの場合、運転席の足元に位置し、アクセルペダルの一つ左側にある。通常、足の滑りを防止するためにペダル表面にゴムが貼られているが、ドレスアップ性を重視したアフターパーツでは滑り止めのゴムがないものが多い。アフターパーツのブレーキペダルを取り付けた場合、足が濡れている時には操作に注意を要する。 形状は、吊下げ型が主であるが、エアブレーキの車両はほとんどオルガンペダル型である。.

新しい!!: 自動車とブレーキペダル · 続きを見る »

ブレーキブースター

1990年式ジオ・ストームのブレーキブースター ブレーキ・バキュームサーボの概念図 ブレーキブースター (Brake booster) とは、倍力装置とも呼ばれる自動車のブレーキを構成する部品の一つで、運転手のブレーキ操作力を低減する為の補助を行うシステムである。特に作動にエンジン吸入負圧を用いる物は、日本語では真空サーボやマスターバック、英語圏ではバキュームサーボ (vacuum servo) とも呼ぶ。.

新しい!!: 自動車とブレーキブースター · 続きを見る »

ブレーズ・パスカル

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 - 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者である。 早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。ただし、短命であり、三十代で逝去している。死後『パンセ』として出版されることになる遺稿を自身の目標としていた書物にまとめることもかなわなかった。 「人間は考える葦である」などの多数の名文句やパスカルの賭けなどの多数の有名な思弁がある遺稿集『パンセ』は有名である。その他、パスカルの三角形、パスカルの原理、パスカルの定理などの発見で知られる。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。 かつてフランスで発行されていた500フラン紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 自動車とブレーズ・パスカル · 続きを見る »

ブガッティ

ブガッティ・T43(1928年型) ブガッティ(Bugatti)は、.

新しい!!: 自動車とブガッティ · 続きを見る »

プラモデル

プラモデルに塗装をする少年 プラモデルとは、組み立て式の模型の一種。適度に分割して成形されたプラスチック製の部品群と、組み立て説明書などをセットにしたキットの形で販売される。.

新しい!!: 自動車とプラモデル · 続きを見る »

プロトン

記載なし。

新しい!!: 自動車とプロトン · 続きを見る »

プジョー

プリンス車の参考とされた プジョー(Peugeot S.A.)は、フランスの自動車メーカーで、かつ世界最古の量産自動車メーカーである。同じフランスのシトロエン等を傘下に持ち、企業グループ「PSA・プジョーシトロエン」を構成している。 その他、50cc - 500ccのモーターサイクルを欧州市場にて、製造販売している。また19世紀末より1980年代まで自転車を製造しており、プジョーの自転車は通算10回、ツール・ド・フランスの総合優勝者の使用機材となっている。 後ろ足で立ち上がるライオンをかたどった企業ロゴ(ベルフォールのライオン)を採用している。.

新しい!!: 自動車とプジョー · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 自動車とパリ · 続きを見る »

パワーステアリング

パワーステアリング(Power steering、略称パワステ)は、自動車において、運転者の操舵を補助する機構である。この機構により、運転者は自動車を軽い力で操舵でき、また車輪がショックを受けた際に、ステアリング機構を通じて操縦者にまでショックが響いてくる「キックバック現象」を軽減できる。これらの特性により、運転者の負担を大きく軽減する効果がある。 パワーステアリング機構が装備されていない車を、対比的にマニュアルステアリング、非パワステ、ノンパワ、重ステ(おもステ)などと呼ぶことがある。.

新しい!!: 自動車とパワーステアリング · 続きを見る »

パーキングブレーキ

パーキングブレーキレバー(ポルシェ・997) パーキングブレーキ(parking brake)とは、.

新しい!!: 自動車とパーキングブレーキ · 続きを見る »

ヒュンダイ

ヒュンダイ(현대/現代〈ヒョンデ〉)とは、鄭周永によって創設された大韓民国のグループである。 かつては現代自動車及び現代重工業などを傘下に持っていた。.

新しい!!: 自動車とヒュンダイ · 続きを見る »

ビュイック

ビュイック (Buick) はアメリカ合衆国の自動車メーカー、ゼネラルモーターズ(GM)が製造・販売する乗用車のブランドのひとつである。.

新しい!!: 自動車とビュイック · 続きを見る »

ビッグスリー

1945年のヤルタ会談に出席した「'''ビッグスリー'''」。左からウィンストン・チャーチル、フランクリン・ルーズベルト、ヨシフ・スターリン ビッグスリー、ビッグ3(Big three, Big 3)は、ある分野のうち頂点の、あるいは代表的なライバル関係である3者を総称していう語である。類義語として「御三家」「三巨頭」「三本柱」「三羽烏」「三強」がある。.

新しい!!: 自動車とビッグスリー · 続きを見る »

ピックアップトラック

ピックアップトラックのイメージ 三菱・トライトン GMC・サイクロン フォード・F-100 GMC・トップキック ピックアップトラック(Pickup truck )とは、自動車の分類のひとつで、大型以外のトラックの総称である。ボディ形状は、キャビン以降に開放式の荷台を有する。 日本の車検証の車体の形状欄は、キャビンと荷台が一体のもの(例・ファミリアピックアップ、パブリカピックアップ、サニートラック、マイティボーイ等)はピックアップ、別体のもの(例・ハイラックス、プロシード等)はボンネットと記載され、後者はボンネットトラックの一種と見なされる。ダットサントラックには7代目までその両方があった。.

新しい!!: 自動車とピックアップトラック · 続きを見る »

ピストン

ピストン(Piston)とは、機械部品の一種。中空の円筒形の部品の内側にはまりこむ円筒形のものの一般的な名称。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関や、蒸気機関やスターリングエンジンなどの外燃機関に使われるほか、注射器の内筒や管楽器の音程を決めるバルブ部分にも使われているほか、身近な利用例に水洗便器用洗浄弁であるフラッシュバルブのピストンバルブがある。 以下、本稿ではレシプロエンジンのピストンについて述べる。.

新しい!!: 自動車とピストン · 続きを見る »

ツーリング (オートバイ)

ツーリング(touring) とは、オートバイを移動手段として利用しながら観光地や景勝地などを訪れたり、単なる移動手段としてではなく、オートバイで走ることを楽しむために山岳地や海岸沿いなどをルートに選んで走ることなどの総称である。.

新しい!!: 自動車とツーリング (オートバイ) · 続きを見る »

テキサス州

テキサス州(State of Texas)は、アメリカ合衆国の州のひとつ。略称はTX。合衆国本土南部にあり、メキシコと国境を接している。.

新しい!!: 自動車とテキサス州 · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: 自動車とディーゼルエンジン · 続きを見る »

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ (disc brake) は、制動装置の一種であり、主に航空機、自動車、オートバイ、自転車、鉄道車両に使用されている。車輪とともに回転する金属の円盤を、パッドなどで両側から挟み込むことによって制動する。一般的に円盤はブレーキローター、挟み込む機構はブレーキキャリパーと称される。.

新しい!!: 自動車とディスクブレーキ · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 自動車とフランス · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: 自動車とフランス語 · 続きを見る »

フランス車

ルノー・グラン・セニック フランス車(フランスしゃ)とは、フランスで生産される自動車(フランス製自動車)、もしくはフランスを本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(フランスブランド車)のことである。.

新しい!!: 自動車とフランス車 · 続きを見る »

フランス陸軍

フランス陸軍(フランス語:Armée de Terre française)はフランスの陸軍である。.

新しい!!: 自動車とフランス陸軍 · 続きを見る »

フレーム形式 (自動車)

フレーム形式(フレームけいしき)とは、自動車の構造の技術。 自動車の車台構造は、セパレートフレーム、アンセパレートフレーム、ユニコンストラクション(モノコック、ユニボディー)に大別される。.

新しい!!: 自動車とフレーム形式 (自動車) · 続きを見る »

フットブレーキ

フットブレーキは、自動車の運転中に使用される常用ブレーキ/サービスブレーキ/主ブレーキの通称。足で操作するため、フットブレーキと呼ばれる。運転者は単に「ブレーキ」と呼ぶことが多い。.

新しい!!: 自動車とフットブレーキ · 続きを見る »

フィアット

フィアット(FIAT S.p.A.)は、イタリアの自動車メーカーである。現在は、持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の一部門を構成する。.

新しい!!: 自動車とフィアット · 続きを見る »

フィアット・クライスラー・オートモービルズ

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles N.V.)は、自動車の製造・販売会社を傘下に持つ持株会社。通称FCA。日本法人はFCAジャパン株式会社。本社はイギリス・ロンドンに、登記上の本店はオランダ・アムステルダムに置かれている。イタリア証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業。.

新しい!!: 自動車とフィアット・クライスラー・オートモービルズ · 続きを見る »

フェラーリ

フェラーリ (Ferrari N.V.) は、イタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー。.

新しい!!: 自動車とフェラーリ · 続きを見る »

フェード現象

フェード現象(フェードげんしょう)とは、自動車やオートバイでの走行中に摩擦ブレーキを連続使用した結果、ブレーキの効き(制動力)が低下すること。.

新しい!!: 自動車とフェード現象 · 続きを見る »

フォルクスワーゲン

ヴォルフスブルクの本社工場 フォルクスワーゲン(Volkswagen AG)は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー。ルーツの一つであるポルシェをはじめ、傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 フォルクスワーゲンは1937年設立となっているが、旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組されたもので、工場と製品設計のみを継承したかたちとなっている。現在では世界119か所に工場を持つ。社名はドイツ語で「国民車」を意味する。 また、最近は高級SUVのトゥアレグや、Fセグメントに属する高級セダンであるフェートンなどを発売し、社名(車名)そのものの国民車メーカーから、高級車も手がけるブランドへと変貌を図っている。.

新しい!!: 自動車とフォルクスワーゲン · 続きを見る »

フォルクスワーゲン・タイプ1

タイプ1(Type 1 )は、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンによって製造された小型自動車。「ビートル」Beetle や、「カブトムシ」の通称でも知られる。 1938年の生産開始以来、2003年まで半世紀以上も生産が続き、国際的な自動車市場で多大な成功を収めた。四輪自動車としては世界最多の累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車である。.

新しい!!: 自動車とフォルクスワーゲン・タイプ1 · 続きを見る »

フォルクスワーゲングループ

フォルクスワーゲングループとはドイツの自動車開発・製造・販売を行う企業グループ。その中心企業はフォルクスワーゲンで、傘下の企業群と合わせフォルクスワーゲングループと称される。 フォルクスワーゲンが国民車製造株式会社(GmbH )から社名変更した1985年7月4日以降、フォルクスワーゲン工場(Volkswagenwerk)を想起させる以前の名前から、よりグローバル化した多様性を反映する名前とするため、特にドイツ語圏以外の市場においてフォルクスワーゲングループという呼び方がなされるようになっている。.

新しい!!: 自動車とフォルクスワーゲングループ · 続きを見る »

フォーミュラカー

フォーミュラカー (Formula car) は、「車輪とドライバーが剥き出しになっている」という規格(フォーミュラ)に沿ったレーシングカーである。フォーミュラカーで行われる自動車競技がフォーミュラレースである。この項ではフォーミュラレースについても記載する。 日本語の「フォーミュラカー」が指す対象を指す用語としては、米語でよく使われるのは「オープンホイールカー」 (open-wheel car) 、英国英語でよく使われるのは「シングルシーターカー」 (single-seater car) であるが、いずれも微妙にズレがある(#呼称)。.

新しい!!: 自動車とフォーミュラカー · 続きを見る »

フォード・モーター

フォード・モーター(Ford Motor Company)は、アメリカの自動車メーカーである。いわゆるビッグスリーの一つである。 フォードは自動車の大量生産工程、および工業における大規模マネジメント(科学的管理法)を取り入れたことで20世紀の産業史・経営史に特筆される。特に1913年、組み立て工程にベルトコンベアを導入し流れ作業を実現したことは有名である。大量の自動車を早く生産できる高効率の工場設備、士気を高める高給料の工員、一台当たりの生産コストの革新的な低減を組み合わせたフォード生産方式は「フォーディズム」の名で世界的に知られるようになった。.

新しい!!: 自動車とフォード・モーター · 続きを見る »

フォード・モデルT

フォード・モデルT (Ford Model T) は、アメリカ合衆国のフォード・モーター社が開発・製造した自動車である。 アメリカ本国ではティン・リジーなどの通称があるが、日本ではT型フォードの通称で広く知られている。 1908年に発売され、以後1927年まで基本的なモデルチェンジのないまま、1,500万7,033台が生産された。4輪自動車でこれを凌いだのは、唯一2,100万台以上を生産されたフォルクスワーゲン・タイプ1が存在するのみである。その廉価さから、アメリカをはじめとする世界各国に広く普及した。 基本構造自体、大衆車として十分な実用性を備えた完成度の高い自動車であり、更にはベルトコンベアによる流れ作業方式をはじめ、近代化されたマス・プロダクション手法を生産の全面に適用して製造された史上最初の自動車という点でも重要である。 自動車技術はもとより、「フォーディズム」の語に象徴されるように労働、経済、文化、政治などの各方面に計り知れない影響を及ぼし、単なる自動車としての存在を超越して、20世紀前半の社会に多大な足跡を残した存在である。.

新しい!!: 自動車とフォード・モデルT · 続きを見る »

ドラムブレーキ

ートバイ用のドラムブレーキを分解したところ. ドラムブレーキ(drum brake)とは、軸とともに回転する円筒形状の部材(ドラム)に制輪子(brake shoe)を押し付けて制動力や拘束力を得るブレーキの一種である。.

新しい!!: 自動車とドラムブレーキ · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 自動車とドイツ · 続きを見る »

ドイツ人

ドイツ人(ドイツじん、)は、ドイツを中心としてヨーロッパに分布する住民の定義である。文脈により以下の三つの定義を有する。.

新しい!!: 自動車とドイツ人 · 続きを見る »

ドイツ車

メルセデス・ベンツ・Sクラス ドイツ車(German Car)とは、以下のいずれかを意味する。.

新しい!!: 自動車とドイツ車 · 続きを見る »

ニコラウス・オットー

ニコラウス・オットー ニコラウス・アウグスト・オットー(Nikolaus August Otto, 1832年6月10日 - 1891年1月26日)は、ドイツの発明家。ピストン室で直接燃料を効率的に燃焼させる初めての内燃機関を発明した。既に他にも内燃機関は発明されていたが(例えばエティエンヌ・ルノワールによるもの)、それらは4つのストロークに別れたものではなかった。オットーが発明した当時に4ストローク機関という概念はあったが、それを実機に移したのはオットーが初めてということである。現在でも4ストロークの概念は「オットーサイクル」という言葉に残されている。.

新しい!!: 自動車とニコラウス・オットー · 続きを見る »

ニコラ=ジョゼフ・キュニョー

ュニョーの砲車:1771年修復後の2号車:パリ工芸博物館展示 ニコラ=ジョゼフ・キュニョー(Nicolas-Joseph Cugnot 、1725年2月26日 - 1804年10月7日)は、18世紀フランスの軍事技術者であり、世界最初の自動車と認められている蒸気三輪自動車を開発した人物である。 七年戦争においてプロイセンとイギリスに敗北したフランスが軍事力強化に邁進した時代に、当時の最新技術であった蒸気動力を使い、馬に変わり大砲を運ぶ用途の大型運搬車両がフランス陸軍から依頼された。2台が試作され、うち1台はルイ15世の資金で製作された。1台目(1号車)は1769年に走行し、このときキュニョーは44歳だった。製作はフランス軍隊の工場でおこなわれた。この大砲の運搬具はファルディエ(『キュニョーの砲車』)とよばれる。.

新しい!!: 自動車とニコラ=ジョゼフ・キュニョー · 続きを見る »

ホンダ・インサイト

インサイト(Insight)は、本田技研工業が生産、販売していたハイブリッドカーである。 2006年に一度生産・販売を終了し、約2年7か月後の2009年2月に、コンセプトを大幅に変更し新型ハイブリッド戦略車として復活したが、2014年3月に生産・販売を終了した。2018年に米国でシビックの上位モデルとして2度目の復活が予定されている。.

新しい!!: 自動車とホンダ・インサイト · 続きを見る »

ホールデン

ホールデンは、英語圏に見られる姓、人名である。;Holden.

新しい!!: 自動車とホールデン · 続きを見る »

ダットサン

ダットサン(Datsun)は、日産自動車が2013年より新興国向けに展開している自動車ブランド。 1986年以前は、日産自動車のブランド名として、日本国内外でブルーバードなどの名車を展開していた。本項目ではそれらについても詳説する。.

新しい!!: 自動車とダットサン · 続きを見る »

ダッジ

ダッジ(Dodge )とはアメリカの自動車ブランドである。1914年に設立されたダッジ・ブラザーズ(Dodge Brothers)自動車が前身で、1928年に買収されクライスラーの一部門となった。1998年からはダイムラー・クライスラーの一部門であったが、現在は再びクライスラーの一部門である。十字のフロントグリルが特徴。.

新しい!!: 自動車とダッジ · 続きを見る »

ダイハツ工業

ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつで、昭和41年までは鉄道車輌用の原動機、変速機および駆動装置も製造していた。 現在のコーポレーションスローガンは「Light you up 〜らしく、ともに軽やかに〜」。.

新しい!!: 自動車とダイハツ工業 · 続きを見る »

ダイムラー

ダイムラー、デイムラー().

新しい!!: 自動車とダイムラー · 続きを見る »

ダカール・ラリー

ダカール・ラリー()とは、アモリ・スポル・オルガニザシオン (A.S.O.) の主催により毎年1月に南米大陸で行われるラリーレイド競技大会である。フランス人冒険家ティエリー・サビーヌの発案により1979年から開催されており、「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。 元々はフランスのパリを出発点、セネガルのダカールを終着点として主にアフリカ大陸で競技が行われ、パリ-ダカール・ラリー(、日本での略称「パリダカ」)と呼ばれていた。 大会の公式語はフランス語であり、フランス語では一般に「ラリー・ダカール()」と呼び、さらに短縮して「ル・ダカール()」と呼ぶこともある。日本語では英語風の語順で「ダカール・ラリー」と呼ぶことが多い。.

新しい!!: 自動車とダカール・ラリー · 続きを見る »

ベントレー

ベントレーのオーナメント ベントレー(Bentley )は、イギリスの高級車・スポーツカーメーカー、ブランドである。 1998年以降はドイツ・フォルクスワーゲングループ傘下となり、同グループのフォルクスワーゲン部門に属する。 名称は創業者のウォルター・オーウェン・ベントレー(以降W.O.)にちなむ。.

新しい!!: 自動車とベントレー · 続きを見る »

ベーパーロック現象

ベーパーロック現象(ベーパーロックげんしょう、)とは、液体が加熱され生じた泡により液体の流動や圧力の伝達が阻害される現象のこと。ヴェイパーロック現象とも。典型例としては、自動車のフットブレーキの液圧系統内部にブレーキフルードの過熱による沸騰で気泡(蒸気)が生じる現象として知られる。この状態でブレーキペダルを踏んでも気泡が圧力を吸収してしまいブレーキの効きは著しく悪化する。.

新しい!!: 自動車とベーパーロック現象 · 続きを見る »

分業

分業(ぶんぎょう、英:division of labor)とは、複数の人員が役割を分担して財(モノ)の生産を行うことである。もともとは経済学の用語であったが、現代では幅広く社会関係全般に適用して使われている。.

新しい!!: 自動車と分業 · 続きを見る »

アバルト

フィアットアバルト500 フィアットアバルト750 フィアットアバルト750ザガート フィアットアバルト1000前部 フィアットアバルト1000後部 フィアットアバルトシムカ1300 フィアットアバルトシムカ2000 アバルトレースカー アバルト(Abarth)は、かつてイタリアに存在した自動車メーカーである。1949年、トリノに設立され、おもにフィアット車を用いての自動車競技への参加、自動車部品や改造車の販売などを行っていた。 1971年にフィアットに買収され、その後しばらくは同社の自動車競技部門に関与するなどしていた。1990年代以降にはフィアット車のモデル名に名を残す、いわゆる社内ブランドとの位置付けとなっていた。 その後、フィアットの自動車部門を統括するフィアットオートモービルグループ社のもとに、アバルト&C.社(Abarth & C. S.p.A.)が再組織され、2007年に発売された乗用車フィアット・500へアバルトの名を冠するモデルが設定され、現在に至る。.

新しい!!: 自動車とアバルト · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 自動車とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ路面電車スキャンダル

パシフィック電鉄の電車がスクラップ置き場に山積みされている様子、1956年 アメリカ路面電車スキャンダル(アメリカろめんでんしゃスキャンダル、Great American Streetcar Scandal)とは、ゼネラルモーターズ、ファイアストン、シェブロン、フィリップス石油(Phillips Petroleum Company、後のコノコフィリップス)などによって設立されたナショナル・シティ・ラインズ社(NCL: National City Lines)によって20世紀中ごろにアメリカ合衆国中の路面電車網が買収され、廃止されてバスに置き換えられたという陰謀論である。この陰謀論では、NCL社にはアメリカの一般大衆に自動車を買わせようとする隠れた意図があったものとされている。 NCLに買収された各路面電車網に対して、他社のものではなくGM製のバスを買わせようとした陰謀でシャーマン法に違反したとして有罪となり、ゼネラルモーターズは5000ドル、各重役は1ドルの罰金を科されたことは事実であるが、NCLが所有していない路面電車網でも路線の廃止が進められていたため、この罰金は路面電車を廃止したことに対するものではなかった。.

新しい!!: 自動車とアメリカ路面電車スキャンダル · 続きを見る »

アメリカ車

アメリカ車(アメリカしゃ)とは、主にアメリカ合衆国の自動車メーカーが生産する自動車のことを指す。アメ車と呼ばれることもある。アメリカ資本のブランドでも、フォード・ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、スペイン、ベルギー生産)やGM大宇のシボレー車(韓国生産)、合弁企業を含む日本やドイツブランドの北米生産車は除外されることが多い。.

新しい!!: 自動車とアメリカ車 · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: 自動車とアルミニウム · 続きを見る »

アルファロメオ

アルファロメオ6C(1930年) アルファロメオ(Alfa Romeo)は、イタリアの自動車製造会社である。 第二次世界大戦以前から自動車レース界の強豪でもある高性能車メーカーとして名声を得、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして知られたが、経営難に陥った後の現在はイタリア最大手のフィアット傘下にあって、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発、生産を担っている。.

新しい!!: 自動車とアルファロメオ · 続きを見る »

アルコール燃料

沖縄県宮古島市のE3/E10(エタノールを容積比で3%/10%含む燃料)専用給油所 アルコール燃料(アルコールねんりょう)は、内燃機関などのエネルギー源として利用されるアルコールの総称。アルコール単独であるいは他の燃料と混合して使用される。最近の原油価格高騰および地球温暖化に対する関心の高まりを背景に、化石燃料を代替する燃料として注目が集まっている。特に、メタノール、エタノール、ブタノールおよびプロパノールについては、バイオマス(現生生物由来の資源)から合成が可能で、現在普及している内燃機関の燃料としてそのまま利用できることから注目度が高い。 アルコール燃料のうち、メタノールは、主として天然ガスから合成されており、原油価格の高騰を背景に、石油を補う代替自動車燃料としての利用が模索されている。一方、エタノールは、主としてバイオマスから製造されているため、温暖化ガスの排出につながらないことや再生可能資源(renewable resource)で永続的に利用可能であることを背景に注目され、近年急速に普及をみせている。.

新しい!!: 自動車とアルコール燃料 · 続きを見る »

アッカーマン・ジャントー

基本的なアッカーマン機構の動作。四輪全ての中心線が一点で交わる。 茶色の棒がナックルアーム、黄色の細い棒がタイロッド アッカーマン・ジャントー機構(Ackermann-Jeantaud scheme)とは4輪自動車におけるステアリングに関する基礎的な理論で、スリップアングル等を考慮しないごく低速での移動時において、4輪全てが滑らかに動くための条件を示すものである。またこのステアリング・ジオメトリを、アッカーマン・ステアリング・ジオメトリ(Ackermann steering geometry)という。 右図の上のような4輪車があり、ごくゆっくり移動しながら左にステアリングを切っているとする。全ての車輪は各瞬間において、その向いている方向に動くものとする。以上の条件の下で、後輪は操向しないのであるから、回転の中心は後車軸の延長線上にある。右図の下で、黄色い点で示した。 次に、左右の前輪について考える。前述の条件を満たすには、それぞれの車軸の延長線が、回転の中心を通る必要がある(右図の下)。この時、左右の前輪はそれぞれの位置で操向するために、ホイールベースとトレッドによって方向(角度)に差ができる。このため、平行(パラレル)リンクで左右の前輪が平行になるように操向してしまうと、それぞれの車輪でズレが発生してしまう。 右図は、実用上十分な近似として知られている解決法も示している。ここで示しているように、左右それぞれのナックルアームの延長線が後車軸上で交わるぐらいに、タイロッドを少し短く変形した4節リンクとすればよい。このリンクを指してアッカーマン(・ジャントー)機構と呼ぶこともある。 最後に、以上はいわゆるスリップアングルなどが発生しないごく低速の場合を前提としている。いわゆるアンダーステアやオーバーステアといったことが議論される、定常円旋回をはじめとしたある程度以上の速度の走行におけるコーナリングにおいては、いわゆるコーナリングフォースを考慮しなければならない。.

新しい!!: 自動車とアッカーマン・ジャントー · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。 1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。その冒険的な外交政策はドイツを第二次世界大戦へと導くことになった。また、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を主導したことでも知られる。敗戦を目の前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。.

新しい!!: 自動車とアドルフ・ヒトラー · 続きを見る »

アウディ

アウディ(ラテン語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。.

新しい!!: 自動車とアウディ · 続きを見る »

インディ500

Indy 500(1994年) インディアナポリス500マイルレース(Indianapolis 500, インディアナポリス500、インディ500とも呼ぶ)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス市近郊のスピードウェイにあるインディアナポリス・モーター・スピードウェイで毎年5月に開催されるアメリカンモータースポーツイベントである。.

新しい!!: 自動車とインディ500 · 続きを見る »

インフィニティ

インフィニティ(infinity, infiniti).

新しい!!: 自動車とインフィニティ · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 自動車とインド · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: 自動車とインドネシア · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: 自動車とインターネット · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 自動車とイギリス · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: 自動車とイタリア · 続きを見る »

イタリア車

イタリア車(イタリアしゃ)とは、イタリアで生産される自動車(イタリア製自動車)、もしくはイタリアを本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(イタリアブランド車)のことである。.

新しい!!: 自動車とイタリア車 · 続きを見る »

ウェイモ

ウェイモ(Waymo)とは、米アルファベット傘下の自動運転車開発企業。2016年12月13日にGoogleの自動運転車の開発部門が分社化して誕生した。.

新しい!!: 自動車とウェイモ · 続きを見る »

エンジンブレーキ

ンジンブレーキ(Engine braking)とは、自動車や鉄道車両など、エンジン(主として容積型内燃機関)で車輪を駆動する車両において、エンジンに燃料を送り込まないことによって、エンジンの抵抗によって生じる制動作用である。独立した制動装置があるわけではなく、自動車やオートバイではアクセルペダルやスロットルグリップを戻して、エンジンの出力を落とすことでエンジンブレーキの作用が発生する。鉄道車両では、エンジンブレーキボタンやブレーキハンドルを操作することで利用できる。.

新しい!!: 自動車とエンジンブレーキ · 続きを見る »

エコ・ステーション

・ステーション(CNG自動車) エコステーション(Eco-Station)は、低公害車の一種である燃料電池自動車や代替燃料自動車や電気自動車などのクリーンエネルギー自動車に燃料や充電用の電気を供給する場所の総称で、名称は2005年に解散したエコ・ステーション推進協会の登録商標となっている。.

新しい!!: 自動車とエコ・ステーション · 続きを見る »

エタノール

タノール(ethanol)は、示性式 CHOH、又は、CHCHOH で表される、第一級アルコールに分類されるアルコール類の1種である。別名としてエチルアルコール(ethyl alcohol)やエチルハイドレート、また酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。殺菌・消毒のほか、食品添加物、また揮発性が強く燃料としても用いられる。.

新しい!!: 自動車とエタノール · 続きを見る »

オペル

ペルのエンブレムと標語「我らはクルマと共に生きる」 オペル (Opel 、正式社名:アダム・オペル、Adam Opel AG )は、ドイツの自動車メーカーである。会社設立は1863年であり、ヘッセン州ダルムシュタット行政管区グロース=ゲーラウ郡リュッセルスハイムを本拠としている。 1929年以降はゼネラルモーターズ(GM)の100%子会社となり、イギリスを拠点とするボクスホールとともにGMの欧州ビジネスを担ってきた。2017年、PSA・プジョーシトロエンによる買収が報じられ、同年3月6日、正式に買収が発表された。.

新しい!!: 自動車とオペル · 続きを見る »

オート三輪

ート三輪(オートさんりん)は、三輪自動車の貨物自動車である三輪トラックを指す。日本で用いられる呼称。 軽便・安価で、悪路と過積載に強く、小回りの利く特性から、日本では1930年代から1950年代に隆盛を極めたが、その後、より価格性能比に勝る四輪トラックの登場により取って代わられ衰退した。 オート三輪など前一輪後二輪のものは斜め前に引く力に弱い。特に旋回中にブレーキを使った場合、制動による慣性力と遠心力の合成により斜め前に力が働き、前一輪では横方向に踏ん張りが効かず内側後輪が持ち上がる。多くはハンドルとブレーキを戻せば避けられるが、ハンドルを切りパニックブレーキをかける事でより回転が増し容易に横転する。 「オート三輪」の呼称は、自走式、つまりエンジン付き三輪車の意味で、日本で三輪車の多数派であったトラック、ないしは、その派生形の貨物車を指す語として定着している。客室を架装してタクシーにも使用された例があり、極まれに乗用登録のものも見られるが、極めて例外的なものである。またそのため、当初から乗用車として設計された3輪式乗用車(例 ダイハツ・Beeや、富士自動車(現・コマツユーティリティ)・フジキャビン、イギリスのリライアント、ボンドなど)は、トラックシャシをベースとしているわけではないため、通常「オート三輪」とは呼ばれない。 この記事では、日本において小型自動車扱いであった三輪トラックの「オート三輪」と、そのブームの少し後にブームとなった、軽自動車扱いの軽三輪トラックについて主に述べる。.

新しい!!: 自動車とオート三輪 · 続きを見る »

オートマチックトランスミッション

ートマチックトランスミッション(、AT)あるいは自動変速機(じどうへんそくき)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。.

新しい!!: 自動車とオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

オートバイ

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

新しい!!: 自動車とオートバイ · 続きを見る »

オートローン

ートローンとは、信用販売の商品の一つで、自動車の購入に対するローンのこと。狭義にはオートクレジットなどの名称で、総合信販会社や自動車メーカー系列のファイナンス会社(総じてノンバンク)が提供する自動車購入の際の分割払いを指す。 日本においては、銀行・信用金庫・JAバンク・労働金庫などの預金金融機関がマイカーローン・自動車ローンの名目で、主に個人向けに自動車購入資金を融資する商品として取り扱いがなされている。 1990年代を中心に生命保険会社も個人融資のすそ野を広げる一環で、同様の商品の提供若しくは信販会社への優遇金利扱いでの申込斡旋を行っていたが、これは縮小している。 また、企業・自営業での営業車といった事業用車には、銀行等による法人融資やオートリースが充てられるケースが多い(申込みは可能である会社が多いが、法人そのものの審査に加え、代表者個人の審査も行われる場合が殆どである)。.

新しい!!: 自動車とオートローン · 続きを見る »

オートパイロット

ートパイロット(autopilot)あるいは自動操縦(じどうそうじゅう)とは、乗り物を、人の手によってではなく、機械装置により自動的に操縦する装置・システムを指す名称である。.

新しい!!: 自動車とオートパイロット · 続きを見る »

オープンカー

VW・ニュービートル レクサス・IS C ダイハツ・コペン(軽自動車) アウディTT・ロードスター オープンカーとは、屋根がないか、もしくは屋根開放が可能な乗用自動車を指す言葉。和製英語である。 馬車の歴史からボディスタイルを詳細に区別する欧米では、アメリカ合衆国ではコンバーチブル(Convertible )、イギリスではロードスター(Roadster )もしくはドロップヘッドクーペ(Drophead Coupe )、フランスやドイツではカブリオレ・カブリオレット(Cabriolet / Kabriolett )やカブリオ (Cabrio )と呼ばれるものが現代の代表的なオープンカーである。黎明期の自動車はオープンボディであったが、クローズドボディのセダンが一般化したため、従来のオープンボディの自動車を示すレトロニムである。現代では開放的な走りを楽しむ趣味的な車として使用されることが多い。客室が開放され外部へのアピールができるため、このタイプの車両は馬車の時代から各種のパレードや式典などでも用いられている。 現在では、ほとんどの車種が折りたたみや取り外しが可能な幌を備えており、車種によっては収納式や取り外しが可能なハードトップが用意されているものもある。.

新しい!!: 自動車とオープンカー · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: 自動車とオーストラリア · 続きを見る »

オーストリア人

ーストリア人(Österreicher 女性形はÖsterreicherin)は、.

新しい!!: 自動車とオーストリア人 · 続きを見る »

オイルサンド

トリニダード・トバゴで露出しているオイルサンド層 オイルサンド (Oil sand、油砂(ゆさ)文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。()))あるいはタールサンド(Tar sands)とは、極めて粘性の高い鉱物油分を含む砂岩のこと。原油を含んだ砂岩が地表に露出、もしくは地表付近で地下水などと反応し、揮発成分を失ったものと考えられている。色は黒ずみ、石油臭を放つことが特徴。油分が石炭を乾留した時に出るコールタールに似ていることから、初めタールサンドと呼ばれたが、実際の成分は石油精製から得られるアスファルトに近い。 母岩が砂岩ではなく頁岩の場合にはオイルシェール (Oil Shale) と呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とオイルサンド · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 自動車とカナダ · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: 自動車とカリフォルニア州 · 続きを見る »

カーリース

ーリースまたはオートリース(Auto Leasing)は、自動車をリースすることである。.

新しい!!: 自動車とカーリース · 続きを見る »

カール・ベンツ

ール・フリードリヒ・ベンツ(Karl Friedrich Benz、1844年11月25日 - 1929年4月4日)は、 ドイツのエンジン設計者、自動車技術者である。世界初の実用的なガソリン動力の自動車を発明し、妻のベルタ・ベンツと共に「メルセデス・ベンツ」の基盤を築いた。同時代のドイツ人、ゴットリープ・ダイムラーとヴィルヘルム・マイバッハも同様の発明をしていたが、互いのことは知らず、ベンツの方が特許を先に取得し、その後内燃機関を自動車の動力に使うためのあらゆる特許を取得した。1879年にエンジンについての最初の特許、1886年に自動車に関する最初の特許を取得している。.

新しい!!: 自動車とカール・ベンツ · 続きを見る »

カー・オブ・ザ・イヤー

ー・オブ・ザ・イヤー(Car of the Year、)とは、1950年にアメリカ合衆国の自動車雑誌「モーター・トレンド(w:Motor Trend)」が、過去1年間で最も優秀な自動車に対して授与する賞の名称として使用を始めたものである。 モーター・トレンド誌による同賞は今日まで継続しているが、現在では同様の名称を冠した自動車賞が世界中に多数ある。.

新しい!!: 自動車とカー・オブ・ザ・イヤー · 続きを見る »

カーシェアリング

ーシェアリング(carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。.

新しい!!: 自動車とカーシェアリング · 続きを見る »

ガラス

ガラス工芸 en) 建築物の外壁に用いられているガラス ガラス(、glass)または硝子(しょうし)という語は、物質のある状態を指す場合と特定の物質の種類を指す場合がある。.

新しい!!: 自動車とガラス · 続きを見る »

ガソリン

リン 金属製ガソリン携行缶20 L 自動車用レギュラーガソリン ガソリン(瓦斯倫、ペトロ petrol、米:gasoline)とは、石油製品の一種で、沸点が摂氏30度から220度の範囲にある石油製品(および中間製品)の総称。この名称は、「gas(ガス)」とアルコールやフェノール類の接尾辞であるolと不飽和炭化水素の接尾辞であるineに由来する。 ガソリンは代表的な液体燃料である。米国ではガスと呼ばれることが多く、燃料切れを意味するガス欠はこれに由来する。日本の法令などでは揮発油(きはつゆ)と呼ばれる場合がある。.

新しい!!: 自動車とガソリン · 続きを見る »

ガソリンエンジン

4ストロークエンジン (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 ガソリンエンジン(gasoline engine)は、ガソリン機関ともいい、燃料であるガソリンと空気の混合気を圧縮したあと点火、燃焼(予混合燃焼)・膨張させるという行程を繰り返し、運動エネルギーを出力する内燃機関である。.

新しい!!: 自動車とガソリンエンジン · 続きを見る »

キャデラック

ンブレム キャデラック・プレジデンシャル・リムジン(アメリカ大統領専用車仕様) キャデラック(Cadillac)は、アメリカの自動車メーカーであるGMが展開している高級車ブランドである。略称はキャディ(Caddy)。.

新しい!!: 自動車とキャデラック · 続きを見る »

キュニョーの砲車

ュニョーの砲車(キュニョーのほうしゃ)は、フランス陸軍砲兵部隊のためにルイ15世の陸軍大臣であった宰相ショワズールがキュニョーに製作させた三輪蒸気自動車の試作車である。1769年と1770年の2年間に2台が製作された。馬の代わりに蒸気機関を使い、大砲の牽引に使えるかどうか検討するために試作され、2台目は全長7メートルを超える大型運搬車だった。これは世界初の自動車と認定され、1台目(1号車)が製作され試運転で走行した1769年が自動車誕生の年とされている。2台目(2号車)は現存する最古の自動車として保管展示されており見学が可能である。これは1770年の試運転中に事故で壊れ翌1771年に補修されたものと伝えられている。 復元されたキュニョーの砲車 動画 https://www.youtube.com/watch?v.

新しい!!: 自動車とキュニョーの砲車 · 続きを見る »

クランクシャフト

ランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。かつて日本語では曲軸と言われた。 クランクシャフトが文献に現れるのはアル=ジャザリの1206年の著作が最古である。.

新しい!!: 自動車とクランクシャフト · 続きを見る »

クラッチ

ラッチプレート(中央)はプレッシャープレート(右)のプレートスプリング(ダイヤフラムスプリング)に押さえつけられ、摩擦力により動力を伝達している。クラッチペダルの操作によりレリーズフォーク(クラッチレバー)の端部に荷重がかかり(黒色矢印)、レリーズベアリング(スラストベアリング)がプレートスプリングの中心付近を押すことでプレートスプリングによる圧着荷重が解放され、回転を遮断する。この図のレリーズフォークはプレートスプリングを原動機の方向に押す「プッシュ式」であるが、原動機から離す方向へプレートスプリングを引く「プル式」もある。 クラッチ(Clutch)は、2つの動力伝達軸の間で回転を伝達したり遮断したりする機械要素である大西1997 pp9-19。機械的に噛み合う構造や摩擦力を利用した構造のほか、粘性や電磁力を用いる方式がある。.

新しい!!: 自動車とクラッチ · 続きを見る »

クライスラー

ライスラーは、アメリカ合衆国ミシガン州オーバーンヒルズに本社を置く自動車メーカーFCA US LLCの自動車ブランドの一つである。FCA US LLCは、イギリス・ロンドンに本社を置く持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の子会社。.

新しい!!: 自動車とクライスラー · 続きを見る »

クーペ

ーペ(仏:coupé クペ、クッペフランス語発音はで、「クペ」または「クッペ」(アポロ仏和辞典・角川書店 ISBN 4-04-012700-5)となる。発音記号でもkupeで短母音である。カタカナで一般的に表記される「クーペ」という長母音の表記は、本来のフランス語発音からは間違ったものとなる。)とは、.

新しい!!: 自動車とクーペ · 続きを見る »

コネクテッドカー

ネクテッドカー(Connected Car)は、インターネットへの常時接続機能を具備した自動車である。.

新しい!!: 自動車とコネクテッドカー · 続きを見る »

ゴットリープ・ダイムラー

ットリープ・ヴィルヘルム・ダイムラー(Gottlieb Wilhelm Daimler, 1834年3月17日 - 1900年3月6日)は、ドイツの技術者。.

新しい!!: 自動車とゴットリープ・ダイムラー · 続きを見る »

シュコダ・オート

ュコダ・オート (Škoda Auto) は、チェコの自動車メーカーである。本社は中央ボヘミア州のムラダー・ボレスラフ。現在はドイツのフォルクスワーゲングループ傘下で、チェコ国内自動車生産のシェア1位を占める。スローガンは「SIMPLY CLEVER」。.

新しい!!: 自動車とシュコダ・オート · 続きを見る »

ショッピングセンター

トロント・イートン・センター ショッピングセンター()は、複数の小売店舗や飲食店、美容院、旅行代理店などサービス業の店舗も入居する商業施設である。略称は「SC」。ショッピングモール()とも呼ばれる。 単独出店と比べ、顧客吸引力が強くでき、駐車場や荷捌き施設などが共用できる。また、開発業者が建物を所有する形態であると小売業者の初期投資が軽減できる。.

新しい!!: 自動車とショッピングセンター · 続きを見る »

シボレー

ボレー(Chevrolet )は、アメリカ合衆国の自動車メーカー、ゼネラルモーターズ (GM) が製造・販売する自動車のブランドである。略称はシェビー(Chevy )。フランス語に由来する正式名が英語圏の人には発音し難いため略称がついたとされる。 日本ではスポーティーカー、あるいは大型SUVやピックアップトラックなどに代表される、いわゆるアメリカ車のイメージが強いが、シボレーはオセアニアを除くほぼ全世界で展開される、GMでは数少ないグローバルブランドの一つであり、その製品ラインナップも多岐に渡る。なお、オセアニアではホールデンにリバッジされて販売されている。また、韓国市場においては2011年3月に「GM大宇」ブランドが廃止され、一部車種を除いてシボレーブランドに切り替えられた。.

新しい!!: 自動車とシボレー · 続きを見る »

シックハウス症候群

ックハウス症候群(シックハウスしょうこうぐん、Sick House Syndrome)は、米英での(Sick building syndrome/シックビルディング症候群)についての邦訳。建築用語または症候のひとつ。 新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名。また、新品の自動車でも同様の症状(New car smell)が報告されており、シックカー症候群としてマスメディア等で取り上げられている。職場だけでなく住居で多くの問題があることから歯科医師の上原裕之が命名した。 なお、真菌や担子菌のトリコスポロンが要因とされる夏型過敏性肺炎(summer-type hypersensitivity pneumonitis)は、シックハウス症候群とは同一ではない。.

新しい!!: 自動車とシックハウス症候群 · 続きを見る »

シトロエン

トモビル・シトロエン (Automobiles Citroën)は、フランスの大手自動車メーカー。現在はPSA・プジョーシトロエン・グループの一企業である。 いち早い前輪駆動方式の採用や、窒素ガスを気体バネに用いて高圧油圧制御する独自のサスペンション機構「ハイドロニューマチック」の開発をしていたことで知られる。.

新しい!!: 自動車とシトロエン · 続きを見る »

ジャガーランドローバー

ャガーランドローバー(Jaguar Land Rover Automotive PLC)はインドのタタ・モーターズが所有するイギリスの自動車会社である。.

新しい!!: 自動車とジャガーランドローバー · 続きを見る »

ジープ

フォード・GPW。第二次世界大戦中に大量生産された標準的なジープ。製造メーカーの異なるウィリス・MBとは細部に異なる部分はあるが、部品に互換性があり形態・構造ともにほぼ同一であった ジープ(英語:Jeep)は、FCA US LLC(フィアット・クライスラー・オートモービルズ:FCAの米国法人)傘下の四輪駆動車のブランドである。.

新しい!!: 自動車とジープ · 続きを見る »

ジークフリート・マルクス

点火装置 "Wiener Zünder"(1864年) 1870年製作の1台目の自動車 1888年製作の2台目の自動車 (http://www.tmw.ac.at/default.asp?id.

新しい!!: 自動車とジークフリート・マルクス · 続きを見る »

ジェネシス (ヒュンダイ)

ェネシス(Genesis、제네시스)は、韓国の自動車メーカーである現代自動車が展開する高級車ブランドである。.

新しい!!: 自動車とジェネシス (ヒュンダイ) · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: 自動車とスペイン · 続きを見る »

スバル・360

バル360(Subaru 360)は、富士重工業(現・SUBARU)が開発した軽自動車である。1958年から1970年までのべ12年間に渡り、約39万2,000台が生産された。.

新しい!!: 自動車とスバル・360 · 続きを見る »

スロバキア

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はブラチスラバで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。 古代には(623年-658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったが、この地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下にあって、ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。 第一次世界大戦後オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、その後、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る。.

新しい!!: 自動車とスロバキア · 続きを見る »

スーパーマーケット

ーパーマーケットの店内(ブラジル・サンパウロ) ポートランド) スーパーマーケット(supermarket, SM)は、高頻度に消費される食料品や日用品などをセルフサービスで短時間に購入できるようにした小売業態である。 スーパーマーケットの名称は、英語で「市場(いちば)」を意味する “マーケット”(market)に、「超える」という意味の“スーパー”(super)を合成し、「伝統的な市場を超えるほどの商店」の意で作られた造語であるが、スーパーマーケットの事業が拡大するうちにひとつの名詞となった。特定の品目を専門的に扱うのではなく、幅広い品目の商品を取り揃えることが通例であり、狭義では食料品や日用品販売主体の店舗を指すが、日本では総合スーパー、食品スーパー、衣料スーパーというように、セルフサービスの総合店を指している場合が多い。 日本で、この業態が誕生した時期には「SSDDS」や「セルフデパート」と呼ばれたりもしていた。 (詳細は#SSDDS・セルフデパート参照).

新しい!!: 自動車とスーパーマーケット · 続きを見る »

ステーションワゴン

テーションワゴン (station wagon) は、自動車のスタイルの呼称である。 いわゆる2ボックスの形状で前部にはエンジンフード、後部には乗員の座席とひとつづきの荷室を備えている。1990年代以前は荷室に予備座席(ジャンプシート)を備え現在のミニバン並みに使えるものも少なくなかった。単にワゴンとも呼ぶが、報道などで「ワゴン車」という場合はワンボックス型であることもある。.

新しい!!: 自動車とステーションワゴン · 続きを見る »

ステータスシンボル

テータスシンボル」とは、目に見えて認識できる「社会的地位」の外的な表示物である。自身はどのような地位であるかということを示すため、それを象徴するような所持品のことを「ステータスシンボル」という。 高級車、高級な腕時計や衣服、住宅、骨董品などがこれに当て嵌まっていることが多い。過去の日本では価格が高いということだけをステータスシンボルと判断するような風潮も存在していたため、高価格であるということだけを理由として商品を選択する消費者もいた。その頃の輸入品は国内の同製品と比較してみれば高価格になっていたことから、輸入品というだけで「ステータスシンボル」になるという時代も存在していた。 だが、時代は変わり、高級品には価格相応の価値(品質、性能)が要求され、また高品質の低価格商品が求められるようになっている。そして輸入品も一部の人のみが購入できるステータスシンボルではなくなっている。 更に、昔は「ステータスシンボル」であった物も本質的な価値、つまり実用性の伴わない高級品は滑稽で悪趣味なものとして忌避される考え方も一般的になりつつある。.

新しい!!: 自動車とステータスシンボル · 続きを見る »

ステアリング

テアリング(英語:steering)とは、乗り物の進行方向を任意に変えるためのかじ取り装置のこと。日本語の専門用語では「操舵装置」という。 小型船舶から、自転車、オートバイ、自動車から戦車にいたる陸上の車両まで広く使用されている。 以下では自動車で使われるステアリング機構とステアリング・ホイール(ハンドル)について説明する。.

新しい!!: 自動車とステアリング · 続きを見る »

スカニア

ニア製トラック(トレーラーヘッド) スカニア製バス 1901年製 スカニアA1 スカニア(Scania Aktiebolag, Scania AB, Scania)はスウェーデンの重工業会社。トラック、バス、工業用ディーゼルエンジンを主力商品とする。.

新しい!!: 自動車とスカニア · 続きを見る »

スケールモデル

ールモデルとは、対象となる物の形状を、スケール (縮尺) に基づいて忠実に再現した模型のことを指す。実物を縮小して作成されることが多いが、同じ大きさや拡大して作られるものもある。縮尺模型、縮小したものはミニチュアとも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とスケールモデル · 続きを見る »

スズキ

* スズキ (企業) - 日本の自動車・二輪車メーカー.

新しい!!: 自動車とスズキ · 続きを見る »

セミオートマチックトランスミッション

ミオートマチックトランスミッション( 以下、セミAT)とは、自動車のトランスミッションの1種で、変速操作が手動でクラッチ操作のみを自動化したものである。運転席にクラッチペダルがなく、アクセルとブレーキの2つのペダルだけでありながら、手動で変速操作をしなければならないため2ペダルMTとも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とセミオートマチックトランスミッション · 続きを見る »

セダン

トヨタ・カローラアクシオ(2代目2次改良型・シリーズ通算11代目) セダン(sedan)とは、車体形状や使用形態により分類される自動車の形態の1つである。.

新しい!!: 自動車とセダン · 続きを見る »

セアト

アト(SEAT S.A. )は、スペイン・カタルーニャ州に本拠を持つ自動車会社。フォルクスワーゲン・グループの傘下にある。 社名は、Sociedad Española de Automóviles de Turismo(スペイン乗用自動車会社)を現す。1999年に正式社名が"SEAT S.A."となった。日本への正規輸入・販売は行われていない。.

新しい!!: 自動車とセアト · 続きを見る »

セグメント (自動車)

自動車におけるセグメント とは、主に欧州でマーケティング手法として統計調査に使用される乗用車の分類概念であり、調査主体や調査目的により区分や名称が変わる。.

新しい!!: 自動車とセグメント (自動車) · 続きを見る »

ゼネラルモーターズ

ネラルモーターズ(General Motors Company)は、アメリカ合衆国の自動車メーカーである。本社はミシガン州デトロイト。略称は「GM」。 20世紀初頭にミシガン州で創業。1930年代から第二次大戦後にかけてアメリカ最大の市場シェアを握り、特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーとして繁栄した。70年代以降は輸入車との競争に苦しみ低迷、2009年6月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請し倒産、国有化された。2013年12月9日にアメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式全ての売却が完了し、国有化が解消された。.

新しい!!: 自動車とゼネラルモーターズ · 続きを見る »

ゼロ・エミッション

・エミッション(zero emission)とは、環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しないエンジン、モーター、しくみ、または、その他のエネルギー源を指す。emission は「エミッション」とローマ字読みされがちだが、英語の発音は「イミシャン」の方が近い。中黒を付けずにゼロエミッションとも表記される。 国連大学が1994年に提唱した排出ゼロ構想である。正式にはゼロエミッション研究構想(Zero Emissions Research Initiative.

新しい!!: 自動車とゼロ・エミッション · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: 自動車とタイ王国 · 続きを見る »

タクシー

タクシー(taxi)とは、運転手と車両とを貸し切る形で少人数の旅客を輸送する公共交通機関、およびその用に供する車両である。通常、旅客が任意の目的地を指定できる。現代では一般に自動車が使用される。.

新しい!!: 自動車とタクシー · 続きを見る »

タタ大宇

タタ大宇商用車(タタだいうしょうようしゃ、タタでーうしょうようしゃ、Tata Daewoo Commercial Vehicle )は、韓国第2位のトラックメーカーである。 もとは大宇自動車(乗用車部門はGM大宇→韓国GMに事業を移管)のトラック部門として設立されたが、2004年にインドのタタ・モーターズの100%子会社となった。現在は中型と大型トラック「ノブス」を製造している。 韓国国内での販売は、他の旧大宇系自動車メーカー同様、大宇自動車販売が担当している。.

新しい!!: 自動車とタタ大宇 · 続きを見る »

タタ・モーターズ

タタ・モーターズ(英語:Tata Motors Limited)は、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く自動車会社である。タタ・グループを構成する主要企業のひとつであり、インド国内のほか、タイ王国、アルゼンチン、南アフリカに生産拠点がある。 イギリスのジャガーランドローバー(ジャガーとランドローバー)、韓国のタタ大宇、スペインのタタ・イスパノなどを傘下に擁し、またフィアット、カミンズ、マルコポーロなどの企業と合弁事業を行なっている。.

新しい!!: 自動車とタタ・モーターズ · 続きを見る »

タタ・イスパノ

タタ・イスパノ・モーターズ・カロセーラ (Tata Hispano Motors Carrocera S.A.) 、旧社名イスパノ・カロセーラ (Hispano Carrocera S.A.) は、スペイン・アラゴン州サラゴサに本拠を置く、ヨーロッパ最大のバス車体メーカーの一つである。インドのタタ・モーターズの完全子会社であり、2010年3月1日に現社名に改名した。 サラゴサとモロッコ・カサブランカに工場があり、合わせて年産2,000台の生産能力を有する。.

新しい!!: 自動車とタタ・イスパノ · 続きを見る »

タタ・グループ

ナノ Tata Global Beverages タタ・グループ(Tata Group、टाटा、タタ財閥とも)は、インド西部、マハーラーシュトラ州の州都ムンバイを拠点とするインドの企業グループである。 ビルラ、リライアンスと並び、インド3大財閥(インドの財閥も参照)のひとつであり、サブグループに分かれていない単一の財閥としてはインド最大である。インドにおける産業や商業に幅広く関与しており、ほとんどの領域で上位の勢力になっている。現在、会長職は元会長のラタン・タタが暫定的に務めている。 構成企業100社以上。車(タタ・モーターズ)、鉄(タタ製鉄)、IT、電力で売り上げの8割を占める。.

新しい!!: 自動車とタタ・グループ · 続きを見る »

サイクリング

thumb サイクリング(英:cycling)は自転車に乗ること、自転車の利用全般をいう言葉である。英語のCyclingや諸言語でこれに相当する単語の多くは自転車競技をも意味する。日本語では特にレクリエーション、スポーツとして自転車に乗り陸上を移動することを指し、本項ではこれについて詳述する。.

新しい!!: 自動車とサイクリング · 続きを見る »

サイクルカー

イクルカー(Cyclecar)とは主に1910年から1920代後半頃まで作られていた、小型で安価な乗用車である。.

新しい!!: 自動車とサイクルカー · 続きを見る »

円 (通貨)

円(えん)は、日本の通貨単位。通貨記号は¥(円記号)、ISO 4217による通貨コードはJPY。旧字体では圓、ローマ字ではyenと表記する。しばしば日本円(にほんえん)ともいう。 通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(昭和62年6月1日法律第42号)により「通貨の額面価格の単位は円とし、その額面価格は一円の整数倍とする。」と定められている(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第2条第1項)。.

新しい!!: 自動車と円 (通貨) · 続きを見る »

円 (数学)

数学において、円(えん)とは、平面(2次元ユークリッド空間)上の、定点 O からの距離が等しい点の集合でできる曲線のことをいう。ここで現れる定点 O を円の中心と呼ぶ。円には、その中心が1つあり、また1つに限る。中心から円周上の 1 点を結んだ線分を輻(や)とよび、その長さを半径というが、現在では輻のことを含めて半径と呼ぶことが多い。中心が点 O である円を、円 O と呼ぶ。定幅図形の一つ。 円が囲む部分、すなわち円の内部を含めて円ということもある。この場合は、曲線のことを円周という。これに対して、内部を含めていることを強調するときには円板という。また、三角形、四角形などと呼称を統一して、円形ということもある。 数学以外の分野ではこの曲線のことを「丸(まる)」という俗称で呼称することがある。 円: 中心、半径・直径、円周.

新しい!!: 自動車と円 (数学) · 続きを見る »

内燃機関

4ストロークエンジン) (1)吸入 (2)圧縮 (3)燃焼・膨張 (4)排気 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、燃焼ガスを直接作動流体として用いて、その熱エネルギーによって仕事をする原動機 特許庁。これに対して、燃焼ガスと作動流体が異なる原動機を外燃機関という。 インターナル・コンバッション・エンジン() の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。.

新しい!!: 自動車と内燃機関 · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: 自動車と写真 · 続きを見る »

全地形対応車

全地形対応車(ぜんちけいたいおうしゃ、、略:、、略:)は、不整地を含む様々な地形を進むことのできる原動機付きの車両である。 米国規格協会(ANSI)の定義によると、全幅50インチ以下、重量600ポンド以下で、低圧タイヤを装着し、跨座式シートと棒形ハンドルで操縦される車両とされている。日本ではバギー、四輪バギー、海外ではクアッド、クアッドバイクとも称されている。.

新しい!!: 自動車と全地形対応車 · 続きを見る »

公害

公害(こうがい、英語:Pollution、Environmental disaster)とは、経済合理性の追求を目的とした社会・経済活動によって、環境が破壊されることにより生じる社会的災害である。.

新しい!!: 自動車と公害 · 続きを見る »

公共交通機関

公共交通機関(こうきょうこうつうきかん、英語:public transport)とは、不特定多数の人々が利用する交通機関を指す。なお、タクシーについては、これを公共交通機関に含むという解釈と含まないという解釈がある。.

新しい!!: 自動車と公共交通機関 · 続きを見る »

兵庫県

兵庫県(ひょうごけん)は、日本の都道府県の一つ。本州の中西部に位置し、近畿地方に属する。県庁所在地は神戸市。.

新しい!!: 自動車と兵庫県 · 続きを見る »

副変速機

副変速機(ふくへんそくき、sub transmission)とは、乗り物の変速機のうち、主要な変速機(主変速機)が持つギア比の可変範囲を補うために用いられる変速機である。サブトランスミッションと呼ばれる場合もある。.

新しい!!: 自動車と副変速機 · 続きを見る »

国際自動車工業連合会

国際自動車工業連合会は、自動車製造業者の国際団体。正式名称はOrganisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles。一般にOICAと略される。フランス・パリに本部を置き、自動車産業の利益を代表する。現在約40カ国の自動車関連団体がメンバーとなっており、業者間の意見の交換・調整、自動車関連規制の国際調整のための協議、国際自動車展示会の認定・後援、世界的な視点での自動車生産の統計などをおこなっている。.

新しい!!: 自動車と国際自動車工業連合会 · 続きを見る »

国際自動車連盟

国際自動車連盟(こくさいじどうしゃれんめい、Fédération Internationale de l'Automobile)は、世界各国の自動車団体により構成される非営利の国際機関。略称はFIA。本部はフランスのパリにある。2009年以降の会長はジャン・トッド。.

新しい!!: 自動車と国際自動車連盟 · 続きを見る »

国民車構想

国民車構想(こくみんしゃこうそう)とは、主に国が直接または間接的に関与して提唱する大衆車の生産計画のこと。第二次世界大戦後は、主に開発途上国が中堅工業国へ成長する際に足がかりとして提唱されることが多い。.

新しい!!: 自動車と国民車構想 · 続きを見る »

BMW

BMW(ビーエムダブリュー、Bayerische Motoren Werke AG、バイエルン発動機製造株式会社)は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカーである。 他にも、英国のロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のカー・ブランドとして所有している。また、BMW Motorradを子会社として所有する。本社ビルはエンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、フィーア・ツュリンダー (Vier Zylinder)、英語でフォー・シリンダーズ (Four Cylinders) と呼ばれる。.

新しい!!: 自動車とBMW · 続きを見る »

BRICs

BRICs(ブリックス、Brazil, Russia, India and China)は、2000年代以降著しい経済発展を遂げているブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国の総称。BRIC(ブリック)とも呼ばれる。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まったなお、 日経テクノロジーオンラインのように、同じくゴールドマン・サックスの2003年10月1日の投資家向けレポート『』(Goldman Sachs, Global Economics Paper No:99)で初めて用いられたとするものもあるが、時系列的にオニールのレポートが先である。。 また、BRICs4ヶ国(ブラジル、ロシア、インド、中国)に南アフリカ共和国を加えた5ヶ国は、BRICSと総称される。(BRICsの小文字のsは複数国の意味) BRICs4ヶ国は、2009年6月16日にロシアのエカテリンブルクで初めての首脳会議を開催した。2011年4月13日に中国の北京で行われた首脳会議には南アフリカ共和国が初めて参加し、首脳会議の正式名称をに変更した。 ブラジルのフォルタレザで開かれた第5回BRICSサミットの初日にあたる2014年7月15日、1000億ドルの資本金を持つ新開発銀行の設立と、同じく1000億ドルにのぼる外貨準備基金の設立を記した、長らく待ち望まれた文書に新興国の首脳らは署名した。.

新しい!!: 自動車とBRICs · 続きを見る »

CARTIVATOR

CARTIVATOR(カーティベーター)とは、「モビリティを通じて次代に夢を繋ぐ」ことを使命に、日本発の空飛ぶクルマを開発する有志の活動。.

新しい!!: 自動車とCARTIVATOR · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 自動車と新年 · 続きを見る »

犯罪

犯罪(はんざい、crime)とは、一般には、法によって禁じられ刑罰が科される事実・行為、刑法学上は「構成要件に該当し違法かつ有責な行為」と定義される。 残忍かつ凶悪極まりない犯罪を凶悪犯罪(きょうあくはんざい)と称する。また、犯罪について帰責され刑罰の対象となる者は、犯罪者(犯人)と呼ぶ。近代法以前は咎人(とがにん)と呼んでいた。 日本を含む多くの国では、罪刑法定主義が原則とされており、刑法など法典に規定がない行為については犯罪とされない。.

新しい!!: 自動車と犯罪 · 続きを見る »

石綿敏雄

石綿 敏雄(いしわた としお、1928年 - )は、日本の言語学者。国語審議会委員、国立国語研究所名誉所員、日本女子大学名誉教授、茨城大学名誉教授。専門は国語学・言語学(特に対照言語学、計量国語学)。.

新しい!!: 自動車と石綿敏雄 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: 自動車と石炭 · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: 自動車と石油 · 続きを見る »

現代自動車

代自動車(ヒョンデじどうしゃ、현대자동차 주식회사、Hyundai Motor Company)は、1967年12月29日に設立された、大韓民国で最大手の自動車メーカーである。2013年には世界50大ブランドの一つとなった。傘下に起亜自動車があり、現代-起亜自動車グループ(現・現代自動車グループ)を構成している。世界販売台数はヒュンダイ単独では2017年の時点で年間450万台で、ホンダと同規模を誇る。またグループでの販売台数は817万台で、GMグループを抜いて世界第4位である。 現代自動車が蔚山で稼働させている世界最大の総合自動車製造工場は、年間160万台の生産能力を持っている。同社は全世界で約75,000人を雇用しており、現代車は約6,000の販売店とショールームを通じて世界193カ国で販売されている。 韓国語では「ヒョンデ」(현대、文化観光部2000年式:Hyeondae、マッキューン=ライシャワー式:Hyŏndae)と発音するが、社名およびブランド名の英字表記は「Hyundai」とされている。日本でのブランド・法人名両方の通称は「ヒュンダイ」、また日本法人公式HPなどには「ヒュンダイモーター」が使用されている。.

新しい!!: 自動車と現代自動車 · 続きを見る »

現代自動車グループ

代自動車グループ(ヒュンダイじどうしゃグループ、Hyundai Automotive Group)は、韓国最大手の自動車メーカー現代自動車と、その傘下にある起亜自動車(きあじどうしゃ)の企業グループである。.

新しい!!: 自動車と現代自動車グループ · 続きを見る »

硫黄酸化物

硫黄酸化物(いおうさんかぶつ、)は、硫黄の酸化物の総称。一酸化硫黄 (SO)、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)(SO2)、三酸化硫黄 (SO3) などが含まれる。化学式から SOx (ソックス)と略称される。.

新しい!!: 自動車と硫黄酸化物 · 続きを見る »

社会的費用

会的費用(しゃかいてきひよう、social cost)とは、経済学における費用概念の一つ。市場経済において内部化されていない公害、環境破壊等により社会全体あるいは第三者が被る損失=負担させられる費用(外部不経済)のことをいう。.

新しい!!: 自動車と社会的費用 · 続きを見る »

神奈川県

奈川県(かながわけん)は、日本の県の一つ。関東地方の南西端、東京都の南に位置する。県庁所在地は横浜市。県名は東海道筋に古くから栄えた宿場町神奈川宿(現・横浜市神奈川区)、および幕末に戸部町(現・横浜市西区紅葉ヶ丘)に置かれた神奈川奉行所に由来する。これら「神奈川」の由来は、京急仲木戸駅近くに流れていた長さ300メートル (m) ほどの小川の名前からで、現在は道路になっている。 都道府県別の人口は東京都に次ぐ第2位、人口密度は東京都、大阪府に次ぐ第3位である。県内総生産も東京都、大阪府、愛知県に次ぐ第4位となっている。県内の政令指定都市数は3つと日本最多で、面積は第43位の規模である(平成19年度面積)、国土地理院。。.

新しい!!: 自動車と神奈川県 · 続きを見る »

福島県

福島県(ふくしまけん)は、日本の都道府県の一つ。県庁所在地は福島市。 東北地方の南部(南東北)に位置し、東北で宮城県に次ぐ2番目の人口と県内総生産を擁する。面積は北海道、岩手県に次ぐ全国3位、都道府県別の人口は全国21位、人口密度は全国40位である(いずれも2015年10月1日時点の国勢調査および全国都道府県市区町村別面積調による)。 市町村別では概ね、日本海側に面積の4割弱と人口の15%弱が、太平洋側に面積の6割強と人口の85%以上が分布する。.

新しい!!: 自動車と福島県 · 続きを見る »

福井県

福井県(ふくいけん)は、日本海や若狭湾に面する日本の県。県庁所在地は福井市である。.

新しい!!: 自動車と福井県 · 続きを見る »

窒素酸化物

素酸化物(ちっそさんかぶつ、nitrogen oxides) は窒素の酸化物の総称。 一酸化窒素(NO)、二酸化窒素(NO2)、亜酸化窒素(一酸化二窒素)(N2O)、三酸化二窒素(N2O3)、四酸化二窒素(N2O4)、五酸化二窒素(N2O5)など。化学式の NOx から「ノックス」ともいう。.

新しい!!: 自動車と窒素酸化物 · 続きを見る »

競売

リスティーズの競売場/2010年10月。 accessdate.

新しい!!: 自動車と競売 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 自動車と第二次世界大戦 · 続きを見る »

簡体字

簡体字(かんたいじ、简体字、)または規範字(きはんじ、、)は、1950年代に中華人民共和国で制定された、従来の漢字を簡略化した字体体系である。簡体字という呼称は通称・俗称であり、正式には簡化字(かんかじ、、)と言う。 中国大陸のほか、シンガポールやマレーシアなどでも採用されている。.

新しい!!: 自動車と簡体字 · 続きを見る »

繁体字

繁体字(はんたいじ、、)または正体字(せいたいじ、、)は、中国語において、系統的な簡略化を経ていない筆画が多い漢字の字体を指す。特に中華人民共和国の一連の「文字改革」政策による簡体字(簡化字)との対比によりこう呼ぶ。現在では主に台湾のほか、中華人民共和国の特別行政区である香港・マカオで使用され、中華圏外の華人コミュニティーでも見られる。日本でいう「旧字体」に近いが同じではない。字体や用字法は地域ごとに異なる点が見られ、1980年代以降、それ以前に活字でよく見られた字体よりも筆写体に近づいたものが規範とされる。.

新しい!!: 自動車と繁体字 · 続きを見る »

群馬県

群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つ。関東地方の北西部に位置する。県庁所在地は前橋市。 米麦栽培・養蚕・繊維工業などの伝統産業に加え、畜産・野菜栽培・機械工業が盛んで、県北西部は温泉・保養地であるとともに、利根川上流ダム群による電力・上水道供給地となっている。県南東部は都市化が進み、首都圏整備法の都市開発区域に指定され、工業地域を形成している。.

新しい!!: 自動車と群馬県 · 続きを見る »

経済産業省

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、略称:経産省(けいさんしょう)、Ministry of Economy, Trade and Industry、略称:METI)は、日本の行政機関の一つである。 「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を任務とする(経済産業省設置法第3条)。.

新しい!!: 自動車と経済産業省 · 続きを見る »

環境問題

水質汚染により泡が浮かんだ河川 酸性雨により溶けた石像 大気汚染の原因となる排煙 環境問題(かんきょうもんだい、Environmental threats, Environmental issues, Environmental problems)は、人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称であり、これは、地球のほかにも宇宙まで及んでいる問題である。.

新しい!!: 自動車と環境問題 · 続きを見る »

環境負荷

境負荷(かんきょうふか)とは、環境に与えるマイナスの影響を指す。 環境負荷には、人的に発生するもの(廃棄物、公害、土地開発、干拓、戦争、人口増加など)があり、自然的に発生するもの(気象、地震、火山など)も環境負荷を与える一因である。 特に人的に発生する環境の保全上の支障の原因となるおそれのあるものを、環境基本法では環境への負荷と呼ぶ。 環境への負荷を数値化したものとしては、人間が消費する資源量を再生産に必要な面積で現したエコロジカル・フットプリント、工業製品の生産から廃棄まで放出される二酸化炭素量で示すカーボンフットプリント、食糧や木材の移送による負荷を示したフードマイレージ ・ウッドマイルズなどがある。.

新しい!!: 自動車と環境負荷 · 続きを見る »

炭素繊維強化プラスチック

CFRP成形用炭素繊維 CFRPで作られたレースカー ドライカーボンを加熱するためのオートクレーブ装置 炭素繊維強化プラスチック(たんそせんいきょうかプラスチック、carbon fiber reinforced plastic, CFRP)は、強化材に炭素繊維を用いた繊維強化プラスチックである。母材には主にエポキシ樹脂が用いられる。単にカーボン樹脂やカーボンとも呼ばれる。 炭素繊維強化プラスチックは高い強度と軽さを併せ持つ。ゴルフクラブのシャフトや釣り竿などのスポーツ用途から実用化が始まり、1990年代から航空機、自動車などの産業用に用途が拡大しており、建築、橋梁の耐震補強など、建設分野でも広く使われている。 製造法の違いからドライカーボンとウェットカーボンの2種類に大別される。ドライカーボンは炭素繊維と母材(マトリクス)をあらかじめなじませてある部材(など)を型に貼り込んでいったものを真空バッグを使用して気圧を利用しながら加熱し圧着し硬化させる。積層プリプレグやプリプレグとハニカム材との密着性を確保するためオートクレーブを使用する場合が多い。生産工程の多くが手作業であり準備・施工にも時間がかかり、オートクレーブや類する設備が必要なことから、従来は高価でも極限の性能が求められる用途の場合のみ利用されたが、近年ではプリプレグ貼り込みがハンドレイアップよりも容易であることも影響し、スマートフォンケースやモバイルPCの外装など小サイズな製品が増加している。脱オートクレーブ成形法やマイクロ波による加熱など、新たな製造法により成形費用は低減しつつある。 ウェットカーボンは、通常のFRPと同じく・インフュージョン・RTMなどの工法で作られる。RTMやインフュージョン工法でのウェットカーボン製品は機械自動化による大量生産が可能で、自動車などに使われている。.

新しい!!: 自動車と炭素繊維強化プラスチック · 続きを見る »

産業

産業(さんぎょう、)とは、人々が生活するうえで必要とされるものを生み出したり、提供したりする経済活動のこと。また、経済活動の分類の単位という意味でも使われる。 産業は、社会的な分業として行われる製品・サービスの生産・分配にかかわるすべての活動を意味し、公営・民営のかかわりなく、また営利・非営利のかかわりなく、教育、宗教、公務などの活動をも含む概念である。なお、日本語の「産業」という語は西周によるものとされている毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年。.

新しい!!: 自動車と産業 · 続きを見る »

無限軌道

無限軌道(むげんきどう)とは、起動輪、転輪、遊動輪(誘導輪)を囲むように一帯に接続された履板(りはん・りばん)・シュー (Shoe) の環であり、起動輪でそれを動かすことによって不整地での車両の移動を可能にするもので、この種の車両を装軌車両 (Tracked Vehicle) と呼び、対して通常のタイヤ車輪を備えた車両を装輪車両 (Wheeled Vehicle, Car etc) と呼ぶ。.

新しい!!: 自動車と無限軌道 · 続きを見る »

無段変速機

無段変速機(むだんへんそくき)、または連続可変トランスミッション(れんぞくかへんトランスミッション、Continuously Variable Transmission、CVT)とは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)である。多くはオートバイや自動車用を指すが、それらに限らず工作機械の軸回転速度を変える機構や発電機の出力を変える機構などにも広く使われている。 この項では自動車用摩擦式無段変速機を中心に述べ、摩擦によらない無段変速機についても触れる。.

新しい!!: 自動車と無段変速機 · 続きを見る »

熱エネルギー

熱エネルギー(ねつエネルギー、Thermal energy)とは、物質の内部エネルギーのうち物質を構成する原子や分子の熱運動によるエネルギーを指し、ある温度での物質の内部エネルギーから絶対零度における内部エネルギーを差し引いたもの、或いは原子や分子の温度によるエネルギーを指すことになる。この概念は物理学や熱力学において明確に定義されておらず、幅広く受け入れられていない。これは、内部エネルギーは温度を変化させることなく変化させることができ、系の内部エネルギーのどの部分が「熱」に由来するのかを区別する方法がないためである。英語の は系の(全)内部エネルギーといったより厳密な熱力学量、熱、エネルギーの「伝達」の一種として定義される顕熱(仕事がエネルギーの伝達の一種であるのと同じ)の同義語として大ざっぱに使われることがある。熱と仕事はエネルギー伝達の手段に依存するが、内部エネルギーは系の状態の性質であり、したがってエネルギーがどのようにしてそこに着いたかを知らなくても理解することができる。.

新しい!!: 自動車と熱エネルギー · 続きを見る »

燃料電池

燃料電池(直接メタノール形燃料電池) 燃料電池(ねんりょうでんち、fuel cell)は、電気化学反応によって燃料の化学エネルギーから電力を取り出す(=発電する)電池を指す。燃料には方式によって、水素、炭化水素、アルコールなどを用いる。.

新しい!!: 自動車と燃料電池 · 続きを見る »

特殊自動車

特殊自動車(とくしゅじどうしゃ)とは、日本の自動車の区分の中で、特殊な用途のために特殊な形状構造をした自動車を言う。一般的に表現すると、作業機を取り付けた車両で、走行や運搬よりも、その作業機を使うことが目的の自動車。運転席と作業機の操作台は同じである。大型特殊と小型特殊に分かれる。 8ナンバーのものは特種用途自動車を参照。.

新しい!!: 自動車と特殊自動車 · 続きを見る »

相乗り

ハイブリッド車ならば1人乗りでも通行可能とする特例がある。 相乗り(あいのり、Carpool:カープール)とは、一台の乗り物に複数人数が一緒に乗り合わせることをいう。通常は、近所の人など、他人同士が一台の乗り物に乗ることを指し、家族や同居人などが一台の乗り物に乗る場合や、路線バスなど、業として(運賃を徴収して)複数の人間を輸送する場合は含まない。 また、相乗りといった場合、通常は自家用の四輪自動車に同乗することをイメージするが、東南アジアではバイク(特にスーパーカブ等の原動機付自転車)の相乗りも一般的に行われている。.

新しい!!: 自動車と相乗り · 続きを見る »

DS

DS.

新しい!!: 自動車とDS · 続きを見る »

EPA

EPA.

新しい!!: 自動車とEPA · 続きを見る »

ETC

御殿場IC第一入口 ETCレーンを知らせる標識(通称「手形標識」) 電子料金収受システム(Electronic Toll Collection System:エレクトロニック・トール・コレクション・システム, 略称)とは、高度道路交通システムのひとつ。有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムである。.

新しい!!: 自動車とETC · 続きを見る »

韓国車

韓国車(かんこくしゃ)とは、韓国を拠点とする自動車メーカーが生産・販売している自動車である。また、韓国外資本の傘下であっても韓国で製造される自動車、もしくは韓国を拠点とするブランドが冠されている自動車であれば通常は「韓国車」として扱われる。いわゆる「アジアンカー」(日本車は別枠)の範疇に入る。 1997年のアジア通貨危機以前、韓国には5グループ・9社の自動車メーカーがあったが、その後2000年に三星自動車がフランスのルノーに、2010年には双竜自動車がインドのマヒンドラ&マヒンドラ、2002年に大宇自動車がアメリカのGM(2011年3月に韓国GMに変更)にそれぞれ買収されるなどし、韓国資本の四輪車メーカーは現在、現代自動車と同社傘下の起亜自動車、2015年にヒュンダイが新たに立ち上げたジェネシスの1グループ・2社・3ブランドのみである。.

新しい!!: 自動車と韓国車 · 続きを見る »

韓国GM

韓国GM(かんこくジーエム, GM Korea)はゼネラルモーターズ子会社の韓国の自動車メーカーで、主にシボレーブランドを使用する。2011年第一四半期にGM大宇自動車技術 (GM Daewoo Auto and Technology) から当社名へ変更すると発表され、2011年3月1日より正式に現在の社名での展開をスタートした。 スローガンは「CHEVROLET FIND NEW ROADS」。.

新しい!!: 自動車と韓国GM · 続きを見る »

遊星歯車機構

遊星歯車機構 遊星歯車機構(ゆうせいはぐるまきこう、)とは太陽歯車()を中心として、複数の遊星歯車()が自転しつつ公転する構造を持った歯車機構である。「遊星」は、(惑星)の別の訳語で、その構造を惑星系に見立てたことに由来する。.

新しい!!: 自動車と遊星歯車機構 · 続きを見る »

過密

過密(かみつ)とは、大都市に人口や都市機能が過剰に集まる現象を言う。対義語は過疎。 また、人口や都市機能が増大して過密の状態になりつつある状態、或いは過密が更に昂進する状態を過密化と言う。.

新しい!!: 自動車と過密 · 続きを見る »

道路

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)とは人や車両などが通行するためのみち、人や車両の交通のために設けられた地上の通路である。.

新しい!!: 自動車と道路 · 続きを見る »

道路交通法

道路交通法(どうろこうつうほう、昭和35年6月25日法律第105号)は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする(1条)、日本の法律である。略称は「道交法」。 車両等を運転して本法に違反すると「懲役・禁錮・罰金などの刑事処分」「累積点数で免許証の効力が停止または取り消される行政処分」「被害者の損害を賠償する民事処分」が課される。.

新しい!!: 自動車と道路交通法 · 続きを見る »

道路交通情報通信システム

走行中ビーコンから情報を受信すると、カーナビ画面に渋滞、工事、主要地点までの所要時間といった道路情報を示した簡易地図や、交通安全喚起メッセージがポップアップする。 道路交通情報通信システム(どうろこうつうじょうほうつうしんシステム、Vehicle Information and Communication System、略称: VICS、ビックス)は、日本の一般財団法人道路交通情報通信システムセンター(略称・VICSセンター)が収集、処理、編集した道路交通情報を通信・放送メディアによって送信し、カーナビゲーション(以下、カーナビ)などの車載装置に文字や図形(地図など)として表示させる国内向けのシステムであり、道路上に設置した情報発信装置(ビーコン)やFM多重放送などにより、交通情報を提供するものである。高度道路交通システム(ITS)の一翼を担っている。 VICSによって提供される情報としては、渋滞情報、所要時間、事故・故障車・工事情報、速度規制・車線規制情報、駐車場の位置、駐車場・サービスエリア・パーキングエリアの満車・空車情報などがある。これらの情報は日本道路交通情報センター(JARTIC)が都道府県警察、道路管理者から収集したものである。.

新しい!!: 自動車と道路交通情報通信システム · 続きを見る »

道路運送車両法

道路運送車両法(どうろうんそうしゃりょうほう)は、日本の法律である。この法律の目的は、「道路運送車両(自動車、原動機付自転車および軽車両)に関し、所有権についての公証等を行い、並びに安全性の確保及び公害の防止その他の環境の保全並びに整備についての技術の向上を図り、併せて自動車の整備事業の健全な発達に資することにより、公共の福祉を増進すること」(同法1条)とされる。 近年では、自動車のリサイクル促進、リコール制度、「不正改造」などに関して法改正が行われている。.

新しい!!: 自動車と道路運送車両法 · 続きを見る »

運動エネルギー

運動エネルギー(うんどうエネルギー、)は、物体の運動に伴うエネルギーである。物体の速度を変化させる際に必要な仕事である。英語の は、「運動」を意味するギリシア語の (kinesis)に由来する。この用語は1850年頃ウィリアム・トムソンによって初めて用いられた。.

新しい!!: 自動車と運動エネルギー · 続きを見る »

運転

運転(うんてん)とは、.

新しい!!: 自動車と運転 · 続きを見る »

運転免許

運転免許(うんてんめんきょ)とは、運転に一定の技量が必要な機械装置や設備の運転に対する免許のことである。免許の保有を証明して交付される公文書を運転免許証という。.

新しい!!: 自動車と運転免許 · 続きを見る »

運転免許試験場

鮫洲運転免許試験場東京都品川区東大井1-12-5 兵庫県自動車運転免許試験場兵庫県明石市荷山町1649-2 運転免許試験場(うんてんめんきょしけんじょう)とは、自動車運転免許証の新規交付・更新・記載事項の変更等を行う機関である。日本では各都道府県公安委員会の管轄にあるが、実際の業務は法令の委任により都道府県警察本部交通部(この下に更に「運転免許本部」があることも)が行なっている。.

新しい!!: 自動車と運転免許試験場 · 続きを見る »

運輸業

運輸業(うんゆぎょう)とは、旅客や貨物の運送にかかる業種、あるいは職業である。運輸業には単に輸送する以外にも、保管業務、荷役業務(搬出・搬入・仕分け)、流通加工業務、物流にかかる情報処理業務、フォワーダー業務などがある。 運送する対象が人である輸送を旅客輸送、モノである輸送を貨物輸送と呼ぶ。 また、輸送機関が鉄道やトラックなど陸上の貨車での輸送を陸運、航空機での輸送を空運、船舶での輸送を海運または水運と呼ぶ。.

新しい!!: 自動車と運輸業 · 続きを見る »

運送

運送(うんそう)とは、請負により貨物や旅客を輸送すること。個々の契約や行為ではなく、その事業やインフラについていう場合は、しばしば運輸(うんゆ)という語に置きかえられる。.

新しい!!: 自動車と運送 · 続きを見る »

飲酒運転

飲酒運転(いんしゅうんてん)は、飲酒後にそのアルコールの影響がある状態で自動車などの車両を運転する行為をいう。同様な状況で鉄道車両・航空機・船舶等を操縦する場合には、飲酒操縦(いんしゅそうじゅう)という。 交通法規による規制により、飲酒等により血中または呼気中のアルコール濃度が一定数値以上の状態で運転または操縦することを特に酒気帯び運転(操縦)といい、数値に関係なく運転(操縦)能力を欠く状態での運転を特に酒酔い運転(操縦)という。.

新しい!!: 自動車と飲酒運転 · 続きを見る »

複合材料

複合材料(ふくごうざいりょう、Composite material)は、2つ以上の異なる材料を一体的に組み合わせた材料のこと。強化のための強化材料とそれを支持するための母材(マトリクス)から構成されたものを指す。材料の複合化という概念としては合金やセラミックスなどを含む非常に広範な概念であるため、通常は繊維様のものを構造材として配列し形成するものを指し、合金やセラミックスとは区別して取り扱うことが多い。 単一素材からなる材料よりも優れた点をもち、各種の複合材料が製造・使用されている。複合材(ふくごうざい)、複合素材とも。.

新しい!!: 自動車と複合材料 · 続きを見る »

西ヨーロッパ

中東 西ヨーロッパ(にしヨーロッパ、Western Europe、L’europe de l'ouest、Westeuropa)は、西欧ともいい、ヨーロッパ地域の西部を指す。.

新しい!!: 自動車と西ヨーロッパ · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: 自動車と西ドイツ · 続きを見る »

馬車

ア、エルミタージュ美術館に展示されている豪奢な馬車 馬車(ばしゃ)とは、人を乗せたり、荷物を運搬する、馬などに引かせる車である。馬だけでなく、ロバや騾馬などに引かせることもある。 現在は世界的に自動車にとって代わられつつあるが、インドや北アフリカ、東欧の一部や、中国の奥地など、農業の機械化が進展していない国や地域の農村部では、現在でも荷馬車を日常的に見ることができる。.

新しい!!: 自動車と馬車 · 続きを見る »

観光バス

観光バス(かんこうバス)は、観光を主目的としたバスの総称。団体での貸切運行を行う貸切バス(かしきりバス)や、乗合バスによる定期観光バスがある。 ここでは、特記ない限り、日本国内の観光バス(道路運送法に規定される「一般貸切旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)または特定バス(道路運送法に規定される「特定旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)について記述する。.

新しい!!: 自動車と観光バス · 続きを見る »

駐車

車(ちゅうしゃ)は、車両等が継続的に停止することである。また多くの場合、車両等の運転を止めて車両等から離れる事を指す。.

新しい!!: 自動車と駐車 · 続きを見る »

角川書店

角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。 本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川書店についても解説する。.

新しい!!: 自動車と角川書店 · 続きを見る »

騒音

騒音(そうおん、noise pollution)は、典型七公害の1つであり、人の健康及び生活環境に影響を及ぼす。 騒音は一般には不快で好ましくない音をいうが、主観的な面があることは否めないと考えられている 公害等調整委員会、2016年11月6日閲覧。。例えばオックスフォード英語辞典では騒音の定義ついて「望ましくない音」と説明している。また、騒音問題を国際的に扱う際には、「騒音」の語義が持つニュアンスが諸言語においてわずかずつ異なることが問題となる。 騒音規制の法律には、公衆を擾乱する特定の音を発する行為を規制するタイプと、音の物理的な特性に基づいて騒音評価方法とその基準値を定めて規制するタイプがある。前者は騒音の量的測定が可能になる以前から存在する、伝統的な騒音問題への対処方法であり、おおまかな世論を含んだ質的な規制といえる。後者は「一定以上の大きい音.

新しい!!: 自動車と騒音 · 続きを見る »

読売新聞

読売新聞東京本社(千代田区大手町) 読売新聞旧東京本社(千代田区大手町、現存せず) 2010年10月から2014年1月まで読売新聞東京本社の仮社屋として使用されていた旧日産自動車本社ビル(中央区銀座) 読売新聞中部支社新社屋 読売新聞中部支社(旧中部本社)旧社屋 読売新聞大阪本社 読売新聞西部本社 読売新聞(よみうりしんぶん、新聞の題字および漢字制限前の表記は讀賣新聞、英語:Yomiuri Shimbun)は、株式会社読売新聞東京本社、株式会社読売新聞大阪本社および株式会社読売新聞西部本社が発行する新聞である。 題号は、江戸時代に瓦版を読みながら売っていた「読売」に由来する。.

新しい!!: 自動車と読売新聞 · 続きを見る »

高度道路交通システム

度道路交通システム(こうどどうろこうつうシステム、Intelligent Transport Systems、ITS)は、IT (Information Technology) を利用して交通の輸送効率や快適性の向上に寄与する一連のシステム群を指す総称名である。高度交通システム(こうどこうつうシステム)とも。道路交通、鉄道、海運、航空などの交通が対象となる。.

新しい!!: 自動車と高度道路交通システム · 続きを見る »

高級車

ールス・ロイス・ファントム マイバッハ62/57S 高級車(こうきゅうしゃ)とは、相対的に、ブランド性やポジショニング、品質(クオリティー)が高く、いわゆる高級であると認識される乗用車のことである。 「高級車は高額」という認識が一般的であるが、それは相対的なもので、大型自動車や特殊自動車などを例にするまでもなく、絶対的な高額と高級とがイコールであるとは限らない。.

新しい!!: 自動車と高級車 · 続きを見る »

高速バス

青春ドリーム大阪号 さぬきエクスプレス名古屋号 京阪バス 東京ミッドナイトエクスプレス京都号 高速バス(こうそくバス)とは、主に高速道路を通行する路線バスのことを指す。以下、特記ない限り、日本国内の高速バス(道路運送法に規定される「一般乗合旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)について記述する。.

新しい!!: 自動車と高速バス · 続きを見る »

高速道路

速道路(こうそくどうろ、日本における英語表記はExpressway)とは迅速な交通移動を達成することを主目的にした道路であり主に自動車が高速かつ安全に走行できるような構造になっている。国や地域の道路網の中で基幹的な役割を担うことが多い。.

新しい!!: 自動車と高速道路 · 続きを見る »

貨物車

貨物車(かもつしゃ)は、.

新しい!!: 自動車と貨物車 · 続きを見る »

貨物輸送

貨物輸送(かもつゆそう)は、モノ(貨物)を運ぶ、運輸業の一分野。.

新しい!!: 自動車と貨物輸送 · 続きを見る »

貨物自動車

貨物自動車(かもつじどうしゃ、、トラック、、カミオン)は、主に貨物を運搬する自動車である。 比較的小型で、運転席と荷室が一体となった車体を持つ車種については、「ライトバン」を参照。.

新しい!!: 自動車と貨物自動車 · 続きを見る »

貴族

貴族(きぞく)とは、特権を備えた名誉や称号を持ち、それ故に他の社会階級の人々と明確に区別された社会階層に属する集団を指す。 その社会的特権はしばしば強大であるが、同時に国や地域により異なり、同じ国・地域であっても時代によって変遷する。また貴族階級は伝統的な概念ではあるものの、時に新たな人員を迎え入れ、常に人員は更新され続けている。 貴族階級は多くの場合は君主制の下に維持され、称号の付与や特権の保証なども君主によって行われる。一般的に、貴族などという特権階級を認めてしまうということは反民主主義とされている。フランスでは、貴族階級をものともしないヴォルテールの姿勢がフランス的民主主義の基礎となり、フランス革命でそうした考え方は公認のもの、正統なものとなり、ここに民主主義が実現したとされている。しかし共和制など君主の存在を持たない制度においても貴族制度が存在した場合もある。 西洋では特に青い血という言葉が貴族の血筋を意味する慣用句として用いることがある。ただし、これはあくまでもスペイン語由来のものであるため限定的ではある。日本の場合、貴族の起源について穀物の貯蔵が貴族制度の遠因となったと考える論者もある。.

新しい!!: 自動車と貴族 · 続きを見る »

路線バス

路線バス(ろせんバス)とは、一般道路を主体に路線を設定して運行されるバス。高速道路を主体に走行する長距離路線バス(都市間高速バス)については、「高速バス」も併せて参照。.

新しい!!: 自動車と路線バス · 続きを見る »

路面電車

路面電車(ろめんでんしゃ)は、主に道路上に敷設された軌道(併用軌道)を用いる「路面鉄道」(Tram、Tramway、Streetcar、Straßenbahn)を走行する電車である。類似のシステムにライト・レール・トランジット、トラムトレイン、ゴムタイヤトラムなども存在する。.

新しい!!: 自動車と路面電車 · 続きを見る »

車(くるま)とは、.

新しい!!: 自動車と車 · 続きを見る »

車台番号

車台番号(しゃだいばんごう)とは、原動機付自転車と自動車の車台部分に打刻される、車両に固有の識別番号である。非公式には車体番号やフレームナンバーとも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車と車台番号 · 続きを見る »

車両

車両(しゃりょう、車輛とも、)は、.

新しい!!: 自動車と車両 · 続きを見る »

車両総重量

車両総重量(しゃりょうそうじゅうりょう)とは、自動車などにおいて最大定員が乗車し、最大積載量の荷物を積んだ状態の自動車全体の総重量をいう。英語の gross vehicle weight を省略して「GVW」ともいう。 1994年、道路運送車両法の改正で、それまで単車(トレーラーでない)大型貨物自動車はGVW20トンに制限されていたが、これを緩和し、軸距離により最大25トンまで認めることになった。過積載による交通死亡事故が多発したため、過積載の取締りを強化する代わりに、歩道・橋梁などの強化とワンセットで積載量の上限を緩和したものである。ちょうどこれに合わせていすゞ自動車はギガにGVW22・25トンの新規格車を設定。これが総重量という概念を広めたといえる。 道路運送車両法の保安基準では、「GVW25トン以下」と定められている。これを超えると「特別申請車両」となり、走行させるには当該道路管理者等の許可が必要である。したがって走行区間が限定されたり、公道で走ることができなかったりする。また、GVW20トン以上の車両は道路標識等で走行を制限される道路がある。大型トラックの単車の場合、「20t超」という円形のステッカーを貼って走行しなければならない場合がある。.

新しい!!: 自動車と車両総重量 · 続きを見る »

車輪

車輪(しゃりん) とは、軸にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。 小さな力で物を移動させるために用いられる。 車輪が無いと、1. 物を持ち上げつつ移動させるか、2. あるいは物を地面・床面に接触した状態で押したり引いたりしなければならない。1の場合、持ち上げる(持ち上げ続ける)のに大きな力を要する。2.の場合、すべり摩擦よりも大きな力で押したり引いたりしなければならなくなる。車にはたらく摩擦は「転がり摩擦」で、これはすべり摩擦よりも遥かに小さく、遥かに小さな力で押す(引く)だけで移動させることができる。 たとえば、普通自動車(おおむね1トン超)でも、車輪が付いていてブレーキさえ解除していれば、男性が独りで押しているとゆっくりと動き出すほどに転がり抵抗は小さい。もしも車輪がついていなかったら、男性1人で1トンのものは持ち上げることができず移動させられない。また通常の地面に車輪無しの1トンの鉄の箱が接触した状態では、1人の男性では押したり引いたりして移動させることは不可能である。車輪の ある/なし でそれほどの差がある。 また、中型ジェット旅客機のように重いものですら、車輪が出ていてブレーキが解除してあれば男性一人が引いて、数メートルほどなら移動させることができるほどに、転がり摩擦というのは小さい(そもそもそれほどに小さいからこそ、ときどきテレビなどで男性がジェット機を引いて、さも「怪力」であるかのようなフリをする、というパフォーマンスができるのであり、実は、少し力が強い、という程度の人でも移動させられる。)。 ピラミッドの石材運搬時に、丸い材木(ころ)を下に敷いて運搬を効率化したような例は、古くから行われていたと想像できるが、円盤状の板材の車輪に車軸を通して回転可能にした構造は、人類の発明の中でも偉大なものの一つであるといわれることもある。 一般的に言う「車輪」「ホイール」「ウィール」は接地しているタイヤ(ゴムや軟質の鉄などで出来ている)やチューブまで回転部分全てを指す。が分野によっては区分される場合がある。自動車の分野では硬質の部分だけでも「wheel ホイール」と言う。(この記事中で、一部、硬質の部分だけを指している箇所がある。) Wheelのカタカナ表記は業界によって異なる、自動車やオートバイなどでは「ホイール」と呼ばれ、スケートボードやローラースケート、あるいはミニカーの商標などは「ウィール」と記述される。.

新しい!!: 自動車と車輪 · 続きを見る »

軽自動車

軽自動車(けいじどうしゃ)とは、現行の道路運送車両法からすれば、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。 元来は日本国外のなどの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。 また英語版記事「A-segment」の記述を見る限り、軽自動車は国際的にはAセグメントの一種と見なされている模様である。.

新しい!!: 自動車と軽自動車 · 続きを見る »

軽油

軽油(けいゆ)とは、原油から精製される石油製品の一種で、主としてディーゼルエンジンの燃料として使用され、その用途のものはディーゼル燃料ともいう。軽油の名は、重油に対応して付けられたもので、「軽自動車用の燃料」という意味ではない。 英語圏では「Diesel」で、軽油(ディーゼル燃料)の意味となる。日本のガソリンスタンドでは、セルフ式スタンドの普及により誤給油を防ぐ理由から「軽油」の代わりに「ディーゼル」と表記されている場合がある。中国語では「柴油」といい、「軽油」は別物の「軽質ナフサ」あるいは「軽質コールタール」を指す。 第4類危険物の第2石油類に属する。.

新しい!!: 自動車と軽油 · 続きを見る »

軌道

軌道(きどう).

新しい!!: 自動車と軌道 · 続きを見る »

軌条

レール(50Nレール) 軌条(きじょう)とは、鉄道の線路(軌道)を構成する要素のひとつで、車両を直接支持し、車輪の転動のガイドとなる役割をもつ。一般的にはレールと呼ばれる場合が多い。鉄鋼分野では、条鋼の一種に分類されている。 一般的には、断面が逆Tの字型をした棒状の鋼製品が用いられる。これを所定の間隔で2本平行に並べ、道床の上に並べられた枕木の上に締結装置(犬釘など)を用いて固定する。枕木と軌条は垂直である。この様にして敷かれた線路上を走る鉄道を普通鉄道という。普通鉄道のほか、桁状の1本の案内路を使うモノレールや、特殊な案内路を用いる案内軌条式鉄道もあり、これらの軌道の材質は鋼に限られずコンクリートなども用いられる。 ここでは、普通鉄道に使われる鋼製の断面が逆T字型をした鉄道レールを中心に記述する。.

新しい!!: 自動車と軌条 · 続きを見る »

黒煙

黒煙(こくえん)とは、石油、菜種油などの燃料が不完全燃焼の際に発生する煙である。その主成分は炭素である。.

新しい!!: 自動車と黒煙 · 続きを見る »

輸入車

輸入車(ゆにゅうしゃ)とは、外国から輸入した車両のことである。特に自動車やオートバイについて述べる。.

新しい!!: 自動車と輸入車 · 続きを見る »

茨城県

茨城県(いばらきけん)は、日本の県の一つ。関東地方の北東に位置し、東は太平洋に面する。県庁所在地は水戸市。都道府県人口は全国11位、面積は全国24位である。.

新しい!!: 自動車と茨城県 · 続きを見る »

赤旗法

赤旗法(あかはたほう、英:Red Flag Act)とは、19世紀後半に英国で施行された法律。正式にはLocomotive Act。 英国の公道における自動車(当時は大多数が蒸気自動車で、ガソリン車はまだ実用化されていなかった)の運用方法について定めた法律であり、歩行者や馬車の安全に配慮したものではあったが、同国における自動車産業の発達を妨げ、ドイツやフランスに遅れをとることになる。1896年に廃止された。.

新しい!!: 自動車と赤旗法 · 続きを見る »

走行性能

走行性能(そうこうせいのう)とは、主に鉄道車両や自動車の車両において、動力性能や、走行時の安定性、運動性、制動能力などについて総合的に加味した能力のことである。.

新しい!!: 自動車と走行性能 · 続きを見る »

起亜自動車

起亜自動車(きあじどうしゃ、기아자동차、Kia Motors Corp.)は、大韓民国第2位の自動車メーカーである。2016年の売上げ台数は330万台で世界第8位。かつてはマツダ、フォード・モーターと密接な関係だったが、1998年の経営破綻を境に現代自動車の傘下に入って以来、現代と密接な関係となり、「現代-起亜自動車グループ(現・現代自動車グループ)」を構成している。2012年6月の時点で、同社の32.8%の株式を現代自動車が所有。生産車種のほとんどが現代自動車の同クラスの車種と主要部品を共有化している。 KIA STINGER 201706 01.jpg|スティンガー 2015 Kia Sorento.jpg|thumb|Kia vehicles * http://www.kia.co.kr/ 起亜自動車(朝鮮語) * http://www.kia.com/us/en/home/ 起亜自動車(アメリカ英語) * http://www.gemaengine.com/ グローバル・エンジン・マニュファクチュアリング・アライアンス(英語) - ワールドエンジン - 自動車 デフォルトソート:きあしとうしや Category:韓国の自動車メーカー・ブランド Category:貨物自動車メーカー Category:韓国のバス車両メーカー Category:ソウル特別市の企業 Category:1944年設立の企業 Category:現代-起亜自動車グループ Category:韓国取引所上場企業.

新しい!!: 自動車と起亜自動車 · 続きを見る »

蒸気自動車

蒸気自動車(じょうきじどうしゃ)は蒸気機関を用いて駆動する自動車である。人工の動力を用いて進むことのできる、人類初の乗り物であった。.

新しい!!: 自動車と蒸気自動車 · 続きを見る »

蒸気機関

蒸気機関(じょうききかん)は、ボイラで発生した蒸気のもつ熱エネルギーを機械的仕事に変換する熱機関の一部であり、ボイラ等と組み合わせて一つの熱機関となる。作業物質である水を外部より加熱する外燃機関に分類される。 蒸気機関には、蒸気をシリンダに導き、ピストンを往復運動させる往復動型のものと、蒸気で羽根車をまわすタービン型のものとが存在する。本稿では主として往復動型のものを説明する。タービン型のものについては蒸気タービンを参照のこと。.

新しい!!: 自動車と蒸気機関 · 続きを見る »

自家用自動車

自家用自動車(じかようじどうしゃ)は、旅客や貨物を運送して料金を受け取り、商業的な行為をする運輸営業用(緑ナンバー、営業ナンバー)自動車に対して、それ以外の一般的な用途に使われる自動車をすべてこう呼ぶ。道路運送法においては、「自動車(道路運送車両法上の自動車)」のうち「事業用自動車」でないものを指すと定義されている。自家用車(じかようしゃ)、マイカー(my car、和製英語)ともいう。英語では、自家用自動車全般を Owner-driver car と言い、自分の車を指す時は My own car と言う。 本稿では日本においての自家用自動車について述べる。.

新しい!!: 自動車と自家用自動車 · 続きを見る »

自動運転車

自動運転車(じどううんてんしゃ)とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車。英語では「autonomous car」と表記される。その他「ロボットカー」「UGV (unmanned ground vehicle)」「ドライバーレスカー (driverless car)」「self-driving car」などとも呼ばれている。.

新しい!!: 自動車と自動運転車 · 続きを見る »

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(じどうしゃのうんてんによりひとをししょうさせるこういとうのしょばつにかんするほうりつ、平成25年11月27日法律第86号)は、それまで刑法に規定されていた自動車本法律に言う「自動車」とは道路交通法に言う自動車および原動機付自転車のことである(第1条第1項)ため、三輪・四輪の自動車のほか、オートバイや小型特殊自動車も含まれる。自転車・馬車などの軽車両、および、路面電車やトロリーバスは対象外である。以下同じ。の運転により人を死傷させる行為に対する刑罰の規定を独立させた、日本の法律である。略称は自動車運転処罰法または自動車運転死傷行為処罰法。.

新しい!!: 自動車と自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律 · 続きを見る »

自動車の車種名一覧

自動車の車名一覧(じどうしゃのしゃめいいちらん)は、自動車(バス・トラック・トラクター・オート三輪・トライク・全地形対応車も含む)の車名を五十音順で並べたものである。 自動車の製造を行う企業・団体を調べたい場合は、自動車製造者の一覧を参照のこと。 ※現在市販されていない車両や、現存しないメーカーの車両、OEM(他の会社でのブランド提供製造)供給車両も含む(三菱ふそう:2002年まで三菱自動車工業、プリンス:現在の日産自動車)。.

新しい!!: 自動車と自動車の車種名一覧 · 続きを見る »

自動車工学

自動車工学(じどうしゃこうがく、英語:automotive engineering)は、機械工学の一分野。自動車の各構成部分の原理、 構造、設計、製造にわたる広い範囲についての研究を行う。本稿は自動車工学を学べる教育機関の一覧である。.

新しい!!: 自動車と自動車工学 · 続きを見る »

自動車ナンバー自動読取装置

名神高速に設置されているNシステム 自動車ナンバー自動読取装置(じどうしゃナンバーじどうよみとりそうち)とは、日本の道路に警察が設置する、走行中の自動車のナンバープレートを自動的に読み取り、手配車両のナンバーと照合するシステムである。手配車両の追跡に用いられ、犯罪捜査の重大な手がかりとなることもある。俗称は「Nシステム」である。 本装置は、それぞれの都道府県によって名称が異なっており、「車両捜査支援システム(捜査支援システム)」又は「初動捜査(初動捜査活動)支援システム」若しくは「車両ナンバー捜査支援システム」或いは「悪質重要事件(重要犯罪等)捜査支援システム」ないしは「緊急配備(緊急配備等初動捜査)支援システム」などと示されることがある。また、名称を公開していない県もある。 日本の高速道路のインターチェンジにある車両番号読取装置は「AVIシステム」、渋滞情報など移動時間の取得に使われるものは旅行時間測定システム(Tシステム)という。同様のシステムはイギリスのロンドンなどにもある。.

新しい!!: 自動車と自動車ナンバー自動読取装置 · 続きを見る »

自動車ディーラー

自動車ディーラー(じどうしゃディーラー、car dealership、カーディーラー)とは、新車や中古車を小売する事業者(販売店)のことである。なかでも、自動車メーカー(または、その販売子会社など)と特約店契約を結んだ販売業者のことを指す。販売だけでなく、点検整備などのアフターサービスも提供する。 日本の自動車雑誌などでは、メーカー系列に属する新車販売店の中古車部門で売られている中古車を「ディーラー系中古車」と呼び、メーカー系列に属さない独立系販売業者の中古車と区別している。(ディーラーであっても、中古車に関しては特約メーカー以外の車も買取、販売することが多い)。 なお、本稿では日本国内で展開している自動車ディーラーについて述べる。日本国外の自動車メーカーについてはその日本法人と正規輸入代理店のみ記述する。.

新しい!!: 自動車と自動車ディーラー · 続きを見る »

自動車アセスメント

自動車アセスメント(じどうしゃアセスメント)とは自動車の安全性能評価のこと。.

新しい!!: 自動車と自動車アセスメント · 続きを見る »

自動車産業

自動車産業(じどうしゃさんぎょう)とは、自動車および自動車部品の生産、販売、利用、整備に関連した産業をさす。.

新しい!!: 自動車と自動車産業 · 続きを見る »

自動車用語一覧

自動車用語一覧(じどうしゃようごいちらん)では自動車関連で使用される専門用語をリストする。.

新しい!!: 自動車と自動車用語一覧 · 続きを見る »

自動車製造者の一覧

自動車製造者の一覧では、自動車の製造を行う企業・団体を羅列する。 名前から車種を調べたい場合は、自動車の車種名一覧を参照のこと。.

新しい!!: 自動車と自動車製造者の一覧 · 続きを見る »

自動車部品生産システム展

自動車部品生産システム展(じどうしゃぶひんせいさんしすてむてん、Automotive Parts Product Solution Fair (APPS))は、日刊工業新聞社主催の展示会である。 2003年以来毎年5月または6月に東京国際展示場(東京ビッグサイト)において開催している。2007年は6月13~16日の間に開催された。この展示会は、来場者を自動車メーカー・自動車部品メーカー、出展者を工作機械・工具・FA/自動化機器、検査/計測機器などの製造装置機器メーカーに絞った、ユニークなビジネスマッチングの展示会である。 展示会会期中は、自動車メーカー・部品メーカーのトップによる特別講演をはじめ、日本機械学会との共催の先端技術フォーラム、国連工業開発機関との共催のグローバル自動車部品ビジネスセミナーなど、さまざまな専門セミナーを併催している。また、会場内では国内外の自動車メーカー・部品メーカーが最新のエンジンや部品を展示する「エンジンと部品のコンセプトゾーン」などユニークな展示も行われている。.

新しい!!: 自動車と自動車部品生産システム展 · 続きを見る »

自動車排出ガス規制

自動車排出ガス規制(じどうしゃはいしゅつガスきせい)とは、自動車の内燃機関から排出される一酸化炭素 (CO) ・窒素酸化物 (NOx) ・炭化水素類 (HC) ・黒煙などの大気汚染物質の上限を定めた規制の総称である。 大気汚染防止法や自動車NOx・PM法、都道府県によるディーゼル車規制条例などが含まれる。近年は特に、ディーゼルエンジンから排出される窒素酸化物 (NOx)・粒子状物質 (PM)、硫黄酸化物 (SOx) の規制が厳しくなる傾向にある。 自動車排ガス規制、自動車排気ガス規制とも呼ばれるが、ここでは法律用語における記載にならって自動車排出ガス規制とする。.

新しい!!: 自動車と自動車排出ガス規制 · 続きを見る »

自動車整備業

自動車整備業(じどうしゃせいびぎょう)とは、自動車が通行支障なく稼働するために、メンテナンスや修理、診断、車検業務を行う業種のことを指す。また、タクシー事業者等が付帯する業務として行っている場合がある。大別して次に示す2形態がある。.

新しい!!: 自動車と自動車整備業 · 続きを見る »

自動車教習所

自動車教習所(じどうしゃ きょうしゅうじょ)は、運転免許を取得しようとする者などに対して、自動車を運転するのに必要な知識と技能を教習する施設である。 自動車が走っていても、教習所の存在しない国もある。例えばメキシコは、運転免許を取得するのに役所への届け出(事務手続き)以外の何の手間も要さず、初心者がいきなり公道を走れるのであり、自動車教習所は存在しない。.

新しい!!: 自動車と自動車教習所 · 続きを見る »

自転車

ードバイク マウンテンバイク 日本のシティサイクル かつて日本で主流であった実用車 自転車(じてんしゃ)とは、主に乗り手の人力により車輪を駆動させて推進力を得て、乗り手の操作で進路を決めて地上を走行する乗り物である。 自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しない。人間自らの脚による徒歩や走行と比較すると、少ないエネルギーや疲労でより遠くに早く効率的に移動できる。このため日本や欧州諸国のような先進国では、健康増進効果への期待や、環境(地球環境・局所的な環境の両方)への負荷の少ない移動手段として広く利用されている。自動車に比べて安価に購入でき、燃料が不要なことから、道路整備が遅れているうえに国民の所得水準が低く発展途上国でも重要な移動手段である。 英語の bicycle, bike は二輪を意味し、日本においてもバイクと呼ぶことがあるが、日本語の「自転車」は三輪(時に一輪や四輪)をも含む。人力による操作がほとんど必要ない電動自転車や原動機付自転車にも使われ、定義は曖昧である。.

新しい!!: 自動車と自転車 · 続きを見る »

長安汽車

Chang'an Landwind 重慶長安汽車股份有限公司(英語名:Changan Automobile Co., Ltd. )は、深圳証券取引所に上場する、中国の自動車メーカーである。本拠地は重慶市。 2012年には約190万台を生産し、第一汽車、東風汽車、上海汽車、奇瑞汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」の内の1社である。中国南方工業集団公司に属しており、複数の海外自動車メーカーと合弁事業を結んでいる。.

新しい!!: 自動車と長安汽車 · 続きを見る »

長野県

長野県空撮画像。長野盆地、富士山、浅間山、日本アルプスなどを望む。 長野県の地形図 長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県の一つ。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれている。海に面していないいわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。県庁所在地は長野市。善光寺の門前町として発展し第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体でもある。.

新しい!!: 自動車と長野県 · 続きを見る »

酸性雨

酸性雨(さんせいう)とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性の雨のことを指す。酸性の雪は酸性雪(さんせいせつ)、酸性の霧は酸性霧(さんせいむ)と呼ばれる。.

新しい!!: 自動車と酸性雨 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: 自動車と鉄道 · 続きを見る »

鉄道車両

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。.

新しい!!: 自動車と鉄道車両 · 続きを見る »

鋼(はがね、こう、釼は異体字、steel)とは、炭素を0.04~2パーセント程度含む鉄の合金。鋼鉄(こうてつ)とも呼ばれる。強靭で加工性に優れ、ニッケル・クロムなどを加えた特殊鋼や鋳鋼等とあわせて鉄鋼(てっこう)とも呼ばれ、産業上重要な位置を占める。.

新しい!!: 自動車と鋼 · 続きを見る »

電子機器

電子機器(electronics、またはelectronic device、electrical equipment)は、電子工学の技術を応用した電気製品。 情報をデジタル処理する機器や、映像・音声を電気的にアナログ処理する機器などが含まれる。.

新しい!!: 自動車と電子機器 · 続きを見る »

電動機

様々な電動機。006P型電池との比較。 電動機(でんどうき、Electric motor)とは、電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器、原動機の総称。モーター、電気モーターとも呼ばれる「モーター」というカタカナ表記に関して、電気学会に於いては「モータ」という表記方を定めている他、電動機メーカーによっては「モーター」のドイツ語表記“Motor”の20世紀前半までドイツ語発音の模範とされた「舞台発音」に基づいた発音方に倣って「モートル」(或いは「モトール」)という表記方を用いているところが見られる《日本電産Webサイト内『』ページ後半に掲載されているコラム『モーターの語源』より;なお「モートル」という表記は、現在、少なくとも日立系列の日立産機システムと東芝系列の東芝産業機器システムに於いて、主にブランド名の中で用いられている》。 一般に、磁場(磁界)と電流の相互作用(ローレンツ力)による力を利用して回転運動を出力するものが多いが、直線運動を得るリニアモーターや磁場を用いず超音波振動を利用する超音波モータなども実用化されている。静電気力を利用した静電モーターも古くから知られている。 なお、本来、「モータ(ー)」("motor")という言葉は「動力」を意味し、特に電動機に限定した用語ではない。それゆえ、何らかの動力の役割を果たす装置は、モーターと形容されることもよくある(ロケットモーターなど)。 以下では、電磁力により回転力を生み出す一般的な電動機を中心に説明し、それ以外のリニアモーターや超音波モータは末尾で簡単に説明する。.

新しい!!: 自動車と電動機 · 続きを見る »

電気自動車

電気自動車(でんきじどうしゃ、electric car)とは、電気をエネルギー源とし、電動機を動力源として走行する自動車である。.

新しい!!: 自動車と電気自動車 · 続きを見る »

耐久レース

耐久レース(たいきゅうレース、Endurance Race)は、モータースポーツにおける競技形態のひとつ。.

新しい!!: 自動車と耐久レース · 続きを見る »

FCA

FCA.

新しい!!: 自動車とFCA · 続きを見る »

GM

GM, Gm, gm.

新しい!!: 自動車とGM · 続きを見る »

GMC

GMC(ジーエムシー) とは、アメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズ(GM)が北米および中東地域で展開している商用車およびライトトラック(ピックアップトラック・SUV)部門およびそのブランドである。日本への正規輸入は行われていないが、並行輸入車が入手可能である。.

新しい!!: 自動車とGMC · 続きを見る »

MAN (企業)

MAN(エム・アー・エヌ、MAN SE、旧社名MAN AG)は、ドイツの自動車・機械メーカーである。マンとも表記する。社名の由来は、マシーネンファブリーク・アウクスブルク・ニュルンベルク(Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg)の頭文字であり、「アウクスブルク・ニュルンベルク機械工場」を意味する。フォルクスワーゲングループの企業である。.

新しい!!: 自動車とMAN (企業) · 続きを見る »

New Car Assessment Programme

NCAP(New Car Assessment Programme、新車アセスメントプログラム)は、1979年よりアメリカで実施されている自動車の安全性の評価。また、他の国や地域で実施されている評価にも名称が使用されている。.

新しい!!: 自動車とNew Car Assessment Programme · 続きを見る »

PSA

PSA;航.

新しい!!: 自動車とPSA · 続きを見る »

SF

SF.

新しい!!: 自動車とSF · 続きを見る »

SUBARU

株式会社SUBARU(スバル、)は、日本の重工業メーカーである。 かつての商号は、「富士重工業株式会社」(ふじじゅうこうぎょう、略称:富士重(ふじじゅう)・富士重工(ふじじゅうこう)、、略称:FHI)であったが、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU」(スバル)に商号を変更した。.

新しい!!: 自動車とSUBARU · 続きを見る »

投資

投資(とうし、investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。 どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。.

新しい!!: 自動車と投資 · 続きを見る »

架線

架線 サンフランシスコ市営鉄道 (MUNI) 架線(かせん、がせん)とは.

新しい!!: 自動車と架線 · 続きを見る »

排気ブレーキ

排気ブレーキ(はいきブレーキ、Exhaust brake、エキゾーストブレーキ)はエンジンブレーキの効果を増加させる補助ブレーキの一種で、ディーゼルエンジン特有の装置である。エキゾーストリターダーとも呼ばれる。貨物自動車など大型自動車のほか、エンジンで走行する鉄道車両に装備しているものがある。.

新しい!!: 自動車と排気ブレーキ · 続きを見る »

排気ガス

自動車の排気ガス 排気ガス(はいきガス、exhaust gas)は、ガソリン・軽油などの燃料がエンジンで燃焼したり、さまざまな化学反応を起こしたりしたことで生ずる気体で、大気中に放出されるものを指す。 自動車用語では排気 (exhaust)、または排ガス・排出ガス(共にexhaust gas)とも言う。日本工業規格 (JIS D0108) では、ブローバイガスや燃料蒸発ガスなどエンジンの燃焼に伴うもの以外を併せて、排出ガス (emission gas) と総称して区別している。.

新しい!!: 自動車と排気ガス · 続きを見る »

排気量

排気量 (はいきりょう)とは、内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひとつである。単位は立方センチメートル(cm³)であるが、慣習的にリットルを用いたり、日本国外では立方インチを使用するケースもある。 一般には排気量が大きくなるにしたがって、単位時間あたりの燃焼する燃料が多くなるため、エンジンのトルクおよび出力は増加する傾向にある。反対に燃費は悪化する傾向があるが、機械損失(主に摩擦)やパワーバンド、エンジン設計の関係上、小排気量エンジンが必ずしも低燃費であるわけではない。 エンジンのシリンダー内でピストンが上下する範囲の体積を行程容積といい、この値とシリンダー(気筒)数との積が総排気量となる。内径(ボア)をd(mm)、行程(ストローク→ピストンが動く距離)をS(mm)、気筒数をNとした場合、エンジンの総排気量Dは次式で表される。 例:ホンダ・CB1300スーパーフォア (SC54)、内径78.0mm、行程67.2mm、4気筒、の場合(πを3.14として計算) もしくは D.

新しい!!: 自動車と排気量 · 続きを見る »

東京モーターショー

東京モーターショー(とうきょうモーターショー)は、自動車に関する最新の技術やデザインについての情報を紹介する日本の見本市。主催は日本自動車工業会。略称はTMSまたは東モ。.

新しい!!: 自動車と東京モーターショー · 続きを見る »

東京都

東京都シンボルマーク。1989年(平成元年)に旧東京市の成立100周年を記念して同年6月1日に制定。「東京都の頭文字の「T」を中央に秘めている『都政 2012』東京都生活文化局広報広聴部広報課 編集・発行、2012年3月発行。東京都が作成した、240ページほどの冊子。」と解説されている。(都の木はイチョウではあるが)イチョウの葉の形を象ったわけではない、という。 東京都(とうきょうと)は、日本の首都事実上の首都。詳細後述であり、関東地方に位置する東京都区部(東京23区)、多摩地域(市部、西多摩郡)、島嶼部(大島支庁・三宅支庁・八丈支庁・小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体(都道府県)の一つである。都庁所在地は新宿区(東京と表記する場合もある)。 都公認の英語の表記はTokyo Metropolis (Tokyo Met.) 。他にはTokyo PrefectureとTokyo Metropolitan Prefectureがある。.

新しい!!: 自動車と東京都 · 続きを見る »

東風汽車集団

東風汽車集団有限公司 (とうふうきしゃしゅうだん-ゆうげんこうし、英語表記:Dongfeng Motor Corporation、簡体字:东风汽车集团有限公司)は、中華人民共和国の国有自動車メーカー。 上海汽車、第一汽車と並ぶ中国の三大国有自動車メーカーのうちの一つである。また、上海汽車、第一汽車、長安汽車、奇瑞汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」のうちの一つでもある。 子会社の東風汽車集団股份有限公司(英文名:Dongfeng Motor Group Co.,Ltd.)は香港証券取引所の上場企業である。.

新しい!!: 自動車と東風汽車集団 · 続きを見る »

栃木県

栃木県(とちぎけん)は、日本の都道府県の一つ。関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。.

新しい!!: 自動車と栃木県 · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: 自動車と欧州連合 · 続きを見る »

死亡

死亡(しぼう、Death)とは、。.

新しい!!: 自動車と死亡 · 続きを見る »

水陸両用車

英国の水陸両用バス 第26海兵隊遠征隊のAAV7 水陸両用車(すいりくりょうようしゃ)は、水上、陸上共に走行が可能な自動車である。渡河・上陸作戦に使われる軍用車両のほか、民間でも観光や趣味に利用される。.

新しい!!: 自動車と水陸両用車 · 続きを見る »

気圧

気圧(きあつ、)とは、気体の圧力のことである。単に「気圧」という場合は、大気圧(たいきあつ、、大気の圧力)のことを指す場合が多い。 気圧は計量単位でもある。日本の計量法では、圧力の法定の単位として定められている(後述)。.

新しい!!: 自動車と気圧 · 続きを見る »

油圧

油圧(ゆあつ)あるいは油圧システム(ゆあつシステム)または油圧駆動システム(ゆあつくどうシステム、Hydraulic drive system)とは、液体(主に鉱物油)をエネルギーの伝達媒体とした駆動系のこと。類似した圧力媒体の異なる圧力駆動システムには空圧や水・グリセリンを使用した機構がある。.

新しい!!: 自動車と油圧 · 続きを見る »

液化石油ガス

液化石油ガス(えきかせきゆガス、、LPガス、LPG)は、プロパン・ブタンなどを主成分とし、圧縮することにより常温で容易に液化できるガス燃料(気体状の燃料)の一種である。.

新しい!!: 自動車と液化石油ガス · 続きを見る »

温室効果ガス

温室効果ガスと排出源の内訳 fast track 2000 project (2000年) 温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。.

新しい!!: 自動車と温室効果ガス · 続きを見る »

渋滞

渋滞(じゅうたい、英語:traffic jam、traffic congestion)とは、インフラストラクチャーの能力を越える動体の流入により移動速度が遅くなった状態をいう。道路交通上の交通渋滞(こうつうじゅうたい)を特に渋滞と呼ぶこともある。.

新しい!!: 自動車と渋滞 · 続きを見る »

本田技研工業

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。.

新しい!!: 自動車と本田技研工業 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 自動車と明治 · 続きを見る »

新潟県

新潟県(にいがたけん)は、日本の県の一つ。中部地方の日本海側に位置する。県庁所在地は新潟市。.

新しい!!: 自動車と新潟県 · 続きを見る »

日刊自動車新聞

日刊自動車新聞(にっかんじどうしゃしんぶん)は、1929年(昭和4年)創刊の世界最大級の自動車業界紙。 日本国内外の自動車業界動向を取り扱う。東京本社を中心に札幌から福岡まで全国7支社・12支局をネットワーク。主に朝日新聞(一部地域中日新聞、中国新聞)から朝刊配達体制をとっている。.

新しい!!: 自動車と日刊自動車新聞 · 続きを見る »

日産

日産(にっさん).

新しい!!: 自動車と日産 · 続きを見る »

日産・ブルーバード

ブルーバード(BLUEBIRD)は、日産自動車が1959年から2001年まで生産・販売していた乗用車。.

新しい!!: 自動車と日産・ブルーバード · 続きを見る »

日産・サニー

ニー(SUNNY )は、日産自動車が1966年から2004年まで製造・販売していた自動車(大衆車)。本項目ではサニーシリーズの基本型となるセダンを中心に記述する。 また、この項目では以下のモデルについても便宜上記述する。.

新しい!!: 自動車と日産・サニー · 続きを見る »

日産自動車

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 フランスのルノー、三菱自動車工業と共に、ルノー・日産・三菱アライアンスを形成している。また三菱自動車工業の筆頭株主でもある。アライアンスの2017年の世界販売台数は約1061万台で世界首位。.

新しい!!: 自動車と日産自動車 · 続きを見る »

日野自動車

日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英語:Hino Motors, Ltd.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。 日本のトラック・バス業界最大手。日経平均株価及びJPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。.

新しい!!: 自動車と日野自動車 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 自動車と日本 · 続きを見る »

日本における自動車

本項では日本における自動車について解説する。.

新しい!!: 自動車と日本における自動車 · 続きを見る »

日本のバス

日本のバス(にほんのバス)は、日本におけるバス事情について述べる。なお、本項においては、旅客自動車運送事業としてのバスを述べる。バス車両の分類、構造、技術に関しては日本のバス車両を参考にされたい。.

新しい!!: 自動車と日本のバス · 続きを見る »

日本実業出版社

日本実業出版社(にほんじつぎょうしゅっぱんしゃ)は、日本の出版社。 主に経営、経理、税務などのビジネス関係の書籍、また、資格・試験関係、サイエンス・理工書、自己啓発書等、幅広い出版活動を展開している。 Category:日本の出版社 Category:新宿区の企業.

新しい!!: 自動車と日本実業出版社 · 続きを見る »

日本道路交通情報センター

公益財団法人日本道路交通情報センター(にほんどうろこうつうじょうほうセンター、、(ジャティック))は、日本の道路交通情報の収集および提供を行う業務機関である。.

新しい!!: 自動車と日本道路交通情報センター · 続きを見る »

日本車

日産・スカイラインセダン V37 日本車(にほんしゃ)とは、日本で生産される自動車(日本製自動車)、もしくは日本を本拠とするメーカーやブランドが販売する自動車(日本ブランド車)のことである。日本国内では、国産車とも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車と日本車 · 続きを見る »

日本自動車工業会

一般社団法人日本自動車工業会(にほんじどうしゃこうぎょうかい)は、日本の自動車生産企業を会員とする業界団体。略称は自工会(じこうかい)。英語表記では Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.で、英略称はJAMA(ジャマ)。.

新しい!!: 自動車と日本自動車工業会 · 続きを見る »

日本自動車連盟

一般社団法人日本自動車連盟(にほんじどうしゃれんめい、JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION, JAF)は、自動車に関する様々な業務を取り扱うほか、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立された一般社団法人である。略称は「JAF」(ジャフ)であるが、80年代までは自他ともにジェイエイエフと呼ばれていた。2008年3月末の時点では会員数は約1732万人。国際自動車連盟(FIA)に加盟している日本で唯一の団体である。.

新しい!!: 自動車と日本自動車連盟 · 続きを見る »

旧車

旧車(きゅうしゃ)、クラシックカー、ヒストリックカーとは、主に数十年以上前に製造された自動車やオートバイなどのことである。旧車を俗にQ車と表記する場合もある。新しい部品や技術を使ってレトロ調に復刻されたパイクカーは含まれない。.

新しい!!: 自動車と旧車 · 続きを見る »

旅客輸送

旅客輸送(りょかくゆそう)とは主に、人(旅客)を運ぶことを指す。運輸業の一分野であると、「公共交通機関」と呼ばれるものがこれを担う場合が多い。.

新しい!!: 自動車と旅客輸送 · 続きを見る »

旅行

本項目では旅行(りょこう)、旅(たび)について解説する。.

新しい!!: 自動車と旅行 · 続きを見る »

摩擦

フラクタル的な粗い表面を持つ面どうしが重なり、静止摩擦がはたらいている様子のシミュレーション。 摩擦(まさつ、friction)とは、固体表面が互いに接しているとき、それらの間に相対運動を妨げる力(摩擦力)がはたらく現象をいう。物体が相対的に静止している場合の静止摩擦と、運動を行っている場合の動摩擦に分けられる。多くの状況では、摩擦力の強さは接触面の面積や運動速度によらず、荷重のみで決まる。この経験則はアモントン=クーロンの法則と呼ばれ、初等的な物理教育の一部となっている。 摩擦力は様々な場所で有用なはたらきをしている。ボルトや釘が抜けないのも、結び目や織物がほどけないのも摩擦の作用である。マッチに点火する際には、マッチ棒の頭とマッチ箱の側面との間の摩擦熱が利用される。自動車や列車の車輪が駆動力を得るのも、地面との間にはたらく摩擦力(トラクション)の作用である。 摩擦力は基本的な相互作用ではなく、多くの要因が関わっている。巨視的な物体間の摩擦は、物体表面の微細な突出部()がもう一方の表面と接することによって起きる。接触部では、界面凝着、表面粗さ、表面の変形、表面状態(汚れ、吸着分子層、酸化層)が複合的に作用する。これらの相互作用が複雑であるため、第一原理から摩擦を計算することは非現実的であり、実証研究的な研究手法が取られる。 動摩擦には相対運動の種類によって滑り摩擦と転がり摩擦の区別があり、一般に前者の方が後者より大きな摩擦力を生む。また、摩擦面が流体(潤滑剤)を介して接している場合を潤滑摩擦といい、流体がない場合を乾燥摩擦という。一般に潤滑によって摩擦や摩耗は低減される。そのほか、流体内で運動する物体が受けるせん断抵抗(粘性)を流体摩擦もしくは摩擦抵抗ということがあり、また固体が変形を受けるとき内部の構成要素間にはたらく抵抗を内部摩擦というが、固体界面以外で起きる現象は摩擦の概念の拡張であり、本項の主題からは離れる。 摩擦力は非保存力である。すなわち、摩擦力に抗して行う仕事は運動経路に依存する。そのような場合には、必ず運動エネルギーの一部が熱エネルギーに変換され、力学的エネルギーとしては失われる。たとえば木切れをこすり合わせて火を起こすような場合にこの性質が顕著な役割を果たす。流体摩擦(粘性)を受ける液体の攪拌など、摩擦が介在する運動では一般に熱が発生する。摩擦熱以外にも、多くのタイプの摩擦では摩耗という重要な現象がともなう。摩耗は機械の性能劣化や損傷の原因となる。摩擦や摩耗はトライボロジーという科学の分野の一領域である。.

新しい!!: 自動車と摩擦 · 続きを見る »

改造車

改造車(かいぞうしゃ)とは、市販状態の自動車やオートバイなどに何らかの手を加え、市販そのものではない状態にした車両のこと。カスタムカー(カスタムバイク)あるいはカスタマイズカー(カスタマイズバイク)とも言われ、走行性能に特化した改造車はチューニングカーとも言われる。 また、鉄道車両においてある系列の車両からその時の用途と重要・経年劣化等のさまざまな理由からそれぞれの用途に合わせた改造をされた車両の事である。 本記事では主に自動車・オートバイにおける改造車について解説する。 SL600.

新しい!!: 自動車と改造車 · 続きを見る »

普通自動二輪車

普通自動二輪車(ふつうじどうにりんしゃ)とは、日本の道路交通法における車両区分の一つである。排気量が50cc超400cc以下の二輪の自動車(オートバイ)を指し、1996年の道路交通法改正で定義された名称である。 普通自動二輪車の運転免許には、「小型限定」というものもあり、それは、50cc超125cc以下の普通自動二輪車に運転範囲を限定した免許である。なお、50cc超125cc以下の普通自動二輪車は、道路交通法においては普通自動二輪車に該当するものの、道路運送車両法においては側車(サイドカー)がある場合を除き、「原動機付自転車」に該当するので、道路運送車両法の区別が異なるので、「小型自動二輪車」として区別されることが多い。ちなみに、小型自動二輪車は日本の道路交通法からすれば、「小型自動二輪車」という独立した車種区別ではないため、運転免許制度からみても独立した運転免許ではなく、あくまでも普通自動二輪車に該当する車両区別である。こうしたことによって、普通自動二輪車の限定免許に「小型限定」というものがある。 本項では基本的に125cc超の普通自動二輪車について記述する。.

新しい!!: 自動車と普通自動二輪車 · 続きを見る »

普通自動車

普通自動車(ふつうじどうしゃ)は、日本における自動車の区分のひとつ。略称は普通車。.

新しい!!: 自動車と普通自動車 · 続きを見る »

時速

時速(じそく)とは、速度の表現のひとつ。1時間あたりに進む距離は、〜部分に単位つきの数字を置いて、「時速〜(じそく)」と表現される。 これはどちらかというと日常的な表現であり、対して工学などでは40 km/h(キロメートル毎時)と表現されるのが普通である。両者を比較して考えると分かるように、「時速」の部分は速さの単位の一部であるはずのものである。しかし日常会話では厳密さを問題としないため、そのことが忘れられがちになる。英語なら、工学では "40 km per hour" を、日常語では "40 km an hour" を用いるのが普通であり、双方の理解に乖離はない。 同種の表現に「分速〜(ふんそく)」「秒速〜(びょうそく)」などがある。.

新しい!!: 自動車と時速 · 続きを見る »

1769年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1769年 · 続きを見る »

1827年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1827年 · 続きを見る »

1860年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1860年 · 続きを見る »

1865年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1865年 · 続きを見る »

1870年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1870年 · 続きを見る »

1876年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1876年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1885年 · 続きを見る »

1887年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1887年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1896年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1897年 · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: 自動車と1900年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: 自動車と1901年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1904年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1907年 · 続きを見る »

1920年代

1920年代(せんきゅうひゃくにじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1920年から1929年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: 自動車と1920年代 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: 自動車と1970年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 自動車と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 自動車と2019年 · 続きを見る »

2ストローク機関

2ストローク機関(ツーストロークきかん)は内燃機関の一種で、2行程で1周期とする2ストローク1サイクルレシプロエンジン式の名称。2サイクル機関・2行程機関とも呼ばれ、また、2ストとも略される。.

新しい!!: 自動車と2ストローク機関 · 続きを見る »

4ストローク機関

4ストローク機関(1) 吸入(2) 圧縮(3) 燃焼・膨張(4) 排気 4ストローク機関(フォーストロークきかん、Four-stroke cycle engine)は容積型内燃機関の一種で、エンジンの動作周期の間に4つの行程を経る、4ストローク/1サイクルエンジンのことである。4サイクル機関や4行程機関、略して4ストとも呼ばれる。.

新しい!!: 自動車と4ストローク機関 · 続きを見る »

5ソルの馬車

thumb 5ソルの馬車(ごソルのばしゃ、)は、ブレーズ・パスカルが考案し、17世紀にフランス王国・パリで運行されていた乗合馬車である。5スーの馬車()と呼ばれることもある。名称は運賃が5ソルだったことに由来する。ソル(スー)は当時の通貨で、1ソルが20分の1リーヴルに相当する。 不特定多数の者が比較的安価な運賃で利用でき、一定の経路を時刻表に従って運行するなど、現代の路線バスの起源となった公共交通機関である。.

新しい!!: 自動車と5ソルの馬車 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

オートモービルガソリン自動車乗用自動車四輪自動車普通乗用車

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »